「朝夕」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

朝夕[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
朝夕なすところを法律的見地から規律する  朝夕はもう薄ら寒くなって来たので  朝夕つけ狙っているし  朝夕は曇る  朝夕におこる  朝夕に庭へ出て  朝夕にニコライの鐘が枕にひ  朝夕の祈は  朝夕とも棲みしていると  朝夕すぼき  朝夕は騒々しく飛び交い囀りました  朝夕の歎き他所の見る  朝夕にやや高まる  朝夕の挨拶のようなところがある  朝夕のいとなみと  朝夕きかれた  朝夕のつらきつとめ  朝夕はうすら寒いくらいの気候となりました  朝夕にこの庭を楽しみて暮らしき  朝夕眺めていたという  朝夕は涼し過ぎて  朝夕の秋風身にしみ渡りて  朝夕の秋風身にしみわたりて  朝夕の糧を兼ねた  朝夕の臨機応変にて主人の寵愛を僥倖するのみ  朝夕をともにするとなれば  朝夕も祈った  朝夕の食料に不足していた  朝夕の生活に困っていた  朝夕を送っている  朝夕を嘘の中に送るからとてちつとは  朝夕の挨拶も人の目色を見る  朝夕あのかがやく  朝夕の日当りの違う  朝夕の祈祷をおそわって  朝夕の風を測って暮していた  朝夕のたつきとせし  朝夕に開らきて  朝夕の駄々いかに増さりて  朝夕お極まりに涌き上がって来る  朝夕に映る  朝夕をつつましく送っている  朝夕に藝道をいそしむ  朝夕の話相手でありうる  朝夕の散歩に羽織がいる  朝夕を案じてはゐる  朝夕念じていると書いていた  朝夕の心にこの一冊は語りかける  朝夕その仮寓から見る  朝夕の違ひだけで  朝夕にふえて行くので  朝夕は手足の先猶寒きをおぼ  朝夕に松風ばかり吹く  朝夕この女聖人に接し  朝夕おがまれているばかりでなく  朝夕の冷気に苦笑する  朝夕の地引網に現れると  朝夕はめっきりと秋らしくなって  朝夕眺めている  朝夕を過ごしていた  朝夕よく顔が合いましたが  朝夕にかへらひぬれば  朝夕の出入りにその二階やのわきを通る  朝夕は北山颪しがそろ  朝夕に縺れ合う  朝夕を送ってみた  朝夕軽い散歩をする  朝夕の鏡にむかふ  朝夕は女中とともに忙しく立ち働く  朝夕または日曜祭日には自由に通行を許された  朝夕は仄かに秋の気が感ぜられる  朝夕来し秋の何に似たる  朝夕のしんめりとした  朝夕の友と言えば  朝夕にたまった  朝夕の食事の世話をしたい  朝夕の起居ふる  朝夕を送る  朝夕の烟も細き一かまどあり  朝夕ややしのぎ  朝夕の南風はすでに秋冷を送り来たる  朝夕を送  朝夕の挨拶ほどにも耳慣れた  朝夕に見る  朝夕は余ほど凌ぎ  朝夕の食事をととのへすすむ  朝夕はめつきり肌寒さを感じる  朝夕に賭している  朝夕の涼味を漂わしている  朝夕親しんだ宿の女どもと云い知れぬ  朝夕に経を読み  朝夕は題目を称え  朝夕は寒い位ですよといった自慢はして見たくない  朝夕に塗り込んで  朝夕のものにも事欠いて  朝夕の汁へ摘み入れるほどな  朝夕闘っている  朝夕の送り向えを  朝夕をおろそかにしない  朝夕のたつきにも途方に暮れた  朝夕見ているのみか  朝夕に往復し  朝夕にたびたびここの店に立寄って  朝夕の寒さに蟋蟀もまた夜遊びに馴れた  朝夕の行き帰りの道もなかなか遠くもある  朝夕立ち寄って見ては  朝夕その動作を見る  朝夕は無数の蚊軍が私一人をめがけて押し寄せる  朝夕にうろついていた  