「把握」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

把握[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
把握している  把握し再現してゆき得る  把握してゐないからだ  把握され  把握せられるに至る  把握を可能としている  把握しなかったら人はけっしてベートーヴェンを理解しないだろう  把握せられない  把握せられるごとく  把握せられる  把握するよりも多くの多様性を容れると考える  把握せられないという  把握し得ぬ  把握しないさらに或る他のもののある  把握するところまできている  把握しさえすれば  把握に探り入った  把握が必要ではないかと考える  把握させている  把握しようとする  把握し得ない  把握されていない  把握されているだろうか  把握する能力をもっていない  把握しにくくさせている  把握のしかたがあり  把握して愛する  把握は非常な困難におかれている  把握しなおし  把握し得る  把握されているかという  把握しうる  把握しようとするならば  把握された  把握出来ない処の一つの固有な規定を有っている  把握される  把握することからは遠く隔っている  把握されない  把握するに適した  把握するための活動でこそあれ  把握から独立し離れて行こうが  把握して使用する  把握と世界的世界形成の原理に基かねばならない  把握は知的作用によらず  把握するためにはそれに対応する  把握と人間完成とを志向せしめようと  把握することができない  把握する素質を備へて居る  把握する研究に沒頭した  把握せられるの  把握しなければならない  把握せよという  把握しておらなければ  把握しないように生れついている  把握をされなければならないかという  把握してしまった  把握するに至った  把握から抜け出ると  把握されないだろう  把握しないことにその原因があるという  把握することに気付く  把握出来ないのに過ぎない  把握され得ない  把握しようとすればこそ  把握する必要があるかという  把握の仕方を考察するに際して  把握しなければならぬ  把握するのを通則とする  把握されねばならぬという  把握されねばならぬ  把握の上に立つ  把握に際して欠く  把握せしむることに力を注ぐべきである  把握する力を持たなかった  把握する態度ではなかろうと思う  把握し体得せよ  把握がどれほど必要かを今さら痛感しない  把握されている  把握されるだろう  把握し内化して  把握する能力が育てられていない  把握されぬ  把握していなかった  把握する事も出来なかったろう  把握することが確実でなければならない  把握を教える  把握する事が出来なかった  把握していた  把握されていた  把握されてない  把握しようとした  把握してゆくか  把握することのできない  把握に努力する  把握において誤った  把握しているごとく  把握しないまでも少なくも瞥見する  把握するといいながら  把握の明晰性と判明性とに持ち  把握するに反して  把握すると考へた  把握することができぬ  把握されて  把握されず  把握されてゐない  把握する言葉がなくては困る  把握するに欠ける  把握し得たものの  把握し解剖する  把握することが我々の要求する  把握してわれわれに示してはくれない  把握してゐなければならない  把握する事が地震学の使命でなくてはならない  把握とのために最も有力な土台となっている  把握とを問題にした  把握する能力を与えられてある  把握されるに到る  把握が目立つて来る  把握してゐる  把握したのみならず  把握し反映する  把握すればその結果は唯だ一つの世界観にしかならない  把握して了うということが元来現実には決して生じない  把握する又はした  把握して行く  把握することであるということを理解していた  把握から遁げ出した  把握し直された  把握とは別でなければならない  把握されていたならば  把握し得なければならないという  把握せねばならない  把握することに存する  把握しようと欲した  把握には概念を必要とする  把握の中に収められてしまった  把握しなくてはならない  把握する事に努力して  把握した真理を大胆率直に機械的技術に移し  把握することに外ならない  把握するところから彫刻は始まる  把握した生活態度がきまっていなくても生じると思う  