「永い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 永い[形容詞]
大分永い  づつでも永い  永い永い  ずいぶん永い  常に永い  あんまり永い  間もなく永い  あなたに永い  ちと永い  私永い  もう永い  かなり永い  だいぶ永い  また永い  その後永い  割合永い  月日永い  ことに永い  つい永い  行末永い  どんなに永い  うまうまと永い  よほど永い  ない永い  まだまだ永い  コン永い  しろ永い  とても永い  やはり永い  ちょっと永い  隨分永い  随分永い  必ずしも永い  そんなに永い  いかにも永い  まあ永い  丈永い  恐ろしく永い  あんなに永い  ただ永い  もっと永い  こんなに永い  とにかく永い  從來永い  なほ永い  から永い  行先永い  寂しく永い  もの永い  深い永い  じろじろ永い  きっと永い  こうして永い  ずっと永い  いかに永い  実に永い  如何に永い  それから永い  時々永い  なく永い  まるで永い  けが永い  ひどく永い  いずれ永い  深く永い  そう永い  只永い  ときどき永い  際永い  相当永い  以来永い  十分永い  当分永い  折角永い  きり永い  間接永い  いくら永い  ぶん永い  恰も永い  つと永い  みな永い  何やら永い  見苦しく永い  何と永い  一番永い  どうも永い  きの永い  同時に永い  まり永い  だって永い  あまりに永い  先永い  どうせ永い  最も永い  ため永い  よくも永い  へた永い  余り永い  いよいよ永い  いつも永い  よしんば永い  事永い  ゆっくり永い  始めて永い  あたし永い  ところ永い  まま永い  もう一度永い  なぜ永い  珍しく永い  もちろん永い  少し永い  だいぶん永い  

~ 永い[形容詞]
将来の永い  病気も永い  食事は永い  つては永い  一箇の永い  彼は永い  気の永い  幾百年の永い  戦争の永い  ものは永い  ぢと永い  非常に永い  ものの永い  自分の永い  五百年という永い  窓わくを永い  僕は永い  湖として永い  それから火山は永い  これが永い  癖の永い  ナースチャは永い  半年の永い  ように永い  人生の永い  私は永い  ぢさんは永い  下で永い  文学が永い  千絵は永い  先は永い  人類の永い  世は永い  それは永い  自分が永い  日も永い  学問の永い  傷牧童達は永い  満洲を永い  忘らりよか永い  空蝉か永い  時代の永い  熱心に永い  そこには永い  孫兵衛の永い  ここまで永い  悲しみが永い  氣の永い  寒い夜は永い  日が永い  それが永い  内儀さんも永い  上に永い  彼と永い  私も永い  わしは永い  わたしも永い  ことについて永い  時間の永い  ことは永い  これまで永い  さは永い  初夏の永い  それから四十年も永い  夜の永い  今日までの永い  光子を永い  筆は永い  先も永い  耕吉とが永い  浜子は永い  鉛筆を永い  何ものかで永い  奥様は永い  ロリー氏は永い  そこで永い  静けさは永い  のに永い  自分を永い  陪審官は永い  二十億年という永い  工科学生として永い  私の永い  彼の永い  七八年も永い  一つの永い  一週間の永い  居住区に永い  先の永い  日本人は永い  気が永い  国が永い  あんだけ永い  ばかに永い  ことが永い  思想を永い  生命の永い  それまで永い  地下室に永い  これも永い  君は永い  立場を永い  自分自身も永い  相当に永い  晩夏の永い  飲酒者が永い  餓えとの永い  二人は永い  僕たち探訪記者が永い  ようにまで永い  奈良朝以来の永い  二十年の永い  人が永い  繁婆さんが永い  江戸町民は永い  日の永い  違い先の永い  海とで永い  資本的経済組織の永い  数千年の永い  道子と永い  帆村の永い  