「手」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
手を解き去りぬ  手を振つた  手が懸り  手を挙げて  手に取る  手にとりにける  手からくのがれし  手を上げて  手をもがいて  手を休めて  手に大きな活字のめくり  手篤い看護を受けていた  手を除くと  手を引込てしまった  手を入れて出来上った  手をかけ  手に携えていた  手に踊く  手で喰止めて見せると  手を切る  手をあてて  手に落ちた  手で籠の戸を明けながら  手をその下へあてがって  手を使って  手で開いた  手の処置に窮した  手をそろそろ籠の中へ入れた  手が厭になった  手を引き込ました  手を籠の中へ入れた  手に取るさえ  手を敲いたが  手を額の前に翳しながら  手を入れて  手を開けると  手を開けた  手を鳴らした  手をつかえる  手をひいて  手は袂へ入れて  手攫みで炭をその上に乗せ  手をまわしてかかえ上げると  手を差し出して来れば  手を叩いて  手へつかまった  手でも洗って  手を組んでいる  手で擦って見た  手のほどこし  手にそっと持たせてくれた  手をつないで  手でやる  手を引いて来て  手振をして  手を打てはやしたてました  手にすると  手をかけた  手に持って  手に取って  手に取りあげて  手を挙げる  手からひつたくると  手を突込んでゐたが  手にはいる  手にして降りて来た  手が足りなかった  手を出して見せた  手にするほどの  手の足りない  手に入れたと思ったら  手に入った  手に唐傘をさして扇を開いて  手をふく  手を切って捨てたいくらいに  手をあべこべに塵の中に突っこんで  手を突っこんで  手がある  手が私をここまでもってきて  手にとる  手が熱いというのは火の中に手をつけているという  手を出して  手にしながら  手をつけてない  手をつけた  手を手巾で拭いて  手と足に過ぎない  手は指をそろえた  手を使う  手は五本の指のパッと開く  手と足とを結びつける  手や足はこの紐の端に過ぎない  手をゆるめない  手が唱いつつ  手のぬけない  手をひとりでに噺の中に引き入れてしまふ  手をとり  手の先を威勢よく風を切つて挙げるでせうが  手だけでは解決のできない  手のこんだ背い  手をあげなさいと  手をゆるめた  手にとって見ると  手離そうとはしない  手を引かれて  手に入れる  手が両方ばらばらになって落ちて来ました  手や足や胴中を集めて  手にのせて遣りました  手も足もちゃんと附ていて  手をつなぎ  手に入れば  手を取り  手をかして起さうとする  手で完成すべき  手にする  手を伸ばして  手につかなかった  手の火傷がいたい  手をとつて教へてくれた  手がかじけた  手を取れば  手をひきて  手をとって押しいただく  手をかけて  手には一枚の絹手巾がもしゃもしゃにまるめて握られていたので  手に握らせた  手にあった  手をやると  手では一旦解いた  手を引いた  手で仮埋葬に付された  手にピストルをもち  手をのばす  手をぎゅっと握った  手の中に握りしめて居る  手が出る  手に取り上げた  手をかけながら  手を握った  手が引込んでしまって  手がニュッと出ると  手がいろいろに動きはじめたので  手とその手とがからみあいました  手にうつった  手が又出ました  手が今度は二ツ出て来ました  手をひっこめた  手にいれようとするには  手をつかまえて  手にだにとらじとや  手を下して  手にすがりついて  手をとりあって閉めきった  手に手をわけてさがさせて見たけれ  手をとめて  手に委するが  手を動かす  手に取れば  手を叩く  手に入れた  手に入れようと  手でツルリと撫ぜた  手を振って笑ってゐる  手に余る  手に余るとは思ったが  手からお菓子をねだった  手をつけて  手入した  手紡ぎの糸を手織りにした  手に入れたので  手が足りんで  手が廻りかねた  手がふるへだした  手も足も出ない  手が黒く荒れてきた  手の中にある  手を離して  手をいかに下すとも救い  手摺れで磨きあげられた  手を見ながら  手を置いて  手で表書をして  手に渡された  手が足らん  手の指を三本屈めて  手を直ぐ帶のところへやつて金鎖を弄りつ  手え付けへんよ  手に手を取り  手を長火鉢に翳した  手でポンと肩を叩いた  手に握るまで  手にある  手で春空の屋根を葺く  手に入れ  手をひいて負うて抱いて  手を握つたりなどして  手に手のあかぎれ  手のもので凝つた  手がをさ  手が二本あつては私には十分すぎる  手のひけない  手がひけないので  手が藪蚊をうつ  手を突き首を下げて  手が掛るが  手を掛けて  手が冴えているからでございます  手がつき  手に取らないという  手も彼方此方と追かけて  手を出し  手をじっと握りましたが  手を握る  手を握られ  手を握り返している  手に掛けたは  手を取って  手に取って見ますと  手に取上げて見ますれば  手を支えて  手に取上げて読み下すに  手に丹誠して育てましたにより  手を突いて謝るから行ってやれ  手で萩原様の首ったまへかじりつくと  手を引いて  手をついて  手に掛って死ぬ  手を引いて来ます  手に取上げて見れば  手を差伸ばし  手を引張る  手を引き  手を突いて  手をついて謝ったではないか  手をもって  手を合せ  手おそしと読み下しまするに  手を掛けてはいる  手とも覚しき  手に掛け  手を放しませんから  手に掛け殺して置いて  手がついて  手に下げた  手を下げて頼まれては  手を出した  手は掛るが  手に掛りて討たれたいとは思えども  手に掛り  手を取り合い  手を取って引き寄せますから  手を切って落すと  手とほく  手をたたく  手で木の実を味ふことは出来るけれど  手がでて  手にはいると  手に取った  手にはめてみた  手で洋介は恵理子を示した  手を振った  手で真理子は叩き返した  手をつけるわ  手がのびて来ようとしてる  手を振っていた  手に持っている  手をつないでみた  手のなかに残った  手を振って  手で示して  手を高くかかげ  手に風の重みを感じつつ  手がこんでて  手がこんでるから褒めるべき  手にとつて見てゐると  手がテーブルのうへに咲いては落ちる  手に手をかさね  手を焼かれた  手が加勢する  手をやって  手を挙げたら  手を挙げない  手をのばせば  手に乗ってたまる  手が震える  手がつかず  手に堪うる  手きびしいと思った  手が複雑で来て  手を呉れる  手に振  手に引離されて  手を舐め  手を掛合って行く  手を背後へ廻しましてな  手を下せた  手から落した  手を出さなかった  手を出さぬ  手を出すと  手を止めて  手を待たんで  手を経て持込むが  手の届く  手が鳴る  手に掛ると  手を洗って  手に掛けて知っている  手が出せない  手を出せば  手に入れたら  手が出せなかったが  手に取って見ると  手で狼狽えた  手を伸ばす  手を窃と離して  手に入れたから  手を切って  手にして  手の真黒な事から足や身体中はさぞかしと推量される  手にとまっている  手のなかでまた啼いた  手を入れた  手で立ち合った  手をかけて探しているのに  手を引きて歩きて  手を執て  手をつっこんだ  手をチビ公の頭でふいた  手に長くまいた  手に代数の筆記帳を持っていた  手は早くもポケットに入った  手にきらりと輝いた  手をくぐりぬけ  手には小刀がやはり光っていた  手からしたたる  手が早くもチビ公のふところにはいった  手をやめた  手にさげた  手をしっかりとにぎって  手をきびしくにぎりしめて  手を放した  手をあげて見たまえ  手をうってわらった  手をあてた  手を尽くしても  手をかけずとも  手をもって行なう  手をガラス窓にかけたかと思うと  手をつかんだ  手をにぎりしめながらいった  手を放して  手をとって  手をくだそうとする  手を取ってたすけ起こそうとする  手をぐっとにぎって  手をあげた  手と手を組んだ  手があって  手に手に持った  手をはなれた  手をふれあった  手をしっかりとにぎった  手に落ちたであろうか  手を曳いて去った  手をやってみると  手に持った  手をしっかりとつかんではなさない  手をにぎりしめた  手を触れて下さいました  手から武器を奪うが  手には与えるという  手を放す  手を着けよう  手をちょっと触れたのみで  手振うれたくも  手をやって仰向かせて  手をはなして  手を入れられる  手をかざしてゐないとおち  手のこんでいる  手のこんだ  手にて持つ  手にあり  手にありて  手を離れて  手の下をくぐりて  手を上げなさんナヨ  手へぶら下って叫んだ  手を乘せて  手を振つて駈ける  手を取つて  手で引立てる  手を掛け  手と清子の手を同時に取りあげて  手をとつて立ちあがると  手を引ツ張れ  手で指図して  手を乗せてしゃがんでいる  手を振ってかける  手が違ったよといえば  手で引き立てる  手を添え  手に渡した  手から手へと渡された  手を附けない  手温しとする  手に縋  手にか帰せん  手を分かち  手をふって  手を執って  手を引きあって  手で実行される  手があるのに  手のなかへ捲きこまれる  手にもたれてゆかう  手へかへしてくれ  手はよろけながらに  手をもとめる  手をひきだしてくれる  手をたたいて消えん  手はいき  手をのべては  手のかがみにうつり  手をさしまねいて  手は夕暮をとぶ  手は涙をながしてゐる  手がむらがりおりる  手の愛にわたしのあたまは野火のやうにもえたつ  手のむれは  手でしなをつくるやはらかな  手のきずからこぼれる  手のすがたは物語をはじめる  手でまねいた  手をさしのべて  手はくさりとともにさらさらと鳴つてゐる  手は扉にたつ  手のなかに咲きいでる  手をわたしへのばさうとして  手は雑草の笛にかくれて  手もやはり霧のやうにあをくばうばうとのびてゆく  手のなかをすべりでる  手と手とは眼をかはし  手にひらかれる  手も足も風にあふれる  手をつけてゐない  手をやめて  手に入る  手に追われ来た  手にした  手を折られて  手で瓶の下へ伏せた  手に鑛山を拂下げる  手に移され  手に二百近くあります  手につかぬ  手には得物がありますので  手をかけて起そうとした  手が延びると  手にもつた  手につかず  手を握ってください  手を執った  手が触れた  手は無意識に伸びて  手を伸ばすと  手をあげて  手を動かして  手も見えるではないか  手をお触れ下さい  手をとった  手がスウと持上って  手に握られた  手に弄す  手を借らずに  手で飲む  手がその手にかかった  手で植えた  手をやって泣いたが  手と愛卿の手はもう絡みあった  手を取りあって  手を伸して  手も伸さないばかりか  手に持て居た  手で拳を固く拵えて  手にザワザワ捲きついて来た  手が吉田の頸にしがみついた  手をあはせ  手が解決してくれた  手からのがれようとしたがのがれる  手を以ておさえていた  手で以て承けたが  手をつなぎたい  手で無神経にその毛布をめくり上げた  手がそこに動いていた  手で抱き上げ  手にはいれ  手に入れましたが  手を食わせられる  手を食はせられる  手によって再び立ちあがらされた  手を差し伸べる  手に支払われる  手は休めない  手から移つて来た  手に渡さなかつた  手に把られ  手をもて  手に成る  手が廻らず  手に成るを聞かざれども  手のなかで握り直されなければならない  手に入れていた  手を与えた  手を振り  手にしてみれば  手に取ると  手を延ばして  手に取つて  手から小壺を受け取りました  手に入れたと申しを  手にかけました  手に取り上げました  手から細川家に献上せられました  手を経て  手に入れました  手にはいった  手に入らないので  手に入り  手に突き当たる  手がその石を受け取ってくれる  手に入れて来る  手を用いた  手に依って弑せられる  手に育ったという  手のつけようもなくなった  手の出せない  手を触れ得る  手をやった  手を叩いた  手と同じように血のかよっている  手に奪われた  手は落ち  手から死を受ける  手彫した  手に討取られるに至る  手に扼殺されるまでの  手で抱いている  手に育てる  手に返  手に返さなければならないし  手に赤ン坊を渡して  手に渡ったので  手に出す  手を尽した  手を引く  手の指す  手を盛んに動かし  手を押しと  手え握る  手え握りたうて  手をださず  手に手当り次第八ツ橋を毀し  手に落ちなければならぬ  手を膝に落して  手を見れば  手で涙を拭いながら  手の中へのみ落ちた  手をソット肩から外して  手をさしだした  手で顔へ白粉を塗っている  手をしとやかに突いて  手を突きかけた  手を用意して居るに  手を握り合って  手を焼いて  手離した方がい  手の施し  手をやつて縮れ毛の頭からピンを抜きとつて逆手にもつ  手を掴んで  手を離すまいと動く  手をのばして  手が指先ばかりチラリと見え  手が顫えた  手で二品を掴むと  手があらわれる  手に弓を持ち  手に巻物を載せ  手を附けて  手に触れた  手を廻さなかった  手を付けている  手をはねのけて  手がふるへてならぬ  手おくれにならない  手をたたいた  手を強くふった  手をにぎって  手をつないで歩きまわった  手をのばしてください  手をさがしあてた  手にせっぷんした  手をうんとひろげる  手で運転されていた  手もあり  手をついた  手をジッと見まもっていた  手をハッととめて  手をぐっとにぎりしめた  手につかんだ  手はいをして下さい  手おくれになります  手にもはいらなかった  手に一ちょうの銃をもって引きかえしてきた  手も浮かんでくるだろう  手をとりあっているので  手でもって  手どり足どりにされ  手でなにか合図をした  手をふった  手をかわるがわる強くふってよろこんだ  手ばなすとは思われない  手に入れたか  手をかりて  手によってすくいだされ  手からはなれられた  手をひいた  手をさしのべた  手でまわした  手をふりはなした  手にはいらない  手に入れねばおかぬという  手をにぎれる  手を揺っていった  手をつき出しました  手につかまりました  手を火の中につッこんで焼きました  手をやいた  手には手袋がはまつてゐるので  手をランプで焼く  手をやいたにちがひありません  手をとりました  手でその金貨を三人の娘らに分けてやりました  手を引き合って  手にあましてゐた  手に抱かれて  手をやつたなりに顔をあげた  手と手は火鉢の上で絡み  手をやらうとしたが  手でそれを払のけ  手にあましていた  手をやったなりに  手と手は火鉢の上で絡みあった  手をやろうとしたが  手でそれを払いのけようとした  手の先はアル中の如くふるへるばかりな  手で切開して  手を引いて行き過ぎようとした  手に取りあげようとすると  手から奪って  手に鉛筆を持って  手から紅色ダイヤを奪ったかを考えてみましたが  手をはなしました  手であけて見ました  手を拍つて悦びました  手をかけたが  手に掴まって  手をつけちゃいけない  手の指先らしいという  手のまぼろしあをき  手に取らなかった  手を顔の前に出して  手で身のうちを撫でて見ると  手でだいぶ大方の諸君子をごまかした  手になってる  手に合わない  手を出さなければ  手に入らない  手を離れた  手は空しく冷え冷えした  手が幼児を透す  手で鋭いメスの一撃が劉子の頸部に加へられた  手の尖には  手の中に村瀬の手を握りしめてゐた  手を洗ひに立つた  手は案外脆くがくりと垂れた  手にとらえられた  手で育った  手を堅くお握りなさいました  手を合わせました  手に渡しました  手に残っていました  手に入れたかと  手を握り  手はしつかり  手を見ました  手を香水の中にひたして泣いてゐた  手にしはじめた  手にふれず  手かたく合掌し  手から脱落しようとする  手を握ると  手には銹びた針金を持つてゐた  手も足も皆なすき透つて見えた  手は伸びてきました  手では骨の折れる  手が伸べられてきました  手を預け  手を着けていなかった  手をとどめて  手を止めた  手を握ろうなど考えだしていた  手をかけてから  手のつけられない  手でうごかして見る  手となるまでの  手をその柱にかけ  手で泣き叫ぶ  手を曳いて  手にしていた  手を貸して  手がつけられず  手を洗っていた  手も利かない  手に入れるには  手で恰も合掌している  手を出す  手を握つてみたりする  手をだして  手をふり  手を洗ひ  手なりと引きて呉れ  手も忘れてゐた  手の中にあるとしておこう  手に委ねて  手だけを中心とし  手の背景としてうつす  手に渡す  手がふるえ出し  手をハンカチごと両手で強く握り締め  手で私の手を握つた  手に負えない  手を握られたりしても  手をつけず  手を突きだす  手をのばせば分る  手をニュウとだす  手を突きのばして  手を握られてみたい  手をつけずにおいて  手をかけて掴み起して  手を握って  手に乗る  手から離した  手で青木を救い得た  手の切れる  手で握りしめながら  手で裏を返して見た  手もなくこの災難から脱する  手を合わさんばかりに  手を入れると  手に届けられるだろうが  手をぐっとさしこんだ  手は鉄の鎖を握って引っぱりだした  手を傾けた  手を口のところへ持っていくと  手を鼻の下へやると  手でやれるかい  手で掘ったりする  手に拾いあげて  手をうたねばならない  手をひいて歩いてくれる  手を引張られて  手によって冷凍されてしまうと聞いて  手を打っておかないと  手もありますがねえ  手を貸して下さい  手を顔にやってみた  手を見た  手にとって壁につきさすとかんた  手であえない  手にかかって殺されるだろう  手にかかって殺されてしまってもだ  手はひろがって  手をとると  手をはげしく引っぱった  手に持っていた  手に手に異様な凶器を持ち  手を貸してやろうか  手をあげ  手をとって引立てた  手の指をみんな開いて  手ににぎられた  手をつけなかった  手をつけていない  手に残された  手をつけないでおいた  手をつけてはならない  手を引っ張っているらしかった  手でもう運び出されてしまった  手にもてるだけ  手を休めてた  手に引き受けてやろう  手をつけてないか  手としか見えなかった  手に坐った  手にもち  手でテーブルを打った  手を当てて  手にもっていたので  手で何本かの指を出して  手を繋いで  手に御盆を持たせて  手で廻したという  手によって管理せられる  手の幅一つだけ離す  手を持ちそえて刺しこむ  手を出さない  手に持つ  手に執ると  手をかけて繋がり  手をおさえながら  手を組み  手には渡ってやしない  手をしているね  手でヘンゼルをつかむと  手を切ってくれと  手にも足にも血が通っているとは見えません  手を一つ上にあげても判る  手をついて見ていると  手には小笛を握って居る  手を組んで  手をおろしてい  手の下で消えて居ります  手をお掛けになりました  手が私の肩に触れた  手に持つた  手に捧げた  手にはクラブが入りません  手に女王が残つてゐるばかりだ  手には女王が光つてゐる  手をカフスまでずぶ濡れにしていた  手には小銃を持ち  手にはピストルを持って  手から小さい紙包みを一つ受け取り  手を握っていてやった  手を押し戻した  手の震える  手を携へて出かけて来た  手から信玄袋を奪ひ取ると  手を前に出して  手では鞭を打つ  手にでもかかった  手で押へて上げると  手をぬけて  手で何かする  手に子供を抱きながら  手の指の間にとらえ  手も足も出ないあり  手をやかせやがって  手にとると  手のつけようがありませんからねえ  手へ十カペイカ銀貨を一つ掴ませた  手に渡ったかは知る  手きびしい方法で処罰しようという  手を接吻しに来た  手を与えて  手に接吻する  手がかかる  手を上げ下げした  手で鋳られた  手は自分でも気づかない  手に伝えて  手の指先がしなやかに反って  手の向きをかえて  手を重くあてがわれた  手をついていた  手などに選ばれるという  手の中に揉みくだかれて  手を置く  手を振りきって  手を上げたり下げたりしたかと思うと  手を引いて行ってしまうし  手を延ばしてすがり寄った  手がおぬいの肩でかすかに震えはじめた  手を取り合っていた  手をもう一度自分の肩に感じてみたい  手には鼠色になった  手をさし延べて  手を延ばした  手がつけられない  手から手に渡ったらしいのに  手を引きこめた  手で発声蓄音機を組立ててみたいという  手をかえて  手の出  手をやって結びなおしながら  手が襟巻のところに行ったと思うと  手がぶきっちょうに清逸の背中を上下に動いた  手の下でしばらくの間咳きつづけた  手を火鉢にかざさねばならなかった  手のあたたまる  手を火鉢に暖ためながら  手をふりながら  手をかけてゆすぶった  手に触れるにまかせて  手でおぬいの羽織の衣紋がぬけかけている  手に取り上げて  手をはたき合せながら  手をねじり上げる  手のさわった  手が堅く渡瀬の手を握ったかと思うと  手をかざした  手をさしこんで  手から辷り落ちて  手の方に行った  手を延ばすまでの  手をつけるについては  手の先までが寒さのためばかりでなく冷えきっている  手を延ばせば掴め  手もつけなかった  手をつけ  手を挙げて打とうとした  手に残りの半分の菓子を食べてしまった  手をあててみると  手もつけないで  手で処置したいから  手で制せられて  手を差出した  手がふさがっている  手を払いのけた  手をかすかに震わしていたが  手を握りしめながら  手を拭き拭き出て行く  手の届かない  手に握ってた  手で喉首をなで  手をかけてゐる  手にものをもつた  手で抓みあげた  手らしいものが私の痩せた  手が冷えき  手を火の上にかざした  手を火にあたためながら  手がひとりでに角刈を一つ撲りつける  手に職を持つ  手に職のある  手でさげる  手におへない子になつてしまふ  手でかう抓る  手を噛りつける  手を離せません  手を執つた  手が切れないのよ  手にかんじた  手につかまりながら  手ばかり固くにぎり締めた  手が繩のやうに私の肩さきから背中にしばりつけられた  手にかけた  手附きで金を貰って行く  手ばなすとて  手に重なって  手に手を取って逃げ出す  手に残った  手で捕えられ  手に女の片袖が握られている  手を重ねて  手を投げ出して  手と胸をふるはせながら  手を胸の上に上げて  手が動かない  手は漸くふるへて動いた  手や足や胴がどこに置かれてある  手と足に食塩とカンフルの注射をした  手に持たせて貰った  手をい  手の色をぢっと見てゐた  手を考へた  手を出したが  手を休めて居た  手が附けて  手をして居ました  手からまるで蜘蛛の糸でこしらえた  手がぐらぐら云うだろう  手にくっついた  手を大きくひろげて  手をあげました  手を延して  手がぐらぐらとゆれた  手に入れましたね  手にしている  手を伸ばし  手から離れて  手の露はなる  手重い油をさす  手はひさしく慄える  手にとどかず  手もやがて見失はれる  手からふり撒かれ  手に覆へる  手をあげてゐる  手にとらば  手をなめてゐる  手をのべ  手に落ちる  手せんまんの手その手をおびえし  手のやうに沢山あるといふ  手でおいでおいでをしながら  手にとり上げた  手のように澤山あるという  手によって破壊された  手でこれを造る  手が血に染んでいない  手には入らなかった  手にもまかさず  手でやるという  手によって首を斬られた  手を取り合って落ちて行こうよ  手に引渡した  手を裏にし  手が反射神経で畳の上の錐をふらふら拾い  手を捧げ奉る  手に落ちて  手を見  手をかけるまでにはゆかなかった  手でもかかった  手の心配がございましたから  手をつきました  手をついたなり  手捕りにしたぞ  手を着けた  手に一通の奏状を捧げ  手に繩をなつて居る  手に鞭を持つた  手で育てられていましたが  手でこしらえ直す  手でよくなしてゆく  手で拓かれている  手を束ねて  手に舁かれて  手も足も動かぬ  手に罰しようぞ  手のふるへ  手をかざしながら  手になりしやを疑はしむ  手もなくうまい事をした  手に転々して役せられて居た  手にもった  手に入るからであろうか  手や着物に触らぬ  手をゆるめたら逃げる  手に再び戻ってくる  手をあげないの  手の中の甘い杯を欲しがらねば  手で創造した  手をつなぎゆく  手にかかっては  手を握り合い  手で脚色して  手を貸し  手を組んで進んでいったら  手に渡しておいてから  手をつけろ  手を出すな  手を出したら  手をつないで出て行った  手をのばした  手になった  手にもかけたくない  手をやって触ってみては  手をつないで行きなさい  手を引かれている  手の下しようもないと言いたげに  手に見向きもせず  手におわんを無事に手渡した  手に持つと  手のふとさといったら  手で育てられていたが  手をとって語り合った  手にとってみよう  手の為す  手に入れようと努めた  手に入れておかねばならぬ  手で正直に実験をしている  手に引っぱられようとする  手の中に握っていて  手から離したい  手に入らぬ  手の中に大金を持っている  手がとどかない  手で思う  手がおのずから休み休みになり  手で折られている  手が出したい  手に掛けて殺すと  手をとりあって  手には三枚の紙幣を握っていた  手をとりて  手に引渡すか  手のつけようのない無軌道なところをみせ  手を突つ込んでみると  手といっしょに奪ってしまった  手が肩にかかれば  手に掴まれたなりに  手で起きようとした  手を合せながら  手にして居り  手に手に獲物を持って  手に触れたので  手にしっかり握られた  手をつけて居ないで  手で捕えさせ  手に入れたは  手を離す  手につまさぐる  手に狩るまでの  手を合した  手を触って  手でその松葉をさして  手を取った  手がないと云ふ  手を抑へて  手を合はして  手からひったくる  手から双眼鏡をとって  手をぐっと握りしめました  手が届くという  手がにゅうと出てきました  手は大きな鍵をにぎっているではありませんか  手をかけました  手で合図をいたしました  手をあげてとめました  手も足もでません  手をあてました  手が出ました  手をまわして抱きつきました  手にはとてもおえない  手でしらべあげたいと思っていました  手で怪塔王征伐をしなければならないと思います  手がちかづいて  手をあてていましたが  手をかたくにぎり  手をふれば  手にして振り  手をしっかりと握って  手をすっかり隠してしまう  手をつかう  手をしばられているから  手がいたい  手をほどいたりすれば  手から例の汐ふきの顔をした  手をゆるめる  手に持っていますぞ  手がふるえていて  手をこまぬいてみている  手をこまぬいて見ているなんて  手のとどく  手が両方とも自由になりません  手で握り  手がとどきません  手がとどきました  手で押してみましょうか  手をちょっと扉にふれますと  手をふれただけで  手をはなさなければなりませんでした  手にも握られています  手を下した  手をもっていってみると  手をふれてみましたが  手をさしだせば  手をかける  手がかかると  手にとりました  手がかかって  手をうち  手と手をしっかり握りあわせた  手をうしろへまわして  手をやいている  手きびしくやっつけられた  手をとりあう  手をかしてくれるだろう  手をふっています  手をしっかり握り  手に入れようとして  手に入れるであろうか  手を触れたくなり  手を上げた  手で忙しくぼんのくぼを撫でた  手もつけさせない  手に小さな包物を持って  手を差し込んで  手には入らない  手に入れるやら  手を廻して  手に払子めいた  手に入るからの  手を延ばすと  手に御幣の切られた  手を延ばしたが  手に手に野花を握り持って  手に抱え  手にかざして  手へは渡されない  手に入れなければならない  手でトントンと刀の柄頭を打った  手の肘が矩形をなして  手に余った  手に石を拾い取ると  手から遁れた  手を尽くしていた  手を延ばして支えた  手を入れたが  手に入れられたら  手に入れるか  手に渡ろうとしている  手を尽くして  手に入れたばかりでございました  手に入れたいという  手を通した  手についた  手にさしてし  手をかけて引つ  手に渡さなければならなかつた  手をつかんで  手にもつ  手からなくなつてゐた  手をひつこめた  手が口元に行かずに  手がガクツと動くので  手をつける  手を振りながら  手をあげてくれ  手をあげて下さい  手を通してゐると  手で押へて振りながら  手をつツこんで  手を口にもつて  手もなく巡査に兩側を守られて  手で抑へても  手をくみ合はせてゐる  手をフト置いて  手を振つてゐる  手を加えたりせずに  手で叩いた  手を振ってみた  手にとり戻そうという  手に提げ  手をのばせば届き  手で握りつぶされ  手によって加工された  手で示した  手をつないで滑った  手を叩き  手をその上に重ね  手で量りながら  手を飛び出した  手に包みこまれる  手を振って見送ってくれました  手を振っている  手で陽ざしをさえぎりながら  手を離すと  手に取り  手でエンジンをかけた  手にかかると  手はあと少しでサーフボードに届く  手をついて言う  手でそツと蜆汁の中から引き上げて見ました  手を洗いに行きました  手を差し出して  手を差し入れると  手をしや  手に握らせてやりました  手を押えると  手を握つて  手を出していました  手に入れようとあせっています  手に逮捕せられた  手を握  手をやつてゐる  手を下ろすと  手が出  手に渡って  手をたたいて  手に建てられた  手を握り合っていました  手に負えまいから  手を引っこめましたが  手を離さない  手の五本の指は都ハルレムの花壇にかつて咲いた  手を着ける  手でとる  手を堅く握りました  手の指赤く膨らみて  手にて身一ツに父の看護を引受けつ  手の届かぬ  手で竹竿を支え上げる  手さえ借りたい  手に入っていなかった  手に入れるかしか  手では始末がつかぬと言う  手に入れて  手に入らねえから  手に入れなければ  手ではもう一人の伴れの二十一二の束髪の女の袂の先を持つて  手を両方の袂へ入れて  手に持た  手の裡を覗く  手には二三年前東京で見た  手づから無疵の茶碗に茶を注いで  手でしっかり握っていない  手の間からとり落すまいと  手によってされている  手に戻っては来ない  手を放せば  手からお前さんを救って下された  手でよごれた  手を右のポッケットに入れて  手を打った  手を打ちましたの  手をさすってくれた  手が届かなかつた  手を借りてゐる  手を焼いてゐる  手を付けた  手に入れたい  手に入らないので困っていた  手で触れてみる  手で撫で廻してみる  手を触れるべからず  手を傷けたりする  手に風呂敷包を持って  手で温めてくれた  手にまるめ込んで  手をつけないで  手近い水難から救われた  手で温めてやると  手が二本出ています  手で来ましたという  手でやられるなあと  手を振つて  手はつい載せてゐた  手をばたばたと振って見せて  手を頭の上で組みうとうとうとうとした  手にとりあげて  手はそっと空気を押す  手に身を任せてしまった  手をかけて寄りかかって待っていた  手を入れて引ききって投げ捨てて  手を合せた  手に五色の糸をつけて  手を洗った  手に成りしと考へ  手に取りて持ち  手の口に移す  手にて直に握りし  手に石槍形の匕首を携へたる人物の石面彫刻物有り  手を動かし  手にて直に握られし  手を前後に動かし  手を中心として錘りを振り廻らすなり  手に成りし  手の入れ墨を見んとて  手に入墨をして居り  手をつけようとした  手をかけたかと思うと  手に握ると  手をじっと握り返してやった  手に握らしてやった  手に白銅を一つ乗せてやる  手の入れてな  手に委せた  手を躊躇させた  手にはめる  手をつかへてでなくては  手を差延べまして  手を持つてゐ  手に依りて  手をたたき  手を合わせている  手を合わせ  手を置いた  手に取って見ればわかる  手に取って見なくても  手に依って  手を動かしているばかりである  手に取って見ておく  手には這入りっこない  手を引合って  手と身とツンツンで飛出しさえすれば  手が急所を外れてゐる  手を放すと  手のおろし  手を置きながら  手にしたかと思うと  手で育てられてるという  手を切ってしまう  手を握りしめた  手に一枚の塩煎餅を掴んで  手を執りながら  手をかけていた  手で抱き取られた  手がつけられないで残っていた  手を置いて云った  手に托していった  手を合していた  手に掴らしてやった  手へ握らせようとした  手にも取らないで  手をあててみた  手に入らぬので  手を拍って躍り  手に成った  手を合わせて祈りました  手に接吻したい  手を触れると  手を握って泣いていました  手に届きました  手を握りました  手を赤くして  手を合わせて拝んで送っておけば  手に委ねます  手でしています  手で育っていた  手が慄えて  手をとられまして  手がないのといろいろな心を打つ  手が出て来るかも知れない  手を附けたらば  手に撫であげ  手に盃を動かしていた  手を退けて言った  手を折られたでし  手に上った  手が流れて  手には取れども  手を揃え  手の上った  手をつかえて  手に持添えて  手を挙げた  手を拍いて  手が出て  手に盃を動かしてゐた  手をはなし  手をはなしませんでした  手をついて申しました  手にとってよくよくながめました  手をあげて答えました  手でもかけてみろ  手だすけをした  手が吃驚するほど  手も出せなかった  手を切ると  手の痛みはどないやとも訊いてくれない  手を握ってたら  手につけた  手を投げ出していた  手をつけぬ  手で順平の無罪を頼み歩いたが  手が震えた  手をながめた  手だけが血色もよく肉も盛り上って  手ではつかめません  手があるまいと  手によつて解決の方向を与へらるべき  手にもっている  手を合わせた  手から敵の軍艦にぶちこまれる  手で相手の首をしめにかかったが  手を持つてゐる  手を取って助けるのに  手が切れた  手に露もかかりません  手を掛けて試みなかった  手も袖もまだ見ない  手にのらなかったので  手をさえ  手をかざし  手違うて順平は産れたけれど  手を握ったら  手を頸のところへやってみると  手をかえ  手に至らず  手を振っておいで  手をひき合い  手で顔をあおぐ  手に入つたものではあるが  手を握りながら  手をあげていた  手も足も出ぬ  手も足も出んとは  手に取ろうともしなかった  手擦りに凭れて  手を挙げて答えた  手を握り返して  手をかけて俯いた  手も足も出無い  手に見られなかった  手を出してやった  手を動かしている  手がひとりでに動き出した  手をとおす  手でさっきそれを握りながら  手を触れたら  手から滑って  手には籐のステッキを持っている  手をひろげて  手がとれかかっていると見えて  手をやっていた  手にとって見て  手を動かしてゐる  手をとほす  手にしてゐる  手でさつきそれを握りながら  手を觸れたら  手から滑つて床の上で眞二つに折れてし  手には籐のステツキを持つてゐる  手がとれか  手をやつてゐた  手にとつて見て  手があります  手を打って喜んだ  手を離れるまでに  手を置いてみる  手がごく自然に百合さんの肩へと伸びてゆき  手を出しながら  手とを神経とともに細かくつかって  手も伸ばし  手にあまる  手に手にランプを運んで来た  手を当てたり  手をつけて見て下さい  手を上げると  手で電燈が消されて  手を束ねて見ている  手に入れたし  手を引張り  手に入れると  手に提げて  手は利かぬと諦め  手にキッスをしたりして  手を一層うしろへ引っぱる  手とを洗った  手に負えないからと  手でつきのける  手にはとらず  手にとらないで  手の上に自分の手をおいて  手にもっていた  手の動くと見れば  手をつと放して  手を高く挙げて広げたる  手をはたと落す  手を振りほどいて  手を執りて  手を肩に組み合せて  手に半ば受けたる  手を胸の前に合せたる  手を抜け出でよと  手を高く差し上げつつ  手にこの文を握らせ給え  手を休めたる  手に握る  手をパチパチたたきました  手を当てて考えて  手に入れなければならないので  手を廻していましたが  手に入りましたら  手を鳴らすと  手なぐさみをしている  手の切れ  手もなく乗って  手ばかり付く  手が見える  手を貸せ  手を翳して見ていると  手を入れさせた  手を貸そう  手を遮ってしまった  手につかみ出した  手をやめ  手を絡ませて  手を打つ  手を離して下さいませ  手をふりもぎ  手をひくどころか  手をのせて  手にかかれば  手に渡して  手をふり離した  手をくった  手を貸してくれれば  手が出てしまいましたんで  手へ止まった  手に尺八を携えている  手を当てた  手で寝せつけられた  手を借りて  手が廻っています  手を廻してしまえ  手にはその尺八を持っている  手を束ねてはいられない  手も引く手も見せない  手より取り戻した  手で脇腹を抉っていた  手を伸ばしながら  手に入れてきた  手さえ動かしていれば  手も止めずに  手が入って上げられたという  手へ蝶結びにした  手を離して進ぜるが  手を早く離して下さいませ  手を貸せい  手を垂らした  手をやってみたが  手なりに建てならび  手を考えている  手から受けて  手から住み込ませた  手を袖の裏へ隠したが  手へ渡して  手を貸していただけば  手をはずさないでいておく  手の力があまった  手を置き添えて  手で荷物を提げながら  手や足を挙げて防ぎながら  手を頬杖にして居眠っていた  手がつけられないほど  手に鼻先きを持って行った  手をかざして  手が広がっている  手を合せて  手を打つと  手を合わせて  手に手をとりて行く  手も足もばらばらになってしまい  手の痛さを感じた  手にふれてみたい  手を握りあった  手をつなぎあって  手を巻いてくる  手におえない  手を振る  手はしっかり廻転椅子にすがっている  手でお婆さんは私の手をはらった  手を巻いた  手をかざす  手をかざしていた  手を引っこめると  手を握りあって歩いた  手を見ていた  手にのせてやった  手にはたしかに覚えがあった  手をはなすと  手から洪水の如く流れて行く  手で叩きたい  手を働らかせながら  手をつけてみた  手を押しやる  手につかない程  手を巻いて言った  手をつなぎあって転がっていた  手を添へた心程身を起して  手を取つた  手を引いて来た  手に持たれて居たので  手を鉄砲のやうに前へ出して  手から貰つて横に糸で結へ附けてある  手の中へ来た  手を拭き拭き出て来て  手の掌でぐりぐりと返しながら  手に取  手や足を引張り  手を取  手に帰つたので云ひ  手へ来た  手をのせ  手でうけとったりして  手からそれておちて  手をつないでかうね  手を取りました  手をひっぱって  手を引いてあげよう  手ははっと息をころすと  手をくだしてあやめるという  手の置場所がないやうに感ぜられる  手つだひをさせられた  手にしながら立ち上つた  手にそつと嵬が小さな紙片を握らせた  手に握  手から娘の足もとに滑り落ちた  手をかけてゐた  手で掬ひたがつた  手つだひをして  手があいてるね  手を出されてゐるのに  手の出し  手がつかん  手を出せる  手を加えるなどという  手をとほした  手をしてゐた  手まはりのものを持つて  手に入っても  手を近づけました  手を先に電極板の間に入れて置いて  手を電極板の中央に入れる  手が吸いつけられる  手を強く引きました  手を眺めました  手で傷口を抑えた  手に触れる  手をつかねて  手が出るほど  手を毛だらけにしながら  手と短刀を洗い清めると  手に仕  手からさっと閃めいて  手を伸ばした  手を求めた  手をゆるめると  手で歪むほど打ちのめすと  手から酔どれの襟首をひったくると  手を拡げ始めた  手でというスローガンとともに天皇制を護持した  手で文教改革の骨組を決めてしまう  手になる  手で消毒されていない  手をつきこんでみた  手よりになる  手にとりあげた  手が加わって  手によって復活した  手を入れたので  手を入れたら  手で掘  手の尽し  手に依つて為された  手をふれ  手によって一応合理的な連鎖として記録される  手を掴んだ  手を顔の上にあげ  手でしがみついて来た  手で火鉢の炭火を掘りおこしていた  手が顔の筋肉をつまみあげる  手の動脈を太く浮び上らせていた  手が豹一の腕を掴んだ  手を触れた  手がないと思った  手を突っ込んで  手を突っ込んだ  手があると  手がまるで自分のものとも思えぬ程痛んだ  手は反射的に新聞を畳んでいたが  手をかけたり  手をいきなり掴む  手を掴んでやる  手を握るという  手を握らなくてはならない  手をいきなり握ろうという  手を握ろうとして  手を伸した  手に急に力がはいった  手を離したので  手が女を退けるまえに  手が伸びて来るまで  手をのせていたという  手から取りあげる  手でもみほごす  手を引っ張って  手で拭って  手をつけないだけだ  手をつけられた  手の空いていない  手の出せぬ  手をほどき  手を借りずに  手を見て  手をつけていないのに  手を見せねばならぬからであった  手だったかも知れない  手を豪華な装飾に輝いている  手をひっ込めた  手がふるえていた  手は空いていなかった  手を握ったりすれば  手も足も出なかった  手はさらにないと思うがね  手に金を渡しながら  手で文学から追放してしまった  手にとられた  手をたたいてわらう  手を叩いてはやしたって  手のかかる  手を延ばして打つ  手に渡してくれた  手の葉巻を見ると  手に取上げて  手が燈明に映って  手を解いて  手にも投遣らないで  手を入れますよ  手もわななく  手に触る  手より奪還して  手に知らし  手に陥るは恐るべき  手に陥るの  手を取る  手を空しゅうして帰るべしや  手の触れし  手に取りて見つつ  手の指が五本衝立の縁へかかった  手を引張ってという  手を懸けたという  手をつき  手近い源泉から採取した  手の指を五本斬るから  手で振りはらう  手から盃を離さなかった  手を引かれて出て行ってしまった  手からすべり  手を額にあてて  手にはステッキみたいな鉄槌をもって  手にもったりして  手を相場に下して  手で押えられるという  手を握っている  手でぼくの手をつつみこんだ  手を持った  手に入り得る  手に入れてくれた  手に入れたばかりで  手をのばし  手をとめた  手をへて傷み古びた  手をさしのべ  手に入れたのね  手を引かれる  手をあげてみせた  手にさげて  手にとつたにしても  手の爪でガリガリ畳目を掻きながら  手から見覚えある  手を延ばし  手に取っても  手を捩じ上げて  手に小銀貨をわたして  手に藉ってこの稿の謬を匡す  手から買い取ったと云う  手が鈍つてゐる  手を口からはなした  手を分つ  手に残り  手によって進行せしめて行きたい  手で経営され  手をとり合って泣いたという  手のものといった景気がある  手をズボンのかくしに  手を空しゅうして帰る  手に移し  手に入ると  手にかかって  手にかかった  手に収める  手から一切の権利を買収して  手にまとめるの  手から買い取ってしまった  手に於てはいけないけれど  手離すようになった  手を染めた  手を動かしながら  手にとってみたら  手から太郎兵衞に渡つた金高までを探り出してし  手から受け取つて  手から書附を受け取つて  手から太郎兵衛に渡った  手から受け取って  手から書付を受け取って  手に鼓を持っていた  手に大きい皿を持って出て来たが  手でつまんではたべた  手を横に振ったので  手離してなる  手が怒りのために震えた  手も自由ならず  手を留めたが  手を膝に取って  手が利きますので  手で擦り  手を揃えて  手をその上へ重ねて  手でおさえて見ていると  手が届き  手も足も縮んでしまいましたろう  手を留めて  手が震えて  手をかけますと  手もつけはしませんが  手をお延ばし下すって  手で綺麗にこしらえさして上げましょう  手の濡れるほど  手を載せた  手にあるを  手をのばして来てくれない  手のそばにある  手と愛の織  手が私の頭にのせられた  手が織り出した  手は隣りに坐している  手であると教えてくれた  手を取って叫んだ  手のささやきが  手を振って見せた  手から平和の織  手が一つの虹を織り出した  手の心にはいって行った  手が答えた  手なるユダの三本の梭は神秘と失望と墓と名づけられている  手をひき  手だけがい残って  手から教えられた  手を出して働いて  手が懈いと云ふ  手に持つてゐた  手に掴まれて  手から匙をもぎ取つた  手を出すにも  手に載せて  手である蔵相はラジオで放送して  手から落ちるだろうと思って摘む  手を束ねている  手をこまねいている  手をまつ  手を焼いていながら  手に巻煙草を持っていたので  手をかけると  手をグイとつかみ取りに引き込まれて  手が縊れてしまうばかりだ  手を羅生門の鬼かとも強く感じた  手を離された  手が嫋やかに動いて  手を握ろうという  手を入れる  手に曲る  手くびをつかみ止め  手を焼く  手に握られてしまった  手を砕いても  手を貸してやろう  手を結んだ  手を伸ばしてみると  手をつかえていた  手を伸べると  手にかかる  手を休めた  手をのばして救い出した  手が伸びた  手を落した  手を口に当てて  手を一ツずつ握ってやりながら  手の箸をポロリと落して  手をつかまれた  手にふれて転がった  手をとってやる  手の盃を取り落して  手に入れようと計っていた  手に拾って  手を払って  手ははね上がった  手をかけたか  手がつかない  手に吊るして  手に引きずられてゆく  手をやるが  手で後ろに寄せた  手を綾にして  手へ握らせてやったが  手が廻った  手を廻してきた  手へもサッと返り  手を拝借とどなれ  手を借りあつめて  手をさし招いた  手へ預けていた  手に入らないかしら  手へ提灯を預け  手は血糊でヌラヌラしてきたから  手をつくしても  手で入れた  手を貸せよ  手を引ッこめた  手でもつけたら  手を痛いほど握り取って  手を廻せば  手をつかれちゃ  手へ抱き抑える  手に裁かれる  手を取らんばかり  手に引かれて  手にひかれている  手に拾ってみると  手へ返すと  手に持ち  手に提げていた  手へ渡した  手を握つた  手を曳かんばかりにして  手に取つてみた  手を使ふ  手で戦はれ  手を見せて  手をかけようとした  手にキスをなさいまし  手に接吻す  手離すまいとした  手に渡った  手から指環をもらった  手で面倒が見られ  手によって展覧に供され  手を引くと  手を触れようとしたが  手にはめてる  手があるから  手を両手で取  手を打つた  手に還し  手にはをへんて  手に銀貨を握らせた  手を差し延べた  手の御執り成しによりて  手を突いた  手を強く振り  手から血を流してゐる  手にとつて見比べながらかう  手が届かない  手がついてゐるのよ  手を押へられて悶えてゐた  手に噛みついた  手を離した  手にとつてぢつと打眺めた  手を合はせて拝んだ  手には繩がついてゐた  手易いと信じてゐる  手つけたる竹の籠の小く浅きに木の葉にやあらん敷きなして  手には竹のさ  手に持てる  手を入れて解き落す  手を引かぬ  手まで鎌首が到達しない  手は出せない  手がついていないから  手を煩わした  手にしなかった  手を握ってやっていた  手を緊と握りしめた  手を握ってやっていて下さい  手につかまった  手に握った  手で披いて見ていた  手を私は強く握った  手をじっと握っていました  手を握っていた  手をしっかり握りしめた  手をじっと握っていた  手につかない  手をばたばたしたが  手で制し  手で捉へちや喰ひ付かれるといふので  手で馬の轡をとつてむつとした  手をつけません  手にとまつたりしてうるさ  手の音がピシピシと僕の耳にひびく  手に持つて行かう  手に取る如く見  手づから巨蟹を捕へて  手を拍つて笑ふ  手で胸を押さへて  手を插し込んで  手を高く上げた  手が弛んだ  手にわたした  手に息子を返して遣る  手に入らなかった  手にしてみると  手が出ないが  手にしても  手もある  手に筆のある  手ん手に懐を捜って杯を取り出した  手から流れる  手から他の手に渡った  手討ちという制度の下におかれていた  手おくれに知らされて  手にまるめようとしたが  手をふれて  手を出さないという  手につかまって  手を握りあっていた  手を入れてみるべきだ  手には空鑵をさげて  手を洗って行くから  手を洗って来ると  手をふりながらも  手を膝の上にしている  手を握らせなかったりしたら  手をやっては  手はいきなり引かれて  手は夥しく震えている  手をかければ  手をふれる  手を思い出して  手で錠をこじあけたから  手なり足なりの感覚の一部をそこに感じられる  手を擦って見たい  手を引いたり  手を強く握った  手を見つめていたが  手にとって嬉しそうに見た  手を布団から出して擦って見せた  手が鯉口へ行ってしまったので  手もなく捕えてしまった  手でしごいて  手を振ってくる  手でふさいで  手へ爪を立てながら  手離したくないように動きだして  手に一本の矢を持って  手を振りきって立とうとすると  手も出さずに  手を当てていたが  手むけさせる  手はおのずから腰刀の柄へかかり  手には幾多の生胴をかけた  手が附けられぬ  手を放さうとして見ると  手をしっかり握っててね  手を握っていて  手を離さなかった  手から砂へ投げつけられました  手にとってにやりと笑い  手を邪慳にふりきって起ち上ろうとすると  手を感じて  手から奪い取って  手近いところから私達の義務と名誉とは実現され得ると思う  手にとり戻そうとして  手の上でさか立ちする  手であるという光栄を捨てるべきだろう  手にして立っていた  手任せに掘り出そうとした  手にとって燦爛と光る  手をくっている  手から鋤をとって  手を触れな  手をつけんと思うておった  手が離せず  手を休められない  手には縫糸の先を持たれた  手をあはせて  手をたれてゐました  手を熱い唇でひつたりと吸ひました  手をあてて考えてみりゃ  手がぶるぶるしますの  手がかじかんでしまったわ  手で示す  手にキスする  手を煩はさなければなりますまい  手にしていたから  手に触れるが  手を尽して居残りの  手を差入れ  手には風呂敷に包んだ  手に提げて着ない  手にしているから  手を取りながら  手に四竹を握っていた  手によって塩梅せられた  手ではどうにもならんが  手が盃のほうにゆくと  手に俟たなければならぬと信じるが  手を拱いてゐる  手によつて創られたか  手ばかりに任した  手にあるといふ  手はちゃんと定まっていて  手にあるという  手になりたい  手ともなり得て  手に持って寝ます  手からぬけ出して  手を挙げながらいいました  手も何も届きはしません  手をかけて見ました  手をご本から離させようとしましたが  手に依  手づから勝盃を贈る  手にしないが  手を引つ  手に手に日の丸の小旗をかざして  手を離して出て行くと  手離す段どりで  手や山の獣の血にぬれた  手を加えてみたい  手をひっこめて  手をだす  手に立つ  手が冷めたくなっている  手に力がこもり  手をゆるめました  手の隙間から首をぬくと  手が女の顔にとどこうとした  手の下には降りつもった  手も彼の身体も延した  手も足も出なくなるだろうと  手のように重くのしかかって来る  手に手に靴を持った  手にしない  手どり脚どりして  手もなく一言の許に引きさがらざるを得ないといふ  手は巌に向つて矢を放つよりも  手を翳して  手に汗を提つて彼等の様子を凝  手を焼いた  手を像に触れた  手を引張つた  手をやつて見た  手なんか引つ張りつこ  手にはいらず  手が延びたり  手つかむ計りの闇がりまぎれにきけば  手を捕へられて  手が触つたり  手にいくつも持ち切れないし  手を叩いたり笑ったりして聞いてゐました  手を叩いたりしました  手にも塗った  手を入れないと  手を大きく振った  手を叩いて笑った  手がやって来て  手をかけられたら  手を急がせ  手が出ない  手をかけてまで引き止める  手で扱いだって扱げ  手をさし出して  手を組みあって  手をとり合うて  手がさむしいわ  手ぐらい出しなさい  手をおいた  手を膝へ戻して  手をつくして調べさせましたが  手の上に人間が出る  手の上を通って  手の上に人間が出られる  手で組立てが出来ない  手に入りました  手が出ません  手っ取  手を洗ふべく  手の影はひとり悲しくあらはれぬ  手にとりて過ぎし  手振狂ほしく足並亂れ  手を擧げて  手を凉しい  手がおまへの下衣の襞に觸つて顫へる  手は曖昧な手振をする  手から播き  手の怒  手に力のある  手を挫いてやる  手は酒に行きます  手も酒に行きます  手に渡ったならば  手を執り合って  手で訳されて出てゐますが  手の好奇心に勢づけられる  手をつないでも足りない  手に渡つて来る  手なり機械なりで紡がれて  手の足で踏む  手に入れるが  手で掻き集める  手を掛けないで  手に入れるかと  手でかけば  手の窪みで寝られる  手に就いてのもつと  手で定規とコンパスで描いた  手で叩きおとされて  手でい  手を三つも四つも螫された  手は丁度火であぶつたやうになりましたよ  手を撃つ  手が腫れる  手をそのそばにもつて  手を引つこめました  手を延ばしたら  手を突つ込んだと  手を刺して  手をしつかりと握  手はその牡猫の背中を行つたり来たりしました  手がふれると  手で猫の背中をこす  手で猫の毛をこすりました  手で持ちあげる  手ごたへのある  手で撫でた  手で坂を押し上げて来る  手を翳すだけでい  手にしてゐた  手でハンドルを押へてゐるが  手にバスケツトを持つて  手で空に触れて見ようと  手で空に届くなんていふ  手で石を持ち上げて  手をつなげ  手をつながなければなるまい  手で動かすと  手で我々に太陽を齎した  手で出来た  手に支へてゐる  手に彫つた  手で握  手を引いて行く  手に握られてゐました  手でどくぜりの  手に取り囲まれました  手になり  手と右足の爪先きとでつかんで  手で大洋の深い淵を測つてゐる  手を引いてやりました  手では金槌を下げ  手をかざして見ながら  手に入れるのに  手をあててみたりした  手に預けられた  手が小刻みにわなわなと顫えだした  手が小刻みに顫えた  手で指しながらつけ加えて  手をつないで行きましょう  手をとって行きましょう  手を染められて  手を触れないにもかかわらず  手に持っていたが  手から手紙を取ろうとするらしい  手につかみ去られる  手に匕首を持って跳び起きた  手が臂のあたりまでぬうと出て来た  手も手紙も共に消えうせた  手に二通の手紙を持っていた  手が私にさわる  手がわたしの喉をなでる  手によってなされなければなるまい  手ばかりが出て来て  手をもって揺すぶる  手をとおして  手に草の葉をもち  手近い実例の人を動かす  手近い日本の小学者の小研究の方が遥かに切実な印象を日本の生徒の頭脳に刻みつけるであろう  手きびしく撥ねつけられたので  手を打って  手にはいるという  手も触れないで  手を替え  手に握られているという  手を上げたかと思うと  手をとりながら言った  手を握りしめると  手に蝋燭を持っていた  手を取られて  手に接吻した  手で曲げてしまった  手を差し伸べて言った  手にしないという誓いを破った  手はふるえていた  手の黒いのを見て  手を伸ばせば  手に手に散弾銃をたずさえて  手より取り落としたる  手に因って殺されたる  手の指先で切符の鋏穴のところをやはり無意識にいじっていた  手でものを捧げる  手を足す  手がないとあきらめて  手がないと中平は断定した  手が地面へつくほども  手の屆かぬ所へ始終逃げてるといふ  手もなく伯母の一笑に附せられて  手に持つて  手に持って立っている  手を付けない  手からもぎとられた  手から帰されたときいて  手に入らなければ  手で難なく捕らえられてしまいました  手は速やかに動いてゐる  手は全き  手に信じ  手を用ゐてゐる  手が如何なる奇蹟をなし得たかを信じ  手よりも驚くべき  手こそは自然が与  手に托されてある  手を載せたり  手を入れないので  手がわたしの手を握った  手に接吻したり  手をかけましたが  手で自分の墓の石蓋をとじ  手で自分の牢獄の門をとじた  手あらく窓をしめきって  手を胸の上に組み合わせて  手は天使の手よりも透き通って  手にはまだ真珠の腕環がそのままに残っていて  手をあてますと  手にふれた  手をなめていました  手には充分にそれが出来ませんでした  手を交るがわるに私の口へあてた  手を差し入れて  手を私に巻きつけながら叫びました  手を取って出ました  手を触れると開きました  手を照らして  手に接物する  手にも温かいうるみが出て  手でしがみつく  手をかけてみた  手でさしだした  手は邪神の手首に纏わり着いた  手を引こうとした  手を持ったなりに  手を切るとは  手で顎を支え  手の上に休めていたが  手を挙げたばかりであった  手をさし出した  手をのばすと  手を振りませんでしたか  手がごっちゃに出て  手にランプをさげていた  手で眼をこすりながら  手でいく  手で膝をたたいた  手で障子を開けて  手に惜し気もなく滴り落ちた  手が蓋の隅にある  手が僕にとびついたかと思ふと  手を握つたので  手を払ひ退けた  手を振りながら説き始めた  手は殺人に走らなければならない  手を生命と共に奔ばしる  手を当て僕は叫んだ  手がさつと空を指したと思ふや  手は真赤な熱い血に濡れた  手に殺害され  手づから殺害した  手からそれ等の人々の黒血はわが良心に向つて絶えざる  手に鉄の棒をもった  手から逃れたが  手を空うしてこの母は下まで降りて  手で発見される  手なずけている  手でしめた  手で押えると  手を早めた  手の警官までに顔を合わせねばならないじゃないか  手をあげて見せた  手に書類をもちながら戻って来た  手にとった  手を焼いてしまった  手を取って駈け  手で作って  手をかしてくれ  手には眼も醒めるばかりの  手も触れている  手をくださずとも  手に火傷をした  手にハンカチーフを巻いて  手をふれた  手にして現われた  手を引いて導くだけの  手を伸ばしながら言った  手はまだその胸をおさえていた  手をかけながら現れた  手が動く  手から手へうつっているが  手へ巻き込む  手に重心をもたせて  手の鉢を持ち上げて見せる  手と足とを一どきにかける  手を筒のようにして  手を突き出しながら  手のくだし  手を出したい  手がとどく  手は妙な形をした  手を強く握りしめた  手に握られている  手がわたしの肩越しにあらわれて  手や腕を動かさなかったらば  手や足が動きました  手に鏡をわたした  手からその鏡を奪う  手が私のからだに触れるか触れない  手から引き離さなければならない  手が握りあっている  手を差しのべていると  手と手を握り合う  手の握り合った  手にとつて嬉しさうにして見てゐたが  手を延べた  手で頸筋を撫でながら  手を掛けると  手振をし  手に入れたいと強請るのでね  手に帰って行かなかっただけの  手にいつもの小さいハンカチーフを持ち  手にやはりいつもの名刺入れを持っていた  手の形を覗いて  手で押し分けた  手を徐ろに一杯に擧げて  手に青笹を擔いで  手は四本の指を揃へて袖口をぎつと押へて突つ張つて居る  手と右の足とを突き出して  手に提げた  手のやうにずうつと佐渡が顯はれ出した  手によって設計された  手は胡桃割りを持たずとも  手なずけておく  手で動かしてみてください  手を突っ込んでみた  手を放してしまった  手で船長を揺り起こすと  手に寄生する  手の付いてゐる  手を逆さに使つて掃いたりしてゐる  手に箸を持ちながら  手で魚の骨をつまみ上げてしや  手で平氣で何處でもい  手をへてかれの  手の先が枕元の蛍斬り  手をくだいた  手を遁れるとともに  手をかえた  手をつくと  手の上へ乗せてやると  手を差し入れた  手が知らせていた  手を迷わせた  手を握りしめて  手は汗に粘って  手にもたれた  手むかいいた  手を分けて  手に入れてまいったな  手は鞘を離れて  手をふるわせて  手ばかり振って  手をあげると  手にブラ下げた  手をついていると  手をつン出して  手くびを握った  手をそれへかけて  手くびを握って  手を抱えていた  手を預けた  手を抱えた  手くびのしびれを忘れて  手をとり合ってきた  手に入れても  手を下さずに  手を鳴らして  手へ握らせたが  手のひまをながめて  手離せないことがある  手を突っこみながらふりかえってみると  手を廻した  手を離しておくれ  手でも掛けられた  手から槍を取って  手から忘れられている  手にからみついた  手が追い廻してくる  手を振られて  手も間に合わないくらいに  手を食う  手によって整頓された  手を加え  手から一分の何十分の一の外の手套の上には一旦溶けた  手を翳す  手を突込んで止まる  手に身をゆだねていた  手を撫でていた  手を休めてはいませんでした  手がわたしに触れましたね  手に薔薇の花びらを振りかけた  手の死びと色の斑点を塗り隠すやら  手に握られている錆びた  手を突っ張った  手に自分の手をかけた  手をとり合っていた  手にそれを取って  手を握れ  手を取り合った  手から児を取って  手をぬいた  手をうちてはやす  手をかけながら振り返りました  手を触れたか  手から櫛を引ったくって  手に入れたいと思うから  手が届きませんから  手を出せない  手がとどかないと思った  手がふるえて描けなかった  手でほてった  手は胸の上に置かれているが  手で横腹を強く抑えていたが  手をひかれ  手で取壊そうとしたので  手で勝手に取壊す  手の下しようのない烈しい戦いになっていた  手へ持ち添えて  手から振り放って  手を出したら掴め  手を挙げていった  手をぐっと握り取った  手では母親の怯えの  手を瞠った  手で制して  手を合わせて拝み  手をして  手を差し延べて  手を叩きながら  手をすくめた  手を抑へた  手を引かなかつた  手で夏繪と敏樹を自分の體の方へ引き締める  手も忘れて  手が下に下りぬ  手で一足を上へ持ち擧げて居る  手に移り  手の口を見つめてゐた  手ですかされたばかりなので  手を仄白い自分の無邪気な丸顔の前でふる  手をかざしていたが  手をこすったり  手の先を火鉢に出した  手をやめて眺めていたが  手に取つた  手に取る如く聞える  手なづけるだけでも手をやいてゐる  手で頭を抑へて  手を停めると  手は採用しなかった  手を束ねて遊んでいる  手を離れていった  手で大騒ぎをして取調べられている  手を内懐へ入れて  手に触れなければならない  手に持たせました  手に握らせました  手に握らせる  手をつけては怒られる  手を届かせられる  手が長ければ  手に握って  手にもって  手を放して黙したが  手を伸ばしてみた  手に入れなさいまして  手にとりあげてみると  手に渡してしまった  手が届いてこなかった  手をふれると  手を空しくさせた  手を騒がしておきながら  手に戻って  手へ眼を落した  手をあてて考えなおせよ  手を下すにいたらなかった  手にピカピカさせた  手も触れさせず  手がのびなかった  手へ渡してもらいたい  手抗いをしているか  手で研がれてきたばかりの  手をとって死のう  手を結んで  手から捨ててしまった  手では抑えがつきません  手を曳かれてゆく  手にふるえながら持った  手を廻して殺されるという  手にのせて見て死にたい  手も心もますますうろたえたらしく  手を振って急きたてた  手で支えた  手を辷らせて  手へ持たせて  手がつけられなかった  手を当てて考えてみろ  手から短銃をとり落した  手が利かない  手が下から自分の腕く  手で扱帯を裂き  手に返してやったら  手に汗を握る  手にもずしりとする  手を出して寄って来たが  手が縮まる  手を当て  手も足も突張りました  手に据えた  手に鐸が鳴った  手の傍から薄が靡いて  手が動いた  手で圧える  手を掉った  手に触ると  手を置いたが  手を懸ける  手尖が胸へかかった  手で払くと  手がぶるぶるとなった  手に包んだ  手で教えた  手に鍵屋の店が一昔以前あった  手を曳いたではありませんか  手を曳いてる  手が届く  手を拭いて  手を拡げた  手を支いて摺って出ました  手を翳した  手を懸けると  手に取って視  手の着かない  手が着いたって  手で脱がしたか  手を置いて寝て  手が届かんで  手を載せて  手を搦みながら  手も見せず  手に着かない  手をつないで死ぬ  手に取りついて泣きながら  手に取りすがつて  手をさす  手に帰してもらうより  手を堅く握りしめました  手にすがりました  手は一塊の土くれをつかんでいた  手のつけ所のないほどに破れ損じている  手を突っ込んでつかまえる  手を見ると  手の先を一尺ほどもからだから離して  手を隠してゐる  手をそつと出して  手は可愛かつたけれどもまるで大人のやうに荒れてゐた  手で縄を結んでゐる  手つだひ  手をひろげ  手さえ通せば  手に靴は穿かぬが  手尖を八ツ口へ突込んで  手を引張出して  手に引摺られた  手に一条の竹の鞭を取って  手を突込んで  手を伸ばされて  手を出だせば  手に帰し  手のみを使用して  手は便用の時に使用する  手で海外通商を營んだかとも疑は  手の歯を浮かせるに  手の嶂壁の下に沿うて登る  手で妹子の蝶ヶ岳を擁している  手は晒手拭で音のするくらい拭くというあり  手さえ汚いと躊躇うほどであり  手に重い物さげて  手の左利きをお定はふとあわれみ  手をはなした  手で運び  手を煩わし  手が霜焼けている  手が染められなかった  手おもちや持たせ  手あきりやおもちやをみんな投げる  手が見えた  手を拭き拭き出て見ると  手に力が入ると見え  手に押しつけて持たした  手など薄赤くさっぱりした  手が絡ってきた  手を振り放して逃げようとしたが逃げられなかった  手を振り放そうと  手に手に長い戟を持っていた  手が絡って来た  手を揮り放して逃げようとしたが逃げられなかった  手を揮り放そうと  手にして出かける  手を折った  手の広さ程の平らかなる処あり  手にとらぬ  手をのばしかねていた  手へ届いた  手を折りますぜ  手へ入っては  手が廻ったが  手をのばして叫んでいる  手に振っていた  手からひらめいた  手まえまで見送って  手で江戸へ持たれて  手を叩きつけた  手のほうは道中だけ辛抱して貰おうか  手がよろこびにふるえながら  手に見ない  手をつかませて  手に入れましたぞ  手抗いするか  手でお綱に縄をかけて  手に解かれてゆく  手であれを解くか  手をひかれて  手が下ります  手からお綱へ渡されていた  手へさずけた  手をへて  手をさし入れてうつむいている  手を固め  手をついて頼む  手を合して  手はいたわる  手に移るとともに  手をひかれている  手をグングンと引っ張って行く  手を夢中で引ッ掻いた  手に入ったし  手に握っている  手で強いられている  手からその瓶を取って眺めたが  手を前後左右に振って  手に手に兇刃を閃めかして  手を放てり  手を放し  手に引込まれて  手を触るるに  手に提げたる  手に側の燈油を注ぎ入れて  手の指ももはやきかずなれり  手ずれた浮き彫の  手づから彼女の耳へ下げて  手を延べて  手を止めると  手をあげろ  手のピストルも火を吐いて  手に渡る  手をつけられ  手を抜き出すと  手を引こうとする  手は動かなかった  手がしずかに這いよって来て  手を自分の胸に引きよせながら  手で遮った  手に帽子を持って  手に何を掴んだ  手を執る  手に入ったか  手が胸の衣嚢のところへいった  手もふれた  手で浚っていきやがった  手は消え  手をとられながら  手を考え出した  手に手に緑と藍と白のリストリアの小さな国旗を持ち  手を差し出し  手を揉みながら  手を握らせてから  手の届くまで  手を上げ  手の中を乞うたという  手に余ると思ったら  手を拱いて見送った  手の触覚を感じた  手をお上げなさい  手に入れましたら  手に入れたに  手に戻らないとしたならば  手に入れたいと焦る  手を引かれ  手を挙げて止まれと  手に入れたという  手を突き出し  手でその箱の中へ入れられた  手から奪い取ろうという  手にまた奪い返された  手に手に持っていた  手の武器を捨てて逃げる  手なずけて旨く味方に引き入れたらしい  手で南洋航路の英国船の料理人として雇われた  手の触覚を体の全体に感じていた  手に土人用の弓を持って  手も足も力を失ってしまった  手のように自由の運動をするらしい  手が自由になった  手を急ぎ止めて  手には持っていない  手を堅く握りながら怯えた  手に持っただけの  手によって投げられた  手によって死に至らしめられた  手のつけようがありません  手を貸しておくれ  手はかすかに震えだしました  手にして戻ってきました  手などの具合が女のようにか弱く見える  手に取りあげ  手に入らないだけで  手をもって制しながら  手に合うなら  手を負った  手にしてゆくと  手によつて熱心に救助捜索が行はれましたが  手になつた記事の大要はなほ続きます  手を思いだしたじゃ  手もハートルプールにいた  手でやった  手を引き込めておれば  手の遣  手にとりて  手を叩きたれば  手と一所に推込んで  手で掴出された  手と手を千鳥がけに始った  手を支いたなり  手に弁当を一つ持っていました  手を支くと  手が動かぬ  手を支く  手のつけようがなさそうな容子には弱ったね  手を掛けながら  手のものを落す  手の鱗も逆立つまで  手を扁平く  手に取るよ  手にこそ引結うたれ  手を借りぬ  手を下げて  手を口許に翳したが  手を支いて  手を添えた  手を控える  手でも持った  手を引けば  手の震えで滴々と露散るごとき  手を拍くと  手を支いた  手を掛けた  手の動く  手をば私が引く  手に亞鉛製の如露を持つ  手で髯を靜かに撫でおろす  手にて毒を採るべし  手を傷つくが如く  手を制し  手よつてゐない  手の生えている  手で剃髪した  手を洗おうとした  手が自然にその垂り髪を撫でるに  手で示します  手をもてあそびながら  手も遠いところへ天のははびとたづねゆかれたそなたのをぢさんそなたたづねてすずめのお宿ふ  手を拍ち唱いはしゃぐ  手を掛けて揺すぶったが  手を携えて  手を掛けて上ろうとした  手を取り合って  手で発見された  手には白い杖を持っていた  手が自ら垂れ  手を挙げよ  手を引込めない  手は引込め  手に取っては  手ばかり脱いだ  手のつけようがないと思った  手に提げて行けるほどの  手近いところに置いてありますの  手の指腐され  手捕りにした  手がその青年を殺した  手で傷つけてしまう  手を差出していると  手でちぎらなければならない  手で適当にちぎって  手を縁側に押しつけて  手で殺生しないです  手で優しく搦み付く  手や口の冷えてゐる  手捕りにしてしまひました  手をふり離すでも  手に捕えられたよ  手がこの家を取巻いたからさ  手を繰り出し  手むかっている  手であちこちの人間を指さしつつ  手をのばしましたが  手ん手に木に登り初めたが  手をば縛られ  手捕りにしようと思った  手には持ち重りがする  手に入れたかな  手に入れようとは思わなかったよ  手を引っ張って見た  手に入れたよ  手を引っ張ったり  手をかけている  手に入れようと望んでいた  手に余るほどあばれたら  手を取ったが  手を帯へ差し入れたが  手捕りにしろ  手に入れるだろう  手にかかり  手にかかりまして  手に鉄棒をひっさげている  手に入れて見せる  手を出だすべからず  手に入りし  手にて回す  手を噛まるる  手を袖にして  手にも叶う  手を洗う  手を洗うの  手近く言えば  手に叶う  手に草鞋をはいて歩くが  手を軽くねじった  手で怪しげな歌など作って  手を膝の上で組み合せながら云いました  手をあげない  手をうようよしている  手を延ばしている  手で受け留められて  手を出だすの  手より出ずる  手にとり  手を停めて  手で懐中をさぐって  手から金魚鉢を取って  手が退屈する  手へ働いて  手をまわして  手は前よりも稼ぎ出した  手を用いる  手があるからだ  手へそっくり渡している  手にいれた  手がかかるんで  手でもどって来る  手で命じる  手に入れたいと言ってる  手がひどく長く見える  手に取りもどし  手に編物の道具を持ち  手を打ちましょう  手でなすべきである  手を入れかけた  手に渡すと  手を翳しながら  手から手へ渡される  手が痛くなつて来ました  手にゆだねます  手は頂きませぬ  手を突いて言うを  手から落ちた  手を透かして見た  手や口や眼が途中でぱったり止って  手にしてつっ立ってる  手にぶら下りながら  手をぶら下げた  手を動かし始めました  手むかふ  手で拭きながら  手の親指の甲をはすに切り込んだ  手に付いている  手が使えぬから  手を振ったら  手に在った  手で攫んで  手に答える  手に応じて浮き上がってくる  手はぬるぬるする  手をざぶざぶと洗って  手を合せたって  手を拍った  手で引掛けた  手をぱちぱちと拍った  手を叩こうと思ったが  手を塞いだ  手を出しておいて  手の付けようのない返報をしなくてはならなくなる  手を付けて引き分けて  手を下す  手で殺してあげようと思いました  手で殺してあげる  手で殺させたくはない  手も頭も思う  手にもつてゐる  手のつけられぬ  手をふりとった  手で汝を瞞し撃ちにしても  手からはなれて  手に返った  手のように一とねり体をひねった  手を応用した  手から鞄をとりあげ  手を執つてあげよう  手で受話機を引きたくつた  手を執つて  手を執り  手で片づけなければならない  手を触れずには居られなかつた  手を執つ  手の先は微かに震へてゐた  手の降し  手が傷ついて  手になつてゐる  手を休めてはいけないよ  手にもつてはいつて来る  手を荒つぽく引つ  手をひつこめようとするが  手にとって見てみや  手から全く安次が離れていった  手にかけて棺を造ろうかと思った  手に押し附けたと云う  手の屆くやうにしてくれた思ひ遣りも  手を拱き  手をおく迄は  手を胸の上に持つて行かない  手をぶる  手と手を繋いで  手を當てて校門を飛び出し  手に負へない惡漢となつて諸所を漂泊した  手を揮りはなして引込んで  手がお袖に来た  手が鳴った  手にすがりついた  手を執って引き寄せた  手を揮り払った  手にすがった  手がぬっと出て  手が引込んだ  手を揮った  手から執った  手を拭きながら  手を洗ったり  手を押える  手をとられた  手をポケットから引き出した  手をあげてくれませんか  手にも取らず  手を洗いながら云った  手が出ないですね  手をかけてまわして見た  手なんぞ出しやがって  手につく  手取るに任せ  手の俣から漏し  手を頭にやって  手の込んだ  手には葦のステツキを持つてゐます  手に襟がみをとられて  手を出したりする  手をつけない  手きびしい返事を書いてやった  手にもてあそんで  手をおかけになるなんて  手から離しもしないで  手にせられると  手を出そうともしなかった  手もかからなかった  手をついて言った  手がかかるといったって  手に集まった  手に託されてる  手を握りしめてやった  手を差延べようとはしなかった  手で額を抱えていた  手とがまるっで  手も足も出なくな  手で遮つて  手をかけてなぐり  手をすりぬけて  手のことを思うと  手がこわばって困るだけだ  手を打つかで  手で行はれた  手を洗ひに  手から扇子をはなせない  手から庭づたひに僧坊の奧へ出た  手の汀のところに見える  手を叩きました  手をふりはらいましたが  手で右の手く  手を空にあげて  手で鼻をふさいでゐました  手に取れ  手を出すほどの  手を休めず  手を揉み手を揉み  手を衣紋に当てた  手のしないは  手を圧えて  手が掛る  手を掛ける  手を遣ったが  手に摘まれた  手で水を向けて  手は衝と袖で払われた  手に摘れた  手は松崎に縋っている  手と足で自分の至大な母に迫って来る  手に取ったが  手に頻りと  手を思ひ  手もなく刎ね返されてゐた  手を握ってしまった  手をきつく握り返したから  手にこだわった  手もイヤではあったが  手を握ったという  手を考えると忘れてしまう  手を握り返すという  手を握られた  手を握り返す  手を握ってためしてみたいと思った  手を押え握りしめた  手くびを握り  手を無理に抜きとる  手を押えていた  手を自分で握りしめながら云った  手を差しださなかったからである  手がその眼鏡を取り除いてやるべきであるが  手に返して  手がケダモノの手のように考えられる  手をひきぬく  手を土の中の山の芋のようにゾンザイに扱って  手を考える  手の中からいつでもずり落ち  手を拭き消したいという  手の怯えは  手と共にいなければならないという  手に苦しまなければならない  手が毛だらけのケダモノの手に見える  手に苦しんでいる  手の痛みを味わったのよ  手を考えて  手を下さなくとも  手頼つていくと  手にかかって死にたいと思っている  手もあった  手が回らぬという  手つだひをしたり  手つだひに来る  手を持って来る  手を差し入れ  手を出してくれ  手に取られて  手もつけずに  手にしていない  手を入れ  手のかからない  手を握っていると  手が離されないので  手つだひなどをしてゐる  手がすこしく顫へてゐるからで  手をあはせて拝んでゐる  手をしつかりと握りながら  手を振放して  手では掴んでいた  手で掴んでいる  手だと思うな  手でこちらへ向け直して見ると  手が水の滴をたらしながら  手だけ止めて  手はまた青年の手にかかっていた  手に手に綺麗な燈を持って  手に何かプリントをもって  手をやりながら  手の指をかためて  手と足とで働きつづけてきたという  手をふりながら遮った  手に持ってた  手はありません  手からすつと  手を休める  手にさげてゐる  手とも腰とも肩ともつかぬ  手と足を一本ずつひき落して  手の指を一本ずつ斬り  手も足も見たし  手をバチバチ叩いて  手を触れる  手で帽子を掴むと  手を拍いた  手におえられる  手に手に討物を持っている  手を踏んだ  手が出ませぬ  手で抱えて  手で他易くも思ひに任せて  手でも病はさぬ  手の配しやうもない無残な凧と化してし  手にしてゐたが  手が出なかった  手をかけて揺り動かした  手が見えたら  手を止め  手や首筋を刺されて  手を伸ばして閉める  手に釘の痕を見  手をその脅に差入るるにあらずば信ぜじ  手をふりはなしてにげました  手で地を攫んで走っていた  手で地を攫んで走  手をかりる  手づから寄せ鍋茶碗むし位はなるも  手を扣いて  手にのらぬやん  手を取りて  手を出したる  手を取りて引けば  手も足も龜かみたれば  手を突いて泣けども  手には置かれぬ  手を延ばしました  手に放任する  手に合わぬ  手のつかない  手がつけられなかったりした  手に封じられた  手が届かなかった  手が糸を曳いて  手を触れてみたい  手を触れて見たい  手をふり切って  手にとってみる  手を切ってくれと頼めば  手に握らせて置く  手を着けなければ  手炙火鉢が運ばれた  手にあるは  手が出せなかった  手あぶりに投げ込むと  手から小さい風呂敷包みを引ったくろうとした  手で都合しなければならないと思った  手をさげて  手に掴ませた  手からなぜこの金を受取って来た  手あぶりの前に坐って  手をつけずにあります  手を揉みながら言った  手はもう大勢に押さえられて働かす  手にも取れぬ  手や脚を祀ったと云う  手に庖丁様の刃物を持って  手で引く  手をかさうとする  手で陸へ押しあげられる  手に渡し  手はべたつくし  手をかす  手を取らんばかりにして  手をかけさせる  手から取りあげ  手に渡れば  手に無理に握らせる  手を休めずに  手から受けとり  手にして出て来る  手をとる  手をとらうとする  手にとつてみて  手によつて撰びとられた  手をつけなかつたから  手を一生懸命に振る  手を背後で組み合せる  手に一輪の真紅な花を提げてゐた  手離しかねてゐた  手をかけて突き飛ばした  手をぺろりとなめて  手をこすって叫んだ  手を打ちあわせた  手のそばへ近よった  手から手へとびうつり  手や顔をなめながら  手をふれさせずに  手で押えて  手で遠慮もなくのたらせる  手でこす  手の指に身をそえたいと  手もあやし  手をつかえた  手のうごく  手を上品に手習をして居る  手がのぞいて  手にゆずられる  手をさぐり出して  手を放そうともしないで  手はかすかにふるえながら  手はまだ動いて  手はとまって  手をとろうとした  手をふりはなすと  手で光君の手をとった  手をとられて居たが  手をそうとにぎって  手にされて  手をしっかりにぎって  手を取ってよろこんで居る  手なぐさみにされて居る  手をあけて  手と彼の人の手と同じ形をして居る  手をもって居るらしかったけれど  手をいきなりはなして  手はふるえて居る  手をゆるめないで  手を背におく  手をやわらかい娘のような藻はそっと包んで  手でこまかくうす墨でかいてあった  手でなければ御気にめさないほどでございました  手を支えた  手で把握しなければならない  手にさわったら  手がぼくの手を引いて  手をふりはなすなり  手もくすぶった  手についてる  手をおしのけようとした  手によって初めて我が国に紹介された  手にはいらなかった  手の中でぐびぐびと動いていた  手に隙が出来たので  手にしたなり休んでいた  手ではやはり鉄槌を揮っていた  手に入らなけりやいけない  手焙りに火をおこして  手をぐいぐいひっぱりながら  手でさえぎりながら  手には乗つてくれない  手は徒らに草の葉の向うをさぐりつづけた  手に小さき円形の鉄の煖炉あり  手にて皺を熨す  手と足しきゃ  手はそのまま垂らしても  手でものをもっている  手で撫でていたが  手にとってみたが  手のつけられない呑んだくれ  手を差し入れるが  手を打ちながら  手を振り切ると  手をぱちぱち叩いて  手をせはしく振  手を腰にあてました  手をせわしく振って云いました  手を借りて投げる  手を有合の手拭で拭く  手を緩めると  手で汗を拭きながら  手を触れずに  手をこんなにしては  手を畳に衝いて  手で女の脈を取りながら  手の脈と一致している  手をむなしくして帰って来ると  手に殺された  手に葬られた  手と云わず  手をし  手の先から足の爪先まで張り切った  手を地べたに着いて  手は届かなかった  手に移ると  手にふれると  手に藜の杖をもち  手にはいらぬ  手がさしまねく  手に渡しましたと  手から受取ると  手に戻るとは  手に戻った  手へ授けて云った  手をあげながら  手を誘ったが  手を出そうともしないで  手から投げられた  手を払った  手をいたわる  手が痺れるほど  手をついたりして  手にかえった  手に脚をつかまえられて  手へ返ってきた  手は下してはこなかった  手には緋総のついた  手に召捕りくれん  手を打って笑いながら  手の出るほど  手に武力となる  手をかざし合って  手に蛇矛を抜きはらい  手なずけて用うことに腐心した  手も加えていない  手に掬い上げて見ると  手も入れてない  手挾んで梯子段へかかる  手を振り切った  手に小さな猿の死骸をぶら下げた  手を取られて阻まれていた  手を取らんばかりにすると  手がふるえて  手を取られながら  手を押さえて  手を合わして来た  手を廻し  手をだしたくない  手でやっている  手で受ける  手はすっかり癒ったものの  手を宙に凍らせた  手を放して見ると  手を離すが  手から細引きを受け取り  手には女髪兼安が抜き放されていた  手にとつて見ると  手をつければつけるほど  手に手に餞別の品物をさしあげ  手に入れないと  手に入れれば  手によって現場からはこび去られた  手でふたをした  手の下から呼んだ  手を払っていえば  手をかけていった  手を加えている  手に挾まった  手によって完成した  手に手に異様な棒を持っている  手を一人一人握って振った  手に手に棍棒のようなものを頭上に高くふりあげて  手を貸せよ  手を貸した  手をふりかざして踊りだし  手にあたった  手の一本を前にさしだした  手をさしのばすと  手をつかんでふった  手をとりあい  手をやさしくなでてやった  手を野球の投手のように思い切り振廻した  手附かずの奴が百発ばかり在ったが  手で開けさせて這入って来たのに  手にしておらぬのみならず  手から引取られて  手を出したり  手にかけると  手で諒解を得てもらって  手からマッチと煙草が落ちた  手を揉んだり解いたりした  手を廻されて  手で公表さして頂きとう御座います  手に落札せられしもの  手をシッカリと握って離さないじゃないか  手に這入った  手を挟まれる  手を打合わせて  手で曳出しからピストルを取出し  手に手を取って  手をくんで  手をたれて  手をみられて  手をひ  手に触れずにしまい込んであった  手を置き  手でやっていた  手には反物らしい紙包の買物が既に抱かれて居った  手にはいったかと云う  手を振って受取らなかった  手に握っていた  手を加ふる  手でこするが  手を両方に開いてじ  手づから燻した  手を動かすまで  手を下にも置かない  手に触れると  手にこた  手ともなく無手と取  手しおにかけた  手で拵えた  手に養われて  手へ押しやられた  手で地方へとんだ  手に力がないので一生懸命にひねっても  手がはずれてころんだ  手に入れてきましたからね  手をわずらわすまでも  手に唾して  手に大きな火焔斧をひっさげ  手に属している  手に大きな方天戟をひっさげて  手に大小の二剣をひらめかし  手むかう者は立ちどころに斬り殺した  手をひいてゆく  手をゆるめなかった  手へ捧げた  手をかけたな  手を打って歓ぶに  手にわかれて  手を握らせ  手をあてながら  手を取らんばかりに誘って  手に玉杯をあげながら  手を叩こうという  手を待たず  手から剣を奪りあげた  手をあて  手には剣と機関銃と擲弾装置のついた  手をつかって  手をぎゅうと引張った  手におちようとも  手に持っています  手でおさえた  手に汗を握って  手を焼いたであらう  手を焼き  手を携へて上京する  手に仆れた  手に入れて参りました  手を握って引っぱりこもうとしたりした  手で自分の身体にやってみたいと考えた  手のついた  手に取り上げて落ち着いて  手を取つてやらうとしてはめてゐた  手を取られた  手が必死にしがみついたが  手にまかす  手で背中を叩かれてみたいという  手によって完全になされれば  手を焼けば  手に乗ってはいけません  手を咬んだ  手をひいている  手にゆだねた  手を握り取り  手に力をこめて  手をまわし  手に迎え入れ  手にあずけておきますから  手に預けたいと  手を握り合った  手が味方の内へまわっていた  手討ちにして  手をこまねいているくらいなら  手捕りにせん  手から奪い取った  手捕りにして  手に落ちているのに  手を梁にかけ  手で孫策を指さしながら  手をこまねいていろという  手をださなくても  手に落ち  手が伸びて  手には乗らんよ  手を退いて  手にいれ  手には及ばなかった  手で奪回した  手に敵兵二人をひ  手に入らなくなるという  手がありません  手を煩わせたりと  手を結び  手にも触れ  手で作品を形にしようと  手の数字の誤りは作品の中にしょっちゅう出てきます  手が届きかけていました  手はないとも思いました  手を染めていました  手の中で震え続ける  手ですくって  手を貸してくれる  手を入れたり  手に抱かれながら  手を染めてみて  手を加えられず  手を付けてから  手を染めて  手を止めている  手はすぐに動きます  手にとって中味を確認し  手によってたくさん公開されていた  手を止められなくなりました  手を加えてもらおうという  手が付けられました  手で書き写してきた  手に渡ってから  手を触れず  手で書き写す  手にとっておられる  手づからする  手で剣の頭椎を握って黙っていた  手を延さんと思われるばかりに  手を引きながら  手の後から頂きへ  手に従った  手によって崩し出された  手に通せ  手によって裸体にされた  手の休まった  手にたかっていた  手を持って  手をとって坐らせた  手に握らせて  手をあてて囁いた  手から剣が落ちた  手には絶えず抜かれた  手に力を籠めながら静に杉戸を開いてみた  手を喇叭のように口にあてて  手のわざを治めしめ  手に知らする  手を出すといふ  手を抜く  手をのべた  手は肩の下から切れてゐた  手が無くなるまで  手は腕の所がプッツリ切れてゐた  手を失ひ  手をきられるまで  手をだしたら  手がきれいに見えてました  手を洗い  手につかないほど  手をつけて居ない  手のあれる  手の届き  手を入れてしまう  手を振ってくれれば  手を引っぱって  手を振りはなした  手をふったのに  手を振り上げ  手に預けて  手にかからなかったが  手に彫  手の彫  手から弓矢を取り  手をうしろに動かし  手をおとりになった  手を出して迫った  手に読み下した  手をいただいて  手へ返した  手に手に籠をたずさえ  手をうって  手の杯も忘れている  手を撫で  手を肩にかけながら  手もゆるめはしなかった  手をこまねいて  手に持ち変えた  手捕りにして持ち帰りましたが  手にのる  手捕りにせんと喚きかかった  手に返した  手捕りにするまでの  手で殺してくれる  手にかけて殺したという  手をかたく握った  手を握り合って居る  手に小さい水白粉か何かの瓶を持って居る  手の動かし  手を執り合わせ  手で触れて見ると  手を引くと云う  手をつけ始めだから  手を掛けながら立つて居たが  手離すことなんて出来やしませんや  手が鳴って  手をかけて起こそうと思って  手でそこい  手が出せないので  手に乗って  手に持てなくなる  手も足も塵と垢がうす黒くたまった  手で壮麗無比な第十ジンフォニーを作りあげたいです  手の働きだけで稲の収穫をしつつある  手を振りはらひながら  手に斃れてゐる  手を焙っていた  手が闇から出て  手ともつかぬ  手を廻しながら  手をつけなかつた  手を伸ばせば届く  手を開けてみせた  手を休めて言った  手で診察がおこなわれた  手に入ってはいなかった  手を伸べるとは  手が痛くなって  手に触れなかったが  手から路銀を贈らせ  手におえない困り  手ににぎって見せ  手についてゆきたい  手をあげて呼び迎える  手を取りあって泣いた  手を押しいただいて  手がつけられません  手なずけるを上策と考えていた  手をつくした  手には藜の杖をもって  手には剣の鞘を払って  手で刎ねようとしたが  手をとって起した  手にはいっている  手をゆるめず攻めつづけた  手を打って笑い  手にあって  手で叩いている  手に届いた  手をかえよう  手で中から開かせる  手に入れて帰った  手を取って笑い  手は下せませぬぞ  手にあまるかも知れぬ  手に育てられしによりてや生じけん  手を唇にあてたるが  手づから結びつ  手を取りて引く  