「歩け」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 歩け[動詞]
つた、歩け  ことである、すこし急いで歩け  ばはだしで歩け  腰が抜けてしまって、歩け  胸にこたえるので、長くは歩け  もう一歩も歩け  外を歩け  足が辷って歩け  杖がなければ歩け  彼は、しゃにむに歩け  前を向いてなんか歩け  もっと頭を挙げて歩け  らはもう歩け  工面に歩け  上を歩け  一歩も歩け  十二ヶ月以上も経ったのに歩け  西に歩け  おおっぴらに歩け  一寸も歩け  人込みで歩け  目をとじては歩け  時は又かうして歩け  眞中頃でどうにも歩け  浅草と歩け  である、歩け  風を切って歩け  一緒に歩け  二人並んで歩け  本街道は歩け  それで歩け  足をとるので早くは歩け  横わっていて歩け  ふうにしか歩け  十四五町もあるが、歩け  俺が歩け  街を歩け  ここは歩け  気をゆるして歩け  二とこは歩け  女は歩け  ため、もうどうしても歩け  悪口いいふらしに歩け  私はもう、歩け  ひとりではきました歩け  代官所へ歩け  肩を並べては歩け  喋舌らないでも歩け  併し歩け  酒を飲みにも出て歩け  ヒョロヒョロして、うまく歩け  背に負わされて歩け歩け  はだしでは歩け  私は歩け  面倒だ、歩け  一人で歩け  起直り、歩け  先生はうまく歩け  私は、よろよろとしてもう歩け  まちを歩け  積っていて歩け  病人など捨てて歩け  傷を負い、共に歩け  私も歩け  真直に歩け  いっしょに歩け  恰好をしては、危なくて歩け  あそこまで歩け  肩へつかまつて、歩け  泥があがって歩け  自由には歩け  夢中になって逃げてまいりましたが、もう苦しくて、歩け  一足も歩け  雪がつもつたら歩け  立派に歩け  もの、つかまつてなど歩け  力を入れて大またに歩け  お前お腹がすいて歩け  表を歩け  初めほど睦み合っては歩け  そこまでくると、もう歩け  ちょっとは歩け  途中で歩け  僕は歩け  千メートルも歩け  一里二里は歩け  十足とは歩け  僕たちはめったに歩け  くしをしてまっすぐに歩け  番になると、やはりまっすぐには歩け  道が歩け  空気に鎖されて、歩け  数間とは歩け  一時間もかからなければ、歩け  腰も痛んで、どうも歩け  何うして歩け  あんたは無暗に駈けるから歩け  処が多くて歩け  足を痛めて歩け  提灯がなくっては歩け  訳で歩け  労れて歩け  所が歩け  そうで歩け  春服を着て歩け  花も、心して歩け  威勢好く歩け  ドキドキして歩け  節節はひどく痛み出して、すぐ立って歩け  一町ばかり歩け  自由に歩け  顫出し、歩け  二人並んでは歩け  足がしびれて歩け  やうに腫らし、どうしても歩け  外は歩け  殆んど立っては歩け  犬も歩け  これを歩け  眞直に歩け  ように裂けて、歩け  やうで早くは歩け  とつととは歩け  ようで早くは歩け  ようにとっとと歩け  酒臭くて歩け  路を歩け  私にも歩け  脚がぐらぐらして、よく歩け  私はもう恐しくて歩け  その道を歩け  海岸を歩け  から御新造は歩け  足が痛くて歩け  裸体でも歩け  腹が減って歩け  身体が痺れて歩け  草履でも辷って歩け  今更気恥しくって歩け  手まねで歩け  山から山を飛び歩け  金をもらって歩け  方が早く歩け  六月東京は歩け  ようになって歩け  ように歩け  ぼくはもう歩け  わたしはもう歩け  音楽をやって歩け  これをつるして歩け  昼日中、持って歩け  平気で歩け  ようだと歩け  やうだと歩け  屑捨場まで歩け  大地を踏みしめ踏みしめて歩け  みつともなくて歩け  杖をついて飛んで歩け  ヤーレ、もつとそろつと歩け  オーイ、もつとはやく歩け  