「揺れ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 揺れ[動詞]
きらきらと輝きながら、小さく揺れ  層が揺れ  幸運は揺れ  緞帳は揺れ  度毎に脹れ上って揺れ  薊はぐるぐる揺れ  ようになびき揺れ  ゆらゆらと揺れ  家がぐらぐらと揺れ  ように揺れ  地は時どき揺れ  それからぐらぐらと揺れ  大地は揺れ  カーテンが揺れ  不自然に揺れ  病葉が揺れ  助け合い、支え合って、揺れ  おわんが揺れ  珠が頻に揺れ  大阪も随分揺れ  木下が問うと、えらい揺れ  風に揺れ  屋根が揺れ  アイランダーは強く揺れ  先端が、揺れ  空気が揺れ  建物が揺れ  大地が揺れ  建物ぜんたいがひときわ激しく揺れ  飛行機はよく揺れ  上で揺れ  んと揺れ  柳なよかに揺れ  音を立てて揺れ  喧噪に赤く青く揺れ  提灯がひっそりと揺れ  樹木が揺れ  掘割へ揺れ  磯風に揺れ揺れ  壁が揺れ  水に揺れ  笑ひに揺れ  海が揺れ  波を打って揺れ  揺れに揺れ  瓦が揺れ  足許が揺れ  剥製が揺れ  それから、つぎつぎに憤りが揺れ  ガサガサと揺れ  梢が揺れ  風で揺れ  波足と共にしばらく揺れ  バスは揺れ  穂で揺れ  だんだん大きく揺れ  夜揺れ揺れ  ザワザワと揺れ  花が、ぬるく揺れ  あかりがはげしく揺れ  夕風に揺れ  脚どりにつれてぶらんぶらんと揺れ  あちらこちらへと揺れ  あちらこちらに高く低く揺れ  目はまた揺れ  髪が揺れ  藁が揺れ  袂が揺れ  つり橋がぐらぐら揺れ  帳場はがたがたと揺れ  床がぐらぐらと揺れ  バスは、ときどき揺れ  通りを揺れ  バスが揺れ  船はすこし揺れ  昨夜よりもよほど揺れ  船は大きく揺れ  フラフラと揺れ  綱で吊りさげられてブラブラと揺れ  柔かに揺れ  穂波をあげて揺れ  歓喜が揺れ  駕籠が揺れ  何が、揺れ  全部が揺れ  家がひどく揺れ  汽車が揺れ  全体が揺れ  それが揺れ  五六度激しく揺れ  山々が揺れ  地面が揺れ  地が揺れ  ときに、少し揺れ  梁ぜんたいが揺れ  ものが、グラグラと揺れ  天井へ揺れ  川波に揺れ  左右に揺れ  船の揺れ  軟くひきのばされて揺れ  きしきしと揺れ  人影がしがみついてふらりふらり揺れ  人影は、やはりふらりふらり揺れ  乳房がゆらりと揺れ  前後左右に揺れ  カーテンの揺れ  馬車の揺れ  独り手に揺れ  船が揺れ  はずみて揺れ  庭木が揺れ  電車だと揺れ  やうに揺れ  鉢植がグラグラと揺れ  影が激しく揺れ  火が揺れ  傍で揺れ  爽やかに揺れ  横に揺れ  伴れて揺れ  活字棚に大きく映って揺れ  轡が揺れ  陽炎に乗って揺れ  搦んで揺れ  鼠壁に細く揺れ  暴風などにあたつて激しく揺れ  倦るそうにゆらりと揺れ  灯がちらちらと揺れ  灯が揺れ  細かに揺れ  月も揺れ  裳が揺れ  ロックからフォークに揺れ  微妙に揺れ  艇体が揺れ  静かに揺れ  艇が、グラグラと揺れ  ものが、揺れ  蚊帳が揺れ  方へ揺れ  体は軽く揺れ  中を揺れ  中で激しく揺れ  ために揺れ  紅となって、延び、縮み、揺れ  下に揺れ  廊に揺れ  上に揺れ  なつて揺れ  体が揺れ  様に揺れ  底に揺れ揺れ  身体が揺れ  きらきらと揺れ  空気を裂いてはげしく揺れ  規則正しく揺れ  焔は揺れ  間で揺れ  花は揺れ  波に揺れ  下が、もう揺れ  一度に揺れ  呉城全体があやしく揺れ  面前に揺れ  枝が揺れ  葉が揺れ  かすかに揺れ  実が揺れ  茎が揺れ  微かに揺れ  小さな紅提灯が揺れ  笑い声が揺れ  上下に揺れ  視点が揺れ  