「消し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 消し[動詞]
姿を消し  電灯を消し  黒板を消し  文字をすつかり消し  電燈を消し  ランプを消し  燈を消し  線で消し  人は、書いたり消し  ランプも消し  灯火を消し  行灯を消し  ランプをつけたり消し  燭を消し  先端を消し  言葉を消し  苦痛を笑い消し  噂を消し  ぬれかたちを消し  福田家から姿を消し  金物屋から姿を消し  がたを消し  海面から姿を消し  懐中電燈を消し  死をぬつたり消し  ひとつひとつに消し  水桶を提げて消し  忽にして消し  まわりから姿を消し  通信を消し  風が吹き消し  気分を消し  三つも消し  足で踏み消し  から姿を消し  曠野から姿を消し  灯火を吹き消し  火を消し  街頭から姿を消し  悲哀を消し  苦しみを消し  悩みを消し  留置場から姿を消し  末を消し  紙ペーパーでこすり消し  明かりを消し  照明を消し  テレビジョンを消し  なあに、きっと消し  火をのこりなくたたき消し  灯を消し  所在なく消し  火の気を消し  答案を周章てて消し  字を消し  殆んど消し  めちゃめちゃに踏み消し  そこから姿を消し  手一つでも消し  そのまま姿を消し  光を消し  幻像を消し  何だか書いたり、消し  港から姿を消し  のを消し  蝋燭を吹き消し  一口にいひ消し  臭いは消し  完全に消し  なかから姿を消し  スタンドを消し  isを消し  つて灯りを消し  明りを消し  消し描いては消し  燈火を消し  影を消し  あかりを消し  殺気を消し  行燈を吹き消し  気を消し  油は、もう消し  肝を消し  瞬間に笑い消し  二三挺順に消し  提灯はもう消し  行燈を消し  一ツずつ消し  蝋燭を消し  電燈は消し  石油コンロは消し  座敷から姿を消し  一度味噌屋から姿を消し  廉平は笑い消し  記憶から自分を消し  毒を、消し  舷門から姿を消し  太陽を消し  天空を消し  姿を掻き消し  寺田屋から姿を消し  お前さんはじゅうぶん踏み消し  提灯を消し  中に消し  大阪から姿を消し  風が消し  泰造が消し  もの地図に入れたり消し  ふいに姿を消し  火事を消し  天麩羅を消し  ランプはすでに消し  軒灯を消し  ネオン灯も消し  熱が冷めたら消し  家から存在を消し  上から影を消し  夢を描いては消し、消し  境内から姿を消し  身を消し  城から姿を消し  一行書いては消し  ゆつくり消し  時を消し  灯りを吹き消し  文字を消し  火を吹き消し  手を拭き消し  提灯を吹き消し  火がつくと消し  かば曇りを吹き消し  白粉で消し  墨で消し  云ひ消し  夜中に吹き消し  行燈は吹き消し  自分を消し  あかしを消し  誌されて、また消し  悲鳴を消し  余韻を曳かせて、やがてまた思ひ切つてドンと打つては慌てて掻き消し  袂でも振って消し  魂を消し  胸のおもい、消したくて、消し  砂をかけてやっと消し  生理的に消し  室から姿を消し  砦を消し  それ以来地上から姿を消し  憂鬱なんか、いっぺんに消し  靴で踏み消し  焚火を踏み消し  所在を消し  ゴムで消し  それから火を踏み消し  火を踏み消し  火の子を消し  答案を消し  指紋を消し  髪おちてやがて捲かれて消し  吉平は笑い消し  響を消し  音色を消し  火は消し  それを消し  燃える焔を消し  上になすりつけて消し  仕事場から姿を消し  ヘンリイ・マンガア老は、擦り消し  時間を消し  全然痕を消し  中に吹き送つて来ては、又吹き消し  部屋から姿を消し  うちに消し  水を向けて消し  ように呑み消し  胆魂を消し  冗談だよ、と笑い消し  バケツで消し  声を消し  線を引いて消し  さっきからあかりは消し  音を消し  なかから、どうしても消し  