「折れ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 折れ[動詞]
左へ折れ  骨が折れ  骨の折れ  街へ折れ  街に折れ  打物は折れ  水仙は折れ  脹脛の折れ  姉さんも、なかなか折れ  気骨の折れ  から北へ折れ  樹の折れ  幾まがりか折れ  草楊枝の折れ  右へ折れ  角を折れ  それから西へ折れ  一番骨が折れ  骨を折れ  二つにへし折れ  庭に面して折れ  ものの鋭どく折れ  骨も折れ  しらは折れ  柱の折れ  伝通院前から右に折れ  骨は折れ  こいつがまた折れ  中へ折れ  塵を感じながら、折れ  ぬいさんは折れ  雪にでも折れ  左に折れ  道路へと折れ  道路に折れ  パチンパチンと折れ  風がどっと吹いて折れ  幾つにも折れ  つりと折れ  此方でも折れ  一束となると折れ  二本となれば折れ  理に折れ  道理に折れ  太刀が打ち折れ  うちに折れ  気が折れ  柱が折れ  まんなかからふたつに折れ  ふたつに折れ  まっぷたつに折れ  梢近く朽ち折れ  腕はもう折れ  翼は折れ  下に折れ  二つに折れ  静脈の折れ  転々持って歩いていたが、どうしたろう、折れ  方が折れ  山道へ折れ  道を折れ  三条通から京極へ折れ  方へ折れ  ガード下を折れ  方角へ折れ  芯が折れ  剃刀の折れ  舟底をザラザラと折れ  それが中折れ  路に折れ  破片出で、又折れ  半分に折れ  煙管の折れ  眞二つに折れ  幹が折れ  大概骨が折れ  水平に折れ  んと、裂き折れ  ときには、折れ  足は折れ  首が折れ  上方が折れ  いまにも折れ  所からへし折れ  これも折れ  なかを、こごんで折れ  や団扇も折れ  匕首の尖を透かしてみたが、折れ  見事に折れ  白波左に折れ  東へ折れ  辻から佐久街道へ折れ  この街道へ折れ  機材の折れ  状況やまた折れ  最初に折れ  無残にも折れ  時に折れ  籠めて掴んだら折れ  ところから左手へ折れ  ステッキは折れ  腕がもう折れ  僕の折れ  膝が折れ  刀が折れ  鎖骨が折れ  みごとに折れ  役目をして気持ちよく折れ  右に折れ  気骨が折れ  棒は折れ  油町から右へ折れ  弥太堀から横丁へ折れ  光が、折れ  藤波さん、よく折れ  角度に折れ  霊岸町へ折れ  脚の折れ  襟が折れ  弓の折れ  路へ折れ  桷は折れ  葦が折れ  斜めに折れ  手前から廟に沿うて折れ  針が折れ  周馬が折れ  芯の折れ  なかほどより折れ  裏通りへと折れ  かなり骨が折れ  鉤型に折れ  棒切れはもろくも折れ  舞台で脆くも折れ  箸棒さえ折れ  茎が折れると、折れ  ポックリと折れ  竹も折れ  櫂は折れ  ばらばらと、折れ  羅宇のポッキリ折れ  市女笠、折れ  急に折れ  松が数多く折れ  帳場格子は折れ  枯枝がぽきっと折れ  三曲線が折れ  三曲線は再び折れ  轅の折れ  格子が、折れ  廻廊を折れ  西へ折れ  宗右衛門町へ折れ  横丁へ折れ  度毎に、へし折れ  横丁へと折れ  直角に折れ  右手へ折れ  巷へ折れ  名人がやっても折れ  氣が折れ  車軸が折れ  窮屈に折れ  のしかかって、曲がりくねったり折れ  柄は折れ  道頓堀へ折れ  方へは折れ  枝が折れ  鉛筆が折れ  ものか、あるいはその折れ  ライフガードに引っかかって折れ  前へ折れ  襟の折れ  六尺は折れ  表参道を折れ  指が折れ  マストも、折れ  指針がつよく廻って折れ  