中で、たいへん揺れ  光が揺れ  ものもなく揺れ  雨脚に揺れ  大様に揺れ  しずかに揺れ  焔が微に揺れ  なにかに乗りあげて、えらく揺れ  ガタガタと揺れ  心が揺れ  容易には揺れ  心が少し揺れ  気持が揺れ  何だか汽車に揺れ  ユラユラと揺れ  門旗は揺れ  中に、くりかえしくりかえし揺れ  木が揺れ  中を小さく揺れ  急に烈しく揺れ  一揺静に揺れ  なかで揺れ  朝日をあびながらゆらりと揺れ  ユキユキと揺れ  子守唄程に揺れ  円を描いて揺れ  途中で揺れ  列車ががたんと揺れ  宙をふわりふわりと揺れ  上下左右に、はげしく揺れ  何か揺れ  背に揺れ  一揺れ、大きく揺れ  幾度か揺れ  酒が揺れ  家が揺れ  夢心地に揺れ  朱傘が揺れ  羽うらにほひ透き、揺れ  火影が揺れ  舟は少し揺れ  舟はふらふら揺れ  ドドドドと軽く揺れ  一本一本は揺れ  馬車が揺れ  ハンモックがひどく揺れ  ようにひどく揺れ  人魚とか、揺れ  舟が揺れ  溌と立って、がたがたと揺れ  静って、揺れ  盛に揺れ  カタタと揺れ  鎖などがごたごた揺れ  今ゆらゆらと揺れ  また下に揺れ  不安が揺れ  緞帳が大きく揺れ  ざわざわと揺れ  穂が揺れ  扉はぐらぐらと揺れ  のは揺れ  のを見ると揺れ  網を跳ねつつ暫くぶらぶらと揺れ  一緒に揺れ  間を揺れ  カーテンは大きく揺れ  ように暈けて揺れ  いるかと思われるほど揺れ  金魚が揺れ  景気好く揺れ  綱が揺れ  げに揺れ  煙が揺れ  船が著しく揺れ  音を立てて著しく揺れ  左へ夥しく揺れ  ようにちらちらと揺れ  風にも物思わしげに揺れ  駕籠を揺れ  右へ揺れ  左へ揺れ  やうにふわふわと揺れ  ピ、ピッと大きく揺れ  尾花が揺れ  上に乗せて、激しく揺れ  地盤の揺れ  匂いを撒き散らしながら、揺れて揺れ  中で揺れ  橋を渡って揺れ  背後で揺れ  なかに揺れ  追憶が少しずつ揺れ  川音に揺れ  すそが大きく揺れ  竹矢来は揺れ  前後に激しく揺れ  影すら揺れ  噂が揺れ  眼はぐらぐら揺れ  どこのも暗く揺れ  スタンドが揺れ  がらがらと揺れ  ままに細かく揺れ  スッスッスッと揺れ  家はまだ揺れ  うねりを打って揺れ  赤毛の揺れ  山が揺れ  巨木も揺れ  樹枝が揺れ  寒い風が揺れ  徐ろに揺れ  革鞄が、揺れ  軍も大いに揺れ  船は少し揺れ  木の葉が重々しく揺れ  人心が揺れ  ひらひらと揺れ  裾で揺れ  稲穂が少しばかり揺れ  時に、揺れ  ピカリピカリと揺れ  船はひどく揺れ  一と揺れ  カーテンが、揺れ  船体が、グラグラと、揺れ  船は揺れ  大地がぐらぐらと激しく揺れ  気球はもくもくと揺れ  急にごとんと大きく揺れ  一つごとんと揺れ  ゴンドラはまた大きくごとんと揺れ  身体が小さく揺れ  灯が、薄暗く揺れ  壁に、大きく拡がって、揺れ  闇黒に揺れ  危惧に揺れ  影が揺れ  地震に揺れ  慵に揺れ  前方だけ見て揺れ  襖がみりみりと揺れ  根が揺れ  風が吹きますと、揺れ  電球が僅か揺れ  駕籠の揺れ  空気は揺れ  木立ちの青葉が悩ましく揺れ  とりと揺れ  二尺も揺れ  汗に揺れ  家屋がみしみし揺れ  はたはたと揺れ  緩やかに揺れ  いやに揺れ  葉っぱが激しく揺れ  面に揺れ  一足ごとに揺れ  霧に揺れ  揺れほうだいに揺れ  団扇は揺れ  花が揺れ  枝も強く揺れ  無茶苦茶に揺れ  ようにぐらぐらと揺れ  色も、揺れ  花は高く揺れ  銀線の揺れ  袖とともに揺れ  毛一つも揺れ  まま、じっと揺れ  そうに揺れ  畳はむくむく揺れ  空間はひっきりなしに揺れ  身動きしながら、揺れ  