「死し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 死し[動詞]
ために打ち死し  中に打ち死し  皮相を写して死し  われは死し  物も、死し  三十四歳で死し  役に死し  戰に死し  あしたに死し  まぐれてたちまちに死し  心ざし深きはかならずさきだちて死し  他郷に死し  亂に死し  刀を踏み、死し  しきにあらず、死し  漣さえ死し  能はざりしは死し  蛇蛙共に死し  ことをくれぐれも頼みて死し  彼は到底死し  地に死し  原に死し  なかに死し  交山は死し  四月頃に先ず死し  踵いで死し  子女も先ず死し  ものは死し  自然に死し  傷によって死し  現世に憂へ、死し  喜こび、死し  惱み、死し  慶こび、死し  後悔せず、死し  此兩人は死し  震災に死し  彼はすでに死し  縛して死し  自然にして死し  月照既に死し  風の死し  朝に死し  渡り、あるいは死し  野原でのたれ死し  舟覆りあへなく死し  文人をして死し  ここで斬り死し  将難に死し  君国に捧げ、死し  病に死し  森田氏は死し  吉さんが死し  庄助が死し  縊り死し  渓中にて、死し  雄直に死し  榻背に持たせ、死し  江戸時代には死し  硫酸を飲んで死し  臣、死し  老母も死し  狂ひ死し  血を吐いて死し  王既に死し  妾は死し  不幸なるに、死し  悲嘆に死し  ものは、死し  墨をもって、死し  横臥して死し  騷がしければ、死し  為に死し  汁粉にて死し  上もなく、死し  唐人伝奇中の人物、死し  安定を与えられ、死し  者に、死し  この世に生れては死し、死し  ものは、その死し  池田屋に死し  悪戦して死し  肉にも、死し  罪を作らんよりは、死し  所謂固有派の死し  空の死し  ば余今ここに死し  非業に死し  剛強必ず死し  参らせん我も死し  是実に死し  一族が死し  祭に列し、死し  親は既に死し  もっと幽霊らしい、死し  如くに死し  身も、死し  文化十三年馬琴に先んじて死し  四十日くらいで死し  火中に死し  人に死し  場で斬り死し  身は死し  ものは、必ず死し  恋が、死し  水と淀んで動かぬ死し  謙三郎の死し  のたれ死し  幾千万載に伝へ、死し  人々、死し  不幸短命にして死し  夕べに死し  非命に死し  牛多く死し  女は死し  虎は死し  文帝に申せしは、死し  咽に詰めて死し  豆腐に穿ち入りて死し  人必ず死し  面目を失い、死し  黒雷に打たれて死し  島に死し、死し  風は死し  うちに死し  病みたるは死し  良人にすてられて死し  例しにて死し  中に死し  藻西は死し  臣青木大佐、死し  鱗茎は腐死し  親友をも、みだりに許さず、死し  呼吸のあるは悉く死し  我ながら死し  風も死し  途中で死し  獄舎に死し  幾人かは死し  人旅に死し  牧童は死し  霊、死し  自分も死し  精神的に死し  父とたのみ、死し  歸つて來て、死し  過去は死し  山に死し  去年六月望月らが死し  所を尽くし、死し  薬など飲ませたれど、終に死し  三年ばかりにして死し  鯉を指す、死し  文三には死し  これに死し  客寓に死し  全身動かず死し  者は死し  坊主の死し  山へきてついに死し  場にて死し  帰り程なく死し  木の下に行き、死し  人にて死し  馬より落ちて死し  一つ一つ抜き取られて死し  祟をうけて死し  子は死し  声を立てて死し  むより、死し  死は無く、死し  體としての死し  體はすでに死し  神は死し  者が、死し  極致と共に死し  手に死し  喀血して死し  ために死し  慈悲全く死し  齡五百年に近づきて死し  爭ひ死し  獄中に死し  斃れ死し  人の死し  夢中にありては、死し  遭難に死し  意地張り強く、死し  元老院に死し  一二八二年に死し  尋で死し  希ふ如く早くは死し  十字架上に死し  遺恨ありとて、生きてはつき死し  間にも、死し  甲既に死し  一二九五年に死し  貧に死し  救はん爲キリストの死し  事は死し  屍とかつて死し  嘉永二年に死し  力を撃つに足るべし、死し  威力を未だ知らず、死し  心地ぞする、死し  恩義によって死し  極限まで書き、生き、死し  秀衡すでに死し  十字架に懸り死し  釈迦はすでに死し  最期をとげると、死し  師冬は討ち死し  奉公人なども或は死し  廣瀬中佐は死し  



前後の言葉をピックアップ
死屍  獅子  志士  史詩  資し  死しよ  獅子王  獅子岩  宍人  肉置き


動詞をランダムでピックアップ
銜えるまつわっ造り上げよ切り捨てつっつい通せろ炊かでる掛合えあか吸い取ら売り払わすくえる啜り泣くぼやか仕出さ伝う束ねろ舞い狂う追返す
形容詞をランダムでピックアップ
冷っこく気強いいたいたしくがまんづよい軟か恐れ多きおめでたかっ熱苦しき待遠しい擽ったかっ潔う呆気なかっ疑い深こいしい安し甘し明るくっ残惜し腥き小だかく