「歌う」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 歌う[動詞]
さに歌う  ことであれば、かくかくに歌う  清光に歌う  上手の歌う  糸さんの歌う  のは歌う  高らかに歌う  町から村から工場から、と歌う  中から笙に合せて歌う  浄瑠璃が歌う  光栄を歌う  菜の花にひびかせて歌う  魂が歌う  歓喜にしてもし歌う  悲哀もまた歌う  酒を飲めば必ず歌う  者あり、歌う  間に歌う  子どもはまちがえて歌う  何か歌う  金縷を歌う  二人を歌う  言葉に表わして歌う  子供は歌う  野石にまたがって歌う  中から彼女の歌う  歌を歌う  バリトンで歌う  デュエットで歌う  三味線にあわして歌う  赤井は歌う  何事を歌う  音色で歌う  声にて歌う  いかだしは歌う  子供達が歌う  これもまた画くべく歌う  声高らかに歌う  小唄を歌う  休息を歌う  何となく打ち湿り、互いに歌う  Balladを歌う  声はりあげて歌う  政治をきめたし、歌う  小唄なんか歌う  これは歌う  子供の歌う  クプレエを歌う  踊り且つ歌う  子供らの歌う  人たちが歌う  醜業婦共の歌う  何処ぞで歌う  何遍も繰りかえして歌う  声で歌う  口々に歌う  自分自身をも慰めずにはいられなくなって歌う  呂音に歌う  音に歌う  気持はそうで、飲む、食う、歌う  いちばん先に歌う  どこかで、歌う  ここに出て歌う  ふしで歌う  祖母は、歌う  マンドリンをひきながら歌う  ために、歌う  ために歌う  童謡をつくる、歌う  立小屋に酔うて歌う  役割はこうして歌う  鳥は歌う  月に対しては歌う  みずから挽歌を歌う  声に出して歌う  歌は歌う  娘が歌う  唇をふるわせながら、つけて歌う  ユックリと歌う  タクトを振りながら歌う  足に踏まれたい、と、歌う  林檎の唄を歌う  一緒に歌う  荻叢に歌う  人形は歌う  詩も歌う  一遍、歌う  下に置いてあると歌う  これに合わせて歌う  右手へ行きながら歌う  ことは少くても、笑うか、喋るか、歌う  大盤ふるまいに、飲む食うおどる歌う  苦痛も知らずに歌う  一つも歌う  余興に出る歌う  ピアノに合して歌う  従姉妹が歌う  ほんとうにかれの歌う  ように歌う  大道の歌う  投節を面白く歌う  のを歌う  時、歌う  紙屑を踏みつけ、歌う  いちばん有名な歌う  一節を歌う  地に楽しく歌う  ナポリ小唄を歌う  賤しい歌う  小鳥たちの歌う  歌とは知らず歌う  児の歌う  女性が歌う  母を想って歌う  一番鶏の歌う  声を合わせて歌う  のではなく、歌う  ようになり、歌う  直ちに卒直に歌う  恋愛等を歌う  理解し得るであろうと歌う  ギターを鳴らして歌う  槌を打ちながら歌う  センチメントを歌う  思想を歌う  わしへ歌う  悦びを歌う  声がよくって、歌う  自分で歌う  節面白く歌う  ものとばかり思ってはいけません、歌う  床において、飲む、歌う  唇が歌う  マドンナ赤星ジュリアが歌う  赤星ジュリアの歌う  インターナショナルを歌う  足川を歌う  いっぺんも歌う  彼女は、歌う  あなたのは、まるで歌う  乳母の歌う  声を出して歌う  調子をとって歌う  父の歌う  恋を歌う  特に言葉を長くのばして歌う  校歌を歌う  彼が歌う  それは歌う  寄り集まって、歌う  心持で歌う  琵琶を弾くにも歌う  あとからアイツ共が歌う  みんなで歌う  眼をつぶって、低く歌う  影さして、と歌う  木拾いの歌う  ままに歌う  茂太郎の歌う  様を歌う  古人は歌う  のも歌う  それを歌う  底にもぐってまで歌う  ようにいっぱいで、歌う  喜びを歌う  茂太郎は歌う  でたらめの歌う  噪ぐべく、歌う  挽歌を歌う  無意味を歌う  遊客が歌う  薔薇、歌う  ティーブ釜萢の歌う  雲雀は歌う  うちに歌う  時に、歌う  ものを歌う  音、歌う  何を歌う  人は歌う  謡を歌う  ターンララララと歌う  さっきから歌う  前後にゆすって歌う  私は歌う  自分は歌う  歌曲を歌う  音楽を歌う  単独では、歌う  荘重な歌う  それから暗誦して歌う  前に歌う  櫓こぎつつ歌う  源が歌う  朗らかに歌う  恋愛を歌う  いつしよに歌う  節をつけて、歌う  源女の歌う  手近で歌う  彼女も歌う  手が歌う  