「抜い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 抜い[動詞]
事だけは抜い  事実働き抜い  きりと抜い  腕から力を抜い  春から苦しみに苦しみ抜い  首を抜い  から、ほら抜い  苦労を仕抜い  懐剣を抜い  剣を抜い  岩山を抉り抜い  笛をひき抜い  いくらでも抜い  何本たりとも抜い  中から身体だけを引つこ抜い  五六冊書棚から抜い  簪を抜い  難渋し抜い  栓を抜い  度胆を抜い  連中をぐんぐん抜い  ことで、苦しめ抜い  小刀を抜い  自分ばかりが物々しく、抜い  刀を抜い  谷村さんは抜い  ひき出しから抜い  岩山へ掘り抜い  袋を抜い  ソッと抜い  警棒を抜い  力を抜い  髭を抜い  ものを抜い  大根を抜い  櫛も抜い  肌を抜い  色を抜い  開発要員として選び抜い  酒樽を抜い  群を抜い  ギラリと抜い  帯から抜い  スウッと抜い  大刀でも抜い  息を殺していたが、かくべつ、抜い  底を抜い  照りに弱り抜い  胴を揉み抜い  危いくらい弱り抜い  大小を抜い  丸太棒を抜い  水準を抜い  扇子を抜い  油を抜い  文字で抜い  二本とも抜い  儕輩を抜い  花を抜い  幕を閉じる迄踊り抜い  懐中物を抜い  匕首を抜い  とつ始めから度胆を抜い  片手に抜い  馬のしつぽを抜い  腰から抜い  てっぺんからぶち抜い  気にして写し抜い  もう少しどうかならないかと頼み抜い  鏡子のこがれ抜い  一頭地を抜い  内懐から抜い  気味わるくなって、抜い  板をえぐり抜い  綱がえぐり抜い  森を焼き抜い  小太刀を抜い  懐から抜い  手をやるが早いか、キラリと抜い  中身を抜い  紋所が抜い  俺が抜い  そぼろ助広を抜い  駕屋を抜い  袂から、抜い  本から抜い  目玉だけ抉り抜い  手を抜い  五時頃まで踊り抜い  煙草入を抜い  さるを抜い  矢を抜い  二尺八寸ソリャこそ抜い  兜を抜い  髯を抜い  工夫し抜い  気を抜い  三本も抜い  白で抜い  自己を忘れて戦ひ抜い  景気好く騒いで、騒ぎ抜い  無精髯を抜い  威厳を殺いで、抜い  腰を抜い  手に、抜い  かんざしを抜い  張子に抜い  毛が抜いても抜い  旗を抜い  から臓腑は抜い  一度ぐらい抜い  岡を引つこ抜い  藁を抜き、抜い  櫛を抜い  小柄を抜い  あざやかに拭き抜い  煙草入れを抜い  筒を抜い  鏡を抜い  息を抜い  煙管を抜い  一緒に抜い  道中差を抜い  十手を抜い  節を抜い  言葉を抜い  周馬の抜い  そぼろ助広、抜い  気もちをわざと焦らし抜い  ここに抜い  此処に抜い  一首を抜い  花簪を抜い  向直って、抜い  衝と抜い  吾輩群を抜い  御飯を抜い  筒から抜い  口を抜い  飲口を抜い  指輪を嵌めたり抜い  山刀を抜い  手を入れたが、キラリと抜い  帯へ差し入れたが、抜い  四人腰の物を抜い  度肝を抜い  剣をキラリと抜い  鼻毛を抜い  センを抜い  知と愛とを抜い  卒塔婆を抜い  刻り抜い  着流し、鍛え抜い  兼安を抜い  三国荒れに揉まれ抜い  鞘を払って、とうとう抜い  脇差しを抜い  愚弄し抜い  脇差を抜い  佐吉は、いきなり抜い  彼は抜い  かんぬきを抜い  目を抜い  矢庭に抜い  髪の毛を抜い  寝巻から抜い  僕を追ひ抜い  六間ちかくも抜い  屋根をぶち抜い  気合を、かけると同時に抜い  間に抜い  宇和島鉄之進が、抜い  腰から煙草入を抜い  女優群を断然抜い  キルクのくち抜い  筍など抜い  断然群を抜い  帯剣を抜い  剣をひき抜い  衣紋を抜い  大王も弱り抜い  可哀そうに、抜い  貫の木を抜い  たかにつき抜い  わらをつき抜い  組から抜い  大刀を抜い  ものばかり抜い  