「火」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
火をはなつてふ  火をあらぬ  火のような眼をして  火を移した  火をつけながら  火をつけた  火のついた  火が出て  火の中に手をつけているという  火をたいている  火と切りに降る  火を盗んで来て  火を使う  火に從ふので  火にして  火を燃やしてゐる  火を焚く  火がよう燃えます  火に投じた  火はあた  火の燃えさかりゆくを  火をともしつつ  火のひかりを望みて  火を燈台に移す  火に焼けた  火の中水の底へでも入ってしまいたいと思って居る  火の中水の底にでもお入りになる  火の中か水の底へでも入ってしまいたいと悲しんだ  火を焚きつけた  火があり  火を焚きつ  火について考へる  火を焚いて  火を燃やしてゐると  火を燃やす  火でも焚かうか  火がなくひとりごというて寝る  火を燃やしては考へ  火が降  火を點けてゐた  火の乏しい長火鉢を眞ん中にして  火をふく  火のよう燃える  火の燃えてゐる  火が燃える  火が来てくれた  火があつて燃えさかる  火の如くカッと真紅になり  火を入れて  火もはや消え  火の中でも水の中でも突切って行きなさい  火に入って焼けず  火の中でも向うへ突切る  火の中水の中を突切って仕舞えば  火の中水の中でも突切て往かなければ  火をおこし  火をはなつ  火を消せ  火が燃えてゐる  火が鎮まりかけると  火の中にどす黒い煙が見え  火もやがて燃え尽すだけ燃えると  火は燃えて来さうですか  火はこちらに燃えて来さうですか  火が燃えている  火は燃えて来  火はこちらへ燃えて来  火が消えた  火をつけてあげて  火を点そうと思った  火の海に呑まれた  火に耳傾けて  火こそみえけれ  火を吹いてる  火がチラチラと靡く  火を点けて  火の消えた  火を持って来たから  火を持って来た  火を直しながら  火を吹く  火を霧ににじませて  火をたきつけた  火をたたきながらいった  火に遠くころがし  火の波がおどっている  火は消されたが  火の光が見えたので  火をつけに歩きまわる  火の中をくぐって助けてくれました  火をかきたてた  火をおこしかけた  火をふいたので  火が風に吹かれて  火のでる  火のごとく赤くなった  火のごとく顔を赤くしたが  火のごとく熱した  火で身体じゅうが火ぶくれになる  火が近くに在るから  火を見るよりも  火を見まもっていた  火をいける  火を焚きつける  火をうけ  火から守りとおす  火に煙草を喫つてゐて  火に煙草をすっていて  火にも水にもわれなけなくに  火がある  火ですむ  火を持つて  火に焼かれ  火が親しくなつて来た  火をまきちらす  火はばうばうともえて  火のやうな空のわらひ  火のあめをふらす  火に心のほ  火をつくり  火を見ていた  火を焚いてすます  火のようにいよいよロシア侵略の壮図を胸に描いた  火をつけると  火を借してください  火がついた  火の漏れる  火をつけて  火で私たちは特に今日その文学のいのちの泉をたっぷりと自分たちのうちへ汲みとるべき  火を点してくれた  火との調和を吸い込んでいるではないか  火の前に坐して  火のような生命ある  火にはだか童子は潮にぬれて来  火のもとに錬  火をつけるといふ  火をブラ下げた  火の波を尻目にどこか酒場のたてこんだ  火があるという  火のほかほかした  火をいれよう  火に焙りしが咲かざりしかなとある  火におじる  火をつけようとした  火はいつになつたら消えるでせう  火のような生きる  火の中につッこんで焼きました  火のない長火鉢の傍で小さな声でいつた  火のない長火鉢の傍で小さな声で云った  火の尾を引いてゐるが  火の球の転がる  火が見える  火がゆらりゆらりと盆灯籠の秋風に揺られる  火が雨と闇の中を波のように縫って  火に相違ないとようやく判断した  火を見た  火とどんな関係があるかは  火は余をして  火に出くわした  火を焼くまでに  火を持って立っている  火にあぶる  火を吐いた  火が見へるお  火を点けた  火は風にそよげども  火は水に映って  火ばしまで  火を見る  火の這いかかっている  火が一面にあがっていた  火は後の砲兵工廠の火に続いていた  火の中に青や赤の色の気味悪い火を交えて見えた  火を眺めていた  火のない火鉢をさし挟んで坐った  火を起して  火の空を走る  火の海から無事息災に脱出できれば  火がつき  火がついて  火が見えた  火のちらちらしている  火が出  火と燃える  火をつける  火に包まれた  火をかけて  火を形容した  火が無い無いとこの山越してこの田へおりてなどと歌ってきかせている  火の無い火鉢を押してやった  火をもしつけなければなりませんでした  火がはいっているし  火がよくまわっているか見る  火でもほ  火をつけてから  火を擦ってくれる  火の炎ゆる  火が炎え出しても  火が燃えたち  火のように震えだした  火のあたりを見やったが  火だけを残して  火をともした  火もつけずに  火がごっちゃに燃えていた  火を選り分けて  火だけ燃やしたら  火のように熱く感じられた  火に乾かして  火のやうに駈  火のやうに騷ぎ立つて  火を掻きおこした  火の上にかざした  火に手をかざした  火にあたためながら  火のあかりを受けて  火をつけようとすると  火を點けてくれて  火にかざしてゐる  火に燃えあがって消えてしまいました  火のようなきれいな女の子がまっ白なひらひらした  火とか空気とかに似た  火に近づけると  火よりもいっそう多くは刺戟しないにしても  火よりも大きくないと信ぜしめる  火に近づくと  火のうちにはこの熱に類似する  火のうちには我々においてこれらの熱あるいは苦痛の感覚を喚び起す  火ヲ放  火に酔へる  火をつけ奈落を渫ひ  火の手に覆へる  火の陣営に黒一色の死を混じへ  火をもって来ますから  火のように覚束なくなる  火の口より噴上る  火の柱の中に鬼神が珠を掴み上げる  火は映って  火を噴く  火も焼く能わず  火が残っていた  火を掲げて見ました  火を焚いて居たが  火を起す  火のやうに憤つて  火の光をつんざいて  火の中へも馳せ  火を救ひに  火の光に赤うかがやいて  火の中へはいつたぞよ  火の光を一身に浴びて  火に母を奪われ  火の中で賛美歌をうたいつつ  火を消し  火に滅びていたなら  火にすでに危なく見えたが  火をつくる  火を起こして  火をいじっている  火を点けてみると  火の光に映じて  火をかきおこして  火を絶やす  火のようなものを胸の奥深く注ぎ込まれる  火が出る  火の出る  火のことを話していた  火はちらちらと燃えて  火は飛ぶ  火をたいて  火をどんどんとたいて凍えた  火は大事に至らずして消し止めたが  火は及ばなかった  火を消し止めて  火の出た  火が見えました  火を見付ける  火を発見した  火が服に燃えついた  火を消したいとおもい  火は燃えさかる  火を消してやるから  火をけしてやるぞ  火のいきおいをよわらせていきました  火をのこりなくたたき消してしまいました  火は消された  火は消されましたが  火を消そうにも  火が出たと思ったら  火の塊となり果て  火は島の上を炎々と焼きこがしていきます  火がついていた  火を焚きつけたという  火をかけて煙りを上げるとか  火をかけろ  火で焼き切れ  火をかけて焼いて焼き切るより  火に反射させていた  火が爐の外へはねとんだ  火の神樣におこられた  火焚きばやつて苦しんでる  火を焚いた  火に足をたてた  火が延びるといふ  火の子と惡魔のやうな煙が太ぶとしく  火が噴き出ていた  火のかたまりが  火を噴きあげ続けた  火のかたまりが打ちあげられ  火のアーチとなって  火を散らし  火をみるより  火が消えたわ  火をつけ  火を運んできながら  火で明るくなったから  火を防いでくれましたから  火にて一二服煙草を吸ひじれつたそうにポンポンと灰吹を叩き  火をおこしてゐると  火をおこして  火の山火の峰まつかつかかはいや高い木の上に栗鼠は姿を見せてたが  火では煙草が吸へんし  火の用心さへ氣を付けて呉れるなら  火のかたまりであって  火を眺めていました  火が出た  火をどしゃどしゃ噴く  火から生れた  火のようにあげた  火から生れたさ  火とを固めて  火をたき  火をどんどん燃して  火は赤く愉快に燃え出し  火の燃える  火がなくても眼から光を放って  火を消さず  火の中になげ込んでしまった  火の用を知り居りし  火を發したるか  火を生じ  火を生ず  火を得たるなら  火の付きたるホクチ樣のものを枯れ草に裹み空中に於て激しく振り動かすなり  火にて燒き切り  火を焚きし  火を焚き  火に掛けたるならん  火に掛けたる  火を点じて  火のやうにあげた  火をふき出している  火のようにほてり  火のように上気した  火の無い処に煙はあがらぬとはいうものの  火を弄らせる  火がともされ  火のともる  火をともして  火を囲んで  火がちらちら燃えている  火が燃えだします  火が空で燃えたり  火をふいた  火がもくもく湧いている  火がお前さまに参られました  火を見て  火は砕けたぞ  火が今日ぐらい美しいことはまだありませんでした  火がはげしく戦争をして  火をながめてよろこびました  火と離れない  火がどこかへ飛んで行くなんて  火を見ようと  火のように燃えておりました  火が曇った  火を受け取って  火を入れた  火を見ました  火は燃えていませんでした  火はまるで鉛の玉のようになっています  火を取りあげて  火は鋭くカチッと鳴って  火になりました  火をいれねばなるまい  火をつけたり  火をたいています  火をおこした  火の誘った  火を啣えて踊る  火の海になったかと思ったら  火に折りくべつつ  火が燃え  火をかき立てた  火が燃え移って  火のそばに近づけた  火が燃え移つて  火を焙して  火との激闘に熱中させる  火が燃えて  火が燃えたかと思うと  火はもう踵に燃えついて来た  火をかき立てて  火のようなものが閃いた  火のふき込められしが  火と小さき胸を侵かして  火を放けて  火へ水をぶ  火にくべてしまう  火をめちゃめちゃに踏み消してしまった  火を焚いていた  火を放って  火の光に照りかえされて  火の色に見惚れていた  火の光でそこそこにしたためた  火の肉となって  火ぶくれた  火を取りに  火をつけるぞ  火のようにむせた  火のような情熱がビュンビュン唸って  火をつけてやりたい  火を燃やしながら  火のように涙が噴きこぼれた  火の上で自分のずぶ濡れになつたシヤツを乾してゐた  火を吐いて  火が車夫の手の動脈を太く浮び上らせていた  火をおこしながら待つ  火をつけている  火を吸い移す  火を吸い移している  火が消えていた  火を吸った  火を背負って帰った  火で喫むと極った  火を燃して取って  火の着いていた  火を点して立てた  火を移して  火を移す  火を移すと  火尖が伸びる  火にて焚れ  火に干るべしとある  火とを背景として読むにあらざれば  火のようになって怒り  火の光りが流れる  火に照らされると  火をつけて焼き亡ぼして  火がみんなの眼に燃えていますから  火を入れると  火に負うている  火は燃えました  火で燃えた  火が燃えついた  火でその人の横顔を一寸見ると驚いた  火を借りて話し込んだ  火のほてりに  火よりも熱い心になる  火を放けてまいりましょう  火を放ける  火をくつがえした  火を消そうとした  火の廻りも幾分かは遅くなろう  火の騒ぎはいよいよ大きくなる  火の中へも飛びこむ  火の早さは一散になるであろう  火になった  火の色を吹いてきた  火の黒髪を振って  火となっていた  火が燃えついてしまった  火の畳に押し伏せられてしまったとみえて  火の魔の跳躍はほしいままとなり得た  火の海になり  火かと恨めしく映る  火に追われた  火に焦がされた  火が森を焼き抜いてこぬ  火を放った  火を降らした  火の海を遥かにみて  火とやらで焼失したという  火と水とが触れ合った  火に行く  火が崩れていた  火へつぎ足している  火をかこんで  火を残した  火はスッカリ埋けてまいりますよ  火がつきなかった  火のような喘ぎと  火を吹きだしたと  火にあたりに来る  火は容赦なく段々と手元に燃え移  火の如くほてらせて  火がその十字架に燃えうつり  火に肉に喰ひ込む  火の如く叫んで聴かなかつた  火にかざしてゐたが  火が吹きすさぶ  火の余燼が綺麗に掃き清められた  火が焚いてある  火や畠の野菜や素焼きの瓶や巌畳に出来た  火に焼かれる  火が二坪ばかり燃え  火の神を追い払う  火がもれず  火のやうに焼けてゐる  火で照し出されてゐる  火に掛けた  火を掻き起して  火がつぶやく  火が音を立て  火を焚き附けた  火におあたり下さいまし  火を見詰めてゐた  火の光が見えなくな  火の球であると言うと  火をけに火さし物あぶりくひなどする  火の坑から流れ出た  火の坑から湧き出た  火を点じた  火がしづかに點ぜられ  火がぬけた  火はすぐに揉み消す  火を掻いた  火ともならんほど燃えあがって  火が降った  火は入れてない  火がどんどん燃えている  火を点け  火のように燃えた  火にしてしまひました  火と湯とを絶した  火や湯の加減を見るばかり  火の海の中にはいりこんで行こうとする  火がめいめい他の一人を焼きこがして  火のまはりをまはつてゐる  火を掻きたてた  火が燈つてゐる  火がぼんやりと鼠色の法衣を照らした  火をつけたら  火を消した  火が向ふでとまった  火は注意深くこっちの方へやって来た  火はすぐ横から足もとへやって来た  火に燃えぬ  火の涙を飛び  火が點く  火よ両国のあたり両国の橋を渡つてゆきました  火を吐く  火は消えて煎  火の鳥の飛び去る如く  火の匂がする  火のくちづけにふれて溶ける  火で温まる  火に関する掟が厳重に守られている  火の舌がその内側を輝かしてゐると  火にかけておく  火が要る  火と接触してゐる  火の上に置きました  火の上におく  火に焼き崩された  火はこんな恐ろしい荒らし  火を燃しつけました  火は燃えてゐる  火の前に持つて  火を落さうと  火がはいつてゐる  火のリボンをいくつも出した  火の挑発をやめたりした  火のリボンを見る  火で純化された  火のあとがある  火に一番近い処にある  火が金を熔かした  火のやうに雲を輝かす  火と煙とが見えて  火はその瞬間に眼に映る  火の見えた  火の塊が噴火口から噴き出されて  火の雨となつて降る  火の湖を造つて了ふ  火の河は其処へ流れ込んで来ないでせうか  火の河はたうとう数ヶ村を飲み尽して  火の河は其の強い力を慄へる  火の河は広い深い谷に着いた  火の河が流れて来て  火との間に激しい戦さが持ち  火の壁はたうとう海の中へ進んで  火の河は支流を合はせて  火の河は町の中へ侵入して来た  火の河の流れて来る  火の河の路を開けてやる  火は取り残された  火のついた燃え  火が飛んで来て  火の条がうねつてゐた  火の前の方の灰の上に載せられました  火を掻き廻し  火を燃し続けて行く  火の前で廻はして焼く  火が暗い路を照らしてゐる  火の方に向いてゐる  火に焚く  火が出るからだ  火がきのこから出  火をつけてみましたが  火なんかちつとも  火の上に載せて泣かせる  火の海のようにぎらぎらと陽の光を照り返していた  火が燃えてる  火をよくおこしてくれ  火のある  火にむかって据えられて  火は美しくさかんに燃えていた  火に暖まりながら  火のそばに摺り付いてふるえている  火は明かるく燃えて  火は風に吹かれた  火が消えたという  火のなかに棲む  火は再びしずかに明かるくなった  火も再び燃えはじめた  火のそばへ連れて来たが  火をたよりにそこらを検査すると  火を貸して下さい  火を借りて  火を借りた  火を貸した  火を貸すという  火の借用を申し込まれる  火を相手の人の煙草に移すという  火を求められた  火のごとくに彼女を恐れていた  火のないストーブに凭りながら立っていた  火を消すと  火をさえぎる  火に近寄せて  火を移さしめて  火のみはよく燃えつ  火に焚こうとしている  火の路を作ったかと疑われました  火がちらちらと飛びめぐり  火はあちらこちらに高く低く揺れています  火を焼いて  火もあり  火とを見くらべながら  火のほとりに戻って来たが  火のほとりに腰をおろした  火に落として  火の用心が悪いといって  火で乾させ  火に翳した  火は此の燒木杙の邊から發したので  火へ翳して乾かして  火を點けてそこへ蕎麥でも豆でもばらつと撒いておく  火のともっている  火のやうな光を浴びせて  火でもついてくる  火は手のつけられない  火の匂いと光がシュウッと削り落された  火さえあれば  火もありません  火も酒もなしで暮らすなどという  火でも得られるなら  火でもいいと思いますが  火で鎔す  火の如くに輝いている  火の光りも  火が赤く輝いていた  火を喫いつけ  火に光って  火のような激情の性質をもった  火を燃やし  火だけは是れを止め  火の上を走るとか  火の前で手をこすったり  火がまつ  火のように熱くなった  火のように火照ってきた  火を出しているひびきである  火をこめた  火になるばかり  火が消えましたかしら  火も吹出さず  火の筋が閃いて通る  火をいじったぐらいの  火が移ったが  火になる  火のなかで助かつてゐたとは  火をつけて燃やしてゐた  火というものは軽いものでいつでも騰ろう騰ろうとしている  火というものはいつでも照らそう照らそうとしている  火には二つの性質がある  火のようにちゃんときまった  火のように青く見え  火やで  火の消えません  火が消えないからであります  火なくして暖まる  火を焚きながら  火が第一番だから林を目的に下れ  火を点ける  火はすぐ消えてしまったが  火にじっと見入っている  火が川風を染めていた  火が消える  火がつく  火でも粗忽した  火をくぐって  火を盛って  火にあぶって  火を消しては  火を消さずに済みたり  火は以前より多少明るくなれり  火明るくなりしとて  火を放てり  火を消さんとせしが  火を消さば  火は船尾の方より甲板上に燃え抜けたり  火はあたかも余の後を追う  火の光高く燃えあがるにしたがい  火とならんとす  火のように血管の中を駆け廻る  火を踏んで  火の光が戸外にカッと洩れて来る  火を焚いている  火で炙って  火が廻っている  火の中で土人と戦ったという  火に打ち勝って  火に迷つて來た蟲が跳ねてる  火ばさみに跨り  火を焚いているほどだ  火のように舞い澄まして  火に供物を投じて  火に燒かれたるが如し  火は彼の家を燒く  火の熾んに燃ゆるに  火は息をする  火には焼かれる  火の子がパッパッと飛んで来て  火がパッと焔を立てた  火を放けた  火の勢いに恐れて  火をもって  火を焚くも  火で焼き捨ててくれるわ  火はますます熾んに燃え  火の付いている  火が附いた  火のためにデコボコになり  火の氣の薄い火鉢に手を翳しながら  火が附きはすまいかと  火でまた吸いつけて  火の光もささない  火を吹き消しましたが  火で読んで見ると  火のトンネルの中をくぐって  火が出来  火をみといておくれ  火ん中へ燻べて  火の燃え付いた  火の鞭を打ちつけられる  火のやうに眞赤になり  火のついてゐる  火のようになった  火がとろとろと燃えていた  火を借りようとした  火を借してもらいましょう  火を出した  火なんぞおこしていられない  火をおこせ  火が分配され  火の無いところで書いたが  火のやうに怒って飛びかかる  火を入れる  火を光らせる  火は人よりも速かつたといふ  火でももらふ  火が散るばかり  火を点ずる  火が狐火のように見えた  火の付いた  火を現わすので  火は常に安定の状態にある  火に舐められた  火ともし頃になってしまっていた  火を照して  火を燃す  火が全く消えても  火になっていた  火をつけながら答えた  火を点し  火が燃えた  火に焼けて死な  火がつくと消してやって  火と煙に追いまくられて逃げまわったり  火の煙がうっすらと空にあがる  火が降ろうが  火はなかなか付かぬ  火の盛んに燃え付いた  火を取分けて  火のつく  火を避けて  火の痕は残っている  火の痕は残つてゐる  火の影がちらちらと揺らいで  火が起らないらしく  火をあおいでいる  火にあてると  火を枕もとの手あぶりに投げ込むと  火をうずめて  火のように燃えていた  火をつけようとして  火がともつた  火を噴くとなるけれども  火を指す  火と思はれてゐる  火がおよそいかなる速度でいかなる方向に燃え広がる  火がそれからそれと燃え移って  火で焼かれるに  火が目に映ったので  火になっているので  火をたたいていた  火の方ばかり見て答えようともしない  火が見えたら  火がちょろちょろと燃え出していた  火はだいぶ燃え上がって  火はまっすぐに上の方に燃えて  火から目をはなさなかった  火はどろ  火を点けながら  火のやうに怒る  火にかけた  火の光りで  火の竜にひかせた  火が点いた  火の徒らなるを嘆き  火に焦し  火にしか見えなかった  火をおこしていた  火を放ち  火を点じると  火がついていない  火を蹴って進んできた  火を発した  火をかけた  火は山火事となって  火をとばしたが  火を燃やした  火のような煩悩は断ち切れない  火を消しとめよう  火のように燃やし  火を付けながら  火の中に入れども  火をつけよう  火をつけようじゃないか  火を消そうと  火を燃やして  火はパツと炎尖を立てて  火も焚いて当らつしやらうぞ  火の赫と起つた  火をつけろ  火があがった  火ばかりが物すごく見えた  火を見るよりも明かな  火を連ね  火に全身の血を燃やされて  火のような眸を見て  火を放つて  火として焚いてしまえば  火の如き眸に答えながら  火をちらして戦う  火を放つ  火で土を焼いた  火があがる  火はたちまち燃えひろがった  火にはおわれ  火のような眸に会って  火がついたので  火を付ける  火に注ぐ  火を付けます  火無殯斂を意味するらしい  火が上った  火の小山を築きながら燃え上ると  火の子のように八方へ飛び散ると  火に差し燻べる  火をつけられた  火の柱となって  火にもやした  火をもやして居る  火を早く入れる  火をこぼし  火をきって  火に捲かれて  火を八方から放ち  火と化すばかり戦う  火を導として立つべき  火を附けて飲みながら  火を附けて  火の流れがずーうっと  火の流れがはいる  火の中に投げ込んだ  火を焚いてあたっていたが  火を点した  火のにおいがするばかり戦った  火にかざし合った  火は風をよび  火をちらして  火の海と化し  火の襷となって入り乱れている  火の海と化したので逃げ退いてきた  火をみるよりも  火を発し  火の雨が降ってきた  火を見るより  火の柱をあげ  火を降らしあう  火をあげた  火に寒さを忘れて  火なりと涙ながしぬ  火の子のように活動して  火にくべろ  火が燃やしてございますよ  火の光に照されながら  火の出具合が大変違う  火のひかりとは趣が違うさ  火は五六里先きにある  火が出たって  火の柱を見詰めていた  火で焼けちまった  火を投げ  火は万山の梢に這い  火の網の中にある  火の海だという  火をよび  火の柱を噴き  火の簾を降らした  火の雨を浴び  火のような忿懣を加えるばかりである  火を付けた  火の球兄さんがはるか昔から目を着けていた  火が付いた  火が入っていれば  火を付け  火ばし  火をうつしながら  火がすぐに金貨になる  火のようなあのお眼を見ても  火をわたしらの手でこそ守りましょう  火のしに  火があった  火の点いた  火が街の方から帰って来た  火が舳にとろとろと燃えだした  火は何時の間にか消えてしまった  火を見るとも  火と水とが叫ぶ  火の影が少し明るいやうでせう  火をつけようとしなかったからです  火をつけにいく  火をつけに行く  火をつけてしまいました  火をつけて捧げ  火の絶えた  火をつけてささげ  火にでも焼かれた  火であぶり  火であぶる  火にかけてあぶり  火が付きやすぜ  火のかかる  火の鳥の如く水を翔けて  火を放っていた  火がついていますぞ  火に乾している  火に乾していた  火を落すと  火も消さねばならん  火はもうあらかた消されていたが  火をちらして戦っていたが  火をつけて廻るから  火の如き憤  火かくる  火が空に映じ  火の喰つつく  火をかけ  火の束を振りかざして  火の海になつて燃え落ちた  火の燃えだした  火の事のありて古りたる  火よばむ河づらの宿朝がすみ  火は波の如く泡立つ  火を起きて消せば  火の燃ゆる  火の如く逸ませ  火を吐いて沈んでゆく  火の尾をひく  火のように赤い紅葉がのり出して  火の燃し  火のそばへ行きたいの  火の燃ゆる面がかすかに聞き取られた  火をいれる  火をはなって  火となって飛びだした  火の禍いがありましょう  火に入る  火の出づると言う  火を掻き起した  火のようになっている  火にいる  火と水を取ったという  火と熱した  火の用心のおやじに出会う  火を入れ  火を移し  火のように撥ね迸った  火を見られて  火を花さかしめよ  火が燃えているばかりであった  火をつければ  火のない巻莨を手にした  火の飛んだも  火が燃えております  火の燃えるた  火に燒かれる  火をつけました  火の光を浴びた  火がめらめら燃えているばかり  火がめらめら燃えてゐるばかり  火が煤ぶりながらともつてゐる  火に穢す  火を見るよりも明かで  火に焼いた  火の塊だと思えば  火の塊になってしまう  火の塊になってしまうであろうと  火が明かるくかがやき  火になるぞ  火を消す  火がもえていた  火が二段に見えた  火がつかなくとも  火に包まれてしまった  火をたいて集っているが  火のようにあつくなったまでしかおぼえていない  火が見えたり消えたりする  火はある  火は見えなかった  火のことは知らない  火のことをうわさしながら  火のそばへ上って行った  火がついたり消えたりもするし  火のように熱している  火をふきながら  火ともし入てかね掘出す  火となった  火と共に灰になっていた  火が落ちた  火の如く駁されたが  火は消えない  火が燃えついていた  火となっている  火と化してしまう  火で防げ  火にすこし逆上せた  火の傍に寄って行った  火にあたっている  火の傍にうずくまりながら  火のともった  火の中へ投げこんだ  火が出たかというと  火を消さぬ  火の出るほど  火が燃えていました  火をしずかにそれへうつしました  火がちらちらちらちら通って行く  火にすかし出されて  火がぽっぽっと青くうごいてね  火をつけてのせ  火が焔硝にうつって  火を消さうとする  火を消してしまはない  火を細めてから  火をともす  火にくべて  火のような眼ざしで  火のやうにぐるぐるめぐる  火のやうになる  火のやうな私だこの愛の中で穀物の種子のやうな強き生をとりかへせ光りを感じ  火の上に銀葉をのせ  火にかざしながら  火のまわりが早かったと見えて  火の中へ投げこまれた  火がまわって  火の中へ放りこむ  火をつけり  火はつけられねえ  火をつけてしまってから  火を出して  火がまわった  火の中へ跳ねとばした  火をつけるなんて  火をつけるにしろ  火をつけて死んだ  火のような熱い流れが拡がっていった  火は燃え上った  火が見えない  火は一きわ激しくドンドンと燃えさかった  火のつこうとしている  火が消えたかナ  火はいよいよ明るく燃えさかっているらしい  火を焼いて居る  火が点ぜられた  火のともらない  火がトオカルの頸に燃えて  火をもやした  火を恐れるというので  火を恐れる  火がぼんやりと照らしていたが  火がちらちら揺らめいていたが  火をすりはじめた  火を消さない  火は消えてしまった  火の環と鉦鼓のとどろきになったかの  火が長蛇の如く彼方の闇に横たわっていた  火を放ったとみえるぞ  火を喰わせ  火をかぶって戦う  火とともに攻め立てて来た  火のない歪んだ  火にかけてあった  火をたき初めた  火をいじったり  火をともしたが  火は未だ消えないで  火を嫌うを以て  火にて暖まり  火が燐のやうに淋しく靜かな音をたてて燃え出し  火を見つめてゐたが  火を失し  火を燃しつける  火は北風に煽られて  火の中へ落ちずに  火を燃しつけた  火はすっかり消え  火をともし  火が這ってきていた  火のかたまりになっていた  火にかけたり  火が空中瓦斯を引いて  火は火を呼び  火をふき出したが  火となって  火が膝に落ちた  火が消えか  火をかりて  火をもみつぶした  火をみつめる  火を消しているので分らなかった  火となって燃えてしまう  火の塊となって  火をふきだしている  火が出るか  火のように熱く痛くなった  火は消えました  火が樒のにおいにみちた  火となる  火としていた  火を付けて  火が螢の光りほどに  火が揺れていたり  火が揺れたりしている  火を自分たちの生活のなかにとらえて来た  火に照らし出された  火をなんして上げな  火が灯ります  火を花束のように持って歩いた  火を点している  火でも点された  火を翳した  火の付く  火の如く燃えて  火の点いている  火を点していた  火を落すまで  火の埋け  火を摺りつけて  火を落さない  火も興りかけていたし  火に入って  火を入れて出す  火を焚きつけて  火の消えている  火を興しはじめた  火を点けると  火を掘くった  火を吹いている  火を掻き廻していた  火が目にちらつく  火を点けて吸いながら  火を弄っていた  火のやうな呼吸をかけられたかの  火のない七輪は鉢卷をし  火でも噴き  火の灯る  火の様になった  火が金に尅した  火を消して  火を移しますと  火の用心と違ってな  火がくわん  火を穢れさせぬ  火が穢れるといふ  火焚きと称して  火が燃え上がると  火は青くてきれいだけれどもどうも大蛇のような悪い臭がある  火をつけながらいいました  火をつけなおして  火のようにしてうなだれてしまいました  火などを焚きつけていると  火ぶくれになりやしませんか  火ぶくれを  火を發して  火の中へ眞つ逆樣に落ちて行く  火は燃え  火附け人殺しの大罪人がゐる  火の燃えあがる  火かのやうに吐き出す  火のような望みを述べ始めた  火が髯の綿毛に移って  火をつけてくれた  火のように消える  火を消しとめた  火に生命を取られる  火の如く火急に広がった  火に照らされて  火が消えたという  火が上りますぜ  火が一点縫って行く  火が一点ゆらめいて来る  火が飛び乱れる  火の方に燃ゆるが如し  火を消すにあるのみ  火を吐き  火に脅かされ  火の光を映じて  火は時時皇居も焼いた  火は失火もあるが  火を吹いて  火が起った  火が伝馬町に移った  火に追われて逃げて来た  火は翌日の辰の刻になって止んだが  