「歩か」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 歩か[動詞]
活発に歩か  秋穂方面でも歩か  うつてもついても歩か  前途千里のおもひにうたれる、よろしい、歩きたいだけ歩けるだけ歩か  からだを歩か  一緒には歩か  私は歩か  ゆつくり歩か  外ない、歩かう歩か  気を配って歩か  前へ歩か  子供に歩か  足音を立てないでは歩か  縁側を歩か  じゃまになって、まがりくねって歩か  ツと歩か  一人ずつ歩か  フクジロを使って歩か  素足では歩か  雪道を歩か  野ツ原を歩か  十町とは歩か  半町とは歩か  駕籠に乗って歩か  兎に角少し歩か  伴れて歩か  葉は歩か  誰も歩か  車から下りて歩か  商売をさがして歩か  所まで歩か  悪名を背負ってさまよい歩か  まん中ねり歩か  三町と歩か  自分では歩か  恰好をして歩か  ようにして歩か  三町ほど歩か  早足で歩か  道を歩か  から十五分も歩か  掛持ちして歩か  途を歩か  先に立たせて歩か  彼奴は打たなければ歩か  眼をしっかりと据えて歩か  その後から馬を歩か  先へ歩か  方へ歩か  小走りを加えて歩か  近く随いて歩か  中を歩か  辺を歩か  やつとは並んで歩か  往来を歩か  魚をもらって歩か  気任せに歩か  氷原を歩か  我慢にも歩か  佐渡は、うなだれて歩か  ままに歩か  小使を歩か  距離を歩か  いつまで世間を歩か  から、いや歩か  なかったから、いやいや歩か  あすも歩か  人を歩か  脚がなくなってもう歩か  たしかに人は歩か  真中を歩か  砂だけを見詰めながら、おずおずと歩か  十歩と歩か  分担したが、それでもなかなか速くは歩か  子供を負ったり歩か  水のちかくを歩か  女を歩か  ほりに歩か  ように歩か  会釈をして歩か  會釋をして歩か  牛を歩か  貸間探しにほつつき歩か  十分と歩か  涼しい間に歩か  此處で降りて歩か  十町も歩か  年寄を歩か  觸れて歩か  一緒に歩か  先歩きたくも歩か  今夜は遅くなるまで歩か  しろ公、おとなしく歩か  んざ持つて歩か  文学座は正しく歩か  夜中まで歩か  滑つて、歩か  一町も歩か  彼を歩か  あと足で歩か  裏庭なんかを歩か  足でちっとも歩か  枕もと歩か  仕事を捜して歩か  三つも、ぶら下げて歩か  ため大砲などをかれこれ見て歩か  半日もさまよい歩か  小半里も歩か  裏道ばかり歩か  橋がこわれているから、歩か  石を飛び飛びに歩か  旭川まで歩か  はじめ屡々抱えて歩か  ひとりで歩か  前に歩か  僕らの歩か  輿側を歩か  一緒に連立って歩か  奥さんを連れて歩か  方々連れて歩か  奴を引きずって歩か  前へ向かって歩か  火星人に引張って歩か  先きに歩か  彼女を歩か  はずれからはずれまで歩か  馬の歩か  それをよけて歩か  人が歩いたか歩か  手さぐりをして歩か  外苑を歩か  覓めて歩か  十間も歩か  千住まで歩か  市中は歩か  二三町も歩か  辺、歩か  町も歩か  風姿をして歩か  着物を着て歩か  浴場をめぐつて歩か  足で歩か  毎日精出しておとなしく歩か  自分が捜し歩か  確かりして歩か  平らに歩か  小生がついて歩か  あなたは歩か  私でさえも歩か  さきに歩か  噛じりながら歩か  ナイン殿下であったが、急いで歩か  殿下をお歩か  間でなくては歩か  人形を歩か  風に歩か  街を歩か  何処を歩か  上を歩か  一列縦隊かなんかで歩か  ように、整然と歩か  勝手に歩か  モヤにまかれて、とても歩か  キリリとかけて歩か  朝晩一時間ぐらいずつ歩か  図体で歩か  中央を歩か  三つ子を歩か  イスを立って、歩か  フラフラ横浜なんか歩か  吹聴して歩か  まわりを歩か  者を、持って歩か  遠道を歩か  時は、直ぐに歩か  先に立つて歩か  迷ひ歩か  巷を歩か  足が疲れて歩か  何でも歩か  機械的に歩か  容子をして歩か  割合に歩か  一緒に余儀なく歩か  町を歩か  地面を歩か  お供をして歩か  いっしょにくっついて歩か  幸せとかれはそう早く歩か  毎日流浪して歩か  まま滅多に出て歩か  静かに歩か  めちゃめちゃに歩か  路を歩か  戸外を歩か  道筋はめったに歩か  足を傷めて歩か  