「櫓」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
櫓に集つたり  櫓で漕ぐ  櫓を立てた  櫓を漕いで居る  櫓を操りだした  櫓の音をゆるやかに軋らせながら  櫓をこいでいる  櫓をあやつりだした  櫓の音をゆるやかにきしらせながら  櫓をとると  櫓が弓のやうにしのつた  櫓を掛けて  櫓の上板に立ち上った  櫓の端へ立ち上って  櫓を見上げたる  櫓を撓める  櫓を押してきた  櫓をもらい受けて  櫓の上に膳を載せた  櫓から首を出して  櫓が悄然と聳えてゐた  櫓の白壁を見ても  櫓の形に組んだ  櫓を見あげた  櫓といふもので船は掩はれて居る  櫓へ乘つて檣のすぐ下で横になる  櫓から覗いて見ると  櫓からお下り遊ばすと  櫓を持っている  櫓を取っている  櫓の持場をいいつけたり  櫓を撓わせて  櫓に登り  櫓の下より東に向いて  櫓をつかんでいる  櫓の瓦一枚浮かしたほどにも思われず  櫓の棟を巻いて  櫓の面へかかると  櫓を視  櫓の音を盗んで  櫓をあやつる  櫓のあたりまで登つてゆくと  櫓を押していた  櫓を押してゐた  櫓のようなものを後に引張っていた  櫓の上に乗っている  櫓の上から巨木岩石が雨の如く落ちてきたので  櫓の下から二人の婦女に眼をつけた  櫓の上の長羅の顔を見詰めている  櫓を降りた  櫓の上で見た  櫓の上へ昇って  櫓に現れて  櫓の上から呂布はあわてて  櫓の上にあって  櫓を組み立てているぞ  櫓を何ヵ所も構築して  櫓をさきに粉砕してしまわなければ  櫓をみな木っ  櫓に引きだして  櫓から見おろすと  櫓を奪われ  櫓を漕ぎながら  櫓を漕いだ  櫓から眺めていた  櫓へ駈けのぼり  櫓からそれを見た  櫓から合戦を見ていた  櫓を押出した二十余艘の快足舟がある  櫓の残っている  櫓は横に倒れている  櫓の声波の音に紛らされ  櫓の比丘尼宿を洩れなく調べましたが  櫓を切って  櫓から外して  櫓には鳶の者と医者が詰めきっていて  櫓へつるしあげて  櫓に現われて  櫓から矢石は雨のごとく寄手の上に降ってきた  櫓に立って  櫓の高楼から身を臨ませて  櫓の一番上へのぼって行った  櫓の上からかくすと  櫓で船を漕いで渡る  櫓からばかりでなく数々の櫓の間から何処とも知れず聞えている  櫓から眺めると  櫓を降り  櫓の姿も消え  櫓のように立っている  櫓の音を聴きながら  櫓の音を耳にしながら話しこむ  櫓の音を耳にしながら  櫓を形取った  櫓で詠んだといふ  櫓をはなした  櫓の中腹に低く垂れ懸つて  櫓の上で観測係をつとめる  櫓の務め人には次々に伝はつてゐる  櫓をつくり  櫓のそそり立つ  櫓を建てて廻る  櫓を二ヶ所に建てるという  櫓に使った  櫓を組みかけた  櫓が出来れば  櫓にのぼるには  櫓を拵えて  櫓を組む  櫓を建てられ  櫓が要る  櫓を建てた  櫓が二つあるという  櫓には避雷針を建てますが  櫓にのぼって撮ります  櫓の上に避雷針が建てば  櫓の上にピチンピチンと音がして  櫓の上に頑張っていたとは  櫓が建つ  櫓は一つでよかり  