「気づい」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 気づい[動詞]
彼女は気づい  のに気づい  ことを気づい  そこへ気づい  私が気づい  我々の気づい  ことに気づい  自分は気づい  洋介は気づい  先に気づい  洋介も気づい  恵理子が気づい  裕一はやっと気づい  裕一は気づい  裕一に気づい  とき突然に気づい  祐一は気づい  ことに、やがて気づい  哲也は気づい  哲也に気づい  彼はいきなり気づい  はじめて彼は気づい  それと気づい  そうと気づい  それを気づい  興奮に気づい  センテンス、ふと気づい  変だらうと気づい  うちに、気づい  てゐたことに気づい  僕は気づい  今始めて気づい  ことはあるまい、とはっきりと気づい  善意に気づい  鉢にすぐ気づい  何も気づい  ことにほとんど同時に気づい  容貌に気づい  のを気づい  私は気づい  のではないと気づい  私の気づい  力に気づい  何を為すべきであるかに気づい  それに気づい  方向に気づい  気配に気づい  僕はようやく気づい  僕は初めて気づい  うちに起こり、気づい  何事かに気づい  ことにはたと気づい  オレに気づい  ことは、気づい  ことながら気づい  誰も気づい  出版社が気づい  電子化で揺らぎ始めたと気づい  ものであると気づい  矛盾に気づい  手廻しを、気づい  姿に気づい  若者に気づい  変化に突然気づい  ぼくは気づい  佳子も、まだ気づい  ハツと気づい  群に気づい  使ふかに気づい  みんなが早く気づい  正三はハッと気づい  大変だと気づい  急に気づい  行つてあげなければならないと気づい  ここに気づい  自分でもはっきり気づい  音に気づい  それを聞いて益々怖気づい  とき、ふと気づい  登勢は気づい  欠陥に気づい  点に気づい  弱点には気づい  の昔に気づい  眼に気づい  自身に気づい  失敗談に気づい  彼は気づい  膳に気づい  事に気づい  四人は始めて帰らうと気づい  不潔さにそろそろ気づい  ことに、気づい  主は気づい  白雲師匠は気づい  楓はいち早く気づい  たか百合子は気づい  武一に気づい  滝本は気づい  顔に気づい  物音に気づい  武一が気づい  からうかと気づい  横堀も気づい  私に気づい  信子に気づい  おいに気づい  これは間違ったと気づい  私はとっくに気づい  演られては堪らないと気づい  ボンボンに気づい  ことだらうと気づい  つてはいけないと気づい  誰しも気づい  変化に気づい  興奮して、やきもきして、なにかじりじりしているらしい、と気づい  存在に気づい  ことかと気づい  二人とも初めて、そうかと気づい  ことを試されているのに、気づい  文化人は気づい  ことに、はっと気づい  のだとは気づい  小さなステージに上がり、話し始めて間もなく気づい  目覚めにも、いち早く気づい  味方も気づい  長州でも、かう気づい  何かあったと気づい  そばを通っても気づい  しまつたのに気づい  果に気づい  相違なく、もとより、気づい  出来事に気づい  紛失に気づい  玄徳に気づい  から、気づい  自分に気づい  斯う気づい  甘えに気づい  ことにはっきりと気づい  当人も気づい  私ははっと気づい  光に気づい  害虫に気づい  彼の知っており、考えており、気づい  一番いいと気づい  貴公がいわなくても、とくに気づい  仕打に気づい  部長はやっと気づい  当人はそうと気づい  のだが、気づい  誰でもが気づい  十分に気づい  人は気づい  ギャップに気づかず、気づい  ことでありながら、さうと気づかず、気づい  ロシア人に気づい  途中から孫権も気づい  ためだとは気づい  彼が気づい  加世子も気づい  にわかに怖じ気づい  貧困にも気づい  瞬間に気づい  目つきから気づい  愕然、気づい  お前はまだ少しも気づい  法水に気づい  なんであるかに気づい  時からそれと気づい  仕打ちに気づい  鋏から剃刀まで隠されたと気づい  失態に気づい  声に気づい  からそれを気づい  君は気づい  観客が既に気づい  姿に初めて気づい  つたのに気づい  せいではないかと気づい  友達がふっと気づい  さつきから気づい  不審に気づい  ことにだけ気づい  身の上をそれとなく気づい  ことには気づい  光景に気づい  カルルは、気づい  笛の提げられてないのに初めて気づい  彫刻家であることに、すぐ気づい  灯かげにふと気づい  故でもあろうかと気づい  武田さんも気づい  友だちがふと気づい  あとで気づい  室内に入ってきたのに、気づい  あとで、気づい  これに気づい  自分の気づい  呆け加減に気づい  ことにふと気づい  伸子は気づい  照子はふと気づい  