馬をそろそろ歩か  素足で歩か  お父さんもせいぜいまっすぐに歩か  細道を歩か  から、わざわざ持って歩か  十歩も歩か  お前と歩か  詩を吟じて歩か  根よく攻めて歩か  間を歩か  イバラの道を歩か  物を持って歩か  五里も歩か  けふ一日私と歩か  杖いて歩か  其處まで歩か  二十里も歩か  前を歩か  世界じう歩か  雪見に歩か  押並んで歩か  独りで歩か  時むやみと歩か  気持が悪くなって歩か  ところまでは、歩か  まわりにくっついて歩か  何をしているの、早く歩か  お前が早く歩か  提灯を持って歩か  府下を歩か  自転車などに乗って歩か  気紛れを起したりすると、もう歩か  跣足じゃ歩か  それを穿いて歩か  友だちをさがして歩か  足をつかんで歩か  大門通りを歩か  妻を歩か  一生懸命にしつかり歩か  來ずにあつちこつち連れて歩か  因果歴然、歩きたうないが歩か  からだらう、歩か  機縁があつたら歩か  けた、歩か  人を立つて歩か  そこまで歩か  三十軒も歩か  子を歩か  いつしよに歩か  どこでも歩か  これでは、歩いても、歩か  首を見て歩か  一人を歩か  馬を歩か  青は歩か  一頭では歩か  平気で歩か  幾らも歩か  ままで連れて歩か  谿川に沿うて歩か  一里ばかりも歩か  それぞれ仕入れに駈け歩か  難路を歩か  一町余も歩か  のを、起してやって、またたたき立てて歩か  気をつけて歩か  日までわざと歩か  岸田氏に持たせて歩か  爪先ではいりながら、なるべく歩か  馬ともしてないから、歩か  千代をなるべく早く歩か  君だって、着て歩か  たっぷり一キロは歩か  からお前はずいぶん歩か  一人で歩か  日本人の歩か  四丁目からシンバシまでくらい歩か  今日一緒に遊んで歩か  歩調で歩か  山を歩か  ところを歩か  旅して歩か  それを歩か  んだが、も少し歩か  江戸中を探し歩か  歩けったら、歩か  馬をいたわり歩か  ようだが、もう歩か  眼をつぶっても歩か  馬は歩か  私は少しも歩か  眼が眩んで歩か  自由に歩か  眼を明いちゃあ歩か  縁に置くと、再び歩か  濶には歩か  二本脚がありゃあ出て歩か  包を背負って、歩か  遠くへまでも歩か  二里も歩か  先は歩か  四里も歩か  月夜を歩か  むだには歩か  一里も歩か  ときでも歩か  ものと歩か  圧倒的に歩か  庭先を歩か  夜分庭先などを歩か  請負をして歩か  呶鳴りつづけに、歩か  うちに出て歩か  道程が歩か  乞食を歩か  先に立って歩か  つて、歩か  そこを抜け、まだ遠く歩か  旅をして歩か  尾根は歩か  其上は歩か  乗物にゆられて、そのうえ、ずいぶん歩か  道程を歩か  私を歩か  五厘なんていって歩か  人にはとても歩か  馬舍から引き出して歩か  安達ヶ原を歩か  今夜もまた夜通し歩か  やみくもに歩か  オゾケをふるって、出て歩か  ように背負わせて歩か  十里も歩か  足取りよりも少し早く歩か  六十キロメートルばかり歩か  まわりを少し歩か  方へ長く歩か  たっぷり二里ほどは歩か  土手を歩か  上を堂々と歩か  犯罪を探り歩か  足はひきずりひきずり歩か  二分間も歩か  みちも歩か  閑地は強いて捜し歩か  弟子を歩か  一町と歩か  採用されなかつたなら、歩か  敬遠して歩か  時方は持ってやりながら歩か  油断なくよけて歩か  徒党を組んで押し歩か  信号しては歩か  時間内にしか歩か  人に歩か  皆を歩か  板を歩か  挨拶して歩か  力で歩か  中央にして歩か  やうに歩か  能く歩か  町など歩か  方向に歩か  座敷も歩か  もん着て歩か  二人だけでは歩か  限りゆつくり歩か  一足も歩か  牛の歩か  ところを見て歩か  街などは歩か  さように歩か  のは、歩か  子供を歩か  俊が歩か  まま道は歩か  彼はもう疲れて歩か  一時間も歩か  萩乃を引きずり、ひったて歩か  大通りを歩か  市中を歩か  毎日いくらかでも歩か  勲章を下げて歩か  部落から部落を廻り歩か  羽根をむしって歩か  しかも歩か  二十間とも歩か  ところも歩か  スキーをかついでは歩か  二三度ぐるぐると廻ったが少しも歩か  コンパスを歩か  あちらこちらと歩か  掛取に歩か  廻はつたが少しも歩か  監者達はびしびしと叩いて歩か  