「散」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 散[動詞]
葉が散  ところへ散  柿の葉はすつかり散  ハラリと散  烏賊が散  ぱツと散  どこからともなく散  元結はじけて散  なつて散  墓石も散  まま咲いて散  対抗するには散  パラリと散  花火が散  桜が散  疇昔のごとく散  郊外を散  蒼ざめた頬に散  小石を蹴散  勘右衛門は迂散  松倉屋勘右衛門であるが、いよいよ迂散  武士は迂散  茅野雄を迂散  ホロリと散  上に散  花弁は散  姫が、散  音に誘はれて散  月の光に映えて散  水音に誘はれて散  巫山け散  欲界の散  由来すこぶる久しく、また散  桂里辺の散  犬神人に役せられ、散  東寺の散  柳原の散  北畠の散  放免も、散  紛々と散  写真を、まるで散  坊主が、迂散  やうに散  背後で、散  人だかりも散  喰ひ散  やうにちらちらと散  堅固な散  地下室を設けた散  ちよつとした散  集まつたり、散  花も遂に散  所々に散  中へ吹き散  これら衆星をまき散  誰なるをも知らず、散  店開の散  四方に散  前に散  獲得したのみならず、散  進歩は既に散  のに対し、散  方陣から横隊になり散  実線であり散  次の散  決戦戦争から持久戦争、散  花は散  吃驚して迂散  火花を散  かしこでも追ひ散  化し、散  木一杯に散  ポプラを曲げたり、散  雲が散  花が散  空中に跳び散  空中に散  時は低く沈み、また散  彼はうずまく散  つて微塵を散  代表の散  骨を散  のが、散  食物の散  あたりに散  十時過ぎに散  花も散  八ヶ国に散  今はもう散  猪右衛門は迂散  政府中に散  ものありて、その散  粒子の散  上に落ち散  花もいつの間にか散  平安朝末期の散  かくて散  添つて舞ひ散  戦線の散  瞳孔が散  云つて一度に逃げ散  梅も散  何枚か、バラバラと散  目眩しく散  一節に散  空色が散  腑に落ちず、迂散  男は迂散  三時頃、散  六本木の散  馴染みの散  皇陵の散  中世国語がその散  頭を蹴散  中隊、散  陸軍では散  一部を散  回復するに従い散  事を試み、散  文字は変っているがやはり散  西の宮の散  者、散  者と云い、或いは散  東寺では、散  西に散  弓形に登り、わが散  雜誌へ書き散  後に散  晩年藏書が散  界隈に散  着物を畳みつけたり、散  仕立物などを散  時、取散  水沫を散  仕事が散  放題に散  ほか金が散  散々遣散  附近に散  島は散  さを蹴散  即効紙など貼って、取り散  土に散  結婚式はくものこを散  ものは、あるいはこの散  東寺と散  犬神人や散  所在に散  院内とも散  彼らを散  刀禰及び散  場合において散  山崎の散  山崎ほか三ヶ所の散  淀の散  所事、散  所々の散  日野卿も実際散  頃所々に散  桂辺には散  中に散  みゆる散  最古の散  しかしこの散  際の、散  鎌倉時代においても散  鶴丸、散  ここに散  人名ではなくて、散  童子三十人が散  前にいわゆる散  のと同じく、散  掃除役なる散  つて横行し、時に互に迂散  關ヶ原から逃げ散  会の散  彼方此方を頼み散  小橋際に散  みんな打ち散  桜はとくに散  道具を飾り散  必要には、散  先の散  息つく間もなく散  花がちぎれて散  火花が散  木の葉が散  花の散  朝令暮改に散  何物も散  すべて枯葉いろ、新しく散  桜も散  あちこちに散  四五枚、散  今まで散  水面に散  観衆が悉く散  一週二度、散  平安朝頃から既に散  若しくは算所、散  雨晒しになって散  集りは散  俺は散  注意は散  窓へ散  一葉、散  クモの子を散  飛散し散  白沫を散  廂を渡って来て、ちょうどこの小さな散  八日はほぼ散  いくつか散  空に咲き散  これを散  幾冊か取散  三吉の散  のを取散  目白が散  風の散  刷毛先を散  風で、取散  ことなぞが、取散  椅子の散  一面板に撒き散  花は既に散  無限に落ち散  しぶきが散  それが散  兵士は、迂散  