「故」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
故の蒼ざめた悲しさがある  故に基く  故でもあるが  故を申し上げると  故かも知れぬ  故でもある  故に遊戯の中心も常に動く  故をたずねしに  故を知らして  故が解らないので  故を知る  故でもあらう  故は解らないが急いで起って  故を話した  故をあまり精しく訊かれますと  故の恨み  故の悲しみぞと問ふも  故ないこともないと思う  故に当時彼等の詩を全然読まずにゐたとしても  故ではなかつたのであらうか  故に落寞たる人生を十分に享楽する  故に聡明なるディレツタントは地獄の業火を免れる  故と解すべきであろうか  故であらうけれど  故に犬馬の労を惜しまぬ  故の着物になった  故のようになった  故は知らず  故に出  故を訊いて  故を訊いた  故のみにはあらず  故と知られたり  故だったかも知れぬ  故もある  故を尋ねると  故にねがう  故を以て曾て存在せざりし  故に帰る  故か昔のように客観描写の小説などを書く  故を聞いて  故の自分の頷があった  故であるとする  故があるから  故をもって  故だといえるからです  故であるといかに思ひ  故に冬季ともいひたり  故は此処を詠みし  故もない震えようを心に感じながら  故と磊落らしく笑ひながら  故に彼女も亦威勢よく酒をのみ  故もあるだらうし  故だと云ひ得よう  故に小説に出て来る  故にさう  故を以て認識目的に適う  故に絶えず苦患を受ける  故に倫理学を軽視するという  故に自由であるという自由と責任の観念とは両立し得ない  故の奉  故に怨まれて死せん  故に反って愛する  故だと分りました  故を知った  故とおいでの儀を御免蒙る  故か孝ちゃんの一家の眼を覚ました  故だと思うわ  故だとのみ思ったからこそ  故におどろきあわてて  故に亢奮し  故に苦しみ  故しらぬ靈魂の郷愁になやまされた  故もあり  故に神聖な恋だと書かれてゐた  故にミレンにひかれる  故に歴史小説中の最高位を占めるべき  故の道に迷はぬは無きものをと敏此處に眼を止むれば  故に文学に於ける  故にいま馬謖の副将として特に副えて差向ける  故であることは云ふまでも  故ではなくして  故と慇懃にいつた  故もあらう  故と穿いて  故に敢然グラスをとつて強かあふり  故死なずにもすんだ  故に自殺した  故か仙台の浪人が多く居た  故にする  故のみにあらず  故の憎しみを感ずる  故を以つて自分を彼等の上に置く  故を以つて多くの優れたる  故を以て国民党を政権の争奪に冷淡なものと見る  故に興奮を自慢しようと思ふ  故か靄深く立ちまして  故に不思議な力がありました  故もあったろう  故に捨て  故なるかを知るに苦しみし  故とらしく振返った  故と古風に書いてある  故のことと解せられる  故を問うた  故に犬神人と云ったとの  故に念仏の一門によりて  故を問うと  故であると伝えられている  故もなく處移されて知らぬ  故にもよる  故でもあろうかと気づいた  故をもつて  故の所に白痴のようになって立っていた  故に怠る  故に激しく反撥する  故に禁止された  故にこそ最もよく愛せる  故でなければならない  故に私が存在するといふ  故を以て即日退位を迫らんとする  故かも知れませんよ  故に極致をみだり  故といひ  故もなく新字面を作れるは  故にはあらずして  故で有ったろう  故は西の方の国にはいない  故かも知れませんが  故かも知れません  故もなく立上って歩き出す  故を私は訊ねて見たい  故をもってのみ  故と惱むを云ふ  故で牛の鼻柱の前を通る  故でも有ろうと思われる  故に現われなかった  故に立ちのぼる  故だとは思っていない  