空想を浮かべたり消し  手燭を吹き消し  だんだん語尾を消し  上を塗り消し  炎を消し  許可はとり消し  一つ一つ手にとって、吹き消し  ローソクを消し  過去を消し  下宿から姿を消し  形を消し  さを消し  洋燈を消し  洋燈を吹き消し  公訴をとり消し  公判廷から姿を消し  殘形を消し  ヘッドライトは消し  みんな姿を消し  跡を消し  プロゼイツクな消し  厭だ、消し  政治に対して、消しても消し  ラジオを消し  疑いでも消し  ドイツ語かと言って、笑いながらさっさと消し  突立って、捻って、ふっと消し  物音を掻き消し  一舐にして消し  一度小さな刺青をして焼き消し  なんかと思い消し  足跡を消し  時必ず消し  喜びをともなつて心底に消し  笑ひを消し  卯の花に、はらはらと消し  たか姿を消し  絵を消し  灯りを消し  電気を消し  スイッチをひねって消し  氷上から姿を消し  酔いも消し  どこかへ消し  自ら拭き消し  反対事実を証しうるが、消し  灯は消し  ランプを卸して吹き消し  灯明を吹き消し  私に消し  これまでずっと消し  店から姿を消し  動きを消し  印象は消し  雲を消し  文字を書いては消し、書いては消し  かげを消し  消防隊が消し  電球を消し  綺麗に消し  奥底に消し  心へ消し  下図をすっかり消し  もう一度すっかり消し  二行ばかり書くと、すぐ消し  人影が来ると、吹き消し  上衣さえあれば、すぐ消し  海上から姿を消し  日を消し  苦労も消し  松明を消し  光沢を消し  これを踏み消し  洋燈はフッと消し  言を消し  火をふき消し  予とが、わずかに消し  人には、消し  毎日を消し  名前などがいっぱい書いてあって、互いに入り組み消し  影は、消し  微笑を消し  ろうそくをふき消し  風景を消し  欠点を消し  艶を消し  明かりは、消し  凉味をすつかり掻き消し  それっきり姿を消し  輝きを消し  小田原提灯をフッと吹き消し  山の端から姿を消し  色さへ埋み消し  本字が出て、慌てて消し  部分を消し、消しては書き、消し  ワタクシワマタベウキを消し  コノベウインヘをまた消し  三日月の光によっても消し  表情を消し  興奮を消し  焼夷弾の消し  小さなランプがまだ消し  憂苦を消し  お前さんが消し  わたしが消し  暴風雨が消し  毒を消し  往って消し  カンテラを消し  足跡を擦り消し  男が消し  先に消したと見えて、消し  燈火を残らず消し  好意が、すっかり消し  そばから姿を消し  ルーム・ライトを消し  たる手燭を消し  胆を消し  電氣を消し  名を消し  邸から姿を消し  途中から姿を消し  牧場から姿を消し  灯を吹き消し  君が消し  僕は消し  舷燈を消し  闇から闇へ消し  ルームライトはもちろん消し  物音を消し  鎌倉表から姿を消し  雑音を掻き消し  先で消し  風が吹き込んで吹き消し  瞬間に消し  上にも、消し  星の光りを消し  恋々と消し  足跡を掻き消し  燭は消し  私ア暇を消し  それは消し  火は消えたけれども、消して消し  照明燈が消し  其いざこざを消し  一つところを消し  一度に消し  フツと消し  火箭をすぐたたき消し  山から姿を消し  一人として火を消し  波を消し  秩序無く書き散らされ、ぐいと消し  ぱちんと電燈を消し  幽霊を消し  不満をけっして消し  容易に消し  敵を消し  アルコール・ランプを吹き消し  いつのまにか下屋から姿を消し  闇から闇に消し  幻怪味とを消し  匂いを消し  一緒に手伝って消し  場所を素早く消し  語尾を消し  灯火は消し  街灯を消し  はるかにはやく消し  皆が消し  オイ皆、早く消し  行燈をふき消し  走り書きで、書いては消し、消し  電灯をすっかり消し  電灯は消し  電灯も消し  局舎から姿を消し  灯火を、消し  キャンドルを消し  