「洗」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
洗ひ落して戻ると  洗はせる  洗ふ手がかじけた  洗ひ落すべく  洗ひ落して  洗つてくれた  洗ひ流す  洗ひ落す  洗ひ流してくる  洗ひなさい  洗ふ音漸く止んで  洗つてくれ  洗ひ落したが  洗ひ流した  洗ふを見る  洗つておいた  洗ひ流し  洗ひに立つた  洗錬に役立つ  洗はなければならない  洗ひに井戸端へ出て  洗ふことのできない  洗ひ清まつた  洗ひ晒した  洗つたところを見れば  洗ひに行つた途中見て  洗ふ手をやめて  洗ふ事を常としておりました  洗つている  洗ひ口を嗽いでから  洗ひ洒しの  洗ふ時に附けた  洗はれる  洗つたやうな明るい顏を擧げて  洗つたりする  洗つて頂きませう  洗ふやうにお照は榮子の頭を畳に擦りつけ擦りつけして  洗つていた  洗ひ終ると  洗はれたやうな心地が致します  洗ふといふ  洗ひ茶を汲んで出した  洗ひ落した  洗はせながら  洗はれた蔦の匂もする  洗はないのかと思ふ  洗へば白くなる  洗ひ流さうと  洗ひに行つてゐると  洗ひ晒しの浴衣に色のさめかかつた  洗ひ物をして居ります  洗はないので底が拔けてしまふ  洗去られし  洗ひ去り  洗はれた青空が見えて来た  洗はうとすると  洗はれてゐる  洗ひ流して  洗ふ場所とては見つからなかつた  洗ひ出す  洗ひはじめて  洗にしようか  洗ひ晒せし  洗ひ流されてゐたので  洗ひながら北に走る  洗ふが如き  洗ひ張の着物の畳んだ  洗ひ髪しづく  洗つたやうなカンナの花瓣が思ふ  洗ひ屋といふ商売をおぼえ  洗ひ屋にかへりたかつた  洗ひ屋に用はなかんべ  洗ひ出した  洗へます  洗ひ浮世の外の月花を友とせ  洗ひたくなる  洗ふことすら知らない  洗ひけす  洗ひ落してはあるが  洗ひ上げ  洗清められてゐる  洗つたりした  洗ふことにして  洗つちやいけないよ  洗ひ流してしまふ  洗ふ暗闘を巻き起した  洗ふ可き  洗ひ去る  洗はれなければならない  洗つたやうに鮮な色つやを誇  洗錬されてもいるし  洗錬された  洗ひ出された  洗ひ桶をあけたら  洗ひ桶を手に持つて立つてゐるので  洗ひ棄てた  洗ひ落してやると喜んで  洗ひ立てのやうに光つてゐる  洗ふ裸体むらがる  洗錬され  洗ひ水を飲んだ  洗ひ晒しの浴衣地をカーテンみたいにした  洗ひ去られて  洗へば大根いよいよ白しし  洗ふへそが汗ためてゐる降り  洗はれた感じがする  洗ひ清められてゐた  洗ひさへしない  洗ふのを見下してゐた  洗はれてゐた  洗ひ屋の下仕事の口を見つけたと  洗はれてすべすべになつてゐる  洗ひ落すかな  洗ひすぎて  洗ふによろしく波音そのかみの悲劇のあと太平洋に面して  洗ひあげた  洗ひ去られると  洗ひ去られるから  洗ひ去つた  洗はれて空気の澄み  洗ひ去られてゐる  洗はうと思つて湯殿にはいつた  洗ひ去  洗出された  洗ひ去られた  洗はれたやうに小砂利の現れてゐる  洗つてくれたから  洗つたり着せたり  洗ひさらした単衣を着てうつむきながら立つてゐて  洗つたり縫つたりした  