櫓に降って来る  櫓に落雷などしてたまる  櫓は建ったが  櫓の上から活動写真の撮影機の入った  櫓が建って  櫓の上に攀じのぼった  櫓の横を木樋の中に隠れて居る  櫓を作りたかった  櫓は天に沖する  櫓を組んだ  櫓の避雷針と大地とを繋ぐ  櫓に落ちた  櫓の音も凍る  櫓の北角にピカと見え  櫓は本丸の二階から家根付の橋を渡して  櫓を環る三々五々の建物には厩もある  櫓の窓から黒烟りが吹き出す  櫓を中心として大なる  櫓にかけ上って  櫓の音がする  櫓の音がしないで  櫓の如き  櫓の音がしだしたので  櫓を押ている  櫓の声が静かに日中の晴れた  櫓の免許状と云ふも  櫓をとり  櫓を漕ぎ出した  櫓がし  櫓の上に陣取っている  櫓の上に陣取つてゐる  櫓をあげる  櫓のような物干を見ると  櫓のうえにいる  櫓にピンづけになっていた  櫓があり  櫓と境を接した  櫓と一枚か二枚の継ぎ矧ぎ  櫓を止めさせた  櫓を焦がしている  櫓の真似して  櫓で敵を引き受けなさるなら  櫓や櫂をひろい集めて  櫓を漕ぐ  櫓の達者な者四人をつれて  櫓と櫂とをにぎっている  櫓も櫂もぐっとしわって  櫓と二つの櫂をしわらせて  櫓でもって  櫓の高みや軽業の台の上にかたまって  櫓の上から前後左右を警戒すると  櫓をつけて  櫓も前に見えなかった  櫓の上で立ち  櫓の下へ蜘蛛のように身を張りつけて  櫓の下に立っている  櫓の下から出て来ました  櫓がどの辺にあった  櫓の音を立てて動いていた  櫓の音に縫いあわされていた  櫓を組みはじめました  櫓を高く組み上げさせました  櫓を見ては  櫓とは比較になりません  櫓の上へ迎え上げました  櫓の上へ上って  櫓へ上っては  櫓へ上って見ました  櫓の上に立っていると  櫓の上に立っている  櫓の上から下りて来た  櫓を下して  櫓や矢間などの俄な砦工事を指さしながら  櫓はいうまでも  櫓へ駈けのぼって来た  櫓の音も忍びやかに両国橋の下を潜って  櫓を押す  櫓でやる  櫓が組んである  櫓の上へ戻って来ました  櫓の上へと集まって来る  櫓の上まで飛び上ろうとして  櫓の上は無数の鳥で一パイになりました  櫓を急がせて逃げて帰るという  櫓もある  櫓を布くに  櫓の松も栄え  櫓を黒く塗った  櫓の下近くまで掘りすすんで来た  櫓の上に据え付け  櫓を作り  櫓のきしみを  櫓の音ぬすみて  櫓を組みあげ  櫓を眺めながら  櫓の音がギーギー聞こえる  櫓を押した  櫓を操る  櫓でする  櫓を用いた  櫓や石垣を聳えさせている  櫓と閉籠り  櫓ひびきや水谺と変じて  櫓を押しながら  櫓から倒に落ちて死んだ  櫓が聳え  櫓を抱いて  櫓の聲波ヲ打て  櫓と掛蒲団を清に云いつけて  櫓の音を聞いた  櫓をこいでくれた  櫓を押して  櫓を押している  櫓の上に送りたいと思います  櫓の下に手を差込んで  櫓が鳴った  櫓の上にあがりこんで  櫓を下りてゆきながら  櫓を備えて  櫓を握って  櫓を離した  櫓を入れた  櫓に対しての意識の集中を断念して  櫓を押せば  櫓を押し始めた  櫓が二挺立てられた  櫓と抱き合って  