朝夕必ず拝んでいた  朝夕の参拝を果さぬ  朝夕の日参は必ずつづけて下さい  朝夕の参詣を欠かさなかった  朝夕拝んでいた  朝夕の散歩のかへり  朝夕を委ねてゐた  朝夕泣いていねえ  朝夕その身を痛めている  朝夕わいわい暮らしている散  朝夕を安ずる  朝夕もまずはととのい  朝夕その子をだきかかえて  朝夕たつぷり見る  朝夕に金剛山の空を見ては  朝夕を倶にして見ると  朝夕ついていた  朝夕の寒さと成り  朝夕隔てなく無邪気に暮して来た  朝夕の蔭膳へのみ  朝夕の沼の霧は見るも  朝夕おすがの姿を見る  朝夕は霜がおりて末枯れかかった  朝夕せッせととぎすましたり  朝夕その眺めを楽しんでゐる  朝夕見て居たら  朝夕ながめて居たならば  朝夕よばれる  朝夕祈ってる  朝夕の起き臥しの  朝夕の供御をよくせよなどとは  朝夕はめっきり冷たくなりました  朝夕の挨拶をいたす  朝夕の煙を立つる  朝夕の世話は奉公人どもの手を借らずに  朝夕はめっきりと涼しくなったが  朝夕の二度になったら  朝夕かたけずつ食わせた  朝夕が肌寒くなって  朝夕只この事ばかりに心を苦めて悶苦んでいるから  朝夕を送つた  朝夕の趣言ひ  朝夕することができていた  朝夕のくすりの塗布や煎薬なども侍医にはさせないで  朝夕憧れ拔いて居る  朝夕は涼風が吹いた  朝夕は急に寒くなった  朝夕の祈祷をしていると  朝夕に顔を見あわせている  朝夕を送った  朝夕怠らずお仕へ申して居られた  朝夕ひたすら緊張してゐる  朝夕飲んでおらるる  朝夕すずしくなりました  朝夕坐っていて  朝夕その頭数を勘定している  朝夕その偶像の前に合掌する  朝夕に禁闕に出入し  朝夕を送っています  朝夕うやうやしく礼拝して  朝夕の出退  朝夕に散策もすれば  朝夕の空の模様が春めいて来た  朝夕おせわくださるので  朝夕の為事も人顔のちらつく  朝夕の霧の中から浮び上る  朝夕に且つ吟じ  朝夕に接近した  朝夕の水仕にさへ  朝夕に気を注くるに  朝夕を老媼に世話さるるなれど  朝夕の食ひ  朝夕の食事は先方の自宅ですまして  朝夕はへそまでが凍り  朝夕は冷たい秋めいた  朝夕に母に掻くどかれては  朝夕のはかなさを見せなければならない  朝夕の私生活などは時間かまわぬ  朝夕に知る  朝夕に軽々しく見すごす  朝夕の風がひどく身にしみる  朝夕はずいぶん冷えます  朝夕の手がはぶけて  朝夕に赤い火が燃えていた  朝夕一しお黒い柱の艶を増す  朝夕の煙もたえ  朝夕に食べる  朝夕の点滅の時が如何にもしみったれという  朝夕の心やりとしている  朝夕に見て見飽かぬ  朝夕に人生を観じては帰る  朝夕の生活に飽いていて  朝夕お歎きになった  朝夕その人に親しんで見た  朝夕のお稽古の世話をあそばされた  朝夕にお出入りしていた  朝夕に読誦される  朝夕に泣く  朝夕のお仕事にあそばし  朝夕見ていましょう  朝夕を送り始めた  朝夕出ていったり  朝夕に往来のできる  朝夕にながむる空もかきくらしつつ  朝夕に恋しがっていた  朝夕に鳴る  朝夕の慰めにして  朝夕にお顔を見ていながらも  朝夕に挑んでやまぬ  朝夕の間候を怠らず  朝夕に変る  朝夕見慣れいた  朝夕の冷たさの中から咲き出して来た  朝夕の樣唯ならず  朝夕を過すも  朝夕を弁えず  朝夕にいう  朝夕に云い暮しておりますが  朝夕の秋風が忍び寄る  朝夕楽しき折りも  朝夕の光もなくて秋暮れぬ  朝夕いらだっているのに  朝夕の特殊な気風をうつして見せたに  