「掛から」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 掛から[動詞]
金が掛から  目に掛から  為事には掛から  腹を締めて掛から  六十貫にしか掛から  気にも掛から  気に掛から  一時間は掛から  詞からして考えて掛から  仕事に掛から  手数が掛から  為事に掛から  電話が掛から  信号に掛から  人眼に掛から  元が掛から  本式で掛から  眼に掛から  縄が掛かるか、掛から  人に飛び掛から  詞が掛から  松島は打ちも掛から  胸に寄せ掛から  一分間とは掛から  手が掛から  問題から研究して掛から  指が掛から  容易に掛から  疑いを掛から  もとの掛から  鈎に掛から  気が掛から  一尾も掛から  一冊一冊に取掛から  声が掛から  本町橋に掛から  平野橋へ掛から  



前後の言葉をピックアップ
賭け    掛け  架け    賭け  賭けん  賭けよ  カケアイ  掛合い


動詞をランダムでピックアップ
染っもり立てるたてこもり適し覚まし取り除けよおっぱらう突き戻ししのい辷り空うそぶい聞き捨てる看れ凌げる澄ませ究めさわごこらえたとえれたなびい
形容詞をランダムでピックアップ
愛しきおそかれ憎にくしかっ生ぬるい長から清々しかっ際どう見易う荒々しき薄気味悪く黄色く悔しきふる丸くっあやう気強いかまびすしいしらじらしくうすら寒心地よかっ