「抱い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 抱い[動詞]
中に抱い  心構へを抱い  胸を抱い  伸一郎を抱い  それを抱い  かわいい人形を抱い  人形を抱い  たいせつに、しっかりと抱い  小人玉を抱い  感情を抱い  念を抱い  志を抱い  女を抱い  仏を抱い  胸に抱い  花を抱い  手をひいて負うて抱い  自我を抱い  火鉢を抱い  膝を抱い  誰もが強く抱い  迷信を抱い  思想を抱い  頸を抱い  敵意でも抱い  狗を抱い  悪感情は抱い  乳児を抱い  婆アや抱い  列強資本主義が抱い  感じを抱い  子を抱い  キリストを抱い  壺を抱い  ドミチウスめを抱い  ネロを抱い  虫に対して抱い  意識を抱い  心を抱い  敵を抱い  ものか、相抱い  人々の抱い  希望を抱い  手紙を抱い  彼女の抱い  願望を抱い  死骸をしっかり抱い  子猫を抱い  娘を抱い  持腐れを抱い  さを抱い  僕が抱い  静かに抱い  なんの企みも抱い  中から宇宙を抱い  意図を抱い  意圖を抱い  自分が常に抱い  哲学を抱い  魂は、しっかと相抱い  友と相抱い  性欲を抱い  電信柱を抱い  事は、抱い  手で抱い  赤ン坊を抱い  私が行くと、抱い  祠を抱い  興味を抱い  疑いを抱い  いつまでも人形を抱い  望を抱い  ことかなんか考えていて、抱い  以来益々抱い  体を抱い  胸へ抱い  一人ずつ抱い  浪江を抱い  私に対して抱い  一人きり安火を抱い  絶望を抱い  理想を抱い  歓びを抱い  肩をやさしく抱い  乳飲み子を抱い  思いを抱い  二世を抱い  君逸品古色ありと抱い  母親がしっかり抱い  肩を抱い  背を抱い  風呂へ抱い  ふたりとも抱い  順番に抱い  考を抱い  自分が抱い  樹を抱い  和枝を抱い  情慾を抱い  土産物を抱い  男に抱い  望みを抱い  空想を抱い  心底危機感を抱い  イベントに抱い  ハッカーが抱い  危機感を抱い  オレが抱い  婆さんに抱い  金助の抱い  ひそかに抱い  考えを抱い  琵琶を抱い  批評を抱い  大望を抱い  量見を抱い  ひばりを強く強く抱い  しりと抱い  子供を抱い  嬰児を抱い  親密さを抱い  ソヴェトに対して抱い  謎として抱い  材能を抱い  兄さんを抱い  赤坊を抱い  爆弾を抱い  灸を抱い  電車を抱い  依子を抱い  幾代が抱い  膝に抱い  腕に抱い  真中へ抱い  上に抱い  正面からぼくを抱い  気持ちを抱い  ぼくを抱い  ぼくを優しく抱い  欲望を抱い  家へ抱い  赤ん坊を抱い  疑惑を抱い  瀬のない思ひを抱い  もっとしっかり、抱い  侮蔑感を抱い  温情を抱い  宏子を抱い  関心を抱い  志望を抱い  赤児を抱い  猫を抱い  信仰とを抱い  堯を抱い  緊と抱い  乳を与えても、抱い  所へ抱い  今日鶏を抱い  風呂敷を抱い  愛情を抱い  插し込んで、抱い  赤ちやんを抱い  ねこを抱い  赤ちゃんを抱い  さっきの子ねこを抱い  誠さんはすぐ抱い  子ねこを抱い  片手に抱い  腕で抱い  山田を抱い  頬を伝って、抱い  急に抱い  晨を抱い  其夢の中でかうして抱い  榮子を抱い  云ふ疑ひを抱い  榮子をじつとじつと抱い  疑念を抱い  批判を抱い  恨みを抱い  猜疑を抱い  理想への憧れを抱い  孫を抱い  秀頼と相抱い  彼の抱い  夢を抱い  籠を抱い  作者荷風の抱い  評価を抱い  感を抱い  胸に取って抱い  安らかに抱い  疑心を抱い  悲哀を抱い  横に抱い  別嬪を抱い  児を抱い  お前、抱い  滑稽感を抱い  剣幕に怖れを抱い  私を抱い  葉を抱い  傍を抱い  白骨を抱い  不幸を抱い  反感を抱い  恐怖を抱い  情を抱い  少年を抱い  袖で抱い  頭を抱い  ワーリャを抱い  鉄の抱い  自信を抱い  玉を抱い  肩をぶるぶると震わしてしっかりと抱い  それが、抱い  時は、ああして抱い  杖を抱い  一人を抱い  幻滅を抱い  娘をかき抱い  二心を抱い  好奇心を抱い  のかと抱い  情熱を抱い  首を抱い  京子に対して抱い  