把握するの冀望あるに  把握するの時期なければなり  把握においてプロレタリアートの闘争から切りはなされ  把握出来ないということを見透す  把握しておく  把握の仕方一般を指さねばならない  把握の仕方の一つに外ならない  把握の仕方のことを恐らく指す  把握すべきであるにも拘らず  把握されておらず  把握した因果律を仮定して  把握されているという  把握し分けられるばかりではなく  把握されていなかった  把握し易く又他の意味に於ては最も把握し  把握することを許されない  把握することを許されないであろう  把握し誤った  把握するに明敏な頭脳は往々にして  把握に存する  把握する代りに立場のそれを把握しようと欲するならば  把握されるべきである  把握せずして  把握しようとすれば  把握の仕方の相違が這入って来る  把握されたる  把握に較べて  把握を媒介とせずに  把握してはならない  把握しちがえる  把握であることが出来  把握によって代表される  把握され得るか  把握するから却って自然的でなければならない  把握しきらない  把握せねばならぬ  把握したと思われる  把握のために神を怖れぬ  把握しきっていない  把握に於て見出す  把握されねばならぬと  把握ですらある  把握としての理解は能動的であると考えられなければならない  把握は恰もこの点に於て所謂理解とは性質を異にしている  把握であることが出来たから  把握はこの限り理解と全く同じ能力を有ち  把握は理解を完全に代理する  把握は単に之に止まらず  把握は実践的であると云う  把握は又情意的でもあり得なければならない  把握は静観的に止まらず  把握を択ぶ  把握からの口授によって教えられる  把握があり  把握は理論的であったと共に情意的であり得た  把握したと思われるならば  把握するには一つの発見が必要であるに外ならない  把握し得られる  把握することができる  把握せられた  把握する必要があると存じます  把握させ  把握し表現し得る  把握しがたい形而上学となってしまっていた  把握しなかったことに愛想を尽かす  把握することがどうしてもできない  把握していないで  把握に際して私の用ゐて  把握するのに困難を覺える  把握しようと試みる  把握されるかといふ  把握には抵抗すべからざる  把握することになくてはならぬ  把握によってのみ得られる  把握する事を知っている  把握しているであろうか  把握し之を活用する  把握を強制される  把握が欠けてゐる  把握せられてあやまる  把握というよりも  把握し易き理論を發表したが  把握されているが  把握が足りなくて  把握し描出しようとする  把握の仕方が足りない  把握が不足し  把握しているとは限らない  把握してかからなければならぬ  把握するかしないかという  把握することしか知らない  把握することによって初めて統一として理解する  把握されなかった  把握されないにも拘らず  把握され替えなければ  把握され替えられねばならぬ  把握され得ないという  把握されねばならない  把握することの外ではあり得なくなる  把握せねばならぬという  把握のされ  把握しどう取り扱うかによって  把握と批判とでなくてはならぬ  把握されていず  把握しているとはいえぬ  把握した青年の道場たらしむることを期している  把握につとめるべきではなかろうか  把握しようとしている  把握していない  把握し確信した  把握し再現してゆこうとする  把握に燃やしつくした  把握するべきであるという覚悟にまで到達していると思う  把握せられ  把握することが出来ないという  把握することを許さないからである  把握出来る一面を持ってはいるだろう  把握することが出来る  把握することを知らない  把握することが出来なくなるから  把握されたかという  把握されないなら  把握として世界観があり  把握する力をもたない  把握しているかという  把握されていないからこそではなかろうか  把握する能力をもたなかった  把握の貧寒さから来ている  把握した読書の方向へぐんぐん自身を成長させていっただろう  把握されるとは  把握といふことにあつたと思ふ  把握されてゐる  把握することに成功している  把握とを基礎としなければならぬ  把握もしないで  把握することができるであろうと  把握は少しの努力によって何人にでもできる  把握がなくてはならなくなって来ている  把握し描写し  把握で捉えて生きぬく  