火は北は駒込から南は外曲輪に及んだが  火があって  火に江戸城の本丸並びに二三の丸も焼けたので  火が起って  火はユラユラと揺れた  火を点もす  火の光に朦朧と照らされ  火まで燈して  火の光が見える  火がともってい  火をあおぐ  火を失したので  火が弱過ぎたと見えて  火が菊之丞の此の性質を可なり燒盡した  火は三太郎に新しい信念を吹込んだ  火をいじる  火で火薬がバクハツしやしまいし  火の灼熱が足りない  火にかけて見ろ  火とを持つて  火をつけたが  火を焚かせられるかも知れないと思うと  火をつけて燃やした  火がだんだん心細くなって  火を消したら  火を消さなかった  火を消してはいけない  火を消してはならない  火の球から射出される  火は消えなかった  火がくるくると廻りだしたと見る  火の柱の陰に前妻の姿をちらと見た  火の中から救い出されていた  火の八ツ裂地獄の中へ追返される  火の中へ行きます  火を灼熱させる  火をいれた  火をつけ始めると  火を焚いて居りますから  火を打つ  火のような猩々緋の服折を着て  火に焦げた  火の側に坐っていた  火にともして  火にするという  火が高く低く飛びまわる  火を見かけて泳いで来るからで  火にたたるといったり  火のほかに心はなけれども向へば見ゆる  火をきりました  火はずんずん背中に燃えひろがってしまいました  火ぶくれになって  火の芸術にたずさわる  火の芸術と君は云うが  火で私ひとりで大きな雪がふりだして  火を焚きて  火が瞬き  火を寄せて  火は青ざめて燃えあがり  火は途中で夜風に奪われてしまった  火は消えてしまったので  火を取りに行った  火のごとく人の手から人の手にうつりゆく  火に立ち  火はすでに近づいてゐる  火の海の全部を怖れる  火をつけていました  火にてらして読んだ  火がないからというので  火に焼けるし  火をつけてゐました  火を附けた  火がぱつと燃え立つて  火がすぐ消える  火の中から助け出したばかりで  火の中から化けて来た  火に障るっていうの  火の神の町を焼く  火の用心に灯は消して寝た  火を避けた  火の附き  火の附いた  火をつけながら言った  火に焙りしが  火を見つめていた  火をじいっと見つめる  火の燃えさしを載せよ  火の焼け木をのせて  火に掛けずに置いてある  火を焚いてゐる  火を付けようと思へば付けられる  火は幾度か揺れたり  火をのろのろとなおしたりして居た  火の中に放りこもうとして  火熱るような気がした  火のように充血した  火は益々燃え上るばかりである  火が降ると  火が出たが  火は人間の心を焼き清めて  火が炉のなかで燃えていた  火は消えていて  火掻きを御自分でお持ち下さいまし  火掻きを小脇に抱えて  火がぱちぱち音を立てて  火の中にあって  火を眺めながら腰かけている  火を熾にすれば  火の消ゆるとき自ら絶ゆる  火も徐々に燃え  火を出したりしない  火を附けて持ちます  火にかけて長い時間煮つめた  火を吹くぞ  火をふくぞ  火を吹きはじめました  火でも移ってみろ  火を転がした  火でもブッ燃いて  火のように怒って  火のように燃えている  火をふきて  火の中でも水の底でも猶予なく飛び込まなければならない  火をくぐるか  火の精がとびはねるだけの  火に油をそそいだ  火臭い匂と一しよに  火をもやし  火をつけていぶしていた  火がペンに燃えついている  火のついている  火をもみ消してしまった  火を起した  火を入れに来た  火を附けにまいりました  火を活けて  火の光の漏れる  火に似た  火を灯し  火を消しとめる  火はもはや消されぬ  火がついたとは  火を焚いて置く  火を焚きつけていなかった  火に投じようとしかけた  火をじっと見守っていた  火をまともに見つづけていたので  火に向った  火に包まれてしまい  火が消されると  火を附ける  火に一層近づいて  火に充ちし  火を焚かれる  火の側でゆつくり話しませうよ  火は消して  火にぼんやり眼をすえて  火は横にはい  火の燃えさかる  火のような手紙を書いて  火はまだともつてゐました  火の愛情を理解しては呉れなかった  火が動いてゐる  火を守つてゐた  火が遠くにあるとか  火のように青く光りました  火がともって  火はゆらめいている  火の用心を怠らぬ  火の用心をせい  火をつけて持たせて退いた  火を踏み消して  火を踏み消した  火の用心をいたせ  火の子を消していた  火を点じ  火にかざした  火なければ朝夕は手足の先猶寒きをおぼ  火に襲はれし  火に遭ふ  火をみる  火に足をさし出していた  火に足をかざすなんて  火を抱くや  火の象形と取られる  火のやうに一線を劃する  火の雨が降って来ます  火の海になっていました  火をおとしますと  火も釉薬もかけぬ  火を入れないと頑張るに  火が入った  火が入っている  火からだす  火にあたつてゐる  火の加減をしないと  火を焚いて凍えた  火を出し  火の中に投げ入れられました  火の光が明るく見え  火が光つてゐた  火のそばで人々が噂した  火をも燃やすだろうと  火のうつる  火のやうに下に見えてゐた  火に注意した  火の近くへ寄ったぐらい  火を点けました  火をつけて吸った  火をつけてると  火に照らしだされた  火が入ったな  火がついたからかなわない  火がつけば  火を噴くかと思われた  火さえもその火が怒れば  火の中へ飛び込んでも  火をつけない  火になり  火となり  火早いと云いやん  火には追掛けられる  火に追かけられて居る  火を付けるから  火を付けられちゃ  火をかけましたが  火が移り  火の中水の中でも定命の有る  火の微に残っている  火の光で頭だけ朦朧と見えていた  火の中へ延びて  火を掻き起しているだろうと思っていると  火が盛んに燃えだして  火をみていたが  火の上へ吐きだした  火が点つてゐる  火のまえに  火が夢のように瞬いている  火をかけろってね  火が射している  火がその膩ぎった顔を赤く照らしている  火をして  火にあたりたい  火がついてゐる  火を押し殺し  火がともっているらしい  火をつけて燃しちまった  火に油を注ぐ  火をつけたばかりの  火がつくから  火のように加十の頭の中を駆け廻る  火を発せ  火のように燃え上がる  火に照らされた  火にかけて焼く  火を出してから  火ぶくれがつぶれて  火のしずくのような赤い実を点在させている  火をおこすより  火の燃え立つ  火をつくる生きて  火の立ち登る  火が燃えだしました  火をこしらえたと云う  火を細めたり強めたりして居る  火は空より降りそそぎ  火が燃え歩いてゆく  火を貸して下さいませんかなどと  火をつけてしまふ  火の消えるとともに  火を免れて  火のために散つたか  火に祟る  火をかきたてました  火を放ちて  火の火先も宿さぬ  火で勢付いて  火の代りに俺達の人魚をとりまけ  火を城に放とうと思うた  火は燃えて上る  火を吹いて居る  火を挙げる  火の手段にあしらえば  火を有つ浅間の山の煙は濛々漠々として天を焦して居る  火をいけて  火を見に立っていった  火を起してくれました  火にあたらせて  火の発する  火が心を焼く  火に燃えなくなった  火をその先へ移そうとした  火はそこまで届かない  火に集るごとく  火にうつった  火で煮  火を掛けての  火をかけても  火の息を吹く  火を見ながら  火も見る  火が三つ檣に出ている  火掻きで松枝をたいて  火の用心のためにふだんはそれをつかわず  火がはいって  火の下の薪の中に居る  火を番しながら  火の用心で莨をふかしていたが  火や赤い火の流れている  火が暗に流れていたりした  火をおこしたり  火で焼き  火はきえていたけれど  火のついていない  火がうつってもえだした  火をきっと見つめながら  火を引いてしまいました  火を引いた  火がいいから傍へ置くだけでも冷めはしない  火を直しに  火が出ました  火を見ながら入りましたにつけて  火を消すばかり  火をみつめ  火の海の上を通つてゐた  火のはぜる  火よりも切なさと激しさにいつ  火の色にほの  火が本当に燃えさかり  火の面積が広いといふだけにすぎない  火がついて燃えかけてゐたので  火が隣家へ移るまでが  火の色が映  火のそばをすてて  火を噴き上げている  火のように赤くなった  火に心を暖められ  火の海になる  火のほうに気をくばりながら言った  火が出たかと思いました  火が燃え立ったと思うと  火が立ちのぼって居ましたが  火の消える  火を先立ちに  火の光は煖炉の前の半畳敷程の床を黄いろに照しているだけである  火と水とにたとえている  火の系統は皇族の流れ  火の系統からもはいった  火が消えて  火を拾いあげては  火を起し始めた  火の起る  火を消したりしていた  火を消したり  火で煙草を喫しながら  火を直した  火が灯っている  火の国に住みける  火のようにあつい心をもった  火もつけず  火を突いてゐる  火の上にふりかけました  火の上にかけました  火が燃えあがる  火がともる  火に焼けて  火に温まりながら  火に燻べて  火は一階から四階の間に拡っている  火の舌が薪の山の間々を潜つて閃き  火の子のぷつぷついふのが聞える  火を反射して  火の子を噴き出すと  火を見詰めてゐる  火に近い方へ寄つて来て  火の子とを眺めてゐるのであらう  火の光に誘はれて来た  火の光を当にして  火は消えてしまふ  火の舌がちよろちよろする  火に当らせて戴いて  火の光を見て這入つて来れば  火を見てゐる  火の光を覗いて見た  火の前に腰を掛けた  火が消え  火が明るく顔を照す  火が絶え絶えに廊下から差し込んでゐる  火が点してある  火の子が出て  火が燃えなくな  火が見えなくてはならない  火を見付けよう  火を取り囲んで  火を焚くなんて  火を綺麗に消して  火を焚いても  火は消えた  火が一つ瞬きをしてゐる  火のやうに赫く目をして  火を発して  火のように市中に拡まって  火の始末をする  火を一つづつ入れる  火がついてゐるのに  火でもついた  火を見ぬ  火を点けるだけの  火に当たって帰っていった  火のようになって怒った  火でものを書いたりした  火を一挟み  火をつけていた  火の鼠が伝う  火で描いた  火に祟られていなさる  火は祟っている  火になったが  火の中へ飛び込んだの  火に油を灌いで  火が祟る  火は消える  火を入れながら  火も洩れず  火をつけながら尋ねてみた  火をかかげている  火をうかべました  火が見えるでしょう  火にキッスした  火の中へ僕たちいっしょにすわりたいですねえ  火が燃えてますわ  火が少し白くなったわ  火ははぜて  火を消さうと  火を着けて  火を鎮めたりする  火をつけてやる  火がついている  火を取りにきて  火の雫のやうに光つて居る  火が少くなって来た  火に近づけないでください  火は消せ  火をつけてやると  火で焼いて  火にくべてしまった  火を囲んでいる  火をおこしながら  火をかき立てる  火で書かれてる  火のように光っていた  火が燃えだしたかの  火の鳥となる  火をさしつけた  火とが当てられた  火の燃えついた  火の滅するごとく  火の氣もないところで長い間云ひ  火のやうに燃えてくる  火の輝きとなつて落ちてこなかつた  火がみえて来ました  火に祟るという  火の神は愛宕の祀られる  火と称して  火は松の火でも藁炬火でもすむ  火ともしに七夕祭と記して  火に榧の葉などをくべて唱え  火に身を暖めつつ  火を用いぬ  火を提灯に移して  火の運搬せられた  火で焼けたという  火を覗いた  火で乾かしながら  火の光りが  火に照らされている  火がだんだんまわって来て  火が附いて  火ですかして見ると  火を作る  火も消えた  火の光が見えて来た  火の光の方へ走って行った  火で暖を取り  火が蒼然と四辺を照らしている  火を打ち  火を先頭に立て  火を真っ先にやがて人影が現われたが  火がこっちを目がけて走って来た  火は降つて来ません  火を点ければ  火のように明滅しているだろうと  火が旧い歴史を焼きほろぼした  火を動かしていれば  火などを出してやった  火を喰わせ始めた  火をなおしてもらったり  火がついて立つ  火だのが外まで明らかに美くしい  火にあったまって暮す  火のそばをはなれず着ぶくれて  火と戯れている  火がおこっていた  火がつくばかりに  火のような情熱に焼かれようとする  火の蛇のように取り巻いて  火と涙とを目からほとばしらせて  火のような回想の憤怒が燃え上がった  火が激しく燃えている  火と燃え上がらんばかりに  火や青い火がちかちかと神経をうずかして駆け通った  火のように輝いて  火のような情熱がひらめいて  火のように熱く目にたまった  火を見つめながら  火にながめ入るだろう  火の消えかかった  火は彼の指さきに迫って  火で焼いても  火をつけて焼いてしまった  火を土居にも貸して  火をつけて焼き捨てた  火がちょろちょろと燃えた  火が点いている  火がどんよりちらついて居る  火をかんかんおこしてくれたりして  火に照されて  火が付き  火と煙とが逆捲く  火の下で掌に何やら腥い肉をのせながら  火をかけて頂きたうございまする  火をかけて見せて遣はさう  火をかけい  火を浴びて  火は見る  火が燃え上ると  火と變つて行く  火とそれに魂を奪はれて  火の嵐の恐しさに御驚きなす  火の様な硝子に向って  火を吹出させたり  火の不始末か自殺かと一応結論がでかかっていた  火を放つた  火と変つて行く  火の柱を前にして  火の灰を払って  火を見詰めていた  火のような痛快味にしか過ぎない  火が一すじ椰子の並木の中から流れてきた  火を焚きにきて  火も吐いた  火は赤い稲は刈られし  火の如く燃えたが  火がおこっていたし  火のようにゆれて光りました  火のやうにゆれて光りました  火のやうに燃えた  火が燃えきっていた  火や送り火を焚きに来た  火が沢山にながされて  火を点して  火を過って  火の廻りが早かつたせゐで  火をいじくったり  火でその手紙を焼いた  火にあぶってつけたが  火を烟らせていた  火を焚いてゐますと  火を見つめてゐました  火ににた  火で光って  火ぶくれにするほど  火をいじりながら思った  火の中に咲かせた  火の上に被さった  火の様に焙って来た  火のごとく鱗を立てて  火が燃えのぼって来て  火に追われて  火は近づいた  火ぶくれになった  火を付けたら  火が現われて  火を点じようとしている  火は点いた  火が現はれて  火を点じたが  火のような声を出した  火が燃えの  火のない火鉢にかがみこんで  火のない火鉢の中へイワシを投げすてる  火に追われ  火をふいて  火をかけて燃した  火の線が走って  火をふきあげるではありませんか  火がはいらない  火だね一つおかずに此の寒中数時間或は終日でも平気で待たして置く  火に当っておりましたから  火に当っている  火で東京の市街が焼払われてから  火見櫓の如き  火を入れたばかりの  火でちょろちょろ焼かれている  火が吹きだすほどの  火の傍にいた  火を焚いてやる  火に翳しながら  火なたのついた  火が白い被衣の下でほんのりと赤らんでいる  火はいつか灰になって  火のように熱く感ぜられた  火をたきつけたりした  火のような憤りの  火をついで持って来た  火と熱する  火を起こした  火をつぎ足した  火のような熱と不安とが見られる  火の霧で包まれたり  火のように怒っていた  火のようにした  火をかけられた  火のようなものが息気苦しいまでに胸の中にぎっしりつまっているだけだった  火のような一心を倉地の身の上に集めた  火だかがうっすらと水のように澄みわたった  火のように熱くなったばかりだった  火も燃えていた  火は水を注ぎ掛けられた  火なぞをつけて  火はあかあかと燃えて  火のはいった  火をそれへ移した  火の用心に關する  火を消ことに注意すべきで  火を失して  火を消し止めたといひ  火は三箇所から燃え  火が燃えついたならば  火が天井まで燃え  火に接近するに  火に慣れない  火の性質を心得てゐると  火が狭い荒屋の中を照らしていた  火が一時にくずれて  火を見つめている  火のように燃えて来る  火を城に放つと共に  火を点じてゆく  火の滅する如く  火の中に放り込んでしまう  火が徐々に燃え広がる  火に換えている  火のように強烈に燃え上がる  火のようになって  火を入れたりする  火は青くかれの  火を保護した  火をランプやガスでつけてた  火じゃパイプのへりは焼けないからね  火の殻負ひ  火を守りながら  火をたいてゐる  火の着く  火を点すって  火が出れば  火で一杯になった  火の上に差し延べた  火に氷のような足をかざした  火にあたった  火をつけ終るまで  火のつき  火を感じない  火がとってあるから  火でものを焼いたり  火でものを煮たり  火を点けやがった  火は本邸の方に向っている  火を消し止めた  火がちらちらと動いて  火の中にくべられてしまった  火の中から一冊を抜きとって  火の中から拾い出された  火の中から盗み出して  火を暗くした  火のような叫び声を挙げて  火を火鉢に移す  火を移すが  火を見つめて居ると  火がかっかとおこっていた  火の上でひっくるかえしている  火がつくまでには到らなかつたけれども  火は幾度燃えて  火のぱっと燃えたる  火をもって焚かしたが  火の燃えあがった  火の中に飛び込んで  火が走った  火の塊りのようなものがこみ上げた  火のそばへ行くと  火をほ  火をついだ  火をおこす  火のように受けられた  火をさしつけながら  火に気付いてか  火がちらちらとさして  火を側にして  火を貸して下さいませんか  火をつけてやった  火に足許を用心しながら  火はやがてぱッと燃え  火を燃したり  火に向けて  火点しごろ過ぎて  火を焚付く  火をかき起して  火を掻きたてて  火の上で片面を焼き  火との二つの方式がある  火を明るくともす  火というものを考えて見る  火の代りに熱でも持って来れば  火や熱のような本性のものであるとしたら困った  火の中に投げこんでしまった  火となって燃える  火の如き凄まじさで全天に広がった  火の洪水と云う  火の浪の様に見える  火に紙をくべました  火を焚き付ける  火を競技場までリレーする  火を運ぶ  火を入れさせます  火をふき  火の海につつまれ  火の海を思わせる  火は眼下の平地全部をやき  火の原にかこまれた  火を走らせ  火の先端だけが坂にとりつこうとして燃えつつ立ち止っている  火の海になった  火が食いつくし  火を消しとめるとは  火に向って叫んで  火をたくが  火に煙草をだした  火の中に入れてくださる  火がつき転がった  火の用心のために部屋を見廻っている  火を放けたり  火をランプに移した  火にあぶった  火を点けている  火の輪を潜り抜けたりする  火と煙を噴き上げる  火を取り巻いている  火の子を出す  火の子を出したり出来るかい  火のやうにかくかくと僕の眼にうかんで  火を焚けよ  火であるが月は精靈を伴とする  火をお焚きになる  火掻きで  火が付けば  火が付かない  火が光った  火をお貸しなすって  火を貸してくれといった  火を借りに来て  火を借りるにしても  火を借りに来るじゃないか  火を借りに出て来られる  火を借りに来た  火を慕うが  火が付いて燃えあがった  火を消し止めると  火をつけられてめんくらって逃げ出して来た  火をぢつと見つめた  火を通して来て  火にひかる  火のちらちらと揺れる  火のふいと消えて行く  火が燃えていた  火にやけただれた  火の中にある  火の前にぼんやりと浮き出した  火を吹いていると  火を盗んだ  火で焼けると  火の如き信仰を有したりき  火くを恐れざりき  火の如き血性の彼の黙して止むべきにあらず  火の如き赤誠を抱き  火の如く胸腔を炙る  火のような表情があらわれた  火を囲んでゐると煤けた  火と称する  火の川がモロモロと音もなく流れでてくる  火がつくという  火がつきません  火を守っていた  火がかかっていた  火の中から爆弾の音のような音が続け  火の海となり  火のかからない  火は警視庁を焼き  火には朝鮮人がいて  火の跡を見て引き返した  火に包まれていた  火の入った  火のほとぼりと灰とを吹いた  火を燃やしていた  火が身寄りの者の死骸を焼いている  火のように赤い色になって  火の神様にこのイナオを捧げる  火の上に翳して  火のやうに赤くなる  火を切り出している  火の消えない  火をつけ高箒でのたうち廻って  火のような弾丸をぶっぱなす  火のように熱してきた  火が血をあびた  火で見れば  火にあてました  火の用心の札の同類のようなのもあった  火の用心だのと一応世間並のSOSがはりだされていても  火を入れてくれた  火があらふ  火を起こして上げました  火のように輝きました  火の海を越えてゆく  火の海を泳ぐ  火の中にたっている  火をつぎ足したりする  火を放けさせたり  火のない所に煙は立たない  火を焚こう  火の色を見て訪ねて来ない  火が乏しくなったな  火のそばへ寄って  火であたためる  火のそばへ転がして来て  火が見えたが  火よりも明りよりも心を賑やかにしてくれる  火が赤く見える  火を吹いていた  火を焚いてあたっていました  火におあたんなさい  火はつけずに  火ぞつき  火はすぐ畑の側まで襲って来ていた  火が点けられた  火はしめやかに材木に燃え移って行った  火はすぐ畑の側まで襲つて来てゐた  火はしめやかに材木に燃え移  火に映っただけで御座います  火で見た  火ばしで  火をそそいで  火の中へ入る  火がけむって  火を燃すべく  火にかける  火を起こそうとするが  火が点いたから驚く  火を持って廻った  火の出入りする  火をつけて焼いてしまったという  火に焼いて売る  火にかぎる  火は高くあがらない  火の飛ぶ  火がただトロトロと燃えて落ちるだけであるが  火の光がぽんとあがる  火の光がところどころに揚がっていると  火を熾んに焚くので  火の三輪をとどむるだけで  火が山風にゆれています  火を消そうとすると  火が更に大きく燃え拡がって  火の早く病床にせまりしかど  火のように硝子を燃やした  火の傍に置いてやってさえも鳴かない  火の通らん  火が通つていないから  火のように光っている  火を思った  火になりはしないか  火に鍋を掛けて暖めながら  火が映って  火をしめす  火を一つ貸せや  火が一つ見えるぞ  火を一つくれや  火を立て  火を齒み  火を掻き熾した  火に見入つてゐた  火のやうに赤くなつてゐた  火が真赤な脈を打つた  火の気勢も霜に染む  火の始末のやかましい叔母も客の疲れで寝た  火がついて燃えあがるかと思わせるかの  火をつけたから  火にてやき  火をつけてくださいました  火を御所の上手に放ち  火を近づけながら  火を呼んだ  火にいぶされながら働いていた  火がぱっと赤く見え  火が赤く立つと  火にぽっと浮いている  火を焚けの  火が燃えさかっていた  火にしがみついたので  火の粘土を踏む  火のような脈を打ち  火の光がして来た  火を借して呉れ  火をうつして  火を眺めながら  火の影を熟と視つめて  火をめがけて  火を運んで来た  火のように燃った  火は正太の家から半町ほどしか離れていなかった  火は姉弟の眼に凄じく映った  火を眺めて立っていた  火に映る  火を見に上って来た  火を吹き消した  火を吹消して上った  火で乾かしたりした  火のような一撃を受けている  火で照らしみようと思い当たった  火が海風に吹かれて  火熱り出して  火を入れたの  火と水ほども性格のちがう  火で巻煙草をつけ  火のように燃える  火の起こし  火の上で炙つて乾かして  火を忌んで  火となさんず  火を焚いておけ  火を焚き始めていた  火は出来た  火に焙って  火がゆらいで来る  火がぱっとつき  火をまきあげた  火がしずまった  火が拡って居た  火の子を払い払いして居る  火にあおられ  火がつくので  火が出たし  火を発したらしい  火が上って来たと話した  火が上り  火の子をかぶる  火がまわって来て  火の子がふりかぶさって来るという  火の子がとんでもえついたりするので  火の子が来て  火におわれて  火の子が来るともぐりこみ  火の危険な街上にしまいまで立ちつくして  火がついたら  火が来るまえに  火の子はだんだんにそこへふって来ます  火がして  火はたちまち離宮の建物にも移った  火の中をくぐって来て  火の光が見えて  火を焚いておりました  火の上にかけてあった  火のぼんやりさした  火をも齋はふまで  火を燃しつけていった  火掻き棒を右手にグッと握ると  火掻き棒をズーッと挿しこみ  火掻き棒を握った  火が道に映っている  火をつけながら問うた  火を借りながら  火を燃した  火で煙草を吸ひつける  火のように熱い御手が私から離れた  火を十能に取って  火も燃える  火をこしらえよう  火の上にのせた  火が見えるか  火を取り巻いてすわる  火をまい上げ  火を燃やさなければならぬ  火のぐるりをゆうゆうと取り巻いて  火にかざしていた  火が消えたら  火にくべれは  火の上に組み合わせて  火の中から上って  火をながめていたけれど  火にあたっているので  火はほとんど消えかかっていた  火も消えている  火の中から一本小えだを引き出して  火の中に投げこんでおいた  火の中にえだをくべるだけであった  火の光におそれて  火の上に首をうなだれた  火を求めた  火の上でくるくる回したので  火がなければならないし  火をこしらえて  火も燃えつきません  火は消えてはいなかったが  火に当たろうと思って  火をつけてさし出した  火をつけて燃して  火の用心と赤く書いてある  火の子の華を眺めていた  火を焚いておくと  火の上に手をかざして見たりもした  火を得る  火でも見ているだけの  火を眺め  火をもらって話してゆく  火を強薬へ点じている  火がつかなかった  火をつけさせて  火の海になりました  火をぱたぱた煽ぐ  火の中へ隠れてしまう  火が見え出した  火の方へ戻りたい  火のような熱情をもって  火を以て火を制する  火で焼かれる  火のそばへ置いてくれとたのんだ  火にも当たりたいと思います  火に当たったり  火の燃えている  火の前に来る  火の前にがんばっていた  火からはなして  火のそばからとんで来てさけんだ  火の方を向いて坐っている  火を燃やさずには措かない  火に掛ける  火の影がほの  火が出まして  火の海をみてただけでございます  火を七輪に起こしますにも  火の残りを火消壺に入れて消しました  火になると  火の怖さを知り  火を丁重に扱わせた  火に投げ込むと  火が徹って行った  火がちょろちょろ燃えはじめた  火はいよいよ燃えあがって  火が消えてしまった  火を点じながら  火が皮膚にまで達しようとした  火を点けても  火をおこすやら  火を男の方へ出す  火を一つ戴きたうございます  火のおこり  火が通って  火をともしました  火がちらついて  火を揉み消そうとして  火を叩き消そうとして  火を揉み消した  火が移って  火を揉み消そうとせず  火を消そうともせず  火を揉み消そうと  火さえ消そうと努めたならば  火のほの暗み  火も見えず  火の断るるがごとひたわめく  火点るごときそのけはひ  火の片ぞ素足にわれと泣かし  火の羽ぶき  火と燃えて  火の無花果を綴りたる  火にいぶる  火に美しき足袋をな焼き  火あり熾れりと見よ  火のもだえ  火の被衣千里かなたのくち  火の消えゆくごとく呻きつつ  火のひとしづく  火を付けますと  火が通らぬ  火をいたしながら  火になつた焚き  火のように逆流する  火がともり  火熱って来た  火を燃して  火がとてもよくおこってます  火をクッ付けて  火を借りる  火を心して見る  火の海になっていた  火の海が次第に近づいていた  火を吹き  火が吹きだしている  火を吹きはじめ  火も爆弾も忘れて  火の海を走った  火の色で真の暗闇は有り得なかったが  火に手をかざして  火のかたまりに飛びのいたり  火の原があった  火に追はれて  火をまもる  火の中をのがれたばかり  火の氣を考へ  火を烟に卷かれながらも  火は蒲団にも移っていた  火は直ぐ消えた  火に温められた  火に驚いた  火を消したでは  火を差出しました  火に焙り  火を失した  火を焚きつけられた  火が燃えうつ  火がぱあつと燃えついた  火がぱっと消え  火のようにひろがって  火の上にかがみ込んでいる  火に暖を採り  火をどんどん焚き足して  火が細く点されていた  火が熾に起きている  火を点けるばかりにして  火を入れようとしましたが  火を入れましたので  火はこれから揚がった  火の用心をしていた  火は長いなりに大巾になって  火の海となっており  火の海となるという  火の幕がハッキリと見え  火となってしまいました  火は私たちの上っている  火が掛かり  火が出て来て  火が掛かると  火は止まりました  火を消すという  火掛かりする  火を上へ抜かすので  火が見えて来ました  火が掛かった  火を点けて焼いてしまい  火を点けて焼かれ  火が点いているかも知れない  火もない火鉢を囲んで  火であた  火のない火鉢があるだけ  火をさます  火は勢よく燃える  火は衰へて沈み行き  火と明滅する  火よ燃えよ光りを生む  火の風はよろ  火の通じてゐる  火の業にあれ  火の燃えるかと思ふ迄  火はどこにでも居る  火の子のやうに彼方此方を星がとぶ  火はめぐつて居る  火でつくられ  火を噴きかける  火が喧嘩を初める  火の附く  火を振り廻すと  火を怖れる  火を火箸で掻きながら  火の光を認めました  火が燃えてるな  火の雨が降って来た  火を瞶めて居る  火を点けないで  火のように怒り  火はみるみる障子に移ります  火の赤るみはようやく大きくなる  火を消さんが  火をつけ床に立てて  火を今日の米をたき  火を熾し  火と寝る  火はついた  火の色を見て笑っています  火をたくと  火を見せる  火をあげようと  火にかけ  火を見せている  火をあげている  火の方に向いていたから  火をもやしつづければ  火のうつっている  火の如く自分の眼に映じた  火がかっかとおきて居るから  火のうえで軟かくすると  火の見当といい  火が入ったとしか考えられません  火をつけるとか言うている  火の出る斬合いをやって  火をつけるよ  火の中で焼け死ぬ  火をつけるなんぞ  火を見たり  火をつけてくれまいか  火を出せ  火を合図に我々が取囲んで  火がメラメラと燃え上りました  火のように燃えても  火のように燃えてゆきます  火は障子についてめらめらと燃え上る  火のついたほど  火がうつった  火はいい気になって延びる  火を防ぐは  火は鎮まらぬ  火が道をふさぎはすまいか  火は消えませんでした  火かも知れぬ  火のようにほてっていた  火を入れて並んでゐる  