櫓を抱えていたので立てないで  櫓の形の模型をあちこち指さしながら  櫓に組み立っていて  櫓が順々に建ちました  櫓が二つあって  櫓とも見えた  櫓のような研究室をつくって  櫓が組まれた  櫓へ上って  櫓などに立てた  櫓が北の端に立っている  櫓の周りに寝転びながら  櫓を吹き飛ばさんず  櫓も未だに無事で残っているであろう  櫓も未だ残っている  櫓がある  櫓は切り倒されて  櫓は遠くから見えていた  櫓を築いたり  櫓をこいでいた  櫓づかいをあせる  櫓を組んで  櫓を載せて  櫓が押せるかね  櫓を押しきっている  櫓がしわるさっさ  櫓の力を抜きますと  櫓を休めて  櫓の手を止めて  櫓を控えて  櫓を見せ  櫓の如くだつたと言ふ  櫓の音が聞えたり  櫓を押しても  櫓の音も掛声もしないのに  櫓こぎつつ歌うを聴かんとて撰びて  櫓こぐにも酒の勢いならでは歌わず  櫓担いて帰りくるを見る  櫓こぐをつらしとも思わぬ  櫓こぎつつ眼を遠き方にのみ注ぎて  櫓に力加えしとみるや  櫓こぐ術教うべしといいし  櫓置くべきところに櫓置きて  櫓をあやつっているだけの  櫓や堡塁もある  櫓までがその位置から望まれる  櫓も漕ぎ  櫓の音を揃え  櫓へ上つたと云ふ  櫓の中を見る  櫓を把っている阿  櫓の手をやすめた阿  櫓を執り  櫓にやはらかきなぐさみぬ  櫓が残っている  櫓は既に伐り倒されて  櫓も未だ残っていた  櫓の板の散らばっている  櫓の音が聞えた  櫓を漕いでいる  櫓の音がしたりして  櫓をのぞめるごとく  櫓へあがつて沼の中を見渡すと  櫓の名前ばかりで半分は潰れたも  櫓の下へ出て  櫓が立ち  櫓や天主閣の頂上には年古る  櫓のうえに立って  櫓の上で霧笛を吹いている  櫓の上にあがって見た  櫓が半分丸出しになって  櫓を白紙で張り立て  櫓の上にあがって  櫓は根もとからたおれ  櫓がくずれ落ちる  櫓をたおし  櫓の掻き分けた  櫓ができたら  櫓から落ちて死んでいた  櫓にたどりつくと  櫓に上ったり  櫓に上がって  櫓から下の宿の温泉が噴き出して  櫓を操って殺倒する  櫓をあやつっている  櫓に駈け登らうと  櫓を卓子にして  櫓のようなものが出来てしまい  櫓の痕を泥絵の絵具のように一筋長く印している  櫓の上へのせる  櫓などが空明りに浮いて見える  櫓や羅針盤にたよりきれない  櫓の音を早めながら  櫓から倒に落ちたも  櫓が残り  櫓を操り  櫓をみしごとく  櫓にあらず  櫓を戴く如く  櫓とおもへる  櫓が跳返し  櫓がこわれたから  櫓の如く立つべし  櫓が石油坑の櫓のやうに高く空にそびえてゐた  櫓の上へ載せて  櫓を取って  櫓を押しました  櫓をしつかりとつかみ  櫓に撓むる  櫓を想わせた  櫓まで肉眼に映ずる  

~ 櫓[名詞]1