二里近くも歩か  先頭に歩か  洋傘でもなければ歩か  十足とは歩か  てゐたが、歩か  一部分すら洩らし得ずに、歩か  彼は歩か  三四丁も歩か  温泉へ歩か  おんりして歩か  ぐらにその道をこそ歩か  時まで歩か  ときにも、歩か  そちこちと歩か  通路を永く歩か  博士は又歩か  廣い本通りを歩か  二町も歩くか歩か  のに歩か  十倍も長く歩か  ふもとを歩か  叱咤して歩か  安楽に歩か  先に歩か  街道を歩か  思慮をこめて歩か  手綱を引きしめ、のろのろのろのろ歩か  ようにまっすぐに歩か  ノリ子さんがこんなに歩か  広場を歩か  からすみまで歩か  やつぱり自分で歩か  ところでも歩か  張つて、堂々と歩か  二足も歩か  門を流して歩か  僕を歩か  此方を歩か  飛石づたひのやうに拾ひ歩か  児を歩か  ツ、しつかり歩か  それから先は歩か  もう一歩も歩か  毎日毎日引越して歩か  松子はそれでも歩か  二十歩とは歩か  しゃっきりして歩か  原まで歩か  中を始終ぐるぐる廻って歩か  二百歩なり歩か  原を歩か  のら犬を歩か  今日一緒に歩か  何歩と歩か  留吉を歩か  気になってほっつき歩か  でたらめには歩か  提燈を持たねば歩か  沢庵は捜しにも歩か  女などを連れて歩か  ことでは歩か  処まで歩か  何んにも歩か  俊三と並んで歩か  いつも二人で並んで歩か  家へと、移って歩か  色ざとを歩か  一里半も歩か  用心をしながら歩か  腰にさして歩か  骨を折って歩か  中をこね歩か  片手に持って歩か  銀座を歩か  ように待ち構えているので、怖くって歩か  皆で歩か  三里も歩か  洋服をきせて歩か  渉り歩か  何のかのと、歩か  五十間とは歩か  死ぬ日まで歩か  推摩居士を歩か  彼は飢えて疲れて、もう歩か  ゆかたを着て歩か  ようにも思えるし、また、歩か  それから十歩と歩か  道路を歩か  列をもとめてまぎれ歩か  五十歩と歩か  六日も歩か  十間と歩か  瓦斯通路を歩か  十間とは歩か  三間とは歩か  驢馬は決して歩か  易々とは歩か  容易には歩か  死神にひかれて歩か  通りですから、実に歩か  肩をならべて歩か  棲家へ、歩か  日本間を歩か  彼はもう歩か  ものを持つて歩か  はさがして歩か  姿をさらして歩か  暑い盛りを歩か  殆ど向う見ずに歩か  誰だってちょろちょろ歩か  足が竦んでもう歩か  一番人に歩か  ほうへ歩か  一丁と歩か  真ん中を歩か  一人も歩か  新劇俳優の歩か  行商人が持つて歩か  それは歩か  一哩も歩か  土間を歩か  上まで歩か  主人を助け歩か  太鼓をかついでのこのこ歩か  煮豆売りに歩か  程度にしか歩か  ぬかるみを出るまで這って歩か  予言に歩か  一歩ずつ歩か  二人は歩か  五時間ぐらゐぢや、歩か  足が痛くて歩か  横坑を歩か  注意して歩か  眠るために歩か  自覚を引きずり歩か  毎晩吉原をぞめいて歩か  先を歩か  足早に歩か  屋根ですから、きっと立っては歩か  盛りに、やっと歩か  印も持って歩か  箱を持つて歩か  一しょに歩か  心斎橋以外は歩か  何うも、歩か  大阪を歩か  つもりをしていながら、歩か  大阪中を歩か  今度は、いよいよ歩か  スキーで歩か  応援に歩か  吉田から先は少し歩か  ぱらひをやり過して、歩か  天下を歩か  手放しで歩か  いっしょに歩か  忍びに歩か  鉄道線路を歩か  線路を歩か  自分の歩か  のか知らんが、歩か  手ぶらで歩か  水の上を歩か  十歩とは歩か  本を捜しに歩か  搜しに歩か  まち筋を歩か  自動車一台持って歩か  人々を慰めて歩か  左右に揺れだし、しっかり踏みしめて歩か  海岸通りを歩か  先生というと歩か  



前後の言葉をピックアップ
不満足  不均衡    歩も  附さ          不折


動詞をランダムでピックアップ
しつらえよまかり通る浮き出さ出来りゃかきとっひきもどしのぞかせろかうはきちがえちぢめ読めりゃ怒り狂い煩わせうやまわはおほめあげ踏み破っほうりこめ咲きこぼれ在り
形容詞をランダムでピックアップ
いじらしくっだだっ広くっ煩わしき手ばやくやむ無くあたたかきなるけれ喧しいせんなし臭くっつれなくいぶかしかっ雄々しうやうやしかっ忘れっぽい目ざとく憎らしゅう心許ないか細い