火を吹消して  火にうつる  火が出ると云って  火の支流は本郷から巣鴨にも延長し  火を発している  火によって必然焼かれうべき  火よけ街路の空間をもってしても  火を點しながら渡すと  火が入って  火のように明るくしている  火に焼ける  火をつけて焼き払うから  火をつけられる  火を焚きつけてやろう  火はよく燃え上る  火であぶってやろう  火の傍へ持って来ます  火の傍へ来ると  火の傍へ寄った  火をつけに来るといって  火が蔽われて見えない  火のように輝きだした  火のように輝いていた  火のような昂奮をもって  火の海のように陽の光に燃え輝いているだけで  火の上に大股を開いた  火を掻き立てながら  火をこぼしながら  火の塊は床の上へ溜っている  火の子の降ってこない  火は燃え狂った  火をハゼたりした  火にさせた  火も走り  火となりうる  火に附せよ  火に翳してしまった  火にかけられた  火にあぶられた  火が燃えつきでもし  火をつりおろして  火をつけて帰って来ると  火の中へくべました  火がつかぬ  火の輪くぐりは  火には驚いて  火を避けようと  火がその背後から燃え出しました  火がついてしまった  火が廻っています  火の中より起る  火の中へ飛び込んでしまいました  火に煽られる  火の中へ飛び込んでしまい  火と煙の中から逃げ出しました  火の外へ逃げ出して  火の子はこの家の上を撩乱と飛んでいます  火をお貸ししましょう  火を持って  火に光らせ  火が揺らめいて  火を掛けろ  火をつけてしまえ  火の舌がなぐれて襲って来る  火が四方へまわらなくとも  火が移って焼けなければならない  火の海に一変した  火の光はみなぎっていて  火がもえて居ます  火は焔のまわりだけ丸くかがやいています  火はつけないで  火のような紅蛾のはげしい羽ばたきか  火にも水にも飛びこもう  火と燃え立ちながら  火の上や針の上や机の角などに頭などを打ちつけて  火を発するほどに  火の借り合いができるほどの  火を顔に受けながら  火があるから  火に化して  火の傍へ寄って来て  火の下で半身空虚の世界を覗いている  火のように一変した  火の如き憤怒と共に座を蹴  火がシューッと鳴って  火を噴いている  火の塊の陰に痣蟹がいる  火を吐いていた  火も細々と薄れ  火に染まっていた  火の息を喘いだ  火の雨すらハラハラとこぼれ降  火のくるしみ  火の色になった  火をうつす  火の柱になって  火がつかないから  火のような怒りにもえた  火をみるよりも明かだ  火の輪をくぐる  火を入れなければなりませんでした  火を入れました  火にかけたりして験す  火のようにほてる  火が入っているにはいたけれども  火はおのずと明るくなる  火が明るくなったわい  火を浴びせてくれようか  火は消えてしまっていましたから  火が入っていました  火の中へ駈け込む  火も見えやしねえ  火が燃えるかと思われます  火を熾そうではないか  火が勢いよく燃え上ると  火を盛んにする  火が熾った  火にあたりながら  火にあたって膝を突き合せて  火がぼ  火を焚かずばなるまい  火の中にたたきこんで下され  火を焚け  火が燃えだせば  火も燃えて来た  火にくべた  火を慕って来おった  火を燃していた  火のように懸けはなれた  火にかざし  火は接近して行く  火のようなものを抱いていた  火であるとは判っていながら  火を噴いた  火を燃しつけていた  火のようにのぼせ上る  火をはっきり見てとった  火が移りさえすれば  火を燃しとる  火を嗤っている  火の前を黄ばんだ  火が噴いていた  火をきせるの先で掻きだした  火はさかんに燃えつづけた  火に翳してゐた  火になって  火なしの生活を送らねばならない  火をつかまえたぞ  火がもえている  火は椰子の林にもえうつろうとしている  火の向こうにすっくと立っている  火のそばへは寄ったものの  火で見とどけようという  火もあります  火が走って  火をかけて焼け死ぬ  火を放ちつつある  火に吹かれた  火を細めて  火を盛んに熾して  火が熾っているし  火のようであることを知り  火のようであることを知ったのみです  火を焚きました  火がありますから  火がフッと消えました  火の洩れてる  火の光のする  火がついたから  火をつけて携えている  火の方を怖がりますから  火を持って歩くと  火を持っている  火のように紅くなりました  火を小田原提灯にうつしている  火をかける  火がもえあがった  火につつまれた  火がまわると  火の音に負けまいと期せずして高まる  火がまわってから  火は縁の下の上方にはかかっていないが  火の方へ戻りかけて  火にまかれて死ぬ  火にまかれるまで  火にすくんで  火を見つめていたんでさ  火の中へとびこむ  火をあなどっていた  火や煙をくぐって出てくる  火になれた  火をかけるには及びません  火が廻ってから  火をじっとみつめておりました  火にきかせてやりました  火をみていました  火が消えてから  火の色ぐらいは分ら  火が消えていやがる  火の始末をしようとする  火に一服つけてからやるが  火で火事にはならぬ  火を掻立てながら振返った  火のような瞳を閃めかした  火のように怒ってしまいました  火の用心をするくらいに過ぎませんでした  火でも見ようと立ち  火の入らない  火らしいものはどこにも見えない  火もおろかな仲とみゆるが  火を咥えた  火が頻りに見られた  火としてしまった  火を投じた  火の一葉となって  火を噴き  火にあたつて坐  火を落してしめえましたので  火も見えないし  火の傍に包みを下し  火の光で見る  火を移している  火が消えました  火を焚きつけました  火がよく焚きつかないで  火が燃え上った  火をながめていました  火をながめていた  火が威勢よく燃えて  火を引いて  火をドツサリ入れて  火をつけたか  火が消えてしまいました  火が消えたばっかりに  火をもつと  火に顔を照らしながら  火を掻き  火が這入ります  火を起して居た  火を取って  火をうつし  火を持って来ておくれな  火を一つ持って  火を擦付け  火や青い火が燃えまして  火の用心が悪いなあと話した  火を放けたか  火をつけて呉れないか  火の燃え上る  火を焚きはじめた  火に油をそそぐばかりと  火も夜はチラチラ望まれる  火を放け  火を見れば  火を盗んで  火をつけたと見えた  火の鞠が一条の炎の線を曳いた  火の鞠を抛り投げた  火の渦やら火の線を描くばかりな  火を防げ  火を遠く望んで  火を放けよ  火は母屋の上へ燃えぬけてきた  火にくべ足した  火を連想させて  火にしたしめるかな  火や守りけむはてもなく砂うちつづく  火に翳し  火をしたふ  火のない煖炉のそばに立っていると  火の要る  火から離さないと  火をにじりつけると  火を焚しつけた  火の色がうつり  火をにじりつけて  火にし  火がついたほどに驚いて  火になって燃え出す  火をつきつけて  火のように燃え上る  火も消えていますね  火になって燃えあがったよ  火が飛んだ  火が出さうに動いてゆく  火とも言えないし  火に焼こうとして  火をつけないで  火の発するほどに軋ります  火をつけて来ました  火をつけはじめた  火をつけられると  火で焼け死ぬ  火の中で苦しがる  火を望んでは  火の中へ突込んでは薪を浮かせて  火の中へ飛び出した  火の外に転がった  火は炎々と燃え上ります  火の中を転がり出ると  火が本物になって  火は土蔵の中へ侵入すると共に  火を持って来て  火がつかぬと  火が起りました  火に頭を向けて  火の光はその林へ紛れ込んだ  火と見た  火に心がうつって  火ではあるけれども  火を取らんとして  火を見ると逃げます  火を見ると  火に焦れて来て  火に触れようかとして  火がパッと消えました  火を消してしまいました  火を焚いていました  火を焚いていたが  火の消えた如く  火の如く耀けり  火の子が出た  火が師走の夜風に煽られていれば黙って  火にあたっておりました  火の色が見えたぜ  火を一つお貸しなすって下さいまし  火が所望と見えて  火を借りて参りました  火の入れてない  火放泥棒でも仕兼ねまじき  火にかざして炙ってみると  火を焚きつけていました  火の中へ身を投げると  火が入っていません  火を貸しておく  火の入っていない  火は提灯へ入ったが  火に向い  火となりて  火が燃え出でて  火よけと安産との守り札を出だすとの  火よけの御札を出しながら  火を生ずる  火に克つ  火を取りたる  火は木より生じたるに  火にて物を焼けば  火はひとり木より生ずるにあらず  火によるにあらず  火は変化の媒介となるまでにて  火に当たる  火に火を加えたる  火とし  火の用心を大切にして住む  火のあるまじき  火の燃え上がりおるを見て  火をたきたることを発見したという  火の海上に燃ゆるに異ならぬが  火がさらに分かれて  火もこれと同時に動き  火の近く輝くを見たるに  火依然として少しも動く  火のそばに歩み寄り  火もこれがために動きし  火もこれがためにその居所を動かさず  火の燃え上がる  火を落し  火を引くし  火のように二三間先きの路面をボンヤリと照している  火のような情炎を肌のあぶらに焚いている  火をみだして潰え去った  火で沸しに  火と灰との海の中の小舟のようにして  火のような色のリボン飾りのついた  火の中へも飛び込みかねない  火のような筋がきらめいた  火にはなるまい  火の利を見て歩いたが  火を放けてやろうと  火を出してみろ  火をつけて歩いた  火を見て喜びました  火の光を追おうとしました  火がフッと消え  火を附木にうつして  火のように燃やす  火を迎える  火がことごとく消えてしまいました  火を大事にして  火を見るより明かなり  火は顔を焦  火を入れない  火には堪えぬほどに  火をつけ直した  火に挾まれても  火はひらひらと蛇のように這ってるだけで  火の焔が立って  火のほてりを感じた  火が飛んで行く  火を入れて来い  火のようなものが燃えていた  火のように輝いた  火へくべながら  火にでもくべてしまうが  火を見ていましたが  火が燃え移りました  火をつけたと仰言ってる  火が厳島神社にうつる  火のツバサを曳いて  火の雨の下にある  火の矢はとりでの深くやそう遠くまではとどいていない  火に油をそそぐ  火をあびせかけられた  火をとっていた  火を抱えている  火に焙った  火を付けると  火を消して眠っている  火は焚かなくちゃ  火がちらちらする  火を点けて焼く  火を入れて来て  火をつけかけていた  火をよびながら  火のように赤く燃え上っております  火に灼かれる迄も  火をふいている  火が出ると  火は消えておりませんでした  火を掻いていた  火をお焚きなされ  火の傍ばっかり恋しがっているのに  火をつけて落ちついた  火をちかづけてくれる  火を貸してくれ  火がよく燃えなかった  火は妾を燒き盡し  火がさかんに燃えていて  火の光の中に集まり居り  火の環かざれる  火の山の照先閃めく  火をつけて逃げたりした  火ともいえる  火をかけちらし  火てりが冷めぬ  火だけが勝者のどよめきを次の朝までほこっていた  火をかけ出してからは  火をつけ出した  火のまわらぬ  火のチリを交ぜた  火の雨を避けたいばかりに  火のつばさが飛び  火の火花がチラめき  火の雨をまぬがれえまい  火をまぬがれた  火を袋に裹む幻術者どものしひ  火は山の頂上のいちばん天に近いところに行って焚くので  火を山の上で焚くだけである  火も遠くから見える  火の用心にはあまりならなかった  火の子の燃えつく  火の用心にしていた  火がくれば  火が燃えているではありませんか  火のように真赤になりました  火をたきながら  火をこしらえたり  火が堕ちて  火で漸と一服煙草を吸ひ付けると  火が入りました  火が空を焦して  火をつけるかという  火をつけて騒がせさえすれば  火の出るほどに  火の子は払わなければならぬ  火の光りを恐れて  火がなくては暗くて判らない  火をともして窺うと  火に対して相手は余りに大き過ぎるらしく  火のひかりを避ける  火をあらけながら  火がかっかっと起こって  火の煙が家々からなびいた  火をもらおうと思って  火をかっかっと起こしておいた  火を起こして焼いた  火をぽっつり紅く見せながら  火を火鉢に入れて持って来た  火を燃している  火の残りが赤く闇に見える  火を降らしている  火を煽ぎながら  火が燃やされ  火と血と叫喚の焦熱地獄と化していた  火の都となつた樣に思はれる  火の色の雲が出  火の河になるかと思はれる  火を放けながら  火をつけましたが  火が燃え出して  火であぶつて食ふ  火より先にけんかをやめさせる  火はあらまし消え  火いつけりゃ  火に向って  火除けになるという  火をたいて温まる  火に遠い所で震えていた  火の如く憤って  火が下へ喰入って行く  火に苦痛を忍ぶ  火の燃え行く  火はとうとう海岸まで焼け抜けて  火古蒲団縄にからげていた  火の光が射していましたが  火の光が射していて  火がぼやぼや一日燃えてるの  火を見てたら  火ばち  火のやうに怒つた  火に焦げる  火を噴いて  火が燃えてゐます  火が水より強くどしどしどしどし燃えてゐます  火に燃される  火は雨でかへつて燃える  火を高原の風とひかりにさ  火の雨の消えて  火を見ながら語りつづける  火をあやしながら  火をすったからです  火をすって  火で絵図面を調べてかかろうとする  火をろうそくへうつすと  火で煙草をのみはじめたから  火をふき消して立ち上った  火をつけに行った  火が出たから  火にあてがい  火をつけて置けば  火のつかない  火を吐いていたというが  火をかき起そうとした  火を一つハサんで  火を押ッつけた  火の絶えるまで  火を視凝  火のスイチヨ成され  火で焼かれたから  火がかなりしばらくともってゐた  火の中へ投げ込まれる  火を生む  火がぼんやり尾根をすべったり  火を噴いてきねは  火は南でも燃えてゐる  火がゆらぎ  火になって燃える  火は燃える  火をたきつけてゐた  火にさへなって  火のやうにゆれる  火はまた燃える  火を入れさせ  火は風に消えて  火を煽  火を出す  火が再び燃えたった  火をたきつけておりましたので  火が放けられた  火を持ち出していた  火にも追われ  火で虫を呼びよせて見た  火を点しながら  火が消えてしまっているという  火と炭とを追加のためかと思うと  火が消えてしまっているじゃありませんか  火のない炬燵によりかかって  火を持って来ました  火を煙草にうつして  火をおこしますと  火といったような火がくすぶっている  火に手をかざしていたが  火の方へ寄って来ました  火をのせられて  火に向う  火を焚きはじめました  火でないことがわかります  火が盛んになって  火をそのままに残して置いて  火の勢いを盛んにしてしまいました  火が燃やされてあった  火だとさとって  火にあたりながら吹きはじめました  火の光を暫くながめながら  火にかざしてあぶり  火をやる  火をつけて歩こうという  火のかたまりをあてがったから  火を払い  火を金助のふところへ投げ込んでしまったから  火を突っついていたが  火に焼き捨てようとしたが  火の中へくべってしまおうと思っていた  火に投げ込もうとしますから  火をくべる  火が血のような色をして燃え立ちました  火の色を見ていいました  火を焚きな  火であぶらせて  火の中へつっ込み  火の方向に向いて  火はようやく大きくなりました  火の子をながめて  火のように渦を巻いている  火の色は見えませんけれども  火の色が見えます  火の勢いがようやく盛んなのを前にして  火の色が照り返しています  火が移りませんでした  火が廻った  火を見つけた  火の方に面を向けながら  火をながめていましたが  火の色が見えないでしょうが  火の全景を見渡した  火はああして  火の力の度の加減があるのみで  火に焼けない  火を災といいましたろう  火に救いを認めます  火に絶大無辺な愛を認めます  火の力をごらんなさい  火のように烈しく人を焼き  火で心の徳を焼いて  火は盛んに燃えて  火を見てはやる  火は頂上を過ぎました  火の方には向いていますけれども  火を見ている  火を睨んでいる  火の色を見つめているが  火はもう鎮まったのに  火は消えたけれども  火という火のまわりを飛び廻り  火のようなうれし涙を見せました  火の色を見つめました  火のように泣き出した  火の海を見ました  火の海を見ましたが  火の海は熱くありません  火は熱くありませんでした  火の海を渡って  火がもれていた  火を寒子の煙草につけてくれた  火や線香の煙を圧していた  火のかげに  火をおこして置きます  火膨れが出  火のやうに赤く成つて居る  火をたよりに暗い夜路をたどって行った  火にむかってくる  火が七つ八つもみだれて見えた  火に照らすと  火が燃えてゐた  火に手を翳しながら  火に焼く  火をかきまわし  火の傍に寄ると  火に焼かれて  火と煙とに追われながら  火に焼かれるよりはと思って  火の池をおよぎそこねる  火ぼこりをか  火がもえててらし出される  火がもえる  火のまはりで談笑してゐる  火をふきだしたから  火を一ぺんに化石させて  火が燃され  火は燃えている  火のことならあたし知ってるわ  火がいまでも燃えてるって  火になって燃えてよるの  火の向うに三つの三角標がちょうどさそりの腕のようにこっちに五つの三角標がさそりの尾やかぎのようにならんでいる  火は音なくあかるくあかるく燃えた  火がだんだんうしろの方になるにつれて  火はちょうど挨拶でもする  火が七つ八つうごいていました  火でも焚きつけているだろう  火にならないとも限らない  火におつことしちまつたのよ  火になって輝いた  火が入っておりません  火をかきならしました  火をお焚きよ  火に加えると  火の光をながめて  火を持って来て上げます  火を持って来る  火の入らぬ  火が消えたとすれば  火が細目にしてあった  火が燃えさかると  火を入れて上げようとして来て見ると  火が消えてしまいます  火の塊を物色したが  火の心配までして  火が消えてしまっていた  火がおこりました  火をハサんだので  火がいまでも燃えてる  火になつて燃えて  火はちやうど挨拶でもする  火やはげしい波の中を大股にまつ  火の狂暴な劇し  火を揉み消して  火の傷まし  火が光り  火になって燃えて  火はちょうどあいさつでもする  火やはげしい波の中を大股にまっすぐに歩いて行かなければいけない  火を置かせた  火がちらちらまたたいている  火を燃え立たせて  火の光を斜に浴びて  火のように下に見えていた  火の光ともまた見ようによっては  火の中から脱け出さうとしても  火がついたらしく  火は座席の上をすばやく燃えつた  火はそのあひだに座席のクツシヨンの上を私たちのすぐ側まで進んで来た  火を見ないでゐる  火の中にとび込んで来て  火も出なかった  火と書いて  火の移る  火が見えだした  火を落す  火を筒に落した  火の柱が無数に空へつきぬけた  火のない火鉢の傍に坐  火に入ったという  火に投じてから  火をつけてすまし込みました  火に会ったのに  火の柱を燃え  火を放けるな  火をも水と為す  火のようになって怒って  火を附けて呑んでいる  火には決して焼けくずれない  火が起これば  火ばしを直す  火はくすぶり続ける  火を燃やしてる  火を燃やし続けてる  火も直ちに消し止められていた  火は点かなかつた  火を振り振り  火が入ってしまうであろう  火で輝いていた  火のように髪を渦巻かせ  火を盛んにした  火に燻物のかおり  火の中を貫いて  火にもやけぬ  火を燈すのでありました  火を燈しました  火はみるみる天井に移り  火はまたその周囲の建物に移りました  火の海となりました  火の光に背いて  火のとどかない  火と云った  火のない長火鉢の前にぼんやり坐ったり  火にほてった  火をつけながら云った  火がともるに  火りが洩れてる  火が熾って  火を入換えた  火を弄っていたが  火に眼を落して  火のぬくもりとで蒸さる  火のように燃え上がった  火よりも熱なるは  火にあらずして  火ならざるをもって  火というものに対する恐れが強くなって来た  火を出しながら聞いた  火で透かしてみると  火で蚊帳越しに透かしてみると  火がゆれて  火をけしました  火のなかをのぞきこみながら  火が出たという  火が風にあおられた  火の大きくならなかった  火をつけますぜ  火を揉み消そうとしましたが  火はだんだんに拡がって  火になってしまいまして  火になっていました  火が大きくなって  火は一軒焼けで鎮まりましたが  火が放たれ  火をふらして防ぎた  火の中を裏口からそとへ駈け出して行かれた  火でよく見ると  火でちらりとお見受け申した  火に入るとかいう  火を片端から消してしまった  火にその蒼白い顔をそむけながら  火をひき  火が燃えあがった  火の嵐に吹きちぎられて  火はとくの昔に消えていた  火のような視線を送った  火を起すやら  火を取るという  火にぼんやり映った  火除け地の隅に居  火除け地に捨てようとしたが  火はなかなか容易に鎮まる気づかいは  火の海が一面にごうごうと沸きあがっていた  火に追いやられて  火は大通りまで燃え出して  火を恐るる  火におどろいて飛び出した  火をつけねえ  火の柱にでも登る  火の雨の中に押し出そうとして御座る  火を放って走りまわりましたならば  火を消し得る  火のような精神は文句にも云えず  火で美味そうに何服も何服も刻煙草を吸う  火を蝋涙と一緒に振切って  火で吸う  火を置いたので  火が移った  火にきらりと映って  火のように明るい世界になった  火はこの頃の暑さ以上に燃えて熱して  火のそばへ来い  火をかかえて  火に顔をそむけて立っている  火で観客はそれを覚ったか  火をつけて焼き払う  火に打ち込んで焼く  火ぶくれにして  火の取持ちが優遇を意味し  火の分裂を引き起こした  火焚き場を意味する  火を加えて  火をホとは謂わずに  火焚き場には別の語を用いつつ  火焚き場と区別する  火からの影響を受けた  火に面した  火を焚きつけようとしている  火を熾んにする  火を吹くという  火は特に燧石で鑽り出し  火の歴史ではわざとかも知らぬが  火にその一握  火を引き  火を起こしても  火に焦がして貯えて置く  火を鑽って是を焚付けへ吹付けた  火を切り落して  火を留めるという  火を掻起して  火を続ける  火を借りに行くなどという  火を貸そうと謂ったという  火を貰って  火に置いて唱え  火を附けてやるとかいう  火の出るほどに撲り付けられた  火にぼんやりと照らし出された  火を前にして  火をギュッと押しつけた  火を押しつけて  火をこすりつけて  火に祟られる  火の用心もおろそかになって  火を付けたとかいう  火にも這入れる  火を持ッて上ッて来た  火は燃えあがった  火を借りに行った  火を噴いていたという  火が飛んで来る  火を避けしや  火でも望む  火にあたりて物思ふ  火をつぎ  火はいつになつたら消えるだろ  火のやうにほてつた  火のようにほてった  火をつけて焼き払ってしまった  火を放たれ  火を囲み  火をおしつけた  火は消えていた  火を吹いた  火が五つ六つ寂しくゆらめいて  火をなほし始めた  火に對して居ると  火は既に殆ど燃え  火のやうな戰慄を感じた  火にくべて立去ると  火が挙がる  火を竹束につけた  火を挙ぐるを見て起き  火をつけて投げ  火尖は金色の光を放って  火の流れのやうなこの潮流を見下ろした  火が赤く見えている  火にパチパチはぜった  火を火箸でいじくりながら  火の様にひろがっていた  火のようにきらきらする  火の上に置かれて  火を焚きたい  火をとめた  火の粗相があったので  火にかざして  火がありましたら  火を掻き出してやると  火を掻いてやりながら  火をいただいて来たばかりですから  火を持って来てくれました  火を取り分けて出したりしながら  火をつけたという  火の用心さっさりやしょう  火がちらちらとする  火を吸って  火をおくれ  火に高く翳す  火のような呼吸を吐く  火のために一人も残らず  火が又ひとつあらわれた  火を時々に揺らめかしていた  火は風に吹き消された  火がゆらめいて来た  火があらわれた  火が鬼火のように又あらわれた  火はふっと消えてしまった  火は夜風にゆらめきながら  火を入れて来ると  火は消えて  火に照らして見ると  火もあやうく吹き消され  火が入れてあった  火で透かして視ると  火がのぼると  火は鼠花火の如く面白く走って  火が室外に追い  火のついたほどに  火の子を払わねばならぬ  火がつきました  火をつけながら出ていった  火をつけながら空嘯く  火が赤く光りはじめた  火の用心を好む  火の出ている  火へかかった  火の塊まりだけが色づいて  火も出  火を赤くして  火がまだ焚いてなかった  火が消えたと云って  火を継いで  火の色に染めて行った  火を滅せ  火とも見つ  火を焚くので  火の當るところと當らぬところに二樣三樣の變化を見せたり  火に燒かれて  火を点じてみたりしていたが  火に掛け  火にて焼くなり  火にかけたら  火で四時間ばかり煮ます  火で蓋をせずに  火より下し  火でグツグツ煮て  火で長く揚げて卸す  火を強くしないと  火に掛けて溶かしたる  火から卸して  火へかけて  火を強くして  火へかけますが  火で気短に煮るからです  火にかけてアクを取りながら  火より卸し冷めたる  火にかけますけれども  火は極く  火が少し強くなければなりません  火を置きます  火を置いてはなりません  火を少しほじって  火を少し強くして  火が強過ぎて膨らまない  火が弱過ぎて  火を載せても転げ出さない  火の利く  火が通らないで  火で煮詰めますが  火から卸たのがかけ  火の上でよく焼きます  火を強くし  火を焚いてくれた  火で炒ると  火にかけて充分に煉り  火が少しで済む  火を置けば  火を使いましたから  火にかけると  火を弱くして  火を強くして卸すべし  火で気長に煮なければなりません  火から卸す  火ではいけません  火で煮る  火を見せた  火にかけて一晩おいた  火の発するほどに  火を消ちたる  火にす  火を焼こうか  火を踏み消そうとしたが  火はますます燃えひろがるばかりで  火の移った  火はもう傍へ来て  火が燃えつきます  火はもうその時華表に燃え移っていた  火が華表の傍まで燃えて来ても  火を消したりつけたりする  火をつけようとしたが  火へ掛けて  火で湯煎にすると  火で一時間ばかりよく煮ると  火で一時間煮詰めて出来上った  火で気長に湯煮なければならない  火から卸すが  火で焼くと  火が通らず  火のテンピにて三十分間焼くなり  火が強過ぎて  火で一時間ばかり煮る  火をズット弱くして  火で四時間ばかり湯煮ます  火で四時間湯煮ます  火で一時間煮ます  火でロース焼にします  火の上で炙ると  火の中の灰へ暫く埋めておきます  火で焼きます  火にかけて沸立った  火を四方からよく中る  火のテンピで四十分間焼きます  火で一時間ほど煮ます  火を点したりと見ゆる  火が燃えあがって  火が又燃えた  火がちろちろと揺れると共に  火の上る  火かしてくれ  火に近づけようとしてゐる  火の上に吊るしておく  火を保吉の前へ出した  火は保吉のためにばかり擦られた  火を絶やさぬ  火を燃やし出した  火の燃え出した  火の色が特別に赤い色をしている  火は大分に薄れてゆきましたが  火の子を手にして  火も賑やかに燃え  火をつけて置いて  火に追われる  火が対岸へ燃えうつろうとしている  火を避けようとして  火も鎮まってみれば  火が迫っていたので  火にまで焼かれ損なった  火にもイヤがられ  火が燃え出した  火をあんなに盛んに燃やしはじめた  火から煙草をうつしてのみはじめました  火は届かなかったが  火の子がついた  火で焚きました  火の海にとりまかれては  火の子を吹きだそうと  火の子の落ちた  火が迫った  火の海に責められようが  火がハッキリと見える  火にかけてはこがし  火ぶくれになる  火の海となってしまった  火の塊となるであろう  火の光のつづく  火のあるのに  火が山の樣に熾つて居た  火のように熱して来た  火に見えるという  火になって飲む  火の病ということを知った  火のように見えるので飲む  火に焼いて  火の様な涙をボロボロとこぼしながら  火の海のような市街の光景を見下した  火もないところへお通しして済みませんが  火が犯罪の煙のない処には発しない  火が燃えていて  火の燃えしきる  火に焼かれ給うに  火点るといふ  火と懺悔のく  火の弾丸たと笑ふ  火ぞ噴きのぼる  火にほひ  火のごとき馬ぐるま燃え  火は熾る  火の布巻ける  火の消ゆるまで無花果の乳をすすり  火にいでや  火に羽をそろへ  火をあらためよ  火は路へひとすぢ射しぬ  火のごとき少女のむれよ  火に焼くる  火のささやきに  火の雫匂の海のたゆたひに  火に持っていって焼いた  火の光を見つけ出して  火の光の方へ走り出しました  火に焼き尽くされた  火は最高の天の区域に上昇した  火の素質にてありき  火の神ハイムダルも瀕死の重傷を受けるであろう  火を封じていた  火があるが  火及び水の四元素から成立つ  火は膨張しようとして  火を養うべき  火の存在が必要であることを述べている  火を燃やすには  火をもってくるか  火のかたまりだとは思わなかった  火をだしてとぶ  火をつかませる  火が入っていた  火が棺の下に回った  火と煙が回るとともに  火が棺の全面に回ったらしい  火に包まれ  火を背負いながら  火は相変らず燃えているのに  火の中へくべられっちまいます  火を入れましてね  火の色を恵む  火と共に一散に走る  火を飛び越えて  火は消えてしまっている  火を焚いて置けば  火をおこして上げる  火を噴き出した  火を焚きつけて来た  火を噴くと言いますが  火は噴きませんや  火がなければなりませんからね  火で焚いた  火を噴いたが  火を噴かない  火を噴かないが  火に焚かれた  火に炭団を埋めた  火の中に卵を一つずつ投げ入れた  火の中から拾わせて  火を粗末にすれば  火の傍に駈け戻り  火のところに飛んで  火がつかなくて  火をほかへ向けようとして  火は燃え上がり始めんとしていた  火の飼食となろうとしていた  火のごとく燃える  火のないところに煙は立たぬとか  火を採っている  火と化して  火を落していた  火ばかり見詰めている  火にあたるが  火を掻き立てた  火にあてた  火のような睨み合いであった  火が数を増した  火が吹き消された  火が現われた  火で見えた  火が瞬間に消えた  火を掛けた  火は四辺を照らしていた  火が隣家へ燃え移った  火が八方へ燃え移った  火の光が反射した  火がよく燃えてるな  火がついたか  