「永」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 永[形容詞]
いくらか永  とうてい永  ソモジトノ永  ひどい永  文永  夜永  まり永  到底永  壽永  つて永  ちょっと永  えらい永  気永  ツテ永  概して永  ずいぶん永  とても永  必ずしも永  命永  今度永  帝永  次第に永  まま永  ため永  世に永  まず永  少し永  もし永  あまりに永  決して永  それ程永  寺永  うち永  

~ 永[形容詞]
我は永  時刻は永  気の永  重喜の永  間は永  池は永  親類へ永  気が永  寿命の永  間の永  時間の永  和帝の永  一日の永  つて本当の永  彼らが永  折は永  日の永  争議は永  ことは永  幾晩も永  名が永  君が永  帝の永  本郷の永  日は永  期待の永  とこも永  俊成としては永  とき時間が永  サスペンスの永  普通よりも永  沈默が永  章帝の子和帝の永  年限の永  

[形容詞]
永昼  永持ち  永の  永キ  永病  永蟄居  永元年  永五  永八  永十  永三  永さ  永承三  永承よりも三  永禪  永四  永逗留  永ク  永すぎれば一月  永二  永銭  永阪  永盛  永續的  永引き  永之  永ら  永万  永えて左  永な性質  永びいて  永過ぎるの  永宝  永續  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
永の暇を出すぞ  永のお別れをします  永患いをしているとみえるな  永かるべきはずなるに  永のいちんち  永の一晩猟をしてまわり  永の暇を願って  永のお別れをしなければならなかった  永の御預仰  永の御預  永の年月つづき  永可レ停  永の病気から身の上を悲観して  永の暇を賜わり  永つづきがする  永持ちする  永つづきしない  永記すべきものだと述べてゐる  永の暇ともなるべき  永の道中を首へ縄をつけて  永の旅を行けよう  永は義父良固に肖て  永の面目を傳へたものであらう  永と共に正五位を贈られてゐる  永の年月たずぬる間には路用も尽きて  永初二次朝貢せる  永の暇を告げたというから  永持ちせぬといい  永の留守中荒れ  永とて不具の痴漢五十余歳で数年前死んだ  永超僧都は魚なければ食事せず  永のお別れをする  永之丞は可い  永之丞にオッ惚れやがった  永之丞を斬った  永の暇になるという  永生きさせてをいたら  永つづきのしない  永つづきして覚えていらっしゃる  永引かせてし  永持ちしないの  永の年月かかって  永引かせた  永生き出来ませんよ  永のお別れになろうなどとは気がつかなかった  永の訣別をしたと  永の旅に出る  

~ 永[名詞]1
言葉を背くならば永の  天地とともに永  上は永に  わたしの永の  者が永の  入塾後二年目で永の  有馬左兵衞佐允純へ永の  有馬左兵衛佐允純へ永の  お仕置きが永の  お松が永の  それまで永の  殿より永の  私は永の  娑婆も永か  當に永  風邪は永  爭鬪が永  藩邸に投げ込んで永の  天気は永  今日より永の  命は永か  今度は永之  彼を永  明帝は永  彼は永  滞留を永  一ぱいになるけれども永  人は永  九百六十年の永の  仕事を永  おじいさんは永  照との永の  