気息を調えて歩け  免しなすって下さいまし、歩け  節々が痛んで歩け  此辺はとても、歩け  ムクや、もう疲れてしまって歩け  油断しては歩け  手さぐりでなくては歩け  此邊はとても、歩け  所まで歩き、歩け  此辺はとても歩け  斯うして歩け  夜はうっかり歩け  前でもう歩け  ことには、もう歩け  真中が歩け  むくみ上って、もう歩け  三十歩も歩け  気をつけて歩け  町を歩け  足よ、歩けるだけ歩け  天気、歩け  原城阯を見て歩け  曇、時々照る、歩け  三時帰庵した、歩け  からだで歩け  身装でも歩け  物に縋らねば歩け  よしを、触れ歩け  暴風雨では、歩け  洛中は歩け  せいわえ、さ、歩け歩け  一列にしか歩け  化膿し、全く歩け  道場めぐりをして歩け  お供に連れて歩け  手で渡って歩け  家並を怒鳴って歩け  足があれば歩け  所から分け入り、歩け  顔をあげて歩け  ふんばり背たけを伸ばして歩け  先に立って歩け  同勢をつれては歩け  ズウタイで、よく歩け  三里は歩け  口輪にぶら下がって歩け  一町も歩け  ごらんなさい、どうしても歩け  からと思ったが、持っちゃ歩け  町は歩け  肩を揚げて歩け  風呂敷包みなんか持って歩け  時は歩け  下をそれでは歩け  道をふさがれて、歩け  世間を歩け  満足には歩け  腹が大きくって速く歩け  威勢よく歩け  外が歩け  それは歩け  中には歩け  もっと早く歩け  膝元が歩け  街は暗くて歩け  懐中電燈でも灯さなければ歩け  勘、黙って歩け  旅に入れて歩け  草履では歩け  回復してきたが、歩け  元気を出して一日にお歩け  ひろ子に歩け  うついて歩け  身軽には歩け  日を歩け  跟いて来て歩け  ようにして歩け  息切れがして決して早くは歩け  お子さんで歩け  街も歩け  目隠をしても歩け  水際は歩け  これぢや歩け  気がして歩け  木の下を屈まずにくぐって歩け  通りを歩け  動悸がして、もう歩け  安心して歩け  重体では歩け  どっちも歩け  楽に歩け  身軽で歩け  裸足で歩け  夜通しでも歩け  愚痴をこぼしていた、もう歩け  お父さんは附いて歩け  往来を歩け  テイネイに見て歩け  三日食わないで歩けといわれれば歩け  手さぐりでも歩け  がんちゃんもいささか凹むだろうが、歩け  十町とは歩け  釣りながら歩け  犬には歩け  机には歩け  足をあげて歩け  いくらでも歩け  雪が降っては、歩け  のですけれど、そう早くは歩け  つもりで歩け  内臓をやられて歩け  ふうに触れて歩け  さへ歩け  トテも歩け  下を歩け  馬場へ歩け  眠いし歩け  気持よく歩け  石ごろ道は歩け  五歳を越しても歩け  フラフラしてまだ歩け  どれくらゐ歩け  近在散歩、歩け  杖にすがらねば歩け  なかを歩け  中をかけて歩け  道を歩け  人間は歩け  野原が歩け  長靴でなければ歩け  足なければ歩け  馬に蹴られて、歩け  邪魔になって歩け  躊躇したが、歩け  者でないと歩け  ポコンと引っこんで、歩け  皆火になって、どうしても歩け  尋常に歩け  不便だが、歩け  音をさせて歩け  まま楽に歩け  ため、長くは歩け  尾根はまっすぐに立って歩け  ブッシュでとても歩け  神城駅まで歩け  アイゼンなしでは歩け  真暗ではとても歩け  コルまで歩け  松葉杖を突いてでなければ、歩け  外濠に沿って歩け  彼女はもう歩け  監者達はびしびしと叩いて歩かせようとしたが、とても歩け  向うへ歩け  様に歩け  足でよくまああんなに早く歩け  往来も歩け  夏ごろはずっと歩け  観察して歩け  しづまつて、もう歩け  肉刺をでかして、歩け  星を踏むで歩け  室内は勿論、すこし歩け  さでいっぱいで、歩け  先へ歩け  暗闇で、歩け  脂っぽくて歩け  