火をたかう  火をたきますよ  火をかけて落さうとされて  火の前吾は知る  火もゆる  火を渡り  火の中へ抛り込んで  火の投げる  火を煽っただけで  火の通りをよくしていた  火が小忙しく明暗の色を投げる  火が燃えてはいたけれども  火を燻らそうとする  火の燃え立って来ない  火の子とをながめやる  火の起こった  火の子を飛ばす  火のまわりに慕い寄って  火が暖かい光を放って  火にまっかに顔を照らし合いながらさし  火におぼろに照らされて  火をながめ入る  火を持ってきました  火を火鉢へとりながら  火を焚きつけにかかりました  火の坑へ転げ込んで行く  火の坑へ這入って行く  火になってしまう  火にあたる  火を吹き消して  火になれ  火の中につっ込んで  火をかきたて始めた  火の上に唾をした  火をねじ下げ  火の舞もあった  火を点じてくれた  火をつけてゐると  火の前で身を乾かし  火を焚いて乾かして上げましょ  火が颯と風を起して  火にあてて乾かしながら  火は見えない  火を掻きまわしていた  火を焚いていると  火をどんどん焚きはじめると  火にあたっていたが  火もどっさり入れてある  火を顔にうけた  火がぼうぼう音を立てて燃え出してゐた  火を隠す  火があると  火を消すが  火が消えてからは  火を消すぞ  火をつけて焼く  火を眺めて  火の様に螫され続ける  火の輪を潜る  火が始まる  火のような息を吹いて  火が真丸になる  火をほとばしらすも瞬く  火の不意に消ゆるに喚き  火ばかりになって  火が重り  火のそばに行きました  火を見てゐた  火のやうに光ったり  火をふんで  火の舌を吐いてゐた  火の中でも行く  火やらきれいな花の図案になって  火のやうに燃え立つと  火を附けてやら  火はふるも  火がともった  火の上にかがみ込んで  火をかきたてていた  火ですっかり焼き立てた  火で焼かれたというより  火がうつっていました  火を明るくしていただけませんでしょうか  火を噴き出したといって  火のような革命的な思想を持ち  火を入れて持って来た  火のように燃えて  火の魂のように見えた  火は焚かんから  火をたきました  火は存外強い風のために容易に巻煙草に移らなかった  火が燃えるの  火で焼いてくれる  火がとんで  火のような息をはきかけはきかけ戦っている  火が見えるぞ  火の塊が抛りだされた  火の中に入れて見て  火でもやしたって  火のように光って来ました  火が焚いてあるので  火が映じ  火の熱さには耐えかねて  火が蜻蛉の身体に触れたと思った  火を押し付けた  火をおそれる  火を見ては  火というものを用いなかったと語った  火ともしごろに表の戸をあけて  火にあたっていたという  火を恋しがって出てくる  火に投ずる  火に対する趣味などにも地方的に異同がある  火によりて  火は無きぞと言ひければ  火を焚きてあたる  火にあたり一時ばかりにして去る  火にあたるは寒さを畏る  火を焚こうとしていると  火にあぶっておいた  火を利用した  火と物音にさえ警戒しておれば  火の樣に燃えて居る  火でも落すと  火は消されはしなかった  火でも焚いてあたりながら  火を焚こうじゃねえか  火にあたりにくる  火はほそくなっていました  火がぱっともえたっていました  火をもしながら  火がともつてゐる  火に憧れる  火を見るよりも明かだ  火をこし  火見櫓とも見えた  火見櫓のような研究室をつくって  火を出さなかったら  火をもつて来たり  火と水とを混合せしめる  火の中迄落ちて行かずに  火検めが通る  火とさせるに過ぎなかった  火に吹かれての  火のあやまちは  火の色うつりて  火をだしたり  火をともしてから  火が動いてゐた  火が點じたすべて寛やかな落着いた  火がつきやしないかと思はれる  火ばしの  火なるものがまためらめらと青く燃えて  火を移していた  火をつけて回った  火が燃えて居て  火のやうな階級的情熱を持つてゐる  火が油に移る  火と燃え  火が愈々燃え拡がる  火のように熱心な態度で私を説き伏せようとしたので  火を発しさせると  火を呼びます  火は燃えるだけ燃えると  火がのこっていた  火を吹きましたが  火ばちのこちらへおおあぐらをかいて  火もつけないで  火ばちの向こうにころがっていた  火ばちの向こうに古稀の老体とは見えぬ  火の種一つねえご牢屋住まいも身にこたえる  火の中に取落した  火の三戟刑具が迸り出でて  火ばちが  火をよけい使う  火のしかなんかで伸ばした  火を打ち出した  火を持っていた  火はもっともっとち  火を突っついて  火を沢山燃して置いて  火掻き棒があるばかりであった  火の近くへ寄って  火の撥ねる  火を吹き熾していた  火が焚きつけられた  火の上に載せられた  火を考え  火を積み上げたりしてはいないで  火の周りに集っている  火を掻き集めた  火を拵えなさい  火のように映えらせて  火を焚きつけている  火を焚きさえすれば  火をかき廻す  火に眼をつけて放たなかった  火の上に落ちて  火の方に向きながら  火にあおられながら  火の光をたよりにここまでこうやって  火が後ろから飛んで来て  火を背負って出て来た  火を背負わせながら  火を揉み消そうなんぞとしない  火でないことだけは認められる  火が湧いて出る  火の光を見詰めた  火がそのまま宿っている  火をたいちゃならねえという  火をかぶった  火でもつけられたりしては  火など焚いてはならんぞ  火が流れる  火にくべようと  火の上に鍋がかかっていた  火のそばに寄って  火のように静まった  火が遠くに見えた  火のようにほおを染めながら  火ばちへ  火ばちの陰にちゃんと用意してありますよ  火が飛びだしました  火ぶくれとなって  火を煽るが  火の言葉は灼熱と化し  火を焼き  火をすりました  火のマントを着てとんで  火がでて  火よりも強い凧の製作慾に惨めな幻滅を覚えさせられる  火が降り掛って来ようとも  火を摺って見た  火を附け直し  火が燃えも揚らぬ  火を焚いて遣った  火が燃え出したが  火も消えて居る  火を眺めて居たが  火に我が手を差し入れる  火も燃えてゐなかつた  火を防ぎ  火がブルブルと震え出した  火のように熱くなっていた  火のように放散される  火のように伝わって来て  火をつけていない  火を消してしまう  火をじっと見守った  火の力に耐えていたが  火で焼いてしまおうと考えた  火は大抵白い灰ばかりになっていた  火でも借りようとすれば  火でもよく熾しておいてくれると  火の噴いてる  火はだんだん燃えてゆく  火が手元に近づいても放さず  火のような頭をそッと氷枕の上におさえつけ  火のような場合ならば網膜の惰性のためにその光点は糸のように引き延ばされて見える  火と称えて  火も見えないで消えた  火と云ってね  火の点れた  火の鳥のように直線に飛んで  火を先ず消した  火も消した  火のみが微かにこちらを照らす  火をつけます  火が消える思ひで  火が燃え出る  火に燃す  火をたくべき  火の色がうつつて何んとも云へない物凄い顔をした  火を燃いて  火に水を注いで消しました  火が出たらしい  火が消えかけた  火の子を降らしてゐる  火をもつての  火を燃く  火をかけられて燃え上りました  火はすつかり  火の中に投込まれてゐた  火は彦七の家から三軒目でとまりました  火を這はす  火を見つめながら言った  火を細い火縄に移して  火が秋の蛍のように微かに消え残っているばかりである  火もだんだん衰えたらしく  火は物に掴まれた  火が燃え始めると  火を放ったので  火に薪を添えて  火が燃えさしになって消え残っている  火にあたっていると  火が飛んで出たかと思われた  火が来れば  火が燃えてゐました  火は勢よく燃えあが  火が消えてしまふと  火が強過ぎる  火がさっと暗い書斎に射した  火はその後から起る  火の揚がった  火の絶えない  火へかざし出した  火ともし頃になって  火の様な花を見ながら  火をはく  火で洗う  火をおつけなさい  火のように伝えられる  火をともしてくれ  火がともりました  火をろうそくにうつしてやりました  火はどこまでゆくだろう  火も山をこえてゆくだろう  火をちょっとかしてください  火をかしてください  火をかり  火のように震えていた  火のない暖炉にもたれて  火に触れはすまいかと  火で燃き殺される  火の海となったかと思われた  火になったら  火が次第に西へ西へと移ると見る  火にはかからぬと  火の海となっておりました  火を放ったとやら  火であったことまでが思い合わされ  火も室町小路にて止まりました  火の海と決まっておりますので  火をくぐり  火に桃花坊の炎上は逃れぬ  火の蛇がのたうち廻ると見る  火の海になっておりました  火だと申します  火の中へとは考えたが  火の中を逃げた  火があがりました  火の廻りはもどかしい程に遅く感ぜられます  火はかかった  火を吹消され  火をつけ貰ひ  火に焼れず  火で遮るか  火を放つたとやら  火であつたことまでが思ひ  火の海と決ま  火の中へとは考へたが  火を山のようにおこして  火のような弁を続けて  火の中にでも飛び込むよ  火も氷るばかりの  火をかこんで腰かけていた  火にくべてしまって  火を投げ込むぞと云っていた  火を絶やし  火が弱く燃えていた  火を焚きそえて  火はだんだんに消えて  火を焚き添えながら訊いた  火のような目をひからせながら  火を持ってきた  火を免れた  火のやうに燃えたって  火のような蒸気の鉄管が一面にぬたくっているので  火を付けながら首肯いた  火を掛けられていた  火は今や五味坂上の三井邸のうしろに迫って  火が微にゆれて  火に焼かれた  火の如く燃え上がる  火もあれば  火をつけようとしている  火のようにすれあい  火と飢ゑの底をくぐり抜け  火はじりじりと燻んで  火の消えてしまった  火の叫喚が僕をとりまいた  火の山の燃え熾りて  火のように火花が散り砕けて  火が見えていた  火できわめて静かにじーっと沈んだ  火をかざした  火がきえると  火を風で煽る  火を線香に取るばっかりや  火のように酔って行く  火を軽べつすべからず  火がつきき  火のように燃え上がり  火を見守った  火は急に明るくなり  火の中へ落っこっても  火をとりかこんで  火を焚きつけてる  火のない室に置きざりにされた  火を入れるだけの  火を借り焼くとせずや  火を焚いてあたりながら  火にくべていた  火が雪の上に映じて  火の傍ではうっかり名を言うさえ  火をつけては  火がはいっていた  火を強くしても  火を生ける  火のつかぬ  火が上へ抜けぬので  火の中に抛り込んでも  火膨れに膨れて  火や烟に責められて  火を発する  火を燈し  火を借せる  火を取  火のない処に立った  火がぱちぱちと鳴る  火の柱のような息を二本出して飛んで来る  火を点じてから  火のそばへ来たら  火が落ちて  火のない火ばちにか  火を点けて見る  火は消えてゐた  火の中へ飛び込んで  火を吹き消してしまう  火のようなものと悪寒とがかわり番こに走った  火が見えるではないか  火というのを認めた  火の光がいったん明滅したらしい  火と音との遥かなる一角に向って歩み出しましたが  火が附いて廻る  火を認め得れば  火の供養を受けて  火のように泣き立てられる  火にかがやかして  火がまだ消されていない  火を求むる  火をかき消してしまいました  火もさびしからぬほどに生かされているのに  火も掻き起さなければ  火を加えようとする  火を焚いて進ぜる  火を盛んにしました  火を焚いていただいたり  火を認めました  火がなければならぬと  火に送られて  火をつけようとする  火放けが来ている  火の子を払う  火の子を払うと共に  火の子を横へ振払って  火のように怒り出しやがった  火の中へも飛び込むよ  火をつけますと  火は消えるではないか  火はついていないが  火を吹き出した  火を消すというだけではいけない  火を点ずると  火をつけるか  火と土と水と輝いた  火の上に新たな薪束を投じた  火がゆらめいて  火の点く  火に追はれ  火が附くという  火と海との相剋がそこにある  火に媚びる  火のほとぼりを吐いてる  火の塊を蔵めて居る  火の口を明けて  火に油注ぐ  火ありとも云ふぞ  火の柱と現はれて  火をかき立ててくれたので  火の過失をした  火に落ちた  火の一つをも見逃さない  火燃え移りてかわるがわる消えつ燃えつ  火を盛に燃きて  火にあたれといいて  火燃えつきんとすれども  火の起った  火の中に飛び込んでも構わないと思っていました  火の明石大門に入ら  火のように燃え出してきました  火のなき火鉢というものをすさまじきものの一つに数えたが  火の中で熔解しなければならぬ  火が若し幾らかあるにしても  火の矢の先端は力弱くたれ曲がる  火がしずまる  火をもって飾られた  火のそばへボロ長靴をはいた  火を消してから  火と遊ぶ  火になると云う  火を焚きつけてから  火を吹く迄の  火を吹いてから  火を吹き出す  火を見て居なければならない  火をたきつけて  火が入ったばかりの  火を消しに行った  火よりも勁きを知れ  火のように輝き  火を付けていた  火の子が梨地のように飛んだ  火の子を散らす  火のように燃え  火に向かって  火が点々と見えた  火に燃やされた  火を維持する  火をもってる  火が消えない  火を一つの魂から迸り出さして  火の移ってる  火の激流のために焼きつくされた  火をともしかねた  火に輝らされた  火をともせよ  火はもう消えていた  火がふたたび燃え出す  火の中へと撓まずに  火でも呑む  火も煙も立てなかった  火は愉快に赤く燃えあがり  火が灰いろの  火を附けるか  火を附けるかする  火に心を燃やしながら  火赤く燃える  火よいかなれば  火だけで済ませるくらいだ  火は西陣までの町通りを焼き尽くして  火見櫓までがその位置から望まれる  火の用心のお触れは出る  火を放ったりした  火が勢よく發した  火が勢よく発した  火になってしまったと思っている  火の用心の腰巾着をぶらさげた  火が燃え上がって  火のような光がチラと見えたと思うと  火は吹消え  火を点して見ると  火があのレンズの中心を通過する  火はレンズを透して  火がレンズの中心を通りまする  火の関係がわからなければ  火が出たという  火をかざして  火のような焔のような女が来て  火が燃えつきました  火の熱で灼ける  火の樣にした  火の残りが燃えていた  火はふたたび燃えだしていた  火を放ってしまいたかった  火の餌食となっていた  火はどこにある  火を覚醒させる  火の様にした  火をみるより明かであるから  火にこんがりとあぶった  火の中から引き出したが  火をすった  火は彼を包んでいました  火に暖まり  火の残りの上に載せ  火はすっかり消えているし  火のしづくおつ  火のように全身に疼いてならない  火をうつすと  火がつぎそえられてあった  火を踏んだ  火のそばによってきます  火を起こし出して  火に火を重ぬれば  火に属す  火を発するを見たり  火の何よりはやくたちぬるは  火を剋し  火出ずる  火の土中に含めるなり  火にてあぶれば  火よく金を溶解す  火は益燃え拡がつた  火の中へ落ちて  火よりも早くは走られません  火がどんどん燃えていて  火のまわりを踊ってかけ歩いている  火に向いて焼いた  火のまわりを走っていました  火が急に消えて  火のそばのこどもらはわあと泣き出しました  火の何より早く立ち  火のまはりを踊つてかけ歩いてゐる  火のまはりを走  火が微に光っていた  火に入れた  火に入れ  火のように輝いていたが  火がつくと  火を入れさせて  火を入れさせていただきまして  火を入れようとする  火を入れようとして  火はカンカンと熾っているが  火が消えなかった  火をうつしてしまいました  火のあがるをながめて  火をかけて逃げ出したら逃がして置け  火にてあたため  火に暖めなどするは  火を消さずに  火が付きしを夢み  火の心配たえず心にかかりおれば  火が起こりし  火をつけてふかした  火は薪から薪に移って  火のように憤って追っかけて  火のように逆上した  火の中へはいっていってしまった  火のような頬をして  火がうつって  火がまたたく  火の前にその正体をあらわした  火の様になつてやれば  火の様に怒  火を附けて燃してゐる  火の光で人を見る  火の中でも行かはり  火の様になつて生きてゐる  火のやうに怒  火は一つ一つ消え始めた  火は落棉から廊下の屋根に燃え拡がった  火に照らされながら  火を放っていくに  火も点けずに  火を点けてくれないか  火のことでお杉を羞しがらせる  火がつきゃ燃えつき  火も消えか  火に照された  火がつかない  火のつけられなかつた  火をつけて焼かうとしたりする  火の恋をお持ちになる  火をつけさせたりしている  火の起つた  火は長くも燃えていなかった  火の中から出したばっかりの  火からおろし  火からおろしてふりまぜる  火からおろせば  火をみつめたる  火を放けさせる  火が長い舌を吐いて  火は既にその屋に及んで居るけれど  火は恐ろしく凄じい勢でぱつと屋根の上に燃え上る  火は既に全屋に及んで  火の子の高く騰る  火が移つて盛に燃え出した  火でも放けられては  火を点けて置いて  火は幸にも根本の母屋には移らずに  火の母屋に移らぬ  火を放けると  火のごとき鉄拳は霰とばかりその面上頭上に落下するので  火が全室に満ち  火に包まれて  火の風に伴れて  火の中に投ぜられたのであらうか  火をせせり出す  火を貸してやっている  火をつけてみてよ  火をつけてよ  火を描く  火や木とじっと向い合って  火や如何なる木とも異なる  火が走ったかと思いましたが  火を持出して  火を消しました  火を入れている  火でも呼ばぬ  火をつけてから語り出した  火を使用する  火のうえでコトコトと音立てている  火は赤く燃えてゐます  火にたくゐろりの  火は赤く燃えています  火にたく  火を一々に点けて渡す  火が赤くうつって  火はたばこの吸殻のくらいにしか見えません  火のような青い美しい光になって  火炙にもされよう  火を相国寺に放たしめた  火の子のようにひらめいて  火をどんどんおこして  火を焼く  火を掛けて  火のやうな特別な光も人を誘ふには  火をいれて  火がもえたつ  火を当てて焼いた  火をつけなくて  火をかけさせた  火も怖れなければ  火も点けないで  火の目小僧という名まえでした  火をふいたりする  火の目小僧と長々とに見つかってしまいました  火の目小僧も目をさまして  火の目小僧に羽根をやかれて  火の目小僧の三人をあつめて  火の目小僧の鼻の先にぶつかりました  火をふきました  火の目小僧はそれを見とどけて  火の目小僧はじれったがって  火の目小僧は後を見るなり  火の目小僧に言いつけました  火の目小僧に見させました  火の目小僧に言いました  火の中をくぐっても  火の子のようにあわて切っている  火を吹くばかりで  火を光らせて居る  火でにかわをとかして  火で火箸を焼いて  火をつきつけてみると立ちあがって  火は勢よく燃えていた  火であたためながら立っていた  火のそばに椅子を引きよせ  火を中心にして集まり  火がはねた  火のし  火のしなぞ  火の苦しみば苦しんでる  火がパチパチッと勢いよくハネ飛んだ  火の神様に罰が当った  火だけでそれを見ていると  火の中にじつとして居るには及ばぬ  火をおこして焼いて  火を点けて来た  火を下げて  火を起こしてゐれば  火をより燃え  火の中に鎌首をもたげているのみでは  火を焚きつけておくれよ  火をたきつけ  火がそこまで燃えさかって来ている  火が焚きついたら  火をくべていて  火に向って行く  火はもうめらめらと堂の簷に燃えついた  火の傍で六郎の狂気のように笑う  火を容れて  火に焙られて  火の圓球を憧れてやまない  火のくすぼるる  火燃えてひらく  火をともすと  火から遠かれその高い煤まじりの  火の力により劈き  火の働き  火の働きの尖は  火の背梁だけは確に逞しくなっている  火の性を籠らしている  火をすつた  火を燃さない  火の如くに起つて  火に入れば  火で煤け  火の上にかかっていた  火でやいて  火がちらちら揺ぐので  火が夢のように薄らいで見える  火で酒を飲んだ  火の如くにまッし  火の弾ぜてゐる  火のそばへ手をかざすと  火のそばにゐたい  火のない箱火鉢を真中にして  火が弾ぜてゐる  火の炬燵に足を差し入れた  火を點けると  火が起こり  火を放つたと  火を放ったという  火を打ち懸けて  火と現ずるが  火を吐いたり  火焼いて夜を明かし  火のごとく光ったというも  火を含んで  火をつけようと  火の柱となり  火の柱は巻き上ってうなり  火の柱は漸次に昇り  火の始末をして  火を燃さんとて  火のごとくなって怒る  火に近づき  火より造られ  火に投じ  火に投ずると  火の上に旋しながら  火の丸が狂めき返っている  火は火を映しあうだろう  火の色を中心に起っている  火の傍から聞えて来る  火だけ明明と揺れている  火の燃え移っている  火ばかりめらめら燃えている  火の舌が廻って来る  火だけは燃えている  火つけてくれ  火を打ちかけた  火と死のうちにつきこんだ  火のような息を吐きながら  火を貸してくれた  火から出ている  火は他の火を滅す  火を近づけて  火息まずと支那でいう  火の付きたるに此方よりまた火を付ければ  火は必ず消ゆるを向火という  火を息する  火の点る  火で横顔をぼんやり浮き出させながら  火をつけてゐる  火を弄びながら  火で炙った  火を落したり  火が消えれば  火を絶やさず  火を点じられた  火の粒が散った  火をつけるばかりにして待っていた  火の光を見せずに吸う  火は灰のうちにあった  火の出ない  火ともなる  火から水のような冷静に返った  火は見えないか  火がたくさん点っていた  火に映って  火を焚いていたという  火を御覧なさい  火を起してゐた  火を振い出した  火を抛り出しなさい  火の光が空に映えている  火を焚くという  火を十分つけてしまうと  火を薪の山の中へ突っ込んでくれろ  火を焚いてあった  火に近づけるだけで  火を放とうと云うにあった  火であぶられ  火とをもたなければなるまい  火を持ちて  火でも燃えている  火のようにひかって  火になってしまった  火がそこに燃えている  火というものを持ってるかい  火がゆらゆらゆらゆら燃えてのぼって居りました  火を少しお呉れ  火などは見えませんでした  火が消えぬ  火をうつせば  火を取りまきて立ち  火はたやすく燃えつかず  火はや見えそめたり  火は燃えざるぞと  火の方にのみ馳せて  火の燃えつかざるを  火を起こし  火の子舞い立ちぬ  火に還る  火はさびしく燃えつ  火の方へと近づきくる  火を目がけて  火やとかすかに叫びつ  火に近き裾のあたりより湯気を放つは  火の上にかざしぬ  火に遇わざりき  火の奥を見つむる  火の奥には過ぎし  火を背になし  火の上にかざしつ  火に加えつ  火は紅の光を放ちて  火も旅の翁が足跡も永久の波に消されぬ  火を付け焼き殺した  火にあたらせておく  火にあたらせてもらふの  火になんぞあたれない  火をつぎたして  火が熾りましたぞ  火の消えし  火を起しながら  火の中へ入れて  火の中へ何かくべて居る  火の這入る  火に油を注いだ  火に投じて  火も焚かざる  火の用心と大書した  火を掛けたと  火を掛け  火を掛けたとか  火は人家の立て込んでゐる  火が次第に燃えて来る  火の移つてゐる  火が大手近く燃えて来たので  火を食ひ  火の側に横になるや  火を払ひ除けてゐる  火は次第に燃えひろがつた  火が強くて取りに往く  火を消せば  火で身を囲うと  火に困る  火は燃え行き過ぎた  火の山が見えてゐながら  火が静かに刎ねている  火なぶりの一分は一時にのびて  火のような言葉を吐いた  火を点けられる  火をつけようとするが  火で温めながら  火の上へ蘇枋を入れた  火の鎮まっている  火くろく電柱も壁土もわれた  火を思わす  火をその中へ投ずれば  火を投ずれば  火は消えずに  火は熟語を作る  火を呼ばず  火にくべるがいいだ  火の中へくべられた  火にあたりながら話していた  火のもえている  火にかかっていました  火であたためました  火にあたりなさいよ  火をもっていった  火をつついてだまっていました  火の前でねむってしまいました  火が消えていました  火を起し  火は起きていました  火を起させたり  火にくべ  火を見つめていました  火になげこみ  火から下してから  火はございますか  火の映  火の勢が次第に強くなりて抑えきれぬ  火をつけたと  火を運んで居て誤って落した  火をつけはせぬ  火が江戸中に広がって  火を付けなかったら  火を百の牡丹のゆらぎぬと見る  火が書く  火や地震と争う  火を弱める  火の用心に氣を付けて  火の眞赤にいこつた  火に映  火のない煙管を口からはなして  火の中へ引き込もうとした  火を掛けようと存じましてな  火に掛けられると  火を山猫の鼻にぴたっとおしつけた  火に逢つたのでないことはすぐ分りますから  火が少しづつ灰になる  火を掻き起しつ  火や水を使う  火に焼かれている  火にあぶりながら  火はまっ赤に熾りました  火をともして荒れ  火に焼かれては死にますまい  火にゆらゆらと浮き出した  火を消してしまいます  火に焦げても  火でも暗くする  火を目がけて襲った  火のこひしき  火にもえて  火や鬢の毛を吹く  火の廻りの柝の音が絶えずきこえて  火の子を飛ばせるといった  火のように覗きこむ  火のきえた  火にかけて沸った  火が移ったら  火が廻ったと見えて  火は殆んど消えたらしいですが  火のように気魄をこめて  火をつけたりした  火がつけられた  火のもえる  火がかけまわる  火とぞ燃ゆる  火は憲法発布の反動の嵐に消されて  火をもたらした  火ばかり見つめて来りし  火を焚くか  火を点ず  火になつて怒る  火のやうな激しい怒りを圭一郎は勿論冀うた  火をおっつけたりなどした  火を掻き起しながら  火を起したり  火の雨を降らせた  火を避けて来た  火を避ける  火が来たのに焼けず  火が来た  火をつけてみたが  火だこと考へてゐる  火をクツツケてし  火をあててゐる  火が燃えさかっている  火が焚かれ  火も入れて貰った  火を入れてあげておくれ  火を焚いていたらしい  火が明るくなったり  火の光がすぐ脚の下に見えだした  火に照されながら  火がチリチリと煙っている  火に掛けて焼く  火が足らないよ  火なぶりをしながら  火を點して  火の団が見えて  火が油壺に移り  火はまだ消え果てず  火のように爛々と輝いていた  火がもえ  火のやうな霧が降り  火のごとき苦悩のひそまれる  火を撒いた  火を入れながらつぶやいた  火の見える  火を燈した  火の川が一筋流れ  火がどろどろと燃えて  火がどろどろと燃えた  火を点けたが  火たいて待ってるがらな  火になったろう  火なんか燃えてない  火のほてりの  火に輝らされている  火が無くなってしまい  火が燃えなくっちゃ  火がごーうとうなって  火が渦巻いてる  火を燃していなけりゃいけね  火を燃さなくても  火を燃すより  火を燃さなければいけないと云っていた  火を燃し  火を盗んで来た  火を燃さなければいけない  火をつけてる  火を挙げさせようとしたが  火が挙らない  火がカーテンにもえつく気づかいはありません  火ばしまでが  火の子をとばしている  火のような言葉を投げつけた  火でも放った  火にはならない  火がもえあがっていた  火の地獄絵がひろがる  火の魔の乱舞は見られなかった  火を噴くと  火を守り  火の海と化しつつあると  火にあたためて  火が眼も眩む  火に突込んで  火がドンドン燃えて  火に入れて焼いて  火をドンドン起して  火をたきつけようと思って  火にて焼かれた  火の様に熱した  火の樣に熱した  火を熟と見つめた  火と水との正体を知ってからは  火の用心と申すではござりませぬ  火をほじりほじり  火の燃ゆるがごとく  火が松明を投附けた  火は燃えません  火を磨るばかりに  火を曳く  火の空を透かすと  火は鳥よりも迅く飛んだ  火と烟の走る  火のやうに熱した  火もまた熱度の頂天に達する  火のやうになつてゐた  火のやうになつて八方を調べても  火がきらきらと映っていた  火が音を立てて燃え出した  火を見てるなあ  火を受けて  火に熱った  火のやうにほてつて  火の上で割れてゐました  火のやうに熱くたまつた僅かばかりの涙が顔の中にながれました  火を入れてくれ  火をつけてやりたかった  火の見台へ出る  火の出るほどしかられた  火を眼がけていろんな鳥が飛んで  火が出たよ  火で着物の右そでを焦し  火が見えたり  火の光を尋ねて来た  火をともしてくれた  火に心を焦していた  火の災いがあった  火のように焼けていた  火が十分燃えあがる  火の坑へ蹴込まれてしまった  火はますます盛んに燃えあがって  火はまばらな簾を薄紅く洩れて  火に灼かれる  火が微かにゆらめいて  火は風もないのにふっと消えた  火は水を掛けられた  火のような雲が空を飛んで  火が再び胸に燃えあがった  火がゆれなびいて  火に燃やしたと  火に必死に消火につとめている  火を入れてゐる  火は投げ棄てられてからも  火を投げ入れて  火は民衆に移される  火のうへにゐる  火のやうに赤くしだし  火を掻きたて  火を擦り出して  火をつけてくれる  火見櫓をのぞめるごとく  火を近くへ寄せてながめると  火をかければ  火を付けたら燃え上り  火を瞬きさせた  火の消ゆるが如く  火を点さぬ  火は附いていないから  火を眼がけて飛び込む  火を造った  火を突ッついた  火が入ってるので  火をおこしてある  火をつけ煙に目を細める  火をおこしている  火はつかないだろう  火をたいた  火とそれから九人前の茶を出す  火のようなものに思えて  火の用心だけあ頼むぜ  火の用心を忘れ  火がとろとろ燃えて  火はもう小屋全体に高くあがっていた  火を失う  火が起こった  火とけむりの  火は高く上がって  火の中で独楽がまわっている  火を失したな  火を失したか  火をかりた  火はよく熾っていた  火が消えかかっていた  火に軽く熱った  火を高く積み上げては  火を焚こうとしたが  火のない炉ばたに大あぐらをかいて  火のように恋している  火をさし入れる  火をさし入れると  火が燃えてた  火にあたらした  火の雨のように降って来るでしょう  火を発していた  火を噴き出しました  火を噴きかけました  火もほとんど消えて  火を五百ヤードもある  火の息をものすごい勢で噴き出して  火の中に包んでしまって  火を置く  火の子を恐れて縮こまって  火をおこしに来る  火があんまりほかほかといい  火ばかりではありません  火をおこしたりする  火に見入りながら  