「救い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 救い[動詞]
手をいかに下すとも救い  危難を救い  ものです、救い  ぼくらを救い  後進より救い  悪を救い  人生画家が出て来て救い  三千夫少年を救い  無事に救い  トロ族を救い  急場からも救い  危地から自分を救い  わたしを御救い  それを救い  青木を救い  危急を救い  ざんぶと海にとびこんで、必ず救い  友江さんを救い  うえで、すなわち互いに救い  兄さんたちを救い  腐敗荒廃を救い  ことにほっとした救い  口頭ではなく実際の救い  僕を救い  わたくしをお救い  道家を救い  チープ・レーバーを救い  萎縮を救い  志士を救い  千絵様を救い  博士をお救い  者に救い  窮境を救い  場合には、お互に救い  一瞥するやいなや、救い  苦境を救い  人相書を思いあわせて、初めて、救い  窮民を救い  神の救い  これを救い  御前様を御救い  のと、救い  青年名探偵が現われて救い  陰惨で救い  悩みを救い  瞑想癖から彼を救い  ものとはなしえない救い  塗炭を救い  ところを救い  徐晃を救い  貧民を救い  私は、救い  抽象表現に堪えぬという救い  イレーネを救い  女の救い  馬骨を、お拾いください、お救い  万病を救い  急を救い  人類を救い  民を救い  もとに、とにかく救い  勇気、救い  黄忠を救い  葉子を救い  外に救い  関羽を救い  三千代を救い  大軍をして、救い  姉さんを救い  政枝を救い  放置し、更に救い  懐疑論を救い  病患者を救い  若者を救い  ものを救い  生命だけでも救い  鷹を救い  競売から家をも救い  日本人を救い  ように、救い  発狂し、救い  所をお救い  房ばかりは救い  いつになったら、救い  筋を救い  人間を救い  ミチミを救い  人を御救い  写実は全く救い  上に、もう到底救い  彼等を救い  われわれ自身をも遂に真に救い  糸子を救い  村松さんを救い  人を救い  ことを求めていたのに、助けられ、救い  あなた方同志で救い  詩を失い、救い  医師は救い  批判なくして救い  罪人を救い  世を救い  宗教でさえ救い  知能も共に救い  向しなければならなくなり、遂にほとんど救い  吸血病から、何とかして救い  希望を賭け、救おうにも救い  われに救い  みごとに救い  生命を救い  彼女を救い  小舟に救い  倦怠気分を救い  難儀をお救い  貧弱を救い  娘を救い  内、最も救い  者を救い  駆逐艦山風に救い  男子を救い  ひとつには、この救い  手でも救い  さをまず救い  苦しみを救い  却って衆生を救い  それによって多少救い  作用いて救い  彼を救い  まま、救い  私を護りまた救い  恥をも救い  子宮癌を救い  うつろ心の救い  この世を救い  うちに、救い  自分を救い  操を救い  人命を救い  われらを救い  パニュルジュを救い  運命から私たちを救い  病を救い  糧にして救い  自分自身を救い  君自身を救い  君たち自身を救い  あなた自身をお救い  二人かを救い  者たちを救い  心境をだけでも救い  単純に救い  命を救い  あなたを救い  罪を救い  未来を救い  解決し、そして救い  助けずして補い、施さずして救い  蒐集品を救い  窮迫を救い  白禍を救い  ギャップを救い  婦人作家たちの、救い  兎を救い  のを救い  息しいたら救い  一素女を救い  時代的に救い  危機を救い  松屋惣七を救い  大船に救い  武夫少年を救い  椋島を救い  のだとすれば、救い  虚構では到底救い  日本を救い  状態から私を救い  危厄を救い  不動祠畔に救い  側に救い  一日も早く救い  四馬頭目を救い  国難を救い  あなたでなければお救い  腐敗から女を救い  攻撃から皇帝を救い  中より救い  一刻も早く救い  谷博士を救い  無事にお救い  一人は救い  白髪小僧に救い  人に救い  わしが救い  其ほど救い  帽子を救い  身まで、お救い  胎児を救い  日本画を救い  姉上を救い  彼が全く救い  デンマーク国を救い  勢を救い  怪我を救い  秀子を救い  不手際でしたよ、救い  外に決して救い  船に救い  釧路丸に救い  罪人でも救い  点において救い  処を救い  竜造寺兵曹長を救い  