コスターはつかれて歩け  畦道を伝って歩け  何一ツ見えなくて歩け  駅までは歩け  蹈んで歩け  事務机に向って歩け  ひとりで歩け  おなかがへって、どうにも早く歩け  住居まで歩け  即刻裸で歩け  銀座通を歩け  棒も歩け  下駄を穿いて、威張って歩け  私は未だ歩け  病気で歩け  あなたには大きすぎて、着ても歩け  二人は踏んでも歩け  気おくれがして歩け  向うでも停まる、歩け  ぱたぱた歩いてはころび、まだよく歩け  きまりが悪くって歩け  私が歩け  ような、歩け  先に歩け  帰途だから歩け  健脚とには附いて歩け  町あ歩け  二十足も歩け  跣足でなければ歩け  そいつもゆっくりとなるし、早く歩け  足が重くなって早く歩け  時もっと早く歩け  あれじゃさがしに歩け  大通りは歩け  やうに、歩け  俺は、歩け  眼をつぶってても歩け  お腹が空いて歩け  お腹が空いて空いて、歩け  雪で歩け  野郎ばかりが、つながって歩け  母、もう歩け  旦那さへ御歩け  軒を見て歩け  のだが、うっかり歩け  武者修行をして歩け  加減にして歩け  ものが歩け  大手をふって歩け  人が歩け  ここまで歩け  気持で、まだろくに歩け  狗も歩け  泥濘で歩け  道路が悪いなんてまるで歩け  中が歩け  まさか逆立ちで歩け  二三杯ひつかける、歩け  泊つた、まだ早いけれど、歩けば歩け  三人が歩け  荷物をかかえて歩け  お母さんが歩け  ぼくらがついて歩け  山岸中尉も、歩け  急に歩け  足が凍えて歩け  君、歩け  もんであぶなくってどうにも歩け  足が疲れてしまって歩け  軽快に歩け  がまんにも歩け  一軒ずつ廻って歩け  直立しては歩け  ところは、歩け  蟇の子が、踏みつぶさねば歩け  ビッコを引かなけれや歩け  もっとも、歩け  まさかはだしで歩け  一間とも歩け  荷ふて歩け  アラ、歩け  逆立ちして歩け  五日市街道を歩け  二間四方に縮まったかと思うと、歩け  五歩も歩け  何処へ行くかは問わない、ただ歩け  眼を明いて歩け  街をすこし歩け  静かに歩け  時には、もう歩け  おれはもう、歩け  右肩を上げて歩け  三日探して歩け  先生が、どうして歩け  もう少し速く歩け  格構では歩け  もっと頭をあげて歩け  道筋も歩け  手を当てずに歩け  ようになってしまって歩け  のんきに歩け  大股で歩け  二歩以上は、歩け  私には歩け  露が深くて、歩け  二時間つづけて歩け  世の中は馬鹿らしくって歩け  三里ずつ歩け  腹がへって、どうにも歩け  世を歩け  者でござるとは、名乗って歩け  足をすくめて佇みかけたが、歩け  市十郎は、歩こうにも、歩け  ッ直に歩け  みんなといっしょでなければ歩け  三人も並んで歩け  何処を歩け  此先きは歩け  半町ほど歩け  つてビラを撒いて歩け  暗幕に沿って歩け  手蔓から手蔓をもって歩け  諸国を歩け  方へ歩け  笹が深いので歩け  あなた、もう歩け  ツネちゃんは歩け  日が暮れて歩け  金米糖を呉れなけりや、歩け  から、歩け  馬よ早よ歩け  まさか裸体で歩け  乙姫が歩け  つて、もう歩け  ボオトがろくに漕げもせんと思ったら、よう歩け  裸では歩け  しきや歩け  



前後の言葉をピックアップ
アルクマイオン  アルグス  歩けれ  歩けん  あるけ  歩けよ  あるける  歩ける  あるけれ  あるけん


動詞をランダムでピックアップ
受継がなだれ込ま考え出せ立ちあがら練り上げる書き損じ立ちのぼっさとさおしつけ萎ん明らん喘がおもら禁ず浚い祝わせき入るふるい分けざんねんがる
形容詞をランダムでピックアップ
罪ぶかいさみしきもろしかたじけなくはやきゃつらあらうもろくそこはかとな短くっおかしゅうこす辛いよかっうとましく面白からもの悲しくかわいらしい息苦し深けれ清々しゅう