「渡る」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 渡る[動詞]
苦海を渡る  此処彼処から囀り渡る  水を渡る  十三日一の谷から八島へ渡る  天を渡る  四国へ渡る  夜も段々と更け渡る  上を渡る  橋を渡る  米国に渡る  彦島へ渡る  世の中を渡る  関門海峡を渡る  厳粛に響き渡る  空を渡る  島へ渡る  全身に響き渡る  創成川を渡る  日本へ渡る  花に、満ち渡る  いま一度吹き渡る  諸方に響き渡る  江北橋を渡る  四里に渡る  秋風の渡る  薄氷を渡る  海を泳いで渡る  世を渡る  時われらまた乗りて渡る  森を啼いて渡る  霞の渡る  方へ渡る  危い橋を渡る  島に渡る  カフーラウェ島へ渡る  パドリングで渡る  棧橋を渡る  綱にぶらさがって渡る  から沁み渡る  滔々としてみなぎり渡る  博覧会に響き渡る  阿波へ渡る  それにはこうして渡る  半金位は渡る  風が渡る  空低しとばかりに響き渡る  敷石を渡る  水面を吹かれて渡る  大海原を渡る  かなたへ、渡る  上を泳ぎ渡る  海を渡る  フランスに渡る  香港に渡る  海外に、渡る  柬埔寨へ渡る  眼鼻に沁み渡る  出島へ渡る  胸にひらめき渡る  大地を渡る  末まで渡る  橋をば渡る  ひと手に渡る  風が吹き渡る  朝鮮に渡る  言問橋を渡る  毎夜かかさずふけ渡る  吹き流し平取橋の長きを渡る  それから支那へでも渡る  板橋を渡る  軒を渡る  波を渡る  下に凪ぎ渡る  原を渡る  音が響き渡る  渡り鳥が渡る  空を飛んで渡る  月瀬田の唐橋誰が渡る  わしや渡る  普請場に響き渡る  金井橋を渡る  唐へ渡る  是非にもこうして渡る  浅瀬を渡る  港へ渡る  三度も渡る  葉を渡る  踏み切りを渡る  半ばまで渡る  両者に渡る  人手に渡る  三時間に渡る  姫君海を渡る  手に渡る  ゴッと渡る  橋渡らなきゃならぬか、渡る  阿弗利加へ渡る  青葉を渡る  林を渡る  向島へ渡る  輝やき渡る  池を渡る  本土へ渡る  水を漕いで渡る  独木橋を渡る  幾個となく渡る  山桜が、時々渡る  十伏川を渡る  増人を以て渡る  岸へ渡る  人手へ渡る  おもしろおかしく渡る  旅を渡る  この世を渡る  年月を渡る  戎橋を渡る  石橋を渡る  遠音に渡る  新淀川を渡る  身に浸み渡る  みどりの風が吹いて渡る  中空を渡る  伝ひて渡る  頭上を渡る  樹間を渡る  部屋一パイに響き渡る  考へで浮いて渡る  つて暫時そこに立どまれば、渡る  永代橋を渡る  漫に渡る  三十余年に渡る  泌み渡る  田を渡る  さが沁み渡る  夜は冷え渡る  疎林を渡る  野彦して渡る  それを渡る  両面に渡る  内政全般に渡る  一瞬間笹原を渡る  眞劍に渡る  大浪の渡る  訳者に渡る  大部に渡る  長期に渡る  鳳儀亭へ渡る  広東に渡る  数箇月に渡る  身に沁み渡る  南風の渡る  夕空を渡る  大江を渡る  一吹風が渡る  興味を覚えて渡る  後、渡る  葉末を渡る  大唐へ渡る  菖蒲ヶ濱へと渡る  空を啼き渡る  広島に渡る  イギリス海峡を渡る  底に響き渡る  世界を尽くして、どす黒く漲り渡る  鐘がなり渡る  何によって渡る  無事に渡る  船で渡る  つた川を渡る  全身に沁み渡る  市に吹き渡る  