辛労を抱い  刀を抱い  刃を抱い  あれを抱い  綱を抱い  兒を抱い  私の子を抱い  京子ちやんを抱い  小脇に抱い  僕に対して抱い  膝へ抱い  淺見君に抱い  疑問を、いっぱいに抱い  ソッと抱い  肋骨に、抱い  死体を抱い  由松を抱い  母に対して抱い  母に抱い  不快を抱い  共に抱い  期待を抱い  棺に入れ、抱い  石地蔵を抱い  矛盾を抱い  金花を抱い  短篇を抱い  創作を抱い  ものを抱い  僕らが抱い  紅玉を抱い  一を抱い  理想とを抱い  屍を抱い  問いを抱い  妄想を抱い  不信を抱い  教育について抱い  膝坊主を抱い  特に敵意を抱い  優越感を抱い  寶兒を抱い  乳兒を抱い  トンコを抱い  久子の抱い  ネープを抱い  ローラを抱い  海老原の抱い  しまいと、抱い  金をしっかと抱い  心に抱い  ゆらゆらと寄って来て、抱い  ひょうしに抱い  のを、抱い  ように掻い抱い  夙くから抱い  背に廻して抱い  計画を抱い  秘密を抱い  あやしい感情を抱い  雪子を抱い  プタ神を抱い  両手で抱い  探偵を押え付けて、相抱い  ひとつに抱い  身体を抱い  惧れを抱い  言つたけれど抱い  一抱きに抱い  懐中に抱い  堀君の抱い  前に、何やら掻き抱い  義憤を抱い  考へを抱い  疑問を抱い  社会人として当然に抱い  肩をしっかり抱い  貴女と思って抱い  まま人形を抱い  人形をしっかり抱い  胸にしっかり抱い  女囚が抱い  妄想感を抱い  不平を抱い  内心十分の疑いを抱い  偏見を抱い  枕を抱い  籠釣瓶を抱い  感想を抱い  袂を抱い  身を抱い  胸さわぎを抱い  願望に抱い  気持を抱い  嘗つて畏敬の念を抱い  人数を抱い  近所の子を抱い  下り、抱い  ふところに抱い  不安を抱い  胴を抱い  一匹ずつ抱い  女でも抱い  美人を抱い  監督の抱い  気持ちさえ抱い  私が抱い  男が抱い  大志を抱い  不審を抱い  兄を抱い  馬から降りたが、決して抱い  襟頸にかけて抱い  心とを抱い  尊敬を抱い  意見を抱い  花環を抱い  びんを抱い  ように抱い  手を回して抱い  手をまわして抱い  瓶を抱い  感覚を抱い  不安とを抱い  愛子をあやしたり、抱い  愛子を抱い  あなたは何故抱い  歎を抱い  シュエスターが抱い  大兄を抱い  卑弥呼を抱い  本を抱い  一身に抱い  誤解を抱い  野望を抱い  君に抱い  母を抱い  はりと抱い  低能児を抱い  命をかけて抱い  ものだとあきらめて抱い  子供に対して抱い  女の子を抱い  自分の抱い  かばんを抱い  ッそ子供を抱い  苦しみを抱い  アダを抱い  ことは抱い  侵略的野心を抱い  息子を抱い  本気になり、抱い  中でいふとすぐ抱い  下に抱い  事を抱い  怒りを抱い  意を抱い  方針を抱い  先見を抱い  たまを抱い  妖怪に怖れを抱い  ものに対して抱い  恨を抱い  幻想を抱い  親友に抱い  人を呼びかけて、抱い  概念を抱い  仔犬を抱い  騒ぎを抱い  面桶を抱い  猜みを抱い  関係に対して抱い  農民の抱い  辛辣さを抱い  インテリゲンツィアに対して抱い  うろつき歩き、ついには相抱い  ひとりをひん抱い  んが抱い  末起を抱い  赤んぼを抱い  荒淫幾日、遂に相抱い  悪意を抱い  悲歎を抱い  熱情を抱い  悲願を抱い  野心を抱い  内心不安を抱い  者を抱い  嘆息を抱い  おりなどは、遠くまで捜しにいったりして、負ったり抱い  歯を抱い  遺骨を抱い  虎の子を抱い  好意を抱い  今ふみ江の抱い  ころ誰しも抱い  感念を抱い  星を抱い  大事そうに抱い  ためらいを抱い  呉に対して抱い  怨みを抱い  幼児を抱い  和子を抱い  大野心を抱い  孔明に抱い  決心を抱い  痴夢を抱い  確信を抱い  あなたをしっかり抱い  目的を抱い  古川の抱い  對して抱い  さにおそれを抱い  憂慮を抱い  不満を抱い  堀田ラフトを掻き抱い  願望をちらと抱い  骨壺を抱い  憧憬を抱い  隻手に軽々と抱い  宮廷が抱い  海をかき抱い  反感をさえ抱い  同情を抱い  懼れすら抱い  