把握せずそこへ足を漬けている  把握という事が一番尊く思われる  把握し得た  把握してその本質をつきつめ  把握はどたんばで通俗に落ちこんでいる  把握しようと努力した  把握して知識を刷新すべきだ  把握し得るだけの  把握して居る  把握したものを作つて居た  把握で窒息させようとしているくらいだ  把握に基礎をおかねばならぬであらう  把握して生きる  把握しています  把握しようとしているらしい  把握してゆく  把握にまで進んで来て  把握しなければなるまいと思う  把握しやすい輪廓をもって見えて来るけれども  把握の外に洩らしてしまう  把握する歩調とがある程度そろった  把握していただき  把握もできるであろうと信じて  把握がなくてはならないと思ふ  把握が云はれてゐます  把握は人物というような概括で云われる  把握出来る真理への洞察力をその人がどう身につけているかという  把握されなければならない  把握の対象とする  把握が試みられる  把握させる  把握の不たしかさが示されているという  把握や描き出ししか  把握しなければならないと思います  把握して行こう  把握したとも考え得るが  把握を求めた  把握せなければならない  把握することも可能になる  把握し得るという  把握しなかったところに誤謬がある  把握する知識が絶対的意味をもつという  把握しないで止まっている  把握しないところから生ずる  把握に成功しました  把握して構成派的力学形式をとる  把握において高さを描き出し得るし  把握して指示しなければ  把握し得ず  把握から見ても  把握することを体得し  把握していないから  把握して来た  把握するを特徴とする  把握として理論的でもある  把握と再現とを可能にする  把握へと出て行く  把握して行こうとしつつある  把握の仕方を強調している  把握されはじめた  把握しきらなかったという事実を告げる  把握されていないからであろうと思われる  把握しがたい観念をもっていた  把握した上で具体的に書かれる  把握されなかつた  把握しなかつたところから生じた  把握し歩行しなければならぬ  把握と同じ事柄の間違った  把握していて  把握しやうとする  把握する能力が欠けてゐた  把握の仕方の惨めなまで行き  把握の仕方が通用し  把握とが不足してる  

~ 把握[名詞]1
世界に把握  ものをしつかりと把握  詩人に把握  心へ把握  心理的に把握  外部では把握  正確に把握  観念的にしか把握  ように把握  判明に把握  精神によって把握  ことによって把握  ものを把握  私の把握  私によって把握  典型として把握  神秘の把握に  モンタージュの把握が  真相を把握  それを把握  本質を把握  評者に把握  波乱として把握  実体を把握  運動に従って把握  日本的現実を把握  日本的現実の把握は  全体を把握  見地と把握の  リズムを把握  法則を把握  新興プロレタリアートのみで把握  現実を把握  歴史的な把握は  実感で把握  現実として把握  ままに把握  中で把握  科学を把握  生命を把握  於て把握  かくて把握  性格だけを把握  中枢的に把握  特色を以て把握  性格を把握  正面的に把握  事実を把握  事物を把握  事物の把握  儘の把握から  実質を把握  正当に把握  歴史的現実の把握と  實の把握と  全体として把握  道徳価値の把握は  真理を把握  真理の把握と  理解を把握  核心を把握  其核心を把握  從つて其半面だけが把握  手で把握  エスプリを把握  物を把握  立体的な把握を  完全に把握  ゴーリキイが把握  彼の把握から  文化運動上からも把握  精神の把握を通して  匍匐的にしか把握  世の中として把握  繊細に把握  粗大にしか把握  関係から把握  充分に把握  過程として把握  存在の把握の  物質を把握  人格として把握  点から把握  歴史的運動の把握の  大衆観念の把握に際して  動きを把握  現実が把握  意識し把握  指摘し把握  ドイツ密偵機関に把握  マタ・アリを把握  正常に把握  内面的に把握  材料を把握  明瞭に把握  意義を把握  科学的につっこんで把握  レーニン主義的世界観の把握の  意味を把握  明確に把握  進歩的に把握  系統的に把握  一面の把握を  十分に把握  何処もが把握  女を把握  芸術的手腕で把握  生活感情は把握  演出で把握  現実性を把握  必然性を把握  イディオロギーを把握  