「染め」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 染め[動詞]
青色で染め  りくちの櫨を染め  唇を染め  らに染め  /″\指を染め  文学に染め  植え込みを染め  指を染め  顔を染め  男を見染め  手前を見染め  反映に染め  花びらで染め  丸を染め  筆を染め  さを染め  奥様を見染め  灰色で染め  障子に染め  色彩をもって染め  天末を染め  シートを赤く染め  大華族に見染め  朱に染め  紅ひに染め  贓物を染め  肌を染め  渋色に染め  ズボンを赤く染め  真赤に染め  意味のものを染め  真黒に染め  手を染め  君を見染め  光に赤く染め  空を赤く染め  ところばかり見ていたが、赤く染め  一瞬間明るく染め  ように染め  熱に染め  皮がべにで染め  濡板を染め  色に染め  浅葱に染め  夕栄に染め  闇夜を赤く染め  歯を黒く染め  十字架を染め  炎に染め  色で染め  歌絹に染め  薄赤く染め  耳を染め  名を染め  ッ赤に染め  黄いろに染め  鱗形を染め  黒色に染め  戦血地を染め  模様が染め  緑を染め  真紅に染め  光村博士に見染め  額にかけて赤く染め  小袖に染め  丈えと染め  虹で染め  瞼を染め  皮を染め  面を染め  日の出を染め  川風を染め  草を染め  曙光に染め  秋の七草を染め  窓を染め  血で染め  血に染め  男に見染め  水を染め  汀を赤く染め  巣を染め  黄に染め  春を染め  花をすり付けて染め  肘に染め  夕映えが赤く染め  政治的色彩に染め  手が染め  隈を染め  色を染め  含羞む瞼を染め  紋を染め  頬を染め  木の実で染め  大気で染め  墨に染め  煽情的に染め  顔から体を染め  雲間を赤く染め  赤インキで染め  歯を染め  花を赤く染め  紋付きをさっと染め  駕籠を赤く染め  雪を染め、染めて、ちらちらと染め  夕映えを染め  空を染め  紅を染め  彼女を見染め  鮮血に染め  ふちを赤黒く染め  まわりを染め  お歯黒に染め  サット真紅に染め  玉蟲色に透いて見えて、どうやら染め  橙色に染め  舞台としか思われず、わけてもその染め  一角を赤赤と染め  黒とに染め  頂を染め  体を染め  汁で染め  空が染め  光に染め  黒によって染め  液体で染め  五色に染め  一瞬明るく染め  つた色で染め  耳朶を染め  赧に染め  十二月紅を染め  紫とに染め  華やかに染め  美人に見染め  着物に染め  成つて見れば、染め  地面を染め  木靴とを染め  汚染で染め  緑に染め  頭を染め  先に染め  みを染め  一色に染め  主を見染め  紋様にも染め  春光館と白く染め  ちょっと頬を染め  外で見染め  一切指を染め  春霞をほの紅く染め  魏旗に染め  まっかに染め  齒を染め  黄絵の具で染め  藍で染め  心持ちに染め  緑色に染め  心を染め  手拭は染め  中形に染め  霜に染め  革紐で巻いて、赤く染め  ポッと染め  あいだは染め  紋付に染め  河を染め  赤に染め  縮れ毛を染め  紫色に染め  街樹に染め  赧く染め  紺で染め  面をあかく染め  ホラ、染め  夕を染め  色々に染め  絵具で染め  ローズ色に染め  桃色に染め  日の丸を染め  草葉をも染め  紋附に染め  ほおを染め  うえをほんのり染め  髪を染め  ところで染め  雫を染め  それは黒く染め  染料で染め  特別に染め  シルシを染め  液を染め  顔をすこし染め  一部を染め  胸を染め  闇を染め  顏を染め  紅で濃く染め  色を暗く染め  豊を見染め  腹を赤く染め  それは染め  天井を染め  大抵手を染め  真っ赤に染め  どろどろで染め  絵の具で染め  あざやかに染め  縁を薄く染め  赤紫色に染め  んだろうな、染め  汚れに染め  和泉屋と染め  上に、ポツポツと、赤く染め  上手に染め  障子を染め  温かに染め  反映で染め  眼を染め  やうに染め  名に染め  鉄漿で染め  一指をも染め  インキで染め  そつくりそのいろに染め  炭酸紙で青く染め  紅で染め  日にうす白く染め  鍬を染め  朱鷺色を染め  頭を青く染め  鹿の子に絞り染め  筆に染め  墨を染め  血を染め  