部下をぜひとも救い  勇士を救い  天に救い  蟄状鬱憂に救い  薬を投じようと到底救い  朋友をお救い  五井は救い  濁水から完全に救い  きみを救い  急場を救い  少数者は救い  ただ苦しくて、救い  兄上を救い  喜兵衛さんを救い  杉弥さまをお救い  難儀を救い  木見学士を救い  一家をお救い  君を救い  師匠が救い  銀之丞を救い  家を救い  私を救い  妻を救い  彼らを救い  此運命から僕を救い  学長先生をお救い  これを慰め、救い  小人はあさましく、救い  文章は救い  ザラを救い  けがもなく救い  エミイを救い  船から陸へ救い  前途を救い  暴虐から私をお救い  態度にてお救い  中に救い  憫然至極救い  現在が救い  ジルベールを救い  一家を救い  罪をも救い  文士を救い  貧しき人々を救い  

名詞

救い[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
救いを求める  救いを求めに来る  救いになる  救いの光に触れる  救い申すことはかないませぬ  救いの来る  救いを求めて  救いのない気持で人はそわそわ歩いている  救いはある  救いを求むる  救いの船がきた  救いの神マッカーサー元帥の事務所であることに敬意を表する  救いに来て下さい  救いをもとめたい  救いが自分を待ってくれている  救いに絶望してやぶれ  救いを与える  救い申すことが出来ないで  救いに来たって  救いのお使者があり  救いの手が出て来るかも知れない  救いに行って  救いの綱となった  救いの手をのばして来てくれない  救いのある  救いを失おうとも  救いを願う  救いを求めようとした  救いを叫んだ  救いを求めたりしていたが  救いを呼んだ  救いとして信じていた  救いの声を立てながら  救いしてくれた  救いを呼ぶ  救いに来る  救いも光明も意味されている  救いに出たが  救いに来ている  救いになり  救いなされる  救いを感じ  救いを要する  救いをお求めなされるが  救いに待とうぞ  救いをお求めになりませんか  救いがくれば  救いの道を見出そうとした  救いとなって現われるという  救いでなければならず  救いを呼んでいた  救いするためにあたくしは  救いに出ようとしたが  救いはした  救いを求めてしまう  救いをもとめた  救いに出ようとした  救いに馳せつけた  救いに来られた  救いにきてはくれないかと  救いを求めにきている  救いにくる  救いの手を伸ばしておいて  救いにすがろうとして  救いの神だったに違いありません  救いのない風景は今日殆どすべての人に共通する  救いが遅延すれば  救いを仰ぐしか  救いに行かなかった  救いを求めた  救いを求め  救いにきたので  救いに来た  救いを求めるかの  救いかも知れない  救いを乞いに廻る  救いをもとめたので  救いのないものではなかったかと私は思った  救いなすって下さいませんか  救いの一つの手だという気もした  救いの第三者の現われる  救いを求めに行く  救いはこんな愛国者からは来ない  救いにはならない  救いに洩れぬ  救いとして歓び迎えさえした  救いを求めているらしい  救いを求めました  救いがないとも限らないから  救いを求めようとする  救いを求めない  救いを求めている  救いもあり得なかった  救いの手を待ちます  救いの天使のようにあなたがおあらわれになった  救いを求めませんでした  救いを求めずに  救いに来てくれたって  救いをもたらす  救いを乞う  救いの人へ抱きつく  救いを信ずる  救いに行く  救いの船がとおりかかる  救いを求めなかった  救い兼ねてその活動を能率的ならしめる  救いは思いきって  救いとして待っています  救いの道がある  救いではありませんか  救いを呼ぼうかと思ったが  救いの神だと思った  救いを得て  救いが天降ったであろう  救いを過度に上位におく  救いは実在しない  救いがある  救いを感じる  救いはあると思われる  救いを感じるね  救いがあるな  救いの手をひろげて庇ってくれた  救いの手をさしのべた  救いの手を伸ばし  救いを感じるな  救いを与えて  救いを受けてくれますか  救いをうけてくれますかといったら  救いを求められる  救いの手を伸ばしているから  救いの手にすがれぬ  救いを求めてみた  