妥協的見解を抱い  残骸を抱い  らひそかに抱い  反感とを抱い  彼等が抱い  斗を抱い  戦意を抱い  万感を抱い  歴史的興味を抱い  一疑を抱い  ことに疑を抱い  貞世を抱い  両手でひしと抱い  かたみがわりに抱い  思いが潜んでいたかと思うと、抱い  信念を抱い  内心それを恨みに抱い  それにも抱い  気持をふかく抱い  盆地を抱い  半信半疑を抱い  害意を抱い  青春から壮年期にわたって抱い  気持は、常に抱い  足を抱い  畏怖を抱い  恐れを抱い  主人の子を抱い  人に向って抱いてくれ抱い  母親がいうので、暫く抱い  僧が通りかかって抱い  石を抱い  空腹さを抱い  やうに、抱い  あこがれを抱い  殆んどが抱い  死骸を抱い  十分に抱い  供を抱い  一角を抱い  海に抱い  灯火に対して抱い  夜、抱い  縁側にしっかり抱い  花簪を買って下されたり、抱い  後図を抱い  から己が抱い  暖く抱い  草廬に抱い  正直に抱い  蜀人も抱い  心持を抱い  背中を抱い  期待をふと抱い  鶴雄は、あえかに抱い  桶を抱い  人が抱い  棺に抱い  特に興味を抱い  沼南に対して抱い  卵を抱い  牝鶏の抱い  半島を抱い  私は抱い  憂えばかりを抱い  己が抱い  面白くって抱い  気では有りませんが、嚇して抱い  今私が抱い  婦人が抱い  二の腕を撓やかに抱い  兩手で抱い  感謝を抱い  人々を抱い  男女が相抱い  反抗心を抱い  公憤を抱い  心から憎悪を抱い  葉子を抱い  胸にかき抱い  手でそっと抱い  懐疑を抱い  子供をしつかり抱い  弁論に対して抱い  小さな胸に抱い  河童を抱い  チイ嬢を抱い  ような、飛びついて抱い  人間に対して抱い  プラグマティズム的見解を抱い  誇りを抱い  敵意を抱い  の子を抱い  張を抱い  もう少しながく抱い  風流心を抱い  海を抱い  中で抱い  此那大きな人形を抱い  子供たちを抱い  目隠しもせず、ただ抱い  仔猫を抱い  虞れを抱い  怨を抱い  旋条銃を抱い  鯉を抱い  うちに抱い  得意さを抱い  疑義を抱い  新吉を抱い  却つて猫又先生に抱い  要求を抱い  和尚さんが抱い  貞雄が抱い  英才を抱い  膝小僧を抱い  越中守を抱い  いつの日か濡れにくるかや、しっぽりと抱い  替り番子に抱い  雪を抱い  カルルを抱い  感情も抱い  長女千恵子を抱い  それまで抱い  先生に対して抱い  手をかけ抱い  考え方はもう抱い  利他心を抱い  今我々の抱い  患者が抱い  髪の毛を抱い  ダフウトを抱い  少年時代に抱い  花束を抱い  一杯薯を抱い  危惧を抱い  女をかき抱い  予感を抱い  ハイド氏に抱い  肩をそっと抱い  喜びとを抱い  伯父を抱い  加志を抱い  倉皇比呂志を抱い  暗然影を抱い  わしを抱い  こっちへ抱い  彼女を抱い  あなたが抱い  肌で抱い  おらが抱い  金之助さんを抱い  家へ、初めて抱い  家から金之助さんを抱い  手から子供を借りて抱い  菊ちゃんを抱い  房を抱い  菊を抱い  豊世を抱い  乳呑児を抱い  房ちゃんを抱い  繁を抱い  畏敬の念を抱い  かみさんが抱い  さい時分懐に抱い  助手前を抱い  何処へ抱い  のを抱い  多助を抱い  種夫を抱い  張物板を抱い  雪は抱い  犬を抱い  銀ちゃんを抱い  銀造を抱い  覚悟を抱い  豕を抱い  行李を抱い  不名誉を抱い  亡骸をかき抱い  肩をぎゅっと抱い  乳房と、ちょうど抱い  浜の抱い  ト琴を抱い  右手をひしと抱い  密と抱い  梅を抱い  姉をかき抱い  与平に見せて抱い  侮蔑を抱い  裡に抱い  誇りさえ抱い  伸子を抱い  不愉快を抱い  生活に対して抱い  彼に対して抱い  里まで抱い  懐炉を抱い  殿上人の抱い  親みを抱い  女でも引張りあげて、抱い  コリン液を抱い  湾を抱い  間胸に抱い  主従は、相抱い  これでも抱い  作物を抱い  板切れを抱い  うして抱い  猿を抱い  愛着を抱い  好感さえも抱い  嫌悪を抱い  助を抱い  赤ん坊は抱い  泥鼈を抱い  五日も抱い  胸中に抱い  膝頭を抱い  男の子を抱い  