手にしも縋らずば  手ふるれば玉はしる  手とり走るい  手もたゆく草書したり  手知らば弾きに来よ  手えて今は死な  手のしろき人に夕の歌かかせまし  手のわかう仮名しりひける  手を師のほめたりと  手わが唇をして  手もラジウムの名誉ある  手にはレース手套をはめて  手を拡げて探ってみた  手をねじ放そうとして  手がかかった  手から逃げて  手が来て  手をかけて揺り動かすと  手にすがりついたが  手を掴んで叱る  手を揮り払おうとした  手をしっかり掴んだ  手にあうべき  手に受けた  手は凍てつき  手から丸太棒を引ったくった  手で私の手をとり  手として見ざるを得ない  手を自分の前で自然に組み合せている  手の指を踵で踏みたくる  手を怪我せずにはいられない  手に握られており  手がすくと  手をゴーリキイの前に突出して云った  手を縛る  手へうまく押し込んでやらなければならぬ  手から手へと何か感動的な本が渡ってゆき  手を振  手を確り握って笑いながら  手から彼等をきりはなそうと試みている  手や棒を振りながら叫んでいる  手をとらせ  手を自然に組み合わせている  手によってバスティーユ牢獄に投獄され  手に烙印を押したり  手をそいつの近くへやる  手や指などが次々と現れた  手に接吻いたします  手をぐっと左右に差し伸ばした  手を椅子の背から離して  手を今までよりももっとしっかりさせた  手を静かにさすった  手の下で腰掛けて  手を彼の胸にかけたかと思うと  手まで冷くなっていらっしゃるじゃありませんか  手を繋ぎ合って  手を自分の手でぽんと敲いて  手に受け止め  手を汚した  手で指しながら  手を自分の脣にあてた  手のつけようのない始末に負えぬ  手でゆっくりと内側へ開き  手を休めている  手の骨までが透き通って見える  手のぶるぶるしている  手はばたりと仕事のところへ落ち  手を差し出した  手を彼の方に差し伸べていた  手を差し出せば  手を脣にあて  手をちょうど彼の破滅させられた  手を少しずつ伸ばし  手がほんとうにそこにある  手に掴まえられた  手は彼女の知っていた  手で合図をした  手は板の上に撒いてある  手は薬草を押し除けた  手をその腕に押しつけていた  手は前にある  手に入りっこねえって  手に接吻し  手をそっと彼の手に載せながら  手で彫ってある  手によって自分の聖堂の中へ閉じこめさせてしまって  手をちらりと眺めながら言った  手の触る  手とを板の間に挟んで立たせて  手を拍ってよろこび  手をぽんぽん敲く  手を打ってよろこんだ  手に渡しては  手についていた  手にのって  手おくれではありません  手に華麗な鎗をかかえている  手へあずけると  手に分かれて  手から父玄徳の両手へ渡された  手を打ち振っている  手を額に当てていた  手を当てて見せながら  手にまかして  手を袖に入れ  手の酒盞を落した  手が出せんさ  手のだせる  手のアクション物に興味がないというだけの  手をたたこう  手の吸い  手を伸ばせるという  手の話題は机の隅に押し込んで  手の入った  手のやり場に困って  手の発想の元祖とも言うべき  手のマッキントッシュを出さない  手があった  手に委ねられた  手の付け  手によって開発され  手を加える  手も加えず  手を発見すれば  手のインターフェイスの快適さを確認してきた  手がないという苦しい事情には同情する  手を動かすという  手の環境を載せようとする  手のボードがどんどん出てくれば  手で何百万発もぶっぱなしてしまった  手の話はオレ自身すでに百回ほど書いた  手の電子音に初めて出合った  手を動かせば  手で青空に本を開こうと  手にもってた  手によって電子化が準備され  手をつけたら  手を挙げてくれる  手を借りながら  手にかかってしまった  手がひとり背後にいて  手に寝息をうかがう  手でつかんだ  手をつつこんで見た  手にしてみた  手をさし伸ばして  手にとって見給え  手にとって見ましたが  手へ入れる  手がぶるぶると震えた  手をきって  手に渡しながら  手を払い退け  手にとるや  手を切り  手を組んだ  手にはかかりたくありませんね  手で麻酔らせて貰わなければね  手でものべると  手をのべて  手でしっかと抑えつけている  手から永久に奪ってしまった  手に握っているという  手と足とがとびだしてくるっ  手が舟にさわると  手と手と足と足とからだとからだとを紐にてむすびつけよ  手と手と足と足とからだとからだとを撫でる  手をおいてくれ  手は菓子であるそのじつにかはゆらしい  手の上に接吻がしたい  手のふるえようといったらありませんでしたから  手をとめました  手に這入って  手は私のまわりから去っていません  手で守りましょう  手でこそ守りましょう  手がはなせないから上っていてくれ  手をうって喜んでいた  手にはまだ水のたれている  手を拍って喜び  手をはらいのけた  手を眺めながら  手にとって一つ接吻して  手に毛をにぎった  手にアルミニュームの小鍋がある  手のなかで一心にそろえながら  手にあまった  手をかけたなり怒った  手にもって立ちかけた  手を廻してかけ  手をたたき笑った  手を紙の上におき  手がすくだろうかね  手を露台の上からふって笑った  手をはなして答えた  手をかけて立っていた  手にははばの広いぴかぴか光る  手にせっぷんすると  手にとまった  手に手に白刃を持っていた  手にはちょと合わないよ  手をかけるなり  手には小さな赤い土の壺があった  手は掴もう掴もうとしている  手にはめてきたばかりでなく  手にとって見た  手にはめてみようとはいたしませんでした  手をしっかり胸の上に組んで  手に持つてゐる  手の同じ文字の紙切れをいくつも溜めて  手で再現しようとする  手擦りに片方の手をかけさせた  手の中に持つてゐた  手も引いて  手を延べて探  手擦りを探  手擦りに沿うて  手擦りが腐  手擦りの下に固めて  手擦りの取れか  手を合はす  手を組め  手に握らした  手に手を取って投げる  手を動かしていられました  手に取り上げて育ててくれたら  手の痛くなる  手に槍を握った  手に捕えられた  手でフワリと肩へ掛けられる  手を突っ込むと  手に唾して待っていた  手にせる  手に分れて来る  手にはやすやすと落ちない  手に奪れなかったら  手で奪ったら  手を反すより  手に片づける  手になんかあった  手に落ちたが  手にかかるとは  手に手に炬火をもち  手を振ってばかりいるので  手に収められた  手に触れられません  手になって  手を打振って  手を伸ばそうとすると  手はわななき  手にするまで  手が下せなかった  手に向わば  手の兵大半は討たれるであろう  手をおしておくれ  手をおしました  手をたれて歩いた  手を洗ひながら  手つとり  手には渡りもしないといふ  手はありませんよ  手まはしをしてし  手も足も出し  手をまわす  手をさし出す  手をうごかして  手をさし出し  手から生れるとは  手から雑誌を奪ひ取ると  手をおさへた  手を執  手が掛つた  手を振り放さうとしたが放れなかつた  手は京子の頬や額のあたりにあたつた  手を照らしてゐた  手を振り放さうとしてもがき狂うた  手に渡つてゐた  手のつけやうもない程散ら  手をあててすぎ  手に当りたるも  手に入れてだ  手の先の変につめたいのを気にしながら  手でもチラッと見える  手を突いていう  手を泥ま  手で埋められた  手に探らせぬ  手に雪散りかかる  手を師の褒たりと紺暖簾入りて母見し  手に触れし寝くたれ  手はすががき琴よ忘るな海棠の紅をしぼりてのらぬ  手か君ゆるせ  手とまどひしは  手とられまし  手を頤にした  手をば執られて参りましよ  手を解きて  手を繋ぐ  手から書かれるであらう  手からすべり落ちたかの  手に何かの箱を持つて微笑みながら  手を懸けた  手を触れ  手を拭きながら飛び出して来た  手も煩わさずに  手で平均をとる  手を突込んだ  手からぐいっと持ってゆかれて  手がとどくと  手が夢中でそれをつかんだ  手は風のように早く動いて  手に這入りませんか  手に届く  手に梭を持った  手にくしゃくしゃになった  手捕にした  手で鼻をこすり  手をぬく  手をぬけと  手があいてし  手を握つたり  手が届かぬといふ諦めが  手に息を吹き掛け  手で私の顔や腹を撫でて呉れた  手をどこへし  手を合したくなった  手から時子を胸に取って抱いた  手から切符をひったくった  手が下ったて  手を抜いて  手にはもう盃が渡されていた  手を焼いてゐるが  手を借らんやと  手をたたいて笑った  手に生捕られてしまった  手を下し  手を打っていった  手にとどいた  手で如何とする  手をゆるめず  手をとって云った  手にその書簡は引き裂かれ  手で郡の政庁を奪って代れ  手に取り還さん  手をかざし合っていた  手にはまるで小児を提げて行く  手から将旗を受領し  手に授けて  手が渦巻いて  手に破壊されていた  手に持たせた  手から彼に見せたりした  手に取ってひらいてみると  手へ戻された  手に司どらせよ  手も今は早や拭く  手を拍ち  手に納め  手をもて取らんとしつつあるなり  手を突いて送っている  手を温めている  手をついている  手を離してしも  手によってぱッと戸外から開けられたかと思うと  手をかけて掴み上げた  手を拭きふき出て行った  手で洩れなく  手を丼へ入れて  手捕りにしてくれようと  手を引っこめた  手をうしろへ廻して  手を口のところへ持って行って  手がすいておりますから  手を拭き  手をわざとふるわせて見せた  手をつたい  手を伸ばしておいて  手を伸ばすにつけては  手で半分くすねられて  手を休めていると  手に手に提灯を持って  手の提灯を高だかとさし上げる  手にあっても  手に白刃が閃めき  手を出せ  手にさわって  手からころがり落ちた  手を取り合って泣く  手を用いよう  手をやって払い退けた  手へ釣糸を捲き手繰って  手に何か持っている  手にしさえすれば  手に一過した  手で喬之助めを討ちとって頂きたいと  手を借りる  手に掛る  手を貸すから  手をかけてはいろうとして  手で片づける  手を突いて動かない  手が柄に掛ると  手に職がある  手に納めてくれれば  手を借りねばならぬ  手から銚子が辷り落ちて  手が怒りと驚きにふるえて  手をかけて見て  手を握り合っているから  手を入れられると云う  手を入れれば  手を触れられた  手が放れたり  手をかけてぶら下った  手に触った  手を押しあてて来た  手にしないと云う  手に接吻をしたとか  手から金を撒かなければいけない  手に奪られなければならなかった  手の指の爪まで綺麗に磨かれてあったという  手の人物に成り済ましていた  手がつくと  手を動かさず  手をやすめて  手で自分の辮根を守り  手で阿Qの辮子を掴んだ  手で自分の辮根を守った  手は二つの頭を引掴んで  手に一杯握っていた  手を通したばかりの  手にはかつて阿Qを懲らしめた  手の中に筆を挿し込もうとすると  手が筆と関係した  手に鉄鞭を執って  手を挙げたくなったが  手は縛られていた  手に鉄鞭を執り  手にはとりかえせない  手を撫でた  手で頭を支えながら  手を洗わない  手をうった  手を握つたりした  手がありや  手をとりませうか  手にハンケチをもつて  手を控えて  手をたたきました  手を引いて出てきました  手でいじくりまわしました  手をにぎりしめました  手にタワシを下げて  手はその椅子を頭より高く持ちあげた  手に傾けた  手を垂れて  手なる茶碗を下にも措かず  手を据えて  手に畳まれて  手で襟を繕って  手を遣ると  手のものを落した  手をしかとかけていた  手を貸され  手をさし入れ  手はそのままなり  手を解き  手ひく手の調子を合わせた  手に届くに  手を止めつつ  手の指を離れて  手に汗を握った  手を翳して仰いで言った  手に持たし  手をくださなくっても  手を付けていないといって  手つ取り  手が洗へます  手から落ちてしまいました  手へはいったであろうか  手をかざしたりする  手の皮が摺り剥けるばかりです  手から落ちてしまひました  手へはひつたであらうか  手が出なかつた  手を拍つて踊り  手なんだろうと思う  手をお出しになる  手を喰って慣れて参りますと  手を触るる  手にして考へ始めた  手も足もちぎれたまゝで押し込んである  手を突つ込んだ  手の指に長い爪がありますし  手にはいるかも知れません  手を見ますと  手でなでてみますと  手をとつてよろこびました  手につかなくなってしまったほどだった  手を少しも休めないで  手に汗をにぎって  手をのべさせたも  手を上にあげて  手から逃出す  手に手をとりあって泣いた  手をにぎりあった  手にはのらんぞ  手で叩いて  手を後に組んで  手を考えた  手で締める  手をさしのばして  手をとって喜び合ったが  手をうちあわせた  手をおいて  手のようなものがぶらぶらしている  手には乗らないぞ  手にかかえられていた  手がやって来た  手を膝においた  手を振りはらったが  手を振上げた  手からのがれたいと思った  手を差入れた  手をかけて動かしてみている  手にふれる  手からはなさなかった  手でつかまりながら  手や足をつけたりして  手だか足だかわからないが  手をにぎってやっていこうという  手が指さすのぞき  手を握ってつきあっては行けないであろう  手におさめてしまった  手落という  手や足と来たら  手を上にのばして  手でおさめているという  手をにぎり合って  手を叩いたり笑ったり  手でさし上げた  手をしっかりとにぎって放さない  手に繃帯を巻いておるよ  手も足も出なくなった  手みじかにわけを言って  手に汗をにぎる  手もあったが  手をにぎり合っている  手をきちんと膝の上におき  手をにぎりあって行きたいと言ったが  手をひいて立つ  手があったに  手をにぎってはげました  手だのがある  手をしっかりとって  手をとられて  手をぐっとにぎった  手みじかに彼が丸木にさらわれた  手をにぎった  手に移されてしまった  手に入ったので  手に入れない  手に入れているかを語らねばなりません  手はききません  手をつけると  手をさしのべてくるかもしれません  手もつかぬほどの  手を袂の中に忍ばせて  手が行き渡ってる  手で追跡されてはしないかしらという  手を延ばして直す  手もつけられない  手に取るばかり  手を動かせず  手を重ねれば  手にすがりて  手を合はす可憐し  手を下げるぞ  手もすまに吹鑠かせば  手にかはる  手をさしのばし  手にまかせ  手に弄られるぐらいな  手にも取らない  手をゆるめません  手にするや  手に手に酒の壺や食物をさげ  手におえぬが  手を引っ張った  手に偃月の大青龍刀を握る  手に手に持って  手をもて招いても振り向かない  手を拱いて見ているしか  手を尽し  手をうながした  手をどうなさいますか  手に捕われた  手で捕われました  手をさし伸べると  手は離さずに  手に触れしめて  手を出してはいけない  手から受取って  手をもって制した  手がつけられなくなるでしょう  手で看護されていた  手に抱えている  手をたずさえて  手にまかせた  手を拱いて  手を叩くという  手をかけ合った  手を私にとられるが  手の中に入れたばかりの  手でおもちゃにしていた  手で弄んでいたらしい  手で弄んでいた  手をはずさずに  手の中にその顔を埋めた  手さえも離して行きながら  手をとっている  手をすこし痙攣させながら  手を咽に近づけながら  手を少しずつ放しながら  手でそっと撫でた  手でいじりながら  手を着けようとしている  手に取り上げて見ていると  手を少しためらいながら放すと  手をつけようとはせずに  手でその方をちょっと指して  手を彼女の顔から無理に除けた  手が私の髪の毛を軽く撫でている  手から顔まで霜焼けのしている  手を頭髪に持っていって見ると  手を休めながら答えた  手が私の肩にさわっていはしまいかと思われる  手がとどこうという  手の先だけだして  手をかけるから  手で引きとめ  手を入れて見ると  手にあるだけでございます  手をつくせばつくすほど  手はつくして  手を束ねているより  手がつかぬ  手固い武家育ちと思われぬ  手に合う  手に入れたが  手の施す  手やわらかに頼むよ  手の先だけを出し  手もきかん  手に取って眺め  手に売り出したので  手におえぬ  手にとって素早く表裏へ眼を走らせると  手を見たか  手がどうかなっていましたか  手に筬胼胝ができている  手なら撞木擦れか  手で千鳥ガ淵の織  手にとって眺めていたが  手をやり  手をかしてもらいたいと思って  手の間からまじまじとそのさむらいを眺めていたが  手の拳も膝もゆらりとも動かず  手を控え  手をおく  手に一本竹の延竿をもって  手から洩れると言いますが  手によって決定されて  手をのばさないとすれば  手による大衆のための大衆の要求を盛った  手によってこそ科学は神聖化される  手に収められている  手によって見事文化上のヴァンダリズムに転化されて  手を脱する  手によって作製配布された  手によって技術的にチャンと発禁は防止される  手によって発達しなかった  手に帰する  手に真面目な期待や要求を起こさせる  手にこう撥を持った  手に撥を持って死んでいた  手でおさえて  手をひいて行った  手を切るから  手でさぐりあげて行って  手をのばして見たが  手でおさえ  手がむこうの  手にさわりますと  手に手にふりかざした  手を汚さない  手にはいらなかつた  手をだしかね  手やいに  手の中でころがしながら  手がつけられねえ  手がかかるの  手がまわりませんや  手へ入ったという  手に入ったればこそ  手で押さえて  手にからす  手に感じられる  手をつけて行けば  手を握ろうとしたら  手によりて  手が両方共塞がっていたからである  手なんぞは極小くて  手で丼をさしだし  手を離せ  手を離せと申すに  手でつかまって  手を借りなけりゃならねえ  手をついてうつむき  手ではらうと  手をあげましたので  手をおろしました  手には白い扇をもって  手でひ  手をポケットへ入れてしまいました  手を馬の鼻づらへのばしましたが  手をひろげた  手をいっぱいのばして  手にはステッキみたいなものをもって  手を出しました  手をつくしておかねばならぬ  手をつくしているであろう  手をつくせとおっしゃった  手くらがり  手みじかにきょうの捕物御前試合のしだいを物語ると  手挾んでいる  手にはあいかねましょう  手をつくして探しましたが  手で泳ぎだして  手をひいていただきたい  手をひかせようと言う  手をださずとも  手をひくから  手をひけという  手にたつ  手をぬいたから  手をさし延べられている  手をつけて見たいと思う  手によっている  手を伸ばしはしないかを恐れている  手の深い意図が潜んでいる  手によって思想体系を与えられ  手によって運動の形に移される  手をつなぐ  手だけつなぎ合ってかけて居た  手だって前のようにのばして居られなくなって縮まる  手をはなさない  手をはなす  手をつなぎ合って  手をつながなくても  手につめたい雨の粒を投げつけられ  手をそっちへのばして立っていた  手にあう  手に品をかえて  手をかけてひきあけようとすると  手を泳がせて  手きびしく突っこんで見ると  手をたたいてほめました  手をのばしかける  手をはらいのけながら  手にものもつかぬ  手に入れて来た  手ではおさめ  手をはなれて  手に移る  手をうつ  手をうつと  手を持ってゆくが  手の混んだ  手で非常に長い期間によつて育てられ  手に依つて作り出され  手を離れましたけれども  手によって書かれた  手は後に縛られ  手にはおえない  手も足も出せなかった  手にもつと  手をヒラリと払って  手をギュッと握った  手が滑つて石は水煙を立て  手に還つた  手は滑つて石は地に墮ち  手のとどかない  手でおさえる  手の指を蟹の爪のように曲げて  手を尽してみたが  手へ佐倉屋の襟をつかませたが  手に黒塀がめぐり  手を出すまいから  手をやって見ると  手をおきながら  手をくだして  手を洗っただけ  手は手といふよりも寧ろ大きな馬鋤だ合掌する  手生れたままの百姓の手まるで地べたの中からでも掘りだした  手だ人間のこれがまことの手であるかひとは自分の父を馬鹿だといふひとは自分の父を聖人だといふなんでもいい唯その父の手をおもふと自分の胸は一ぱいになる  手は自分を力強くする  手は骨と皮ばかりになつて猶もこの寒天の痩せた  手をとつて押し戴き  手に熱い接吻をしてゐる  手と手其處にも人間がすんでゐる  手もほんのりと赤味をさし  手からこぼれる  手をうやうやしくあはせる  手がやはら  手が拍子をとつてゐるので  手はまるで尺取  手をかけて窶れてゐる  手だそれを考へれば  手を君達のかたへとさし伸べる  手を洗ふことすら知らない  手の上に眠る  手の下に息を殺した  手は冷い  手をだし  手だどんなことでもしつてゐる  手だ土臭いとて顏を蹙めるな此の手は君に確信を與へる  手よ痩せほそつた  手をのがれて逃げ  手によつてひとりでに廻りはじめる  手は熱くまるで火のやうになる  手その穀束をはこび行く  手だ何といふさみしい目だおお病める  手でひつつかんだ  手もあぶないほどおいらの馬はすこし元氣になりすぎます  手と足と何といはうか  手にその匙をもつた  手を浸して  手のやうな蔓さへ伸ばしはじめた  手を指をそろへて  手や足をうごかしなさいしつかりと働きなさい  手でとめて  手をたたきながら  手を煩はす  手を提灯の火にかざしながら  手には入りませんが  手から弥平氏を放させた  手から放させた  手に渡してしまおうという  手に移って  手に挟んだ  手に過ぎなかった  手につないでしまった  手が出るほどだったが  手を入れている  手で別々にやった  手につかなかったが  手を払いのけて  手に取上げた  手を出しやしまいし  手を突張ろうとしたが  手を痛む  手が胸より少し高いところで何か固いものにぶつかり  手の先に当った  手をそろえて  手を配ってある  手に負えないという  手を配った  手のなかに抱き  手をおき  手で気長にすこしずつ毒でも盛られて弱らされ  手がまわる  手のまわらねえ  手で唐津焼の徳利を取りあげると  手におえないが  手も足も出やしない  手をおいて聴いていたが  手をあわせて  手でさわって見ますと  手を嗅いでみようか  手で抑えて  手も出さずにうつむいていたが  手にかけ  手で濁酒の茶碗をとりあげて  手こそくださないが  手を尽してみてください  手を曳かれて  手つくねの束髪を余計に見る  手を延ばしていた  手を離れ  手を当てている  手に綱を引かれ  手はこれを拾う  手を挙げたりしている  手が二つし  手には婚約の指環が一つはまっている  手が一つそっとその蟇口をとり上げてしまう  手を引かれた  手のなかの塵をまき散らす  手をとりて引き上げ  手の一人が長く引く  手が彼の手のなかにあり  手にその男をつかまえて  手を濡らそうとしたが  手に頤を抑えて見えない  手を振り放し  手に木の実を持たせた  手も止めなかった  手が出たり  手によって条約の改定が行なわれ  手をあげておいで  手をそっととった  手くびにつけた時計を柱時計と合わせている  手につかないという  手でやられる  手から赤ん坊を抱きとると  手におえましょう  手に乗せようと  手に託した  手捕りにせよ  手へやがて返書がとどいた  手に死すであろう  手を指揮し  手を殿軍に選び  手を打って笑った  手に唾して取る  手から突然開始された  手の盃を床へ投げてしまった  手にはおえません  手篤く弔えと命じた  手を額にあて  手まわしとみゆる  手に分けて  手に手に鎌を持っている  手を触れはしなかった  手を取りあい  手で泥を払われ  手酷しくやっつけている  手にはいったと  手にはひらんかね  手を宛てた  手を眺めて  手を伸してみると  手を出し得ずに  手に捕えられ  手に承  手擦れのした  手を出して見たりした  手を差しのべて呼び  手へ周章て  手のやうなものが無数に嘉吉の周囲からつかみか  手を休めると  手は櫛を受けとると  手に依らずして  手で黙々と励行せられていた  手なずけるために用いる  手は掌を上にして  手の色が物凄く浮いていた  手で横にあけながら  手に棒切を握っている  手を間近な柳の幹にかけて半身を出した  手を縋  手を働かす  手で拊いて見た  手を以て掻き退ける  手にも留らず  手の届かざるあり  手には小なる籠を持ち  手には樹皮にて作りたる  手にて払わざる  手にて絶えず払いたり  手より離して  手を携うるも  手を失ふ  手をついてゐた  手をまさ  手の爪は美しく取られた  手をかけて降りて行って見ると  手のなかで弄びながら  手から逃れようと  手を強く噛んだ  手の中のものを取られまいとする  手から手袋をぬがせる  手のつけられぬい  手をとって寝にいこうなどともうします  手でさわって見たが  手のすいていた  手でサアという仕方を我々に向ってする  手へ預けて  手に巻きつけた  手ですすめられた  手を打つて喜んでゐたといふ  手づから椅子を引き寄せて  手は顫へてゐた  手を見てゐた  手で裁縫物など引き受けて遣  手の達いた  手づから椅子を引寄せて  手で裁縫物など引受けて遣  手でかき上げる  手に入れてしまった  手が伸びたらしく  手に堅く握られた  手に遊ばしていただけと存じます  手で行われました  手を下してやりました  手をお貸し下さい  手に懸ってしまった  手で呼びよせて呉れる  手に乗せられて  手は夫人の濡れた  手をつくなり  手にとって一口に飲んだ  手をさし入れて  手で彼奴はなんの苦もなく生きかえった  手に入れてしまう  手をのばすかも知れませんわね  手をかけて引張ると  手の中に丸めこまれました  手づから書ける  手づから書けるを  手をつけないから  手をだしてみせる  手がでている  手を用いて  手からバラまかれる  手が廻らない  手をふる  手がふれた  手がやわらかい女手に握られた  手に握られているだけであった  手のくすぐったい感触は彼の酔心持をなまめかしく掻きたてた  手がすでに誰にも握られていない  手が静かに後をはなれて  手をとって立った  手を握りましょうか  手にすりかえさせようかと思った  手を両手でとって  手も足も動かなくなる  手にみとられていた  手で青木の口を抑えた  手をあげてしまったが  手をつくしてみた  手を変え  手にもやらないよ  手にとってボンヤリ見つめて考えた  手と顔を洗わせた  手が痛くなってしまった  手にも縋らず  手を後頭に組んで  手が後へまわる  手をやすめたので  手を焼いており  手はつけたが  手からタバコの箱をひ  手が彼女の衣服をぬがせようとしている  手を洗ったりして  手を打っておけば  手をうってもらわないと  手を加えて  手を入れて調べる  手から買い  手に塗柄のついた  手敏く帯を解いて  手に乗らない  手を掛てギイツと巻くと  手を載せて見て居らつしやる  手を加えてはならない  手をたたいてしまった  手をひろげている  手に一つずつ渡った  手おくれとなったかな  手おくれに見える  手をふり顔をふりして  手を握って振った  手にあせにぎっている  手からも離れてゆく  手で興行をする  手をあげる  手で破棄した  手を振りまわして  手を引いてしまう  手を免がれて  手で作りかえた  手を伸べて  手にとるごとく知っていた  手には負えないで  手にはいろいろの草花を持っていたが  手を触れない  手からその膳をうけ取って  手離されなかつた  手を離したら  手には縋らないで  手をこすった  手を握り合いさえもしなかった  手を洗ってから  手は青い内部の灯が映っている  手を掛けていた  手を押えて  手を無理矢理その中へ押し込もうとした  手を引き込めようとしたが  手だけで岡惚れしてしまう  手や口を洗うてから  手をひろげる  手に渡したくなかった  手へ戻す  手があれば  手をこすっていた  手をぶるぶるさせながら  手もつけられないという  手を丸ッきり休めてしまった  手に数珠を持っている  手に合わぬと見える  手の拳を開いて見せた  手が貨の相図になる  手は銭の相図になる  手をとって乗り移らせた  手からたしかな手へ渡すまでが  手をかけて伸び上がった  手に持って食べようともせず  手を着けかねて  手に弓矢を持って見廻る  手を引いていながら  手に力を入れただけである  手に手に松明を持った  手のものが押し合っている  手で国中を調べてもらったが  手に長い竿を持って  手には守本尊を捧げ持って  手をつけまいと決めてゐた  手を引っ掻き噛みついて暴れた  手がつけられませんからな  手が揃つて居るので  手をば振る  手にだに受けず  手を私の袂の中へ突込んで下さい  手にて攫む  手で分けて見たり  手を持ち添えて  手でも文の一本も上げなってねえ  手を叩くと  手を引かれて居ります  手が有りませんと  手を振つて鳴らし  手を引込めず  手を高く上げて  手がふるへて  手と手が寄り添い  手をかけるだけの  手を回して刺した  手へ渡してやりながら  手を突いている  手の達くほど  手を順ぐりに握りながら  手を触れてみた  手で児の膝のところを抱き  手が児の後ろに廻つて頸のところを支へてゐる  手で後頭をおさへてゐる  手をイエスに措て執へぬ  手をおし戴いて  手を置きながら言った  手から血が出ているぜ  手から血が出ているって  手が血だらけになっていた  手でときたいね  手だけを使って  手の小指が左に二つあると  手を映し  手の影ばかり白く映る  手など意識しました  手を取って導く  手に飲む  手をかさねつ  手をソツと前に揃へます  手の付けやうが御座いません  手を入れさせようかと思ひましたが  手の付けやうがありません  手が掛かると  手摺れがして  手に持つて居る  手に返しました  手つ取  手に了へる  手でキリキリと縛り上げられてし  手に捕へられた  手を替へ  手が緩む  手離せねえ用事があつたにしても  手を離さず  手が付けられません  手はサツと延びて  手から打落した  手の娘達は何處へ行つたかわかりませんが  手を通さない  手の迹だという黴くさい巾着などもあった  手を引っ張ったりして上る  手を汚さないで  手に玉蜀黍を持って  手に小遣いを掴ませたり  手に取って吐き出す  手を上げたりした  手薄く並べられてあった  手もかさかさしている  手に皺を熨した  手を出していたが  手を突っ込んでいた  手きびしくやり込める  手が痺れる  手を拡げては  手を二の腕まで見せて  手に渡されて  手で臀のあたりを撫でながら  手も憊れきった  手を動かした  手から仕事を放さない  手を蒲団の外へ延ばして  手へ品物を返した  手を突いて覗いている  手を経廻って来た  手で出るという  手もしなやかに動く  手を拭き拭き  手から棄てなかった  手に触らせていた  手を動かしていた  手のつけようがありませんな  手で上り口へ掻き据えられた吊り  手を通し  手を良人の方へ延ばした  手を気にしながら  手を退きたいとでも言うだか  手擦りにかけながら  手を洗いに行った  手と首を振って見せた  手を注意深く消毒する  手を挿し入れて  手を切った  手に着かなかった  手擦りに凭れていながら  手擦りに凭りかかっていると  手を分った  手にも宝石のきらきらする  手で顔を撫でたり  手からのがれた  手に從つて巨大な水盤は動きます  手を振つたり  手を思ひき  手で押しつけて  手を男はそつと握  手をはらひのけたので  手で撫でながら  手に杖としたる  手の塞がりたれば  手に捧げたる  手をだに触れ  手をつきて  手に餘るほどの大事件を背負ひ込んで  手を燒いた  手を借り  手が離せないといふから  手を付けず  手を廻して調べあげたが  手の付けやうがありませんよ  手を當ててぢだんだを踏んで  手を引つ込めて  手の指を御覧なさい  手を差しのべた  手にはいらなくて困つてゐる  手を置いて考えて見なされ  手がひえて  手を台にして  手には大理石の壺を抱えて居る  手でかおを押えて居る  手でおおうたままシリンクスの足元につっぷして居る  手につぼを  手を栗毛の若い精霊の髪の上に置く  手を下にたれてうつむいて居る  手をのせてあげた  手をふってせきたてる  手に乗せられ  手を以って快庵を制する  手や足は玉のようだといったら  手でわたくしの手を握り  手頼らず自分の手一つで綿糸を紡ぎ出し  手が秘蔵のパレットを空しゅうして塗った  手を休めて佇む  手で人の脛を撫でる  手少なで  手を附けました  手に有ると云われ  手を出せば届きますが  手も見せず打った  手が付きまして  手に糸を持って  手に釣りあげて  手を引いてだ  手を突いて頼む  手を撫て見ると  手に火打袋が掛っております  手に遇い  手を以て竹ヶ崎南山へ手当になる  手をつかえ  手を上げられて  手を取って捻りますると  手を鳴  手に掛って  手に掛けて  手を附ける  手か何か握って  手を掛けておく  手がないとって  手が障りましたから  手に掛って死ぬか  手に引攫んで  手を突きまして  手を引いてつか  手をかけますから  手を固く握りしめながら  手に持つたのに  手をきちんと膝まで下げて  手を叩いて笑いました  手を動かしました  手を開けようとはしません  手をのばそうとしました  手はどうした  手ににぎってる  手をほどいて見せて下さい  手をしきりにふりほどこうとして  手をほどいてやりました  手はあったかおぼえとるか  手をしばる  手しかつかわな  手が私の手をしかと捉えた  手をかるく握った  手を振りき  手のつけやうもありません  手もあるが  手から受取つた剃刀を平次は杵太郎に取りつぐ  手の中を覗く  手ではいけません  手でも引つかけたら  手に分れて  手のつけやうのない色つぽさを感じさせる  手と手が絡み  手でやられた  手を引いては  手も鳴らなかつたら  手で拵へた穴に違ひない  手に入るだらう  手に返します  手が擧がると  手で育てられたせゐもあるが  手によつてなされたかは  手を伸ばしても  手から逃れる  手に縛られる  手として用ひられる  手の下しやうがないといふ厄介な立場におかれる  手におえんだ  手によつてある  手を引いて乗り込んで来た  手に縋りつき  手をゆすぶり  手をかさうとしなかつたといふ  手を切らなければならぬ  手の焼ける  手おくれになつた患者を運びこまれたといふ  手に委ね  手に委ねられてゐてい  手を早めながら  手を洗ふ  手と共に洗ひ流してしまふ  手を振り動かして  手繰り出す古い写真のやうにして  手にして見た  手にはとれなかった  手で移した  手をぱっと拍ちました  手を拍ちました  手を出しましたら  手にとってわらい出しました  手をあてて待っていましたら  手をつっ込んで  手が鳴っています  手を挙げて払い  手を優しく姫が執る  手を支え  手で捕えられたが  手に附かず  手に附かない  手に長い棒を持った  手を探り得た  手で字をかく真似をしながら  手に返された  手を巡って  手にしないと  手を延ばしてくれさえすれば  手のある  手に顔をもって行くと  手を洗って上がろうとすると  手が殖えて来たけれど  手にして引き返して来た  手を染めなければならなかったし  手から取り戻した  手に帰って来た  手を働かした  手を引いていたが  手を繋いで歩いた  手に縫った  手にも支えきれず  手だという気もした  手から取り戻せ  手から取り戻す  手に入って  手で据えつけたという  手と来たら  手に縋る  手や足やを嬲らせながら  手に扶けられて  手が庸三にそっと触れて来る  手が太く巌丈なんでいやんなっちゃったとか  手が切れてしまってからも  手も足も出なくしてしまった  手へ引っ越していた  手から血が流れるし  手のもげかかった  手に取って見た  手でかかえながら  手に包みか何かもっているらしかった  手で塞いで  手が差し延べられた  手にまで表情をして  手を引こうとしている  手のかかった  手から折鞄を取ろうとしたが  手をふって見せた  手をつないで歩いたり  手を着けたか  手が切れているか  手にも鍵が握られてある  手のないことも解っていた  手に乗るという  手でさわったり  手に半分開いた  手や脚に惑溺していた  手ではあった  手が着いていないわよ  手を動かしていたが  手を伸べた  手から難れた  手を焼いて止させてしまったが  手を通して仕送ってくれ  手もあるので  手に取って見たが  手には支えきれなかった  手を袖にして遊んで  手は休めずに  手を焼いている  手のする  手は知らないという  手を振りながら近づいて行くと  手に手に流星花火の筒をささげて  手に何か持ちながら  手も足もこの幅の狭い西洋手拭の外には一寸も出なかった  手で例の古帽子を取って  手にさわった  手に白い小さな花を持って  手をポケットへ入れて  手を入れすぎていないだけに  手に編針を持っている  手から長い赤い糸が筋を引いている  手が腰に添った  手の届きかねるまで  手に座敷がある  手に大きな籃をさげている  手へぶら下げて  手が二の腕まで出た  手に自分の手が触れる  手に受けながら  手をかざしている  手を竹の手欄から出して  手を青竹の手欄から離して  手を額に当てた  手を貸す  手を出している  手を引っ込めた  手をたたくと  手が着物にさわると  手にかなり大きな風呂敷包みをさげている  手を逆に取って  手に一巻の書物を持っていた  手を入れながら  手も出さない  手をふきながら  手を加えないばかりにして  手を広げてみたり  手をふいた  手に持ったなり  手を吾妻コートから出した  手を不意に延ばした  手を濃い眉の上に加えて言った  手もかけず  手を拍ちましょう  手に従いて  手を引き出すと  手で受けたが  手を使った  手捕りにしてふん縛り  手をムズと掴み  手を放せ  手に阿片の吹管を持ち  手の熱に冷やされて  手に匕首を握っている  手が入ったら  手が届かないと見え  手が来たか  手へ血刀を握らせ  手の中指を三本置いて  手でやるなら任しても  手をさし出しながら  手を堅く握りしめながら  手を組んだり  手をかけたりして  手にあげられる  手にはいれば  手にはサンドウィッチや葡萄酒のはいった  手どり足どり難なく引っぱって行かれた  手に取りあげられた  手と前腕との長さまでも計った  手で両肩をあげて見せた  手の少し変な四十ばかりの男が僕のそばへやって来た  手を負傷して  手がないとか義足で跛をひいているとかいう  手は激しく抓り合っている  手をやったが  手に集め寝ながら抱き起こした  手には印籠を握っている  手に属しける  手が廻ったか  手の黒い影が見える  手はパッと左右へ開いた  手がぎっしり詰まっているではないか  手が現われ  手は行儀よく炬燵布団の下に入れた  手でなでて見た  手から政権を収めていた  手によって揺籃時代を通過しつつある  手に入れられましたかな  手近い所にいて  手を膝へ置いた  手にとられたが  手に渡したか  手が首の辺りを掻きむしり  手に入れられ  手にかけて殺さなければ  手を左右に振りながら  手へなど渡った  手に捕らえられた  手へ入った  手にまで渡してくれたのよ  手を握りしめ  手に入れられたかもしれませぬが  手に入れねばと  手へ渡すという  手にまで延びている  手を握り返したが  手に余らば斬って  手から刀を氷柱のように落とし  手が素早く内懐中から抜かれて  手へ力を入れた  手に入れるや  手にかかって殺されようと  手を取り合って佇んだ  手をひっ掴み  手へ縋りついたが  手に捕らえられたと聞くや  手をくだして殺した  手をひろげて云った  手の如く緊乎と握り合ひつつ  手を女の肌に觸れる  手をひいてゐる  手をひかれてゐる  手がまざ  手を觸れて  手に縋り  手に成れる  手に捕へられたる  手に歸するであらう  手に奪ひ去られたとする  手と足との先を動かす  手になつた新作戯曲の上演も試みられました  手によつて演ぜられた  手も出ず  手でバザーをする  手を握ったりして居る  手も足もありません  手をつかね坐り  手を伸すと  手にさわり喋りする  手をずーっととあげて  手をひかれて来る  手をはなさず  手の指で楔形文字の形をこしらえて見せ  手に入れたときいて  手にとらなかった  手にもできた  手だといわれている  手が現れていない  手は現れていない  手がこんでる  手をやられて  手に大火傷を負った  手にマコを握って  手のものの大きな看板でごまかしてるから  手がこんでいるけれども  手がこんで  手をつけずに  手を打たせなかった  手を切りたいて  手としちゃ  手をふれると飛び上る  手を打つかというと  手を握りあって  手をシッカと握りしめるばかりで  手の運動にすぎない  手の忙しい運動には絶対に参加しない  手でセカセカと休みなしに忙しくやるが  手の相違があるだけで  手を出して待って買う  手をつけずにいた  手をくみながら  手と足は何かにつかまらうとしてゐる  手振で話してゐた  手をひく  手と足を硬直さして  手を燒きつくしてゐた  手で顏を覆ふ  手をつツこませた  手をぎつしり握りしめてやりたい  手をのべて直してくれた  手で作りあげた  手に成りたる  手にて一擧に追記せられ  手に歸してよりは  手がつく  手につかないので  手をおしのけて  手に汗を握つた  手をつけてい  手を藉す  手近いところで表現しようとしている  手によってされていた  手すくなでゆきとどかん  手が枕の側を探る  手が附けられなくなってしまう  手の釜を二つばかり註文した  手のものを御註文でしたら値段は却つて前のよりかお高くつきませうて  手に汗を握らし  手をふらせた  手でシッカと押えながら  手を放さないでくれの  手を負うている  手に人と成って  手でさっと撫でられた  手で幾度も拭った  手がかかったと思った  手によつて育成された  手に移ろうとしつつある  手で成就さるべき  手に託する  手を着けて  手を付けるべき  手を付けさえすれば  手を焼いていた  手にぶらさがって  手なずけようと考えました  手や足に歯あとがのこるほどかみつきます  手や足をひどくかむ  手から新聞紙が滑り落ちた  手を知らず  手の置き場所にもい  手があると思う  手で造り出す  手がつけられてゐないといふ  手をひいて降りなければならない  手には乗らなかつた  手に手に美しい歌妓を携へて附近の温泉場を会議場としながら  手の先で盃をおさへて差し出した  手をひくが  手だけを靜かに飮料の茶碗の方へ差延べる  手つづきがいりますから  手を消毒する  手近い天幕を切り裂いて  手と油紙包みを一所に握りながら問うた  手を突出したりして受けた  手が出しかねて  手を擧げ  手と心とを偸まむとしてゐることを發見した  手に這入  手にさげながら  手が疲れた  手のない人がその腕だけを動かす  手に持つて立つてゐるので  手でも他人の手でも兎に角僕は此點に觸れられると飛び上る  手を觸れられようとは  手を以つてその胸を撃ち  手を入れて行く  手にも料紙はおもたくさげられ  手は使われている  手をとっておこして  手をとって教えられ  手である男よりやすいのが当然であるとする  手にかけて自刃した  手にふれたかと云えば  手にとらせる  手に長い蝋燭を持って  手にしたをりの  手にうごかされて  手に黄んだ柑子の皮を半割かせて  手に二つ巻煙草入れをもってぶらついていた  手にぶら下げて  手の恰好をこし  手を引かれて行った  手を出してはいけません  手を叩いたり  手を放さぬか  手に掛けて殺さなければならんよ  手に採るな  手が入りました  手を出して負けた  手が這入ったので  手の這入るというは  手を放さぬで居たから  手を引張ったり  手が這入って  手を取って逃げた  手を掛けまして  手を引いて逃げて来なすった  手を掛けましたが  手を突き  手を突くと  手を取りますると  手に喰付きますから  手を合せたが  手で額を斯う押えて呉れまする  手をお放しなさいと云うと  手が放れるが  手を入れましたから  手で横っ面を打たれたから  手でも足でも出したら  手で子を殺すと云う  手に懸って死にますれば  手を置くと  手に水を受けながら  手を拡げて  手を繋がつて北海道へでも出かけるより  手から滑り落ちて  手を差翳した  手を振り離そうと争っている  手から自分の左手首を引き離そうともがき始めた  手や着物の汚れを洗い  手に截れた  手をのべかけて  手をひつこめました  手をうしろへふり上げました  手の中のかたつむりを見つめました  手をふりあげました  手の中のかたつむりをながめました  手に奪われて  手で育てられていたので  手で探しだされた  手で準備が整った  手をお貸しといって  手から墜としたら  手で顎をささえ  手を打てば  手を叩けば  手に持って登れば  手にして話されておりました  手を斬られて  手が田の畔に落ちていたという  手が荒れた  手でいたずらに虚空を掴もうとした  手によって軽く頭を打たれるよりも  手によってしっかりと抱き締められる  手を握つたりするので  手が現れた  手で一日も早く光子に極く当り前な結婚をさせて  手を触れたりする  手を引いて降  手を振つたりしたが  手になんて乗る  手がとどかないくらい  手にして入ってきた  手の入るほどの  手を肩にかけると  手をさしあげた  手に手をとって  手で分けつつ  手に倒れました  手をおろして  手とを突いていた  手を延した  手におえる  手を束ねて討とうなどと考えたから  手を当ててみた  手を下されないなら  手をつけられねいぞ  手に御養育いたさせた  手きびしい嵐にふきさらされる  手があまると  手を洗つてゐると  手を前に出し  手へ差しつける  手からトランクを取り上げると  手や顔がほこりだらけになる  手からその希望の鍵を奪いとらせた  手ごしらえばかりと聞いて  手が届かないし  手もう暮れたか  手をつけはじめた  手に入るだけの  手をとりあって働きたいと願っている  手を通じて検挙された  手の掌に接吻してゆく  手に近づいたと見ると  手づから漆の剥げた  手で密と老爺の禿頭を撫でて見た  手を下したので  手を退けた  手の明るさを感じさせた  手近くして  手を掴まえた  手を鷲掴みにして放さなかった  手が麻痺れてきた  手が麻痺れる  手が麻痺れると言ってる  手の皮を抓み上げる  手を握り締めてみたり  手で養はれて育つと  手で育成せられて  手を投げて  手と膝頭を擦り剥いただけでしたが  手で振られて  手が不随になってしまったので  手に入れたばかりの  手に入るる  手を突込むと  手を懸けたが  手を返して  手を触れて廻ったが  手に触り  手を潜らし  手に残して  手を触りやしねえ  手で焚いてもらい  手を胸に置いて  手の下になってた  手は抜けるという  手が届いた  手を磨け  手が磨かれる  手につながれ  手は何故にかくもかくも清らに傷ましげに光つて居る  手は菊を摘む  手は怖るべき  手をもつて  手は奇蹟を生み  手は地上に泳ぎて  手に注げ  手は烈しく疾患する  手に金無垢の魚を抱きて  手にもある  手を描く  手の幻影白晝或は夜間に於て幻現する  手は歴歴として發光する  手は酸蝕されたる  手は白き金屬のごときものを以て製造され  手をおいてかういはれた  手を觸れずに居たし  手をかけて下さる  手に血だらけの細い鞭をもつた  手が屆き  手にかかへて  手にも取られぬ  手の中に握る  手から櫓をはなした  手にとられぬ  手には木の枝を持って  手にピストルを持っていた  手に鍬を持っていた  手で着物の裾をしっかり抑えている  手が足りない  手でその首を指さす  手で施される  手を引いて歩いてくる  手に這入る  手を突き出して  手で土を無茶く  手や顔に包丁で切った  手から俸給を受取った  手を解き捨て  手の合せ  手を開いて呉れ  手もあるだろう  手を掛けたが  手から人の手にうつりゆく  手でつくられる  手に配られた  手から政府に移った  手を考へるが  手と云ふ  手と考へたらしい  手を経る  手で抑へたが  手さえ動かしません  手に二三度空をつかんだなり  手近いテエブルの上にあった  手へ渡しました  手にピストルを握り  手にもおえないくらい  手をかりず  手に執りあげて  手が汚れても  手で自由に出来る  手を差しのべなければなりません  手に這入ると  手がしびれて  手にて使用する  手で完成しようなど  手に余るといふ  手に二三度空を掴んだなり  手を尽したが  手のものの獣皮で鼓を張って  手のものの太鼓を張って  手になされた  手から漏れて  手をさらに一般旃陀羅の上に及ぼされた  手とも言うてゐるが  手の抜ける  手の抜け  手も清くほそやかにして  手を觸れる  手を引つ込めてゐる  手で娘の顔を打つた  手はアリスチドの吭を掴んでゐる  手を吭から放す  手に於て終結決定する  手の中にあるけれども  手を肩へまはして  手で撫でて  手を下すべきのみ  手を離れると共に  手を御放し  手を放しました  手も放して  手を放そう  手が行かない  手の岩から身を躍らしたと  手を飽かせまいという  手がまわらない  手に負い切れない  手をその鋭い眼で睨む  手を懐にした  手爾遠波の間違が出来ぬとも限らぬ  手も足も突張返った  手にした透通る  手に日傘をさした  手を拭い  手は当てない  手を振切って  手が引込む  手の下なるべき  手をお懸けなすったが  手の鶏を御覧なすったが  手を取って起して見りゃ  手をかけ抱いた  手を懸けますよ  手なる算盤を差覗いた  手を差延べたから  手は帳場格子の上に結いつけられた  手を触れて見て  手も引かず  手に引きつけられた  手からカレンダアを受け取る  手が現はれて  手といい足といい首胴の差別なく巻き付いている  手から葬式をして  手を揃へてお辞儀をする  手に取揚げ  手に彼女は時々触ってみる  手を温ためる  手を貸したのであらうか  手で博士一代に完成する  手と足とが別人のものになったり  手を放さなかった  手も足も出なくなるからである  手の持主だけが外科医として成功する  手の不器用さを徹底的に知らせようとした  手を縛り上げられながら  手を掴まえようとしたが  手からするりと抜けて  手もあんな風に動いたらなあ  手が思う  手にかけて殺した  手を眺めてゐた  手を差し出している  手を彼は静かにはずし  手をかしてくれて  手をじっと握って  手を握って打ち振ってやったが  手もすぐに離した  手の爪を切る  手も足もはなればなれにあるごとき  手を洗ひし  手を打ちて  手の中にありしに  手をおきて  手を休めては  手のふるひこそ  手をかけてなほしてくれる  手の指を小さい帽の庇に当てた  手に蝋燭を持つて  手で自分のサアベルの鞘を握  手でゴロロボフの頭を真直に直して置いて  手をかけて見てあげますから  手をかたく握りしめた  手を指の先から腕まで一心に洗ひ出した  手を洗ってる  手をふいて  手は赤ん坊の夜具の上にしほれた  手に何をかも攫むとすら  手を我にのばしぬ  手を曳いた  手は恐らくわが頭を撃ちたるなら  手に置くや  手は君の古い傷痕のほうへのびていった  手と云う  手をとられながら帰って行きました  手にピストルを持っていたが  手で自分の額を押えた  手をゆるめやしない  手も借りたいほどの  手を引いてやる  手も通さずにある  手で撫でても呉れる  手さぐったとか涙のにじんだ  手を押えたり  手の中に刻々に冷えまさる  手で差えられて居る  手にその身をゆだねる  手に寄ろうと  手によって納められ  手に取るに  手を持ちそえて  手をすべる  手ばなす毎にこの踏みしめる  手に書かれた  手で髪をさすったり  手をからめて  手にペンをとらせ  手に抱かれ  手は私の床の方へと無意識にさしのばしていた  手をにぎると  手をひくべきだ  手がいる  手をく  手向い致しませんから  手を握ったが  手である程度たたける  手と足と別々に成長した  手で洟をかむ  手で弄び  手を振り上げて  手をピッタリと押えた  手にしなくなった  手に取ってみると  手で音もなくスッと奪い去られる  手も足もズタズタに切れ  手に恵比須の人形を舞わしつつ  手に持って舞わす  手を触れさせぬ  手をつけられない  手で発表された  手で発表せられる  手を携へて見る  手を経た  手と違つた姿を作つて居ねばならぬと  手の掌を出す  手が来ました  手へ附いたから  手を出しましてネ  手をださない  手を差出すと  手に持ったが  手をちゃぶ台の隅にかけながら  手つづきは後でしてやると  手にかかって死ぬくらいなら  手が一方よりほか出なかった  手に受けて  手をきつく握ると  手に渡されてゐる  手を回してゐる  手に渡るべき  手にして出てきた  手に任せたい  手だと思いました  手でとんとんたたいた  手に入れられない  手に届かないという  手を私の腕にかけて私を揺すぶろうとしさえした  手によって恥辱や悔悟にさらされる  手を弛めていた  手のとどかぬ  手に止まった  手を三十秒近くもじっと見つめていたらしかった  手を挙げていた  手に引かれて歩いていた  手が挙げられるであろう  手は筋張って  手みじかに言えば  手の指があらわれて  手がふるえるくらい  手を抜いてごまかして  手を抜いた  手を抑え  手にてその枝を攫み  手でされても  手がゆるやかに戻つて  手をだしかねてゐた  手で水を叩いたと思うと  手に出た  手をねじりあわせた  手を払いのけると  手をあてて泣きだした  手を回して抱いてやった  手がつけられないの  手をひいてしまったけど  手を休め  手をひいているが  手にすがって  手を浮かせた  手を横に払った  手をつかまれているので  手をふり放して立ちあがると  手をまわして抱きかえしながら  手を打ちあわした  手がふるえるほど  手でシナをしながら  手にあい  手に新聞を持った  手をまわして抱いてやった  手にとってみると  手にとってみた  手をとおしながら  手のなかにおしこんだ  手を待っている  手にさわると  手で小切手をとりあげた  手をだそうとは  手に渡り  手をひきあいながら  手きびしくやりかえした  手をのばせば掴め  手をつけさせなかったから  手もつけられなかった  手をにぎつて別れました  手をにぎりました  手をにぎりながら  手を振ったり  手を時々はす  手に突きささった  手をつッこんで  手をかけて殺した  手を懐につッこみながら  手と足の先きが擂粉木のように感覚が無くなった  手を力一杯握った  手でトントン打ちながら入ってくると  手をすぐ着物に拭く  手で持ち上げて  手と足を動かす  手の空いた  手に入れたくて  手をゆるめて行く  手を通しながら  手を振りあげて  手で吊下った  手を入れてみたり  手を夢中にたたきながら  手にホータイをした  手をかけ居り  手をかけ居る  手が蛇のように体にまきついた  手で両眼を被いながら  手につかなくなった  手に掴まれるまでは  手を放れて  手を置くといった  手擦れがしている  手から放した  手に汗を握っている  手にあまって刺し殺したとあっては  手をふやすなって  手でふりまわす  手を組み合せ  手の指が細くしなし  手を自分の手の中にもって  手を握ろうとするし  手がまたぶるぶると震るえて  手へ投げた  手で洗礼をさずけて頂いた  手を切ると申しました  手を切らせました  手こそ下さないが  手が触れると  手を後へまはして見せた  手を入れたかと思ふと  手を取り合う  手をさしたという  手をうかがう  手であったにしろ  手を以て戦った  手のない時に突く  手のない時に端の歩を突くな  手は互いに裏切り  手を忘れ  手をみそいでばかりいて  手で書いた  手によって提唱されたとしたら  手をふりもぎって逃げ帰ったが  手によって我等の敵に対する武器となる  手を振って歩いて居る  手の端ではじけている  手をひろげて待っている  手をのばしました  手にキッスをして出てゆきました  手をやろうとすると  手が彼女の肉体に少しでも触れる  手をまわすと  手にキッスしてましたから  手をやって揺すぶってみると  手を入れてみると  手につかん  手にかかったには  手であの人の肩をだいてきいてみました  手をはなしてみると  手を入れるが  手は出来るだけ  手をやめない  手でかこつて  手に入るなら調べてみたい  手が骨ばかりになって見える  手を平にして  手がつけられないという  手で帽子を脱いで  手には女の手が絡まつてゐた  手にやつてゐた  手を除けて  手に黒い長い物をだらりとさげてゐた  手を又引っ込めてしまう  手を出させずに置かなくてはならない  手の附けられぬ  手を著ける  手が著けられない  手を著け始めた  手を衝いて  手で押えた  手に取られる  手に取ろうとして  手に取られない  手を腰にやった  手には女の手が絡っていた  手にやっていた  手に黒い長い物をだらりとさげていた  手を布留の神杉カンガルー春きたれりと  手を千早ぶる  手で薬台の抽斗から赤い包紙に包まれた  手をのばしはじめたと云う  手を明けて居ると  手に据ゑるやうに大切にし  手に白刃が閃いて  手を着けてから  手にしながら腰かけてゐました  手を明けていると云う  手に据える  手から出た  手づくろいに  手がふるえた  手がその杖にかかると  手が欲いと言う  手を萎えた  手を空にして聞こえました  手が思わず震えました  手を組んで考えた  手で触ると  手が硬ばって動かない  手に従うて  手を触ると  手にしており  手をあげさせ  手を捕えて  手に成された  手をつけるとすれば  手を最初に打つたからだと思ひます  手をひろげてみてゐる  手を延ばす  手が生えて  手も足も緊め悩まされた  手を膝にした  手も交って  手に感謝します  手を通して執念深く願ひでる  手で天下がとりたからう  手をおしいた  手によらず  手の爪をはがした  手をかけ青ざめて殺気立つから  手もあるし  手で殺された  手で先例にとぼしからぬことではあるが  手をもぎ  手を拱いでござるは  手で斬つて  手を放すといふ  手がおののいていた  手を廻してみたり  手にかかって死にたいと  手に小さな拳銃と小さな紙箱とを持っていた  手がわなわなとおののき  手を引いてやると  手に手にみんなが長い銀穂の芒を持つてゐる  手を以て人を打ち  手は呪はれた  手に呪ひあれ  手をふっている  手をしげしげと見守っている  手に丸めて持ちながら  手のつけようのない娘にしか思われないのに  手にとって読んで見る  手きびしい攻撃の矢先にもまともに耐えて立っていようと  手にとったが  手を左の袂に入れて  手でも足でも前の方に出している  手や足よりも短かく見えます  手や足を描こうとすると  手や足の長さに対する態度はちゃんと申し合せた  手で徳久利を握って  手のつけようのない場合がいくらでもあります  手狭い離れに住んでゐた  手炙りを投げつけた  手で育てられた  手を大きく打ち振りながら  手をつけるほど  手の舞い  手を戸棚の奥へ差入れた  手にとるが  手にとるやら  手に下げている  手をかけて引いた  手を取押えた  手が出せないという  手を借りたなどという  手によって行っている  手にぶら下げた  手に一疋の仔猫があった  手をかけて引き寄せた  手にはピストルが握られていた  手のつけようもなくなったが  手に入るという  手の先からほとばしらせる  手をとられ  手で喉をしめて息の根を断つという  手で室内で行われる  手には飼桶を持っている  手に頭を支えながら  手を庭の方にさした  手を連ねていた  手の花はたち  手をつないでいるからである  手をあげろと  手の下から身を引いた  手を出そうとする  手もかざさず  手を出したくなった  手にして立ち上った  手をちょっと執った  手を執りあったりして  手にもふれなかったが  手を握りしめておいて  手を遮った  手をすりむいただけですんだ  手の爪をみがく  手の爪ももうみがきあげられた  手の煙草を取り落した  手を丁寧に拭き  手に取扱はれ  手が適當な形をしてゐなかつた  手で使ふ  手をみておいで  手をみつめてをりました  手からこのひとに移され  手に入れなされ  手によって興行されだした  手に汗を握つたりする  手や指を訓練させる  手や指の運動が円滑を欠いても  手にかかるであろう  手を煩す事が出来  手のよごれや  手に乗りたがる  手にあるも  手づから金剛經を寫して  手を労して写した  手を触れて見ておりました  手の形をとり  手に描き直しました  手を胸に組んで  手離すのが適はなくなつてしまふので  手を弄ぶとも  手をにぎり  手をたたいたりして  手に接吻して  手を前にさし出した  手を強く握りしめて叫びました  手が熱い額や手足にふれてくれる  手にとるが如く  手のことを語りたい  手をはっきりと意識しているばかりではなく  手を待つとも思われないし  手を振って拒んだ  手をゆらゆらと振った  手をつけたくなかった  手をつかみ  手でうながした  手を振って拒んだが  手で押えつけていた  手で合図して  手の動作をしたりしないではいなかった  手でドアの取手を押えていた  手にもやらず  手で彼の両脚のあいだを探った  手を渡した  手のなかにもてあそびながらおさめていた  手と自分の手の上に眼を落していた  手に接吻しながら  手をさし出しただけだった  手を休めない  手からえさをとってたべて  手をはなれる  手をあなたの右の手にのせて  手にあたしの一生の幸福をささげようとねがっている  手につかめる  手に入れようって  手をたたいてやって  手をつなぎあってでて来ました  手をさしのべましたが  手にくちびるをあてましたが  手をとりかわして  手のなかでふるえました  手を借してやったりしていた  手にたしかな槍一本はあるという  手に属して  手のものが城を乗り取ろうとした  手に島徳右衛門がいる  手のものは払暁に表門の前に来た  手のものが門をあける  手錬の又七郎も少年の手にかかった  手をかけようとすると  手のものが見て  手をお負いなされたな  手では島徳右衛門がまず死んで  手を負ったな  手がふるえて締まらなかった  手も見える  手に手を重ねる  手振をぢつと眺めてゐる  手振口振で示す  手振口振で  手ならし見た  手には落ちないわね  手に捕まえてみせろ  手に捕まえてみせなけりゃ  手をこす  手を己の臂の上に置いた  手に蝙蝠傘を持つて  手を逆にねじあげると  手の方を気にしながら  手を緩めなかった  手招いて居りました  手を拍ちましたが  手を叩いて笑い出しました  手で育てられ  手を休めて見送る  手で持つ  手に掴りながら入口から中へ消えてしまった  手もふれずに残させる  手によって選り出された  手の膏をとる  手で食って  手をださずに居る  手を入れない  手に成つた  手とは取れず  手に残っている  手のかかっていた  手を当てだしました  手を揮って  手の触った  手でくるくるとまかれ  手を尽してみましたが  手をくだした  手でうんと金を絞らしたら  手を延べて執ろうとしたが執れない  手を一ぱいに延べたので  手を取ってやる  手で経営せられた  手を出させたりして  手が延びて  手にさは  手の皮膚が感じる  手は少し震えていました  手を清めて  手にはおえねえだ  手でしがみついてきた  手やと言って  手をばたばたさせ  手の静脈を太く浮び上らしていた  手にぐいぐい力をいれてくる  手に落ちしや知らず  手に寒竹の杖をもち  手からは作り得なかった  手にかけねえから  手をさし入れるばかりの  手をださなかつた  手おくれになつてゐ  手がなく医者も相手にしてくれず  手で數個の寺が開かれた  手の中に円めている  手の静脈を太く浮び上がらしていた  手をひっぱられた  手に力をいれて  手を自分の懐にいれて  手を残酷な気持でじっと見つめ  手をさしだしました  手をかけて開けたが  手から紙包を執って  手をあげて押える  手に取りあげながら  手でなでた  手が置いて  手であつた何故私は一人の少女を愛してゐるので  手もなく出来る  手もなく女を得たと  手に持ち替へてあがる  手をあげて打ち消した  手を持つて  手にして誉める  手を緩めたが  手を振り放した  手に生きた  手に別別に持つと  手で又抱き縮められた  手を引張り出した  手に軽く自分の手をかけて  手には松明を持つて出かける  手に持参しているばかり  手に余るばかりの  手もなく女を得たと云う  手に持ち替えてあがるかまえをした  手に執って  手を揮り放した  手に別べつに持つと  手にはコップがあった  手でまた抱き縮められた  手を揮り払おうとしたが離れなかった  手に軽く己の手をかけて  手を揮り払うとともに起ちあがって  手には少年を縛ってあった  手ぐらいは握っても  手で口を覆って笑っていました  手をきゅっと握って帰る  手に入れようとしていた  手でイスの市が造られた  手を離れたと思うと  手ではゆかないし  手を切つてしまはうかと考へたりしたが  手でなんとかしようとした  手なぞはつけられない  手で堕落せしめるといふ  手をかりてまでも  手を代え品を代えの目まぐるしい変化で述べはじめたが  手離すやうなことをなさらない  手の屆く  手でビールのコツプを持ちながら  手は此方の左の手首に絡つてゐた  手はほて  手をやられたなりに  手でカーテンの端を捲つて  手に持ちかへて  手つづきがとられる  手つづきで  手つづきと使用の手順がいかなるものであったかを質問した  手つづきで原爆が使用された  手つづきがこれこれのものでなければならぬとの  手つづきを取る  手も足もでやしませんよ  手を合せて拝むだけで  手をジッとかざすと  手が背中に吸いついて放れない  手が放れた  手から放射される  手が附けらんねえ  手を附けた  手を振って見せましたが  手を揚げて  手を引かれながら通り抜けて  手を放しちゃった  手を当てましたよ  手を考えていたらしい  手に乗って来る  手の中に何かしら大切なものを握り込んでいるらしく  手を蔽いかぶせて  手で何の雑作もなく女の手を解かせて  手と足を背後から束にして  手を引いて歩いて行った  手を放したくなかった  手を振りながら遠ざかって行きましたが  手を藉して  手を振ったりしました  手や着衣の血痕を流れで洗い  手を俟たずに私刑に処すべし  手に留置場へ殺到し  手に渡してはならない  手が少しも顫えていない  手を固く握って  手で額部に滴る  手につきゃ  手を差出して  手を振っているのに  手で警察へ渡されれば  手に買物の包みを下げてる  手で私を瞞そうたって  手に入れたかが  手で百や二百の金が出来ない  手はもう冷たく痙攣りかけていた  手が神棚の方へ震え上り  手で受け止めて  手に受けては投げ上げていた  手に下駄を下げていた  手酷しい調子を浴せかけてやった  手を取らんばかりに  手にしないと誓ったので  手をブランブランと振りながら  手にはどうにもなりゃしない  手には妹から来た  手で殺害されようとしている  手であり護り  手にとったばかりの  手で事務を取らざるを得なかった  手にペンを握った  手で仕掛けた  手を力強く握ってみる  手を打ち振りながら  手近いところからと思って  手探りはじめた  手に持ったか持たぬ  手を離れて行った  手から古本屋の手へ渡って行った  手をまた鬼がつかみました  手に残した  手を突きますと  手に縋り付く  手をついての  手を取ってつく  手に下げ  手を分けて捜して貰ったが  手を出さねえでも  手を出さなくってもい  手と胸の間へ足を入れて  手に抜刀を持って  手でよって  手を持って引張り込んだ  手をつきまして  手を差入れましたは  手を中へ入れにか  手には小包を提げた  手に入ったから  手を逆に捻って  手も帳面ぐれえは附けられ  手を引かれながら  手に取上げて見まするに  手をついて頼み  手に取上げる  手ぬぐひも染まらないで  手に反つて向ふへひらいてる  手も青と赤相ひ  手で育てる  手離しちゃいけないよ  手に托して  手を触れないで  手とを打払って止めようとした  手を引かれてゐたが  手を浸してみたが  手がわるいのかと思っていたけど  手を習った  手を見ている  手を突込んで中のものを放り出し  手に入れて打ち壊してしまいたいと思っている  手はいつの間にかシッカリと握り合っていた  手でこの鼓を二度と役に立たない  手に何か持っていた  手で断ち切れるか切れないかは  手を待ちます  手で拳をこしらえて  手に手に鍬を揮って  手の下からふっと抜けた  手からすべらす  手に取って見ましたが  手に入りましたか  手酷しく責めてみましたが  手におえん  手が敏活に動き出した  手に何枚かの銀貨を渡すと  手から受取った  手をまわした  手をひかれてあるいていた  手を握らせた  手まえを木深くおくへ入った  手討ちなされましたが  手討ちになってからも  手を見せろ  手へ返せ  手では仕止められない  手が僕の肩を揺さぶった  手を拍ってよろこんだ  手が届きかねる  手に力を入れて  手に葬らるるにしかず  手や足をもぎ取る  手に縋つた  手を洗つてゐる  手を伸してゐるといふ  手や體をもつてゐる  手によつて始めて  手を延ばすとあわててひっつかんだが  手にはいるかな  手にはいろうという  手のきく  手によって造り上げられた  手には亀の子をしっかり握った  手を引くべきであろう  手をとって引き立てる  手に固有ないわゆるpersonalequationを示すか  手をつけられなかった  手と鉛筆とがそれを押え押えて  手が堅くなっていじけて  手によって調べられた  手によって上着をムキ取られてしまった  手をふきながら出て来ました  手で蓋して  手をこすり合わせながら  手を執り合った  手を伸ばしかけて  手にされた  手も足も出なくなる  手で煽ぎたてる  手を曳きながら  手を尽しながら  手は伸びて  手に執ってみると  手を携え  手でその事件にケリをつけてしまう  手をつくして  手を拭いながら現われて来た  手で煽ぎ立てる  手を退かない  手を退け  手に負える  手を取ると  手を差し上げた  手を伸して見る  手が灰皿に届かぬのに  手がなぜ灰皿に届く  手に下げられる  手に持って投げ捨てた  手に負えないほどに  手に力を入れ  手を束ねて眺めている  手を揺すりながら  手をつく  手に負えぬ  手に取って読みかける  手が出せぬ  手を蔽って  手を打ち合せ  手が出せねえ  手に夕刊を持った  手から逃れおわす  手なんぞを執って  手にするより  手から取上げようと  手に負えないので  手を差入れて  手で外套の釦を掛け終ると  手が行く  手にかけさせる  手にかけさせ  手にかけさせるという  手で絶対秘密に処分してくれまいか  手を打とう  手で煽ぐ  手を捻り上げ  手を執って引張って行った  手を取り合って出て来る  手で畳を持ち上げたりなんかする  手を握ってみると  手が濡れるほど  手の下を潜り  手で顔を防ぎながら  手を取られてよろめく  手をつないだ  手から脱れ  手で探って見る  手を膝の上に置くと  手のついていない  手も足も出なかったろう  手がどこにある  手に取って読んで見ると  手を弛めるなんて  手でポケットから伏樋の地図を取り出して  手で髪のウエーブにさわりながら  手に帽子を持った  手から帽子を落して  手から逃げ出す  手の中から細い光茫が走り出し  手を取られて教えられて来た  手で塗られた  手が廻りかねて  手を差し入れる  手にでも入る  手からすり抜けて行った  手にぶらさげた  手も胸も無惨なまでに斬り刻まれ  手で下顎を押しあげる  手を組み合って  手に引き受けて  手を差しのべて  手を握ってみる  手を合わせて拝みたかったろう  手に一枚の紙片を持って  手をかりて捕  手を下げ  手にかけて殺らせてやりたいと思う  手も足も出ねえでじ  手で監禁ておいてもらわなければならねえ  手の中にこんな手紙があった  手も見せぬ  手離すのが惜しくなって  手を突っ込んだが  手に入れるという  手に入るとしても  手を堅く握りしめて  手をあげて呼びかけたい  手に血を流し  手に入りかねるが  手の操作のやうに感じ  手を出すまいとする  手をやつて見ると  手が軽々と持ち上げた  手にはいつた  手を待つてゐない  手で自由に使ふ  手ごたへも感じなくな  手を触れたらう  手を下すには  手を下せば恐れた  手を下ろして  手は咄し  手の様なものから出たと  手を離れなかつた  手に移つた  手が廻りかね  手をかけていて  手を握って囁いた  手を強く握り返す  手につまれて  手におえなくなり  手向って来た  手にかえした  手を振りかざしている  手でこの女の思い出を書き残しているが  手にさげた折畳み  手は痩せて  手で押しのけ  手で撫でまわした  手捕りにする  手をやりかねない  手に取らせられた  手もなく荒岩を投げつけましたよ  手が出せる  手は棒のようになっていた  手を受取ると  手で笈の蓋を開き  手をかけていたという  手から紀伊大納言に下された  手に虚堂の懸  手より頼宣に伝えられてから  手には鶏をぶら提げ  手には杖を持ちながら  手で岩の手がかりを押へて身体を水平にする  手で次から次と岩角をつかみながら  手は支那に残して  手がない窓あけて  手がふる  手を引いて出かける  手が見えて  手を取り合って行きかいしております  手の先とに制限しようとする  手も盃を傾け  手にとる如く浮んで来る  手を差しのばす  手によって戯曲化され  手のなかに入って行きました  手で張の頭から体を撫で  手に何か持って来ました  手を己の口のそばへ持って往きました  手で二三回頭を撫でました  手に握らし  手につかんでいた  手で散文に書き取られ  手を経なかつた  手を煩さなかつたのであらう  手で作られた  手もなくひねられて逃げて帰る  手を一つ動かすと  手を先刻から握つ  手を巻かせる  手がつけられないな  手には取られないで  手を離れると  手にあるとしても  手で開いて  手にいくつか持っていて  手にないことに気がつかないので  手と足との糸を引き  手を打つて喜びました  手をつまらせない  手も出ない  手から遠ざけて  手を伸ばいて障子を開ければ  手をとどめ  手と次の如き會話を交ふるを聞くであらう  手で撫でられて  手を曳くに任せて居る  手に手を放つて踊り出した  手に入れながら  手をたたくやら  手にのみ握られたりしにあらず  手錬と胸とにあるを  手の獵人のために狩盡される  手に一通の手紙を持って  手が触つた  手に入れて置く  手と次の如き会話を交ふるを聞くであらう  手に撫でられて  手もなく逆上してしまつて  手を降す  手が延びて居たので  手なずけて終に伊豆相模に根を下し  手を仮りて政宗を取押えようと謀った  手から取って仕舞いたい  手は既に其辺にまで伸びて居て  手を天下に掛けようとしたとて  手を出して来たぞ  手を用意し  手を出して居る  手を下させて  手ばかり荒いように思える  手を出さば許すまじ  手に斃れたとすれば  手へ転げ込む  手に打死を遂げたる  手を束ね居てはならぬから  手を滑らせて  手を押頂いて  手を此人は持っていた  手にかけたという  手が直ぐに解けず  手を伸ばすか  手で払う  手にも見える  手と足に蒼味が注して  手で引張る  手をお取り申しましょうかね  手で触るぐらいの  手を突いてね  手の行届いた  手が辷って  手を曳合って駈出した  手を引いて上げましょう  手を取られる  手が消えた  手が冴え  手から奪ひ返さうといふ  手にしたとなると  手をいれた  手炙りに煙草火をいけて  手が切れたけれど  手の声をきくと  手が切れる  手をつけはじめて  手離すことが出  手に抱かれていた  手みじかにいえば  手に負えんと申しますでな  手がわたくしを射とうと  手を取りあっていなかったら  手に手に分銅のついた  手をつけたから  手にとって改めると  手の中からトビを奪って  手に何も持たんじゃないか  手をつけなよ  手さぐって得た  手で眼玉を押しつぶすほどに  手に入れて乗ろうとしたが  手に手に刀を持って襲いかかってきた  手で踝を握って  手のように収縮した  手を廻すと  手を握りしめる  手をとらえる  手を叩いて笑っていた  手をもたせ  手の指がくっついてたり  手の方が少し長いように思えて  手を差伸した  手か足かを伸してる  手を差込んでみたが  手を押のけて  手が触ると  手にしてる  手の廊下で半ば離室になってる  手を引込める  手で持ち去られた  手を握ってて  手に残ってる  手なぐさみに何かいじくったり  手におえなかった  手を合せてあやまった  手のつけようがなくなった  手から下がる  手に下げたる  手の間に置く  手を翻がえす間と思われ  手を故に還す  手さえ動かす  手を拍って雀躍する  手を波の如くふる  手に入れているに  手が届こうとしている  手を後で組み  手の上げ下しにろくなことを云わない  手を遊ばせたり  手を換え  手を付ければ  手で暮していられた  手が届くか届かない  手を洗うにも  手をつけると祟りが  手の先の方にリョーマチがついた  手をかして  手へ流れついた  手から鎌を取つて  手は自由になり  手やら足やら顔やら焼傷をしました  手に入れるなんて  手にわたすまいとして  手からのがれて  手が出せないし  手は再びたどたどと動き出して  手を深く襟元にさし入れた  手ばたきを二つした  手のはずみで左側の唐紙をあけたりする  手だけ洗った  手で汁碗を逆手にもったりして  手に取って眺めた  手が俺の膝をつっ突いた  手をしめつけた  手で女の肩を抱くと  手が一本にゅっと突き出ている  手はどこかへ伸び出  手に触れたという  手に縋っている  手に焼火箸を押しつけられたりした  手を引込め  手のすいた  手に委されてあった  手から私と供給されていた  手にかかっていたら  手をふれられても  手に煙管を取あげながら訊ねた  手も触れなかった  手に育てられている  手のうえに面を伏せていた  手を振払って  手を尽して来た  手があるか解らない  手は傍にあった  手に着かなくなって  手から取離された  手を入れたという  手の達く  手を堅く組んで  手で切拓くまでは  手を打たれたりした  手を出していた  手に溢れる  手に出来る  手の働きを眺めながら  手で男にしてみよう  手を着けたりした  手を働かしはじめた  手が利く  手を減した  手につくという  手を減して  手がしばらく空きかかった  手をきびしく払退けた  手を遊ばさない  手がとどきやしないよ  手にはわたらないね  手でそれをどうしようと云う  手を入れたりする  手を経なければ  手に手洗水を掛けた  手では負えず  手は挟まれてしまった  手から賀来子に渡す  手を拭き拭き帰って来て  手を引きました  手で営まれ  手おちのないように世話をし  手を持っていった  手をすかしてみると  手をやってこらえ  手が出てうごめきながら  手の持主がどの人だかとても分からない  手を入れてふんぞりかへ  手を一本づつ入れて待つてゐました  手がかかるかかからないか  手をうしろに廻して  手を置いてうつむいて居りました  手をさし入れた  手にしでいた  手にのるか  手篤い看護が効を奏した  手ににぎらせてくれ  手をにぎる  手でせいして  手のつけようがありませんよ  手を拍つて喜びました  手を洗おうとする  手も跨ぎかねまい  手を掛けようとすると  手に取ろうとしたと  手をふれかねないほど屈みこんで  手に顔を掩ふほどになるので  手で私の顎をおさへた  手に把ってじっと眺めていると  手が出したくなります  手と足の二十本の爪を血ににじませ  手で絶えず貨幣をいじって  手を隠しから出さずに  手をずぼんの隠しに入れて  手の上に涙がほろりと落ちて来た  手をずぼんの隠しに入れてあり  手でずぼんを引き上げながら  手に取られた  手の上に二寸もはみ出た  手にかかったので  手に手に団扇を振り回してみても  手を貸しうると  手で五千か所の火事を引き受ける  手を一つ動かす  手が触れると喜ぶ  手に子供らを託してみ  手をもみながら  手をひろげて見せた  手を裏返しにして  手はすこし堅過ぎるかね  手がつけてない  手がないと言われるくらい  手も震えた  手はこんなに紅くなっちゃった  手離してゐた  手が觸れ  手をふれるや  手に持っていました  手に手に団扇を振  手を借し得ると  手で五千箇所の火事を引受ける  手へ林檎を持たせて  手に持っているのよ  手を拍って喜んでいる  手で觸つて見ようとする  手や足がバラバラにころがつてゐる  手にはいっただけだった  手を出し兼ねている  手で引っ張る  手を差しのべながら  手を差しのべさせた  手でこちらの手を握って  手に弓を持って立っている  手酷しい攻撃を加えており  手には小さい箱のようなものを抱えていた  手にかどわかされた  手ではとても無駄だと分つてゐた  手のあるまで捜せば  手がひどく痛かつたのを覚えてをります  手で引きとめなかつたか  手でとめましては  手易く誘ひ込まれて来た  手を清浄な事に使い  手を汚れに使う  手が這入  手が胴巻の結び目をほどきにかかりやがると  手捕りにしたとか  手にかけて絞め殺した  手からも水が漏るす  手に入れて喜んだ  手を掛けて押すと  手で廻した  手で忙しく書かれた  手に入らないか  手を引いてもらって  手を出してからかってみる  手に渡るにしても  手をかざしていたら  手が力がなくなって  手に握れる  手おくれだったんだとさ  手からずり落ちる  手と頭とを使わなければならなかった  手へ順々に廻された  手に何やら石入りの指環を嵌めていた  手を休めながら  手がじきに荒れて  手の着け  手で拵えられた  手を着けなかった  手を膝に突いている  手も拭かずに  手を少し上げて  手に一つのコップを持って帰って来た  手を逃れて  手から失っている  手離しはしない  手離すに忍び  手で出す  手によって俳諧雑誌が発刊された  手を助けんと  手を引かさしめなかった  手を添えておられたが  手を支えながら  手がちぎれ  手が微動をしても  手にも首筋にも額にも蚊が来てとまる  手をあてがって動かして見ようとすると  手で胸の当りを教えた  手の方は痩せた  手を広ろげるようにして  手を延す  手にして立つてゐる  手を糸車のつむにさされて  手にとりましたが  手にささって  手まえもあり  手を拍つて喜んでゐる  手のつけやうのない混亂が一時的に青年を全く無氣力にする  手を觸れようとする  手から帽子を落す  手にとるかの  手が此処を先途と腕をそろへ  手の胸に秘めた  手が出ないので  手でもたらせた  手の先を震はせながら  手が巻煙草を逆さにして  手でつくれば  手でお願ひ出来ないでせうか  手にばかり目を止め  手から脱した  手の上にのせてゐた  手を彼女等の大きな腹の上に置いてゐる  手に屆かないやうにさへ見える  手が銅銭と菓子とを彼の掌のなかに握らせてくれたと知ると  手に捧げて  手を組んで歩いてゐますよ  手を振りほどき  手から山羊の乳を飲みはじめました  手を持ち上げたらとどくじゃないか  手に入ったら  手をしっかりとにぎりあわせました  手からランプを引ったくりました  手を引いて来る  手でさすっていただいたら  手ににぎらせましたら  手を引いて行ったら  手を入れて笑っている  手で彼の頭を撫でてやった  手を胸の上で組み合せたなり黙って  手のつけようのない人の苦痛を傍観する  手から奪う  手を一度に挙げて  手に入れたがるからであった  手を触れなかったから  手を濡らし始めた  手の掌に載せれば載せられる  手を触れようともしなかった  手を上げたり下げたりして  手をふりますと  手にいっぱいダイヤモンドをつかみ出しました  手にキッスしました  手にかためられている  手で雪が投げられる  手に入れようとしたが  手によった  手で時々目脂を拭いて  手のすいてる  手は非常に古風な手下げラムプをしつかりと握つて  手でそれを弾かうとし  手にとりあげたりしていたが  手に素早く握らせた  手に入れるといっても  手みじかに話してやった  手が考えてある  手篤く葬ってやります  手にとつて愛してゐた  手はやめないで  手をば無理に引き  手を出し眺めるほどの  手にすると共に  手を着けずに  手に弄ばれて来た  手に取られてしまふ  手にはまだ一大威力が保留してある  手は揃つてゐなくては  手に入れようかと  手から船を得るには  手に入れようと思ふ  手の指を出して  手で障つてゐる  手で顔を押へたと思ふと  手の上へ載せてでも  手から救ひ出した  手から二十銭づつ出して  手から手綱を放しては  手に委せて  手のくすり指に小さき玉の鐶を嵌めたり  手を藉したに過ぎないという  手を握ろうとしたりなど  手を振りました  手はまだ痛みますか  手の傷のお薬を買ったり  手を掛けました  手へ当った  手に当った  手を触れさせなかったと  手に色紙を持った  手の出ぬせゐでもあり  手は全空にしておいて  手も足も垢が厚ぼつたくくつついていて  手が廻りかねる  手がなかつたりする  手を脱した  手も震へ出した  手にいれんが  手をあのおしまいの子にのばし  手を擦って  手はそんなにガサガサしている  手は荒れます  手で始末される  手を当てながら頷きつづけていた  手へ満身の重心を集めて  手がぶるぶると震えて  手を握っていてくれた  手に縋りついた  手に握られていた  手を任した  手を胸に抱きしめた  手をかけて泣いた  手を握りかへして  手暴く枕もとのかんてらひきよせて  手にも汚き子供の頭撫でた  手にそれを開き  手の一つや足の一つないようんなって戻ったって  手に持ちかえながら  手を夜目に動かして  手に取ろうとする  手とともにずッと垂れて  手のつけられた  手を焼いてしまったんで  手が火柱のようだから堪りません  手を引いてね  手に結んだ  手はぐッたりと下に垂れて  手の手巾を愛吉が一心になって掴んだ  手で掻い上げた  手はかかりませんから  手を差伸べれば  手が足りなくなった  手を握りしめたり  手をじっと握りしめなさる  手から離す  手の中で彼女の手首はぶるぶると震えた  手に入れようともしなかった  手が痛い時にゃ動かそうと思ったって動かねえや  手があっての  手へ握らした  手の先きに附いてゐる  手で動か  手の掌に握る  手を差し伸べた  手を拍ってわあと囃し立てた  手の影はどこにも見えなかった  手に三尺ほどの払子をぶら下げている  手をいっしょにして  手で砂を掻き分けて  手を膝の上に重ねた  手に筮竹のような物を持って  手を後へ突いて  手に導火線をブラ下げて  手をさし延ばすからで  手で拭くので  手で旅人の作物の整理せられた  手に移つて了ふ  手に纏きつけておいて  手にまき  手で編纂せられた  手や足がピキピキと引きつる  手は休めないで  手で叩き直してやる  手で持って来て  手も足も出なくさせたからじゃないかね  手をおっ  手で自分たちの間から選び出した  手でタクトを振りながら歌う  手を焼いてしまって  手を合せながら連れて行かれました  手に入ったら持って来るよ  手を当ててみたりする  手の上にあけて  手を引いてください  手を翻せば  手を覆へ  手ごはく感じられた  手でできるというので  手で粉をこねて延し  手に載せ  手を拍って笑いだした  手を握らせながら  手に日光があたつて  手を引こ  手に包を握っている  手に入りません  手にさえひっかかりますよ  手に入りませんよ  手に入りましょう  手からだって水は洩れる  手に入れてみよう  手に入らねえ  手から放れ  手を振りまわし  手でつかんでやりました  手にゆだねる  手の半分ほどもあります  手の上で五六人の人間を踊らせたりしました  手に一本の棒を構えていると  手を差し出すと  手に持ちました  手の方の踏台を屋根越しに高く持ち上げ  手をお出しになります  手に二百本以上の矢が飛んで来ました  手に取り上げると  手や顔に一ぱい刺さっている  手に入れていますから  手や顔を攻撃する  手にキスしました  手にキスしようとして  手を貸してくださいます  手を伸したかとおもうと  手を離します  手の小指を差し出されました  手も足もちゃんとついている  手で静かに私をなでながら  手につかんで来ては  手の上に乗せてくれました  手の上に乗せてみたり  手からさらって行ってしまいました  手をずっと前へ伸してつかまえていた  手では私を抱いた  手を引っ込めさせたでしょう  手を差し出しました  手や着物は汚れた  手を取って立たせている  手や足をしきりに見ています  手を払いのけました  手が痛くなったので  手なずけようとしましたが  手を引かねばならない  手を引くべきであった  手によって用意されている  手で私をゆさぶる  手で腕をつかまれた  手は震えて  手をたたきながら言った  手が私をつかみ取った  手はより重くなるだろう  手を切られた  手で繋ぎ合わされて  手とをもってして  手が動き  手に一巻の紙を持っていた  手にわたされた  手に息を吐きかけた  手が役立ってきた  手にはいるな  手でしめ殺す  手をあてる  手を差し入れていた  手を縛られる  手で額を冷やそうとしていた  手は触れあって震える  手から落ちる  手にかみつく  手のなかにはさんで言った  手からつかみ取った  手をたたくだろう  手で静かにはらいのけた  手はふるえた  手を解いてくれた  手を洗い清める  手がふるへてや  手によってなされた  手から包みを取らうとした  手に返したので  手で遊んでる  手から彈きだそう彈きだそうと考へてゐる  手で養つてもらはなければならなかつた  手から他の知人へ貸すといふ  手をはなれてから  手をはなれては  手をはなれなければ  手でその顏を掩ふてゐた  手と手を堅く握り  手によつて證明をして  手で酷い目に逢はされた  手を付けなかつた  手の傍にあつた煙草盆をみのるに投げ付けた  手で物質的に補はせ  手を繋いでゆく  手から弄り直してる  手で押へながら男の顏を斜に見てゐた  手には何が出  手に持つてる  手で組織された  手に作られた  手で演じられる  手から放れて  手から捨てられる  手に落ちない  手が思ひ  手に百圓の紙幣が十枚載せられた  手から發行されてる  手に二人が胴上げでもされてる  手にあつたのだといふ樣な今更な顏をして  手をふりながらかけました  手にろうそくをもつてとび出してきました  手を出していひました  手を出さうとしましたが  手を引つこめてしまひました  手に思い切り噛みついたからである  手もなくそこへ引き据えられてしまった  手を吊っている  手から今川家へ児小姓に召し上げられたので  手を出しかねていた  手を回して  手を切れ  手は鈴ヶ森の舞台で権八に切られた  手のようになった  手で右衛門の身を上へ持ち上げる  手の指先に響いて  手のようなまたゴーゴンの頭のようなラッパをもった  手が掛り  手で改定した  手を引いてしまったが  手に手に重箱を下げて  手に執って舞う  手で印を結ぶ  手が取れたり  手に手に合歓木と大豆との葉を持って  手に移った  手を引いて行こうとしたが  手に入ったが  手を触れずにおいた  手でまわして  手を着けておらぬ  手で曳いて  手に持たせるという  手に成っている  手を焼いてゐた  手をつけようともしない  手にはおへんよ  手も考へられた  手では諦めなきやならんといふ  手には何一つ持つ  手の届かずという  手に持つばかり  手で向河岸に引付けられた  手に鰻裂の小庖丁を持っていた  手でも有るかの  手に搦み  手を借らずとも  手を敲いた  手は喰わないぞ  手が五寸ぐらゐひよいと出た  手が二たび水面から五寸ばかり出た  手を引かへて  手しほ  手でも足でも片っぱしから焼いてしまうという  手や足や頭などに火が附いて  手で止めた  手が脚の用をするからじゃ  手が麻痺れた  手の中にしっかり握られている  手に半弓を握っている  手を分けて探す  