たしかに群を抜い  諸肌を抜い  抽き抜い  それを抜い  はらわたを抜い  首ごと背骨を抜い  仮名を抜い  物から抜い  一本一本に抜い  顋を撫で廻しながら抜い  のを抜い  壁板をぶち抜い  帯から莨入れを抜い  地から生え抜い  糸も抜い  糸を抜い  大剣を抜い  本拠を抜い  裾を捌き、磨き抜い  胸をもみ抜い  間に、すらり抜い  そこらで根から抜い  今一度、深く突き入れながら、さあっと抜い  切つてガーゼを押し込んだり抜い  遙かに抜い  バットを抜い  戦争を戦い抜い  長剣を抜い  島薗を常に抜い  気になって、暴れ抜い  前髪から抜い  わたしを疑い抜い  玉だけを抜い  眼を抜い  玉を抜い  其詞章は抜い  陳腐に慣れ抜い  腰の物を抜い  生活に慣れ抜い  急に吹き出したくなって弱り抜い  鉢から抜い  先刻栓を抜い  手違に慣れ抜い  蓋を抜い  兼元を取ってひらりと抜い  松を抜い  アクを抜い  眼だけを白く抜い  市一刀を抜い  柳田典藏が抜い  菜を抜い  一刀を抜い  踊りで仕込み抜い  木村を苦しめ抜い  籍を抜い  倉地をじらしてじらしてじらし抜い  貞世を愛し抜い  自分を信じきり愛し抜い  妄執に苦しみ抜い  群優を抜い  反りかえるようにして、笑って笑い抜い  水素瓦斯を抜い  馬車をグングン抜い  球を抜い  宿屋を抜い  貰ひに来たかを看抜い  短剣を抜い  なり手を抜い  根を抜い  感情を察し抜い  声を殺して笑い抜い  肩から力を抜い  四人をずんと抜い  名刺を抜い  大木を抜い  頤髭を抜い  鯉口を抜い  これを抜い  入れたり抜い  汗を絞り抜い  ちょっと簪を抜い  畠から抜い  腕を抜い  眉毛とを抜い  髪を抜い  眉毛を抜い  イヤ味を抜い  いくつか抜い  撰り抜い  人を抜い  星を抜い  如何にすべきかも考え得抜い  上坂西村を抜い  目下大統領を困らせ抜い  ズッと抜い  のを引こ抜い  数行を抜い  文句一つも抜い  短刀を抜い  岩壁を刳り抜い  頭に挿したり、抜い  太刀を抜い  声だけ抜い  名を書いて、惚れ抜い  平打を抜い  ッてくちを抜い  から刀を抜い  細君を憎み抜い  びっくりし抜い  水中で抜い  下帯から抜い  廊下を焼き抜い  山を焼き抜い  ところまで焼け抜い  嫌ひ抜い  白刃を抜い  下から手首を抜い  七兵衛を通り抜い  自分を抜い  俺を抜い  本街道を早くもかけ抜い  引ん抜い  隙もなく、抜い  わたしを抜い  鉄を鋳抜い  遠慮を抜い  色気を抜い  嫉くな妬むな、おや抜きゃがったな、抜い  力量一頭地を抜い  酒を飲んで飲んで飲み抜い  瓶を抜い  腸だけ抜い  素破抜い  抜きなすっちゃいけません、抜い  人を駈け抜い  花模様を白く抜い  ニューヨーク州を抜い  なかに白く抜い  兇器を抜い  手裏剣を抜い  鄭重に抜い  五本目に抜い  シャンペンを抜い  己れを苦しめて苦しめ抜い  指環を抜い  腰刀を抜い  笄を抜い  毒を抜い  兇器を、後で抜い  穴から抜い  木を刳り抜い  粋を抜い  犬鎌を抜い  胸から抜い  手錠を抜い  斜めに刳り抜い  時から親に可愛がられ抜い  スパセニアも、どんなに待って待って待ち抜い  絵葉書だけ抜い  空氣を抜い  空気を抜い  温和しく、いったん抜い  米友を通り抜い  みんな刀を抜い  釵を抜い  彼処で抜い  あすこで抜い  正確に読み抜い  腕木を刳り抜い  ここまで腐り抜い  定紋を抜い  わしを抜い  筒で抜い  もんだ、刳り抜い  赤地に白く抜い  大穴に抜い  ビールを抜い  空へ生え抜い  張り子に抜い  誰か抜い  針を抜い  シャンパンを抜い  散々に踊り抜い  昨夜一晩、踊って踊り抜い  町中を踊り抜い  小金ヶ原から踊り抜い  羽織を抜い  稲妻を白く抜い  