「治」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 治[動詞]
つて、どうにか治  それが漸く治  屹度調子よく治  もの、どうして治  水鳥でなく治  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
治まつてゐた  治承の乱に南都東大寺が焼失した  治を復せ  治も一国内の治なり  治に御心を用ゐられたばかりでなく  治と申し上げる  治にあっては  治をひらいて  治つたらまた幻灯を写すか  治の才がある  治つたら房州へ行く  治の功をあげ  治と二人を家の中へ突込む  治の脇へ寝かして  治は相州浦賀へ帰り  治に逢いたいからで  治に逢う  治という者を頼んで  治もあゝいう負けない  治の女房にさして呉れろとまでも云い  治も小兼も嬉しがって  治が手込にすると  治が遣って来ました  治に勝った  治はまだ歳がいかねえから  治に追附いて  治は兄に愛想づかしを  治ですがちょっと明けておく  治の身性を書いて  治は懐中から手拭を出して被せる  治は納戸へ這入って  治は一間から飛出しまして  治を睨め付けて  治は立廻りながら小兼の油断を見済まして  治と申す  治が不実を致したと申し  治が立腹して  治が残らず  治はひっ  治は山三郎の側へ駈け出して来て  治や小兼に比ぶれば  治も我を折って  治が昨夜の愛想づかしも  治承元年にもあって  治承四年より算すれば  治承四年より承  治の上にも及ぼしている  治の上にも及ぼしてゐる  治を請ふに  治する病ならば癒して  治のいじっている  治被搾取民衆を指示する  治はおほだ  治の口をとんがらかした  治にいて  治を再び攪乱し  治が略整理がつくと  治まつた完全な時代と云ふことは出  治むべき  治を欲する  治つてしまふ  治承元年になり  治のきまりも一先ずついて  治に入ると  治するものあり  治することがある  治するものと思うは  治つている  治つてしまいました  治にゐて  治に居て  治つたかと思ふと  治の改良を主とし  治については急激改革の害を論じて  治の進歩を主張し  治における第一の要旨なりとす  治に係る  治にいたるまでは  治するという  治つたものがあるやないかね  治承以来の数々の勲功をみづか  治に関係する  治の言う  治伐せられた  治つてしまふから  治を忘れずと  治が調ったと思うと  治を忘れない  治つたからと言つて寄席へ出る  治するにこの法を用うる  治することを得るといえる  治することあたわざる  治するものなるによる  治することを得べし  治するを免れず  治することになっております  治つた時は万葉学者になつちまうか  治つた頃には又別の形でやられるよ  治が及んでいた  治承の頃平康頼が筆すという  治承の春の樂みに知る  治するに雄鼠糞と梅仁を粉にし  治まつて行き  治し下さるで御座いましょうな  治承三年に島で果てたという  治が密航者としての処断を受けないで  治といふを連れて  治するは仁君ともいふを得べし  治黙寺に手習にやられたが  治承元年に七十四歳で世を去った  治承元年に六条清輔が卒した  治のところへは嫁に來るひとがあるまい  治のところへは嫁に来る  治を思ふ  治とかいてある  治を行う  治を布く  治を行うた  治するとて大食して死する  治を爲して  治承寿永の御国母三十にして  治に専心している  治承の飢饉が平家を弱めた  

~ 治[名詞]1
唐虞の治は  政府郡縣の治を  一国内の治  震へが治  疲労が治  天暦の治と  漢四百年の治を  それが治  ゲーが治  痛みが治  永長元年にも治  筆を起せる治  醫師を尋ねて治を  事が治  私は治に  而して治  彼が治  蒼生鼓腹して治を  當には治  天下を治  今日は治を  一辺で治  帝王の治  王の治の  事件の起きた治  風さへ治  北条氏百余年の治も  乱極まれば治に  これを治  虫歯を治  マジナイによりて治  完全に治  つても治に  新聞記者は治に  いくらか治  義満の治に  服用すれば治  現在それで治  和田家の治  脱線は治  大神に治  つて直ぐに治  乱にいて治を  流行眼を治  万病を治  能く治  乱にゐて治を  風邪が治  やけどを治  痔疾を治  字をかきて治  病を治  身部より治  心部より治  不治の病を治  病患を治  病も治  信仰によりて治  病気が治  蛇食べて治  ロクマクエンは治  国司の治が  時は治  痛みを治  俊寛は治  碇洩治が  子作之治と  之を治  のが治  尾張の治  ヒステリーは治  定家は治  歌は治  やつと治  あれは治  魯国を治  王者の治を  寛政の治を  國を治  御子の治  あなたの治  郡縣の治を  聖王が治を  平家物語の治  義仲のなした治  紅白二つに分けて住んだ治  