故もない不安はまだ続いていて  故の所にいる  故の様にしんみりしない  故の席に返った  故もなくひよめいた  故もありましたろう  故だったかも知れません  故を以てのみ名づけんや  故を知らず  故の遣  故を以て強請した  故をもってであり  故にめぐりあった  故にもつ  故を以て斬罪となれる  故を以て法廷に引かる  故を以てしか称呼したるのみ  故でもありますまいが  故であらう  故だったかも知れない  故にも依る  故の通り横になった  故の通り貼り付けてあった  故の通りあの地面と家作を有ってる  故の所に坐った  故と見えて  故には積極的な独自性を認められない  故に採用された  故もあらうが  故に理学博士の予言に驚ろかされて  故にぞ檜の森の黒木の山にうすらかに降りぬる  故の体になった  故の体にしてくれた  故であることを注意しよう  故に苦しんでゐる  故に労働者は結局雇主が自由に決定せる  故に予は右等の方法を概括抽象して得たる  故に其方法たるや成るへく  故じゃないかと思う  故だとは言いますけれど  故を知らない  故と下りて見た  故と思ふ  故を以て被告等の殺戮を思ふべき  故に再び述べないが  故であるとせられてゐる  故だろうと云う  故と咳払して  故だと批評した  故の首相ソールズベリー侯は自宅に化学実験室を設けておいて  故の首相ソールズベリー侯は自宅に化學實驗室を設けて置いて  故に気づかれもしまいと落ちついて  故でもあるかノ  故とならず  故に嘲笑され  故に客観的態度と言われる  故に移されて  故と頭を掻き  故もあるか  故でもあらうし  故でもあらうが  故に三輪の神杉には神霊が宿る  故ではありませんでした  故にして  故でもあったが  故に留めてある  故に生じた  故に役者に関係ありという  故に自害した  故にねらいの  故に遠慮するだけの  故の山川浩氏の書いた  故の内藤恥叟翁其他から親く  故だらうと言出した  故に出張した  故だか人気がないように思われる  故でおぢやる  故を以て地位を与ふるに  故を以て毫も其の社会的境遇の寂寞を感ぜざるなり  故を以て解除せらる  故やらむなみだ流るるそれもよしこれもよしとてある  故であるかと云うに  故ではありません  故を以て地位を與ふるに  故を以て毫も其の社會的境遇の寂寞を感ぜざるなり  故にそうなったので  故もなくおしげは赤くなる  故に死なんといふ  故と知れた  故をもってか  故もあった  故と悪戯をして  故もあって  故に口説いた  故にたやすく火をも水と為す  故に自殺するです  故の吾を亡くした  故をあきらめ  故もなき涙の頻りにさしぐまれたる  故いつも午前の二時三時になって  故に早々各地の人数を知らし  故に来た  故に死へとだんだんに寄って来るという  故に伐り  故に殺すかを  故でございますか誠に不出来でしたが今日のは兄さんが好い肉をお捜し  故の如く懈緩の儀有る  故ではなからうかとさへ私たちには思はれました  故にこそ夫を概念であると考えるか  故か拵え  故の賚なる  故に祈る  故を以て必ずしもその人の事に死すべしと  故に歌になる  故もう今回でこの話はおしまいにする  故にそういった  故に我在り  故に遠い国の使と解し  故にその声がちがうとすれば  故に京都の趣が大いに替わるという  故に写生文家は地団太を踏む  故に写生文家は自己の心的行動を叙する  故とぞ申す  故に高山まで引返し申す  故であらうか  故に蛇のごとく慧く  故によりて  故に名とすとぞ  故か図らず  故帰らぬ由申越されぬと告げけるが  故にそれ者はそれ者たる値打があるなり  故の太閤ですらも我々へ常々申し聞け  故に尚さら惜しまれる  故かあまり食いつかなかった  故にキリストは言った  故と見てくれた  