ひつきりなしに揺れ  顔が、一寸揺れ  涼風に揺れ  にょきにょきと揺れ  家は揺れ  前後に、揺れ  動き左右に揺れ  のが、ぶらぶら揺れ  度びにうつらうつらと揺れ  響きに揺れ  地震でも揺れ  葉っぱが揺れ  柱激しく揺れ  枝は、暫く揺れ  柱にもたれて揺れ  瞬間大ゆれに揺れ  家はぐらぐら揺れ  樽がぐらぐらと揺れ  ランプが軽く揺れ  グラグラッと揺れ  程ゆるく揺れ  急に激しく揺れ  穂がチクチク揺れ  さっき、ひどく揺れ  海中で揺れ  地面は絶えず揺れ  翳はいくらか揺れ  下で揺れ  上を揺れ  匂いを立てて揺れ  鬱勃として揺れ  上に組み合せて揺れ  波が、一層激しく揺れ  群れが、揺れ  踊場は、一層激しく揺れ  彼は揺れ  中で、しなしなと揺れ  黙礼しながら揺れ  隙間で揺れ  花に挟まって揺れ  急に揺れ  まままだ揺れ  静に、びりびり揺れ  舟端が擦れ合ってはぎしぎし鳴りつつ揺れ  ランプが、揺れ  門鈴の音が揺れ  仄暗い、揺れ  音を立ててひときわ激しく揺れはじめ、揺れ  糸遊に揺れ  光に揺れ  枝がばさばさと揺れ  余勢でゆるく揺れ  力に抗えて、見えない程揺れ  前で、重って、ゆがんで、揺れ  木の間がくれに揺れ  音するばかりに揺れ  六さんが揺れ  大波と揺れ  障子に揺れ  情炎がぼうぼうと揺れ  ふところから、揺れ  日光が揺れ  灯が、かどかどに揺れ  風でいくらか揺れ  ふんわりと揺れ  手を伸ばすと揺れ  ゆらゆらに揺れ  地鳴りがしてひどく揺れ  三度目にひどく揺れ  今にも倒れるかと思うほど揺れ  肩が揺れ  そうでありますが、揺れ  先頭を揺れ  穂はふさふさと揺れ  細流に揺れ  空の下で網めになって揺れ  上下に揺れ揺れ  微風に輝き揺れ  地に揺れ  部屋に揺れ  髪がぶらぶら揺れ  一斉に大きく揺れ  向うに並んで揺れ  プワープワーと揺れ  なつてぶらぶら揺れ  一時に荒々しく揺れ  文学が揺れ  像が揺れ  薄青く揺れ  音立てて揺れ  夜空に揺れ  キラキラ美しく揺れ  顔が映って悲しく揺れ  軽やかに揺れ  食堂車は揺れ  火が小さく揺れ  たわわに揺れ  一種の揺れ  提灯が烈しく揺れ  かたんと揺れ  劇しく揺れ  陰が揺れ  一点ユラユラと揺れ  下へと揺れ  リズミカルに揺れ  先から吊り下げられ、ぶらんぶらんと揺れ  ますます人間は揺れ  ままに揺れ  裾が揺れ  後れ毛が、揺れ  サワサワと揺れ  あたりで揺れ  微風に揺れ  鮫のごとく、生き、動き、揺れ  明って揺れ  それらがひとしく動いて、光って、流れて、揺れ  ぼろ自動車の揺れ  金髪がふさふさと揺れ  自然に揺れ  色に染まって揺れ  風にまたたいて、ひどく揺れ  うつつが揺れ  東風に揺れ  焔が揺れ  海風が揺れ  夕陽が揺れ  川波がちりちりと揺れ  船はやっぱり揺れ  ヒョイヒョイと揺れ  左右にゆるく揺れ  相手はまたぐらりと揺れ  日に輝き、揺れ  一所ずつ揺れ  子供があるいても揺れ  何に揺れ  船が心細く揺れ  恐怖をもつて激しく揺れ  危く左右に揺れ  中に立ちながら、揺れ  反動を感じて、ぐらぐらと揺れ  暇がないほど揺れ  蝋燭の光りがそれほど揺れ  とき始めて揺れ  のものに揺れ  空間は揺れ  僕は揺れ  身の動くに従うて、颯と揺れ  揺れかえる、揺れ  今もふらふらと揺れ  滅茶苦茶に揺れ  ように太く揺れ  仄かに揺れ  足をかけるとグラグラと揺れ  五間先まで揺れ  光も揺れ  殊に京津電車の揺れ  空に、高々と揺れ  一つづしりと揺れ  一つずしりと揺れ  一斉に揺れ  影を揺れ  平和に低くなったり高められたりしながら揺れ  