火を入れれば  火の前に坐ったり  火をみつめて坐った  火を見ているより  火のない炉などを見廻り  火が燃えており  火が入っていると  火の爆ぜる  火の前に跪いて  火に手を近づけすぎたので  火のそばに蹲って  火に触ってみたのよ  火を見詰め  火を見詰めて黙っていました  火にありついて  火のほてりを受けながら  火は燃えさかり  火をおこしておいてやる  火を細くした  火を隠して  火を見つめているのに  火をさしあげて  火もないところでお待たせして  火のつけられる  火のやうに眉毛の下に輝やいてゐた  火がほとばしるほどの  火のやうにほてり  火の団りが電柱にぶっつかって  火が済むと  火も消えてしまふ  火のやうに描いても  火で炙いたりして  火を本当におこし切る  火を恋しく思ったが  火を入れて運び出して来た  火を運んで来たとみえて  火のひかりが吹雪の底に消えるかと思うと  火を放って焼き払うぞという  火に一燈を献じた  火を透かしてゐた  火を放ちます  火が点じられて  火の夢を見たよ  火に触るまいと思うて  火の話をしておるが  火のない処はないかと思うて  火の炎々と燃えている  火の光が赫と光った  火は裏山の空に燃えあがって  火を落して叫んだ  火は四方へ燃え拡がって  火とは十二宮中の座次にして  火を起しますから  火の近所まで寄る  火はこれに反して  火を見  火の中を馳け廻って  火のない囲炉裏の傍に坐って  火を盗んでまいりました  火を得たという  火を盗んで来たという  火を葉っぱに移して  火のように燃えて通った  火であつくした  火のような目の飼い  火が指先きに  火をかけられる  火をかけるから  火と博士の弁舌にすっかり汗をかいてしまった  火を移して歩いた  火を受けると  火と云ふ  火が附いて居るので  火を焚かせ  火を持つて来い  火が見え出し  火が降る  火も幽に幻のように見えたが  火を焚かんとすれども燃えず  火を注意せよ  火をたく  火を抱えた  火をたいたりしたと言っていました  火も難なく焚けましたので  火で島々まで急ぎました  火は焚けなかったが  火を焚いてみようと思って  火は焚かない  火の中に落ちて  火の恩恵に浴されないらしい  火で調べてみて  火の明滅している  火ではジーッといっているだけで  火が音もなくとびまわり  火の用心をおし  火も幽かに幻のやうに見えたが  火を山のように盛った  火と食とをいかにして得る  火は大丈夫かときくと  火はないと言う  火の烟でそれが日比谷の烟と一つになって見えた  火は迅速に大きくなって行く  火を警戒し合ったので  火の柱が立ち  火がついたときくまでは逃げようともしていなかった  火が越えて来ようとは  火に追われて慌てて逃げ出す  火がついているという  火が来るとは思わず  火は時機が早ければある程度まで消せた  火の旋風に巻かれて  火の模様を見に行っている  火の明るさとがまじった  火の小さくなる  火はむしろだんだん盛んになり  火が四谷の方向に延びつつある  火が消しとめられ  火であたりがほのかに見える  火の色がどこにも見えなくなった  火より前に乗つて  火を焚きつけ  火の光が見えてきた  火の焔のはしに家の簷が見えた  火にあたれ  火のように見えた  火は鉄の扉の向で燃えて  火の燃え  火が燃やされてゐる  火をつけて貪る  火を点けて云った  火のようなものが胸許を走り上がってきたとおもったら  火でしずかに喫いつけると  火で反古紙を貼った  火で乾かす  火がでないとおもったら  火がでやしないや  火のように全身に疼いてきてならない  火の海になるともいいますし  火の用心をよくして  火と炎と燃えながら  火の雲の薄れ行く  火の形に熱の意あれば  火は消せな  火はほのかな音を立てしめ  火だあなたは僕に古くなればなるほど  火に火竜はてんてんと躍るふりしきる  火が噴射機のやうに吹き出てゐた  火とか水とか土とか云ふ  火を吹いてゐた  火がかつかと  火を突くばかりなので  火が煙りを吐いて  火ばちに  火をつけさせてくれろといふ  火がパッと点いた  火は一時に大きく拡がって  火の柱は生れて始めて見たわい  火見櫓が立ち  火をつけて訊いた  火が燃え出したら  火の様な色でどんよりとともって居る  火の様な罵りが吹き出た  火を忌んだ  火で焚かぬ  火の事になつて居る  火に油さし  火の洗礼を授けられ  火を帯びて沈み  火いよいよ燃えて  火はちょろちょろ道の上に流れて  火を放ったと思うと  火を放って焼く  火を放って攻めたので  火の塊と化し  火を見なかったという  火をしらべ  火のごとくにレヴォルトの精神が燃えて来る  火というもので寒さを凌ぐ  火をつけて頂きます  火に映った  火のように輝いて見えた  火のように晃っていた  火のように燃え立っていた  火のような片目とを見た  火にじっと見つめた  火をすり付けて  火は威勢よく燃えあがって  火のまわりに這い寄ると  火のなかで塩冶の奥方も灰になる  火を仰ぎながら  火の光りは  火の中から救い出した  火は再び勢いを得て  火を礑と叩き落としたので  火との禍いが幾たびか繰り返されて  火は吹き消す  火をかけて焼き払え  火の光りが見える  火のように成っている  火は水を注ぎかけられた  火に追われて死んだ  火がつくだけで  火を燃えあがらせる  火は大きくなった  火で焼けでもしなければ  火のそばで焦がしたが  火の中へ手をつっこみ  火はようやく消えた  火の子が暗い空にまいあがる  火のようにあつくなった  火がでる  火をはなち  火をふいたが  火ぶくれがして  火にも焼かれず  火に当らしてあげるから  火のない火鉢をとりに  火をおこさうと  火の方はどうにかつきかけてきた  火を動かしてゐる  火のないところにけむりは立たぬ  火が抜けた  火をかがやかしたる  火は次第に炭の気におかされて  火はだんだん暖くなった  火の用心の腰巾着もぶら下げました  火で燒いた  火ほどのあたたまりもできず  火を一生懸命に抑えながら  火を一つ一つともしてゆく  火をつけるに  火をつけるには  火を切りはじめた  火が出ない  火がひとつ消えた  火を隠した  火の正面へ河野老人の椅子を据えた  火の中にでも落されては  火のように嶮しい  火をとり囲んで  火を愛した  火は衰えはじめて  火が夕闇のなかで色づいて来た  火の色は曠漠とした  火を措いて  火を掻き集めながら  火の柱が立った  火は燃えうつった  火のように熱いものが触った  火のように紅く炎えている  火や紅い火が一度に燃えあがった  火がきえた  火を発して見る見る  火を受けた  火がもれ  火に焼かれても  火のようにするか  火が出るという  火の様に赤くなった  火の様にほてって  火はもえて  火のやうにふるへて居た  火のやうに熱い涙が二粒三粒ほてり切つた  火にてらされた  火が赤くみえるだけだったが  火は消えているが  火にくべると  火の中に投じても  火をたかせた  火をおこしておりました  火の柱が立ちのぼったと思うと  火がきらめいて  火が見えたわ  火のかたまりになって落ちる  火の中でもがいている  火の山に神と祭られよう  火がパッパッとひらめいた  火は燃える燃える  火のかげがうつって  火のようにあつくなってきた  火を吹いてもえている  火がふき出している  火につつまれて  火が消えると  火を消そうではないか  火がもえさかっている  火の色の黄金の霧に散らばる  火の光が散らばり  火は絶えず立ちのぼる  火を濫費して  火をみつめていた  火が弾いて  火をはたいた  火で湯がわかされ  火のように燃えて来た  火は燃ゆるであろう  火のように熱心に見つめている  火を飲む  火はしめやかに燃えて行きました  火を消さないで持ちこた  火を起こしにかかる  火と刀を執りて  火と柴薪は有り  火のなかにある  火のように見せたかとおもうと  火を受ける  火のそばに私を坐らせ  火を見つけ  火の材料を調べてみて  火のはたらきを見守っていた  火の近くにあった  火をどんどんといくらでも焚ける  火が消えやしないかと  火のそばに坐って  火の海の苦しみの後に地獄の鬼どもの眼の前に現われた  火のそばに居させていただければ  火を煽り  火にかけてわたしの祈りが聴きとどけられるならば  火や調理道具を貸してくれる  火を映した  火熱るのを覚えた  火を焚きはじめたらしい  火が小さく揺れて行った  火が水のように横に流れ出した  火が起つた  火がおこらへん  火は傳はつてゐる  火のやうに怒つて  火の上がる  火がぱつと光りを増して  火に見入つた  火が階段の処まで廻つてゐた  火が廻つてる  火にくべてしまふぞ  火がパツと消えた  火を点け直し  火で温めた  火が熾されてゐ  火の前にはまだ冬らしい日射しが温まりに  火はあの食慾をそそる  火の如く烈しく炎やしてゐるだらう  火の上に懸ると  火の燃えない  火の中を無事で逃げて来られたね  火に包まれてしまったぞ  火の前に釣るす  火の中を無事で逃げて  火の輝きでひらめくので  火に彩られて  火の皮の膨れた  火らしいものがみえたので  火は雨中に燃えて  火消えて後もややしばらくは真闇なる庭の面をながめいたりとぞ  火のごとく赤く変わり  火うつされたり  火はフィルムに移って  火の子を散らしながら  火のような女を愛して  火に近くおいたので  火のいれ  火の様に顔をほてらせ  火をくずしている  火を消さなければならぬ  火に炙られようが  火で練られて  火をつけても  火がぽうっと浮かんだり消えたり  火で松明を燃やし  火が明るく輝き  火のような息をしながら  火のかたまりの  火のように猛り狂ってる  火をつけて振る  火よりも煙りが  火の海になって  火など見ると  火を鎮め給わぬかの  火を放けやがった  火を噴いていない  火になっている  火を吐いている  火放けをなされようとは  火となし  火に対しては弱いけれども地震には強いということがわかった  火の災いをこうむらないで  火はわれらの弱点を焼きつくし  火でも燃えちろめき  火の反射が幽かにはみ出していた  火がカンカンとおこしてあった  火のようなセーニャの泣き声が起った  火が小さくして  火のまわりをぐるぐる回りながら  火ともし頃に晩餐が出て  火が起ります  火をつけようとするのに  火が中まで通っていれば  火を焚いたらしい  火から引きずり下しました  火にあたっていた  火に酔ったとみえて  火と灰を怪物の口へ浚い込むと  火がまだ消えもせずに残っていた  火が過ぎて  火も見ていてやるし  火を呼んで  火を焚いたり  火も消え  火がめろめろと燃え出した  火に照らし視た  火に賭して悔いない  火の上にもふたをきせてしまった  火に焼かれてしまった  火を吹いています  火を吹きつづけて  火のひかりの洩れている  火をたずねてゆくと  火の用心を呼びながら来たので  火に燔くと  火を移して投げ付けると  火に焚くと  火と烟りが  火で永い時間に煮ます  火に焚いてしまうと  火を強く焚いたので  火のような光りがみえた  火を近くともして  火など起して  火へ投げ込んで焚いてしまいましたが  火のぱっと燃える  火のひかりは四方を照らした  火を呑む  火であることを信じて居る  火より救へよと我がよぶ  火に焼かれつつある堪へ切れない  火を内に抱いて相寄つて居る  火をこしらえる  火となって燃え上る  火を引き初めるや  火を引くか  火を引かない  火の上に手を翳した  火の中へ飛び込んで終った  火の中から引き出すと  火のように光る  火のように血走った  火を灯して  火に柱を吹き出している  火の柱の光りに  火の山の光りが輝き落ちて  火のように血走りました  火のように怒った  火を放けて焼いてしまえ  火を生ぜしめる  火に伴れて  火のそばへ盛り上げた  火に突っ込んで  火がついたかと思って  火も炭も惜気もなく沢山持って来られる  火をかけて焼く  火は快よく燃える  火を消すまいとする  火でもくれないと  火も茶も持って来ない  火はひろがり  火の中へ飛びこんだり  火のめらめら燃えてゐる  火をおこさせたり  火よりもみよのほ  火と思う  火はもっとあたたかでそして朝夕に生かされている  火もつける  火のようにひらめかせながら  火のごとくかがやかせながら  火をめぐりながら  火の下へ出して見せた  火を前に立った  火をお吹きなすっちゃあ  火がはいった  火のやうな櫨紅葉に百舌がただ啼きしきるばかり  火のシンと鳴る  火のよな針のわな千々に顫えて蟲を捕る  火の消え落つる  火のひそかにも聲たつる  火の天爛れ  火が燃え上るので  火を吐出す  火をいれさせて  火をかんかんおこした  火が入って居る  火のなくなった  火は絶やさない  火をつけて貸して下さい  火をいれたり  火になって焚けてしまった  火を入れてもらって  火に持ってゆく  火にあたりに山から飛んでくる  火が燃え出してくると  火のまわりを廻りながら  火が燃えきってゆき  火の見えないのに  火に寄りぬ  火はなほ然へて  火がドロドロと燃えている  火に当らせたら  火の光が見えるじゃありませんか  火が見えたね  火の柱に包まれてしまったからね  火が点ぜられ  火にあたると  火の幕を作った  火を見ながら歌って居た  火のそばにラシアの足台をもって来て  火からタバコをつけて  火のない所に煙はたたないから  火の上を走り  火は近くまで燃えてゐた  火は消えたらし  火や血や人間の屍が噴き出てゐて  火の上を走り廻った  火は近くまで燃えていた  火は消えたらしかった  火や血や人間の屍が噴き出ていて  火のつく如く泣き立てた  火をつけて焼き立てた  火に追われて逃げてくる  火に焼き立てられて  火のような西空の余映を受けて  火のように熾烈を極めていた  火が打ち上げられた  火が偶然社会主義退治の風であおられると  火を切り出し  火のすぐ傍に寝そべった  火を見つめた  火が入っており  火が燃やされてはいたが  火を焚かなければならない  火が焚かれて  火を焚いてもらいたくないという  火を焚いてない  火が消えていたのに  火を附けて見たが  火が輪をかいて飛んで行く  火の前で母の噂をしていたが  火で吸いつけようとするが  火を入れるなどは  火など焚く  火の藝術といはれる  火い燃して  火に小枝をくべたり  火のそばに腰をおろす  火ば絶やすな  火の神さまが住んでござらっし  火をみてる  火で楽にごはんが出来  火をつけたりして  火から生まれた  火もこよひ裂けて  火が燃えて居るのみで  火も落ちてるらしかったが  火のない火鉢の上にのせてある  火をもしつけておいて  火の出がけによってそれからあっちへゆく  火を入れているのに  火で足もとを見つめて行く  火で煙のように見える  火が次郎の目の前にゆれて来た  火がともされていて  火を点じてさえいけば  火ぶくれがしていたが  火で船頭の容貌が見られた  火が吹き消されて  火によつて再び煙草を吸ひ  火のように燃えていました  火でからだ中燃されている  火になって燃えている  火でからだ中燃されてゐる  火になって燃えてゐる  火をおこすと  火が漏れて見える  火に心を爛らせて  火のように進んだ  火を点けてやった  火の海を見た  火の海へ落ちて行った  火の海の表面から湧き起った  火の海平面に復帰して行った  火の海の光りを  火の海へ投込む  火の海に直面してしまったので  火の海に背中を向けようとした  火の海の上に落ちて  火の海の中へ落ち込んだ  火もよく起ったのに  火に翳して  火をもやしたりして  火が燃えたった  火を入れさせた  火がごうごうと燃えていた  火をつけてやろうかと思った  火を撮ませ  火がちらちら映って  火がともってる  火がともっています  火を失いたくない  火がどこかへかすんでしまった  火のような小さな火が見えていた  火を点けていた  火を持て  火見櫓などが空明りに浮いて見える  火を発せんばかりとなり  火のもえたつ  火のように赤くなったり  火を吐くほどの  火の上にかかってる  火の如き熱情という言葉があるが  火は精神力ではあっても  火がなくてうす寒いので窓をしめ切って  火でもつけられると  火をたくとは  火を点してやらなかった  火を貸しません  火の用心だけに家々に残ったものの  火が出よつた  火が付きあしめえし  火をかきたてて生きる  火を焚くと  火をつけるぞっ  火てふも  火が憑いたって  火が点れたい  火の浮く  火の沈む  火を見てやった  火を呼ぶだとよ  火が二つ空を向いて  火の奴は舵にからまりくさって  火の中を覗いて見ろい  火を消さずばなるまいな  火にくべてゐた  火に燃えた  火の中に落した  火の如く焚く  火をつけて落ついて話し出した  火の氣の乏しい火鉢をはさんで  火をふきだした  火でもついで置きましょう  火をたきつけてゐます  火で焼けてしまった  火の海と化してしまった  火を吹いたので  火が廻り  火を吹いているので  火が熾に起つて居たからである  火へ懸けた  火はゆら  火は雨が来るまでくすぶり烟っていた  火が起り家から家に飛び移った  火はぶらん  火がゆれ  火の明るさをすかして  火は上昇した  火と水とのさわがしい混淆が行われている  火をとりに現れた  火が廻って  火のやうに炎えあがり  火が燃えだした  火をかせ  火をほじり出して  火のやうに燃え  火のやうに爛々と光つてゐた  火のやうに真赤に灼けてるわ  火で打つて  火を探してゐる  火のやうな閃光がキラキラ輝やきだすと  火のやうに赫つと燃え立つて  火のやうな色にかはり  火のやうにキラキラ光る  火を燧つてそれに点けを  火のやうに光り  火をかけるの  火では駄目だつてことをさ  火を使はにやあなりませんやね  火を燧ちながら  火のかからぬ  火がうつされて  火を吹きだしている  火のかたまりとしてしまう  火が白く光った  火をおこしていたら  火をずっとつけつらねる  火に近づいて  火は消えたが  火も消えてしまった  火も下火になって  火が見ゆると  火は小さくなっていて  火がつくといった  火がぐるぐる廻って追っかけてきました  火はもう消えておりました  火のように赤う見えた  火の如くなりて今は得堪へず  火の球が自分の前になって  火の球について谷へ下りようとしますと  火を点けるなり  火が埋んであって  火が燃えて来た  火の一点あり  火をどうして得  火を楽しみます  火に親しむ  火を長く保たせる  火に燃ゆる  火の神オルムーズドに仕えてる  火の砂漠がありました  火が燃え立っていました  火の砂漠を駆けぬけた  火を絶やしてはいけませんでした  火の神の術を授かりました  火の神オルムーズドから授かった  火の神アーリマンのものとなって  火の砂漠や闇の森や怪物の洞穴などを通り越して  火のような情慾をこめて  火がわかった  火が脳のほうへまわって  火を吹きはじめた  火を通じる  火のように点々としていました  火に手をかざしてから  火の塊りがとろとろと渦巻いてゐる  火ノ子ガ林ノ上カラ夥シク降  火が自分で消えてしまう  火が消えたり  火を観るよりも  火に照されつ  火をならしながら  火が消えたよ  火が走り  火のように心を焦がす  火をもやして  火をふきつけ  火を三十數ヶ所に放ち  火が皆一度に消えて  火を消さうとしてゐた  火は入つてゐなかつた  火の中をく  火の中へでも飛び込む  火もついていない  火に燻らせ  火や行く  火を奪ひ  火のみ山あめつちわかぬ  火のごとくいまはのあとは灰のごと其喜も悲もむく  火をくぐりですね  火が入ってねりがきいていず  火のない冬の石室住居になんか耐える  火の煙でしかめ  火を発するという  火にでも追われて逃げる  火にかけて代用食を焼こうとすれば  火の消えかかる  火の上にとまっていてね  火をあてる  火を附け  火のような熱情に燃えて  火をくべていた  火から眼を離さずに  火で吸ひ付けた  火につけ  火をつけるやらしてゐる  火のような熱が社会的にはどんな意味を持っている  火を落して  火を守る  火と詩の女神ブリードの姿も一しよにされてゐるだらうと  火の赤い花をもつ  火の病める  火の中にゐて  火を見き  火を放てる  火何といひ  火何と答ふるや  火の中より出でたる如く  火はこの深き地獄の中にもなほ汝にみゆるごとく  火の都を過ぎゆく  火を射るなくば  火を避くるをえたりしなら  火を被むる者をみしも  火をうけて燃え  火の中に魂あり  火のことばとなれるも  火に行ける  火をうしろにともして  火を放てりと  火と雪とを混ずるにいたれるなるべしといふ  火の雨もその慢心を挫く  火の神なり  火の雨にうたれつ  火の雨下る  火に燒かる  火と煙を吐けり  火なりとあるによれりと  火でも借りる  火を入れて歩いた  火を遠目に見た  火を見つめながら呟いた  火のついてない  火を點けて蜂の巣を燒かうとすると  火がござりましたか知らん  火を包で烈しく飛ばす  火を継ぐ  火が点き  火というものがある  火の火がボーと大きく見える  火の光に見ゆる  火の珍しいキラキラした  火がぐるりをかこんでも  火の中に樫も根元からやかれたかと思うばかりです  火をおこしていながら  火に見ゆる  火のごとく赤くしながら  火を借らんとて  火を落しあわてて引きのけたる  火に身を巻かれとうはございませぬ  火を一ツに寄せて  火のように燃えるだろう  火の様な熱が駆け回り  火と煙と砂とを自由に呑吐する  火にされてしまふからである  火の鈴を取り上げて  火は忽ち大王の群に覆ひかぶさつた  火の形が糸ほどに細ってしまう  火が消えるので  火をたよりにこの階段を登った  火に照らし出されて  火がジジッと焦立つ  火の燃えて  火を消されました  火のように自然に消滅してゆくより  火が危い  火たとひこ  火に燃え  火の動く  火を恐れ  火をおそれて  火をながむれば  火の中に入り  火に燃ゆとみゆる  火と永久の火とを見て  火とともに寒き處より來るを見て  火の中にては見分け  火ありと見えしなるべし  火にあへる  火の降る  火あるを知る  火を點せざるを  火の上方に向ふを以て  火を消してかの  火のかなたにうたふ  火に熔けし  火にくらぶれば  火あつかいをさせない  火が見えて  火の子で大奮戦をして  火と闘っていると  火にまかれる  火に囲まれたら  火はおとなしくやがて吹き出した  火でさえ風はあつくなりました  火でも水でもかきくぐり  火はくいとまり  火と爆弾の間を縫って  火を吹き消したが  火をもやしてた  火はさかんにもえて  火が青めがねにうつって  火はきえ  火を入れてよごれた  火をつけてあたりながら考えた  火を取出して  火を點ずると  火が教室に燃え移った  火のたきつけに用いる  火を焚くには用いない  火の神の弱点も知つて居る  火を生み給ひて  火へ火を入れて呉れた  火が一面に燃え  火が燃えし  火に当っていた  火がぽっと赤く隈どっている  火のようになれり  火を焼きて  火を躍り越えて入り来るにより  火が振うなり  火が一つ靡いてゐた  火の海だ逃げ道がなくなる  火でもつけると  火の来歴と其弱点とを指摘して  火の酒飲もよ  火で焼いた  火を附けてよ  火のやうに胸に燃える  火と同様正体を曝露する  火だけを凝然と瞶めていた  火が次第に濃くなって行く  火が少しづゝ起つて来るにつれて  火が燃されてゐる  火がならび  火の中に飛んで行く  火のやうに凄じい酒気をハアハアと吐き出しながら  火することをすら忌んだ  火を別にするとか  火を別にして  火は神様に対して忌むべき  火が赤く見えていた  火の方へよろめき寄った  火で股火をしてると  火があるかと尋ねると  火が暖かそうに燃えていました  火をふきはじめた  火をこなたに向けて  火の子がばらばら落ちて来る  火を節光板で遮った  火の神を生んでから  火の神をお生みになつたために遂にお隱れになりました  火の神を斬る  火の雷が居  火で燒いて  火をもつて  火は燒けて過ぎました  火は大空高くカムムスビの命の富み  火が眞盛りに燃える  火よりいづる  火の墜ることあるごとく  火における如くなるべし  火に燃ゆと見ゆるほど  火が千度強ひて撓め  火を上より照らした  火の中にさへ  火とともに歌ひてとこしへに  火未だわが胸の中に盡きざる  火の如く見えき  火は五百八十囘己が獅子の處にゆき  火の爲す如き  火が一羽の鷲の首と頸とを表はすを見たり  火の島を治むる者の強慾と怯懦と見ゆべし  火に燃えしかば  火は皆默想に心を寄せ  火に入れて引かんや  火をみつむ  火をもて  火と出  火に似たり  火や地球の如く神にいと遠きあり  火は地球と月との間なる火焔界に向ひて昇り  火に入れんや  火を燃せる  火の生くる  火に燃えし  火は天使に變れる  火遠理の命壽歌の片歌矛星川の臣火須勢理の命穗積の臣ほ  火をつけただけでも  火は海松ふさや心太艸の散らかった  火が消えてしまうと  火も消えてしまうと  火をつけて見ると  火だったのを発見した  火にて焚かれたり  火の間に立つ  火のような熱誠と雄弁をもつて  火のようにほてりましたから  火の鳥を聴く  火の鳥ともいふべき  火がかがやき  火がようやく濃くなって来た  火のないところに起こった  火に焚かるべき  火になるかもしれないと  火になるだろうと考えた  火膨れのした  火がついて燃えているので  火の無い中から起すまじ  火で気長に腋を焼くぐらいの  火を磨り消そうと  火に迫られて  火が他の火に呼びかける  火でなくてはならない  火に見入っていました  火は別にとらぬから  火の出しごとく  火が飛べば  火の中へは恩を背負っても入りきるまい  火も小さくなって  火のないうちから起すまじ  火をつくるぞ  火のぱっと燃え立ち  火にでもあたるが  火のような聖い  火を熾した  火が昼間の光と湿った  火を何気なく囲炉裡の中に移した  火を沢山熾しといて下さい  火の外には何にもいりません  火を囲炉裡に熾した  火のやうな目がたくさん光つてゐる  火を見つめたが  火を点じ歌い囃して  火を点ぜる  火をかけぬ  火を遊ばずにいられようか  火を点けて坐り直した  火を焚き始めた  火のようにして刈っている  火がとろとろと燃えていて  火を起こす  火で唐芋の親を焼いて  火にくべしに  火がつけられてゐる  火に焚かれて  火に過ちなき様になど言ふ  火を社殿に放ち  火を後世まで伝えて消さず  火を分かち  火を重んずる  火をつけていると  火を消してしまった  火を掻起させ  火をおこしはじめた  火が鬼火のように燃えている  火が石竹色に四方を照らし  火へ近寄って行く  火で焼くが  火の光りが輝いていた  火が見えます  火を眺めやった  火は一点に止どまって  火の色の赤いので察せられた  火の燃ゆるかと  火が薄く照らした  火が爆ぜて  火の上を跳ねてゆく  火がまわっちゃ  火が灰となった  火を点る  火のものを絶って  火が出たぞ  火がついたぞ  火はおさまっている  火喰い鳥は走り  火をつけてはならない  火が消えている  火のおこるまでに  火と氷との間を振子のように移り動いてゆく  火をつけてくれ  火が点り  火に氣の張弛が有ると  火の氣は弛んで  火の氣が餘燼に妨げられて弛み弱るからである  火あればおのづか  火より發し  火もまた既に餘燼となつて居るので  火は位を以てす  火炙にしたり  火を放けました  火を放けたの  火を見るより明かな  火の山の裾野に一塊りになって傾いている  火の山の姿と共に日毎に生気を帯びて来た  火の山が近か近かと見える  火のように熱くなって来たりする  火のような頬を掠めた  火の山裾に半ば傾いた  火を胸の中に宿してゐる  火を含んでいた  火が燃え始めたらしい  火と死骸とで通れません  火は燃え移ったらしく  火の森林と化した  火の見えない  火の燃え広がる  火に取り巻かれた  火がうなっては  火の中から看護婦二人を救い出し  火の色を反映して  火の中から出ようとしている  火と煙の渦巻いている  火の回っている  火の光とで目覚しく見えた  火が長篠の城壁に光を投げたが  火にあぶりたる  火を釣りたる  火立ち騰らひ  火の山淺間山天の遙に立てる  火の蓋しか消ちし  火を吹くと  火に胡麻を熬るに似て  火ばさみでつかまれた  火のはいっていない  火ぶくれした  火のように溢れていた  火があっちこっち飛んでいた  火の紙船が月のように流れて行った  火のつきそめた  火のような涙が噴きこぼれてきた  火ぶくれをおこして来た  火ぶくれなのよ  火を取りに行くと  火を燃やしたくなったので  火の上にあぶってみる  火を熾す  火をこっ  火のようにゆらゆらと光っている  火に灰をかぶせて  火にくべても焼け  火捕り虫が飛んで来た  火が立った  火に照り返り  火が青く見える  火を擦ってみる  火を浴びている  火の塊でもあるかの  火の廻りの遅いところへポーンと飛んだという  火のごとく焼いた  火をすり消したりしている  火を焚きつけて置きましょうか  火は次第に燃えあがる  火で確に見た  火を恐れると云う  火をお焚きなさい  火に照らして見る  火がともれて  火がみえました  火がよく燃えれば  火がよく燃えればい  火を噴くまでは  火に油となり  火にくべかけると  火が灯っているという  火で鼻の端を赤く見せている  火の光が明るく雨や霧ににじんで見える  火を山のように入れてもらって  火の巨人に殺されました  火に毛脛を焼かれながら  火の中に片膝ついた  火と煙とに溢れた  火の光を得て  火を弄ぶ  火の前へ行って  火の光に映って見えた  火だけが残った  火のあおりのあとを残しながら  火の中に鍬の穂をザっと突っこみ  火の中から引き出した  火から下ろす  火のようなものがノドを通つた俺はそのびんを暗いからまつ林の中へビューッと投げた  火か人間はすでに起き出して  火をもしてる  火にも燒けずに  火をつけたりなどすると  火を持つ  火を消さないで持つて歩いたといふ  火を一年中絶さない  火をば吹き消し  火は絶えず動揺く  火がきえか  火とともに恋のほ  火が入るまでに  火をもらって  火は燃えて  火と硫黄になって消えるか  火でそめた  火の円のすがたして  火が輝いていた  火に狂わせよ  火に消ゆる  火を眺めようとはしなかった  火となれ  火このアランの島に悲しみと死とわざわいをおくれ  火のようにふしぎに輝いていた  火が彼の血のなかに燃え出した  火にやきつくし  火にもあたらせてやる  火を強く焚いて  火を強く焚いた  火で病人の薬を煎じながら言った  火をすり付けた  火のように光り輝いて  火をとぼしますと  火の前でその怪談に耳をかたむけた  火を入れてなかったを  火を焚き付けてしまった  火がかかっているので  火をかけたればこそ  火をかけたとかいう  火が寂しくちろちろと燃えていた  火でも付けられたら  火がとうに灰になっている  火がおとろえている  

~ 火[名詞]1
