「替」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 替[動詞]
わしが立て替  寝巻に着替  下駄を取替  席を替  思つた着替  持物と取り替  金に替  手筈を替  故障を起したので、乗替  えびす神に替  基礎が替  形を替  とつて替  旅具をすり替  ものが替  衣裳を替  千万金にも替  明星調、いひ替  月日一瞬によし替  結ひ替  つて着物を替  ぱりと結ひ替  方がいいのよ、とり替  くるくると着替  三度程も替  朝靄と替  雷門との乗替  品物取替  脚本を取つ替  朝五時頃呉半三郎亜商と取替  お湯を注いで替  美服に替  着物を着替  電車に替  三度合方を替  研究にとって替  風に替  枝に替  ドテラに着替  家に建て替  奴に見替  手を替  品を替  喇叭と替  途中で摺り替  うちに替  命には替  七役早替  のは、なんとなら、替  問を替  人殺しがあつたとも思はれませんが、新しく替  尾に替  日を替  処を替  言ひ替  加へた語ととり替  機会があつて、漸くふり替  語序をとり替  語序から新語序におき替  逆にふり替  時に、とり替  思召の如く替  更えねばならぬが何と替  まりお春と替  風で、着替  着物の着替  そこらをがたぴし言わせて、着替  歴史文法に置き替  寢卷きに着替  自分の着替  其舊態を替  之を替  から取替  外に、替  方を替  鎮魂歌の替  神楽歌の替  時の着替  壬二集を見ると、生れ替  先づ屏風絵に描き替  結納を取替  結納のお取替  今結納を取替  此処で取替  結納は取替  結納の取替  大津絵の替  畳を取り替  のに替  寝巻も着替  襦袢を着替  子供の着替  課長も替  商賣替  これをいひ替  方面を替  手に持ち替  此風が替  意味に替  主人に替  二の替  人に取替  金貨とでも替  時にも替  言葉も替  言葉を替  洋燈と取替  一時友達に立て替  着物をお着替  気を替  身を替  あなたのお取替  古語を置き替  おやすみになるのに、お着替  おむつを替  ベッドに倒れて、着替  のと取替  何ものにも替  帰つて仕事衣を着替  住侶たちが、色々に置き替  孃子が替  家構へが替  ガーゼを取替  市電に乗替  名を替  嬢子が替  為来りとをふり替  風習とふり替  袈裟をお替  追分で乗替  看板を塗り替  肌の着替  土を取り替  上、取替  誓紙を取替  弦をかけ直したり、替  河岸を替  いつの憐れに替  上分別と、打つて替  お気が替  服装が替  つては、取替  お茶を替  外套の着替  受持を替  谷口君も、もう着替  方言にて替  つぎの替  仏壇から神棚へ祀り替  レコオドを取替  数字に置き替  巣を替  供の着替  薩摩絣に着替  蛙にとっては掛け替  今の鋳替  規則を替  野原に替  いろいろな替  代は替  お前なにか着替  大廈高樓に移り替  高山から着替  法体に替  命にも替  従来唯の替  電車の乗替  費用を立て替  私は、着替  のであるが、更に立ち替  のに立て替  銀將と替  桂馬と替  旗を立てられた、さうして立ち替  雑誌と取り替  定紋と替  一種の替  なかに、着替  我が身と生れ替  何時しか雪と降り替  風に置き替  着物が、取替  繃帯取替  子細はあるまい、さあ履き替  食べ物に替  表紙を替  語に替  寢卷に着替  スートに着替  洋服に着替  宿を替  僕は、着替  二人に着替  浴衣に着替  位置を替  二階へ着替  衣服を着替  十三回まで取り替  趣を替  文章に書き替  帯さへ替  曲には、替  浮世画に替  態度を替  挂け替  冨座人形三ノ替  夜有楽座人形芝居二ノ替  有楽座人形芝居二ノ替  のもの一つも無く、更に打ち替へ作り替  車夫などを取替  一張羅と着替  それと着替  誰が着替  地にも懸替  一二枚の着替  省線に乗替  古語を取り替  本文を替  地にも掛替  人若し生まれ替  どちらかが替  其だけ替  何かに着替  順序を替  足を踏み替  狂言を替  それも着替  腰巻を取つて、着替  貰ひに行くとか、着替  乘り替  煙管羅宇竹のすげ替  それじゃ替  大船で乗替  水を汲み替  室を替  後には、替  木刀とを取り替  木刀とを取替  湿布を取替  医者ばかり替  幾枚かの着替  人になり替  為替の替  それに替  油火に替  蝋燭に替  即興の替  截り替  年代順をふり替  場所へ掛け替  兎に角ドテラに着替  なかで着替  嚮を替  千金に替  居場所を替  線香を立て替  僕のと替  命に替  ものや、取り替  手傳つて取替  地にも替  それから架け替  木橋から鉄に架け替  ところに描き替  つてからの架け替  千円に替  目的地をふり替  平服に着替  処女神に替  山の神が替  主義が替  それから乗替  水を替  聲に替  樂に替  面影に替  春は替  朝波に替  光と暗を布き替  姿は替  橋岡も替  客の取り替  黒塗り腰高のと取り替  船を乗り替  明治初年に架け替  博物館にかけ替  蓮華班といひ、替  夢の浮橋を渡るといふので替  免状なんか書き替  看護婦に替  神名だけが替  祖先に替  人出に思わくを替  槍に持ち替  中を、どう替  近代とは替  質を替  一等車に乗り替  寢衣を着替  肌着を着替  彼等を取替  伊藤侯に乗り替  唯だ一寸乗替  サワリの替  今、立て替  正札をつけ替  銀一粒の替  安全剃刀の替  安全の替  それもほとんど替  耳かきか替  籠つて出て来ると、見替  日は替  モスクヴァからコストロマーまで、替  服のお着替  意味を替  其れに着替  身に替  母には替  苫を編み替  聯想にふり替  語尾が替  臣女に替  さへせずば、替  其が替  称へ替  護詞に替  酒井大和守忠嗣へ預替  身体を替  希望され取替  山の神にふり替  のは、替  内容が替  筆記や、書き替  貌つきを替  町を替  幕を替  芸題もとり替  親切に、とり替  敷藁の取り替  転換し、置き替  空間的に置き替  意匠を替  綱は取り替  一時取り替  武具をも持たせ参り、乗替  つての替  唱へ替  来世から生れ替  から、取り替  かた單衣に脱ぎ替  饗應を取替  総武線に乗り替  秋葉原の乗替  ピジヤマと着替  命と懸け替  對手を替  眼球を取替  心臓を取替  



前後の言葉をピックアップ
カヮンカヮン  買わ  佳話  飼わ  買わせ  革まり  カワ  代わ  換わ  替わ


動詞をランダムでピックアップ
揃え捕まえよ捕らえろ凪ぎ突っ伏しつきやぶら突き進も切り払いもてろ取り抑えるかっぱらわたばさみ疲れ聞きおよぶ称さ避けんすごん食込んかくれ
形容詞をランダムでピックアップ
しちくどくきよきくわし可愛かっ生あたたかい麗々しい善かっ貧しくっかんばし広からあっけないうらやましく腹立たしめずらしゅうふかかっ明るしありがたけれ意地汚く清々し