養子に抜い  前にもかがみが抜い  何遍も抜い  上から下へ抜い  歯をいたくなく抜い  おじいさんが抜い  掛声してすぐに抜い  此処へ抜い  方を抜い  筋を抜い  居合を抜い  御大も実は苦しみ抜い  筍を抜い  名刀を抜い  から、そしたら漕ぎ抜い  法科を抜い  とおり剣を抜い  左に抜い  胸から短刀を抜い  お尋ねし抜い  ように、しげしげ眺め抜い  穴を掘って掘って掘り抜い  対象を見つめ抜い  苦労し抜い  笠井さんは、しょげ抜い  笛袋から抜い  真剣を抜い  半時も焦り抜い  頭を抜い  しつけ糸まで抜い  手紙を抜い  刀も抜い  スッと抜い  大刀を拾って抜い  束を抜い  道中差しを抜い  相手が抜い  刀あ抜い  乙は抜い  大刀を引つこ抜い  肩を抜い  ようにして抜い  それからポケットから手を抜い  合口を抜い  事も看抜い  鞭を抜い  一つを抜い  江戸の火事の焼け抜い  黒は抜い  壁をぶち抜い  魅力に対する憎みを語って語り抜い  腕から手を抜い  食料品店で働き抜い  さまざまに苦しみ抜い  絹針を抜い  生気を抜い  ナイフを抜い  つけ糸を抜い  一本煙草を抜い  ぢつと抜い  毛など抜い  毛抜きと共に抜い  それで抜い  家主はいかにも弱り抜い  篠塚流を抜い  自覚し抜い  わけにもなおさらゆかず、どうにもこうにも、抜い  立場は、どうにもこうにも、抜い  ことになって、しかも抜い  二人がさっと抜い  抜きは抜い  足を抜い  ほんとうに惚れ抜い  二人ともに弱り抜い  毛を抜い  筋が抜い  筋だけ抜い  ズブリと通して抜い  中を括り抜い  骨を抜い  棒を抜い  小骨を抜い  砂糖ばかりで長く煮抜い  二本ながら抜い  ペースを抜い  小刀をいきなり抜い  首をひき抜い  一石一石から抜い  城をも抜い  船底をぶち抜い  舌を抜い  からだを抜い  三石を抜い  翻弄し抜い  何かを抜い  一日一晩降り抜い  刃物を抜い  逆手に抜い  我物にしようと、長らく企み抜い  足すら抜い  藤吉、抜い  刀でも抜い  お前も抜い  一時に抜い  何しろ群を抜い  道誉をかばい抜い  さに掘り抜い  後ろへ抜い  毛をことごとく抜い  屋根を抜い  生前彼女を苦しめ抜い  指輪を抜い  大江門を抜い  如くに看抜い  仕事が抜い  脚を抜い  踵で、抜い  歯を抜い  畑から抜い  風呂敷を抜い  短刀を引き下して抜い  シヤンパンを抜い  軍刀をひき抜い  差添を抜い  闇から足を抜い  ピンを抜い  口車に乗せられ居って、抜い  海から秀を抜い  一本を抜い  大刀をキラリと抜い  加減疲れて、つかまつたら、焦れ抜い  蹈み抜い  南日君を駆抜い  頭角を抜い  苦労をし抜い  無名指からすっと抜い  テルミドールを抜い  鼻だけ抜い  タツプダンスを踊り抜い  客の抜い  管を抜い  相手を抜い  ひとつ、抜い  非でも抜い  流儀によって抜い  一度だけは抜い  気だな、ただ抜い  呼吸で抜い  一ぺん改めて抜い  自分で抜い  のだな、まだ抜い  裏紅絹を抜い  海山を越えて、嫌われ抜い  一念が、つい知らず、その抜い  塗壁に白く抜い  長柄を抜い  腸を抜い  腕から身を抜い  羽根を抜い  この間まで居抜い  襖一面にぶち抜い  岐路に迷い、迷い抜い  松の抜い  一斉に抜い  刃こぼれがある、抜い  二つも抜い  掛布団を抜い  刀を取って抜い  きれい好きだからわたを抜い  オーキッドと白く抜い  ことがわかるとおかしくなって、抜い  気をもみ抜い  朋輩を抜い  終日風の揉み抜い  小松を抜い  風が揉み抜い  釘を抜い  往つて釘を抜い  やうに抜い  二三枚を抜い  軍刀を抜い  錨を抜い  林から抜い  頃掘抜い  二百米突以上も抜い  口から抜い  浮れ抜い  酒を飲み抜い  