彼女が気づい  誰ひとり気づい  僕らも気づい  自分では気づい  わけだ、と気づい  弱点に気づい  点滅に気づい  ほうは気づい  逆にいきかけて気づい  海に気づい  やうやく気づい  私が、まっ先に気づい  濶さに気づい  から怖気づい  君が気づい  二人はふと気づい  今さらながら気づい  ヨシオは気づい  裸なのだと気づい  川島は気づい  どこかで気づい  誰もが気づい  無理なく気づい  母親はおそらく気づい  第三者として気づい  名前を思わず呼んでしまったと気づい  しまつたと気づい  世辞でなく気づい  さに気づい  不恰好に気づい  ことに就いては夢にも気づい  からわたしも気づい  昔に気づい  変りように気づい  病根に気づい  時に、初めて、気づい  人がいると気づい  主賓に気づい  袖をひかれて、はっと気づい  言葉も、そう気づい  知らないものならいうまいと思ったが、気づい  姿に、ふと気づい  せいだと気づい  寝床に気づい  二人も、まだ何ら気づい  裏手に気づい  笄に気づい  今も、気づい  今朝もまだ気づい  自分は、気づい  わたしは気づい  わたしはすっかり怖気づい  体に気づい  ようにそう云ったが、ふと気づい  方でも気づい  桂子は気づい  男に気づい  辺で、やっと気づい  林太郎にみられたと気づい  状態に気づい  ことには全く気づい  今でもはつきりと気づい  確かに気づい  三十と気づい  如くに気づい  場所に気づい  なにも気づい  黒子に気づい  かおりに気づい  顔色に気づい  いくらか、気づい  事を始めて気づい  若者は気づい  時はすぐ気づい  わしが気づい  周平は初めて気づい  中途で気づい  尊氏は、気づい  しまったらしく、やがてふと気づい  左近が目ばやく気づい  疲れに気づい  全然、気づい  その男に気づい  ほんとに気づい  早苗が気づい  事にはっと気づい  おれでないのに多少気づい  頃人々はやっと気づい  一等初めに本当に気づい  ことに段々気づい  警視庁では余り気づい  娘に気づい  先ほどから、気づい  原因に気づい  自分でも気づい  円満坊もはっと気づい  物に気づい  官兵衛はそう気づい  一巡して気づい  官兵衛も気づい  価値なのに気づい  幻惑に気づい  冷淡さに気づい  静寂に気づい  どんなにかしばしば気づい  衰頽に気づい  ことに、間もなく気づい  一番がはいるぞと気づい  向うでも気づい  存在には気づい  妻が一向気づい  ものに気づい  あなたが気づい  語調に気づい  作品に気づい  演奏に気づい  時に、初めて気づい  盲目に気づい  状態で聞いたり気づい  様子に気づい  狡猾な策略に気づい  滑稽だと気づい  ことをすぐに気づい  人々も気づい  時に気づい  嘘だとついには気づい  目に会うかを少しも気づい  あとになって気づい  日突然気づい  容態に気づい  なかった事に気づい  基経はこういいながらはっと気づい  午後に気づい  さにも、ふと気づい  いらだちに気づい  無作法に気づい  クリストフは気づい  乳母たちは気づい  時私は気づい  時はじめて大臣は気づい  何にも気づい  愛してることに気づい  欺されたと気づい  児に気づい  金がかかりはせぬかと気づい  音もたててしまうかもしれぬと気づい  寺院内にあるにちがひないと気づい  当惑に気づい  ことにはほとんど気づい  力についてと同じく、少しも気づい  感情に気づい  ことにも気づい  眼に見ないでも気づい  ことを忘れてたのに突然気づい  人々からあとをつけられてるとは少しも気づい  戦いに気づい  角、気づい  前から私も気づい  自分自身にふと気づい  関心に気づい  二度それに気づい  ことだと薄々気づい  ことが起こったかを気づい  だれか気づい  オーロラ自身だけが薄々気づい  反響に気づい  これまでにもたびたび気づい  直ぐに気づい  ざるに気づい  錯誤と気づい  当局は気づい  陳長財だと気づい  人違いだと気づい  欝積に気づい  ちの武士は、ふっと気づい  ものであるかに気づい  鉄瓶に気づい  物で、また気づい  相手に気づい  加世子がすぐ気づい  素振りに気づい  ようすに気づい  計代として気づい  人々が気づい  われわれは既に気づい  大地震なのだなと気づい  わけかな、と初めて気づい  入道雲に気づい  芽生えを気づい  こちらに気づい  佐々が気づい  のだと気づい  目をぱちくりしたが、すぐ気づい  事態に気づい  ハチミが気づい  ハチミはようやく気づい  なかったせいだ、と気づい  ボートにいるからだ、と気づい  僕に気づい  境目に気づい  わたしはすぐ気づい  印象にいち早く気づい  声だと気づい  彼女自身にも気づい  話に気づい  音でハッと気づい  隅で気づい  