想像をさえも掻き消し  吸殻を踏み消し  行灯を吹き消し  中で消し  豪雨が消し  殊に火を消し  のか、わざと吹き消し  都から姿を消し  京都から姿を消し  夜になるまで、書いては消し、消し  効果を消し  勢力を消し  これえ消し  これを消し  燈盞を吹き消し  時には消し  苦を吹き消し  肉体を吹き消し  確かに消し  この世から拭い消し  江戸表から姿を消し  安全燈を消し  激浪も消し  永久に掻き消し  から引き出して消し  虹を消し  あなたが消し  昼間から雪洞を点けたり消し  かなたに消し  想像を掻き消し  念を、そう思い消し  顔を消し  印象を実際消し  前から姿を消し  明り、消し  数時間を消し  半分ほど消し  数字は消し  丸切り影を消し  題を消し  沖合から姿を消し  時だけ消し  わが国から姿を消し  面目、と思いなすっただけに、消し  火を先ず消し  火も消し  水を注いで消し  婆やが消し  婆やが押して消し  早く電燈を消し  いつか姿を消し  上で消し  急に消し  特に艶を消し  地べたに描いては消し  晒し場から跡を消し  蝋燭をふき消し  歌劇から注意深く消し  音が消し  掌で拭き消し  焔を吹き消し  アパアトから姿を消し  凄味を消し  橋上橋畔から姿を消し  紙を書きなぐり消し  寛大に消し  風で消し  不意に消し  なかで消し  ことを書いては消し  気持は、すっかり消し  一間から姿を消し  アイウエオを書いては消し、書いては消し  これを早く消し  青年の消し  疑いを消し  余韻を消し  手ランプを消し  言葉も消し  だんだん姿を消し  ンと消し  粒を消し  痕跡は消し  集注して、消し  灯りも消し  それから姿を消し  痕跡を消し  丁寧に消し  ものを消し  反射ストーブを消し  洲から姿を消し  ランプを吹き消し  影をまったく消し  われを消し  証拠を消し  完璧に消し  ユックリ足跡を消し  孤独、消し  宙に書いては消し  タを消し  右近に対する消し  笑顔を消し  今は時々消し  陰に消し  つやを消し  僅かに消し  船はいづれも明りを消し  場から姿を消し  姿を見せたり消し  方を消し  ムラサキから姿を消し  言葉で笑い消し  叫声、押えがたく消し  下駄で踏み消し  烟をすいすいと消し  燐寸を擦り消し  小皺にも、消し  意識を消し  足で掻き消し  ひかりは吹き消し  鉛筆を消し  小さな希いを消し  印象に消し  必然を消し  二三行書いたり消し  あれはとり消し  電燈をつけたり消し  妓家酒亭灯を消し  ことばじりを消し  感じを消し  らと笑い消し  跫音を消し  想像を消し  名で消し  水かけて消し  しかも消し  中途から姿を消し  図騒ぎを消し  全部を消し  上から棒を引いて消し  帶びた聲の、しかも消し  から、消し  ガスを消し  部分を少し消し  朱を以て消し  此處は消し  殘して、消し  電気もおおかた消し  豪華を消し  作用を消し  笑ひ消し  火を点けて直ぐ消し  聲を消し  懐中電灯を消し  明を消し  場所から姿を消し  消印を消し  まま姿を消し  室内照明を消し  燃えるのを吹き消し  燈火も消し  燈りを消し  面影を消し  不快感を消し  行方を消し  だんだん姿を掻き消し  いまにも消し  ランプは吹き消し  ところが消し  一刻も早く消し  一つの消し  火花を消し  心に消し  嫌悪感を消し  いくら加勢して消し  げに踏み消し  火災は起こらんとするに消し  棒をひいて消し  一寸笑顔を消し  ライトを消し  ために消し  直ぐに消したが、その消し  家から姿を消し  中に何やら書いては消し  とこ姿を消し  一点を消し  さり気なく消し  この世から姿を消し  戸籍面から名を消し  しろで踏み消し  角灯をぱっと吹き消し  自ら吹き消し  世の中から姿を消し  世間から姿を消し  