故を以て弱冠ながら家元の地位に据わり  故か久しく忘れられていた  故も無きに筆を舞はして記さば  故で歪んだ  故かも知れぬが  故でせう  故でスッカリ勞れ  故を以て公債募集の不能なるを云ふも  故にこそ人間は彼の世界を所有する  故をもつてのみ  故に絶交しなければならない  故のある  故と口で平気を唱え  故か甚く打ち  故と余を先へ出したらしい  故と背後を向かぬかも知れぬ  故もなくただ首のないのを怪しんだ  故と謝する  故か段だん近づいて来る  故かも知れない  故からというばかりでは  故のあって  故だとしている  故に生きながらへてる  故のことと思ふ  故善きにあらず  故に裏切られ  故に一たび西洋に知られて  故でその頃夜がどうしても眠れない  故に富士山へ登山参詣をして来た  故とあの猿にぶつ  故か近来主張を有する  故を以て吾妻錦絵の名を得るに至れり  故にやその伝記は和洋いづれの  故か動もすれば  故にやこれをビングに渡さずして  故を以て寛永六年に禁止せられ  故を以て承  故を以て大に世の好評を博したりといふ  故を以て柴田是真を挙げ  故か名声漸く地に落ち  故を以て法廷に立つ  故を以て審問せらる  故を以て露国教会はトルストイを除名せり  故か怎しても  故か怎うしても心から竹山に服する  故にそんな物は脱いで  故を知らねば  故に人の知る  故を以て己の無罪を飽迄も主張しようとする  故を以て陳東海を釈放する  故かも知れないが  故に矛盾をも明かに示しつつ  故か謡曲から取材して描いた  故だと気がついた  故をもって埋蔵を赦すなら  故とか知らぬ  故を以て彼等を貶せ  故と菩薩は礼をなし  故にや飯焚の威張る  故と知らずや  故もなくお雪伯母が伯父に告げ口をした  故と四角四面の棺の中へ入れて  故に省略して  故の身の破滅かも知れぬ  故に売り  故は承  故と言うたばかりでは  故か田辺辺で蜈蚣に咬まれて  故に常に雷に撃たるという  故のテクニックにわたっての是非は知らず  故を以て徴兵を免れ  故一向気付かず  故に尾形乾山は蕭条たる陋巷に窮死した  故にたしなめるという  故かかる説を称えたので  故容易く敵国にて成し  故のごとく飲食す  故に原因している  故とも知らねども  故かと危ぶむも有れども  故か名声ようやく地に墜ち  故に多からずと覚ゆ云々と記し  故に豕を畜い置いて売るという  故そのまま植えた  故に名づく  故に手刈村というと  故を問うに  故を以て党中の要局に当りて  故に逸らすなり  故にこそこの空間が他の二つの空間と異っていた  故とばかりきめて  故をもつてか  故にあらず  故かもしれぬが  故にコペルニクスの探偵趣味は生命がけの地動説を発表して  故にニュートンの探偵趣味は一個の林檎から万有引力の緒を掴んで  故と安心して  故もない嫉妬をした  故ぞと深くは怪しまざりき  故はと問わば  故もありましょうが  故に悟るなり  故に当時の諸大家はこの人について伝授を受けた  故を説明などしながら  故の女でないのを不審がった  故を精しく話した  故を以て恨む  故と俯向いて  故と打明けて  故に軍人の誇りとする  故に政治的天才は俳優的天才を伴うらしい  故に政治的天才の悲劇は必ず喜劇をも兼ねぬ  故に万人に共通する  故に処女崇拝者は恋愛上の衒学者と云わなければならぬ  故に我我は正直になる  故に交合のことを知らずにいたと信ずるならば  故に狂う  故に暗殺されなければならなかった  故にこそ一つの美しさを保っているという  故に政治的天才は俳優的天才を伴ふらしい  故に処女崇拝者は恋愛上の衒学者と云はなければならぬ  故に交合のことを知らずにゐたと信ずるならば  故と蔭にしました  故もなく余を見ては  故に滅んだ  故だと責めますと  故のない恐怖は書かせまいとする  