朝夕の現実としては依然として生れ出た  朝夕同じ室にいて  朝夕は人の肌にしみて  朝夕はめつきり寒さが加はりましたが恙もなく  朝夕に讃美歌の合唱が聞こえて  朝夕に睦み合った  朝夕の勤行をすましてしまふと  朝夕の散歩にも足自らそこに向うといった  朝夕を十分話す  朝夕慕い寄り  朝夕の苦しい咳といったら  朝夕を一緒に暮し  朝夕の裡に一生を終へようと思ふ  朝夕をずつと數年來續けて來てゐた  朝夕につちかふ  朝夕の惶し  朝夕をいろいろ心に描きながら  朝夕を夢うつつの境に送り  朝夕の食に事を欠かなかった  朝夕の奉公に定めて  朝夕の介抱や給仕はすべて彼女ひとりが承っていた  朝夕は花圃を散歩しながら  朝夕聞えてまいります  朝夕お傍に居られる  朝夕その耕地に通う  朝夕の糊口の途に苦しみつつ  朝夕に父母のなさけを身にしめて  朝夕を続けているだけ  朝夕ろくに顔を見た  朝夕の風肌さむくなりぬ  朝夕の寒さ身に沁むばかりなり  朝夕にも差支えて  朝夕の寒さ袷あらば着たきほどなり  朝夕の新聞に目を通しながら  朝夕おがんでいたという  朝夕に事を欠かぬ  朝夕を思うと出来るなら  朝夕の空澄み  朝夕に入るだらう  朝夕の心配はないようになった  朝夕は涼しすぎるほどになった  朝夕は学校の事さえ手すきならば掃除雑巾がけを為るという  朝夕はいこう  朝夕は俄かに冷えて来た  朝夕しのぎよくなりましたか  朝夕明るく輝いてゐた  朝夕となく山径をつたつて穴倉のほとりをさ  朝夕のお買物までも御自分でお出ましになりました  朝夕あわれな  朝夕この井戸はにぎわって  朝夕のたつきも知らざりし  朝夕の雲を望めり  朝夕どんなに淋しい思ひをしてゐるか  朝夕その遣り  朝夕の人の心にふさわしき器物の取  朝夕の潮騒の音が響いて来る  朝夕の食膳の菜を減らしたりして  朝夕に迫って居ります  朝夕を送り出していた  朝夕悩んでいた  朝夕に生かされている  朝夕に飮まなければならない  朝夕必ず小説欄にとられてゐる  朝夕に肌身に着け  朝夕弾いている  朝夕の霜で末枯れはじめたい  朝夕は肌身を刺す  朝夕はもう凉しく  朝夕の見舞を闕く  朝夕その一父衆母の言語挙動を傍観すれば  朝夕親しく受けた  朝夕の煮焚きをしたり  朝夕が凌ぎ  朝夕の清掃にはとりわけ骨が折れたが  朝夕のうしろ姿を見る  朝夕は身にしみますのに  朝夕の万事互に英語を以て用を達するの  朝夕の注意は決して怠る  朝夕の動悸が余程順調になり  朝夕をこの土地で送れる  朝夕の銚子を二本と増してやらなければならない  朝夕の出入が急に厳重になった  朝夕の背広には実に弱る  朝夕の心くばりが  朝夕に雲を染め  朝夕促してくれた  朝夕その身辺に侍らせてゐる  朝夕の動きの間で過ぎた  朝夕は身に沁みる  朝夕投げ合っていた  朝夕こっそりその味を試しに入って  朝夕わんさと雀が囀  朝夕見ている  朝夕に武備を怠らなかった  朝夕に泣いていた  朝夕をくらしているだろうか  朝夕がいくらか涼しく楽になったかと思うと  朝夕に母が渡世の三味線を聴く  朝夕に吹きおろして来る  

~ 朝夕[名詞]1