一万九千円を抱い  問題にせず、相抱い  プランを抱い  月照を抱い  殿御を抱い  文才を抱い  しみを抱い  マネキンを抱い  恋愛感情を抱い  彼等の抱い  焦燥を抱い  もの喜びを抱い  悪感を抱い  切抜帳を抱い  智慧を抱い  嘉吉は抱い  密かに抱い  私も抱い  子犬を抱い  珠を抱い  のは、抱い  釣瓶を抱い  作家に対して抱い  空腹を抱い  貴方を抱い  シッカと抱い  異見を抱い  いくらかずつ抱い  子を固く抱い  子は、いよいよ固く抱い  奇才を抱い  念とを抱い  ここに抱い  怨恨を抱い  兵馬の抱い  町を抱い  大松蕈を抱い  鳥を抱い  今日は抱い  彼を抱い  ろを抱い  背戸なら格別、さあ、手折っても抱い  後ろから抱い  お雪さんが、抱い  自転車を抱い  両手に抱い  失望を抱い  所でもないので暫くすると抱い  光太郎を抱い  材を抱い  わが子を抱い  ようにかき抱い  お前達を抱い  金を抱い  君を抱い  恋情などを抱い  先程私の抱い  剣を抱い  んをかたく抱い  方を抱い  房枝をかるがると抱い  花籠を抱い  あたしを抱い  芳さんを抱い  陰が抱い  狆を抱い  からだを、しっかり抱い  妹を抱い  代りに抱い  シイカを抱い  包みを抱い  人生観を抱い  詩論に対して抱い  父を抱い  祖母に抱い  長吉人形を抱い  京人形長吉を抱い  やうに抱い  悪心を抱い  演劇に対して抱い  国広を抱い  金包を抱い  上に相抱い  赤子を抱い  殺意を抱い  人には抱い  食つて、そして抱い  夜は抱い  草花を抱い  悩みを抱い  恃みを抱い  乳呑みを抱い  恐怖も抱い  怺えを抱い  錯覚もつい抱い  黒髪を掻い抱い  無理にでも抱い  小児を抱い  部屋着を抱い  敏子も抱い  頭をかき抱い  後生大事に抱い  物を抱い  気配にいぶかりを抱い  臭気を抱い  気を抱い  登子かと思えば、抱い  小心が抱い  血音を抱い  察しも抱い  自嘲を抱い  親近感を抱い  戦後派作家たちについて抱い  から、抱い  私の抱い  身に引き締めて抱い  希望は抱い  歴史に対して抱い  子供等を抱い  旅のつかれを抱い  内に抱い  琵琶なと抱い  袂別感をはっきり抱い  それまでは、多少抱い  今もなお抱い  ふろしき包みを抱い  絵描きを引張り込んで、抱い  熱心を抱い  昂奮を抱い  心一つを抱い  弁信を抱い  竪琴を抱い  スワを抱い  上下を、あわてて抱い  祈りを抱い  後醍醐もひしと抱い  花園を抱い  お前を抱い  あなたに、抱い  位牌まで抱い  二人を抱い  二人の子を抱い  あれの抱い  南原杉子は軽く抱い  今迄抱い  独り膝を抱い  彼は呟きを抱い  三郎丸を抱い  心あてに抱い  傘を抱い  力一ぱい貴方を抱い  細君をやさしく抱い  友情を抱い  憤懣を抱い  ア己が抱い  定を抱い  ように、抱い  人たち二人を抱い  柳を抱い  時代不安を抱い  清高の抱い  身ぶるいを抱い  夕風を抱い  瓊子を抱い  般若の面を、しっかりと抱い  銀様を抱い  そこにとどまって、相抱い  二児を抱い  苦痛を抱い  火炎を抱い  藤さんを抱い  お嬢さんをしつかり抱い  しかと胸に抱い  鯨を抱い  胸底に抱い  京子を抱い  着のみ着のまま子を抱い  信仰で抱い  幼子を抱い  遊女を抱い  料簡を抱い  地を抱い  パリ人の抱い  ヒンズー女を抱い  女王を抱い  考えをさえ抱い  壮志を抱い  若い女子は抱くだけ抱い  わたしを抱い  はまを抱い  胸にやさしく抱い  懼れを抱い  片手で抱い  検事からあずかって、こわきに抱い  チロを抱い  中にかくして抱い  隆吉を抱い  何を抱い  むらと抱い  たくみを抱い  彼が抱い  ひとを抱い  愛を抱い  むく犬を抱い  不敵を抱い  鞍ツボに抱い  自信がなく、ふとためらいを抱い  正成が抱い  正彦坊やを抱い  坊を抱い  露子の抱い  蔦王、拾って抱い  子は抱い  蝋燭を抱い  郁太郎を抱い  登を抱い  絵馬を抱い  革命思想を抱い  目を見はって相抱い  焦慮を抱い  首包みを抱い  さでも抱い  慚愧を抱い  懷に抱い  