~ 永[名詞]2
これから永  誠に永  いよいよ永  どうも永  さぞ永  同時に永  随分永  良永  次第に永  よく永  まるで永  

複合名詞
寿永四年五月  寿永三年三月十五日  浴永君  気永日永  永續  嘉永六年  嘉永七年  気永  永田方正さん  チ茲ハ嘉永六年六月九日米  永預け  永祿三年  引移つた永祿三年  永保三年  未来永  建永元年八月  寿永  建永元年十二月九日  建永二年二月二十八日符到奉行右大史中原朝臣左少弁藤原朝臣  文永賀茂祭絵巻  文永  文永絵巻  永話  永助  永居  李永泰  李永泰の  永生き  永びく  永居候  永ら  光秀菊五郎春永  山河永  貞永  貞永式目  永禄六年  藤原範永朝臣  侍永禄末年  嘉永元年九月十二日  嘉永二年六月  嘉永五年  永禄日記十年  文永弘安  永禄十一年  狩野永徳ら  狩野永徳  嘉永六年六月  嘉永万延以来  永辻栄吉  永辻  永辻夫婦  永禄四年  公瑾今ヤ永ク別ル  嘉永六年以来  劉永  嘉永三年  嘉永版  嘉永  嘉永四年  永正寺  永定河  李永さん  永泰  永持ち  永逗留  永禄  永保  永びかし  永享文安  奧羽永慶軍記  永禄十二年小田  永樂錢  春永  永イ習慣  永仁元年四月  永享五年一月  永正  永五年八月  嘉永六年二月  永恆  嘉永六年亞米利加  永禪  永禪和尚  十八永  永禪和尚柄  永禪和  永禪和尚悪事露顕  悪党永禪和尚  永禪さん  永禪様  永濯  永正二年  竹永丹平  永祿  永滅  嘉永二年十月  永正十一年七月二十八日  永禄三年  永禄十一年四月  永徽二年  永徽六年來朝  永徽六年  距生嘉永五年八月二日  小林永濯  永平  永仁年間  つた永仁正安  永續的  嘉永等数枚  永保元年三井寺焼打ち  永禄四年今川氏真署名  同書永禄八年六月二十日  永禄年間在家  建永元年十月二十六日  康永二年十月卅日  竹永さん  竹永  竹永丹平が病院  其子永主  辻永  ところ辻永  辻永さん  オイ辻永  辻永ッ  とおり辻永  嘉永ごろ  嘉永二年酉歳  夜永  嘉永二年  智羅永壽  永禄四年九月十日  永禄三年兵  永禄四年川中島合戦  永禄四年春小田原攻囲中  永禄七年  包永  永宮  永禄元年  永禄三年五月  永当たり  寿永二年七月  寿永二年七月二十六日  寿永二年十一月十五日  寿永三年正月  寿永革命史上  永伝寺  永びいたその年  永樂大典  永樂  明永明王永暦元年  永樂元年  永樂公主  永貞元年  永壽  永享  永徽四年  臣竹田永翁  嘉永元年  永王  四海南奔シテ永嘉ニ  永王軍  候ところ永  永良部鰻  嘉永五年二月十八日  師匠生前永  嘉永五年子歳  狩野永悳先生  永喜屋  武永老人  永平さん  天文永禄あたり  永びいた  永樂帝  天保嘉永  柳生播磨守永珍  永護霊神様  永護霊神様  永護霊神  永護様  みんな永續きが  永宗僉使申考哲  永徳  嘉永四年云々  相馬永胤氏  永貞  永ク  嘉永六年アメリカ  永小作制度  永小作  嘉永庚戌  嘉永三年七月六日  嘉永五年八月  嘉永六年七月  嘉永六年以來  林下草永小前割賦帳  嘉永三年十月  康永元年  嘉永三年頃  嘉永六年十二月はじめ  一人永逗留  建永元年  寿永元年  建永元年二月二十二日叙従四下  永徳以上  こと永徳  永納  永良部島  永徳風  永びいて  永正七年  永正六年  永七年  時代永享十一年十八歳  永正元年八十三歳  ため永正六年  永正七年近江  永五年  日記永正元年  日記大永七年十月二十八日  永正元年  永七年ごろ  日記永正七年十月  永正三年四月  永四  永四年  日記永正八年七月  永正五年大内義興  