イデオロギーの把握に  本質の把握において  アインシュタインの把握  社会的心理を把握  実在を把握  悟性の把握の  力として把握  空間として把握  絶對的状態を把握  精神生活として把握  形式においてのみ把握  實踐として把握  觀的に把握  ものとして把握  統一して把握  社会的実在性を把握  掌に把握  客観的に把握  内容で把握  根本的に把握  根源において把握  観察と把握との  本質の把握とを  全面的に把握  ことを把握  弁証法的に把握  事象の把握が  気味を把握  信仰を把握  科学的概念によって把握  概念的に把握  統一的に把握  世界全体を把握  唯物論的に把握  直観そのものとしてさえ把握  之によってしか把握  抽象的に把握  君の把握から  観念的な把握の  マルクス主義的に把握  世界の把握とは  本格的に把握  真髄を把握  流れにおいて把握  作家として把握  中に把握  之を把握  現実に把握  彼の把握の  時代意識を把握  其真を把握  類型を把握  先生が把握  確実に把握  実相を把握  彫刻的に把握  自ら行政権を把握  行政権を把握  自ら行政權を把握  行政權を把握  主題の把握において  政治的に把握  立場に立って把握  政治性へまでつきつめて把握  観点から把握  形式主義的にしか把握  組織的に把握  理論的な把握の  存在を把握  於てしか把握  機械論的にしか把握  機械論的に把握  弁証法によって把握  経済的均衡として把握  階級的に把握  理論的にしか把握  事物の把握を  性格は誤って把握  それは誤って把握  性格の把握の  実践的に把握  正常なる把握の  機能を把握  問題の把握に  概念を把握  立場として把握  問題そのものを把握  そこには把握の  問題として把握  問題を把握  部分的にしか把握  現実的に把握  内容的に把握  内容が把握  性格として把握  形態として把握  性格の把握に  現実的内容規定の把握を  一般性を把握  正直な把握  相対運動として把握  人間を把握  友情のまじりけなさとしてしか把握  動きを見こして把握  中核を把握  ドン底を把握  現実的な把握の  時期には把握  理論的に把握  自身を把握  拍子を把握  ものが把握  こと自身が把握  能動的な把握  有を把握  能動的な把握は  通り表現の把握  表現の把握は  併し把握は  於て把握は  之に反して把握は  区別された把握も  根柢には把握が  絶対に把握  そのものとして把握  認識し把握  実践によって把握  無限を把握  生活によって把握  確かに把握  理知的に把握  簡単に把握  ものをも把握  観念を把握  一段階を把握  チャームを把握  人との結び合いとして把握  哲學的基礎の把握に際して  基礎を把握  十分具體的に把握  具體的に把握  ものとしてのみ把握  動的過程的に把握  如何に把握  眞意を把握  SOSを把握  的確に把握  それぞれ充分に把握  正確の把握によってのみ  世界像を把握  世界を把握  実感として把握  essentiaを把握  リアリスティックな把握を  堅固な把握が  色彩の把握と  手を伸せば把握  單純にして把握  全貌を把握  対象の把握が  対象の把握の  美の把握が  明白に把握  於てのみ把握  イデオロギーとして把握  普遍的に把握  概念にまで把握  独立には把握  概念によって把握  実現として把握  存在として把握  機関として把握  社会的機能の把握と  不十分にしか把握  レーニン主義的に把握  道徳経済を把握  世界観の把握の  科学的精神の把握に  自然弁証法を以て把握  客観的には把握  そこに把握  メンバー相互の把握の  知的な把握に  社会的に把握  腐敗漢に把握  物自体を把握  広範に把握  中心として把握  具体的に把握  媒介的に把握  概念として把握  内に把握  人間生活から把握  直観によって把握  類型としてしか把握  事実として把握  歴史的に把握  具体性を把握  方向で把握  個人を把握  社会性とに対する把握の  作者に把握  歴史性を把握  立場を把握  人人の把握  自然科学を把握  舞台的真実の把握といふ  姿において把握  世界観の把握とを  真摯に把握  真髄を把握も  事物の把握の  時代性を把握  統計的特徴を把握  正当な把握は  明晰な把握が  マネジャーを把握  角度から把握  局面から把握  実感をもって把握  富農には把握  枠内でだけ把握  