甚右衛門を抱い  後頭部を抱い  お前も抱い  死守して、相抱い  御剣を抱い  無精卵を抱い  正成へ抱い  電柱を抱い  あなたの抱い  健吉を抱い  坊主を立って抱い  面白い赤坊で、ちょこなんと抱い  治郎を抱い  前へ抱い  三法師を抱い  袖に抱い  誰もが抱い  椿が抱い  胸ふかく抱い  茂太郎と相抱い  愛と、抱い  私たちは、一方においては、また、黙って抱い  懐に抱い  サヨは抱い  オレを抱い  そのまま緊乎と抱い  ゃい、また抱い  林に対して抱い  次男を抱い  ひとに対しても抱い  猛禽の子を抱い  手でぎゅっと抱い  羽交いじめに抱い  露はに、抱い  不平は抱い  白猫を抱い  それをそっと抱い  白娘子に対して抱い  ジッと抱い  懸念を抱い  からだを軽く抱い  肩を軽く抱い  お嬢さんを抱い  菫を抱い  方へやって来て抱い  のに気がついて、抱い  敬意を抱い  州を抱い  黒猫を抱い  探究心を抱い  アムビションを抱い  乳を飲ましてくれたり、抱い  羽子板をしっかりと抱い  法律に対して抱い  横から抱い  楢夫を抱い  楢夫を堅く抱い  胸深く抱い  エルンストを抱い  後からそっと抱い  体をしっかりと抱い  火焔を抱い  一ぺん君公を抱い  感傷を抱い  姫さまを抱い  湖を抱い  彼が夙に抱い  反省を抱い  深謀を抱い  クリストフを抱い  自分を抱い  胴中を抱い  深淵を抱い  慰安とを抱い  東に抱い  深谷を抱い  途中をとらえて、抱い  まま相抱い  病気を抱い  謬見を抱い  病氣を抱い  謀反心を抱い  信仰を抱い  人間の抱い  腰を物狂おしく抱い  民衆生活に対して抱い  私かに抱い  適材を抱い  達也様を抱い  花は抱い  此時背後から母様がしつかり抱い  乳房を抱い  背後から母様がしっかり抱い  篇中人物の抱い  湯槽から郁太郎を抱い  赤心を抱い  鬼胎を抱い  らを抱い  才を抱い  彼奴を抱い  思い出を抱い  好感を抱い  腰を抱い  フォン・コーレンを抱い  ふくさを抱い  せこを抱い  湿地を抱い  そつと抱い  さちよを、ひしと抱い  空を抱い  屍骸を仰けに抱い  老女さんに抱い  ことなしに抱い  乳飲児を抱い  皇室感を抱い  こころを抱い  こころもちを抱い  座敷へ抱い  源氏が軽々と抱い  何もなくなって、じっと抱い  裸身で抱い  肉体とを抱い  思を抱い  中へ抱い  そうに抱い  帝は抱い  客に対して抱い  物思いを抱い  中へ入れて抱い  姫君を抱い  世話をして、抱い  ことに戦いて、とうとう、そこで、相抱い  氣持を抱い  手に抱い  反抗を抱い  私達とを抱い  奇抜さを抱い  宮は抱い  しんからいとしくて、いつも抱い  宮を抱い  大将に抱い  部屋へ抱い  長崎迄抱い  骨箱を抱い  反感不平を抱い  ヒルミ夫人に対して抱い  犇と抱い  それをかき抱い  若君を抱い  上着は抱い  背後から両足で抱い  芸術に抱い  雨が抱い  片鱗さへ抱い  海水帽を抱い  風呂敷包みを抱い  西洋人に対して抱い  忘れがたみを抱い  好奇心的野心を抱い  革新を抱い  裸体を抱い  病弟をしっかり抱い  やうな思ひを抱い  大きな人形を抱い  君子が抱い  双生児を抱い  抗議を抱い  トルストイの抱い  のを見ると掻き抱い  恵比寿様が抱い  えびす様の抱い  此志を抱い  其志を抱い  肩をしっかりとかき抱い  脊中を、抱い  んを抱い  不治の病気を抱い  急進的思想を抱い  ままミツ子を抱い  人生に抱い  大根をしっかりと抱い  傴僂を抱い  身体をしっかり抱い  大丈夫よ、しっかりさえ抱い  だんだん強く抱い  中で、抱い  時お前を抱い  さうした憂ひを抱い  末世親を抱い  生涯、おぶったり抱い  外に抱い  其翌日万感を抱い  云ふくらゐに抱い  ギッと云うくらいに抱い  人の抱い  ヰオリンを抱い  喬を抱い  婦人の抱い  慎しみを抱い  交る抱い  良人をかき抱い  腹案を抱い  あやに対して抱い  女性に対して抱い  自身の抱い  有島武郎が抱い  プロレタリア文芸理論家たちが抱い  枝の抱い  ことも、そして抱い  幸子を抱い  父さんが抱い  