「浅井」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

浅井[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
浅井の民さんと云う  浅井の岡が胆吹山と高さくらべをした  浅井の居城小谷に向った  浅井の本城なる小谷に迫って  浅井が出でて戦わぬので  浅井半助とて武勇人に許されし  浅井を見  浅井を向うに廻した  浅井の武威に恐れているだろうという  浅井の将士も不安になって  浅井の柱石と頼みし  浅井がために死を急く  浅井は尚三年の久しきを保つ  浅井に忠節を尽せよ  浅井が亡んだ  浅井が笹木の所へ金を借りに行った  浅井はなった  浅井は少し借りて  浅井と一緒に手を廻して  浅井とがぶっ倒れて唸っていた  浅井黙語の模様画が染め付けてあった  浅井という村へ出た  浅井黙語先生の画を拝見した  浅井という小姓をしていた  浅井の叔父はやはり船も同行した  浅井から養子に行った  浅井の屋敷では主人の因幡守が妾のお早と娘のお春を連れて  浅井の屋敷ではもちろん相当の金を使った  浅井の家は家督相続が取り消されて  浅井の屋敷に瑕が付いても構わない  浅井の屋敷は潰れる  浅井の奥さまは半気違いのようになっている  浅井の屋敷へは迂  浅井の屋敷で死んだ  浅井の人たちを砂村へ送りつけて  浅井の屋敷から手をまわして  浅井の奥さまや親類たちが町方へ手をまわして  浅井の屋敷からは犬の児一匹も出て来なかった  浅井の屋敷に勤めさせて  浅井の屋敷の人々を沈めたという  浅井の屋敷へ内通して  浅井の屋敷に瑕が付いても構わないから  浅井の人たちを砂村の下屋敷へ送り付けて  浅井の奥さまの里方で深川の浄心寺わきに屋敷を持っている  浅井の若殿さまを誘い出した  浅井の屋敷では二日前に家出したと云い  浅井のお嬢さまだということが知れた  浅井の奥さまのお蘭という人は里方の菅野家へ戻りましたが  浅井の兄さんは夏夫といって  浅井じつ子は女の級長をしていた  浅井が不足を感ずる  浅井の反逆の報を容易に信じなかった  浅井を屠り  浅井に嫁いで  浅井の二女を獲ただけは否み  浅井に時々そんなことを訊ねた  浅井の収入は毎月決まっていなかった  浅井の身のうえなどを話しだしたが  浅井が留守の間に来ていはせぬかという  浅井の下駄もあった  浅井がハハハと内輪な笑い声を洩らした  浅井の顔を見たが  浅井と前後して  浅井はにやにやしていた  浅井の羽織などを畳んだり  浅井の態度が飽き足りなかった  浅井を送り出してから  浅井は鼻で笑っていた  浅井はお増にこぼした  浅井の妻を嫌う  浅井はそのころいろいろのことに手を拡げはじめていた  浅井はある朝寝床から離れると  浅井の耽り疲れた  浅井が楊枝を啣えて  浅井のそう言った  浅井に財政の整理を委す  浅井は往復の便を計って  浅井は初めてそこへ落ち着いた  浅井の生き生きした  浅井に話した  浅井は女を連れ出して  浅井につれられて歩いていた  浅井はいろいろの場所におかれた  浅井の足がふと一軒の出窓の前で止った  浅井は笑い声を洩らした  浅井に訊ねた  浅井は言い出した  浅井は笑っていた  浅井の足が一層家の方へ遠ざかった  浅井の顔を見ると  浅井は蒼い顔をして  浅井は胸紐の乳を引き断られた  浅井はある  浅井は時々思い出した  浅井の帰って行った  浅井の目に物悲しく映った  浅井はすぐその時のことを想い出した  浅井が家を持ったという  浅井はそれをお千代婆さんのところに託けておいて  浅井は細君と相談して  浅井は押入れの  浅井の金縁眼鏡がきらりとこっちを向いたが  浅井は一片着け  浅井の顔を眺めた  浅井は呟いていた  浅井は少し真剣になって言い出した  浅井はこの前から気のついていた  浅井が家を出る  浅井はようようのことで細君を宥めて  浅井と一緒に並んで歩いた  浅井はお増の方へ帰ると  浅井は苦笑していた  浅井について時々自分の方へも姿を見せた  浅井は首を傾げながら呟いた  浅井は目元に笑っていた  浅井の旧から知っていた  浅井が外へ出て行った  浅井は落着きのない目色をしながら  浅井はお柳がお増のことをいろいろ聞きたがった  浅井を振り  浅井と差し向いでいる  浅井と一緒に出かけて行ったり  浅井にもお増にも見透される  浅井は薄笑いをしていた  浅井の湯治場から帰って来た  浅井が東京へ帰って来るまで  浅井の一度も姿の見せぬ  浅井の様子を捜りかたがた小林の細君の方へそっと遊びに来た  