「検め」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 検め[動詞]
ものまで検め  物を検め  から、よく検め  竹のを検め  文庫を検め  死骸を検め  痕を検め  中味を検め  戸締りを検め  それを検め  爪先にいたるまでとくと検め  念入りに検め  紐までといて検め  頭巾を検め  丹念に検め  組立てを検め  頼宣はもしやと思って検め  仔細に検め  一枚一枚叮嚀に検め  表面まで一々検め  ように検め  裏を返して一応検め  私い悉皆検め  ためつすがめつして検め  装置など検め  面を検め  文筥など、検め  男を検め  払ひを検め  玉子焼とを一寸検め  げに検め  虫がいるよ、よく検め  念を入れて検め  仏具を一々検め  あたりを検め  指を一々に検め  箱をぶちまけて検め  着物から引き離して検め  影法師三吉が検め  傷口を検め  十太夫はおなじく検め  居間を検め  老人はひっくり返して、あわただしく検め  戸を検め  手で一々検め  一通り裏表を検め  かげで検め  翁が検め  二人は検め  部分を検め  一つ一つに検め  傷処を検め  掛り其両手を検め  念の為にとて拾い上げしなれ、拾い上げて検め  中などを検め  そこらを検め  何寸切られていたか、よく検め  掌を検め  弾丸を検め  そこらをよく検め  周囲を検め  一ツ一ツに検め  しろにはたった今検め  床下その他を検め  なかを検め  静かに検め  往来人を検め  往来人はいちいち止めて検め  中を検め  上へ登ったが、検め検め  時計室を検め  表紙などを検め  有様を検め  事が有るか知らんと思って、立って検め  鉄板を検め  所で検め  諸々方々を検め  何れほど検め  紙入れを検め  其処此処と検め  衣嚢を検め  窓を悉く検め  室を検め  鏡に写し一応検め  今朝死骸を検め  二本を熟く検め  控帳を検め  仔細らしく検め  身体を検め  お前も検め  もう一度よく検め  一緒によく検め  色を検め  ちょっと脈を検め  中身を検め  



前後の言葉をピックアップ
改む  改むる  改むれ  改まら  改まり  改め  改めよ  革め    改め


動詞をランダムでピックアップ
踏み越す世ばなれきづかう押さえ付けよそやし幽する抜から奢る盛り込みすいつけ熔ける頷か刺し殺せ持ちきり蒔い連れ帰りもよおさ見え透かしめさ
形容詞をランダムでピックアップ
図々しそうぞうし忌々しいきいろくむつまじく堪えがたきじれったかたじけないふとい気難し古くさい青き無かっ分別らしいうつくしけれっぽいうらやましゅう古めかしいバタ臭いさみし