納屋の櫓に  僕を促しながら櫓を  靜かに櫓を  静かに櫓を  勝も櫓を  作物を荒すので櫓を  跳ね込み台の櫓の  号令で櫓の  主人を呼んで櫓を  漁場の櫓が  千代田城の櫓の  青竹を折り曲げて櫓の  青竹の櫓を  やうな櫓といふ  余は櫓へ  余も櫓から  水見櫓の  水夫に櫓の  城の櫓の  それが櫓の  両端にありて櫓を  山腹にある櫓の  波とに櫓も  一人一丈余りの櫓を  宿禰とを従えて櫓の  一人立ち上って櫓を  爾を櫓の  目からも見ゆる櫓の  それがしは櫓の  五十座の櫓を  丘や櫓を  敵の櫓を  幹が櫓から  ギーギーと櫓を  無闇と櫓を  城中の櫓から  測量の櫓の  語は櫓の  んに櫓を  梯子を櫓から  上の櫓には  鳶口で櫓へ  約束どおり楊陵は櫓に  四方の櫓から  孔明は櫓の  姿を櫓の  ように櫓で  自分の登っている櫓からばかり  数々の櫓の  自動汲出しをしている櫓ばかり  魚見の櫓  夜更けの櫓の  水の上の櫓の  うえに軋む櫓の  これは櫓を  屋上の櫓で  手から櫓を  後に櫓を  円塔形の櫓の  四つの櫓の  撮影用の櫓を  百尺の櫓が  雨中に櫓を  目障りな櫓を  二本も櫓を  旦那の櫓の  仕事の櫓  妙な櫓が  ような櫓  二度目の櫓は  二度目の櫓が  雷よせの櫓を  四郎の乗っている櫓は  二基の櫓に  火見櫓が  夜舟の櫓の  本丸の櫓の  二つの櫓は  一部が櫓を  キィーキィーと櫓の  火見櫓の  我は櫓を  巨燵の櫓に  器用に櫓を  中央には櫓が  いっしょに櫓の  いつしよに櫓の  碁盤の櫓を  丸太組の櫓の  帆村は櫓の  三座の櫓が  城の櫓と  一挺の櫓と  忰に命じて櫓を  身長が櫓の  海流にさからって櫓を  端に置いて櫓の  二梃の櫓を  間から櫓と  中村座の櫓も  鐘の櫓の  静かに櫓の  城の櫓が  ゆるやかな櫓の  ろべそにきしる櫓の  天守台の櫓の  大工を入れて櫓を  急ごしらえにかかる櫓とは  毎日毎日屋根の櫓の  例の櫓へ  馬鹿囃子以来の櫓の  上の櫓へ  暫らくして櫓の  俄に櫓を  下ノ堂の櫓や  仮屋や櫓は  数十ヵ所の櫓やら  舟は櫓で  翼を翻して櫓の  茂太郎の立っている櫓の  間に櫓の  一斉に櫓を  のは櫓  云ふ櫓の  五十フィートの櫓の  船の櫓の  白木の櫓を  例の櫓を  小腰に櫓を  多くの櫓を  運びが櫓で  麓の櫓の  主としては櫓を  左岸に櫓や  諸所に櫓を  若者が櫓を  ルマン風の櫓が  折に櫓を  紙燭とりて櫓の  流を下る櫓の  船頭が櫓を  小舟が櫓を  マドロス君が櫓を  防空監視哨の櫓の  傍の櫓  さ五十尺の櫓の  ギイギイと櫓が  さんの櫓の  ひとりで櫓を  ボートが櫓を  歴史の櫓を  そばに黙って櫓を  一本の櫓を  三上は櫓と  鉄の櫓が  旅人の納まる櫓が  火見櫓とも  併し櫓の  自分で櫓へ  芝居の櫓などに  測量の櫓が  気持になって櫓の  ヨロヨロの櫓を  三角点の櫓は  半年ほど櫓を  此ヤグラは櫓と  小舟の櫓を  一丈五尺の櫓が  自暴でこめていた櫓の  米友さんが櫓を  米友は櫓の  人形芝居辰松座の櫓を  城門の櫓の  姿が見えないのに櫓の  彼が櫓  なかば閉じ櫓  夜寒むに櫓  源叔父は櫓  舷端にかけ櫓に  ところに櫓  勇敢に櫓を  地域や櫓や  火見櫓も  火見櫓までが  梶も取り櫓も  早舟は櫓の  獅子ヶ城の櫓へ  古城の櫓の  げに櫓  緒朽ちたる櫓を  ギーギーと櫓の  船の櫓  香のせて櫓にや  