洗ふ資格すら自分にないやうな気がした  洗ふにはそれだけの額は余りに多過ぎた  洗ひ立てる  洗ひに行かうと  洗ひ切れない  洗ふ其の婦が顏を上げた  洗ふこと二三度なる  洗ひ顏を洗ひ  洗へといふ  洗ふことにした  洗ふ前に先づ洗濯すべき  洗ふ爲に石鹸をなすり附ける  洗ふ爲の石鹸は石鹸水となつて洗濯ものをたつ  洗ひ終つたら  洗ひい  洗ひたての肉體いつ  洗ひ清められたばかりの  洗ひ清めてゐるよ  洗ひ場は月の幻燈會の入口だと思ふが  洗ひ清めた  洗ひ浄めねばやまぬ  洗つたり医者の先生に笛を習つたりした  洗ふ女あり  洗へば浅き遊魚かな古井戸や蚊に飛ぶ  洗ひながら腹の中で加減して  洗へば洗ふほど流せば流すほど  洗ふと言ふ  洗ひざれてはげちよろけて  洗ひざれた  洗ふ血の流真黒に滴る  洗ひそれからそっと新聞紙に包みました  洗ひながら独り言のやうに呟いでゐた  洗ひに行かうとすると  洗ひにきた  洗ふ音がした  洗ひ清めながら  洗ふことが出来る  洗ふ赤児がおとなしい夫婦喧嘩もいつしかやんだ  洗はれた手入の屆いた  洗ひ乍らも幾度も幾度も自分はハガキを懷から出して眺めた  洗ふ水が濁  洗つたりしてゐると  洗ひはじめた  洗ひ髮の投け島田に元結一筋きつて放せし  洗ひ清め  洗ひに日に一度位ゐ  洗ひ道具をはふり出して  洗ふ間傍に立つて眺めてゐた  洗へば心戯けたくなれり呆れたる  洗はれて思ひ  洗にもいた  洗つたりして  洗はれて手綱控ふる  洗ふ黒潮に流れも寄るか  洗ひ流すに  洗ひに行くと  洗はれ野原はすがすがしくなつたので花巻グランド電柱の百の碍子にあつまる  洗はれたざんざんざんざん木も藪も鳴ってゐる  洗はれながらきゃ  洗ひに出ると  洗ひ物をして居ると  洗ひに行きますと  洗ふときに兩手へ石鹸をつけて  洗ひ場を見ると  洗ひはじめるので  洗ふのも禁止されてし  洗はせて連れてきたといふ感じ  洗はれ改ま  洗ひに立つて  洗へばその腕の優しくありぬ  洗ひ思ひは  洗つたやうに見えて  洗て蒸籠で蒸します  洗はむ心ある  洗ふことさへ  洗ひ流された  洗ひに一しよに往きたいと  洗つてしまふと  洗ひ髪のと笑つたのと此三枚が一ヶ処に描かれてゐる  洗ひ髮を撫でつけて  洗ひ茎もろともにほどよく刻みて  洗ひ落すには  洗ふのさへ正吉は待ち切れぬ  洗ひ髪春や今宵歌つかまつる  洗ふて云ったか  洗はなくてい  洗錬を経ない  洗はうとする  洗錬する  洗ひ出しながら  洗ひし水桶の底に沈澱したる  洗ふふりをして  洗ひに家へ帰りました  洗ひ渫ひ言うて  洗ひ化粧する  洗錬を経たので  洗錬されていて  洗錬されない  洗ふ為めに一間四方ばかり水溜が穿たれてあるが  洗ふも善を為す  洗ふ事もなく殊に食事のたびに茶を飲み得ぬ  洗はれて窪んでゐる  洗つたやうになりました  洗ふ邪魔になる  洗はれてゐたに  洗ふても消え  洗はせた  洗ひたての干物が色とりどりにブラ下げてある  洗へば髪を洗へば紫の小草のまへに色みえて  洗ふわが涙短き笛の節の間も長き思のなからずや七つの情声を得て  洗ふ白波の流れて  洗ひ去れ  洗ひかへしを  洗ひに出掛けるとしたいが  洗はう子供たちに街を歩む  