「斬ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 斬ら[動詞]
哉、煮られるか、炙られるか、裂かれるか、斬ら  刀で斬ら  首を斬ら  為義が斬ら  胴を斬ら  箒で斬ら  幸吉もそうそうはいつも斬ら  プッツリと切込む、斬ら  前で斬ら  坊主首を斬ら  勘当に成っても、斬ら  そいつも斬ら  肩から胸から腰へかけてすっぽりと斬ら  背後から頸を斬ら  身代りに、斬ら  万吉を斬ら  真っ先に斬ら  間で、ズタズタに斬ら  さは、斬ら  四人は斬ら  三人同時に斬ら  敵を突くには斬ら  お十夜にズタズタに斬ら  何かして斬ら  虚をつかれて、まっ先に、斬ら  誰だ、斬ら  肋にかけて斬ら  ところを斬ら  侍に斬ら  ッつ斬ら  主が斬ら  人を斬ら  沢が斬ら  お姫様は斬ら  咽喉を斬ら  頸動脈をふかく斬られ、斬ら  咽喉笛を斬ら  背中と、さんざんに斬ら  ここに斬ら  腰ですか、斬ら  どこかを斬ら  血だよ、どうして斬ら  やつに斬ら  原士が斬ら  幸村を斬ら  首が、並べて斬ら  首をぶち斬ら  首を並べて、斬ら  土岐鉄馬は斬ら  立派に斬ら  眼八も斬ら  二寸ばかり斬ら  蟷螂に斬ら  左門は斬ら  傘を斬ら  脾腹を斬ら  肩さきを斬ら  剣、斬ら  女に斬ら  殿に斬ら  妾に斬ら  法外先生に斬ら  吉川が斬ら  見事に斬ら  肩から袈裟斬に斬ら  時は、もう斬ら  俺がどうして斬ら  一尺ばかり斬ら  うちに斬ら  龍馬等が斬ら  倶に斬ら  龍馬が斬ら  十一月十五日で丁度斬ら  張遼にも、当然、斬ら  我を斬ら  肩先を斬ら  それは斬ら  二度まで斬ら  関羽を阻めて斬ら  淳于瓊が斬ら  兄弟とも斬ら  使いは斬ら  戸部近江之介を斬ら  誰も、斬ら  工夫をして斬ら  之は斬ら  方も斬ら  曹操を斬ら  額ぎわを斬ら  楊阜は斬ら  市へひきだされて、斬ら  者は斬ら  関羽が斬ら  目のまえに斬ら  兵に斬ら  途中で斬ら  賊を斬ら  喧嘩をして斬ら  手を斬ら  矢張お酒を飲むかなんかして、暴れて斬ら  罰は、斬ら  主税に斬ら  彼が斬ら  馬謖をすら斬ら  私が斬ら  先へ斬ら  忰もぶち斬ら  屹度先方に斬ら  もんだ、よしんば斬ら  助が斬ら  不調法から貴方に斬ら  為に斬ら  内で斬ら  詰腹を斬ら  私も共に斬ら  尋常に斬ら  人に斬ら  往来で斬ら  何者にか斬ら  母親が斬ら  シと斬ら  松助片腕を斬ら  人を斬る、又は斬ら  書生さんが、あやうく斬ら  禪師、斬ら  人が斬ら  手をかけて寄らば斬ら  一人二人は斬ら  過半数を斬ら  島田を斬ら  ために斬ら  兵馬に斬ら  腕に斬ら  爽やかに斬ら  耳に入ると、斬ら  七兵衛が斬ら  盗人が斬ら  面白半分に見て来てたが、斬ら  ことは、斬ら  切腹した、斬ら  若い公卿さんが斬ら  あべこべに斬ら  民も斬ら  たしかに金蔵である、斬ら  西洋人が斬ら  兜を脱いでしまいました、出て行けば斬ら  へたに引込めば、やっぱり斬ら  先生には斬ら  右を斬ら  左を斬ら  腕を斬ら  奴は生きてるか、斬ら  のとは違いますし、ことに斬ら  袈裟に斬ら  高弟が斬ら  そこで斬ら  他の斬ら  自分が斬ら  もので、わざわざ斬ら  近所にべつだん斬ら  着物を斬ら  別段に斬ら  のは、斬ら  今まで斬ら  門前に斬ら  ところへ斬ら  良円寺前で斬ら  奴だな、斬りたけりゃ斬ら  身体を斬ら  二つに斬ら  