谷を渡る  石橋を叩いて渡る  沙漠を渡る  唯前世紀から今世紀に渡る  麦畑を渡る  ルビコン河を渡る  哲学的観念論全般に渡る  支那に渡る  目に沁み渡る  台湾から香港に渡る  いずれへ渡る  そこらあたりにひびき渡る  新橋を渡る  日本橋を渡る  船じゅうに聞こえ渡る  一ぱいになって渡る  安城川を渡る  渡月橋を渡る  佃島へ渡る  木橋を渡る  向うへ渡る  草を渡る  往来を渡る  これを漸くに渡る  紅屋橋を渡る  船を漕いで渡る  会津バンダイ山湖水を渡る  馬関海峡を渡る  鉄道橋を渡る  細川を渡る  気楽に渡る  虹が渡る  湖水を渡る  稲瀬川を渡る  風が黒く渡る  台湾へ渡る  から亜米利加へ渡る  残花道人嘗つて桂川を渡る  文芸全体に渡る  芸術全般に渡る  犀川橋を渡る  中に漲り渡る  いほどに輝き渡る  蹈込んで渡る  踏切を渡る  もの、どうして、渡る  けが便りで、渡る  人が、また渡る  天の川でも渡る  なつて轟き渡る  心に沁み渡る  鮮かに輝り渡る  やうに響き渡る  日本に渡る  先きに渡る  声が響き渡る  津輕海峽を渡る  鉄橋を渡る  梢に、颯と鳴って渡る  さ五間ばかり、こう透すと、渡る  川を渡る  松を渡る  山野を渡る  紀行を思うと、渡る  家中に、ただよい渡る  家中に響き渡る  バトンの渡る  青笹川を渡る  川の向ふへ渡る  うち、渡る  川のむこうへ渡る  花を渡る  雷鳴の轟き渡る  雷が轟き渡る  急に、さざめき渡る  肥前國松浦郡田浦から唐へ渡る  對州へ渡る  博多へ渡る  壹州へ渡る  雲に渡る  夕風が渡る  世間をかくれて渡る  ナポリからアメリカへ渡る  アメリカへ渡る  ボオトで渡る  遠くからも見え渡る  松が枝に渡る  唐に渡る  左りに渡る  てる橋を渡る  日南を渡る  近く響き渡る  大洋を渡る  島は、思ったより遠く、渡る  ように響き渡る  陸橋を渡る  世の中をうまく渡る  丘へ射し渡る  匂も満ち渡る  空かけ渡る  世代から世代へ渡る  春風が吹き渡る  夕べを告げ渡る  面を渡る  胸間にひらめき渡る  一人で渡る  処は渡る  向うに渡る  小天竜を渡る  夜風の渡る  者共はどよみ渡る  奈半利川を渡る  原ッパを渡る  静かに流れ渡る  両国橋を渡る  麦を渡る  パイナップル畑を吹き渡る  運河を渡る  旅客もようやく渡る  三途の川を渡る  そこから向島へ渡る  そのままこっちへ渡る  鞭声粛々夜河を渡る  濠を渡る  河原を渡る  若葉かな蛇を截って渡る  村から村へ流れ渡る  止め度もなく流れ渡る  広大に輝き渡る  刃を渡る  色が漲り渡る  私事に渡る  樹上を渡る  廊下を渡る  峰を渡る  外国までも響き渡る  流れ川を渡る  黒龍江を渡る  外まで冴えてひびき渡る  底を渡る  電車道を渡る  人に渡る  山谷堀を渡る  合羽橋を渡る  音響が響き渡る  土橋を渡る  金杉橋を渡る  風が颯と吹き渡る  光で満ち渡る  青麦を渡る  夜風の吹き渡る  お手本が渡る  如くに渡る  豁谷を渡る  背を渡る  鼻たれでさえ渡る  下駄で渡る  仏蘭西へ渡る  枝を渡る  海峡を渡る  山国川を渡る  関門を渡る  名護屋へ渡る  片島へ渡る  下関へ渡る  大勢で渡る  裁許橋を渡る  中橋を渡る  川面を渡る  茶堂橋を渡る  手にくまなく渡る  