洗清めたものしづかな白い世界よ私はこの冷えた  洗ひ落せ  洗ひ辨当行李を洗ふ  洗ひ清めて  洗ふことになつて居りましたのに  洗はせません  洗ひたがらないし  洗つてしまふ  洗つてしまひ  洗ひながら流れてゐる  洗つたり貝を探したりして  洗ひ浚つて行つたことがある  洗つてくれる  洗ひ流されてゐた  洗ふ溪川の姿を見  洗はれて飛び出す  洗ひ筆洗ふ  洗ひ張りした  洗ひ清めずにはゐられなかつた  洗ひ落してきたといつた描き  洗れた手を描く  洗ひ切る  洗ひなさいまし  洗はした  洗ひましたので草臥もすつかり  洗はれたあなたのからだは無辺際を飛ぶ  洗ひに戸外に出ようと  洗はれた白い村や野辺に滑つてゐた  洗ふときがあるね  洗ひ着物の乱れを正す  洗へば落ちる  洗ふものあれば  洗つてくるの  洗ひに出された  洗ひ浄められ慰められ  洗ふ波紋が水一面に広がつて行く  洗ふたびごとにいよいよ白くきよらかになるとぞ  洗ひ上げて見せた  洗ひ清める  洗へばきれいになる  洗はせて下さいました  洗ひに降りる  洗ひ物をしなければならなかつたからです  洗ふ沖つ白浪霞立つ  洗ひさらはれて  洗ひ洗濯女の手に波紋を畫く  洗ひ眞白な米を流す  洗ひ淨めてよくよく昇天の仕度をなされよ  洗はれて咲いたといふ  洗曝しでメリヤスのシヤツは目に立つ  洗ふのであるからシヤツへは冷たい水が浸みる  洗ひ水でずぶぬれにな  洗し場に出て  洗しっくらをした  洗はれて既にもう道往く  洗ひ出される  洗ひや得ざりけむ  洗はれて我世すゞしとてる  洗ひ瀬に碎け  洗ふばかりにいたくゆがめる  洗ひてこの湖に湛ふ  洗ひて我を淨むるが故に知るべし  洗ふにたる  洗はれたやうな空や入陽の名殘りの光芒を見る  洗ひ落したいとまで思はれて  洗ひて一切の汚穢を除け  洗ひて地獄の穢れを除かしむ  洗ふガリリアーノ川のことなるべしといふ  洗ふ井戸辺に露草あをし  洗ふ番に当る  洗つたやうな清い汀に靜かな小波が寄せてゐる  洗ふ波の音が夕刻に近づくに  洗ひいたしませう  洗ひに行く  洗はれた後のやうに清々として綺麗に頭の馬鹿な想ひが  洗ふと思ふ  洗つたりしない  洗つていただいたり  洗ひ濯がれたる  洗ふやうにして流れてゐる  洗ひ落すかするより  洗つたり茶が出たりする  洗ひ給うた  洗ひ髮がさらりと肩から胸へ落つる  洗ひ髪がさらりと肩から胸へ落つる  洗ひ落されてゐた  洗へど去らず  洗ひかけほす  洗はれにけり  洗ひ洗濯女の手に波紋を画く  洗ひ真白な米を流す  洗ふこともないと見える  洗はれて秋の涼しさは頓に催すのであらうが  

~ 洗[名詞]1
足を洗は  一切を洗  菜葉を洗  顔を洗  それを洗  水をせきためて洗  焦燥とを洗  身を洗  #心を洗  ぴて雨が洗  泥を洗  温泉に洗  不快を洗  浴衣は洗  ユフウツを洗  皿を洗  私を洗  垢を洗  汚濁を洗  衣裙を洗  二ヶ月ぐらゐ顔もそらず洗は  手を洗  言葉の洗  茶器を洗  顏を洗  足を洗  涙をもつて洗  清水で洗  茶碗などを洗  馬を洗  茶碗を洗  猿股を洗  何か洗  眼を洗  枕上なる洗  にしんを洗  臺所で洗  波に洗は  急流に洗は  炎を洗  