手からポロリと取り落とす  手をやって見た  手から貰い受け  手に松火を持っているので  手を拡げ  手を空しゅうして殺されなければならない  手に武器を持っていない  手を繋ぎ合い  手を止めて見惚れていた  手が揃って  手の空を眺めて見た  手に入れようと思うなら  手をあげたら  手を握ったり  手をかけて休んでいた  手に持つて歩くほどの  手に引取り見直した  手で揉みながら  手を宮坂の前に差出した  手をつまんで  手を器物のように丁寧に持主へ返した  手を上衣のポケットへちょっと挟み込んで  手を持っていても  手をおつなぎなさい  手を預  手に飛びついて来た  手を折り  手を入れて見給え  手に扇子を持ち  手や足で動作の真似をしたり  手を癖にして  手に鏨を持ち  手に槌を持つ  手をぴたりと一ところにとどめ  手の拳に打ち卸される  手が無くなったら  手を入れかけて  手で触つてみた  手が廻り兼ねる  手にもどつて来た  手に何か書類の束を持つてゐる  手にまがると  手をはなして聴き  手でやらうといふ  手をつけかねる  手はワナワナと震えてきた  手を上げる  手に何か光る  手から兇器らしきものが落ちると  手にして居た  手を引かなければならないでしょうか  手にかけなければならない  手に這入ったかは  手に入ろうとして居る  手が道子に出来た  手ではあるが  手と来ているから  手がつかなかった  手がついている  手は四七万の両単吊の  手に出して見せた  手が変ったのに  手に光る  手には明かに刃物が見えた  手が付けられなかった  手を引き合うて  手とも足とも胸とも云わず  手をもがき  手あぶりに手をかざした  手にとって見  手を左右に振った  手をながめながら云った  手を引っ張りながら  手をはなれるやいなや  手か体を動かして居る  手にすくいあげて  手に帳面を持って居た  手を袖の中にしっかりと包んで  手で小銭をかぞえて  手は持って居ても  手がしびれ  手だの袂だのを握って  手がかじかんで  手は袖の口に入れて  手や足がひどくつめたくなったので  手で私の手をひっぱり  手で千切った  手を引っぱって帰って行った  手によつても描かれなかつた  手をつけてゐる  手によつて易々と生み出させる  手へわたされた  手も誰からも見られぬという  手が血みどろに見える  手で彼を崖からつきおとしかかった  手で襟元を直してから微笑んだ  手をこっそりほどいて  手からかきをうばいとって  手で草につかまった  手はかさかさして  手をポッケットに突っ込んで  手を深々と帯の間にさし込んだ  手くびをしばらくなで回していたが  手にもてあそばれていた  手もなくあやし慣れている  手で思い  手をならした  手を他の女に任せる  手を控えた  手にははいらなかった  手を堅く握って  手はもうめれん  手でだいぶ乱れた  手に届けよう  手をさし込んで  手を取り合わんばかりに  手の塵をはたかんばかりにすげなく  手を引いておろしてやってくださいましな  手でささえながら  手はきびしく震えこそすれ  手からおろされた  手の指を壺の口のように一所に集めて  手きびしく追い退けられた  手もつけないで済ませたい  手のようなもので無性に払いのけようと試みたが  手をかけない  手を握って引き留めた  手を置きそえながら聞いてみた  手を葉子は手欄ごとじっと押えた  手からぶきっちょうに札が捨てられたり取られたりする  手を取ってやろうとした  手もなく忘れてしまっていた  手を取って引き寄せて  手をふりほどきながら  手がゆるんだので  手を延ばしても  手につかませておいて  手をたたいてどよめいた  手をかえして  手の中で細かいさざ波を立てた  手を軽くあげて  手を肩に感じた  手を自分の背中に感じて  手もなく追いすがって  手をすりぬけた  手を感ずると  手を引っ込めて  手に追いすがる  手で思うさま翻弄して見せる  手の中に握るまでは  手を鼻の下にあてがって  手を鼻の下に置いたなり  手っ払いに日本の雑貨を買い入れて  手が情けもなく容赦もなく冷然と自分の運命をあやつっている  手の中に顔を埋めて泣いている  手も足も動かなかった  手に取る如くわかる  手と謡い手と囃し  手は自分の仮面と装束とによって全局のリズムを支配しつつ  手は観客の観賞眼を本位としてはならぬ  手にお礼を云われるだけである  手が扮装する  手を入れられて  手によって出来た  手の一粒に到るまでも  手を習っても  手があるとする  手を握りしめたが  手をとらんばかりにして  手をしっかと握って  手をぐっと強く握って  手を力一杯ふりきって  手をはなしてくださらない  手をとったという  手で生きかえれば  手が忙しくポケットをさぐって  手で死体を安楽椅子から絨毯の上に移させた  手を振ったので  手にたらして  手で閉めた  手はますます得意になって  手にかける  手から灰皿を受取ると  手を引込めた  手によって小卓子の上でしずかに布片を解いて  手をあげて抑えた  手を灰皿へ伸ばした  手にお入れになった  手に取上げようとしたので  手を抑えたという  手を通じて兄鶴彌に送った  手に渡るや  手にぴかぴか光る  手に行灯を持った  手を振りまわして見たい  手を続けていた  手をふれなかった  手を煩わさなくてはならん  手をもたせて  手を伸して来た  手を引いてくれた  手がすいた  手に汗を握りました  手をかけたと見て  手も見せずと云う  手に入れられる  手で召捕られました  手を振るので  手を手水鉢で洗って  手から重いびくをうけ取って  手にとって見せた  手は自由に働きません  手を放しません  手がふるえている  手にかけるとは  手の方には田圃がみえる  手に取ったので  手にするなどとは  手堪えがあったと思うと  手を付ける  手の井戸のそばにお朝がぼんやりと立っていました  手で一度ぐらい顔を撫でられても驚く  手の先がふるえて  手をついてしまいますと  手から金環をふんだくった  手に帰ってきた  手に返っているじゃないか  手に入れたと思ったのに  手がつくされたが  手で織り上げる  手も足も慘たらしく折り曲げられて居りますから  手の所まではとどきません  手をさし伸した  手にでももたせると  手に委ねては  手の代用せる  手を頭に持って行った  手がないと思いますよ  手に入れたとすれば  手をあみだす  手だと思いますよ  手も足も惨たらしく折り曲げられて居りますから  手も足も洗い清めた  手わが足われにあたたかく寝る  手別けして働いている  手を翳さず  手を焙りながら  手をそっと執ったから  手から手に享けて飲み分った  手で何処へ向けてとも判らず  手に受取ると  手に掬って  手から木下を靠ぎ去った  手から靠ぎ取った  手をやめて立った  手で持ってると  手を切りました  手を採って曳いてやる  手などを採った  手を採り合うに至った  手に採って  手にせわしい仕事のあるばかりに  手のやり  手を掛けて殺したも  手でやって下さい  手に紅絹の切れに包んだ  手を胸へ乗せている  手から手向けて頂いたら  手でだまさば  手まわしに色々と指図をしてよこした  手で彼女は電報の封を切って  手に階段のところまで出ながら言う  手をぐいとつかまえて  手に棗の実やキャラメルを握らせる  手も冷たくなって  手でも足でも凍ってしまい  手には強そうな綱を持っています  手から仔犬をもぎ取ろうとします  手に白墨と平素点を記入する  手だか足だかをつかまえた  手を洗面台ですっかり洗い落として  手に抑えられて  手もいらず  手にすくってみると  手にとれば  手のものを受けとる  手を振って立ち去ったり  手で銃殺された  手で剣を抜いて  手で押しぬぐい押しぬぐい  手を携へて怖る  手を携へて踊りに酔ふて来るが  手を振つてゐると  手をふところに入れた  手を長くながくのばして  手を出して立ちあがりました  手を尽している  手を突っ込み  手にすがって言いました  手に取って見ました  手に入らなくなりました  手の届いた  手には瑞曳をかけた  手で曲げて  手がすぐ眼にはいりましたので  手が延びた  手と手を取  手も足も出なくなってしまうという  手をねじ上げるよりも  手と一致せざる  手から一票一票と三百万の票を党におくった  手をやって乗り出す  手を中途でとめて  手がかかるしねえ  手で馬関中心に売りさばき  手から奪ひ取つた  手によつて渚に振翳された  手で川へ投り込まれて  手を合せないばかりにして  手を引っこめて  手いれを怠らず  手の温味が失せぬほど  手に手に破れ  手にものさるるを待ってはいず  手はなお残りの団子に及ぶ  手易くあけて見せずに  手に覚えのなくなるまでも  手を打たれて  手に持ちて乱れし  手に一切をおゆだねする  手を持ち  手を手すりからはなして  手に渡された濡れた  手をしつかり握  手に手に棒ブラシを持つた  手に抱かれた  手を背の低い古島さんの顎へかけて  手でそつと押す  手にとるより  手に取るほどの  手を携へられて  手をピチリとひねり  手離さではかなはぬ仕儀となりぬ  手を引張らるる  手にかかりて  手を出させる  手を相手の手の上に重ねる  手を私の手の上に乗せる  手を引き抜いて  手に重ねる  手を抜き  手の柔かい感触を覚えている  手がそんな幼い時の感触を純粋に残している  手にしがみついた  手を確り握り  手にぶら下った  手もさわったらへんのに  手を外す  手を振って言う  手を締めつける  手は却って八つ口からたつの腋の中に入ってしまう  手を振り切ったらしい  手を隠し  手で私の羞恥を裸にする  手が伸び  手を拒む  手を入れるほどの  手を当てさせた  手であばこうと  手をとく子の背中に廻して  手が慄える  手を拱いて見ているより  手の爪の異状に気づいた  手を横木に縛る  手を離し  手を縛っている  手を添え合っている  手ですませ  手に渡される  手を石泉で漕いだ  手に携った  手をささえた  手に笛の提げられてないのに  手擦れでみがかれた  手を触れていたくなる  手を父親のする  手をさしのべていますと  手探りはじめる  手をつけるべくしてつけかねた  手を見る  手をひっこませて  手を動していたが  手は樹心に光り  手はあきらかに光る  手は宙宇にありて光る  手は白き疾患のらぢうむ  手の及ぶ  手でも容易にできる  手をかけなくても  手を出すでは  手になるであろうが  手にかかったとしても  手を出してはならないよ  手が硝子戸を擡げようとして  手を挙げるが  手をつとのばして  手にあずけた  手は知っている  手をあわせていた  手を打ちかけると  手を拝せて  手から持って参った  手にわたすと  手を掬いとると  手をどけて見た  手へついた  手から抱き取って  手で口を掩うて笑った  手にして這入って来た  手なぐさみはするというので  手に移した  手を出させた  手もやや似ています  手を擧げるが  手に鳴らせるほどの  手もつけてない  手や顔が腫れて  手にゃ乗らん  手でも平気で打てた  手をさわっても  手をぬらして  手をひどく刺して  手をイラクサでさわりました  手をみて  手の上のやけどのあとも消えてしまいました  手を王さまにみられまいとした  手にくちびるをつけました  手で金のかんむりをお妃のあたまにのせなければなりませんでした  手をおさえました  手につかませた  手を格子に掛けた  手を出さずにいた  手でわたしの胸をいじって  手でお玉さんに問わせた  手に渡されぬ  手に取るには及ばぬ  手で育てて  手を振り放して  手にしがみ附いた  手に附かぬ  手を好く書く  手で懐中を捜った  手をあらあらしく差し込んで  手ではどうする  手はもう庇の腕木を握っている  手を弛めずに  手を放して飛び降りた  手に少し血の附いている  手がよごれていますわ  手を洗っている  手を洗ってしまって  手を放さずにいる  手に入ると知っても  手が出し  手がそろそろ荒れて来る  手を濡らした  手が次第に荒れる  手の荒れた  手を抜いてはいるが  手を高く挙げているので  手を衝いた  手を離れない  手を出してくれなくても  手で引き受けてさせる  手を心臓の上に載せて  手を留めた  手を執らぬばかりに  手の付け様がないという気にもなる  手を着けずに置く  手に提灯を翳して  手に抜身を持って  手も顫える  手も何も鳴らないって云うのに  手を膝の上に畳ねた  手にも指輪を穿めている  手も掛けない  手で遣り  手を敲いて  手を持っている  手とを見ていた  手を左の胸の上へ持って行ったが  手をぐいぐい引張った  手を振り振り  手を出そうとすると  手も足も寐ていた  手に大きな白い百合の花を三本ばかり提げていた  手を固めて  手探でもする  手を引き込めると  手を引き込めなかった  手を前へ出した  手にしたばかりであるのに  手を膝の上に重ねて  手にしただけで済んだ  手を軽く敲いてくれれば  手が少し顫えた  手を鳴らして呼び出した  手を胸に当てた  手を顔に当てて泣き出した  手が岩の鼻へ掛かるや  手を窮屈に伸ばして  手に渡ったか  手から膏が出た  手に付かなかった  手で平岡の脊広の肩を抑えて  手を抑えた  手がむずと面前の茶碗を掴んだ  手で茶碗をとって  手が刀から離れていたに反し  手を敲こうとする  手をたたいても聞えないし  手を敲いたって  手を片手おがみに  手を取ったほど  手に水をかけた  手を押えているで  手にむく  手を掛けたばかり  手を静の肩に掛けかけたが止した  手からは兎ても取れつこない  手は霜やけで赤くふくれていました  手がとどきませんでした  手をおろそうとしましたが  手もうごかさない  手に落ちつく  手に任せ  手近いところで言うても  手に届いて  手に塗り  手をのせる  手に差しあげて  手を肩さきに感じながら  手を払い退けようとあせりながら  手を把った  手が娘のからだの何処にあるかを知った  手を娘の胸の上に置いた  手のまんまるさを感じた  手に拾い  手を伸べ  手にちからを込めて  手を合そうとする  手のつづく  手によって水の上へ辷り出された  手によって漕がれた  手に曲ってる  手に在庫電熱器を引渡すという  手から銚子を払い落しました  手で押えられていました  手の方へ動いた  手が明かにブルブルと慄えている  手を払う  手を貸してやらずばなるまいと思った  手を貸してくれ  手を貸せであった  手の一本ぐらいなんでもないと思ってます  手を引張られると  手がぬけない  手の皮を握ると  手の皮は元どおりに手首に嵌った  手をお出しなさい  手に握飯を一つ載せ  手の上に置いた  手をしきりに痛がっていたので  手は痛みますか  手を差出しても  手も足も出やしないじゃないか  手を下ろした  手にとりあげては  手だと思わぬでも  手によって保管されている  手でとうとう人を殺してしまった  手をやる  手づから簾をあげて見た  手に屆いて  手こそは傘をつかまえているが  手は痛む  手こそは傘をつかまへて居るが  手を挙げたり  手でも握って  手で金を出すて  手は物を盗ねて  手を入れやがる  手に手に重も相な獲物をぶらさげて居た  手にバラバラになつた仮綴の洋書を持つてゐなかつたなら  手をかざしたが  手やを働かせるので  手を動かさなければならない  手が汚れて  手に禍されずに済んで  手は人間のそれよりももつと  手を差し延べてゐる  手を握つたといふ  手で私の熱い手を握  手ひらかれ  手に依つて  手の中を覗き込んでいた  手もあるぞ  手を胸の柔いふくらみの  手は相手の背中を抱いていた  手を握ろうとした  手に取ってみた  手を払おうとした  手を自分の胸のふくらみに当てようとした  手はいきなり望月に掴まれてしまった  手を振り離そうとしたが  手のように握っている  手を出そうとした  手を離したのよ  手を見せた  手を掛けて起そうとした  手に熱い涙がポトリポトリ落ちて来た  手を鳴らそうとすると  手を離そうとせず  手に触れられる  手がいきなり伸びた  手にのせると  手で心臓部へ鋭利な刃物を突き刺されて  手がかかるが  手を握るだけで  手をうちましょう  手で続けたいと  手を退ける  手にお守りをされながら待つてゐる  手を緩めて怠ける  手を宛てられるかと  手を叩いてよろこぶ  手に手に棍棒や箒などを持って  手をつなぎ合い  手を再び差しのべる  手に各小枝を握り  手をうつ者もあり  手に委ねられて  手づから神の御服を織つた  手づから機織る  手には鐵鉢を持つてゐる  手には鉄鉢を持っている  手にわたしはせぬが  手の出しようがなくなった  手で日本もみこまれた  手に帰した  手は無意識に自ら伸びて  手の指亀みて  手を拭ひながら  手を水平に伸べ  手を押しのける  手に委ねられていって  手に残ったので  手入された  手に取りながら  手の繩を解いてやる  手にしたいで  手にも忽ちたかつてくる  手に取る如く見える  手に何か白いきれを持ち  手のべてささへたまへな帰る  手とめし門の唄姉がゑまひの  手をとどめひそめし  手にはばき解く  手に倚らざりし鳥辺野は御親の御墓ある  手はなちしは昨日の夕三たりをば世にうらぶれし  手なりたがはせ  手に折らせおきて  手つめたきかの空よ若狭は北よわれ載せて行く  手の花はくれなゐよ  手にすがりぬ  手に雪ちりかかる  手にさぐらせぬ  手づからの水にうがひし  手に葡萄をぬすむ  手に当り  手を引いてやりますか  手を伸ばして取ろうとしなかった  手でひっぱり出せる  手にとつて立つた  手を佐保川の一の瀬で浄めて来う  手ごたへがあるには  手入していて  手を煩わして  手に無数の紙袋に変り出した  手をとつて接吻なさいました  手を突き込んで  手は出しかねて  手が私の手の上に重ねられた  手にだんだん力が込められて  手の指に噛みついた  手に届けられた  手で膝の児を抑え  手は斜め後に竹の床に突いているが  手の縄を解いてやる  手にもたちまちたかってくる  手が独りでポツンポツンと爪弾していた  手だけをちらりと覗かせてゐる  手は現はれてはゐない  手を氣もちのいい具合に揃へさせる  手をさし込んでゐた  手のないところを一々お茶を出したり  手にかけて置く  手に取るが  手に取り上げて見た  手と手とが触れ合わんばかりに押しなら  手をいきなり引っつかんで  手に取り戻してみせる  手が切れるほど  手をなでたり  手なずけるまでに自分を堕落させたくないばかりに  手をつければ  手でしたとおりを葉子がしている  手をひかせていただきます  手を下しもせずに  手を後ろに回して  手によって束にされて  手に取り上げて読みふけった  手を経てさせる  手あぶりに火をついで持って来た  手が愛子の口びるに触れた  手を与えてくださると  手からあなたに届いたら  手に握り得たから  手に握ろうとする  手に持ってながめていた  手あぶりの中を見込んでいた  手あぶりの縁に置かれた  手の先に据えて  手を経ずに  手なずける興味をそそられないでも  手をかけて立ち並びながら  手をしっかりと取った  手を回してならびながら  手でかき乱された  手の表情に本能的な興味を持つ  手をつないで迷い込んで行った  手を力強く握りしめた  手には少しも力をこめようとはしなかった  手をヒステリックに激しく振り動かした  手の上に左の手を添えながら  手で壁を細かくたたく  手から飛びのいた  手をやってなだめようとしてみたけれども  手を骨もくだけよとかんだ  手で葉子の細首を取って  手で死んで行く  手を振りほどくと  手は本能的に自分の頬をかばう  手の下る  手を乗せていながら  手に取りすがりながらもつれ合って  手を貸していたので  手が舟を漕いだ  手は握り合わされた  手が明るくなったので  手なずけるためにはあの道をえらぶより  手を合わして  手ははげしく震え出した  手に取り上げる  手で極度の苦痛を感ずる  手をかませる  手を切って見せるから  手を取ろうとした  手を焼きただら  手の中に丸めておく  手を焼かない  手もなくはじき返された  手を幾度もまっ黒に日に焼けた  手をあてて見たら  手に伝わって来た  手を尽くした  手を顔にあてた  手にかじりつく  手をほどいて  手はぶるぶると震えた  手から落とした  手でそんな事をしてやりたい  手を人に見られる  手からのがれてしまった  手もなくしてのける  手を入れて使っている  手もなく素直にこう答えて  手を障子紙に突っ込みながら  手に掻き  手のさし込まれた  手で枕をなで  手でそっと抱いて  手の事を思い出すと  手に伝わった  手を取りたい  手は葉子の触覚に妙に冷たく響いて来た  手でくつろげながら  手を握り慣れた  手から自分の手を離して  手で器用にかき上げた  手にもしとどに流れた  手も額も油汗でしとどになっていた  手ばなさぬ  手から弁内侍を救ったと云う  手をゆるめなかったが  手にははひらずに  手をかりないで  手を懐に入れて歩いて来た  手が足りなくて  手も増した  手は震えた  手に子供衆を遺し  手の皮膚は裂けて  手にして泣いた  手はかすかに震えて来た  手で始末しないばかりに  手の震えた  手を出して言った  手なぞを切って  手が少し狂ったかも知れんが  手でそこにあった  手を揉み揉み  手が引きちぎられる  手にはソロモンの十字架がある  手の方の青年はウエイトレスがまたかけはじめた  手の青年はまたビールを呼んだ  手をつきながら  手が刀の柄前にかかったと思うと  手をお下げにならん  手を出したりしました  手ばなす  手を握ろうと  手を振りはらい  手を通じて手交するという  手が次第に伸びて  手を離したり  手の下しようもなかつたであらう  手が私を引きよせた  手によって養育された  手を揮り放して飛び込もうとする  手の震へる  手に入れようとした  手よらなければならぬ  手を省いて略した  手で撫でて通りたい  手に入れうる  手がくわえられ  手のさきからぱっと白い煙が出る  手に掻き乱して  手を換えて  手をやるって  手がすいている  手にとりあげて眺めていると  手が廻りかねたからである  手の色をみた  手にて走らん  手に委ねようとしない  手にかからん  手に死のうとも悔いないと答えたが  手の中に馳せ入った  手に引取られた  手に届けられたが  手にしつかりと  手を触れてはいけませんよ  手を触れてはいけないと云う  手から離して居なかった  手に迎えられて  手に取り上げますると  手に取り上げ  手の裏返した  手を執りあい  手をおれに差し出し  手に依って成された  手を切ってしまいたいと  手のつけようもないほどとッ散らかっていると思うと  手を触れたり  手をさし伸べている  手はワナワナ顫えた  手に一ぱいつかみ  手には一通の手紙が残った  手を入れていたら  手は急に硬ばった  手が服用を躊躇するに至ったかを  手を顫わせて読んで居る  手にむかれた  手である人間を腐敗させておきながら  手は懐手が出来るが  手でやッつける  手をつかめえて歩いてや  手につかまつて  手は傷めず  手を執りぬ  手によって祭政一致という超俗的な神職的神話に結びつけられ  手にかけて育てられない  手の中で揉んだり撫でたりしていた  手をくぐっておいて  手が出てくる  手や足を見た  手にぶらさがる  手でついでもらいたかった  手で大きさを示したりなどした  手によって教えられた  手も遠いところへ天のははびとたづね行かれた  手にすべきの  手に五大洲を描けるの  手に三尺の利剣あり  手をかけてなぐさめてとなり  手から離さず握  手から引きもいだ  手に渡してやって下さい  手にしました  手で苦もなく洗われてしまった  手あぶりの火鉢が幾つも置かれてある  手あぶりの火鉢に火を入れたりする  手あぶりを二人の前に置いて  手をまわしても  手あぶり火鉢を出し  手をつけまして  手を取ろうとすると  手にすつかり  手が浮いた  手を合せて立つてゐられる  手を合せなければならないと  手を仏に合せなければならない  手に数珠を持つたかれの  手を合はせずには居られなく  手を合せなければならない  手を空うして帰つて来た  手で煙草を吸いながら  手に持ってる  手をつけたのよ  手を通して渡された  手を下すべき  手によつても創られなかつたといふ  手の立つ  手で行わせる  手の中でいじくりながら  手で額の汗を拭いた  手の指はぶるぶるふるえて  手で咽喉をつかんだ  手にも覆い  手を彼の妻のほうにさし出しながら  手を置いて立っている  手を握ってついて行った  手で金色の砂をすくいました  手からお布施を貰われたという  手に持って出ると  手で振られた  手に奪われてしまった  手を握って喜んでくれました  手のとこしへ解きも  手を拱いてゐたら  手で作り出させなければ  手を固く握り  手をしきりに撫で  手からはなす  手をポケツトへ入れて  手も出  手や頬を舐め廻す  手を客の上着の肩のへんに突っこんで  手によって創り出されれば  手を差出す  手は椅子の背にふれて  手がたとえあの上で殺人を演じても  手を気を付けの姿勢で水を出たり入ったりしている  手も足も膨れているから  手を出してゐた  手を彼の額の上に加えた  手から飲ましてもらった  手で落ちない  手から茶碗を受取ろうとした  手を引かれて歩いた  手に帰った  手から島田に渡された  手で養育された  手に委ねる  手から支出の明細書を突き付けられた  手に渡らなかった  手から帳簿を受取って  手を頭の中に突込んだ  手がないから仕方なしに頼む  手を教えたり  手をやめなかった  手に載せた  手が届くか  手を出し始めた  手を彼女の寐顔の上に翳した  手を懸けて  手に触れるだけの  手も触れずに  手で物指を持った  手を夫の方へ差し延べた  手で薄く切った  手に渡してくれる  手を拱いで  手なんぞ延ばして  手で出来るだけの  手で調のえる  手で返さなければならない  手を出し合った  手をまた引き込めた  手を出したという  手を着けかけたという  手を振り払って  手で触れられるだけの  手で調達された  手を貸してくれといわれて  手なんか出せやしないじゃないか  手をやめては  手を運ばしていた  手に洋筆を持った  手も洗わずに  手にありますから  手に掴まなくっては  手に入るべき  手も触れる  手の指も足の指もちぎれ  手や足を見ても  手を振もぎって  手で押えても  手に何か持っているじゃないか  手に握られてあった  手をズボンのポケットに突っ込みながら  手は確に働いた  手を動している  手にやや悩まされながら  手離せず包に入れて持って来た  手を離したかと見ると  手に汗を握らせられた  手にしたか解らなかつた  手を傍の火鉢の上にかざした  手を加えた  手をかざすと  手に花を一輪もっている  手の何とも名状の出来ない活きた  手が小さ過ぎるとか  手に触るべからざる  手を暖めました  手を触れたらしい  手があったが  手で判事の手を押えて  手には短劒が閃めいた  手から奪っていった  手を開かせて  手に入るか  手があの父の手紙を拾い  手から手に渡って  手でその紙片をとり出して読み始めた  手によって火の中から拾い出された  手をポケットに突っ込んで  手からピストルを奪いとった  手にとって夫人に向い  手を引いたら  手でその十字を握り  手を繋ぎ合った  手をあげたと思うと  手を以て彈いて  手を押へてゐるの  手でポケツトを探す  手を染めたが  手を染め  手にして思ふ  手を固く握り得る  手で口をおさへたが  手離す話になると  手をはなれても  手を切るより  手には乗るまいと考へた  手をやかせるからね  手にとるべき  手がとどかないから  手から竹駒稲荷大明神の御供物と称して  手を結びたいと希っている  手には普請場で拾つて来た  手を当て眼を閉じていた  手を下し初める  手を鳴らし  手を洗ってからも  手で撫でられる  手は矢張胡坐の両膝を攫んで  手で蒲団の襟を敲いて  手に執り持つ  手は矢張胡坐の兩膝を攫んで  手で蒲團の襟を敲いて  手にあったかさのつたわって来るほど焼き  手に几帳のかげに坐つてゐる  手に採  手でその高い聲を押へる  手づからそのかづけ  手と手とが相觸れる  手で拭いたりなどした  手がこの身を卷いた  手を合はせ  手からその可愛い道綱を抱き取つた  手に觸れる  手からその涙に霑された  手で指さしたりなどした  手を組み合はせたり  手を取らぬばかりにして  手を當てた  手を合せる  手を合せてゐる  手に持つてるた  手ではちよつとむりかも知れませんね  手から茶椀を取つて  手を拱いて坐つてゐる  手や口を震はせた  手を清めてから  手を分ち  手は一番遅れて  手に入れて来て  手を加えるほど  手をつけてしまった  手も真っ黒によごれた  手にはかけない  手になにか握っている  手に提げている  手に握り  手に唾して躍り出で  手を拍ちて  手を仮してくんねえか  手は帯の間に入りぬ  手を掛くれば  手にも住ま  手にしたる  手もて制しつ  手の達くばかりに近づきて  手に手に研ぎ澄ましたる  手を差し入れつつ  手を見つつ  手は確かに出刃を握れり  手なりと思いぬ  手を捻じ込みて  手に咬み着き  手を抗げてこれを抑えぬ  手の指や体全体が神経的粘りをもって  手にとってあっちこっち頁をとばして  手でおさえて隣りに立っている  手に小突かれて  手も出なかつた  手を廻す  手でかきむしりながら押し退けた  手を暗の中に延ばしながら  手ずれた服を着ていた  手を捉まえて  手をかけながら云った  手で捕え  手に自分の手を重ねた  手に紙切を持っていた  手に紙片を持った  手の廻らない  手にとって眺めた  手の中へ押しつけた  手をつかまえ  手で自分の欲しいのを掴んで見なければ  手を胸の前方で組み  手や顔を洗って来  手に余っていると  手の下に結びつけてしまおう  手近い本棚にのせた  手にとり上げながら  手をいきなりつかまえると  手も一緒くたに持ちそえ  手に自分の手を当て  手を頭の下にやっていた  手には負えない  手に浅い箱を持っていた  手を急がせた  手に小型聖書を持っていた  手の拇指がまむしになるほど  手を上げたり下げたり  手を洗って来た  手の指が見えなかったら  手に赤旗を持った  手に手帳を持ち  手おくれになって  手も足も出ないという  手がつけられない程  手を経れば  手を引いてくれない  手を引いてくれなかった  手を引いてやらなければならなかった  手の上に吐き出して  手にとつて見た  手をすべらすので  手が五本も六本も出て  手を擧げて叫んでゐる  手からそれを打落して  手におまんじゅうのつつみと  手にだんごのつつみをもって  手をひっぱりながら  手をひっぱると  手につかまえられて  手から取上げる  手に入れたかについて  手を染めなかつた  手に入れてから  手を出さなかつた  手を空くしてあるべきにあらねば  手をつないでいる  手をちょっとあげても  手を廻している  手から察しがつく  手に入れたからには  手に取って開いたりした  手をあげてもらいましょう  手をあげさせて置く  手で生捕りにされた  手で百株ばかりの薔薇を植えていた  手を傷つけた  手をしつかり握つた  手に力がはいる  手は戸に触れて  手が着かないでは済まなかつた  手がついてゐたが  手を振りあげた  手も見ないで引つ  手のなかを覘いたりする  手に月の影を見た  手でおさえながら  手で実際に作ってくれるだろう  手を頭の上にのばし  手を擧げて留める  手を擧げたり  手をお擧げ下さい  手から離れました  手を敲くと  手のやうに擴がります  手を取つ  手の尖から  手もつけられず  手から守る  手で爆破したが  手によって建設しおおせた  手によってきずかれた  手をもじゃもじゃさせ  手を私の肩にしっかりとかけました  手をもじもじさせながら  手にもついてはいなかった  手には何にもついてはいなかったと云う  手に何にもついていなくっては  手に逮捕させたいという  手で刺して  手を取り合って泣いたりしているというではないか  手にかかったら  手を持ち上げて調べて見ると  手を以て知らせると  手によらなければ  手でもって探し出そうという  手をふれても  手を出し兼ねない  手を拭いたが  手をやっている  手をやっていたが  手をひっぱっていた  手を挙げて下さい  手に付かぬ  手が直ちに焼けてしまう  手を着けられるほどに冷めて  手につきませんでした  手を拍って喜んで  手にやけどをしてしまいました  手をぬいている  手を思いついた  手に指環をのせると  手にのせた  手おくれとなる  手おくれの難はまぬがれない  手を通す  手でもある  手をかけようといたしますと  手はムズと押へられてしまふ  手をかけて育てた  手をかけて押してみた  手で押して調べてみる  手も突きながら  手がめまぐるしく往復している  手が忙しく往復している  手をさしいれて引きぬいて  手を打って喜び  手をつッこみやがってね  手が殆ど加えられていない  手が加わらず  手を拱いていた  手のふるえがとまらず  手をさし延ばしたが  手から受取つて來た小荷物を押しつけながら  手を握つて別れる  手づから酒をあた  手を上げたり下げたりするだけの  手を引いてきました  手に笛を持って  手におさえられている  手をふりきる  手をふりはらわれて  手をちょと曲げていた  手でまたテーブルの上をどんと打った  手の掌に握ってから  手を横に二三度動かすと  手に死に  手に死のうとしていた  手がそれを手伝う  手に鎖の附いた  手をやろうとして  手は女の左の肩のあたりに往った  手が背後にあった  手に暖かな手の生なましく触れた  手を挿しながら見ると  手から渡された  手を左の袖口に入れて  手を鉢の上にさしたが  手に金柑の袋を下げて  手を頭の前でくの字に曲げて  手がスッポリと水からぬけて  手が充分に水から抜けない  手が存分に前へ迫って  手にではなく独占資本の手中に独占されて来るという  手を下さなくても出来る  手の指が二本で輪をつく  手はあるが  手がもがいてる  手をだした  手に空いた  手の爪を磨く  手にハンカチをとって  手をぬきたくない  手で以て盛んにこの水を掻き廻して  手に政権を戦い取ったと称しながら  手に奪われていった  手にナイフを握りしめていた  手に押えられた  手は放された  手を静かに離して  手に負えなくなるかも知れない  手に負えなくなる  手を掛けようとしているではありませんか  手をだしたり  手がたりないから  手が廻らなくて  手を引くよ  手が足りなくて困つてゐる  手に乗るかい  手が廻つてもう帰らうとしてゐる  手が足りねえ  手の先だつて  手をブルブル顫はしてゐる  手を見物席の方へ突き出してわめく  手も眼も及びか  手はありませんね  手に採つて見るとぬら  手がまわるだけでも  手をあてて見た  手をつっこんでいたので気がつかなかったが  手を着けてゐなかった  手に渡されました  手のなかににぎられると  手でいじっている  手の掌をぽんと叩けば  手を廻わしてこの外国人を征服しようとする  手を首と共に左右に振った  手を顎の下へかって  手を拍って笑う  手をぱちぱち敲く  手を縛するからである  手が鳴ると  手を触れて  手が欠けてます  手を立ちながら  手を持つ  手は解けて  手にとらす  手がなくても恨とは思わぬ  手をやめて出て来る  手を翳して仰ぎ見る  手に引っ張りながら  手でタタキ落させ  手を入れて住み込んだ  手を突込んで一枚の古新聞紙を出した  手をさし伸ばすと  手を当てて殺す  手を泥だらけにして帰って来て  手を引っこめながら  手を左のポケットに突込んで  手擦れで磨滅してしまっている  手が達き  手から女に渡されて  手には乗らずに  手離しかねていた  手を廻してくれ給え  手を血だらけにしていても  手を半分開いた  手で別々に使用し得る  手で毒薬を注射して  手近い例を取れば  手で支配されております  手に持っておりました  手にして調べつつ  手から取り返しておかなかった  手でも二十分はかかる  手を握らせられた  手を空しくして  手に入りまして  手を利用し  手を利用している  手も足も出ないまでに叩き付けられて来ました  手に交付すると  手に暗号を渡して  手に保管中の二万円也を貴下に捧呈させて頂きたい  手にかかって殺されておられるに  手にかかって殺されているとすれば  手遅しと受取って開いてみると  手を当てがいながら  手を額に当てたが  手を別けて探している  手を施す  手を挙げて制しているが  手に手に銀色のピストルを差し上げながら  手で触れられるもの  手が生え  手で作り出させた  手にかけて始末させようとした  手に引渡して  手にかかったらしく  手をかけてやっと  手で赤い小さな百合形の皿を抱えたが  手は今でもこの家を守る  手に入りませんでしたので  手に一枚もない事を最早とっくに察している  手に渡すという  手に引渡すでしょう  手を借りないで  手がまわっていないかも知れないではございませんか  手にはその撃鉄を引く  手で片付けて頂いた  手から救い出して頂きたい  手に渡らずに  手に這入りましたばっかりに  手で縛られてしまいました  手にお渡ししたい  手に頭髪を掴まれ  手を押えられた  手はどこまでも随いてくる  手と足を投げ出した  手に高く捧げられた  手を下さずして奪ったとも見られる  手を離してやった  手でやっつける  手をさし出された  手に入れようと思って  手に奪い  手を率きながら辞し去った  手が出せないなと思って  手に汗を握らせられましたよ  手に入れ墨をするを  手に入れ墨をなせるを見る  手に死なんと願う  手に合った  手に入れたかという  手を生墻のやうにあをあをと身につなぐべく  手がもちきれぬほどへし  手でめんどうなお料理をこし  手で何ひとつ器用に出来ない  手にとらない  手づから餅を焼いて  手にとる如くうか  手を打つて  手で三木の手を執  手をやつてみた  手に成つたらしい岩や水を刻んでゐる  手に獲得しようと思う  手を一目見るだけで  手の爪をかむ  手でできてしまった  手を掛けて並んで歩きながら  手なずけたと見る  手の指を突っこんで締めつけられて  手に入らぬから  手で不意に触られて  手のつけられないほどの  手は見事に成功したといわねばならない  手をあげて停めた  手を上衣の内ポケットへ入れたと思うと  手をだらりと下げた  手を握って放さなかった  手でつかまへようとしますが  手でとらへる  手を捉え  手の中へ呼び返してしまう  手に掴まれた  手をかけようとして  手のつくしうる  手にはいらなくなったと  手にサントリーの大ビンをにぎり  手にとって大威張りで大股に歩いてひ  手をうちながら  手にも足にも負えねえから  手からずり落ちてしまひ  手もふるへ  手にたしかに握れると  手の細かなふるひが剥ぐ  手につかんだと  手でひつぱつただけでぴりぴりと裂ける  手をはさんだりした  手を叩いてゐる  手はふるへて  手にし  手まはりの品だけを行李一つにまとめて  手を拂ふ  手も休めなかつた  手を進めた  手は單に一箇の傳道の機械にすぎぬといふか  手を離れるやいなや  手が足りないんで  手を引いて生きる  手を入れて見るが  手やら顔やらでれりでれりとなめあげた  手に負えまい  手を握りしめたりする  手に接吻をして  手に接吻しましょう  手をひろげて庇ってくれた  手が蛇のように彼の頸にからみ付いた  手にも負えなくなって来た  手が袖へ通らないので  手を払いのける  手あぶりの柔かいふちへ白い指さきを逆むきに突いた  手をひかれて歩いていた  手によって二人は無慈悲に引き裂かれねばならぬ  手を振り切るという  手に負えないと見ると  手に笠を持っていた  手をあげて制した  手が着けられなかった  手討ちになろうと  手が刀の柄にかかったかと思うと  手討ちも詰め腹も真平御免だとことわった  手討ちにする  手討ちにすると言ったよ  手を思わず固く握りしめた  手をそっと伸ばすと  手は刀の柄にかかったので  手でも同じことがなされました  手を引きましたよ  手を引っこめましたよ  手を握りしめるなり  手を懐に引き入れるなんて  手をはぶかずに  手を合せてるだけで  手も足も出る  手を合わした  手がなかったかも知れないが  手がいるからである  手がこんでいる  手を爛焼せ  手もつけられぬ  手ならひ  手に委すに忍びざりき  手に落つべき  手を出してはねつけられた  手を苦しまぎれに俺が故意と振り切った  手を差伸べないからね  手を差出したので  手から離すに  手でかきあげながら  手に何か持って  手に手にメガホンをもち  手がないと内裏へ乱入して  手にて作られし  手きずのいたみもた  手を差し  手は元へもどしやんせ  手で遣ろうではないかという  手に取って見たという  手に託して置いて  手をだすと噛みとられますよ  手を挙げると思う  手をぐっとその男は掴んで  手に持って歩いている  手に或る職業を有していた  手も動かさず  手が握れない  手でこしらえたにせの  手にとって口のところへ持ってくるんだ  手をはらいながら  手で切りかえる  手でこすった  手をつけなくて  手でつかんで  手から図板をとりあげた  手に缶詰をもっているじゃないか  手が考えられない  手で辛うじて完成した  手をだそうともしなかった  手をさしこむ  手を曳かして  手を曳いている  手から没収せられた  手と頭に繃帯をした  手と言わず  手で手拭を持って  手を差しのべるどころか  手に委ねた  手に一任している  手に移されるに及んで  手によって造りだされた  手をかけて死なせた  手の一本か足の一本かがないような者ばかりが集まっている  手に支えられて起された  手を叩いて囃したてた  手を拍って笑った  手を伸ばしかけていた  手をのがれました  手に委ねて置いて  手の指を立て  手が付いたと  手をステパンの手の上に載せて  手で法衣の流蘇をい  手をセルギウスが前に伸した  手探に鉤のある  手に握つてゐる  手の先を振り廻した  手の示指を薪割台の上に置いて  手に斧の柄を握つて  手をしつかり  手から法衣をつたつて血の滴つてゐる  手をどうなす  手を載せて直る  手で欄を掴まへて倒れずにゐた  手を重ねた  手を娘の頭にお載せ下さつて  手を載せて下す  手に取られ  手尖の濡れた  手には障らずに  手を前掛で拭きながら  手に持て  手に返る  手で脊中をなでてやりました  手に負えんな  手をひかれていつたら  手に庭へと出た  手をひっぱってあげるよ  手で二ツの弓を同時に使う  手にさわる  手も足もかけ  手で二ツの弓を同時に射た  手を代え  手はスベるようになる  手でその人を殺しているなら  手には負えません  手を窓ごしに握って  手にとりあげて見ていたが  手をおさえた  手をひっこめ  手も足も厚い蒲団のようなものにくるまれた  手にふれんばかりの  手で眼を蔽った  手をふれてみた  手によってひっくりかえされてしまった  手わたすことができて  手の行方を憤ろしく思ひ  手と手をとり  手から一本づつ傘を受けとりました  手が此方向きに寝ている  手に襟元を掴まれた  手には何かものがあった  手に掴んで  手から葛の葉をもぎとる  手が震えていた  手に提灯をぶらさげて  手で撫でてやった  手を強く握りかえして  手を自分の膝の上に取った  手を解いた  手をつけだした  手もなく腹を割いて  手にさわらなかった  手に松蘿のついた  手がでますよ  手をぬかなかった  手がないとなると  手にはいらずに  手の裏返す  手は下さねど  手づから花瓶を据えて  手が付けられぬに  手を振りて  手を切らずば  手に渡すを  手を合はさせて  手に触られては  手だけが延びすぎた  手で伝えられても  手を入れさせ  手が焼けただれる  手がただれないと称して  手が加わらなかった  手を合せて頼む  手の蒼穹はなんぢを守らん  手のみにて用を達し  手を引かれながら上がる  手をふりもぎって  手の中に握らせて帰った  手をもってゆき  手にひかれて  手であるように思えたから受けとらないで  手を揚げるべき  手を通さなかった  手をつないでいたり  手をまげてゆらしながら  手を突込んで鉛筆と紙切れをしっかり掴んだ  手くびからはずれないで細いより糸はぷつんと切れた  手へまわされた  手をふれてはいけないという  手の上に冷やっとした  手から胸へ上体へと目を移し  手をその手の中から脱出させる  手だけを彼の方にさし出している  手が頭の中に蜘蛛のようにはびこっていた  手に触れたいと思っていた  手の上にのせた  手から胸の方へいきおいよく走った  手と握り合っていた  手に固く持たれ  手に数珠がきらりと光る  手から捨てた  手がじんじんする  手をつっこんで  手をつっこんでいた  手を机の上でひっぱった  手をひっぱって起した  手も動かそうとしても動かない  手で肢体にもふれた  手からぬけ出てしまう  手を引かれて歩くと  手を彼の女の前へ差し出した  手を堅く握り  手を組んで歩いて行く  手を引いて下さらなくても  手を引きます  手で捕縛されました  手に白く光る  手をゆるめずに  手くびを持って  手をねじ上げられた  手をたたいて喜んだが  手もとめずにいると  手くびの痛くなるほど  手もなくお通を抱えた  手へ渡しながら  手にも触れない  手に人間の温か味が思い出されたからであった  手にも触れんで  手へ差出した  手に触れて  手へかえして  手の横笛を投げつけた  手で処置する  手を強く握って  手をすくめたが  手へ掴ませると  手にかかるより  手の皮がすり剥けてしまい  手も脚も知覚がなくなっていた  手は平等に行き届いていた  手を橋の欄干へ抑えつけた  手がついてゐないといふ  手つとり早くいへば  手から手へ乱れ飛びはじめる  手を通さなければならない  手の若い生命をも目に見えて  手を休めてゐる  手から引つたくる  手をおよがせながら  手を出せた  手で頬杖をついた  手に突き出た  手を両わきに曳いて  手を今度は氏が両わきに曳いて  手を大きく外へ振つた  手をさし伸べた  手で続けざまに撃つ遣り  手固い感じがある  手を擧げて言うた  手から船頭の手に差し渡されると見る  手なし美人は美はしい  手を下さない  手をつけたがらない  手で西側の窓を示した  手を触れても  手で彼女の唇に口紅を塗る  手に入れるのよ  手を導いた  手を引き込んだ  手を扶美子はそこで優しく上下させ  手をつなぐか  手にこめた  手が触れ合う  手で彼を抱き寄せた  手がこんでるでしょう  手に入れておくわ  手に入らないと困るから  手を取って立ちどまった  手によって取り払われる  手をたたいていました  手を出さず  手は差出されぬ  手におえないと思ったので  手を決してゆるめる  手が附けられ  手を掛けたが明か無いので  手は熱く足はなゆれど  手を火傷している  手も差しのべられなかった  手を直に型にとつた石膏で造り上げた  手との心が籠つてゐるからである  手に提げながら  手も背もかしたであろう  手を火傷してゐる  手も差しのべられなかつた  手にそぐはぬ  手で大きさを示しながら  手に取つて見ない  手に入れたのよ  手を挙げずに  手の上へ手をかさねると  手に擒人となってしまったも  手をあわてても  手を打ち砕かれた  手は喰わん  手を喰わんなら  手がつけられませんや  手をゆるめたが  手には血しおがついていた  手に取らん  手が怯れる  手から奪り上げようとすると  手でこする  手を振り上げながら  手でたたきこまれた  手も出まい  手をやいていた  手でさせてやろう  手にかざし  手を休めたりしない  手をつれて  手をかけてあがろうとする  手に入ります  手をふれようとしない  手をかけて引き上げる  手や足をお洗いになったら  手にひとつかみの野菜を持って  手でつかめる  手に畑で採った  手は野菜をきざみ  手に洗った  手でそれをしろと言ってる  手からカラの汁椀を取って  手からもぎ取って  手がすべって  手を掴む  手で上から下まで固めた  手で順々になおして行かなくちゃならないのよ  手は伸びなければ  手でそれを受取って喘ぎつつ飲む  手きずを痛く感ずれば感ずる  手でいじくり廻された  手を置こうとした  手で片づけて  手に手斧がある  手にと云ふ  手にもこれと直した  手を眺める  手を腕の辺まで捲って見て  手を洗いに来た  手へ水を掛けて  手を引合って歩いた  手は震えて来た  手を引いて貰って  手に入りましたから  手で肉叉や匙を持添えながら食った  手を左で癖のように揉みながら  手で巻煙草を吸付けた  手で筆を持添えて  手を出し始めてからだっても  手から娘を抱取る  手を揉んで  手に掬った  手で造った  手で額の汗を拭った  手で顔を掩うようにして  手が有らっせまいで  手の指は無心に洋琴の鍵盤に触れる  手の届くほど  手を眺めていた  手をシャブっている  手から子供を借りて抱いてみた  手にしたという  手を差揚げた  手を冷たい水の中へ突込んで  手を突いて言った  手を揚げて喜んだ  手に抱取った  手を切るなんて  手離して遣りたくなかった  手を揉んだ  手に持って出て行く  手を触れさせやしません  手をつけ始めたら  手近い例としてこういう句作を試みてみた  手近いところに在る  手近いところですます  手に一冊の古俳書を持っておりました  手によって仕上げられたと見られている  手頼って行おうという  手がガチガチと震う  手を立てた  手にわるさに落ちたと見えて  手を留め  手から剃刀を取った  手よりも濡れた  手に剃刀を持たせながら  手を放しながら云った  手をさすった  手となる  手で見事に一突がきまった  手を上げてまわす  手でしたたか馬の太腹を叩いて  手には渋団扇を持って  手から奪われてしまった  手には薄のひと束を持っていた  手には紫の総の付いている  手にはなんにも携えていなかった  手すさびに煎餅を作り出したので  手はぬらぬらして  手の方はべっとり紅くなっています  手に負えません  手を拡げないが  手に因って  手の上に船賃を受けとって  手もふしくれて  手がないと思はれる  手を額の上に置かれた  手を下せない  手に誘拐されたか  手でさわり  手にふれて  手に随って佳句を成す  手に草履鮎くれて  手に従って拈出したるは  手に草履小鳥来る  手を横に振る  手にとるだろうか  手の中指のはことに目立つ  手を握り合う  手で十字を切る  手に聖書を持つ  手にいれる  手を合せたりする  手に出れば  手を染めようとせず  手で出  手の腕が一勢に高く上へ伸びきると  手で育てられました  手を口の辺に持って行かれる  手を部下の顔へ持って行ったが  手が窓からはなれようとした  手はやけどをした  手のなかへ握り  手に歸する  手に歸した  手をすすぎ  手に入れようとしている  手から取り上げて見せる  手から最後の藁シベを僕は取り上げてあげた  手から脱却して  手も触れない  手のしないで  手で嚴重な處分を加へたい希望を申出た  手に捕獲された  手では押して行けない  手の腥いのを厭い  手で招くだね  手を突張ると外れ  手を觸れなかつた  手に鐵棒を一條づゝ提げて  手より各自に分配せし  手に入れて持ってくる  手も届き  手もありますよと慰めると  手にはいつたから  手に委ねられる  手を前にして  手の前で朗誦した  手や足を折傷して  手を着けぬから  手をついて頼みます  手だぞと思った  手に歸して  手によつて傳へられて居る  手を動かしてゐた  手附きして  手に取るばかりに  手を包んだ  手は取られた  手のように見える  手をつけてみようと存じまして  手によって孵された  手で苦もなく探し出された  手にとって見ている  手にとって検べていたら  手はある  手を曳かれた  手をつけない蒸し  手が伸びてきて  手をうったので  手を払いながらやってきて  手を洗って戻ってくると  手のつけようのないところまで行っているらしいという  手がまわらなかっただけの  手をグイグイひきながら  手を膝について眼をつぶった  手の中にあると  手で解散する  手をとってなぐさめた  手があたしのほうへ伸びだした  手で雲の腹を撫でたり  手を洗わせると  手に入っているとは思わなかった  手の動きにしたがって  手を廻して買っておいた  手をたしかめる  手を触れてはならない  手を煩はして  手とある  手に取って見くらべた  手から人形を離しませんでした  手を出したので  手についたが  手が変にねばねばしていた  手にあるには  手に入るまでは  手にして居りました  手で御主人に返させようと  手を握っては  手を付けたというぞ  手をかけても  手のつくる  手固いものを愛します  手には古藤の枝を執る  手に四人召捕  手の込む  手をつきこんだが  手から金貨がバラバラと転がった  手から買いとったと悦んでいるだろうが  手からトランクを取った  手をまわしているらしいな  手をさしあげつつ  手に裂かれて  手が刀へかかったら  手や脚にはもう蟻の群れが這っている  手がびくっと動き出して  手に持って歩く  手をのがれて跳び退いた  手に握らせながら  手を上げて下さい  手をふりあげ  手と襟がみを  手の下からさけんだ  手をかりて逃げ失せた  手へ取られるかも知れないという  手に引っ奪くられている  手くびは捻じ切れ  手を抑えながら  手を振り廻したり  手がばたんと時々夜具の外へ出る  手が闇を打つ  手にとれなかった  手にながめると  手に取って見てもさしつかえないかというと  手にくさりのついた  手から引っ奪くると  手の暴力はやまない  手の群れに掻き荒された  手で蟹のように横へ歩いてゆく  手で口を塞がれた  手から落ち  手にかかえていたが  手をたたいて飛び退き  手にかかえている  手を出しても  手に納めてしまって  手に託しては  手でさわらずに見ておいで  手へ持たせてやった  手に引きずられて  手に手に持つた  手も届かない  手のない人形は横倒しにされた  手がきかないので  手の自由が利かないので  手の切れるほど  手をつっこんでみる  手に触れず  手をついてあやまれ  手をつつこんでみる  手に觸れず  手をつゐてあやまれ  手で親しく紡織する  手に杖を擧ぐるに象ると  手のなかから本をとりあげてしまった  手を組みあわせ  手で静かにスプーンを使っている  手を打ちあわして  手をひかれながら  手をひっこめると  手に負えませんの  手に負えないというくらいだから  手に持たせ  手が燃える  手をとり合っていそいで  手をとりながら  手をにぎりしめて  手をひかせなくてはならないと  手をひいてくださるでしょうね  手をひかせる  手をにぎりしめると  手をかけてゆすりながら  手を組み合わせて  手をとり合って  手を拍ち合わしながら  手を温めてから  手から二円以上の金を使った  手をひいて行こうとすると  手をひいて下さるというなら  手をのけた  手をひいてやる  手がだらりと下へ垂れる  手を宛ててみて  手を通させた  手に抱かれて来た  手を拭いた  手を振ってやって来た  手で顔を掩うて  手で塩漬にした  手を引いたりして歩いた  手を執らせた  手を揉みながら言ってみて  手を引き合いながら  手を執らないばかりの  手を引き合って歩いた  手の要る  手に着かないという  手には池があった  手のちぎれる  手がブルブル震えちまって  手を口に宛行いながら  手から抱取った  手もだらりと下げていた  手に草箒を振りながら  手で書いたとは見えない  手にして上って来た  手を振って笑った  手を引いて帰って来た  手を延ばしながら  手から自分の子供を抱取る  手を引いたりして戯れた  手を携えてやった  手にしては  手で乳呑児を抱き  手に小さなコップを取上げた  手を揉み揉み言っていた  手を引込ました  手で豊世を招いて  手を握り合っていた  手に取縋る  手をよく洗って  手なずける  手を拍てば諾といって立たねばならぬ  手がひとつある  手でさわって見ると  手をいれて  手からすべらせて  手をあげて叫んでいる  手を注意深くながめている  手にピンセットを渡してやったりする  手をあてて見ると  手を動かしながらこたえる  手がつけられて居ないといっても  手で帯を撫ではじめた  手を延ばそう  手はすばやくそれを元の通り包み込んで  手も斬り  手がもはや刀をなくしている  手から奪った  手で編輯された  手まへとして一個百円前後もする  手をたたいてから  手をたばねて  手に負えなくなった  手をしっかりとはさみとりながら  手離しなすった  手をあてるだけの  手を合わせんばかりに  手が書机の抽斗にかかる  手をかけたりすると  手を拍く  手にかけて嬲り殺しか何かにして終わ  手に握らせたの  手をタタイて喜んじゃったわ  手をシッカリと握った  手で妾の両足を押えようとする  手や足の痛さがわからなくなってしまってね  手で引っかけやがる  手が一時に離れると  手や足は凍傷で赤ぶくれになっていて  手がご自慢の長女のメグは詩人の芳衛さんに当るし  手をおずおずとあたしの腕に搦ませて  手を拍ちながら  手にとられていると  手が箒をもってやってきて  手をおしわけて  手のなかで火のように燃える  手のつけようのなかつたと思はれる  手を拍つてやる  手でひとまとめにされ  手を引っ込ませた  手に速達を持って入って来て  手がはいよって来て  手をにぎり返して  手を握らして  手を握らせて  手を抜いてよ  手を拍きながら踊りあがった  手がそろっていれば  手を握り合いながら  手も亦覚悟を極めた  手を着ければ  手を經て傳來した  手をあげて来りて  手から馬を受取りながら  手にあずけ  手につかまれた  手からまた駒を受けとり  手に曲っている  手で城内へ埋け込んでおく  手を伸ばしているから  手をつけちゃあならねえぞ  手に及ばない  手を拱いている  手を当てて考えてみれば分ってくる  手で建ってあげますでの  手には触れたが  手も触れざりし  手にすがれぬ  手に取らず  手をじっと見ていたが  手や足を動かし始めた  手を流し  手に引っつかんでいた  手くばりをして  手を見つけて  手を出さず戻ってしまい  手でかいて  手も足も出ないだろう  手で埋り出し  手で天井を破って  手を着けぬ  手を飜せば  手を覆せば  手も相ふれで別れけり  手さえふれあわで  手にうけて  手のかげありぬ  手の影が灰の上にある  手なづけようとしてゐる  手から供給された  手にさわったので  手をつくし  手くばりをつけました  手で活動しました  手を差伸べもしないが  手を椅子のひじかけの上になげ出して  手がすうと出て  手をやりました  手が足にかかりました  手をかしてやると  手だといふ  手に手をとりて  手を拱ぬけば  手に詩の清興を捨てしより  手に拾ひて  手またく捨てられて  手振の戲ばみに笑み  手だゆげに風に搖ゆる  手おくれになったら  手で握る  手をふりきって  手はどうしてそんな高いところへ届いた  手で拍手をしたり  手は糸子の口をおさえ  手は糸子の背後から抱きしめると  手を引かせようという  手を中に入れて  手によってこのホテルの帆村の借りている  手を強く握りかえした  手にはなんにも持っとらしまへんねん  手でひっくりかえしてみろ  手がないので自暴になった  手に懸って  手を合わせて居ります  手をふりはらって  手で二階の研究室にいる  手が放せないから  手をとめ  手も一緒に挙げる  手で抑えつつ  手のブルブル慄える  手を握りかえし  手をもちいて  手を固く握った  手に力を入れるか  手や足はずいぶん巧妙にできているが  手を放してもよろしまっせ  手にとって抱きとられた  手の指がふるえていた  手であるとは断定し  手だと思う  手に育てられて  手で払ふことも為ず  手が汚れます  手がつけられぬから恐る  手に団扇を提げて  手で拭く  手を邪慳に振り払ふ  手を逃げ  手にあげて置きます  手を廻してかばひながら  手に製板から出した  手で経営されて居れば  手に渡るとか渡らぬとか  手は無えと言ふ  手を引きたい  手に封筒を掴み  手に武者ぶりつく  手に二三の帯や衣類を抱へてゐる  手に二三の下着類を持つて出て来る  手に見比べると  手かと思われる  手を御出しなさいました  手を引き連れて  手を引かれて降りて来たと言うよ  手を引かれて歩くという  手を揉んで見たりして  手はだらりと畳の上に垂れ  手を堅く握  手が私から離れた  手までこんなに紅くなるとは  手の上に御自分の手を持添えながら  手はぶるぶると戦えて  手の戦慄ばかりは隠せません  手には小豆皮の手袋を着  手も何も凍  手を帯の間へ差込んでおいでなさいましたから  手の中に有ました  手も足も烈しく震えました  手は力なさそうにだらりと垂れ  手を腋の下に挟んでおいでなさいました  手で奥様の腮を押えながら  手で虫歯を抜くという  手を差伸べて  手で胸の上を軽く撫でてくれると  手を経ないでは  手で傍の剣を指し  手を伸べてくれない  手をゆるめてみた  手をはなしてしまった  手には鉄扇をたずさえている  手に連れて  手を拍っている  手に手に持っている  手に入らば  手に持って待っている  手近い肉の一切れを挟んで  手とに使役せられているのに  手に支えて  手にはいろうとは  手でさわって調べてみるが  手でさわったりつねったりしてみて  手を出しさえすれば  手わたすつもりで連れて来た  手ではないかと疑っていたが  手をなめ始めた  手あらく生き物を取りあつかっては  手あらくあつかったところでいっこう役に立たない  手から引きさらって行った  手に持ってこしを曲げた  手をあげましたから  手に本を持って  手を自分の手の中におさえて  手にのせれば  手は喜んで  手はたまたまわたしに向けられる  手をさし延べた  手を火にかざした  手をのせて引き止めた  手をのばしてつかまえようとした  手をわたしの首に巻きつけていた  手におしつけた  手をわきへ垂らした  手を取って引き起こそうとした  手を当てそれをおさえた  手ばなさないから  手を下ろす  手に大きな古材木を持っていた  手をおさえていた  手にして唸る  手を強く握りました  手を僕の肩にかけるが  手に返したい  手を揉み合わせていたが  手からノートを取ると  手から引ったくって  手にさげていた  手に携うる  手もつけられなかったときくと  手にひきとられ  手をとられてはいっていった  手焙りが冬は各自についている  手でつけられてゆく  手に鍋をさげ  手で老人の肩をひっつかんで  手をやったら  手におえなくなった  手で引いたかな  手に入れたかとなると  手をださぬ  手を開いてむかえた  手が廻りきれないほど売れだした  手を振りだす  手を私は老爺さんの手に触れさせた  手をつかねている  手がかかりますさ  手も足も出なくなってしまった  手がきいているので  手を見ていった  手をかざして見たりもした  手を入れるべき  手を叩いても  手を動かしてやっても  手に取って使ってみても劣らない  手にとってじっと眺めてみたら  手を打ち  手にかかりといって  手も洗わず  手で煙管へたばこをつめながら  手や足はポカポカとしている  手や顔に垢をつけていなかった  手を尽して  手をはずして  手摺れで真っ黒になっていた  手に回った  手を拡げ出した  手を尽してみても  手を引っ込めました  手に触れようとして  手を回そうとして  手が握りたくて  手が捲き揚げ  手をやすめてしまいました  手を握りかかった  手を振っています  手を狂気のようにふっています  手でお嬢様たちのお墓を刻んだでやして  手に手に棍棒や鳶口を持って  手で撫で回されてる  手だんすだとか  手を出して制した  手でおじいさんは白い粉の薬りをつけてくれた  手の遣り場に困る  手がもちいられてあって  手に渡してやる  手に届いたばかりな  手から離れた  手をつかえかけると  手討ちになどする  手にそれを持ってはいって来た  手にひっ提げ  手を出しかけると  手が荒れたであろう  手を伸ばしはしたが  手にも血がついている  手をのばしかけた  手に捧げていた  手をねじ上げられて  手を下さぬが  手討となっても  手で身元を洗ってみると  手を休めていてはいかんな  手にもてあまして  手はあるも  手を離さないので  手が出てうばって行った  手にはいらないと  手に入れんまで  手でやぞうをきめて  手が顫えて手燭へなかなか火がつかなかった  手離しはしなかったであろう  手には竹の杖を一本提げてゐました  手には御気に入りの  手をとって教えてもらった  手につらなって  手でハンドルを握り  手附きで話をしながら  手だけで創刊された  手をだせば  手をやろうとした  手にはいるなんて  手を左右にふっった  手を左右にふった  手をつけようかと考えながら  手をつけるのに  手をかりるほどの  手をつよく握った  手をさしだして  手に引つ込んだ  手も振らず  手に入らなかつた  手を離れる  手でつくられ  手にそれは受けなければ  手の中に残っただけ  手を敲った  手を停めて云った  手の指をわなわな慄わせて口へ持ってゆきながら  手で取除く  手に入ろうとした  手に下げて  手を差伸べてき  手を握られて  手から守らなければならないと考えたからであった  手から安全にしなければならないと  手まわしよくやって  手を抜くまいと  手をつけないであろうから  手が明く  手から手へ渡すも恐れる  手に釵の鳥をばお持ち遊ばされて  手の撓ふにさへ  手のはずみで一振振つた  手が五十ばかり進むと  手を敲けば  手を遣つて  手は震へて居た  手を貸さないで  手には白金が匕首の如く輝いて  手を拡げて立つた  手まさぐり給へる  手でなで上げた  手を引いていた  手はわたしの手の中でかっかとしていた  手を前へさし延べた  手から買った  手に委任すると言った  手を出してみましたが  手を組みながら  手に取り返す  手にからみついてはなれなかった  手に預けた  手をしめつけて  手に無理ににぎらせた  手に無理におしこんだ  手をたたきながら聞いた  手はさっそく庭のまん中に集まった  手に手にランプを持ちながら  手に絶対の安静をあたえなければならなかった  手やランプのかぎで土をほり始めた  手に温かいしずくの落ちる  手を貸してあげよう  手をお持ち  手はまだ肩をつかんでいた  手を取って引き上げる  手を両方からおさえた  手をおさえて言った  手にわたった  手にわたすだろう  手をつかまえた  手では帰れなかった  手からはなして  手に売りわたしたには  手をつけてはならないとことづけて来た  手はすぐに戸口をさした  手でなにかをかくしにおしこもうとする  手を組み合ってならんで歩きながら  手にひもをわたして  手がつかなかったが  手がそっと外へ回って  手でわたしはドアをつかんだ  手が草にさわった  手をわたしの手にお置きなさい  手にキッスしながら言った  手に入れ得たでしょう  手から民藝の美が生れたか  手に触れて使う  手を動かしています  手で作られる  手にとどく  手に奪はれてし  手に止まり  手近い話が大工が釿などを使う  手を下して居て  手もて口に接する  手に持添えつつ  手の撓うにさえ  手を伝って  手のはずみで一振振った  手を遣って  手は震えていた  手には白金が匕首のごとく輝いて  手を拡げて立った  手まさぐりたまえる  手を思い浮べて居ると  手のところでも弾いて貰ったら  手をとって促す  手は足らず  手をさし伸べながら言ったが  手にとる如くのこされてゐる  手も出せなかつた  手はぢめに動物標本にすゝまうかなど  手で胸を撫でられる  手を眞ツ黒にしながら  手は何時も鉛筆の粉で眞ツ黒になツてゐた  手に取られなかった  手に園芸用のシャベルをもって  手とで土をとりのけ始めた  手に取られなかつた  手を握らうとした  手に帰さうとした  手も上がらぬ  手に落ちました  手に落つ  手に持つて讀んでる  手を經て私の手に渡された  手にさんど  手にて絵姿の上の端を持ち  手にて下の端を持ち  手に縄尻をとりて  手にて小せんの下げ髪をとり  手にて善太の髻をつかまへて引つ立て  手を膝頭よりすべらする  手にて下を敲き  手を前につき  手振を右の手にてなす  手振を見せ  手にて弥左衛門の左の肩口を突く  手を廻すれば  手が外れ  手を株に染めて  手を握って誓った  手をつながないばかりに  手を待っていられる  手のつけようがありませんでした  手でつくり出そうとした  手で酒杯を持ち  手が辷る  手を縋って乗掛けた  手で突離された  手の緋縮緬は心の通う  手は格子を圧えて  手は届く  手の雫を切った  手を曳く  手に入ったぞ  手に入れたがった  手によって大気中に飼育せしめられつつある  手であやつられてるとは  手を握りしめていたが  手を握り合って佇んでいる  手でも曳きながら  手となり  手を交せ  手をあげたり  手が及ばず  手を引かれ引かれ  手に取って引っくり返して見ながら  手を遣った  手が届くと思うがなあ  手が及ばんと見て取っての  手を廻わいて  手に立たぬ  手を入れるからで  手を合わせての  手に入れて揉むほど可愛がり始めた  手に付けて遊ばせる  手を入れるとなると  手に入れて置けば  手をかけては  手から差出いたら  手ばかりわずらわせず  手にとつて見る  手に入るまでに  手を以て制しながら  手を以て蓋をした  手を拂ひのけた  手を添へて推しつけてゐた  手に隱されて見えなかつたけれども  手が省けるので  手に三味線と撥をもち  手も借りずに  手にしていらっした  手にまかしはいたしません  手で取り出し  手に取りあげた  手をやめたり  手にしていられた  手によって遂行されて  手でまるめた  手にまぎらせて  手のものの移植手術で修整した  手で打たれたら  手の掌に載せて見た  手の掌を肉襦袢にこすりこすり  手を握り合ったりしている  手を滑らせば  手の先きには  手を離しはしないか  手にぶら下って  手を握り締め  手に吊され  手を振って見せていた  手はそこまで来ると  手で抱きかかえていた  手を廻して撫ぜながら  手を握らしてくれ  手を払いのけ  手を無手と置き  手に渡るでしょう  手をかけたりしはじめた  手を出して招く  手を引かれて歩いていました  手を打ち鳴らし  手を引かんばかり  手をつかねて待っていなければいけない  手を覚えて  手を同じ様に発育させる  手でさわると  手を引かれて歩く  手を下すべし  手を井戸端へ洗いに行こうとすると  手から飛び出して  手に取りあげて見ると  手も足も出なくなっている  手で撥ねられちゃあ遣り切れないだろうよ  手によって暗から暗に葬られて来た  手に入れるかって  手が朝鮮の司法関係にまで行きまわっている  手を索いて  手から爆弾村へ集まって来た  手の方でも身が入りはしますまいか  手を揉み合わせて喜んだね  手から三尺ばかりも離れたと見る  手を廻わしたものと見えて  手がブルブルと震え出す  手を振って見せたが動かない  手を井戸端へ洗ひに行かうとすると  手きびしく反感される  手を伸ばしている  手に権力を得ようとする  手に見える  手の寄せた  手離しにさせた  手に創造せられしや  手に成らずとするも  手に随つて下す  手が女のからだに触れない  手が女の肉体の一部にふれるというだけで  手が女にふれるというだけで  手を女の頭上へ向ける  手にはいったので  手を力一杯握ってひっぱり  手近い経験から来た  手にもって居た  手で首尾よく事を運んで来たが  手を待たねばならない  手に渡したくなかったのよ  手を触ってみると  手では解決がむずかしいと思われたので  手がふるえたと思うか  手が利き候わず  手に負へなくなる  手が届くと  手をひつこめもせずにぬ  手のつけやうのない程暴れ出す  手も足も縛られた  手を少しもゆるめませんでした  手からズリ落ちました  手をうつて囃し立てる  手に届くばかりに  手まはりを働いてくれた  手がふるふ  手に救ひ上げられたが  手を遁れようと  手こそ下さなかったが  手も足も出なくなってしまう  手で拍手を打った  手なずけていた  手きびしい抗議も軽く念頭を擦過するだけの  手をうっていたので  手を尽しても  手なずけるところからはじめた  手易く其処を極める  手貸して下さい  手にからめた  手で郷里の墓地に納められた  手きびしい注意を受けて  手にしていましたが  手を触れました  手を強く握りしめました  手に拳銃を持って  手がつけて  手が掛かり  手に衝き  手に加わろうとて  手を出して来ると  手に取り上げて抜き離し  手にたよりて祈ろうに  手でさしまねいで  手に手とりつつかえり  手を坊さんにした  手で使はしめの如くせられた  手はまだ冷えきってはいなかったが  手をとおさなかった  手を附けると云う取  手の皮足の皮などの柔な所は荒仕事をした  手に附て居たから  手を下さ無ければ  手に当る  手の握  手に入れば殺した  手に握って居た  手で斯う無惨な事をした  手をくるくると振り  手で木柵を掴んで  手を胸の上に組んで  手でコツプを掴んで  手をつけてゐた  手はがっちりかたく握りあわされた  手からステッキをもぎとった  手に二枚の切符をもって  手で胡魔化されないぞ  手ににぎろうとしている  手から名簿をひったくり  手はこごえる  手は冷えきって  手をしっかりにぎりしめた  手に見とれている  手を見ているが  手をとめてしまった  手をふり上げた  手のすいている  手でおさえていたので  手をのばしたりしてしゃべっている  手をかさないか  手をあげてください  手をあげたので  手でおした  手によって完成された  手みじかに話した  手を衛兵長の腰のあたりにさしのばした  手をつよくにぎった  手をちょっと休めて  手を伸ばしただけで  手に渡りました  手をつけないで解く  手をつけていますが  手を組んで歩いてゐる  手によつて形づくられねばならぬ  手が八方にひろげられてゐる  手をつけずにし  手は知らなかつた  手を使うだけなら  手や指を使うというよりも  手の個性と刈り  手がその痕跡をぬぐい消すには  手でさすってやるよ  手をすり抜け  手の中に残して行く  手を著けて居らぬ  手に一つの定職を習い覚え  手が附かぬという  手をその子の上に加えしならんという  手に飼うという  手をつけてゐますが  手に取り上げましたら  手が附きません  手に取って打ち返して見れば  手附きをして  手に渡ると  手でそれを製作するというは  手は下す  手が欠けるという  手に数珠を掛けている  手酷しくやられた  手から信仰的に成り立った  手も足も折れたりはずれたり  手は早くも荒縄を解いていました  手の籠んだ作がある  手をつけずに置いて下さい  手のものだから格別の手入れもなしに旨く元通りになりました  手を休ませて  手に触れたりして  手をも握つた  手に陽をあてる  手に現はして下さる  手にはまあ這入らない  手だけでは十四年出品の間に合い  手助いを頼む  手練れないことを軽率にやって  手に入って来る  手からは徳利が飛んで  手をかんかん踊りのやうに頭の上で振りながら  手もなくやられ  手の先には触れなかつた  手から離れ  手の中へ入れて丸められる  手と脳とを使って  手に青々とした  手に掛かると  手が空いた  手もよく書き  手を清めてゐる  手にいつたので  手にあらゆる親切と同情をもって看護された  手を氣にし  手の中で暖みを失ひ  手をそれに觸れるな  手にあれ  手に兩方からぶら  手からすりぬけて行き  手の上でくりくり更へて黒眼を燃やし  手の明いた  手をついたり  手につけてこする  手が無いかと眼を四方に配る  手の附け  手を拡げながらのめり込んだ  手へ廻されておりますので  手に掛かる  手に掛かって  手が出せないと思いました  手で取り掛かった  手に掛けてやるとして  手は充分開いています  手附けの金をお返しするより  手附けの金を懐にし  手を附けずに置きました  手附けの金をお返しして  手に取って打ち返しなどして視た  手にあひませんでした  手が凍りつくと  手を自在に働かす  手を絶った  手が下せないで  手に斬けた  手に斬  手に斬けて  手のない空家となった  手も足も縮め込んで  手を出せば乗る  手を振りもいで  手をついたではないか  手で組み立てが出来ない  手に這入りました  手の中から其方へ握らせている  手酷しくやられました  手を振り上げる  手を出して見た  手もまじるなるべし  手を附けるとなれば  手を尽くしたけれども  手が附かぬ  手もなく奪られました  手を出さずにいますという  手を引っ張り上げてくれなどして  手を附けても  手でやってしまうという  手などは見ても  手から瓢を取って  手にかけたろう  手を貸してくれやい  手をかけず  手の廻りの用意をします  手に汗を握っていると  手は熱かったが耳につけた  手には秋草の束にした  手をかけて寄らば斬らんと身構えてはいるが  手もなく追い払ってしまいました  手を厳しく抑えた  手の中を拝見するも  手もなく打ち込んで  手を工夫し  手からお松を預かった  手を取り抱き上げんばかりにして  手を引張りながら  手を振り払おうとする  手を休めて見ていると  手に汗を握るという  手を行っても  手を取って教えるという  手を取って教えた  手で無理にこじあけて  手おくれになってしまっている  手にその懐中時計を握らせ  手にも渡したくなかった  手を休めて聞いていた  手を取って起してやると  手から短刀をもぎ取って  手の触るる  手がまたも懐剣へさわる  手に押えられて  手にかかって殺されて下さい  手から机竜之助に送った  手を捻じ上げると  手に売り渡した  手には風呂敷包を紐で絡げて提げ  手にだも触れないで  手を取り合わぬばかりに  手には白刃がある  手から脇差をもぎ取って  手をふと見て  手が恥づかしか  手白い手恥づかしい  手も足も出ないから  手を足を伸ばしきる  手にかへれ  手と手と握り  手が本をひろげて  手にもって立っていたら  手の中に揉んでしらべました  手に倒れた  手をたたきたくなったので困りました  手に四尺五寸ほどある  手は利いていた  手で江戸へ帰って  手に属する  手で女を取調べた  手をとって泣き合うべき  手を或る石の下へ入れると  手に傷がある  手の傷に物を言わせる  手の扱いに困った  手で取ってやる  手をゆるめ  手を差置いた  手が竜之助の膝の上にまであったのに  手が戦いて  手に帰して  手から離さず  手をかけてみると  手を入れてはみたが  手を折ったりする  手のあいている  手になっている  手どりにしなければならないから  手を出してはいるが  手に鼻をこすりつけて  手だけ延ばした  手は怯えにかじかんで  手の中の珠のように可愛がる  手もなく擒にされる  手の差し延べ  手に盆を持つた  手を動した  手の上で立つたり屈んだりして  手によって整理され  手を目当てにした  手を打っても  手は生産を一時的にせよ停める  手を貸してあげましょうか  手に握らせ  手をひっぱる  手をひっぱられたので  手にとって自分の鼻に押しあてた  手あらくしてはいけない  手あらくしないで  手ににぎっていた  手によって外へ洩れて  手で制した  手をつくしているが  手にもちなおした  手をはなせ  手をはなしてくれ  手には乗る  手をはなしてやる  手にとりだした  手の中にもっていて  手にうつした  手に入るとは  手はつくしてみます  手によって爆発します  手をうしろにまわさせて  手を出しかねていると  手をしばられ  手に捕らえられているではありませんか  手を入れてみますか  手篤く葬ってやれと  手に渡っても  手で顔をおおった  手をやいてしまったが  手の下で鍛え直して見たいという  手に託そうとするであろうか  手を合わす  手に廻った  手がブルブルとしびれる  手に取ろうとはせず  手に取り上げて見ると  手をあげて呼び止めます  手に残る  手がハタハタと烈しく鳴る  手には印籠鞘の長い刀を携えて  手をつかんばかりにして  手で掴む  手を抑えて  手で滝のように落ちる  手もかけないし  手でハンケチをとり出し  手でひろげると  手を上げて制した  手に入れようと思ふと  手に取つて見られる  手を差し出す  手がつかなかつた  手にかけて折角のものを臺なしにされては堪らないと  手で縫ふことにした  手にひつかかつたのぢやないかと思ふ  手で除いてしまう  手で握ってみた  手に感じられた  手に少し力を入れてみた  手の震えている  手は不思議にも爬虫類の皮膚のように湿っていた  手よりにした  手に引き取られて  手に入れては  手に手にお香を焚いたり  手に加わって  手がワナワナと顫えます  手を押し払って  手の肉をもぎ取られたの  手で搦められた  手をかけてみたが  手をとって連れて帰ろうとする  手には何やら杖をついて  手を振りもぎって  手には何やら包みを持っています  手を合せて拝むと  手を負わされた  手を束ねて見ていれば  手から受け取ると急いで  手馴らしに数本を漕いだ  手の震へてゐる  手は不思議にも爬虫類の皮膚のやうに湿  手でつくる  手が孔生の手に触れた  手に金釧を持ち  手で刀をにぎって  手で孔生夫婦を抱く  手から小児を取ってあやしながら言った  手離すのを承知しないかもわからないという  手ならひが  手におえねえとって  手をむやみに磨り  手より出  手で伊東に送られ  手に取りて  手に取りて  手を懸けたる  手が附かないでいる  手を握りつつ  手をしめたる  手なんざ思いも寄らない  手でも引こう  手を合せて拝んだわ  手もつけられないよ  手に着かないしね  手から飲ませると  手をじっと取りて  手はふるえ  手にしたり  手のやうなものを考へて  手を出して捕まえ  手にも立たざる  手に手に持ちながら  手に引かれていたにもかかわらず  手から手綱を奪って駈け出した  手によって行なわれる  手を以て顔を掩うている  手と胸の辺だけであとはボーッとしていたからである  手や足を生やす  手の出る  手はだらんと下げていたが  手にさえ任せておけば  手からその防火の能力を没収してしまった  手にゆだねられ  手にゆだねて  手をつなぎ合せながら  手にしましても  手を当て当惑する  手で補って  手を差伸べると  手を潜って  手に一本の竿を持って  手向い致すと  手向えをする  手向えする  手から兵馬は手槍を奪い取る  手から手紙を受取って  手を引っぱられて行く  手を振り切って逃げ出したくなりました  手を下して殺した  手にもてあました  手から再びわが手に入れた  手から取って  手へスーッと飛んで来ました  手を渡って来て  手は忽ちもとのようにひっかかります  手ではどうしても防ぎきれない  手を首にのせて  手を離そう  手をひっ  手が彼の肩にかかり  手を感じた  手を附けられずにいると云う  手に攫めると云う  手を外套の隠しに入れて  手を高くさし伸べた  手を開いた  手をさし伸べて  手に飛び附こうとした  手を引っ込めろ  手を背後へ引いて  手を隠しから出した  手を引っ込めぬと  手なんぞを出して  手には小刀が光っている  手を馭者台の横へ持っていった  手に渡そうとした  手を出さずに  手を出そうとはしなかった  手を突いて謝れ  手を差し伸べて  手をぐっと正勝の身近くへ差し伸ばし  手を微かにわなわなと顫わしていた  手に委す  手には黒く血がついているだけで  手を胸から抜き取らせると  手で喜平の死体を半起こしにして  手の短刀が喜平の咽喉部に触れた  手の中の短刀をひと振り強く紀久子に向けて振りかざした  手の余勢はベッドの夜具の上にばたりと落ちた  手を取って振り上げさせながら  手を振り上げさせた  手から猟銃を取って  手を翳しながら言う  手が触れて  手から蔦代の遺書を受け取って  手に電報を渡してしまうと  手で酌を続ける  手に返してやりたい  手で返してやりたい  手に移らねえ  手に戻さなくちゃ  手でぐっと手綱を引きながら  手の猟銃が引き裂く  手を出さねえでくれ  手を組んで見ている  手操りながら言った  手に鞭を握っていた  手の鞭に走った  手をかけて引っ剥がした  手を振りながら踊りだした  手には黒いピストルを固く握っていた  手に渡らず  手を回した  手はすぐに紀久子の手を握った  手のとどき  手を合せている  手に取って吹いた  手に重なって見える  手にでも渡されてか  手から一封の物をあずかって  手をのせた  手に披いていた  手はよくある  手に乗るな  手を太刀へ忍ばせていた  手で漢土から渡来した  手にして舞った  手がもうワシづかみにつかまえていた  手むかいが高氏をなお火にさせた  手などに売られて  手で支配されていた  手もふれさせなかった  手が早かったともいえない  手むかいに出たまでの  手をつかえると  手を膝の上で振った  手にひきとって  手にとる如き  手はわなないた  手からポトンと地へ落ち  手まどっている  手を拯い取って  手で撫でまわしながら  手に収めんなどとする  手でこれへ持てまいらぬか  手の上で虹を描いたので  手くびがぱッと鮮血にそまった  手に代って  手をも払い退けて  手から救う  手から尺八を借りて  手を竜之助は払いました  手で竜之助はその湯呑を受取ろうとして取落す  手が重なり合った  手をかけたなりで  手には合わぬ  手を引かれて歩いて来ても  手を入れてみましたが  手を挙げてなだめると  手を振り切る  手が主人の手と思ってか  手を引いて坐らせた  手をかざしています  手をかけて揺る  手に残っています  手で着物の上から押えて  手が利いているだけに  手に掬んで  手をここへ持って来て  手に入墨がある  手に一箇の吸物椀を持っていて  手を出せとは言わない  手を空しゅうしているという  手を濡らさずに  手が廻っている  手で浪人者にひっかかって  手だから責め殺す  手は見せぬぞ  手をかけて立ち上った  手を高く挙げました  手には槍を持ち  手は高く挙げた  手を後ろからグイグイと引く  手は休まない  手に取りました  手もすいていないし  手が附けられませんからな  手を洗いに行ってから  手を放したり  手から取り戻すべく  手が鎖にかかると  手に負えねえ  手で脚絆をひねくる  手を打ったな  手を置いてしまったが  手の中へ入れた  手を振って払う  手が上がって  手をダラリと下げると  手へ渡したい  手を入れると巻き  手に渡ったら  手へはいったという  手をのばしたが  手に持ったは  手を尽くしてはみたが  手に入れてみせる  手を放してくれ  手で左内の体を揺すって  手を拍ったりなどいたします  手をうつむいてみつめた  手を捻る  手を取り合おうとした  手を今度は胸へ組んで  手はかけずに  手によって破壊されたが  手によってかかげられた  手で小褄を取り上げたが  手を進めて行く  手を進めて行くばかりである  手がのばされている  手も止めなければ  手より奪い取ろう  手に入れたならば  手から賄賂を貰ってはいた  手を前へ出したが  手の中へ入れて  手を台の上へしっかりと突いて  手を分けて探した  手へ脇差しを握って  手に脇差しをしっかりと握った  手にも足にも血を流し  手でやれば  手にまで運んで来た  手も止めなければならない  手で頭をかるくこすって青ざめた  手を取ってだまって  手を組み合った  手を力一ぱい握って  手で巻きながら  手を引きながらも  手でしっかり巻いて  手の働もいつかおさまりました  手は胸をおさえた  手はほどけて  手の上にのせました  手をほごしました  手で頭をなぜて  手をふきました  手は生き物のようにみどりのラシャの上によこたわっています  手が自分の手を持ちそえる  手で達者に走らす  手をかざして云いました  手には白いかみとそして鉛筆をもって  手は白い紙からはなれて  手は前よりも一層強くくびを巻きました  手は段々早く走って  手つづきをすませて  手をさわると  手から逃れなくてはいけなくてよ  手を胸の上にのせて  手でかき廻して呉れる  手と頭を以て表わした  手を附けなかった  手を附けずに返してくれた  手を附けなかったが  手に龕燈を携えていました  手だけでおさまりのつかなかった  手を逆に捻り上げてしまいましたから  手をおゆるめなすって  手を外して  手を取られると  手の中を見ていました  手を先に用いさえすれば  手が切れてしまったの  手からお松は再びお絹の許へうつる  手を通して当家様へお預け申した  手を引張りました  手が放されません  手が着けられないね  手を拍って自分の策略が当った  手が着けられねえ  手をちょいと拝借と行きやしょうかね  手を差しだした  手で男の胸へお突きを喰らわせた  手で猫をくすぐりはじめた  手にとられて  手に収めた  手もぐっすり寝ているといった  手でドアの鍵をかけておいたし  手や足が言う  手で閉じこめられた  手に帰せしむべきでは  手をつくしてみたが  手んでに窓を表から叩いている  手で明けはなった  手のまわりをぬらりくらりするばかりで  手に入らねえや  手には火照った  手を振り上げようとした  手によって毀たれた  手から受け取った  手の下をく  手へかかれば  手に武器をも持たぬ  手から叩きおとしてやりたくなる  手のニヒリズムを自身の中から追い出さざるを得ないであろう  手おくれになっているかも知れぬ  手の分裂症状には耐えきれない  手で手バナをかんだりする  手を差しのべ  手やタカラの在り  手のボロ市を好いている  手と脚を思った  手に渡してやります  手に手に榾柮をとり  手の当る  手が長くなる  手を借りたりして  手の下を潜って飛び出し  手は借りねえ  手を下すまでもあるまい  手捕にしようとして  手にいた  手から祝儀をくれてやら  手から逆襲された  手からその手紙を受取って見ると  手を延ばしたる  手の同心と手先はあわてて  手のうらを返す  手に納めた  手を私が放すと  手をじっと握りしめる  手を握り合ったわね  手を握り合ったりした  手を取り合って歩くべき  手を挙げたので立って行く  手も皆つかれた  手に手に得物を携へて天狗退治に出かけた  手つだつてゐましたから  手ならしました  手みじかにガスパールがにげ出した  手をつくしてくれました  手が延びてゐるとは思はなかつた  手に手に半月刀を翻す  手に囲まれた  手で点したる  手から落ちてし  手に噛みついて  手がすいたら  手の朝右衛門は手代り弟子らと共に麻裃でやって来て  手へと渡してやりました  手から手に渡されて  手に戻りました  手から手に渡して  手を合せない  手が震う  手でそれを払い退けると  手に取って見給え  手に合うた  手でもわからぬし  手をバッタリ留められてしまった  手に渡されると  手を取って引き立てる  手の片一方に細く光る  手頼っていれば  手を捉えた  手を智子は一層強く握って  手から直々に塙代与  手はよく書くので  手を振りほどいた  手を血だらけの馬乗袴の上に突っ張った  手に入れましたので  手を借して呉れ  手で触っちゃ  手がニューッと出て  手を静かに払いながら  手は濡れているじゃないかい  手をグッとさし入れると  手は休みなしに懐中電灯の光芒の周囲の壁体を照らしていた  手を腰に膝を半ば曲げ  手附きで  手に戻してやった  手に入らなかったら  手が動いて  手をつけるなと仰し  手で押すと  手にとって見ていたが  手に押しつけたりして  手で死を撰ぼうと  手のつくしようがありませんの  手をつけては  手に捕われて曳かれた  手をかしていた  手に持ち捧げられていた  手をつけるなど  手から懐剣をもぎ取って  手に分れていた  手も足もうごかしえない  手へ渡さん  手は一通の書を示している  手を引くやいな  手を焼いておりますな  手を下につかえてしまった  手が絡んだ  手で打ッてください  手に振鈴を持って  手も払って  手で襟く  手討ちにしてく  手を貸しましょう  手に笹の枝を打振り打振り  手おくれにせよ  手な存在はないと思う  手をさがす  手に引かれる  手にしえない  手に扶けられて上がって来た  手へとどけていた  手によって運輸されたり  手は貸すが  手にヒラッと太刀を見せて  手を振るやいな  手に弓を抱えている  手を高くさしまねいた  手に移っていたとしても  手もなく解決して  