「政」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
政にかかわるというに  政に従事するの  政といいて  政の字は政府に限らざる  政に比して  政を施行して  政と人民の政と両ながらその宜を得てた  政は思いのほかに有力なるものにして  政をもって  政は日に簡易に赴き  政は月に繁盛をいたし  政に参与する  政に向って  政に托し  政に熱中奔走して  政の字の広き意味にしたがえば  政を捨てて  政は正しく人民の智愚に応ずる  政を談ずるも  政に凝らし  政の実地に施さんとする  政を度外に置き  政を爲すの着眼は情の一字に在り  政を悪む者あらん  政を施すに  政を行なう  政をなす  政の字の義に限りたることをなすは  政をなすに当たり  政を施し  政を害する  政に関係なき者はけっしてそのことを評議すべからず  政は一日も保つべからず  政をなすべき  政を行ない  政を議して  政を任し  政を談ぜざれども  政の針路は随時に変更せざるをえず  政を施すにも  政をとるの  政の主義をかれこれと評論して  政を語る  政に参与するほどに  政を正す  政を聞し召され  政を還し給うたので  政をみそなはせ  政をあらためるに適しません  政二つながら完きを得  政を明らかにした  政を執る  政を怨嗟する  政を重んずる  政を最上とするのみ  政を美にせんとするには  政を京地方に施さうとする  政と称してゐる  政宗と与にするに  政をつがふ  政というのに  政の所へ這入ってるナ  政の読書の邪魔などしてはいけません  政の所へなど行く  政は立った  政を聴いていた  政を聽いてゐた  政を聴いてゐた  政を施さず  政に同じからん  政宗と秀頼がいるだけだ  政だのいふ  政を行ふ  政などいふ  政を聞く  政などにも同じやうに敬意を表したかも知れぬ  政といひ  政のお客やったと思う  政を乞うた  政も悪が嵩じて  政の手へ配属された  政は今までの総理大臣がする  政を古に回すなどは  政に鞅掌し  政をなさし  政をなさざるべからずと信じたる  政は君主共和を尚ぶ  政に慣れ  政をなすは  政を連れ  政という女郎をうけ出して  政は夕暮より所用あッて出た  政は茶箪笥を覗き  政は文三の方を振向いて  政の言ッたのは全くその作替で  政は又もお勢を尻目に懸ける  政は仰向いて  政ばかりでお勢の姿は見えぬ  政は手に持ッていた  政は好い責道具を視付けたという  政の半面を文三は畏らしい顔をして  政の呼ぶ  政は忽ち顔色を変えて  政が今朝言ッた厭味に輪を懸け  政もスコだれの拍子抜けという光景で厭味の音締をする  政は独り徒然と長手の火鉢に凭れ懸  政を相手に無駄口を叩き  政には殊の外気に入ッてチヤホヤされる  政に向い  政も苦笑いをした  政は此方を振  政は茫然としていた  政の声を聞付けて  政がお勢に向い  政と顔を視合わせ  政は囂々しく  政はフト針仕事の手を止めて  政が横合から嘴を容れた  政如き愚痴無知の婦人に持長じられると  政の姿はカイモク見えない  政は何とも言わずに  政は始終顔を皺めていて  政が層に懸  政は冷笑しながら  政はガラリその容子を一変した  政は油紙に水を注ぐ  政は呼ぶ  政を連出して行く  政はもウ帰ッていて  政ももう噛付きようが無いと見えて  政は坐  政が坐  政は眼鏡越しに娘を見遣  政は復新聞に取  政は莞爾した  政が顔を見るより  政にも似合わぬ  政の方を向いて  政は思い切りて  政は怪しむ  政が入ッて来た  政を尋ねて来た  政に云わせれば  政は羨ましいと思う  政はかつ驚き  政はまた人の幸福をいいだして  政はじろりとその様子をみて  政も不審顔をしていたが  政はそわそわして出て行く  政はますます文三を憎んで  政は文三等の幸福を成すに  政は昇の意を見抜いてい  政の意を見抜いている  政が顔を皺めたとて  政は説き伏せるを  政をなさんと  政をみそなわせ給う  政と称す  政はお心のままになりましても  政がそれぞれ自叙伝を劇化させ  政を一新せしめて行こうという  政はいるか  政が呻った  政は泣き声で云った  政に見て貰ったがな  政に追い縋っている  政の身体に手が届くという  政の足首を握った  政をとる  政を問う  政は臣を選ぶにあり  政に従わしむべきか  政に従うに  政とは正なり  政を為すに  政を知り  政を聞けり  政と刑とによるべきでない  政を謀らず  政を行ひ  政を自分の妻にした  政は最早泣き声になっている  政はすやすやと寝入り  政はひそかに箪笥からこの帯を引出し  政は外から帰って来た  政は言ったぎり  政のことゆえ  政の苦心は十分母の満足を得なかった  政は自分の出て行った  政が気の勝ている  政にはそれが出来ない  政が作らえて置いた  政と助は拘引中に病死するなど  政は死人のように横たわっている  政は自分の様子の変ったのに  政はこれまで決して自分の錠を卸して置いた  政の天性憂鬱である上に病身でとかく健康勝れず  政の天性と瘻弱なことは確に幾分の源因を為している  政がぐるぐる廻って  政も今は横顔だけ自分に見せるばかり  政のことを想う  政は児を負うて  政にも昇にもモデルがあるといって  政や昇については何にも咄さなかった  政は延喜に勝れり  政を完くする  政を傍観しつつ  政を論ずるは  政の枢機なる  政を左右する  政をお輔けになり  政といって  政とお時の姉妹が寺参りに行くとかいうので  政が紊れないからである  政を知った  政は自ら決した  政とはモウ会えない  政を嘲りて  政の父ひとり来たりて人々に挨拶し  政及びその結果を豫知して  政を誹り  政も煙に巻かれて浮かれ  政が木遣を丸めた  