奇麗に洗  顔を洗は  顔も洗は  硼酸で洗  芋を洗  自転車を洗  心迄洗  つたからだを洗は  ぴたぴたとその礎を洗  薬でじやぶじやぶ洗  両手を洗  洪水に洗  假橋を洗  雨に洗  河で洗  綺麗に洗  灰で洗  懊惱を洗  障子を洗  車輪を洗  手に持つて洗  中で洗  箸を洗  石垣を洗  體を洗  死骸などは洗  盡すも洗  渚で洗  潮風を洗  身體を洗  腸は洗  鱸の洗  微光に洗  素地を洗  静かに洗  りつとして洗  上にあがれば洗  浄潔に洗  国ぜんたいを洗  東海岸を洗  血を洗  躯を洗  食器を洗  縫ひかけた洗  夕方ときし洗  焔を洗  使つて綺麗に洗  本業の洗  やうに洗  手が洗へ  一輪差を洗  たるを洗  自分はなみだで洗  足あとを洗  縞目も見えぬ洗  岸を洗  身許を洗  露に洗  もとを洗へば  筆を洗  頬を洗  手と共に洗  手足を洗  昔を洗  邪氣を洗は  歌笑は洗  ショウマンとして洗  富士山が洗  俺が洗  文字を洗  一心に洗  体のよごれを洗  滝に洗  さを洗  無限に洗  砂礫を洗  根本を洗  しめやかな洗へば  あとの洗  耳の洗  底まで洗  水貝や洗  赤児を洗  裾を洗  水で洗  之を洗  徐かに手を洗  やつと洗  づめられてそれが雨で洗  釜も洗  甲を洗  背から足さきまで洗  水垢を洗  垢は洗  肥桶も洗  驟雨に洗  細胞から洗  綸巻を洗  河水に洗  大地を洗  脚もとを洗  精神を洗  ものまで洗  紺がすりの洗  一生を洗  天井を洗  綺魔に洗  この間から洗  師の洗  突つこんで洗  木目を洗  物を洗  羅を洗  菜を洗  ものを洗  これを洗  顏を洗は  #顏を洗  #頭を洗  身體を洗へと  眼の光りを洗  反射を洗  すつかり洗  風に洗は  思想を洗  西風に洗  月を洗  田舍の洗  月に洗  耳を洗  莫迦叮嚀に洗  鮓桶を洗へ  冷水で洗  衣を洗  風にかわきし洗  潮に洗  釵を洗  洗へば洗  色が洗  綾さんは洗  歯を洗  奇麗に洗は  汀まで持って行って洗  井戸端へ洗  コツプを洗  怒涛に洗  墓を洗  つてコダハリを洗  夫婦で洗  涙を洗  髮を洗  疲労を洗  大海を汲みあげては洗  ちの泥を洗  トラツクを洗  日ざかりのながれで洗  汗を洗  汚れ物を洗  波で洗  からだを洗  #ふんどしを洗  床を洗  物と洗  面を洗  殘りを洗  つて手足を洗  宿屋で洗  船体を洗  手にした洗  水に洗  傷を洗は  顔は洗へ  あたりまで洗は  それをもて洗へ  水にかも似る洗  汚れを洗  穢を洗  汚れを洗へ  島根を洗  原朝日を洗  現実に洗は  幻を洗  つぶに洗  穂も洗  きれいに洗  頭を洗  風が洗  雲に洗  酸を洗  毛皮を洗は  肌を洗  流し元で洗  褌を洗  なかを洗  美と洗  心も洗  髪を洗へ  額を洗  玉を洗  塩水へ漬けて洗て  星に洗  葱を洗へ  入日を洗  使つて顏を洗  土を洗  墨のかす洗  微風に洗  雲に濡らすや洗  才気と洗  ごと湯さ入れで洗  麓を洗  血を洗は  心を洗  中から洗  流れに洗  滅多に洗  充分な洗  手を洗は  穢れを洗  