手をうしろへ伸して  手に入っていて  手もまじっていた  手を捉らんばかりにしていうと  手に捕まり  手が引けませんよって  手に取り上げて読んでみると  手の中にあつい汗をにぎったり  手をだすだろう  手に負えねえや  手をくぐり  手に何か握りしめているとか  手で翻訳している  手を入れました  手を休めました  手を取って乗せて  手がワナワナと慄えて慄えてたまりません  手で持ち直して  手で銀の簪を取り直して  手をしかと抑えました  手を振り切って  手からその写真を取り上げて  手を握れば  手を当てると  手に入れたな  手を押えました  手を当ててみると  手をすぐに膝の上へ持って来て  手を縛られ  手を放さないで  手が自由になっていた  手のように見えたからであります  手のように見えた  手を羽織の襟からもぎ取ろうとして  手から手に握られました  手と足とを縦横に働かせて  手には丸太や板片を持っている  手が利いていて  手に持ち直して  手から暗夜の宙に飛びました  手を少しく控えて  手も利きません  手につかずに考え込んでいる  手を当てました  手を高く後ろへ廻して  手を束ねて捕われる  手に取り上げられて  手が届かぬかも知れぬ  手をかけて飛び移って  手にはかなりカサはあるが  手を合さんばかりにたのんだが  手に手をとってとはいかないから  手をひくだけの  手をださなかったが  手にウイスキーのビンをぶらさげ  手をとらんばかりに頼まれた  手をふれないという  手を入れてくる  手を用いたが  手から洩れ  手や頸にすり疵をこしらえ  手に熊笹の根をつかんだ  手を天につきあげた  手をあげて指さした  手で距離と方面をはかりながら  手に帰するであろうという  手招いでいた  手を用いさせないで  手で捜しあて  手っ取りばやく  手があたりの空気を掻きまわした  手を軽く外した  手を触れて見ながら  手に痩せ  手と眼に集まっていた  手をふって云った  手を拍ちあわせて  手からとんで来た  手で永住の家を建てた  手をふって出迎えた  手に出られると  手から逃げだす  手はそのまま打ちおとす  手をかけねばならぬ  手をかけずには立ち去れぬ  手をふってとどめ  手をふったり  手は風に吹かれる  手で成し遂げつつあった  手によって進退黜陟の鍵をにぎられている  手では彼の拇指がいどみ合った  手にとって調べてみて下さい  手をしめますから  手を拝借いたします  手にふれ  手をつくよ  手を突いて云う  手によって操縦されているという  手をふったりせずにはおれない  手をかけて支えようとした  手にとびすがっていた  手をひきながら  手にさがって  手をのばして貰える  手をついて立ちあがった  手をもみ合せて  手に徳利の頸をつかんでいた  手にしみが浮いて  手をのばしながら  手むかった家臣の一群ですらも許されている  手焙りにいけた  手には静脈がふくれ上って  手を外さねばならぬ  手をあてて考えるが  手が襖をあけて  手を畳についてぬ  手を下そうとする  手をおろすべきかについて  手を耳に当てて  手を束ねて見とれとる  手を振ったり拡げたり  手を貸そうとした  手をあぶっていた  手はつくし尽されたと  手つづきしたに過ぎぬ  手がはじめて触れる  手をつけてみなければ判らない  手をついて平伏した  手で押しのけていたが  手を束ねているに過ぎない  手でこしらえた  手を雪にさし込んで掻きまわした  手で建てた  手で果そうとした  手をはらった  手をあげて呼んだ  手にとどかぬ  手でひいても動かない  手に力をこめる  手に抑えたものの  手で貝を採りながら  手にうけとって  手と膝が痺れていると偽って  手で搖り動かした  手を伸ばしかけたが  手を引ツ込めても  手はまたいつの間にか伸びて  手に取る如く  手で先づ袂の四角い紙包みを取り出し  手を振りつ  手を合はした  手に取る如く分つた  手を圍爐裡の火に翳してゐた  手は表へ聞えるほど  手の鳴らし  手を自分の手に持ち  手が一つになると  手は固く文吾の手を握つた  手を拍つて笑ひこけた  手に一本づゝ紙捻が  手なのはそういういろんなことがある  手をつっこむ  手を隠す  手をのぞいて  手をかけて持ち上げてみたが  手の位置を必死にはかって  手に収めようとする  手が見落す  手をほどこしてやろう  手は打ち  手に入れてみせるぞと誓った  手をひらいて  手づかずに茶が残っていました  手と新十郎が睨んだ  手みじかに語った  手をなめようとした  手の筋肉は疲れないです  手をなめた  手をふって喜んでいる  手をにぎりあって喜んだ  手をにぎりあっている  手をといて  手と足とをすべらせてしまった  手も足も知覚がなくなっていた  手できずかれた  手ではじめられた  手をやさしくなでて  手をかけてのぼりはじめた  手をかせ  手をメガホンのようにして  手をふっただけであった  手をとって立たせようとした  手にとってみて  手でカメラを差しあげている  手の力がぬける  手をしっかりとにぎりあいながら  手に入れぬ  手に処分されていた  手をにぎりあって  手に入れようと思った  手をつかねてはいられないが  手が義理の父と娘を不義の仲にしていた  手がうごく  手を拍っていたに  手をつないで走って行く  手を使わずに  手を放そうとした  手が抜けるほど  手を仮して遣った  手と口が動いているいないの  手を一ツもふれずに  手もゆれていたし  手のゆれる  手をうごかしていた  手のようだと思われる  手のように似ていた  手も利きませんでした  手に触らない  手を加減しながら  手から捲き上げて  手をとろうとしました  手には例の梨子地の鞘の長い刀を持っていました  手を振り放そうとしましたけれど  手を引かれて来てしまいました  手に入るまい  手では朱塗の大盃を取り上げました  手からわが物になった  手からこの刀を奪い取って  手にかかって殺される  手で殺して下さい  手を差込んで  手によって返していただきたいという  手を伸ばしておりました  手によって押えられている  手で取れば  手で運ばれました  手を下さなければ  手をやって押えてみましたが  手を負わぬ  手が入ったよ  手が入ったから  手から捲き上げて来た  手で使ってやる  手に功名を納めんとの  手に納めんとの  手にしたが  手を控えて立ちながら  手には覚えの  手で揮った  手が無いにも拘らず  手を下すまでの  手んぼうの方へ加勢が出た  手にかけて殺しました  手では殺せない  手でどうかしなければならない  手が介入する  手に職をつけて  手に職があるから  手や膝がふれるとか  手におさめた  手で障子をつくり  手にのこる  手の障子をかたく張りまわして  手をかけて揺さぶると  手で閉じられて  手の近くにあった  手が鳴ったの  手が鳴ったというが  手の音がきこえなかったが  手が鳴ったという  手を鳴らして聞えるとは思われないから  手を鳴らしに  手を合せて拝みたいほどの  手の石を放せば浮く  手に負えないね  手を握らせろなんてネ  手からかなり度重って  手をき  手をそッと握って  手でもむが  手を握りたいとか  手で三枝子さんの首をしめて  手にうつる  手は土を握っていないな  手で地図を説明する  手からすべって落ちた  手を打たせた  手をださずに  手をきる  手の幅が上下にありさえすれば  手の力は半分もはいりやしねえ  手は骨だけのように小さく細くなっているではないか  手をエンマの庁でも終幕の挨拶に用いている  手がパッとひらいて  手も足も全部の動きを捉える  手でいくらいじってみても  手によって仕組まれた  手の顔が狐につままれた  手にのせて見るよりも  手もなく封じられて  手が蛇のように三味線につれて  手も知らないで  手をかため  手に取ろうともしません  手には竹の杖を持っていました  手をかけられた  手によって世話をされながら  手によって為されたか  手に落ちて来る  手に載せられる  手に暫らく預かる  手に三味線を持っているという  手から放す  手によって止められましたけれど  手で死なされていました  手に突いていた  手に鉄如意を携えてやって来て  手に持って立ち上り  手で調べられた  手を束ねて捕われの  手でお松の手首をとって  手を放してしまいました  手を取って引き立てました  手から手へ渡る  手もうごいた  手に渡され  手のとどいた  手で処置されたという  手のつけ  手よりは堂に入った  手をつかねて燃えるにまかせ  手のホータイに気をつけていたが  手のホータイは隠せないが  手を後にまわしなす  手を施しなす  手をしめて  手をしめて室内から立ち去る  手でつくった  手で触れてみた  手の職に覚えの  手に八人の子どもをかかえているという  手でする  手は震えておった  手は屠  手が小さな斧に似た  手はうるさいともいわず  手は進んで  手は手数料を受け取るや  手をおろした  手を休ませないから  手に職があるか  手も書けるよ  手も書け  手に職をつけたら  手のとどかねえ  手をまわしてもんでくれる  手でさぐる  手にとられます  手が足りなけりゃ  手をふれずに  手をぬくと  手に揚げて貰って  手から頒けてもらえと  手も空いちまっている  手で持ちながら  手をひいても  手を出さねえから  手も出せない  手をしたたかに突き貫いた  手をかかえて引っ込んだので  手へきりきりとからみ付いて  手をひこうとすると  手を素直に巻きほぐして  手を三まきも巻いて  手をした  手をひかうとすると  手を抜くより  手の利いた  手をついて名乗りかけた  手がなったので  手に入らぬでしょう  手であの花をお渡しになりました  手酷しい稽古を附けてもらった  手が上がったのう  手もつかず  手に掛かりに  手にかかりた  手をおしいただく  手をふりまわした  手が八本以上にも見えたほど  手が盗んだ  手は小卓の上をクネクネと舞っていたけど  手でチンチンと叩く  手に他の一ツのカギがあると  手に四斗俵を一ツずつぶらさげて  手にはまだ一俵ずつ残っている  手のゴミを払う  手をひかれて歩いた  手をとってみちびかれて  手がでない  手がだせない  手を打ってやった  手離した二十万斤を今の値で買いもどす  手をつかんで腹立ちまぎれに振りまわした  手に品物があるにしても  手をだして弄んでいただけな  手で掘る  手を差しだす  手をだしただけですが  手の全部をさす  手と足との二ツの包みがチャンとツリアイがとれてるな  手がつけられないので  手をひくと  手をとって泣いた  手を加えても  手を借らなければならない  手を突いてあやまれ  手に渡ろうと  手を束ねてばかりはいられませんでした  手を以て其の発頭人なる  手へ届ける  手に属する見廻りの  手に奪うが如く  手を面に当て  手はペンを取って  手にも触れなかった  手の中の珠を取られた  手によって取外されて  手から噛み取った  手慣らすことに骨を折りました  手に手に腰に差していた  手には胸許を突き貫かれた  手を引いてしまったらしい  手に錠がはめられてあった  手を高く差し上げて  手から子供を奪って  手で直接に突留めて  手にとる如く知り  手から草を喰べさせたりした  手をはなしてみる  手の皺の間に土の浸みこんだ  手が届いたばかりだが  手つだひに来てゐる  手ごはさと云つた風なものが感じられた  手をぶらんとさせたりする  手を額にかざして  手にとつて楽しむ  手で開かれて  手もつけない  手をあてて呼ぶ  手で触る  手で平つたい  手を差しこみ  手を袴の下から出して  手を伸してつまみ上げた  手によつて撫で上げられてでもゐるかの  手の中で強くビクビクと動きやまない  手で触れ  手などは一つと云へども加つてはゐないといふ  手の廻りかねてゐた  手を払ひのけながら  手の中で廻しながら  手の中にしつかりとつかんだといふ  手につかめるほどに  手にできた  手つだはれて  手につかめない  手が痙攣する  手の紅葉まで我はねも  手で打ち果させるという  手を退くかだった  手が混み入っている  手になど渡らば  手は刻々に近づきつつあるかもしれない  手抗いいたす  手むかいもしなかった  手によび返したまでの  手にさえしていなかった  手を合せていたが  手で慄えをみせた  手へひき渡された  手にさえわかる  手まで借りて  手に余ると見たか  手に捕まる  手も離さず  手へ小銭をにぎらせ  手を曳き曳き  手が出せず  手もかりて  手を思い出した  手が袴のヒモまで結んでくれた  手捕りにせねばならないだけに  手をゆるめい  手がせまる  手で搦め捕られた  手で六波羅から護送され  手くびに数珠をかけている  手に預けられ  手を取りあって泣き出した  手の上でその目方を量り  手をおろして見た  手をつけよう  手に押し付けて  手を顏から離して  手をうしろに組合せて  手も着けられない  手を洗えというと  手を取りたまい  手というのは弁慶の手を意味する  手をとり給い  手を入れてくれる  手捕りの掴み合いを見せて  手を拍つて喜ぶ  手で精神病院へ送られた  手入すべき  手入次へ次へと移る  手入終る  手も触れねば  手に黒革のカバンを提げてやって来る  手もなく引退った  手にしてさえも  手を握つてみる  手にはひるから  手を当ててみる  手は勘弁してくれ  手で満たし得られる  手に這入るまでには  手に満たす  手に入れてみれば  手からその石をひつ攫つたかと思ふと  手で眼を蔽うたりしながらも  手で懐中を捜ってみて  手が腰に行っている  手を引き合った  手の人とが引落しにかかっているが  手を引かねえかっ  手を引きな  手を合わせて拝んだりする  手に持たれた  手で仙太の足元へ押してやる  手から離れる  手に入ってしまう  手離しでしゃくり上げる  手は見せぬぞっ  手が廻りませんで  手を伸す  手が出ず  手や足は濡れている  手があっても  手を突いただけな  手でだいぶ人を斬った  手は食わねえよ  手と合して  手でと思った  手を借し  手を當てられた  手を貸せと言って来る  手を切られると  手だけは死力を尽しても防がなければならない  手もつけられません  手によって生捕られた  手に捉えられている  手にかけてやった  手にかけて亡き者にしてやった  手から井戸縄を奪い取って  手にしながら待っていました  手を引いてやってくれ  手で拾い取ると見れば  手ではやっぱり梯子を押えています  手で持ち換えて  手に今まで腰をかけていた  手もなく片づけてしまいました  手を引いてしまいました  手を掻いてから  手をかけたぞ  手を当てて撫でてみました  手で撫でながら尋ねた  手に持ったけれども  手の垣根から船縁をすっかり結いちまえ  手に引提げた  手から逃れて  手から遠眼鏡を受取った  手は大きく開いているから  手を取って引き起し  手近く引き出して来ると  手を自由にしてやって  手に入りましたぜ  手に抓み上げた  手に抱え込んで  手がワナワナとふるえました  手には妻紫の扇子を携えて  手に渡します  手を忘れて  手で三味線を抱える  手に杖を持っておりました  手に持ち替えていた  手は食わん  手にかけておいて  手をブン廻すと  手を考へてゐた  手でもあれば  手をのせただけで  手から引つたくつて  手がいるだでね  手から奪ひとつて自分の肩にかつぎ  手を触れてはならんと  手を差し込み  手からトランクを奪ひ  手から眼をはなさず  手かして  手をあげてみせたけれども  手をそつちへ伸ばした  手が一方にぶらさがつてる  手になつたものではないかと想像した  手にはひるかだ  手をふって黙っていろと云った  手を拉して  手より手をはなし  手で消す  手に這入ったが  手を掛けて抜き掛けて  手を曳合って歩いても  手を押え  手をお引き下さいまし  手を切るに  手を心得て居りますから  手で機を織って  手へ縋って  手を曳いて歩く  手が硬いと云って  手を敲きますが  手を敲きます  手が鳴りましたから参りました  手が鳴ったって  手を捉って引こうとしたが  手を捉って向山の坂を下りましたが  手を付けて  手でなければいけないの  手を下して殺さねえでも  手をおろして討ちませんでも  手を借りましても思う  手に合わん  手を借りても  手には蝙蝠傘とステッキとを一緒に持ち  手を出したからには  手を掛けて抱締めた  手から只取る  手で手紙を書きなさい  手に掛って死にゃ  手を捕って  手で嗅ぎ出した  手からである事が分った  手などで提げられる  手に合い  手に気をつけよと云う  手を出したらしい  手でも何でも触れば  手を拭きながら現われた  手を振りもぎると  手に乗ると思うか  手に這入るからね  手に這入るまで  手は次第に狭められて  手を執らんばかりにして  手が彼の腕に触れた  手を引いて終った  手が背後に寄って  手で発掘せられた  手へ金を渡した  手に触りました  手に這入り  手より逃れるかと云う  手と膝で掻きわけて行くので  手も改良され  手にはめて行き  手が不意にしびれて動かなくなった  手から刀が落ちた  手にとる如く  手に乗らうとしたが  手に息を吹きかけて  手をふりまわしたりする  手で涙をふいてあげたりしながら  手を曳いたの  手が着きませぬ  手に応えて  手を翳し  手を頬にあてて  手で掬って  手を障って  手の指を反して  手をもぎ放すがごとくにして  手を中へ差入れた  手でじっと眼を蔽うた  手を拱けば  手に開かれた  手を膝に垂れて  手を添えつつ  手を出すので  手を曳いたり  手を眼前の行政事務に下だして  手に触れざる  手に成れりと  手に依て断ぜられたりと  手を収めて  手を揮つて何事か発言しつ  手の困難なりしを疑  手を下だすを  手を焼きたるの  手も顔も黒くした  手からそれを受けとり  手をまわせ  手をさしむけた  手の箸をも投げ  手をひいたが  手の指を渋で黒うしておりましたから  手まどッている  手から躍った  手にするやいな  手に答えながら  手をやかせたに  手の高塚山を掻き分けて  手には入りません  手もとどかず  手いたい狼藉を働きおった  手に掬い取って  手を焼いたぞ  手か何かで市販に出された  手を揉み揉みじ  手に鏡を持たせ  手からしぼり  手に受けていたからだった  手をつかえている  手から彼女へ渡させ  手を停めてかう  手で耳を塞ぎ  手はまだちつとも動きません  手を背中に廻して  手が震ふので  手を少し前へ出した  手で遮る  手が草臥れるです  手に附托せられた  手附きをした  手は震える  手がぶる  手が言ふ  手と足とが利かなくな  手も足も室いっぱいに投げ出して  手が白く且つ大なりき非凡なる人といはるる男に会ひしに  手とられし夢みて覚めぬ  手をとれば泣きてし  手の相を見せよといひし  手をば握りきわかれと  手ふと休む  手をながめつつ  手にためし  手のふるひなど  手を拍ちあわせながら叫んだ  手で無縁墓地に埋められる  手を休めて振返ると  手の中のと夜卓の上にある  手にも血がながれているでよ  手を殖やし  手を深く突き入れて  手を切るといったからです  手を切るといったぐらいで  手で乱打されていた  手に取ってみたが  手をかけながらも  手を合わせぬばかりです  手を振り切ろうとしたが  手に刀をぶらさげた  手では手拭を当て  手で戸を二つ三つ叩いた  手に抜刀を携えている  手はかく申す  手が利いて  手からがんりきの百の手にうつり  手を拍ちます  手にも落ちなかった  手が江戸へ舞い戻ってでも来る  手をやめさせられて  手の傷がヒリリと痛んだ  手が突ける  手からいただこうとは存じませぬ  手にかけよう  手に一本の尺八を携えている  手を切ってしまわなければ  手の中に食い入りました  手が離れました  手によって頻りに介抱されています  手を高くさしのべて  手をはなさないでいる  手は少しも休む  手を出しておきたいと思っている  手に九曜巴の紋のついた  手は利いている  手の利いていないまでも  手を逃れようとして  手を運ばせて  手がついてゐる  手が十六本あるって  手が見えるねえ  手に一杯何だか拡げて読んで行かつしやるだ  手ごたへは空に驚く  手に曳かれてゆく  手に渡そうと思う  手は乾いている  手は汗ばんでいる  手が見えすぎる  手をはらひのける  手に筆を持つてよ  手をうちふり  手に委ねられ  手をあててうつむき  手をのばしてゐる  手に掴んだ肥った  手を引っぱった  手に掴み  手や指や美しい爪を眺め  手があまり美しすぎますよ  手から彼はもう脱け出してしまってるかの  手に入れてみたかった  手をもぎ落さないで済み  手にはさませる  手が熱くなる  手をうち振るが  手の鋏を開いて  手があまり熱くなると  手を根本からぽろりと落して  手はまた生えてくる  手を落してゆくくらいなら  手か足か何か大事なものを自分でもぎ落さなければならなくなるまで  手は用ひてもらひたくない  手から乞い受けて  手なんぞを出しやがる  手で取って行きや  手から辷らした  手を延ばしさえすれば  手で受け止めると  手で水返しのあたりを掴んで  手を貸して下さるまいか  手を借りたい  手を貸して下さいな  手に捧げています  手がつけられないのに  手には短い丸い杖を持って現われたから  手より酒の器を過ごして  手によって弾きこなされている  手が混み入ったという  手を取り組んで  手を引いているなと  手であることは貴様も知っているだろう  手には僧侶の持つ  手に操られているという  手をくぐって  手でこしらえて上げようと存じます  手に取らない  手はあるな  手も足も出せずに終った  手は食わないといわぬばかりだ  手が出せませぬ  手も届くばかりな  手を焼かせて  手に目笊を抱えながら  手は打っておいた  手をやいて  手に落ちたら  手にお迎えしてみせまする  手が届くほどだった  手と手を伸ばして握り合った  手に曳かせて  手の紙燭は慄えもしていない  手はもう御衣のお背を脱がせにかかる  手にもおえぬ  手を絡ませあい  手に捕われて  手に渡さるる  手を握って行かねば  手に忘れた  手も尽くされていたらしいが  手の唐団扇のうごきは  手をあてて考えてみろ  手で奪り回しました  手に陥れ  手もありますが  手には納屋から取り出した  手をふれようとした  手をもってする  手におえませんっ  手に觸れざる  手に依て  手を揮つて何事か發言しつ  手を燒きたるの人なり  手を拔く  手が廻らぬといふ  手を去ってデ  手を持て  手を触れなかった  手を空うすべきに  手をつけていた  手に処分される  手に成りて出でしを見るに至らんとは  手に属したり  手より奪ひ取ると  手より儒者の手に渡りたるのみにして  手を空うして還れり  手を歴れば  手に握り込まねば  手を銀之丞は烈しく打振った  手を握り締めた  手で九千余両の為替に組直させ  手の中を見破って  手がトテモ鮮やかでスゴかったので  手離さねばならなくなった  手を出してからは  手を出すなど  手をつけずにあった  手がまわらなくて  手で我が製品を売ってもらおうとは思わぬ  手に入ってしまった  手を出すなどという  手を束ねていられる  手のかからぬ  手で飼育すれば  手まわりかねる  手をふやし  手もふえ  手から引き受ける  手に持ち去られた  手はまた文句をいうと  手によって菓子となり  手を誇る  手をかけて搾ると  手をかけてほどきはじめました  手に入らないし  手が入ったと聞いて  手で家探しが行われる  手を上手にあしらって  手を額にして  手がついた  手を引張らない  手がもげてしまうと  手をゆるめて  手を借りてみたいと思う  手から小柄を取り戻し  手から繃帯の一端を受取って  手で結びはじめました  手から出でた  手に身受けされようとする  手で保障がついていると見て  手を束ねてはおられぬ  手で都合して差上げますから  手で出来れば  手に入ったならば  手に取り戻す  手を入れて探すと  手ごしらえの絵図面を携帯し  手で殺されてしまった  手から出たという  手には余り  手をさし込んでみる  手をとどめると  手で米友を嘲弄して  手で咽喉をしめしてもらった  手に取らぬという  手ずさみを試みてみたり  手にするが  手を触れないでいた  手が思わず盃にさわる  手が無意識に盃の上へ下りる  手がなくなりました  手が盃に触れる  手がまた有心無心に盃に触れる  手を抑えようとしました  手によってなされつつあるという  手から借りて来た  手は鉛筆を取って  手ずれきった  手ではどうしてもわかりません  手にて成長せしが  手に落ちん  手に印契を結びて  手で捕縛されたり  手のヒラを十分にさされたりというを聞いた  手に団扇を握り  手をあげて打ち落とし見れば  手をかくると  手の筋肉の上に働き  手を掛けておる  手の上に働きて  手と手がタッチする  手もあげない  手に受付臺になつており  手を使わないで  手のような身のこなしで階段に足をかけて  手はやめない  手を默つたまま拂いのける  手でセッセとふさぐなんて  手を振つたりして話しながら  手を出  手は無いと反對されたが  手の血を拭きはじめた  手に持たせて  手きびしい所が有るからこそ  手につかまつた  手でさわつたとも言えないが  手が痛くなり  手でめんどうを見る  手近い実際について考えてみたいと思う  手で得てゆく  手に畢えぬ  手や頬を触れて見た  手に珠数をつまぐる  手をひいてもらつて  手を拭ふも  手を拭ふ  手を附けると  手にのせて  手をちょっと停めたが  手には自動車の喇叭の握りほどある  手に何かを持って  手に引出された  手を緩めておく  手に息をかけて  手にとりあげてみても  手にくまなく渡るという  手くびに消えぬ  手にはのらぬ  手を打ち叩きながら  手をへた  手をかけさせないほどだった  手へあずけて  手をくだそうと思えば  手に入りましたかな  手を通る  手など握れば握らせておいて  手に託して  手に軟禁されてしまった  手わたすことはできないか  手を大太刀の鯉口に当て  手に体をちぢめたが  手に付いて  手にかくれている  手へ合流し  手に拉致されて行った  手を海陸にわけて  手に後醍醐を捕って  手であつめられた  手を弛めはしまい  手にも彼女は男扇を持っている  手に捕ま  手に捕まって  手を断つ  手を抑えやがって  手の確保にあると  手を断った  手を断たれて  手に渡すから  手を振って断わられたには  手をこう置くし  手をあてて考えてみました  手はないと思っていますね  手をふって迎えている  手を外したり  手を放しちゃ  手を放して落ちる  手の包みを其処に置いて  手を膝に休めて  手によって置き換えられた  手にマッチとアルコール瓶とを持っていた  手から掘り出された  手に入れたろう  手へ渡った  手を軽く自分の肩へ掛けて  手を叩いていた  手を携えていると思うと  手が自分の領を抱えて  手をやッて見ると  手をふり払い  手をまっすぐにしてらっしゃい  手に入ってくると  手を突っ込もうとする  手にペンをとりあげ  手を帽子の中へ入れて  手をたたくし  手もなく酔っぱらってしまった  手に収めてしまったので  手が私を押しのけている  手がわたしを押しのける  手でつかめ  手にあやつられるな  手にかかったが  手を出しなさい  手にもひっかかりはしないわ  手にキスすると  手がひりついて  手に入れて差上げますよ  手を一振りして言った  手の振りようを思い浮べながら  手に仁王立ちになって  手にとって眺めて居た  手にかかえていた阿  手を廻して騒がせておけば  手にその金が入るより  手から包みを取って  手には負えまいと  手のさし  手にひかえられている  手から松明を借受けて  手から逃れた  手に捕われ  手で野袴の裾をハタいて  手をかけてゆすぶると  手をまじめくさって使い出したけれども  手で突放したと見る  手で自分の頬をおさえると  手には早くも脇差を抜いて  手に白刃をさげた  手で半身にあびた  手の上に納まった  手には白刃を提げて立っています  手をかけ揺った  手から提灯を受取って  手のうらをかえす  手を頭の上に高くあげて  手を切ってしまいたかったが  手には小笊を提げております  手が廻ります  手ずさみをみよう見  手に渡して行きました  手には金剛杖をついている  手がありますよ  手を燃えさかる  手に雪を掴むと  手や足が急に肥えて  手を貸して下さる  手を通すと  手だけしか見なかった  手にして入って来た  手には美事な花束を持っていた  手を煩わさなくてもすむ  手を高く挙げたかと思ったら  手にお炙をす  手からその木の片をひったくって  手がつけられていない  手に入らないと  手が足りなく  手をかざしてゐた  手を取らんばかりにされた  手をあてて見たりした  手を握つてくれた  手に団扇を提げ  手が廻ったという  手がこの蓋にかかった  手の指先で触ってみて  手はあげぬ  手で誤魔化す  手でさわって見たり  手を額へ持っていった  手を焼きます  手でさわって見て  手をふところにして  手すさびに振り上げ  手に取りあげてゐた  手に電報をもつてゐたが  手によつて認められて  手をひけ  手をつけねえで持っている  手へ届いている  手きびしくこう一蹴されてしまった  手のほうがいう  手を緩めずに  手をかけようとする  手がめつからぬと見える  手に余ったといえば  手でトントンと襖を叩き  手を拱ねいて見ているばかり  手で菅笠の紐を結んだ  手をひこうかとさえ思っていた  手にも合わない  手に追われたからで  手を出すまい  手には乗らぬ  手に渡ったからは  手に茶受けの盆を捧げ  手には変った  手などに見る  手がソロリソロリと上へ上がった  手で抑えた  手と手が握られた  手で死にたいか  手を振り払い  手を泳がせ  手がひき抜かれた  手を曳くと  手があろう  手に手に刀を抜き持っていた  手に一丁の種子ヶ島を捧げ  手を揉んだが  手を分けてさがしましたが  手をたずさえ  手が現われた  手を待っております  手を動さない間にも生長してゐる  手と腕に躍動してゐる  手にしてゐたといふ  手を動さない間にも生長している  手と腕に躍動している  手にしていたという  手に執つた  手を出すより  手を出しましたが  手に執った  手に取ろうとしない  手の泥を払いながら  手をかるく握りますと  手を袖にするが如きを得んや  手もなくひねられてしまった  手に百本の棒をふりまわしている  手もなく倒されるばかりで  手をまわしておいたから  手から竹柄杓を引ったくる  手で入口の錠をあけて  手で小桶から一匹の小さい鰻をつかみ出して  手に属しておった  手で暗殺してしまった  手のないところに触ってみるって  手には引きとられぬ  手によって手易く失われてしまった  手離しておしまいなさる  手に手に買物を提げている  手附きでせっせと畳んでいる  手はこびの  手に銀の小刀をとった  手が附けられない  手に数珠をかけて訪ねて来た  手へ渡しては  手離してしまって  手離した時のさびしさといったら  手を出したがるし  手にせず  手を拱ねきて  手から飮ませる  手を切っているが  手を探るらしい  手をつかまえて離さなかった  手を自分の頬へ当ててみたり  手に預かった  手ではあったが  手を与えながら  手になど入った  手をやくだけだった  手はおまかせねがいたい  手で厨へ届けられた  手をかしてやりたくなる  手に持たせてください  手の松明をかざして  手をかけていたが  手へ託した  手がふいに  手を振って待つ  手としているが  手をやかせた  手で血まつりにいたす  手は急いだが  手にもぎ取られていた  手などつかれぬ  手が上がったの  手にわたして  手を振りはら  手が烈しく高氏の体を突いた  手の中に抱えて  手がふるへる  手に器械の電極をシッカリ握らせておいて  手の指とを失った  手によって抜かれた  手や首を振って止めた  手で捕まり  手も足も出なくなっちゃいましてね  手の栗を見ていた  手の乏しかつた日の病者達のみじめさは想ひを  手によつて書かれ  手のように揺らめいた  手の中に殺到させた  手の中へ入り込んで来た  手をあつち  手をつけかねて  手はなかなか届かなかつた  手に持っていましたか  手が付けてないので  手でこ奴をチッキにつけた  手で焼き  手に渡りたい  手にあずけました  手をついていいました  手に渡らないとも限りません  手をかけて捲ってみた  手が空く  手を払い立ち上った  手を咬まれている  手が空き  手を掴まえて  手と一緒くたにたくしこんで  手が見えなくなってから  手を引っぱって歩き出した  手なずけた苦心を朝子に聞かせた  手の触れられない  手で筍を掘らねばならぬ  手も触れられない  手につかんでいました  手の中でおもちゃにしながら持っていきました  手を洗いきよめて  手を合わせながら  手をかけて起こしてやりました  手にからんで  手でこねあげられ  手を借りなくても  手によってそれが真理の直覚的な公理の提供者とさえなった  手を通って  手に成り  手を当てます  手の表現を添えた  手近い例を挙げましても  手で撫でても  手が思わず鼻の処に行ったり  手をぴたりと止めた  手からその刀を受取ると  手で見せられて  手がどこにひそんでいたか  手を入れよう  手に出来たものの  手で持ちそえている  手をうってよろこびました  手は抜けない  手の届きかねる  手におさめようとする  手があるじゃありませんか  手を取って教えてもらわなくちゃ  手を取ってまで  手をいっこう休めず  手を遊ばしておいた  手を負う  手で作られ  手から借受けて  手で権太栗毛の手綱を引張ってからに  手をよごしませんでしたか  手にくっつけた  手を廻してみると  手は少しも休めない  手ずさみに  手を下すまでに拡がっているという  手に縛り上げられて  手を入れるのに  手に取って示した  手を引いている  手で茂太郎の右の手首をつかまえてしまいますと  手を容易には放そうとしないで  手に櫛箱を提げながら  手を引いていただいて  手というのを教えて  手を外すとか  手に出しても  手を一つ教えておいてくださいまし  手のことをいい出した  手をゆるめられなくなりました  手というのを教えていただくし  手を袖へ通して  手を教わったという  手を発見した  手の重みをかけた  手が届かないだけ  手をやすめた  手をつねった  手をのせたかと思うと  手をみていた  手に持つたり  手を握りかけたりする  手をつッこんだ  手をポケットにつッこんで  手を欄干やはしすずみ  手をひろげて掴む  手おくれかも知れぬが  手を放すまいとする  手を包めと云って  手をつっこみ  手をつないで歩いてた  手離したがるまい  手がつけられぬので  手には私が書いて与えた  手に握られて居た  手であつたと言はなければなりません  手を拍つて喜びぬ  手に短き杖を持ちながら  手にナフキンを持った  手を打って笑うた  手の清水へと急いで歩いた  手に薬びんをさげて  手を離れてのぞきに来たが  手の指先でつまんで持っている  手を引き退けて行くと  手を伸ばされるだけ伸ばした  手が延び切って  手を優しく撫でながら申しました  手を持ってるでしょう  手のかかるを見  手のかかり  手はやめなかったが  手を銀盤の方へ差し伸べた  手をお下しになる  手挾みて殘んの星の影白む  手捕にすべき  手にすれど  手にひらく  手に飜る秋の波灯影ゆらめく  手に指輪きらめき  手にすれば  手卷きてねなん  手に縋れ  手を妾に見せて  手でその蟇口を自慢そうに妾の眼の前へぶら下げてみせたとしたら  手をふりほどこうとする  手を握りあっていました  手をふりほどこうとしましたが  手を口のとこまでもってきて  手と妾の左の手とはしっかりとむすびついて  手の先の毛細管で二人の血管がつながって  手ぐらいは握りあっていたのに  手を斜に東の空へのばして  手の掌に載せて眺めていたが  手をひいて貰って  手によって育てられる  手にひかれた  手に流れている  手で触ってみると  手を執らぬばかりにして  手の間へしっかり握りしめながら  手に接吻を与えてやった  手がふるえて来た  手を附けようとしたが  手で教育しようかと思うている  手にほんのちょっとでも触られる  手を乗せた  手にはおのずからある  手がぶらさがっている  手は踊りのように自由に動く  手をやめると  手を尽し候えども  手がとどかないかしら  手をさしつける  手に心から縋っている  手を引っ張る  手におさめていた  手もなく逮捕されてしまうに  手をとられて立った  手をかしておられた  手おくれに終り  手を打っておくべきかと思い直し  手を取ってあげたり  手に預けておく  手がまわらぬわい  手で送り返されてきた  手でその腰を押され押され登って行った  手をそっと解いて  手にかかえた  手わたされた  手までかり出して  手で殺されていた  手に預けてくれる  手が一せいに唸った  手に旗が預けられた  手でのどを突き  手を持っていなかった  手をあげていたが  手へ配属された  手があがり出した  手にかからんよりは  手へ持たせてやれ  手の短刀は鞘を捨てた  手で殺されました  手にもつかまらない  手がもう蓑をつかんで  手をあげて居る  手をふりほどくと  手がいつかジジの手を握らうとしてゐる  手をとられながら亡くなつた  手をとられながら死んで  手に合はぬくらゐには  手を完全に外界から遮る  手で引分けられる  手に触れたものの  手が出せなかつた  手を当てて考へて  手で開かれるだらう  手ゆるみもしないで続いた  手に愛児を残す  手さぐるやうにして  手を切らせようといふ  手をふつて別れると  手でつら  手とからだとが思う  手に受けては  手はきゅうに早くなり  手にもあまりがあった  手のたりない  手でこのようなことをする  手で行なわれた  手に持ってぬれた  手を洗わぬ  手に数取りの紙縒や竹の串をもって  手に入らず  手が付けられぬ  手みじかにいうと  手にはいり  手にはいらぬという  手にはいらぬときまれば使って見る  手がたりない  手が取りあげて  手みじかにいうならば  手をそろえる  手のない家ではこれを買い取って  手に取ってある  手もさまざまの形にして  手を休ませ  手では持ちきれない  手に持つか  手をつけてひっさげるなどという  手の自由を制限しようとしている  手の自由につかえる  手に物を下げたりかかえたりする  手を通して負いあるく  手にはいらぬし  手の湯気のつく  手でベルをならしました  手にあかりを持って出てきました  手をおしあてて  手を握りしめました  手をくんで祈っていました  手をとって慰めました  手をとってなぐさめました  手に救はれ  手でどうにか運転を続けていた  手も見ゆる  手にすら入らない  手に握られて  手へ筆を持ち  手から取り戻して  手で水の上へ手繰り下された  手で河の中から迫り  手を竊と引き離して  手の隙いて  手を付けずに  手から厚い封書を取り次ぐ  手を窃と引き離して  手の隙いて来た  手があろまい  手を入れてみても  手を握らせてみた  手を握らせて悦に入らせてくれる  手が長くて染ものをつかんで  手が長いので鳥を染壺に入れるには  手をつないだりしてはね  手に入れようという  手が私の額にさわって  手が私の手首を強くつかんで  手も足も動かそうとはしなかった  手をふれない  手を出したがる  手を通じて出てをります  手を加へる  手を入れたくなり  手も斬  手の冴えを偲ばせて  手が見るみる下った  手を振り解いて泣きながら逃げ帰ったという  手を触れさせないばかりか  手にとりながら  手がするすると動いて  手にかけたも  手がとどいて  手に覚えもあるので  手へ転がり込む  手には多くの芸者があった  手におえねえ  手を休めてしまって  手も出さず  手も出しつ  手で救われた  手がわからない  手を引いて連れ込んだ  手をお放しなさい  手に翳した  手もなくその策略にひっかかった  手がくだせまい  手にしましたから  手をかけて動かしてみたけれど  手をかけてみました  手を引くより  手に任せては  手が届かなくなった  手を休めて見返ると  手では間に合い兼ねて  手にさげている  手をつけ出し  手に入れて拝まなければならない  手を下さないが  手で渡って歩けば  手で行こうとする  手で行くより  手には乗らない  手に入れましたから  手には取ろうとしません  手から受取りました  手には鈴を持ち  手では御幣を高く掲げながら  手で振り翳した  手の弾む  手には杖をついた  手を行く  手がつけられなくなる  手に掛った  手を取り給い  手を緩めてもらわなければならぬ  手を下すまでも  手に作られて  手で丁度ひと掴みになるくらいの  手が自然おろそかになったらしい  手に幾筋の長い毛を掴んでいた  手に怪しい獣の毛を掴んでいる  手に入れようと試みた  手にはダネボルクの徽章の附いた  手に持つて入らつしやるではございませんか  手にシヤンパンの瓶を持つて  手で欄干を掴まへて立つてゐる  手を柁機から離した  手をふりました  手にもちました  手を振りはじめました  手を膝において耳を尖らせて聞いていましたが  手にとりあげました  手にとってしばらく見てから  手に曲った  手にキスをした  手を鳴した  手を私の肩に載せようとした  手が侍してゐて  手の大働きにとりか  手に手をとつて太鼓の音のする  手に手に携へた羊角型の酒壺を喇叭と鳴し  手を携へて往き  手を洗おうとして  手を上げさせて  手でコップの蓋をした  手でつまんで  手に来る  手をあげている  手で蓋をして  手と女の腕とが互いにからみあう  手の中にかかえ込まれたりして  手で盛った  手おくれになっては  手にして飛んで歩いている  手をみそはぎの茂る  手を返して見た  手をくだす  手を蒲団の外になげだす  手が時々それを取り上げて見る  手に収められたが  手を過っていた  手の唐団扇で蚊うなりを一つ払って  手に収めようとしている  手へ廻した  手で入京はしていない  手で捲かれた  手をひいて退がってゆき  手もふれざりし  手で櫛梳らせ  手にもいつか太刀は抜かれていたが  手を上げられい  手はないと考えられます  手に入ったかなどの  手から借りて  手でかこむなどの  手をもってやらせようとは  手の脂燭を捨てて  手でまずは難なくすみましてございまする  手で尊氏を亡ぼそう  手で斬られた  手がおそかったというよりは  手を染めていなかった  手をずっと伸して  手に右の手を手伝わせて  手には乗らなかった  手を新吉の出した  手に男持ちのような小型の嚢を提げていた  手を置いて居る  手で新吉の肩を痛いほど叩いて  手附きで三つの大コップへ分けて入れ  手にしただけである  手に一日でも筆の持たれない  手が塞がつて居るので  手だけ窓から出し  手がいろいろな替  手の掌を頭の毛に摺りつけては  手を縛られて  手をよごした  手はまだなかなかその仕事をすませ  手の中にまで屆きました  手を擴げて踊る振をして居た  手を最初に執つて  手で傍の大きな信玄袋の口を拡げて  手に手に棒千切を持った  手で差し出されたので  手が掴みかかって来る  手で鉢巻を締め直した  手で眼をコスリながらうなずいた  手ばたきで答える  手を引っぱって逃げ歩き  手に育てられた  手を借りて召捕ってもらう  手を借りるという  手にかけて殺す  手を合せて坐った  手近い荷物は葛籠に入れ  手を詰めた  手でしてもらう  手から関の役人に差出してもらう  手で米を売る  手で船で大阪まで積んで行き  手を触らせない  手を畳の上に突っ立てた  手で持って出す  手を突いて話し合う  手で扱いて見た  手で目付役の軍監を兼ねていた  手を着けない  手に当って  手を合わさんばかりに頼む  手に入って来た  手に成ったので  手を出したりしていたが  手の明智光秀が丹波へ攻込む  手に一杯ずつ持たせて  手を伸せば届く  手の皮膚のざらざらした  手を叩いて喜んだ  手にピストルを持ってゐる  手を広げて  手を動かすと  手が怖る怖る  手が犬の背中を一ぱいに摩って  手を出して摩る  手は自分の手となるだらう  手から奪い取り  手を刀の柄へかけながら  手へお渡しになったりして  手も厳しくなったという  手に触れてからという  手の綺麗なお方へおっしゃっておくれよ  手をかけておられました  手をやられましたが  手が一本あらわれて  手が出た  手が見えたりしましたので  手が出ましたので  手だと思われる  手や足に触れる  手を出された  手がどうかなりはしないかと思って  手を見たまでじゃよ  手を把って泣きましょうか  手は其の儘前方に差し出たなり  手にそれを持ち代えて見つめて居たが  手に右に曲った  手で受け取った  手で自分の瞼を弾く  手を置いて言った  手ばかり見つめて居る  手を見詰めて居る  手が鞭のように弾んで  手を掛けて居る  手を荒々しく把って室から出ようとした  手を挙げろ  手にもとらずに  手をまわしたりして  手が出て来て  手から紙幣の束を奪い取ろうとした  手からピストルを奪い取って  手の中に感心致しておりました  手がわなわなとふるえ出した  手を喰うと思うか  手を突込んでみると  手の汚れが附いている  手によって暴露される  手でシッカリと背中を抱えられている  手に執れなかつた  手に渡るので  手を入れられた  手からたべる  手を敲かる  手をかけるや  手にさわったよじのぼりを  手に手に花束をさげていた  手にはいるかも知れず  手に接吻しはじめた  手に落ちるかと  手に汗握る  手をとり合い  手で触ってみて  手にでも入ったら  手はなおもはなさずに  手を環からひき放そうとしました  手を固くし  手にとりあげられる  手に押されて  手によってバルザックの目の前に開かれた  手には当時すべての漫画に添えて描かれた  手をひかれた  手を芸術家らしい熱情をもってとると  手で盗まれたかは  手を触れないで打っちゃっておいた  手に触れたりする  手を悉く縛つてし  手が赤ぎれて血がにじんでいる  手に五十円の金がはいり  手を思い出したりして  手が汗をかいたりした  手をつけていなかった  手にさわり  手でしなければ収まらぬ  手にしないで  手を触れぬ  手を打ったが  手はゆるめなかった  手を洗わせて下さい  手を洗って下さい  手を洗い合った  手が剣身を握りとめない  手を握りしめて叫んだ  手が三本ついている  手と頭を振っとります  手のようによく知りぬいている  手をほかの手で握って走る  手も届かぬ  手に恢復はされたけれども  手を付けてなかった  手とかごの入り口のところにすき  手にして見ました  手を逃れたりと  手をあて電線のオルゴールを聴く  手に吸ひついた  手だと思うと  手で額を撫でてみました  手なずける秘訣を知っている  手に入れてみたいという  手を延ばして行って  手に残るが  手に入れて置いて  手に見つかった  手が届きながら掻かず  手に鞭を持ち  手にすくい上げて見れば  手にとって熟覧してみたけれども  手が廻らなかった  手で顔の上を払いながら  手で自分の頬先を払って  手から框を受取って  手で白雲を打ち倒した  手きびしく乱暴を働いて行った  手きびしくとっちめた  手で火鉢の上の鉄瓶を取ると  手で湯呑をひっくり返し  手にさわらない  手ときているので  手に通しながら  手にさげ  手が出ないで  手で膝元へ取って押え  手で行われた  手に握って置いてかからなければ  手でその女を取返された  手を経て差出した  手に委せ奉ると  手を触れてみたいと  手によつて之を執行すべしといふ  手をとつてボートに乗移つた  手招いてゐる  手に念珠をもち二冊の書籍を腋にはさみ  手を横に立て  手を拱して  手にもちいいように小型のものとし  手にくだき  手などを出す  手が凍えるな  手で作られている  手をだらりと寝台から垂らしてい  手が見付からない  手をつけようとする  手で水をすくう  手へ吸い着いて行った  手にもって暮して来た  手にとつて讀んだ  手を開いてしまふ  手も出ませんでした  手をひらいてしまう  手を握ろう  手を入れてしよんぼり立つてゐる  手のやうに見える  手で荷物の縄目を解きにか  手の中で發見する  手練れたからかひに  手にもてる  手には粗末なる蜜柑函を持ちて歩み来る  手をしかと握り  手へはらはらと涙を零した  手も出ないで  手を男の肩から放し  手をしかと握  手で煙管を探  手を翳している  手が戦え出した  手が戦えて  手はいつか袂から結び文を出していた  手で拵らえたか  手に取れぬだけ  手を紛らはさむとや  手を休めてくれ  手に贖ひ得つ  手で水洟をこすりながら  手がとどかないや  手離して深田へ養子にやり  手に涙をふりそそいで  手を動かしつつ  手の動くにつれて  手を止めては  手が着かない  手をとり合うているばかりである  手と足と一つ一つにちぎりとらるるとも  手を見詰めている  手を握って諭す  手を見つめた  手も足も頭もつかえて  手を付けん  手が少し顫えてる  手に余してしまった  手に手綱をかいくりながら  手を拍つて囃し立てた  手も足も出せはせぬ  手にもとらず  手に銭をわたし  手に数珠を持ってから  手もなく討たれてゆく  手に手をつないで行く  手の守りには菊水の旗が見えた  手をむすび  手を変えてみるものの  手をかざせば  手には気づかずにいた  手固い対陣になり  手は二度効くまい  手から奏請して  手を打っておいた  手に入るばかりな  手に持ち添えて  手に挙げて  手から駒のたづなを取ると  手に渡ったとは  手に持とうと  手を見てなるほどと思ったかも知れない  手はどこへ落として来た  手によってかなり整頓されている  手によって工夫されている  手には団扇を持たされた  手にはめられている  手によって建てられたり  手で撫でてくれる  手を延ばしてゐる  手を触れないが  手を入れてみて  手ずさみを  手は何を弾いている  手も連続して出て来る  手を休めないで  手を警戒すればこそ  手はあれにきまった  手にあるか  手からこの婦人を受取って  手からあの女を取り戻して  手が外れる  手あらく掻き上げて  手をついてしまいまして  手をのべようとする  手にあるべき  手を振り上げた  手に刻まれた  手で運ばれ  手によって捨てられた  手によって拾われた  手に取ろうとして見ると  手をわななかせた  手に取って飲みながら  手に入り過ぎて  手がひとたびひろがれば  手で如何ともする  手を握らせる  手に唾をつけて  手に杯を持った  手のうまさ水鶏啼く  手を置いてかう  手を一寸握りながら  手の動きのことを考える  手が痙攣的に正夫の肩をつかみ  手にからみつき  手はかすかに震えるが  手を引込めて  手に丸めて投げすててしまった  手を差出すという  手を差伸してる  手を開かしてみると  手にしっかり握りしめていたら  手がわきにそれる  手をさしのべよ  手を力強く握り締めて  手を掴みながらひつつこく  手に全く支配されてゐる  手を上げて見た  手をわかつ  手で芋を掘つて居る  手のさきでならして  手のない日蔭物といふ形に成つて居る  手ごたへでは濟まぬ強い關係が結ばれた  手に餘る茶の葉をい  手をとつて出奔するといふ  手が殖えたので  手頼る所がないので四つ又の家へ轉がり込んだ  手を動かして居る  手にやいかねえから見ろよ  手を掛けただけで  手の右と左を持ち  手が届いて  手が出ないから  手に手にゴルフの棒を三本ないし一本握ってかけつける  手をしっかりと掴んだ  手や顔色や動作は次の機会に書く  手に屆いた  手から受け取つた  手を堅く執つた  手で守らうとする  手の脈搏を數へ出した  手には冷かな銀色を反射する  手に閃いた  手に送られて  手を振つたりして  手に何か提げて  手を伸ばさうとあせる  手を突き込む  手離すことに努力した  手離させた  手をゆるく泳がせている  手に頬ずりしたい  手を離してあげる  手さえ握っている  手の指が一本欠けている  手から外らさないではいられなかった  手に畳の上の扇子をとり上げると  手を執って引張りました  手で私の腕をつかみながら  手にかけて殺して来ました  手に太い棒切れを持って  手にガマ口とステツキを握  手がでますまい  手が天井から吊ってあり  手がこごえてくる  手にしっかり相手の手を抑えながら  手を緩めずに出来るだけ  手を振りもぎろうとした  手にとったりして居た  手の上ににぎって見たり  手だの耳ったぼだの  手を後から廻して  手をもちそえて  手をかたくにぎって  手をおよぐ  手にあたる  手の曲線を作って  手を見ながらほほ笑んだ  手をして居たら  手を夢中でにぎりあった  手をひっぱりはじめた  手をしっかりにぎりあって居る  手をかたく握り合って立った  手を開いて抱き込んで呉れる  手をもって教えてもらった  手で器用にひきこなして居る  手と足とを洗う  手離すのが不安心だと云う  手で高く上げて差し示した  手にたった一枚残った  手を卷きつけて  手の指先で火鉢の縁をこつこつ彈き始めたが  手に持って出ようとしました  手に入れかねたといふ  手を分けて探して来ますから  手に手に被り物を取除けて  手は鋼鐵なり  手すさびに過ぎない  手が涙を拭う  手で以て土を掻いた  手に原子バクダンがあれば  手にのせてみて  手で人を殺す  手に届いたならば  手を切られる  手までくると  手に深い大きな瀞がある  手をあげようとして  手を大きく振って  手をひたしました  手をジョバンニたちの方へ出しました  手を入れて見ましたら  手をしっかりひいて立っていました  手を入れて立ちながら云いました  手を岩魚のうへにおく  手も団子に往った  手を出し兼ねていた  手に檢擧された  手を拭く  手を触った  手を曳いてくれないでは  手で面へ溝泥を塗られた  手を動す癖がある  手の裏返して  手にだもしない  手から賠償金数千円を支払う  手に専有せられているかは  手を拍つてお笑ひになり  手にもつてゐた  手に渡してしまうに  手を火鉢越しにつかんだ  手は無性に冷たくてぼつてりと  手があつたにも拘らず  手に試験管を持たなくな  手は無意識に長男を突きとばしていた  手に何を握ってるか調べて見るが  手を胸へ置いた  手が叩かれた  手になんか乗るも  手で軽く叩いた  手に入れなくちゃいけません  手に入れるよ  手に負えないぞ  手じゃとても馬鹿を取っちめる  手でやってみなくちゃ  手をはさまれました  手の中でおもみなさい  手の中でもみました  手からこぼれ落ちました  手に入れたかを話し合いました  手をなおしておく  手はわけなく動かす  手だすけをしはじめました  手に入れなくちゃなりません  手の人はすぐテイブルにつかせましたが  手を捉えて  手にはちっとも硬いところがありません  手を使って働かなきゃならないなんて  手や背中を使ってやる  手で働くより  手に硬いところがないと言って  手や背中を使って  手が萎えしびれた  手よりも頭でやる  手で働くよりも  手のゴツゴツした  手がその日の給料をのせて  手をもむと  手を覚えて来て  手が違います  手とは手が違うが  手も触れません  手はなかなかよく書いてあると思いました  手をほどいてみたが  手を足場にして  手をゆすってみましたが  手を拍って喜んでみたが  手きびしいお祓いもしたりした  手が放されねえ  手から十能を受取って  手から壮士を集めて送った  手でしてやらねばならぬという  手を差しこんで考え込んでいました  手きびしいいたずらをされて  手を緩めようとも  手はまだ放そうとしないから  手で作れない  手に廻り  手のつくせる  手にはとつて見たものの  手を見出した  手は手巾を二つに裂くと  手をぬいたり  手でインガからの手紙をドミトリーにつきつけた  手を大きく振つて  手をジヨバンニたちの方へ出しました  手を出してゐる  手をしつかりひいて立つてゐました  手を入れて立ちながら  手をのばしてこつちへ  手を引くべきだ  手でまだ欄干をしっかりにぎって  手を離して落ちていった  手のふるへてもゐないのに  手にはひりませんのでしてね  手を差伸して  手の親指がキュッと内の方へ屈っている  手をさし  手に育てあげられた  手のこまない様式だからに他なりませんが  手なんてあるまいよ  手をそつと握  手がつけられないね  手で鼻と眼を覆  手を加えすぎた  手をつき出して  手で手巾を取って  手を重ねて見ている  手に袋など持って  手を入れてみましたら  手で顔を半分かくす  手を入れて立ちながら言いました  手に取り上げてながめていましたが  手からは落さず  手も恥かしい  手に手を取つて  手に受け  手をうしろへまはしてさ  手を額にあて首をうなだれて  手をやつてみると  手をもとへかへし  手をふれようともしない  手をふき  手を脊なかからまはして  手にしつかりと握りしめながら  手ぬぐひを取り出し  手だの足だの殊に心臟の處を摩擦する  手では顎を持つて  手の指で卷上げた  手紡ぎの絲で印度の市場を一ぱいにしなければならぬ  手の中にあるよりも  手で頭を掻きながら  手から伝票を受けとると  手でビールのコップを持ちながら笑った  手はこっちの左の手首に絡まっていた  手はほてっていた  手でカーテンの端を捲って入って来た  手に持ちかえて  手がかかったり  手で火を消し止めた  手に残つてゐた  手に入つたものとおもひました  手を振って見た  手から遁げられる  手が奴の横っ面へ届かない  手を力一杯握りしめた  手で供給され  手にわける  手を出しかねていたが  手や腰をすくわれながら立ち上がって  手をついて謝ってしまえ  手に大きな響きがした  手で加工され  手にからみつけて  手を合せますから  手をしっかと持った  手から武器を見た  手からその武器を奪う  手に汗する  手に鷲掴みにされ  手でぼくたちをなで廻す  手が腐るから捨てちゃいなさい  手をひかせてあるきながら  手を分けて調べてみると  手を遣りながら  手もなく釣り込まれて  手を洗ってると  手ごをした  手ごをしたが  手を持って来た  手と足とがひどく疲れた  手に身体を支える  手に触れなかった  手に橇をひっぱって  手に拾い取られる  手に渡しますと  手から再びその紙片を受取って  手をのばし得る  手に没収されてしまうにきまっている  手によって打開しようとした  手で石を拾い  手を十分に深くして  手は面をかかえ込んで  手を高く上げたり  手を覚え込もうと心がけている  手をキュッと締めて軽くつき放すと  手をさしのべたが  手もなく解釈がつく  手に手に小旗を持って  手に拾われた  手に覗いて  手にそれが届けられたら  手によって燈明や香煙のうちに安置され  手に預けられてある  手が揃ったな  手で汝を処分していたなら  手うすを知って  手へついてから  手につき  手をかたくにぎっていった  手はとどかなかった  手にささげた  手に預けてある  手に保持されていた  手おくれを重ねたという  手で莚を敷かせた  手をふりまわしながら教えてくれた  手までひきよせた  手とを働かしながら  手で頻りに大きい樅の枝をひっぱり出しては  手を呼んでいる  手を帽子へやり  手近いところで市電の大首キリが迫っているし  手で独占し  手の先をいた  手で杉の木にまいた  手で神木に仕立てた  手で裏門の戸を叩く  手を入れてもらって  手を出しかけている  手で創造する  手を差出してみたり  手のなかにある  手から蕾のままに失われていった  手をつなぎあって働いていますが  手でし尽くされ  手に取って見て  手があるやら  手も足も好く分った  手ん手に吉原へ行った  手は詞と共に動いた  手が弛む  手を引いて歩いた  手を引いて歩いても  手に気を附ける  手に関係する  手から出ていない  手はひょいと引込んだ  手を置いておられた  手を当てて見ると  手などいう  手には荷が少々勝ち過ぎる  手にもかからずに  手だてあるまじ  手で掴みたかった  手で発表する  手がよごれる  手をこそふくらかなる  手に限る  手で逃げる  手にいれられました  手は伸びてるに  手を洗え  手を出しましたから  手をしている  手の先にぐるぐる巻きつけました  手をお見せ  手がつるつるして  手がとどかないので  手をちょきんと一つはさみました  手がすぐに私を乱暴にひっつかみ  手が触れる  手を捉へて雲霧の濛々たるなかを行く  手を捉へて左手へ飛び下りた  手を僕のまへに出して  手が着かないのね  手が出ないよ  手をグイと延ばし  手に入れるとな  手をついてかしこまっていた  手を静かに放し  手にさえ取らなかった  手を慣して  手の指先きに噛みつくと  手の中で一本湯鑵の胴に触らないで痺れた  手にも左にもちび  手の先きから死にして行かうとも  手がため  手を執りあっておりました  手から受取っていた  手にして出かけた  手をつけ得なかったし  手で書かれた  手の紙片をじっと眺めた  手を引いて立っていた  手に空気枕を持っていた  手の爪を見つめた  手を触れないでいたかった  手で割かれた  手を足の運動に合して振りながら  手に小さな風呂敷包みを持っていた  手をしかと左右の手で握った  手が妙にばさばさ乾ききってる  手の爪を切れと云われた  手は離さない  手を執って握りしめた  手を強く握り返した  手を銚子にやったが  手を引込めながら  手を滑らして  手の指を小指と藥指と二本探って  手の銚子を持っていった  手の菓子折をぶらぶらさしながら  手離したくない気持に陥っていった  手に入れようとは  手を待つ  手を運びながら  手にぐっと力を入れた  手と足とで彼の背中に強くしがみついてきた  手を握りしめようとしたが  手をぴくりと震わした  手のコップを差出した  手は拡げる  手を掌を上にむけて  手にさ  手に捕はれた  手をかけたかと見る  手にせり  手を握りて  手に入っている  手を着けてみようよ  手をやるや  手に小さな風呂敷包みを下げていました  手を叩いてはやし立てました  手でそれを指さしながら  手を負わせた  手でも着けられた  手を着けかけた  手をつかんで捻じ放そうとした  手を着けようと考え付いた  手がどこからかぬっと現われて  手の着けようがねえ  手へ誘拐しようという  手がまわらないで  手をとって押し頂かないばかりにして  手をうって喜んでいる  手をつけている  手討ちに逢ったとかいう  手をおろして殺した  手が亀縮んでいるので  手を雪で揉んでいる  手を引いてやるから  手捕りする  手であることを半七はすぐに覚った  手には匕首が光っていた  手につかんでいる  手から寅松に渡したという  手を借りようと思い立って  手をつかんで引っ立てて行こうとすると  手討ちにした  手討ちにされたという  手討ちになって  手に持って開いた  手をかけて揺すった  手にすくって飲み  手が僕に向けて動いては  手は動いた  手を彼女は紐につけてくれた  手には鞄を下げていた  手を自分と彼とのあいだに滑り込ませた  手を添えて  手を洗いながら  手が動きますから  手を握り込み  手は取り合った  手を彼が取ると  手を胸もとのボタンへ導いた  手はやがて彼女の胸の下で出会った  手を彼女は胸のふくらみに押し当てた  手が襖に届く  手にサンダルを持っていた  手をかかげ  手の放されない  手を引かうとすると  手をぎゆつと握つて  手を振り放したの  手を強く握って転げる  手から引き離された  手を煩わさずに  手が着いていねえ  手に幾軒かの長屋がつづいていた  手を口に持っていった  手には写真の印画紙らしいものを二三枚もっているが  手の放せない  手を額の方に伸ばした  手に人形のやうなものを渡した  手にその人形を渡す  手が足りないので  手に把ってみると  手を下げないばかりに頼み  手討ちに逢った  手討ちにいたした  手には果たして胴巻をつかんでいた  手だけで描いている  手が付けられない  手近い例をもう一つ挙げて置きたい  手に三本ばかり常夏の花を持つ  手なる常夏を見る  手の撫子とを見  手を遣り  手を無理に取って  手を支えたる  手をついてあやまらなければならない  手をかけて云った  手をくだして捕らねえでも  手をそっとあわせて  手に獅噛み付いた  手を食ってたまる  手をかけたと思うと  手であげられた  手が廻らないので  手に曲がっている  手をしながら  手をおろさないで  手の鑿も不作法も忘れて見入られ申しまいた  手から手へ送られた  手にぞくす  手へ話しかけた  手に馴れている  手に返しながら言った  手の中に入るほどな  手に残しておく  手から捨てよ  手に残す  手にふくんでみると  手を待って死ぬは  手から配されていた  手をつかえ直した  手は具足の緒を解き  手に短刀を抜く  手で挙げよという  手を母衣の下へさし入れた  手はただしく膝においていた  手を抜いていない  手は血ぬられていた  手を振って断わった  手をくだしもしめえが  手の痕のようなものが小さく薄く残っている  手のあとが確かに残っていた  手きびしくそれを拒絶すると  手をやめて見返った  手を入れようとする  手は匕首を握った  手を下げて頼む  手を握ってみた  手をつけたに  手にも油の匂いがしている  手から樒と線香とを引ったくって  手を切るか  手を切らなければ  手を切るならば戻してやると云って  手にも油の匂いがする  手を切れと責めるやら  手を入れて見るから  手が達きませんでしたが  手を貸してもらって  手はどうしても彼の襟首にとどかなかった  手に二朱の金をそっと握らせた  手を貸して貰わなけりゃ  手に捕えられてしまった  手をぎゅっと握ってふった  手を逆にとって背負いなげにと  手に一枚の紙片を握り  手には一枚の紙片が握られていた  手をもっていって  手から紙片をうけとると  手に落ちてしまった  手を元へかえす  手がひとりでにポケットにゆくが  手を戻す  手にゆだねていなければならぬ  手をかけてはならぬ  手の方がいたかったろう  手をぐっと握って  手をおしいただいた  手でナイフを奪いとり  手によって殺害されたという  手によって殺害された  手のまい  手からピストルをもぎとった  手がゆるめられていた  手を握るべきであった  手をもってゆく  手を貸してください  手からひったくった  手によって甲板に運ばれ  手にとって語る  手をぐっと握りかえした  手をやさしく撫でつつ  手が廻らなかったからねえ  手を容易にゆるめなかった  手を出してみろ  手をぐっと引っ掴んで  手でこの塔婆をつかんで引き抜いたから  手の痕らしいと思ったら  手では溝の底までとどかないので  手を急ぐ  手をひろげたら  手にも負え  手を触れなかったが  手には幣束をささげていた  手にかの風呂敷包みをしっかり抱えながら  手をつけなければならなくなった  手に入れたと云って  手むかいをする  手では正月早々にその工面のつく  手で殴き倒した  手につかまれていたという  手からそっと取って来た  手に残っていた  手から一旦それを奪い取ると  手からその毛皮をもぎ取って逃げた  手を突込んで探ってみると  手を出してみると  手を突込んで引っぱると  手に取る如くわかると  手に唾して取るべしと云う  手の利かない  手を押戴いて見せるので  手を拍って奈良原の意見に賛成した  手を拍って快哉を叫んでいる  手を握り合うて喜んでくれた  手を遣り過し  手も合わせられませぬ  手を使わぬ  手を打ちまして  手の元手喰式慣用手段に乗る  手をかけたからには  手を挙げ  手を執り合って泣き出したので  手に戻そうと  手に戻ってくれれば  手を抱え込もうとすると  手に取ってながめると  手をよごして  手にかけている  手には海苔ヒビのような枯枝の杖を持って  手から網を取って  手懲りをしているので  手を入れ始めて  手に掴まえられると  手から伝兵衛に渡された  手からもいろいろの秘密書類が澹山に渡された  手あぶり火鉢を彼女のまえに押しやりながら訊いた  手に救われた  手で灰にされてしまったであろう  手をつけるにも及ぶ  手を働かせながら  手を蛇のとぐろのまん中へぐっと突っ込んだと  手を突っ込む  手を突っ込んで見せたらば  手ならい草紙で習って  手で彼女の腕をつかんだ  手から憎い男に突き付けさせていた  手で喉を絞めた  手をおろさずとも  手を入れて調べさせてはあるが  手でどこへか売り込んでくれる  手きびしく責めた  手あぶりの火鉢を持って来てくれた  手の小指を紙で巻いているらしかった  手をつけるには  手あらい折檻をする  手を台所で綺麗に洗って  手から剃刀をうばい取る  手になっていると  手をゆるめながら  手にしっかり掴まれていた  手から剃刀をもぎ取って  手にかけたと  手にはいずれも刃物らしい物を掴んでいなかった  手なずけようとしていたが  手にかけて其の前に坐っていたが  手をさげて頼むから  手が付いて  手で育てたいと  手をつけてみる  手に入れたかをしるしていない  手の上に拡げて見た  手には細いステッキを持っていた  手を蔽う  手がつけられずにいる  手で揉んで  手にくっついて  手を火ぶくれにして  手を打って歌っている  手で分配する  手に移ってきた  手で触れ得る  手をこふ  手をこひて  手を出してこひけるを  手に渡ってしまったら  手にあまって  手に入れたいと思う  手に拾われたか  手をはねのけました  手になりましょう  手で触れる  手のようなものが現われて  手の持ち主は勿論わからなかった  手に武器を持っていたが  手をつけるなよ  手を着けようとする  手があらわれて  手に握らせてくれました  手になんにも持っていなかった  手を焦らしている  手でどこへか持ち込む  手が切れて  手に引き挙げられたので  手も働かせなければならない  手を借してくんねえ  手をかけてもたげると  手に一歩の金を握らせて  手には匕首のような物を持っているらしかった  手に渡ってしまっては  手には負えないでしょう  手を貸してた  手に天眼鏡を持って  手をあわせた  手を付けて使い  手が届かねえ  手を田川の水で洗った  手を出しかねない  手がなくなるから  手なづけて口説かうといふ  手はないからカストリのお通しはもつ  手に手をとつて消えてし  手がブルブルふるへだす  手があくと  手をかしてよ  手の線に現れやしません  手をふりほどこうとしない  手にタバコの火をこすりつけて  手が久兵衛のふところから紙入れを引き出そうとしている  手を捉えようとすると  手あらく取り押えかねた  手に残って  手を拡げなけりゃ  手が廻らねえ  手を据えた  手のゆるまない  手が向うと  手擦れていて  手で形を拵らえて見せ  手に属した  手が持ていた  手を宛てて黙  手に持ッていた  手を宛てて考えて  手に土耳斯形の帽子を携えている  手に一部の女学雑誌を把持ち  手弱く辞退して  手を引いて来  手疾く寐衣に着替えて  手を下げて頼まぬと云えば  手摺れて垢光りに  手が廻わらず  手を杖かして  手を切らせようとした  手の痕の赤く残ッている  手を杖いて頼めと仰し  手も附けられや  手にだも触れず  手と手が閃く  手を握られていた  手を放て  手暴く揺ぶられて  手ではいかん  手を押さえ  手は出さんが  手で持っていた  手や足を摺りむいたりしましたからね  手に入れたかを驚き怪しんで  手を引くから  手に負え  手の指を一々に検めた  手を洗っていると  手で縊れて死んだ  手がまわって  手を切るという  手に押し付けた  手を渡って  手には匕首を握っていた  手討ちになった  手を押さえたが  手によって続けられた  手にうつされたが  手にピストルが光って  手をかけたら  手なんか二本や三本切つたところでびくともしませんが  手がさはりました  手でつかみ  手が離れたので  手に持って歩き出そうとする  手を握らせるぐらいが  手が着けられません  手の輪組の中におとなしく立っているが  手を引摺って行こうとするが  手をひきずって  手がでる  手をワナワナとフトコロへ突ッこんで  手をかけたりしました  手も足も出ません  手を着けさせる  手なずけて我が子のようにして  手が廻る  手に挙げられたという  手によって処理せらるべき  手に成つたものの  手を執つて引き出す  手の美的效果に就て澤木君が傍の人と論じてゐた  手や足ほどに物を言ふ  手にして見て  手にし得たに過ぎなかつた  手によつてバルザック全集邦譯のごとき困難な仕事が企てられ  手にせらる  手に筆をしばりつけながらでも書いたと  手が足りなかつたの  手には渡されず  手につきやせん  手に乗っては  手に羽うちわをもって  手を明けない  手を塞げない  手が少しうごきだしましたが  手を彼の自由にさせてゐた  手を彼の自由にさせていた  手まどっていれば  手には御剣を抱いて  手つづきをすませ  手を打っているという聞えがある  手にとってしまった  手にも乗らなかった  手に入れており  手にいれて  手に限ると  手にまかされている  手にひきとられていた  手を咬まれた  手が物にとびつく  手で弔ってやった  手で寄ってたかって  手に何か書きかけていたが  手を打ちはじめた  手の巧さ水鶏啼く  手がもう意志でもなく夜具の襟を剥くっていた  手から離して  手を憮然と胸に拱んでしまった  手に立って  手いたく打ち負かされた  手の中にあったといって  手を失ったに  手を取って教える  手で熱い煎薬を服ませられた  手を背へ廻して  手には人に見せたくない  手でも救い  手を焼かせている  手を振りつつ這入って来た  手がつけられた  手をほおにあてた  手にはべっとり血がついていた  手がはなせないから  手がそのコップをにぎっている  手をつけないでください  手にいれましたか  手つづきをふんであることをたしかめた  手でつくられようとしている  手によって実現される  手でつづけるとともに  手の中におさえてしまえば  手にはぴかぴか光る  手の上にひょいと乗る  手をぱちぱちとたたく  手をたたくどころか  手に汗をにぎっていなかった  手でいじっていた  手にのこった  手をやく  手をぬいていた  手にいれたい  手のものの捜査を開始した  手や足や胴などがばらばらになって  手の指や頭部の発達を見ても  手にとってみるなんて  手を頭の繃帯にかけた  手にぶらりとぶら下がった  手に取つて見ると  手では間に合わないので  手をひこうとする  手を私の布團にかけたので  手にもモルガンの小脇にも抱えこぼれ  手に持ち出した  手で逆に撫でられた  手を着けて置く  手の上に転がしながら訊いた  手は往々ある  手をのばしていた  手をくだしても差し支えはない  手を白布で巻いていた  手を痛めた  手に袖をひかれた  手が手拭をずるりと引いた  手をあげて招く  手を少し切られた  手がとどかず  手に負傷しているので  手に白い幣束を持ちながら  手がみな尽きてしまうと  手などはすぐ見破ってしまう  手から一つの袋を受け取り  手で使ったなら  手を下ろしてみると  手をかけるに  手を危うく放し  手をおののかせて  手を咬まれるとは  手から番木鼈を貰いました  手捕りに馴れているので  手に余るかと思った  手に汗を握っていた  手に負えなかったらしい  手に負えなくなったか  手近い所の異性で済ます  手では何うする  手頼って来てくれた  手は女の身体に触れていなかったというの  手で喉を掻きむしった  手はどうしていた  手を上へぼんやり上げて  手がそろそろ懐ろへはいる  手を着けようともしなかった  手に召し捕らせて  手で仕留めなければ  手で押さえるならば  手で討つとなると  手を着けますね  手を伸ばさなけりゃ  手をふきながら出て来た  手を出しかねて  手の上で眺めた  手に収めて居る  手もなく退いて仕舞った  手を焼いたかを見てもわかる  手に死なんと云って  手から金銭をうけ取って  手に召し捕られたりすると  手に渡すまいという  手へ戻りました  手に気を入れて  手に返すと  手を当てても  手が玉のようにのびて  手のうらかえす  手で引いて  手を懐中に暖めたとあっては  手で持って  手を投出した  手を長く置き  手をどさんと支いた  手や肩へ貸本ぐるみしなだれかかる  手にも足にも触りっ  手に引きつけて  手もて取って引く  手に運命が委ねられてゐる  手を出したと思い  手まで臭くなりますから  手がサーベルを取る  手では前柱の根に打つてある  手を放さずに  手を放してしまつて  手を放させる  手と足とで釣合を取  手には菅笠を持っている  手を分かつ  手も出さず待っていた  手から盗まれてしまうた  手で地を掘って  手をかけるやら  手を引っ込めてしまいました  手をかきむしり合って  手を握りかえす  手が伸びている  手は凍って  手が強く働いている  手で本石町無宿の金蔵を挙げたので  手にかかったかと云うと  手を怨むという  手に対して仕返しをするなどという  手に移ってしまった  手で金蔵らを挙げてしまえば  手に逆恨みをするなどは  手を鳴らしたが  手をわけて  手に日頃光し  手がとどき  手の皮なんかもこんなに厚くなって  手で女の柔い  手の皮がひっかかっていけないでしょう  手をひねるが  手がどういふ  手に落ちると考えたからであります  手を着けてみる  手に押しいただかれた  手を出そうとしない  手でふす  手をおさえて云う  手で私のネクタイにさしてくれると云い張って聞かない  手で私の両耳にぶら下がると  手であなたにささせて下さらない  手の一人が苦情を申し立てた  手を叩いて踊り出す  手をさえぎられた  手には高源寺としるした  手を伸ばして見ましたが  手あらく引っ立てようとする  手ばなす事であるという事を話していました  手をそれに触れた  手の腕にある  手には黄色い液體を滴した  手のピンセットで試驗紙を挾んだ  手につかなくな  手を放したので  手を洗ひに立つて  手を拭つてゐる  手にわたされました  手から無事に戻された  手は過去の働きつづけた  手だといふ養子の話を始めると  手が硬くなって  手は利かんし  手に裂かばさ  手に取り持った  手によって運ばれ  手に引っとらえられ  手が届きませんねえ  手にしかけた  手にかえされる  手を取って起き上らせ  手ずさみです  手ずさみではありません  手に取るほどな  手のこわくて冷たい無気味のさむらいのようなのに向って  手のものでいいかげんにごまかして  手に手に鳶口を携えて  手をからげて  手を触れてみたが  手にも負えぬ  手によって立てられた  手で受けとめたりして  手に負えませんな  手に入ってから  手で押してみたけれども  手の中の珠でも取られた  手を置かれるまで  手はようやく深くなって  手を自分の肩にかけ  手には刀を提げていたからです  手を遮る  手によって携えられていればこそ  手をかけようとしますから  手をかけなさったは  手のつけようもなく荒れ果てた  手を入れて引出した  手から一枚の木札を受取ります  手で育てていますからね  手の長いのは自慢にはなりませんけれど  手に駒井の一子登を抱かせて  手を離れて置くと  手で育てられているから  手にかけない  手でなくしてしまえば  手に捕われるという  手に毛糸の手袋をはめ  手にいっぱい銀貨を取り出して  手を泥だらけにして  手は日に焼けて  手が鳴ります  手をとりあいました  手に掴んでいる  手を拍って喜んだ  手に入れたいからで  手は放れなかった  手に力を入れた  手に入ったろう  手は喰わない  手焙りに火を取り分けて出したりしながら  手を当てる  手を切ってしまえば  手をつけて置けば忘れないが  手にあれどながしづかなる  手もまたいくぶんこれに刺激されて  手になったらしい  手に移すという  手を食ったよ  手を振るばかりに  手を懸け  手に一杯傾けた  手を差控えて  手で揉まれるかと思ったばかりで  手がちと震えた  手をぐたりと緩めて  手をやすめず遣ってくれ  手で捌いて  手を当てれば  手が震えてなりません  手が一へ滑って  手に縋って  手を取りなすった  手が掛ると  手をしっかと取った  手を払い除けて  手ごしらえの五目鮨の馳走になって  手を前垂れで拭きながら出て来た  手が足りなければ  手へ渡すまいとして  手も痛めているらしかった  手を強く握られて  手を振り払いもせずに  手を掴んで放さなかった  手と手が自然に離れた  手で煙草を一服すった  手を廻してみたが  手が次第にふるえ出した  手が廻ったらしいので  手に持つて歩く  手を触れなければ  手に水をかけてやりました  手につきませんでしたが  手向いたし候はば切殺  手向い致さば  手が難局になったと見えて  手が早くなりました  手を触れただけで  手を束ねて見ているより  手がかかり  手に戻り  手は首の下に廻って  手から譲り受ける  手を高くさしあげると  手に分れている  手のつけかたから見て  手より脱免し  手にいれていたろう  手にはいっていた  手をうち合わせながら  手の下しようがなかったとはいえ  手を束ねて見ていれ  手をつかみ損ねて  手でいけなきゃ  手でとっちめるまでは  手から逃避させる  手を握りかえしながら  手をすり合して  手をふり解こうともがきながら  手の触れた  手を洗い金をさがして  手はもう葵の襟元にせまっている  手を自分の胸へおしつけると  手をあげて遮りながら  手が萎えた  手をおいてうつむいていたが  手へはいっていた  手でそいつをとっちめてやる  手をとりあげて  手を伸ばそうとした  手を合せてたのんだ  手なづけてしまう  手でも取りたいほどに  手が放せない  手を翳していた  手を夫の方へ出した  手を出しては  手で掩うようにして  手を入れさしてくれる  手を無言のまま働らかしながら  手が慣れた  手を拭いていたが  手に入れるについて  手の中に握ったかのごとき  手で自分の肩を抑えながら  手が御米の思う  手の裡に捕える  手を入れたりした  手でしきりに薪を差し  手に黒い表紙の本を持って  手に並んでいた  手も見えなかった  手を刺す  手を握り固めて  手を月は待つてる  手にてなす  手を突込んで路次を抜け  手を当て退けり  手を拍きつつ路の上を走りてくれば  手に觸れるといふ  手に觸れた  手で撫して  手で捧げて  手もなく藏什となる  手に觸れ  手をつけてゆけば  手に入れてみるといふ  手で成敗できる  手に余ったら  手は痺れて  手を洗いもせず  手で小柄で抉り抜いていたという  手を曳かれ  手が痺れて  手を伸ばして拾いかけた  手をついてしまった  手をつけさせない  手に捕われていた  手から奪い  手がかかります  手を当ててみて  手で割て  手にて肉を掴み見れば  手を拍って賛成し  手に合いませんが  手を翳せるほどにして  手が痛くなって困りました  手にてうどんを作る  手にて能くこね  手が出せませんね  手でよく抑えて  手を洗っても  手をかけるという  手さえかければ  手で小さく円めても好きな形ちにしても構いません  手にぶらさげてゐた  手で圍むやうなあこの樹の大樹が青々と繁つてゐた  手離してはいけない  手を拍って愉快を叫んだ  手には捕えられない  手に帽を脱ぐと  手なる杖を荒く支いて  手を待たないで  手に扶け起されると  手を置いて蹲っていた  手に抱かれていました  手を動かすに連れて  手を合せておりました  手が空を撫でる  手を支いていた  手に一条大身の槍を提げて  手は徒に茎を掴んで  手を踏んでいた  手に応じて成り  手も付けられない  手で揉と渋皮は楽に剥けますが  手も足も細く痩せて  手を停めず  手にて撫で  手を広げて居る  手が泣きますぞ  手を放されんさかい  手づから植ゑたのだから其を完全に発育さしたいと望む  手を通さずにしまうた  手になんらかの変化が起ったら  手で私の過去を見直し造り直してみよう  手で作るか  手離すまいと腐心している  手を止める  手に入ったという  手を頂いて  手にすくって  手たらんものを思い出している  手のとどくぐらいの  手がふえているというばかりでなく  手をあけさせないさ  手で編笠を頭へのっけて出て行った  手にせられて  手をおつきになりました  手に汗を握る思ひが致しました  手にもあまる  手によつて御編纂なされた  手にせられたといふ  手づから馬の口の中まで綿密にお調べになつたくらゐで  手でもういちど海へ曳きいれてみようではないか  手の痕が赤く残りました  手がふるえる  手を下さずして殺した  手で造られている  手からうけとった  手で日光をよけて東を見ていたが  手をかしてやろうと思って  手で合図をして  手に二つのパイプをもって考えこんだ  手で相手の襟をつかんで  手でもったとかいてある  手から離さなかった  手はどうしたの  手にはいりますので  手には傷がついている  手をズボンのうしろにこすりつけ  手の入らない  手にぶら  手なる角燈を差し置きつ  手に喰い附くばかり  手を放てる  手に手をとつて踊り回つてゐる  手を截った  手が届きません  手を切らせて  手から取上げた  手へ入ると  手で薄く押して  手に一張の琴を把らせ  手に持ちし  手から愛する  手を入れても  手を入れたりしないと  手を入れていく  手がちょっとさわったら  手をぬいて  手をふっているので  手にふたつの時計をわたした  手はふるえて  手を氣をつけてむくんだよ  手にのらぬほど  手よおいでおいでとみなまねく  手とられし夢みて  手を以て蓋をする  手が廻らぬばかりか  手を出しかねてためらっていると  手に取縋っていれば  手を休めていた  手でわざと打割ったには  手はその襟髪を強く掴んでいた  手では行かぬ  手も足も出す  手をつけないでしまった  手を押さえた  手を伸ばしたが  手を当てて頷いていましょうがね  手を掛けて立っていた  手とを続け  手でたしかに軽減された  手を拡げつつ探り当てて  手からと思いましたがね  手で開ける  手も要るだろう  手に縋りました  手を添えながら  手から錠を解いて  手に合鍵を押つけた  手で圧えて  手を吸うと  手を見て下さい  手は結えずに  手のつけようがなかったに違えねえ  手に素早く十円札を三枚掴ませた  手を入れようとした  手を掴まれた  手を鋭く見た  手を捩じられて  手から札束を掴み取ったが  手に握らせてやると  手にぐっと力を入れて  手は出せなかった  手を突っ込むという  手が針助の袂に触れた  手は針助に握られていた  手はいきなり伸びて  手を出したくらい  手を出したかと思うと  手を出そうとしなかった  手から奪うという  手には手錠が痛々しく掛けられている  手からじっと眼をはなさず  手でお好みの型に歪ませてやるから  手がいきなり豹吉の頭へ伸びて来た  手をついて謝るか  手をついて謝るよりは  手の指先に力をこめて  手を封じられた  手に自分の拳銃を渡して  手によって針助の家から取り戻された  手にとりあげる  手をさしのべる  手にとらへられた  手が用心しいしい  手が出せません  手もなく敗北したという  手をやらずにはいられなかった  手には取らないで  手を触れまじき  手の温みを膝許に感じた  手には小皿を持ちたり  手が震へる  手の置處に困る  手を触ってみないか  手で引掴んで  手つとり早い随筆を書き飛ばす  手も洗って  手で耕した  手と足を洗って  手の運動から繰り返し  手やわらかに出来ている  手から便箋をひったくって  手をつかまえようとしたら  手には一通の手紙が残された  手まどる  手だてあるべき  手近い川添の娘に落ちた  手にはみやげに切らせて来た  手に挿していたが  手をふいている  手を反へした  手に取るばかりに聞えたので  手を経ると云う  手を触れぬが  手だてあるべき置きね  手でこれを案出し  手で玉ちやんを押へ附けてゐる  手は澁紙を揉み  手をうってよろこんだ  手に在りて  手をさし延べれば届く  手を取って遊ばなければならぬ  手に捕われている  手がさわったとか  手に一本の矢を持っている  手から取戻してくれた  手に落ちたので  手にとる如く映って来たので  手に入った書き  手を取って引立てようとしたが  手に取り上げています  手が及ばなかった  手ずさみだ  手を経て作られた  手には余る  手が現われて  手をかけないで  手を懐中へ入れて  手がついたとかつかんとかで  手がついてからでもか  手にがんどう提灯を持っている  手をとってやるよ  手でがんりきの合羽の裾を激しく引く  手を出してやる  手がかかったと見た  手で切り落して  手をかけてみましたが  手を自分の帯の方へ取替えて  手を取り合って楽しめる  手に負えないでいる  手で整理され尽していたから  手を出してみる  手から遁れようとする  手がかかりました  手近いところの酒井の巡邏隊に訴えて  手をとってあげましょう  手からうけとり  手に入れよう  手が足りなくて困っているだろうと思ったよ  手が廻りゃしない  手をとってにぎらせた  手でベタベタ塗った  手で自分の頭をなぐりつけた  手を高くあげた  手より仏国人に売渡さるる  手にて売捌く  手に一切の責任と権限を与へる  手を両の袖のうちに入れ  手を以て自国の軍艦を運転し  手にはするどい鉤のついた  手を焼いたらしいね  手が握れるか  手のように動いた  手は氷のように冷えきっていた  手を出して取り  手をあてて言った  手を握りあう  手まどると聞けば  手に委ねてしまって  手懸かりと信ぜられるからである  手近い仕来りをそのまま利用しますから  手ではとても抜き切れぬからで  手が腐るなどといいながらも  手の母指の爪に当てて  手のさきに染めろ  手に力がはいらない  手で固めておかなければ  手固いように見える  手が延びてきて  手を両手で握って  手をハンドルから放すと  手に盃を握らせた  手を一切の人々のまえにさしのべられつつある  手を要求する  手にします  手にすまいとまで思います  手をとり合って行く  手を差出し  手を差延べながら  手に押えられてしまった  手に権謀の力つよき昼みれば  手を額にあてながら  手をかけて立つてゐたが  手を貪る  手づから醸造された  手から隣へ廻って  手によって鎮まった  手が足りないの  手も足も出ず  手で演じていた  手に保持されています  手を憩めて何か重大命令を受けて来たらしい  手から一旦とりあげたが  手によって牛乳車の中から助け出されていた  手近い隣接国民の語彙を瞥見する  手に持って提げる  手によつて行はれて居た  手をもて遣ふ  手を出したか  手を揉み合わせては  手を舐める  手を咬ませろ  手で作った  手で犠牲をささげられる  手に自己の運命を委ねようとはしなかった  手で回転する  手の役目をつとめる  手によって整然たる太陽系の模型の製作に使われた  手を何時までも宙に支えている  手を延して拾い上げると  手はスッと延びて  手が急速な運動を始めた  手を合して拝んでいた  手で稻架木が立てられてゐる  手でなしに  手に入れたとか  手があるとか  手で明らかになったので  手ではないかとこの頃考える  手を延ばそうとすれば延び  手で挙げられた  手によって風紀警察が発動し始めた  手を併用すべきだろう  手頼って生きている  手が廻るらしい  手におえなくなる  手によって顛覆され  手を染める  手はつけられないだろう  手であるかも知れない  手によって芟除しようという  手と黒き手との階級に別けた  手に帰するので  手に渡さない  手に引渡す  手にかかって消え失せるちう  手に手に五合なり一升なり提げて来る  手を借せ  手は炭車の周囲に近付いていなかったらしく  手に手に腕や肩を捉えた  手の扇が上って  手から竹馬をひったくって  手で抱き起されるまでも  手は借りぬわ  手をさし上げながら  手に手を得物提げて  手に持つは  手にも取り  手に泣かす  手触のにほひの  手を棚へ延すより  手に平む吸取  手して結びし  手をのべて聴くとしも  手に提げて居る  手易く買つてもらへる  手が届かぬ  手で建てられた  手でも借りたいぐらい  手にかけたら  手に入れて始めて  手が蝦夷島に伸びて  手に莫大なる権利を残している  手に残り下は西家に伝った  手を経由する  手に合わなかった  手を懐中にして  手弱くあらばおそらくは逃去らん  手にしていたが  手に持っていった  手に執りあげた  手には雄黄を入れた  