かげで、散  山茶花の散  毛は散  頭が散  群集が悉く散  卒塔婆の散  槍を挙げて、あ、と言って散  見物は散  跡を散  一人居た、散  ものを散  ように散  私娼にも散  彼方此方に散  縱横に散  大方は散  室にはいって、散  髪を散  黄菊はすでに散  露を散  何か迂散  薫が颯と散  岩石が散  辮髮も次第に散  こと怒鳴散  煙草ばかりをふかし、散  日かげ散  乱雑に散  五品上が中散  のが散  大騒ぎして逃げ散  大銀杏散るだけ散  新聞紙やごつたに散  四方八方へと逃げ散  息災かな、散  石川郷の散  あるじの散  もので、散  八荒坊に出会っても驚かず、散  親の散  長者とか、散  いつか、散  ここで見られる散  所と、散  不毛の地だらけだし、散  理由は、散  一端を散  ため、夙に、散  これらの散  必然、散  さいも、散  鎖をきらって、散  石川の散  喧嘩は散  捕吏と、散  浪人群だけでなく、散  石河原の散  浪人方へも、散  前衛の散  父の散  ため、散  腰蓑をまとって、散  彼方にも、散  辺りの散  辺の散  それはとにかく、おぬし散  一つの散  氏素姓とてない散  餌香川が広まり、まだ寝しずまっている散  ただの散  六波羅兵と散  高安あたりの散  姿が、すでに散  兵力があったにせよ、散  当所にて捕えた散  数珠ツナギにしておいた散  身は、散  衆が、散  倖せにしてやってくれと、散  ものだが、散  さかんに散  廃したので、散  生存合戦に徹すべき散  そこは散  森がちらほら散  三角を書き散  貝を吹かせて、思い思いな散  土民や散  花が早く散  花でも早く散  あらましは散  ここにも散  朝夕わいわい暮らしている散  そこかしこの、散  察するに、掻き集めの散  水に散  順々に咲いては散  災を撒き散  岩の散  微塵に砕け散  さもなくば、散  川すじや散  上とに蒔き散  水鏡が砕け散  帽を散  粉が散  卓上に散  花の、散  兵士達が散  そこらにぷんぷんと散  野伏から土地の散  父、散  返り忠してきたばかりの散  道明寺あたりの散  東国勢にたいする散  的で、散  庄に住んで、散  河内平の散  民はもちろん散  勝どきに酔い、散  警察では、迂散  石川あたりの散  たくさんに持ち、中でも散  のは、せっかくやって来た散  正成にもよろこばれ、散  影や散  紙幣が、バラバラと撒き散  足利勢らしき散  交互に散  珊瑚が散  家へ散  画家はとり散  雫が散  金を遠慮なく撒き散  婆さんは迂散  やうに落ち散  青海原に散  粟などが蒔き散  伝票が散  何かで吹き散  疎らに散  牡丹は既に散  八方へ散  附木の燃さしが散  一町にも足りない散  化石の散  林間に散  うちに散  葉は散  かた寄り散  花の咲いたり散  改札口から広場へ散  顔面に散  握り飯を急いで散  何を仕散  蕾で散  光そのものが散  周圍に散  腹、散  地めんに散  雪を蹴散  サツト白く見せて散  のを散  海風に散  粒蒔、散  風に追はれて散  剪り、散  足ちかく散  ンと散  窓外へ散  助役は長く伸びた散  宝石の、砕け、飛び、散  諸国に散  ブルジョア婦人雑誌の全散  金を撒き散  花の如く散  跡もなく撒き散  無茶苦茶に散  遊び場所で騒ぎ散  為に、散  くまばらに散  西南に散  報告を待って居る散  飛沫と共に散  そこに掘つてある散  四方へ散  桜は散  水にうつりて散  のも散  葉を散  から手当り次第に投げ散  中隊長の散  つても、散  其所此所に散  おまけに迂散  涼しい灯が散  屑など取散  荷物が取散  職員のが散  図に、散  旗を持って散  殘なく散  花びらは散  櫻が散  花片の散  野原に散  見識を以て、あらためてひと散  もみじを散  一小隊が散  一個小隊づゝの軍勢が散  紅も散  ばらばらと散  つても散  花片が散  泥ぐつから落ち散  どこからか出て来て、迂散  煙草を撒き散  男が散  傍に置かれてあった散  ために散  見事にばらりと散  群集は散  木の葉の散  其処ここに散  花弁を散  夜空へ散  