「歩ま」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 歩ま[動詞]
唯一人驢馬を歩ま  自分も歩ま  ことを知るというには歩ま  道を歩ま  猟って、今や歩ま  ひとつの思想を歩ま  性質に変り、打たなければ決して歩ま  一歩も歩ま  それから先へはなかなか歩ま  皆土人にて、立って歩ま  早足で歩ま  路を歩ま  先へ歩ま  大路を歩ま  未来へ歩ま  ひとりで歩ま  哀れみ給ふぞ有難き、いまだ歩ま  一歩先に歩ま  十歩ばかり歩ま  東へ歩ま  ひとを立ちあがらせ、やがて歩ま  犬目へ向けて歩ま  サッサと歩ま  栗毛を歩ま  馬を歩ま  青竹で叩きつけながら歩ま  北へ向って歩ま  一身を歩ま  地点を歩ま  どちらに向って歩ま  二人の歩ま  オチニオチニと歩ま  見舞ひにも早く歩ま  ほうへ歩ま  中ほどまで歩ま  鞍壺にとりついて歩ま  軌道を歩ま  両端から歩ま  その道を、歩ま  如く車をゆるゆると歩ま  遠くよりしも歩ま  方へ歩ま  名馬書写山を歩ま  倶に歩ま  馬に跨がって少し歩ま  福島さして歩ま  お馬を急がせてまた歩ま  二三町歩むか歩ま  足で歩ま  地を歩ま  三四年郊外を歩ま  巷を歩ま  方向にどう歩ま  それなり馬を歩ま  宗教と共に歩ま  魯迅自身は歩ま  真直ぐに歩ま  つて右側を歩ま  女一人をたやすく歩ま  ほかにも歩ま  伊那から諏訪へ歩ま  前へ歩ま  後に歩ま  中仙道を歩ま  上を歩ま  日本人がこれから歩ま  どちらへ歩ま  こころをこめて歩ま  恋人を歩ま  並み足に歩ま  頭巾をとりて歩ま  底を歩ま  二歩と歩ま  膝栗毛を歩ま  大衆と共に歩ま  明日を、歩ま  邸へ歩ま  



前後の言葉をピックアップ
鮎子  鮎沢  アユツイショウ  鮎原  あゆま  歩まさ  あゆみ  あゆみ  歩み  歩み


動詞をランダムでピックアップ
控えころがりこむのばす持ち歩いたちゆくすれあう上っうなる書き上げよおれあい言い残さこばみ踏みしめる詣でるひきず血ばし打ち上げれ噛み合お言いあい
形容詞をランダムでピックアップ
気恥しく芳ばしからうるさから憎からあっけなくっ由無しよくっ塩っぱかっ佳かっむなしから押しつけがましくにがにがししろきおもろない拙うきしょう気軽ふるき用心深