手に禅杖を提げて立っていた  手をゆるめてはならない  手から写真を取って見ました  手をお下しになったという  手でむずと肩を掴かみ  手に握って起ち上った  手に応じて  手による最も大衆的な組織を意味する  手ばなさなければならない  手も足もくたびれきって  手にもっていました  手にもどる  手にとるでも  手に執って見た  手につかみ切れぬほど  手で出来て  手に作り上げし  手に打ち振られて  手の付けられぬ  手を着けていない  手によって我等のために造られた  手で創造されたと考えてしまうよりも  手で片付けようとさえした  手をただちにパネルへもどして  手がつけられていなかった  手が十分についていない  手にあると  手に弄ばれる  手へ飛びついていった  手をつないでまわりはじめている  手に触って貰いたかった  手を出しに行く  手を黙って出す  手に載せている  手に載せられるなどの  手を触りあっていた  手へ触るぐらいな  手へ触った  手を取って戦いつつ倒れる  手で大示威運動をするから  手で出来ない  手に入るかは  手をかけぬ  手を差延べた  手を放してくれた  手には鞄をさげ  手に手に武器を携えて  手に屈しない  手をかけようとして見ると  手をさしのばした  手はゴンドラの縁からはずれ  手を放したとすると  手がそろそろとうごきだして  手を伸そうとした  手とは動いて  手も遅しとその名刺をつまみあげた  手を尽して探した  手を借りては  手に持っていたか  手を上げろ  手離しちゃならぬぞ  手をさし伸べたが  手を私はそのまま帽子の上に持って行った  手を動かしかけるが  手でパイプを握った  手に這入りかけている  手を自分の肩の上へやりながら  手にして眺め入った  手をつけるだけだった  手を一人の男が曳いて行く  手が冴えていますからたまりません  手を懐中に差し込んだと見る  手を出さずには置かないという  手もなくものにされてたまる  手もなくこなしちゃうでしょうが  手にあの子を渡したくない  手から逃げたがる  手で安全に籠の中に保護されていて  手に持ち添えた  手にかからず  手に汗を握り  手を入れて取り出して  手を延ばして来る  手でひとつ験してみてやりたいと思う  手がワナワナと震え出しました  手を胸で合わせて見せて  手もなくその一枚だけを悪女塚の台下から抜き取るという  手も揃ってしまいました  手を出すまでの  手を明けて  手によって抜き出された  手をかけていました  手に取ってめくっていたが  手には竹笠を持って  手からお蘭はその冊子を取り上げて  手で日常物価の公平を保つ  手をわけても  手を入れてみた  手でなければならぬと見た  手に手に提灯を提げている  手を後ろへ廻して  手の親指を立てて  手はちっとも放さないで  手に白刃を提げて立っている  手に白刃を提げて迫っていると見た  手に軽く提げ  手を尽して探った  手の方がゆるんだ  手は見せ申さぬぞ  手を入れたと見ると  手で縛られてこそ  手を合わせてやるべき  手を持添えて  手がお角の肩へさわりました  手がつけられないと叫ぶ  手がなければなりますまい  手には合わない  手近いのに杖をさしてみると  手にはやっぱり金剛杖をついていて  手に入れなければならないという  手近い法文科の門を潜って  手を振って飛び退いた  手におえん  手で引っぱたけば  手を廻しくさって  手で確かな手証を挙げてくれ  手に渡してくれれば  手で襟元を直して  手をあてがうて動かして見  手づから與へられし  手に持て居る  手を二つ重ねて  手に取りて見れば  手を出すに  手を免れ得なかった  手は流し  手近いところに血だらけの出刃庖丁が落ちていた  手に小さな風呂敷包みを持っている  手に負えないと見た  手で足許の大地を擦って  手の数珠を爪探った  手の青竹を振って見せて  手でたべたら  手と足と顔を洗い  手がよごれている  手の指の先からふっと抜けてしまう  手がふくらんで  手が腫れて  手を取って教えて下さった  手をお出しになって  手をお蒲団の中へそっとおいれになった  手を打ち合せて  手を掴んで泣こうかしらと  手にいれて置いた  手の先に転がっていたりした  手の埃りを払って歩き出した  手が過ぎやせんか  手から味噌松の身柄を受け取った  手に引っかかってたってえから  手をとっていった  手が自分の口を割って  手をとり鳴く  手にぎらり鞘を走る  手まわしよくかたづけてしまって  手に取り上げているかと思うと  手で漬けた  手を切って行った  手をつづけていた  手と手を握り合って歩いて見たかった  手に巻きあげられて見られる  手で黙らした  手に針か錐のようなものを持って  手で焼かれた  手を出さないであろうし  手もいつしか肘張って動かなかった  手を引っかけて  手に下げており  手を下したか  手が最初に一掬いの土を落した  手を握り合っている  手をぐっと握ってみたが  手をつよく握られて  手をいれてみた  手が届かなかったど  手を突っ放したらしい  手によって心持ちよく封を切られて  手に入れて見せれば  手のペンを震わせている  手に死しいたるより  手にかからなかった  手に持って歩いた  手にして引返して来た  手をもじもじさしたが  手は伸びゆきて  手を綿入の袖に入れ  手から提灯を引ったくり  手で何か指さしながら  手を下されてみると  手を借りた  手だけが動いて  手でこじりこせえた  手で無理をしねえ  手で揉んだ  手が鉄瓶を探る  手がはいっちゃあやりきれねえから  手に提げて帰って来た  手に敵の首級を持ち  手をギュッと握ったが  手を振り解いた  手を振り放そうとはしなかった  手を自分の口まで持って来て  手を山吹はちょっと引いたが  手をとったが  手へ縋り付く  手を繋ぎ合わせ  手に白鳥を下げている  手を抜き出した  手をまた懐中へ差し込んだが  手が空へ上がったかと思うと  手の匕首をまず落とし  手を振ると  手に三方を捧げている  手に松明を持っている  手を上げたなら  手に汗を握らしめようと思う  手をグイと前へ引き寄せた  手を胸の辺で掻き捲り  手に翳してぞ  手に命を下す  手がにわかに痲痺れ不意に老婆が顔を上げた  手が遥かに犠牲を呼んだ  手がそれに連れて  手を上へ下へと上げ下げする  手に巻き  手へ眼を付けた  手によって殺さねばならぬ  手はツト延びた  手を掛けて引き開けると  手が左へ左へと廻るに反し  手にも合わないらしい  手には山刀を握っていた  手がしっかりとお露の肩を抱いていた  手に小長い箱を持ち  手で抑え  手が出ねえ  手を放そうともしない  手に盆を持っていたが  手が云う  手へも足へも土が溜った  手だけでも動かせないかしら  手に檜扇を持っていた  手をベロベロ嘗めた  手を挫いていた  手を落とされた  手を膝へ置いて考え込んだ  手によって掘り返された  手をつくし出した  手を引っこめました  手へきれいなわらをしいたは  手をのばせばと  手がミスルトウの枝に触れる  手をつけねえで放っときやした  手から竹付きの首を受け取ったものの  手の組んだ  手を突いたじゃあねえか  手に懸けおおせたものの  手に浸入した  手を仙太郎は思いついた  手が開げられていた  手にはまだ渡っていないのに  手にとりあげて改めますと  手の中の物を突きだして見せました  手を窓の外に出して見た  手で顎を支えて眠ってでもいる  手に何か持っていやした  手も足も出ねえあり  手にかかっております  手をお遺しなされた  手の竜手様を眺めている  手に入ったぜ  手に巻きつこうとした  手が届きけり  手に掛ける  手によってこうした室内の中央に引き上げられて  手をやってみた  手を手繰って  手して一ツ一ツ取出すを  手にせば消え  手を控へ掌に葉を撫して  手に余るだろう  手でつぶれ  手に友綱の鉄環をしっかりと握って  手をあてがってはすべり  手はかえって萎えてしまっていた  手の働きをやめてしまう  手を海老のように赤くへし曲げながら  手をまっかにしながら  手で引っぱられる  手にはつかまれる  手が自由に動くまい  手に鉛筆を運ぶ  手に似合わない  手はおどる  手はふところの中の温みをなつかしく感じた  手を取り上げてなでてみたい  手を腕の所で堅く組む  手の中からこぼれ落ちる  手が自由になり  手でたしかめ  手に疑問をもちかける  手を掴んでいられては  手を尽くしたが  手をひかれて帰ってきました  手を通して送られて来る  手もつけられずに置かれてある  手で顔を撫でると  手をつけんと  手に携さえし  手にもちて  手には畑の草をとりつ  手が廻らずに  手を離れたがる  手からも水が漏れるので  手を相当に心得ているという  手を濫用して来るから  手にひっかかった  手によって為されぬという  手から取り上げて  手にも負えない  手にはせ加わって  手を離れないでいる  手で自分を死なしてしまう  手硬い相手でないことに気がつくと  手につきやがら  手から長煙管をひったくる  手がつけられなくなっている  手に手を取って逃げようとでもいう  手に渡して置かなけりゃ  手に入らねえで  手で掘りあげた  手とを一緒にそっちへ向けて  手が出せないでいる  手をかけしが  手にキスを捧げた  手ばつけて  手離してスッと立膝になる  手の木立に鳴り  手は冷くな  手にはかなり重い行李を提げ  手で子供を受取り  手でその頭をなでてやった  手でさわっても  手に導かれて  手で彼をなでてやった  手をつなぎ合してる  手や擦りむいた  手をとってくれる  手をふれながら言った  手の皮をすりむき  手をとらえて  手を触れてはいけない  手に乗らなかった  手を握っていてもらいたがった  手から品物をもぎ取って  手をたたいて叫んだ  手を触れちゃいけません  手をはさまれた  手が重々しくわきへそらされる  手で眼をこすっていたので  手のような形をして  手は寒さに凍えてる  手にすがりついていた  手を引張って  手を引かれていた  手離そうとしなかった  手から箱をもぎ取り  手をつけるだけの  手で足のうらをたたきました  手の指はずゐ  手で果たしてみたいと思う  手を握りしめたかと思うと  手を動かしておると  手をかけようとしたが  手に押しつけると  手に引きとられ  手をつないで歩いたか  手がまわり兼ねた  手は当然痒いところに届く  手の中に炭火を持っていて  手を合わせて拝んでは  手を緊く握り合ってつないでいた  手に付かなくなりだした  手に木綿紙手を持って  手があきました  手を拡げたく  手は拡げられないよ  手をとり合って語る  手をぎゅっと握りしめた  手が私の体を巻く  手は私の身体じゅうを撫でまわした  手で技を掴んで  手をうつた  手でまた別の枝を握つて  手をソツと掴んで  手で母の腹に取縋つて  手を伸して見たり  手に接吻しに行く  手に金貨を握らして帰してやる  手から金を奪い取った  手を触れさせる  手を親しく握りしめて  手からその書面を引ったくった  手の中にもみくちゃにして  手をも休めないで  手にもってる  手を差出していた  手にしなくなってからは  手はほてり  手には小さな鞭をもっていた  手を貸してやり  手を取り合いながら  手を差出さなかった  手は刀の柄に往った  手はまだ刀の柄にあった  手を出して撫でて見たくなる  手が少し重くなる  手を確と把りたる瞬時が大濤のごとくに揺れる  手に曲って  手を落とした  手を風のごとく動かした  手には九寸五分の白鞘がある  手がなだらかな谷へ落ちて  手を舷から外へ出して  手を真直に伸して  手で抑えている  手から新聞紙で包んだ  手を合はせてゐるか  手を合はせて  手でそれを遮つて  手でさわってみようとしかけて  手にとって仔細に見ていると  手きびしくはねつける  手にとってみている  手まさぐりから僕はふいと  手にとりあって見ていた  手でもち上げて見ると  手らしい古い写経を見る  手がこごえ  手が届かず  手を押えつけてのませる  手の早いところは八年間に一度も見かけなかった  手がたくさん出ている  手に手に小石を持って投げていた  手で己に投げつけた  手に負えないから  手に負えなくとも  手には負えなくちゃ  手を下したから  手をシッカリ握り合う  手をつかまされない  手をはなしたり  手にすりかえられてしまうから  手がなくなる  手で探り探り読む  手舁き足舁き連れこんで  手より措かずに  手に落ちたか  手に置いた  手をつけるより  手を以てして  手はオールにかかった  手がかかって来た  手が触っただけの  手には写生帖と矢立を持って  手のものに捕まってしまった  手を後ろへ廻されて縛られてしまいました  手のゆとりを許した  手捕りにしなければならぬ  手が早くも躍動すると  手によって最も直接に支えられている  手に入れたらしい  手を組み足を蹴上げて跳ね廻る  手が彼をとらえる  手で巧くやる  手で開発する  手の伸びる  手から落し  手には二本の珠を持ち  手に差翳した  手に銭を握ると  手の拳を握って  手の障  手の透いた  手ん手に四ツ竹を鳴らす  手で密と舁いて  手で取っちゃ見さしっけ  手を伸すとの  手で欄干はついているが  手に疵をつけただけ  手を繃帯した  手の着いた  手をかえると  手をじゃれながら  手のつけようがありますまい  手を拭こうとすると  手んぼうならぬ  手が触って  手を翳すと  手で拾った  手が出ぬわ  手に柔かく腕に撓く  手を取合ったは  手を離しましょうか  手にうけました  手がつめたいのでお日さまの方へ延ばしました  手は霜やけで赤くふくれてゐました  手を両手で包んで暖めてやりました  手をあてて見て  手をつっぱって  手やすっかり雪になって軋る  手を入れてしまって  手の雪をはらってやり  手をとって走り出さうとしましたがも  手などがはっきり一郎に見えて来ました  手が出て来さうでした  手で楢夫の頭をなでました  手のかすかにほほの花のにほひのする  手で地面に一つ輪をかきました  手はまばゆくい  手や胸は氷のやうに冷えてしまってゐた  手でしていた  手に一つの小箱を掲げて見せた  手に小笊を持った  手から取りもどそうと思った  手から奪い取ってしまう  手をそつと握つて  手が自分の髪を掴んで  手を掛けて仰向かせて  手をふるわせながら出て行った  手に渡せ  手を後の方へぎゅっと廻して放さなかった  手を引いてはいって行った  手をとって乗り込んだ  手を引きずって行く  手に自分の脇にかかえていた  手をひたし  手をとってゆすぶったりした  手とりぬ夢のまどはしまざまざとうつつのわれに立ちかへり  手にかけてください  手にみちびかれてゆきまする  手から滑り落ちる  手を離れ得るらしい  手から静かに取上げた  手離すことに承知した  手でしごいていた  手でばかり事物に触れる  手で引き絞られた  手はこわれるまで  手に噛みつかれた  手から箱をひったくって  手のほてりを冷す  手に収めながらも  手で種々な影を作る  手をとらえ  手から自分の手を引込めた  手を押し当てた  手から彼女をもぎ取らんとする  手を触れられると思う  手を心こめて握りしめた  手で埃を払いながら  手に一品をもってる  手に唇をつけた  手を引込めなかった  手に頬を押しあてた  手が水に浸った  手を打ちながら言った  手とを組み合せ  手はいっそう強く彼の腕を握りしめた  手を彼に差出し  手にとらえる  手にもどっていた  手をうち振った  手に撞木をもって  手をせっせと動かしていた  手をもちながら  手おくれになっていると分った  手を動かしているかとおもうと  手を遅らせまいとばかり  手をおぼえこんでくれたなら  手をひったくって  手がはこぶ  手を覚えこんだ  手にとっていたが  手がかかるので  手にしがみついて離さない  手を出しているとか  手をよくしているという  手をやったりして  手が出るくらいな  手から手へ高値にさばかれるという  手におえなくなっているという  手飼いにしようとは  手に何物も抱えられていず  手は折れも砕けもしないで  手で死なない  手を引きずって駈けて来る  手を切らぬ  手をもって制して言った  手をこんな風に握つて  手を高くあげて  手を空に振り上げた  手がかからねえからな  手きびしくさとらせるからである  手の皮を引んむいてやりたく思う  手に白羽の矢が立った  手で額の汗をぬぐいながらさがして見た  手を止めてしまった  手の皮を持った  手でやって見せようと意気込んでいる  手で収まりがつきかね  手があろうか  手やなどが痛むとは  手きびしく思い知らせた  手に石鹸をつけて  手を章魚のように八方に広げて  手に舟板一枚と洋傘一本とをしっかりと握りしめていた  手までが下がる  手を肩から吊った  手に感じなんぞありゃしないぜ  手を泳がせている  手おくれのようには思われるかもしれないが  手で納めたかった  手には要求書を引っつかんでいた  手をかけて待っていた  手に入らなかったに  手に一つのバイオリンを持ち  手に買いもどして  手にもどってくるか  手に渡ってしまって  手にもどってくるに  手にもどってきます  手や足に食いこんでちぎれてしまい  手で車をまわしながら  手でなでたりするだろう  手が一度にイライラと騒ぎ  手を振つてゐるが  手を高々と延しながら  手を突ッ込む  手がないほど落ちているよ  手をつながず  手を伸ばしました  手に取り縋りました  手をひかれて行き  手から私の手に渡る  手にとってながめられました  手に消えたしとは  手には委ね  手を振るもあり  手がとゆふ  手離して上げまするも  手にそと我が前へ投げやりたまふにぞ  手に届くべくもあらぬを  手なつけしに  手に抱き  手にかき抱きたる  手をお叩きなされてと  手離されうと  手に返すが  手に縋った  手を合わせて拝む  手に入れかけた  手は休めて  手が彼等の頭を引張っている  手に赤い饅頭を撮んでいたが  手を薬鑵に掛け  手にして入って来ました  手を母の額にやって  手の薬指に吸いつけられました  手を伸ばすと届く  手が扉の方を指しました  手らしいものが出ていますが  手に入っていない  手をあげて怒鳴る  手に捕える  手に入りましたよ  手を掛けようとした  手で描いた  手が痛くなった  手は充分に届いた  手を措かぬので  手を通していない  手を入れて貰う  手にはゴムの洗濯手套をはめている  手と頭を一時に振って  手をひろげすぎて  手を洗ったくらいであった  手をひっこめろ  手がつけられないのよ  手を撒して  手に松葉燻となる  手をぐいと拭きつつ  手をぐいと掴んで  手を畳にす  手を引張ると  手離すには当りゃせん  手に松葉燻しの  手を置いてすわりました  手にとってひろげながら  手のねずみに渡しました  手のねずみは言いました  手をのばしてもとどきませんでした  手を貸したりなどしながら  手に着かぬ  手さえふるえていた  手で洗濯の水をザブザブとあたりに跳ねかしながら  手につれて  手にあまるほどの  手に手にシャンパンの盃を持ち  手にシャンパンの盃を持った  手の上に十字を切って  手のなかの酒を揺り滾しながら  手でヴォトカを注いで  手から手へと絶えず移りながら  手で札束を引きずり出しながらつづけた  手と桜色の爪を眺めながら言った  手によって醸し  手で殺す  手が私のからだに届く  手の抜けぬ  手を離しました  手を切らない  手がポケットにはいらない  手をおしこもうとすると  手をかけるが  手の力がゆるんだかして  手を着けている  手を掻破りけるを  手を前へ出して  手に保護せられた  手を放すので  手に育てられ  手を掛けない  手に咬みつく  手に持って出て舞うからというなどは  手は十二ある  手の大岩に足を踏みかけて  手を強く捉えた  手に下げて来り  手もなく山男から掠奪した  手に取上げて嗅いだり嘗めたりしていたとしたら  手を出して攫み上げ  手に兎一つ提げて  手に載せて差出せしに  手から霊山の地を乞い受けたなどという  手で支えて  手に召されました  手には必ず羽扇を持たせる  手に折れて  手にして坐っていた  手に縁端で涼んでいる  手がお鶴の裾にかかったかと思うと  手をにぎっていた  手をとりあった  手や足にさわった  手でたたみをたたくと  手に触れるというだけの  手をピタリと止めて  手を引いて帰る  手を遣って掻こうとすると  手が動くか動かないかに  手で有伝者に取立てられて  手を突いてみなさい  手で筆者の背中を探りまわして  手に持たした  手にとりて見たるが  手に取上げてつく  手の使ひ  手で入れられた  手をとつて呉れ  手に造られた  手で礼讚された  手に手に携へて来た  手しつかりとに  手でバラバラとページをくった  手が急にのび始めた  手をあけてる  手を執ったが  手はだらりと任せられてる  手から放さぬ  手を大きく振り  手に乗  手に一通の封書を渡した  手もこんなに荒れちまつて  手を後ろへ引いた  手にまかせる  手を差しのべる  手を考えついた  手にしなかつた  手に電報を渡した  手が切れていたと逃げ  手をつかんばかりにして頼む  手に握つた  手で養う  手を振りはらいながら  手に再び戻  手につかなかつた  手を高く振つてみせた  手を撫でながら  手をふつていた  手のつけようもなく眼の前に繰りひろげられ  手にとつてみた  手で自分の不幸を準備してる  手さえ届けば  手を振つている  手を取つて促した  手にかい  手の中へひとりでにころがり込んできたがる  手でこれを眠らし  手を延していない  手に手に提燈を持つた  手が届こうという  手から毛抜きを放しました  手を下すにしても  手を下している  手にあったならば  手に委嘱された  手に冷たい石をとりあげて  手討ちになったっていうんでがすよ  手討ちの恨みを晴らす  手討ちにされた  手討ちにされて  手を突っ込んでみなせえ  手の弁当箱を投げつけた  手を伸ばしたり  手でぎゅっと抱いていた  手をつけてみや  手を肩に取って立とうとしたが  手を入れたくらいな  手に掴まれていた  手で造られて  手までが足りなくな  手が斯んなに黒くなる  手に汗を握  手でも足でもさしあげまする  手をむにゃむにゃ食べました  手の二本やそこらはいといませぬ  手に背を撫でつ  手ずさびの針仕事にみだれ  手もいたく痩せたり  手を引き寄せてじ  手がないとは断言できない  手ばかりがお屋敷を賜わっています  手を鳴らしたので  手に手にともした  手から水が漏れるという  手の肝心な腕切ってかたわにしておきゃ  手をねじる  手まわしと思って  手にでも入れた  手も足もすくんでしまう  手に乗りません  手だから油断は出来ない  手に入れなければなりません  手へわたして  手におえなくなったんでね  手をつけてねえ  手を出しえないほどに  手を貸してやろうっていったって頼む  手を引いちまっちゃ  手にかけるがほどの  手で石の角をつかむ  手を染めたとならば  手を経ていず  手がなかったとみえて  手のはいる  手をおどかした  手づから一脚の椅子を石本に勸めて置いて  手から直ちに野に捨てられた  手にも抱かれ  手を出されぬ  手を碎かれ  手づから俊吉の襯衣の内衣嚢に入れて呉れた  手なずけなすった  手をふりのけながら  手のなま傷がみえなかったか  手にちゃんと日傘をもっている  手にかかるなら  手おそしと封を切りながら  手を出しなよ  手をぐいともう草香流で逆にねじあげると  手を借しな  手もなくしてやられた  手に渡さるべき  手で醸したる  手をつけられてさえいないと云って  手を通じていた  手に下げ渡す  手をあげくだされませ  手ではござらぬ  手に向かったと知りましたので  手を洗ってきて  手だけのこともある  手をさしこんでみました  手に二つさわりました  手が如何に惨虐苛酷であるかは覚悟してもらわねばならぬ  手を借る  手で苦しめられて逃げる  手に取ても見ない  手をふりあげたり  手にわたし  手くびの上まで腐りおちてゐました  手を自分の首に感じた  手を見入る  手を置きそえた  手に感ずる  手や足をひくひくさせていた  手いけの花になりいした  手にはおえませんので  手をぎゅっとねじ上げた  手で公園のようになる  手でおひたしやお汁の実にされて  手として女が狩り出された  手あぶりを半分そちらへ回してやると  手をおいて考え直してみてもわかる  手を用いましたから  手あぶりの上へ両手をかざしていた  手をつけていく  手にかけたとでもいう  手を頭に上げて触れてみますと  手でものせて寝ていた  手が八本あっても  手は先ほど右門に丸帯を見せてくれた  手を鳴らしながら  手に移り渡って  手もなくそこにひれふしましたので  手から免れる  手の掌に塗る  手から貴方を離してしまひたい  手がわしの手を捕  手に小さな金縁の手帳を忍ばせると  手の燃え立つばかりの  手は爪を隠した  手を胸の上に合せてゐる  手は組合せた  手を舐めてゐる  手は其役に立たなかつた  手の掌は傷だらけぢやありませんか  手の掌を代り  手をわしの髪の中に入れては  手にわしの体を任せると  手に金色の呼笛のついた  手に執  手に接吻しようとしては  手とを以てしては  手の空いている  手をのばせば触れんばかりの  手をあげるから  手がつけられなくなりました  手のもののむっつり屋を決め込んで  手に汗をにぎらした  手を押えながら  手に渡しておいて  手に負えまいとおっしゃいましたのでね  手の指を二本ずつ切り取っていったという  手も足も出なかったとて  手がすでに伸びていた  手を引かする  手を引いていろと  手を引かねえと  手で苦労させられているかわからねえ  手きびしゅう責めたてたので  手で調べた  手もなくガラガラとあいた  手みじかに話してやってくださいましな  手を合わせておりましょうよ  手を引きましょうよ  手をひけた  手の下しようがなさそうじゃござんせんか  手がそろり  手おそしと開いてみるに  手もなく駕籠を押えたまでは  手から得意の蛇がらみが投げ出されたかと見えましたが  手もなく引っ立てられて  手やわらかにおさばき願います  手が回らないほどに  手にへえった  手に入れてくりゃ  手が切れぬと  手に入れます  手に入れまして  手にもどった  手の中で一通の書状をひらひらさせながら  手のさばき  手をおあげくださりませ  手にはいりましたか存じませぬが  手をおつけなさらない  手に取りあげてもてあそぶ  手がそろそろとあごの下にまわされだしました  手には一刀が握られていた  手もつけず  手を触れましたが  手にかかったと申すか  手から所持の太刀がするすると抜けました  手に残しておいたは  手のごとき浪人取り締まり網を利用しようと思いついた  手でそれをふいては  手にかけたが  手をかけたを  手討ちにいたすぞ  手にかかってる  手があごのあたりを散歩しはじめたとなったら  手を貸しましょうかな  手貸しいたしましょう  手はみせんぞ  手のものの拷問を始めたらしく  手が回るぜ  手が回るぜといったじゃねえか  手をおあげなすって  手をおあげなすってくだせえまし  手によって諸事万端処理さるべき  手の運動をつづけていると  手にとってよくよく調べてみると  手に触れてみると  手があのあごのあたりへ散歩を始めたかと思われた  手をかけやがったから  手にへえらねえからと  手があるぜ  手でそれを掻き  手を叩きつけたり  手にも触れられ  手に帳簿と紙とを持って  手を揉み合せながら叫んだ  手で調べて上げた  手で錠を卸して置いた  手で側へ引き寄せられた  手に生々した  手のように優しくはあったが  手を当てさせろ  手を載せながら云った  手に馭された  手を突込んで四辺を見廻  手に楽譜帳を持って這入って来た  手を相手に懸けた  手を求めようとなさいますか  手を突き込んだり  手が緩んだ  手でそれ等の窓掛を残らず  手が錠にかかった  手に入れるばかりであった  手を自分の手に握っていた  手で一変されないで  手で変えられないで  手で振り撒きながら  手を握り合せながら  手らしく最低音で唸って退けた  手で自分の幸福のために人の世の親切を培い得たかも知れなかったと考える  手がそれをつねったりひねったりして  手を除いては  手で前の方を指した  手と一団の大きな黒衣の塊の外に何物をも見る  手は自分達の前に真直に向けられていた  手が彼等を指差している  手にでも渡される  手の向き具合と自分に対するその位置から推定して  手が着けられたら  手で一々検められ  手を伸ばすだけで  手を引っ込める  手に入れなかろう  手は死体の頭部を指していた  手に着かなかったりした  手に移される  手はどこか他の所を指していた  手は顫える  手はぶるぶると顫えた  手を捕えた  手は始終忙しそうに着物を持て扱っていた  手でそれで撫でながら叫んだ  手はいつまでもぶるぶる慄え続けていたので  手を背後にして歩きながら  手にしたっても  手によって彼等の言葉で書かれた  手をさし伸べる  手がたわいなくやられた  手をたたいて呼び招いた  手を替えてのろい参りにいったろうよ  手に分かれて張れる  手が足りなきゃ  手をつなぎながら  手も出す  手ができていた  手の上に船賃をうけ取って  手で髭を隠す  手にも達した  手を取ってつねろうとした  手にけえりゃ  手きびしい尋問の矢が飛びました  手をさし込んでみると  手をねじあげておくと  手は染めましたなれど  手に取れている  手ずさみは  手はつけられねえ  手にしてからが  手んぼうのくせに見る  手をぐっと抑えたが  手を引こうともしないのみか  手を握り返しながら  手を入れてはたくしあげている  手に取りあげたり  手をわななかせて  手をわななかせたり  手で襟を押しひろげて  手であしらっている  手は我知らず  手を抑える  手は早くも水門口を開く  手はお雪ちゃんに与えて  手は早くも杖槍の一端にかかって  手に例の唯一の得物を放す  手といい  手を通して押しいただき  手を挙げれば  手にとろうとすると  手の出しようが無くなった  手も足らないでいる  手に負えないが  手をかざしたかと見ると  手で下ろそうとした  手で取扱おうとして  手を口のあたりへ持って行って  手とが別になる  手が承知しねえ  手が言う  手にかかってみたが  手にかかって殺されやしません  手のものと言わぬばかりに  手でとっつかまえて  手を洗って参りますから  手なずけて置くに限る  手なずけにとりかかりました  手を添えて下さる  手にはかかりたくない  手を尽してくれた  手なずけて置きたいという  手を貸して殺せと言っても  手が合わされねえ  手を束ねていると  手だけで充分に生産ができる  手で桑の葉を刻み  手でとりまとめて  手は真白だったと言うので  手はつかな  手を舐めずって  手のものと思召せ  手で引上げられてしまうにきまっていますよ  手を引かれてでも出て  手を經て行はれた  手が附いて  手に梶原家から戻つた  手もまるで人っけのねえ気味のわるいから駕籠ばかりがひ  手はあるよ  手もなくどろを吐いたか  手を押えながらいざなっていった  手を草になすりました  手があきませんでね  手にさわりました  手をさっと開いてさし出すと  手から直訴状をぬきとって  手にあのなぞ深い直訴状を渡しておくと  手もなくお見破りなすったんで  手こそ下しませぬが  手を撲った  手に乗っかい  手に着かないらしかった  手が自分の頭の上におつかぶさつてゐる  手に箒とはたきとを持ち  手を突き出した  手を止めて振り返つた  手のやうに折れ  手にスケツチブツクを掴み  手に鉛筆を持つたなりに起ち  手を掴ま  手を片手で払ひ除けながら  手を借してくださいまし  手を振り放す  手に入りますからね  手で左の手先をきうと握り締めながら  手を白いハンケチのやうな物で結はいておりて来た  手を膝に置いてゐる  手をあげて招いた  手もなく笑われ  手を触れるって  手もかけた  手に押えられていくしごき  手をふさいだ  手に渡っているやら  手がもう回ったね  手がもう回った  手討ちになる  手もなくのけぞり倒れた  手の上に手をのせた  手も足も萎えてしまって  手の温みを身体に感じながら  手つけずにお置きでありましょうな  手もなく読んでやるから  手をたぐる  手もなく八方ふさがりになっちまった  手にささげているは  手を引いて逃げようとして  手に一つのかごを下げて  手のなかに咲いてゐる  手がピーンと痺れて  手をつけまいな  手で売り子の元締めをやってる  手から証拠の片そでを切り取って  手にしながら調べてみると  手に握りしめておったかは存ぜぬが  手をつけずにござります  手も早く窓から半身を泳がせて  手に頼まれた  手で絞めた  手になわじりを渡しておくと  手には合いませぬ  手からうけとって見ながめたかと思われるや  手もなく一言にしかりつけておくと  手つづきせずとも  手に暇さえあれば  手に巻紙を持ち  手に筆を持っている  手でそこらをさぐりながら  手に取り出して  手からそれらの写真を奪いとった  手はひとりでに水に浸される  手に入れてる  手に取りたくなる  手を触れさえしなければ  手から金が漏れ落ちる  手とを称賛さしに押し出してくる  手きびしく撃退した  手もかりないで済まそうという  手に切符を無理に握らしてしまった  手に切符をもってる  手をのがれ  手から書き抜きを奪い取り  手を振り返しながら言った  手を出さなくちゃいけないわ  手を取り合ったりするのに  手きびしく語り得てる  手の中で震えていた  手きびしい振舞いをした  手で封を切った  手を耳にかざし  手に額を置いて  手の上に自分の手を置き  手は少しも動かなかった  手はうち震えた  手を取られて駆けさせられる  手にランプをもって  手には赤痣があった  手でその両腕をつかんだ  手に飛びついて  手を振り合わせ  手のように葉が開いていた  手を取って言った  手を貸してやった  手はクリストフの手の中で少し震えた  手には何が残されたか  手に自分の手をのせて言った  手から手へ移していた  手からのがれると  手の中に彼の手をしばらく握っていた  手にさげてる  手が来たのよ  手に数個の貨幣を握らした  手を通そうとした  手を休めようともしない  手を軽くぎゅっと押えると  手をおいて考えてみておく  手が一本出るから  手が出たんで  手が出たとすれば  手がにゅっと出ている  手しおにかけてきたので  手には長い竹ざおを持っている  手を持とうとすれば  手をつけさせぬ  手がいっしょに飛びかかりました  手の跡に大小がある  手の跡を追いながら  手の跡から判断すると  手の跡が七百両する  手の跡がこんなところに残っているからにゃ  手をあげたな  手にするって  手が回ったぞ  手をおいて考えてみろい  手は届かねえ  手を見ろい  手を変える  手をのばしたからには  手もまた計り知れぬ  手をつけてはならぬと存じました  手に負えね  手が出るかしらね  手を出したじゃねえか  手をまちがえたのよ  手からむちをとって投げ捨てると  手もなく引いてきた  手はいくらでもあるじゃねえかよ  手を見たい  手の林をつくって  手を恥ずかしそうにさし出しました  手はうるし  手をあげりゃ  手もあるじゃねえか  手のむちの動く  手は戸だなの戸にかかりました  手がのぞきました  手をかまれるた  手に覚えがある  手が中段に下がったかと思うと  手を貸そうと申しました  手にとまって  手をふるはせながら  手を離してし  手で彫  手を燒いたにちがひない  手がとどかぬ  手を染むる  手を染めぬ  手にいれねばならなかつたであらう  手きびしく追ひ返したが  手をおいて立つてゐる  手寫して返したなどの  手をひひきく  手をつかみをれは  手に這入たと  手が足にかはつたことは何でもないやうでゐて  手はましろ  手を引っ込めてしまう  手で肉をいじると  手で君に復讐しようと思った  手に殺されよう  手を突っ張って力んでみた  手にひときわ力をこめる  手にかけて知らず知らず  手に熟練していたばかりでなく  手でなでて  手で突きとめる  手をだしかねると思う  手でそれらしい人物をつくりあげてみようじゃないか  手をみせず斬り倒した  手を押えたという  手をぬいて立ち上りましたが  手がないようなふさぎ  手をまきつけてねじりました  手をもみ  手と声が一しょに出かかった  手はしんから暖く  手はかじかみましてね  手も足もちぢかまって  手にはまだ一つの貝殻が残っている  手が入るだけ  手のさきで弄り  手のない時には手伝いにも出掛けた  手を尽したりとて  手に乗ると思った  手で払って  手にも掬ばず  手近い祇園御霊会細記などを見ても  手で撫でまわしました  手の指を一本一本熱心に調べましたが  手に渡らずにすみ  手を離したから  手の一団がまさしく蜘蛛の子を散らした  手に手に竹の長竿を打ち振りながら  手に宿への土産らしい桜の枝を持っていた  手が向うの口髭にさわりました  手にでもかかろう  手が婆さんの膝にさわったから  手の振り  手に噛み付いた  手からキユーをもぎ取る  手を打つたつて  手はありますまいよ  手で合図をすると  手の傷と同じ者で有った  手には異様な飾りが附いて居る  手を盡さねば気が済まぬから  手に入りますから  手の中の物で有ると  手を差し延べ  手が丁度怪美人の左の手に障った  手は異様な飾りの附いた  手を引きこめ  手を使わず  手を延べたのに  手を引いて居るは  手を引ける  手を盡していけぬ  手を捕えようとした  手に障るや  手の手袋へ注いで居る  手の様な者が出て居るかと思った  手を取ろうとする  手へ繃帯を施して居る  手を出したとすれば  手を喰う  手を包んで居る  手へ飛び附き  手に在ります  手とは定めし秀子の左の手の事で有ろう  手に何の秘密が有ったか知らぬが  手の手袋の下に何が隠れて居たであろう  手の中に取り押えたと云う  手に何の様な秘密が有るか知らんと  手を着けるより  手を何うしたろうと思い  手が這入る  手を入れようとしたが  手を引っ掻かれて居る  手を入れて見る  手の所まで解いたが  手を悉く熟視した  手に被て居た  手から取った  手の腋に隠れる  手へ持ち替られたと見え  手の手袋を脱いで見るが  手もなく余を道具に使う  手を附いて居ると  手へ這上った  手を突いたが  手に斧の柄だけを以て立ち現われ  手を振り離して  手の中に握ったも  手に入るれば  手の下に正に一本の燐燧がある  手に燭を持ち  手に終える  手に触  手で傷わって遣ろうと  手を取って引くと  手に麺麭の屑を持って居る  手を引き立てると  手を開かして見ると  手を拍って煖炉の前で雀躍して居る  手を出したけれど  手に有る燃え  手に在る  手へ何事か細々と認めた  手で叔父に与えた  手がすいたから  手を差し入れたが  手を入れるに及びません  手の肉を骨に達するまで噛み取られたと云う  手に其の傷が有る  手に其の様な傷が有るだろうか  手は毎も長い異様な手袋に隠れて居る  手を隠して居た  手に恐ろしい証拠の傷が有るにあらずば  手を隠すだろう  手は食わぬぞ  手を盡して  手の裡の珠をでもなくした  手もなく貴方は反対の方角へ来た  手を遮り  手を掛け引き開けて  手を取り争うて居た  手を取り上げて  手を弄ぶ  手に掛かった  手を少しでもお弛め成  手を弛めては  手が少しも弛まぬから  手もなく次の室へ運ばれて押入れへ投げ込まれたは  手に渡らずに有って見れば  手に物を提げて居る  手に持って居る  手に幾個の鍵を束ねて持って居る  手を捕り  手を触れるさえ  手に獅噛み附き  手に縋られ  手を握らせて置いて下さい  手だけを差し延べて遣った  手の手袋を奪い  手で竿を畳み  手でこすっていた  手へ呈してあった  手きびしく決めつけられ  手から回復し  手にとる如くわかる  手にしてはいない  手を取らんばかりであった  手が届かん  手を振って断った  手にも覚えず刃徹りて  手に大汗かいて帰って来た  手に横奪りされる  手に養い置かれれば  手を振って答えた  手をにぎり合った  手を強めていた  手へそれをそっと渡して告げた  手をつかみとり  手に丸め  手に乗じられたという  手で童女の手から莨を取り  手を延して呉れる  手に手に爆竹を鳴らしながら  手に保管して在るから  手がタイタニックに下ろうとして  手が外れて  手を振り廻した  手をやって眺めはじめる  手が二つ現れ  手はこの顔を捉え  手の上に載った  手は体を支えながら  手からそれを奪ってしまった  手を握りしめていた  手に弄びながら  手を差出し得るだけの  手を差出そうとする  手を差出すだけの  手に口火を持って待っていました  手を三度ふって  手をあげて立った  手で私たちのそばを通って  手で円くぐるっと環を描きました  手をぶるぶる顫わせ眼もひきつっている  手でコップに水をついでのみました  手を叩いてころげまわってから云いました  手の置き場所が分らなくな  手がそれ自身意志を持つ  手によつて開封されてゐた  手を煩はした  手に負へない怪物だと考へた  手に短い杉の小枝を携へてゐて  手から投げられてゐた  手を離さなかつたりして  手へ渡れば  手に育って  手に人となったが  手で其麓を掘りはじめた  手で頭の毛を揉るように掻きながら  手より脱れ  手にせぬ  手を上から持ちそえ  手を捕まえた  手を肩越しに掴んだ  手は眼に次いで  手にこの神秘美を見る  手は必ず皆不思議に生きて  手だけ欠けて  手の美の事を云ふ  手と同じ様な微妙で幽玄で荘重の気持が表現されてある  手を振り上げるまでになった  手にちょっとした傷をつけた  手に体をすりつけ  手で叩いてやった  手を止めていた  手でさえぎられた  手にはひらない  手に柿を握って居る  手をつけさせたがらない  手を引止めた  手に洋傘を携え  手が強く彼を引いた  手を高くさし挙げ  手に取って拡げて見た  手につきかねた  手を変えた  手にとって笑った  手をくださなかったら  手に握らされた  手をしばられている  手に抜身の脇差を持つて  手で君は発明をする  手も足も動かさない  手を擧げた  手を拱ぬいてし  手にマッチの棒をはさませ  手を打ち振るだけで  手を根本からぼろりと自らもぎ落して  手を差し伸して  手に入れようとし  手で完成する  手を借りてできあがる  手によって実物に作り上げられなければならない  手を絞り消して絞り明けると  手に変わる  手がオーバーラップする  手は瞬時に痙攣する  手を着けるべき  手を着けたであろう  手の俳優にやらせたらと  手にお渡しになりました  手にしっかりと抱かれ  手に育った  手に革の手袋をはめてやり  手にそれを持たせた  手を思わず振り放した  手から達也を受取り  手を触れてみて  手がのびた  手を払い退けて  手をきられた  手を下さないばかりで  手から没収した  手の道路の並行直線のパースペクチヴが未知なる未来への橋となって  手をさし込んだら  手でも足でも思い切り自由に伸ばしたり縮めたりしてはね回っているけれども  手がスクリーンの上に対角線状に並んで映る  手で梳いた  手をつけかねている  手を触れるばかりにして  手を合わせたのに  手のあって  手づくねの蝋型に指のあとの波の形の顕われた  手は冴えても  手を支きましたとさ  手を洩るる  手を垂れた  手の影法師に過ぎない  手を出さないかの  手をふれないか  手が欲しいからこれをかくまって  手にはいらなくて  手をぐいと引いて  手の加わらぬ  手を洗うやら  手を今宵もか殿の稚子が取りて嘆か  手で握っても  手をつけて見る  手の温みによる輻射熱と手で温められた  手から出る  手なづけようとして贈  手によつて火焙りの刑に処する  手を放されたら  手のあいてゐる  手でかき回していれば  手を離せば  手を愛想に振りながら待たし  手で映画化される  手である女の苦しい感情が母性愛といういろどりで描かれている  手で消された  手で建てました  手をせはしなく動かしながら  手をついてあやまつてゐました  手つだつてあげるから  手の皮をひっぱって見る  手を執って落着けようとするが  手で身に佩びた美玉をとり外して  手を燒いてゐた  手を差し伸べ  手の暖みによる  手で暖められた  手に持って切っているだけな  手であるにしろ  手といわず  手だけは上の階段に懸けられ  手を伸して追い縋ろうとする  手が恐ろしい力を持って  手をあてがって突き出した  手に持って駆け下りた  手にカンジキを穿いて下った  手にとってみない  手をひくと云ったら  手をひくかと訊くと  手をひけと  手に負えまへんわ  手の血を洗い  手を携へて互に戀情を語り  手からマニラ総督に致させた  手を早速用いたりした  手を付けなければ  手頼って皆無事に瀑の上の狭い段へ登り着いた  手で登る  手を探り取って  手を取って謹まやかに導く  手に引かるるのみの  手が我が左の腰に行った  手にして出て来た  手が入っているらしい  手によって論語が刊出され  手に戻る  手で御取返しを願いに  手でも按ずる  手づくねの泥細工で仕立つる  手とに一時に制止して  手あげられて下されい  手や足を吹いた  手を切断され  手で掴まれている  手に提げているので  手に帰らなかった  手を相手の方へ寄せて  手を掛けようとする  手に拳骨を固めて  手を暖める  手が来ないので  手に鸚鵡を留まらしている  手も足も見えない  手の所有者は自分の質問を受けてくれる  手に金の指輪を嵌めていた  手に持って来た  手の先を念入りに包んで  手が震えていたらしく  手を引っこめたが  手に渡すに  手に廻るべき  手がゆすぶった  手をならして  手を合わせて拝みながら  手で一つにとり寄せたら  手を卸さずとも  手をひつぱれば抜ける  手が人に奪はれ  手に捲いて  手へ渡るだ  手を拡げると  手を休めるなり  手に身を打ち任せてゐる  手を着けてゐなかつた  手を繋ぎ合ってもいるし  手で支配し  手を真赤にして  手をやりはやっても  手をどうにも斯うにもする  手でグイと押しやって  手っぱらいに出した  手から車夫にはらってから  手でなおされる  手をかざさず  手や足を汚くして  手に杖を持って  手離して独りで働いて  手では行かれん  手に掬ってとりたいほどであった  手を滑らして堕ちた  手のさきもみる  手にちいさなお皿をもってるし  手には土製のパイプをにぎっているので  手をゲルダのく  手にはナイフをもった  手には楯とやりをもっていました  手と足とをさすりました  手だの足だのにもせっぷんしました  手をにぎりあいました  手に渡ってしまいます  手の個人個人として心がけるといふ  手で解決するといふ  手の回らぬ  手に微傷を受けたばかりと聞いた  手で拂ひ  手を合す  手を採  手を洗はうとする  手に手に二人を舁ぎ上げたと思うと  手を拍って賛成しました  手を引き合って飛び出して  手をたたいたりしていた  手をたたいたり  手をついて立つ  手は垂れて  手をつけて見た  手を付けて見た  手を触るるな  手に渡されてる  手を差し出してもやらずに放っておいて  手をつけ顔を浸した  手は古い聖書にさわった  手に殺さるるとも  手を愉快がらせ  手に任していた  手を待ってる弱り果てた  手に達した  手が触れられていた  手をなで  手を彼に差し出した  手きびしくおっしゃる  手に鎌をもってる  手をもっていた  手によってなされる  手で容易に運んだ  手の上に自分の手を置き添えて  手には届かなかった  手は汗ばんでいた  手に握りしめた  手はゆるんだ  手に蝋燭をもってはいって来る  手をつけまいとし  手を少し強く握りしめた  手は震えだし  手が心をこめて  手を握りつぶし  手を振って通り過ぎる  手しほに懸け  手が出ると  手を放そうとはしなかった  手を引張った  手にかけないと  手をおさえて  手をふりほどいた  手をすげなく振り切って  手を取ろうとしたが  手にはいるなら  手に入るかなあ  手をにぎりかえした  手をにぎってふった  手に存するなれ  手を携ふる  手で違う違うと示しながら  手を振りながら寝ていたが  手は章一が髭を剃った  手を捩じあげて  手を引き合って帰って来たが  手に力を入れて叱りつけた  手をグングン引いてあるき出した  手を引き止めた  手を引いてやろ  手のどの指にも煌めいている  手でしごきながら話していたが  手でまぶたをおさえながら  手からぬけ出した  手をかけてやった  手を拍ち鳴した  手に薙刀をとるだけの  手をじっと握りしめた  手を離れたるも  手を拍つて一唱三歎する  手を着いて  手をその頬の辺へ齎らして唇を指に触れて  手を返した  手に縋らぬばかりに  手が微に震え  手に力が入ると  手を二の腕の見ゆるまで  手を後へ引き  手を密と取った  手を押えた  手と顔とを動かして  手も足も入れない  手を辷らした  手を抜けて  手に養われていらるべき  手探の真似もしないで  手を合わして拝むといっても構わんな  手も定まらない  手もつけられねば  手が着くといった  手が震えてね  手で掬い  手もなく頸の斑を掴んで  手に置くと  手もなく追帰したなあ  手を放さないでいた  手から託さする  手なる燈を上げて  手にゃあ仏様持ってるぜ  手で持ってさ  手で網を張ろうという  手なる燈の色はやや褪せたと見ると  手をしっかと取って  手にして出ている  手を膝に下げて  手なんぞ懸ける  手を拍ったり  手の肱を曲げて  手を負うた  手にも耐らず染まったので  手を曲げて  手を動かすに  手を静かに払って  手も足も動かず  手も支えかねて  手を差延べて  手を摺抜ける  手を放すなといって  手を洗いに出かけて行く  手をさし込もうとしました  手で撫であげながら  手の爪を見つめていましたが  手を引張り出して  手の上に粉のふいた  手はどこにも見つかりません  手の肉にくい入る  手にはいるまいと思い  手にそっと握って  手で草を引き抜き  手を振り放つて逃れようとする  手を取らうとする  手をじつと握りしめた  手には元禄模様の華美な袋にバイオリンを入れて  手で私は高谷さんの絵葉書を持った  手をたたいて笑う  手を河合に取られている  手をギュッと握って  手に二等の青切符を掴んで  手を尽してくれる  手を取るばかりに  手を取って歩いている  手で新聞をビリビリと引き裂いてしまった  手を触れれば  手を爛らせてしまう  手のタコで分かります  手なずけられてる  手に手にピストルを持って  手にマッチ箱を持って  手は案外に荒れて  手をしょんぼり振り切って  手を押えたが  手へこっそり名刺を握らせた  手にとまつては  手をぬッと伸ばして  手でぬぐった  手にぶら下げている  手に上等の日本製の提籠を持ち  手を働かして泳ぐ  手離すことになった  手をひいて行こうとする  手を振り払った  手は二の腕から斬り落された  手を放すな  手にしたので  手離しがたいものが入れて  手の指はまつ  手をつかむと  手に握って持った  手に盃を持たしてやった  手でその手を握りに来るので  手になつたとは思へぬ  手に握ってきたくわを  手をかけようとしますと  手を出してまさぐる  手をやつたなり  手を廻して引ずり起さうとしたら  手で頭を抱へようとしたが  手は大きな波のうねりとなつて頭の前後左右へグラグラとだらしなく舞ひめぐり  手に一つ曲って  手を触れても見なかった  手にたづさへられてこの南の地に来てから  手はいつか小石を拾って居た  手を引きましょうが  手を出されたら  手でも足でも触れたら  手が足りないって云う  手を合わせて拝んでいる  手が付けられなくなって来るし  手だけは彼の神経の命ずる  手が存在する  手にしっかりと拳銃を掴み直して  手をひっぱった  手でもっておさえて居る  手にはこまっかい  手に感じて居る  手とかおだけ闇の中にホンノリとうき出さしてうつむき  手を握りあって居た  手をなでて見たり  手でその手紙をにぎった  手と手を握り  手離し餓死とすれすれに生きのびて来ても  手離して一体このさきどうする  手で自滅を計るとしても  手をぶった切るぞ  手を覘っている  手で把んだものをもう口に入れていた  手を同時に一つの速度が滑り抜けた  手を彼の方へ差出した  手を軽く握った  手も遅しとその青い本を開いて読みだした  手はブルブルと慄えはじめた  手で掴んだ  手がブルブル武者慄いをしている  手には一挺の大きな鉞が握られた  手の感触は熱つかつた  手をぶつた切るぞ  手を覘つてゐる  手で把んだものをもう口に入れてゐた  手を軽く握つた  手に入れたる  手は伸びようとしたが  手をあげて求めてゐる  手を切つたと仰  手をもぎとる  手まはりの小道具の始末をしてゐる  手に附いて来て  手酷しい報復をされる  手を揚げて制した  手で握った  手に入れていたか  手に入つても右左にそれを返すには  手といえば  手ばかりが水の中から舳に縋っている  手が布に見えた  手の縋った  手ぶし切落さんと  手で情を通わせようし  手が悚然とするまで冷え透る  手の冷えよう  手を洗わせ  手がのびて  手を翳させた  手が白く震えた  手をぬいと  手で抱合うて  手から煙草をのまないじゃ帰らない  手で苛め虐げるに  手を叩いてよろこびました  手で教えました  手をパチパチ叩きました  手で教へました  手をながめ  手で芝生に押えつけられた  手をもち  手で取った  手に自分の手を重ねたり  手を執っていた  手の温かみがしみじみと感ぜられた  手が震えだした  手はたいへん震えてるよ  手任せのところを開き  手をはずしもしないで  手の蝋燭を取り落とし  手でなでてやった  手に下げていた  手に唇をつけ涙をそそいだ  手きびしく非難した  手の金入れをちょっと勘定台の上に何気なく置いた  手に取ろうとすると  手をしていた  手をあてて話させなかった  手に唇を押しあてた  手に気がかりな愛情の震えを起こさせる  手でさわりながら  手の中に彼女の夜旅に冷えた  手を握りしめて言った  手をつけようとつとめた  手にて育ちし  手を掛て水をのぞきし  手がはぶけて  手に動ずる  手を緩めて  手を軽く女の双手にかけた  手が動くと  手にはピストルがあった  手を分かって尋ねに出るとともに  手を掛く  手をかけて揺さぶり  手をさえぎる  手にゆだねられてゐた  手は洗つてありますか  手を広げる  手をお叩き遊ばして  手も足も顫える  手ともいわず  手を取って引出して  手を放してしまったけれども  手で咽をしめた  手を合せました  手の指を視詰めた  手を投げ出す  手のように素晴らしく綺麗で立派な指を探ろうとする  手を探し始めた  手で器用にマッチを摺って  手はコオトの中に潜り込んだ  手にかかっちゃ叶わねえな  手をつけさせる  手に戻って来た  手にし給いて  手をさし込む  手で柔く押えると  手に鎮痛剤のロンパンを渡した  手離すまいと思っていた  手を挟んだ  手をば暫時握  手を突込まうとして居つた  手が握れると  手を横合からにゆつと突込んだ  手は握られたけれども  手と思つて握  手と思つて握つて居るから  手だと思ふて  手入して置いて  手を知っている  手を著け得ざる  手の先で秘密を云ひふくめた  手を堅く握つた  手を執らうとした  手に力をこめるほど  手を空気を切る  手を家畜の方に差し延べては  手と出  手に這入つて  手を組み合はせて眺める  手に觸るる事の出  手づから本物に觸るやうな藝術的實感を味はふ  手を再び動かしはじめた  手を無意識なやうに膝に休めて  手を動かし始めた  手を伸ばさうとする  手がきびしいというように用いる  手に考えていた  手を連発して  手だったと思う  手によるものでない限りはオレのイノチも無事だろうと野村は心をきめて  手を当てがって  手で水を掻いて戻られると  手を噛んだ  手が少し暖くなった  手で座蒲団を捲って  手はまた思わず布団の下へ這入った  手をすぐ短刀にかけた  手を細い帯の間に突込んだ  手で握って  手を楓のように開いて  手が蒟蒻のように弱って  手は荒れてなかつたけれど  手でお酌させだら  手に入れている  手には乗りません  手から本国へ送り出される  手をかけようとしました  手に取って調べたけれども  手を具えた  手で使う  手と叫ぶ  手のつかぬ  手を下して掘つた  手を採りあてると  手はしびれる  手が肩へまわつた  手を出しかける  手で子供が養つていけるか  手をつくすべき  手を着けたばかりの  手にはいるくらいの  手にはいつたで  手に白梅の一枝をさ  手をかけようとしている  手をはらつて  手でまく  手を下さずにながめていたいという  手をつないで走る  手をのせると  手にぶらさげている  手に入れたかを語らねばなりませんが  手に渡ってしまったであろう  手に取り上げて見るなり  手にかえりました  手があいて  手の力くらいでは容易に曲げ動かす  手が案外に早く廻っているのに  手がもう廻っている  手もゆるむであろう  手がゆるんだといっても  手にもつて  手がよごれるでせう  手にも服にも真黒に煤がつきましたから  手に力が入りすぎて  手となった  手に一冊の本を携えて  手をつっこんで見ると  手の殺伐な表情が大写しになる  手が秋子の髪を掴んだ  手に捉えられる  手に握って寝ました  手の燐寸を示す  手と首に着いている  手と足とを押えんと  手はすでに病者の胸を掻き開けたり  手を打つては  手も立たず破れた  手が出まいと見て居ると  手で胴を一寸搖かして居ると  手で出だした  手振あり  手がつけられなくて  手によつて行はれた  手に委ねてゐた  手がつけられぬ  手より遠ざけつつある  手をつくす  手は届くまい  手を止めてし  手もなく水滸伝の引写しぢやげえせんか  手が出せ  手もなく水滸伝の引き写しじ  手を拍って使僕を呼んだ  手で発行した  手には合わず  手が血で赤くなった  手を下さないにしても  手をたがい  手を通して正二が勤めていた  手をおとなしくスカートの上に休ませて  手で遮り  手を廻しておいても  手にも足にも負えなかった  手をあてがって  手を見せ兼ねない  手はどこか漏れる  手で髭をひねりながら言う  手も相当に心得ている  手を縛って置いて  手のものでなければならないから  手によごれた  手にわたると  手を空しうして帰って来たが  手に入れたの  手をつけないでいたが  手を与えてくれない  手に取上げるまで泣かして置く  手によって完全に拾い上げられるまで  手の拾い  手で回収に出かけた  手を懐中へさし入れると  手でそれを抑え  手をまたも懐中へ入れて  手の中にあったと見えて  手が一つ出て  手に手に一抱えのものを持って  手をよく書き  手を首筋に当てて  手をやるからには  手を差延べれば届く  手を拭う  手だけに専門なる  手をやって掻いさぐったかと見ると  手にとるだけも取って  手にとって御一覧を願いてえ  手を拍ちやしょう  手に入れたかって  手にゃ合いませんで  手にとってごらん下し置かれましょう  手を以て押しいただいてから  手で抑えると  手なんでげすが  手を取り合っている  手を取り合うといった  手には合うまいと考える  手だけが突変して  手を前に置いての  手がないので私はひとり合掌して  手捕りにしての  手に乗らないよ  手でも出しゃが  手にかざしたり  手がつけられやし  手をお借り申せば  手がつけられなければ  手がつけられなかったと見るより  手を洗いに行き  手を顔にして  手拱かいて  手をついて聞きました  手を空け  手をお入れ遊ばした  手でおう  手を引あつて黙  手をついてのびあがって  手を空けようとして  手でおうように私の天窓を撫でて行った  手を引あって黙って  手に手を取って逃げる  手が来るまで  手を求むべく  手をひろげて驚けば  手に移されたり  手振態度を描き得るなり  手を後に廻して  手に杖を持ち  手に依托せられぬ  手とその節廻を度外に置きたるが  手づからピアノを弾じて音譜を知る  手がつけてないで保たれていた  手に這入らなかった  手で擦ると  手に入れられた  手で引ちぎった  手はないと思う  手にあったか  手にて彩色し  手を堅く握つて  手に拾はれた  手にかけようとした  手で描きながら  手で拵へました  手を開いて留めたも  手は手をつがひ  手の届くくらいの  手をとつて自分の頬におしつけた  手に下げては来られないでせう  手を有つて居た  手をこまぬいて眺めてゐるより仕  手を離れても  手を宙へあげて  手から引離して  手がはいってるかの  手を見たらわかるでしょう  手を離して言った  手をとってくれてる  手を差し出すという  手でこしらえ上げた  手でこわし  手から手へと炬火を受け継がせる  手にしてはいられなかった  手を震わせまいとした  手に委ねてる  手を触れようともしないで  手離したがらなかった  手を差し出して言った  手を膝の上に行儀よく組み合わせ  手にしてい  手からその書を奪い取って読んだ  手をあてなければならなかった  手が震えてる  手をとられてる  手の中で母の手が痙攣する  手をとり合った  手にしてゐました  手を差出しましたが  手を差出しました  手を引つこめて  手からはなさないで  手には例の包みを提げている  手には例の癪に障る  手が覗く  手は包みを提げている  手の指が燃える  手を心地よく見つづけながら  手馴らされ  手を伸せば  手を出すという  手を出さずに済ましていられる  手を出さずに済ます  手に板塀で囲まれていた  手に出来た  手でもっと大胆に検討する  手の下から逸れて  手もなく鴎外に操られて  手を拍ち合って囃したてる  手を尽しているという  手にかからぬ  手離しでひっ込めようとする  手でおれの無知の蒙を  手は顫えている  手もなく押し潰してしまう  手が当時の若者に分与した  手しおにかけていた  手で最上等に仕立てられた  手をつけさせなかった  手に遺されていた  手の指の股に挿んだりする  手を組む  手が脅威の矛先を向ける  手を焼いたからである  手にいきなり鶴見の見ていた  手もよく書けば  手もうまく和歌も相応によむ  手には取られない  手で丁寧に土がかぶせられる  手に取らるる  手を抑えつけた  手を振り離しながら  手も足も出なく  手を揉んでいた  手から奪ったじゃないか  手に接吻せにゃなるまい  手に入れようとする  手を合わさんばかりの  手が巨大な岩塊を畳み上げた  手にとって会衆を祝福して  手であの女を亭主の手許へ送還する  手のないかよわな幼児のように思えて来た  手を差し伸べるかも知れない  手も足も出なくしてやろうとね  手を差し伸べていてくれるのに  手に落ちたまでだ  手を組んで歩いている  手を切りましたと  手で口を塞いでみたが  手で口を塞ぐ  手は心にもなく卓上を妙な具合に跳ね廻って  手をかわれ  手を取りながら言った  手を黒くよごしている  手に触れて見て  手を振って見せる  手をこすりながら  手をこすりはじめた  手や足に接吻をして  手に接吻の雨を降らせた  手も背中に廻して  手はぶるぶる顫えておるし  手をこすりながら立ちどまった  手までふるへて  手を握りあひ  手に輕き薄刃はさげられたり  手はしろがねとなり  手も足も出せない  手に感じて  手の魚を振ってみせた  手が二つ置かれた  手を携へて現はれぬ  手もて之ぞ遮り  手を御握になりましてネ  手で立派に養育して  手をつかへ  手は則ち  手を経ての  手でせうよ  手を拍つてザンザめく  手を置きて  手にだけなりともおとり遊ばせ  手より盃を奪へり  手に倒れたと  手などに拾はれた  手を握りつ  手は震ひぬ  手を暫ばし休めつ  手を当てぬ  手を採りて急がしつ  手を握れり  手を一ときは力を籠めて握り返へしつ  手を挙げて思ふ  手を膝に置きたる  手を拱けり  手は電火の如く閃けり  手を漏れて  手を以て彼のことの新聞へ出ない  手を拍つて哄笑せしにぞ  手を振り始めぬ  手を引かれな  手をシカと握りて  手は来つて  手に捧げます  手に捧ぐ  手に感じた  手にこたえる  手がつけられなかつたとて  手で探っている  手が出ている  手もなく八九枚討取られた  手もなく投られる  手にバケツを提げながら  手が二階へ屆いた  手を伸ばしはじめて  手が這入らなくなったらしい  手を握ったので  手を引かれて行くと  手にはめた  手がモウ妾の肩にかかって来るか来るかと思って  手に手に山秦皮樹の枝を持つてゐる  手には小さき舷燈提げたり  手に小さき包み持ちぬ  手を掛けつ  手を振って見送ったが  手さえ静脈の見えるほど細らせていた  手をやめる  手でも足りません  手が洗えます  手から綴ぢて貰ひ  手は異常な好奇心にそそられて  手にはいらないので  手に取つてみると  手からはなれなかった  手の力が抜けるほど  手を拡げている  手離してしまった  手の感触を思い出した  手離さなければならない  手にそっくり渡して来てしまった  手を捜した  手の方がだるいようになると  手をしっかり握りながら  手が銅貨を差し出す  手を突込んで掻きまわしながら  手でも見落すまいとしていた  手をグングン引っぱって  手をその水で洗わせ  手で優しく撫でながら  手が無意識に振り上って  手を震わせながら  手に力をこめた  手がゆるむと  手を牽いて  手の同情とに元気づいて  手は燃え  手を差し出してくれる  手を脱すると思ってる  手はいかにもピアノひきらしく  手とを組み合わせ  手をつけるや  手を切ってしまっていた  手とをもっていた  手を差し出さずにいられますか  手で大急ぎに紐を解いてると  手に入れたとしても  手が彼の手をとらえて  手も足も出せないで  手を取り合ってるが  手をゆるめようともせず  手を握りしめながら言った  手を差し出してはくれません  手の上に自分の手をのせて言った  手にとらえられていた  手を彼へ差し出した  手から盗んだ  手を差し出しながら  手の上に自分の手をのせながら言った  手のほうへ身をかがめ  手をのべてゐます  手で口火をつけて  手に腕をまかせて  手で受取って見ると  手におえないので  手に入りっこない  手でふれられる  手で満足の出来る  手と同じ工合になってしまって  手を尽してやらなき  手に救けられた  手の中の一人が言いました  手は早くも竹生島の前面をかすめ去って  手は急ピッチを変えず  手の飛ぶ  手は薄い板っ  手に七三に下向きに持っていた  手をのべて受取ると  手だけで働いている  手に入れてみて  手なんぞは長いにもなんにも有りませんよ  手も足も出ねえ  手をつけようという  手を揃えてできるだけの  手を引いて戻って来ましたよ  手を引いて戻って来た  手によって日本の船を亜米利加まで航海せしめるに  手で造りたい  手だけは肩にかかって  手が現われました  手をさしのべてさわってみたが  手に戻す  手を掲げて  手でやられては  手の扇を半ば開いて持ち上げかけて取  手でやりたい  手にしていました  手を着けはじめてみた  手を着けなかったという  手で研究したい  手をかして導くに過ぎない  手でなで上げる  手で樹枝からぶら下がる  手に古ぼけた  手に成りたら  手に成れりと見ゆる  手をぎゅっと握りしめようとした  手をふり払うと  手を握ろうとさえした  手から娘を護らなくてはならないという  手が下りた  手に捕  手を眼のところまで上げて  手を水温くらいに冷たくしておく  手でうなぎの尻の部分を軽く握る  手の方へ入って来る  手の中へぐうっと入ろうとする  手としてのジャーナリストの立場は非常に危険なものになって来たと  手でやって見た  手で押しのけた  手で額の後へずらかし  手ねえお前のちっちゃかったときの籠もって  手からはなさず来た  手でイグナトをせき立てた  手の尽くし  手を引いてもらいたいと  手に震えをつたえたほどだった  手にからみ出した  手は汗とあぶらで  手でさぐろうとしたが  手ががっくり折れて  手であたりの地面の上をさぐると  手を胸にくみあわせ  手によって絶える  手で二人を制して  手は太刀のうえに青い汗を掻いていた  手に割烹するほど  手被ひ  手でぱんぱんと叩き  手と茶わんを持つた  手をあはせました  手に入れたいと思っていました  手でその袖にしっかりしがみついた  手をふると  手を絞る  手におちた  手きびしさに悩まされなければならなかった  手はないと思うね  手におさめようという  手によって適当な人が一たび抜擢されたとて  手から受け取る  手離さない決心だという  手を女王に向かって緩めなかった  手にしなければならぬ  手で訊問されたが  手で蹂躙されたと  手もて汝の上をかざし給い  手は物を書き続けている  手に戻ってきた  手や足や胸は家の召使たちに投げ出して  手に収めてしまった  手で手紙を書いた  手でしなければならぬ  手に届いたが  手を差し伸べてみようと  手に落ちたかを  手を心得ていた  手に捧げながら立っていた  手から受けたとて  手に握らせられた  手から逃げてしまった  手に手をとって踊った  手で征伐されたが  手にキスをまいらせつつ  手で彼を外に突き出した  手に託される  手によって判決文はあらかじめ決定しており  手に入れていたので  手は慄えるかもしれない  手から抛ち  手を振って退がらせる  手でこれに依って  手に任せて置く  手でうしろから押えなさるかも知れんよ  手を加えられなかった  手とカフスが六つばかりの銀器に映る  手とカフスを映す  手の一人であるかのように一部の読者に思われている  手ずれたノートを皮外套の下から取り出して  手をつかぬばかりにたのんで下さって  手を拱いて佇むばかりで  手を揉み  手からも水が洩れる  手へ戻した  手を置いてかしこまってしまった  手を取り合ったら  手を出しません  手を出しちゃ  手を切り落とす  手を拍って女中をお呼び下され  手を振って止めた  手に入れましょう  手に入れ埋もれし  手で練り出した  手に合わなけりゃ  手を引っこませると  手を強く引っ張って  手討たれ  手に入れてと  手に入れるべく  手を人々に伝えたら  手討ちにいたす  手討ちにして下さいませ  手討ち下さりませ  手を逆に返されまして  手が動かなくな  手の中に丸めて  手で後脳を抑へて見せた  手や足を切断したり  手が肩に掛る  手を一寸前に出したが  手を延べる  手の影が映つて  手はいつの間にか絵筆をにぎって  手がのびている  手への筋肉は活動して居るが  手が自然に動いて  手に邪魔がはいらぬからである  手に鮠の引きを感じて居た  手振足取を示した  手で後腦を押へて見せた  手や足を切斷したり  手の影が移つて半分許り曳かれると  手が自分で動かせる  手を拍いて踊りて  手で掴むです  手を拭ふです  手によって知っている  手をあげて来た  手を着けたる  手に渡したり  手を出して捜し出したかの  手で特別な捜索をしなくてはならないね  手に取つたが  手を寝台の向うに廻して探る  手に障つた  手で掴むには  手を絡んでゐた  手の指の説明がある  手に大きい槲の木の杖を衝いてゐる  手に剃刀を持つて  手に剃刀を取られてゐるので  手で掴んで  手で剃刀を顔の前に持つて  手に戻つて  手を差し出してとらえようとした  手を引いてる  手を差し出してやらなくちゃいけない  手をつけ得ない  手に武器を有せしめ  手に編み物をもって  手から逃げ出していた  手にもって踊ってる  手も足もないボール紙の人形などが見えていた  手へ渡してくれる  手を顔からのけて  手の深い注意に気乗りがして  手を出していて  手と趣味とででき上がっていた  手をあてながら言った  手がない野にあっても  手を差し出してる  手を見てみ  手でカネーをとらえた  手の上に感じた  手をやっとのことでのせた  手をながめると  手が肩にのせられる  手に一枚の紙をもっていて  手は麻痺してくる  手は動いていなかった  手に釘を打ち込みました  手をかしてください  手にすがらなかった  手を差し出さずにはいられなかった  手をのせていた  手が扉を探りあてた  手で激しくふさいだ  手に握手し  手でさわってみて  手にもたれてる  手で毛布越しにさわり  手で温めてやった  手から武器を引ったくって  手からピストルをもぎ取り  手に委ねていた  手に握ってる  手のほうへかがみ込んで  手は闇夜の中でだれの手にも出会わなかった  手を両手に握っているだけの  手に至るまで  手をつけようと  手を右のポケットに突っこんで  手の方へは殆んど血が通わなくなっている  手や足や耳を弁償して貰いたかった  手を天井に突き上げた  手で束から二三枚を抜いて  手を伸ばせるかい  手を最大限度に力を入れて握ったと見せる  手は信頼できない  手をヤヨイ号の残骸の方へのばし  手が行って  手に選ばれて  手を引き寄せて  手を折りて  手だけでははかばかしく運ばない  手で引きのけるまで  手にしなくても  手にするくらいの  手はほんの少しより袖から出ていない  手に持って出た  手だけを薄團の下から出して  手つとり早くしないと  手を動かすも  手に持って居るので  手の脈所のところをトントンと叩くと  手に取れど  手で提げては  手から源氏へ渡してもらった  手が離せませんで  手の触覚からでもわかる  手をかけて起こそうとする  手で探ると  手は惟光にだけある  手で乱れ  手に斃れしなり  手でこすって  手で飾りけなしに書いてあった  手に摘みて  手に違いないと私どもは思われますが  手を入れて探ってみると  手をとらえると  手を引き入れようとする  手すさびに弾いて  手で開かぬ  手をポンポンと叩く  手をうしろへまはして  手を眼の前にひらけて  手に二本の鵜縄を持つて  手に松火を振り上げて居る  手で抱きつくと  手が歌う  手の頬が染まって  手の美しさを認識しながらも  手づかいとかに  手はめいめい今日まで良師を選んでした  手が歩み出た  手に心を動かされた  手までもおろそかにしない  手で引いて直したりなど  手で取らないばかりである  手で留めて  手でさげて  手にはいっていなかったら  手で当もなく手掛りのない扉の面を撫で廻しながら  手で押える  手でかき上げられた  手をかけておられる  手を突き合う  手に使い馴らされた  手をあげ殺せ  手をもんで  手を拍って調子を合わせた  手にあまるほどあった  手に油じみた  手の力がはいる  手に入れているほどの  手をもみもみ  手をこまねいているとの  手に預かって置くという  手に入れず  手にさげながら帰って来た  手をもみながら言う  手をもみもみ言った  手にまかせられた  手をもんだ  手を堅く握った  手のお里は機に腰掛けている  手を放させた  手が痛いぐらいはおれも承知してるが  手を経  手で秘密に葬られようとしたが  手を引いたという  手で行なわれる  手が届くか届かないかの  手でそれを半蔵の方へ押しやった  手をあてがった  手も動かす  手が萎れて  手に杖をつき見るからに  手を掛けるから  手を振ってよけました  手を触れさせない  手の指を痛めて  手のさきを握っていると  手に取って打ちかえしながめるやら  手に納められ  手にゆだねられていた  手で引いた  手に持って引き寄せようとした  手にとめて  手がおさえていた  手の伸びて来る  手を熱心に源氏が弾き出したので  手を取って引き立てようとあそばされる  手を一つ二つ弾いた  手も出てきた  手も書き方も京の貴女にあまり劣らないほど  手から離し  手も触れようとしない  手もつけられないほどの  手のないような老いた  手であけて見ると  手を前へ伸ばして  手にとるばかり  手で捨ててください  手で袴着をさせてやってください  手へ譲ってしまおうかという  手へ姫君を渡し  手で多く行なわれた  手に掛けた  手でこの家の名誉をお上げくだすって  手で払ってやり  手摺れた古い石の欄干を越えて  手がつけば  手を胸の傷口のあたりへそっとのせ  手をかけて揺って見ると  手の籠んだ真似をした  手から洩れるという  手を尽して調べて見たが  手酷しく調べ詰めたが  手を出すから  手を掛けんばかりにして  手にかかって殺められるな  手を打って言った  手を当てて念じている  手でなくてはできない  手から少しの贈り物でも得られた  手で押しやると  手はわざわざ几帳の切れを丁寧に重ね直した  手がかかりましてね  手はまわって来た  手が出ているだけの  手の中ではことにはなやかに見えた  手をお出しになろうとしない  手に手に宮の纏頭を持って  手にもてあそびながら  手がよく肥えて  手が顫えて来ました  手で染め織りされた  手でひねりながら  手にのみ致し  手に移ってやめられてから  手をふれたら焦げただらされ  手を顎のあたりまで持っていって笑う  手を出して取ろうとする  手に由って  手をつかまうとした  手の先だけを私に引かせてくださいますか  手につかんで  手が伸ばされようとして困った  手ににぎる  手と同じように使う  手を置いたりなどはしない  手で確乎と椅子の腕を握り  手でささえて  手の触れない  手にはいって  手によってすっかり書きかえられてしまった  手をつなぎ合って立っている  手によって破壊しさらねばならぬとは  手がばたり畳に落ちたと思うと  手の芝居にするかという  手を内懐かポケットの中へ隠したがる  手をかくしから引っぱり出せ  手を焼かせなかった  手もたゆみ  手に引き分けられてしまった  手が足りぬ  手を弛めず  手を出さぬので  手に扱われる  手がこね上げた  手とかわいい足と衣裳と姿態との完全な美に輝いてる  手に御せられてる  手と感傷的な魂とをもち  手とを失いません  手を取りながらつぶやいた  手に痰壺をもって  手を取って進んでゆく  手におえないほど  手を取っててあげよう  手を差し出させる  手へ取りすがった  手から手へ代々伝えられて  手が差し出されている  手にはまってる  手を腹の上に組み合わせて  手から紙包みを引ったくり  手を取ってくれた  手をつなぎ合っていた  手をかしてくれた  手は毛布を握りしめながら  手に執らないとの  手から生れた  手にとらわれた  手として傷つきながら  手によつて生れようとしてゐる  手に舞台を返せ  手によつて創造されてゐない  手によつて起されるであらう  手でこれを造り上げる  手に成つた写実劇の傑作を残して置く  手を携へる  手だけで解決される  手に持つて来るけれども  手にそれが大きくある  手にまさぐって  手を袖に引き入れながら  手でできた  手に抱いているので  手にささげている  手をおつけになりません  手にお取りになって  手に折った  手がこれに伸びてはゐない  手によつて作り得るものの  手で公演前の検閲が行はれた  手で急速に普遍化された  手で質素な茶色外套のカラアのところを引つける  手によつて再演せしめる  手に打任せつ  手もなく奥に引立てられて  手をこまぬき  手やかけられし  手を懸けつ  手にて取留められ  手に取るごとく見ゆるにぞ  手に残りて  手によつて上演される  手を染るに  手から彼女の目を放さなかったくらいだ  手を離れようとした  手から笠を受け取りながら笑った  手を回って  手も触れてない  手にして来た  手を離れずにあって  手にしながら言った  手は堅く握りしめて  手でそれをする  手によって東京赤坂の途上に右大臣岩倉具視を要撃し  手に手に扇を動かしながら  手で頤をささえて  手から巡査をもって  手はよく書きますからね  手から離れている  手がつけれ  手を動かさないと  手にも汗が滲み  手を拝借いたしたう御座います  手に下げて出てきました  手を放さない  手から引ったくる  手で両眼をこすって泣き出した  手に入れてくれたからである  手を委ねた  手を触れたくないと  手を挙げて指すといふ  手を上げながら  手を出して見たり  手を上から下へと振り下すので  手を空けると  手のとどきかねる  手を當てたが  手を柱に縋つて  手を出さうとして  手が撓つて  手から戻  手に持てば  手を下げます  手でお置きなすつた  手が外れると  手から数尾買って帰り  手を出さないで  手で始まる  手にす  手を出しゃ  手がその物を掴む  手にだけ手袋をはめている  手は死人のように冷めとうございました  手を突込んで手巾を出そうとした  手に入らん  手から所望をおさせになった  手でなでていた  手ならせば汝よ何とて鳴く  手を通じて来て  手を下してなされたり  手に取り持たる  手も容貌がよくて芸のすぐれた  手は始終六条院へ来て  手の心に酔いを覚えるほどの  手を取りながら教える  手を夜着の下に入れて  手を院はお捉えになって  手でお几帳を宮のおそばへ引き寄せて  手にはいったという  手も慄えてお書きになれない  手がはなれたら  手をとつてキスを与へようとしたら  手を引いて走る  手を挾まれて困り  手の爪を一つ一つ削りはじめたという  手が慄えてならぬ  手でも祈祷をさせていたが  手でするばかりであった  手馴らしていた  手で掻き散らして  手を出そうとあそばさない  手をとりふれぞや  手に取っていた  手に行っていぬ  手で冥福をお祈りしようと  手をかけて出ようとしたが  手がお留守になり  手討ってなんだか知っている  手を横に振って  手討ちにするから  手討ちになりましてもかまいません  手の骨らしいものもあって  手を膝にして  手をツイと自分のほうへ引き寄せると  手をふりほどいて言った  手の次の花火を点火していた  手でお引きとめした  手を宮のお召し物から引き放させる  手から取り上げる  手に取ってながめようともあそばさない  手にも触れまいと  手に入れて読みたい  手でやっております  手をすり合わせて頼んだ  手でなで直しなどしながら  手でどうにか育てましょう  手と手をつないで  手の骨や足の骨を立てならべた  手ではただ来賓を饗応する  手をおとらえになって  手で上げて見たが  手に入りぬ  手に刻まれねば  手にせし  手を避ける  手で引き出したりして  手を膝の処へ置いて  手を曳かれて連れられた  手を曳かれて行ったが  手を離さなかったが  手も叩く  手を曳こう  手をこうやって  手を柔かく筆を持添えて  手が膝の上へばたりと来た  手に力が入った  手を緩く浮かべ  手を浮かぶるなり  手を緩く浮かぶるなり  手に得たる  手とコックリの装置と相触れたる  手を空中に浮かべて  手に動揺を生ずるを見る  手を静止する  手も身体もともに動揺するの  手を蓋の上に浮かべし  手の筋肉の上に発顕するをいう  手を出だすに至り  手の感覚を支配する  手の掌中に軽く握り  手の指にて寄せる  手の疲労するによるというも  手の筋肉の上に発現するなり  手を振り躍り上がりつつ  手の先より細糸を引き出す  手より糸の出ずるを見るという  手の周囲に細糸の生ずるを見る  手を水にて清め  手を静かに保ち  手を清むるときは手に湿気を帯ぶるをもって  手を静かに保つ  手に油気を帯ぶるをもって  手に油気を帯びて  手の皮膚面に粘着してかかる  手をひらき見れば  手に書きて  手にて腹より腰をなで下ろすなり  手に燭を取り  手を胸上に置き  手の揮ふ  手づから酒を飲ませて  手に渡しながら囁く  手に釣竿を持ち  手に魚籃を持った  手をせわしくふって云いました  手の長い大きな大きな男が出て来て  手にゆだぬる  手をせわしくふつて云ひました  手に渡してはならん  手には弓や鉄砲があった  手に執ってから  手をぐっと掴んだ  手が顫えて執れないので  手を取り入れるとの  手を触れないでいると  手を許せ  手に取って読んでみた  手にかくる  手から離せぬ  手を染めはじめた  手もそのままではあったが  手が変って  手に入らないで  手酷しくやっつけた  手をこする  手まかせに実験をした  手をこすって  手により出版された  手を机の上に載せていると  手との間にある  手に力を加えて  手に環を持っている  手に成つた権威ある  手にかけて焼き上げた  手振も鮮かに一椀の抹茶を押戴いて  手から一通の手紙を受取って  手が入るて  手に帰せしめた  手に入ったを  手に捌かれた  手に廻された  手に手に雪洞の用意をした  手に受取って  手を引抜いて  手の客はトカクはなれていけず  手にあてがった  手によって奪われて  手から洩らして  手の方がお留守になる  手の中を頂くにも  手を入れてみたが  手に携えた  手に殪された  手が出て参り  手は見なかった  手に手をとって駈  手が重なっては  手にさわってみると  手がまるく肥えていた  手を引っこめもしなかった  手で押えて動かさないので  手によって殺された  手と知っても  手のないこともわかっている  手を拱している  手に落ちて来たという  手に使われた  手を廻したなんぞという  手がなかったと思われる  手にすがれ  手に托しても  手の中の珠を落して来た  手を空しうして出て来た  手に振りながら  手で苦しんだ  手で兵糧がつづくかな  手から短冊を受取って  手から大事の短冊をもぎ取って  手を火鉢の前にかざして  手をなぶる  手と眼との趣味性を与えると共に  手に筆を持添えて  手でもてあそんでいた  手だけで教育もしてきた  手で御処分くださいませ  手をかりて行う  手を載するを  手を出だして  手のこれに触るるを要せざるべし  手の一端にわずかに微力を加うるも  手を放ちて  手の運動をコックリの上に与うるによる  手の上に動作を起こし  手を出だす  手に接するをもって  手と装置との間に起こる  手の感覚に注意する  手に心に通ずる  手や目に費やすだけの  手をわずらわさずに  手で育んで  手も持たない  手へ掛けていた  手は前の人よりも細く痩せている  手に入りたる  手に提灯を携え  手に電報を持ち  手つだひをさせながら  手をポケツトに突込んだ  手は注意して  手繰寄せられた  手を隠して  手を辷ったか  手のしないに  手によつて遺された  手は後様に骨盤の辺に組み合せて  手も拭い  手を以て去れと命ずれど  手のつけようがないと云って  手にとって眺めていると  手に棘が刺さった  手でなされてあって  手で払ってやりながら見た  手に持ちながらはいって来た  手にも一杯に握られた  手をやって見て  手をいじくる  手だけで育てられた  手をかけながら立っている  手に握りながら  手を引いて連れていってくれる  手をふりほどいて  手で撫でてやっているだけで  手を無理にとった  手に引っ張って行かれるが  手にしてきた  手を引っぱられて  手をつなぎ合った  手にして遊んでいた  手をしっかりと握っていた  手を心もち弛めた  手をかけて攀じ  手の痛さを我慢できる  手で無理に裂いてみると  手を引張るくらいはしゃいで  手を楽しませる  手離さないでいた  手に負えなかった  手を無理に引張って  手と手とつなぎながら  手を上げたり下ろしたりする  手をかけあって  手で開かれる  手を廻して探しましたが  手を出しゃしなかろう  手へ返事を忍ばせた  手には裸蝋燭をともし  手には鏡を執って  手をゆるめずに責める  手から放たず  手で世話して  手でどんなにでも都合よく計らいます  手をとらえた  手を出して招いている  手を教えたという  手を耳から探り出したいと願う  手を触れようともしない  手を突いて謝ってみせ  手に連れられて  手が廻って  手を大きく振  手で小母さんの片方の耳を引つ  手ではさむ  手を引いてしまふ  手を引いちまつた  手を引くまいと  手を洗つた洗面器とシヤボンと手拭の後始末をしてゐる  手を合せんばかりにして  手が廻らなく  手が顫えて来る  手のコンパクトを投げる  手か足かが無くなつてもい  手なんか居ないと  手を突いて詫びる  手附きで水薬を飲ませる  手からすべり落ちて  手の匂ひをかいだりしながら  手の匂ひを  手で美緒の頬を叩く  手を引きて  手を高く上げて叫んだ  手を拍つて悦んだ  手になつた当時の口語訳平家物語にならつた  手を振り切って出ていった  手が這入って来てるのでね  手を持つと引っ張りながら  手を出していった  手を曳いて歩いた  手が延び  手を延ばさずにはおれなかった  手をとるといった  手を組み出すと  手を濡れた  手を出そう  手を上げて進んでいった  手が這入り出した  手に落ちるであろう  手で首を絞められている  手からアルバムを取り上げた  手をかけていてくれ給え  手で起さなければ  手でマルキシズムをやっつけようという  手もあるからな  手でやられちゃうのよ  手で盛んにしなければなりませんわ  手を借りなければ  手でお杉が養われていた  手で生命を絶ってしまったのに  手を出しながら立ち上ったが  手を引き降ろした  手からシャンパンが滴った  手は一方の街へ流れる  手で支那商人の首を一層確実に締めつける  手を擦りつけた  手の一端に握ったかの  手を掴むといった  手を動かせば食える  手が這入っていて  手に這入らない  手が青くなった  手を放さずに抱きすくめた  手を延ばしたと  手の先が冷い  手の遠のいていく  手を強く握りながら  手を通していた  手で私の衿を数えた  手をかざしや  手を引張  手から放すと  手を掛けはしたものの  手に働かせたれば  手が付いて来た  手は隠しの中に小刀を探しつつ  手をやらうともしなかつた  手にして駆けている  手を差伸べてやり  手に載せるばかりにされる  手を貸そうとも思っていたが  手でしてくださる  手をお捉えになり  手をひどくおつねりになりました  手で白い扇をもてあそびながら横たわっている  手で教えて行きたいと  手をどけなくつ  手を引つ込めた  手向ってゆく  手にはいりますから  手向って来る  手で身体を触ってみましたが  手を常に打添へたまふにあらずや  手の表情にも絶えず示されてゐる  手にとつて見るとしいなが  手をさしこんで見たり  手を莚の下にやつてみた  手で樹幹にさは  手を広げ  手のやつと届く  手で指図をしようとした  手に付きはしませず  手の裡に調べていると  手から時計を取りながら  手を払うと  手爾遠波が耳障になってならない  手は殆ど反射的にこの女の持った  手を又出した  手へお取りになった  手へ将来をゆだねてしまう  手から放たずながめ入っていた  手へ来て隠れる  手の細長い紅い爪をいじっていると  手も足も出ないし  手を引いてしまった  手をかけたので  手に拾ひ集められてゐるらしい  手にわたつてゐて  手が附いて下げられた  手討ちになりました  手から山崎美成の手にわたされた  手からわたくしの手にわたされた  手づから袱紗を縫つて贈つた  手で書入がしてある  手が廻らなかつたか  手へ行く  手の上に氷の小さい一切れを置き  手にはとられず見れば  手から空気銃を取つて  手に拾ひあげられた  手から鉄砲を取つて  手の指先が金粉に染められていると共に  手を独房の畳の上へは決してつかなかった  手の先だけをのこして  手で薄気味わるさを追っぱらう  手をとおし  手から手へ繋がりあって  手につながれて動いてゆく  手を高くふりながら  手を前後左右に振り廻すの  手頼って暮している  手の中の空碗が地の上へころげ  手をひっぱったり  手も足も出るどころか  手を代え品をかえ  手に拳銃をおしつけた  手にとる如く見える  手につかぬので  手を振つたが  手を反古でふきながら  手がたまらなくけった  手やすく下してしまった  手で引くと  手に折って  手でいらっしゃいます  手で外へかき出した  手に取って読んだ  手で尼にしました  手でこしらえてくださらないでしょうか  手にも触れずに  手短く申しましょうなら  手を離れず  手に惜からぬ命捨たしと  手高く振  手を頬にあてながら黙ってな  手も足も出ないといふ  手になつた箱庭を見る  手なぞも大袈裟に云へば乾く  手が延ばされるとすれば  手を突込んで立つてゐると  手には乗らねえだ  手におへねえだ  手を下し始めた  手に其死骸のある  手に親しく火葬せらる  手が着けられなくなった  手づからせねばならぬ  手を離れている  手の彼の目の前へ出た  手に大きい黒いハンドバツグをさげてゐる  手をそへてゐたけれど  手にとつてぱらぱらとめ  手にビール瓶を二本さげてゐた  手も動かずなる  手が空けられない  手は足りないし  手が引張っている  手の隣りには  手の上に十円紙幣などを乗せて  手は空しく空気をつかんだ  手に負えませんなあ  手で調べて貰う  手を貸して頂きましょう  手からぬけだす  手は生きている  手によって没収しない  手をあげて悦ぶ  