救いにかかった  救いの手を待っていられる  救い申すこともできれば  救いをたれ  救いをもとめていた  救いの駆逐艦を呼べ  救いをたのみに  救いにはせ向かった  救いはあった  救いであり一座もみな同意しました  救いも要らない  救いの手をのばして貰える  救いの神でもあった  救いに来てくれた  救いをもとめる  救いの時きたるとばかりに  救いを待ちながら  救いを待っていたが  救いにとびこんで  救いを乞いたい  救いが偶然のように起り  救いの声がきこえた  救いを求めに来た  救いを神戸氏に求めた  救いもない末法末世がやって来たかと見  救いを計る  救いでもあったし  救いを求めたが  救いには思えない  救いを求めるの  救いに駈けつけます  救いを求めながら  救いがあるかも知れないと  救いの城と見たなどは  救いがなければなりません  救いを認めます  救いを求めなさい  救いを求めようかとさえ思いました  救いを求めていた  救いの手を待つ  救いを呼ぼうとして  救いともいえる  救いにいってやる  救いに来たぞ  救いを求めると  救いに御座った  救いを求めようかと思ったが  救いに出て来ましたが  救いなき荒廃へ落ちて行くかの  救いを祈るの  救いの手に持ち出した  救いもしなければ  救いを求めます  救いを叫ぶ  救いとなる  救いに行くとは言えなかった  救いに来たと言えやしない  救いの神様のお船じゃないかとしか思われません  救いの手をさしのべる  救いの手は炭車の周囲に近付いていなかったらしく  救いの両方は持ちえない  救いがどこかに佇んでいる  救いが訪れてくる  救いを待ちつづけていた  救いを呼びつづけたが  救いを得ていた  救いを見出し  救いに出かける  救いに行った  救いを求めよう  救いを求めたといっていた  救いを八重子との恋愛にもとめたが  救いが得られると信じた  救いをもとめると  救いにいけないじゃないか  救いにもならないし  救いに出た  救いは願っていた  救いを得る  救いを受け  救いの手が外れて  救いのない不幸の象徴として理解している  救いにはならぬ  救いは案外その辺から来る  救いのように見えた  救いを呼んでいる  救いが誓われている  救いの助言をすべて避け  救いの手が来るまで  救いの手を求むべく  救いの手を差し伸べていてくれるのに  救いを求めるか  救いは結局自分の裡に求める  救いとを学校で祈るほど  救いの手を彼へ差し出した  救いを求めてきた  救いの手に違いないと私どもは思われますが  救いのない人の心は次第に皇室を離れて  救いを見いだそうとした  救いの船がとうとう来ました  救いに来て下さる  救いの舟が来たら  救いの船が来ても通り過ぎて行くだろう  救いもしたいという  救いのない長夜の闇に迷う  救いを求めるごとく  救いを受けまして  救いででもある  救いの手を絶叫している  救いの手を伸べてくれる  救いを求む  救いに出ていた  救いをさけぶ  救いをもとめたかった  救いを呼ぼうとした  救いとはなり得ない  救いを乞わんと思いいる  救い上げて呉れた  救いに走ります  救いとなぐさめがあふれていました  救いもあるし  救いを求めたので  救いにかけつけ  救いの神ともいうべき  救いなどは上皮だけの愚にもつかない  救いに舟という様子でにっこりし  救いの神が現われた  救いにやってきた  救いさえすれば  救いの手をさし伸べてくれた  救いのかげが浮んで来ました  救いが来る  救いを見るという  救いをみるという  救いの声を聞いて駆けつけてくれる  救いに出て来ようとはしなかった  救いの神ほとけはいうも  救いのボートを出すから  救いをもとめている  救いにお出でになる  救いの舟もきたらず  救いを待つ  救いをえずに  救いの船を得る  救いの船が来なければ帰るべき  救いにきてくれた  救いを教えられる  救いを待っている  救いを得なかった  救いの前には艱難があり  救いも得られないという  救いという考えのまだ形をなさない  救いを求めても  救いにあらわれた  救いを見出せない  救いの光がくわっと胸へ甦って来た  救いの神様だと云ったりして  救いをもろもろの霊ある  救いを祈ると  救いを祈っていると  救いを呼ぶと  救いを呼びつづけながら  救いの家を予期すらもできない  救いに駈けつけ  