「撫ぜ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 撫ぜ[動詞]
ツルリと撫ぜ  ぼくに撫ぜ  後頭部を撫ぜ  咽喉を撫ぜ撫ぜ  頭を撫ぜ  顔を撫ぜ  脛を撫ぜ  背中を撫ぜ  寺田は夜通し撫ぜ  顔を逆撫ぜ  鐘を撫ぜ  あたりを撫ぜ  像を撫ぜ  顎を撫ぜ  方へ、掻き撫ぜ  指輪を撫ぜ  腹から腰と撫ぜ  手を廻して撫ぜ  表紙を、撫ぜ  表を撫ぜ  パイを撫ぜ  胸を撫ぜ  したを撫ぜ  下を撫ぜ  



前後の言葉をピックアップ
捺染  ナゼ  なぜ  名瀬  何故  何故か  ナゼソンナ  ナゼソンナニアワテルカトオ  なぜだか  ナゼダロウト


動詞をランダムでピックアップ
行ずたきあがる溜まらかさばっ書き記す宛てがう嫁いそむけはれん舞いこんしびれよつりあが寝転ぼもじら登れよ訝れ乱れる恥づ捗れ崩せる
形容詞をランダムでピックアップ
せまくるしい余儀なき小煩いやかましくっ痒し潔う願わしゅうふさわしから易しいずるかっ甲高からかっ細かぽき初々しゅう荒っぽ暑し訝しく度しがたい