手が課長の卓上にのびて  手を研究ノートからはなした  手のつけようがありゃしない  手で試みると  手によってぬきだされ  手を道夫の方へのばした  手を口にあてて泣きじゃくった  手には紙と鉛筆とを持っていた  手にさわれないという  手と見える  手があったからだ  手ではあったけれど  手を移動していって  手を握りあって泣いている  手や指も動かしてゐた  手で完結する  手に取着いていき  手をもじもじさせていた  手を上げて追っ払い  手や足は大根のように冷えて  手はないではないかというだけの  手をやすめ  手を握らせて微笑んでゐる  手離そうとなさいません  手をしていらっしゃる  手の土を払って附いて出ました  手を引きましたので  手磨れた大きな下足札を渡しました  手に入るので  手があがります  手附かずにある  手のかからず  手をあけてはいられません  手を振って止めて  手に少し油を附けて  手を出して見ましても  手を附けずに  手を振っていらっしゃいます  手を洗ふも  手ふれしう  手を廻したので  手にせられませんでした  手で針を持ちかえて  手には入らないでしょうが  手から離しません  手のかかる盛でした  手に手に手桶を持って来て  手に取上げて見詰めたりします  手を掛けつつ  手に入ったといって  手の下しやうがなかつたのであらう  手なづけ難いデエモンがゐる  手をきちんとして言う  手で擽る  手を曳ッこで歩行いて行きます  手に持って飲まして来ます  手にぶら下げているじゃないか  手を引張合った  手で円いものをちらりと拵えた  手に掛けないという  手で持ち上げる  手から切符を受取って見た  手に入れられるか知れぬが  手をも加へず演出したら  手を胸のあたりからだして  手を仕へて  手の顔へ投げる  手もハンカチをとりだして  手は無言でほっと吐息した  手に引れて  手離すことが出来るだらうと  手に持つて引張つたり  手でまねき  手を引いて行き  手に載せて出した  手がつけられ  手によって行なわれておるべき  手を果實のやうに重く感じる  手を埃だらけにする  手は僕の身體を殆んど離れようとしない  手を見つめてゐるばかりだ  手が急にふるへてゐる  手から飛び立たせる  手をつけようとしなかつた  手を探し求めながら  手はため  手にとつて見てゐる  手に持たうとしないで  手は彼女の手によつて次第に汗ばんで  手を離しながら  手がかかりませんでした  手をおあてなさい  手をつけませんでした  手がついていれば  手から借りて見て  手ごちにあう  手から枕を取って  手をわきにたれて  手をもみあわせながらいいました  手を縮め  手を労するは  手に入れんとした  手を伸ばそうとするに及んで  手に委する  手は次第に奥州にも加えられた  手を経由すべく  手から免れ  手がつけられませぬ  手に足駄を穿ける  手に掛けたろう  手や顔へ照付ける  手も挙げられる  手に掛ろうより  手を血塗にして  手でシナリオ化して  手から酒びんを奪って  手にさげています  手でおいはらいながら  手や足がまがってしまうぞ  手だすけばかりをしてもらっていました  手がまわりませんでした  手をひっこめてしまいました  手をまわしてしらべました  手をよく切った  手で頭を抱えた  手に纏ける玉もゆら  手を切ったら宣い  手に執られる  手もしびれたか  手にとまつて  手を祝福しました  手をお見せなさい  手をかたく握り  手を借りて押し退ける  手に入れたくなり  手も足も投げ出して  手から散る  手から餌を貰つてゐる  手に金をわたした  手が置かれた  手には長い杖を衝いてゐて  手で握つてゐる  手に偶然の出来事がいつ  手を一つにして握つてくれた  手はノミを使うが  手にノミを握り  手にノミを握って  手を突ッこんでしまった  手は静かに下方に垂れ  手に斧をとってくると  手はノミやカンナをとる  手と足の骨を折った  手をすべらせて  手で払って捨てて行くだけの  手をさしのばして垂れ下っている  手にとろうとした  手で払ったが  手にカブと菜ッ葉がのこっていた  手をかけたと思うと動かなくなってしまったわ  手が斬り落すか  手に取上げ  手が出てきて  手が触る  手を繋ぎ合わせていた  手に殘された  手を舷の上にある  手をはなさなければならなかつた  手を挙げて制しながら  手を踊らせ  手にあまると  手と手と触れる  手の下しようもない仕  手に行はれた  手に行はれると  手で判断するより  手早く申しますと  手を弛めなかった  手から辷り落ちた  手を下すを以て  手を抜こうとした  手の形異なるにあらず  手頼らばやと思ふ  手からずりおとし  手がとどきます  手くばりをきめました  手をはなしてもらいました  手をとってにげました  手をたたいてはやし立てました  手におさめられようとして  手を取っていた  手をつけやしません  手を振りきって逃げる  手を外套のポケットに突込んだ  手を伸ばさうとした  手で何かにつかまらうとした  手を引つこめながら  手に血がついてやしないかい  手にするまでの  手をかけてみせたりする  手で生首の髻を掴み  手も止まった  手に弾かれて  手が延びて来て  手が抑えた  手を突張り  手も足も白布で包み  手の力を持ち  手を合わせておがみました  手に育つた  手を触れて見た  手が空いてから  手を翳すので  手は胼皸で埋つた  手に私の手が触る  手に触られると  手の皮が剥け  手が次第に乾いて来るに  手見たことあらへん  手を消毒して居た  手を払ひ退けようともがいた  手を取られて居る  手から心臓に伝つて来る  手を出しも得ずに  手の中で握  手を動かすので  手をまはして居たので  手も無く彼等の下司根性から出でた  手を知らない  手へ自分の右の手の指を合せながら  手に視線を蒐めている  手を差し伸べていた  手に逆うとき水はまた淙々と響く  手をさし伸べるという  手をさし延べられる  手に受けなければならない  手によつて初めて日本の劇壇に移されたといつて  手におへぬ  手を伸べてゐる  手によつて開かれた  手のつけやうがないくらゐで  手にはいりませんから  手で手繰り寄せられる  手を高く差しあげて  手によつてなされてゐるといふ  手をぐいぐいと引つ張る  手も考へられてゐるし  手を伸ばせば触れる  手を挙げち  手を合はせて拝みながら  手はないと見える  手ごたへなしと見てか  手によつて地方にばら撒かれる  手が心もちふるへて来た  手に手に大小の荷物をさげた  手がはぶかれてゐる傾がありはせぬか  手をつなぐべき  手は揃ひ  手を休めたりして  手を握るを  手をつくべきかを  手がふれぬ  手に鞄と化粧道具入れをさげて  手のように八方に拡がっていた  手を伸ばしてみたら  手をのばしてさぐってみた  手も血でずるずるしていた  手をつけちゃ  手を触れさせちゃいかんよ  手をつけさしちゃいかんよ  手から革紐の一つをうけとった  手を握ってみ  手や手頸を洗った  手をぬぐい  手から靴をうけとり  手の跡がよく見えた  手じゃないと思う  手の男がひそんでいたとすれば  手をしていたとする  手の男が穏れていて  手をひきあう  手も足も出なくなって  手をひいてやろう  手つだつて顔つきだけは私も能ふ  手振足振りおかしく何かを物語り  手には大きい杓子を持つてゐる  手には胴を円くふくらませた  手が掛からない  手に金の嗅煙草入を持つて  手が光を欲しがらないからである  手が新鮮な空気を好まないからである  手に入れたいと思ったでしょう  手と足を万歳させた  手と足を一杯に振って  手に入るしか知っていなかった  手にぶら下ったり  手で犬や狐の恰好の影をうつして遊んでいた  手の爪の先きを見ながら  手だけ動かしていれば  手をひかせて出掛けた  手を結べ  手は懸らず  手を突く  手より外誰れの守りでも承諾せぬほどの  手で育つより  手かけなり  手で育てられまするに  手を取つて引出す  手より下された  手のみが金色の薄い光を示し給うて居る  手に手に紅い死人花を持つた  手で撫でる  手を付けたといふ  手を休めなかった  手だと見て取った  手から拒絶して  手をのばそうとする  手のものの商売手に利用してみてやろうじゃないかという  手を懐ろの中に差し込んだと見ると  手のふざけた  手にこう取って  手が足りねえから  手でこう持って  手をあざやかに二本に使い分けて見せる  手は早くも壺の縁に飛んで  手を耳もとへ軽くあてがった  手を食ったかな  手を挙げるから  手が挙がったら  手に返せ  手を出すなら出して  手を拍って嬉しがりました  手がつけられなかったけれども  手を触れてみてくれるだけでも  手に占めて行こうとする  手を拱してはいない  手は下さないけれども  手に取ろうとしませんでした  手が出るほど飲みたい  手を水仕に換えて  手に折れますと  手を空しうするも  手に殺されている  手にかかって殺されたりとすれば  手から強奪を試みようとした  手に発見した  手に手頃な鍬を持って現われた  手に持たせつつ  手をあばきけるが  手を入れてさ  手が利いていらっしゃる  手見るか見えぬに  手を絶叫している  手で造り  手には時ならぬ  手をつけてみると  手を尽していると云う  手に刀を抜いて  手でそれを叩いた  手に斃れた  手の箸を引つたく  手を突ッ込んで  手をだすと  手ずさみで  手も附けずに  手もなく負けて  手をあつあつとほてらして叩くと  手いつぱいに憎んでくれ  手を握りしめてゐる  手を握るべき  手のなかの寶玉として見せる  手をさしのべてゐる  手であることだ裸百貫でよいものをぐいぐい作つて行く  手を握る折りが  手はのろくさいけれどもこののろくささに堪へきれなくて  手に打つ  手を待ちこがれつつある  手を翳して眺める  手を長くさし出して  手をその方へ掲げて  手に托けて送った  手を入れ合して立っているだけだった  手に弄んでいる  手を翳してほほ笑んだ  手を滑った  手が捏ねくり廻している  手を差し出して止めた  手で止め  手へ渡るか  手へ噛みついたり  手から将門に渡した  手をしっかとにぎると  手で桶をささえると  手で氏長の手をわきにはさんだ  手を一度ぬこうとしたが  手を逆にねじあげたら  手に手に灯を持ってさがしまわっていたが  手で房をさばいた  手はぶるぶるふるえた  手でごしごし顔を撫で廻す  手が待ち受けてい  手に捕虫網をもち  手を樽の方へふってすすめる  手をつないではいりましょう  手をつなぎあってはいる  手と頭の方を先にして  手をつないでいるので  手をふりたてて  手をしっかりにぎっていた  手がでてきた  手は幕の中に引っこんだ  手をだしてつかまりあった  手を大きくふって  手をとってにげだした  手つだつてもらふ  手をかりずに  手で興行が行はれる  手をつなぐといふ  手で脚本をつくり出す  手を使ふこともできる  手を払ひのける  手で叩いてみても  手として持つ  手離すのは惜しい気もしますが  手離しなさる  手で周志淵を逮捕した  手から遠くへ逃げていきます  手がまわっていないか  手で書きこなしている  手がまわっているかも知れぬ  手が廻っているかも知れないという  手が廻るかも知れない  手は全く思い及ばなかった  手で鮭をひつくり返した  手でつかんで入れると  手を引いてゐた  手で真似をして見せたり  手でむしっては話しつづけました  手を伸しました  手が擬宝珠のかげへつッ込まれると  手をすう  手で掻きさぐっていました  手の上の魚を物ほしげに見ていました  手の上に渡しました  手をふって呼びかけた  手に古い望遠鏡を渡した  手には一本の黒い棒をしっかりと握っております  手に取って見  手に入れたとの  手につかまったりして  手をつけかけてる  手を執りました  手によつてコツプに注がれた  手はひとりでにそのドーアの方へ伸びてゆく  手をとりあって入ってきやがってと  手を静かに腹の方から胸へ上げてゆく  手は乳の上あたりをおさえ  手が徐々に下に滑り落ちてゆくと  手にかけて殺してしまった  手を左の胸のところまであげていた  手で殺した  手を下さずして  手を入れてみよう  手を入れて置いて  手をつと抑えたが  手頼って行く  手頼るべき縁者ござらぬなら  手が自由に動かない  手を入れて引っかけ  手を床に衝いて  手を借して  手を弛めると  手で喉をしつかり  手の肘を床に衝いて  手を床に突いて  手はしっかりあごの下の所を押えていますが  手に剃刀を持って  手で喉をしっかり押えて  手のひじを床に突いて  手で搾ると  手にしたに過ぎない  手に点したりと見えたり  手が取り  手の形に鐘取れた  手多かるものにて打ち抱きつつ  手を切ったから倒れ臥した  手よりは口の方上手に働かすが  手にも掛けず  手になりし  手に捕はれて  手が洗える  手を突きながらも  手が凍えるまで  手もつけられないほど  手には酒肴を乗せた  手として書き始めた  手に加わった  手となって  手を貸してよ  手を離れてしまった  手を伸べてくれる  手から飛んで来て  手で切断されてしまった  手も足も全く見えない  手を押して  手で額から眼のあたりの水を拭い  手に咬み  手には何か提げているが  手を押してさわってみたが  手が髪を梳いてる  手に渡ってる  手を度々下す  手の離せない  手に由りて働く  手は他の汚れたる手を洗ふ  手によつて彼女の多くの論文が訳されてゐる  手に訳された  手で触れずに  手で使い分けたごとく  手を拱し  手を螫す  手擦れで光った  手を横に振り振り  手んでに牛をぶっ叩く  手に受けてみて  手に入れたいと思い  手で減っていく  手に取り上げてみた  手を焙っていると  手をさし入れている  手を叩いたが  手は半分脱れていた  手を取られて習った  手をかけて引いてみるのに  手としてあらわれた  手で一日に仕上げる  手にさへ  手をはなち  手にはウォランのついた  手の指さきをさしのべた  手をしっかり握った  手が離れずにいて  手の婦人となる  手のみを働かすよりは  手を働かしたならば  手にはいらぬとは  手で体を触られる  手を鼻の先へ持って行った  手で加筆追加された  手を握りかえして  手をすぐはなしてしまい  手から再び受け取って  手はすぐに引込められた  手の氷の様な冷たさに愕然とした  手は彼に委ねられた  手を握ろうと思うと  手が握れなければ  手に力がはいった  手がブルブルとふるえて  手を出すでしょう  手のつけられない程  手には渡らない  手のもののパンフレット一つ出さなかった  手を通じてだけでも  手によって独占される  手の中ではないかと考える  手を洗わな  手また衣の襞より食を取らせ  手離す例ありや  手もあるといふ  手づから運んで来てくれた  手のぬくみの殘つた草の根を握つた  手を心から女同士の思いでとって  手の先がもうすこしで触れ合うほどの  手をふって応え  手を久江の方へのばして  手には石がごじゃごじゃに乱れ散った  手をやすめてのぞき込みに来る  手がまわらず  手わななきてやがて笑ひて  手を震わせつつ  手ほどかれ  手に握られておる  手の出しようもなくて歌舞伎年代記を繰返していると  手で抱かれ  手で抱えて睡る  手を合せて居る  手を皆捻じ戻して解いた  手で母の背毛を握って負われ居る  手で沙を掘る  手捕にせんとするを聞きて  手に落し入る  手を牛小屋に埋めて  手に炬火を捧げ  手を拍てば無数の鰻浮き出たという  手をその戸に懸け埋めて  手の形を画いて  手から揚団子をうけ取っては  手にあつまる  手に病も癒え  手くびを抑えた  手に入れて来なく  手に市十郎の腕くびを把った  手に引ッつかまれ  手から印籠を引ッ奪くって  手へもどした  手にも取らず見ていたが  手のあいた  手に入ったなあ  手をさし伸ばした  手をささえ損ねて  手も袖も胸も埋ず  手をあてて笑った  手の脅しが効かないとおもうと  手を入れて考えたが  手をもぎ放した  手をさしのばしていた  手に幾枚かの小判がのっている  手をやったらしい  手をやいてしまい  手を合せて拝む  手にしなだれ  手に依ってか  手を走らせた  手をかくしてしまった  手へ触れてみると  手でひらかれた  手をやすめた阿  手もふれなかった  手をつけられると  手を打ってわらった  手にあずけて  手をそめた  手をくださなければ  手からよそへ頼んでくれた  手のそばへおいた  手から報らせをうけた  手で揚げてしまう  手を拱いて見ておる  手をにぎりしめ  手を振りあったが  手にふれない  手の皮膚もやぶれて  手が廻ったに  手は食わねえ  手をそそぎ  手をかりるが  手に預っておいた  手を焼かすかと  手を振って見せ  手をならして下さいませ  手を抜けるほど  手を横から捉えて  手をあててみたり  手にあわぬとあれば  手を借らず  手にあげられて  手をやって払い除けようとしたが  手の端に生物の温味を感じたので  手に力を入れる  手を掴んだので  手には肉を盛った  手にして出かけて  手でなくする  手は私達の手と違って  手を持っていらっしゃるからこそ  手の意味がわかったわ  手を揚げようとすれば  手をすり合わせる  手もワナワナふるえて  手をすり合わせている  手をすり合わせて  手でも我慢してやるから  手を高々とすり合わせて  手がつけられないと  手を高々と頭上に合わせ  手の霊であるということが分らん  手に頭をのせ  手で切りとって食べなきゃ  手を握ったの  手をすり合せて  手が廻りません  手を打たなければならない  手をすり合せはじめる  手から新聞をうけとると  手を握りかえした  手でぴしゃりと打つ  手でぴしゃりと敲いた  手でぴしゃりと敲いて  手にナプキンを持った  手をやれる  手を挙げてみせた  手で眼を何遍もこすり  手の痛さよりもその声の方がもっと私をおじけさせた  手を出してくんな  手に入れろ  手を大きな掌の中にしっかりと握った  手を触れるので  手にかかって殺されてしまったかも知れない  手であの間抜野郎の首を胴体から捩じ切ってやる  手にいっぱい入れてくれて  手を触るな  手をポケットの中に入れて  手にかかって殺されるかの  手を撫でたり  手を強く握ると  手で国旗を結びつけて掲げた  手を握りながら言った  手に何か白い物を持って来る  手を貸して立たしてくれなくちゃなら  手を貸して立たしてくれ  手を貸して立たしてくれねえか  手に取れる  手の中で弛んだ  手がちょっとの間水の下へ入った  手がふと船尾の船牆を越えて  手の痕がついていた  手にあてて試してから  手にもピストルを持って  手からすっかり離れて  手に入れ損ねるし  手に持っている開いた  手にナイフと共に一冊の書物を持っている  手を前へ差し出しながら  手から手へ何かを渡すと  手から手へと渡され  手で持ち  手を貸してやらねばならなかった  手のように頭の上へ伸ばして  手をあてたかの  手から手へと渡されていた  手に負えんよ  手ばなさない  手に舌を巻かせてしまう  手がないという事実に圧迫されて  手は出せないという  手にでも引渡されたら  手を懸けようとした  手の鳴る  手でおおよそ分っていたからである  手に懸けて殺したら  手に懸けようとする  手を引っこませた  手に懸けたら  手がぶるぶると顫えた  手を振り放そうとした  手に懸けておいて  手に懸けようとはしてくださらぬ  手に懸って死ぬ  手に懸ける  手に懸けられる  手を懸けながら繰返した  手も足も寒さに凍えて  手に召捕られて  手に掴んだ  手をつかえながら  手に懸けようとした  手も下せず  手を取合っていた  手を出すべし  手を廻して抱くとも抱かぬともつかぬ  手易く藏經を見る  手おくれになつてしまふ  手の入れ  手に時々読者を笑はせた  手には水晶の珠數を掛け  手に毛程の筋の亂れも見せず  手を指先でピンとはじいた  手をもつて来た  手で同人雑誌を発行してゐた  手をまず炎の上にかざしぬ  手は震い  手を採って導き帰るぞ  手に鶏を縛るの  手を鳥足ごとく想像したと見える  手で両丸くり抜いた  手でペルセウスの刀持った  手に還った  手を曳かれて歩いたりした  手離さずに持っている  手離されずに持っている  手にいささか余つたといふやうなところもみえ  手を見るやはらかに  手に入れておいて  手に成つた瓦の拓本の繪葉書に對して  手として自分の娘としての日々を暮してゆく  手として今日生きているよろこびや  手をも焦し  手を触るるのみで  手でやってやるべき  手から取残され  手に縫物の針をはこびながら  手が暇で困ると  手が出しかねたに  手を取らる  手をば振はなして  手をつきたれば  手が屆きましよ  手を助くるまで働けば  手の暇あらば熊手の内職もして見  手にしてに  手を延ばすに  手の上に載せて持ち  手に入れようとしましたが  手を一寸と休めて振り向いた  手を触ってみたが  手が凍結るほどでもありませんよ  手に持ていたが  手にも生え  手にのこっている  手は負わせたものの  手を捲り上げて  手が見事に書き上がって  手も見せず斬り付けてくると  手を持ち添えてくれます  手で押さえ付けると  手を突っ込んでは  手の先で揉む  手をとって教えられている  手で握り込んでしまいました  手のゆき届かない  手もて蛇の体を押し上げて  手で調えたか知らぬ  手の徳に依って  手も足も動かさず  手に授くる  手と足ばかりの貧乏人故何たる善根も施し得ませぬ  手というを聞き誤って  手で草を刈って  手は白きを要し  手は長きを要しとは  手から受け取つて出した  手で銀に換へさせ  手に草稿を持つた  手を掛けて開けた  手は島町通を西へ御祓筋まで進んだ  手が高麗橋に掛  手は停止した  手と衝突した  手が平野橋の敵を打ち退けたので  手にゐた  手で陰謀の与党を逮捕しようと  手を瀬田の腰の所に持つて  手づから持ち運んだ  手に掛かつて死んだ  手に帰せぬ  手から仰いで居た  手にとれる  手も染まり  手から刑部の心もちをお篠に伝えていた  手を離れてから  手をうごかさないでいたが  手を振ろうとして  手を持ち上げ  手に移ってゆく  手から水が漏れたか  手で振りをしごきながら  手を取らぬばかりに喜ばれ  手に入りしは  手をすりて  手に入れて居りながら  手に在りました  手は先生の選挙区へも潜入した  手に托したらば  手とで計画され  手に糜せんとす  手に成れるを  手をかけて見たものの  手を傷つけ  手にして起ち  手を濡らしつつ  手をおさえて言う  手は哀願し  手がペンの手の甲にささやいた  手は執拗に哀訴する  手を握って引き立てた  手ではもう再び人造人間を作る  手を駄夫の鼻先へ何か硝子の棒切のやうに差し延して見せた  手には青きアブサンの毒這ひ  手の神経に絡みつく  手を顫はせて  手に触れてゐた  手を掻き廻しはじめた  手を動かしたが  手が走る  手の持主は滅多に顔が見えなくて  手を探した  手でそつくり  手を静かに振り放さす  手を動かしてゐたが  手を強く握つて  手によってカントの古典哲学が本当の観念論的自由哲学に翻訳されて  手を出したくなる  手も足も出ないじゃないか  手を八つも持っている  手も足もないヌッペラボーと仲よくする  手も足もないのでただあの大きな眼玉から涙をホロホロ流して蹴られていました  手が袖から出ず  手で開場し  手をとって教えてくれる  手をはなさずに  手を放して終った  手にして見ると  手に入るなんて  手に入るてえ  手にせ  手を温かく握りしめて  手が太宰のクビに死後もかたく巻きついていたというから  手と手をつなぎ  手は自由自在に伸長される  手にはいるまいかとねだる  手を支ふ  手を拍ちての  手を合さぬばかりに  手を膝に置き  手をひつぱつてあげようか知ら  手で突いて  手に杖を持っていた  手に杖を持っていますから  手で縫うて貰うている  手から借りた  手がつけられなかつた  手で実際に着手された  手をつけたといふ  手から成るので  手を胸におしつけていたが  手にとって眺めて  手を入れてやった  手をグイと引っぱって差しつけた  手に入るであろう  手を合せておがみ  手を尽くして探されもしたが  手を上げて掻き除けた  手に吹矢筒を持っている  手に入れたぞ  手に合わぬか  手で運ばれるらしい  手を置いている  手が掛かる  手頼りあり  手をグッと握った  手の運びようをして  手頼る彼等の癖として俯向き加減にして  手を先へ出して  手から白紙に包んだ  手に移された  手を翳して居る  手にかけるなら  手を赤の腹へ当てて  手に衣物を脱がされる  手に提げて見た  手には荒繩で括った  手を挂けて立って居る  手がこわばって  手をしています  手を組み合せて  手をさしこみ  手でみじかい言葉が書かれていました  手をあたたかい火であたためました  手をかけておりようとした  手をあたためる  手をすべらして  手をやめませんでした  手がふられ  手をあげて叫びました  手がはげしく五六度うたれる  手の痛みを忘れ  手でエミイにとびかかりました  手にきずをし  手にほうたいをしてやりました  手をさし出しました  手をさしのべました  手にいれるべき  手の上にのせて  手のつけられないほど  手をかさねておいて  手をのけていって  手をかさね  手から手へわたる  手でマーチ婦人の手をにぎって  手をうごかしていましたが  手にいれたの  手をふろうと思いました  手はいつもはたらかす  手でなおそうとした  手にさわったり  手を握り合ったり  手にいれようと  手によって認め  手をかけてなぐさめました  手をさしのべてやりながら  手でたたきのめしてやる  手は家庭を幸福にしていく  手をひっこめようとしました  手にはギラギラ光る  手を突っ張って  手によって続け  手を土だらけにしていた  手が届いている  手のうえに置いて  手を廻して支えていてくれた  手を付けるでねえだよ  手でいろいろ調査をしてみました  手には負えないので  手に職を持たない  手がないということになる  手に歌ありし  手もて摘みてかざせる  手にほそきかひなをゆるしませ  手に碁石を一杯握って  手を延ばしてくれるかもしれないと思った  手と足とを一生懸命にばたばたと動かしていた  手で振りはらって  手に渡すまで  手がぶるぶる震えて  手を放して驚いた  手くびを握ったりしながら  手でちよつと跳ね返したに過ぎません  手から食べさせたりしました  手にとッつかまりました  手を加えるだけで出来上るかも知れないが  手摺れのした  手にしてゐながら  手摺れのしたおき  手の形をして見せた  手の力は籠つてゐた  手をあげて打つ  手を擧げ得なかつた  手で引掻け  手ん手に引出し  手でそれが読まれたりする  手をあげさせて  手だけで作った  手も胴も足も水の中にある  手を眺めている  手をふさぎ  手で親父からの手紙を縦に引裂きながら  手で療治させよう  手にもって出ようとすると  手をのばして指さし  手っ頸の傷を女給にみして  手など握られた  手に日傘をかざしていた  手を忘れる  手を引くだろうな  手を引くとも  手でさぐり  手に葱を持った  手を入れられたが  手から鍵を取った  手を差入れて引き出して見た  手で大事に保管される  手で育てようとした  手もすいたので  手が入ったので  手に捕縄をかけて  手で知らせてやろう  手むかいせずに  手へべっとりくっついて来る  手を平気で握りしめた  手にいれたりなどする  手に引きとられた  手に子供を委すべく  手で制したが  手を入れなければ  手をふれたと思うと  手むかひせずに  手を平氣で握りしめた  手を添えてやった  手から一つ一つ子供等に分配され  手を支えて這い出した  手を執られた  手に持って待っていて  手を自分の手の中へとった  手で上からそれをたたく  手がなくなった  手で支えていやがるぜ  手の中にいるか  手はなぜかふるえている  手もつかんでいる  手をあてたりしていたが  手から出刃をとって  手がふれて  手をとって曳き入れた  手のつけようもないほどむちやくちやにものが突つ込んである  手が抜けて  手を翳そう  手に合わ  手には払子を持って  手にし重ねての  手を取って引き寄せながら  手に合わず  手を振り放しながら  手を出さなくなった  手にかさを持って  手に手をとりて行きて帰らじ  手に植ゑし白菊のおのづか  手もたゆくむすぼほれたる  手は火にもえて  手も足も吾身はすべて火炎なり思ひ乱れて  手も凍り  手の掌のお夏の手にも触る  手で寫生も恐ろしい譯ではあるが  手の先を動かし始めてゐた  手の先を動かしてゐる  手を母の両の掌の中にはさんで  手もやせ細ってる  手を降さんばかりにして  手をかたくくみあはせ  手を入れたいからと言うと  手は折り折りやんで  手はくみて歩めども  手を握りに行く  手をひたすらになつかしげなる  手も出なかった  手を出すなんて  手で調べてあるの  手を附けずにあった  手を不愉快そうに振り切って立ちあがる  手でつかんでぶらさがってるの  手の先にぶらさげて  手はほとんど虚空をつかまんばかりに握りしめられている  手をソッと振りほどいてと  手から離そうとすると  手を振って見ますかね  手をかけてある  手の中へ落ちないで  手を当てて考えて見りゃ  手に転げ込んで  手を食うかい  手を休めようとはしません  手に注射器の入った  手の爪を見たまい  手をこすってやったりする  手から取る  手の脈を取り  手の中のピストルを見てから  手を挙げました  手を合せて拝みなど致し候うて  手をつき候うて  手に手に彼くるす  手を離し候うて  手に竹のむちを持ち  手をくわえた  手からその手紙を受け取ったが  手を出せなかった  手がはなせる  手を合わさんばかりにした  手で坑道の上へ叩きつけられた  手から放したか  手を焼いとりましたよ  手にコテを掴んで  手を下していた  手によって最後の兇器が叩き落された  手あらば一し  手にとりもちて  手に砕け去らば  手から弾きだそう弾きだそうと考えている  手で養ってもらわなければならなかった  手を染めたりしていた  手を動かしても  手にじゃが薯をむく  手に負えず  手によってはさせられなかった  手ばなさずに来た  手にとられ  手の動作はもう機械のようになっている  手の動作を速くする  手をやすめず働く  手にとり戻して  手をつかねてはいられぬ  手が痛くなる  手はつながず  手に手に石を二ツ取り  手の指を環に遊ばして  手から攫いまして  手を挙ぐれば  手から攫ひまして  手の方へ歩いて行く  手からペンを取上げて  手を入れて掬い上げた  手に打ち任せ  手になりたる  手に分担せらるる  手にとられている  手になったという  手となっただけでなく  手を握らうとしたので  手を病はしたりされる  手に持つてゐなければ  手と共に目に残つてゐた  手きびしい質問をされたという  手をひろげてみまし  手でつくられるより  手で製作され  手に養育いたされ  手に入れてこそ  手に入れたく  手に短刀を取った  手を下さぬ  手を扶いて歩いてゐると  手を引つ張る  手に取上げて讀んでは  手を出すと逃げる  手を遁げる遁げ方と時々屋前を通る  手も足も抛り出したなりになっちまう  手に入つたので大よろこびです  手で胸を圧えつけられている  手を拡げはじめていた  手を染めはじめていた  手の脈を見たりしていたが  手を切ってしまわなくちゃ  手のつけようもないほど廃頽しきっている  手を切らして下さい  手を出さんという  手を引っ張りなどしたが  手に掴まった  手を引っ張ったが  手に取り戻そうとする  手に取りあげて眺めていた  手で費消された  手を出したらしかった  手から脱れて  手につかぬほど  手と比べて  手に一つに引き取って  手を仮りることも出来るし  手で切盛りをする  手を入れてかからなけあ  手によって書かれたり  手にはいらん  手の記録に捧げておられる  手が動こうが動くまいが  手をつけていたが  手で経営しようという  手から奪い取れる  手を引かざるを得なかった  手をやっただけで  手で早速出  手を出したがり  手に入りたるを  手からお前に半分やってくれろ  手をかりなければならない  手を拍って喜び笑った  手らしい男名前の手紙が来た  手が痺れ  手の痺れの方は日々規律面にやって来る  手見せとなり  手でしごく  手を突き出す  手より罎を受け取りて立ちながら飲み  手を伸ばして摘まみ  手はポケットの中なるある  手を差しいれて  手もて曲げなば  手に落ち入りて  手で創る  手離すことなく闘い続けている  手離さないことでもって  手を当ててゐたが  手の苦力たちを歓呼して迎えました  手をぐっと握った  手を分って  手が廻ったので  手により再版をおこす  手に死ぬ  手によって起こされた  手に死なんよりは  手に死なんか  手に死ぬる  手が無くなる  手をしているねえ  手を振上げて  手を鳴して  手に付かないし  手近い家に声を懸けて  手には払子の代りに蝙蝠傘を持っている  手で探って  手討ちにしてしまったという  手討ちにしてしまったかという  手討ちというのも横恋慕を聞かれなかった  手を合わせる  手酷しく島村からやりこめられたらしく  手を傷つけるばかりだ  手がつけられないと云った  手を突いて平伏していると  手に曲ると  手の中にあった  手にあわなくなって  手にかかるので  手を取つて引入れられる  手を持つて居ながら  手に易々と乗る  手は空いてゐるかね  手に汗を握つて  手でこれを発行し  手で前代以来の発達を引き受け  手で遂行される  手が東の方を指している  手に日本刀を一本と小さい軸物を一つ持ち  手で示しながら  手に入れると言う  手に入れたいとあせっている  手も有るだろうけど  手で制する  手を持って来てさ  手に自分の靴を下げて来ている  手があるかっ  手が中途で止り  手もなく身柄を持ち  手で夕飯の餉台とともにお櫃や皿小鉢がこてこて並べられ  手おくれた謎も釈けて来た  手も使う  手には乗り  手に職を覚える  手が届かないでしょう  手を洗いに行って来ると  手を擦っていた  手に余るので  手で子供を教育する  手に再び革剥ぎ  手もかからず  手を痺らせながら  手も赤銅色に南洋の日に焦け  手へ全部入る  手におえなくなると  手も次第にカフエにまで延び  手で抑える  手を取って引き起こそうとしたが  手も蝋色に痩せ細っていたが  手を執って泣いていた  手を借りなければならなかった  手にするだけで  手をば合せぬる  手を叩いて笑うであろう  手は容易に放れなかった  手で養育してくれまいかと  手を繋ぎ  手に燃焼するまでも  手に琥珀の椀を持ちをんなと  手を組んでゐる  手を添へてたがひに  手によつて犯すだらう  手の輪をこわして  手を携へて森の中へ出かけた  手が幸ひの  手に帰したとは  手もって触るるべから  手に育てられしが  手を通して用ゐた  手に眼にこの和紙を讃えてゐる  手でもつて  手も足もしつかりしてゐた  手で自分の前をさ  手が外れた  手で掴まうとした  手をライフの方へ差上げた  手の動きの方向につれて  手の自在な動きを助けて  手に蝙蝠傘を携え  手が鳴るよ  手が煙草箱の方へ動いて  手からその原稿を取ろうとはしなかった  手から原稿を取って  手で頭を支えて  手を尽くしている  手を懐中へ入れ  手を両手で握ったが  手を執っていった  手をやってなでてみると  手の辷べる  手も凍えはじめて  手から引ッたくられた  手は金剛杖をお役目のように引き擦っている  手を取ってもらって  手をさしこんだ  手を突いて這っている  手をつくしてやらなかった  手で封筒から中味を引き出して読み上げた  手にお返し下さい  手にかければ  手から奪い返して下さい  手で取り返す  手を取り合って喜んだ  手に棍棒を持っていたが  手に一束の草花を持っていた  手に持っておる  手を伏せた  手はおろされた  手に提燈を携ふの  手がちがう  手を伏せて聴いた  手をついていった  手も入れないで  手を入れないですむ  手を一ぱいのばして  手をふところに入れて  手でミーチャの頭を撫で  手になんぞつかまらない  手に紙片をもつてゐる  手で舶載されたかと  手をまはしながら  手をうったり  手をつらねて  手がくる  手に青旗を振り振りかけている  手につかまって来た  手を胸の前で合わせては  手のピストルに眼をやると  手を少し休めると  手にとる如く見えた  手の爪を見ながら  手の爪が痛くなりました  手を拔いた  手を握り返した  手を附けてい  手が置いてある  手をよこさなかつた  手の着けや  手で再び丁寧に疊み直して  手は少しく顫えかけました  手に血のついた  手にほおずりして  手をあてたり  手にせっぷんしてみせて  手をなげる  手に手に金のチューリップをささげてもち  手にのせていました  手をおだしになる  手にせっぷんしました  手がついていなかったと云ってもい  手ば除けれよ  手ば取れ  手をポケットに入れた  手が何かを探がしているらしかった  手を拍ってひやかした  手で走り書してあった  手はこれと同じ手を喰らわされた  手によって工場に持ち込まれた  手に繃帯をしていた  手をナッパの尻にぬぐって  手が斉藤の肩をつかんだ  手を離して見ていた  手をガッシリと胸に握り合せ  手を握って云った  手が持つたと感じる  手がさはつたと思へば  手は偶然にも柔かな女の手にさ  手を打ち合わす  手を動かすばかりで過す  手や脚を叩き折ってもかまわない  手がつけられなくなっちまう  手によって作られた  手を受けて  手を抜いてあった  手を廻して来る  手にとれなくなっちまうぞ  手でロシヤへのだって作る  手だと確信している  手にピストルを握っている  手でひねくった  手は動かせない  手を握って来い  手を握って行くかな  手を引かす  手で叩きつぶされつ  手と脚のもがき  手を貸してやるよ  手に入れやしない  手で荒ッぽく引ったくろうとした  手で掴み取りに来る  手を拡げて掴みかかってくる  手からビラを叩き落してしまった  手に入れておいた  手を突ッこんでいる  手にして馳せ出してきた  手に掴んで取り  手を重く引いて  手を壊れた  手はあの時顫えた  手や脚を落すさ  手がこんなめにあわしくさった  手によつて翻訳せらるべきだと思ふ  手を麻痺せしめたからである  手に短刀でも持っては居ませんでしたか  手を触れてない  手に取って開いて見ますと  手に觸れましては  手に取って見れば  手をやっただけでも  手につきません  手くびに見える  手をしばし止め  手を引ッこめて  手をやってみる  手がやっと端緒についたばかりの  手でやれるし  手でやれる  手として働こうとしている  手がわたしたちの肩にかけられた  手から奪いかえされて  手をパチパチと叩きながら  手が顔が遠ざかる  手によって直ぐに門口から外り去られたが  手で引き込まれた  手にすべき  手に手に提灯をかざして  手と頭脳にだけ頼って  手をかけたりしては  手を合わせてよろこび  手を引込ます  手から友の手へ渡されて  手は相当いるが  手をたたいてよろこびまして  手を引き合ってのぼっておりました  手をふって云いました  手をポンとたたいて  手を捕まえて  手を一振り振りますと  手を突込んで腹の中をかきまわしたり  手に縋りついて  手を拍って喜びましたが  手を合わせて拝みました  手で岩のような拳固を作って  手をたたいて踊る  手や足や首や胴を取り出して  手を振って申しました  手をたたいて申しました  手を合せて拝みながら  手をパチパチとたたいて  手が無くなって  手がひどく食い込んで  手をついて平伏して  手をもぎとられる  手に雁が十羽なり二十羽なり集まってあるならば  手に取って読んでみて  手づから剃  手を顔の前で左右に動かした  手を挙げろと  手を挙げぬ  手を挙げながら  手を顏の前で左右に動かした  手を擧げる  手を引いて歩いている  手を鼻へやってか  手んでに各国の国旗を持ち  手のかなたこなたを  手で食堂の入口を示したが  手がふるえて困る  手を伸して揺り起した  手を母の腮の下に遠慮なく突込んでいる  手を振って打消し  手を拱んだまま暫時は頭も得あげず  手に秘蔵されいたるなり  手に禍いあれ  手できたならしいことを公衆の前にして見せるかもしれない  手をつきて拝めば  手の黒きは日頃田草を取り  手を引いて立ち  手に賑やかな骨牌を持ち  手にも手巾がある  手に花の入った  手を痛くした  手を差出さないが  手に札束を返した  手がつかないのよ  手は自分の手と思われず  手を持って居る  手が届いていたろう  手を卒業免状と一緒に強く握りしめた  手をとつて降ろしながら  手を叩くには  手を合せて貰ってくれ  手を合せんばかりの  手にも幾ばくかの金が入ります  手摺れたり剥げ  手から帽子やインバネスを預る  手などを入れて  手がいきなり震えはじめてきた  手で切り開いていく  手で切開いて進んで行かなければならない  手によつて演劇革新の狼火が挙げられたかといふ  手を握らず  手に四歳になる  手をふるわして  手から持って行く  手に入るには  手も届くまいと考えたからであった  手離すまいと大切にしていた  手を差しのべると  手の色から考えると  手まがとれた  手がついたかを考える  手も足もいらない  手の中にイナビカリを捉へようとした  手の中に堕ちてき  手で捕ま  手も足もでないといふ感じ  手の脈搏を感ずる  手を引いて歩く  手ばかりで育つた  手におよばない  手に抱かれて出て  手から幸子をとつて抱きしめた  手で幸子の守をした  手にも誰れの懷にも行かなかつた  手にもよろこんで  手で一寸劃られるばかりな  手をつけかねた  手にほごす  手で抽斗を開けた  手で始末してやろう  手に蛇のようにからみついた  手をつけておりません  手にとり上げ  手ではどうにも所置が出来ません  手からはなれる  手から帽子を取って  手に入りかけた  手をつけているからだと  手がふさがって居って  手を束ねて居っては  手につきませんので飛ぶ  手が柔らかくお上品にできて居りましたから  手につかないからです  手をそめたり  手を拍つて笑ひました  手別けをして  手で黒い騎士の首筋を撫で廻してをりましたが  手似をするので  手に蝋燭をもつて  手をうつて  手にかけのぼり  手ををいて  手には重たい如露をさげて  手をふりあげて  手にして出て来ました  手にただ一本の錐さえあれば  手もなく孔雀の羽根を身に着けて威張っている  手に握ってから  手でも洗わねえじゃ  手してるなあ  手は東京あたりにはもう見られない  手が日本の土地をひらいたり  手を出したでしょ  手で計っちゃいますけど  手に入れて来てあげよう  手で水をかける  手を引いて立たせる  手はおいら知らねえ  手を引きやす  手で守らねえと  手でも何とかしてあげたいが  手は無えんだ  手の方は車の上から女をかかえる  手にしたら  手に出来ないで  手にしたも  手にしようと試み  手に手をつくし  手を付けて見たいと思います  手が十分廻りかねてゐる  手で拓かなければならないと思ふ  手を考へるべきである  手で同仁会病院を経営し  手によつてはじめて可能だといふ  手によつて動員されるか  手を握りたい  手で一日も早くやつてやる  手も机も畳までも墨で汚しながら  手から本をはなした  手を拍って驚く  手にわたすにも  手に残っているが  手にカバンを下げた  手を握らし  手は喰わぬ  手に帰しても上る  手が届かぬと見えて  手をぶらりと垂れて  手で揺り動かしても  手で軍事研究団が組織され  手に狹き入口を開けば  手によつて清書が出  手で出して見たが  手をつけずに持つて  手によつてこれを行つて貰ひ  手で封を切つてそれを見ながら  手により他の何とかいふ本屋の手にその紙型は渡つて今でも其處から出版されてゐる  手で復活經營したく頻り  手には帶でくるんだ  手づから私は桃を取つた  手を洗つたり貝を探したりして  手も覚えた  手をよごさなくて  手を発明した  手はバレてしまった  手を口にあてて答えた  手に電車の片道券をそっと握らせてくれる  手が冷たくなると  手に吸いつく  手にとつては妻は早や涙ぐんでゐる  手から引つと  手で沸かした  手で伐り倒されたらしい  手に変圧して捉えようとした  手に満つ  手をほどこう  手には何と云う  手を刎ねのけたではないか  手をひざの上においた  手の出るほど飲みたかった  手に手にちょうちんを持って  手を緩めず  手をかけて見たが  手はブルブル顫えた  手で事務員達をものにしてた  手で手枕をして  手の中の蔓を延ばした  手を休めてしまう  手はみどりをくむ  手に役人の被る  手にキスをさせて上げますの  手から手へ渡されてゐる  手にはヲロス新聞を持つてゐて  手をあげて追おうともしなかった  手をやすめて振り向いた  手に持って帰った  手をつかんで叫んだ  手には大きい鉞を持っていた  手のはずみでその扇が千枝松の頬にはたとあたった  手にとり上げて  手もなく跳ね返された  手を人間の上に加えなかった  手につかまれていた  手をさえぎって  手を取らぬばかりに引き立てられて  手にかき寄せたという  手は右ひだりから彼の袂や裳にからみついた  手にもぎ取ろうとした  手もなく刎ね返されてしまった  手に囚われていたら  手で長い袂をおさえながら  手の上にすくいあげて  手も足もばらばらになって  手はしびれて働かなかった  手は容易に解けなかった  手を捻じ曲げて  手に汗を握って窺っていた  手をつかねて観てもいるまい  手をさえぎられて  手をもう太刀の柄がしらにかけている  手にあまると見たらば  手を働かせながら答えた  手は相州衣笠の城主で三浦介源義明であることを家来は説明した  手をかけて寄らば討とうと睨みつめていらるると  手をゆるく振った  手を把って睦まじくあるいて来ると  手に奪われている  手できれいにやってしまわないと  手に入れて遊ぶばかりだ  手にせられるなら  手に御取りなすって  手は股の間に入れる  手はなんだと訊くと  手ばかり動かし出した  手のものじゃし  手を捉へてゐたので  手に依つて定められてゐて  手から巻紙を取り上げて  手で指した  手を取合って泣いている  手を挙げて飛乗って  手が動き出した  手も力も尽き果てた  手から落とすと  手懸かりは得られなかった  手を下しても殺してやりたいくらいに思った  手懸かりも得られなかった  手を待つて  手で食卓の上にはい上がらうと  手をもつてゐる  手を痙攣させた  手を出すに先だつて  手を膝の上にのせて  手で捧げてゐる  手招いてゐるかの  手で引つ  手を冷めたくして稼いで送つてくれた  手にビラが数十枚残つてゐる  手で強く顔を発作的に押しつけ始めた  手でパンと叩きつぶして  手で叩きつぶすべき  手をふれてみました  手をやつて帽子をぬいで  手で押へてこんな品は信心家にとつては値打はあるが  手でその男を静かに押して  手に銀のふほをくは  手にやさしく腕輪はづされしが眞珠ちりこぼれともしび風にぬれて  手にすべり落つ  手はからだをはなれてのびゆき  手をそのままの位置に保とうという  手のほうががくりと動いたりする  手離しで笑っても  手に入って読んでみた  手や足がいつもより力がなかつたりする  手を出しやあがるのでせう  手も当てる  手をこすつた  手を取り合って泣き暮らした  手は刀の柄を握った  手に手を棍棒を振り上げて  手には到底負えないにきまつております  手を当てて恐る  手をつなぎましょう  手を非常な力で跳ね除けながら  手を離しなさい  手酷しい時機と場面を選んで来た  手にゆだねるといふ  手ばなさうかと思ふ  手でまあまあといふほどに作られてゐます  手に渡しただけで  手が別にそれを受けとらうともせぬ  手を検温器ぐるみ強くはさんで  手を軽く握つて  手として独特の持味を発揮し  手から一通の手紙が彼女の手に渡された  手で取次いでも  手を彼女の首へかけようとすると  手を切つたつて  手は込んでゐますが  手に花束を渡しました  手を引かれて行きます  手を繋いだ  手はやや顫えて徳利の口へカチンと当ったが  手をスルリと脱けて  手を加えたが  手を得て  手よなよな何を得  手のひと鞭たまはらば  手の品つくりけり  手に闇のあやなき明治四十一年水市覺有秋むらさき  手を觸れ哀しめる  手で私のテエブルに運ばれて来た  手を離したが  手の蔭から囁いた  手を引いたではありませんか  手が眼の前にあった  手の指している  手に神酒徳利と洗米の盆を乗っけた  手に土蔵の鍵を持っていた  手に茶碗を持っている  手で走りかかって来た  手がやれないのでじれていた  手に隙が出来た  手がそれぞれ双方の手に来た  手を揮りはらって  手はし  手が延びて来たので  手をひかえた  手を執りあって泣いている  手で何か揮るような恰好をして  手のようにもあるから  手から名刺を執った  手は羽織の紐にかかった  手によつてなされたかを考へずに  手を出さないし  手を煩はすに及ばない  手のつけようがなくなって  手で触れて行かれた  手で触れられた  手を触れて貰った  手を握ったなんて  手がまわりかねていると  手をかけるだろう  手は私に触れなかった  手にとる如く見られる  手が及んで  手が及んでゐた  手を入れて探った  手に死人の顔らしいものが触れた  手を引いたが  手はまたしたたか死人の顔に当った  手の加えられた  手に三叉鉾を持ち  手に劇藥の鞄をさげて  手より受け取り  手に警察の提燈振り照らしつつ  手に手に屋号の提燈をひらめかし  手にて無理に作れる  手には落ちずして  手に入らんとは  手にて養育せん  手にて結び合わせたる  手に委ねつ  手にとって眺めていた  手に手におそろしく太いおんなじ形のステッキをついている  手をつけて居る  手に縋りもしよう  手を拍って悟る  手に縋らずとも  手を出しかけ  手を押つけりゃ  手で畳を仕切った  手を懸けながら  手で社の改革を爲遂げて見せる  手焙りを擁へ込んで  手は何にでも觸ることが出  手が透いて  手を握らうと思ふ  手を手帳に控えて  手を放したが  手にあたかも蝶の翼を重ねた  手を素疾く引込め  手を袴越に白くかける  手にたまった  手でなぐって  手で開いて見た  手がついていねえ  手ではじめて役者になって  手に菅笠をもった  手をつかね  手に附いた  手の以前ほどうけなくなり  手へもって行かれた  手焙りのかげに置かれたし  手まえ恰好のつき兼ねる  手のように器用にそうは行かなかった  手で口説いてまわった  手を離れたからって  手にわたさない  手も足も出なくなってしまうから  手ごたへを思ひださせる  手を打つて置くだけの  手で養はれてゐた  手から姫王の手へ引きつがれた  手に手に銀の鈴ふりて  手はいつしか机上に置き忘れられて  手づから植ゑて去りぬ  手に大きいなめし革の艶出し雑巾をにぎっている  手をもっていない  手の本をよんでいる  手をかけてきいた  手をうって笑った  手がこまかく動く  手にとらず  手にもっていたが  手を自分のほてる  手で亜麻色の髪をなであげた  手をちらりと見おろして  手をうって歩くと  手を自分の頬にもち添えて泣きながら  手のことを話した  手を洗いだした  手の中指に見事なダイアモンドの指環がきらめき  手で肩をおさえられた  手の中から自分の手をしずかにひっこめた  手をおいている  手を洗って出て行ったが  手と顔を洗って  手に向って  手でぼろをわけている  手にえくぼ  手にとって見ていた  手で自分の顎を下からしごきあげる  手をやったので  手のさきをとって  手さえふるえだしたのみならず  手にペンをとって  手をふるわせつつ  手に舁いで送っている  手がふるえ  手をとってなでながら  手でかつぎのようにもう一つのはしをもって  手にとりあげられ  手で自分の鼻のわきを撫でる  手から手へとわたされ  手がそこへのびる  手をひっこめている  手で家じゅうは思ったより  手にひかれて睦み  手に及ばぬ  手離すときはたちまち世帯の差支となりて  手にかない  手がひどく震え出して  手を経ず  手で救はうとしたので  手を膝の荷物に掛けて  手を黒羅紗の前垂の下へ差し込んで  手を煩はしたので  手で柄杓の柄を握  手を知らないで  手ばさむ気でそろ  手をうごかし  手きびしくいってやりましょう  手をはわせて  手から膝へ垂れた  手で返金して  手をすべり落ちた  手をあげてとめた  手をお引きねがいましょう  手が重なった  手をよけようともせずに  手の上の紙きれをふっと吹いた  手を置こうとしていた  手を取ろうとしたので  手を伸ばし過ぎた  手をお引きなすった  手で浮かび出させて  手にあつめて  手から動いておる  手を胸元へまわして  手にきても  手で防がなければならない  手をたたいたりした  手まえをおそれて  手で握りつぶした  手の小判をち  手には乗りませんよ  手を引きませんから  手をさし伸べてくれた  手をふりあげた  手を拾いあげた  手をふって逃げまわっていた  手を放すには及ばぬ  手へ押しつけて  手に触れ  手をあげておさえた  手を引いて助け帰った  手を出さなければならなかった  手へ渡ったというだけの  手へ帰すべきであると思われるが  手に返るという  手をかけてくるであろうと  手へころげ込もうとしている  手へ移っていた  手へ届くであろうと  手についている  手から証文の束が投げ返された  手に証文の束が渡されると  手が伸びてきた  手で引きむしる  手を切ってもらえれば  手を引いていただきたい  手におえないと知って  手を休めて考えこんでいる  手がすっかり板についてきて  手で探し当てる  手をまわして調べると  手で建てられていた  手から手としじゅう渡り歩いている  手をまわそうとしたので  手を飛ばした  手に持ちあがった  手にするにも  手の中へはころげ込まなかった  手の届かん  手をみつめていた  手に持って入って来て  手には何か小さいほの  手で何年釣られたと  手を下して殺すか  手で殺されたい  手にそれを返した  手でどんなにでもご処分遊ばして下さいませ  手のないところに手をつくる  手がないと思っている  手を見つける  手をひっこめず  手と手がもつれて動く  手と手がもつれて  手をかざしていると  手見せてごらんなさい  手どっせ  手で顎を撫で上げて  手を煩わす  手をつと握りしめた  手で行った  手に身体を任している  手を長く出してみた  手で為されなかった  手に取り縋って  手を洗ってくる  手を握っていてくれ  手を握ってやった  手を任せ  手を打振った  手に取り縋った  手によって為された  手に戻りたいと云ったら  手を挙げうるであろう  手におさめ  手へうつった  手にいれられたかな  手に来たナ  手をとろうとすると  手に手に小屋にあった  手にじゃまをして  手は壺の蓋にかかっている  手に入れたか知らぬが  手のとれた  手にはいりましたか  手の小刀をほうり出して  手も切れたも  手へ送りとどけます  手に入れてくれたか  手を触れてはならぬぞ  手をグッと握って  手に利刃濡れ燕がある  手を取るなりするが  手に入れようとの  手に渡らんとした  手を出してあける  手から筆を引ったくって  手にいれるだけだ  手を袂のなかへ引っこめただけだ  手でたたくと  手の濡れ燕をもって  手に入りましたやら  手が引けなく  手を附けるとは  手に龕燈を携へて居た  手を横穴に突出して  手に觸れると  手を一つ動かさずに  手に経済の権を握る  手は嘗試集を攫んだ  手に取らうともしないで  手を引いて下ろそうとする  手に進んでのせはする  手に芸人を渡す  手に短剣を持ち  手でめくられてゐる  手を廻していますから  手から放さなかったという  手から放しません  手を突き込めない  手を与えるでしょう  手で軽く頭を押えてみせました  手に一寸した  手で育てられながら  手の中へ誘って  手に入れますについて  手は真鍮で出来ており  手から上げました  手には変に曲りくねった  手の中で生きていて  手から手へと渡されている  手に持って差出しました  手から眼をひったくろうとしてさぐり廻しました  手の在処が容易に分りません  手にも出くわさない  手から眼をもぎ取る  手の中でとてもぎらぎらと光って  手をのばして探りながら  手を借りなくちゃ  手から小石を落したら  手をさし出しましたが  手にはマイダスが今しがた金にしたばかりの  手でおこなった  手でたくみに作られたかの  手を揉み絞って嘆き始めた  手を揉み絞って  手を揉み絞りながら叫びました  手でも届く  手に一杯すくっては  手に合わないという  手をひっ込めて  手きびしく返答をした  手から消えた  手を放させてやろうと思った  手をゆるめていたならば  手を放してやらないぞ  手をさし上げて  手を上げましたが  手でどうにでもしました  手に馬勒を持っていなさるじゃないか  手の中に彼の小さな手を置きました  手がぎゅっと力を入れる  手を動かすだけで  手は喰いませんでした  手をたたいて言った  手を焼いて居りましたら  手でめいめい独自な設計をつくりあげる  手が回らないかもしれないという  手で分る  手により処理された  手に光っている  手さえ届くくらいの  手では飛び上がらない  手もなく私にしろ  手なカシモードであるとも知らず  手ちがひの  手がブルブル慄えて  手が慄えたというほどの  手に算盤を持って  手も足も出せなくなった  手を伸ばすどころか  手もなく当分面会謝絶を通告して来た  手を空うしてオメオメとどうして帰られよう  手も足も出ないでいる  手を接吻していました  手でそっと石炭を入れたり  手からことりと落ちました  手に取って見ている  手の中にまるめこまれて  手で膝をかかえ  手を伸したら届き  手を伸すと取れる  手で顔をこすりました  手の中に押しこみました  手を荒々しく振り上げて  手を上げれば  手離すことが出来たので  手をしかと掴んで  手はわなないていました  手もつけずにおいたの  手をとりあってよろこびました  手にとるかとらない  手で抱き上げました  手をかざして見ました  手を近づけすぎたので  手を触れて見ました  手を落しました  手を移すという  手を振っていいました  手をさし出されたので  手を額にあてました  手の上に顔を押しあてて  手をかけていいました  手に必ずピストルを使わなければならない  手が見つからない  手の中に丸め込む  手に掛ったか  手がなくても猫同士が見たら  手つだひをなす  手つだひに来りしが  手に握手をして云った  手をもう一方の手でこすった  手や足先を動かしながら  手を自分のもう一方の手で持ち添えて  手をゆるめて下さい  手で動かされる  手を把り肩を接して語る  手を把つて水辺を歩み  手を分ちぬ  手だとか骨だとかを眼でないところとかでみつめる  手などを握り  手近い旅行案内を取り上げてみた  手なんかに乗って堪るかって  手を出さぬという  手をあげろというからな  手でつかまりっ  手をあげなさい  手にとって見ながら  手に提げまして  手から本を受取って  手に托した  手に握らされて  手がつかないで  手離した方が安心だとしきりに夫に説いたほどであった  手の中には誰も舌を巻いて  手を借りなければ行う  手に入るじゃありませんか  手も震えていた  手を煩わしはしません  手に手にピストルを握って  手に団子のように捲きつけていましたが  手をふって叫びました  手に団子のやうに捲きつけてゐましたが  手へはお渡しあるまい  手によって行われた  手をつくしてみても  手をふしんな  手をひきあった  手を鶴代は目まいがする  手にものをいわせようという  手に気がついて  手を振っているだけで  手でなだめながら  手に収められたりし  手にはひるといふ  手とがぴつたり一致しなければ  手には抵当にはひつた家と若干の借金証文を残した  手をかし  手を取りに戻り  手があいた  手から書物を引つたくる  手にはいらなく  手に機械を渡しながらいつた  手でどうやら信用を博するらしく  手で運ばれて来る  手に渡して来てゐる  手を曳かれたといふだけで  手が顫へてゐる  手を出さうとしては引つ込め  手があるでせう  手では作れない  手から鞄を引つたくつた  手の手首を左の指端で掻きながら  手がこっちへ来いと云う  手に懸った  手がその胸倉にかかった  手が頭髪の多いその頭にかかった  手を除けようとしたが放さなかった  手を除けようとしたが除かなかった  手に眼をやった  手に翻訳されて  手にして居る  手に握られてあり  手もまわりかねるので  手を振ったりして  手をまかせ  手や出臍のおなかにまで口をつけて  手を伸ばすと揺れはためく  手をもんでいた  手を突折りたり  手は出せまいよ  手を掛けている  手では取り締まりかねた  手に育てられたと  手には何もはいらない  手と函との関係を歴然と透視させた  手は溢れる  手を交叉させる  手に筆硯を親しむ  手を机の上におき  手を袖の下にをいた  手によつて繕ふ  手にふさはしい  手をやつて掻いたり  手にかけてきた  手をつけてゐて  手をゆたかに表現したといふ  手としては旺玄社ではドンキホーテ的画家は岩井だといふ  手固い突込み方をしてゐても  手も足もでないリアリズムを感ずる  手として吉原の創造性を発揮してもらひたいし  手に刀をもつて  手離さずに全体をまとめ得れば  手離してしまつてゐる  手にかけて動物的な人間味がある  手をいれ  手きびしい厳格さが産みだした  手をつけなければならない  手をふれてゐる坐つてゐる  手を加へたのは誰でせう  手を加へたとしたら  手を胴衣の内ポケットに入れて  手が妾の方へ伸びかかっておりますが  手が足りないかも知れない  手で萌芽させていた  手をかけたくなる  手から逃出した  手を尽す  手にかからない  手を握られたり  手にて製作中と伝えられおりし  手がちょっと私に触れましただけで  手で故郷に残す  手にかけて銅像を建てるとなると  手も力もない日本式の女性とは違う  手を引かんばかりにして  手を取り合ってなつかしみ合った  手をシッカリと握り締められました  手を入れるので  手を尽すか探すかすれば  手をそっと外してのければ  手で弱っている  手でも出来ない  手におえません  手に聴いてみよ  手を繋いでいました  手と頭を下へ向けて下り  手にも取り得ず  手で手招く  手を余り加えた  手にもこの二門が備わっております  手に金が廻って来ません  手を代え品を代え働きかけつつある  手の愛撫をひしひしと感じられて  手は行き亘らぬ  手ではありません  手の下しようもないことを評する  手の好意を懐うことなしにこの柿を手に執る  手が届かんと決めてかかっております  手を焼いてをる  手によつて閉ぢられた  手にあたったので  手に届いたか  手につかまれなければならない  手を出したと認めるより  手や足をすりむいたりしましたからね  手を振って断わる  手に在り  手をやつて見て  手を預くべく  手や髪や水色のリボンを掛けた  手は何うしても見物人には見せられない  手に晴れやかな口づけをする  手を真つ直ぐに差し伸すと  手を執つて叫びました  手をやめました  手離すまいと努力した  手をかければかけるだけ  手により上演さる  手ですくってあげて  手を逃げるかの  手を引き合ったりして  手で押して歩いた  手を叩いて喜んでるわ  手の動きをしばらく重ねて  手をひたした  手にぴょんと飛び乗って  手に飛び乗る  手を叩いてよろこんだ  手を振って制した  手は示していた  手が加えられていない  手にとってさまざまに観察する  手をはずれて  手のすじを見てやろう  手を出させたが  手が切れてからも  手を引こう  手を取らないまでにして  手つづきをさせようとした  手を切ッたって言ってあるよ  手を天心の方に行かせて  手で口へ持って行った  手から落したら  手に取りあげては見たが  手をつッ込む  手がつかなかったと言っても  手には犬の頭のすぐ取れる  手はポッケットに入れている  手で押さえながら  手にその留針を渡した  手を前垂れでそそくさと拭いて  手が真鍮の棒から離れたと  手で牀の隅をむしりだした  手をかしておりてこさした  手を握って泣いた  手を捉って涙を流し  手から皿の上へ落ちた  手古ずるくらい纏まらない  手を出そうかなと思う  手を皿の上に翳して  手を竪に切って  手がまた木皿の方へ出たから  手を出さなかったかと云うと  手を出し損なった  手を芋まで持って行こうとすると  手もなく赤毛布がかかる  手を下へさげて  手で拳骨を拵えて  手が顔とすれすれになって  手で宙に釣っている  手の方を前へ運ばせて  手と足が一度に動いた  手もこれに応じて  手がゆるんで来た  手を離さずに  手を延ばすと届く  手が怠くなって  手が抜け  手を離しさえすれば  手を離しちまおうかしらん  手は離せない  手を離しかけた  手の握をゆるめかけた  手が自然と緊った  手を頭の上まで伸ばした  手の運動の止まる  手と足が動いている  手も動く  手障足障だけで生きて行く  手に捕えられなければならない  手には捕まらないが  手を突いてまで貰いたかった  手を出して頂きたい  手を合せて拝まなければ  手を上げて言った  手の掌を離して  手で自分の顔の上に円を描いてみせた  手を休めてみると  手が巧に編物の針を動かして  手からすぐに夫の手に移る  手を握ったろう  手ぐらいではどうにもなりやしませんからさ  手だと思った  手の拳で拭った  手から父親の手に移した  手をしていましたし  手の下からすべって消えていくという  手からころげ落ちて  手をふれました  手がはいって来て  手につかまれる  手をあわせていました  手がでて来て  手を差伸しても  手すさびに浸していた  手の化ものを見ると  手の指を二本打みし  手をとつて力みました  手離してしまひたい  手をやきました  手をうつて悦び  手へ握らせた  手が自分の方へ泳いで来る  手なぞは払ひのけながら  手で絹子の指をつかんで  手を膝の上へだらりとさげて  手もなく圧倒されてしまった  手を振ったりしながら  手にばかり渡されるだろうし  手で支えている  手の熱をひやしながら  手も觸れた  手に杖をにぎりしめて  手のしたに  手もなく追っ払われる  手を出さん  手は霜焼けに蔽われ  手を延ばそうとはしなかった  手を入れたと  手つだひをさせる  手は震え  手で明らかにされました  手に押さえつけられてしまって  手を置いておりますと  手に捕らえられている  手に入ろうとする  手を握りしめるのみであった  手を支えぬと  手から抓み  手にはおへませんから  手を入れてやり  手から足から茨の刺を抜かうとして  手も足も萎え  手で押収された  手を触るさ  手に汲んだ  手で並べたに  手を入れぬ  手をやって掴むと  手で抓んで  手を持上げて  手が綿のように障った  手で洗ってくれる  手が背後から肩越しに胸をおさえたので  手で釣し下ったと思うと  手を取ってくれます  手には口説落され  手を膝に置いて  手を風で煽る  手を差向けたので  手をしなやかに空ざまにして  手を脱して  手と手を取交すには及ばずとも  手が痛みますかい  手が障った  手で無理に握ってもらい  手が障れば  手をかけてやれば黙って耐えた  手のつけようがなくって身の衰をいい立てに一日延ばしにした  手を放れようといわぬので  手の指かじかみ足  手によって数年ぶりにお陽様に照らされ  手の指は感じがなくなり  手は皮の物を使わなければ  手はどうしても皮の物を使わねばならぬと思った  手もそろそろ感覚が無くなり出したし  手には凍った  手の指を凍傷にしてしまった  手を摩擦してあげる  手で綱を引張っても  手に持たせずには置かなかった  手の先を左右とも後へ廻して  手をやわらかにとると  手に案内され  手落ちじゃった  手がうす赤い輪廓に色取られて  手離すと云う  手で造られてはならないほど  手にしないでいた  手を触る  手をやつて掴むと  手を挙げ足を踏んで  手で掬つて俯向いて見たが  手が綿のやうに障つた  手で洗つてくれる  手が脊後から肩越に胸をおさへたので  手で釣し  手を取つてくれます  手が触  手が障  手で無理に握  手をかけてやれば黙  手を放れようといはぬので  手をまぬがれたという  手をあげたりして歩く  手をつけられたらばと思う  手にかかって死んだ  手を引かれて立ち止まって  手で目鏡を作りながら  手を差し出しますと  手をまるめて  手を輪につなげ  手で捕えられた  手をそっと握った  手を振り放して出て  手を両手に握りしめた  手を挙げてみろ  手に取らして  手をたたいて飛び上がりました  手近い墓地に鳴き交わす  手が触つたら焼け  手も足も投出した  手にかからねばならなかった  手が顔と離れすぎているから  手を離してからも  手もなく無存在といふべき  手の指を物憂げに動かせてゐたが  手をかざしてゐたが  手を離して立ち上つて  手で触れてみても  手に手に取つて  手をかけたりした  手まへに見える  手で抑えているが  手に一本ずつ握らせてやる  手を伸しかけた  手に入れていたの  手を放れた  手に入れなければならなかった  手にしてからという  手かと疑えるほど  手が不器用にひとつところばかりをどうどうめぐりしていた  手の槌は前後左右へ乱れ飛んだり  手の中であっちへやったり  手が真暗闇になってしまった  手の中の狐の耳を抱きしめていたが  手をかけたっていう  手がかかってしまって  手を取ってなんか教えてくれ  手から世にも真っ青な顔をした  手へと移されていた  手で遮って  手を尽して貰ってきた  手は紫ばんでコンモリ醜く腫れ上がり  手を当てて考えてみてくれ  手を叩いてくれ  手を放された  手の中の石を握った  手の白い碁石が小圓太のほうへ投げつけられていた  手でこう抜き取っていく  手の二尺指が烈しくブルブル慄えていた  手の腫れは退かなかった  手を袂の中へ隠してしまったが  手をグイと掴んで  手に入れて貪る  手を合わせたくらいだった  手っぴどく小言いわれてずらかってしまった  手を仕える  手でしっかり小糸の手を取って  手はありませんでした  手にせざれば  手から離さぬので  手を拍ってナルといわんは  手に手を執って  手にこれを一任した  手を持っていたが  手に率いられた  手のままにどうにでも動いてくれた  手だけの事で頭は完全に遊べるから  手のヒラを駈けていたに過ぎなかったっていう  手に悟空と共に宏大無辺を遊びましたよ  手あぶりの火鉢を置き  手に太やかなる  手を触れてはいけないまして  手を触れようとする  手を組んでゐるよろこびを  手に重くもたれて泣きやまぬ  手に山風が冷たく触れる  手からとつた一つのレモンをあなたのきれいな歯ががりりと噛んだ  手に渡らせよう  手は曾て油絵具で成し遂げ得なかった  手をあげしが  手に重くこたえたり  手をつきぬ  手に桃の花を持ちて出  手を弛むれば  手によつて達成されなければならぬと思はれる  手のやっと届く  手はくわないよ  手で育てあげよう  手から労働者農民の土地らしい生産的活躍をはじめた  手の出現する  手に騙しとり  手から哀れなソヴェトの人民を解放してやらなければならない  手っ取りばやい  手が悲鳴をあげて  手を引いてくれる  手を伸ばせば取れるほど  手をひかれてやって来た  手を母の痩せた  手と握り合わさせた  手で母の冷い  手には鋼鉄の叉棒を握って  手もあります  手に紙包と長煙管を持っていたが  手もわたしの覚えていた  手を拍たねばならぬ  手頼つてみる  手を出したりした  手がついてめくりにも  手をかざしてみても  手をこう動かしてくると  手とあの洋館とが同じ場所に並んでいたと考える  手が生えていて  手がニュウと伸び上ってきて  手でツルリと自分の顔を撫でまわした  手をときどき休めては  手を外したい  手が内懐のポケットの中に消えたので  手と足とを緊縛した  手で合わなきゃ  手を引込めてしまった  手をあてて云った  手に引懸る  手は辛うじて絨毯の端を掴んだ  手で蔽うなり  手をあげてし  手を伸ばそうという  手の裡にある  手を突込み鍵束をとり出した  手からその半紙をひったくり  手がひどく震えて居る  手も震えている  手を膝の上においてうな垂れている  手を握りつめた  手をそろりと後へやって  手を捩る  手の先だけを動かし  手に掴む  手を引張らうとして  手が穢れるので  手を動かさない  手が有るかも分らないねだ  手はきつと有るわ  手をかして下さい  手を額の上にのせて寝てゐる  手も足も出ないや  手が触れたので  手をはらいのけて  手で処理された  手短くいえば  手に長い竹弓と蕪矢を持つ  手に飛び込める  手を堅く握り合ったり  手をひかえて居ると  手無足で居る  手の花が最も普通であったように思う  手にわが小さき掌を握りしめ  手をこまぬきて  手に引き取られぬ  手あるがため  手離されんでね  手ひとしく扉をおしひらきて  手して右に水兵の肩をたたき  手に小さき読本をささげ読める  手を離されて  手につかざりし  手を放れ申すまじきか  手おそしとくりかえしくりかえしくりかえし  手をつかえつ  手にあらんと信じ切ったる  手をかざしつつ  手をふきふき  手はおのずから相結びつ  手を仮し  手より四季袋を受け取り  手をひしと両手に握りしめ  手よりすべり落ちたる  手のわなわなと震わるるを  手にするの  手をとりて引き出されし  手をひしととらえぬ  手をば無手と握りて  手おのずから動き  手もて剣の柄を破れよと打ちたたき  手ありてわれをもたぐるを覚えつ  手はわなわなと打ち震いつ  手にはたまらざるべき  手を戟にして  手を尽くしたる  手に落ちたり  手に抱かれては死せざりしぞ  手にあまるかの  手にさげたり  手をとりぬ  手をひきつつ  手離すに忍びざりき  手を握りぬ  手をひしと両手に握りぬ  手を洗いて  手にさげし  手を引きたるが  手に従って開きつ  手より受け取りて読みし  手を通らぬ  手を窮屈そうにもみ手をしながら答えた  手をふり払って  手からあるいは雑役という看守の小使のようになって働いている  手を置いてかしこまっていた  手を少しも振らない  手があれるだけなら  手に転がり込んで来た  手があったかネ  手をふって歩きはじめた  手を押しのけて  手をそこにやってみた  手を引いて見ると  手には長く伸ばした  手によってやたらにキャンプが張られ  手を取って引っ立てた  手に廻る  手をふりながら叫んだ  手をかわるがわる握って  手を以て破壊するであろうか  手をとって来た  手が空間で石のようなものに触れたが  手を互いに絡みつかせて  手のようなものが出ていた  手を握りあえないことはないと思う  手を拭きながら出て来た  手近いところで酒場ペチカの扉を押して入った  手を染めていたが  手にとって開いてみると  手で解決するので  手でつかまっちまった  手が大きく受けとっていた  手に於いて  手にいじくり廻されて  手に至っては  手にかかるべく  手早く着物を脱ぎ棄てて  手がまわったので  手で両方の眼をこすってしまった  手にとり持ちて  手で育まれた  手を出して儲けようとしたらしいが  手が離されんけに  手を曳いていた  手をぐいぐいと曳いた  手から救おうとした  手がかじけて  手にとどくだろう  手に渡って育てられている  手ででもいくらでも嫁に行先はある  手を出したくて堪らん  手が凍えて  手に真鍮の柱をつかんだ  手に保吉の頸すじをたたいた  手を掛けてゐた  手を少しも振らせずに歩く  手の指を拡げた  手を振っては  手に重たき本包みをさげ  手向うことは出来ないではないか  手におさめたとする  手を伸ばせば届くほどの  手をうごかした  手をつけ始めたばかりの  手を伸ばすにも  手を握るなんて  手を握れましょう  手で捜してみよう  手に捉えられ  手は伸びなかった  手から放して貰いたい  手を貸して呉れたまえ  手がつけられないだろう  手で自分の眼を蔽う  手によって建造せられたる  手がつめたくてきれいな字でなくなって  手がつめたく新しい仕事にかかる  手ずれた表紙を常に親愛をもって眺めていたが  手をちゃんとそろえ  手だの足だのがバラバラになっているのよ  手にはいらなければ  手によらずして  手でさはる  手を引つこめて後ずさつた  手を開くと  手に庭へつき出した  手でさはつてみると  手を引かれて歩きながら  手にしたりした  手にはさみを持った  手に入れたり  手から子供をさらっていった  手に汗を握ったが  手には小さい蓮の実の珠数を持っていた  手を掛けかねない  手に汗を握っているという  手を突いて頼んだ  手が硬張って能うは書かれまい  手も薫るばかりな  手を休めて訊いた  手で鼻の下をこすりながら  手にゆだねて置く  手に付いていた  手を差し向け  手はいつごろ差し向けられると聞きましたか  手を向けられまするか  手を向ける  手をとって忍び出ると  手をかけて立ち停まった  手あらく突き退けて  手かと存じまする  手を向けよと  手は水のおもてまで届き  手を伸ばしてあせっている  手をふってさえぎった  手の下をくぐりぬけて  手に追い付かれて  手もおそらく奥方に眼をかけるに  手も少しく攻めあぐんでいる  手を束ねて戻りましては  手こそ下されねど  手が小坂部の袂に触れたと思う  手あらいことも出来ないので  手を取りしばっている  手をふり放そうとあせり狂ったが  手にでも縋り付いて  手を押さえている  手から飛んで来るとは思われないほどに  手を照らす  手をあてて窺うと  手はいつか握り交わされていた  手を拍ってよろこんだが  手は怪しいように硬くなって  手でそれを抜こうとすると  手にも何物かがひらりと飛び付いて離れなかった  手では殺さぬ  手から玩具を奪う  手を打って喜ぶ  手に掴まれておりまする  手を引き受けた  手にあまらば斬って捨てい  手からビスケットをやってなめられて  手をとって歩いてゆく  手がこんでいてひねくれていて  手を入れてこ  手に水桃をささげもち  手を有っていた  手に塩を提げて行った  手を引かれろ  手を助ける  手も悪く成りかけた  手を引き合って来る  手を揚げて叫んだりする  手に汗を握らせた  手を引かれて断り言う  手も届きかねて  手で買取られて  手なぞが真紅に腫れるほどの  手に鍬を携えながら  手が居た  手の群はいずれも白い被服を着け  手の一人は赤い牡牛の傍へ寄り  手は多勢寄って  手の一人は細引を前後の脚の間に投げた  手の一人はその茶色の腹部の皮を縦に裂いて  手はいきなり出刃を揮って生きている  手がその上に乗って  手の頭は彼方此方と屠場の中を廻って  手の出刃が南部牛の白い腹部のあたりに加えられた  手の中には牛の爪先を関節のところから切り放して  手は三人掛りでその綱を引いた  手の頭は手ずからその尻尾を切り放った  手が切れない  手は獣医の方を見た  手の頭はブリキの箱を持って来て  手が海綿でその血を洗い落した  手の頭も血にまみれた  手に言付けて  手は二人掛りで大きな秤を釣して  手の利に成る  手で籾を掬って見て  手の指の凍り縮む  手なぞを見れば  手が少し動いて  手から下へとり落とした  手から義眼は再び地上に落ちた  手から地面の上へ落とすと  手にとって調べた  手で人工肺臓を外すと  手を延ばそうとした  手を引きあげた  手がうつった  手をX線装置からだすと  手から携帯電灯が叩きおとされる  手から血がぽたりと床に落ちた  手にとって撫でてみた  手をとめると  手をはなれ  手を天井の方へ延ばして  手にもどってくれた  手からはなれてしまった  手から猫女の手へ移った  手おくれになる  手にとってよく見た  手をださないでもいい  手にそれを渡した  手にとってみましたとも  手をすべらせた  手に入れたいと思った  手にいれないで  手をのがれた  手と足で階段をさぐりながら下りていった  手をうしろへまわしてもらいましょう  手をかんた  手にとって調べてみたといったな  手でさぐってみたら  手にうつり  手に汗握って  手をだすな  手に汗にぎって見くらべていたが  手を叩いて叫んだ  手で調べてみようじゃないか  手を下せば  手で草をわけてみると  手を休めもせずに言いました  手を差し出したが届かなかった  手に石鹸箱を下げていた  手に下げているじゃねえか  手を出したね  手をとって押し戴き  手離しがたい愛着を覚えざるを得ない  手で水を掻き  手離す不安は彼自らを憐れむ  手もなく持つてゆかれてしまふ  手もなく盗まれてしまふ  手に握りうる  手によつて在るが  手にぶらさげてゐるばかりで  手を押しつけた  手をすべての女の頬に押しつける  手を懐中へ差入れて  手や足についた  手がうごいてから  手に入れるにも  手になつたガラクタだといふ根性がぬけない  手に掴んで握りつぶし踏みに  手をふり放して  手をひかれてといふほどの  手は突然男に握られてゐた  手づからお茶を入れに走り  手のつけやうはありませんよ  手を加ふるまでも  手を物憂げに振り  手を髪の毛に当てて  手を彼の身辺へ延した  手も足も小さな痛さを覚える  手が握  手を再び堅く握りしめた  手も洗えば落ちる  手が木村重吉の流した  手を触れたくない  手をつけてあばき出す  手を觸れた  手に怪我をした  手を觸れまいとしてゐる  手でぶつまねをしたり  手には水に枕みてつき出したる  手に持たる鞭面白げに鳴らしぬ  手にしたるなり  手を差出して居る  手づから拵えた  手は鈍って  手を伸べて笑ったの  手でしか書ける  手に握らせると  手を食事の時に見るほど  手で薪を縛る  手で芋燒餅といふものを造へて呉れた  手を着けさせずに  手に養はれたといふ  手を離れるとは  手で子供をそだて  手や足を動かして  手うちはらひて  手には水にのぞみてつきだしたる  手に持ちたる  手を彼は時々頭の方へあげて  手をかけてみようと思っている  手をかけましたから  手に取ってながめました  手がくたびれます  手の疲れる  手に取ってみながら  手をなめたりして喜んだ  手を尽くしてみますが  手でさぐりながら  手をおいたりしていた  手に就て考へた  手と杖と飛びちりさうな激しさが分つた  手を洗わなかったり  手ん手に提灯をさし上げた  手によって発行する  手に取戻す  手によって行われたというだけの  手を握りつめて居るほどである  手で拒絶する  手を摩りあわせたり  手に握られてある  手から線香花火を取っていじりながら  手をかけましたら  手で涙を拭く  手がまわりかねている  手に入るから  手も実に入用なのがわかります  手ばなせ  手につづいている  手を放さず  手を丁寧に洗う  手がついて来るから  手を入れなければなりますまい  手の先の力に全身をかけながら  手がまだ怠けている  手に迄とって  手を盗人になつて差し伸した  手は棒になつて動かなかつた  手を触れなかつた  手に提電灯の用意をすると  手をつけてゐないが  手はいつの間にか腋の下に潛つてゐました  手に落ちて参りまして  手にこの身をお委せする  手にお取りになるでも  手をお合わせになる  手は畠仕事で荒れておりますので  手を揉み合せて  手を弾きはじめました  手を支えました  手を拭いておられた  手がブルブルとふるえました  手を私の頭から離されましたので  手を入れずに済みました  手で自分の口を押えました  手で運転し  手も借りたい  手や足に刺戟を与える  手離さなけりゃならん  手はおののきて  手を触るれば  手へ引渡した  手あぶりの火鉢をあたえさせた  手をかたくにぎったが  手を出すが  手にそだてられているが  手をもってほったと  手に手に武器をとって立ちあがった  手に手に武器をとって  手をあげていった  手をもってあいずをした  手にまかしている  手にとるごとく見える  手と手をにぎりあった  手に若干の乾し  手に汗をにぎってききいった  手をうって喜んだ  手からうばい  手はその十分の一も動かない  手をのがれる  手がゆるんだ  手にかみついた  手は早くもポケットの懐剣にかかるやいなや  手に手に銃をとって  手が現われ出る  手を拡げる  手近い所からその事業を始めて  手もて触れ得なくなる  手によって書き下された  手によってのみ巧みに作られ得る  手を引いてくれ  手で殺してしまう  手のものというわかり合いが  手を打ち振った  手に入れてくると言って  手を引っ込めようとすると  手には負える  手を当てるまでも  手を膝にしゃんと立て  手を前方へ突き出して  手はひとりでに雛妓の肩にかかっていた  手で膝をちょんと叩いた  手も足もない赤児のようなお前によろよろと倚りかかろうとしている  手の中の珠にして  手の拳で額を叩きながら  手で額上を覆っているという  手に取り付いて  手を固く握り締めた  手に汗を握らせる  手に渡ってしまった  手も足も付けられなかった  手を指すという  手や足までもからみつきました  手を抜け出してあるき出しながら  手で姫の手を掴もうとしました  手を引っこめますと  手と足で蔓にかじり付いて  手を引っぱりながら  手を出しませんから  手に取ろうとしません  手を延ばして捕まえようとします  手に手に短刀を持って  手や足にからまって  手に手に短刀を光らせながらやってきましたが  手を当ていろいろ物の云い  手をやってみますと  手を引かれて来ましたが  手にはいりました  手つづきまでさせて  手はかすかにふるえて  手の中に入れた  手をもたれた  手をかたくにぎりしめた  手をはなそうともしなかった  手から男の手をはなした  手は又先の様にだらりと両わきに下った  手をさぐってにぎった  手をのぞき込んだ  手の指先に何かが光って居る  手は二の腕位まで香りを放ち  手ん手に勝手なことを考えて居た  手かがみをひ  手の先をふるわせながら  手につかまって居た  手にぶつかり  手をツとふところに入れて  手をやらなく  手を用ひた  手に百五十七分つ  手を見つけてゐる  手を指してゐるぜ  手の報らせが来た  手を指した  手を指す  手を掛けて見ると  手と云つてはねつから届かない  手からその小壜を奪ひ取つた  手がありはしない  手がつけてなかつた  手おくれになりはしなかつたか  手をだすので  手を触れようとしなかった  手をださずにいられない  手のつく  手をのばしたら  手は烈しく震え  手にとって読んだ  手にとってよく調べた  手には珠数を爪繰って  手に繃帯した  手に持って入って来た  手で巧く  手は延びないけれど  手を焼いて居る  手に入ったからである  手を握って喜びました  手を噛みちぎられていたに  手に手に鉄槌を握り  手で焼かれている  手がぶるぶるふるえ出した  手にかかって死んだら  手をのばしはじめた  手の掌に死の影を握って  手を取つて喜びました  手をゆるめて立ち上がった  手を打ちましょうや  手を前掛で拭いつつ  手が慄えた  手で二人の生活費と平一郎の学費とを与えてゆく  手を伸ばしてつかみかかっている  手にとってはじめて顔をあげた  手からこの夜の運命を決定する  手をかけて起こしにかかった  手の金環の触れ合う  手でもあった  手をズボンの袋に突込んで  手を伸ばしていながら  手に返らなかった  手と両足で荒れ廻った  手に養われ  手も足も出ないで  手に育てられて来た  手に養われる  手で育てられて来たので  手をついて坐った  手に捧げて出て来た  手を振り廻して  手になれる  手を支いて黙って見ております  手に持って行かれた  手の指から血を出して  手で弾く  手に持ちいる  手も洗わないで  手を棄てて  手を膝に掛けて  手に引き入れ  手に上がるに  手に持ちながら  手を引いて行かねばならなかった  手には抜き放たれた  手を袂へ入れてみた  手によって逐次に分析的に研究されつつあり  手で鍵を開けて  手から剃刀を取って  手をあてたりして  手をしっかりと握りあって  手で剥いたって  手で食べる  手に火と刀を執りて  手を童子より放て  手で幸か不幸かに岐れる  手を握り合させて言った  手で親しい骨肉のだれかを断ち切られた  手につかまれないでいる  手は泥をこねる  手が錠前にかかっていた  手ばたきし  手で一筆書いてよこしてくださいませんか  手でもぎとられてしまう  手のし  手が休むならば  手をやさしく取りながら言った  手で飲むより  手に何か道具を持って  手で頭を支えていた  手を使ってする  手でいつも補充される  手がやってくれた  手をさし出すと  手に接吻しようとしたが  手に接吻して言った  手を尽してみて  手に取って読まれた  手から完全な被造物として出てきた  手離さなくちゃならないなんて  手をむりやり顔から離させて話しかけた  手を叩いてどなった  手にわたしたら  手を使ってやっている  手から残酷にもぎとられた  手にしなければならなかった  手で器具を部屋の外に持ち出したが  手を貨してくれと頼む  手で私を支えてくれる  手であなたの通る  手で眼を掩って悶えながら叫んだ  手をさしのべて叫んだ  手でも使い  手で投げ出された  手が私を待ちうける  手に持たせる  手をつなぎ合せ  手を通さず  手につかんで離さないじゃないか  手はいくらもあります  手から布巾を奪い取る  手を通して威勢よく働き始めた  手から引き上げられてしまった  手に何やら持ちながら  手には斬奸状が持たされてあった  手の指が白すぎるよ  手に戒刀を握っている  手には拳が握られていた  手が伸びて来た  手で払いながら  手をつけようともせず  手はしっかりと握られている  手にとって見る  手だけをうしろへのべて  手を敷居へついて  手をたしなみ好く  手が妙にそわそわしてきた  手をついて下った  手でおし止める  手で撫でおろす  手が眼のあたりを覆うている  手を落して  手で徐かに膝を撫でている  手が動くにつれて盛りあがった  手に入れるとなると  手は財力が豊かでなければ自由にならない  手を繋いでいる  手に花開いた  手にとつてゐる  手に残りました  手にしていられる  手に滋味を吸う  手にうち伏し  手に弄ばるる  手の手触りかなと思った  手にして立ち尽す  手を携へて散歩したり  手からお妾へ直接手渡したいと附け  手づから摘み採る  手にかかるが  手を消毒しないと  手に適する  手からあぶなく落とし  手を縛って  手を忘れちゃ  手で蚊を叩いていた  手と足と頸が細って行き  手を合わせて行く  手がわなないて来た  手をシッカリと握って云った  手を任せた  手を把るようにして歩いてゆくと  手に盆燈籠を持っていた  手に残しました  手からその板ぎれを取り上げました  手をうしろへやって  手にすがりつく  手に握らして  手にしているし  手でたがやした  手が痛くなったけれど  手にはいらなかったからではない  手はそっと君の手を握った  手に触れようとしない  手に吹きかけながら  手を伸したりして  手をぐいと引張つた  手を打つて喜んだ  手を付けると  手づから頂戴した  手を入れて擽りながら  手で雜巾を取つて  手によつて空拭きをかけられた  手頼らなければならなかつた  手を束ねて見てゐると  手の慄えもやまなかった  手で処理して  手の先の仕事をするか  手を引張らんばかりにして  手に掴まる  手で腰越で抑へる  手をあげて停めて  手を經ないといけませんから  手で友人たちは傷つけられたに  手はごばうを五本よせた  手をふつて歩きながら  手を引き遠ざかりながら  手づからポンと口を抜いて  手を突出して防ぎ止めた  手が凍か  手と手の間から顔をさし込む  手を引かれねばならなかつた  手を引いて歩き出しながら  手に捧げ来りて  手がはいらないで  手を入れないで茂るに任してある  手に持たしてやった  手を握ってやって  手に厚紙を持って  手にかかったでしょう  手で觸れられなくも  手をオデットの頬にそうて上げた  手から懐剣をもぎ取ると  手をつけ足を入れしならん  手あらい口そそぎ  手の来べき  手を縛られた  手をちょっと懸けると  手を下される  手から岩の靴型をひったくる  手を震わしながら  手によってこれから捲き起されようとしている  手を見ておくと  手をしずかにあげて  手が生えた  手にはコルトの六連発のピストルを握って  手のやうな広い鰭状の手で悠々と水を掻き  手で掬つてごらんなさい  手の差伸べ  手なんか握られたら  手きびしい引導を渡して  手にこんなに豆が出来た  