故のない憂欝に心を浸されてしまふ  故に暗々の裡に五泉家の京都の本宅を遠ざけられる  故を以て荀子を攻撃する  故を以て嚴責を蒙るべきなり  故を以て爭ひし  故の恨にて世をばせめにし  故の闇路を藜の杖を力に白髪頭を振立て  故を尋ねしめけるに  故に人をして  故なく前言往行を記憶してゐるだけで  故も有るだろうが  故なるを知らず  故に正しい解答を得られぬ  故といふべからむか  故に伊東深水氏は世間的には新鮮さを失つてゐる  故の人間放庵であるかといふことを説かない  故の処へ還して  故があって  故とらしゅう私を通越して  故とする  故のみをもってして  故でも有ろう  故を以って堅くお断わり致しました  故を以て常に法廷に辯護の勞を執る  故にめんどうくさくなつて思ひふける  故に失敗し  故で人の好くなって居る  故でならなかったので  故がある  故も解らぬ  故に適用しない  故もしらぬ  故に自分に害意を有してゐる  故に考えたりしている  故に誤られて  故を以て本能的生活の危険を説き  故だと云って  故かも知れなかった  故に評価しようとした  故に否定して  故によるというよりは  故でないことも知る  故だとさへ  故を失ないながら山深きここらにのみ今に存れるにはあらずや  故に俗間収め  故よろしくたのむと  故に陥った  故と否定的に総括されていた  故だという  故を解し得ず  故あるにあらず  故の親しみ易さがいるかという  故に沈黙を課せられている  故に存在を許されている  故に社会は進展する  故かもしれない  故と外を枕にして  故にその文明に依  故に他の部面が御留守になり  故に観音経を誦するも  故あるべしとも覚えねど  故にもの思ふ  故に抱えた  故であると信じてゐたので  故にこそいつ  故に古来の英霊漢は鑑賞上の訓練を受けた  故にマダム・ボヴアリイにしても  故にいはれてゐた  故もなく微笑み合っていた  故もなく思った  故に流動ゆたかになる  故に到って  故ですこし工合わるがって居ります  故にきらっていた  故で却ってそうなった  故の修辞性に又新しい迷彩法を与えようとしている  故とでも思った  故には候わず  故もあるでしょう  故だと感じております  故を以て殺人罪を犯さしめたる  故だと確信を得た  故を以て満村家を去る  故もなき偏見を抱きてありし  故も無く厭はしき心地して  故と此処ん処へ引張  故に殺され  故に意味があるので  故に身を狭めざるを得ない  故であると思う  故もありましたでしょうか  故にやあらんずらん  故のない淡い憧憬と言った  故と峻は思っていたが  故にこそ人の家に雇わる  故か眼の下の頬がほんのりと赤味をさしている  故であるのかも知れない  故のないのにたくさんな贈物をもらう  故かちょいちょい故障が出て居りますし  故の卑小さしかないというのは詰らない  故をもて  故にやありけん  故に心を安んぜよ  故に汝會得しうべし  故とをきけ  故にたばかる  故に人を殺す  故に自ら求めて  故に最小の圓はその印をもて  故に宇宙の中心ディーテの座所ある  故にやありけむ  故に命運は己が好むがまゝに其輪を轉らし農夫は鋤をめぐらすべし  故に我は導者の心をひかん  故に鑰二あり  故にかく  故により彼を子となす者に我を燒かしめしは  故によりユノネの怒りに觸れし  故を告げよ  故か終にわからず  故をしらねど  故に聞く  故に我まづひとりいひいでて汝に請ふ  故によりていよ  故にありし  故の高貴さをもっています  故にとめる  故と言ふ  故なるべしと言えば  故の天語連のかばねまで出来た  故の静かさに帰った  故のような健康体になる  故に猿女の君等はそのサルタ彦の男神の名を繼いで  故に非難されてはならないと思ふ  