吾が渡る  吊橋を渡る  樹木に響き渡る  面を見ると、枚を含んで渡る  黄海を渡る  渡し場を渡る  利根を渡る  ツバぁ吐きかけながら渡る  梢を渡る  軍資金が渡る  まま白け渡る  大西洋を渡る  村里に響き渡る  五百重の遠に射渡る  ろと渡る  南に渡る  浦曲に渡る  千草に渡る  遙に渡る  これを渡る  氷上を渡る  寄手に渡る  胸に響き渡る  もの、おおゆれにゆれ渡る  小川を渡る  とき殿中に薫じ渡る  軒端を渡る  ベレジナ河を渡る  胸に沁み渡る  人馬の渡る  パチリパチリと響き渡る  数百町歩に渡る  橋廊下を渡る  石橋をたたいて渡る  身に滲み渡る  田園、何もかもほんのり立ち渡る  遥に渡る  夕川を押し渡る  本所へ渡る  水道橋を渡る  谷川をかち渡る  両国橋をいそいで渡る  橋は渡る  土橋を越え渡る  浮舟と渡る  白水谷を渡る  白水を渡る  ほととぎすが啼き渡る  世間を狭く渡る  雲低く轟き渡る  折柄軒を鳴らして渡る  から稲荷橋を渡る  弾正橋を渡る  タニグクのさ渡る  タニククのさ渡る  声が啼き渡る  ものが満ち渡る  なかへ沁み渡る  津軽海峡を渡る  それから南洋諸島へ渡る  若葉を渡る  湖を渡る  瀬さ渡る  葉尖を渡る  舟へ乗せて渡る  彼岸へ渡る  此岸から彼岸へ渡る  自分独りで渡る  いっしょに渡る  人生を茶化して渡る  蜘蛛の巣を渡る  雲を渡る  五人以上同時に渡る  名寄中に響き渡る  鳥羽に渡る  葉に渡る  根柢から搖り動かして轟き渡る  天神橋を渡る  人の渡る  大橋を渡る  トケラウスへ渡る  窓を開いて、そうして、流れ渡る  綱を渡る  摂津まで渡る  太平洋を渡る  向う側に渡る  雪渓を渡る  仕合谷を渡る  文芸評に渡る  諸国を渡る  枯を渡る  世界を流れ渡る  危い瀬を渡る  手へ渡る  ひらりひらりと泳いで渡る  雁の渡る  瀧を渡る  静かに輝き渡る  屋根を渡る  嶋へ渡る  内地へ行っていたが、渡る  さへ行けば、渡る  微妙に沁み渡る  金風そよと渡る  燈で照らし渡る  三年に渡る  木曽川を渡る  馬は歩いて渡る  河などを渡る  風の渡る  雲が渡る  公橋を渡る  背に負うて渡る  上に照り渡る  地に響き渡る  中を待ち渡る  のと渡る  幾艘もの灯籠舟のさざめき渡る  琵琶湖を渡る  世界を吹き渡る  のは、渡る  夜もいたく更け渡る  微動し渡る  雪を渡る  南方へ渡る  支那へ渡る  右岸に渡る  範囲に渡る  中川を渡る  振りさけ見れば渡る  二回に渡る  新開島へ渡る  旅から旅を流れ渡る  耳に響き渡る  上を吹き渡る  泉を渡る  湊へ渡る  風の吹き渡る  野面を渡る  嵐のみ吹き渡る  領域に渡る  方へと渡る  黄金色に輝き渡る  金屏風を渡る  水に似て、渡る  ポイントを渡る  其上を吹き渡る  臼島へ渡る  ようなむずかしく、渡る  一面散り渡る  洞、渡る  天竜川を渡る  猿橋を渡る  千曲川を渡る  生野島へ渡る  声をそろへて渡る  徒で渡る  以て渡る  朝鮮へ渡る  上にひびき渡る  船橋を渡る  宿舎に響き渡る  河を渡る  沼を渡る  木蔭を渡る  世を乗せ渡る  庭を渡る  梧桐を動かしてそよそよと渡る  昔は渡る  花水川を渡る  微風が渡る  酔歩蹣跚出雲橋を渡る  采女橋を渡る  赤羽根橋を渡る  