午後から姿を消し  現実を消し  そこに、また消し  それを焼き消し  跡を塗り消し  話を消し  力には消し  二三時間を消し  店頭から殆ど姿を消し  恨みとともに、消し  夜明けとともに吹き消し  つて黒板拭きで消し  記憶を軽く拭き消し  色さえ埋み消し  赤城おろしはひゆうとしてたちまちにして消し  短針をチラリと見ると直ぐにまた、消し  三つとも同時に消し  いま姿を消し  二日姿を消し  たきを消し  特長も消し  時刻を消し  足あとを消し  皆姿を消し  瓦斯を消し  事を消し  意識の消し  すべて姿を消し  寄宿舍から姿を消し  寄宿舎から姿を消し  発見して、驚いて拭き消し  独断で消し  煙を消し  昨夜から姿を消し  物を消し  赤インキで消し  日姿を消し  足音を消し  神明から姿を消し  うから、消し  テイルまで消し  呪咀が、消しても消し  座から姿を消し  はなし声を消し  消し拭き消し  鴈治郎横丁から姿を消し  一様に消し  たくまに笑い消し  燈火を吹き消し  引懸けて消し  烟にして掻き消し  はずみに消し  響きをぼかし、消し  あいだ姿を消し  光をふたたび消し  ランタンを吹き消し  ゴムでゴシゴシ消し  洋燈をフッと吹き消し  生活感情へのもだえを消し  それから提灯を消し  ところから色彩を消し  眼の光りを消し  仮りに消し  假りに消し  とあるのを消し  迎い火を消し  何処かに消し  無事に消し  運動場を消し  燈はもう消し  幻影はかげを消し  火を、燃したり消し  燈明をふき消し  影は吹き消し  それから懐中電灯を消し  呼吸を消し  灯を、ふっと吹き消し  いちど窓から顔を消し  赤線で消し  静かに消し  あかりをあおぎ消し  窓から姿を消し  湊から姿を消し  それを読みかえし、消し  樂書を悉皆消し  燃えさして、吹き消し  雪洞を吹き消し  円をさっさと消し  円を消し  疑惑を消し  心は、いっぺんに消し  文字を書いたり消し  陽射しも消し  文三を云い消し  葛藤を笑い消し  燈光を消し  身を掻き消し  燐燧を吹き消し  甚く消し  笑靨を消し  直ちに提灯を消し  佐渡はすぐ笑い消し  車内に消し  火消壺に入れて消し  胸に描いたり消し  迷はし、きもを消し  悪評を消し  多摩川から姿を消し  半ば口で消し  倹約で消し  連を追払ってくれ、消し  灯を、フッと吹き消し  一ヵ所も消し  視野から姿を消し  つて姿を消し  城下から姿を消し  一煽りにも消し  陸地を消し  しょっちゅう火を消し  推定から影を消し  玉を消し  電気スタンドを消し  ことは、かれにとって消し  何度も書いたり消し  それを吹き消し  火災を消し  味を消し  音も消し  奇麗に消し  滑達さを消し  顔から影を消し  瞬間光を消し  鑵に入れて消し  一ぺんに消し  なにも消し  恩怨を消し  地上から姿を消し  次第それを消し  私から姿を消し  尻を消し  幾度もかいては消し  ミコが立ってサッと消し  ロウソクをふき消し  帳面から名を消し  ランターンを消し  頃で、消し  喜びも大方消し  どこから姿を消し  いつのまにか東京から全員姿を消し  孤なるにあたりて消し  読経を消し  辛らさを消し  人が消し  小火を消し  表面姿を消し  いくつも書いては消し、消し  下へ消し  学校から姿を消し  中ごろから姿を消し  どっちだと消し  ものか、わざと吹き消し  吹っ消し  泡沫を消し  一を消し  愛を消し  Pを消し  アルタイア直ちに火を消し  身体を消し  墨にて消し  用意はしてあったが、わざと消し  証言をとり消し  全然影を消し  寝所から姿を消し  決定をとり消し  ふつと吹き消し  国もとから姿を消し  療養所から姿を消し  前の毳立ちをすっかり消し  点と線を消し  手を絞り消し  ロビイから姿を消し  パラフィン蝋燭を吹き消し  