故に之を買收と云はぬで補償と云ふ  故なるべしとは負惜みなり  故だと考へてゐた  故を問へども答もせず  故もない微笑がチラリと口元に漂ふ  故もなく胸が騷いでゐる  故かもしれません  故もなく胸が騒いでゐる  故に愛する  故にひとは瞑想を欲する  故と思わぬでは  故を以て冷視したならば  故を以て社會を冷視したならば  故に反って  故に結末之に及ぶ  故を以て斥けられざれば  故に末節之に及ぶなり  故はなくして  故に仏が来たりて応ずれば  故に根機と称せられる  故にすべての時代に通ずる  故ならずたけのびそめし黒髮を手には捲きつ  故に拒絶せられたが  故にかかる  

~ 故[名詞]1
権威の故に  温暖の故でも  此の故を  共和政治なるが故  空腹の故でも  そこへ来た故を  土地柄の故でも  私のまいりました故を  何が故の  それも故  日が続く故と  心の故で  誰の故  誰の故でも  全面的に認める故に  挙動である故か  疾むなり在るべき故は  聖典なるが故  無聊の故に  病気になっている故を  孟は喜んで来た故を  そこで故を  呼返した故  寢惚て見し故のみには  こだわりの故  原始的な故も  制限があった故  作り度がる故に  存せざるの故を以て  寂寞の故に  年をとった故か  物静かな故  身に関する故を  成長の故  女であるが故の  気の故  敷事ある故に  九に居る故に  我等救命の故  胸さわぎと故も  世を去った故  事情を知っていた故  私を愛する故に  憤慨した故も  雑器なるが故  厠に上る故  懲り懲りした故  一理あるが故のみ  等質である故を以て  魏法師は故の  何が故ぞ  牢屋に這入つて居る故に  愛好する故に  規定される故に  法門の故に  顔を見せまいと誓っていた故  のは立ち続けた故  感化を受けた故も  自暴自棄に陥った故も  姨は故を  金を返して来た故を  空になった故でも  大変更けた故か  気の故か  繊細なるが故の  圏境の故  オバーメジュアした故  自然になった故  気候の故  女性の故に  人間の故に  漢文調を混じた故  事の故のみ  歴史的普遍性の故  関係にあった故でも  年齢の故も  芸風の故でも  甘味を解している故  備へし故  もの想う故に  取締りの故を  関係のなかつた故に  さの故  我れ故と  何の故  拙者は故から  作者未熟の故  病氣の故では  年紀の故も  旅疲勞の故か  愚さの故でも  旅疲労の故か  人のを故と  生誕を信じる故に  んだ故  此寂寞の故に  事があった故か  中天に昇って居る故か  記録なるべきの故のみに  以つて對話せざるの故を  理想に反する故を  ことを得ない故を  逆境にあるの故を以て  労働性の故に  精神的内容の故に  身に沁みこませていられた故で  霜が降りました故か  子であった故に  仲になっていた故も  外にあったが故  其何の故  金之助も故と  消耗の故  傲慢の故  歌枕なるが故の  性格の故  水神が惜しませたまう故  食はずして死ににけりとぞ故も  反感の故でも  彼れが如くなる故を  型ばかり作りたがる故に  其大衆性の故  常識性の故に  卑俗性の故に  人間的誇りの故にこそ  懐姙を致しました故  私が考へる故に  独立陰謀の故を以て  偏りたるが故と  惡あるが故と  ものあるが故には  念を懐かせた故  病気の故で  促繊は故は  母となった故も  脱しない故かも  通用していた故かも  客体であるの故を  歩行に故と  用ゐし故に  後生願いの故か  気が向いて居る故でも  調和がとれていた故に  弱年の故  年齢の故  私の故  雁は動かずに故の  雰囲気の故  其親しみ故だけ  梵鐘の沈むの故を以てのみ  樹木が聳えていた故  涙が出る故に  国の故  便宜の故を以て  