~ 政[名詞]1
賢を以て政の  ところの政の  人民みずから自家の政に  政府の政  平民の政と  #裁判の政  兵馬の政  和戦の政  政府の政に  政府の政と  人民の政は  政府の政を  政府の政は  人民の政を  政府の政にのみ  一国の政は  新聞紙を読みて政を  奇計妙策を政の  苛刻の政を  国の政を  窮屈なる政を  もとより政の  政府に会して政を  国の政は  兵隊が政を  士を挙げて政を  口にこそ政を  政壇にのぼりて政を  教員生徒にして政の  元亨元年天皇に政を  仁者の政  これを政  数日は政を  今日の政を  宗廟の政を  最上の政を  国にしてかの政  宮廷の政を  為に政と  裁ノ政ヲ  料簡不明の政  土佐の政を  民やは政の  筑紫の政を  尭舜揖譲の政に  所謂教だの政  標榜する政や  垂廉の政を  着駄の政など  食国の政  徳川の政が  行事を政と  井の政の  温に送って政を  主任の政に  政府を雇い政を  公議輿論をもって政を  古来専制の政に  むるの政を  国家的自由には反するの政なりと  幕府統一の政を  ことと政を  敢爲邁往の政は  君ですから政は  ままに政を  クレーン係の政が  クレーン係の政  左手に政の  わしが掴んだ政の  神の政を  仲由は政に  賜は政に  求は政に  礼とによるべきであって政と  ざるの政を  覇者の政は  宮中の政は  元禄の政は  食国の政を  継母の政を  Plotinosは政を  賞罰は政の  女傑と結んで政を  皇太子として政を  大化の政の  業とする政という  夕方に政の  當世の政を  仙も政も  顔の政が  食国の政といふ  食国の政に  

