「澄め」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 澄め[動詞]
月が澄め  つぶらに澄め  流の清く澄め  電燈の澄め  神近く澄め  月のみぞひとり澄め  鏡と見るまで澄め  色の澄め  くまなく澄め  葡萄酒の、よく澄め  昔おぼえて澄め  氷の如く澄め  歌か詠みゆくほどに澄め  のどかに澄め  はつ夏の澄め  ゆ墨色に澄め  すゞしく澄め  心が澄め  水を呑まんとて澄め  目と澄め  目は澄め  凝然として澄め  君深くも澄め  歌人の澄め  蒼空の高く澄め  鈍重に澄め  空浅黄に澄め  



前後の言葉をピックアップ
すむ  スムース  スムールイ  住め  住めよ  住めん  棲め  済め  すめ  スメエル


動詞をランダムでピックアップ
泊まら帰っ牛耳れそがれおどりかか歩み寄ら拡がりとりあわせしかり割切れ対す愚痴りいついわかしたぐっおごれ寄りかかっ伝いおかせいたわり
形容詞をランダムでピックアップ
泥くさく易きいけ図々しく忌わしけれ潔けれあほらしいこちたくなまめかしふかうあかるい寂しいわずらわしい幅広いあぶなっかしいあつけりゃりりしいこししつこくいとけなけれ得難い