われわれが朝夕  敵は朝夕  生活の朝夕に  子供たちは朝夕に  私の朝夕の  月輪殿が朝夕の  海は朝夕に  近所づきあいの朝夕の  今日かかる朝夕の  唄が朝夕  僕は朝夕の  詩人は朝夕に  児を生みたいと朝夕  内地でも朝夕は  昨日まで朝夕の  文章を捜して朝夕を  おのづと肩身せばまりて朝夕の  ものとなって朝夕  うちでも朝夕の  頃の朝夕の  祖父から朝夕の  物とり並べて朝夕の  姿を朝夕  古事記舊事記を朝夕に  子の朝夕を  神棚へ貼って朝夕  わたくしが朝夕  城攻め野合せが朝夕の  風のしらべを朝夕に  我輩は朝夕  英雄として朝夕  安静あけの朝夕の  枝に残って朝夕の  お里ちやんが朝夕の  頃の朝夕は  壁に懸けて朝夕  のは朝夕の  もの静かな朝夕を  出入りするから朝夕などは  家は朝夕の  中を朝夕に  海洋に朝夕を  居間に掛けて朝夕  げんが朝夕の  不思議な朝夕で  一歩も出られぬ朝夕を  二本榎に朝夕の  夫を遇する朝夕の  価値を朝夕に  そこに朝夕を  つては朝夕の  家ぢゆうの朝夕の  草堂を作って朝夕に  日蓮信者で朝夕は  袷でも朝夕は  脂を朝夕に  葬式と朝夕の  供御の炊ぎに奉る朝夕の  さと朝夕  上手で朝夕の  者の朝夕の  さまを朝夕  界隈を朝夕に  風雨に拘らず朝夕  オイナリ様の朝夕の  ホコラをたてて朝夕の  主が朝夕  いまどきに朝夕  住民として朝夕  蒼生が朝夕を  口にされる朝夕の  行宮の朝夕も  盛りを朝夕  彼等と朝夕を  うちへ置いたならば朝夕  ダンビラを買い集めて朝夕  硝子戸越しに朝夕  肖像画を朝夕  壁にかけて朝夕  義貞に朝夕  お神酒を上げて朝夕  習慣的な朝夕の  わたくし共とも朝夕の  食事が朝夕の  頃は朝夕が  相手にして朝夕を  静かに朝夕  八月に入ると朝夕は  上の朝夕に  楽しみにして朝夕  者の朝夕  これでは朝夕が  年まで朝夕  彼らが朝夕  侍従として朝夕に  彼は朝夕に  あなたが朝夕  車は朝夕に  明が書留めて朝夕に  孫たちの朝夕に  母様のみは朝夕の  下宿屋渡世の朝夕の  人の朝夕に  大事がられて朝夕を  母に朝夕の  多忙で朝夕の  筒井莞爾君の朝夕の  写真を朝夕  日刊新聞によって朝夕に  夏の朝夕  女と朝夕に  なぞをあけて朝夕の  それを朝夕の  寺の朝夕に  物思いをばかりして暮らす朝夕の  ここに朝夕を  ことを朝夕  内弟子として朝夕  旅寝の朝夕も  のを朝夕の  あなたも朝夕  静な朝夕を  桟橋から朝夕  里は朝夕に  顔を見るだけを朝夕の  彼が朝夕に  ヒメが朝夕  夫人じしん朝夕の  夫妻は朝夕の  うちでも朝夕に  煩ふ朝夕の  奧に朝夕の  四季の朝夕  恋着して朝夕  祖母とは朝夕  靜かな朝夕の  樣な朝夕をずつと  山上の朝夕を  忠通が朝夕の  喇叭も朝夕  いつになれば朝夕  農繁期には朝夕  培ふや朝夕に  一時は朝夕にも  頃の朝夕  四月といっても朝夕は  親を持って朝夕に  ザラメ雪となるが朝夕は  時間が朝夕に  身をよせて朝夕を  体は朝夕  竹林を越して朝夕  茲に隠して朝夕  げに朝夕の  中心に朝夕を  変化や朝夕の  色や朝夕の  粗服を着たり朝夕の  命も朝夕に  胸を懐いて朝夕  僕など朝夕に  ものは朝夕  些くも私が朝夕  舅姑に対して朝夕の  群居して朝夕  教えをも朝夕  化粧せる朝夕の  しあわせな朝夕を  月がかはつたら朝夕の  倉田工業では朝夕の  對ふによりて朝夕に  仏語教師として朝夕  どころでない朝夕の  窓に映ずる朝夕の  レントゲン仲間で朝夕  祈りを朝夕  ときから朝夕の  京雀ともいうほど朝夕  軒並みに朝夕  時から朝夕に  赤城から朝夕に  

~ 朝夕[名詞]2
