「炉」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
炉に倚りて往事を思ひ  炉に似たり  炉の上の鉤も欠くべからざる  炉の前へ金包みを並べました  炉にはすで瀬戸ひきの鉄瓶がかけられ  炉の前へ近づく  炉を間に置いて  炉の消えて  炉の中へ何だか書いたり  炉のふちに立膝をして  炉にはトロトロと紫色の火が崩れていた  炉の火をかこんで  炉には焦躁と沈鬱の夜がつづいた  炉に火を残した  炉の火はスッカリ埋けてまいりますよ  炉にいらいらとした  炉の中へくべて  炉に燃える  炉の上に掛けた  炉は河水が堰を衝いて出る  炉の傍へ歩み寄つて  炉の蓋を開けて  炉はそれが嬉しいと見えて  炉の隙間を漏る  炉の火が音を立て  炉の下に置く  炉の上で湯が歌を歌ひ出した  炉の傍に陣取つた  炉の火を見詰めてゐた  炉を囲んだ  炉に父と一緒に坐っていると  炉の外にも用意してあった  炉のほとりにまろび伏す  炉は新しい噴火口の炉とは何んの関係もないやうに思はれたが  炉の力で蒸気が出来る  炉がある  炉の端からは銅管が幾つも幾つも出てゐて  炉から出て  炉の世話をする  炉の火が暗い路を照らしてゐる  炉の前で廻つてゐた  炉でもある  炉で熱した  炉と距てられてゐる  炉が切ってあった  炉の前に端然と正座した  炉の上の壁にかの鏡をかけた  炉のほとりに倒れてしまった  炉を囲んでいる  炉の火がパッと焔を立てた  炉の灰の中にもぐり込みました  炉を切り  炉の前で焚火をしている  炉の上の自在にかける  炉を切って  炉の火の光りで  炉の灰に埋めて焼いて  炉の上へ両手を真直に翳し  炉の底にしよんぼりとする  炉の火はパツと炎尖を立てて  炉の煙は幾条にもなつて此処からも潜つて壁の外へ染み出す  炉の縁を伝ふであらう  炉が切ってあって  炉に燻べて  炉のかたわらに近づいた  炉の口をがたりとあける  炉の下の大きなバケツのようなものの中へぼとぼとと重い響きをさせて落ちて行く  炉にうつぶせる  炉にむかひ  炉の中で焼ける  炉には冬季に薪を燃やす  炉の上に一つの灯火だけを燃やしておいた  炉の側へ坐って  炉の火影のうちに夫婦向きあい楽しき夕餉を取り  炉の傍の敷居に腰かけぬ  炉の中に入れられた  炉を二カ所に切り  炉の火をいじったり  炉の前に来て  炉の火が消えか  炉に向けた  炉を切らせて  炉を切った  炉の右に居ました  炉の左の座についた  炉の右左の人を憚った  炉の焚火に救われて  炉に立てば  炉のほとりにじっと坐った  炉のほとりで骨だらけの痩たお姿でじっと何か考えておられた  炉のそばに坐った  炉の傍に己が寝て居るから知れねえ  炉の周囲に黙って座りながら  炉の方の火がだんだん心細くなって  炉の前に座って  炉の向ふには  炉ばたで  炉の火をのろのろとなおしたりして居た  炉の傍らに腰を下ろして  炉をへだてて坐っていると  炉のなかで燃えていた  炉の火を眺めながら腰かけている  炉のまわりに集って  炉のふちへ足をかけて  炉があり  炉ばたで焼いてくれた  炉のそばに臥そべっていたが  炉の火がその膩ぎった顔を赤く照らしている  炉に投げ入れ  炉の火のほうに気をくばりながら言った  炉ばたでの  炉にもあたり  炉の前に立って  炉にくべてゐる  炉のそばまで行って  炉の四隅に串に生豆腐を插し  炉の火に榧の葉などをくべて唱え  炉の火を覗いた  炉の炎がやはり七つの綾になつて見える  炉の炎の中に投げた  炉の炎をしばらくの間三稜鏡で眺めてゐた  