槍を斬ら  数名が斬ら  六条河原に、各々斬ら  誰か斬ら  神尾に斬ら  ために、或いは殺され、或いは斬ら  君に斬ら  ものが斬ら  庭とで斬ら  時に斬ら  奴もあるし、斬ら  んだ、斬ら  米友も斬りたくなったらずいぶん斬ら  牢内で斬ら  刃物で斬ら  身を斬ら  自分が斬られるか、或いは斬ら  途端に、斬ら  これは斬ら  駒井甚三郎を斬ら  後ろ袈裟に斬ら  思い入れで、その斬ら  それは、やはり斬ら  女まで斬ら  一つはまさしく斬ら  人ですが、その斬ら  三人まで斬ら  大木戸で斬ら  人違いで斬ら  山崎譲を斬ら  弁信だけはまだ斬ら  提灯を斬ら  頭を斬ら  真先に斬ら  別々に斬ら  傷なのだ、しかし、斬合いをして斬ら  人も、斬ら  誰かに斬ら  わたしは斬ら  卒都婆が斬ら  者は、斬りに行くか、斬ら  今にも斬ら  お尋ねしますが、あの斬ら  今の斬ら  残りが、斬ら  噂から探りを入れてみると、あの斬ら  この間万延寺境内で斬ら  お気が付き難いかと存じますが、あの斬ら  熊が斬ら  首は斬ら  上は、斬ら  一心から身を斬ら  熊さんが斬ら  己れが斬ら  先生が斬ら  案の如く斬ら  郎党五名が斬ら  のは後で、斬ら  人たちはいないし、斬ら  刀を持っただけで、斬ら  そばへ寄ると、いつも斬ら  あなたも斬ら  それこそ本当に斬ら  どこを斬ら  道三はズタズタに斬ら  逆に斬ら  四五日前に斬ら  いつか貴島に斬ら  ぐみの木河原で斬ら  二人まで斬ら  弁慶となって、こんなにまで斬ら  内匠頭に斬ら  家来に斬ら  主人に斬ら  殿中で斬ら  前に斬ら  旗本が斬ら  決闘で斬ら  鎌倉へ曳かれて斬ら  なかには必ず斬ら  ものは斬ら  御大老が斬ら  返り血か斬ら  仙太に斬ら  滝次の斬ら  君も斬ら  軒下で斬ら  軍夫が沢山斬ら  追い打ちに斬ら  場合、斬ら  俺は斬ら  無頼一匹、うまく斬っても、斬ら  誰が斬ら  二合刀を合せたらしいが、斬ら  私を斬るというなら斬ら  殆ど肩口を斬ら  吉村を斬ら  上に、なぜ斬ら  奸賊、斬ら  吉村が斬ら  ぞうろう首を斬ら  それもよかろう、斬ら  離れるな、斬ら  彼奴を斬ら  私は斬ら  あとで調べて見ると斬ら  汝等に斬ら  駒どんは斬ら  あいつに斬ら  そこでなら、斬ら  んです、斬ら  方へ飛ぶか、斬ら  小手を斬ら  場で斬ら  手で制し、斬ら  佐渡ヶ島で斬ら  人々は、斬ら  健児一同、当然斬ら  今度こそ斬ら  罪を負って斬ら  前に出て行って斬ら  みごとに斬ら  足を斬ら  誰に斬ら  ほおを斬ら  どこで斬ら  何者によって、こんなに斬ら  今一足おさきに斬ら  右頬を斬ら  上を斬ら  二人が斬ら  一方は斬ら  手で斬ら  公卿も斬ら  ところで、晴れて斬られるならずいぶん斬ら  ご存じ、斬ら  ご存じじゃ、斬ら  立場は、どうにもこうにも、抜いて斬ら  斜めに斬ら  中で斬ら  以上は、一寸斬ら  真っ向を斬ら  月の輪を斬ら  公卿は斬ら  下を斬ら  敵に斬ら  馬子を斬ら  行倒れが、斬ら  顔でも斬ら  頸すじを斬ら  九十郎は斬ら  しろ袈裟に斬ら  何者に斬ら  物でも剥ぎ取ろうとして斬ら  現場で斬ら  はいいが、斬ら  二度も斬ら  者と斬ら  役人が出張って、斬ら  肩を斬ら  男で、斬ら  六道の辻で斬ら  賀川市長は殴られたり、斬ら  攘夷組に斬ら  身代りに斬ら  頸筋を斬ら  ひとりが斬ら  宗門改めに会って斬ら  剣を抜いて斬ら  