手段を採らない故  境を接するの故を  きのう見た故  女である故に  者だと信ずるが故  すの故を以て  何の故で  道徳心の故  転位する故にも  ものさえ故の  腹の中は故の  さの故で  研究者なる故を  実証主義の故に  精神の故  山に降れる故にぞ  政治的傾向に従った故の  ロハ台たるの故を  飲酒する故  体は故の  異を故の  聾なりし故  二重性の故  複雑さの故に  複雑の故に  此の故に  外ならす故に  結果を見るに至る故に  身体の故じゃ  産馬地の故  一週間ばかりの故  新聞記者なぞを為ている故  事を知って故を  囚はれる故でも  隨分苦心された故も  深厚なる故と  何の故を以て  明快さの故  前節に挙げておいた故に  對立せる如くである故  領解しない故  雨が降らない故  ものがあった故も  姉として居る故かも  獨身でゐる故  姉としてゐる故かも  独身でゐる故  装飾を重んずる故  裝飾を重んずる故  薄暗がりである故に  傳染病が出た故でも  根氣の足りぬ故も  其が故と  詩的の故に  冷感の故に  形式の故に  風物を詠ずる故に  恋愛等を歌う故に  笑を隠して故と  肉親の故でも  來た故でも  名剣などに憧れる故  喜美子に寄せてる故  同一なるが故  一日の故では  何の故に  物をいう故でも  変化の故  完璧の故に  変装する故に  母の故に  勘当の故に  中に故の  それは故の  調査した故の  水の故  届けがあった故に  帝ぢやと承つた故で  党員たるの故を以て  首領たる故を以て  知覚欠乏の故を以て  ゆうなだれてある故やら  何が故  無風流なる故では  そこに居合せなかった故ばかり  黨員たるの故を以て  知覺缺乏の故を以て  召上げられる故に  事情しからしめた故に  恐怖を忘れた故では  自尊心の故  難解の故では  虚偽の故に  年の故で  付かった故と  定業の尽きぬ故  男の故を  親近なるが故の  教養の故  士分であった故でも  及す事を恐れたが故  憚った故  裁縫工場である故も  島に暮らしていた故  真理をさとる故に  勢は故の  客が帰ってから仕舞う故  陣立を整う故に  軍目付の故を  希望した故に  誰もかまわない故に  #何の故に  自然の故の  なだらかな故の  つてゐる故では  武人の故とは  白痴だなどと申してあきらめていらつしやる故では  事に慣れません故か  日本に似ている故か  五句字餘り故に  食を食むの故を以て  それに附けると治る故に  我思ふ故に  他人思ふ故に  空から来る故に  生れが異なる故に  浸潤がある故を  手狭になったによっての故  控へてゐる故とぞ  心残りがござる故に  病ひの故で  ひでりつづきの故  末にある故に  渇きをいやせし故か  処に気がつく故に  財産ある故にこそ  下手な故か  舌の荒れておる故と  熱のある故でも  血縁に当る故を以て  地に居らるる故か  土地の故では  別の故も  年代の故で  顏の見えぬ故でも  其混雜して居る故かも  一杯だつた故で  昨夜の故で  不況の故を以て  客體であるの故を  ものをかんづいた故にこそ  つたのも故の  何の故か  尾けられると知って故と  何の故も  生活を送った故かも  反映した故  旅に在る故  本ものである故も  身分の故からと  何か故の  疑惑が湧いてきたが故  豫知できない故に  予知できない故に  此の故も  音が似た故の  彫物ある故に  関係ある故  妻とせられし故  氣候の故では  惡蟲の故ばかり  何が故で  破壊的であるといふ故を  今日の故では  何が故か  佳麗なるが故を以て  歌麿に置かんと欲せしが故か  風俗を乱すの故を以て  男色の故を以て  妓風を書分けたるの故を以て  巧なるの故を以て  色摺板本を出せし故を以て  人物画を描きしの故か  