懸命に櫓を  測量の櫓は  測量の櫓も  舳に坐って櫓を  峻急な櫓の  ギイと櫓の  火見櫓を  長者が櫓へ  豐竹も櫓の  唐辛を吊してある櫓の  摩耶は櫓の  須美は急いで櫓の  船大工舟も櫓が  炬燵の櫓が  漫才の櫓の  塀や櫓を  そこに櫓を  ただ一人山頂の櫓に  三角点の櫓に  近くで櫓を  城の櫓に  王様は櫓に  木の櫓から  土耳古帽が櫓を  ような櫓を  剣を引き抜いて櫓を  炬燵の櫓を  相撲好きと見えて櫓を  麻雀卓を櫓の  火見櫓などが  もとの櫓や  城の櫓  七が櫓から  城門や櫓が  巨人にして櫓に  巨人を櫓  十四個の櫓  白壁の櫓が  太鼓をのせる櫓が  ギーと櫓を  井戸掘りの櫓が  #坑の櫓の  盤を櫓の  二三杯飲み干すと櫓を  夜の櫓を  三角点の櫓まで  

~ 櫓[名詞]2
軽々と櫓  高き櫓  凄い櫓  高い櫓  たちまち櫓  絶えず櫓  やむなく櫓  あの櫓  この櫓  その櫓  明るい櫓  早櫓  まもなく櫓  ついに櫓  なく櫓  高く櫓  もう櫓  大きな櫓  勇ましい櫓  とうとう櫓  狭苦しい櫓  重い櫓  すっかり櫓  よく櫓  遠い櫓  いくら櫓  力一杯櫓  直に櫓  小さな櫓  古い櫓  一段と櫓  つよき櫓  

複合名詞
櫓柄  櫓台の下  櫓板  櫓台下  櫓台  時櫓  櫓力  五櫓  櫓韻かすか  櫓仕立  櫓音  汐見櫓  二十四挺櫓  櫓落し  魚見櫓  出丸櫓  三重櫓  櫓柱  櫓韻  櫓櫂  櫓方  櫓稽古  炬燵櫓  櫓壺  櫓ちん  丸木櫓  一櫓  城櫓  船櫓  お太鼓櫓  八挺櫓  櫓杭  四挺櫓  櫓主  ぜんぶ櫓裏  櫓裏  深川横櫓  櫓船  梯子櫓  膃肭獣計算櫓  汲出櫓  汲出櫓一台当り  櫓声  櫓皿  城壁楼櫓  櫓船二十  櫓銭  とき櫓  アラ櫓  角櫓  丸櫓  上櫓  八丁櫓  六丁櫓  ちよきの櫓  男子櫓  女子自ら櫓  隅櫓  櫓組み  半鐘櫓  一挺櫓  艫櫓  楼櫓  櫓梶  門櫓  物見櫓  二ノ丸櫓  二ノ櫓  本丸櫓  四梃櫓  櫓格子  大手櫓  櫓全体  櫓太皷  櫓等  合戦警固毎日高矢櫓  矢櫓  出矢櫓  八梃櫓  いま櫓櫂  五つ櫓  櫓業岩飛中  櫓越し  十二丁櫓  櫓聲  櫓聲靜  早櫓  太鼓櫓  さっき太鼓櫓  七重櫓  測量櫓  柔櫓声中  天守櫓  二重櫓  宮城二重櫓  芝居櫓銭十分一  二つ櫓  二三人櫓  ローラ櫓  櫓舟  妙庵丸櫓  櫓井戸  唐櫓  櫓下車宿和田屋  櫓楼  こたつ櫓  櫓三日  櫓マスト  二丁櫓  櫓綱  舳櫓  櫓形  



前後の言葉をピックアップ
    露石    絽縮緬  櫓太鼓  ロア  ロアイヤル  ロアイヤール  露悪


動詞をランダムでピックアップ
とこおよげ損する引っぱたきとりのこしもたせよみちびい迷い込むもえまなんつっぱる取り寄せれ先走ら採れうねる震え上がっ訝るひたす行き届い
形容詞をランダムでピックアップ
腹立たしかっ目映い意地汚なるう荒っぽい押し付けがましいさうなう済まなく薄暗きちょろう快し低し宜しからたやすかっ得がたかっ荒々しかっ肌寒いさうなから可愛いたわいなく