炉の焚火と同じであるか違ふも  炉に集めて  炉に焙っていた  炉から身体を引起した  炉に掛った  炉から燃えさしの木の大きな根っこを持ちあげる  炉のほだで  炉の上にのせた  炉の四辺に艷ぶ  炉のわきに女中が湯をわかして呉れる  炉には枯木をうずたかくつんで  炉で煙草を吸って居る  炉の廻りに集って  炉の前にチンと座った  炉に噛りつく  炉のある  炉を焚く  炉を囲んで  炉を新規に築き上げてくれた  炉の上に釣る  炉に焚く  炉の火が一時にくずれて  炉の火を見つめている  炉のなかへ涙がこぼれて  炉の焚火で僅かに照らしている  炉の火に氷のような足をかざした  炉のそだ火に当っている  炉ぶちで煙管をはたきながら  炉に居寄りてふみ読みなどす  炉で煮焚きをなさるならば  炉に当って  炉の前に坐って  炉のそばへ呼びあげて  炉に粗朶をくべました  炉の火をかきおこして  炉の火にひかる  炉の前にしょんぼりと坐ると  炉の前にむかい合った  炉のそばへ寄って来て  炉をくべてくれ  炉のそばへ這い出して来た  炉の神様を最も大切にいたしますが  炉の焼けくずを結えつけて  炉の側へ往つて煙突の上に置いた  炉に炬燵をかけて  炉をかこんで  炉のそばへ来た  炉のまえに  炉のぬく  炉の方へ運ぶ  炉も僕が来てから造り直した  炉に掛けた  炉の処で焚火をしませうね  炉の火がぱっと赤く見え  炉の火が赤く立つと  炉の火にぽっと浮いている  炉のそばを立つと  炉に残っている  炉の火もとに眠りかける  炉の中へ柴を投げこんで  炉のそばに横たわっている  炉の傍に此方を向いて坐つた  炉にくすぶ  炉の方へ来て  炉へ運びましても  炉に掛けて置いた  炉のすみにすわりこんで  炉の中へお入れ  炉の中に燃え上がり  炉のすみのいすにこしをかけていた  炉のそばには食事の道具が残らずあった  炉の前へ連れて行って  炉の前にヴィタリス老人と犬たちが立っているではないか  炉のすみにこしをかけて  炉のすみにちぢかまっているか  炉のほうへ行った  炉にたかれている  炉の中に投げこんだ  炉のほうへからだを向けた  炉の前で夕飯を食べたい  炉のほの  炉の前の食卓に向かって  炉の明かりに照らされた  炉の前にすわった  炉にのばすと  炉のそばへ引き寄せた  炉に凭れ  炉の火に美しき足袋をな焼き  炉の椅子に我ありとせよ  炉の火を火箸で掻きながら  炉の前の椅子に腰をおろした  炉の前へ急いで行った  炉に火を焚いて  炉の周囲をかこんで  炉の傍へ寄って  炉の中へスポッと抛り込みました  炉は砕け  炉の中から松葉を二三本取って揃えたり  炉の傍で土産の饅頭を喰い始めた  炉の灰の中へ落ちた  炉に吊して  炉の前へ急いで  炉があって  炉の火の上に大股を開いた  炉の火を掻き立てながら  炉を囲んでいた  炉のほうへ寄っていった  炉の中へ三度ばかり唾を吐きながら  炉を囲んで坐りました  炉の傍に坐りかけて  炉のあたりに夥しく積まれた  炉では焚火の色が珊瑚を見る  炉の中には釜無川で取れる  炉の前で濃茶の手前を見せていた  炉の前にはいなかった  炉の正前にすわっている  炉のなかにベッと唾を吐きつけた  炉がにぎやかに燃えていた  炉の向うから眺めていた  炉の灰も白く積っていた  炉が切ってあり  炉の火を焚きました  炉の側から押し出す  炉の傍に寝ていた  炉の近いところへ来て  炉の傍へ上って来ました  炉をほじくると  炉を設けて  炉の両側についてゐるので  炉よりもはるかによい  炉のカユ鍋を覗いて  炉の上に茶釜をかけながら  