一生という永い  僕とて永い  横に永い  相当の永い  以来の永い  駅に永い  村落は永い  期間が永い  大学の永い  後の永い  伸子は永い  中に永い  頼りに永い  窓は永い  佐伯は永い  妻の永い  なかで永い  条件が永い  なかに永い  七日は永い  何万年の永い  何の永い  私達は永い  Oは永い  幾十年といふ永い  儘の永い  彼が永い  十五年という永い  俺は永い  一緒に永い  過去何世紀の永い  眠る前に永い  母親は永い  ときから東京で永い  老人の永い  何という永い  房一は永い  練吉は永い  おまけに永い  三四十年の永い  結婚に永い  幕末の永い  プロレタリア解放への永い  日は永い  徐ろに永い  しろに永い  それを永い  人間は永い  頭と永い  女が永い  病気で永い  光でも永い  夜は永い  まま非常に永い  尊公には永い  主人の永い  中にこそ永い  便所の永い  祖父佐十郎を永い  可なり永い  これまでの永い  これには永い  年數が永い  復一は永い  私には永い  ジャックは永い  西域の永い  雪の下で永い  夏には永い  書斎に永い  自分たちの永い  大分先が永い  科学欄を永い  光景を永い  夜が永い  われらは永い  ていねいに永い  ひととの永い  宗教は永い  暦も永い  点について永い  結果として永い  自分は永い  これは永い  内部で永い  はるかに永い  無限に永い  存在に対して永い  七年も永い  十数年という永い  一人暮しの永い  それからの永い  国限りの永い  彼奴らが永い  私が永い  樽野は永い  今しも永い  時間が永い  五は永い  信仰との永い  やうに永い  とき子との永い  船長が永い  後は永い  島中を永い  ために永い  結婚生活の永い  柄の永い  生活様式を永い  葉が永い  道を永い  道端で永い  人たちと永い  アグーシャは永い  基経は永い  さを永い  きょうこそ永い  味に永い  花が永い  お前は永い  さへ永い  平和の永い  専門家が永い  からも永い  朝子は永い  乳母が永い  から六年間という永い  わしも永い  小用が永い  努力が永い  上で永い  闘争の永い  病気は永い  其處に永い  北国の永い  天井板を永い  倉庫に永い  朋輩に永い  料理法は永い  エミリイと永い  今まで永い  子は永い  紳士は永い  制度は永い  ヨーロッパに永い  彼以前の永い  姿を永い  ものを永い  婦人作家の永い  母が永い  それも永い  相剋に永い  幾代もの画家が永い  今までの永い  校長さんが永い  汝は永い  ベスが永い  あなたは永い  頃からの永い  関係は永い  私とが永い  自分達の永い  考へを永い  健康も永い  東京も永い  警察に永い  聖徳太子は永い  彼女が永い  これぐらゐわたしの心を永い  部屋に永い  十八年の永い  墓前に永い  そうに永い  道楽に永い  事は永い  急に永い  それまでの永い  わたしどもが永い  人は永い  茶の味は永い  つてしまつてからわたしは永い  留置場の永い  時計が永い  お前とも永い  作家が永い  彼女は永い  火で永い  ポスターを永い  堯は永い  俥に永い  は永い  節によって永い  新聞は永い  なほも永い  それから滝人は永い  ナイチンゲールの永い  次郎は永い  空気が永い  それからも永い  俊亮は永い  ことを永い  合唱期は永い  ところにも永い  薬も永い  自然主義文学の永い  あなたも永い  お祖母さんの永い  彼自身の永い  眼も永い  きょうは永い  かたに永い  部屋で永い  あれほど永い  法を永い  霊を永い  時を永い  抑揚の永い  ギリシア人が永い  ここに永い  茫然と永い  われらの永い  あれだけの永い  夏の永い  大官には永い  系統が永い  魚も永い  プロレタリアートは永い  

永い[形容詞]