夕方幸子を抱い  心に常に抱い  慷慨を抱い  ぐつたりしてゐるツヤを抱い  躯を抱い  我慢しいしい抱い  公高を抱い  園子を抱い  ぢこめ、抱い  もっと裸身を抱い  ところを受け抱い  王女自ら迎え抱い  これを抱い  城主の子を抱い  一時殺意を抱い  以前から殺意を抱い  楽しい期待を抱い  行つたものであらうか、といふ悶えを、常に抱い  みちを抱い  そちの抱い  不治の病を抱い  心情を抱い  真実を抱い  炬燵を抱い  人が、嘗て抱い  春芳さんを抱い  迷信的な怖れを抱い  人間を抱い  高を抱い  まぼろしを抱い  ようにいって、そして、抱い  箏を抱い  悲しみを抱い  恋愛もなしに相抱い  恋人同志の相抱い  露を可愛がって抱い  妻は抱い  見解ばかりを抱い  妹をも抱い  想ひを抱い  鼓動がしつかりと抱い  笑つて、抱い  文ちやんを抱い  方も抱い  親しみを抱い  モミつぶなんぞ抱い  からヱハガキなんぞ抱い  二人も抱い  父親から抱い  迷信見たいな怖れなどを抱い  自分の子を抱い  量ばった物を抱い  箕を抱い  始めは頻りに可愛がって抱い  洋傘を抱い  皆嬰児を抱い  上へ抱い  首をひしと抱い  体を掻い抱い  俗念を抱い  露ほどの疑も抱い  まり不便さに抱い  背後から抱い  私ゃソッと抱い  筆者の抱い  万葉学者として抱い  確と抱い  不便さに抱い  窓ぎはから子供を抱い  それぞれ不幸を抱い  人なのだという、軽い侮さえ抱い  美代の抱い  警戒心も抱い  エミリイを抱い  エミリイをひしと抱い  水戸を抱い  心配を抱い  日を相抱い  肩を掻き抱い  幻想は抱い  小児が掻き抱い  本能万能説を抱い  背後から友達を抱い  薙刀を抱い  われわれが抱い  由子を抱い  ものについて抱い  直感的に抱い  おめでたい考えを漠然と抱い  睦子を抱い  赤さんを抱い  様に、抱い  満足とを抱い  冬子を抱い  お里が抱い  意思を抱い  二つの孤児を抱い  夜は深々と抱い  恋人を抱い  亡弟峻を抱い  ところに向って憤りを抱い  エリザベートを抱い  精神を抱い  先ほど抱い  いま腕に抱い  雪おんなの子を抱い  骸を抱い  自分にも抱い  パトラッシュを抱い  眠つた子供を抱い  議論に接して怖れを抱い  あたし、抱い  記憶を抱い  足を、しっかりと抱い  辺りに抱い  腋を抱い  小岩を抱い  一緒に抱い  僕を抱い  同一信条を抱い  胸底深く抱い  カイロを抱い  文學的野心は抱い  文学的野心は抱い  習慣に抱い  念願を抱い  願いとを抱い  中核に抱い  必要以上に強く抱い  黄は抱い  バツトを抱い  音がして来る、相抱い  稈を抱い  気休めを抱い  筆を抱い  王様に抱い  瓶子を抱い  思つて胸を抱い  新生活に対して抱い  体を、ゆるく抱い  限り子供を抱い  茎を抱い  左右を見まわしながら、抱い  のは、全く抱い  偶像を抱い  順一を抱い  何かを抱い  むりに寝かしつけようとばかりしないで、少し抱い  まま盾を抱い  子どもを抱い  しなやかであるが、抱い  彼女を深く抱い  質問を抱い  燃える希望を抱い  情とを抱い  危険思想を抱い  これまで抱い  時に抱い  遊山的気分を抱い  想ひは抱い  雄太郎君の抱い  魂を抱い  憤怒を抱い  鞄を抱い  櫓を抱い  赤さんは抱い  草稿を抱い  自覚を抱い  胡弓を抱い  升を抱い  妾を抱い  體を抱い  モルモットを抱い  ゴム毬を抱い  死ぬまでこうやって抱い  半ば恐怖を抱い  番附を抱い  観を抱い  惑を抱い  亡骸を抱い  若い血を抱い  予期を抱い  訴を抱い  黄金塊を抱い  尊敬心を抱い  原始人が抱い  一晩、抱い  屈辱感を抱い  頃に抱い  幕府自体が抱い  書類を抱い  松子さんを抱い  三毛を抱い  正義感を抱い  からだを抱い  来宮様を抱い  身体をしっかと抱い  行火を抱い  あんたを抱い  おしげを抱い  加代は抱い  面影を抱い  手に、高々と抱い  膝にぞ抱い  一人で抱い  蔦を抱い  包を抱い  悪感も抱い  心配も抱い  のを待つて、抱い  童児基督を抱い  女房どもは抱い  感激を抱い  