悲劇以上の把握で  ベートーヴェン式に把握  健全に把握  アイマイにしか把握  生命自身の把握という  根元を把握  本体を把握  本能を把握  本能的生活中に把握  今日が把握  人間性の把握は  上に把握  十分明瞭に把握  連関において把握  はつきりと把握  主題として把握  真実を把握  怪物の把握で  青年を把握  たしかな把握に  文化を把握  感覚までを把握  所属級を把握  観察的に把握  散文として把握  プロレタリア文学を把握  鳥瞰図的に把握  唯物弁証法的に把握  原理の把握にまで  世界観のみが把握  自分に把握  特種な把握の  公式で把握  理論で把握  全面的性質を把握  ために把握の  適確に把握  思想を把握  真相の把握も  具体的あらわれとして把握  つまり事實でなければならないといふ把握が  空觀の把握が  複雑性の把握の  細部が把握  生活感情として把握  ものを把握の  場面を把握  女性として把握  完全な把握によ  エネルギーそのものの把握が  自分を把握  正直さをも把握  ことにとりも直さず把握の  世界史的な把握や  文学を把握  根本原理を把握  自覚的原理を把握  イデアにおいて把握  歴史的実在を把握  実在の把握を  事実から把握  自己矛盾的存在として把握  矛盾的自己同一的真理を把握  立場において把握  自己を把握  論理を把握  合理的に把握  思惟的に把握  立場から把握  統一において把握  世界から把握  基礎知識の把握に  明瞭な把握において  確實に把握  主題の把握から  社会的階級的相関関係において把握  光によって把握  核とを把握  直感的に把握  偉大さを把握  世界史的実感が把握  性格において把握  思想の把握として  つてのみ把握  外には把握  聯關において把握  自己性從つて同一性を把握  立体的な把握と  戯曲的雰囲気の把握  これを把握  社会の把握へと  感情によって把握  技術的に把握  非合理的な把握の  ことが把握  確信的に把握  社会主義的リアリズムを把握  ロケーションが把握  華僑のもつ把握  自分で把握  體的に把握  粹に把握  意志を把握  手脚を以て把握  実態を把握  時代区分として把握  主体的に把握  末法として把握  国民心理の把握といふ  客観的形象として把握  実相の把握も  古人を把握  性格的に把握  人間関係の把握の  いふ約束ごとの把握の  人間の把握の  直感をもって把握  批判と把握とが  

~ 把握[名詞]2
強く把握  そういう把握  はっきり把握  正しく把握  初めて把握  ハッキリ把握  共に把握  正しい把握  しっかり把握  又把握  いかに把握  鋭い把握  なく把握  その把握  そう把握  最も把握  正しく把握  遂に把握  この把握  まず把握  はじめて把握  到底把握  すっかり把握  新しく把握  どう把握  ひろく把握  全然把握  もっと把握  大きな把握  よく把握  強い把握  現に把握  真に把握  

複合名詞
やつぱり把握  現実把握  自己把握  客観的把握  可能性把握  把握力  現実把握力  中枢的把握  唯物論的把握  直観的把握  把握體得  詩的把握  文学的把握  時間的把握  把握シ  政治的把握  同時的把握  十分把握  階級的把握  論理的把握  把握欲  プロレタリア的現実把握  唯物弁証的把握  現象主義的把握  観念把握  問題把握  形態的把握  把握通路  把握的概念  把握的  民心把握  把握者  本質的把握  弁証法的把握  存在把握  直接把握  現実的把握  統一的把握  表情把握  芸術的把握  全面的把握  政治的把握不足  まま把握  唯物弁証法的把握そのもの  唯物弁証法的把握上  十分の把握力  現実把握上  把握性  歴史的把握  対象的把握  把握從つて  つて把握  性格把握  把握とい  



前後の言葉をピックアップ
  葉鶏頭      パアパア  ハアセナム  ハアタナ  ハアヂ  ハアヂング  ハアテ


動詞をランダムでピックアップ
深めれ眠りこみしょい込み更かしにぎれる思い当ら助けひっくりかえし擦る食わさ立ちどま召す作りひきちぎる立去っ障りゃのたまっ立ちふさが反り返ら煽れ
形容詞をランダムでピックアップ
けうとあかけれとめどないおさなけれあやうくねたましき薄暗き頼もしけれ規則正しかっ欲しきねたましかったのもしきあらく物見高やむをえないはしたなき残惜しい馬鹿らしい気恥しく毛ぶかい