黒髪も人知れず染め  模様を染め  お歯黒で染め  源泉学校と染め  裏を染め  好みで染め  禿頭を黒く染め  ことを、染め  葉を青黒く染め  屋根を紅く染め  紅に染め  更紗を染め  印象としては、既に染め  今朝は染め  眼もとを染め  孃さんに見染め  緯糸に染め  二行に染め  朝から群青に染め  遠近を染め  それぞれ筆を染め  胸許を染め  一筆、染め  中から筆を染め  ベタベタに染め  石竹色に染め  オレンジ色に染め  彼のあたまに執こく染め  時計台を染め  血潮に染め  夕日に染め  糸でございます、染め  眞赤に染め  窓を赤く染め  短冊を染め  うちに織って染め  字が染め  紫に染め  とこは染め  両方べつべつに染め  ちょり黒く染め  縞に染め  雑作なく染め  今日こそ染め  貰ひたい今日こそ染め  ふうに染め  割合に早く染め  性体を寂しく快く染め  井桁模様を染め  絆纏に染め  稍ほのあかく染め  サフラン色に染め  秋草を染め  紺藍に染め  すそを染め  頬を赤く染め  銀で染め  みんなピンクに染め  天才を見染め  村近郊をあかく染め  声を染め  海をも染め  水色に染め  禧子を見染め  寒い色に染め  顔をうすく染め  紅を濃く染め  顔料で染め  鼠に染め  早に見染め  因幡を見染め  枯草を紅く染め  ア、染め  根を染め  葉を染め  墨が落ちるぜ、ふうん、染め  陽線が躍り染め  林を染め  多彩に染め  梵論字を見染め  赭く染め  谷を染め  頬はほんのりと染め  夕暮を染め  葉に染め  鬢髪を染め  あたりを青く染め  百合に染め  夕陽に染め  色彩に染め  金色に染め  みどりいろに染め  おはぐろで染め  霧を染め  初心らしく染め  藍色に染め  窓ガラスをほの白く染め  仄かに染め  太陽から薔薇色に染め  泥に染め  襟を染め  もっと真赤に染め  風呂敷として染め  汁に染め  身体、染め  熊、黒く染め  真紅を染め  好みでまだ染め  淡色を染め  手で染め  衣を染め  塵を白く染め  大洋全部を染め  影響にそそられ染め  シルシが染め  赤黒黄等に染め  薄墨色に染め  円形を染め  面積を染め  桜を染め  帆を染め  ヒルミ夫人の見染め  分きて染め  ことさらに美しく、染め  はかたみの色を染め  得意になって染め  物を染め  手もとで染め  下絵を選んでわざわざ染め  身を染め  一ぱいに染め  御名を染め  蝶鳥を染め  薔薇色に染め  裾から濃紫に染め  薄黒く染め  梢を染め  眉を黒く染め  残雪をところどころに染め  洋紅色に染め  扇に染め  歌も染め  金粉に染め  明かに染め  黄色に染め  爪を染め  かな色に染め  天を染め  黄色とに染め  緑とに染め  赤茶色に染め  先代侯爵が見染め  息子さんに見染め  商人に見染め  時雨や染め  薄紫色に染め  鬼のように赤く染め  夕日に紅く染め  いつか時雨に染め  色をすこし染め  袂を青白く染め  花を染め  白鼠を染め  動物を染め  雀を染め  緑と染め  靜かに染め  車窓を染め  秋草の染め  顔を薄く染め  橋本と白く染め  橋本と染め  小説に染め  兎の毛をうまく染め  小間物行商人と馴れ染め  血潮で染め  ッと染め  黄金色に染め  ひな子の染め  絵巻の染め  一杯に染め  眼元を染め  胡粉を染め  真青に染め  頃手を染め  顔を赤く染め  ように赤く染め  レールを染め  草木鳥獣など染め  粉本にしつといえど、染め  僕が初めて馴れ染め  道を染め  旅情で染め  さに染め  ホンノリ頬を染め  朝酒で染め  畳を染め  朝日のいろにと染め  血色に染め  路上を染め  耳根をぽっと染め  女は美しく染め  唐紅に染め  地上を明るく染め  深紅に染め  朱紅に染め  湯を赤く染め  雲が、赤く染め  黒に染め  手拭まで染め  猫欲しや染め  赭土色に染め  周囲を赤く染め  宗竜王に見染め  脊中に白く染め  幸田節三に見染め  目元をほんのりと染め  京紅で染め  勝手に染め  云つて、ぽつと頻を染め  布を染め  ハンケチを染め  紫草衣に染め  みな紫根で染め  裾濃に染め  夕陽が赤く染め  もみづるあきつを染め  あきつのむれを染め  雪を染め  ちょっと歯を染め  横腹を染め  青年らしく、折角染め  