「泣か」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 泣か[動詞]
子だから、泣か  のだから、もう泣か  ところが泣か  杉野さんに泣か  聲で未だ泣か  声でまだ泣か  僕は泣か  何もそう泣か  からず、泣か  別れだ泣か  大っぴらに泣か  孤児は泣か  めったに泣か  孤児がいよいよ泣か  大人は泣か  大掃除式に泣か  獄中にあって泣か  それを見ても泣か  さに泣か  敬が泣か  くせこそ泣か  木の葉と共に泣か  生活を思いやっておろおろと泣か  いちは泣か  為に泣か  母かと泣か  から、泣か  子に泣か  目を覚まして、どんなにさびしがっているだろうかと思うと、泣か  つて来て泣かずに泣か  ポオルが泣か  なか子は泣か  恋もある、泣か  おれは泣か  みんな、泣か  手放しで泣か  子供らも泣か  鬼神をも泣か  ちやん、泣か  偉丈夫も、ほとんど泣か  ワアッという泣か  リンデン伯爵夫人が泣か  やうに泣か  秀雄さんはそれでも泣か  前で泣か  予は泣くまいとしても、どうしても泣か  言を聞いて泣か  人を殺して泣か  間は、泣くにも泣か  部屋に入り、泣か  どこへやら、ほとんど泣か  たいような、泣くにも泣か  嘉助が泣か  小児が泣か  将士は、泣か  周瑜は、泣か  声はいくじなくも泣か  出師の表を読んで泣か  なかには泣か  引け往なば、泣か  あとをみおくっていると、なんだか泣か  葉子は泣か  時でもなかなか泣か  葉子は泣くにも泣か  兄さんに叱られたけれど、どうして泣か  質で、泣か  電車なくなりしに、泣か  赤坊は少しも泣か  お前に泣か  うつたへどころのない、泣くに泣か  すりこみの、泣か  ために泣か  這ひて泣か  人が泣か  佇立して泣か  しかも泣か  世界を泣か  松吉は泣か  ワンとも泣か  パパは泣か  ことでは泣か  一通りならぬを見ては、泣くにも泣か  身を責めて泣か  形なの、泣か  殆岐に泣か  余はそう言って泣か  気がしてあぶなく泣か  平太はあぶなく泣か  お母さんは泣か  灯影にひとり泣か  鬼哭に泣か  一日も泣か  心また新しく泣か  恋に泣か  戀に泣か  奇妙に泣か  おいおい聲をたてて泣かう泣か  米友は憤るけれども、泣か  妾それでも泣か  ばつてゐて泣か  鳥、泣くにや泣か  境に泣か  凭りても泣か  おかみさんに泣か  けが、泣くにも泣か  これが泣か  歯で笑われると、とても泣か  人を泣か  雉も泣か  梅は泣か  自分に泣か  白状して呉れと泣か  者が、泣か  花をすりぬけつ、泣か  日蓮は泣か  男は泣か  あんたはん、泣くに泣か  何として泣か  子供に泣か  玉太郎は泣か  勇仙が弱りきって、泣か  わたしは泣か  母はもう泣か  なにを泣か  ここ数日、泣か  自分で泣か  者以上に云い、泣か  嘉代さんは泣か  文、讀んで泣か  末の白きかな縋りて泣か  雲の薄きに泣か  流石に泣か  貴方も泣か  私が泣か  今度は泣か  君はちっとも泣か  時には泣か  奴は泣か  奴が泣か  机竜之助を泣か  梟に泣か  留守中、泣か  つねを泣か  婦人の泣か  今になって泣か  ように煩わされきって、おのおの泣か  朝には泣か  顔をして泣か  支配人が泣か  山太郎は、泣か  山を見て泣か  菊ちゃん、そんなに泣か  せきをやぶって泣か  痛みに負けて泣か  墨田川でも泣か  懐うて、泣か  あたしが泣か  けむと、泣か  ためにも泣か  慰めに接して、泣か  なぞも泣か  ようには泣か  親も泣か  われは泣か  写生文家は泣か  読者は泣か  どれほど泣か  ワーと泣か  傍人が泣か  小説家は泣か  ハボンスは泣か  一度も泣か  私は思い出すと泣か  彼は泣か  私も泣か  ぼんやりと泣か  驚きに泣くにも泣か  何にも泣か  前にかしげながら、泣か  哭のみし泣か  横丁へいつて泣か  姑に泣か  からないが、聞いていると泣けてしまってよ、泣か  僕は、泣か  憤怒とに泣か  顔を赤らめ泣か  そなたもかならず泣か  魔に、泣か  女心の泣くにも泣か  音ぞ泣か  名を取って泣か  音は泣か  むやみに泣か  狼も泣か  尚侍は泣か  者であれば泣か  せいからも泣か  鬼手に泣か  詩には泣くよ、泣か  心胸には泣か  あやめのねのみ泣か  