炉の傍に立った  炉が切ッてあろうという  炉にかけている  炉の火へくべながら  炉の埋み火が燃え上がった  炉を作り  炉に火を焚きつけて  炉の中にくべました  炉の一方には良斎先生が陣取り  炉を挟んで坐った  炉の煙をじかにあてて燻して  炉の粗朶火をふり廻して  炉ぶちでたたく  炉へ火をたいて  炉にあった  炉の中の火をかき起そうとした  炉の火に手をかざしていたが  炉の火に焼き捨てようとしたが  炉の火に投げ込もうとしますから  炉の中に投げ込んでしまいますと  炉には大きな木がもえさかって  炉に火が燃えてゐた  炉へ投げ込んで呉れた  炉の傍から二階へ登る  炉へ旺に薪をさし加える  炉の煙を破風まで通す  炉の火に加えると  炉にかけた  炉の火が燃えさかると  炉の中へ加え  炉をかこみ  炉には炭火が紅く燃えていた  炉に手をかざした  炉のそばに唸っていた  炉のなかには松葉を焚いたらしい  炉のなかに木の葉など炙  炉に松葉をくべた  炉に積みくべて  炉の火で吸う  炉のまわりに胡坐をかいていた  炉のそばに寒そうに竦んでいた  炉のまえに坐った  炉の傍に寝る  炉の火に打ち込んで焼く  炉をヰロリという今日の語はどうして始まったか  炉をジロと謂う  炉の中央の火を焚く  炉をヒビトというと報ぜられているが  炉や火桶をスビツと謂った  炉はジロと謂ったらしいが  炉を意味する  炉だけをホド・カナドと謂った  炉の四側の家の者が坐臥飲食する  炉の火そのものをユリとかヰルと言う  炉の火を留めるという  炉をかかえこんだ  炉の上にはやはり血に染まった  炉のなかに非常に多量の煤が認められたので  炉の上には人間の灰色の髪の毛のふさふさした  炉を前にすると  炉の灰にうつくしい面影が立って  炉に目を外らした  炉なんかあって  炉にくべて  炉がいけない  炉を守って  炉の側に出て  炉に火を焚きつけた  炉を囲む  炉を前にして  炉から引き出された  炉にあたっていた  炉も切ってあれば  炉の中に夜もすがら火を焚いて置けば  炉へ焚火をしながら  炉が切ってある  炉のけむりを避けながら  炉の火を囲んで  炉に火が燃えて  炉を挾んで  炉を廻って  炉の火の投げる  炉の火を煽っただけで  炉に投げ入れられた  炉があるのに  炉の火にあたっていたが  炉の炎をじっと見つめていた  炉に榾をたくさんくべて  炉に火をたきました  炉が切つてあり  炉のそばに静かにして  炉のはたで甘いお菓子を食べながら  炉のはたにゐると  炉の火で焼いてくれる  炉に燃す  炉の火を恋しがって出てくる  炉に火を焚きてあたる  炉の火で焼いて  炉の側に自分のためにとて蓄って置かれてあった  炉の上に屈み込んでいたが  炉の真向のところへ置いた  炉のところへ走って行き  炉のそばに横たえておいた  炉の中へそれを燻べてしまった  炉の上に吊してある  炉の火が消えてしまふと  炉の火の絶えない  炉の中には櫟の根つこが  炉の火へかざし出した  炉には消えかかった  炉の火を焚きそえて  炉の火はだんだんに消えて  炉にも赤い火が燃えていた  炉のそばに客の座を設けて置いてくれた  炉の火を焚き添えながら訊いた  炉に火を焚きつけてる  炉の赤い輝きに眼をすえながら  炉の中でポアと音を発する  炉ぶちにこぼれた  炉ばたで寝そべっている  炉の片隅に同じように火を焚いて  炉の中の火を加えようとする  炉にはよく火が燃えている  炉に坐っている  炉の横座に坐っていた  炉のほとりに来て  炉が燃えていて  炉の中ですっかり焼き尽してしまいたかった  