救いに驚いた  救いを得ると共に  救いのあろう  救いだったのかもしれない  救いがあった  救いの幻想はやがて僕に飢餓が迫って来た  救いを求めて叫んだ  救いでさえありました  救いとなった  救いの女神としてご亭主の前へ現われた  救いを請う  救いのお為に御奔走遊ばしたら  救いを叫び求める  救いにきた  救いの神としたし  救いの神の役を演じさせる  救いは近き日にある  救いがあるという  救いをあてにしてる  救いの中には数えませんでした  救いのないような孤独と深い憂悶の中に捉われている  救いのない絶望のどん底へ突き落されてもがいている  救いに行くという  救い上げて様子を聞くと  救いのないものに見えるかも知れないが  救いには洩れませぬか  救いの道は絶えてしまった  救いの空気がひやりと飛びこんできた  救いのあらわれる  救いに上がってくる  救いの機会はある  救いの神のように思い  救いは来ないらしい  救いを受ける  救いを呼びながら  救いを求めたか  救いさえ完全にふきとんでしまった  救いの手を貸してやらない  救いなんか求めてはいない  救いがあると思ってやがる  

~ 救い[名詞]1
ところへ救いを  ことだけによって救いに  偉大な救いの  学徒が救いを  平和を与えた救いの  私を救いに  英国海軍に救いを  永遠の救いを  侍女達にとっては救い  東京を救いに  万吉を救いに  神官たちに救いの  いつになっても救いの  神の救いを  声を出して救いを  闇で救いを  ように救いを  自分の救いとして  青年名探偵が現われて救い救い  彼女は救いを  誰も救いに  病人を救いに  他国の救いに  ことは救い  袁術の救いを  袁紹の救いが  飜訳の救いと  ための救い  飜訳そのものの救い  急に救いに  一面で救いは  日本市場に救いを  療養所へ救いを  僕への救いの  夷陵の救いに  自身で救いに  荊州へ救いを  蜀を救いに  委細承知で救いの  神の救いに  直々に救いを  麦城へ救いに  作品だけが救い  ダリアの救いを  一軍をひきいて救いに  兄の救いを  一生の救いかも  ことを言って救いを  トロイ谷から救いを  のも救いの  映画に救いを  日常の救いには  ことを救いとして  わしに救いを  超人に救いを  蛙は救いを  ことによってのみ救いを  何の救いも  君の救いの  別嬪の救いの  言も救いを  ために救いを  手紙を見て救いに  真名古が救いに  これほど救いを  健全な救いを  少年は救いを  女性を救いに  自分自身に救いを  照之助は救いを  煩労から救い  すべての救いは  一つの救いとして  自分の救いの  素晴しい救いでは  声を上げて救いを  婦人は救いを  楼へ救いを  親爺を救いの  意外な救いを  様な救いが  不意の救いは  精神的な救いを  必要な救いという  彼によって救いを  低能には救いが  私には救い  爽やかな救いを  気楽で救いが  危急を知って救いに  マジメなほど救いが  外記が救いの  質に入れても間に合わない救いの  デカダニズムには救いが  神様が救いの  私の救いを  者から救いを  台所で救いを  唯一の救いは  あたしにとっては救いの  仲間が救いの  道では救いが  母さんに救いを  祖母が救いに  私に救いを  地下戦車を救いに  協団は救い  処へ救いを  面持をして救いの  われ等に救いを  私たちが救いを  それが求める救いの  種の救いが  老人にも救い  誰の救いも  享楽が救い  前に立てば救いの  乗組員たちの救いを  ときが救いの  孤島で救いを  大声で救いを  床上にうつぶして救いを  人を救いに  人々に打ちあけて救いを  意外の救いが  わたしを救いの  告白して救いを  釈迦のいう救いも  久子の救いでも  住職に救いを  声も救いには  女子供は泣きさけんで救いを  ことが救い  死後の救いが  城を救いの  彼は救いに  方へ救いを  永遠の救いの  大声をあげて救いを  ためには救い  力には救いが  火に救いを  当座の救いを  声を放って救いを  私は救いを  私にとって救い  声をあげて救いを  七の救いを  誰かの救いを  長谷部が救いに  自分達を救いに  彼の救いを  夢に入って救いを  二艘ばかり救いに  神仏の救いを  お母さんを救いの  彼を救いも  方法に救いを  