永い年  永い間  永い見  永い事  永い日  永い忍苦  永い人生  永い苦悩  永い年月  永い一時  永い受苦  永い受難  永いアインシュタイン  永い寛容  永い時間  永いこと  永いとしつき  永い将来  永い忍耐  永い行く手  永い歳月  永い夏  永いあいだ  永い道中  永い冬  永い御無沙汰  永い小説  永い悲哀  永い手紙  永いヨーロッパ  永い歴史  永いほど結構  永い一  永い努力  永い一生  永い回向  永い馴染み  永いから  永い山  永い精進  永い涙  永い生涯  永いよう  永い月日  永い別れ  永い交際  永い途上  永い土塀  永い苦難  永い友達  永い夜  永い草  永い春  永いの  永い脅迫  永い半  永い祭  永い芝居  永い晩  永い人類  永い未来  永い苦海  永い業  永いヤケ  永い晩酌  永い方  永い眠り  永い会話  永い星霜  永い戦争  永い革命  永い闘い  永い年数  永い抑制  永い修練  永い演説  永い間の手  永い論議  永い旅行  永い旅路  永い人間  永い旅  永い期間  永い切断  永い沈黙  永い貧乏  永い話  永い言葉  永い彷徨  永い経験  永い日数  永い数  永い原因  永いりっぱ  永い別離  永い滞在  永いには驚く様  永い国  永い年代  永いに姉  永いなぢ  永い南国  永い露営  永い歴史的  永い床  永い用便  永い対談  永い雲  永い航海  永い希望  永い過去  永い啜り泣きのあと  永い夏期  永い昼間  永い宵  永い放浪  永い闘病  永い病  永い雨期  永い秋  永い患いにかかって江戸  永い患いとが二  永い眼  永い敬愛  永い俳優  永い計画  永い雪解け  永い争い  永い尼寺  永い牢  永い苦  永い時日  永い戦乱  永い顔  永い日の目  永いなじみ  永い時代  永いひる寝  永い汽車  永い乱麻  永いこ  永い獄中  永い世間  永いもの  永い三  永い正月  永い興味  永い間然  永い無言  永い留守  永い苦心  永いつきあい  永い私  永いふん  永い汗  永い未決  永い拝借  永い夢想  永い醜行  永い間壁  永いおなじみ  永いつき合い  永い雨  永い以前  永いあい  永い単調  永い穿鑿  永い見物  永い由緒  永い五月  永い前  永い辛苦  永い昔  永い休暇  永いといふこと  永い六月  永い生活  永い午後  永い相談  永い合間  永い間所  永い思案  永い社会  永い訣別  永い立話  永い困難  永い病気  永い寒気  永い奴等  永い時  永い勤務  永い過程  永い間人  永い冬ごもり  永い用  永い居  永い降雪  永い子供  永い物語  永い昼過ぎ  永い文学  永い画壇  永い位  永いお辞儀  永い丁寧  永いねむりから  永い間着  永い変化  永い結婚生活  永い不在  永い寿  永い日本の歴史  永い道連れ  永いのちのち  永い東京  永いこの世  永い息  永いジグザグ  永い祖先  永い仕事  永い他出  永い絵巻  永い夕暮  永い道  永い路  永い依存  永い慘忍  永い現実  永い睡眠  永い訓練  永い哀れ  永いため  永い力作  永い不自由  永い目  永い間合  永い抑圧  永い眠  永い掛声  永い二  永い文化  永い湯  永い後  永い熱心  永い冬眠  永い傑作  永い四月  永い前置き  永い憂鬱  



前後の言葉をピックアップ
  なか  長晟  長雨  長井  長居  長い  ながい  長井戸  永井


動詞をランダムでピックアップ
払込んひろいあげる叩き込めむす綴り合せれ注い見落しせめたて懐かしむ卸そ仰向くかぶれ退いひしげるちぢむしすあるけるもとめれふるえる捨置け
形容詞をランダムでピックアップ
ありがたい緩い卑し悔し女らしてれくさせまくるしかっかなしき馬鹿らしかっ腫れぼった如才無く貧しけれ軽々しきふさわしかっ速かれ悪しいみぐるしい物珍しい生あたたかき近かっ