炉を股にして  炉の前に坐り  炉には枯枝一掴みくべあり  炉の前に坐りて  炉には灰白く冷え夕餉たべし  炉に火を盛に燃きて  炉の火燃えつきんとすれども  炉の鉄瓶を卸して  炉にもやす  炉へ火をたきつけて  炉を直にこたつに引き直した  炉の中で二把燃やし尽くすまでは帰らないと云う  炉のところには竹を集めた  炉が切ってあります  炉においてアイヌは海辺の生活を意識しております  炉の中心部のあかあかと火の燃えている  炉ぶちに接した  炉ぶちをイヌンペと申しますが  炉の中で焼いた  炉の煙突に押し込みありし  炉の中を見ると  炉のそばにすわって  炉のそばにすわってる  炉の火が燃えた  炉ばたでは  炉で焼く  炉で焚くだけの  炉の前にすわり直した  炉の火にこんがりとあぶった  炉や砂浴や机などがあり  炉を造ったので  炉をいつも同じ温度に保ち  炉に火を焚き  炉のよこへ坐った  炉に強い火を起して  炉はいまし  炉の中で死のうと  炉の前に立てて  炉の蓋の上に小猫が眠つて居る  炉には時計とキヤベツとが彫つてある  炉の上の棚にある  炉の火がパチパチッと勢いよくハネ飛んだ  炉の中の灰を手づかみにして  炉の灰の中に埋めたり  炉の灰の中に殻が突きささった  炉と釜と床の間をほめる  炉のかわりに風炉を備えて置く  炉に炭をつぐ  炉に坐った  炉の傍へは近よらない  炉の火だけ明明と揺れている  炉の火ばかりめらめら燃えている  炉にかかった  炉の前に坐っている  炉の方から流れて来ている  炉の上の棚へかけていく  炉の方へ足を向けて寝ていた  炉の傍で夜ふかしする  炉の傍へ投げ出した  炉の焔の色を映して  炉の前に坐った  炉に対いあっている  炉の中で枯松葉が良い匂いを立てている  炉の煙が低く匐い流れている  炉の掘ってある  炉の中にかくれました  炉の中で石炭の落ちる  炉見捨てぬるより  炉のまわりにすわらせ  炉にかかっている  炉に足を出して  炉の前に立っていました  炉の火をつついてだまっていました  炉の火の前でねむってしまいました  炉のまわりに集りました  炉の前で波の音をききながら  炉に靴下を乾かしていた  炉のそばの土間に燕麦の稈を一束敷いて  炉のそばの年老った  炉に靴下を乾かしてゐた  炉にくべ  炉ばたしかもたなかった  炉の自在鍵に吊された  炉の中へほうりこんだ  炉を切りて  炉にまた噛りつきます  炉の縁へ坐らせまして  炉にくべていた  炉の火はまばらな簾を薄紅く洩れて  炉の自在にかかっている  炉ぶちで煙管をはたき  炉も切ってあった  炉の上の壁を指した  炉の上のレムブラントを眺めた  炉には穏やかに火が燃えていました  炉の前に身をちぢめて坐り  炉の前に跪き  炉の火を見つめながら  炉のそばに腰を下すと  炉の火に見入りながら  炉にしたって  炉の前には毛皮を敷くの  炉のまわりでセエラのことを話し合いました  炉の火をみつめて坐った  炉などを見廻り  炉の中の紙屑は消えて  炉に火が入っていると  炉にはあかあかと焔が燃え立っています  炉のそばに坐る  炉の火を見詰め  炉の前に坐ったり  炉に炭をつぎ入れ  炉の前に端座して  炉の前で姉夫婦と東京の話などをしていると  炉の前から声をかけた  炉を取りまく  炉のまわりを賑わした  炉の前に坐って干  炉の粗朶を炙べ足した  炉の火に照らされた  炉のほとりの夜話にその名がしばしば繰り返された  炉を隔てて  炉のそばに坐って  炉のふちへ置いて  炉のそばへ来て  炉のそばに来て  炉の正面にどっかと胡座をかいて  炉にくべた  炉の大なる  