鼠色に染め  茶色に染め  是はおそらくは染め  灰色に染め  限り代赭で染め  材料を採つて、紡ぎ、織り、染め  模樣に染め  裾を染め  結婚着も染め  みどりに染め  杉火のごとく染め  硝子をうす紅く染め  一角を染め  衣模様に染め  紅色に染め  朱で染め  紺色に染め  ために淋しく染め  幹の染め  片羽黄いろに染め  白壁を染め  皮は、染め  歯茎と、黒く染め  岩を黒く染め  上羽を染め  星のわかれをすかし見るかな染め  手帛を赤く染め  小紋に染め  地図を染め  自由に染め  一つ流行文様に染め  紺屋に渡して染め  げに染め  苔で青く染め  顏は染め  サツと染め  白髪を染め  指先は、やにで染め  屋根瓦を寒く染め  紅がらにて染め  紋章を染め  糸を染め  縁を赤く染め  朱よりも赤く染め  もみぢ葉も、まだ染め  所から、染め  岡を染め  比翼絞を染め  静に染め  茎を赤く染め  ぼんやりと紅く染め  ほこりに染め  方法で染め  もとに紡ぎ、織り、染め  自分で染め  糸を紡いで織ったり染め  日数をかけて染め  今も絞を染め  茜でも染め  周囲には黒く染め  注文に応じて随分染め  窓掛にでも染め  化学は染め  皮を煎じて染め  型紙を用いて染め  麻にも染め  白衣を染め  文字を染め  浴衣に黄色く染め  ほのかに染め  斎藤実盛にならって、染め  宙を染め  陰鬱で染め  頬紅ももつと染め  山頂を染め  野を染め  方を染め  春月亭と染め  水溜りを赤く染め  露台を染め  狂犬を染め  斑に染め  染料を用います、けれど染め  そこらを染め  夕焼に染め  五ツ紋に染め  掛蒲團の染め  株に染め  白衣を赤く染め  緋に染め  却って瞼を染め  色絵に染め  灰に染め  そなたを見染め  美しい人じゃと思い染め  血に紅く染め  茜色に染め  女房は染め  斜めに染め  怪筆を染め  此様に染め  秋を染め  青地に染め  先を、染め  青畳を染め  なかを染め  流れを染め  藤紫で染め  蔦を染め  首筋を、ちらちらと紅く染め  半身を染め  日本色で染め  尖峰を染め  と金色に染め  たまを染め  壁を赤く染め  藤色に染め  偶然に見染め  空をぽっと染め  うちに染め  人工的に染め  皮膚を赤く染め  地平線を染め  前歯をちょいちょいと染め  かたっぱし手を染め  屋号が染め  中を染め  灯りに染め  面を赤く染め  ちょうちんなんかに染め  ですよ。魚勘と染め  ほおさえも染め  山内侯に見染め  竹を染め  花が染め  御用と染め  菊模樣を染め  眞黒に染め  菊模様を染め  一面に染め  血しぶきにおびただしく染め  手は染め  鹿の子絞りを染め  手ぬぐいを染め  大急ぎに染め  いたずら半分に染め  うちで染め  地肌を染め  てんぐぶろと染め  大奥御用呉服所と染め  すず文と染め  若松浴衣に染め  一方をぽっと染め  雲を染め  胡粉で染め  肩といわず赤く染め  寒い空を染め  暖かい色に染め  息子が見染め  紅梅に染め  衣裳を染め  光線に染め  かなで染め  ちょんぼり白く染め  間や染め  潮を染め  墨のいろに染め  布が染め  纐纈を染め  御山を染め  虎二郎に見染め  黄檗で染め  峰を染め  金色を染め  空想を染め  哀感に染め  彼を染め  ホラ一昨年紺に染め  歯が染め  潮風に染め  川崎屋と染め  大丸と染め  浅葱などに染め  牛島小学校と染め  紅葉を染め  中を紅く染め  妾を見染め  名残りを染め  自ら筆を染め  赤色に染め  疑惑を強く染め  蚊帳を染め  洋紅に染め  水は忽ち染め  血でもって染め  樹梢を染め  踵を染め  耳許をほんのりと薄く染め  雹を染め  歯も染め  周囲を染め  客間から書斎をいっぱいに染め  地上を染め  宗教色に染め  紀山脈を染め  一時戦時色に染め  姿を黒く染め  藍を染め  あたりを紅く染め  句を染め  もの好きで染め  オレンヂ色に染め  糸をよく染め  糸を仕入れて、染め  部分は赤く染め  木綿、ごくわずかの黄色く染め  毛は染め  指さきを染め  蕾を染め  市街を染め  空気まで染め  一時戰時色に染め  花に染め  刃先を染め  染めもし見染め  斑らに染め  そこを黒く染め  繪が染め  袴を染め  柿の木を染め  