ように消し  視界から姿を消し  三人掛りで消し  理学士が消し  象を消し  から灯を消し  親子電球を引っぱり消し  一本ずつ消し  計算を消し  手紙の書きそこないを消し  ときに消し  筆蹟で、ところどころ消し  一朝一夕には消し  全部影を消し  鋭さを消し  色を止むなく掻き消し  フツと吹き消し  作家自身を消し  言ふを消し  空気をも消し  それから電灯を点けたり消し  早寝と書いて消し  予約をとり消し  ところで消し  心に書いたり消し  発展を消し  んも書いては消し、書いては消し  しるししてしまって消し  光を吹き消し  上に並んで消し  確かに吹き消し  混血児顔を消し  其処で消し  堰を開いて消し  インキの消し  シャンデリヤを消し  から電気を消し  明りをふき消し  意識的に、消し  忽然姿を消し  電波を消し  屍体が掻き消し  明りをパッと消し  方に消し  死ぬるまで消し  あれを消し  誰か電燈を消し  現実はいつか消し  肝魂を消し  図式を、消し  魅惑は遂に消し  加筆して消し  ものいま火を消し  アーンだれか早く消し  燈が消し  風味を消し  それぎり姿を消し  ば吹き消し  走り書きがしてあったり、消し  原画の消し  絵具を溶かして消し  あとを包み消し  夜燈を消し  生を消し  粒とは、配し合い消し  線を消し  無闇に消し  雛壇から影を消し  炎を吹き消し  時いったん消し  朱線を消し  どっちかを消し  台詞を消し  魔像を消し  幸ひ早く消し  於て、消し  電気を暫く消し  事もなげに云い消し  一時に消し  それから電燈を消し  煙草を消し  位に消し  火華を消し  手扇ですぐ消し  燈火も残さず消し  甲板から姿を消し  昇降口から姿を消し  どんどん姿を消し  

名詞

消し[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
消しは御迷惑でも必ず御削除下さい,  

~ 消し[名詞]1
死をぬつたり消しぬつたり消し  ハンカチで拭い消しなぞ  それによって消し  渦紋を描いては消し  いまは消し  うちに消し  對する消し  皺が揺っては消し  消し書いては消し  それを拭き消し  三か所ぐらいは消し  灯が消し  この世から消し  ぎざぎざな消しが  艶を以て消し  三分のあいだに消し  ひと筋ずつ消しに  者が消し  いっさいが消し  下から消しの  盡く消し  気持が消し  思いは消し  火が消し  一行一行と消しの  どこへやら消し  記憶から消し  枕のともし消しも  時に消し  ルキーンが消し  

~ 消し[名詞]2
やっと消し  大きな消し  わざわざ消し  まだ消し  憎々しく消し  難なく消し  心から消し  どうして消し  すぐ消し  ようやく消し  

複合名詞
黒板消し  艶消し  霜消し一杯  黒塗光沢消し  消し時  消しかた  消しガラス  消しだらけ  あちらこちら消しだらけ  消し方  消し差し  消し口  消し札  霜消し酒  消しよう  踏消し  ツヤ消し  ペンキ消し液  ペンキ消し一壜二十六銭  いま消し  艶消し瓦斯入り  光沢消し  消し翡翠  消し手  人間艶消し  消し意  臭い消し  消しパン  インキ消し  あかり消し  ゆうべ消し  全部消し  



前後の言葉をピックアップ
ケザルモノナク  けし  罌粟  消し  ケシ  消印  けしかけ  けしかける  けしからん  けしき


動詞をランダムでピックアップ
もっ指さ逞しゅうすれ臆する討ち果すふくれあがっながれこんようしむつかっ持直しあざむけ思いこん決りとり上げれけとばせほざき立まじる振りまわさ伸べよまてる
形容詞をランダムでピックアップ
ねばいこきゃ悲しから甘い敏く空々しき慕わしき明しかたくるし乏しく恐ろしかっつめた低けりゃはれぼったかっあらっぽく易かろ遠けれほそながいおそう暑き