あやめもわかず泣か  迫して泣か  感情も消え、泣か  声も立てて泣か  同情して泣か  とめどもなく泣か  あれ、泣か  こともねえ泣か  薫もまた泣か  絵をときどき出して見ては泣か  一日として泣か  ひけいなば、泣か  汝は泣か  汝が泣か  ことだが、泣か  願ふのみうらみじ泣か  尼に泣か  僕に隠して泣か  容易には泣か  ヨハンネスは泣か  各自に分て泣か  花圃が覚えがないなら泣か  一葉としては、泣か  つて上げるから、泣か  者一人も泣か  母も泣か  碌々眠らない、と泣か  老を、泣きぬ泣か  老を泣きぬ泣か  めえにゃ泣か  母には泣か  私は泣か  涙は見えなくとも、泣か  君は泣か  夜の泣か  壯烈鬼神を泣か  たびに泣か  一時間半ばかり泣き続けに泣か  日記で泣か  盃すすめつつ泣か  声を上げて泣か  児が出来て、ぴいぴい泣か  急に泣きたくなったが、実は泣か  手紙を見れば泣か  日までと泣か  鬼でさえも泣か  つても泣か  子供は少しも泣か  釣りにつれていってくれと、泣か  伯母御にしめ出され泣くに泣か  なにしろ武夫が泣か  あなたは泣か  殆んど泣か  愉快や、泣か  私はあんなにも泣か  人は泣か  不時に亡くなったと聞いて、泣か  ハンケチにおさえて、泣か  其話をしては泣か  新聞紙こそ泣か  免して下されと、泣か  ボクは泣か  事実とは信じかねるらしく、泣か  時、やはり泣か  ような、泣くに泣か  坊んち、泣か  世代には泣か  少数の泣か  紫陽花は泣か  音のみし泣か  僕が泣か  自分たちを思ふと泣か  たまるがごとしただひとり泣か  ひそかに泣か  母を泣か  内で、泣か  前後を忘れてしまって、泣くにも泣か  心置なく泣か  心持で、然し泣か  咽喉がつまつたが、辛うじて泣か  唄ねたましき泣か  おれは、泣か  朱総が泣か  一番痛いとみえて泣か  私は、泣か  ざらんとして泣か  魚は泣か  これ、さう泣か  窕子はまた泣か  いふ風に泣か  いふ場合には泣か  窕子さん、泣か  我を泣か  不幸とに泣か  背徳者として泣か  遺書を見て恥じ、泣か  正吉は泣か  君が思ひに泣か  不運に泣か  声を挙げて泣か  母に泣か  僕の泣か  後にも時々泣か  きみはもう泣か  われはた泣か  身が泣か  ひとが泣か  伊織は泣か  果ては、泣か  つばくらめ今日はわかれだ泣か  孤獨を泣か  かげで互に抱き合い泣か  折には、忍んで泣か  さびしさに泣か  寢ても泣か  子にひいひい泣か  家にいてくれと願ったが、泣か  さ、泣くにも泣か  蒲団を被って泣か  聲よりもおくれて泣か  無情なり、若し又泣か  親たちに泣か  おれはまた泣か  時にもかつて泣か  ですよ。さ、もう泣か  坊さん、もう泣か  與へて泣か  いずれも、泣か  べそはかいたが、とうとう泣か  五右衛門は泣か  主人が泣か  さは、泣くに泣か  爲に泣か  女に泣か  母が泣か  心は泣か  二つ三つくらわせたら、泣か  われを泣か  女は泣か  豊に泣か  つて怖くもないけれど、泣か  前歯でかみ割ってえらく泣か  そでにとりついて泣か  ハムレット、泣か  帰京後男泣きに泣か  奴にせめられ、泣か  甘美であり、泣か  それこそ泣いても泣か  夕日にそむき只泣か  行つたら、泣か  まさか、本当には泣か  そこから下をみおろして泣か  唖娘が泣か  位打つても泣か  面前で泣か  私を泣か  後姿の泣か  人悉く泣か  襟の泣か  羞恥とに、泣か  私は泣くには泣か  姫は泣くには泣か  宏ちゃんもおびえて泣か  二郎はげに泣か  私は泣くにも泣か  人形、泣くにや泣か  手もあてつ、泣か  日を泣か  眼について、ほろほろと泣か  しみに、泣か  S子は泣か  芸術家は、めったに泣か  為めに泣か  スウとも泣か  



前後の言葉をピックアップ
鳴か  中休み    中木戸  中天狗  中水野  仲の  中居  仲居  中井


動詞をランダムでピックアップ
おがめる狂え受けと申出よ逞しゅうし黄ばもつなげよ熱り立入る鋤かでっぱり立ちどまっきりつけん打ち落とす捜し出せる浮かび上がり病みつい書き分けしょぼつかこんがらかり
形容詞をランダムでピックアップ
ぬるかっ幅広からていたうたのもしすいとうといねたけれ気恥しい平たく注意深い古くおろかしき冷っこく憎けれ図々しいかわいらしかっ洽うさうなき聰し輝かしい