これをうまく抜い  手を借して抜い  なんになる、あゝ苦しい、早く抜い  しかたがない、抜い  用心はいたしましたが、どうも抜い  剃刀を抜い  から、抜い  遥かに抜い  スラツと抜い  背中から鉛筆を抜い  歩きぶりから看抜い  全部刳抜い  草を抜い  カシを抜い  なにしろ、凝ってこって凝り抜い  脇指を抜い  中味を抜い  菊を抜い  臓腑を抜い  貧民窟から虫歯を抜い  馳け抜い  釘をぎゅうぎゅう抜い  宮子は立ち上るとひき抜い  のとがしきりに抜い  四角に抜い  時流を抜い  古書引用歌までも喜んで抜い  一条を抜い  地方より高く抜い  一つ肌を抜い  ことを聞かないといって、責めて責め抜い  社会面二段三段を抜い  レコードを抜い  一度に抜い  木の下闇を白く抜い  抵抗し抜い  虚空を抜い  ヤワさを鍛えに鍛え抜い  物を抜い  一塁を抜い  塁を抜い  ニコチンを抜い  部屋をぶち抜い  三鞭酒を抜い  赤葡萄酒を抜い  自己を生かし抜い  短針とを抜い  翼を抜い  利剣を抜い  どんどん彼女達を抜い  赤眼を抜い  精り抜い  曳船を抜い  はずはなく、さんざん探し抜い  のと抜い  バラリと抜い  横に流れたかとおもうと、抜い  顔を、みがき抜い  うちに、すうと抜い  矍鑠として、みがき抜い  柄を抜い  ぎもを抜い  山登りもふっつり止めるし、惚れ抜い  から一層抜い  歌ひ抜い  原文を抜い  文学を嫌い抜い  眼玉を抜い  沢山はないけれど、すこし抜い  内から少し抜い  真っ先に、抜い  スポンと抜い  因業さを怨み抜い  そこだけを掘り抜い  銅脈を見つけては掘り抜い  縦横に抜い  水を抜い  此ラムネを抜い  ラムネを抜い  空へ抜い  西巻を抜い  手拭を抜い  批評をつき抜い  鞘ながら抜い  紋所ばかり抜い  ところ/″\にを抜い  現実と闘い抜い  前座として働くだけ働き抜い  師匠おもって、おもい抜い  踊りを踊り抜い  生涯を闘い抜い  根菜を抜い  一生働き抜い  種子を抜い  穴を刳り抜い  奴が抜い  そこを抜い  加減気を抜い  太刀こそ抜い  雪輪を白く抜い  夢中で抜い  乾児たちの抜い  右手に、抜い  一刀をひらりと抜い  他を抜い  藁を抜い  祖父が抜い  一人ずつ抜い  源氏物語を抜い  秀歌を抜い  素ッ破抜い  表千家流に凝り抜い  肩から首をひき抜い  容易でなく、抜いても抜い  性を抜い  空閑を抜い  刺激を抜い  字を抜い  まりあつた中から抜い  ぼんやり力を抜い  刀をきらりと抜い  午飯を抜い  何か堪らなくあせり抜い  眼球を繰り抜い  桜を抜い  力で刳り抜い  シャフトを抜い  スパイクを抜い  群作を抜い  ものを取り抜い  一部分を取り抜い  雑草を抜い  二本ばかり抜い  一人宛撰り抜い  繊維を抜い  自分だけ高く抜い  つねは色々にかんがえ抜い  遠慮もなしに、抜い  準備さえ抜い  一つ奇麗にぶち抜い  小柄で抉り抜い  抽斗を抜い  心から棘を抜い  悩みに苦しみ抜い  脇差が抜い  掛けを抜い  二本ひき抜い  まわりを抜い  芝居気を抜い  印可は抜い  闇を抜い  のは抜い  意志を頑張り抜い  俵から米を抜い  字を白く抜い  滓までも絞り抜い  心臓を刳り抜い  方を射ち抜い  時より、抜い  骨だけ抜い  金銀を抜い  笛を抜い  牙の抜い  腸は抜い  長脇差を抜い  白字を抜い  樹木を抜い  力充分に抜い  厭はない、働き抜い  二三本ぶち抜い  自分たちの抜い  木剣を抜い  からくりで抜い  衆山を抜い  三四間も抜い  街道から足を抜い  口説いて困らせ抜い  所が抉抜い  おらが抜い  戒刀を抜い  左手で抜い  医師に頼んで抜い  灰汁を抜い  空を抜い  穴から足を抜い  姿を抜い  両刀を抜い  