うちに揺れ  船が傾ぐほど揺れ  ユラリユラリと揺れ  膝をそろえて、こう揺れ  さざなみに揺れ  一つ大きく揺れ  柱が揺れ  がたがたと鳴って揺れ  重心をかけて揺れ  兜が揺れ  水が揺れ  まま小刻みに揺れ  燦々と揺れ  門が揺れ  ユサユサ塔が揺れ  大げさに揺れ  旗の揺れ  中に揺れ  秋風に吹かれてさわさわ揺れ  ヒューム管がガリガリと鳴り、大きく揺れ  雨戸はがたがたと揺れ  田舎道を揺れ  波間に揺れ  橇ががたんがたん揺れ  顎ではなかなか揺れ  幽かに揺れ  所ですこし揺れ  動揺につれて、ふらふらと揺れ  のではないかと思うほど、ひどく揺れ  声が揺れ  若葉が揺れ  一つ、ふらふらと揺れ  船体ははげしく揺れ  上下へはげしく揺れ  綱梯子は大きく揺れ  しなやかに揺れ  一房が揺れ  視線が、揺れ  ものが少しばかり揺れ  カサと揺れ  帳が揺れ  前を激しく揺れ  地震もいろんな揺れ  ブランブランになって揺れ  突端に掴まって、揺れ上ったり、揺れ  さと大きく揺れ  風の揺れ  瞬間、激しく揺れ  丸髷が揺れ  ごとごととしきりに揺れ  浪が揺れ  戸の揺れ  のどかに揺れ  鮮明に、ちらちらと、揺れ  褄が浅く揺れ  為めに、大きく揺れ  端が揺れ  頭上に、揺れ  後でも揺れ  御覧なさい揺れ  姿が、撓うばかりに揺れ  嵐みたいに揺れ  空に揺れ  小枝が揺れ  雪を払っていなすったけ、揺れ  汽車が、ぐらぐらと揺れ  部屋がひどく揺れ  前髪がふっくり揺れ  ブランブランに揺れ  まにまに、揺れ  花穂が長く伸びて、しなしなと互に揺れ  汽船に揺れ  東へと揺れ  にわかにはげしく揺れ  ガタリと揺れ  宙天から地底へまで揺れ  クルリクルリと揺れ  ロープは揺れ  部分では、随分揺れ  額に揺れ  空が揺れ  左に揺れ  一揺り揺れ  藻が揺れ  どれだけ酷く揺れ  色彩に揺れ  後姿に揺れ  想いに揺れ  予感にさびしく揺れ  肉体へのもだえに揺れ  枝が、ちらちらと揺れ  次第次第に揺れ  調子好く揺れ  その時まで、少し揺れ  無気味に揺れ  列車がぐらぐらと大きく揺れ  細雨に揺れ  波状に揺れ  右往左往して揺れ  火だけ明明と揺れ  物価が揺れ  バスはひどく揺れ  一隻音もなく揺れ  繊細に揺れ  仄に揺れ  襞が揺れ  草むらが揺れ  小刻みに揺れ  同様に揺れ  岩は揺れ  途端に、激しく揺れ  肩が大きく揺れ  鈴の音が揺れ  灯火が揺れ  灯火が大きく揺れ  帆が揺れ  上下へ揺れ  ことことと揺れ  船が大きく揺れ  薪が揺れ  宙ぶらりんに揺れ  此処に下そうとするとグラグラと揺れ  ミシミシミシ柱を鳴して揺れ  ときは、あたかもめらめらと揺れ  人間情熱が揺れ  音なくしかも深い深いおどろきとよろこびで揺れ  毬がまだ青く揺れ  糸に揺れ  灯がしきりに揺れ  袂の尖、揺れ  のでしょう、そうやって揺れ  間を絶えず揺れ  端がぶらぶら揺れ  秤が揺れ  船がひどく揺れ  不安定に揺れ  空間に揺れ  辺りに揺れ  非常にざわめき揺れ  荷綱によってくくられていて、かなりひどく揺れ  あいう揺れ  闇が揺れ  汽車になんぞ乗って揺れ  足もとで揺れ  ブラリブラリと揺れ  ガクンと揺れ  ように光り、揺れ  さらさらと揺れ  静かな暗にゆらりゆらりと揺れ  ″\と揺れ  ガチャンガチャンと揺れ  岩峭も揺れ  ピカリ、揺れ  舟は大きく揺れ  水から出して揺れ  にわかに揺れ  ようになり、揺れ  呼び声が揺れ  陽炎が揺れ  影がこまかく揺れ  無数に揺れ  不気味に揺れ  そこここに揺れ  人影が揺れ  乳が揺れ  迷魂らしいささやきが揺れ  いつまでもいつまでも笑いに揺れ  二つの身体を揺れ  陽炎に揺れ  水に白く揺れ  影を重ねて揺れ  動揺にしたがって、揺れ  潮に揺れ  風に吹かれて眩しく揺れ  うねりに揺れ  ピクピクと揺れ  正中に、颯と揺れ  横へ揺れ  ゆさゆさと揺れ  