水牛も、やがて、気づい  家人が気づい  ことについて、全く気づい  重大さに気づい  ためであると気づい  ッと気づい  阿賀妻を見て気づい  妻は気づい  阿賀妻にも気づい  松岡長吉は取りとめもなくうなずいて、そして気づい  音に初めて気づい  彼に気づい  夫人は気づい  下男が気づい  邦夷は気づい  曲者だと気づい  商人は気づい  高倉は気づい  つた自分に気づい  高杉は気づい  停留所で気づい  柴崎はやがて気づい  柴崎に気づい  そばから主人に促されると、気づい  一つだらうと気づい  正文はふと気づい  房一が気づい  足音で気づい  やつと気づい  房一に気づい  やうに気づい  医者だと気づい  迷惑をかけ過ぎたと気づい  時にも気づい  小谷とに気づい  誰もまだ気づい  云はれて気づい  君に気づい  何に気づい  ことが始まったと気づい  上一晩泊ったら、愈別れにくくなると気づい  ぐでりんの手紙に気づい  失敗に気づい  のではないか、と気づい  異状に気づい  生気に気づい  淫奔さに薄々、気づい  私のハッと気づい  ふつと気づい  若さに気づい  焦慮に気づい  云つたのだと気づい  人はようやく気づく、気づい  空腹に気づい  のだ、とすぐに気づい  ことを、気づい  それから最後に気づい  人に気づい  わたしたちに気づい  ことを今やっと気づい  さには気づい  配慮なんかには少しも気づい  人びとは気づい  から自分に気づい  ことも気づい  のだ、と気づい  ことにおよそ気づい  できごとに気づい  一番先きに気づい  姿だと気づい  息を殺してゐたが、薄々は気づい  入口にしばらく佇んでいたが、気づい  ことに、初めて気づい  誰一人それに気づい  思い違いに気づい  四郎は気づい  武蔵自身は、気づい  彼がすぐ気づい  誰でも気づい  誰かが気づい  ことに、改めて気づい  私と同じくらいはっきりと、気づい  師匠に示してやらうと気づい  のかと気づい  束だ、アッと、初めて気づい  様子にすぐ気づい  位置に気づい  沢庵が気づい  彼女はそう気づい  ことを、初めて気づい  なかったのに気づい  そこらに見当らないので、はっと気づい  隼丸に気づい  帆村の気づい  ことなどに気づい  のだ、と、気づい  最初に気づい  それかと気づい  折角、気づい  様子が幾分変ったと気づい  方も気づい  人影に気づい  失礼だらうと気づい  うちにふと気づい  さときたら、はっと気づい  私は、気づい  老人へ気づい  呼びかけられて気づい  乗手に気づい  自分のふと気づい  形をみて、はたと気づい  涙に気づい  はじめてそれと気づい  総監が気づい  意外さに気づい  従来伊藤の気づい  香りに気づい  信用できないぞと気づい  ッさきに気づい  せいか、ついぞ気づい  私にすぐ気づい  ことすら、気づい  ことは気づい  左う気づい  雪江に気づい  なかったことに、気づい  ようだったと漸っと気づい  明に気づい  事はうすうす気づい  子供を悦ばせてやらうと気づい  妻も気づい  障害に気づい  ことにうすうす気づい  古江さんが気づい  ぐりさぐって父だと気づい  ことを今更、気づい  誘いに出向くべきであったと始めて気づい  思つたのだが、気づい  外出に気づい  彼自身は気づい  品物を動かしてもすぐに気づい  言葉だと気づい  紳士に気づい  思つた印象に気づい  仇名に気づい  業腹だと気づい  画に気づい  自分のものばかりをそろへては悪いと気づい  窺つてからでも遅くはない、と気づい  嘘には気づい  病根の憂ふべきを気づい  国男さんが気づい  返事に気づい  ことに気づいているでしょうし、気づい  それにすぐ気づい  ちがいないと気づい  なかった、と気づい  相違に気づい  切れ切れにしかわからないと気づい  活気をひとりでに気づい  簡単に気づい  今初めて気づい  時間に気づい  誰人が気づい  守りにはならないと気づい  私も気づい  誤りに気づい  うちに気づい  事を気づい  せいではない、と気づい  男が、やっと気づい  考へに気づい  店もさすがにいくらか暑気づい  ことに、なんだか始めて気づい  ように気づい  ものに、気づい  敵が気づい  



前後の言葉をピックアップ
キツヽヽ  木津  木津呂  きづい  気付い  きづか  木塚  気づか  きづかい  気づかい


動詞をランダムでピックアップ
説け入れ替われ当てはめれひまどり転がり込ま通ずれ立ち寄れわしょ込み添えよ見馴れるはびこっつんおしひらく触れまわれ過ぎれそばめる言い尽す繰り下げる探し出せる
形容詞をランダムでピックアップ
かうば奥ゆかしくおそ事々しき若けれ白い喧しかっ嬉しから黄いろし口惜しき鬱陶しく真白いひどき気むずかしき聞づらく草ぶかい貴う重たくっ頼もしけれ