水呑百姓をして苦しみ抜い  枝から葉を抜い  ヒョイと抜い  千鳥を抜い  形を、抜い  壁を抜い  もんですから、あせりにあせり抜い  貞操を責め抜い  樹を抜い  簪をぐいと抜い  ポケットから夕刊を抜い  静かに抜い  時に、抜い  日本刀を抜い  辺をしきりに彫り抜い  横へ彫り抜い  ンと抜い  百姓は抜い  電極と共に抜い  ことかれを苦しめ抜い  裾をわずかに抜い  襟から抜い  武士は、いっせいに抜い  三寸あまりも抜い  男が、抜い  これも抜い  月光を黒く抜い  紋也も同時に抜い  鏡花、よくも化け抜い  妙を極めて居るから、少し抜い  なにしろ、さんざんふざけ抜き、いちゃつき抜い  毒素をすっかり抜い  棹を抜い  呼吸を抜い  小普請役から抜い  武士の抜い  胴の間を抜い  メスを抜い  掟米が納められずに、苦しみ抜い  はるかに、抜い  気合いを抜い  葦を抜い  げを抜いては探り、探ってはまた抜い  げを抜いては探り、探っては抜い  あごひげを抜いては探り、探ってはまた抜い  襟を抜い  時計を抜い  二間をぶち抜い  あごひげでも抜い  佩刀を抜い  げでも抜い  一生涯愛し抜い  山道を辿り抜い  見物人は、抜い  ッと抜い  碇を抜い  間から抜い  鞘から抜い  蝋色鞘を抜い  きせるを抜い  札を抜い  信吾のを抜い  中央を刳り抜い  考へ抜い  四本、いっせいに抜い  糸切歯を抜い  最上古酒を抜い  井桁を白く抜い  祐筆頭大口三郎が抜い  博徒と見定めると、抜い  江戸から足を抜い  赤を白く抜い  手裏剣でなし、なんでいったいぶち抜い  苦しみを苦しみ抜い  毒気を抜い  鼻から抜い  校長を抜い  識り抜い  皆群を抜い  長篠城を攻め抜い  長篠城を抜い  皆が踊り抜い  汲々として弱り抜い  こんどは、抜い  連判状から抜い  鼻糜を抜い  要領を抜い  順々に抜い  案山子を抜い  弾みでみるみる抜い  砂煙を抜い  数里に渡って刳り抜い  眼を刳り抜い  心臓を抜い  遙かに群を抜い  間に迷い抜い  緑を抜い  焦燥り抜い  くつきりと抜い  本気になって闘い抜い  素戔嗚を抜い  そのまま彼を締めて締めて締め抜い  一瞬髯から抜い  三寸ほど抜い  決心し、愛し愛し愛し抜い  つておどけ抜い  枕元へ抜い  首ぐらいは、ひん抜い  ようを抜い  雑草の根は抜い  大刀をひき抜い  転々と、もがき抜い  精を抜い  畳廊下に抜い  地へ生え抜い  木、生え抜い  六人は、抜い  うちから抽き抜い  方に抜い  畳目から指を抜い  薬指から指輪を抜い  物を引き出して、スラリと抜い  穴から腕を抜い  途を選んで苦しみ抜い  身の毛を抜い  智略群を抜い  同書から僕が抜い  銘刀松倉郷を抜い  四五段を抜い  釈なく抜い  脂を抜い  紋を白く抜い  朝鮮をしゃぶり抜い  方を刳り抜い  鞘を抜い  原理を抜い  意識を抜い  のが転げ込んで来ているので、まったく困るとこぼし抜い  私たちも競り抜い  中空を抜い  二十三に張り抜い  から苦しみ抜い  剥り抜い  閂を抜い  いずれも苦しみ抜い  迷いに迷い抜い  英国を抜い  半生を苦しみ抜い  波と戦い抜い  私生児を育て抜い  倫敦へ出て来て探しに探し抜い  財袋を抜い  無理に抜い  



前後の言葉をピックアップ
脱い    ぬい  縫い  縫いぐるみ  縫い  ぬい  縫上げ  縫上げ  縫い上げ


動詞をランダムでピックアップ
綾取る散り急い担わ量れるとよむ立て替え奏で擦りむけごてんあげれ亡くし咲かさ育てれさし迫る曲がりもうしこん殖やせ捉えんなきしきる科し
形容詞をランダムでピックアップ
薄ら寒き心安き冷たし待遠しなき態とらしくしげいえがらっぽく気高かっ芳しくにがきいぶせく弱よわし見易き善からくすぐった見づらいあわただしきねつう生じろく