疾走して渡る  底へ滲み渡る  生活を求めて渡る  ブリッジを渡る  来春あたりブラジルに渡る  ここからジャワへ渡る  振りさけ見れば、渡る  冷やかに流れ渡る  舟橋を渡る  十二時出発木曾鞍馬橋を渡る  全部流されてしまっているので渡る  ここを渡る  小松橋を渡る  衣服を脱いで渡る  丸太を渡る  間ぐらいは泳いで渡る  刈田を渡る  風が、颯と渡る  裡に流れ渡る  数寄屋橋を渡る  山時鳥の啼き渡る  沖を渡る  汐の渡る  廂を渡る  月を渡る  河口湖を渡る  大海を渡る  雨海を渡る  余に渡る  松籟の渡る  足場板を渡る  どこかへ渡る  それから溜池橋を渡る  麦の穂末を渡る  渡舟で渡る  大気とともに満ち渡る  溝板を渡る  北へと渡る  針金を渡る  堤に立ち、次々に、繰渡る  虚無へ渡る  世間を渡る  院内までひびき渡る  化粧を剥がして渡る  美服美粧して渡る  化粧を壊して渡る  お出でになりましたが、渡る  老人があらわれて、渡る  舟を呼んで渡る  地を這い渡る  藪をふみ渡る  あちらに渡る  人間は渡る  森を渡る  全身に滲み渡る  淺瀬を渡る  隅田川を渡る  早瀬を渡る  地を渡る  鶴なき渡る  さらさらと渡る  上海へ渡る  海一つ向へ渡る  反対側へ渡る  軌道を渡る  ひとりで泳いで渡る  山の端へ渡る  橋がかりを越えて渡る  上を押し渡る  綱を手繰りながら渡る  あたりに響き渡る  連中に響き渡る  川床を渡る  風呂へ渡る  釜山から馬関へ渡る  灯の青ざめ渡る  鵯の渡る  ロータリを渡る  流を渡る  ロータリーを渡る  大島へ渡る  一吹風が吹き渡る  向う岸へ渡る  日が渡る  野末に渡る  元気が満ち渡る  早川を渡る  上湯島に渡る  楽に渡る  北海道へ渡る  給ひしに、渡る  一本橋を渡る  かしと告げ渡る  霜を渡る  湖上を渡る  西へ渡る  あしたに渡る  東京の空を渡る  鳴子を渡る  影を沈めて、颯と渡る  其川を渡る  橋で渡る  今戸に渡る  船に乗りて渡る  吾妻橋を渡る  中庭を黒く渡る  厳島へ渡る  靉靆き渡る  松風玉を渡る  室にすさまじく漂い渡る  叫喚が響き渡る  家を鳴らして渡る  手枕で渡る  凡てに渡る  数代に渡る  轟ろき渡る  前途を絶たれて、渡る  大風の吹き渡る  遠近に響き渡る  五年に渡る  嵐が一度颯と渡る  方六里に渡る  方まで分け入るぞよと輝き渡る  月夜野橋を渡る  柳橋を渡る  時大隈さんの渡る  倉町に渡る  中に響き渡る  天井を渡る  野分の渡る  本郷に渡る  渡しを渡る  大高島に渡る  土手を渡る  土手に渡る  しか大海を、はうちて渡る  中で、ひびき渡る  葵橋を渡る  銃声が響き渡る  丸木橋を渡る  旅から旅と流れ渡る  橋がかかって、渡る  スキーで渡る  マニラから日本へ渡る  峰へ渡る  空を覆うて渡る  品物が渡る  峰から峰へ渡る  水に遮られて渡る  姫路に近づこうとして渡る  涼しい風の渡る  夕霧が流れ渡る  野田屋へ向って渡る  数町に渡る  夜風が渡る  佐渡へ渡る  新潟駅から万代橋を渡る  音響き渡る  ように揺り動かして吹き渡る  英国へ渡る  村へ渡る  嫌はば、終に渡る  山門へ渡る  こっちへ渡る  ろき渡る  夢の浮橋を渡る  高山渡り鳥や渡る  東に渡る  肩によって渡る  桟橋を渡る  