生活を洗  下半身を洗  手拭を洗  画面を洗  今だから洗  教養と洗  わが身より洗  東川喜久八が洗  技術の洗  鋤を洗  キレイに洗  おしめを洗  食器類を洗  一つづつ借り受けたるのみにて洗  波に洗  三度三度椀皿を洗  看護婦などが洗  いつしよに洗  泥の洗  口さへ濡らさせて下さらばとて洗  水で洗は  子は洗  髪を洗へば  笛吹き洗  蘆葉を洗  枯葉を洗  家の洗  私は洗  一つ顔でも洗  彼らの洗  傷ぐちを洗  眼界を洗  ふんどしを洗  身心を洗  辨当行李も洗  #辨当行李を洗  下を洗  羽を洗  悪心を洗  手足を洗は  手々を洗  葉を洗  青菜を洗  上つて手を洗  根を洗  影をも留めず洗  岩を洗  食器は洗  婉曲で洗  秋は洗  塵を洗  涼風炎暑を洗  終日大雨炎暑を洗  虚偽を洗  いま血を洗  血で洗  ブルジョア的要素を洗  手で洗  気はつきながら洗は  刻体を洗  肌を洗は  年で洗  身うちを洗  そとは光りに洗  何度も洗  景色が洗  ために洗  血なんて洗へば  行つて顏を洗  いしづゑを洗  面も洗へ  何ものか洗  鍋を洗  清水をかけて洗  涙を誘ひ洗  石けんで洗へば  流しを洗  ものなどの洗  野菜を洗  酒桶を洗  罪を洗  舌を洗  腸を洗  風雨に洗  雪に洗  手も洗は  患部を洗  唐棧の洗  石鹸で洗  盥へ入れて洗  雨露に洗  腰掛を洗  刀を洗  谷川に洗  時髪や洗  雨風に洗  そいつを洗  波も洗  月銀輪露に洗  汀を洗  酒に洗  境を洗  二一臂を洗  水みなアペンニノを洗  過ちを洗  毒氣を洗  頬を洗へ  露にて洗  一部を洗  防空着を洗  卵を洗  鮒の洗  のを洗  汝等を洗  後に洗  ヴィチェンツァを洗  シャボンで洗  着物を洗  醜悪面を洗  幾度か洗  小石を洗  あかを洗  先づ足を洗  宝船元を洗へば  腰を洗  とどろと洗  直ぐに洗  花春雨の洗へど  竿に洗  趾も洗  酒樋を洗  

~ 洗[名詞]2
しげく洗  早く洗  何もかも洗  よく洗  ほとんど洗  この洗  たのもしく洗  もう少し洗  あまり洗  おいしく洗  一寸洗  どうも洗  全く洗  次第に洗  いつも洗  絶えず洗  同じ洗  なく洗  更に洗  やがて洗  すっかり洗  

複合名詞
洗つて  十月二十二日玉山洗竹詩和訳原作  世上風塵事何嘗至此間欲窮飛鳥処洗竹出前山世  泥足袋洗  大根洗  大根洗ひつ  洗つて納戸  洗つて了つて  洗場  喚人相伴洗裙裾  洗ひも  洗つて大人  皿洗女  洗禮  洗腸  桶洗  つて洗  御輿洗  神輿洗  一洗  草紙洗小町  洗はず  洗骨  二枚洗ろう  洗ひたい  事洗  清洗者  腸洗一回  洗汁  髪洗橋  洗つた  洗つて会  洗淨嚴飾  洗つて何処  洗ひざ  洗曝  洗つてサツパリ  首洗  洗盤  洗ヒ飯ヲタベ  赤貧洗  洗物  薬洗  ザブザブ洗つて  オハヨトイヒマシタ大根洗ヒミンナ  洗髮  洗晒し  洗落し  洗出  雲接二蓬莱一七十洲一洗心身清レ従レ水  洗ヒシトモ今後日本文明  洗張り  洗ふか  洗ひつ  洗つて己  洗つてヒョッ  眼洗地蔵  顔洗  やぼちや洗つて  