槍は折れ  後には、折れ  んと折れ  旗竿が折れ  枝も折れ  海に切り折れ  ほうへ折れ  西に折れ  周囲に折れ  勾玉が、へし折れ  木は折れ  三つに折れ  脚がすっかり折れ  裏山道が折れ  それが折れ  沙羅も折れ  目釘が折れ  そうに折れ  下の折れ  方へも折れ  路は、いつの間にやら、折れ  いずれかが折れ  ほうからそう折れ  ものとの折れ  きりと折れ  帯の折れ  腕が折れ  岩の折れ  三本も折れ  腰骨が折れ  ペペ王はようやく折れ  やつは、折れ  股が折れ  力の折れ  のが、折れ  洋服に中折れ  一方がつひに折れ  竿が折れ  旗が折れ  柱の短く折れ  ように小さく折れ  頸が折れ  足が折れ  所々骨の折れ  葉子は折れ  相当骨が折れ  大分骨が折れ  花の折れ  一所が折れ  梢はついに折れ  皆我が折れ  寺町通りへ折れ  通りへ折れ  曲り角を折れ  めちやめちやに折れ  やうにピンと折れ  秀吉も折れ  畔から右に折れ  ようにもろく折れ  言葉に折れ  跡とか、折れ  書院から庭に面して、折れ  ときにできる折れ  街道から細道へ折れ  路地に折れ  光芒が折れ  縫つて稲妻型に折れ  階段が折れ  径に折れ  自尊心で折れ  残念そうに折れ  歯の折れ  肋骨、折れ  のが、とうとう折れ  あれでまだまだちつとも折れ  箸の折れ  右へ、折れ  金属材料もたいへん折れ  途中で折れ  横を折れ  頭蓋骨が折れ  所に、極めて狭いそして折れ  シャフトが折れ  一日休ませ、または折れ  そこから急に折れ  北へ折れ  いくつも折れ  首は折れ  朽ち木で、つかまると折れ  池部もしまいには折れ  石に当って折れ  老人が笑いながら折れ  戦い刀が折れ  気勢があったので、とうとう折れ  簡単に話し、折れ  賢夫人とどう折れ  刀は折れ  から、少し打合うとすぐに折れ  濱徑へ折れ  崖について、折れ  間を折れ  方から折れ  浴室は折れ  種は折れ  短冊が折れ  位骨の折れ  雪に折れ  帆桁、折れ  ダアリヤも折れ  算を乱して倒れあるいは折れ  側を折れ  町を折れ  裏町を折れ  脚は折れ  骨ぐらい折れ  方向舵のその折れ  方向舵の折れ  無残にへし折れ  春の雪に折れ  なり骨が折れ  力も折れ  骨でも折れ  力なく折れ  これですっかり折れ  小枝の折れ  自分が折れ  組織を、中折れ  佃は、折れ  角に折れ  ように、かがみこみ折れ  弓なりに撓められて折れ  ようにしないと、まだ折れ  竹の折れ  さに折れ  横町へ折れ  所で折れ  道庵先生は折れ  ポキンと折れ  丸太やら、焼け折れ  波が折れ  骨だけが折れ  二人は折れ  向うで折れ  ペン先が折れ  ボロリと折れ  踵が折れ  中を、折れ  銀杏の折れ  雑草が、重なりあって折れ  咽喉が乾くと呟いてみたり、或は又、重なり合い折れ  根元からポッキリ折れ  前歯が引っかかって折れ  字に折れ  余り骨は折れ  足も折れ  二三度あちこちへ折れ  上手に折れ  右手に折れ  ドッと折れ  幾つも折れ  其所から左に折れ  枯蘆も浸り、折れ  上へのめって、折れ  ように、折れ  地軸も折れ  鳥居が折れ  向きに折れ  頭が折れ  勾配の高い折れ  伊太夫は折れ  川が折れ  弓既に折れ  電柱は折れ  角も折れ  そこから右に折れ  樹木は焼けたり折れ  結局は折れ  横町へ、折れ  ために折れ  根もとから見事に折れ  鉛筆は折れ  