世界につれて行き、渡る  娘が更け渡る  四五人連れで舁いて渡る  狸穴から出て来て渡る  板を踏んで渡る  私たちが渡る  宋に渡る  ギリシヤに渡る  淡路へ渡る  シナへ渡る  闘志を抱いて渡る  改札口へ渡る  荒波を渡る  宝島に渡る  潜水艦で渡る  酒が渡る  笹原を渡る  作つて動揺めき渡る  ドンドン橋を渡る  雁の啼き渡る  物音が、渡る  空を噛みながら、やっと渡る  腸に沁み渡る  のが見え渡る  末にはすでに渡る  山々までもとどろき渡る  山林に響き渡る  常世から定期に渡る  阿波のみとを渡る  いふ所を渡る  神兵も、吹き渡る  満洲へ渡る  法案が渡る  夜遅く河を渡る  東北線を渡る  工業に渡る  汝の渡る  とこしへに鳴渡る  スティージェを渡る  他に渡る  ルビコンを渡る  手から手へ渡る  空気に響き渡る  桟敷に輝き渡る  松の木を渡る  のとを渡る  半天に漲り渡る  舞台一面に漲り渡る  萬年橋を渡る  鐵橋を渡る  ままにて渡る  是を渡る  向へ渡る  雪に響き渡る  ざわざわと吹き渡る  猿猴橋を渡る  芸術性全般に渡る  石橋を敲いて渡る  しかねつ春霞立ちかも渡る  筑波嶺ゆ棚引き渡る  彼らの渡る  向側へ渡る  烏江を渡る  骨にまでも沁み渡る  胸に浸み渡る  田辺近傍へは少々渡る  独りで渡る  もの手に渡る  はいかに大名といえども渡る  舟で渡る  先きを争うて渡る  はずは無い、どうしても渡さぬなら泳いで渡る  東へ渡る  八ツ橋を渡る  小橋を渡る  万年橋を渡る  みそらを渡る  渓流を渡る  山々を轟き渡る  体一面に浸み渡る  山を這い渡る  渡を渡る  過去十八カ月に渡る  中にひびき渡る  海外に渡る  大連に渡る  はしけで渡る  病院ぢゆうに響き渡る  座敷中に響き渡る  かすかに吹き渡る  お山へ渡る  智月かち渡る  其処へ渡る  ときは渡る  土佐へ渡る  大陸に渡る  さきへと渡る  軒浸み渡る  一の橋から浜町へ渡る  御蔵橋から須賀町へ渡る  森林を渡る  音ばかりが響き渡る  奥へ渡る  坂東橋を渡る  釣橋をゆれながら渡る  桟を渡る  濁流奔放舟を以て渡る  濁流奔放舟をもって渡る  荒川を渡る  枝から枝に渡る  鹿島まで渡る  水面を渡る  海洋を渡る  水漬けにして掻き渡る  熊野川を渡る  客が、白け渡る  陣営にひびき渡る  蟹の渡る  谷間を渡る  涼風が渡る  四條橋を渡る  畠に吹き渡る  上葉をや渡る  ニユーギニヤに渡る  燦き渡る  大陸へ渡る  多岐に渡る  中を吹き渡る  そつと渡る  美酒の浸み渡る  葦を渡る  手にでも渡る  うえに往き渡る  花に吹き渡る  斜に渡る  涼しい風の良く吹き渡る  日を渡る  全身に満ち渡る  間を渡る  霞へ渡る  芸妓屋町へ渡る  向うから渡る  



前後の言葉をピックアップ
亘る  弥五郎  亙る    弥太郎  ワタルゾト  ワタルト  わたれ  亘れ  亙れ


動詞をランダムでピックアップ
挟め生れおち来しつめきっまたがっ飾ら耽ける坐し断切掲げかわかす寝取る通り過ぎ掬お抱き取なくなさはいりこみ飛び立たかけずりまわっ溜ん
形容詞をランダムでピックアップ
危うきたのしかろ肌寒くいたいたしかっわかわかしかっ猛々しくさむかっ手酷い痛々しいみすぼらしく甚だしくきみわる渋いわかきそそっかしいわるかっ軽し果てしな泥深く勿体ない