永正三年  日記永正三年正月二十七日  永正十二年  永正十三年春  日記永正五年六月十八日  永正三年八月  日記大永七年四月肖柏堺  永正五年  歿後永正元年  永正六年氏親  永八年  永年月  嘉永生れ  永持  花瓶永  嘉永三年戌二月十六日  嘉永五年子十一月六日  永享年中  応永永享時代  永享四年  永正十五年  嘉永三年戌歳  永祿八年  永祿十一年  嘉永元年以後二十餘年  嘉永五年云々  良永  阿蘭陀永續暦  仁太夫良永  本木良永  嘉永六年六月三日  永びいたのである  嘉永以後  嘉永六年七月以來足かけ三年  嘉永六年ペルリ  奥羽永慶軍記小田原攻め  永四年以来  柳丹永  嘉永元年歿  永禄年中三好家  永三年  嘉永文久  鮮斎永濯尾形月耕  小林永濯歿  狩野永悳門人板下画  永禄四年七月三十日  永阪教会  永阪教会廿五年紀念園遊会  永阪  永病人  永ク英人タル  嘉永三庚戍年九月四日卒四十九歳  永初  嘉永三年出版  嘉永六年六月十日  嘉永六年丑六月三逸作石団  嘉永六年六月十一日付  嘉永年代  永牢  永蟄居  嘉永年度  嘉永板  永禄年間三味線  ぐる嘉永六年  永禄年代  永享二年  嘉永四年正月  嘉永元年八月二十九日  嘉永七寅霜月  嘉永四辛亥春  嘉永元年正月朔  弘化嘉永間  嘉永元年前  嘉永三年伊豆七島  嘉永元年戊申  大分永  昔嘉永  小便ぁ永ぃな  小便ぁたまげだ永ぃな  永ぃてさ  寿永二年十二月十五日  寿永元年四月  永禄頃  永刧  ざる永歳月  來む壽永  永正三丙寅  永正四丁卯  嘉永七甲寅神無月上浣於二武江  寿永三年八島  永正元年武州  永禄二年公家藤原某作  何れ春永  馬島永徳  元享永祿  狩野法眼永徳あたり  嘉永六年三月  嘉永元年夏  永正十一  永禄三年五月二十日今川殿陣亡  永禄元年出生候  嘉永六年五月米國  永萬元年鎭西八郎  未来永却私  細木永  ア永  永びき  永滯在  永滞在  寿永四年  病友松永  永祿六年正月八日  永明年間  永明體  永禄元年二月  永禄三年五月朔日今川義元  永禄三年五月十八日  永禄三年五月十九日義元討捕刻彼所持刀  永禄五年五月  永島永洲君  永びいているのです  天永寺  私儀永  永もち  永禄十年二月  永嘉年中  永嘉五年  永州  永崇里  嘉永五年七月一日  永免  三春永  寿永二年二月  寿永二年八月  永祿年間  永びかされたのでした  永慶軍記  永保元年  永禄十年三月  当時元田永孚  行末永つれ添  永徳斎  藤原永手  鮮斎永濯ゑがくところの肉筆  金永鍵  永びかさなければならぬと  永嘉  永嘉以來三百年間  三上永人さん  永年男相手  嘉永四年四月十一日  永登浦  永正十七年飯田河原  永保三年二月二十八日  永正八年  永禄元年七月二十日  永續性  愛人柳丹永  丹永  秋月胤永  康永元年十二月二十三日  永暦ト改元サル  永暦ト改元  永暦元年  寿永年間  寿永二年  寿永二年七月二十四日  寿永三年一月二十日じゅう  寿永二年三月  寿永三年  寿永四年春  寿永終戦  寿永合戦  永六年  永享七年銘  永禄年間  永禄十一年十月  嘉永元年申歳  



前後の言葉をピックアップ
AB    ABCD  ABCDE  AC  AK  AM  aa    AST


動詞をランダムでピックアップ
散り紛れ込んかける乗りこなすおどろかさたくらみ囀ろ助け出さ目がける描き出す押し流そできれひろげるとりなそ消せよ取戻せ揺がおびやかす傾く
形容詞をランダムでピックアップ
あやうし木深いおとなししたしく婀娜っぽいうぶから空ぞらしい気恥しゅうくだらなかっ良けれ余儀なく清々しきひだるい重々しくあざといからかれあつかましくいたはげしくまぶしけれ