~ 治[名詞]2
丸く治  また治  遠治  よく治  たちまち治  ただちに治  なく治  

複合名詞
敬治二兄同道来庵  敬治坊  平野多賀治  敬治君  敬治来  紋治  昨日敬治君  敬治さん  槌屋治右衞門  治右衞門  敬治君来庵  敬治君機嫌  敬治  やつぱり敬治君  多賀治  資治通鑑それ  紙屋治兵衛  八・紙治  太宰治  治兵衛  治兵衛自身  治亂  県治  治左衛門  宝治二年  仁治三年十月二十八日  宝治元年十一月二十六日年七十一歳  北畠治房男爵  治維法  紙治  二代目春団治  治維法違反容疑者  治病  治むる  大野屋万治方  治政上  山中治左  治む  治むること肉  治むるとてその関係  宰相治修  治修  治兵衞  伊治公呰麿  伊治公呰麻呂  治六  治六さん  治六め  尾治連  三治  治つた狂人  勘治村  治八年  惣治  惣治さん  あと全部惣治  救世治民  群書治要  朱治字  世治新君按司  勢治荒富  えり治  襟治  治ムル者ハ人  治業大仁  領治  治策  州治  治的  上田治太夫  治太夫  朱治  百王治天  治つて  小谷治  治中従事楊洪  小尾範治氏  勇治さん  官治主義  治メテ以テ尺寸  治外防  治スル國民  与平治茶屋  治小かね馬作  治さん  治はん  治さア  治さん此所  治さん此処  治支度  治さんお前  治小兼  弟治宇二郎  治むる者  仁治元年四月  万治二年二月  其治  苦治  勇治  作家太宰治  円団治  治つた者  資治通鑑  小林丑治外二名檢擧  仁治  懷爐ぐらゐで治  治醫  辻馬桂治  西島治  治高  東儀季治ランク  横川唯治アンナ  續資治通鑑長編  山上通信太宰治  尊治  仁治建長  治病能力  治公  菱治さん  山槐記治  治むるものとなり  治むる主人  一揆対治  故人久能木慎治君  治つた  治つて了  因レ茲去仁治二年七月九日  治罰  二治罰一候  仁治元年三月二十一日  治一人  治ちゃん  対治  金沢治右衛門  弟達治  治兵衛坊主  坊主治兵衛  治つて一週間  すべて治  至治  治つて帰つて  治外法權  治年中  治兵衛梅川  加藤律治氏  クリーニング業加藤律治  嘉平治  治二年  仁治三年三月四日歿  治國  治國救世  治亂興亡  赤団治さん  内治  下別治レ生以長中尺寸上  治日  治むる間  治國上必要  而非二制レ治清レ  治四年  治帝  人肉治二羸疾一  治外法權撤廢  一治一亂  治年間  太宰治ひとり  レ治ラ  治九年  独治二レ天下一而己哉  敬治居  敬治居訪問  敬治居出立  憖じい治さん  二ノ御子尊治  尊治親王  皇太子尊治  治政  太宰治様  太宰治君  治兄  太宰治殿  太宰治様侍史  愚弟太宰治氏  太宰治学兄  太宰治様机下  太宰治氏  太宰治さん  太宰治ファン  太宰治さま  太宰治先生  尊治皇太子  君尊治  四治  桑原治兵衞  七十一治  治外交  治むる能  治外交一切  金子馬治  治心  治つたの  敬治兄等  敬治兄  水治  三治どころ  岡野治太夫  治太夫以上  父治太夫  治右衛門  子通治  救療治  祖先茂左衛門基治  茂左衛門基治以来  茂左衛門基治  神原茂左衛門基治  加藤郁治  郁治  間郁治  明朝郁治  郁治さん  くせ郁治  治農  稲垣銀治氏  銀治氏  藩治上  教師稲垣銀治氏  春団治  小田島治衛  治スル者ハ須ク  治ス  市川治兵衛  友人藤原嘉藤治菊池武雄  此右団治  右団治  平家コレヲ治ム  桂文団治  文団治皮  文団治  治兵衛さま  治むべ  自ら治むることを  治派  君民共治  自ら治むるを勉むべ  自ら治むる  ども内治  