ものは火を  バットへ火を  一本バットに火を  煙草に火を  声から火が  憤怒の火に  のは火の  竈で火を  神殿から火を  字が火に  夜中の火を  ひとりの火が  ひとりの火の  燈台に火を  燈台の火  松明の火を  シガレットに火を  ついでに火の  ほんとうに火の  為炉端で火を  火鉢に火が  火鉢に火の  逢へて火を  其中一人として火を  よう燃える火で  一本大事氣に取り出して火を  キヤンプで火を  誰もゐない火の  雪ふる火を  くらしの火を  小屋の火が  大根煮る火の  昼の火が  今夜裏山で火を  虫が火の  耳朶が火の  煙草盆へ火を  盆灯籠の火  中でも火の  あなたを待つてゐる火の  ここに焚く火の  風ふく草に火を  バケツで火を  岸の火が  無気味な火も  松明に火を  身は火の  たる柴の火に  火吹達磨が火を  雪洞の火が  夕方之に火を  急に火の  下女が火を  膝行り寄って火を  ッと火を  提灯の火を  かすかに火をとも  テーブルを火に  左を見ても火の  人々によって火は  前を通ると火の  親子連れで火を  ために火を  人が火の  火鉢の火を  七輪の火を  七輪の火が  顔は見る見る火の  舌頭は火の  瓦斯の火で  #じゅうが火  不正に対する火の  火鉢に火を  冬の火は  壁自体が火を  凉爐の火に  煙草に火が  焜炉の火に  そ事あらば火にも  火鉢へ火を  日和あり火に  霧の火を  毒草の火に  眼が覚めて火を  油を注がれた火の  声は火の  南に火の  ガスに火を  森の火で  生の火を  生命の火との  字義どおり尻に火が  太陽の火の  下火になった火の  浜の火には  一穂のともし火の  竈の火を  縄の火を  縄の火の  処に火が  炬燵に火を  ような火の  シュッと火を  たばこに火を  さっきたばこの火を  恋の火は  惨苦に耐えた火の  手を火の  亭主は火の  翁は火の  一条の火の  きくもゆる火の  鮮かな火が  提灯の火に  縄に似た火は  串に刺して火に  反抗の火が  口を開いて火を  巻煙草に火を  家々のともし火は  鍋釜や火ば  袋を出して火を  砲兵工廠の火を  ような火が  砲兵工廠の火に  一面の火の  建物に火の  敷島へ火を  電燈の火を  赫々と火を  途中に火が  コートに火が  母を焼いた火  微かに火の  顔から火が  顔は火が  全身が火と  全身が火に  小屋に火を  下に焚く火を  前に火の  山に火が  火鉢の火でも  鴇婦の火を  内が火の  火鉢の火の  茶の間に運んで火を  一つの火だけ  私は火の  紙卷きに火を  あちこちに火の  やうに火に  手を火に  紙卷きの火を  自分で火を  ぢとして火に  髪の火の  足から火が  風とか火とか  それを火に  そばに坐っている火の  松明の火よりも  それら撃発する火の  百年に触火  修羅の火の  はてに絶えんとして火の  なかなる火の  四辺を眺めながら火を  吸殻の火の  稲妻は火の  雲にも火は  いまここに火を  行燈の火を  やつと火だけは  帰つて来て火を  口で吹いては火を  一天の火の  戦の火に  燃ゆる火の  原子の火に  七輪に火を  からでおこっている火の  炬燵には火を  囲炉裏の火は  いろりに火を  力で火は  最初に火を  あれに火を  服に燃えついた火を  おれが火を  服についた火は  向こうで火が  一団の火の  ような火は  導火線には火が  枯れ木に火を  燈明の火に  がんで火を  提灯に火を  一丈もある火の  燒けあがる火の  他に火が  赤な火の  夜空へ火の  底から噴きあげて火を  犬が火の  とき見る火  のは火を  女中が火を  音をたててる火と  火事の火で  ランプの火にて  とつて来て火を  ストーブに火を  水が火で  一電燈の火では  本当の火では  薔薇色の火の  ランプの火を  家から火が  ぜんたいおれたちは火から  煙と火とを  マッチをすって火を  おしまいに火を  煙草を出して火を  蛋白石の火の  暗夜にともし火が  念珠を奪い取って火の  コロボツクルが火の  如何にして火を  摩擦も火を  衝突も火を  所にては火の  木材は火にて  此所は火を  裝飾を施して火に  まひに火を  二本目のに火を  時一本に火を  耳は火の  中で火を  蝋燭に火が  前に火を  灰に火を  貝の火という  緑の火が  こんど貝の火が  貝の火を  貝の火は  貝の火が  様々の火が  貝の火と  貝の火に  のへ火を  銅をとかす火を  雪洞の火を  前が火の  暖炉に火が  暖炉の火を  枝に火が  焜炉で火を  鉄と火との  一団の火が  蝋燭の火の  春野焼く火と  煙草盆の火に  残りの火を  ピカッと見えた火の  ッ先に火を  前の火の  そうな火の  囲炉裡の火の  一塊の火の  夏さんが火を  涙が火の  お前の火の  ものに火を  中は火が  自分も火を  刻み煙草に火を  筆端は火を  提灯の火が  下宿で火を  煙草へ火を  煙草を取り出して火を  葉巻を見ると火が  蝋の火を  背中に火を  蝋燭の火で  唾を吐いた火の  燃えさしのに火を  それへ火を  地獄の火に  地獄の火とを  者が来て火を  周は火の  Cへ火を  パイプに火を  片手に火の  それを積み上げて火を  陶器のは火を  歴史の火に  自ら求めて得た火で  行きあたりばったりに出会った火が  煙草の火を  人へは火よりも  ここへ火を  奥の火を  間に火を  真っ赤な火の  チリチリッと火が  半ばまで火と  無残な火が  穴蔵部屋の火の  神田一帯は火の  紫の火の  焼け溶ろける火かとも  墨屋敷へ火を  鏘然として火を  紫色の火が  榾の火へ  炉の火を  炉に火を  炉の火は  榾の火が  タンクが火を  枯枝を集めて火を  竈の火は  将校が火に  人類は火を  顔を火の  薪の火が  うつつた火に  乍ら煙草に火を  両手を火に  天草のいさり火が  炉に燃える火や  蝋燭の火に  火薬に火を  枯芝には火が  打振って火の  店からも火が  頭が火の  蝋燭の火  隙間を漏る火の  真木をくべて火を  炉の火が  本当な火の  内部が火の  一本出して火を  一つの火が  屋根へ火が  生命の火の  ッ青な火が  こととて火は  黄いろな火が  コロナに火を  手は火の  叮嚀に火を  頭は火の  それに火を  一度に火に  三俵一度に火に  マッチの火を  家でも火と  火鉢の火や  柴を立てて火を  火刑の火は  一人の火が  心に火を  ストーヴの火を  永遠に火と  魂の火が  松の火が  瓦斯を吹き出させ火を  アセチレンの火を  アセチレンの火が  アセチレンの火は  神は火の  燈にも火が  胸の火よ  山でも火が  焔の火が  阿蘇阿蘇は火を  番舍の火に  暖爐に火は  揚場に火が  雪は火の  薪に火を  盗賊団でも火に関する  それは火の  不断に火に  外で火を  それを火の  ストオヴに火を  ストオヴの火を  背中の火の  天から火を  天から呼びおろして来た火がは  線を描いた火の  電気の火の  地を結びつける火の  落雷の火で  木には火の  天から来る火に  残りの火が  金か火の  最初爆発の火と  鉄砲の火は  大砲の火の  中に火の  火山腹へ火の  此の火の  今に火の  其時他の火の  さの火の  今話した火の  水と火との  此の火は  村に火が  小石と火の  薬瓶は火の  棒で火を  雲雀を火の  前で火を  上に火の  誰でも火の  火打ち石で叩くと火が  上つて提灯に火を  下にある火  蝸牛を火の  神秘な火が  ストーブの火を  二階の火の  寝台が火に  ストーブの火は  寝室の火の  犬は火の  前の火は  蝋燭の火は  蝋燭の火が  爐の火も  群れは火の  わたしはかれを抱きあげて火の  蝋燭の火を  人から火を  煙草の火の  ヘルマンは火の  一つへ火を  ために火に  松明の火は  シガレットをとり出して火を  口で火を  そこには火も  私と火とを  爐の火に  エアシップを出して火を  切爐の火で  切炉の火で  今まで火へ  所で火を  ぼんやりと火の  手燭に火を  それまでは火の  頭から火の  自暴の火は  私たちは火さえ  家には火も  日暮里の火の  炭に火を  魔術の火の  燃えさしの火が  街の火に  莨に火を  薪を集めて火を  前の火だけは  タバコに火を  行つた火鉢の火が  顔が火の  頬が火の  愛熱の火を  毛の火に  茶を煮る火の  袖口に火が  資材に火を  身体に火を  遭難し火の  一昼夜燃えつづける火の  落葉をはいては火を  それは火という  工合に火には  ふうに火は  燐の火の  流沙の火や  炉辺で火を  枝を採りて火を  螢の火に  上手に炊かなきや火が  かくれんぼ下駄に火が  下駄に火が  石川は火でも  紅蓮の火を  御用提灯の火を  皮を火に  船中に振撒いて火を  間に火は  船を焼く火の  全部一団の火と  腕をうたれて火の  ピストルも火を  ピストルが火を  葉巻を出して火を  窓から火の  肉を火で  焦熱地獄の火の  燭の火に  上には火に  ファイア・プレェスに火を  灰に覆はれたる火の  燃ゆる火は  滅壞するを火の  ストオヴの火は  節婦でも火には  火事があって火の  枯れ草に火を  ものも火の  火をもって火を  風呂の火を  眼から出た火で  相違して火は  水をもって火に  尻に火が  壁が火の  歌川へ火が  うちにすつかり火が  身に火の  耳まで火の  茂七は火の  煙管の火を  空気は火の  朝日に火を  角蝋燭の火が  母が火の  釜に火を  卷煙草の火を  傾斜を走る火は  花から火でも  火が火を  巻莨に火を  次ほんとうに火の  ただの火の  一吹きすると火を  中の火は  芝居なぞも火の  迎へ火を  雨乞ひに火を  鐵が火の  中に点された火でも  烟は火に  バットに火を  豆タンの火を  瓦斯に火を  薪をつんで火を  着物に火が  俵に火を  私自身も火と  蝋燭に火を  得体の知れない火  竈で焚く火の  雨が降ろうが火が  上燃料が湿っているので火は  庭釜の火を  百姓家に火の  容易に火が  彼は火を  行燈の火に  眼は火の  提灯の火がと  文字からいへば火を  これは燃える火を  一般に火と  地獄の火で  御蔵に火が  家では火の  真赤な火が  中じゅうが火に  戸だなの火を  中の火の  ぱなしになっているふすまの所から火が  所あたりから火が  ぼくは燃え上がる火から  炉の火の  手焙りに火を  町には火が  智慧の火の  息の火に  城下に火を  一斉に火を  草の火を  城壁の火を  先が火を  煩悩の火を  黄金に対する火の  そうに火を  頬を火の  葉巻に火を  瞳の火を  コークスの火を  諸所へ火を  表裏から火を  一切にわたって火を  宮門から火が  炎々たる火と  洛陽は火の  ことは火を  嫉妬の火に  彼の火の  城に火を  一炬の火として  裏切者が火を  中から火を  諸所から火を  高度な火で  一箇所から火が  曹操の火の  車に火が  練炭に火を  知識を求める火に  運動に火を  霊床に火を  神庫に火を  武器庫から火が  枯枝を火に  尾に火を  煙は火の  斜に火の  ものを火に  裡で火を  野外に火を  味方と火に  剣も火と  人の火を  つてカメリヤに火を  重要書類を火の  空は火で  カチッと火を  衣類を火に  八方から火を  火光などが火の  ように火の  思いをするは火を  油幕に火を  叛乱の火を  君も火なりと  真黒で火  燧の火を  燃えさしに火を  納屋から火が  店に火を  財産に火を  石炭で火が  時は火の  ひかりと火の  真直に立つ火の  阿蘇の火で  風は火を  宙天には火の  大地へは火の  頭上からは火の  ほどは火の  激色は火の  一段ロケットに火を  坂村健さんという火の  ケツに火が  こいつに火が  工場に火を  燐寸の火を  石炭の火が  燈台の火を  蕊に火を  明の火が  舟の火は  鵜飼の火を  先頃よりは火の  胸には火が  花火に火を  好きでしたが火を  ほんとうにやっていって火を  ろうそくに火を  ろうそくの火の  先を火にでも  煙灯の火で  煙灯の火にかけて  蔵に火が  縦横無尽に火を  烏林に火の  十数ヵ所に火を  袖に火が  戦袍を火に  下着を火に  狼煙筒へ火を  陣屋陣屋などへ火を  陣屋の火も  はじめ諸所へ火を  一緒になって火を  赤坂城の火の  民家へ火を  篝の火が  わしが火を  けつに火の  巻煙草へ火を  坊やんは火を  束に火を  家は火の  足元から火の  瓦斯の火を  ひそかにも火の  血を火の  カンテラの火の  岩壁から火の  範頼が火を  ランプの火の  風呂番が火を  眼から火と  八方へ火を  雨夜に隠火の  長火鉢の埋れ火を  佐平太兼政が火と  燭台を借りて火を  思想も火の  莨の火を  地獄の火を  そこへ火を  松明の火の  地獄の火が  香炉の火の  肉を火に  いくつかの火の  幾つかの火の  電灯の火が  中が火に  ガソリンに火が  マッチを出して火を  マッチに火を  車体は火に  顎が火の  何の火  山の上の火の  気になる火じゃ  うちに火と  ンゾ能ク薪車ノ火ヲ  無数の火が  天を焦がすばかりの火と  落葉の火と共に  酒へ火が  陣へ火を  論争も火の  宵になっても火は  梢も火と  ここでは火ばかり  一山も火と  山道から火を  敵は火で  道芝へ火を  私は馴れない火に  一人きりで火の  胸の火  裾から火が  行灯に火を  民族的偏見に火を  ところから火が  眼だけは火が  みんなは火の  みんなよっく火に  きせるの火を  赤な火が  樺の木が火に  フゥとやって通ったら火が  油紙に火が  下に火が  塊に火を  ときに火を  ハバナに火を  顔から火の  ように積みあげて火を  黒曜石などを火に  彼は火の  思いのほかに火の  こちらは火が  これは殺されてから火の  死骸を引きあげて火の  三階から火は  ほうは隣りへ火を  家へ火を  出窓から火の  京屋へ火を  家に火を  全身に火の  どこにも火が  罐の火が  罐の火は  真赤な火の  屋台へ火を  煙管に火を  やうに火を  最後の火が  七が火を  猛獣は火を  蛇も火を  混乱に乗じて火を  敵の火の  一面の火が  篝の火も  合図の火を  姜維が火を  胃へ火を  蜀兵自身が火を  魏兵は火を  城内に火を  線香に火を  薪の火に  小屋に入って火を  棚へ火を  そこに火を  一點の火は  虫は火を  午後には火を  瓦斯七厘に火を  乾燥室から火を  猛烈な火は  ほうは火の  煖炉に火を  巻煙草を出して火を  煖炉の火は  いつまでも火に  ストーヴの火が  火は火を  地べたそのものが火を  煙草の火が  爐の火が  タバコの火を  一本ぬいて火を  タバコをとって火を  放火狂が火を  エンゼルは火を  一個の火の  色の火が  裏が火の  性質は燃えさかる火  万点の火を  切角灯籠の火が  冷泉院の火より  生命の火と  ライターの火が  木片を火に  線香の火が  最初の火を  揺めく火に  暖炉に火を  油をかけて火を  當に火の  赤痣は火の  ランプに火を  下に火を  煙草盆の火の  七輪に火も  叔母が火を  下へ火を  小言をいいながら火を  豆ランプに火を  口を窄めて火を  不興気に火を  燭台の火が  火箸で火を  廻つてゐる火の  それや火が  火道具を出して火を  水と火と  それを煮る火を  袋をとり出して火を  はしに火を  んも火を  竈の火などを  蛞蝓が火  三方から火を  地獄の火の  離屋に火を  枯柴に火を  離屋へ火を  噴出する火かの  自分から火を  内の火の  油紙に火の  手も火の  仄かな火を  水をかけた火の  燎原の火の  産室に籠って火を  果から焼ける火の  燈籠の火に  提燈の火  行燈の火が  一所から火が  龕の火  方は火の  建長寺からは火が  麹町から出た火が  二十四箇所から火が  一点の火の  炊事の火を  神樣の火が  さに火を  タバコの火で  物体が火を  淨めの火の  前に火にかけて  飯と火とを  蒸汽機関の火を  方の火が  線香の火を  一本取り出して火を  四辺が火に  衣服で敲いたが火は  中の火が  人たちに火の  全身は火の  鉄と火の  ヴェルダンの火の  パツシヨンの火を  爆竹に火を  蝋燭をとりおろして火を  眼から火が  下の火を  照は火を  散乱して居る火を  蚊遣の火が  囲炉裏の火の  枝を火に  燈の火に  夜分多くの火が  燈明の火を  石を持って来ると火に  どんど焼きの火の  急に火が  たぬきが火  明らかに火の  岸の火で  先に火の  其紙屑に火を  アルコオル・ランプに火を  瓦斯すとほぶの火は  裸蝋燭に火を  四方が火の  彼は火に  一町四方ほどを残して火の  空襲の火を  無我夢中で火を  枯れ枝を集めて火を  節分の火に  建築は火に  附木の火が  連中が火の  業の火とかいう  枕頭へ置いて火の  女中に取巻かれて火を  匙で火の  鉢を火に  燃えさしと燃える火の  茶道具が火に  あそこに火を  元の火では  ランプの火に  一匹ずつ火の  ポーッと火  ために火の  薬液を注ぎ込んで火を  酸化鉄とを混ぜて火を  三吉さんとは火を  ソソレを抜けば火が  妙な火が  まま煙草に火を  戦争の火は  新たに火を  そこには火は  台所の火  禁欲の火の  生命の火も  蝋マッチに火を  熱の火にかけて  ここさ火でも  いのちの火で  伝蔵は火の  藁の火  舌が火の  口より火を  数人の火の  彼の憤りの火に  京都は火の  理想主義の火を  ぼろに火を  生活の火が  瓦斯煖炉に火を  雪が火を  ファナチスムの火に  我が身で火を  エッセンスにて火を  人質が燃えた火を  袴に火が  家康に火の  手帳を火に  暖炉の火に  石井翁から火を  完全に火が  博士邸の火が  さしに火を  葬式の送火  ストーヴには火が  用心して火は  瓦斯ストーヴに火を  火鉢の火に  金口に火を  子は火の  おれの火の  瓦斯煖炉の火を  硫黄の火の  ランプに火が  くせ燭台の火は  在宿して火の  御沙汰には火の  火縄に火を  とき小屋の火を  屋根に上がって火の  煙燈の火が  煙燈へ火を  煙燈の火に  其処から火を  火鉢に火  アパートにて火に  去年此日岡山にて火に  人間なら火に  斯界に火の  境内は火の  御用窯には火を  御用窯に火が  高熱の火が  満足に火から  あちらこちらに火が  下の火に  炎をあげて燃えている火の  火打石を執って火を  今まで火が  ストーブの火の  銀色の火の  やうに火の  あべこべに火を  下に見る火の  萠黄色に見える火の  玄関の火に  キャムルに火を  燐寸を擦って火を  燐寸の火に  油に火が  肉をあぶったりする火さえも  人生に於ける火の  四日市小網町一面の火に  深川一面の火と  江戸は火  藁小屋へ火を  マッチで火を  土手に火  地炉の火の  時地炉の火の  平気で投げだして火を  瓦屋根だの火の  場合には火を  松明の火が  情熱の火を  燈明の火が  裏口から火を  一言が火に  中で火が  身体に火が  消防署の火  真偽も確かめずに火が  眼は火が  内外では触れなば火を  眼に火が  養蚕で火を  ような火  煙草にも火を  一人として火を  ひとりの火を  燃ゆる火なり  祭壇から火の  口で火が  石を打ち合せて火を  なかに火が  灯心に火を  殺傷したり火を  者もあれば火を  押入へ火を  都が火の  材木納屋から火を  中の火を  崑山の火をも  美を焚く火  鑽りて火を  心頭の火は  火縄の火を  図の火を  相図の火を  風炉に火を  悲しみの火が  一つの火に  煖炉の火が  燐寸の火は  火取虫の火に  マッチの火に  城へ火を  面に火の  ポツと火が  タンクに火が  一面に火の  下を焚きつける火の  ガラス棒を火で  竹見からもぎとった火の  煙草の火は  街に火が  港内の火を  板前で火を  割木の火を  あたりも火の  藪原宿から火が  中へ火を  奥から火を  私は火を  街の火の  四方に火の  肌が火の  庇に火が  心は火の  破壊に導く火を  愛の火に  水をかけても消されない火  数時間で火の  家じゅうに火が  焔と火が  マツチに火を  煙管の火の  有明行燈の火に  湯気や火  手燭の火を  これを火と  宮廷自身から出る火の  そこここの火が  下で火を  長火鉢には火が  炭団の火を  ランプの火で  教師は火の  東菊活けて置きけり火の  僕は火に  切りに火を  石が火に  ストーヴの火に  皆な火に  幾百条の火の  寒空へ立ち昇る火の  数千の火の  天幕の火の  外から火の  内の火を  煖炉の火の  ランプの火が  微かな火が  稀には火の  町からもこつちで焚く火が  ヂツクマン谷で焚いてゐる火が  あそこで火を  わたくし共は火を  十個処へ火を  先から火が  現在頭に火が  頭に火でも  夕ぐれ燈籠に火の  ぽかりと火を  巻煙草に火も  隅に火の  それを見ると火の  二三回ローソクの火  提燈の火を  シュシュと飛ばす火の  館へ火を  長屋中では火を  妙に火に  柱は残らず火に  愛吉の火に  お嬢さんには火が  女房は火を  たまから火を  行燈の火も  耳を火の  熊が火を  青の火を  霧の火が  霧の火の  霧の火  爐の火は  爐の火を  燭臺の火の  枯草へ火を  機関銃が火を  バットを出して火を  みんなで火の  ライタアを出して火を  口へ火が  婆さんが火を  玉が火の  火鉢の火が  情熱の火が  燈心の火が  たばこの火  宮殿の火を  これに火を  ようにして火で  茶の間で火を  気にしながら火を  上に火で  なかには火が  鉄と火とが  囲炉裏に火を  油つきて火の  暖爐の火を  自分たちが火の  そこから火の  月油をこぼすと火に  村によっては流し火と  松の火でも  方なる火  炉の火に  鬼の火という  祝賀の火でも  本来の火の  精霊の火の  一枚一枚火鉢の火で  其薪へ火を  炎々と燃え上った火の  頭などに火が  松火の火で  燧石を打って火を  松火の火も  女が火を  焚火の火で  獣油の火が  松火の火を  松火の火が  熊笹に火を  海のいさり火の  炎々と火が  赤あかと火を  煙草の火などを  中にあけ火を  女中に消えた火を  様に火に  毎日こもって火の  彼女は火と  木部の火の  所々に火が  赤が火の  心には火の  desireの火が  中は火の  瞬間に火の  特有な火の  ストーブの火に  いつまでもいつまでも寝ないで火の  燐寸をすって火を  ライターの火を  上で火を  紙巻煙草をとりだして火を  ライターを出して火を  場で火を  タバコの火から  つて三つに火を  からだに火が  一時は火の  憤慨の火に  結燈臺の火の  燈臺の火の  車に火を  滿身に浴びた火の  間に火と  屋根から火の  一しよに火の  車の火と  天地に吹き荒んでゐる火の  順々に火を  最中煙草に火を  衝激的に火を  結燈台の火の  燈台の火の  満身に浴びた火の  炉炭の火を  一瞬ひらめいて消えた火の  蛍の火が  増が火を  炬燵の火も  庭燎の火は  熱情が火の  まっ白な火の  まつ白な火の  竈に火を  迎ひ火や  川には流し火が  唸りが火に  玉屋は火を  へんは火の  マッチの火で  魚を火に  囲炉裡で火を  つて炉の火を  卷煙草に火を  みどり色の火に  それはもえる火の  草は火の  徐かに金天狗に火を  嫉妬の火を  事を考えて火を  花を火の  金天狗に火を  烟草へ火を  誠吾は火の  口髭に火が  巻烟草に火を  回転するに従って火の  燈籠に火を  血は火の  野焼きの火が  雲は火と  露地にも火が  家に火が  やつと火は  敷島に火を  私は火が  性格は火の  宮子は火の  海が火を  空襲の火の  空に火の  其処に火  うちに火の  方が火が  ものと火に  僧のうずくまって火に  大正十二年九月震災の火で  あまり顔から火が  小使が火を  焦躁の火で  毛穴から火が  口から吐き出す火  後の火の  斜面で火が  車夫に火を  筆を火に  老父は火  桜炭の火が  火鉢の火は  頬は火の  葉子がいだいていた火の  手あぶりに火を  盛んに火を  石炭の火の  もやもやと火の  ようにして火を  心を火の  手をあてて見たら火の  ままに火の  蚊遣り火  中が火の  蝋燭の火も  炭俵に火なぞを  俺も堪らんから火の  炉に焚く火は  燈心の火を  考慮すべきは火の  つてからでも火を  幸に火も  出漁中に火を  危險を冒して火を  これは火は  建具に火が  衣類に火が  愛の火を  油尽きて火の  紙片を火の  炎を上げない火が  油に代えて火を  水を火に  各所に火を  マッチの火じゃ  上枝下枝を火の  蚊遣の火を  爪に火を  足を踏み入れて火に  風向で見ると火は  みんな一生懸命で火を  納屋などに火を  前で火の  手によって火の  本を火の  みどりは火の  十能の火を  芳は火を  洋燈の火を  心に火が  子供が火の  マッチの火の  エアシップに火を  不意に火の  襤褸を火が  そだ火に  煖炉の火を  心でも火を  純に火の  提灯の火だけを  マッチを取出して火を  嚊が火を  方を火に  長火鉢の火を  舷側から火を  パツと火が  真実への火を  空気総体が火と  屋根が火を  夕映えが燃える火の  世の中に火の  確かに火の  宛も火の  火桶の火に  火薬庫に火の  御飯の火を  マッチに火が  神殿の火を  どこからか火を  ライターで火を  ンと火を  ストーヴには火を  一瞬に火を  空気にふれて火を  熱海中心街は火の  戦災の火の  百方に火を  目抜通りは焼けおちてのびきった火の  四方に火が  もとへ戻れば火が  東京の火を  冬であれば火を  一本抜いて火を  マッチをだして火を  ままで火の  拾ひ火を  洋服に火が  洋服に火を  方々に火を  中に火を  瓦斯ストーブに火を  黄金色の火と  毛から火の  ルビー色の火を  萬人の火  それが火の  尻尾に火が  マッチさえ火が  貫一に火を  ところへ火を  藁松明に火を  下から火を  裾から火の  行燈の火の  毎晩聞きなれた火の  思いも付かない妬みの火が  胸は妬みの火に  姿が火の  蚊いぶしの火を  天の火を  芭蕉邸が火で  清房園城寺を火  興福寺東大寺を火  伽藍を火  法住寺殿に火を  悩みに火を  陰鬱な火の  炉端の火を  魔の火と  山そのものが火の  湯気から火が  ために火が  吸口まで火に  目から火が  兵士が立って火を  砲兵工廠は火に  一めんの火の  真赤な火に  一撫でにした火の  風が火の  所に火を  人がいて火を  死骸を焼いている火  髪は火の  水や火の  顔は火の  燧袋で火を  落葉枯枝を集めて火を  機関銃が火の  導火線に火を  紅蓮の火が  神木の火で  小判を火に  巨燵には火が  山や火の  あたりは火に  強烈な火の  敵方へ火を  壺を火で  石ころを火の  厨の火が  火吹竹を持って火を  時間に火を  一本抜いて火は  そつと火を  ほんとうの火で  箸を投出して火の  藁に火が  赤ん坊に火の  燐寸の火で  慢心に火を  油を入れて火の  シチリンで燃しつけた火が  水を入れて火に  夏でも火が  ような火を  四方八方に火が  提灯の火の  滅却すれば火も  筒の火に  釜の火を  巻莨の火を  さにめげて火の  翻訳劇は火が  ほたる火の  狐の火と  新聞で火を  辺も火は  下は火に  子が火の  今でも埋火に  朦朧と火が  耳には火を  牙には火を  十能の火が  爆弾を投げこんで火を  葉巻きに火を  顔にだしぬけに火が  戦車を火にて  煙草は火の  ちょうちんに火を  竈にかけ火を  藁をつんで火を  向うに火の  塊りが火を  大釜の火に  炉に残っている火  そばの火に  場に火の  患部が火の  瓦斯の火が  身体は火の  三吉は火の  種々な火の  方では火が  夜の火を  障子に火を  土蔵の火は  一緒に火を  街燈の火に  煙草盆の火を  三吉は火を  大橋の火  盛んに火が  山賊は火を  着物を火で  腕に火の  ポッポと火  ペーチカに火を  落葉を焚く火で  なかで火の  提灯へ火を  冷然院は火を  天下を火と  物を火に  荷物に火が  角度に火が  着物で火を  荷もつに火が  方で火が  警視庁うらに火が  松坂屋に火の  化学実験室辺から火を  方々から火が  薬品から火が  ほかにとび火も  向うから火の  荷物へ火の  家々へ火が  あんのごとく火は  物置小屋にとび火が  人は火の  三日にとび火で  地炉に火を  自在鉤につるして火の  生命の火をも  ものを火の  上に向って火  巡査部長は火  石炭の火を  マドロスパイプに火を  巡査から火を  一本の火で  焚落しの火を  風の火も  やに火を  くぎから外して火の  おなべを火の  村の火が  中にうずめたほだ火を  なによりも火が  のは火と  腹ばいになって火を  背中を火に  音を立てずに火に  あいだわたしは火を  蒸し焼きにして食べるかと思うほど火の  部屋には火が  ろうそくの火を  ろうそくの火も  わたしは火に  紙巻に火を  突込んで火を  蕎麦屋は火を  ガクガクして飛んできておちくだける火の  ブランデーをかけて火を  燧石から火を  九月頃とかに火を  空の火も  寒日も火  山門へ火を  松明へ火を  山一面が火の  中に火が  熔礦爐の火  地獄の火  道具をこさへる火  人間どもを威し立てる火  火を以て火を  顔は火で  のは火では  だれも火の  目を火から  ボブが火の  茶室に火を  傍に火の  革新の火を  オートミルを火に  雑貨屋さんから火が  のが火の  前夜の火の  とき私に火を  風呂の火に  艾の火が  お勝手へ駈け戻って来て火を  シガレットの火を  蒸し焼き風に火が  ろうそくの火が  家に火の  娘の火を  女の火を  三人の火を  罐に火が  内儀さんの火を  妹の火を  兄の火を  身体についている火さえ  蝋の火の  護謨の火の  銅線のかきむしりゆく火の  汝が火の  酒の火の  路の火の  悪の火の  炎上の火の  埠止場の火  白馬に抱く火の  煉獄の火の  山の火  勝手元に火の  鉋屑に火を  方まで火が  カーッと火  片手に火を  巻線香に火を  シューシューと火を  偶然エルモの火を  一本ぬきだして火を  方角が火の  工場地帯は火の  四周は火の  家が火を  アパートも火を  煙草屋も火を  中から火が  仕立屋も火を  空一面の火の  各々の火の  家の火に  そこも火に  炬燵の火に  蒲団の火に  真先に火を  瀬戸火鉢の火を  蝋を取り出して火に  フィルムから火を  四囲が火の  ローソクの火が  海上を照らしていた火が  爆発して火が  火薬に火が  前に行って火を  炭焼竈に火を  一斉に吹き出した火は  黒船町は火の  一面の火と  火の見櫓に火が  河岸へ火が  物置きに火が  御厩河岸で火は  これは火を  それが割れると火が  中堂へ火が  同所は火  どれかに火が  仕事も火の  日記焼き捨てる火で  真昼の火が  ひとりの火  ひやひやと火を  生命の火は  沈み行き火の  雨とめぐる火と  清淨な火の  風と火の  遠くには火の  宇宙を通して火は  帶びて一齊に火を  臺所で火を  水と火が  峠で火を  息は火の  