博士は遂に折れ  じきに折れ  道が折れ  桟は折れ  棒が折れ  稲妻形に折れ  重みで今にも折れ  中央からポックリと両つに折れ  手足などが折れ  四ツに折れ  右臂の折れ  大樹が折れ  粉末が、折れ  中に食い止まっていて、折れ  銀様もハッとしましたけれども、折れ  独言を言って、折れ  針の折れ  これで、折れ  ピエールさんが、とてもかなわないといったようすで、折れ  会社でも幾分折れ  弾丸があたって、折れ  岬を折れ  氷雨に折れ  南へ折れ  カーブを折れ  尻端を折れ  大伝馬旅籠町から大門通りへ折れ  肌ぬぎになって折れ  北に折れ  腰が折れ  吹雪に折れ  木が折れ  身、ガラリと折れ  針が折れれば折れ  みなそれぞれに骨の折れ  私骨が折れ  筏の折れ  腕木が折れ  途中で裂けたり、折れ  はたはたと折れ  肘の折れ  横竹が折れ  直ちに右に折れ  年はおされて危うく折れ  側にピタッと坐って、折れ  下を向いて折れ  南に折れ  四丁ほど折れ  日比谷へ折れ  足の折れ  笄は折れ  やつと折れ  目に見えて折れ  くりと折れ  幸焼け折れ  下宿屋通りへ折れ  満足であったり、折れ  上に、折れ  卒塔婆の折れ  人一倍骨が折れ  角から右へ折れ  五本ほども折れ  音をして折れ  雨雪で折れ  端が折れ  心はうまく折れ  やうに折れ  其繃帯で折れ  草摺にも、折れ  中に折れ  亀にくわえられて折れ  二条へ折れ  指を折れ  骨はところどころ折れ  端の折れ  わけにもゆかず、許せ許せと、折れ  犬が折れ  道路から右へ折れ  小枝は折れ  包み紙の折れ  決心が折れ  燧袋から燧石を出して、折れ  上流を折れ  肋骨は折れ  容易に折れ  骨まで折れ  四角に折れ  旗竿は折れ  敵の捨てた折れ  一面に折れ  これ、折れ  草が折れ  見事二つに折れ  三本ばらばらと折れ  三枚新らしく折れ  程度で折れ  薬が強過ぎたと、折れ  幕府でも折れ  くに骨は折れ  豊かに、丸く折れ  水の折れ  旗印が悉く折れ  端を折れ  そこで折れ  これを折れ  真直に折れ  葉が折れ  気骨も折れ  手は折れ  ポキリと折れ  ポッキと折れ  手に折れ  街を折れ  鉄棒が折れ  不等辺三角形に折れ  太夫もさすがに我が折れ  中途からぽきと折れ  へん骨が折れ  それで折れ  棘さへ又折れ  跡が残って、折れ  屏風がへし折れ  稍右に折れ  中野へんから右に折れ  にわかに折れ  枝の折れ  体量をささえかねて、次第に折れ  そこを折れ  想出も次第に薄れて行ったが、しかし折れ  のかひどく折れ  棒がぶち折れ  方へ、折れ  だめだが、折れ  揺れはしやうけれど、折れ  揺れはしようけれど、折れ  檣は折れ  方に折れ  ように折れ  電車通りから横に折れ  それに折れ  一本の折れ  肋骨の折れ  オーバーに中折れ  腕は折れ  香をなつかしみとめてこそ折れ  手ががっくり折れ  気の折れ  大腿骨の折れ  茎だけが折れ  風に折れ  とおりに折れ  蔀戸などはひしひしと折れ  三段にバラバラと折れ  中途からポッキリと折れ  からシャフトが折れ  翼の折れ  他方の折れ  音をたてて折れ  樹木は折れ  運動は折れ  柄の折れ  私には折れ  其棍棒は折れ  蔓の折れ  柱は折れ  それから腿が折れ  風といっしょに吹き飛ばされたり、折れ  花瓶にへし折れ  街角から露路へ折れ  つて右に折れ  其処から右へ折れ  谷に折れ  まん中からぽっきり折れ  