洗立  洗ひざら  洗つて引上げよう  草紙洗  洗イ流レテ清潔ニ存ジマシタ  王洗良日  皿洗  洗ひもの  洗体  洗つてやつ  友人桐ヶ谷洗鱗畫伯  洗ッ  マルコ洗禮堂  洗桶  ハンカチ何日洗  母さん洗  草紙洗ひで  洗料  洗つて炉端  洗手池畔  洗つた跡  洗身場  洗張  洗兒詩  洗つて了  淡泊洗  洗二太子一  洗ふん  根芹洗  洗つて鹽氣  洗ひき  洗つた枝枝  洗馬  洗洒  洗つて髪  物洗  洗つたの  それ洗張  洗肉  洗つて階段  元和元年春姑洗  姑洗  洗つて上つて  洗つてしまつて  洗つたあと  洗鯉  足洗  太刀洗  太刀洗附近  煩らひも洗  洗水盤  物洗場  野菜洗  顔洗ふところ  洗ふため  洗ひだ  趙州洗鉢  洗つた事  洗崖  洗つて髮  洗つて來  みな洗  びしやびしや洗  洗ヒ  洗つてキリシト  松籟洗フ二塵縁  洗ッていらッ  洗つた仕事衣  ざつと洗つて家  いつか洗つて  まま洗つて  ぐひでごしごしと洗  一洗せん  つて洗ひざら  洗つて洗  得洗  洗矢  お菜洗  顔洗つて  洗もの  太刀洗飛行連隊  洗つて結婚  洗つて事務員  紙洗大尉  今朝洗つた旦那様  實際洗  洗つて素人  温泉水滑洗凝脂  就金波洗玉杯  洗はん  面洗  足洗つて裏  洗ふところ  自ら洗  牛洗  ため洗  ぱりと洗  洗らい  洗つて座敷  洗ら  洗つた浮世  洗下げ髪  茶碗洗ひつ  小豆洗婆  小豆洗婆あと  洗つて冠  足洗ひと  洗つて其玉蜀黍  日々洗  洗つた洗面器  面洗ひと  洗つた上  洗槽元  洗濯洗張物  洗手  今一枚洗つて  洗浴  もの洗  平井洗手  色洗  洗つたすりばち  洗つて毒  洗つた水  従つて洗  衣洗  渡つて皿洗  洗つて作並  洗つて寝床  洗つてしまつた後  洗つた青菜  自動食器洗  洗耳房  先日洗耳房  きょう洗耳房  洗いっこ  小石川金剛寺内洗耳房  洗らはず  洗つて何時  芋洗  洗つて張つて縫  洗手盥  行つて洗  洗つた時  洗つて自動車  洗つて貰つた時  つよし洗  小豆洗  澄清洗  中西洗衣  洗つて塗箸  洗つてそれ  旦那洗  ぎもこがとき洗  裝身洗顏  舌洗  波洗  洗つて鞘  洗つて竿  洗ざら  洗つたためし  洗はる  洗禮所堂内  洗禮者ヨハネ  洗櫛  鰒一本洗  われ洗禮  洗禮者  汚穢洗  足洗川村  洗禮所  洗禮者ジョヴァンニ  洗禮baptismuspaenitentiae  洗つて香川  洗ふさ  つて洗禮  從つて洗つて來  洗つてら  従つて洗つて  炭掻き洗  霧晴れむとす洗  せり草苺洗ひも  女ドモ芋洗フ  葉洗  



前後の言葉をピックアップ
新井  荒い  アライ  粗い  あらい  荒井  洗い  洗い上げ  洗上げ  洗い上げる


動詞をランダムでピックアップ
更かさ埋ん弁え囚われるしおっすれちがえ張り回さ泳ぎ着かうん縋ら散り敷いのろ往ぬ着こなせ消え去ら食せつづら出来す肖っすり込ん
形容詞をランダムでピックアップ
つれなかっ苦し思わしき物凄く眩い怖けれ弱き腹だたし人なつこい狭苦しくせまき惜しかっひと足早く残惜しかっうれしかろ可愛くなけれ遍から