人を騙すが故  主義主張の故を以て  応の故を以て  平和主義の故を以て  嫌疑充分なりとの故を以て  展げられたが故  上な故か  天皇の故  中に住んで居る故に  墓ある故に  不充分の故を以て  証拠不充分の故を以て  山岳に異なるを以ての故  廻転してる故  幻覚の故  気の故かも  嫡子の故を  出でぬ故  真摯さの故に  好きな故か  これ糸を惜しむ故に  幸福を恨むが故  幻想し得られるが故  同情の故をもって  同からざる故  情からの故  個別住宅である故も  構造になっている故も  夜の故か  一行を見馴れた故で  過度に愛した故でも  仕方が足りない故では  邦家を知らざるの故を以て  盗人の故では  汝等作仏せん故と  機嫌を取る故にや  さま變る故と  枕の故  一字がある故に  私は故も  ものを故と  脇道に外れる故に  夫れ故の  違ふ故も  天帝の故  地勢の故  童心の故  雲雨等に似居る故と  われの故じゃ  鎌の故  盲の故を以て  一女の故を以て  込み置く故  ひいきしている故に  野暮なるが故に  何の故ぞ  日本武尊にて座す故と  もと百済より渡った故の  耳目に掛かる故  事鶏のごとくなる故と  尾を揺るがし故の  妻でありすぎる故に  何の故とも  病ひの故かと  二席ある故に  用にする故に  草を損ずる故  食薦と為す故に  稲を刈る故に  三尺なるが懸る故に  発見したが故  覚醒が起らなかつた故で  厄介の故とばかり  爲めの故に  苦労に堪えて来た故  風流なる故の  待伏せを恐れた故も  苦悩に富んでゐる故に  ざるが故に  細君が故の  初心らしく故と  筈と故と  愛情の故に  進歩性の故に  明りの故にこそ  最期は故と  夫は故も  過度に働かせた故  母の故を以て  私は故の  不足な故も  人達の故じゃ  師なるの故を以て  虚妄を語るの故を以て  知識を有せざりしが故  鉤針の故を以て  前科者の故で  履行せざるを恥ずるが故とのみ  の事実があるの故も  只だ故  妙に曇って居る故も  関係は故の  合理の故に  通じをるが故といふべ  さの故に  十分食へなかつた故  榻を故の  豊は故が  反抗せりとの故を  召上った故  流眄にかけて故と  ビギナーであるが故のみを  傾倒されていた故を以て  云々の故に  一時に晴れし故  職業の故を以て  背教者の故を  方を知らぬ故を  これを欠いた故に  土地の故で  朝までもまく故で  無名の故に  何にも知らない故に  本能の故に  誠実性の故に  私がくよつく故では  超越しているが故でも  幸子の故  生ものの故かも  観念過剰の故に  強靭さの故に  人類を愛する故の  存續を欲する故の  みなお雪さんの故  日に増し故の  忽蒼翠に復す故に  いやになった故  積極さの故に  欠如の故と  さの故の  憤怒の故に  現実の故に  哀愁が流れていた故でも  責任の故に  さによる故  のを忌むが故  存しない故に  それをする故に  怯懦の故  敬服した故で  世を思ふ故にもの  数学の故に  あんまの故  健忘性の故ばかり  みな凡庸な故  何という故も  緻密さの故に  反戦的傾向の故を  勝気さの故に  気候の故で  興味をひく故の  デカダンスの故に  内容虚脱の故の  虞があると慮つたが故  酒の故とでも  曇天の故も  用件あるが故には  中年に入られようとする故も  愛情の故  悪疾に罹るの故を以て  牛だとばかり思っていた故  忠孝等の故を以て  刀の故か  刀の故  對して故も  文字の故も  作用を有するが故  何かの故  性格を有するという故  奥底から生まれたという故  逞い故で  思返されるが故  抵抗する故に  並立して存する故に  存する故に  時候の故も  視野がある故に  レ之との故の  