名詞

揺れ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
揺れの如くとほき  揺れになって  揺れうごくものの影が多くなつてゐる  揺れに揺れて  揺れ細い羽が風の中に掠はれてゆく  揺れの済んだ  揺れ鳴る一車がきしみ通って行く  揺れを覚えました  揺れがありません  揺れかえしている  揺れに揺れたかと思うと  揺れですぐ自分の方が疲れてしまうと言ってくれたからです  揺れはぢきに  揺れ青い枝と共に撓んでいる  揺れと自然との交感が音波のように錯綜して  揺れがのこっていた  揺れを感じながら  揺れ悩んでいるかにみえる  揺れを抑えていたものの  揺れに似ていた  揺れの中で廉子がふと後醍醐へささやいていた  揺れを手のひらで庇いながら  揺れに揺れ返していた  揺れが再びどんと来て  揺れうごいていた  揺れが激しいのですっかり弱ったと見え  揺れでもするか  揺れと共に火を失した  揺れかえしがきた  揺れもしないのに  揺れはだんだんと大きくなる  揺れに揺れていたから  揺れの下甲板に粛々と担ぎ上げられると  揺れもしない  揺れ落された  揺れはしやうけれど  揺れはしようけれど  揺れ出て来た  揺れの拍子を捕えて  揺れが劇しいので  揺れの鎮るのを待っている  揺れ烈しくゆれて  揺れに揺れる  揺れの余りに烈しかりし  揺れもせず  揺れがやや鎮まってから  揺れに揺れました  揺れを見  揺れかへる  揺れうごくものがもう鎮まらなかつた  揺れうごくものがもう鎮まらなかった  揺れが激しくなる  揺れに揺られてゐた  

~ 揺れ[名詞]1
びの揺れの  纖く揺れ  籠が揺れ  珠簾の揺れ  心の揺れを  馬の揺れで  船の揺れは  葉と共に揺れ  車体の揺れと  心持の揺れが  船の揺れを  感情の揺れも  怏々と揺れ  人心の揺れを  獣林の揺れに  桟敷の揺れの  脂燭の揺れを  心の揺れ  たびに揺れでも  最初の揺れと共に  棟割が揺れをほどの  微かな揺れ  ボートの揺れは  乾き定まり月見草は揺れも  ばらばらと揺れ  胴を輝かせながら揺れ  方へ揺れ  一と揺れの  車の揺れの  二度目の揺れが  引幕の揺れを  荒海を食らって揺れが  風がふけば揺れ  動きもせねば揺れも  

~ 揺れ[名詞]2
激しい揺れ  少し揺れ  その揺れ  まだ揺れ  

複合名詞
一揺れ毎  一揺れ  揺れかた  揺れ返し  揺れ幹  揺れ具合  揺れ工合  揺れ扉  揺れ椅子  揺れ方  横揺れ  揺れたる  揺れくつ  揺れ揺れ  揺れぐあいから後棒  地揺れ  翌朝揺れドシャ降り  揺れ通し  揺れ小揺れ  揺れほうだい  つて揺れ  揺れごと  一揺れごと  揺れ揺れ帆綱  揺れ具合い  



前後の言葉をピックアップ
緩ん  ゆるん  ユル・ブリンナー  搖れ  ユレ  揺れ  揺れよ  ゆれ  ゆれうごい  揺れ動い


動詞をランダムでピックアップ
ねれる探り浸し踏みにじっくぐもっもみけしてむかい減り込ん交わりさそおおわさ抱取る過ごさいいだせ極まら選ん置忘れる切り落さ古ぼけ書分け
形容詞をランダムでピックアップ
煩わしいやむをえなけれ薄汚かっこころもとなきづかわし目覚しい荒荒しい香しいつたないかよわ狂わしゅう色っぽうとましかいくまわりどおくなまぬるくくす忌々しき気恥しくっ辛気臭