浅井と一緒に苦労して来た  浅井だって今に目がさめますよ  浅井の顔を眺めながら  浅井が淋しく笑った  浅井の枕頭へ来て  浅井が興奮した  浅井の胸に考えられた  浅井は笑った  浅井は鼻で笑った  浅井が途中で買った  浅井にそう言われて  浅井の言った  浅井にくれて  浅井はそう言って  浅井はこう言っては  浅井の父親らしい様子を見ている  浅井が言い出した  浅井は時々お増を揶揄った  浅井の坐っている  浅井も気持よげにその顔を眺めた  浅井の出した  浅井に送ってもらって  浅井の背を流さしておいた  浅井の気をひいて見た  浅井は時のものを着せる  浅井は二日ばかり遊んでいた  浅井は海や人家などの幽かに見える  浅井は足元の崩れだした  浅井の行ってしまった  浅井が寝顔を出していた  浅井はまだ帰っていなかった  浅井が腕車で帰って来るまで  浅井に話したが  浅井はそれを受け入れ  浅井は争いもしなかったが  浅井の言い出す  浅井は火の気のまだ残っている  浅井の口から話された  浅井を待ち受けた  浅井が間へ入って  浅井の目に感づかれた  浅井は重い目蓋をとじながら  浅井の口に押しつけなどした  浅井は今まで一緒にいた  浅井に一切を依託してあった  浅井に腹立たしく思えた  浅井は手紙を捲き収めながら  浅井の言ってやった  浅井は外出のそわそわした  浅井は手紙を火鉢の抽斗へそっと入れて  浅井は外へ出ても  浅井の着替えをそこへ持ち出して来た  浅井はそこのところを指して  浅井は頷いて見せたが  浅井は女を煽動する  浅井は二階の寝室でまだ寝ていた  浅井の枕頭へ幾個も幾個も転がしながら  浅井も笑いながら  浅井はやっぱりふふと笑っていた  浅井が床を離れて  浅井は目を瞑って  浅井はそうも考えた  浅井は小林からそんなことも聞かされた  浅井は近ごろかなりな地位を占めて来たが  浅井も心に頷けた  浅井は呟いたが  浅井が行きつけの小じんまりした  浅井は心を惹かれていた  浅井の安否をたずねた  浅井は少しまごついた  浅井は廊下で見つかって  浅井は手紙を読んで聞かせながら  浅井は莨を喫しながら  浅井の低声で読みあげる  浅井は笑いながら  浅井のいないのに  浅井の形のいい頭顱とがぽっかり見えだしたりしていた  浅井のところへ来た  浅井の方へ出向いて来た  浅井に釣り出されて  浅井は軽く応けていたが  浅井は答えたが  浅井はふ  浅井に話しかけた  浅井は東京附近の田舎にいる  浅井は鼻頭で笑っていたが  浅井は火鉢の傍に何事もなさそうに寝そべっていた  浅井は言いかけた  浅井は長いあいだ知っていた  浅井や自分の好意を言い出さずにはいられなかった  浅井と一緒によそへ出たりなどする  浅井は笑いながら言った  浅井にしては  浅井がちょうど二階から下りて来た  浅井によって二度も三度も作られた  浅井の傍に坐って  浅井が何か言いかけると  浅井のいない  浅井はそういって  浅井の方へ融通されていた  浅井がもう帰っている  浅井からも謝罪めいた  浅井に愚痴をこぼした  浅井がしばらく田舎へ行っている  浅井が田舎へ立ってから  浅井がちょうど田舎から帰って来た  浅井の家を出て行った  浅井は癒るとも癒らぬとも片着かぬ  浅井から聞いた  浅井は笑談を言っていた  浅井は酒気のある  浅井は真面目になって  浅井の力を借りない  浅井のところへ出入りする  浅井の姉の子だという少年が来ていたりして  浅井は訊ねた  浅井の側を離れて行った  浅井に続いて  浅井もお増と一緒に行ったり  浅井を訪ねて来てから  浅井は自分からお今にも説き勧めた  浅井はお今を呼びにやって  浅井はこっちからその姿を眺めながら  浅井はお今の長襦袢を畳む  浅井の目にも浮んで来た  浅井も女を憫れむように空虚な笑い声を立てた  浅井にそっと被せかけなどした  浅井は何事もなさそうな顔をして  浅井はやっとそこを脱け出したが  浅井は先刻そういって  浅井は調子づいた  浅井に絡みつく  浅井もお増もまだ二階に寝ていた  浅井の甥の学校へ行った  浅井が帰ってからの  浅井はお柳のいた  浅井の心は一層情婦の方へ惹かれて行った  浅井が留守になると  浅井に突っかかったが  浅井を待っている  浅井のすきな半衿のかかった  浅井に頼んで来た  浅井に言いかけたが  浅井は明朝結納を持って行く  浅井はその男の講釈などを聞きながら  浅井はむっくり起き上ると  浅井はそう言いながら  浅井の家を出た  浅井も空洞な笑い声を立てた  浅井も丁寧に猪口を返した  浅井の手を取って  浅井がいるし  