もう朝夕  その朝夕  この朝夕  いかに朝夕  どんな朝夕  よしなき朝夕  あの朝夕  悲しい朝夕  ない朝夕  次第に朝夕  どうも朝夕  再び朝夕  多い朝夕  現に朝夕  よい朝夕  其の朝夕  まして朝夕  なき朝夕  そういう朝夕  かいがいしい朝夕  よき朝夕  つらい朝夕  同じく朝夕  まず朝夕  いかにも朝夕  つつましい朝夕  暑い朝夕  本当に朝夕  嘗て朝夕  

複合名詞
朝夕二度  朝夕フランネル  朝夕対  朝夕なに  朝夕頂戴  朝夕そちら  朝夕郊外  朝夕上州  朝夕炊煙  朝夕魚貝  朝夕帰依渇仰  朝夕これ  朝夕訓練  朝夕往復  朝夕忠孝  朝夕糊付け  ため朝夕  朝夕遊び  朝夕そこ  朝夕日  朝夕應  朝夕旦那  朝夕化粧  朝夕出入  朝夕富士司  朝夕母  朝夕一緒  朝夕寄せ  朝夕軒  朝夕鏡  朝夕事  朝夕帷幕  朝夕お側  朝夕親ん  朝夕内外  東京朝夕新報  朝夕拝  朝夕佛壇  朝夕仏壇  朝夕朗々  朝夕主人  朝夕喇叭  朝夕只管  朝夕膏薬  朝夕わたくし  朝夕八畳  朝夕体操  朝夕ハム  朝夕二人  朝夕念仏  お互い朝夕  朝夕私  朝夕通い  是ハ朝夕京田舎以下召仕用ニ別而南里  朝夕智恵子  朝夕縫物  朝夕それ  朝夕皿  朝夕父  朝夕杖  朝夕客  朝夕冬服  朝夕とも  朝夕菩提  朝夕二回  朝夕耳  朝夕出勤  朝夕位  朝夕英国  朝夕人  朝夕朋輩衆  朝夕戦場  朝夕朗らか  朝夕ムク  朝夕代参  朝夕二回入浴  朝夕泣き  朝夕玩具  朝夕斯様  朝夕二つ  朝夕アンゼラス  朝夕打  朝夕此孔穴  朝夕灌水  毎日朝夕實行  朝夕爨  朝夕鴉  朝夕鹿  朝夕手  朝夕二食  以前朝夕ただ二度  朝夕顔  一朝夕  朝夕いっしょ  朝夕濡色  朝夕熱心  朝夕寝起き  つて朝夕  朝夕旦暮恟々  朝夕親炙  朝夕仏  朝夕うち  朝夕検温気  朝夕心  四季朝夕  朝夕目  此篇ハ朝夕講習  間朝夕室  朝夕雨戸  朝夕薬  朝夕枕もと  朝夕一両度  朝夕霧  赤城霞色朝夕  朝夕出仕  朝夕継母  川長朝夕  朝夕遠山  朝夕相  毎日朝夕二回礼拝  日曜朝夕  朝夕礼拝  毎日朝夕  朝夕二度宛  昼夜朝夕  評判朝夕  ところ一朝夕  朝夕犬  朝夕ごと  其昔朝夕  朝夕学校  朝夕フランシス上人  朝夕神  朝夕膚  朝夕内  朝夕往来  違つた朝夕  朝夕四季  つた朝夕  朝夕一度  朝夕庭先  朝夕腰  朝夕お側近くお世話  こと朝夕二回  朝夕起居  朝夕水  朝夕起臥三十余年  朝夕山野  朝夕黄金丸  朝夕庭  朝夕手入れ  朝夕こちら  朝夕馬  朝夕ひとり  朝夕先生  朝夕二回海  朝夕まわり  朝夕不安  朝夕浪華亭  朝夕斯  朝夕お話し  朝夕あそこ  朝夕深甚  朝夕どれ  朝夕之  朝夕身  朝夕膳  朝夕隅田川  朝夕送迎  朝夕相往來  朝夕子供  朝夕二回配達  二人ぎりで朝夕二度宛道場  朝夕ガアゼ  朝夕講習  四季朝夕其候其時  朝夕平穏  本堂建立中朝夕顔  邑人朝夕  朝夕南無妙法蓮華経  朝夕お題目  朝夕看経  朝夕新報  朝夕漫歩  朝夕静寂  



前後の言葉をピックアップ
朝もや  朝焼け  朝山  浅山  朝湯  朝代  あさら  漁ら  浅利  あさり


動詞をランダムでピックアップ
名乗り出るすりあげ扱え撲り付けるいどん失くなれやかそ仕上げたたこそよ吹け記すあやまたひまどっすぐら見分けよ叫べる燃えたたにつき名乗ろ絞め殺し
形容詞をランダムでピックアップ
興味深おびただしかっ擽った程よく緩いおぼつかなかっ欲しゅうにくたらしく気むずかしくうぶから弱く慎ましえがたいゆゆし涼し生々しかっみすぼらしまぎらわしい小ささもしく