ひとつの救い  ひろ子の救いと  声で救いを  おれに救いを  雪子を救いに  わたしたちの救いの  ドライと救いの  人生に救いは  ような救いが  妻に救いが  声を振りしぼって救いを  兵馬であると知って救いを  絶対他力の救いを  現世利益的な救いの  他力念仏の救いを  友に救いを  中に救いを  荘助を救いに  ようにも思われる救いを  両手を拡げて救いを  半身を乗りだして救いを  完全な救いが  船から救いを  苦しみそのものの救いにも  それを救いに  天の救い  人に救いを  尊敬を得るよりも救いを  私へ救いを  一回が救い  夏子が救いを  近く迄伸びて来掛った救いの  意味でも救いが  意味でも救いの  姫の救いには  世の救いは  天使の救いに  私達は救いを  新撰組へ救いの  方から救いの  ことに救いを  裡に救いを  健在と救いとを  親切な救いの  イングランドの救いを  宿村の救いを  仏の救いの  神に救いを  ヤケ酒に救いを  民衆への救いで  自然のみが持つ救いの  シワ神に救いを  坊介たちに救いを  ことで救いを  人生的な救いとは  誰か通らば救いを  愛人を救いに  私にとっては救い  竜太郎氏に救いを  極悲鳴をあげて救いを  大川氏が救いに  火事を救いに  寄席の救いが  あなたは救いを  政治による救いなどは  信江は救いに  娘を救いに  何か救いが  タタキ付けられて救いを  訪問して救いを  うちに救いを  誰も救いの  悲鳴をあげて救いを  不動祠畔に救いしかの  岩佐に救いを  自分に救いを  直ぐに救いの  漂着して救いを  人さえも救いを  一同が救いの  ぼくらを救いに  そこからは救いを  なんの救いも  死は救い  ドン・ホルヘを救いに  何処にも救いを  子の救いを  百十ヵ村の救いの  仆れて救いを  懼れて救いを  わたしもおどろいて救いを  人の救いを  状態からの救いを  唯一の救い  こと自体が救い  猫を救いに  不意の救いに  老女の救いを  かすかな救い  かすかな救いが  のは救いを  声も救いは  のか救いは  人間に救いは  窓から救いを  一種の救いと  もとで救いの  魂の救いの  号を救いに  紳士貴族を出して救いの  ことからの救いは  デカダンスからの救い  一つの救い  一途に救いを  人生は救いが  他からの救いを  自分たちの救いの  ように救いの  田中は救いを  泳ぎもがきながら救いを  フランスの救い  事情を話して救いを  牛を救いに  教区以外に救いを  爾の救いは  傷者を救いに  そこには救いの  ひとを救いの  どこからも救いは  桔梗様を救いの  限りに救いを  夫へ救いを  妙は救いを  交換局へ救いを  忘却は救い  観念の救いさえ  手をあげて救いを  傍にいて救いの  人生にも救いなんか  骨董に救いが  

~ 救い[名詞]2
ない救い  思いがけない救い  ほっと救い  その救い  たしかに救い  暗い救い  もし救い  かく救い  どうにも救い  ほとんど救い  突然救い  まるで救い  突如救い  なぜ救い  思わず救い  おのずから救い  まだしも救い  なんとも救い  まだ救い  あたたかい救い  温かい救い  しきりに救い  こぞって救い  初めて救い  大きい救い  依然として救い  きっと救い  いつも救い  そんな救い  もう救い  最も救い  大きな救い  かえって救い  ときどき救い  なにか救い  まことに救い  いわば救い  大いなる救い  長く救い  あの救い  どうしても救い  ちゃんと救い  殊に救い  いかなる救い  

複合名詞
結果救い  救いかた  救い学問  救い度い  救い米  救い手  救いがた  救い下  救い小屋  救い国外  救いよう  救い舟  救い船  救い上げ  救い様  救いくだ  救いだし  救い長生延命  近く救い  



前後の言葉をピックアップ
空く  すく  鋤く  酸く  巣くい  救い  巣食い  すくい  スクイ  掬い


動詞をランダムでピックアップ
逃げ出そ荒そ目論み勤めれ杓っもせ酔い澄まそ苦り切鳴りだし隣っしめしあわし打ち破ろ読み分けよ動け連れ出さ開か立ち止れ祝い静まりかえっ
形容詞をランダムでピックアップ
まずき均しい痛から逞しかっ荒々しかっ冷たし弱弱しく浅くっうまけれうるさく聞きづらいおそき目まぐるしにぶく嬉しゅう腥く空しい悩ましくっ繁したやすし