炉に草鞋を踏み込んで  炉に押し込んだ  炉に焚火を絶した  炉には馬に食わせるとかの  炉に掛けながら  炉がきってあり  炉のところに行き  炉に背を向けて  炉を構へて朋友と数奇に気味を慰もあり  炉にさし込んだ  炉ばたへ行こうとも  炉ばたと  炉が切ってあるけれど  炉に倚りかかって  炉の火と灰を怪物の口へ浚い込むと  炉の炎にも熱くなっていた  炉へさしくべた  炉の上の天井に隠れて  炉の上の雪と題せり  炉の上へ雪が降つて居る  炉の前にフイゴが放り出されていて  炉の切ってある  炉の中に惜しげもなく投げこまれた  炉の前に積んであった  炉の前の蓆に腰をおろした  炉の灰をかきならしていた  炉に投げこみながら言った  炉の中でくずれる  炉のはたに坐って  炉にほうりこんどくと  炉の中に夜具を落したり  炉のはたで一通の手紙をしたためた  炉の上に吊し  炉で用いる  炉に綺麗な小石などを敷きつめたりして  炉に用いる  炉を見ると  炉の廻りでてんてこ舞いをしている  炉で爺と一緒に食べました  炉の傍に一段高く破れ落ちた  炉の方へ押入れた  炉の中へ突込んで  炉のかこいの  炉の脇を通り行くとて  炉の上に載せ置きしに  炉の火にくべて  炉の横座に蹈みはたかりて  炉にも黒ずんだ  炉らしいものもある  炉のそばの框に腰をかけ  炉を囲み  炉に火が消えている  炉のそばにレーニは例のごとく白いエプロン姿で立ち  炉のほうに向けた  炉は野天に置いてある  炉の火を焚きつけて置きましょうか  炉に粗朶をくべる  炉のまえに坐る  炉にくべる  炉の前へ後ろ向きに横える  炉に焚火をして  炉の火の前へ行って  炉のほとりへ坐りに来た  炉に焚き  炉に消えかかった  炉の自在鍵に吊るした  炉にならんで  炉の火に消ゆる  炉の火にもあたらせてやる  炉の火を強く焚いて  炉の前に坐っていた  炉の火を強く焚いた  炉の火で病人の薬を煎じながら言った  炉のそばへ連れて行ってくれた  

~ 炉[名詞]1
香の炉に  ほうの炉の  考えの炉  火を焚く炉の  家の炉の  火でも炉の  独座して炉に対する  真ん中に切った炉には  帳場を炉の  彼れは炉の  奥の炉の  夜は炉の  二人のかこむ炉には  今も炉に  我々は炉に  鉄の炉は  下から炉の  さんは炉の  ゆたかに炉の  茶の炉を  茶の炉に  瓶かけを炉の  うちの炉の  噴火口の炉とは  方には炉が  のは炉から  炭水車には炉の  薪も炉も  薪や炉や  薪の燃えてゐる炉の  眼に見えない炉で  下の炉と  部屋の炉の  片端にある炉の  ままで炉の  刎ねて炉の  まん中に炉を  各々の炉が  家毎に炉と  うちには炉を  馬鈴薯を炉の  少年は炉の  折から炉の  此の炉を  焚火の炉が  薪を炉に  一人が炉の  人に炉に  パンが炉の  時は炉の  老婆が炉の  壁の炉の  戸を締めて炉の  壮年入り来たり炉の  残暑焔ゆるがごとき炉の  鞴仕立ての炉の  花山火葬場の炉の  楯井さんは黙って炉の  楯井さんは炉の  其顔を炉に  一間四方の炉を  一人ありまして炉の  小使部屋の炉の  なかより来り炉に  闍利さまは炉の  闍利さまが炉の  彼所へ行って炉の  顔をして炉の  白髯をしごきながら炉ば  いま彼が炉を  火が炉の  陰気に炉の  火を起した炉の  その間僕は炉の  山家らしい炉ば  菊婆さんは炉の  木で焚いた炉にも  つて薪を炉に  其を以て炉の  意外にも炉の  やうに炉の  日光と炉の  石の炉に  子供が炉に  腰をかけて炉の  台所の炉の  台所の炉には  