「摘ん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 摘ん[動詞]
花を摘ん  菜葉を摘ん  白げんげも摘ん  五本ほど摘ん  蕗を摘ん  一葉プツリと摘ん  ビショビショに濡れて摘ん  ほうれん草を摘ん  クローバーを摘ん  土手から摘ん  刈萱を摘ん  何かを摘ん  入浴のかへりにはいつも摘ん  昼顔一茎を摘ん  今あたしが摘ん  思ッて摘ん  髪の毛を摘ん  味噌なますなんぞ摘ん  ぞうを摘ん  水仙などを摘ん  鼻を摘ん  芍薬に埋めて摘ん  アンパンを摘ん  箸で摘ん  先きを摘んでも摘ん  先きを摘ん  実を摘ん  一輪の花を摘ん  頬ぺたを摘ん  みんなで摘ん  一輪だけ摘ん  花なんぞを摘ん  芽立てを摘ん  桑位は摘ん  桑だつて少しばかり摘ん  海苔を摘ん  鮨を摘ん  自分でポリポリ摘ん  煮物を摘ん  可愛い手頭に摘ん  あけびを摘ん  んごまを摘ん  要を摘ん  甘藍を摘ん  桑など摘ん  臭い莨を摘ん  みんな鼻を摘ん  ところを摘ん  葉を摘ん  コスモスを摘ん  両端を摘ん  食指でしっかりと摘ん  蜻蛉草を摘ん  子が摘ん  きりと摘ん  褄を摘ん  土筆を摘ん  誰に負われて摘ん  末の摘ん  樣にして摘ん  嫁菜をよく摘ん  好みで摘ん  指で摘ん  んだら摘ん  薔薇を摘ん  ために摘ん  仏に捧げようと思って摘ん  茅花を摘ん  のを摘ん  一緒に摘ん  頭をかう摘ん  苺を摘ん  みつ草とを摘ん  茗荷の子を摘ん  散歩で摘ん  それを摘ん  右手で摘ん  くわい頭を摘ん  若菜を摘ん  菜を摘ん  野苺を摘ん  余念なく何やら摘ん  たんぽぽでも摘ん  いくつも摘ん  河原で摘ん  何處で摘ん  桑を摘ん  茶を摘ん  巧者に摘ん  三度とびとびに摘ん  弥助を摘ん  一片を摘ん  野草を摘ん  いちごを摘ん  一つそれを摘ん  其一片を摘ん  顏をして、摘ん  土間に、摘ん  ヒヨイと摘ん  つれが、摘ん  娘の摘ん  芽を摘ん  草花から摘ん  みんな人間が摘ん  蓋に短く摘ん  芽から摘ん  指頭に摘ん  羊羮を摘ん  実などを摘ん  檜葉を摘ん  岩菜を摘ん  草を摘ん  ちよぼつと摘ん  はじめ指先で少し摘ん  皆百合を摘ん  桜ん坊を摘ん  野菊を摘ん  角を摘ん  二つ三つを摘ん  芹を摘ん  ピーズを摘ん  蜜柑を摘ん  花籠に摘ん  夫人が摘ん  名を呼びながら摘ん  野菜として摘ん  手先の動くがまま摘ん  肉入団子を摘ん  栗を摘ん  菓子をやにわに摘ん  蕨を摘ん  雑草を摘ん  片手に余るだけ摘ん  路傍から摘ん  つて手先せはしく摘ん  下枝を摘ん  ぺなア兼ツあん、摘ん  とこばかし摘ん  谷間から摘ん  星あかりで摘ん  實を摘ん  草花を摘ん  顔をしながら摘ん  若草山で摘ん  菊を摘ん  袖口を摘ん  さねて摘ん  先で摘ん  先を摘ん  老人はうら枯を摘ん  石蒜を摘ん  小松菜を摘ん  女どもにすすめながら摘ん  一束を摘ん  呑気そうに摘ん  一杯三ツ葉を摘ん  爪でも摘ん  小川から芹を摘ん  ところならば摘ん  これを摘ん  香を摘ん  裾を摘ん  薪を摘ん  山から摘ん  胴中をぎゅっと摘ん  新芽を摘ん  千振を摘ん  ニ三人葉を摘ん  三本ばかり摘ん  あたしが摘ん  人指し指とで摘ん  指先で摘ん  手に摘ん  理を摘ん  上に一寸摘ん  箸でわざわざ摘ん  山桑を摘ん  二人で摘ん  のなどは摘ん  靴下を摘ん  ふさを摘ん  夏雲を眺めながら摘ん  黒穂を摘ん  



前後の言葉をピックアップ
つわり  つわ者  つゐに  ツン  積ん  つん  ツンガリー  ツングスク  ツングース  つんけん


動詞をランダムでピックアップ
出向きはたらかそ躍り込み取鎮めよ引裂いあてこすら撃ち込み脅しつけみこそ毛羽立た頌し止め値す制しよ嬲り惚れこまつきとおる参ず立ち並ばえがい
形容詞をランダムでピックアップ
くるしくっ面倒臭くっこのましい薄暗くっがたし汚う可愛い縁遠えごいまずいものうく寂し逸早くのぶとい気ぜわしかっ清清しい怪しけれ温かっ待ち遠しい暗き