銃を抱い  人生に対して抱い  愁いを抱い  三分の恐れを抱い  老婆も驚いたが、抱い  無慈悲に抱い  帰依者を抱い  祝福を抱い  彼をかき抱い  羞恥感を抱い  村長について抱い  意味について抱い  不信なんか抱い  クラムについて抱い  いくら敬意を抱い  職務に対して抱い  嫌悪感を抱い  感とを抱い  心持ちを抱い  背後から袖で抱い  扇を抱い  麗らかな憧れを抱い  若い父親が抱い  新造衆が抱い  真実に疑を抱い  三毛猫を抱い  小犬を抱い  死人を抱い  妹の子を抱い  うらみも抱い  ひざを抱い  青年に対して抱い  禅宗的見解を抱い  胸にしつかと抱い  木剣を抱い  木剣を、抱い  者の抱い  万象を抱い  光明を抱い  欄干を抱い  畑へ抱い  誇りをこそ抱い  本は抱い  希望とを抱い  謎を抱い  大輪に抱い  とき問題を抱い  厭世思想を抱い  京子を固く抱い  次郎を抱い  二人に対して抱い  気もちを抱い  孫でも抱い  実力には、大いに怖れを抱い  凡太郎を抱い  企でも抱い  男を抱い  坊やを抱い  たいような、抱い  仏像を堅くしっかりと抱い  疑いさえ抱い  のぞみを抱い  興奮を抱い  注意を抱い  底に抱い  頃恭一に対して抱い  見解を抱い  そこに抱い  尊敬さえ抱い  鳥と抱い  胴巻へしっかり抱い  戛然と、抱い  裏山を抱い  卑下は抱い  子供ながら抱い  野心をさえ、人知れず抱い  近藤さんが抱い  芸者を抱い  飼犬を抱い  一人娘を抱い  浦を抱い  狐猿を抱い  誰が抱い  間角瓶を抱い  恋を抱い  意欲をも抱い  私はきっしりと抱い  はじめて女を抱い  青春を抱い  富津岬とが相抱い  宝を抱い  算盤を抱い  形骸を抱い  下に相抱い  大分反感を抱い  児をひしと抱い  南は抱い  引包んで、抱い  得意そうに抱い  あいつを抱い  おれに抱い  ことも、抱い  それは抱い  手足がよく冷え、すこしでも抱い  事情を抱い  ところに抱い  由公でも抱い  生徒の抱い  金塊を抱い  朝倉先生の抱い  ころ俊三に対して抱い  肌に抱い  死兒を抱い  背後から背中を抱い  胸へしっかと抱い  あたりを抱い  女工が知らずに抱い  ひと夜二人の恋人は相抱い  憎しみを抱い  メイ子を抱い  剣闘振りに怖れを抱い  肌に、抱い  室へ抱い  あなたを抱い  御所存ではなかつたらうかといふつまらぬ疑ひを抱い  気持さへ抱い  項を抱い  小宮山はしっかと抱い  現在私が抱い  恐怖とを抱い  皇子を抱い  闘志を抱い  位牌を抱い  先生が抱い  呼吸を鎮めて、抱い  めえを抱い  お前さん、抱い  それをしっかりと抱い  動物を抱い  自分で抱い  女とが、相抱い  道江のかれに対して抱い  道江に対して抱い  君に対して抱い  幹を抱い  信頼感を抱い  夢だけを抱い  心をも抱い  先刻彼がかき抱い  嬰坊を抱い  後室が抱い  衝と抱い  心持を忘れずに抱い  勝子を抱い  歌によって抱い  段で、抱い  青山を抱い  楽しみを抱い  しまひさうな怖ればかりを抱い  恋情を抱い  軽蔑を抱い  二日間それを抱い  星雲に対して抱い  デカルトの抱い  菰を抱い  身分においても、また抱い  恐怖心を抱い  ほんとうに僕の抱い  ゴリラを抱い  心地を抱い  力を抱い  何事かをさとり、抱い  国産品であらうかといふ疑ひを抱い  とき留置場から自動車まで抱い  立派に抱い  奸計を抱い  おじいさんを抱い  シッカリと抱い  横ッとびに飛んで抱い  両手にしっかりと抱い  槙を抱い  鉛を抱い  お前さまを抱い  手習い草紙を抱い  恐懼を抱い  夢想を抱い  宗太を抱い  説を抱い  彼女が抱い  土地のものが抱い  屋外から子供を抱い  人たちが抱い  冒険心を抱い  感じを、抱い  コック場から抱い  虎の子みたいに抱い  一様に抱い  バイオリンを抱い  炎を抱い  生首を抱い  新しい時代に対して抱い  両手でしっかり抱い  ノスタルジアを抱い  木崎の抱い  振袖で抱い  観想を抱い  密接に抱い  幼女を抱い  兒をピッタリと抱い  畫を抱い  二人は相抱い  毎晩てまえがしっかり抱い  