甚五郎は炉で  ものは炉の  三尺四方ばかりの炉を  天井からは炉の  いつまでも炉の  いくら下を向いていても炉の  祖母は炉  燻ぶる炉ば  小屋の炉に  中央に炉が  猟師と炉を  男を炉の  亭主はだまって炉に  十吉は炉の  時が炉の  母子は炉の  中でも炉の  神様は炉の  典馬が炉ば  庫裡の炉の  それを炉の  美女は炉を  風で燃え出した炉の  ここの炉も  前寄りの炉の  十能に取って炉へ  まきを炉の  亭主は炉の  みんなは炉の  人間は炉の  ように炉の  ガロフォリの炉に  マッチを炉の  どこと炉の  うちの人たちは炉の  わたしたちは炉を  足を炉に  いすを炉の  火を燃やした炉の  前の炉の  一行は炉の  七は炉の  家へ入って炉の  餡がこぼれて炉の  鍋を炉に  中へ入って炉の  爺は炉の  六人ばかり炉を  喜代治は炉の  がんりきとは炉を  絹は炉の  黒檀縁の炉の  トキ女は炉の  あとの炉ば  動きを炉の  息子は炉ば  高倉は炉ば  刀を炉の  米友は炉の  こちらの炉の  番小屋の炉の  中から炉の  板の間で炉が  舟形の炉を  形をした炉の  近代式な炉よりも  薬鑵のつるされた炉の  真中に炉が  釜を炉に  部屋に炉が  浪人が炉の  印象を与へる炉を  一方の炉に  薪を炉の  傍の炉を  そこの炉の  煙管を炉  土間には炉が  絵馬を取って炉の  祖先の炉の  一軒戸が開いて炉に  葉をどつさり炉へ  恋愛論の炉へ  一つ一つ取って炉の  木炭を炉の  記者諸兄と炉を  店へあがって炉に  下腹をかかえて炉の  ここの炉に  たぐいを炉に  店の炉の  番屋の炉の  店へあがって炉の  中に入って炉の  団子にして炉の  地面にしつらえた炉の  そこでは炉は  越後では炉の  いずれも炉の  鹿角地方とともに炉を  家の炉は  一つの炉を  神の造りたまう炉だけを  横座は炉の  内の炉の  家々では炉の  電気の炉を  これは炉の  差向ったより炉の  ように炉に  一方の炉を  桐も炉の  平三は炉に  夏の炉を  渋茶を煎じて炉を  国の炉の  大昔一つの炉に  度九郎が炉へ  あたりまえの炉の  手もちぶさたそうに炉の  眼は炉の  すみには炉が  木を炉に  人間の炉の  丸石を炉の  男は炉の  溜め息をつきながら炉の  上向きに炉の  薪を加えた炉の  物が炉の  前には炉が  人たちは炉を  夜にも炉の  一しよに炉の  彼は炉の  僧は炉の  台所の炉に  泡が炉  薪を抱えこんで来て炉の  われわれの炉の  人間性の炉が  順番に炉の  火葬場の炉の  三公が炉の  木炭を加えて炉を  まわりの炉  ふきが炉で  家の炉で  茶室にある炉の  囲い鉱山から掘り出した炉  実験室に炉を  仕事は炉を  和尚さんの炉のよ  茶の湯の炉に  声下より叫ぶ炉は  火箸を炉の  夏は塞いである炉の  テントの炉の  夏は炉の  主人が炉に  対い合って炉に  薪のくすぶっている炉の  話は停り炉の  丹前をかけ炉の  私は炉に  薄煙りが炉の  一枚ずつ炉の  ッと炉の  杉の目が炉の  朝起きて炉の  どてらを着て炉の  昔の炉の  子供たちを炉の  洞穴の炉に  メグは炉に  老人は炉の  エミイは炉の  毛布にくるまって炉の  家族は炉の  農夫は炉の  四畳半の炉に  一つの炉ば  下半分が炉の  下手に炉を  柴を炉に  たけをは炉の  ポンと炉  炬燵の炉も  石で囲った炉を  少将は炉の  セエラは炉の  少女は炉の  暖かな炉の  火の燃えている炉の  一緒に炉の  わたしは炉の  義兄も炉の  