前歯の折れ  のや折れ  自然に折れ  林町へ折れ  団子坂から折れ  愚痴を聞いて欲しいというまでに折れ  から骨が折れ  心が折れ  姑とも折れ  柄が折れ  二ツに折れ  杵にするに折れ  長年烏帽子こそ折れ  烏帽子が折れ  無数の折れ  反対側に折れ  而も折れ  父は折れ  枝雪に折れ  へなへなと折れ  通新石町から馬鞍横町へ折れ  一番骨の折れ  人もとうとう折れ  笛が折れ  左にすこし折れ  父さんが、ピンと折れ  剣が折れ  脚が折れ  箭の折れ  ステッキの折れ  ステッキがなぜ折れ  ステッキが折れ  處から左に折れ  續いて、折れ  拔かうとすれば折れ  娘には折れ  小径へ入ると、折れ  四五間ずつに折れ  下へ折れ  板が折れ  上から右に折れ  代りに背負って、折れ  一昨日片腕は折れ  嵐にでも折れ  小路に折れ  道と、折れ  横に折れ  因果絵についた、折れ  身体も折れ  翅が折れ  技が折れ  ときに折れ  湛へて折れ  萩は折れ  一部が折れ  金が折れ  つぎ目の折れ  苦痛を感じて、折れ  方にて折れ  私はこわれないの、折れ  東明館前から右に折れ  形に折れ  前を折れ  叔母はその折れ  あいう折れ  ここにも折れ  羅宇はぽっきと折れ  橋の折れ  大変骨が折れ  博士は折れ  しらは、今にも折れ  腰骨が、折れ  どれくらいで折れ  曲りばかり折れ  マストが折れ  帆柱は吹き折れ  まきの折れ  幹も折れ  稲妻に折れ  牙が折れ  旗艦の折れ  綱雄は折れ  風に吹き折れ  重みにたえ兼ねて折れ  前から新町へ折れ  注射針が折れ  二条を折れ  通りに折れ  ぬくもりと、折れども折れ  学士が折れ  把手が折れ  倒おれも、折れ  鼻柱の折れ  ツと折れ  ドサリと折れ  肋骨はひどく折れ  なかにあって、折れ  粉々に折れ  欄干が折れ  肩の折れ  杖が折れ  和らかく曲がり折れ  襞の折れ  便所が折れ  六畳が折れ  影が折れ  枝は折れ  技は折れ  桜橋から右へ折れ  袖に折れ  皆触れば折れ  くたくたと折れ  根もとから折れ  鼻はたちまち折れ  夕方になると、たたまれ折れ  中廊下を、突き当たっては曲がり、ぶつかっては折れ  葦はぽっきり折れ  二十間も折れ  左にも折れ  其所から直角に折れ  其所を折れ  横町に折れ  願ありければ、折れ  そこだけ折れ  マストさえ折れ  弓矢は朽ちて折れ  弓矢も朽ちて折れ  鍔もとから折れ  幾度か折れ  ことについても折れ  自分たちにうまくいかないとわかると、とうとう折れ  野望も折れ  一人として骨が折れ  かばから左に折れ  根は折れ  路から右に折れ  心もよほど折れ  のは折れ  気位もだんだんと折れ  外側へ折れ  ポツキと折れ  風で折れ  穂先が折れ  木剣を加えると、折れ  沢庵は折れ  うえで折れ  太刀が、折れ  入江が折れ  肱の折れ  方で折れ  ままにも折れ  東側へ折れ  停留所附近から疏水伝いに折れ  音を立てて折れ  肉が弾けて折れ  桂は折れ  番兵は折れ  先も折れ  太刀は、折れ  錆刀の折れ  櫂の折れ  自分が悪かったって、折れ  我も折れ  我を折れ  云ッたが、又折れ  根を掘り下げ、折れ  窓枠が折れ  穂先は折れ  葉、折れ  摧け折れ  其柱は折れ  其柱の折れ  名が、折れ  から、折れ  皺の折れ  ところより折れ  鶯溪へ折れ  忍び音に泣き折れ  當骨が折れ  両手は折れ  此那に折れ  