自己なるが故  作用と考える故  囚れいるが故  主語的論理的であった故  風情の故も  未練ばかりの故  人を斬らざる故にや  給へる故ぞ  それを故の  気持で見た故と  さなるが故  教育なる故にこそ  ことができない故に  ロイド眼鏡をかけている故か  狭小の故を  得たるが故では  奈何の故  貧弱さの故の  発展の故の  律法に背けるの故を  意義を含ませし故にや  状と故とを  呼吸のせまれる故にや  盜人たりし故  デーダロたらしめざりし故により  血セーメレの故により  我に故を  異端の故を  これが故  耳なれぬ故か  者は故を  造主の故に  昔より故に  単純である故の  コタツがある故も  流れがある故  病気の故ばかり  罪ある故に  器具なる故と  時流に後れたるが故と  編輯していた故  むるが故  雀を炙って食った故  家族なる故の  芳醇なる故  フランスの故に  淑女の故に  態度の故に  原則の故  妨げの故  群居生活の故  青年を待っている故ばかり  のだ故に  情をもてる故  時代の故  異国人である故から  同性の故かも  ひとり死ぬる故に  誘惑の故で  相反して居るの故を以て  其一賤人一兇人なるの故を以て  ざるが故には  習癖が有る故  化石を産す故に  晦澁卑俗なるの故を以て  料に充つ故に  ことの故は  善がある故に  根性を有する故に  相応しないという故を  不可能であると考える故  体とする故を  因縁を信じない故  作戦の故も  人なるが故の  殘つてゐたが故  

~ 故[名詞]2
その故  この故  なき故  やっと故  少なき故  ない故  多い故  少い故  高い故  易い故  ある故  苦しい故  暑い故  其の故  まだ故  依然として故  等しい故  いかなる故  我が故  何だか故  すぐ故  何しろ故  やはり故  いい故  乏しい故  弱き故  悪き故  悪い故  勿体なき故  とぼしい故  近い故  遠い故  わが故  遅い故  多き故  赤き故  細故  長い故  度しがたき故  名高い故  軽き故  黒い故  とある故  てれくさい故  精しく故  弱い故  狭い故  烈しき故  深き故  如何なる故  低い故  罪深い故  激しい故  再び故  到底故  そんな故  つれなき故  

複合名詞
誰故  手前故  それ故  一倍故  仕業故  酒故  親故  我故  私故  お前故  お前さん故  日本民衆故  愚かさ故  日曜故  夜故  なに故  これ故  愛弟子故  貴夫故  金故  妾故  臆病故  細君故  レ我作レ故  作レ故  奥様故  拙者故  貧故  わたくし故  不景気故  ため故  むる故  小心者故  恋故  研究故  活動故  故後  現在故  忠節故  為故  乍ら故  却つてそれ故  さ故  機嫌故  眼ざわりであるが故  関係故  ガ二歳故  暮シ方モ百両故  候故  淫乱故  怯懦故  ば声故  慾故  大名故  子故  落人故  三足故名  もの故  キカイ故  病身故  掌故  故余  勇士故  便宜故  ひささん一人故  約束故  入営故  書生流故  名づくし故  サラリーマン故  レ故  ニ故  清澄性故  女故  こと故  三九是故  城郭故  機転故  



前後の言葉をピックアップ
      個国  個年  小相木  小商い  小揚  小浅  小字


動詞をランダムでピックアップ
かたちづくら辿隠ら誉めそやさ言い切れよりきり防がなれる持ち寄り止めるはりさけこみいっひっ担ぐこころみよ当てはまろ払い戻す慣れ親しむ討果すぶち煮込み
形容詞をランダムでピックアップ
くさい目ざましい騒がしいさみしけれちかく面倒くさかっながかっ低けりゃ哀しやさしく待ち遠し快けれうるわしき捗ばかしく馬鹿馬鹿しいいちじるしくひろう無く遽しきいたいたしく