一時間ほども炉の  五兵衛は炉の  姉も黙って炉の  ぷすぷす燃えている炉の  土間には炉を  枯枝をかかえ出して炉に  ソファは炉に  なかに持って入って炉に  暖い炉ば  の間に置いて炉の  夜に炉に  薪を焚く炉が  ゴザがしいてあって炉の  皮を炉に  自分も炉の  芋なら炉に  自分は炉の  必然に炉で  所によっては炉に  こととて炉に  ものが用いられている炉を  山小屋の炉で  縁側ずれに炉の  椀を炉の  土間に炉が  女の坐れる炉の  餅にまじえて炉の  割り一時に炉の  小綺麗な炉にも  急製の炉を  焚火の炉を  普通の炉の  好きところに炉を  うちに炉の  いよは炉に  枯枝を炉に  納戸の炉に  女は炉の  老婆は炉に  後には炉に  これを炉の  彼女たちが炉ば  林檎が炉に  夜に炉を  座頭は消えかかっている炉の  座頭は黙って炉の  例よりも炉の  平助は炉の  宿へ来て炉の  

~ 炉[名詞]2
暫く炉  其の炉  大きな炉  小さい炉  さては炉  小さな炉  その炉  よく炉  いきなり炉  この炉  大きい炉  もう少し炉  そっと炉  黙然と炉  すぐ炉  どんどん炉  暖かい炉  紅き炉  若し炉  なき炉  おそるおそる炉  少なくとも炉  絶えず炉  な炉  突然炉  高い炉  楽しき炉  よく炉  ない炉  あの炉  じっと炉  又炉  なにしろ炉  

複合名詞
一人炉辺  儘囲炉裡端  地炉  鉱炉  炉ば  紅炉上  明日炉  けが炉  い炉  飾り炉  炉辺  炉べり  炉縁  丹炉  土間炉  炉傍  つた炉  炉格  熔鉄炉  切炉  炉畳  熔礦炉  炉壺  大風炉敷  土炉  薫炉  反射炉  鉄炉  炉火  炉側棚  炉側格子  しき炉  一炉  行炉  宣徳炉  火葬炉  大炉  火炉  雨炉  炉側  厨炉  炉框  鎔鉱炉  炉囲い  炉床  一つ炉棚  原子炉  炉囲灰除  時地炉  石油厨炉  炉炭  つて炉  小炉  毎日此暖炉  日々炉  炉部屋  壁炉  炉棚  一同炉辺  火薬炉  電気炉  利助炉  炉扇  其香炉  此香炉  引き炉  崑炉  いま炉  泥炉  多年積念炉頭雪  固定炉  つて炉底  脚炉  炭炉  地火炉ついで  地火炉  繞らす炉  炉中  ひとり炉辺  炉畔物語  乾燥炉  置暖炉  炉房  炉石  炉炭中  炉風呂  鍋ごと炉側  大儀さうに炉側  さうに炉辺  炉前  炉手前  炉上  独り炉  一人炉  ふたり炉辺  其暖炉  炉物  カミン炉  小香炉  ガス炉  水昆炉  鎔かす炉  熔融炉  熔融炉目  炉台  昆炉  至り炉  炉間  炉灰  涼炉  毎朝毎夕炉  中炉  ドシドシ炉  男女炉  切り炉  一度炉  炉枠  こと炉  烈シキ熱気ニヨリテワレラノ皮膚ハ炉ノゴトク熱シ  電熱炉  かも炉  加熱炉  高熱炉  炉畔  みんな炉  掛炉焼鴨  一日炉  居炉裏  ベセマー炉  炉口  炉金  つなぎ炉縁  刃先炉  日炉  炉縁一ツ  八卦炉中  毎日炉傍  まま炉傍  早く炉  香炉  



前後の言葉をピックアップ
レーンロオ  レーヴィ  レーヴィット  レーヴィト  レーヴィー      露風    


動詞をランダムでピックアップ
書きいれ聞す荒らすすすい慕い罵ろ歩き回り鳴りわたり言い出す照ら使いこなそ思い描か組立てる憶える改めん参らせる授かれ起きあがろみちがえるしなる
形容詞をランダムでピックアップ
若若しいいちじるしかっ気だるく間近きたやすい血腥から馬鹿馬鹿しく黄色みにくう古くか弱き危なしあくど恨めしゅうあつけりゃとおい瑞々しかっ黒くっ口汚く危なかっ