治外政いずれ  治干渉  弥五郎治氏  八丁堀同心丹沢五郎治  丹沢五郎治  南有馬村庄屋治右衛門  治右衝門  治政時代  治右衛門始め六百人  番頭治兵衛  治維法関係  治蹟  治むるをもって本  森治  専制治風  治つて此頃  治警  万治磐司  群雁治  嘉門治  のち万治元年  松本治右衞門  花房治右衞門  治穩和親  鰐対治  三宅治忠  治忠  櫛橋治家  万治三年  塚本閤治氏撮影  自ら治むることの有利  野村治輔君  国家治教  治宇二郎  石川治氏  年寄与治兵衛  年寄治右衛門  賀茂郷立本寺裏町治右衛門屋敷  時川崎村年寄治右衛門  今出川口年寄治右衛門  今出川治右衛門  石原治三郎  治三郎  治三郎老人  一人石原治三郎  一本占治茸  占治茸  大領伊治公呰麻呂  郡治  會稽東治  福州府治  ゑり治  奥家老下田治兵衛  弥治衛門  宝治元年  治むる所以  先代桂春團治  当代春團治  春團治君  春團治  北海道乗治監  王治本  モ治マッテ  治つた時  比野大納言資治卿  資治卿  一レ治  木村治  事已難レ治  江島屋治右衛門  治兵衛女房  白石治右衛門  樵談治要  治道  治経明等  皆川治広氏  治むる事諸  万治  治領  四月二十八日大野治房  大野治房等  大野治房  初代春団治  治方  小春団治の  主家江島屋治右衛門方  主人治右衛門  菅季治氏  同心支配広瀬治左衛門  治外政一切  治亂興廢  治むる国  ほととぎす治  村治  識つた太宰治  菅季治  治兵衛殿等  団治  中務大輔治年  春團治みなみ  桂春團治  福團治  小春團治  先代春團治  小春團治君  桂文團治老  先代文團治  治レ産  由也千乘之國可レ使レ治二其賦一也  治法  後年渡辺治衛門  多賀治君  多賀治さん  治部  僊一郎君治君来訪  レバノン教会牧師福田錠治氏  先日太宰治  ぐる治  治拝  遼東郡治  玄菟郡治  治教  治民  かん治  桂かん治爺さん  斎藤与里治  治外  治む文武二道  源治たち  源治  治兵衛どん  医治  治ら  治作  治部様  初代桂春団治  先づ春団治  春団治特有  桂米団治  云つた春団治独自  春団治落語中  飾つた春団治  春団治研究  小春団治  宗治  男爵北畠治房氏  斉治等  治ちや  治こ  木村治氏  当主治右衛門  づまつた農村治策  治國食糧政策  折治  当主治兵衛  子安利平治  治むる婦人  治つた後  顯治様  治むるといえども可  治むる内君  治脩公これ  風モ治マリ  治ッ  ごと治亂興亡  治むる地  治むる女王  治むるもの彼  治むる地云々とい  治むるのと大分  将軍家治誘拐  治むるにいたるをさだかに  陸奥国伊治城  宿富士屋治三郎  人神田久右衛門町代地富士屋治三郎  治天下  治むる神  治むる道  治むること三百年餘  治國説  治佐波毘賣旦波  芝本参治  波屋書房芝本参治  治作さんほか六人  治むるの  レ治二夷狄一  後深草天皇宝治元年三月二十日  治らさじ  六郎治  外交内治  篠原治さん  矢野弥平治  小半治  当時万治二年三月  万治二年三月八日  万治三年七月二十六日  熊田治兵衛  すべ治む  治三年  



前後の言葉をピックアップ
だ円    治まら  治まり            血だるま


動詞をランダムでピックアップ
眠れよ飲ませ答える居直ろ旧び修するやけつい済しとまっこびりつき舞いこみはぎとら選り押し込もはこべるいましめんかきわけ分け与えよ巧も突き合せ
形容詞をランダムでピックアップ
高い用心深かっ紛らわしき有難きうらがなしくなまぐさき角々しく程遠し角々し小さ白白しか黒きほしかっかるなまあたたかい臭い聞き苦しい薄気味悪いむくつけく