「歓ば」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 歓ば[動詞]
想いはときおり歓ば  何にもまして歓ば  満場が歓ば  胸を若々しい歓ば  非常に歓ば  みつる年よりの歓ば  わしを歓ば  雲長にも聞かせて、早く歓ば  栄に会い、こんな歓ば  師を歓ば  敵を歓ば  寒鴉を歓ば  近頃、歓ば  上にも、歓ば  玄徳は、むしろ歓ば  君を歓ば  生きることを歓ば  帝玄徳はさらに歓ば  心を歓ば  何か閃く歓ば  転役を歓ば  歴史的な歓ば  都人士に歓ば  戦記物が歓ば  顔にも歓ば  一つの歓ば  中に、歓ば  希望の歓ば  彼らは、歓ば  空間に、一層歓ば  葉は歓ば  アンナを歓ば  感覚を歓ば  彼女を歓ば  忠直卿は、少しも歓ば  ものとして相当歓ば  彼は歓ば  相手を歓ば  反動運動者には歓ば  鮮かさと歓ば  百合たちは歓ば  ように歓ば  なほ子は悲しい歓ば  のが悲しく歓ば  盛に咲きて歓ば  私の歓ば  最初の歓ば  さまざまな歓ば  かんとも言えない歓ば  民謡に歓ば  つて見れば待ち歓ば  余りの歓ば  つて見れば、待ち歓ば  さも、歓ば  



前後の言葉をピックアップ
余祿  よろけ  よろけ  よろけよ  よろける  慶ば  悦ば  喜ば  よろこば  喜ばさ


動詞をランダムでピックアップ
すり減らす見あたる気に入れたれさがっにらま汲んぬかす揚がっいれちがっかがやかさみすて獲れ扼しかけ込もとっつくかっ飛ばそ踏みつぶし肥る引回し
形容詞をランダムでピックアップ
騒騒しいおもた短くまるっこく面倒くさくっ勿体なけれ強かっ気安ういかつ生新しい心強かっ捗々しゅう残り多早くっさくくほそながく並無無けりゃ悪しき遽しき