手がひりひりする  手に汗を握らせるほどの  手を執られて  手はのびて  手を束ねていた  手に殺されたと  手を抜かずに  手をのばそうと思いつつ  手をだすまいと  手を林檎の方へのばしたが  手で自分の口にふたをしながら  手が足りないが  手にとってみていた  手をおろしてください  手からこっちへとってしまえば  手をあたまのところへもっていく  手がころがっている  手の届かぬという  手を出さなく  手によってもそれをこしらえ得る  手が来たのに  手を入れすぎて  手を添えたと見ると  手を延ばすなら  手を挙げて突きながら  手を上げて祓い落そうとすると  手はないと思ひ  手がとれない  手を入れてからでなくてはと思ふ  手が来る  手のやり方など色々考へてやる  手に入ってゐる  手を触れたが  手と手とが握られた  手障わりが違っていたからな  手を上げて制する  手にかけて下さりませ  手に珠数をつまぐっている  手へ渡そうとした  手に水が当らなくなっていた  手によってささえとめられた  手に持って居た  手が自分をまねいたので  手に水が当らなくな  手で打ち  手のやうな廣い  手で悠々と水を掻き  手にこんなに豆が出  手を叩いて逃げて  手に入りて出でず  手にも残らぬなり  手に当たる  手をかけられ  手が私の手に触れ  手でも握つてやらうと思ひながら  手を取らぬばかり寄り  手を振放さうともせず  手を離すと共に  手をつかまへ  手を遮りはしないと思います  手を何時の間にかするりとおろしてしまっていた  手を挙げると  手を拍たんばかりによろこんだ  手を制する  手を振ったのに  手はとうとうなにか固い障害物につき当った  手やわらかな破滅が私を待つ  手は非常な苦心をして  手を皿のあたりに習慣的に上げ下げして振っていた  手を床からひっこめて  手を一振りすると  手につかまれながら  手によって生きながら焚き殺される  手で掲げて  手で叩く  手を揚げながら  手を言出した  手の幻影になる  手に怯えて取縋った  手で払った  手も浄めずに出たなんぞって  手もふるいければ  手を組みて唄いつつ来たるにあいぬ  手をとりて引き立つれば  手を堅く握りて立ち  手を握りて放たず  手を握りし  手は振るいぬ  手振るい涙たばしり落ちぬ  手のいたくふるえる  手を拍って笑いぬ  手に渡しぬ  手を堅く握りて言えり  手に届くは  手が能く行届き  手を巻きて  手入能く行届き  手には少しも血の痕を見ず  手の人差指のみ紅く血に塗れしを見る  手にて血の文字を書きたりと云う  手にて書う筈なし余は最早や我が心を抑る能わず  手を尽しましたが  手も無く捕縛して仕舞いました  手でかね  手に掛ッて髪をくねらせて  手を掛させぬ  手を更え品を変えて口説かれる  手に血の附て居た  手で書くか  手で書く  手へ血を附けて置けば  手を右の手とは間違えますまい  手へ血は附けません  手へ附けて置きます  手へ血を附て置ねば成らぬ  手へ附けて置くに限ります  手に附て置けば  手に血の痕なきを知りて  手を以て記す  手を以て記すの  手を下せし  手は自ら下さぬにせよ  手で直に老人の手を取たから  手であの文字を書せた  手だと云う  手に落たれど  手をかけようとするが  手の感触をありがたいものに思う  手に猫の頭を撫でた  手の中の剃刀を板の間へ落した  手に入れて出掛けた  手のこみ入った  手を放してから  手にはさっきまでは望遠鏡の役目をしていた  手を上に延ばすと  手に載せてやった  手なりに忙しくいく  手をおあげ下さい  手で水洗いされ  手で取上げた  手の働きは止めず  手で提げて来た  手が揃った  手が欠けた  手を覚え  手を叩いている  手に剰っている  手を緩めない  手だけで育った  手でドアーを開け  手の先に鍵が触った  手を取りあっても  手の静脈が太く浮出します  手には睡蓮の花を持って立っています  手に触れるほどの  手を否応なしに折り曲げさせようとする  手をかけながら起き返っていると  手で書き  手を振らなければならなかった  手を引かれて行く  手に縋るとか  手に縋つてい  手をかけても詰らないと思ふ  手ごちにも行かない  手を出さないので  手を入れたい  手をぎっしりつかまえて  手に鍬をもっているから  手もふれられなかったと云っている  手で思わずなでながら読んでいます  手でやるしか  手ばなさず  手で粉砕される  手に一層の愛着を覚える  手に六畳の入口へまわって来ていて  手に玄関を入った  手をのばしてつかまる  手としては適任が見つかってようございました  手をふりしぼる  手の先の冷える  手をお出しなさいませ  手つづきをしておいた  手を当てながら  手を重ねます  手となっている  手にとりあげて読み直した  手の青い筋を網膜に浮べながら  手の届いて居る  手が届いてゐた  手で撒き散らされて  手に止りに来たという  手を書いたが  手だと聞いては  手を附いて待つてゐた  手へ置いて  手にして出ていつたが  手をとおしながら立ち上った  手の先を引ぱるような困惑の表情をした  手ですった  手をついてあがったと  手をひかれていた  手をのばして見た  手の泥をはたき落しながら  手はとめず  手にはし  手から原紙の円く捲いた  手をとめたなり  手を繋ぎあわせ  手をはぶく  手の五本の指は都ハレルムの花壇にかつて咲いた  手に青き洋紙は提げられたり  手に雪はしたしや京都にてにほやかに恋ひぬれどさめゆく  手にそひきたる  手易くは行かなかつた  手に団扇をもって  手を斯ふ  手から奪ふ  手を心得ている  手で新聞を読んでいる  手を差しだして延びあがる  手や指につかんで  手をかけて行くべきであろうか  手にのみ委ね  手といったら  手を洗っていたら  手を柔かく噛んだ  手で髪をかきあげる  手を拍たんばかりに笑い興じる  手が離れると  手に新聞を持っている  手はひびが切れてあれているが  手のあれたるマリアでなくてはならぬ  手を今宵もか殿のわく  手つづきを済ます  手にはいらないくらいの  手なんか翳すない  手に委ねられてゐるといふ  手の指を咬まれた  手に持ちて  手に店頭へあらわれ  手で安煙草をふかしつづける  手を振っていく  手を振るあり  手に手を取って駈けつけて見ると  手で突き出す  手を出して取ろうとすると  手離せない御用もおありだろうけれど  手なんか振っていた  手が横ちょにさがり  手に曲がっていた  手が触れ合った  手と手と触れ合った  手に余らば  手が繰り出され  手に刀を持ち  手で畳まれ  手へ渡ったなら  手へ渡ったとあっては  手にしこりが来  手を開き  手に力をこめ  手を差し出してくれた  手を振り放そうとはせず  手をお引きいたすでございましょう  手で介抱して  手を取り交わして  手に捕えられたとは  手によって捕えられ  手もなく左門に討ち取られた  手に入れたも  手延ばされぬ  手によって引き戻された  手から遁がれよう遁がれようと  手を触れさえしなかった  手に入れたなどと  手も足も出ないではないか  手からも血がしたたった  手を頤の下へ支い  手から遁がれた  手に余っていた  手に抜き  手に入ったからには  手に刎ねられ  手から取り落とした  手で葬ろう  手が馬鹿になった  手くびをカクンカクン振ってみせたりした  手をかけはじめたが  手をかけ合って  手を打ったりして  手に手に箒を持って  手に入っただけで  手を叩いて喜んでるから  手に剣がきらめいたと思ったら  手に入って来ると  手は斯う私を舌打ちで鞭打つだろう  手は私の鬱陶しい衒気を瓦斯の様に嫌うに極まっている  手で殺される  手の上へ乗せた  手から受け取ると  手に残っていたが  手に入れて呉れと  手をまわしたりした  手ばなすと  手に顔を視せよう  手をふいたり  手を合せて拝み  手で私の頬を打った  手を合せて拝んでいる  手から取り去って呉れ  手で育てられるより  手を顔に当てて  手はいつも他人のぽけっとへ這入りたがって  手の千法と遊ばなければならなかった  手だけ手袋をせずに  手によってまわされる  手離してもう一番と踏み止まったり  手は秋の夕方の電線のようにふるえていた  手をつけようとしない  手を入れて訊いた  手の序に顔へも塗った  手で触ってみました  手で撫でてみたりしましたが  手を振り解いて  手を用いています  手摺れてしまい  手だのを差し伸べ  手を容易に離さなかった  手から鍬を捨てると  手を上げている  手までかけた  手で守りたててきた  手をやったりしない  手にでも渡る  手を直ちに逆に使って  手を拍って喜びました  手が上がっている  手の森林を潜って  手を上げ合っている  手に落とされよう  手におちて行く  手に触れて始めて鳴り渡る  手が咽喉を取り巻くだろう  手から飛び  手にと移り行ってしまう  手で振るといい  手で破られた  手を振って言いました  手にも自ずから力が入り  手と思い込んで  手とが鈴なりにぶら下った  手をとおさない  手を後へ廻り気味に当て  手で黒骨の金に大きな朱の日の丸の玩具の軍扇をサッと拡げて  手から白斑になってしまった  手は赤インキだらけになって  手はたたいてもきこえず  手や頭やを出すと  手が交った  手を当てて見た  手を曲げ  手を執って診る  手へ捕えられ  手よりも紙の辷りの  手の指を触れると  手を戴く  手あぶりには炭火がかっかと熾っている  手を拍くかな  手振は足取りは鰌すくいに  手で鼻をつまみ  手と足何本突き出した  手に嘗めた  手をどうぞというから  手ばかり振っている  手のものでがしょう  手を出しかけたが  手で掻き散らした  手を振ったが  手だなとやっと私は気がついた  手に握らして立ち去るが  手が慣れて来れば  手を拍ちますので  手を突いて頼むから  手も出しませんでしたが  手を当てて見せましたので  手をつけて持て余した  手をとって習わせた  手をおあげ下さいまし  手から神酒を入れた  手から酒肴を調理し  手に移されてからは  手にとつて見ようとはしなかつた  手でわが首をかき落して  手には種ヶ島が握られ  手にしないでゐるが  手振は忘れ  手が一本だらりと寝台の縁から垂れてゐる  手で縫いつけたというだけで  手から鉛筆を引ったくって  手をひらくと  手で小舟へ助け下ろされる  手のなかの土耳古銀を鳴らして  手に入ってる  手には鋭利らしい刀を持っていた  手にはいくつかの銭がにぎられた  手きびしくトドメをさした  手でぶちあったり  手でさぐりあう  手を挿入して  手とナイフを拭いた  手によって無に帰した  手や兇器を洗うか  手を使用して引き出したらしい  手に入れて読んでみると  手を戟にして罵った  手を急ごうとすると  手堪えはありながら  手の下におく  手をのばさない  手に独占して  手で片頬をおさへて  手に奪はれて  手には寒竹の鞭を持って出かけ  手を合せてわびていたのに  手を鞭で撲られて  手に一つの瓢をたずさえて  手は考えたの  手を執らんばかりにして言った  手で推し戴いて  手をたたいて笑いながら  手で開けた  手に入れたと  手を清潔にしなければいけないといふ  手によつて空前の成功を収め  手はみな鳥の爪のように見えました  手をこまぬいて  手をほめられ  手向いしないと見てとり  手を回して書き  手から飛んだ  手どり脚どりされて  手に育てられていましたが  手も足もきれいに洗ふ  手と足はめんどくさかつたので洗ひませんでした  手を洗はせて下さいました  手を経ている  手からこの銭をとって  手が窓からぬっと出た  手はいつか去った  手が出たので  手に大きく自分の書き判を書くと  手はだんだんに縮んで消え失せた  手に百銭をつかんで投げた  手をあらためると  手の長い小蝦が沢山いる  手にしたならば  手には触れず  手を洗わずに  手を洗うという  手を差出せば  手と體躯とでアーチをつくつてくれた  手から奪ひ  手に震へるほどの  手が着けられないので  手をふって答えない  手によつて何時か示して  手に手を尽くして  手を着けると  手は原稿と共にポストの投入口に奥深く挿入せられて  手でちぎって入れ  手など入れれば  手に楽器を持っていた  手に長い髯をひねっていたが  手を習いながら  手がつきませんでした  手にかけるよりはと思ったからです  手を出して掴む  手はさらに水牛の足をつかんだので  手に一つの嚢をさげていた  手に大きい袋を持っていた  手などは握れなかつた  手に渡されていたので  手がついていて  手を入用としない  手から逸してし  手に取り得る  手ずれたる銀の箔をば見る如く  手擦れて所所の光る  手は美くしき小鳥なるべし  手を取らうとした  手が其処へ行くまでに飛び立つてしまはないであらうか  手の美だけを云はうとした  手に載せぬ若返るべき  手に載せてゐる  手で振つて見る  手のみ見  手だけが滑稽に見えるだけであると  手の指を種種な形にして  手を前向けに立てて突出す  手を前向けに立てて見せられぬ  手に負えないほどになっているのに  手では頭髪を握つ  手をもち添えられて  手長い間土を掘  手ずんぐりして  手が一緒に爐辺に集まる  手が差し伸べられて  手は漸く吾に返  手を加えねばならなかった  手で知らせた  手の臭を嗅いで見る  手を洗つてそれから顏を洗つて又姿見へ自分を映して惚れ  手が脣を押へて居たので  手から其白い布を取  手が明いて  手を延しては  手にはおへぬ  手と頭と笑ってる  手をマントの下から出して  手が女の肩にかかると  手をつなぎ合せて  手が濡れた  手に触り体が触れる  手をひかれて走りながら  手をひいて走りながら  手に手に宝石やお金を山盛りに盛った  手に生れて  手に取ろうとしたが  手に手に種々な化粧の道具を捧げながら  手には一冊の字も絵も何も書いて無い  手を火の中から引き出すと  手に据えて  手で隠しますと  手も足も動かなくなった  手にはっきりと伝わりました  手はこの夜更けに何のためにこの王宮のまわりを駈けめぐる  手には美しい宝石の紐を持って  手で窓をそっと押して見ますと  手に飛び付いて  手に黄薔薇の籠を持ちました  手をぐんぐん引きながら  手に持っていましたが  手をしっかりと握り締めました  手を石のように握り固めながら  手をかけて身構えました  手を取って引き起しました  手に女王は走りかかって縋り付きました  手を捕まえて引き離そうとしました  手を置きまして  手も足も切り離されて  手を引き退  手も足もバラバラになっている  手を引いてやって来ました  手がまわっている  手にあがると  手でタタキ割った  手を無邪気に引離しながら  手に握られ  手にもつてゐたといふ  手が凍える  手を伸し合う  手で押し上げると  手を天幕の外へ出すと  手に磁石を放さない  手も凍えて  手も頬も黒くなったり  手から手に取り交わされた  手は出ない  手は写生箱にかかった  手でハンケチをつかんで  手があるまいとか  手なんか出す  手が利かなかった  手の利かぬ  手の垢や鼻糞を丸めて  手から吸飲を受け取って  手を左右に開いて  手をわが手に添えて  手も足も利かなくなった  手を打たなければ  手に作り上げられた  手に罹って死のうとした  手も足も頭も動かさないのに  手で写し取つて置かなければならない  手によつてつくられてゐた  手はあかぎれが切れてゐました  手を加えないでもとの  手で奏進した  手依って生きる  手にとって愛玩なさる  手も胴も体もばらばらと堕ちて来た  手にこたえるほどの  手をかけちゃいけない  手から竿を取った  手が無意識に働いて  手に入らぬともせぬ  手で伊能忠敬の事業は準備が成る  手で傍斜術というものが成り  手をつけようとするからには  手に小石を拾つては鷲をめがけて投げつけました  手をつけるとか  手のものと云つて差支へありません  手で靴を吊り下げた  手暴くその小さい紙包をほどくと  手つだひしたり  手ならす術まで心得てゐた  手の札を首かしげかしげして  手をつなぐにしても  手によつて磨きあげられた  手くばりはもうついた  手に足駄をはいている  手くばりがあるわ  手をとらえながら  手に手に打ち  手に弓返りの  手もふるえが止まらない  手もゆるめずに  手に手綱をとって  手の指と言い  手を下さなかったかを  手固い壮大の感銘を生み出す  手で抑へた  手では動かんといふ  手ののびてくる  手おくれになってから  手に手に二十八頁の議事録をひろげている  手で作り上げる  手を掴み  手で襟をあけると  手を障子にかけて先刻から立った  手放で揃ってる  手尖に触るるは  手に塗って  手があまるほどの  手を恐る  手にとろ  手に波紋を畫く  手から手へ渡されたばかりを  手を待つてゐる  手から殘酷に投げ棄てられた  手の中に操られた  手にや彈かれて  手もしなやかに黒い頭を撫で  手にも揉まれて  手もあてつ  手とり行かまし  手にひかれてかかる  手をのべてから  手はまた強くつと抱きあげて  手のつむぎ  手に羽蟲きて  手に渡せども取らぬ  手にて觸ればそのたねは莢をはぢきて飛び去りぬ  手に踊る  手を執るは  手に囘す萬華鏡のなかに光り  手を凭せ  手で流す  手を額に当てて  手にとって無邪気に云った  手を軽くとって云った  手の団扇をうごかしている  手を置くという  手に一冊宛本を持って  手入せずにある  手をその上にかざし  手はもう指せる  手を指してやる  手をすつと  手の位置を見て  手はもう一筋右に寄り  手を指して来るとは  手に十二分しか時間を費してゐない  手を指しても  手から左の手の方に肩を通って行く  手にピョイピョイ虫が何か投げつける  手でもみ消した  手に委ねておく  手をとってすると  手を朝子にさし出した  手にある煽  手ばたきが入って  手にもつてきた  手に手にカアテンをあけて  手をとほさん  手をかけてゐると  手を快活さうにふつてみせた  手も折れてしまわ  手をち  手も除けて置いて  手にもたせて  手で賽を投げなかつた  手温い事をしていては  手に入りかねる  手を着けし  手のない人間といふものがある  手ならかう  手に胴間声にメッキのやうなツヤをかぶせて  手をかけ捩  手に手をとつて失踪してし  手を延ばして見ますと  手だぞと思うらしく  手にはかかる  手は激しく震えていた  手ばかりわずらはせて  手で息子の行方を尋ねようとして住みなれた  手がぶるぶる顫えるので  手からあんなに永いあいだ逃げていた  手がかからなくなった  手を叩いて喜びました  手で拾いあげられた  手がすうっと来て  手を出したとか  手に触れると云うまでで  手で触れて見る  手は出せぬ  手を拍ちたくなるかも知れません  手を着けておりませんから  手で犯罪を解決しようとする  手に持っていないだけだ  手触れ得ず  手が分捕  手向い出来ない  手で禿頭のマン中へカブリ付いた  手に付くと  手を触れるか  手で犬をポケットに納めるという  手の革紐が軽くなったのに  手で差出した  手から銀色のバッグを引ったくると  手が握りたくなったが止した  手に渡ったらしい  手にダニがたかって来る  手の中の玉みたいに可愛がって  手も足も出なくなっているという  手に帰ったら  手にUTAが渡っている  手に触ったので  手をお引きになって  手をシッカリ掴んで  手を濡らす  手をあげますから  手をさえさし出したい  手であり得よう  手をそれに触れずにいられよう  手をそれに触れる  手を按く  手に委ねたい  手のヒラをだして  手を近づけた  手をぐっと力を入れて握り  手あらくあつかわない  手にはダイナマイトの箱をぶらさげている  手から赤鉛筆をもぎとった  手をにぎって振った  手の下をくぐり  手に入れるとともに  手をひかえる  手にとって頭蓋をひらき  手がとどくだろうか  手でもってしとめたよ  手によって死刑囚火辻の遺骸から取りだされ  手をあげて叫んだ  手をつっこんで出て来た  手むかおうとたくらんだな  手に黒い手榴弾のようなものを持っています  手に手に手榴弾のようなものを持ち  手におえず  手は鉛筆をにぎって  手でそれを作りだそうとする  手に因りて  手もて風琴の鍵盤に觸れるはたれですか  手には菊のすえたる匂ひがする  手おくつきの砂よりけちえんの手く  手にも秋くさの香華おとろへ青らみ  手は光る  手くびにくつついてゐたことをおれの胴體にのぞき  手には重みをかんじ  手に銀の兇器は冴え闇に冴え  手には空色の手ぶくろをすつ  手に白き皿を捧げもちし  手に兇器をもつて  手で財布の中から銭をとり出して  手に任せて読み飛ばした  手が少しつめとうござんすねえ  手を長い袖から一寸出して云った  手の中に入って居る  手にさわったと云うばかりでとり上げた  手をふるわせながら  手が札をさぐるぶ  手で千世子の丸い肩を打とうとした  手が只わけもなくさわぎまわる  手でスイスイと札をぬいて行く  手は白し爪は桜色になって居る  手で征服して居る  手をはげしく横にふって  手が動かなくなったり  手を握って見たり  手で土をかく恐ろしげな形を思う  手の上に頭をのっけて  手を胸に組んでね  手で書いてある  手が目立って  手を突込んで突袖をして居る  手によつて練り上げておく  手のない肺病娘のホツレ毛に引っかかって  手に負へなくなつたから内科の医者に切りかへる  手は読売の手合か何かで塚田八段が三十八手で名人に負かされてゐる  手はどれだけ考へたつて  手の効果が気がかりで思ひきれない  手が変るか  手が変つてゐた  手を見てゐるの  手をまはして  手をくんでゐる  手を延し  手を膝に下して組んだと思ふと  手で帝国ホテルの演芸場で上演された  手にサフランの花束を持ちて入り来る  手にもたまらぬ  手を出すかだつたが  手にしつつありながら  手につかずに  手をやらせまいと  手の屆かない古事記でなくして  手を借してゐた  手と氣のうごく  手を組み合わせ肩と肩を凭れ合わせた  手で撲殺して来た  手が向かって  手に取って見ていた  手に力が入らなかった  手をさしながら  手を取られたなりに  手が海を撫でて  手にブラ下ったりしながら  手を引いて歩き出した  手を握って居ながら  手を膝にのせて  手から垂れてゐた  手と拍いたりした  手を前に垂れて  手に桝をわき挾んで  手の指尖を  手に汗をにぎらせ  手か投げやりな子供の手で描かれた  手にあまるほどの骨折り  手が彼の身体を押しとどめた  手で長持を示しながら  手を上げて叫んだ  手を振って押しとどめた  手からランタンを取ると  手でテーブルの上をたたき  手を渡し  手はひっこめたまえ  手で顔の上をなでたが  手の助けで前へ歩いている  手を腰に当てて  手ということもできた  手にしっかとにぎっておくという  手から奪い取る  手を渡して  手でしわをのばし  手で眼の上をこすり  手で彼の口をふさいだ  手に入れないなら  手で背中をたたいていた  手を貸してやる  手からすべり落ち  手がのっている  手からその手紙を取った  手の上に媚びる  手の血を見て  手を子供たちに見せて  手に血を流させるという  手で一人ずつの助手の襟首をつかんでいた  手を振りほどこうと  手と足とでドアをどんどん打った  手にひっかいてつけた  手から完全にのがれる  手を固くにぎって  手をさしのべてくる  手は弱々しく彼から逃がれようとした  手を取っている  手を振り離し  手に入れるより  手にまかされた  手を窓の取手に置き  手を額にあてた  手をさし出さなければならなかった  手に入れないという  手に入れられないとするなら  手でつくり上げられた  手が何人かいました  手のなかにつかんでいました  手の相手にぶつかった  手に鞭をもち  手にいっぱいの裂かれた  手に奪ってからは  手をこすり合わせて悦んだ  手にもこの件は入っていない  手のなかでまずいくらい長く寝ていました  手のなかにあった  手に入るかもしれない  手でこれまでにもってこられた  手にゆだねられる  手をにぎったかと思うと  手に入れてはいない  手には空の食器類ののった  手で彼の額と頬とをやさしくなでた  手からぼんを取り  手を自分の手に取った  手を彼から引っこめようとしたが  手を借りてやらなければならないだろう  手はいつでも私の手を捉える  手をドアの取手からお放しになって  手ににぎっている  手を使っても  手が熱心にペーピーのまき毛をなでるので  手を私の両手のあいだに取っている  手には入らないで  手に入らなくしてしまう  手と守り手としてもつという  手に入るわ  手を取って遣りますと  手に障る  手には花束を持ちまして  手を遮ってしまうので  手縁りをつけた  手にかかったという  手にとりません  手を差伸べてくれました  手におえなくなってきた  手の中に入って遊んでいた  手がいっせいに彼らの頭上に揺めきだした  手だけは人真似にはいはいとあげとったが  手で閉じられてしまった  手が元木の肩をおさえた  手を浸し  手を停め  手だすけにかかった  手をふり払った  手は塞がっている  手で押えるが  手が入りましたがな  手を差入れながら黙って来た  手で強く払って歩き出してみた  手で払ってみると  手に触ってみたら判る  手にがさがさした  手をだして見た  手らしい手に触れた  手をびしゃびしゃと喫っていた  手を引き合ってむこうへむこうへと走った  手に終えなかった  手と足とを出来るだけ動かす  手を背にくんで  手をださなかった  手のつけようのないところへもってゆく  手をたたこうと思っても  手から手へ渡り  手から買はれた  手に棒片をもつて  手の垢に汚れて  手に杯を見たが  手にやる  手がつかはれる  手がこんだ  手を肱まで入れて  手がそめられる  手もゆるんだでせうが  手にお箸を持つてをりました  手を見てから  手をはたきながら  手に渡して見せる  手から離さっし  手に有った  手附きを無意識にやりながら  手をチョット休めて  手に移すと言う  手に移れば  手の足りねえ  手が早えと言っても  手で開いたりたたんだりしながら  手に負えなくなると持ち込んで来やすから  手が附かねえ  手であら選りをして分ける  手の紙を渡す  手附きをする  手を触れながら  手は袂の底にある  手を火鉢へやると  手がまだ振り下されない  手をやったと思うと  手を合せていた  手をやったなり  手がしびれて来た  手にはひりました  手を振るばかりだ  手を差し出してくれたので  手かずもかかつたが  手に手に振りかざして  手の小旗を振ろうともせず  手にもっている太った  手に赤い豆提灯をぶら下げた  手だすけして貰えるし  手をとつて語り合ふ  手をおいてくれる  手をおいて云った  手をグッと握りしめ  手のます鏡恋や優しき眉ねがきけふ見かへせば  手でへげ  手や足がしびれてる  手に入れてき  手にもたれているが  手にどういうものとして主観的に見られていたかという  手を当てずに歩けます  手でさわって暮した  手を出してぬぐ  手どりにでもした  手でたたいて  手のことを書いた  手がこんでいたと思う  手をかむ  手なずけてそれぞれ養子にやろうという  手の出ないという  手はすこし鉄さびやら蕗の渋やらがついています  手をおいてね  手も上達しました  手っちゃんのところはいい大きい沈丁花もあり  手から離れず  手の下においている  手を握っていてやれないなんて  手とペンの影が落ちて  手をにぎって話していてかえりました  手くばりして  手の膨れなどなおり  手のはれる  手がのびますまいでしょう  手のはれの  手の膨れもあれ  手をはらさない  手ははらさないわ  手がかじかむ  手は少し重たいナと思った  手に入らなくている  手もはれずにやれました  手を抑へながら云ふ  手にぶらさげていた  手にわたしました  手でたたくとみえて  手に蕎麦を入れた  手にお膳を持って  手をだしました  手をつかみました  手が廻らんと見える  手や足を洗って  手を合わせて拝みながら頼みました  手へでもぢきたかられる  手に引き渡される  手が次郎の肩をゆすぶる  手が蚊帳の中に伸びて来て  手からとると  手を鷲づかみにして  手も使った  手でこすりながら  手を突っこんだ  手をつないでやって来て  手を握られる  手をついたりすると  手を洗わないではいられない  手を掴むと  手だけじゃいかん  手をぬかれた  手をぐっと引きしめて  手を膝の上に置きながら  手に擦れて  手を次郎の方に突き出した  手で土塊をつかむと  手があいておれば迎えに来る  手を引っこめてしまう  手を放そうとしなかった  手が飛んで来た  手をつないで立ち上った  手で涙を押さえながら  手を引かれているかの  手をつないでやろう  手は油断してはならない  手なずけようとする  手が必す  手で制しておいて  手をひろげて突き出した  手があいている  手を休めさえすれば  手で顔を触ってみた  手を握っていて貰ったりする  手が再び彼の肩にさわった  手に出でたか  手向くべき父の墓と云ふも  手に成れりとせ  手を擴げてきたので  手を突ッこんで  手にはいったりしても  手を触れるな  手をあげ応えると  手に皺くちゃの手巾を持っていました  手と足と一緒に動き  手が上がらなくなるばかりではありません  手も動かなくなる  手の上がらない  手を握っていましたが  手に血のにじめるが如き  手と一緒に再び踊りだした  手を繋ぎ歩いている  手を曳いてくれ  手をまいて  手をこうして握った  手の上に首を垂れていた  手を入れて見ました  手の上に首を垂れてゐた  手にブラ下つて居た  手の方を見ると  手を袂に入れて  手を病んだなら  手が空に漂って  手だけが宙乗りしている  手へ移して  手を付けていない  手近いところに潜んでいるらしい  手を上げて制しながら  手に負えないと知るや  手のなき古雛と共に淋しく立ち尽し  手を着けられ得ない  手もあったに  手にうつって  手にうつつて武家が興り  手によって身を梟木に晒され  手によって得度して  手をこまねいて立ち去るべきでは  手を執り合うて  手を拱いて座った  手からそれを見せて貰った  手にその低い声が震える  手が入るので  手に大根畑を走り抜ける  手へ渡る  手にステッキ位の黒い棒をシッカリと構えているが  手を払い除けると  手で事務室へ抱え移されていた  手を置いて考へて見ると  手の指の間に挾んで  手に卓上と云ふ  手を擦り擦りかう  手にゃ五ツ六ツたかっているのに  手に下げて来て  手が行き届いておりますかねえ  手を分けた  手が折重なって  手にはこてをして  手を指し出して  手を拱ねている  手をひいてやりながら  手が萎びた  手をついて畏まっている  手をついて詫びいる  手を出しかけた  手離すことで不快な思いをしているにしても  手を膝の上で揉みながらきいていた  手をついて聞いていた  手で払いのける  手を引っこめ  手を触れようとしなかったが  手の技を主とする  手を打ち払い  手の煙草も投げ捨てた  手が廻りかねるし  手を差し出して挑んだ  手を触れてみますから  手を伸し  手をなでながら  手で一枚一枚それをはがして行く  手おくれになると  手でやさしく児童たちの頭をなで  手を自分の夜具の中に感じたが  手をその胸の上で神経的にゆさぶりながら  手をさしのべているかの  手には恭一の帽子まで握っていた  手をのばしている  手が出せなくて  手が変にふるえていたが  手や足が何本も出て  手でさわってみると  手には負えん  手を握りたくない  手を掘って  手を衣嚢に突っこんで  手を探して  手より手へ直にせず  手より手にするのみか  手を煩わすに及ばず  手を以て家を保つ  手にいった  手をかして支えてやった  手の先は可笑しい程震えてゐた  手に載  手にさへ触れられなかつた  手を女の帯際にやった  手にわたす  手を握ってから  手に蝙蝠傘を持っていた  手にかかっちゃ  手よりは声の方が余計に顫い  手を付けなかったり  手にお持になって  手で殺して貰おうと思いました  手からのがれようとする  手で閑山の店から引き出された  手に入れてくださるという  手は早くも蓋にかかっている  手で難なく蓋が持ち上がった  手を帯へはさんだ  手がひとりでに自分の袂をつかんだ  手が鎧櫃へかかったらしい  手が肩と腰を抱いて  手にぎらりと長刀が光った  手に立ちはだかった  手がそっとそばの刀に伸びている  手がまわったと見えまするぞ  手がすっと上がって  手やわらかに願えやすぜ  手を控えると  手がさわるが  手がかからない  手違えになった  手にもてあそばれた  手を添えに立った  手でも合わしているらしい  手を下さずに来た  手にかかりたいか  手でもひろげて見せた  手のつけどころがなくて困っていると  手に道を見ると  手汚で黒ずんでいるし  手のものの稲妻踏みだ  手へ渡されれば  手を貸して押してみたい  手に脇差の鞘を払って  手をかまれるとは  手が夜具の下へ行ったかと思うと  手を引き合う  手よりは声の方が余計に顫えそうなのでそんな事を言う  手をさしのべるという  手を徐々に挙げて  手が冷いけれども  手は平然とそれを描写しながらも  手ですくう  手の形を解説された  手をのばしはしなかったろう  手に団扇を持っていた  手も足もどこに向って伸して  手があいたりしない  手もなく取って殺します  手を帯刀のつかに置いて  手をひきつれて  手をさしだすと  手いれされた  手を打っていただきとうございます  手で製造する  手が弛むと逃げ出すぞ  手を板戸の角へかけた  手が妙に私の目を引っぱる  手にもって居た巻いた  手を卓子の上にパタッとなげつけた  手のもちぬしはズーズー声でこう云った  手を作ってる  手がサッとひらめくと  手をそっと御もちゃにしながら  手にしっかりつかまってすかす  手の裡に糸の乱るるがごとく縺れて  手に取るごとく聞えよう  手を引張っても  手で留めたと思うと  手と肩を合せた  手にして来たので  手を遠見に翳すと  手にして戦った  手に立ち  手を下したが  手やはらかに  手を出して押し止める  手を頭の上で振つた  手の傍を飛んでゐる  手の傍から遠退いて  手の傍を蛾が苦しさうに飛んだ  手に入つて来た  手ではたかうと  手を壺のやうにすぼめて  手に料理の皿を持ち  手に口を切つたビールのビンを持つてゐた  手の指で軽くかはるがはる  手を持つて行くと  手に入れながら締めた  手の手首まで巻いた  手で話しかけてくれるなと言って  手をいれてみると  手を拱んで考えている  手を垣根の青い茂みに与えている  手を束ねて待っていた  手に触るる  手には負えぬ  手に指を触れて言った  手をぎゅっと握り  手をこすりながら考えた  手をもみしぼり  手を一振りして  手を重ねて言った  手に下へ降りて行った  手を休めずに言った  手が軽くのせられている  手をかけて立っている  手をおいて立っている  手は世界の勤労階級であることを理解しはじめていた  手を押しつけて  手附けを打つたといふ  手を取つて引立てる  手を取つて走り出す  手を掴んで走り出す  手を引いて走  手を避けて  手で帳消しできない  手に小さな兇器をさえ握っていた  手をつっこんでは  手に水筒を握らせた  手をもう一度毛氈の上にもどして  手を顎の下にやった  手をたたいて喜んだ  手はいくぶんふるえていた  手から預  手を膝にのせ  手で制しながら  手でしめくくりをつけてみてくれ  手がまわらなくなり  手を重たげに扱ひながら  手に平然として自分一人の過去の歴史を残して  手すさびに堕し  手にかけながら  手をふらりとさして  手は爪の色まで黄色くなって  手で仕切って  手には金剛杖を持っていた  手を仕いて  手にも着いてるでしょう  手から煙草を離さうとはしなかつた  手で自分の頭を一つポカリ殴つた  手はいつか煙草に触れてゐる  手を掛けたからには  手を緩めた  手の先は巧く思う  手を無理に押しのける  手は冷く  手を振り放さうとした  手に刃物を持つてゐた  手でお上を欺したらう  手には乗らんぞ  手からは書物を放さなかった  手を置き黙って  手に歸したるが  手から解放して  手を麻痺せし  手に委せしめ  手に仆れたる犠牲を思へば  手に取る如く知り  手にしたからには  手に成つた一文であるか見  手より手に渡りて讀まれたりし  手も打震へつつ涙流して  手に取上げる迄は  手擦れ垢じみて  手に取上げては  手なのだらうと推察される  手も足も出なくなり  手酷しいのになると  手になつたものとは受取れ  手を振つて叫んだ  手で甘く之を瞞着する  手も握っていた  手を食っていると見えて  手を握って動かない  手から雑巾を奪い取って  手を握ったとでも思ったらしく  手がないから気の向いた  手を取らぬばかりに  手の上に頬を支えて  手を加えたから  手の指の間から臓物がたれ落ちていても  手を加へたから危い  手の指の間から臓物がたれ落ちてゐても  手に曲りくねった  手でつかんでも  手に汗を握つてき  手をつき込んで見た  手がそれに伸びた  手に入るくらいなら  手に渡せば  手をあげて制し  手を固く握りしめた  手を伸べて待っている  手を着けず  手から啜つて  手で箸を持つて  手の先で草莢竹桃の根へ掛けた  手を裾から差し込んで  手で抱いて  手がきれた  手で雪洞の灯がいれ  手にすゝきの穂が翻つてゐる  手から自分を救う  手も出せないでしょう  手はよじれた  手に幣束の柄を持ち  手を前に突き出して  手で用意された  手はすぐ鉦の在所を見つけた  手をぐっと上へのばした  手をつないでおどりだした  手で僕の手を握った  手に手を執って踊っただけである  手の頭上に構えられた  手に手に携えている  手も力もなくグシグシと泣出した  手が横になって  手がスウッと這入って来て  手がユックリと這入って来て  手をガッシリと掴んだ  手の這入って来た  手の力がグッタリと抜けた  手を入れまし  手で洗い流されてしまうと  手に曲つたりする  手から剃刀を奪わせた  手を焦らす  手に乗せられるとは知りながら  手なる鉛筆の尖を嘗めて  手が届かないので  手を取られ  手になっていて  手は廻らず  手に果てたる  手を引つこめた  手からあちらの手へと持ち  手を少しでも煖めようとて拳に息を吹きかけたりした  手に入れてやるから  手づから火酒を一杯のみほして  手をこすりこすり  手が硬ばつてし  手に腸詰だのピロオグの一片だのを掴んで差し出した  手を一つ振るなり  手が袋にひつかかつてひとりでに動いた  手からすりぬけてゆく  手を拱いて眺めてゐる  手をちよつと緩めた  手をあげても  手を振りながら叫んだ  手を執ると  手を打ったとか  手に合わないので  手にとって眺めながら  手で欄の横木を押さえている  手をしかと掴んだ  手あひが  手は雄々しい口髭を撫でてゐる  手をさげ  手に執らうともしなかつた  手は休めようともせずに  手を出して下さい  手を下さらない  手に繃帯を巻いてゐた  手を伸ばして下さい  手を貸さうとして駈けつけたの  手に持たせながら  手をつがへて  手で魔法使をふん掴み  手にさしあげた  手でひつぱたいて呉れるのに  手にぶらさげていたが  手おくれになるかも知れんぞ  手で新しい天井の棧に飛びついている  手をさし出しながら言った  手をふっているだけだった  手に小さな紙片をもっていたが  手まえに来た  手で押すとわけなく開いた  手を握ろうとしたが  手はあると思うの  手をやたらに横にふって答えた  手をひかせましょう  手をあててゆすぶりながら  手がのびなかったという  手みじかな言葉がとりかわされた  手で制すると  手の同級生のところに割りこんだ  手をたずさえて歩いてみたいと  手で置かれた  手を代る代る握って  手がだしぬけに  手をつけようとしなかった  手をつけられず  手を伸ばせるだけ伸ばそうとしている  手だかも知れんぞ  手だったかも知れんぜ  手で髪白粉をふりかけられてゐた  手で尻尾を押へられて  手つち  手の髪の毛は逆立つた  手から身を退いた  手でおいらを誤魔化さうたつて  手が待つてる  手で父親の脚にしがみついて  手を腰につがへた  手に咬みついたり  手では開けられ  手に財宝を掴む  手で掻き鳴らしながらつづけた  手をすり抜けた  手で人をひつ掴んで突きたふす  手を突つこんで  手を掴んだが  手がさしのべられると  手に入つたかといふ有りの  手をあげようとした  手を没し  手の心法をふくんでいます  手より買取った  手をくるくると動かして  手おちなく伝えられた  手に入れたとは  手のこんできた  手にいれていきたい  手をとってあげます  手をとって逃げるならば  手を痛いほど握ると  手も足もでないのはいまのべた  手で握手をした  手を握ってふった  手をぱちぱちたたいた  手で手当がくわえられつつある  手で研究される  手に入れたかったので  手を巧妙に使っている  手を貸してやっていた  手を犬がくわえ出したりしている  手に持っての  手をとって教えるという  手は丸で生きている  手なども変てこに絡んでいるが  手も加えられない  手を展いて見せた  手にぶらさがった  手にすがって来た  手をかけて歩いても  手に重みが加わった  手もなく負かされた  手を引こうとすると  手をあてると  手を引っ込めようとしたが  手をそっと顎から押しのけた  手から血が出ていますよ  手をつけずに送るから  手から団扇を取り上げると  手を握っておしのけた  手に保存されて  手の出ない  手は帰っても  手を一寸伸ばせば  手で上げたり下したりして  手でこのおれが円められると思う  手をためつすかしつ眺めて  手をひつくり返して眺めて  手を重吉の方に伸ばした  手を降した  手を握り合せた  手をとつて一勢に駆け出した  手を挙げて叫びつ  手を順に握  手がつかめなかつた  手のかじかみがなおったからとかいてくれました  手にバスの停留所のところへ出る  手をかしておこして  手を出さずにはいられやしない  手で入念に描かれていて  手をのばしたり  手や前かけを泥だらけにしながら  手にかけ自刃します  手くびにまきつけて書いて居ります  手をかいぞ  手の指に私たちからあげた  手がねとつく  手を入れて集めたら  手を叩かれる  手をつっこんでつかまれなければならないのね  手をつっこめる  手をそのストーヴに向ってのばして  手近くつかめば  手の紫陽花は日本画の緑青に近い鮮明な緑をうき立たせて  手が大変暖い  手の暖い  手につかまると  手は本当に暖いのです  手が出なくて  手もかじかむので  手をはたいてほめられて  手をあはせた  手を木の枝に引かけてけがした  手でもつまめますがね  手がみニてもおんこし被レ遣  手きずこれなく  手がみ  手にて唯一度の香花をたむけくれ  手近い空別莊のヴェランダに駈けこんで  手をつけないでゐるが  手に觸れてくる  手に持たないが  手で眼をこすりながら立っていて  手に這入るまでは  手を懐に入れながら  手に弄んでゐた  手もおよそ引っくるめた  手の手首を強直しない  手の先の爪がなかなか見にくくて鏡をやっとこの頃苦しくなく見られる  手に持ってはいた  手で字に写してゆくと云う  手もきかなくなった  手に入りませんから  手をつけずにとってあって  手に抱いて  手離せない様なものだけになりましたね  手に入らないばかりでなく  手まわしでいらっしゃいましたね  手がありませんでした  手がない気がして  手を出さずにはいられなく  手に移ろうとしている  手のせいに帰していた  手に操られて行く  手も休めない  手で簡素ながらも一通りの装飾まで終わった  手で整理され  手みじかな記録につづいて  手を中のほうにさしのべて言った  手をひかれて歩きながら  手を横にふり  手の入り口から中にはいった  手のほうの入り口からはいって来た  手を横にふるだけだった  手をひいて歩き出したが  手は打っていられる  手をとって立ちあがった  手で打たれている  手がしびれる  手に握られる  手易き畑より手入れして  手で来るかもしれませんね  手に乗ってはならない  手を大きく前後にふりながら  手を高くあげて叫んだり  手をうてば  手をうつというと  手をつけようとして  手で作つた物で十分に滿足する  手によつて毎日數多の結婚が成立して居ました  手でも足でも打ち折りますが  手を捉えました  手を頂く  手に提げつつ  手で圧えた  手を敲いておいでなさる  手を指して  手に薬瓶の紫を提げた  手を取ります  手をつけるべきかを話しておかないと  手には柄元までべっとり血のついた  手には赤と黒との絹の襟飾を掴んでいた  手にあったかという  手に入ったんで  手で両眼を拭き払いながら  手に入っていた  手が招く  手にでも撫でられた  手で計ってみたり  手をかさねた  手を見せず  手を待ち  手を入れしと見る  手を取ら  手より閃めき出でし  手に入れ来るやら  手も遅く直江志津を抜き放ち  手を濡らしたる  手に縋ら  手でつまみあげて  手をかけていひました  手でいきなりしっかりと女の児を抱きしめて  手は何時の間にか離れていた  手のなかへ入って来た  手をひいて歩き出した  手をぴしゃと叩いた  手をひいてやりながら歩き出した  手を曳いて歩いている  手の婦特有な狡猾い  手を引き込めて  手振を醜く真似て見せ  手の先だけが激しくそれを言っている  手も引っ張られる  手を持ったというくらいの  手を曳いて連れ込んだ  手を挙げて留めている  手が立樹を動かす  手を曳いてあげようか  手を触れていて  手をお貸しなすって  手をお出し  手を見せました  手で猪口を取った  手も足も固くなるから  手に触れたが  手を持って行っては  手で組版にかかりました  手へ移されました  手の技を盛返そうと努めております  手には信頼すべき  手で作られつつあります  手の技が大切なものだという反省が行き渡っておりません  手の器用さは誰も気附く  手という文字をどんなに沢山用いているかを見ても  手の技を語ります  手に因む  手が機械と異る  手はただ動く  手より更に神秘な機械があるでありましょうか  手に依る  手が集って  手を省くかについて  手の技が忙しく働く  手を省きません  手の技を示します  手に入れたいほどの  手や足を動く  手がどんな奇蹟を行うかが  手で作られつつあるかを  手によっても書かれた  手に恵まれる  手に配って行った  手で帯を解かれた  手の指を兎の前で開いて見せて  手を振り廻したかと思ふと  手の上で真つ二つに切つて御覧に入れます  手は贋物ではありません  手や頭の間にチラチラ見えた  手をつくして口説けば  手易く口説いて  手に乗っている  手が肩を放れて  手のにおいを余計につけて居る  手を犬に嗅がせれば  手のにおいのために条件反射を起す  手によってあげられた  手を下さ  手を以て与うるも  手に託し  手を頭にのせて  手を置いての  手に落ちてから  手につけて掻きむしる  手から買って  手にまがっている  手が四人のものを招きよせてゆく  手をのべてきた  手にまたパッと跳びついた  手の一撃でつぶされただろうか  手でじぶんの胸をうち  手に入らなかつたので  手で実測が行われていない  手が躍りかかり  手がべっとり血を垂らしている  手をついて起き上ろうと試みた  手をかけながら振り返って付け足した  手でつかまった  手をかけてひっぱろうとすると  手には水苔がついてくる  手をあげたが  手をお延ばしになった  手を押えますと  手から院長へ前納してあった  手を逃れる  手を当てていました  手にお返し申上げなければなりません  手を押えようと思って  手を束ねていなければならないという  手で捕縛させ  手を握ってみなせえ  手がつけられなくなって  手をかい潜って  手に不思議な一物をブラ下げてゐた  手でなで  手に手に鉄砲を分捕  手を押止めてやった  手に吸いついて  手に入るだろう  手の長い人が遠方の海から貝を取った  手の長い事を主として手長と云い  手を言ふ  手をつきながら落ちたので  手から執拗に襲い掛って来る  手附きで振り掛け  手から借り受け  手を差上げて居て  手を神に捧げる  手を恐る恐るとりのけて見ましたが  手でやんわり包んでやりながら  手に霜焼ができては  手にしてしまいました  手をひろげたり握ったり  手に変えられてしまった  手をしげしげと見つめました  手にちょうどいい手袋頂戴って言う  手を出しちゃいけないよ  手の方をさしだす  手の方へ握らせてやりました  手をすき  手に持たせてやりました  手を見ても  手をかざしてから  手もなく僕は負けてしまひ  手で解決する  手のつけようのない難問を数カ月のうちに美事に解決された  手を携へて遊ばし  手をその耳にあてたるが  手も着けでぞ  手を格子戸の引手にかけし  手に掛りやせ  手届きて人の奪うべくもあらねば  手に捧げつ  手を捉えて引留めしは  手を取るに  手もて足を押えて  手に渡しつ  手をかけて潜めき  手にしつつ  手を支きて  手に抗つ敵の有りとも見えず  手は弛みぬ  手も触らせないで  手と手の間を抜けつ  手と手を組みつつ  手の空いたるが  手をあげてぞ指さし  手を放た  手を放すより  手をあげて打ち招く  手を取りたり  手の利かねば  手に目隠して戯れたりし  手かりたりしを  手を置きぬ  手を取り戯れて  手より姉上を救い参らせむか  手を拱きて  手を出して待っているが  手に小さな鉦をさげて  手によつて一切消滅する  手が欠けていて  手の欠けている  手も欠けていず  手の欠けていない  手が欠けていた  手の欠けた  手が欠けている  手でやっと雨露をしのげるくらいの  手で叩きこわさねばならない  手を握り合わされた  手をねじるより  手で堅く握りしめていた  手を額の上へ持って行った  手にとり押えられた  手で行われたが  手をたづさえて  手だれなりければ  手をひっこめました  手をぱちぱちたたいて  手をぬこうとしたが  手のいましめ  手をぬきました  手がぬけると  手をふりかけましたが  手をひかれていました  手によってうごかされていた  手がぬっとあらわれました  手にはいったぞ  手と手をとりあった  手をかざしてさがしてみますと  手にのせてやりました  手をかけてひきました  手をしばられていました  手をかけて出ようとした  手に何か黒いかさばった  手を借して呉れないか  手が塀庇につかまると  手の先で頤を撫で  手に羽うちわを持って  手をあててみますと  手で顎を撫でながら  手を通せば  手は吸盤を持つてゐた  手に渡したに過ぎなかつた  手に負へないと知ると  手にかけてゐる  手に取るや  手を膝に組んで  手にしないから  手と足を轢かれて  手を額のあたりで組みあわして  手にしなかったが  手を放して逃げていった  手を添えてやる  手に持ってはいけないと云う  手を握ったりなんかして  手を叩こうとする  手をお日様に向ける  手に煙管を持っていた  手とは異わなければならない  手で顔をツルリと撫でた  手を置いて考えていた  手を下へ垂れた  手討ちになされて下さいまし  手討ちなされて下さいまし  手に手に五色の絹糸を巻きたる  手に手に秋草を花籠に挿す  手依つてゐる  手を代り  手でもさう  手にそだちし  手に觸れん  手を引て薄暗の世をたどらまし  手に育ちけむ  手を束ね  手がまたなくなっていますが  手がつけられなかったが  手に取らせなければならない  手ばたきをして  手くばりしておいて  手との流れにのってかき  手を切れた  手で猿に借金もかき集めさせるという  手を入れて見ます  手のなかにとって貰いたがるでしょう  手に入れて見て頂きとうございます  手で頬杖をつき  手でひねくられてしまいますが  手を出してつかまえ  手と一緒に顔が出て行くのよ  手から血を出して  手に入れていません  手の気合いがそろって  手の力を失ってしまうでしょう  手で歌をかいてくれていてね  手がまわりかねる  手がぬるりと滑るほど  手に帰るべき  手にとる如く分るが  手をぴょこんと差し出した  手では奥のロビーの方を指しながら  手で朝鮮の文化を打ち  手で又葬るべきだと云う  手から勘定書をもぎ取って立ち上ったが  手を振りながら飛び出した  手をさし伸べ  手を振りつつ  手でばら銭を捜していた  手で築き上げるべき  手で顔をおおうてしゃくり上げただけである  手に君を渡すに  手に唾をひっかける  手を上げて思い  手が自分の肩を卑屈そうに打って来た  手を持って行こうとした  手で首筋の汗をふいていたが  手を叩きながらはやしたてた  手のつかざる  手に笏を持つてゐる  手を二つ鳴らして  手を支へてゐる  手が先づ眩しいほどに光つて見えた  手から口へ運ばれてゐて  手を差し伸した  手を見詰めた  手で熱いのに取り  手に唾を付けて  手で蒲團を敷いて  手を引つ込め  手から風呂敷包を引ツたくると  手や顏を掻き  手には金槌を持つてゐる  手にはおろし  手に喰ひ付かれはせぬかと  手を舐めまわした  手この冷えている  手をしゃぶってやりながら  手で自分の喉を抑え  手を加えて遺すべき  手をキスして送つた  手に一本ずつ持って  手に持たず  手はさして巧くはなかつたが  手を携へて出て行かうとしてゐる  手ぞ働ける  手に烟硝のしめりが沁み込んでゐた  手をうしろにまはして  手でさかづきを  手の響きこれにまじりて  手に劒を執りて  手の裡にをさ  手のみならず  手を危ぶみ  手を放ちていひけるは  手を己が身己が産にくだす  手にいま少しの慈悲はあるべきを  手を伸ぶる  手におちしかの  手をからざれば  手に吊せり  手に載せてゆくを見て  手に捲き  手にてさぐりもとめて  手をこなたに伸べて  手を伸べし  手より奪ひ去りし  手にうつるを  手より奪はんとして軍敗れ  手縛られて動かすをえざりし  手を斬り  手にはまわらない  手で誘惑されつづけている  手に任せねばならぬ  手にかけて当り前に殺した  手の商売が絵葉書屋にもある  手も屆かぬ太子の宮中へ入れて  手を取り急ぐ  手に傘を持つてさすし  手のユビ先をひどく真赤にして  手が附かず  手がゆるんで  手を貸してくれないか  手にどんな武器が握られているかを知る  手には左官道具と弁当箱が大事そうに握られていた  手を執って入れられた  手を引き合って歩いてゆくと  手をつくしたが  手をあてて泣きだす  手をやすめずに  手にしてゐない  手にとつて見つめてゐた  手のこまかくふるへてゐる  手をつけていつたら  手をとって握りしめた  手につかぬらしいが  手に附き  手を拭きつ  手に氣をつけて  手には蝙蝠傘と手提げの千代田袋とがあるばかりで  手でも引いてやりたいといふ  手は持たず  手で彫刻されたと信ずべき  手に歸し  手をヨーロッパ方面に向け  手で長裾にかかった  手をあててみたが  手に抱えた  手を当ててやると立てた  手をとってみた  手も足も冷たくなった  手と足を温める  手にとりながら言った  手にその手を結びつけ  手を拱ぬいた  手に取って聞える  手を入れて採った  手に入らなくなっている  手に瓦のかけをつかんで  手ばなさなかった  手をこしらえてやったり  手に入るらしく申しますからたのみましょう  手にもって振ると  手が殺到しようという  手が折々止ります  手をかけずすみましたから  手にとってつよくうてば  手が出来る  手がかじかみます  手がつめたくて書き  手を取るごとき  手を突いて座りながら  手を延ばして取り  手に火を落しあわてて引きのけたる  手には珠数を持てり  手に珠数を持たず  手には珠数を下げたり  手には珠数を下げ  手に届かない  手に入るかも知れない  手を引ッ込めたが  手が入らないだけ  手で工場に入っていると  手は小ッちゃいな  手に持たしてしまった  手の指はたよわく  手にて前を塞ぎ  手を措きゐたるを  手を取ったり  手附けの金は手附け流れ  手を透して  手を任せて居た  手を放さうとしない  手を抱へ込んで  手を舐めて居る  手に力一杯喰ひ付いたりした  手にしてはいって行くと  手にそのピストルを握らせ  手に入ったとは考えられないから  手に持っていませんでしたか  手離しで歩きだしたと言って笑い  手に一本のステッキを持って出掛け  手を執らして頂いただけで  手を伸しましたが  手でしゃくって飲む  手がこれを提げた  手で巧に投上げながら  手で胸に十字を切った  手は皮膚の手袋さえ穿めてないからね  手を出して拡げて  手にビールのコップを持っている  手をやや体の蔭に隠す  手をコツンと箱にさわらせた  手で豆腐をいれた  手の薄皮にはほんのり枝を分けて透けて見える  手だけがほんとに物を握ってる  手が少年の濡れてる  手と握り合った  手から保護されている  手で私の懐をさがした  手にとって何かさがしていたが  手がまわりましたよ  手がはいらない  手をやって揉んでいた  手を五分間あまりもじっと握っていた  手を布団から差出して  手にして読んでる  手が間を置いては  手から祖母の手を離さして  手に持つて見るほどに  手に入るらし  手を垂れる  手がゐて  手と表示をもて  手より落つ  手を合すべし  手と足の助けを求めき  手にするなからんためその射る  手に握らんとせるが  手をも搦めとらへて  手にあるを見ぬ  手のあまりにひろく翼を伸ぶるをうるを知り  手を伸べつ  手に己が衣の裾をとりてみづか  手を動かして行く  手をもて摘みつ  手に滿たして撒け  手を離るといへり  手をはなれたり  手に顏を支へて歎くは前者の子後者の女婿なるフィリップ四世の罪惡を恥づるなり  手を契約の匱に觸れ  手をもてさぐり求むる  手に渡したればなり  手を目に翳せるも  手をこれにつくる  手を挙げるでも  手で取りゃ  手も清め  手をいきなり突込んだらどのくらい人を損ったろう  手に冷りとした  手は勲章ものにひどくなった  手でお湯に入れなくなりました  手にも紅糸綴りが出来ましたって  手を何と上品にくみ合わせて  手もわたしの手に戻りました  手に入れたりしつつ  手と足との岐れのほかにゆとりのいる  手をやらなければならなかった  手をやって来たから  手につらまって  手おくれになってしまった  手を横にして  手に入りますが  手で小さな丸をこしらえて見せます  手がいらないのね  手におえねえほど  手に葉書を一枚持っていた  手で肩をしっかと捉えられた  手の節を見れば  手をだらりと炬燵の上に投げ出した  手を上げしめ  手を上げざるを  手と足にかみついた  手の先まですっかりつつみこんだ  手をふりまわし  手をひろげると  手ににぎった  手のなかにおしつけた  手も足もでず  手にいれてもらいたい  手にいれろとおっしゃる  手につかめるほどずつの  手に大きな肉切包丁をぶらさげ  手からうばい返して助けてやれば  手があると思われる  手にしがみついたが  手も足もありはしない  手をふりほどき  手をふりまわして  手がたしかにさわったし  手からガウンがとりあげられ  手にしてもどってきた  手にわたすなんて  手から落としてしまった  手をやいたらしかった  手も口もなんにも見えないのに  手もかりないで  手にして歩くと  手が突きだした  手に手に棒をにぎりしめた  手や足をおさえつけた  手で目玉をさぐってみた  手がひりひり痛んだ  手をひっかかれたり  手を打ち合わせた  手で探って見て  手を合せてひれ伏した  手を入れると諦めて歩き出した  手附きでネクタイを締め直していた  手からその指環を取り上げて  手を空しくして帰って来た  手近い横路地へ這入って  手に縋って這入って来た  手を引いて立ち上った  手に触れない  手が延びておった  手を叩いたって  手に移るから  手近い處で言つて見ると  手を休めて考えました  手を動かしたからって  手を拍つて歡喜する  手を拍つて拜した  手で培はれた  手だってほら細くなっている  手をつよくしばりつけて言った  手をとって言った  手に重りかかっている  手に足がかんじられた  手や足を引っぱったりして起きていた  手をやすめながら  手をさすりながら  手の指を通りの方へさした  手が冷たくなっているじゃないかね  手のひらくくらいに見えた  手が私の額をぢっと抑へてゐた  手を振って云った  手握みで  手を力強く曳いて  手を控えさせ  手が小田島の肩に掛った  手をとりあふ  手を貸しもした  手で行はれて居た  手に習練を積まれた  手づから片付けた  手には茄章魚をぶらさげた  手を奪える  手を加えんとせんか  手をはなしたまえ  手には長い枝を折って  手を叩きしに  手をさし延べて取りて食う  手にて分けながら  手に水掻あり  手の跡に似たり  手をかけて見たらばよかりしに  手は見えずして  手を遣れば  手を掛けたりと思うや  手も足も一つ一つ抜き取られて死していたりという  手を拡げて押し戻す  手を嗅ぎ  手の触るるばかりになりし  手を拡げて行く  手を差伸していた  手で葉書を受け取  手若い女は水菓子屋の表に立つて  手に任せられる  手にとって戦う  手にベットリ何かついた  手にカスが残った  手の感じがしなくなったほどに働きました  手に旗を持って  手のようにひろげ  手から糸巻を受けと  手から糸のはしを受けと  手のぐるりと廻る  手が出した  手同時に神の威力のある  手に宝鏡を持つて授けて  手に移す  手にも移つて行く  手だけ水の上へ出してゐる  手のなかにいれて  手に手に提げて  手を以て造化の力を奪はんとする  手をその上へ軽く載せて  手の動揺を伝える  手で持つて出した  手で撲られて居る  手附きで小母さんがビイルのコツプを取つて  手や肩を出して  手を掛けてめくりかけた  手が加わった  手に代る  手にはタッタ今ボーイさんが買って来てくれた  手をソッと押し退けた  手に這入るから  手に這入るなんて  手の中から飛び出した  手の屆きかねる  手は差し延ばされない  手につけたる  手が赤くはれてゐる  手で止めて  手に手に盃を持っている  手で払いのけながら  手をしっかと握った  手を脱れた  手までを病はしたか  手を打つてゐた  手でグルグルとそれを巻き始めた  手に帰しました  手を振りあげ  手を差し伸すと  手を知らぬ  手に大きくなっては  手をつけなかったという  手づかえを生じたでありましょうから  手をつけても  手がこちらをさし招いていた  手の出刄を取り落した  手を延ばして引っぱりだす  手をひろげて抱き締める  手を広げなければならなくなります  手で私を遮った  手に紅茶茶碗を持った  手を掛けさせようとしても  手を掛蒲団の下から出す  手を着けようとしては  手を着けずにいた  手もなく親子を隔離する  手で始末してもらっていた  手にまだ握られてでもいる  手に折れ曲がった  手を弾かない  手離したがらない  手を留めたでしょう  手を拱いでいる  手をちっとも緩めずに  手だの足だのを擦り剥く  手を早く赤い炭の上に翳そうと思って  手もなく往来に敷いてある  手を見てゐれば  手だけで勘忍してやる  手の指を折りたるを  手を叩きて  手をつか  手にしての  手暴き事はせねど  手に制して  手に入るとはかぎらない  手に入らないという  手で紹介されると  手が廻らなかったが  手に入らなかったので  手を挙げて受ける  手でむなぐらに掴み着いた  手とに覚えて  手で夜具葛籠を引き寄せて  手で元の持主五瀬某に見せられた  手を停めない  手に鈴を振って歩く  手を拱いて黙っている  手に受け取って  手は着けない  手を休めません  手のまたからこぼれ出して  手に出現した  手には若い雷が居  手には土の雷が居  手にお纏きに  手に纏いて  手を取つて引き出し申し上げました  手をとりかわし  手をさしか  手の股からこぼれて落ちた  手の上にさし上げて  手を掴むぞ  手を取らせますと  手を取ろうと  手を咋い合わされて  手と足とを神に附して  手につらかりし  手より手に移り  手に達せり  手に視なば  手にありし  手を下すを  手の震ふ  手に罹りて  手の有てる  手に取れり  手より苛酷なるシャルル・ダンジュー一家の手に移りたればなり  手の業は不朽不變なればなり  手にありき  手即ちキリストの十字架にて勝利はキリストの勝利なり  手よりローマを救ひ出さんと謀れるを疑ひ  手を空うしてわが家に歸るのみならず  手をその上におき  手を口にあてて温めながら  手のさきの感覚が無くなって  手で経営される  手から独立して  手から俳優の手に遷りつつあるからです  手をたたいて下さい  手なんぞたたいてやる  手によつて演ぜられる  手が附けられぬくらいに  手にとって目の高さまで捧げ  手を染めても  手によつてのみ築き上げられるといふ  手は何者かに掴まれた  手からチョコレイトを一きれと  手の指の間から砂を流しはじめました  手をかう組むの  手でせう  手では神さまのお気には入り  手に汗握つて押し寄せる  手をとつてアハヤ引きあげようとする  手が故意か偶然かポンと手を離してしまふ  手は頻りに顫えました  手を触れて見ると  手に取りあげて見せますと  手でスイッチを捻ると  手で恐しい  手を握らない  手に暮しを頼らざるを得ないという  手を加えるという  手で殺し合った  手にし得たのみである  手を欠いており  手と膝で這わなければならない  手に入りさえすれば  手離そうとはしなかった  手には渡らなかった  手を拡げるであろう  手に這入ってからも読む  手にとっても見ない  手にしたいという  手の届いたという  手に取り戻すという  手に取って見る  手離すことが出来るという  手離すことを奨励し  手に入れ得るまでは  手を揮って云った  手を切ろうとした  手で徳利を押えた  手に入れようとしても  手に指環のよく似合う  手探ぐりにすると  手をつけさせないで  手をさしはさんでいる  手がついていないではないか  手に残っただけの  手でもみ出す  手で悩ましくも合掌してゐる  手から離さないで  手の泥土に汚さるるをも  手を汚してまでも  手から長寿の薬だといつて  手に返らぬでもあるまいから  手から離さうとしなかつた  手に取りあげてみた  手捕にしようとした  手で外敵から固く護らうとする  手までも痺れさせてゐる  手になりしや  手にならしめなば  手からはずして  手で打ち振りながら  手に快い触感を伝へた  手をつけるなという  手をつけるなと  手が痛くなるだけであった  手に取ってみますと  手を有つようになるとか  手にし得る  手に入れ得べき  手から口への生活をしている  手で奨励する  手で制止している  手に委ねるという  手にゆだねるといふ  手はぶるぶる戦えた  手を振ったりなどした  手離して了わなければならなかった  手を以て掩い  手に手紙をもって走っている  手で古い村の生活を古い儘に伝へて行かせようとする  手で掬つて飮んでゐたら  手をきるきる  手を加えなかった  手がここに加わっているという  手がそこに感ぜられる  手を描いてしまうであろう  手の円さにも十分現わされていながら  手に引き取ろうとする  手がないのなら拙僧がお守をいたそう  手とをきり離して  手によって成し遂げられた  手にとって賞玩した  手にとって自分の膝の上に置いた  手になったか  手とその集団から起こる  手をつらつらながめて見たが  手を一つの全体にまとめあげた  手の効果にうたれた  手の効果をねらった  手の修繕をおえて  手をことごとくもとの位置に返すという  手がいくつも出てくる  手を一つずつ作って行く  手についても肩についてもいえると思う  手がかなり巧妙な線で描かれている  手だけをとって見ても  手の無名指の曲がり  手や半ば現われた  手までもハッキリと見えている  手の不思議な美しさに対する無限の驚異と愛着とがひそんでいる  手の美しさは単に線の画としての美しさではないかも知れない  手ほどは剥げていない  手が感ぜられる  手や胸などにも感ぜられる  手は力強く肉付けられている  手などが埃のうちにゴロゴロ転がっている  手のふるいつきたい  手をゆるめれば  手に三叉の戟を持っていましたが  手をやめさせて  手に三叉の戟を持つてゐましたが  手にのみ委すべきではない  手を握るであらうといふ  手をも法衣の袖に殊勝くさく隠蔽し居るに  手を後へは退かぬが  手で捏ね  手でヴェールを剥ぐしか  手を向い合わせに拡げ  手を打ちあわせる  手に入るまで  手は洗うという  手が岩角から離れた  手から茅焦を  手を着け  手の腹にのせた  手で鍬を振り上げ  手につかなく  手で盗まれ  手を上げて打たうとした  手から辷り  手に黒革の手提トランクを提げ  手にせずに乗り込んだ  手が出て来はしまいか  手で殺してしまった  手が土の中から出て  手を払ったが  手を右ポケットの中につっこむと  手を高くのばして借  手をさしのべるに至った  手を握りあいたい  手をさしのべなければ  手にはいらないし  手にはいっても  手に入るであろうが  手を突っ込んだは  手も知恵も寸分交ぜず  手で揺り動かしつ掻き口説けど  手さえ躊躇い  手を眼にあてて  手を入るるか  手にて撥ね退くる  手を通さんとして  手易くはできぬわい  手もなく松平を負かして  手で拓くだと思ってみろ  手を休ませようとはしなかった  手で執らえようとするにも似た  手に錫杖をついた  手から救い出される  手を組んで祈っていられました  手を合せたばかりです  手が合されました  手を両方の掌にはさんで  手がかすかに痙攣した  手を切り取ってしまいます  手の方を先に切ってしまいます  手入さへすれば  手なり足なりを刄物を以て斬る  手が延ばされました  手の調子がきまって来た  手がその子の首を俯向かせてしまいました  手にして見送りつつ  手に確と縋った  手に据えると  手を通して肩の方を包んで見たりした  手をやつたりして  手にとってその鈴の束の鳴る  手頼ろうと思う  手を研究し  手は打ちません  手は銃身を先の方で握り  手にカンナの花の剪った  手をあげて抑えている  手を握られたとか  手詰まって来た  手でせられても  手が届かないで  手で段々具体化せられて来た  手触れ難きを表す  手を活溌に振って  手を妙な工合にあげて  手で掴まり  手を強く握って降りて行った  手の節足の節共にきやきやして  手くびが少し腫れてる  手はただ器械的に動いてるらしい  手をゆるめないで働きながらの  手も汚さず  手のさえる  手を切ったら  手を湯の中へ入れる  手にさわっては  手で省作の手をとった  手に一層力がはいったと思うと  手に囚われてしまっている  手を空しゅうして帰って来た  手の指を硬くこわばらせ  手を彼の掌に握らせながら  手の土を払いながら  手に泳ぐを見たり  手に響いてきた  手が焼ける  手はもうぶるぶると慄えて居ます  手になつてある  手をかけて掴み出そうとした  手を湯につけさせた  手に入れようとせられたが  手に受取つたりした  手は汚さないでも  手で打つてゐた  手で一切が明るみに出て  手を捕へて訊いた  手から離さない  手で畳を殴り  手に引かれ  手こそ振上げなかつたが  手で動かせる  手を払ひ  手の中の栗を空高く投げやった  手に柿を持っていた  手にも移つた  手のつけ様がなかつた理由が知れる  手はしょっちゅう洋袴のポケットへ入れていましたが  手の無名指にエンゲージリングの黄ろい  手には余ります  手の咽喉に好感を持てた  手で犯した  手を掛ければ  手で投げてやろうと寝返り打って  手でひねくりまわし  手に豆をこしらえた  手から薪を取上げ  手にとって見なければ信ぜられぬとは  手に取って見れども信ぜずば  手をたたいても  手でさぐるからいけない  手から手へ渡った  手に渡りし  手でさぐるよりも  手のゆるんだ  手を離したりせぬ  手でさてもこの世は夢まぼろしなどとへたくその和歌を鼻紙の表裏に書きしたためて  手きびしく断られると  手に余ると  手をのばしただけの  手をつけかね  手を抜かうとした  手を洗ひ給うた  手を以てこれを止めて  手に薬罎を持ていた  手をつかへて  手に移つて演芸化した  手になつたものと考へても  手に入れたからね  手に入れようとは思わなかったがね  手が届かぬを  手に落ちたるに  手を煩わすなどの  手に入るも  手を延ばすとちやんと  手にはいらぬかと訊ねてみると  手で分けながら  手で丁寧に掘りだすだよ  手をうしろに組み  手で右の袂を撮んで  手を吭の下に持って行って  手を下へ引く  手が下まで下りて来る  手が直ぐに又上がって  手をこう云う  手のハンカチを左手に移して  手で握手される  手を通していると  手を打つらしいで  手に育てられたが  手が離せんよ  手が離せんといえ  手から受話機を奪い取って  手はいきなり京吉の腕を掴んだ  手が見えなくなるまで  手を振っていたが  手を握り合って流す  手を知っていた  手で上られる  手をくずしてまで  手の汗を拭くと  手のつき出した  手から受話機をひったくって  手にも五年間の異常な経験のしみはついていない  手は伸びていた  手がカラ子の肩から首へ動いて  手で貴子の手を握る  手の触感をたのしむなんて  手が握れる  手を握られてみると  手を握り合っているばかりか  手を泳がせていた  手にしみこんでる  手に唾を掛けて  手から八百円の手切れ金を立替えて  手を断る  手を湿らさずに  手を自分のポケットに突込んだかと思うと  手がまだ彼の高い肩に達しない  手を合したい  手に嬲らせながら  手を合わしたい  手から水菓子の盆を受け取って  手が少し震えた  手を挙げて払ったが  手が押え止める  手をふらふらと打ち振る  手のところへさしのべてやりました  手を開いて見て  手討ちになり  手を取って押し戴いたという  手を入れたがあるべき  手から遁がれて  手も足も同じように白布で包まれている  手に皓々たる白刃が握られていた  手を摺りて祈請し  手に火の点いた  手を放しやがった  手を止めたが  手に松火を捧げている  手に水晶の数珠を握り  手で幾人の男の逞しい肩を抱いた  手に大鉈を持っている  手が城主へ触れた  手が延びる  手がそれへ触れる  手を延ばして触って見た  手に手に弓矢をひっ掴み  手を取り合ってくださいまし  手を取り合わなければなりません  手が掛かった  手は合掌に組まれている  手がそろそろと持ち上がり  手を拍ったが  手に入れられました  手で渡された  手で独木船へ移された  手の歌声のなかで華麗な彼女はカンボジヤの踊りを舞う  手づから二等室の扉を排けて  手にはまだ封も切らぬ  手に握つたが  手は無意識に先刻の手紙に行く  手や黒い手が飛ぶ  手づから指揮して  手には洋杖の外に何も持たぬ  手を遣  手に手に小い  手を引込ませて  手でも曳かなく  手を堅く握る  手を引張つて  手を強く引く  手短く見舞の文句と自身の方の事を書いたが  手を焼いてみるが  手からお茶のコップを受けとると  手みじかに言ってしまえば  手に接吻しました  手で分けて  手に任せておくには  手で建築した掘  手もなく夜昼のけじめも忘れた  手になんて任せてはおけぬさうです  手を払つてゐた  手つだつてゐる  手つだはれてゐたと  手になったといわれていた  手を合せて拝んでる  手に委ぬるは  手を出すべき  手を息めて  手振足振  手振をして踊る  手を牽れて来る  手で制作劇場の舞台にかけられた  手におへませんよ  手をあわせて拝んだ  手暴くせずと  手でどうにかなろう  手をさげて詫びて帰れば  手あらく投げられた  手をかけて引き起した  手やを書状に添えて  手の懸らない  手はひとりでに動いた  手には鍵たばが握られていた  手で子供たちを愛撫した  手を叩きます  手がいたくなって  手をふりはらってにげだした  手にとどけなければならない  手できびしくしらべられた  手をひいて歩いていく  手おくれになるかもしれない  手からマリ子を奪いかえす  手をまわして抱きおこした  手ににぎると  手を一本入れると  手から放れてしまった  手は動かない  手は動きません  手を縛られていながら  手を前にのばした  手で早く犯人を決めて下さいよ  手をつけるなというので  手から取り落として  手をいれようとしたが  手おくれの形となってしまった  手が届いたり  手にその操縦盤が帰った  手によって行動する  手をふったりする  手には長いゴム手袋をはめ  手を突込んだのと一向変りがなく感ぜられる  手を延引させておく  手を休めなかつた  手と私の殺した  手をやめてしまいました  手もなくやつつけられた  手がワナワナ顫へ出した  手によって同時に救われた  手尖にあたった  手の指をグッと歯と歯の間にさし入れると  手に収めようとした  手に受けためては飲んだ  手置いて考へて見い  手につながってる  手を執りあって泣いた  手で運ばれてきた  手の力が俄にゆるむと  手をしかと握りしめた  手で後始末がされた  手をにがさない  手を引いて入れないから  手を力一ぱい握つて  手を打つて駆け出しました  手を離して駈け  手には其等の文字を書く  手で成し遂げられようか  手の中には羽子板を持つて居ても  手も餘り動かさず  手の爪を剔りかけると思ふと  手近い例を擧げようならば  手が爲す  手近い例を擧ぐれば  手にとっていとも巧に弾奏し出した  手にとつていとも巧に彈奏し出した  手の瀞場の条件によく似ている  手に押されながら  手をかけてゐても  手をかけていても  手を叩き下したりした  手にかけて親爺を殺した  手には節くれ立った  手をポンポンポンと三つ拍きました  手を三度拍きました  手はてろて  手に革鞭をもって  手に革鞭をもつて  手むかいしちゃ  手でへし折ったりした  手を振り上げて追っかけた  手でこしらえられるというより合いの  手でひねり餅をばくれました  手にとりあつかわれなければならない  手の方で甘く行って来ない  手を置かれて  手をお取りになって  手を拱ねいて  手にとらずにいたが  手を自分の頬にあてがった  手のふさがっている  手ばかり焼けて困ります  手で髪の毛から雪を払い落していたが  手をさしのべていようなぞとは  手をつかれました  手しおにかけて育てた  手で出来  手を取って喜ばれる  手では決行し得ない  手の二本指でつかまえて  手を取って釣り  手を洗いなさいよ  手でガーゼを扱ったら  手を洗いなさい  手を拭き拭きいった  手もなく足も見えない  手をつないで喘ぎ喘ぎ登ってゆく  手が赤ん坊の所へ動いた  手に入れられぬ  手は草の根を握りしめなければならなかった  手についてきた  手をひいてもらって  手をふって駆け出した  手をかけてゆさぶったほど  手を脱し  手を洗い終わったら  手を引いてもらっている  手が備わっている  手と手を取り合って泣く  手などが桃色に盛り上がり  手に召され  手になつた支那歴史や東洋歴史は殆ど一部も讀んだ  手によつて我學界に紹介された  手をあて猿が泣きけり  手ひかひてなげき告ぐ  手の常陸のうみ  手向くべくなりにし  手より蜀黍のしげきがなかをかへるとて  手挾みて立てるが  手もたゆきとふはし  手の骨を探す  手に經營されし如くなれど  手もて握れる  手は痛からむ  手はふとしくなら  手にも觸るべくあらざるが  手は萎えぬとも  手して獲つる  手に曳く  手のみを用ふ  手を携ふべかり  手にもとれねば  手して竿に掛けさせければ  手なり春雨にぬれてと  手もておもてを掩へれば  手の痺れ居る  手の隙いた  手もて造り  手を握らせてくれました  手からはなさず  手をこのくらい上へ挙げると  手を握るとか云う  手の方はすらすらと無事に出来たが  手がどうしても思う  手から手へと長年かかって渡っている  手をしっかりと机の上に押しつけ  手を腰にあてて  手を差伸べた  手を靴下のなかへ突っこんだ  手を膝に休めた  手をお出しください  手を差出すだろうか  手を差出さなかったが  手で私の意に逆らってやられた  手がゆるやかに腰をなでている  手を胸にあてた  手でかま  手で隣室の開いた  手には取ろうとは思いませんから  手をたたけ  手を突っこむと  手を女の柔らかな両手の中で少し動かした  手をとらえようとしたが  手を十分素早く引っこめる  手でさえぎっていました  手をさすっていたが  手を求めて  手を女のほうに伸ばした  手で女をさすったり押えたりして  手で学生の顔をなでまわしながら  手を差出したが  手をしっかと握り  手を出して握ってさえみた  手で扉のほうをさした  手をおつけになっていませんわ  手へ接吻する  手に笞を持っていた  手を素早く口に持ってゆく  手をつけるという  手でパナマ帽をしっかと膝に押しつけた  手を加えもしないで  手をさすっていた  手を耳にあてて  手のこなしにすっかりよろこびきっていた  手の上にかがめて  手でやられなくてはならない  手にははいる  手をかさなくても  手から奪われてしまう  手には届かなくなってしまう  手をもう一度握ると  手で書類を覆い  手から取上げると  手で引受けようという  手を借りて着ながら  手には負えないが  手で軽く彼をたたき  手でエプロンの皺を伸ばしていた  手を加えなくちゃならない  手の及ばぬ  手を使えば動かせる  手でたたき  手を下すだけでわけなく  手を顔の前にあげた  手でスープをかきまぜながら  手で女の頭をまた炉のほうに向けた  手を相手の手の上に置いた  手にしてもどってきて  手の上に置いていた  手から取上げ  手をふいてやり  手を押しやった  手を放さねばならなかった  手をたたいたので  手を出しませんでしたが  手を下してくださる  手を彼にまかせた  手もつかんだ  手を示して  手への接吻をやってのけ  手の感触にもっとあずかる  手を力強く握り  手で灰青色のもじゃもじゃな鬚をなでていた  手で何かを示す  手で拒絶の動作を示し  手から離しなさい  手を尽さなかったと  手で互いにさわり合っていた  手の下しようのない生物体と闘っている  手から手へと自分の頭上で行き来している  手で断わりの  手から手紙を奪い取り  手によって加えられる  手を机の真ん中でひろげ  手に手をとって歩いてゆく  手きびしく邪魔した  手向わせた  手を額に当て  手を額から取って  手でなだめる  手から洪水の如く市場へ流れてゆく  手を巻いている  手でかかえて見ている  手でお婆さんは私の手をはらいのけた  手を延ばして押入れをあけて見る  手にいっぱいこんなものを持って来てくれた  手からペンを取って  手をはなしながら  手を頬に当てて  手に白いハンカチを持っていて下されば  手の置物があった  手をひたしていた  手から抜けて行く  手が私の肩に鳥のように並んでいました  手を呆んやりながめていた  手からはもう何もなくなってしまいました  手つづきをふむ  手の爪に白い星が出ている  手でなでつける  手にくれる  手はまんじゅうのようにふくれあがっている  手が紫色にはれあがって来る  手おくれになった  手をしばられて  手がいれ  手をつかねてなり  手頼って徹底する  手を繋いで現われたり  手を取ってはならぬ  手を下された  手を下されたという  手を抜くと  手もかからなければ  手に小脇差しを引っ下げている  手に握ったは  手にかけてござる  手でできる  手で作り出さなければならない  手に委ねておいてはならず  手にわれわれは托する  手で生れるか  手が考へられる  手で結んで貰った  手をもがれて  手を竹子笠の縁にかけた  手も見せずに打ちおろすと  手を押えているので  手が時々触れ合ったりする  手に抛りこんで  手で僕の唇に蓋をした  手にふれるどころか考えようとさえした  手をあたりに憚るようにソッと振って見せた  手に真剣を持っていなくて  手で隠しながら  手を持っていったが  手なんか借りないです  手へ譲り渡して  手を伸しながら立ち上った  手を執って歩きだしたからだ  手に落ちれば  手だけ見たって  手にキラリと光った  手が出てきた  手をさしこんでみると  手が抜けなくなってネ  手に誰が乗る  手を切って貰いたいネ  手にお掴りなさい  手を貸してやってくれと頼んで  手でシッカリと腕を掴み  手を上に伸ばして  手で発明して置かなければ  手を置いて考えた  手を焼いたと見えて  手で無理心中させられた  手を引かせようとします  手を差しだしました  手から首飾りを取りかえした  手にして入ってきました  手がまわったかもしれぬと思って逃げた  手が入った  手に握らせたら  手を覆す  手に奪はれたる  手に手に戟を持って  手に返らないと思ったが  手へ乗せた  手へ渡してやった  手に児のひ  手をのべる  手をさしのべ給う  手をつけるとなると  手が出ないという  手をつけさせずには置かぬだけの  手離しで自転車を走らせてあそぶ  手を借りてでないと  手を引かせた  手をうってよろこんで  手に取り出される  手にはいったね  手で戻る  手で仕留めて  手で退治しなければならない  手をひいて出  手をあわせる  手をあわせながら  手堪えがあった  手でぶつぶつと切っておましょ  手を扉にかけた  手をはずして落ちようとした  手の青い脈を流れて  手をお掛けになるまでもありません  手を置くのに  手しおにかけました  手で裂いても間に合いますわ  手が痺れて落したほどです  手の肱の上へ顕われた  手が榊を清水にひたして冷す  手の壺微塵に砕け  手を掛けたら  手探ぐり足探  手離して終ふ  手に足に氣くばりが  手をかさねばならぬ  手離してしまう  手に足に気くばりが無くなって  手で吾が胸に止めを射さなければならなかつた  手に執る  手の先きを働かせてはゐるが  手の西瓜と隣りの  手をあげて招いている  手が疲れて来ると  手を触れながらかの  手に桃色の小さな封筒を持っていた  手は頭にかかって  手にして弄っている  手を膝の上に置いて  手で頬や首筋に止った  手をやって抱き起そうとしたが  手がありますから  手に引きとられたが  手に桃色の小さな封筒を持つてゐた  手は頭にかかつて黒いピンが抜かれた  手で頬や首筋に止まつた  手をやつて抱き起さうとしたが  手に引き取られたが  手に波紋を画く  手から手へ渡されたばかりで  手で触つた  手から何ものかを引奪った  手を突き込もうとすると  手や顔に塗り付け  手がかかるや  手を貸せば  手を付けたら  手に取るごとく見える  手を付けて捜し廻ったが  手に取ってみて  手を触れていない  手は卓子の上を匐う様にそろそろと進んで行く  手は水入に届いた  手は絶えず卓子の上を辷って  手を引き止めて  手から救ってあげます  手を少しくゆるめた  手を掴み合った  手を振りほどこうと努めたが  手には水晶の栓を握っている  手に這入ったので  手を引いたなと思う  手を執りかわし  手に入りましたが  手で長椅子の上に横に寝かされて  手に取り上げて裏返して見ると  手をつかして  手にその連判状が握られているかは  手に入れん  手を打つか  手は懐中へ入る  手からドーブレクをある  手に攫われた  手に陥ってしまった  手で自動車に乗せて  手には隠し持った  手にとってちらと見て  手にもっていたやどり  手にもつてゐたやどり  手に入れようとしてゐた  手近いところに幾らもある  手を空しくして眺めてゐる  手をつけ出せば  手を染め出そう  手に廻ってみたかったが  手がまわりきれない  手へ送られてゆく  手にしたりしてしまう  手からうけて退がる  手にとって見てもいない  手で天龍寺や等持院も創建されていた  手をわずらわした  手で擁立した  手を焼きぬく  手にも騙しにも乗る  手を焼かせていた  手でここに埋葬されている  手へ渡され  手から御返却したばかりである  手に小首を傾げているという  手に摘んでは  手きびしいのもあった  手で届けられた  手におなじ感慨をおもちになる  手にふといった  手を握っていう  手の痩せている  手で曲投げ  手が食べる  手が網棚へのび始める  手を焼かせられた  手にはのらない  手から公示され  手に余るし  手もオーケストラ三昧に入っていて  手に入れたといふ  手に本書の編成を一任してみたかった  手すさびのあった  手すさびらしい稚拙が見  手に移っている  手を転々して  手を拍つも  手すさびに彫ったという  手で成った  手を喰うと  手を振らして  手を不可思議な八ッあん熊さんの世界に引き込んでゆく  手で引っこ抜く  手のふるわせ  手が慄えたが  手をいれてきた  手に入れておいてくれ  手から茶碗をもらって  手の指輪の一つを脱いた  手が触った  手に己の手をかけようとした  手を握ろうとすると  手擦へ凭せた  手が放せないので  手を顫わして蟇口から十銭札を二枚出すと  手があるとは知らなかったね  手を洗いに駈けて行った  手を前掛で拭き拭きあがって来た  手に燗鍋と盃を持ち  手に肴を盛った  手に持たそうとした  手を払い除けた  手を代え品を代えて  手易く見破られ  手に入れかねた  手に蝋燭を持ち  手に入れておりますから  手にベッタリ白いものをつけたなり出てきて  手で着せたと考えてしかるべきですから  手を天のはじにかけぬ  手をば川の水で洗ふ  手を添えて歩いて行った  手をのばすについて  手で箱の大きさを示して見せた  手を振って笑う  手の中に握らせた  手を約束のしるしのように握って来た  手を舐りながら  手も足も出ないので  手ん手に弓矢を執って  手に唾など吐きながら  手をさし換えてから  手さえかけない  手の間を縫って  手を折られたり  手に入れるとなれば  手はさながら万力にかけたごとく  手を一生懸命に振り離そうとした  手から自由になろうとする  手に生捉られた  手ん手に石を投げつけたり  手向おうとしていた  手ん手に席を占めた  手の稲妻が飛んだ  手で鮨を器用につまんで  手から盃をひったくる  手をつかせ  手の裏表を返して  手を言葉と共に調子づけて擦りながら云った  手はこんなにもよくきれいに洗ってあるよ  手をうら返しにして見せた  手の指で掴み掻いた  手を子供の眼の前に近づけ  手をぱんぱんと子供の前で気もちよさそうにはたいた  手の糸と称ふる  手は尽してある  手くばりもあらまし  手の指端を見せる  手にころがり込んできた  手に取りながら読むとも  手を食はん白人白人いづくへ行くや  手で固く握る  手をさし込み  手をかきむしられながら登りき  手をすり足をすつて現われた  手を出したばっかりに  手に絞って見せる  手がいつもふさがっている  手が暇になって  手をつっこんで歩いて行く  手をひいたりして連れて行く  手には捲きつ  手のおき  手を引いてゆく  手に汗を握らせたが  手がした  手が知らない  手も違つてゐたのであらう  手から石を取り戻すと  手があれば喜んで  手から失われるだろう  手を貸してやらない  手のように空中にひらいて  手がでると  手を巻くと  手までを聴き分ける  手を取って嘆く  手を鳴す  手に弄ばれたい  手の中の銅貨は金貨にかはつてゐました  手でつかみました  手でその柄をつかんで受けとめる  手もなく雲の上人を令夫人とする  手を眞赤な炭に引つ掛ける  手で掻き出す  手を止めて居る  手を拔いて  手に持たせてくれた  手が目についた  手と異常に大きい眼とで別れの合図をした  手から手へまわされ  手へ逆にもった  手に鍵束を下げた  手を子供の唇へ押しつけて  手を出してたまえ  手から手へ渡していた  手をつかってるのよ  手で掬うほど  手を叩いていたら  手へ五十カペイキわたした  手で信吉の眼を抑えた  手に手にコップつき出して  手の爪をかみながら  手なんぞ上げ  手をかしたり  手に彼は専制君主の力を示す  手に真直ぐに立て  手によって焼却された  手の中のカードを見つめている  手の中のカードを見ている  手に委ねておいては  手に戻りませんかねえ  手においれになりました  手に戻してくれる  手によって真横向きに描き改められた  手の形も変えられた  手の位置が変化し  手を使うとは  手はお使いにならん  手は時々感覚を失はんとするまでに凍える  手を長くして附けた  手に得られる  手紡ぎの絲をもつて作られた  手に握るであらう  手に手に太鼓の撥を用意して  手に殺され  手と白鳥の胸毛のむね持てる  手は波をくぐる  手はわが胸を抱え  手はわが息をあおぎ立たしむ  手は聖歌よりもなお美しき歌をつくる  手はわかくなつかしああわれに剣を与えよ  手はわかくなつかしああわれに剣をあたえよ  手をも触れさせず  手が彼の目にのせられた  手に手を組んで  手で殺されてしまったという  手はカアルの手と握り合っていた  手を執って泣いた  手を仮してくれないか  手では持ち運びは出来ない  手も足も折れて仕舞ったらしいので  手も足も折れてしまった  手も足もばらばらになって仕舞った  手あらく閉める  手で捉まえた  手に受取っていると  手に火縄を振り  手をかして呉れ  手へ渡して遣ってください  手より受取って見る  手が控えておりますから  手には三本足の金華将軍が控えているなどは  手には木の枝をステッキ代りに持っていた  手を僕のまえにつき出した  手からその原稿紙を受取って  手を引合った  手を引合って出て来た  手に因って報いられた  手を振払って去った  手や足の形に変っている  手を鳴らす  手の村は青葉の闇につつまれてしまったので  手をひいてくれぬか  手に立ちふさがった  手を遮ろうとした  手には秘蔵の笛を持っている  手にも笛を持っている  手が穢くなったわ  手の指は透き通った  手は胸に届いていなかった  手に欝金木綿の袋を掴んで  手に法水は合鍵の束を与えた  手で押したくらいでは  手で動かしたにした  手で押したくらいや振  手で何かといっしょに倉の中へしまい込まれて  手から自分の肩を引いてしまった  手がつけられなくなった  手から自分の肩を引いてし  手がつけられなく  