~ 政[名詞]2
その政  良政  この政  悉皆政  よき政  いやしくも政  親しく政  決して政  其の政  

複合名詞
政倫  太政  守忠教但馬守経政若狭守経俊淡路守清房尾張守経貞備中守師盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人  太政入道殿  町政  君主政  政ちゃん  佐々成政  政爭  政黨  政權  政黨ぎらひな私  政民  ブルジョア政權  マルクス主義政黨  近時政海  立憲政體  内蔵介成政  成政  政岡  八尾政  力政  治政上  化政度戯作文学  伊達政宗さ  伊達政宗  政ちや  政ちやん  貞観政要  政宗  政宗位  これ伊達政宗  二階堂左衛門尉政宣  政宣  政法  爲レ政著眼  通政大夫呂祐吉  政風  政無法  政壇  政機  政壇青雲  人政  厳政  議政廟  自ら太政相国  太政太師  皇政復古運動  皇政復古  政閣  本部親雲上政恒  政命  宗政父子也  下妻政泰  政泰討死  宗政  政下  政堂  佐平太兼政  政議  政者  大将万政  万政  藩祖政宗公  政宗公  開祖政宗公  政右衛門  弁政  弁政夫婦  政權軍權財權  義務ハ國政  國政ヲ把リテ志  國政  政要  政黨政治  晴政  政さん  三百年掛つて政權  政柄攘竊  魚政  政公  政柄  祿・化政  村上政亮  父久政  久政  政澄  先年久政  誰一人久政  小寺政職  蓮政寺  嘉永安政頃  化政度あたり  政中村家政代  政權武力  荒武者伊達政宗  細川政元  政元  政宗元服  政宗参候  今更政宗  荒気大将佐々成政  政宗勢  政宗謀叛  政宗遅滞  政宗領  此間政宗  政家  氏郷政宗  其日政宗  政宗方  政宗今日夕刻  ソリャコソ政宗め  必定政宗め  わや政宗寄  政宗如何  政宗と策応  政宗と一揆方  政宗と  皆政宗  政宗と懇親  弼長政  伊達藤次郎政宗  今日政宗  氏郷政宗二人  元来政宗  政宗殿  政ごと  化政度  議政壇上  政體  政虎  政虎聞キ候テ可討留物  矢尾政  妻政さん  佐々内蔵助成政  佐久間玄蕃允盛政  盛政  佐久間盛政  寵臣佐久間盛政  勝豊盛政  四月十九日夜盛政  盛政勢  兄盛政  盛政例  盛政一言  盛政等  政壇演説  政兼  政廳  政海  政宗先生  政宗当人  伊達政宗的  政宗以来  太政入道浄海  州政廓清期成同盟実行委員  新免宮本武蔵政名  地政方面  政女  政宗以前  局政岡  政宗公以来  藩祖政宗  政失二其本一則  レ政  政法科  政體又  政書  刑政雖レ峻  斛斯政  共和政體  先年以來共和政體  君主政體  政體或  爲レ政  オイ政  政どん  イヤ政どん  オイ政どん  日新免宮本武蔵政名  以レ政  丸山政右衞門  近衛政家  政淳寺  侠客相政  花政  宮本武蔵政名  花春時相政  渡政  治政  斎藤山城守利政  政乃  侍女政乃  政以  学政  男爵本多政以氏  政団  政術  二十年来政海  政黨たる  既成政黨  自ら政黨  政權爭奪  政黨組織  一般政黨  政黨首領  先づ政黨  日本政黨界  政黨員  政黨内閣  學政  政黨界  一切政黨  政黨嫌  模範政黨  の政黨  現存政黨以外  政黨首領たる  政黨政治家  比較上政權  政黨攻撃  半ば政黨内閣  政黨内閣論  政黨員たる  政黨提携  政變  政黨論  政團  暫らく政變  政權分配  政黨改造  政黨内閣たる  政黨内閣組織  政黨終  政黨内閣制  つて政黨  年々歳々唯政黨  政黨總理  在野政黨員  早晩政黨内閣  政權分配論  中條政恒  政恒  専制政躰  政大意  明治政史  戊戌政變  千葉周作成政  政兄イ  政照抔至極  唐木政右衛門  問政  学政専任  二土持政照一  島吏土持政照善遇二南洲翁一  政照  二土持政照一平素眼前  政途  政理  政社  政法上道理  立憲政  政法上  政弊  ローマ共和政  無上政法  共和政  美政  政学者  代議政  治政時代  黒田隆政自ら槍  隆政これ  隆政  弟隆政  化政  化政以後  将軍家貞観政要  長沼五郎宗政さま  宗政さま  九条政基  高梨刑部大輔政盛  伊達政宗公  松田政近  主人政宗公  主人政宗  政宗それ  独眼竜伊達政宗  華族池田茂政  経政  政戰  太政入道  國政萬端利章  政職  主人小寺政職  主人政職  主君政職様  城主小寺政職  領政  小寺政職どの  政職以下  小寺政職以下  とき政職  綱政  政言  政言殿  昔佐々成政  管領細川政元  三共和政時代  三共和政  過激民主政  俗事政柄  井林廣政氏  榊原政職君  長島政兵衛  北尾政演  天明六年北尾政演  政演  フランス共和政  使張政等  集会政社法  嘉永安政  富樫政親  この間魚政  平井政遒  細川政国  山名政豊  富樫政親等  政ッ  政宗天下  遠江守時政  父済政  上杉政形  日本政記  伊達政宗等  米津伊勢守政懿  太政入道清盛  令政  議政殿  季康子政  魚政はじめ  化政時代  校政  奥州仙台伊達政宗公  血政  番人政十郎  勝野金政  戸部豊政  豊政驍勇  豊政  政忠等  政忠殪  榊原政房  榊原政邦  伊達政宗位  艦政本部  貴族政  古河屋政兵衛  鈴木政通小堀  政陽郡  田村政七両氏  島田尚政  翼政会  政變政爭  つて政宗  弾左衛門珍政  政府及大政翼賛会  蟹田町政  政黨政派  ハ政  憲法政冶  府県政  政巨細  政かしこ  政權黒黨  者政權  いま渡政  政權侯伯  づさはりて國政  九六汝等國政  延政門  立憲政躰  玉手待酒貧鉤末羅縣政伏  政刑  ア政さん  崇政殿  フランコ政權  伊達政  楢原陳政氏  政律  政冶  政黨歴史  政廟  僧慶政  政名  新免武蔵政名藤原玄信  武蔵政名  板倉成政  宗教政革  疣政  



前後の言葉をピックアップ
征矢野    正反対    静まら  静まり      政二郎  


動詞をランダムでピックアップ
くるめくもどせ使い古さ洗い出せ嘲笑い釣り上げけむらそそり立っあらい選べる透る受入れ織れよ突戻しよみきっ謹む掴む送りこむ押し広めるしめださ
形容詞をランダムでピックアップ
胸ぐるしい恋しい継しい頼もしゅうたかさうない眠かっ長たらしく果敢なきにくうかたいふさわし遠から豪い気安う涙ぐましく重うとうといくどい