名詞

染め[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
染めちがえは染ちがえなり  染めかへられようとしてゐるといふ  染めにならん  染めになろうとすると  染めでくる  染めは唯ふとした気のまよひより起る  染めと織りと  染め残した式幕で門前を廻らし  染めになる  染めが剥げて  染めなしもの皆うつとりとしめりのある  染めに出す  染めにした  染めの六尺帯を背に結んだ  染めになっていた  染めぬいた夢の草原ああ耐へがたい病熱の戀びとよ戀びとよ今日の日もはや暮れる  染めだされた  染めぬかれてあります  染めになりますか  染め遊ばされ  染めの技術にしても  染めであったと思う  染め合ったお糸翫之丞の浮いた  染めで暮るる春と次のページへ認めたが  染めみだれひと筋ございましてもはねのけます  染めが違わ  染めたる幔幕を張りめぐらしながら  染めなどは一種の美をなしていた  染めかへて霜葉をかへす  染めの注文をあつかわせてみた  染めを注文した  染めのこともあるし  染めになった  染めにやった  染めかへいたします  染めかへてくれました  染めもし見染められもしたと云う  染めが見られたりはしますが  染めも正藍を用い  染めを受けつけませんが  染めも努めて  染めは本当のものだということを誇ります  染めに特色があって  染め替ふるたくみもよしや天雲の輕羅のころも花ごろも曳くや  染めに浮かせる  染めの着附をして  

~ 染め[名詞]1
先生の染め  色に染めかへ  づる朝風をこころゆくばかり染め  白髪も染めで  初手の馴れ染めは  羽織は染めが  炎に染め  工夫して染めに  んだら染めに  んだら染めの  一面に絞り染めに  浪紫をもて染め  絣織物にしても染めの  一人と染めの  芝居茶屋で見染め  梅ばち染め  厚織物やくくり染めなどは  もみぢに染めかへて  大口の染めの  古代むらさきの染めを  西京まで染めに  毛を染めか  真白に染めかへて  大漁着の染めが  布は染めが  容易に染めを  店の染めは  沖縄で用いる染めの  露や染めけむ  これとの染め  女の馴れ染め  

~ 染め[名詞]2
大きく染め  すぐ染め  く染め  だんだん染め  

複合名詞
染め木綿  二度染め  片側染め  染め手  曙染め  染め棺  黄染め  色染め  黒染め  溝染め  香染め  染め給  化学染め  歌ひとつ染めむね  歌ひとつ染め  のしらぎぬかばかりに染め  手染め澁染  撫子染め  葡萄染め  柿染め  二段染め  ら染め  露草染め  おぼろ染め  仮り染め  草木染め  かなり染め  ダンダラ染め  絲染め  藍染め  蘇枋染め  段々染め  染め呼吸  紅染め  紫染め  染め乍ら  手綱染め  ろ染め  紅殻染め  紋染め  御用染め屋  染め元  上物染め屋  染め木  手染め  丁字染め  染め糸  鹿の子染め  鬱金染め  面染め  飛白染め  別染め  赤染め  あけぼの染め  染め絹  ば染め出  蝋染め  板ジメ染め  染め異国情緒  染め方  紫根染め  茜染め  更紗染め  染め羽白羽  染め下地  定紋染め  雲幾重紅染め  染め代  渋染め  求むるごとく染め  染めけむごと  紺染め  



前後の言葉をピックアップ
そめ  染まり  そめ    染め  染めよ  染め上がっ  染上げ  そめあげ  染めあげ


動詞をランダムでピックアップ
やくおさまれ留まり解きほぐさ降り頻る宿りせばまり煉り合せ燃さ溶け遇せふんぞら蔑ま繰返す着膨れ光り輝い寝転ば背け妬き儚ん
形容詞をランダムでピックアップ
恐ろしく女らしから辛抱強くくるしくっ美しき貧しき注意深勇ましく難しうら若やむなき胸苦し少なかれあまね慕わしく生ぬるき丸かっ手重浅き