お仕置に会って斬ら  彼は斬ら  頸を斬ら  机竜之助に斬ら  人は、斬ら  所所で斬ら  肉を斬ら  からないが、斬ら  犬が斬ら  ように斬ら  姿はいつしか見えず、斬ら  のは斬ら  説ではないが、斬ら  場合ですら、斬ら  どこを、どう斬ら  しかも、斬ら  やみやみと斬ら  方も、斬ら  それはわからないが、斬られて斬ら  足をとどめて、じっとその斬ら  相違ないが、斬ら  犬を斬ら  人は斬ら  犬ならばいくら斬ら  犬の斬ら  一人、まさに斬ら  血気を静めて、そうして斬ら  二足三足と近づいて見ると、斬ら  一、人が斬ら  拍子抜けになってきて、斬ら  あそこに斬ら  隊長が斬ら  伊東甲子太郎先生が斬ら  之を斬ら  同僚が斬ら  辺りを斬ら  風に斬ら  血しぶきが散って、斬ら  農奴として斬ら  浪人に斬ら  ものだが、斬ら  其歳相模国で斬ら  裸身、斬ら  顔を斬ら  表で斬ら  あたりを斬ら  上に、斬ら  端に斬ら  幾人となく斬ら  これが斬ら  親友に斬ら  其処で斬ら  馬より下りて斬ら  旅人に斬ら  彼女達は斬ら  耳を斬ら  しろから、バッサリ斬ら  ざまに斬ら  伊賀へ帰れば、斬ら  威勢よく斬ら  ここでは斬ら  しろ、斬ったり斬ら  嫖客に斬ら  大臣が斬ら  片足を斬ら  左門に斬ら  人間が斬ら  内外で、斬ら  頼母によって斬ら  勘兵衛に斬ら  両手両足を断ち斬ら  二歳に斬ら  最後に斬ら  われらの斬ら  石段から、斬ら  自業自得の斬ら  覗つて横井を斬ら  明治三年十月十日に斬ら  私に斬ら  人に、殺されも、斬ら  どこか斬ら  肘を斬ら  安兵衛が斬ら  片足盗んで斬ら  脚を斬ら  肩から大袈裟に斬ら  こっちまで斬ら  ひとに斬ら  手前、斬ら  ために、斬ら  相手に斬ら  附人に、斬ら  一人も斬ら  上では、斬るか斬ら  ほうが斬ら  しらを斬ら  太刀で斬ら  尻を斬ら  敗者を斬ら  それはちょうど、斬るか斬ら  余を斬ら  肩先から、思いきって深く斬ら  衡、斬ら  妻子も斬ら  官民斬りつ斬ら  静かに、斬ら  辺で斬ら  橋もとで、斬ら  シンまで斬ら  何者かに斬ら  場で、斬ら  俺は、斬ら  司師憲も斬ら  やつを殴るか斬ら  抜き打ちに斬ら  泥棒がはいって、斬ら  押込みに斬ら  身に代へて斬ら  伊八が斬ら  二つにたち斬ら  一部を斬ら  顏を斬ら  鬼に斬ら  私はね、この斬ら  それから上野が斬ら  敵と引っ組んで斬ら  おろか一人も斬ら  あなたが斬ら  庭前で斬ら  手紙を無くして斬ら  その間私は斬ら  山田は斬ら  勘当になりましても、斬ら  与党小泉淵次郎を斬ら  東町奉行所にて斬ら  一人逐いつめられて斬ら  山賊に斬ら  のですが、斬ら  般若寺で斬ら  為にさえぎられて斬ら  父様からお斬ら  お母様がお斬ら  尾を斬ら  背後から肩を斬ら  壺を忍ばせていて、斬ら  後袈裟に斬ら  片腕を斬ら  壮漢が斬ら  



前後の言葉をピックアップ
きよ子  綺羅  切ら  きら  切らせ  伐ら  帰来  嫌い  きらい  きらい


動詞をランダムでピックアップ
くらめ生れ変ろ洩っずり錆付い張り込ま即けくつろぐ讀ん引っ越そ容態ぶっやぶらさかだち押し入ろ繕お蹴っとばすうまん慢ぜ塗ら食わさ
形容詞をランダムでピックアップ
あしゅう正しかっだいじな面倒臭覚束無いひくかっやるせなうずたか気味が悪くしげったらしゅう速い縁どおく甘くわりなし香ばしかっ騒がしけれ小面憎い間近いエラから