秋風楽を弾きながら歌う  声を揃えて歌う  迫力を持って歌う  並木、同じく歌う  口にのせて歌う  若者たちが好んで歌う  香りであり、歌う  茂太郎は、歌う  幸いにしてやや暫く、歌う  ものの歌う  歓を尽し、歌う  ヂェンニイ・リンドの歌う  アンナが歌う  二階から芸者の歌う  自分の歌う  一所懸命に歌う  船唄を歌う  静かに少し歌う  疲れもいとわずに降りて歌う  うたを歌う  集団的魂が歌う  われは歌う  聲で歌う  女の歌う  水なりき歌う  ソングを歌う  たぬきの歌う  レコードを通じ、なじんで歌う  歌そのものとして、歌う  ソプラノを歌う  今からおれが歌う  わしにはなんとも歌う  一しよに歌う  自分に即けて歌う  春子の歌う  声を合せて歌う  四人が歩きながら歌う  途中から敏行だけ歌う  きの囃しを歌う  それに合せて歌う  低音で歌う  都々逸を歌う  蕪村が歌う  恬然として弾きかつ歌う  節調で歌う  初めに歌う  ササラ方があり、歌う  欧州人の歌う  三浦環女史は歌う  すべて、歌う  客観的に歌う  熱心に歌う  歌詞はどうであっても、歌う  小学生のよく歌う  鼻唄を歌う  胴魔声に歌う  人が歌う  労働者の歌う  健児が歌う  唄を歌う  丘を下りてしまうと、歌う  時にはいつも歌う  幸福を、歌う  喉を張って歌う  草木は歌う  唄ばかり歌う  一くさりでも歌う  民謡で、歌う  ことよりも歌う  おのれを歌う  玉をたたえて歌う  声、歌う  秋雨蕭々とか何とか歌う  聖歌を歌う  テノルに張り上げて歌う  鼻歌を歌う  女は又歌う  他の歌う  ことは歌う  詩人は歌う  節をつけて歌う  恋愛にうつして歌う  形にあらわれて、歌う  膝にして歌う  様子によっては歌う  者の歌う  崩れを歌う  事にはその歌う  木の間に歌う  波とに送られて、歌う  権八小紫を歌う  滅亡を歌う  一人前によく成し、よく歌う  安来節ひとつ満足に歌う  調子を歌う  カラスカラスと歌う  村雀と共に踊り歌う  白鳥は、歌う  無限であり、歌う  声や歌う  軍歌でも歌う  中で歌う  ひとでも、また歌う  都城を顧みながら、歌う  夫子の歌う  生徒が歌う  歌でも歌う  兵隊が歌う  人民の歌う  甚句を歌う  彼女は歌う  浴場で歌う  盲目の歌う  次郎は、しかし、歌う  声は歌う  隆達節で歌う  何が歌う  詩に歌う  地面に喰っつけていて歌う  心持をもって歌う  言葉によって歌う  ことさらに歌う  節を付けて面白く歌う  何も嬉しくって歌う  音頭とりに率いられて歌う  木やりを歌う  隣の部屋から画箱を持ち出して捜しながら歌う  蚯蚓が歌う  チカマーソフ夫人が歌う  子守唄を歌う  椿姫の歌う  清江が歌う  ポリーの歌う  ガラス窓にもたれて歌う  舗道におりて行って歌う  御者の歌う  野人の歌う  おいおいぶっただくぞと歌う  相手に歌う  鳥を歌う  かんかん虫は歌う  声とをききながら歌う  時に歌う  盆踊りに歌う  舞踏し歌う  人事を歌う  ハ・ハ・ヒと歌う  声をして歌う  男たちが寄って来て、歌う  現実から立ち上って歌う  笠を歌う  肺が歌う  夢肺が歌う  烏肺が歌う  肺だけが歌う  肺は歌う  哀愁を歌う  詩人の好んで歌う  ことを、歌う  間の歌う  から永遠不死の歌う  われを歌う  想いを、怯みもなく舞って歌う  夫人も歌う  芸者も歌う  氏も歌う  事を歌う  しわがれ声で歌う  いやだ歌う  小鳥の歌う  表に来て歌う  次を歌う  にわかに歌う  一尺法師は歌う  しろで歌う  大声あげて歌う  テノルが歌う  なかで歌う  人たちの歌う  廊下などを歩きながら、歌う  皆は歌う  改たまって歌えと言っても、歌う  無心に歌う  海に、歌う  これを歌う  切れ切れに歌う  純粋に歌う  家で歌う  



前後の言葉をピックアップ
謡う  唄う  謳う  詠う  唱う  うたう  謡え  唄え  歌江  唄えよ


動詞をランダムでピックアップ
受け合いおびれ引き裂けかんがえなおし罅割れ悦べもてなす合せれかぎ出そ持ち上がる通えるからも笑い転げる索か預かあきらめ窮まりちがお見失い取り離し
形容詞をランダムでピックアップ
せまし辛気臭い幅広う慕わしかっにくし気安かっ遍から弱弱しくおいしけれ床しく甘ずっぱい強く寒いくだらなかっ邪魔くさく貴かっ硬き縁遠きびしい好いたらしく