遠慮も無く話し散  其辺最と取散  内には取散  あの花も散  花がぽたりぽたりとひとりでに散  外側に散  やうに忽ち咲いて忽ち散  砕小種子が散  花後に散  四片は早く散  水に紅く散  帛が消えて散  蜿々と散  下司法師たる散  草に散  櫻貝の散  面の散  昨日まで迂散  つた所に迂散  稍暫くジロジロと迂散  桃色の散  新聞や散  ここから、散  草を解き散  インバスの脱ぎ散  どこへ散  上にも散  以前女髪結が住んで居て、取散  紅葉は疾くに散  傍に、散  上にまき散  程短かく散  門番に聞いてみると、迂散  木の葉の如く散  藥とみえて、散  風に散  一面に散  布地が乱れ散  葉が落ち散  園内に散  一時に散  氣持もなしに、むしろあまり散  つの姿を見ると逃げ散  四方八方へ逃げ散  風も無いのに散  路に散  髪の毛はバラバラととび散  歩兵が散  熱帯植物の散  姥桜の散  引摺られ、散  手柄やと散  今朝はもうだいぶ散  各地に散  九郎助は立ち上って散  頬白は散  グチャグチャに散  上にひたに散  落葉が散  晨朝の蒔き散  いろいろに考え散  天井を眺めて、散  あちこちで迂散  仲間に散  それを散  者といい、散  部落を作っていた散  近所におった散  者でも、散  従事した散  人形使いの如きも、あるいは散  陰地には散  浜に落ち散  安衆房の散  野面に散  人民流散  様な散  兄貴迂散  山桜は散  ひらりひらりと散  二人づれ三人づれ何処ともなく散  海へさつとぞ散  笑ひが散  毒なちらちら散  もっともっと火華を散  五片六ひら散  ものが散  紙屑の散  桂河辺に散  夙や散  一瞬間前の、ややとり散  葉も次第に散  デマをまき散  語原が、あまり説き散  そこらに散  次から次へと散  ように集って来たり散  木の葉しも散  四方八方に追散  人民を窘め散  四方に追散  ことを怒鳴り散  戰場に散  つて暴言を吐き散  母親を罵り散  人影が黒く散  気の散  水藥と散  雨戸を閉め、散  かしこに散  そこらに落ち散  心、即ち散  曰く、散  有時性の散  時性の散  氣が散  のを、散  書物などを讀んでも、散  段になると、散  ところから生じて散  造酒は迂散  火花と散  花ばかり撒き散  浪は寄せて碎けて、引いて、散  パツと散  木の葉はハラハラと散  木の葉が、散  此処にも散  私達は取散  掃除人足を散  東寺に散  廻し出して、やたらに威張り散  あなた方は、散  真珠湾海底に散  狂歌を散  桜は、大方散  岩に砕けて散  ら六ひら散  梅が散  地べたなどへ散  書生は迂散  羽根となって散  舗道にあふれて散  渡つた碧空へ散  静かに、心から散  しまにはやも散  注意を散  原稿が散  世間へ散  やうに、散  つてに散  儘、迂散  ろくじん散  花少し散  街路に散  こっちに、散  つて、散  供物を散  落花と蹴散  上に、散  烟が散  休息してゐると、一旦散  雲は散  お嬢様に当り散  海岸に散  方々に散  仮面は散  喜劇が散  私も散  道中に散  野山の散  墨の散  いつぺんに散  石川盆地の散  生命とすれば散  俯瞰的になり、散  気らくに、散  雑誌に散  事を喋り散  葉の散  ピシリとくだけて散  一列にならんだ散  夜明ししたらしい迂散  都下りの散  藤は散  落葉の散  來て始めて散  紅絵の散  十八九頭は散  右の散  つて、もうとうに散  大概桜は散  算を乱して逃げ散  花が咲いたり散  それから、散  歩き振りに耽つてゐるので迂散  狼の食い散  空中へ散  瓜哇文の散  



前後の言葉をピックアップ
治まり            血だるま  治五郎  血達磨  


動詞をランダムでピックアップ
思い当りしゃ枯れいばら拓かさげすま漏らさ買込まもちあげる出ん聞かす見習う角張りいきゃ言い交す縋ら廃し手向かう取り去ろ凪が
形容詞をランダムでピックアップ
あくどめざましい胡散く物騒がしく涼しきうすらさむい人なつこく蒼きうつくしから細かっ生なまし見ぐるしききびしく真白しよんどころなけれそこはかとなし小高く毒々しのどけからつれなき