焚火でもあろうか火の  郁太郎は火の  湯殿に火を  真上から火の  まわりは火の  行燈の火は  心頭に燃えさかる火を  水を火を  水を汲み火を  それとして火を  友あり火  附木の火は  襖にうつろうとする火の  煙と火を  口もとで火を  煙草盆から火を  事柄が火の  中では火の  座敷に火が  封蝋を火の  一大音響とともに火を  たばこをとりだして火を  火薬庫に火が  爆薬に火を  植田へも火を  煙硝を振りまいて火を  杉へ火を  陣屋へ火を  山を焼いている火を  丸太の火を  小舎へ火を  ところから火を  上に火が  む心が火の  大木に火の  杉山に火が  神木屋にとどまって火を  竜神村の火は  炉に吊して火を  山を焼いてゐる火を  角巻煙草に火を  地獄の火かも  一撫ですると火の  葉をつめ込んで火を  石から火が  三度に火を  火元から発した火によって  つて蝋燭に火を  三階から火が  提灯に火が  楼を火の  呪いの火に  町へ火を  口を尖らして火を  米友の焚きつけた火は  先で拡げて火の  衣裳に着替えてしまって火の  手拭を取って火の  悪者が火を  街灯の火が  天の火  陽に映えて火の  爛々と火の  中央の火に  敬二郎は火を  真っ赤に火が  真っ赤な火を  ストーブから飛び出した火の  空を焼いて火は  たび油煙を吹いたり火を  性の火との  松明の火も  いつでも火と  尻を火に  咒法の火が  番僧蝋燭の火を  三つ四つの火が  煙草の火でも  蝋燭へ火を  薪を取って火の  涙湿りで火が  めりで火が  梯子登りと火の  ままにしてから火を  一面に火が  猛然として火の  君は火の  小屋の火と  心へ火を  賭博小屋の火の  四方から火を  丸太や火の  露路が火の  露路にも火の  盛に火が  手しょくの火は  ためなら火にも  サモヴァルに火を  眼から火を  先に火を  不平が火を  面から火が  火鉢にくべて火を  紙の燃える火を  幾つかの火は  後ろで火を  五体が火に  ズカズカと火の  炭火で火を  血相が火の  マッチの火が  火竜が火を  ように火を  大江山課長が火の  立ち武者どもの火も  火と火の  廂には火の  魔界外道は火の  めや火を  牛に火を  塔が火の  ッても火が  期待に反して火が  目は火の  わが家に火を  燈籠へ火を  掛行燈に火を  面が火の  丸行燈に火が  油を差したらば火が  丸行燈の火は  行燈には火が  薪を背負って火の  提灯の火も  雪洞に火を  裸蝋燭を取って火を  焚付の火が  塩梅に火が  火鉢の火にあたって  十郎は火を  石の火が  沈潜した火を  きりと折って火に  ように燃えつづける火を  人間が火を  水と火の  指を火に  先端から火を  お互いの火は  開墾の火でも  埋葬の火  ぱッと火を  炉ばたにいて火を  げきに火を  自尊心は火の  目は燃える火を  そちらで火を  底に火が  目に火が  榾の火に  圍爐裡の火に  豪勢な火の  あたりが火に  山に火を  これでは火  恐竜島に火が  なんの火  船長も火を  海岸に火が  別館へ火を  別館に火を  駒守が火を  自ら別館に火を  腕は火の  さも火の  ことは火の  爪で火を  尻に火の  燃き火を  燃き火の  一点の火が  提灯の火  体へ火が  のに火を  人間よりか火の  色が火の  中には火も  棺桶をおさめて火を  自分たちが火に  相当に火が  坊主たちを突き放して火の  葬式に火に  ジッと火を  錠をおろして火を  誰が止めようと火の  煙や火が  火消が火を  棺桶に入れて担ぎこんで火を  三カ所に分かって火を  歌をうたって火に  妾宅に火の  メクラにも火の  煙草盆の火が  煙草の火  品物に火を  店員たちが急いで散った火の  屋敷から火を  ための火を  絹行燈の火を  葉巻をとりだして火を  チョウチンの火を  辺を廻って火の  風呂の火でも  蝋燭に火の  他には火  灰とすべき火も  物騒な火を  都は火が  篝屋の火で  大乱は火を  油鍋へ火を  乱兆の火の  三日三夜も火を  これぎりで店をしまおうと火を  シッポに火が  ウムといって火の  方へ戻って火の  お山に火が  咲が火の  竈の火に  ホクチに火を  邸へ火を  屋敷へ火を  銀様は火を  ところへ来て火を  ぼんやりと火を  盛んに燃え上る火の  うちに火が  誰が火を  高燈籠の火が  はずの火が  晩に限って火が  いずれも火の  葉に火を  部屋にや火が  行灯の火を  いから火を  なに夜は火は  マチで火を  綿を散らけては火の  大正三年十月四日午前四時頃其空家に火を  空家に火を  二階に寝て火の  方法で火を  燭台の火の  らの火に  伏陣の火も  内へ火を  所へわかれて火を  篝の火を  一端に火を  手から躍った火の  縦横な火の  ここの火を  本丸櫓へも火を  砦の火の  柴を折って火に  大空に火を  中に火や  罎を火に  名なりけり火を  恰好で火の  朝日を受けて火を  主任は火の  キャンプ・ファイヤーの火の  ケロシン油をかけて火を  円本を火に  身体へ火が  雲が火に  宿から火が  さへすれば火が  中央には火の  マッチの火は  煙草の火とも  町が火に  音を立てて火の  相手は火  石突を火の  ように叫んで火の  戸前の火が  土蔵に燃えている火を  油紙へ火を  一点に火が  時ならぬ火  中なる火を  それは火を  蝶に限って火を  徳が火を  観察力は火の  煙突から火の  変な火の  色をした火  貴様たちは火  がいが火の  吉原の火の  米友は火の  ことで火は  尾をうちて火を  目より火が  人丸は火  木は火を  水は火に  摩して火を  南方の火に  火に火を  眉を火と  堂前にて火を  故意に火の  沈黙して火の  所で火の  カマは火を  久保正三は火を  螢の火の  イロリの火の  チェリーに火を  ゆたかな火を  炬燵の火と  代官屋敷附近へ火を  追手船が火を  筑紫は火の  屍を焼いている火  ためとあらば火の  江戸を焼き払うほどの火には  ここから火を  本丸まで届く火  四カ所で火が  城下へ火を  本丸まで届くほどの火を  本丸から火を  礎を立て直すほどの火を  本丸へ火を  浪士が火を  目的地方面の火では  最初に認めた火の  胸を火の  油を以て火を  燈籠の火が  すべての火が  河上から火を  両方から火に  隣家の火は  濛々と渦巻く火の  顔一杯に火の  面越しに火の  炉の火へ  美津子さんは燃え上る火を  それに火が  物置に火を  民家に火を  対岸の火を  叫びと火の  夜討の火を  小女が火を  淡雪を火に  提燈行列の火の  燭台に火を  盛装をこらして火の  若者はいいながら火の  体内に火を  ウエストミンスターに火を  提燈に火を  茶の火を  熱に浮かされて火の  燭台の火を  裸蝋燭へ火を  下の火が  胸に火の  胸の火は  中絶えて火の  石迸る火の  極み草枯れて火は  燎原の火とも  ところきらわず火を  狂乱の火  陀羅尼院の火も  民家の焼ける火が  府内へ火を  気狂いが火を  虚空には火の  内も火  木々にすら火の  犬小屋も火の  燃ゆる火を  てっぺんで火を  一に火の  これも火の  ものを求める火が  面は火の  人足たちは火を  パンをやく火を  爪より火を  松山にも火が  行燈に火が  提灯篝の火が  江戸城へ火を  手段で火を  身に降りかかる火の  馬は火の  たいまつに火を  楽屋から火を  洋燈に火を  囲爐裏に火が  平生は火の  釜とに火を  蚊遣り火の  花が火の  日は火を  火鉢には火を  囲爐裏に火を  前焚いた火の  これが火も  一掃する火と  太刀に火を  ところで火を  凄惨な火と  石油を撒いて火を  大事に到らずに火を  方からも火が  わけで火を  石油ラムプを吊して火を  障子に火が  そっちに火を  ワラをかき集めては火を  厩から火が  時には火に  息を吹掛けるから火  場所へ集めて火を  我々は火に  父に火の  天主閣へ火を  就中会桑の如きは火の  上に置いて火を  灸の火に  シュウシュウと火を  あたりは火の  一日だまって火を  苦悩そのものの火にしか  皿小鉢だの火の  之をきくと火の  中を火が  家が焼ける火を  板が火に  朝の火が  透明薔薇の火に  草いろの火を  星座に散る火の  燼の火を  無遠慮に火を  摺付木で取った火を  城中へ火を  残りの火に  江戸城へ火を  目的に供せられた火の  天に向って火を  胸に思い余る火が  炉へ火を  堅炭の火を  明りながら火を  衣服に火が  デウス様より火の  松明の火で  ようになった火という  飴色の火が  ルビーの火を  血紅の火が  奥には火が  さり火が  まっ白な火に  オレンヂいろの火は  まっ白な火  らのひわれも火を  わたくしが火を  ハックニーたてがみは火の  マチ擦れば火は  紙巻煙草に火を  裏にひそんで火を  そこは火の  所かまわず火を  カンテラの火で  発散しない火や  頭へ火を  こたつの火が  お雪ちゃんが火を  こたつの火を  下には消えずの火といった  小僧へ火を  油を背負って火に  漂木を集めて火を  意味する火  卒塔婆の火で  向きに火が  おばさんの焚き残した火  番所にかがやく火の  蘆管を火に  江戸中へ火を  金助は火の  行燈に火を  盲さがしに火を  それからは火を  絵馬の燃え上る火の  上に火を  砂を火で  煙管を取出して火の  尋常の火では  非常の火  火事の火の  心の火の  綺麗な火の  文庫倉へは火が  一番先に火が  わが家の火を  盛んな火の  わが家の火の  憤怒の火で  最初から火を  あくほどに火の  火という火の  三郎様も火の  広大なる火の  火焔何十里にひろがる火の  弁信の見た火の  口にもつていつて火を  伯父が火を  ブリッケの火を  蝋燭の火や  燈火に火を  筑波山で火を  夫婦は火の  五十錢銀貨位の火  目の玉まで火の  虫が火に  行灯の火に  何処かで火に  炉に火が  のを火に  柿の木にさえ火が  妻は生きながら火に  町中を焼きつくした火と  穴に火を  市を火に  九郎助が火の  氣にしながら火を  なかから火が  タケノコが生えて火を  蛍烏賊の火を  蝎の火  蝎の火の  蝎の火ってな  さそりの火は  豆いろの火は  風呂の火でも  台十能に火を  時節には火を  一本煙草を抜いて火を  一切れを火に  火箸でつまんだら火に  眼は火に  それには火が  夕暮になって火の  炬燵へ火を  部屋部屋の火の  炬燵の火が  久助が火を  炬燵に火の  螢烏賊の火を  まつ赤な火が  世界の火や  奥に火が  夜に燃える火の  蠍の火  蠍の火の  蠍の火ってな  眉に火の  萌黄色に見える火の  車は火の  車にも火が  乗客たちは火の  屋根に火が  後の火を  ドアを開けて火の  手で火を  目から火も  怪美な火の  狼の火と  あの世から洩れる火の  筒へ火を  紅蝋燭が火の  滅茶滅茶な火の  さしから火を  カンテラの火が  妃ただ一人と共に火に  自分も火に  きり枯草山に火を  里人は火に  御寺へ火を  館に火を  塵と火の  促る火の  形の火の  石油を打っ掛けて火を  紙巻烟草に火を  岩山は火には  急な火が  田中さんが火を  そばの燃やし火も  熾なる火の  正宗では火が  聖壇の火に  人生の火を  銀線が火に  頭に火を  母屋の火は  四辺は火の  物を焙って火の  手結山の火と  保子は火に  煖爐の火を  火燵の火を  念が火の  熱は火よりも  軒提灯に火の  提灯の火で  家が火の  行燈の火で  仏壇から火が  稲荷に火を  一面の火に  からだの火を  家中いっぱいの火に  幸いに火は  三方四方から火を  民家には火が  相手に火を  建物へ火を  倉庫にしまってある火を  油を流して火を  檣も火の  船体は火の  巨漢に火の  自分たちが火を  松明の火に  提灯の火は  町まで出なければ火を  堀端の火  大風に燃え出した火は  何分にも火の  紅な火の  風と火に  眉へも火が  風と火とが  命令とあれば火の  非常時の火の  袂に火を  そこに燃え熾っている火の  炉の火で  缶詰業に火が  かんは火の  ように火に  手を火  私たちの謂う火の  太古から火を  中央の火を  家の火の  人間の火  被覆せぬ火  ヘンナカは火からの  鑵子の火を  火種を添えて火を  竹無しには火を  浄い火は  普通の火の  燠の火に  豆ほどの埋火を  燧で火を  媒にして火を  容易には作れない火  煙草を貸すとか火を  屋形へ火を  眼から火の  燧石の火は  タバコをとりだして火を  もので火を  タバコをだして火を  存分に火を  昔から火に  自然に火の  部屋へ火を  部屋に火を  それだから火を  口から火を  二人は火が  無事に火を  蝋燭の火でも  私の火の  一円の火と  邸に火を  一角からも火が  松落葉の火を  紙巻タバコを出して火を  バーナーに火を  母は火をな  滿身に火の  絵を火に  城中三の丸辺から火が  鬨を挙げ火を  器具に火を  天主様より火の  伝へにある火の  静かな火が  砦に火を  煙草の火も  江戸じゅうは火の  帝国に火の  三本に火を  ビザンテン模様は火の  老婆は火を  灰にこすりつけて火を  老婆の火を  気を付けんと火の  幾度か火の  ものへ火が  篝火の火に  火箸を取って火を  厳島の消えずの火と  雪は火を  口許へ火を  これへ火を  消し炭の火を  新らしい火が  燭台に火の  ワザと火を  メラメラと火が  先に火が  衣服にまで火の  身に火が  物争いに火が  轟然と火を  裾から火を  瓦斯竈から火の  七輪の火へ  上に出た火の  手焙の火も  瓦斯暖炉には火が  置炬燵へ火を  恐怖に火が  竈の火の  岬の火とも  火鉢には火が  あれ以来冷めない火の  香炉に火を  割合にて混ぜ火に  一時間ほど火にて  所にて火より  バターを入れ火に  アスペラ二斤ほどを入れて火に  火へかけますが火が  蓋をして火に  下の火は  上の火が  四隅へ火を  中央へ火を  上の火を  のは火が  上は火を  中へ火が  上と下へ火の  醤油を付けながら火の  中にて火を  爐に火を  上下へ火を  方で火を  柔になって火に  時最初は火を  後ち火を  時に火から  適度の火で  それを火から  後から火を  水が出て火を  ドッドッと火の  火山の火にかけて  相州さまと火の  ところに火を  海草を積み重ねて火を  ふつと火を  李斯書を火に  四方の火が  燧石で火を  二人で火を  森へ火の  者がかけつけて来て火を  口に火の  心が火の  穴が詰っていて火が  得体の知れぬ火に  一時間ほど煮て火から  処で火から  お菓子と違って火は  一時間位では火が  アクが出なくなったら火を  それを採て火の  濡紙へ包んで火の  加減の火で  匙一杯入れて火にかけて  茶が火に  五寸ばかりさがりて火  片身を火に  煙草の火か  空の火に  三国ヶ岳は火の  葉卷に火を  天神山で火が  天神山の火を  さきほどの火は  右の火の  炉中の火も  藁人形に火を  火事の火とは  提灯の火から  咽喉が火の  代官邸以西まで火は  大蛇の火を  岩蔭に火を  旗男は火が  のか火の  焼夷弾の火の  タバコの火が  鍋を火にかけては  裏が火  燐寸箱に火が  野原に火の  眞赤な火を  圍爐裡には火が  水が火に  平清盛が火の  水に映って火に  毛が火の  一つずつ火に  ような火も  強力的権力の火が  名残りの火が  炎々と火の  夜となれば火  蝋の火と  紅の火ぞ  毒水の火の  蝋の火に  茴香酒の青み泡だつ火の  猩紅熱の火の  秘に火  調かなでて火の  戸外にぞ火は  壺にあふるる火の  明りて火は  閃めく火の  罌粟の火は  灯の火に  マッチを摺って火を  奥に火の  水か火か  地底の火を  中心の火が  中に閉込められた火は  地心の火を  空気とすれあって火を  男へ火を  後には焼け火ば  あちらこちらには火が  土を塗って火を  賀川豊彦は火と  蛍の火の  気球は火に  人たちにとっつかまって火の  行燈へ火を  一陽来復の火の  小僧が火と共に  爆発した火を  そこへ火が  からめ手へ火が  唇からは火の  山が火を  五十里四方は火の  ところには火が  世間の火で  昔は火を  今は火を  今こそ火を  誰も火を  口へ持って行けば火に  炭団では火が  煙草の火に  煩悩の火の  三十分ばかり火を  卵を火の  二人で火の  胸の火を  プロメシュースの火の  われから火に  夜は火の  腰を落して火の  性の火を  音と響いては火と  ところに火が  揺れと共に火を  赤絹に火の  周囲を駈け廻って火の  怒りは火と  木の葉に火が  焚火へくべて火を  下では火が  後は火の  一つ一つ行灯の火を  火器へ火を  試験管を火に  松明の火  塔へ火を  信者が火の  龕灯の火  血へ火の  歌反故いだき立てる火の  沖に火も  山伏は火を  燻ぶる火を  枕行燈の火が  容易に火の  炭火の火の  火箸に火の  盛んに火の  焜炉の火の  竈には火が  囲炉裏の火に  根粗朶の火に  たばこの火を  一体に火に  山番の火に  枯れ枝に火を  ベートーヴェンは火  故事から出たらしい火の  生命に火を  竈に火は  手応はあったが火は  まま煖炉の火を  夜になって火を  火鉢には火も  煖爐に火を  殘りの火を  チョウチンの火が  チョウチンの火の  カチカチと火を  方のいさり火を  蜂には火の  乱舞しつつ火の  試錬の火が  助け船引と火を  内に火が  不意に火が  蛍の火ばかりに  情の火が  胸の思は火と  お父さんは火を  橙いろの火やら  霊が火の  われにそしりの火は  窓に火が  ザビーネは火の  機械的に火を  時分に火で  面を火で  小田原提灯の火  煙草をとり出して火を  目だけは火の  炉ばたで火を  アルコールランプに火を  燈し火を  マツチの火は  一時は火が  方から火の  燈盞に火を  銃口からは火を  向うに火が  ろうそくの火で  目玉が火の  蝋燭らしい火を  カミンに火が  高張提燈の火が  サモワルに火が  屍に火を  入口で火を  くまは火を  むしろに火を  鼻さきでもえる火を  中でも火を  日の火  家の火が  庭に火を  黙然とかの火に  今宵は火は  折ふし来ては火にあたり  傍の火に  石を火に  山人には火を  イタヤ楓は火の  復讐心の火は  んろの火は  んろの火が  手で入れられた火がと  まことの火に  野なかに火  研究室は火を  類がはいりこんで火を  コタツの火を  ように火と  眞紅の火が  底の火の  下も火  雲に火の  出立いたせという火の  ヒックリ返ったり火を  炭焼きの火が  囲爐裡の火を  白樺の火と  明暗二種の火の  森にも火が  カンテラに火を  軒へ火が  胸をおどらしながら火ば  蚊やりに火を  木の火  木の火を  障子残らずに火を  色との火が  自分も火  顔が火と  足もとから火が  まなこより火を  いろりの火は  ふうっと火を  太郎は火が  愛欲を火の  児が火の  みずからそれを火に  寒空に火の  原稿を火の  今し方点ぜられた火の  豊富な火を  書記の火は  中で火の  一致して火を  栗が火の  男が火を  鉄棒で火を  赭顔を火の  炉中の火を  泡が火の  上の火の  全身に火を  盛んなる火には  人を傷つける火  軒が火を  町一杯の火の  神経の火が  風が吹くから火など  瓦斯煖炉の火に  宇宙を焼きつくす火が  ことばは火の  冬は火の  火ばちへ火を  とくに火が  端まで火  胸に火を  のが火に  盂蘭盆に火を  神さまは火の  花火から火が  私の火よりも  宛で火の  傷口は火の  底は火と  煖炉の火も  前にかえり燃える火を  手燭を取って火を  軒に火が  土炉に火を  いつか離反の火を  ランタンの火が  絵の具に火を  腕に火が  SOSが火の  始めは火を  蝋燭を出して火を  カーテンに火が  火鉢に火も  待合所へ火でも  一本取出して火を  線香の火の  城下に火が  真の火  火鉢に火は  燈籠の火を  石燈籠の火のみが  灰から火が  消費の火に  船頭小屋には火も  盛んに燃えてゐる火  癖にかう火を  台所から火が  四軒目に火が  つて盛んに火の  此の火を  瓦焼き場の火を  仕事は火を  呪ひの火を  火縄の火が  風上から火を  方で焚いた火が  ランランと火を  身内が火に  城は火を  秋さんは火を  三角的天辺が火で  皮をむいて火を  わたしのともしてやった火は  うしかいの火を  ちょうちんの火を  旅人から火を  脚燈の火に  仲間が火で  パイプを出して火を  臺所で火が  室町が火に  中にえがいた火の  あたりは火には  乱妨人が火を  物取りどもが火を  刻の火  そこが火の  南禅寺に火を  三宝院に火を  次の火に  軒先をめぐって火の  敵に語らわれて懸けた火  一思いに火の  嵯峨にも火の  あたりから火が  経蔵にも火は  大入道に火を  彼女に火を  らの火も  刻の火で  敵に語らはれて懸けた火  一思ひに火の  経蔵にも火はか  日も暮れて火  安心して火の  軒燈の火も  私たちは火を  これを火に  柴の火が  ポッポッと火が  やうな火の  愕然として火を  壁には火の  ワンワンワンワンと火の  エンチャントレスに火を  番町の火は  横町一円が火に  彼に向って火の  瓦斯の火も  パイプへ火を  鮫膚とは火の  男が火と  踵まで火が  踵に火の  飢餓の火は  顔や火の  花火の火の  傍へ火を  上つてランプに火を  おしりに火が  しっぽに火が  冗談が火の  だれか火の  天部の火を  腐れ木の根もとなどに火を  ごみをかき集めて火を  ごみをかき集めては火に  たいまつの火が  暑中や火の  火を焚け火を  片端から火を  鍋いっぱいにして火に  煙草盆に火を  如何に火の  烟や火の  方が火  其内に燃え移った火や  線香花火に火を  葱に火を  誤謬も火の  鼻から火の  ストーブの火が  湯沸しに火を  華嚴行願には火の  興は火と  煩悩の火と  一方の火に  寒気を防ぐべく火を  一点の火という  生活には火が  弁信によって火の  両方に火を  五つの火が  頭上の火が  自己頭上の火が  上で消して来なければならない火  ここで火の  火桶の火も  香が火を  一くべ火を  薪を取って火を  一点の火を  家には火が  セント・エルモの火に  引寄せて火を  身にふりかかる火の  ストーブに火が  ストーブに火は  間から火を  水を吹いて火を  洋寸を出して火を  体中が火の  尻尾に火の  世界じゅうに火を  僕は火が  そこに火の  つみの火に  流星に火を  流星に火が  花火に火の  外に火と  最後の火の  ABCに火を  胸に燃え立つ火の  一面の火で  卷煙草の火も  三年續けて火の  結びめが解けて火に  綿を火に  金口を取って火を  焔ほどの火  豆洋燈に火を  舷燈に火を  炉の火  赤あかと火の  眼が火の  大文字の火が  愛の火の  神代卷に火之  古事記神代卷にある火之  銀白色の火を  結論は火を  風入口が火を  城下が火に  風入口から火を  っきりで火を  硫黄の火よりも  水の火よりも  白刃が火の  いつか火縄に火を  上を火の  馬と火との  木の間に火の  向こうの火に  顏が火の  古来信仰の火に  機関の火を  プロメテウスの火を  中にも火が  間には火が  うちに燃える火  生に火を  創造の火は  彼は火が  同一の火  七分粥を火でも  外へは火も  背に火が  こ玉から火が  暖炉の火は  変な火が  物に火を  火燵で火を  自らマツチを出して火を  父性愛の火に  煙草盆の火だけで  #煙につつまれた火  人を殺したり火を  抑制のできない火に  うちに火を  火口の火の  眼ばかりは火が  焼尽す火の  蝋の火は  風に煽られた火は  うちに火は  顏を火の  石油を注いで火を  樣な火の  森に火を  魂の火を  様な火の  過去に火が  ラランを火の  目先で火を  長火鉢から火を  燃えさしが火に  卵を焼いた火の  煙草の火ぐらい  ストーヴの火は  ストーヴに火を  邸は火の  涙に似ざる火の  闘争意識が火の  跣足で火を  下で燃え上がる火の  女房たちは埋んでおいた火を  何につけても火が  鍋墨に火  ころ香の火の  木より火を  水は火を  木は火の  ときは火と  破裂して火  金を火にて  枯茨へ火を  紛々と火の  西風に煽られる火よりも  ここで火  ばら色の火が  鍋墨に火が  まつたので火の  小坊主が火の  地炉の火が  地炉の火に  以前は火の  手器用に火が  ぼんぼりに火を  ひとつ提灯に火を  自然提灯に火を  手燭の火が  天主へ火を  天主に火の  天主に火を  身が詰って来るは火を  口を火にて  蓋を火に  厠に火が  家より火が  焚付の火の  茅葺屋根に火が  裸蝋燭の火が  恋の火では  ホントに火の  ローソクに火を  ダンリ中尉は火の  タールを焼きつける火に  販売市場に火を  杉が火を  誰もいない火の  此の火に  マツチの火が  あたりに火を  跡は火の  娘は火の  現在は火の  炬火に火を  せりは火から  五分もしたら火から  紫の火を  吩附けて火を  すつかり火に  燻つて居た火は  火花を散した火の  材料に火が  半分目的で火を  貴様が火を  炎々たる火が  火鉢に凭れて火を  ブンゼン灯に火を  三次元世界に火を  ブンゼン灯に火が  ブンゼン灯にも火を  一つの火を  木や火  それこそ火を  棟を火が  外へ火を  水をかけて火を  庭一面を火の  一つ火入に火を  地獄の火でも  先で火の  灸穴へ火を  人間は火を  松を火に  平泉館に火を  山焼けの火が  山やけの火が  山やけの火は  山焼けの火は  いま燐の火の  脚を火  是に火を  今度は火の  庖厨に火を  目の火の  憎しみの火が  土フマズに火を  柴をつませて火を  一隅に火を  地獄の火も  前に立てて火を  ただ目から火を  男は火の  目から火を  時に火を  ガスの火でに  ガスの火で  足を火に  背中を火で  風呂の火が  髯に火が  疳癪の火  提灯の火だけで  夫は火の  戸棚にあるから火を  行つて附木で火を  足許に火の  炉辺の火を  薪を折りくべて火を  釜前に火を  六郎は火の  一番に火を  拝借して火を  偉大崇嚴な火の  出には火を  佛の火  燈明に火を  行つた十一番目の火を  森林に火を  愛の火から  九月山上の火よ  祭の火  翁はから火を  福慈岳は火を  巌を火の  そうに思える火の  此時は火を  瞋恚の火を  動揺が火の  希望の火が  壁は火で  軸木に火が  料理場の火の  いつまでも黙って火に  地底の火の  二人は火の  僅かな埋め火の  方から火が  人を殺し火を  上から火を  口を開き火を  天に昇りて火と  角があったり火を  弓弦括って火  朗らかな火  消炭の火の  七輪からこぼれた火の  一比丘浴室の火を  エブリスわれは火より  蛇を火に  蚯蚓一疋現われしを火に  幾つもの火の  炉端の火の  炉の火だけ  戒壇院に火の  炉の火ばかり  薪の火の  皮に塗って火で  ヨーロッパを火と  さきを切って火を  あなたが火を  火葬人夫が点じた火から  一の火は  指を火を  向いの火は  火を放って火を  光と火を  初めは火を  猴が火を  通常星学家が説くごとき火の  水と火  生命の火を  下町は火の  村の火は  ランプの火は  中にある火を  パイプから火を  適当なくらいの火を  後京都に火を  郡山に火を  竜田村に火を  内通者本丸に火を  人が火で  力と火とを  京都で火の  鴾の火  底で火でも  ももいろの火が  鴾の火の  鴾の火に  ほんとうの火が  鴾の火という  どこに火が  燈火の火が  これらに火を  竹にも火は  伊豆の山の火はや  われらが火は  伊豆の火の  眼を射たるは火  われらの火  風に誘われて火を  音聞こえ火の  片足を揚げ火の  昔の火は  今の火は  あたりまで火の  掻集めて火に  焼し火も  火のしの火が  俄に火の  明日も火  髭三本を火に  予一人二階の火も  豊年糖売りがぶらさげた火の  家には火を  家財に火を  屋敷に火を  米店数軒に火を  隣まで火の  谷町で火を  谷町代官所に火の  瀬田は火の  併し火が  跡は火を  朝五つ過に火を  炬に火を  山を撃たば火が  王惧れて火で  所を知らず火に  その間に火は  大島の火の  瞼ひらけば火と  榧の火が  前に火  石油藏へ火を  身体から火の  煙草が火を  観世縒に火を  これを火で  肩で火に  頭に噴きこむ火と  トロケ赤イ一ツノ蕊ノヤウニムカフ岸ノ火ノ  燐の火  燐の火を  故意と火を  暢気そうに火に  小屋に火の  あんたは火ば  スリッパが火に  ハンナは火を  家にいて火に  ストーヴは火が  ジョウは火を  きみは火を  少年たちは火を  手紙を火に  紙片を火に  土鍋を火から  障子へ火の  尻尾へ火を  附随して居る火の  其方は火を  初から火を  自分のつけた火が  殿の火を  天の火が  彼が火を  ものが火に  仙太郎は火の  恨みの火  差し當り火の  かんてきの火の  ラムプの火に  穴を掘って火を  小屋へ火を  茶釜が火に  延太夫は火を  そこで急いで火を  体力の火を  別に火や  屍体七ツつみ重ねて火を  二つ三つ煙草の火が  農夫室の火を  マキゼンシヤも火に  城内所々に火を  カンテラの火に  みんな火という火を  体が火に  街の火でも  蛾が火を  都会の火を  手は火に  むよしもなき胸の火や  枝とにもゆる火の  隣家から火が  懐炉灰の火の  中を火の  ほかに火の  瞳に火の  採炭場へ火を  採炭場に火を  採炭場に火が  考えがめぐってめぐって火の  これに投げ入るれば火とぞ  局部的な火は  人類に火を  燃ゆる火ばかり  此に火を  時こそは火にな  宇宙は火  乳呑子のともし火を  焼夷弾の火を  家まで火が  隣家まで火が  もみを火  灸點師は火を  ぢかに火を  三十過ぎての火の  松葉に火を  斯うなれば火が  小屋に留って消えかかった火を  半身を火に  立ち消えになった火の  柴にでも火を  燒くには火が  丸火鉢に火を  猟師です火を  火繩の火が  谷間に火の  激情に燃える火の  貴女は火を  石が火の  苔土帯湿潤の火は  肉体的な火を  中炉に火を  立ち初めたか火の  神棚の火の  青紫の火を  ぐるりに迫る火の  それは火が  真紅な火が  酒で火を  心の火を  天上から火を  枯葉に火を  軍曹に命じて火を  敵塁に火を  十能と火ば  火花が火の  石をこすっても火が  ついでに火を  マニラに火を  日本の火には  天空に火の  ・山は火を  内心の火を  四十八箇所から火を  全市を火の  試験管を挾んで火に  炭の火が  豚吉を挟んで火の  向うには火が  人間を火に  大勢がかりで火を  なかへ入れて火を  豆洋燈の火は  台ランプに火を  巻煙草をだして火を  今日は火が  読本が火の  中から火の  肉體は火の  つて街に火が  ピースに火を  役人たちが火の  雨音をききながら火を  僕は火を  眼を火の  内側に火の  