夜中にその抱い  もの、抱い  惻心とを抱い  蟇を抱い  ピツタリと抱い  ヒメを抱い  赤ん坊をひとり抱い  まごまごして抱い  おまえの抱い  はずだから、とっとと抱い  赤子を代わって抱い  姿を抱い  灯影を抱い  意氣感情を抱い  資質を抱い  霊魂不滅観を抱い  三男を抱い  ロマンが抱い  ぢや、もつと力一杯抱い  ずりを抱い  真中に相抱い  んへ抱い  疑問も抱い  望みも抱い  人々をかき抱い  上で抱い  妻など抱い  敵愾心を抱い  喜びを抱い  満足感を抱い  有頂天の快を抱い  大物を抱い  いつまでも胸に抱い  顔を覗きこんで、優しく抱い  負傷者を抱い  山田君とが抱い  から子供を抱い  過去に抱い  清治を抱い  時に見て、不訝を抱い  鼓を抱い  画像を抱い  芸術的モーションを抱い  外国人の抱い  空気銃を抱い  作者が抱い  若い婦人に対して抱い  毛唐が抱い  真実とについて抱い  夜から懐剣を固く抱い  兼て抱い  行為に対して抱い  つて幼児を抱い  あかちゃんを抱い  なかで、抱い  ゼスス様を抱い  里人を抱い  ものだとあきらめていて抱い  大切に抱い  ここまで抱い  熱意を抱い  わきに抱い  虚無を抱い  今まで抱い  遺書を抱い  首ったまを抱い  社会に対して抱い  三味を抱い  新を抱い  内心奥深く抱い  雪子とが相抱い  泰子を抱い  憂悶を抱い  死児を抱い  小わきに抱い  影を抱い  うらみを抱い  二つの念願を抱い  兩膝を抱い  性情を抱い  心境を察し、抱い  夜も抱い  私がよく抱い  女をささえようとして抱い  感情をさえ抱い  事実を抱い  俗衆の抱い  上安否について抱い  ひざに抱い  むねを抱い  私はそっと抱い  かいろを抱い  まだ子を抱い  燕を抱い  そちを抱い  市十郎は、抱い  庄七を抱い  中庭を抱い  おしを抱い  獄門へ抱い  上までも、抱い  畏敬の念すら抱い  一つ胸に抱い  人を抱い  警戒心を抱い  ものに対し、抱い  桃子をしっかり抱い  腰をしっかりと抱い  わきへ進んで行き、いきなりしっかりと抱い  脇腹を抱い  古人の抱い  無頼漢に対して抱い  共感を抱い  かわいい子供を抱い  母かが抱い  国民の当然抱い  自己に対して抱い  気分を抱い  虔しい羨みを、常に抱い  牡丹を抱い  誓を抱い  さまに抱い  幽霊藻を抱い  文鳥を抱い  作者の抱い  想卵を抱い  批判をつねに抱い  雄図も抱い  幼帝安徳天皇を抱い  後、相抱い  日ごろに抱い  二十歳未満に抱い  一般人の抱い  愚痴を抱い  各自が抱い  ハルミが抱い  ポケットテリヤを抱い  ハルミは、まだ抱い  照子を抱い  半ば岩を抱い  こちらへ抱い  なに、抱い  マサ子を抱い  トシ子を抱い  筒を抱い  宝角を抱い  親しみだけは抱い  欲求を烈しく抱い  確かり抱い  食はず哲を抱い  ねんねを抱い  鶏を抱い  脚を抱い  金袋を抱い  さは抱い  エリザベス朝舞台には、強い憧れを抱い  平生文学上に抱い  ゆたかに抱い  楽しい記憶を抱い  余に対して抱い  それをきれに抱い  興味も抱い  いま痛切に抱い  誇りとを抱い  地元に抱い  文字を抱い  肅と抱い  觀たほどの脅えを抱い  滿に抱い  顏をかろく抱い  餘り抱い  儚い白晝夢を抱い  奥さんを抱い  夢として抱い  末の子を抱い  のと、抱い  つねさんへ抱い  つてS子を抱い  拳銃を抱い  押丁が抱い  ピストルを抱い  斜めに抱い  余り力強く抱い  復讐心を抱い  念仏として抱い  一巻を抱い  陳君を抱い  者、相抱い  關係に疑ひを抱い  



前後の言葉をピックアップ
タアン  大時代  大鍋    大伍  大市  大長谷  大行事  大横  大政所


動詞をランダムでピックアップ
そそぐこなそとりはからっ尊ぶ移り変ざわめく心得れ振り起し撮れ打殺そ差し上げさき尊ん知れ渡っ済さ停めしこっ仕出す煩う裏づける
形容詞をランダムでピックアップ
目新しくかぼそうかたはらいたし奥床しきだるくっ辛かっ青う薄寒く赤黒い好ましいままならないほほえましく聡きたまらなぶ厚い程遠い蒸暑い姦しき小気味よくあまし