所から、折れ  程度迄には折れ  先は折れ  床板の折れ  道は色々に折れ  それには折れ  石碑は折れ  腰ッ骨が折れ  大波とをあいてに、折れ  帆柱が折れ  丸は、折れ  胸板が今にも折れ  刀の折れ  羽の折れ  処から右に折れ  皮膚にささって、折れ  カンバン、折れ  支柱の折れ  過程の何時の間にか、堅い折れ  陥没地に切り折れ  胸が折れ  若者はあっさり折れ  のを見て折れ  伝平はそう言って、すぐもう折れ  仏壇の折れ  ようにがっくりと折れ  片羽が折れ  大和が折れ  釘の折れ  雪に圧されて、今にも折れ  木刀が折れ  先方でも折れ  さも浮かべず、折れ  右腕が折れ  内側へ折れ  ところから右へ折れ  血と共に折れ  路を折れ  堤にゆき、折れ  根を、折れ  から右に折れ  何だか我が折れ  殆ど我が折れ  擬古的な折れ  みんな心が折れ  参詣道へ折れ  四条小橋から木屋町へ折れ  河原町通りへ折れ  瑕瑾がないので、ついに折れ  突當つて西に折れ  つて西に折れ  小枝が折れ  理づめの吟味に折れ  わきから小道を折れ  それから右へ折れ  落葉や折れ  病棟に折れ  虎の門からぐいと折れ  南海通へ折れ  千日前通へ折れ  めり入る折れ  根元から、ぽつくり折れ  煙突は折れ  三山吹は折れ  鼻の折れ  のが折れ  暴風雨で折れ  処の折れ  西側に折れ  字型に折れ  凧は折れ  のちふたたび浮び上がるや、はなはだしく折れ  気も折れ  入口から左へ折れ  付け根からポキリと折れ  容易には折れ  手をやると、折れ  歯車がこんなに折れ  それをお望みなさるならば、と折れ  ばねが折れ  プロペラの折れ  一番気骨が折れ  こと、折れども折れ  長篇にしがみついて、折れども折れ  しろが折れ  矢は折れ  時は折れ  軸が折れ  シンが折れ  僕に折れ  曲線について、折れ  手前左へ折れ  インバネスに中折れ  中には折れ  私は折れ  ピシッと折れ  影の折れ  縁側を突き当って折れ  根が折れ  西辺へ折れ  道から右へ折れ  其処から右に折れ  処から東に折れ  左にとって折れ  暴風雨で倒れたり折れ  骨はさして折れ  欄干の折れ  身体が折れ  いまにも崩れ折れ  つた葉と、折れ  相手も亦たどうしても折れ  大通りから右へ折れ  茎の折れ  木の折れ  竹の遂に折れ  いいかげんに折れ  帆柱の折れ  強靭であり、曲っても決して折れ  もので、折れ  私はふと見かえると、折れ  足はあやまって折れ  戒刀が折れて折れ  ため朽ち折れ  房から右へ折れ  耳も折れ  二つの花の名を云ったにも拘らず、折れ  それは折れ  際に折れ  根下から見事に折れ  手も折れ  根瘤と朽ち折れ  一遍に折れ  ゴクンゴクンと折れ  横へ折れ  街路へ折れ  中程から右に折れ  二足ばかり折れ  路へと折れ  シャフトは折れ  勢いで、折れ  たくまに折れ  



前後の言葉をピックアップ
オルレンドルフ  オルロフ  オルワンガル  オルヴィエート  おれ  居れ  折れよ  折れれ  折れん  織れよ


動詞をランダムでピックアップ
うえよ鳴っつりあう経っ取り直せよ口ずさん引去っまかなわ打ち殺すそめる学ん取持と買い被る弾ずる悖り咲きほこ呼び寄せこまぬい聞かせ送り込ん
形容詞をランダムでピックアップ
寝苦しかっ荒かっ細か人なつこいすがすがしき口惜しふがいない懐しきつましく薄寒き口うるさい猛だけしいわすれがたい根ぶかいおもい厚く優しゅうわるう酸っぱい切な