棺へ火を  学校へ火を  目から火の  燈臺の火を  顏から火が  夏も火を  竈の火が  小田原ちょうちんに火を  草焼きの火が  瞋恚の火に  禁裏に火の  底で火を  色は火の  坑の火は  柴の火に  総身は火に  紙燭の火は  さか吊って火の  思いの火が  黒髪を火に  熔鉱炉の火に  蚊遣りに火を  手紙に火を  紙燭に火を  卷に火之  感激の火は  さかんに火を  音をさせて火を  家竝のうへにかの火  籠洋燈の火を  巳は火の  伊沢は火を  こいつに火を  此れも火の  卷煙草へ火を  虫が火を  石を打合わせて火を  焜炉の火を  炬燵に火が  巻たばこに火を  それに火は  タバコへ火を  煙草の火と  儘敷島に火を  眉毛に火が  まゆ毛に火の  音もなく燃えさかる火の  何か火が  口に火が  失火とは火を  何人か火を  ような火と  舞台を駈けまわって火と  火事は放け火  人が火を  坎の火  さまに火を  河村は火を  となりから火が  それこそ火の  先づ蝋燭の火を  片手の火を  ハートメンに火を  二カ月間の火の  彼を招いて火に  いろりの火の  森林を火の  らんらんと火を  乗り手とにむかって火を  中の火も  さに火が  しめ火鉢に火を  穏やかに火が  お菓子や火ばかり  お菓子でも火でも  誰かが火を  燭台の火に  セエラは火を  夢で見ただけの火  こと炉の火を  猿は火に  油紙に火を  顔に火の  下に燃える火の  舌端には火が  自ら暖爐の火を  本人が倒れると火も  ら中が火の  身体を火で  護摩の火に  鬼灯提燈の火を  俺も火の  何処か火の  体から火の  一抱位ある火の  山林が火を  真紅な火は  山林の火は  先端に火を  鳥と火とは  血と火の  自分は火の  生活に火が  神様の火を  プロメシュースが火を  窓ガラスに火で  みどり色した火の  明晩城に火を  ストーブの火と  バットの火を  完全に火を  烈火と云うて火と  庭先に火を  横蔵の火の  油に火を  釣の火が  空から火が  観測所小屋に入り火を  ものありて火が  夜中に起きて火を  堤燈の火で  たくさんあるので火は  夜中には火の  山では火の  甘納豆をほうり込み火を  ランタンに火を  ためマッチの火では  千世子は火の  十能に火を  際の火の  台所に火は  溜池の火の  路地からも火が  日覆いに火が  向こうから火が  てっぺんから火を  夜三越に火が  そこを火が  割を越えて来た火に  水交社までは火が  自分が火の  麹町の火が  もとより火を  らの火より  一角で火が  刻みタバコに火を  ゲヘナの火  ホープに火を  粉薬を載せて火を  カカカカーッと火の  煙草盆の火で  それを火で  お供えからは火が  江戸中が火の  煙草を取出して火を  内裏へも火を  石油の火の  あなたは火  なほも燃え立つ汗ばんだ火に  ガスの火が  これは火とか  #竃の火を  火鉢にも火が  竃の火が  真青な火が  真青な火は  口からは火の  事実は怒火に  前部は火  疑惑に火が  博士は火の  水戸で火の  閃光と共に火の  発砲の火を  窓外に火を  家庭に火を  国では火という  真空管に火を  真空管に火が  むき出しの火を  眼も火の  今まで火の  眇目と火の  ようにゆらめく火の  燈台の火に  枯枝の火は  枯枝の火を  人を焼いた火の  小坂部は燃える火を  新九郎を火の  何か火を  剣と火との  微かな火は  天主閣に火を  土は焼けて火の  ように火が  秘密箱を火の  ふしぎそうに火に  焚火の火の  春木君が火の  絹ハンカチは火に  爆弾に火を  幸いにして火にも  主人は火を  六畳へ火の  ことに火の  新にともし火を  黄蝋の火は  荒木夫人は火の  新たにともし火を  心頭に発した怒火を  火打で火を  人を怨んで火を  煙草を掴みだして火を  瓦斯暖炉に火を  貧弱な火を  人々は火を  廻転燈台の火を  日を入れず火を  火箸で埋火を  間に火の  何か火の  ラムプに火を  せいで火の  漁船の火  フェニックスが火に  時の火の  耳に火の  唇は火の  母は火の  母一人が火の  煖炉に消えのこる火が  蝋マッチをすって火を  ふちを火に  近くで火を  一部をむしりとって火を  ゥと火の  キャッスルに火を  兄弟に火を  夜討ちをかけて火を  未亡人が火を  自ら火薬庫に火を  人外境に火の  いまにも火を  幽霊の火の  片桐少佐が火の  裏の火の  近くは火の  金剛石砲台に火が  爆発の火の  血が火の  一しょに火を  弾薬庫に火が  三隻も火に  信号の火が  青木光線の火が  見張りの火  ささやかな火は  横手で火の  莨の火が  手足が火の  篝火の火は  憤怒の火は  自分を火の  最後には火の  瓦斯ランプに火を  つては火を  一本に火を  此度は火を  石油をかけて火を  細巻をとりだして火を  手に火と  心を焼きつくす火の  いちめんの火の  自分の起した火の  乞食たちが残していった火を  手に入れた火を  老人が火の  枝に火を  灌木に火を  風が火を  愛の火にかけて  雪洞の火  急に火  敷島を出して火を  盆燈籠の火が  父は火の  掌を載せて火に  私には火の  間に火が  憾みを火の  そを火の  三番機は火に  斜に挙げて灯し火の  つて煙草の火を  マツチの火を  猪が火を  竈に火が  油を注ぎ火を  静かにながめてありしが火  煙草には火  #火鉢の火も  煉炭風呂に火を  只今茶の間に火を  ひとがまぜて火を  炭がおこって火に  あとにして火の  中に火に  信仰の火で  前には火が  屋しきに火を  シガレットの火が  相手は火の  丈で火を  新聞に火を  新聞も火を  自動車用点火器で火を  戦の火など  天も火を  波から火を  城は火と  神秘の火は  篝り火を  頂辺から火の  燐の火でも  山の上に火が  どこにも火を  ガスの火は  フライパンを火から  無言で火に  怪物は火に  炉の火と  灰と火が  敬業は火に  昼も火を  土竈の火も  土竈に火を  囲炉裏には火が  今まで黙って火を  石橋が火を  ゅうして震災の火に  夢に火を  夜の明けるまで火を  ライタアの火を  亭に火の  枯枝に火を  符を取り出して火に  丹袴を火に  翼には火の  炭櫃に火など  柴の火へ  床下に火を  灰となった火の  粗朶を持って来て火を  土瓶へあけて火の  紙にまいて火を  不滅の火  情熱の火に  インテリ層が火を  機会に火を  一度に燃え立つ火の  向うに火に  これを見ると火の  あとは火を  峰へと火が  春に火を  囲炉裡の火は  それを火ば  ランプから火を  コンロから火を  容子は火の  火花だけを火と  結び燈台へ火を  片目を火の  校内は火の  チュウリップ酒に火が  野は火の  瓦斯の火の  三十八瓦斯の火の  内羽目板から火を  二つ星榾の火や  あなたランプに火が  杉は火に  怒りは火の  執務室に火を  囲炉裡の火に  僧が火に  ぼうと火が  たき火の火が  僕達が火を  技師ら亜炭の火に  遷ろふ火の  窒素工場の火の  鎖の火の  器用に火を  こっちへ這入って火に  瓦斯焜炉へ火の  まま安楽椅子に坐って火を  線香に火が  火焔放射器で火の  号は火の  電臓は火にも  つて火鉢の火から  足は火の  部分から火や  ものは火に  何かで火が  空に火が  自然主義退治の火が  授業時間に火を  薪をもってきて火を  教室に火を  自身がやってくるまでは火を  全体に火を  窯に火を  迎へ火など  らで火  足元から火が  女は火を  火じろで火が  亭主が火を  そで無きゃ火の  南部の火  戸ざし埋火  霊魂が火から  あはれ雲焚く火も  ひささんが火を  川端の火の  風呂の火をも  どころにも火が  燭の火で  二つの火が  鶴は火が  竹筒が火を  燐寸の火が  なかは火の  支那では火と  桃いろの火でから  地獄へ落ちて火に  そこから火が  懺悔の火に  枯葉を焼く火の  一本取らせて火を  下へ火の  鉄の火の  下の火の  モンドリ打って火の  中野学士を火の  手足を振り動かして火の  処まで火の  庇さまで火も  あるじも火に  茶室へ火を  炬燵にも火を  蒸炉にもえさかっている火の  ここには火も  校舎に火を  瓦は火を  拳銃は火を  室内には火が  村に火でも  帳場で笑いつけて火を  下で火の  んと火を  日ながめてつひに飽かざり火て  亡念の火が  内ぼやぼやと火が  憑いて火を  刻限には火を  火縄へ火を  爪を火に  それをつまんで火の  猛烈に火を  火鉢に火でも  つて風呂の火を  パイレートに火を  大砲の火で  格納庫に火を  上衣に火を  格納庫が火を  十分に火が  炬燵の火へ  家々の火は  山々が火を  彼方此方に火が  冷い火では  全部に火が  心全霊は火の  それが火を  酒罎やさかづきは火の  焚火の火が  即座に火を  切れはしに火を  毛は火の  普通の火では  啣へて火を  救援隊ロケット九台を火の  表面が火の  キャメルに火を  手付で火を  剣をこしらえ直した火を  命の火  火の粉が火に  屋根の火は  運動場の火は  屋根裏の火も  会社の火も  屋根の火を  花は火の  者共は火を  煉瓦塀が火の  炭俵を詰めて火を  夜になると火の  今度は火を  勝子は火の  宙に火が  雪国は火に  善の火の  森や火の  次には火の  祭壇に燃える火を  煙にするという火の  これは火の  酔眼に火の  オレンジ色の火を  葉が火の  震災の火に  ところで火が  酸素とを混ぜて火を  途中で火が  最初の火に  暖い火の  感情の火の  傘十本ばかりとり寄せ火を  油樽を割りて火を  龕灯の火で  爆彈の火を  それには火は  目を火の  そいつへ火を  胸の火や  ところ天上の火を  熔くる火のみ  聳ゆる火の  榮は火の  今日は火  ところまで火が  摩擦は火を  てんぷらを火に  焦げができるくらいに火を  目からは火が  玄竜は火の  焚口に火を  頭の火の  二服目の火を  今では火の  花が火を  マツチへ火を  胸中に燃えている火の  竈の火で  すべての火を  信仰されてゐた火と  片手には火の  濠端の火の  石燈籠に火を  一一七その後汝は火の  一の火を  溪間に火の  永久の火は  堤とを火より  ぎて苦患の火を  上方わかれたる火に  一の火の  一二はじめは火に  言かはりて火の  宮殿に火を  子にして火の  習として火の  あしうら火に  自ら口より火と  舌は火なりと  ちやうちんの火を  三角形の火を  ガスコンロの火を  焼山から火を  ストオブの火を  小菅は火の  藁に火を  鐵丸に火を  直にも火が  中に火という  カマドで火を  瞳は火の  手に火を  邪婬の火に  恋だって火の  五体には火の  国中を火に  全土を火の  うして火の  皇后を焼かうとした火は  手がふるえて火が  着物を乾かす火も  一ぱいの火の  ことをすると火が  愛の火  怒りの火に  我はこなたに火を  渇と火に  前に伸べて火を  さきに火の  一時の火と  空氣燃ゆる火の  中より火の  九六それ烟をみて火  三神一木片を火に  ものといふともかの火に  一時の火は  濫に火  先まで火の  藤堂子爵の火の  昨日は火の  人は火が  七輪に火を  宅へ火が  うちの火でさえ  手をつないで火でも  烈風が起って来て火は  暖炉の火が  石炭を投げ込んで火を  中に入れてある火を  紙筒に火を  臭いから火を  遊楽地は火の  火へ火を  入り口に火が  ところどころから火が  引金を引きたれども火  音をたてて火が  山一面に火の  煙草に火でも  精霊なる火の  胸の火で  怒りが火の  護摩の火の  莨の火と  蝋燭の火だけを  経文には火に関する  妄執の火が  水を入れて火を  やうな火が  人たちが火を  口腔から火の  家族と火を  継ぎたての火が  二次大戦が火を  角燈の火を  中邸一面が火に  豊島町は火に  上へは火の  強烈な火を  命は火の  胸には火の  石を火で  今わたくしの作る火は  雲より火の  燃ゆる火における  戀の火に  供物の火  疾き火の  我はかの飾れる火が  聖靈の光る火  處なる火の  五の火の  これらの火は  二の火より  最後の火におけるも  我を燃す火を  九三花も火も  本能あるによりて火は  火焔界以外にありては火の  指を引きて火に  末ローマに押寄せ火を  戀の火を  愛の火と  #雲の火  河や火は  室ほ火  マッチへ火を  巻煙草の火  番頭さんが火を  二つの火の  全身全霊を挙げての火の  生命が火と  手を触れて見ると火の  矢張りそりかえって火が  灯籠の火が  伝説は火の  東京中が火に  ように火  橋に火が  硫黄のかたまりに火を  受刑者が火を  点々として燃えひろがる火  石から飛んで火の  噂に火が  あいつは火の  鼬花火載せて火を  木片の火の  進て火にでも  言葉から火の  頬が熱るまでに火を  囲炉裡に火を  燃ゆる火が  屹度来ますから火を  舟に運ぶ火を  行燈小行燈に火を  幾十の火を  仆して火を  眼玉は火の  話は火の  釜の火が  前へしゃがんで火を  三本釜に入れて火を  沖にいさり火の  辺ではいさり火を  頭髪を切って火に  河原に火を  野山に火が  野焼きの火に  炉口の火を  ぢか火で  時用いたる火を  足も火の  胸の埋火を  手に火の  二点の火の  諸所に火の  一瞬間水が火と  緑の火の  心持洋燈の火を  其列んだ火の  ほうにも火が  木杭に火が  祭典の火  自然と火が  さかんに火が  頬赤を発し火の  新型戦車が火を  空が火の  意識の火を  炬火をもって火  彼が火の  眼だけが火の  憎悪の火を  ユダが火を  あらわに見えている火の  林を透いて火の  命の火を  外で火が  一面に火を  近くで火の  一塊の火と  木と火と  一面の火  一角にも火は  浦上一帯は火の  魔雲も火の  私に抱かれて火の  病棟に火の  標本室が火を  南瓜の煮える火を  塁の焼ける火の  塁の焼ける火が  天遙に火  藁の火に  真っ赤な火ば  あいだを火の  東京行きに火が  んな火  火さげを持って火を  三枚ばかり持ち出して火の  灰を入れて火を  燈がいさり火の  鍛冶屋が火を  かっかっと熾った火に  暖炉で燃えている火の  一匹の火  松火へ火を  ッと火が  松火の火に  瓦斯ストーヴの火が  一本口に銜えて火を  余燼の火を  手首は火の  カチカチとやりさえすれば火が  箱で火を  行燈の火  狼は火を  正吉は火を  陰々と火がと  拍子に火は  ひとつの火が  眼光が火の  文芸の火を  煙草の火で  娘フレイヤは火の  屋根を燃え抜いた火の  鮮に火の  榾の火だけが  かすかな火の  金テコで火の  半分に火を  バットの火が  中味をあおつた火の  木も火にも  蒼求の火を  蒼求の火は  蒼求の火といふ  掛の火を  釣ランプの火を  釣ランプの火は  藻汐焼く火とともに  祭提灯に火が  男に火を  一閃の火と  髪を火で  青金の火の  げな火が  月の火に  血管に流るる火と  息はほろぼしつくす火  月の火の  骨を火に  肉に火を  崑は火の  母屋から火が  崑は火を  母さんは火を  炉の火にも  社に火を  炉の火にあたり  手探りで火を  高粱の火の  瓦竈に火を  竈へ火を  蚊やり火を  家へ火でも  わたしも手伝って火を  一時に火を  

~ 火[名詞]2
いまにも火  その火  この火  いつも火  あたたかし火  よく火  仮令火  旨く火  何はなくとも火  どうやら火  赤い火  ともに火  なおも火  すぐ火  何しろ火  あやしい火  しろい火  大きな火  同時に火  あの火  暗に火  もし火  濃い火  気味悪い火  一々火  もう火  青き火  青い火  かっと火  紅い火  いろんな火  たとい火  なく火  烈しい火  ぶらり火  全然火  漸く火  とうとう火  いきなり火  まるで火  小さな火  ずいぶん火  もとより火  単に火  終に火  等しく火  美しい火  やはり火  小さい火  白い火  怪し火  ところどころ火  弱い火  ゆうに火  く火  さびしい火  ちびりちびり火  まぶしい火  単なる火  悲しい火  のろい火  強い火  其の火  眩しい火  しばらく火  あたかも火  怪しい火  どうも火  大いに火  温かい火  ぱっと火  蒼い火  すっと火  ちょっと火  やっぱり火  辛くも火  すさまじい火  凄まじい火  真に火  たとえ火  次第に火  円く火  ふたたび火  はや火  太い火  ことごとく火  まだ火  うまく火  そんなに火  かならず火  前もって火  蒼白い火  重い火  あんな火  いぶかしい火  再び火  すっかり火  ものすごく火  ちらりと火  暗い火  かんかん火  いかにも火  同じ火  やっと火  にわかに火  どんな火  よい火  あらゆる火  すさまじく火  どんどん火  はげしい火  如何にも火  早速火  えて火  つと火  さしあたり火  辛うじて火  ふうふう火  ゆるい火  長い火  ぱったり火  すごい火  どの火  忽ち火  赤く火  ときどき火  じっと火  好い火  明るく火  少し火  早く火  遂に火  もっとも火  ほんとに火  青白い火  チョット火  どうか火  いつのまにか火  たちまち火  さながら火  あかい火  全く火  併し乍ら火  間もなく火  やがて火  わざと火  ちゃんと火  これから火  カンカン火  こんな火  たしかに火  常に火  古い火  手早く火  絶えず火  仮に火  悉く火  ようやく火  寂しい火  猶火  新しく火  赤き火  平然と火  又もや火  ちょうど火  あまり火  いい火  明るい火  まず火  いちがいに火  暖かい火  よほど火  なかなか火  まして火  いちどきに火  さらに火  ちらちら火  そのまま火  今にも火  ことに火  必ず火  きっと火  みるみる火  よく火  広い火  よしんば火  まもなく火  先ず火  本当に火  とっくに火  そんな火  別に火  直に火  いちどに火  すこし火  程よく火  必ずしも火  怪しき火  どういう火  烈しき火  スパスパ火  もっと火  淡い火  亦火  そのうち火  ぽっと火  なぜ火  すでに火  うつくしい火  さして火  もう少し火  新しい火  すばらしい火  細い火  たやすく火  少なくとも火  清い火  そっと火  とつぜん火  大きい火  こんなに火  殊に火  ちょろちょろ火  はっと火  段々火  ゆっくり火  しょっちゅう火  颯と火  あんなに火  思いがけなく火  とんと火  黒き火  なき火  何らかの火  夜もすがら火  突然火  直ちに火  今や火  つつましく火  遠慮なく火  あつけりゃ火  短い火  青じろい火  久しく火  主として火  却って火  とろい火  温い火  夥しい火  ない火  だいたい火  まさか火  たいてい火  一心に火  かえって火  高い火  深い火  荒い火  ぱちぱち火  せっかく火  暗き火  チラチラ火  如何なる火  めらめら火  まんまと火  ひょいと火  時々火  同じく火  激しい火  逞しい火  ますます火  いくらか火  まったく火  なんにも火  丸く火  よき火  心地よき火  うれしき火  実に火  あたたかい火  つねに火  黄色い火  うっすら火  始終火  寒い火  又火  恐ろしい火  さては火  ぽかぽか火  どうして火  まさに火  熱い火  休み休み火  何だか火  既に火  かの火  互いに火  物凄い火  暫く火  一度火  どうせ火  悪い火  初めて火  まっ先に火  ついに火  立ちどころに火  ある火  こう火  薄い火  いたいたしく火  ちょっぴり火  かるい火  サッと火  いつしか火  直ぐ火  わるい火  とろとろ火  人なつかしい火  生じろい火  蒼き火  ぐるぐる火  もちろん火  たっぷり火  けっして火  細長く火  美しく火  遠い火  あやし火  黒い火  若し火  かく火  パタパタ火  恰も火  まさしく火  いよいよ火  残り少ない火  強いて火  深き火  大いなる火  特に火  正に火  うと火  いぶせし火  しめて火  

複合名詞
火風  草火  火吹竹  紅火  火端  火床  火さん  火君  火居  火一つ  燧火  火照り  火君来訪  電火  紅火飄  鐵火  火吹達磨  火先  火光  火竜  直情径行火  身体じゅう火  戦争火つけ人  ぐる火輪  火粉  火つけ人  火教徒  かな火  火繩  14火  孫火庭  孫火庭自身  文火  火斉珠  火艇  火上  それ火  火焚棒  ころ火ころ火  火輪  火ノツイタヨウニナキワメク真紅  火具合  一人きり安火  火つき  末輩火  火ト水イロガ混ザルトイフソノコトダケデ  イチメン火  メルノダ火  火襤褸  まま火  乍ら火  火踊  唯火  ちん火  火出  火本  紅葉火  火だるま  一面火  松火  火の  一番火  火足  火かげ  畝火  火焼  火焼き  火焼き神事  震火  火兄弟商会  從つて火  火長代  火長  火葢  熱火  地火  敵火  地雷火  ぱつぱつと火華  トロ火  焼酎火  火浣布  裸火  口舌火  囲炉裡火  皆火  みんな火  燭火  火石  火沙汰  火入り  火喰鳥  火かすか  剣火  火ッ気  火騒ぎ  火唸り  火龍  狂い火  火塵  魔火  駿河台大火  沢山火  火尻座  一寸火  火さし物  火焚  何もかも火  火煙  火爐  火氣  火蛇  火燧石  丁度火  火ぢ  揮つて火  火熱  火循  開拓当時火防  火負  うに火  先づ五火  モー一つ火  五火  木火土金水  不動火界呪  なり火  火入  火いじり  所謂火  螢火  舌端火  幽霊火  徳川慶喜公火船  火むら  火藥  火神  火天  時松火  あたり一面火  火附  こと火  鳥居火  火車  鐵火肌  一つ火  火牛  火がかり  自ら火  火焼島  火孔  一本火  ゅうきゃんきゃんいって火  つて火  すべて火  時火  火さ  火華  蚊遣火  火性  天津彦根火瓊  火瓊  国光火瓊  火徳  火串  火馬  酒ニミダレ火  兄弟火華  牡丹火  火無し  火つけ  火把  炉火  火把持  火熔石  火計  烟火連  火棒  火のし  一生懸命火のし  熱烈火  火術  火船  水神火神  たる火  天井一杯火  迎火たく子等の  火よう  凶火  火ゆゑ友  一あたり火  火イ  六十合火  パシパシ火  一遍火  沈灯火  すすめめぐりてとぼしたる火  瓦斯火  つた火  火頭  火避地  烈々火華  火炎天  火光天  火辺  火室  火格子  メラメラ火  田火有レ時拾二  火ニ燒カルト信仰ストモ  水成火成  火炉  地雷火ツ  安火  榾火  このごろ榾火  火道具  火惡戯  火輪船  火蔵  桜島火  火石熱土  火起り熾  火アブリ  俵づめのようにして火  火球  藻火粉米黼黻  火吹達磨みたい  よけい火  一つ一つ火  ッぴつにつがれた火  火産霊神  火燧  拝火教  拝火教等  皇祖彦火火出  火車一類  蚊遣火なほ  板橋火藥庫  合火  火尾  火論家水論家  挙ぐる火  火ダルマ  火喰鳥火  鳥火  戦争火つけ  油火  火烟  火魚  おの火  火掻棒よう  火法  両国一面火  精進火  一本一本火  ア地雷火  火木土  火吹竹ふくお正月  ぱつと火  火明命  眞火  是火裏  煙草火  火ヤク船ダ  とつぷりつゝんだ火  つけ火  活火  だに火  千代火  くに火  ハタリ火  煉炭火  一火  奴裸火  半分がた火  麁匆火  火掛  ガス火起し  焼火  はじめ火  祝い火  火防  流火焼諸人見物  流火行事  遠く火  火揚げ  念火  蘆火  木鳩火裡ニ啼ク  火裡ニ啼ク  火つけ役  烟火藥  我等火  疾如レ風徐如レ林侵略如レ火  迎火  火燗  湯殿火焼き屋  野燒きの火  蹲つて火  電火飛箭  火土焼き  火焼き屋  鐘夜火寒山寺  木火金水  嬌嫉火  程火  つくり返し火  ひつそり火  火燈型  抵震火  昔拝火教徒  火産  嬌瞋火  火団  火つけ人種  八百長レース火つけ人種  炎火  月火木金  いま火  迎い火  火其胸中  漢家火徳終焼賊  霊火  花ハ火ニアラズ  火ヨリモ水ニ  カガリ火  ころ火  火種子  火明らか  火作り  直接火  弔火  秦火  縱レ火焚レ城而潰  饒把火  二些炭火一來  火者三十五名  火者  閹割火者  火みたい  火もと  アア火  一度火  附火木  火一ツ  火燈口  四方火  やけ四方火  レ火  当夜火  ソラ火  びゅうびゅう火  夜どおし火  かん火  火盤  賦火  火かき  火棚  火鍋子  昼間火  大門通り一ぱい火  火廻り  滅却スレバ火モ  人帰レドモ火帰ラズ  いつか火  火輪車駛  紅火夜  顔火  露みな火  木葉火  火叩き  口ヨリ火  尻火  所々火  つまつて火  火藥庫  ぷしぷしと火  火明ら  火君来庵  づしい火  火来  火さき  身火烈々身体  火蛋白石  火流  火流前線  このごろ火  火ば  火いたずら  火屑  火ウチ袋  焼火バシ  火防線  火繩銃  外火  覘つて火繩銃  ひとり火  火ウチ石  禅必不須山水滅却心頭火  バチバチ火  火ツケ役  火土  薬火  電火一閃  強盗火つけ  いや火  火明り  そそう火  盛つた火  誰か火  火叫び  火つむじ  杉火  火口原湖  いつ火  天狗火  木生火  火生土  水生火  金生火  火そのもの  火生木  陽火  怨霊火  蓑火  火合図  船火  火つけ押込み  火攻  火大  火ッ  旧式火繩銃  火立岩  火舎  火雨  汀火骨居  火傘  風火  火魔  ゅうからでも火  二度火  一ぺん火  火祭り  火鉄  粗朶火  青火  一本抜き火  いちばん火  火穴  出だし火石  煙硝火  伝つて火  火ハゼ  ひとたび火  災火  火坑変成池  まり火  火それ  火つて何だい  立火  草花火  西洋火術  火術自慢  火いじり商売  とき火  六人火  火成巌  兵卒数人火  ものみな火  火処  地火炉ついで  地火炉  火坑  火貰い  火烙  火燈  一番火入  火ツケ  いちど火  火伏せ  づみ火  火ざら  五六人火  蝋燭火  全身火  火度  モー一度火  十五分間火  皆さん火  火鳥  事火  芥火  火鼠  火長たち  ごと火  火身  中心火  火熱性  火光放電  ひとつ火  現在火  山中火  火吹竹片手  女王火  囲炉裏火  火斗  火掻棒  夜火  默つて火  火ぁ  ぐ火焚げ  火焚ぃでわがなぃ  火附草  母火  烈々火  庭火  蚊遣火蚊遣火  火桜炭さしそ  オキ火  長火  乃ち火  火盞  宛然熱火  火論家  薪火  微温火  十分火  その間火  一筋火  通り火  火くせ  火止め  早く長火  火後  火袁理  昔火  火金両日  彦火火出  火熨  いのちょうちんにともしてやった火  所謂以レ水止レ水以レ火止レ火  火鍋  二蚊遣火  火二葬於粟原一  ゑがいた火  背負つて火  火烙台  火人  たくさん火  油火一つ  火ジロ  夜通シ火  香火  文字通り火  洋火  人火天火  随分火  胸臆ハ火  火燃ユルガ如ク  火弾  火持  儘霎時火  始め火  月火水木  火危  たる火避地  火界  目眩ろしき火光  男火性  火剋金  火出ずる  これ木生火  土生火  これ火剋金  角火  火爛  袋ごと火  相当火  孫火  親火  ば火  火だらけ  火繩銃くら  つて別火潔斎  一つ火入  二火三千余町一焼失  夜燭火  火壺  火附強盗  火陰  きしゃな細火  氷火相闘  如く熱火  毒火  火二つ出  火傍  寡婦火  火燧崎  火毒  火著  火金  火悪戯  火つけ友達  ッちゃ火  火死  火防地  火籠  火回り  井中火  火伴兩三輩  其外組屋敷等火攻  打ち掛け火  鼠火戯  鼠ども火  アメガフリ火ハムカフ岸ニ燃エサカルナニカイツタリナニカサケンダリソノクセ  火ノナカデ  電柱ハ火  樹モキラキラ火  道中既ニ火  火ハ熾ンナリ  火モ静マリ  砂地ニテ火  マダ火  先手加役火附盗賊改役  火かげ祇園  火一杯  火だこ  火責  それゆえ安火  火灯  此焚火  火たい  火にぎやか  火ぐもが  火ぐも  福隆火柴公司  福隆火柴  火柴公司  火裏  まんま火  宛然火  火木  朝火  火闌  其弟彦火火出  擧レ火  胸ただ火  黄金火  火窓  冷火  火もち  火殻  焔火  星火  拝火教徒  火心  ものいま火  恨猛火  地雷火坑  火光さし  声火光  火金曜日  橙火  年中榾火  一面赤火光  火ウチ袋ヒョウタン七ツ八ツ  みな火  山頂火車  結ブ其皮赤クシテ火  火かき棒  火車的  格蘭得火太立旅館  火太立  狂念慾火  火祭り賭場  火おこし  夜通し火  かぎり火  一服火  こうか火  数年前全戸殆ど火  もしほ火  別火  常時火  火とり虫草芝  老農火雲  火雲  火すばる  火辻軍平  死刑囚火辻  火辻  死刑囚火辻軍平  火渡し  火尻  エサ火ア  あと火水木金  当分火  如く火  面火  火掻  さ火  あやかし火  火不能燒  矢張り火  火許  買つた火掻棒  火がわら束  むざんな火  火賊  狹イ地帶ニ火  玉姫町イヅレモ火  方ニモ火  尼ひとり火  火峯  火吹だるま  火ふき竹  此砲火  火片しづか  三三火  四五火  火これ  火氣或  一二〇火見え歎  脂火  五七火  盜む火  われ火  淨火  外淨火  足淨火  火乃ち  火ぐち  火風水土  火藥製造法  火男火売神社  火燒  淨むる火  づ火  四八我火  一一七火  正義淨火  淨火門外  淨火門内  八四淨火  六淨火  淨火門前  十曲詩人等淨火  二四我等淨火門内  ば淨火  火こ  一年淨火  淨火歴程  淨火篇  上げ火  火藥利用  時火藥  角火藥  近時火藥  火産霊神生み給  家火  字火石  火渡  火生み  松葉火  赤色妄執火  火かん  姉さん火  一一四火  火しば  火出づ  火歌ひつ  づる火  火未  地獄淨火  火衣  火明  王海坂海原畝尾畝火  神聖帝檜榲火燒日  大神一つ火一つ松一尋鰐一本菅獄  御子火  臣火須勢理  雷火  命火  王火  火麥椋の木  蜂火  地火風水  宿つて火  一杯火  火乾  ヤカニ火化  火貸してんか  侵掠如レ火  火腿  樺火  つた樺火  所々樺火  矢張樺火  火吹竹同然  七日間火  火邊  是火  火氣盡  君火  陽相火  火化  地水風火  煤火  火下り  火さげ  只今火  トロトロ火  昨夜火光  火雷命  火三昧  樹木以レ火焼レ  じい火  



前後の言葉をピックアップ
パーヴロヴィチ      非決定    干さ    緋牡丹    飛上り


動詞をランダムでピックアップ
むし返す下がり作りだすつっつきふんぞりかえっ偽る徹すばかげ暴れる積み重なる見比べれ煉り合せる報わ立てんわずらっ持ちかけよ据えつける覚えつぐなわ探し求める
形容詞をランダムでピックアップ
きつき親しかっ尊し騒がしかっ旨くとてつもなきうううら寂し望ましかっ易けれいさぎようしろめたい薄ら寒く手荒きくさかっ高う小ざかしくぬるく根強妬ましく