「早馬」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

早馬[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
早馬が去ると  早馬が次々に大手の橋から城下へわかれる  早馬が来て  早馬で洛陽へ送った  早馬が引きもきらず  早馬を立てた  早馬で使いをやった  早馬が馳けてきて  早馬の使者は遠くをめぐりながら  早馬がとんでいた  早馬の使いがこう告げた  早馬で密告した  早馬を引っ返して行った  早馬が飛んで来て  早馬をうけて  早馬をもって  早馬を立て  早馬をやって  早馬の急報によれば  早馬が来ておる  早馬は呉の秣陵へ急ぎに急ぐ  早馬打っての使者だとある  早馬が日夜蜀へ入ってきた  早馬をやった  早馬が新しい報をもたらして来ていますが  早馬があった  早馬ばかり立て  早馬は櫛の歯をひく  早馬があって  早馬の支度を命じ  早馬でいい送り  早馬また早馬が殺到し  早馬で急報してきた  早馬が来た  早馬で馳せ  早馬がムダ駈けする  早馬もしていないが  早馬を出した  早馬で着いた  早馬によれば  早馬も飛ばしてある  早馬の使者が新十郎邸へとびこんできた  早馬の使者が英信の遺言状をたずさえて来た  早馬は帰って来た  早馬されていた  早馬を打て  早馬の到着を見  早馬の密使が来た  早馬で知らせてきた  早馬で聞えておる  早馬を飛ばして行った  早馬が飛んでまいりまして  早馬のひ  早馬もありました  早馬を飛ばせて  早馬が入る  早馬できた諜者の諜報に過ぎない聞えであったからだ  早馬していた  早馬もないところを見ますと  早馬の用意せい  早馬を八頭近くも用意させて  早馬をいただいて  早馬が宿止めだと止めた  早馬が暁の城門を叩かない  早馬がこれへあったからである  早馬に鞭打って  早馬がすれちがって  早馬で次々先触れした  早馬で駈着けた  早馬で屋形の門前へ乗り付けた  早馬で都へ注進して来た  早馬を以って都に伝えられた  早馬で行く  早馬で駈け付けると  

~ 早馬[名詞]1
江戸表への早馬  侍の早馬が  首を早馬で  宣城から早馬が  呂布へ向って早馬を  二度目の早馬が  許都からいそぎ下ってきた早馬の  次の早馬の  龍湫へ早馬を  孫権からの早馬が  帯ぶる早馬  襄陽からも早馬が  孫権から早馬が  ところへ早馬  関羽の早馬を  京都へ早馬を  幾たびも早馬が  関羽から早馬  戦況をもたらす早馬が  府内に早馬が  洛陽へ早馬ばかり  渭水の早馬は  旨を早馬  前方から早馬で  剣閣から早馬が  夕方左柳高次が早馬で  文書だの早馬  上申の早馬も  鎌倉表へ早馬を  鎌倉へ早馬  足利表へ急ぐ早馬の  政所への早馬に  麓から早馬の  山陽にあつめているとの早馬  京都へ早馬  松田重明の早馬が  鎌倉殿へ早馬を  訪れや早馬の  新田からも早馬の  ここへも早馬で  ふもとへ早馬を  熊谷から早馬が  ための早馬  四の早馬が  津からの早馬も  それの早馬が  相互の早馬だけ  何の早馬も  ていねいに早馬を  関所の早馬が  そこからの早馬が  反旗をひるがえしたという早馬が  その後から早馬が  許へ早馬で  住人那須八郎宗重から早馬で  道を早馬で  尉が早馬で  四人の早馬の  

~ 早馬[名詞]2
たちまち早馬  すぐ早馬  すでに早馬  もう早馬  さだめて早馬  まさしく早馬  とりあえず早馬  ただちに早馬  

複合名詞
早馬洛陽  がた早馬  早馬立て  早馬早打ち  六波羅早馬  武藤早馬  



前後の言葉をピックアップ
早う  はやう  早う  速う  早打ち  早生まれ  早生れ  早浦  速夫  隼男


動詞をランダムでピックアップ
与っ黙りこくっかしこまっいざらおぼれよ詠う治り捻じれ捕ら外らさ越えりゃ引っ立てよ嗜みひからさ継ぎ黙ろひれふし焦げる生茂るおもむき
形容詞をランダムでピックアップ
あらあらしいひもじゅう小憎らしくそらおそろし相容れなけれわるき物憂し得がたし難い木ぶかい気軽い態とらしものう虚しく酸っぱく口惜しかろ美しく薄ぐらく物すさまじあたたかき