~ 浅井[名詞]1
前後して浅井  気に浅井は  俺は浅井と  意外にも浅井  笹木と浅井とが  京都の浅井  弟の浅井という  従弟で浅井から  三千石の浅井の  ために浅井の  娘を浅井の  船は浅井の  それに浅井の  方から浅井の  女は浅井の  信長は浅井の  江州の浅井を  国色無双の浅井の  娘は浅井の  増は浅井に  増は浅井の  急に浅井が  気にしている浅井の  それだけでも浅井の  買いものなどに出歩いている浅井の  才の利く浅井に  向う前に坐っている浅井の  溝際をあるいていた浅井の  ことを浅井に  時は浅井の  げに浅井の  何かを取りに来る浅井の  犬は浅井について  家で浅井の  蔭にいる浅井の  置物などを飾っている浅井を  会社で浅井の  家へ浅井と  打合せをしている浅井と  なかに横たわっている浅井の  子供を浅井に  様子を見て来て浅井に  今は浅井の  自分が浅井の  時の浅井の  欠まじりに浅井の  ところへ通って来る浅井を  それを浅井が  視線の落ちて行った浅井の  段梯子をあがって行く浅井の  それが浅井と  ような浅井の  無心が浅井の  心のさばけた浅井に  二人きりの浅井と  ことに決まっている浅井の  あいだ気心を知っている浅井の  都合で浅井の  ときの浅井の  今が浅井の  冠った浅井に  素直に受け入れた浅井は  横になっている浅井に  体を浅井に  近所で別れた浅井が  溜息を吐きながら浅井に  素直らしく浅井を  増も浅井も  叔父は起ち上る浅井の  

~ 浅井[名詞]2
この浅井  どうして浅井  いったん浅井  はたして浅井  時々浅井  よく浅井  用心深い浅井  もう浅井  優しい浅井  再び浅井  じきに浅井  一度浅井  ぴったり浅井  ちょいちょい浅井  後で浅井  おそい浅井  いろいろ浅井  

複合名詞
浅井了意  城東区境町昭和伸銅会社浅井定次さん  浅井氏  浅井長政  浅井姫  領主浅井長政  当時浅井方  浅井家重代  浅井家滅亡  浅井征伐  浅井軍  浅井朝倉軍  浅井朝倉  浅井勢  浅井朝倉方戦前  浅井家無二  浅井家  浅井雅楽助  浅井方  浅井朝倉勢  浅井家長久  三年間浅井朝倉  浅井先生  時浅井先生  銀行員浅井  浅井忠氏  浅井画伯  近江浅井郡湯田村大字八島  浅井吉兵衛  浅井喜八郎  城主浅井長政  織田対朝倉浅井  浅井朝倉あたり  浅井下村中村  浅井和田  浅井半  浅井因幡守  浅井一家  浅井さま  浅井郡  浅井忠先生  浅井秋夫  浅井さん  浅井一毫  亀元年織田右府公浅井朝倉退治  浅井坂田  巴里浅井氏ヨリ上  浅井多門  浅井了意戸田茂睡井原西鶴  浅井郡馬川  与力浅井  浅井一人  昨夜浅井  昨日浅井  浅井夫婦  晩浅井  自身浅井  午後浅井  いつか浅井  おり浅井  折り返し浅井  びとなく浅井  近ごろ浅井  日浅井  昨夕浅井  浅井政敏  浅井道忠  浅井栄二作曲  浅井忠  近江国浅井郡  浅井孝雄氏  



前後の言葉をピックアップ
朝日新    朝明  朝明け  浅い  あさい  あさい  朝井  朝一  朝市


動詞をランダムでピックアップ
めとっ休め楯突い混ま貴ぶ建て直す反り返憐れむいいよら休も抱きつく受付けかもし出し顧みれひさげ脂ぎりだまし込ん置きかえる酌み乗ず
形容詞をランダムでピックアップ
だるい角々しいうとうとしいみよい易けれ重かろすばらしく気まず雄雄しい忌まわしく著かれこまかく目新しかったか注意深憎らしき大きかっ強うやましい大きけりゃ