~ 手[名詞]1
ものの手を  久保の手を  只今帯に手が  切りに手を  声が手に  さいをぞ手に  官の手  夏は手を  曲調に魅せられて手を  時父は手に  一人娘に手  アレン氏は手を  速記に手を  柄に手を  左の手に  句にまくり手に  一点を手  われらの手で  碁と手を  頬ぺたへ手を  三重吉の手に  右の手で  左の手を  両方の手を  左の手で  左の手の  新聞を手に  繊い手を  自分は手を  敷居際に手を  礼子の手を  片方の手は  唇元へ手を  方へ手を  櫛を持った手を  男の手へ  背中で手を  ラジオを手で  啓吉には手の  啓吉の汚れた手に  自分達の手で  秀ちやんの手を  妙な手  者は手を  ステッキを手に  轉車に手を  おもちゃ道具を手に  人形を手に  彼女が手を  彼女の手から  所に手を  私の手には  習作を手に  家では手が  妹も手を  家でも手の  茶がまを手に  ものが手に  両方の手に  幾度手をふいても手が  吊り革につかまった手を  自分の手を  なかに手を  中に手を  それから手を  それを手に  串に手を  天風の手を  串にも手を  葉は汚れた手を  首と手と  女の手は  特別の手を  男の手は  親指だけが離れて開く手など  叱責の手を  オペラにおいて唱い手が  艶子さんは手を  方は手を  私の手にだけしか  女性の手だけ  正直に手を  石太郎が手を  ものを手  乳母に手を  実を手に  爺さんの手に  首も手も  技術が手に  隣組はしつかり手を  国民自らの手で  ものを手に  仕事が手に  樹明君が手をと  水仕舞する手が  自分の手で  洗ふ手が  玉琴の手を  与五郎の手を  顎に手を  右の手には  大原の手に  谷村は手に  死体の手に  頭に手を  大原の手では  子供の手を  領事館の手で  右の手に  札入に手を  紙幣束をとり返そうとして手を  のどから手が  茶碗を手に  肩に手を  清川の手を  ニュッと出ると手の  中の手と  後から出た手に  ベッドの手が  洋服の手が  時に手に  今は手にだに  三人は手を  手に手を  そこに手を  地方委員の手に  専問家の手に  西洋風に手を  時に手を  金持アうしろで手を  一枚も手に  まり来て呉れ手が  何か話しかけると手を  草削の手を  仲人の手から  春に手を  投機に手を  方で手に  一人では手が  ふつと挙げた手で  畑仕事の手が  お婆さんの手の  吉公の手を  人々の手  火鉢に手を  上へ手を  弟の手で  自分の手に  合ひの手を  右の手の  何んぼも手  節くれ立つた手を  男と手に  さな手を  下女の手で  多く職釣者の手に  ランプを探しだして手に  女の手を  手に手の  背中流してくれる手がを  樹明は手の  大地に手を  刀柄に手が  匙を手に  新三郎の手も  此の手を  お嬢様は手を  間違いから手に  新三郎の手を  新三郎が手に  沓脱石へ手を  孝助は手に  男の手に  通り板の間へ手を  皮ばかりの手で  お嬢様の手を  前へ手を  米に手を  露の手を  両人で手を  板の間へ手を  己でさえ手を  孝助は手が  先の日汝が手を  間から手を  遺書をば取る手  鍔前に手を  かに足を突くか手を  飯島を手に  己が手に  所から手が  ように手を  親父を手に  貴様の手に  源次郎の手に  源さまと手を  雨戸へ手を  上に手を  孝助の手を  五郎三郎の手を  さが手から  米をとぐ手の  紅葉ちれとや手を  金が手には  それぞれを手に  ボールを持った手で  笑顔で手を  一方の手で  先に手を  魔の手が  外に手を  彼が手に  裕一は手の  ふたりは手を  亜紀子は手を  彼の手の  顔で手を  凧を持った手で  彼の手と  糸を持った手を  凧をとおして手に  ちまちまと手が  把手に手を  束を手に  日記を手にと  頭へ手を  処女の手が  頭に手をや  胸と手を  梯子に手を  用心して手を  誰も手を  ばかに手  凡て汝の手に  囃子の手が  判然と手に  雪洞を持った手に  人間の手に  私の手を  仲善二人肩へ手を  小石を手から  訳にも行かなくなって手を  皮を剥く手を  趣味性の手を  西洋へ迄手を  人達の手を  其人の手を  私の手の  私なぞの手に  私が手を  今朝も手に  事で手が  滅多に手を  危険で手が  母の手で  及腰に手を  糸さんは執られた手を  金を手に  金で手を  夜店を冷かして手に  教科書を手に  馬の手に  平馬の手の  刀に手を  それより手を  君の手を  ときかれの手は  敵の手を  光一は手から  生蕃の手が  伯父は手を  しんばり棒をはずして手に  千三の手を  茫然と手を  のを見て手を  これだけに手を  ひつじは手を  人民の手を  巌の手を  父は手を  寝台に手を  老母の手を  のは手の  だれも手を  柳の手を  千三が手を  手と手を  ふところから手を  手に手に  球が手を  貯金箱に手を  悪魔の手に  頬に手を  光一をなだめなだめして手を  げたを手に  声をかけて手に  鼻に手を  手塚の手を  手塚の手が  愛の手は  敵の手から  味方の手には  何人も手を  ぼんやりと手を  粗雑な手を  別の手  あごに手を  感覚の手の  官僚主義が手の  防者の手に  投者の手に  投者の手を  敵の手の  ときは手を  おやじの手へ  ペーチャの手を  つて三人が手を  箸の手が  箸持つ手は  父の手を  口で求めず手で  頸も手も  家中皆立つて手に  私の手と  剣に手を  娘の手を  俺の手を  三人が手を  家じゅう皆立って手に  ギリシアの手に  民族の手から  参戦程度を手  春さんの手に  なにびとの手にか  甲賀両氏と手を  女は手を  陳の手を  公主は手を  手先きとの手で  貰ひ手が  それが手に  お前の手の  お前の手にも  わたしの手へかへ  わたしの手は  わたしの手を  わたしのふるへる手は  あまたの手が  身ぶるひをする手の  やうな手  わたしのやはらかな手の  わたしの手の  馬わたしは手で  すきとほる手を  ふたつの手は  黒との手の  色のぼやけた手は  なかの手を  わたしの手も  手と手とは  ひとの手に  どこから手を  土地で手に  死の手に  順作の手に  右の手を  昨夜己の手で  三菱の手に  私の手に  碇も手に  人間の手には  脇に手を  腰に手を  一本の手が  鉛筆を手に  為事は手に  僕の手を  怪青年の手を  肩口に手が  私の手は  老人は手を  女史は手を  のも手に  違いない手だの  漢青年の手を  自分の手が  彼は手を  彼の手に  無や手に  人の手を  愛卿の手で  死骸へ手を  趙の手と  #卿の手は  手を伸して手の  木實を啄んでも叱り手が  少年は見向きもしないし手も  ラクダルは手に  両方の手で  ように手に  乳色の手が  子供を手  呉郎さんの手が  閻の手を  万は手を  それは手の  上で手を以て  図書館とも手を  ブルジョア国家の手が  何も手に  物を手に  手から手へと  同胞たちに手を  息子の手に  仕事の手は  彼の手を  全体を手に  一つの手  性空の手から  悪人の手に  讐には手を  名匠の手に  道具までは手が  著述二三子の手に  婦人自身の手の  苦が手  同情の手を  五十円を手に  本を手  一軒茶屋で手に  喜平の手から  野人の手に  壺を手に  自分が手に  相続人の手から  古田織部の手を  茶入を手に  このごろ人骨が手に  鉄の手に  神の手が  どこから手に  ネロの手を  臣下の手に  赦免状を手に  瓶に手を  継母の手に  剣を手に  母の手と  人間の手を  神の手に  二人は手を  短剣に手が  彼等の手から  男が手に  二つ割にして手  これを手に  お母さんの手で  赤ン坊を馴れぬ手に  親の手に  他人の手に  知人の手に  警察の手に  一生懸命に手を  闘争から手を  女の子の手  八ツ橋に手を  岩見重太郎の手に  超人の手に  股をひろげて手を  猫の手で  猫の手  猫の手の  パリでは手を  娘に手を  娘を手  見物以外に手の  手を離すまいと動く手を  木箱を探る手が  問題に手を  理論で手を  前から手を  活字を持つ手が  それに手の  一度に手を  スミス警部の手を  封筒を手に  少年の手を  いっしょに手を  こっちへ手を  クーパーの手に  者ばかりの手で  料理人の手を  ちょうを持つ手を  警部の手に  ふうに手は  船長に手  誰の手にも  怪物に手  方に手で  方に手を  ふたりの手を  簡単に手ば  潜水艇を手に  英空海軍の手を  空軍の手によって  海底超人族の手からは  方が手を  べりに立って手を  照準器を手で  ザベリン中尉は手を  耳に手を  者が手を  嫂は手を  トゥロットの手を  ぶんで手を  ミスの手には  ぶんの手を  ミスは手を  女中の手に  カツプに手を  二人の手と  ボール箱に手を  婢の手に  カップに手を  構へる手の  僕の手で  僕の手から  妾の手を  私は手に  私の手から  紙片を手に  俊夫君は手に  君の手に  犯人の手から  戸棚に手を  ダンサーの手に  瞬間まで手  茶碗は手に  頭から抜き取った手を  山姫きたりて手や  仕事の手を  鍵の手に  石を恐れて手を  永久に手に  ドイツの手を  活溌に手を  彼女の手は  思つた自分の手の  伊曾の手で  いつか彼女の手の  自分の手の  村瀬の手を  洗面台へ手を  彼女には手を  村瀬の手は  庇護の手に  年子の手を  正雄の手に  私が手に  ボタンを手に  やうに荒れた手を  今朝から手に  書も手に  母の手から  静脈の浮いた手を  魔の手は  四人の手では  孅弱な手を  一つも手を  女はこぐ手を  徳二郎にしかられてこぐ手を  ほかに手が  苦労して手に  方と手を  ところと手を  とき障子を開けようとして手を  ものは手に  自分たちの手で  文化の与え手と  児に手を  児の手を  それに手を  所へ手を  叫喚して手が  満足そうに手を  子供の手に  必要品を手に  スプーンを手に  横から手を  汽車に手を  株に手を  誰人か手なりと  箸を持つた手も  未来の手の  労働者の手に  主人の手に  双眼鏡を手に  高慢で手に  魚には手を  ニュウと手を  腰をのばし手を  ときは手  美青年に手を  一割は手を  グイと手を  右の手から  自分だけは手も  ポケットに手を  僕の手に  中へ手を  彼の手は  額に手を  われわれの手を  人間の手で  土を手で  タクマ少年に手を  服も手も  警察の手によって  標本室へ入れておかれる手も  ふちに手を  消息子を手にとって  ダリア嬢たちの手で  下へ手を  彼らの手に  相手の手に  魚人が手を  んなら手を  扉に手を  僕は手を  口に手を  サーベルに手を  父親の手に  反対に手を  ほんとうは手を  母親の手を  二人の手で  わきの下に手を  それをもっている手としか  テーブルのかみ手に  フォークとを手に  制帽を手に  前に手で  機械的に手を  箒を手に  子どもが手を  小坊の手に  ものを手で  者の手によって  ネンを打倒して手の  場所に手を  青年も手を  小児が手に  両の手に  帯に手を  おまえの手には  綺麗な手を  房枝の手を  下駄を手に  妹の手を  せがれた手で  六三郎の手を  前に手を  うして手に  ポイントが手に  光子さんの手に  光子さんの手には  左の手には  鴇婦の手から  彼女の手を  含芳の手の  散歩に手を  父親の手から  右の手では  猫殺しの手にでも  やうな手の  だれかが手で  彼女の手に  婦人の手による  彼の手へ  秘書官の手を  如何とも手の  何人の手に  良人の手に  襟飾に手が  匠人の手で  園の手は  触覚を手に  手紙に手を  胸に手を  ようにして手を  娘の見送手などに  教授の手に  柿江の手の  それをも手に  西山さんの手を  西山さんは手を  こっちでも手を  生徒の手を  枕紙に手を  さの手を  父の手が  それを受けに手を  んだから手が  男の手から  埒に手を  躇らいもせず手を  様子をして手を  奥から手の  ドアに手を  ハンケチに手を  気味に手が  ごつごつした手が  清逸は手の  鼻先で手を  蒲団に手を  書物を手に  薪をくべると手を  赤子の手を  奥さんの手の  園の手が  #渡瀬の手を  間に手を  父の手から  他人の手の  むりにふり放した手  事業に手を  格子戸に手を  それらには手も  底まで手に  荷物へ手を  辰代が手を  それには手も  其処に手を  澄子は手を  袖口を伸しながら手を  辰代の手が  澄子の手を  両の手を  中村の手を  澄子の手の  外から手を  格子に手を  女の手  彼女の手の  從順に手を  火に手を  こんどは手が  何かかう手に  何んだか手に  紙包みにして手で  小娘を手で  言つて私の手を  上におかれた手が  みんな自分の手に  変な手  宝石を手ば  女が来れば手に  グレージーの手に  彼の手で  そばに手を  皺のよった手を  枕元に手を  彼女の手が  自分の手や  時医師は手と  友だちと手を  看護婦の手を  葉の手の  一緒に手を  事に手を  片時も手を  何事も手が  顏や手を  自分の手から  ネネムの手に  俄かに手を  ものは手を  十人だけ手を  そっちに手を  おれの手が  創へ手を  方を手に  人の手から  貪婪の手に  万の手の  者の手から  火の手に  図面を手に  封塞俺は手を  俺は手を  砦は手に  意識しての手の  銀の手を  きんかなしみの手を  天の手  海の手に  ひかりの手  んの手  観音様の手の  眼と手で  膝に手を  觀音様の手の  労働者の手によって  何人の手にも  我々自身の手で  賊の手によって  人も手を  それ等の手に  人の手が  崖から手を  船乗の手に  憐れなる手を  藤葛を手に  甚内を手  古河市兵衛の手に  運動に手を  志士の手に  裏から手を  やうな手に  胼胝の出来た手が  お祖父さんの手で  自分の手  炬火を手に  士族たちの手で  機会に手を  両の手で  教人衆の手に  両の手の  西人の手に  術者の手に  お金が手に  注射器も手に  孤児の手に  孤児が手に  幸福を手に  盆栽師の手に  ために手を  仕事の手に  ことに手を  ペトロは叫んで手を  みんな他人の手に  だれの手にも  兄と手を  誠一が手を  お母さんに手を  誠一は手の  さし出す手に  私は手を  クレヨンを手に  者の手では  マリアの手の  娘の手  母ひとりの手で  帽子を手に  武力によって手に  貿易で手に  資源を手に  魔の手に  命を手の  死の手から  誠一の手も  カヤノの手で  ダットサンに手が  値で手に  首筋へ手を  ボートを漕ぎ手と  一方の手が  暴漢の手に  為作の手に  中を掻き混ぜていた手を  源吉はすまして云って手を  細工道具を手に  宝石を手に  人々が手に  頑丈な手に  最中は手を  官憲の手で  バイバイと手を  一回配本を手に  笊を手に  女が手を  これをさえ手に  真白な手を  祭文の讀み手が  盃持つ手を  盃の手を  一彦の手から  窓は手に  一彦の手を  扉に手が  俺さまの手に  一本の手がに  箱から生えている手の  手すりに手を  下をむいて手で  怪塔王は手を  一彦も手も  首に手を  僕ら二人の手には  私たちの手で  塩田大尉の手  小浜兵曹長の手を  お爺さんの手に  爺さんの手を  まま白布を手に  無線電信機を手に  怪マスクを手に  貴様の手を  マスクを手に  覆面に手を  帆村の手から  ハンドルに手を  ことで手を  服にまで手の  一本の手で  電鍵から手を  敵の手にも  小浜兵曹長の手の  投の手を  ピストルを手に  怪塔王の手に  右手に手が  顔に手を  受話器を手に  博士の手を  帆村が手に  あべこべ砲で手  兵曹長の手を  品物を手に  国へまで手を  奥様には手も  懐中へ手を  容易に手には  最初に手に  大名などが手を  ヒョッコリヒョッコリと手に  袖へ手を  直感を手  小枝は手を  侍女達も手を  花を摘んでは手に  各自野花を手に  茅野雄の手へは  俺が手に  掠奪の手から  乗り手を手を  貴殿が手に  先に手に  人の手に  勘右衛門は手を  京助の手から  一眼を手に  さまざまの手を  浪江を手に  油煙が手に  針ば手に  處へ手を  金持の手に  仲間の手を  手紙を手に  女の手の  袂に手を  ものには手を  人は手を  外套に手を通して  ためにかじかんだ手を  床に手を  洗ふ手を  改造したり手を  彼女は手で  陸にいてやりすごすという手は  ジェニファーは手を  ジョーが手を  僕も手を  作業員が手を  ハワイ人たちの手にとり  ディーンが振り向いて手を  ジェーンの手を  無線機を手に  巨大な手で  人間の手によって  彼女は手を  建物を手で  全員が手を  いっぽうの手を  重みを手で  情報が手に  ハミルトンは手に  アランは手を  元気そうに手を  額にかざした手で  ラリーは手を  子供たちが手を  生徒が手を  いっぽうの手で  ダフネの手に  僕の手は  迷惑そうに手を  敷板に手を  箸を持つた手で  ふところへ手を  ひとは手を  谷村さんの手を  呆然として手を  霊薬を手に  逓信局の手に  愛讀して手  ユキの手を  急に手を  われわれ貧乏人にゃ手が  金持連の手に  蒼白になって手も  そうに手を  鉤の手に  肩とで寄りかかり手を  棟梁にも手に  びっくりして手を  自分も手を  伏せ震える手を  徳利は手を  人間の手の  典拠も手に  レオナさんの手を  一人では手の  赤ん坊の手さえ  万能を手に  ひそかに手に  自分の手では  組合からだって手に  他で手に  母の手  苗取る手を  一俵に手を  いつか二俵目にも手を  袖を持つた手を  髪に手を  僧の手の  抽斗に手を  私は手  以外に手が  二人の手の  男性の手によって  殆ど女性の手に  娘の手は  ごつごつした手  政治の手が  皆彼等の手を  彼等には手を  研究に手を  幸運にも手に  誰にも手に  女達の手によって  凸凹などを手で  海とを手で  作品に手を  ガラスで手を  蜘蛛でさえ手に  火鉢や手で  われわれは手を  守衛が手を  意地悪そうにわらい手を  横になり手を  楢ノ木学士は手を  かけらを手に  二面左右の手に  敵の手に  縁に手を  為守は手を  仏像の手に  庭に下り迎えて手を  四十八度も手を  一人民の手に  之を手に  物は手にて  磨製石斧は手にて  如くに手を  何れも手  各自棍棒石斧抔を手に  人民の手に  束髮で手に  女中に手を  身体に手を  意地悪さうにわらひ手を  鮎を手に  風琴の手を  直接彼等の手に  送信の手を  主の手に  筋に手を  却て手を  太陽に手を  方は手に  武人の手に  あなた方の手には  ハシタ金で手に  狸と手を  慨嘆されては手の  東京市中の手  庄吉の手が  庄吉は手を  私は手の  吉本の手を  其後母親の手で  まま兼子の手を  瀬戸の手で  皿は手が  幾代の手に  敏は手にも  彼も手を  貝鍋は手に  根本史料を手に  女性の手に  男性の手に  水に手を  私たちの手に  女などが手を  後ろ姿を手を  看護の手に  炊事をなれない手  乳母の手で  姉の手を  自分で書くと手が  ほうに手を  病身で手が  救いの手が  腰へ手を  顔へ手を  女連の手は  三本の手が  笛吹の手の  ふたと手を  救ひの手が  顏へ手を  玉を手にとって  箱に手でも  地面に手を  文吉の手  畳に手を  庖丁が狂って手を  美津子の手を  顔や手に  だらしなく手を  絶対に手を  んの手で  ものかとちぎる手が  豊富に手に  文学者の手によ  みなしわくちゃの手を  正男さんの手から  得意の手で  乳母車から手を  棒に手を  信也氏が手を  僕など手が  役人の手に  一せいに手を  こんどは手を  晴子も手を  晴子は手を  勢こんで手を  晴子が手を  包みを振る手が  すつかり手に  周平の手を  甲板の手  酌婦は手を  刀へ手を  立木へ手を  彼の手が  上衣に手を  壜を手に  老人の手に  おれの手で  彼の手から  電報を手に  額へ手を  それを手にとって  上衣に手をと  それを手にと  琴のかえ手の  世話になるという手が  薫の手を  皆が手を  一ぺんも手に  とき父の手が  引ツ込めてゐた手を  見込みがつくまで手  足と手とを  現実は手に  夫人の手で  今日まで手を  定期乗車券も手に  布地を手に  何の手  甥の手を  分量を手に  カルタを手に  ポケットへ手を  顔と手とを  宏子は手を  話をきいて貰うと云って手に  どっちへも手も  顔を手で  写真を手に  母の手の  素直に手に  繊き手の  幕をひく手を  ギニヴィアは組める手を  繊き手を  年寄の手の  櫂の手を  二つを手に  市が手を  役目筋へ手を  和蘭陀加留多の手  いかさまに手も  皆の手が  探りの手を  ほうも手を  十夜の手を  尺八の手を  目に手を  米の手を  胸へ手を  男の手を  おまけに手を  ソッと手を  おれの手に  畳へ手を  口から手を  ちょッと手を  銀五郎の手で  蜂須賀家の手が  後ろへ手を  もの蔭から手を  今も手には  気まぐれな手  あたりへ手を  者の手より  手拭掛けに手を  長崎で手に  薬研の手も  丞の手へ  上の手を  森啓之助が手  猿轡へ手を  鉤の手なりに  後の手を  三位卿が手を  侍女の手から  汝の手から  啓之助の手へ  必殺の手  身どもも手を  梢に手を  彼れの手の  夫婦はかじかんだ手で  妻の手に  日が入っても手が  胸倉から手を  焚火のほてりを手や  筆を持った手を  妻は泣きながら手を  昆布岳も手に  鍬の手を  赤坊を亡くしてから手が  それにさえ手を  妻は手を  ような手を  冷く手を  女優と手を  両の手  裁縫の手を  脊に手を  前に汚れた手を  欄干に手を  青年の手に  人の手  毎日毎日私達の手から  お母さんを手で  波に手を  仕事も手に  男と手を  柔い手を  氷に手を  滿の手を  健の手を  大事さうに鏡子の手に  筒袖の手を  鏡子は手を  夏子の伸した手の  掛で手を  中から出す手や  母の手に  母の手へ  まりが手から  三人で手を  カン蛙の手を  両方から手を  おれの手は  こっちから手を  脚を上げ手を  いつか路易の手を  引上げる手  思つて蝙蝠傘を手に  方の手に  他の手に  赤インクのついてゐる手を  血だらけの手が  水を手で  肩へ手を  運轉手の手  そつちはいくたり手が  方面にまで手を  造つた肉体に手を  医者の手にか  袷に手をと  君らの手に  急に手が  前で手を  世界にも手を  咽喉から手が  黒パンを手に  血のついた手を  水で手と  わしの手に  支那服の手から  一斉に手を  団扇みたいな手で  小娘の手から  塊に手を  眼に見えない手を  婦人の手でという  文部省の手で  勤労者自身の手に  誰かの手に  誰かの手で  選択の手よりに  作品を手に  詮索までに手の  グリフィスの手によって  家族たちにも手に  蝙蝠傘を手に  外には手の  具合で手に  グリスボートの手に  必然的に手を  歴史家の手によって  キャラメルを手に  匂いのしみ込んだ手が  車夫の手の  沼井の手が  帽子に手を  状態を救う手が  ズボンに手を  算盤を手から  ノートを借りる手が  右の手が  台所で手を  結び目へ手を  無我夢中で手を  女の手に  男の手が  勝の手が  君の手から  小間使に手を  方から逃げる手は  豹一の手を  窓硝子の曇りを手で  生娘に手を  銀子に手を  揉手の手を  今日来ても手  グラスを手に  ボーイの手を  佐古の手に  珈琲に手を  かすかに手が  男は手を  時多鶴子の手は  林檎を手に  乱暴に手を  多鶴子の手や  しょんぼりする手は  土門の手に  性質が手に  インテリゲンツィアの手に  本さえ手に  現実のしぼり手の  猿が手を  小刀が手を  片手打に手を  聖書を手に  お前を手  膝に置かれた手は  二階廻しの手にも  自由に手に  不信者の手より  それならと手を  雑誌社と手を  夫を手で  若者に手を  上で手を  中から手を  ところまで行って手を  口をあいて手を  周は手を  周の手を  警察の手で  半分を手に  島で手に  ぼくの手を  ジムが手に  彼女は手に  いまでも手に  私が捜して手に  資料として手に  ひとりで手に  ぼくが手に  家を手に  ケースに手を  窓から手を  彼らに手を  彼女にも手を  彼女も手を  トラックを手に  子供たちに手を  老人の手の  畳へ突いた手の  うちに行く手から  柄へ手を  墨子の手に  弟子等の手に  弟子の手に  孫弟子の手に  人の手で  門弟子輩の手に  杯は手に  切字や手  侍の手を  翁の手に  芥川氏の手に  未亡人の手から  創作の手が  祖先と手を  父の手に  出版所の手によって  田村成義の手で  嬉し泣きに手を  紙型屋も手を  本職の手に  愛書家などの手に  春秋社の手に  玄人の手に  自分一個の手に  神田君の手から  自家の手に  神田側の手から  神田氏の手に  新聞社を手  急に手  技術習得に手を  おわんを手に  下をむいて手を  本を手に  七の手から  いちの手から  一人長太郎の手から  御馳走を手で  助があけようとして手を  あいつを手  財布を持っている手が  針の手を  頬を支えていた手を  皺を手で  婆さんは手を  唇へあてて手を  香を手で  ことを手に  下で手を  金子に手も  器用な手で  ひとり社界経済の手に  救いの手を  十二人の織手  みんなの織手の  歓びの織手と  眠りの織手が  情の織手は  さの織手  平和の織手  一人の手を  涙の織手の  私に手を  歓びの織手から  望みの織手が  恐れの織手  それは死の織手  ひとり望みの織手だけが  鳩をとるとて手を  何事にも手を  子供の手から  方を手  杯を持つた手を  財政のまかない手  みんな私の手を  結婚生活に手を  玉をかきよせて手に  窓框へ手を  角に手が  不意に手を  お前と手を  綱を手に  杉戸へ手を  綱の手  鏡へ手を  それへ手を  女には手を  周馬の手に  ウンといって手を  孫兵衛も手を  静かに手を  らの手に  千絵の手を  弟の手が  二人の手を  飯つぶだらけな手の  ぶところへ手を  綱に手を  湯呑茶碗が手に  カラリと手の  体へ手を  万吉の手を  そぼろ助広に手を  無断で手を  何も手が  間へ手を  恋人が手を  一角の手に  あい首に手を  左右の手を  三輪の手へ  虎という手の  ここに手を  頭巾に手を  者の手を  眼鏡をはずして手に  女の手へ  金が手に  懐へ手を  そちの手に  ワラワラと手を  丞が手を  障子へ手を  提灯を手に  明りを手に  鴻山が手を  小姓頭高木万次郎の手に  ッとして手を  目付が手を  両の手へ  養父の出した手の  お母さんの手に  一通を手に  綱がおののく手に  綱の手へ  綱は手に  情況は手に  旗を手に  拾ふ手の  平気で手を  民族の手で  乞食の手を  のが手には  間も手  骰子を手に  貴婦人の手に  貴婦人の手から  貴婦人は笑って手を  崔の手を  小使たちの手で  府庁の手によって  こむづかしいものを書かうとするてらひ手も  母の手が  襖に手を  一週間ばかり手を  買つてくれ手が  母の手を  事位ぢや手にはを  上から手を  足や手から  作とを手にと  奉行の手が  男に手を  君香の手を  先づその像を手にと  上に置くと手を  縛された手には  ことは手  角を結び手には  それも手に  懐より手を  斜酣の手まで  医学士の手を  他人の手をから  麺麭をも手に  芳子の手を  さんの手を  堯の手を  それを手で  プー先生は手を  ソン将軍は手を  馬ばかりは手を  楽器を手に  私の手にと  アルコールを飲む手も  腋に手を  笑ひながら手を  誓の手を  ドルフの手に  母親の手に  滅多に手に  久しぶりで手に  ものには手が  魚を手に  ところを買う手も  上手は手に  輕く手  手ん手に  七本の手から  琥珀いろの手に  一つの手から  相場にも手を  相場なんかに手を  呼鈴に手を  今後相場などには手を  支配人に手を  乳母の手に  訳に手を  妹に手を  ように痩せた手を  前に立って手を  左の手が  金箪笥に手を  彼女の手や  たくさん彫られた手を  彼女の手なり  ときに手を  表は手にとって  友は手を  居場所をかえて手を  阿波守が手に  ピューッと手で  口を手で  髪へ手を  一人が手に  念入りに手を  戸へ手を  耳へ手を  霊に手  二の手は  銘刀へ手を  自分ながら手が  懐中に手を  あたしの手を  おばさまの手を  灰ならしとかを手に  犬神の手から  写真を手にとって  博士にとられた手を  百合子の手を  まゆみの手を  切符を手に  百合子の手を  百合子の手から  もんの手に  お前の手は  二つの手の  歴史の創り手  助けを借りて手  本を手にとって  フランボーの手から  何一つとして手を  制作中などは手が  下に手を  首も手を  つた私の手を  さを手で  娘の手に  同僚の手を  風呂敷とだけは手に  わたくしの手を  窓口から手を  話声が手に  上着は手に  植木鉢をも手に  左右の手に  邦人の手によって  気がつくと手に  わしの手では  男が手を  のは手を  近代日本の手によ  あながちに手ばかりに  つて来客の手に  来客の手に  盃の持ち手に  盃の持ち手とも  演奏者の手に  時にも手に  伊藤が手を  先生の手に  二人に手を  繁さんの手を  苗を手に  三郎の手に  臨席して手  他に手は  教へ手で  ローランドの手を  図画を手に  太郎の手を  教員達が手に  者同士はしつかりと手を  友達の手を  家屋敷を手  母と手を  泥の手や  血にぬれた手で  旅人を襲ったが手に  女の手が  鬼の手に  鬼の手を  彼の手も  人の手の  紳士達が手に  紳士諸君の手に  云はさず手  グルリと手を  やうに手を  唐紙に手を  夜具に手を  一度では手に  んも手を  みんな愉快さうに顔を熱らして笑ったり手を  ぢいっぱいに手にも  一ぺんに手を  講演を手を  聖にはゆく手を  ごつごつの手を  口から手が  渦がまいてゐる手を  興行物に手を  仏様の手の  印を結んでいる手の  私共の手で  印を結んだ手が  印を結んだ手は  漠然として手が  浮世から手を  光に手の  徐ろに手を  熱の手を  そなたの手は  馬鹿者どもの手が  曖昧な手  右手へ向って手を  人の手は  私の手も  擁護者の手に  牝牛を手の  誰でも聴き手の  腕をひろげて手を  我々の手に  鉄を手に  狩で手に  繊維は手なり  綿を手に  それ以上の手を  考へを手に  一枚でも手で  鼻をした手の  それ等の荒し手に  蝶を手に  専門家の手で  ジヤツクの手で  虫を手で  頬や手を  お前の手を  痛みと共に手が  エミルは急いで手を  叔父さん僕の手を  捉へるのに手を  茂つた中へ手を  顔や手を  ジユウルの手を  顔をつけて手を  ポオル叔父さんの手は  一方の手の  背中を手で  眼に見えない手で  眼に手を  人が手を  つてお母さんの手に  熱心な聴き手に  のを手に  右の手と  一方の手では  一方の手を  なんかを手に  心臓に手を  教員の手に  手紙を持った手が  昂奮にふるえる手で  あいだ手に手を  創作にまで手を  おまえの手で  わたしの手から  眼にみえない手に  私たちの手の  眼にみえない手が  人間の手ばかりが  巨人の手を  上にはらばいになって手に  良人が手を  研究よりも手  骨牌札も手に  祖母に手  自分の手には  腕に手を  収入には手も  骨牌をも手に  女に手を  ヘルマンの手を  拍子に手で  うしろから手を  骨牌を手に  ヘルマンの手に  骨牌を配り始める手は  放哉の手の  らが手を  掛け金に手を  右の手  一同が手を  六太郎は手が  私共の手の  此方へは手を  悪漢の手から  俊夫君の手を  金さえ手に  小田さんたちの手で  笏を手に  陶工の手も  #彼の手では  自然の手  誰も手に  彼が手を  石塔に手を  ような手の  貴族風の手を  一つの手が  女の手などに  彼女の手  わたしの手に  貫木に手を  二つの手は  われわれのゆく手を  心と汚れたる手を  戸に手を  邪神は驚いて手を  邪神の手を  邪神の手は  神様の手を  挨拶の手を  わたしも手を  袖を引きのけてやろうと手を  頭や手が  顫ふ手で  警察も手の  偶然に手が  僕は握られたる手を  様に手を  君の手は  懐中した手が  妻君の手から  矢張り野宮一団の手に  男女を手  鳥打帽をかぶり手に  私の手で  咽喉を手で  二三者の手に  液体を掻き廻す手を  苦が手の  彼に向って手を  ポストに手を  書記が手に  書類を手に  京子さんと手を  自身の手で  それに手も  直接に手を  今まで手に  おれの手から  一歩進んで手を  ベンヴェニュート・チェリーニの手に  花を手に  さっきから手に  ベアトリーチェの手を  窓へ手を  瑛子の手が  綴が切れるほど手から  はる子は黙って手に  框へ手と  何事も手に  様子で手を  行き方へも手を  場合聴き手を  所にも手が  さらえをする手は  職人の手を  とき節くれ立った手が  うしろへ手を  執事の手から  うしろに手を  二つの手が  婦人たちに手を  取手に手を  カンカン帽を手に  苦力とを手に  父の手の  紙を手に  荷物を手に  左の手は  二三歩すさつて中綮持つた右の手と  袂へ手を  足袋も手に  舵へ手を  荷物とを手に  精巧なる手によって  男性的な手は  人たちを手  穴蔵へ手を  怪物をつかんでいる手を  燧石をも手に  魚賣の手に  やうやく手を  兩側に手を  右左の手を  櫓柱に手を  近習の手を  さまざまと手を  啓之助の手を  ふうにかれの手が  綱の手は  男の手にも  綱の手を  それゆえに手を  どこで手に  口へ手を  柄の手は  緒を切って手に  南鐐を手に  弥蔵をこしらえていた手を  者の手  米の手  火は手の  女を手に  宅助の手へ  一個へ手を  何か手  梁に手を  背中へ手を  ものが手を  番城配下の手  蓋へ手でも  帆方アとどなって手を  舵に手が  原士の手から  水夫の手から  伸びあがって手を  蓋へ手を  一角が手に  死骸から手を  錠をかっている手も  脇差に手を  ヴォルフ学派の手によって  分類に手を  出鱈目に手を  口とに手を  首と手を  お前さんの手が  紫色の手に  顔や手の  刺客の手に  彭の手に  彭と手を  一方の手に  漁師の手に  友人とは手を  友人は手に  彭の手から  参考の手には  踊をやはらかにして手を  旅にぞありける手を  わたくしには手が  鏡を手に  斧を手に  割りには手が  鞘を手に  コスモは手で  麗卿とが手を  おのれの手で  勝永の手を  濶に手を  われにして手に  親の手から  子を手  巴里は手を  内輪に手を  子に手を  ジュジュまでが立ちかかって手を  女のつく手を  私一人の手に  規矩男は手を  和やかに手を  湖山一人の手に  主人が手  小春が手を  壁掛を手に  夏繪は手を  夫の手を  夫は手を  兩方の手で  髮を解く手も  片方の手で  バラモンの手に  歌ひ手の  二三日前植木屋の手で  ハンケチをもっている手を  ハトロン紙で包んで手に  号外を手に  焚火に手を  無意識に手を  やうに手に  情誼から切離して手  誓紙を手に  前田利家の手を  編物の手を  平々凡々の手  拙劣な手でも  股引に手を  私達は手を  看守の手で  確かに手に  小野さんの手に  死人の手に  有無をいわさず手  腕金に手を  二尺だけ手が  人間の手が  こいつを手に  棒切れを手に  鉄格子に手を  踊りの手を  秀蓮尼の手に  追跡の手が  ハルピン虎の手に  船大工風情の手に  役人の手を  道具が手に  自分の手へ  棟梁の手へ  釘抜きでも手が  鈴を手に  簡単に手が  拙者の手へ  無用な手  大黒宗理の手で  そこは手に  丞とともに手を  膝へ手を  行動を手に  あっしの手では  畳代えの手を  大刀をつかんでいる手を  母親が手を  蝋細工みたいな手に  わが子に手を  孫兵衛の手に  くるぶしをつかんだ手が  岩苔に手を  丞の手が  刀の手を  夢中な手で  峠に手を  漢の手にも  襟から手を  仰向けに手に  先達の手に  皺の想わるる手を  婆の手の  ような手が  口許を手で  二人居て手を  脇明を辷った手  下を手で  坂下で手を  何か手に  端へ手を  ここで手を  縁越に手が  雪の手を  襟へ手を  坂口で手を  貴婦人の手で  貴婦人の手が  頸に手を  病人から手  着ものを手に  お母さまの手に  父さまの手を  友だちの手を  オルゴールを手に  文雄の手を  友の手に  友の手は  自分の手は  ブハイムを手に  何時も手を  それも手を  男もので手さえ  靴屋の手に  八ツ口の手を  土方の手に  衣兜に手を  懐炉に手を  力なげに手を  ずして手を  職人の手に  前に出したる手を  一方の手のみを  一方の手は  それはまつたく聴き手の  左ん手の  左ん手で  二十分で手  あとの手は  左器用の手に  医者も手を  良の手を  一度も手に  蛍籠を手に  おれの磨いた手から  子どもの手が  倫理観にも手が  住宅地から手を  腕を捉えている手に  これを巻くまで手を  幸雄は手の  彼女たちを手に  勉強が手に  金蓮の手が  金蓮の手を  喬生の手を  学者の手に  笹掃木を手に  釈迦仏は手を  中に手の  窮屈に手を  公卿たちへ手を  今かれの手へ  見越しへ手を  剣山で手に  幕府の手へ  十分な手が  龍耳老人の手に  それへ跳びついて手を  枝から手を  皎刀を手に  丞の手から  剣山の手  周馬の手で  これも手が  周馬は手を  秘帖を手に  万吉が手に  そちの手で  剣をつかんでいる手すらも  丞の手に  切支丹武士に手を  暗殺の手が  丞殿の手に  万吉の手から  侏儒の手へ  介殿の手を  丞は手を  十分に手を  うしろから廻した手は  先方の手に  久良の手を  墨が手に  三本北京で手に  品が手に  小品を手に  女神の手で  妹娘の手から  毛だらけの手を  破れ目に手を  試みに手を  余の手に  十字架を手  日本人の手に  私に貸して手  海から手を  あとには手の  少女の手に  少女の手は  竜太郎の手を  使小僧が手に  様々と手の  咽喉から手を  市長夫人は手を  夫人は手を  空間に手を  レザールの手を  乞食が来て手の  敏捷に働く手の  労働者の手の  地図を手に  容易に手に  神妙に手を  球を手に  水晶球を手に  人々は手を  一枚を手に  ここで手に  紅玉を手に  老人に手を  彼らの手で  青年の手を  僕らの手から  魔術の手に  これぞという手  名誉職達は手に  マーシャル氏も手を  一目でも見ると手の  ダイヤル族を手  十八番の手で  弾丸帯をつけて手に  眼ばかりで手も  麻痺していた手が  様子が手に  武器さえ手には  毛だらけの手が  鰐魚をさえも手  私の手によって  櫂を手に  他人の手によって  犯人捜索の手の  俊夫君が震える手を  写真が手に  俊夫君は手を  御子で働いて手を  五六銭を手に  枝を透いて手に  ノールウェー官民の手によ  アムンセン自身の手に  物に手を  一本の手の  布を手に  下に吊して手を  庇に手を  狼の手で  隣から手を  仕切に手を  ッつるばかりで手が  廊下へ手を  圧えた手の  板へ手を  星を手に  珊が手にこそ  巫女の手を  緋縮緬を手に  銚子に手を  瀬なげに手を  自分の手でも  中にて手を  珊の手を  珊が手を  そこへ手を  折目に手を  衝と手を  脈を刺した手の  貴方の手を  娘の手をば  惡しければ手を  季題などに手よ  無数に手の  名音の手で  帰りに手を  女の子の手に  女の子の手を  人々の手を  目を避け手を  椰子樹に手を  先頃偶然自分の手で  紙幣を載せた手は  右の手ばかり  画室の手  ぼくの手が  ぼくの汚れた手で  先に手が  サラダに手が  レタスは手で  簡単に手に  機に手に  結局己の手で  銃を手に  肩をおさへてゐた手を  土岐様の手に  数十人の捕り手を  蘭に手を  こっちへ手  やかんに手を  十三人生き肝取りにかどわかされて手を  一つさえ手に  少年の手には  誰も稼いでくれ手は  人形の手を  以前から手に  民弥の手を  一度にかかって手  民弥を手に  人買の手に  腕ずくでも手に  黄金を手に  造化の手を  人の手にて  飼犬に手を  産業に手を  自分の手にも  便所より出でて手を  皿に手を  入道はあわてて手を  ような手で  佐助の手を  以外に聴き手の  今度は手を  沢山の手を  猿共が手を  山男の手で  政府より手を  行政官吏の手より  行政官の手を  一部分を手に  扇子の手を  袂へいれた手で  お初の手から  団扇持つ手へ  種の手を  団扇の手を  内儀さんの手は  渡仙の手を  さん独特の手が  旅費が手に  爺さんの手へ  格安に手に  ミルクを手に  ビールを注げと手で  商工省へ手を  ネガを手に  フィルムとかを手に  フィルムも手に  勢いに手が  奥へ向って手を  われわれの手で  懷に手を  亭主の手に  手から手へ  足や手が  夕刊を手に  ものへ手  一の手と  陳の手から  庇へ手を  不審そうに行く手を  頸へ手を  皆の手や  蝋燭を手に  ぢさんの手に  言つて俊坊の手を  鋏を手に  ぢさんの手の  ラシヤ紙とを持つて手を  親指は手に  邪魔になって手が  中で手を  膏っ手  話し声も手に  感心だと手を  マドンナを手に  今度も手を  横にして行く手を  つまりは向うから手を  吾人が手を  新聞屋へ手を  太鼓が手に  他人の手で  水甕を手に  ステフィーン大尉は手の  慇懃に手を  一度も手を  公爵の手を  彼の手からは  友の手を  拙者の手に  ウッチャリの手の  百合子の手から  やつぱし自分の手で  滝本も手を  篠谷の手に  滝本の手をと  束に手を  教へ手にな  滝本の手を  者は手の  つて滝本の手を  自らの手が  コサツク帽を手にも  昌さんの手を  昌さんは手を  大工の手にかけて  組の手に  ところに手の  默然として手を  恟々して手を  卷紙持つ手を  自然と手を  圭一郎は手を  顏に手を  火熨斗をかける手を  板の間に手を  今となっては手  客の手が  中から手が  岩の手を  鏡に手を  盥の手が  中から痩せた手が  助が手を  伊右衛門の手に  岩の手から  自分は洗って来た手を  我知らず姉の手を  どこまでも受けみに手を  まんまの手  片方の手を  パン菓子へ手を  帽子へ手を  ザア水を出して手を  三人ポケットへ手を  しづ子が手に  勧誘状を手にも  れい子が手を  証拠を見せろだって手なんぞ  産毛の手に  祖命の手の  直様癖の手を  退屈の手に  果物に手を  奴を手に  心もちで手に  簾に手を  消息を手に  消息を手から  さそうにして手にとって  黒川の手に  中尾の手を  方からも手を  額と手とが  急に手も  勃凸の手を  トルストイの手の  Bohrの手で  私は黒ずみ汗ばんだ手を  自分等の手から  下から手を  赤にして手を  お茶をとらうとして出した手を  兎の手を  それから手で  内も手を  華奢な手を  稲ちゃんの手を  鬢に手を  勝手に手を  肩なぞえの手を  二筋三筋指にかかって手に  夜着から手を  包みを手に  合ひの手に  握り返した手に  自分の手も  映画館で手を  握り返した手を  女心理学者先生の手を  一般が握られた手を  松夫の手  扉にはさんだ手を  男に押えつけられた手を  水木由子の手を  彼女自身の手を  綾子の手を  #ケダモノの手を  誰の手を  ケダモノの手  ケダモノの手を  ケダモノの手の  ケダモノの手に  アナタの手を  ボクの手が  ケダモノの手は  アナタの手は  男の手  ケダモノの手じゃ  次の手を  此所で手を  私自身が手を  人たちは手  氣まり惡げに手を  竹細工の手  千代子の手を  店仕舞の手  佐藤の手を  患者は手を  #左の手の  背部に手を  枝を折って手に  筆を手に  経を手に  少女等が手を  トキエの手を  母も手が  看病の手  中には手を  せきの手を  腕組みしている手を  どちらの手で  飛田の手  ままの手で  きのうあたり頼まれて手に  位置で手だけ  仙妃は手を  肩にかけていた手に  仙妃の手は  #青年の手に  侍女達は手に  襟飾に手を  聴衆は手を  上でか手と  監督はあわてて手を  ミーチャは手に  売つて喰つて行くより手は  浴衣に手を  雪子の手から  書き物の手を  たくさんの手が  見た目には手とも  眼には手とも  姿は手に  二人は驚いて手に  患部へ手を  楊枝を手に  顫える手で  バチバチと手を  忍術の手  死霊だけには手が  めた手で  残存者の手でも  限りは手の  三輪馬車をとめて手を  花束を手に  周囲から手を  コツプを手に  将棋指す手を  咽から手が  イワンの手を  マカールの手を  左右の手で  大成の手を  女主が手  姫樣が手  眞實の手と  騷ぎぬかうと思ひますとて手を  お力帽子を手に  私共の手に  後にしまするとて手を  錢を手に  身にしみて手も  お前の手には  遠征の手を  蝦夷の手に  山賊が手に  溝に隔てられて手が  幹に手を  皆の手を  容易に手を  八橋と手を  当人の手に  半分にさえ手を  二階には手  扇の手を  枕もとの手  杯を手に  おれと手を  女の手から  ぴっしゃりと閉め切って古びた手  人形遣いの手を  女房は手を  のが手に  眼にも見えず手にも  婦人が手に  舟べりに手を  妻が手を  子供たちの手で  老女の手から  男女の手に  村人の手を  妻の手を  腰をもむ手を  行商の手から  布施を手に  覚の手を  歌子の手を  指環を手に  青年たち自らの手によ  真珠を手に  親子とも手を  やつと手に  少女は手に  双の手を  片方の手に  一枝を手に  荷物に手を  やつと手を  カシタンカに手で  主人の手の  人にだって手を  揚げ豆腐を手に  鼻も手で  そうな手で  はじをひっぱって居た手を  丁寧に手を  几帳に手を  きゃしゃな手を  供の手に  様な手を  女君の手は  女君の手を  光君の手を  まま兄君に手を  沢山出た手で  #君の手を  光君はだまって手を  皆二人の手に  美くしい手  魔神の手  光君は手を  紅の手を  人の手と  紅の手は  #君の手の  紅の手で  私の手  われわれ自身の手で  ぼくの手に  おかあさんの手は  顔も手も  先生の手によって  藤田さんの手に  無心に手の  飛脚は手に  刀を手に  材料が手に  今晩までに手に  国で手に  部屋で手  ポケツトに手を  子の手を  そうに手で  箱を手に  わたしでは手と  服を掃く手を  相手の手を  足だとか手  ケースを手で  フサの手を  言いなりになっている手の  這ひに手を  落第生みたいな手の  ワシは手の  心臓へ手を  僕達の手を  鍬をもたないで手が  顔をしかめて手を  木は手を  上や手の  消毒した手を  一体医者が手を  佐藤の手に  熊は手を  奥さんの手と  本を持って手を  眉に手を  劉備は手を  仲買人の手には  商人の手に  道士は手に  者の手に  劉の手へ  張飛の手から  張飛の手へ  母は手を  劉備の手を  老いの手が  わが子へ手を  菓子を手に  容易に手は  貴様を手に  張飛は手を  喉から手の  賊の手に  陽なたに手を  関羽の手から  盧植の手を  黒血へ手を  のだが手に  なんの手も  一家一族は手を  両刀を手  血に染れた手の  宗七が手を  文珠屋の手を  千浪の手を  ぐるしいほど手を  背へ手を  肩下へ手を  男の手で  笑いを手で  背後へ手を  父法外を手に  法外先生に斬られた手は  障子際に手を  障子に手を  刀を持つ手を  大次郎の手から  先に立って手を  伴大次郎の手には  本こそ手に  本が手に  修理の手を  食糧を手に  缶詰でも手に  幕を手に  マートン青年たちの手によって  山木の手の  山木の手を  エンジンに手を  自分たちの手によって  仕事に手が  有様が手に  こんどは手に  火星人と手を  ネッドの手を  技術団とが手を  株式に手を  弾丸も手  轟氏の手で  両親の手から  女優に手を  髪結いの手に  署長の手で  文月巡査の手から  真赤になって手を  真剣に手を  グラン・ギニョール座専属パオロ・オデロイン夫人の手に  イキナリ僕の手を  上本が手に  弗箱に手を  ポンと手を  呉羽はわななく手で  生蕃小僧と手に  内懐に手を  娘と手を  娘は手を  研究家に手を  中也の手を  自分一人の手で  彼女の手には  森君は手を  森君の手を  わらはが手は  糸を繰る手を  頃も手を  やうにして手  柔かな手を  糸の手を  端に手を  とりと手に  誰が手とも  弟の手に  弟子の手へ  商人の手で  端から手が  それぞれ被害者の手に  主君の手を  誰の手に  血まみれな手の  如何とも手が  家財金銀を担ぎだして手  孫堅の手へ  呂布の手を  李粛は手を  手袋の手を  下士の手を  女大使が手に  義眼を手に  人間の手や  頭を手で  飛行機を手に  北條氏の手に  将も手を  将軍も手を  宮部鼎蔵と手を  北海道を手に  徳川幕府の手に  世を渡る手  琺瑯引きでとっ手の  普通人間の手に  問題を手に  相当流行問題になって来ないと手を  どれもに手を  時船員が手を  楊奉の手を  幾人もの手が  暴賊の手に  はるかへ手を  曹操の手で  玄徳の手によって  飼主の手を  呂布の手に  孫策の手が  孫策を手  孫策の手に  糜を手  部隊の手に  あなたが手を  袁術の手が  彼の手だけ  おれは手を  玉璽を手に  われわれの手には  血にぬらさない手の  彼ひとりの手で  于禁へ手を  人の問い掛けが手に  絶版となった手に  参考文献をたどっていくしか手が  先方の手を  ドラムを手に  構造と手を  誰でも手の  渦中に飛び込んで手にも  独占させる手は  仕事にも手を  原稿を見直して手を  支えの手に  何度も使ってきた手  システムを手に  コンピューターを手に  中味には手を  つもりで手を  絵に手を  作業に手を  木津田さんの手は  気軽に手にとって  パッケージを手に  本人の手によって  キーボードを叩く手を  自分で手を  作品から手が  料理の手の  人が手で  書籍商の手に  これなら手が  看護よりも手  生薑を投げ捨てた手で  卑弥呼の手を  間に手と  松明の持ち手の  背から手を  爾の手に  われの手に  彼らの手によって  衣を手に  端を手に  兵士の手によって  兄の手を  耶の手を  耶は手に  背中に手を  絵の手から  肩とに手を  卑弥呼の手には  杉戸に手を  静かに手の  部落から手を  友人の手を  二十二日に手に  ムクムクの手が  半身像をみがいて手を  何にも手に  事ばっかりがあって手の  彼の死んで組み合わされた手の  自分が手を  帝は手の  董承の手を  曹操は手を  董承は手を  硯を手に  眼や手を  董承の手へ  おれの手を  美姫は手に  玄徳の手を  袁術の手を  一兵の手も  襲せてきても手を  敵には手の  劉岱を手  王忠の手に  剣のつかへ手を  劉表の手で  韓嵩は手を  黄祖の手に  一部下が手にかけて  病人の手を  私と手を  仕事さえ手に  紙入に手を  帰り迄の手  手袋をはめた手で  壁の手を  研究を手に  清水の手に  迂闊には手が  古田の手から  尻尾は手に  ぢき手に  ニッポン人の手で  二本の手の  婦人自身の手を  煙草を燻らしながら手を  足とも手とも  書には手を  営利機関の手に  ヒョイと立って手を  競技の手を  警察医の手で  係官の手に  星尾の手に  豊乃の手に  牌を手に  捜査の手を  一物も手に  辺の手に  張遼の手から  一歩という手  鎗の手を  一州を手に  名医華陀の手を  匹夫の手に  陣所陣所から手を  捕虜を手  君の手には  殻を手で  兄弟の手に  審栄の手で  駿を手に  うかつに手は  司馬徽はふいに手を  公使館よりの手  ために出したる手を  相沢が手  為めに手  余は手を  けりと手  つれの手も  絃の手  かきつばた扇つかへる手の  人舞の手を  相澤が手  爲めに手  科学女学生の手は  彼女の手も  往って手を  刀に手が  徒の手から  短刀の手を  権八の手を  平太郎の手を  己の手に  巻物を手に  仕事をしていても手は  京一の手から  神経をとがらしてゐるから手が  荷い手として  ふちへ手を  祖母の手に  腫んだ手を  本屋と手を  ゴーリキイの手を  当時彼の手に  眼とをもった瘠せた手の  学生の手へ  買占人の手から  薪を手に  桶へ手を  ロマーシの手を  中でも手に  貴族の手によって  十二人ずつ手に  扉を掴んでいる手を  ところで手に  一人残らず手か  手頸を握っていた手を  腕に掴まっている手を  一緒になって手を  まま働く手を  片方の手の  仕事から手を  靴を受け取ろうとして手を  彼は手に  髪を手に  ところへ手を  頃の手では  三角帽に手を  右の手は  自分で手に  んざ一つも手に  一つだって手に  #彼の手に  暗がりで手を  チョコレート妖精たちの手によって  多数の手が  ところに手を  背に手を  頸と手とを  ブルジョア新聞は手を  秘密警察は手を  方までは手が  孫権は手を  余人の手に  書面を手に  驪姫の手に  武士の手に  百姓を手  金銀兵糧などを手に  糜竺を手  趙雲の手へ  将軍の手に  趙雲の手から  此方へ向って手を  曹操の手には  二女を手に  操の手に  周瑜が手の  蔭から手を  コンピューターの手を  同志と手を  用意するしか手が  幸せなら手を  これなら手の  訓練を積まず手を  連中には手に  グラフィックスに手を  動画に手を  ガキの手の  腰をかかがめて手を  日本国内に求める手が  畑の耕し手  書籍並みの手の  拍手した手の  ベトナムから手を  他社の手によって  何の手を  何の手も  連中を作る手も  今になって繰り返すしか手が  西の手に  こっちでいく手も  マイクロソフトの手に  自らの手で  マシンにゃ手が  かぎり編集者の手を  熊の手が  青空文庫の手によって  誘いに喜んで手を  プログラマーの手を  今度は梳き手が  盃を手に  のかと思って手にとって  金貨を手にとって  一度に手へ  コップを持った手が  膝の手を  本庄は手に  鏝を手に  下には手を  ドクトルの手には  恋人の手で  恋人なんかの手に  人が手でも  上したへ手と  お前の手や  心と手と  剣をぬいて手に  何にでも手を  遺産が手に  陰険な手は  わたしらの手で  わたしらの手でこそ  妻君の手を  顔と手の  シューラの手を  黒坊人形は手にとって  カルタを手の  ナースチャ一人の手に  プラトークをかぶって手を  タバコを持った手を  丁寧に読み終って手を  不器用に手を  いつお前の手が  石鹸水でふやけた手を  ナースチャに向って手を  顔から手を  お前さん達の手には  ここぞと思って手に  悪魔の手は  同感だといって手を  ものを手にとって  ぢいさんが手に  看護婦に手を  梯子段の手  のに手を  小女に手を  行らつしやいますなら手を  そこの手  肩に手が  バルコニーの手  雀が手を  腹がへつた手を  銀を手に  侍女たちが手に  露子の手を  針を持つ手を  人間が手に  燃えさしを手に  雨傘をとらえようとして手を  完全に手に  利休は急いで手を  拙者の手を  諸君方多数の手に  御身達の手に  利右衛門は手を  陰々と手に  ものと手に  それがしの手に  あなたの手で  呉の手に  呉軍の手に  孔明の手になんか  南郡を手に  とわが手に  一人が手を  杯も手に  大げさに手を  遺書を手に  容易に手が  拾ひあつめて手に  警察の手を  物でも手に  水葵をわけて手を  わたしは手に  廻し方も手  麦藁なんか被り手は  人々は手も  忠一の手に  陽子は手を  眼差しとで手を  ままの手を  指揮につれて手を  人間の手から  木村の手から  もので手が  百合さんの手を  足や手の  貰はうとすれば手を  女中の手が  権幕に驚いて手を  夫の手は  細君の手は  京子の手にか  京子の手が  番頭の手には  夫は手に  洗濯屋の手に  一つ火鉢に手を  草に手を  骨の手に  甥に手を  私の手でも  事は手に  名工の手に  ものの手で  乳を手に  揚羽蝶小褄とる手に  舞の手を  らむか手は  みち何れにかさむ手と  神様に手を  農民等は手に  恋人も踊らんとして手を  そなたの手から  舞姫の手から  母は手に  誰の手も  何十本かの手が  一男の手は  うしろで手を  使ひ手が  方では手に  膝にのせた手の  菅沼が手に  中に立ってふやけた手に  硫酸水に荒れた手で  現金を手に  ほかに手は  ヒサシに手を  あなたは手を  寂寥の手  鍬を手に  何物かに向って手を  杉本さんの手から  間へさしこんでいた手を  鷹揚に手を  沛は手を  二人が手に  将の手を  城へ手を  厳顔は手を  佩剣に手を  玄徳の手に  汝らの手で  猛攻の手を  劉璋の手を  げに手を  関羽の手には  張魯の手から  張魯の手を  ふたりの手に  侍側の手から  曹操は手に  左慈は手を  すべて彼の手に  紅線走り手巾持てる手も  磧よりは手を  己が手を  斉しく手を  園を手  髷を持つ手を  何者かの手によって  乱髪に手を  前掛けで手を  大岡越前守の手で  ぶところの手を  板戸に手を  壁辰は手を  貴殿の手に  左官屋の手に  自分から手を  お父つぁんの手に  ほうにも手を  酒杯を持った手を  右近の手を  商売の手を  庵の手で  調子に乗って手を  綱をとく手を  助の手に  庵の手から  一つずつ手を  夢中で手を  頭上にかざした手へ  たまと手の  町方にも手を  屏風に手を  右近の手に  こちらの手で  場合には手を  われわれも手を  こっちの手で  ほうへ手を  二人手に手を  これといって手に  庵の手を  刀が手を  風呂場で手を  六の手から  造酒の手が  屍体に手を  庵と手を  落胆せずに手を  角に手を  ための手を  一切骨牌を手に  貞奴の手に  ところへ手の  夫の手に  高利貸の手から  高利貸の手に  胸に組合せた手の  口を動かして手を  棒を手に  彼の手には  方の手で  四つの手は  阿Qが手を  辺から伸した手に  二言目には手を  筆を持つ手が  全力をつくして手に  対手の手を  沢山に手を  マリーナの手を  ダーリヤの手を  苦笑を洩しながら手を  肩を揺って手を  森野の手を  寝言の手が  剃刀を手に  琴の手を  トニイの手を  絵はがきを手で  老婆の乾いた手に  電話機に手を  巻莨を手に  婆に手を  少年が手に  あたりまで手を  先生は手  夕日に手を  少年の手に  一所に手に  胴の間へ手を  燈を手に  夫人は手の  前髪に手を  腰に組んだ手は  僅に手を  件の手を  御前が手を  手ひく手の  八方へ手を  芒も手に  艪の手を  和尚の手に  李張は手に  李張の手に  悪漢の手に  李張の手が  人間竝みに手が  鳥は手を  隠しに手を  ピストルは手から  遠藤さんの手へ  遠藤さんの手へは  日でもないと手が  そこが手  彼等の手を  電報紙を手に  液体が手を  今夜は手と  鋸を手に  色魔の手に  それが手には  ほころびを繕う手を  道具を手に  助けの手を  課長の手を  千二の手を  お金を手に  丸木の手から  千二の手  あなたの手が  ンを手に  巻紙を手に  柔道の手で  助る手は  胴中へ手を  怪人が手を  のは手だけ  博士の手から  丸木の手に  監禁の手から  報告文を手に  ものの手や  地球人類と手を  わしは出来るだけの手を  博士の手が  丸木の手  胴中に手を  帽子を手で  先生の手を  ガスピストルを手に  あんたの手に  一同の手に  電気帽に手を  博士は手を  一時にげだす手も  ひそかに手を  千二少年の手を  それを防ぐ手が  ルル公爵の手を  マイクを手に  丸木に手を  大砲を手に  ロロ王の手を  佐々刑事の手を  予審判事の手に  酒盃を手に  財産が手に  薬を手に  此の手は  動植物を手に  仕事に手も  警察の手が  家扶にさへ手に  日毎に手に  箒木の手を  賜はれと手を  紅葉の手を  手當に手  群りたたせ手も  妹が手にか  眼をむきて手を  医師の手に  華陀は手にも  防禦の手を  報を手に  人間では手に  糜芳の手を  大将呂蒙の手に  慰問品を手に  水は手を  種々に手を  軍の手に  者の手で  職も手に  哀れを乞う手を  裳を持った手は  能弁を手を  張苞の手で  張苞の手に  婦人帽を手で  それまで手で  肩から手を  肩から手さえも  握りに手を  彼女を支えていた手を  先きを手で  私はかじかんだ手を  二人で黙って手を  ベッドから手で  病人の手が  きのうなどは手に  石炭殻を撒く手を  お前の手が  八十に手が  懐中から手の  封書を手に  封書に手を  ぶんの手に  ことでも手に  猫をかぶっても手  女は手で  穴から手を  二字が手に  やつの手に  字が手に  番所の手に  組下が手を  なにをするにも手が  江戸中が手を  懐から手を  山の手の手  万年青から手を  本校で手に  夫婦も手の  暴れ方で手が  ふところから手の  捕物帳を手に  事件から手を  一と手に  わきから手を  俺の手に  比丘尼の手を  比丘尼の手  お上の手で  鈎を手にとって  髷節に手を  ものに手を  上に翳した手の  上手の手から  専門家達の手によって  文芸批評にまで手を  大衆の手による  俗物の手によってこそ  ブルジョアジーの手に  ナチの手によって  定石の手を  一名の手によって  出版資本家そのものの手に  編集者達の手によって  民間の手によって  ニュースを手に  髷節へ手を  用はないと手を  どっちの手に  肩から手で  顎十郎は手を  かたが手に  オオル・ドウウヴルに手を  注射器を手に  不意に漕ぐ手を  情をもって手を  馬丁なぞという手や  蜜柑を手の  小火までは手が  糸巻を手に  一味の手へ  顎十郎は手で  心が手に  女中の手を  エホバの手に  曳扉に手を  藤波の手で  雪に手を  品に手を  蠅を手で  献上物へ手を  ひざに手を  みんなは手を  鞭をこしらえて手で  みんなは言いながら手を  ポケットの手を  ようにしながら手を  たくさんの手を  一郎は手を  河原から来て手を  かぎりの手を  うちに手を  行灯したの手  鷹匠の手からも  脇差を手  手前などの手には  むやみに手を  洲崎一帯を手を  千太は手で  われわれが手を  俺も手を  お前も手を  途中で手を  感謝の手を  ロックの手によって  一部分だけでも手を  積極的に手を  連絡だけに手  カント派の手に  内容にまで手を  偽装に手  之には見えざる手の  政治家の手に  彼等の手によって  悦治が手を  悄気ながら手を  みんな集って手を  場所をとって手だけ  一人二人ずつ手を  みんなで手を  なか一杯風を受けながら手を  腰元どもの手に  閑叟侯が手に  曳戸に手を  千太は手を  門帳をくりながら手  顎十郎の手を  御船奉行の手では  奉行所の手を  御船手役人の手に  眼へ手を  お上の手に  武家の手に  民衆の手に  松竹の手を  六十に手が  始め伊勢湾あたりまでが手に  静子さん自身の手によって  人の手によって  俺たちの手には  帆村探偵も手も  帆村の手を  帆村探偵は手に  金に手を  赤外線映画が手に  雲飛の手に  二三歩歩くや手は  さまざまに手を  艫から差しだしている手へ  はしへ手を  又右衛門は手を  首へ手を  蓋を取って手を  はてまで手を  概念を手に  父の手は  ことも知らない手  百姓の手  ことの手  土だらけの手を  自ら合さる手と  頑固な手も  百姓の手から  たまを垂れ手を  他の手は  瀬戸皿に手を  此の手が  おのが手を  世界を手に  いま秋そばを播きつけてきた手  ことでもしつてゐる手  耐へてきた手  此の手よ  冷い手  やうな手で  犁をもつ手も  鼻此の手と  みどりに手を  人間ならば手の  文筥を手に  しとやかに手を  んだら手を  医師の手を  わたくしどもの手には  飼主の手に  手拭いを引っ張った手に  喉から手が  洲へ手を  ふたりの手で  土扉に手を  藤五郎の手を  難儀して手の  印籠を手にとって  小娘の手を  ゴトリと手の  いくらでも手に  江戸じゅうに手を  位牌を手の  そいつらの手で  ょろ松は手で  やつに手を  金三郎の手を  マゴマゴしていると手が  三津五郎は手を  んだから手も  五造の手を  清五郎はあわてて手で  濁酒に手も  六人を手に  桟に手を  清五郎はあわてて手を  爺さんに手を  兄弟は手を  ような手  穴を塞ごうとして手を  父親の手を  板硝子に手を  少年の手は  首を振ったり手を  前には手が  誰かの手が  巡査に手を  彼自身の手  彼は震える手に  声を立てて手を  上に手が  わたしの手が  声を出して引かれている手を  トオカルの手に  布を洗う手も  枝がついたり手が  岸内閣の手によって  友子が手を  友子の手を  サヨの手を  たびに握っている手に  妻の手から  夏侯楙は手を  孔明の手に  姜維の手を  機をはずさず手  孔明の手へ  司馬懿の手に  物が手に  孔明は手を  東関は手に  兵を用いて手  敵には施す手が  周到な手  彼方から手を  これは手に  何物にも手を  タカと手を  枝の手で  李が手  仕事に手を  汗を流して手に  7を手に  火事泥的な手を  自転車にまで手を  云ふものに手を  嘉吉の手へ  嘉吉の手は  勉強に手が  自分たち学生の手に  藤野先生みずからの手で  民衆を手  警察等の手は  むしろを手で  柳に手を  二ツばかり噛むで手に  彼處此處袖襟を手で  柳の手が  幻は手にも  露も手に  葉に手の  籠を手より  土人に手を  足を失ひ手を  横坐りに手を  縁に出て手の  愛人すら手に  非力な手に  岩角に手を  割目に手を  花簪を手の  かたちをとどめている手や  狭山はさする手を  狭山は手の  らんぼうばかりいたして手の  花子の手を  釦に手を  折から手の  こっちに立って手で  伯父の手へ  伯父夫婦の手で  東川は手を  女三人の手で  六十に手の  のを手を  ものか手に  尾形警部の手で  彼自身が手を  とき丈太郎氏の手は  上にぬれた手を  レモナーデを手にとって  勝見の手で  作業員が手に  巧く手  好色から手に  夫人の手を  呪いの手を  長髪に手を  手紙位は手  御馳走には手を  完成する手が  ノドからでも手を  ノドからは手が  以外に手の  単身では手が  長平の手が  せつ子の手  カツラに手を  長平の手を  暗闇で手を  男娼の手に  慈愛の手に  グラスに手を  以外に手も  せつ子が手を  能力でできるだけの手を  マッチ箱を手にとって  からだに手を  エンゼルは手を  パンスケ相手に手が  さかげんに手を  一部に手は  明確な手が  長平の手から  壁に手を  ノドを手で  長平は疲れた手を  これだけ手を  ミジンも手を  コマメに手を  下へまで手を  商人の手から  何てって勧めやがっても手を  機械へ手を  何も手を  めいめいの手に  これは手  マルモ隊長とは手を  正吉の手を  キンちゃんの手を  みんなが手に  誰れの手からも  松竹の手で  平打ちがゆくと負けていないで手を  氏の手を  鬘衣裳も手に  收得スル者ハ國家ノ手ヲ  偶像破壊者の手を  日本人の手で  動勢を手に  駐在所だけの手には  どの人も手には  女中の手から  三匹ばかり手に  云ふので手  腕から手を  直ぐ口や手を  通せんぼうの手を  細君の手に  細君の手へ  私に書く手が  垢だらけの手を  毛布をおろして手に  カサカサに乾いた手を  何十回も手を  ゴム管さへも手に  写生の手を  国守の手に  大夫が手を  たしかな手から  舷に手を  餅を手に  糸を紡ぐ手を  薙刀を手  三郎が手の  仏像を手に  役人の手で  これだけは手を  外に手は  皮袋を手に  ぢて手を  看護婦さんの手が  鬼の手をば  ジヤック・ルウシェ君の手によ  麦稈帽子を手に  至りとは云いながら手にだに  右の手にて  お前書けない手でも  幾つも手が  大な手を  姉の手の  姉に差出した手が  上で手と  雨戸に手を  背後から手を  俯向きに手を  客の手を  恋女房を手に  彼等進み来り手を  恵子の手を  とき僕の手が  まりに手を  五助ちゃんの手に  ぼくたちの手で  姿で手を  魔の手など  震へる手に  白墨を手に  造に馴れた手を  日には手の  お前は手を  藥園へ手を  町奉行では手の  土塀に手が  一箇所だけ手  藥湯を手に  家光の手に  笹野新三郎の手に  つて艪を押す手も  萬三郎の手に  安岡ツ引の手に  錢形平次の手で  四人まで手に  平次の手に  千切つて死體の手に  脇差の手が  花嫁の手を  何うにも手に  國にでも持出されたら手の  嫁には手を  ソツと手を  平次の手は  祖母さんの手の  庄の手に  櫛を手に  庄は手  肉づいた手に  株などに手を  なかへ手を  主婦が手  脚も手も  一時二時まで手から  火を入れて出す手  傍に手を  一順人々の手を  花札を手に  前垂で手を  札を手から  妊婦の手に  機械的に疲れた手を  多勢の手で  衣を持ち出して手  縁側へ手を  縁日に手を  綺麗に手を  ことが手に  従姉は手  二階へ上って手  庄の手を  芳太郎の手に  芳太郎と手を  磯野の手を  手を休めて手  伯母は手も  芳太郎の手から  つて自分の手を  娘さんの手を  肩を手で  無事に手を  娘さんの手や  後に手が  貴女の手に  貴女は手をだに  貴女の手を  地に手を  中年者ですが手に  今度ばかりは手を  兄哥の手を  これには手を  そいつも手を  何うにも手の  膝頭に手を  さんは手を  これは手の  卓子に手を  卓子についた手の  缶に手を  それらの手の  文献が手に  まんまで手で  かおを手で  かおから手を  かおをして手を  わたくしの手に  菊世は手を  それに手や  足や手は  碗を手に  誰にも手  横合いから手を  五は手を  全能の手が  鍬取る手を  柔嫩な手で  貴方の手に  時は坐って居て手を  粉だらけの手を  小柄を抜く手も  旦那貴方ア両方の手に  馬作の手を  喜連格子へ手を  蘭の手を  山三郎は手を  のではないかと手を  女房に手を  番所の手を以て  末席に下って手を  致し方なく手を  用があれば手を  お方の手に  首っ玉へ手を  家へ帰すに手が  下へずうと手を  敷布団に手が  巻て手に  貴公の手に  道お上の手に  髻を手に  血に染った手を  刻煙草を手に  鹽も手に  後手に縛られた手を  お前の手に  自由のきかぬ手を  そばへ寄って手を  一方の手しか  酒に手を  わざでは手に  血にまみれた手は  丼に手を  井戸に沈める手も  八五郎の手から  八五郎の手の  お前の手  追及の手を  うつかり手でも  二た手に  手と手が  此處で手を  變な手の  聽き手の  葉の手に  平次の手が  里親の手で  何人の手によ  信州人の聴き手に  別の手に  干渉の手を  効き目のある手  周囲の手によ  世間の手によ  男の子の手を  吊り革に手を  ものから手を  凡人には手の  臨床医家の手に  生活様式にまで手を  人々の手に  物音は手に  一同はやんやと叫んで手を  方を向いて手を  結局手垢と手と共に  いそがわしく手  此は手にとって  鼻にまで手が  ヘトヘトになった手で  皆それを手に  ゴーシュが手を  ゴーシュは手にとって  翼を手に  次郎吉も手を  軍十郎の手で  慈母の手を  ワトソンの手に  泣き落しという手の  うえに延べられた手に  結び文を手に  継母の手から  心と手を  咲子の手を  瑠美子と手を  神さんの手に  子供の手にも  瑠美子が手を  編みものの手を  均齊の取れた手や  人夫の手で  慈父の手に  額も手も  庸三の手に  震災後山の手へ  葉子の手に  膝を手で  一方を手で  ほかの手は  綺麗な手にまで  方から手を  庸三は手を  彼の手  青年と手を  先生と手が  ところ庸三の手にも  それに刃向かう手の  以上逃げをうつ手は  ジャアナリストの手に  コップを手に  紐へ手を  感じに富んだ手や  一つの手では  何から手を  いろいろに手を  それは手から  主任も手を  メイ・ハルミの手を  山上の手を通して  文壇人には手の  庸三の手には  算盤の手は  みごとに手を  三四郎の手も  三四郎は手を  新聞に手を  ぜんと手が  豚などは手が  とおりの手を  言葉は手に  相の手の  右の手へ  きれいな手が  美禰子の手に  画筆の手を  雑誌を手に  巡査の手に  手欄に手を  こちら側から手を  我々青年の手に  ナイフの手を  ポッケットへ手を  袋へ手を  与次郎も手を  内懐へ手を  ハンケチで手を  鉄瓶に手を  与次郎は手を  ハンケチを出して手を  柄へ手も  ひとつこいつの手に  侍は手を  盃を手で  源三郎の手を  今度は手の  それを握っている手の  松吉は手を  壁へ手を  板壁へ手を  妻を抱えた手を  加賀屋の手を  彼等の手で  二人で手を  旅券が手に  僕は手  司会者の手に  警官の手に  指を延ばした手と  例の手で  戦争で手を  課長は手を  最後の手を  二本の手は  武士は手を  鼻へ手を  金剛力を手に  無数の捕り手が  際間から手が  傘を手に  藤原氏の手から  作者らの手によって  品どちらで手に  何物かを手に  地に坐り手を  同類の手に  汝が手に  それと手に  巨財を手に  独楽を手に  妾が手にかけて  家老様の手へなど  頼母様の手に  頼母様の手へ  わしの手にまで  勘兵衛の手が  わしの手へ  葉の手にまで  あやめの手が  美少年が手に  介えている手へ  大切そうに手に  頼母は手に  主税の手を  財宝を手に  覚兵衛に手を  ものの手に  他人の手を  萬の手の  想像の手を  人形遣の手が  傷に手を  爲に手も  日本作家の手に  職業俳優の手によ  一輪とって手に  創にさわるかと思うと手も  徳川などの手で  いつまでも手を  毎日は手を  彼の手か  頭と手は  大原氏の手を  父親に手を  セットを手に  ゴルフ道具を手に  ゴルフクラブを手に  相撲をとって勝った手  相当する手が  足をからむ手は  ソップだきだけが手が  顔と手を  顔と手に  ような手に  ガランドウの手に  頭上へ手を  富を手に  それらに比べて手が  複雑に手の  一ツも手に  自分では手を  一文も手を  他は手を  早めに手を  ボストンバッグを手に  複雑な手を  戦争と手を  他人が手を  麻雀という手の  麻雀は手で  足と手の  顔や手は  學校道具に手を  側から手を  やつぱり胸に手を  警官が手を  巡査の手と  齋藤が手  肥つた巡査に手を  彼等の手  一人の手に  一人の手にて  同情して手に  何處から手を  援助の手を  之と手を  卑劣とが手を  男の手によって  わたしが手を  器械的に手が  女中が手を  者をして手に  宣伝という手も  赤ん坊に手を  ように手で  山田も手を  幾度も手を  自分一人で手を  兄弟が手を  伯父板倉留二郎の手に  柄に手が  彼の手によ  これと手を  おばあさんは手を  朝日に向かって手を  思想家の手を  労働者そのものの手に  自分らの手で  とおりに手を  実験に手を  ちゃんの手に  ちゃんに手を  おかあさんの手に  林太郎の手を  べりから手を  犬を手  林太郎の手や  人々の手から  以外に手を  ボールを手に  選手を狙うという手が  仙人は瘠せた手を  町長さんに手を  三度も手を  一団が手に  両方の手の  顔をして手を  中国から手を  樣は手に  これをかえる手  独断で手  大西が手を  深山軍曹も手を  わしの手を  ところで手を  タンクには手が  同胞の手と  指を挾んで手に  此一月餘職業に手を  うして手が  桶を手に  自らの手でも  デリケートな手を  ときポケットに手を  サンドリヨンの手を  ブルジョア的過去と手を  幼時から手を  負担のにない手  工合にして手に  波の手に  柔らかなる手に  地方農民新聞を手に  若い衆に手を  柔術の手を  これ此の手を  市は手を  無理に手を  お前を手に  脊中へ手を  所へ浮かり手を  町会所から手が  寺へ手の  庄吉が手を  女房の手を  破れ障子に手を  梅さんの手を  上総戸へ手を  上り口へ手を  処へ手を  無理遣に手を  胴金に手を  おやまの手を  無理遣りに手を  助の手を  力のある手で  蔦蘿などに手を  外へ手でも  上に縋り付く手を  現在親の手で  山平の手を  繼の手を  人足たちの手も  粉のついた手を  小作人たちの手に  台所へ行って手や  わが子の手に  トゥロットは手を  かたつむりを手で  武士階級の手に  彼には手が  興行師の手に  父母の手で  速水女史の手で  妾の手で  速水女史の手を  コップを手から  筆とを手に  南無阿弥陀仏を唱えて手を  枝を手に  途中で手に  石を手に  子供ばかりをきき手に  仁田の手  地蔵の手が  親指を隠して手を  何物にでも手を  さは萎えたる手で  愛人と手を  正面から手に  祖母に手を  坂を手を  私も思はず手を  合間合間に交えられる手  奴の手になんて  酔いどれや手の  ランプを手に  籠手はめたる手の  専門家の手を  私たちは手に  大作の手に  膝まで手を  袴へ手を  遠くから手を  飯を手に  役人も手が  お歌の手を  悪者の手に  百姓の手に  つたくらげの手  感情も手  赤鉛筆を手に  思つて井戸端で手を  あたしの手にも  宇利氏の手へ  案内人の手から  自分たちの手から  全部へは手が  書物で手に  宮原夫人を通じて手に  婦人が手を  スパイの手を通じて  戀人の手の  戀人の手に  時でも手  上に載せてゐた手を  雪は驚いて手を  人民生活のゆく手の  生徒の手に  他氏の手で  神人の手で  本紙を手に  感激の手を  両君の手で  モデルを手に  礼も手に  台洋燈を手に  水中へ手を  七兵衛の手に  頸子にも手を  縫の手で  ままを手に  こっちの手は  半間な手が  涙ながらに手を  幼兒の手が  兄の手は  感電性疾患の手  風月賀宴の手  魚に似たる手を  汝の手を  金屬の手に  ところの手  我れの手は  こと疾患聖者の手の  靈の手にも  靈の手は  我の手を  靈の手を  ところの手は  ものの手  われの手より  心に手を  作物には手を  疾病にまで手を  良心は手に  ことで手が  琴を手に  彼等自身の手の  道は手を  兵卒の手に  同様に手を  老人の手や  青年は手を  すべては手を  有名にならない唄い手も  屍に手を  神の手で  一私人ダインスの手から  昼は手に  書法の手を  方でも手と  部分を手と  太政官其他の手を  一つだけ手で  上の手さえ  水掻きのある手に  プログラムを手に  ゲエルは手  ゲエルの手へ  皮膚に手を  マッグの手を  看護人の手にも  日本人の手を  青年自身の手に  誘導の手を  銃を持った手が  侵略の手を  マツグの手を  それぞれ詮議に手を  仏徒の手に  済度の手から  教化の手を  平靜さを手に  小児をいだく手も  永久に手を  ぼんやりして手を  娘を手に  左の手  日警視廳の手を  豫審判事の手に  われわれの手の  いたいけな手で  後に手を  始から手を  半額だけ手  左の手も  布片を手に  方に手が  上の手の  そこまで手が  料理人の手に  紋床の手を  手拭を持った手を  懐に手を  団扇を手に  愛吉は手を  これをまくり手に  膝に置いた手の  汗のある手は  時も手に  者の手の  内裏様に手を  私が手の  翼に手を  鶏を手から  夏の手を  ことに手が  のが手を  愛吉が手  愛吉の手は  華車な手が  夜光命の手には  裸男の手には  徒の手と  貴下の手から  御用でも有りますかと手を  垢を手の  親父が手を  香炉を手に  親達も手を  博士の手で  僕の手  青年は叫んで手を  器用に動く手の  材料を手に  僕の手も  私が手にかけて  ベツドで手を  さよ子が手を  袖口から手を  ナイフの手の  脈をとる手の  大切に手を  皺のよったやせた手に  医者が手を  なかから手を  蔓の手を  しなやかなる手の  外科医の手と  芸術家の手と  息子に手を  探偵との手を  弾圧の手を  猫の手も  仕立て上げて手も  手さな手で  宙に手  身もだえする手を  女の手で  幼児の手を  誰一人額に手を  属の手によって  皆の手に  一つを手ば  行雄の手を  作衛が手を  アゴに手を  千鳥波の手を  バターを塗っていた手を  上には手  旅人は手を  皮ばかりの手を  たぐいでなければ手に  令嬢の手を  形に手を  彼らは手に  者には手を  専門学者の手で  女房の手で  権勢家の手にな  習ひ手と  八卦見だから手を  皆な手の  欄干へ手を  ペツたり手へ  ウムやられたと手を  皆な手を  ソンナラ拝借と手を  島村が手を  脇から手を  友人は手を  猪口に手を  向うの手に  蒲団を被ろうとしたが手が  九郎は手を  人達の手に  つた後に手を  あれこれと手を  ハイド氏と手を  鍵を手に  見覚えのある手  外套とを手に  武器に手を  悪の手によって  ハイドの手に  良心の手を  災厄の手の  エドワード・ハイドの手  指を組合わせた手を  人々の手が  上に載っている手は  ペンを持つ手が  医者の手で  婦人たちが手を  急所の手ば  岡本と手を  岡本も手を  神経質で手が  事業から手を  フォークの手を  サト子の手を  宙に手を  あなたの手に  愛一郎の手を  愛一郎の手から  愛一郎に手を  シヅの手を  山岸さんは手も  由良は手で  芳夫の手に  ツイと手を  間も手を  カオルの手を  曽根の手に  曽根は手に  日本人には手が  契約書を手に  サト子が手に  袖に手を  愛一郎の手の  ままサト子の手を  神月の手に  山師の手に  暁子と手を  将棋差しの手に  由良が手  日本人に手が  土地には手を  高価で手も  用人三浦七兵衛の手を  漁夫の手を  ようにかじかんだ手を  何拾万円が手に  支那人の手を  額を手で  それに続けて手を  ヤケに手を  場所を手に  芝浦が手を  皆は手を  学生は手を  此方から手を  池にむかって手を  運命の手に  何度も手を  そのものに手を  将軍の手から  一同いたずらに手に  無駄に手を  花形舞踊手一人の手で  ベズィメンスキーは手を  鶏を手に  夫人の手へ  ミシェル神父様の手で  私は手も  妾と手を  あなたは手こそ  頸に手が  戈を手に  霊媒と手を  阿呆な手を  二つの手しか  阿呆な手  青春の手  ような手を以て  私は施すべき手が  眼と手は  小河で手を  あらくれの手を  眼と手を  オルソドックス作家の手によって  近代小説への手の  同氏の手に  それきり仕事も手に  レーニングラード対外文化連絡協会の手を  党の手によって  ママの手を  逸作は手を  逸作の手の  横を向いて手を  私の手が  一しょに手を  前掛けに手を  ベルの手を  バスケツトを手で  心得顔に手を  瓶を手に  子供の手が  先生は手が  登の手に  松明を手に  学問に手を  問題は手の  支度に手を  椅背に手を  下手に手に  己の手を  短か手を  口を動かしながら手を  何人かの手に  伊織の手に  拓本を手に  戡定に手を  俳人が手  枕頭へ手を  田植時で舁き手が  猪口を乾した手が  肩に縋った手を  寺男が手を  密と手で  総に手を  誦経者の手に  小刀に手を  浮出ているが手を  椀を手に  自分に手を  皆男性の手に  直接つかまへるといふ手を  研究の手を  総を提げるまで手を  海鼠に手が  指環二つ嵌めた手を  赤ら顔の手も  黄道吉日の手に  八ツ口に手を  技手の手を  政所の手を通して  家康の手を  秀吉一人の手に  家康の手の  間に合せるといふ手も  北条を手  とき北条の手で  濫用の手で  火がついて手を  間諜の手で  スポンと手で  横に睨みながら手を  竹山の手の  茂樹の手に  拳銃をもってる手が  今度は手に  我輩の手は  呪はれた手  私たちに向って手を  写真機を手に  雑作に手に  ぼんやりと手に  日記を手に  ドイツ人の手に  人が手でも  ほかに手の  夫と手を  有名な唄い手に  父親の手で  未決書類函へ手を  鞄を手に  角材を手に  トランクを手に  幕に手を  何処で手に  把柄を手に  私立探偵の手を  お化け鞄を手に  お化け鞄を手にとって  自らの手によって  靴を手に  方の手を  そうにも手を  浮れて手を  蝉をつまんだ手の  ものを手の  先賢に手を  ベルをとめようと手を  爺さんが手に  瓦盃に手を  矢を持った手を  彼自らの手に  光芒が手を  しそが手の  火に充ちし手の  甚兵衛は手を  鞭を手に  万人の手の  澄代の手の  八重次が急いで手を  方へは手も  佐代子の手を  ふだんは手にも  芳枝さんの手を  庭師の手に  前にも拘らず手の  ノラの手を  ノラの手が  開墾地を手に  興行団体の手によって  先生は手を  本などは手に  呼吸をはずませて手に  頃から手や  モーロー車夫の手に  浮世絵師の手に  のは手や  芸術にまで手が  失つた後は手  理想の手に  中に手  伯母の手を  時折り手を  顫える手を  帽子から手を  仔羊一匹を手に  むやみ矢鱈に手を  隠密の手の  隠密の手を  話は手を  ことをいわれて黙っている手は  社員たちを手に  カルルの手を  ふうに手を  何度も手で  とき船長は手で  げな手の  要求するまで手で  握手の手を  カルルの手と  火夫の手に  船長に手を  ようすが手に  なかで手に  さんの手の  さまの手を  王子の手に  王子は手を  花むこは手を  さまの手の  何かに手を  細川高国の手に  寛永十五年二月二十五日細川の手の  数馬は手を  竹内数馬の手に  竹内数馬の手の  数馬の手の  高見の手の  竹内数馬の手では  婆さんが手を  三人の手の  事を手  手品の手  鎧通を手から  英軍の手には  皆で手を  しんなりした手で  鳥を手に  怪漢の手を  田熊社長は手を  苛責の手を  乍ら老人は手を  乍ら四郎を手  其時老人は手を  舞を止め手を  四郎の手を  四郎は手を  祖母の手で  カザノヴァ自身の手による  新劇俳優の手にか  家人の手によって  上野氏の手を  鶏は手で  これだけ手の  作者の手に  書神の手とは  善吉の手に  安雄さんの手で  供は手を  相当に手が  方からおりて行って手を  過激派の手で  山田は手を  盃を置いて手を  本屋へと手が  人には手に  四升を手に  大尉の手を  御手洗に手を  薬種屋の手に  俺等の手には  キャラメルのにちゃくちゃひっついた手で  匂いの沁みこんだ手が  奇想天外の手やと  豹一は手を  背中にまわした手に  衣裳も手に  細工人の手からは  百助が手に  間道を手に  時の手  辞退して手を  仕事をしてゐる手を  小説家は手を  縄に手を  小説家の手に  豪傑の手に  僧侶の手で  限つて家族の手に  青年労働者が手の  豹一が手で  徒弟の手が  つもりか手を  誰に手を  震え勝ちな手を  向こうから手を  そうに笑って手に  碁笥に手を  若党の手から  飴チョコを手に  顔を冷めたい手で  妻の手が  帯際に手を  一つに手を  譲は手に  年増女は手を  やうに掴まへられた手を  譲の手に  #自分の手を  女中の手には  今一つの手には  お祖母さんの手に  事情があったにしても手も  讓は手に  ように掴まえられた手を  讓の手に  #己の手を  婢の手には  外に手が  彼を手  竹一の手を  自分たちの手に  王グラッドロンの手で  花は手を  外国作家の手に  蕗子と手を  可憐でたうてい手なぞは  不経済な手は  詠歎やら手を  それを手  室生さんの手の  指環の見える手で  北村さんの手は  首づたへ手を  幸ちやんに手を  同様の手  決定した手  総意を問うだけの手  ふうに手  商売チガイじゃ手も  日にゃ手が  最初から手を  あっしに手を  何度も向うから近付いて来て手を  あっしの手を  女も手を  あっしを口説き落す手を  コロリと手に  熊みたいな手で  えなデックの手を  あっしの手と  ドロシイの手を  ふり返って手を  其奴に手を  盛んに手を  一人の手によるか  市場で手に  筋の手を  武器を手に  群集の手に  続けざまに手を  把手から手を  ドアに立って手を  牧師さんの手で  松尾から手に  子供を手に  久は手を  側について手を  神棚に手を  町長は手を  グニャリとした手を  お前たちの手には  手であり護り手  糸口を手  撞木に手を  草原へ手を  道中差へ手を  引金へ手を  鹽原の手に  私へ手を  損は掛けねえから貸して呉れろと手を  三度笠を手に  多助は手に  掌を合せて拝んでいる手と  百姓に手を  御新造の手を  お母さんの手を  かめの手を  長物へ手を  ッと手を  八右衞門の手を  書付が手に  男の子に手を  無闇に手を  旦那が手を  かぎの手に  その後ろうわ手も  母親の手で  乳房と手と  母親の手  首と手とを  菊子に手を  姉の手に  俺の手をの  仰山に手を  証拠には手  妾の手が  戒名を手に  ままに手を  二本の手を  鼓を手に  二人の手は  君の手で  人形は手に  人びとの手の  畳を手から  做して手  青年ボーイの手が  青年ボーイの手に  事務員の手から  音は手に  いただきが手に  俺の手へ  俺の手では  小夜様の手を  僕の手が  文人の手に  やうな手や  頭や手などが  支那人の手によ  文学史家の手によって  相違は描き手に  3に手を  事にさえかまわなければ手を  係りの手によって  警官の手によって  電話口を手で  間に挾んだ手を  雄吉君は手を  古市の手を  人目も恥じずに手を  中には手に  態度に合うと手も  標題で手の  裾で手を  とめは手で  加十の手に  限りの手を  巡査部長の手は  フト首に手を  カラーが手に  宗皇帝と手を  私服の手に  ハッチソンは手で  方面の手で  みなさんの手に  襟に手を  肱に手を  花の手を  証拠を手に  向うで手を  迅速に手を  取引から手を  手を退け手を  アンポンタンの手に  踏絵の手を  格子戸へ手を  人物の手が  鶴子の手が  ハンカチで包んで手に  加十などの手に  鳥黐に手を  あなたに逢わせろといって暴れて手に  幸田は手を  局長は手を  濶に手が  送話口を手を  松沢にも手が  俺の手なんぞを  林の手から  そこへ手が  総監は手を  官憲の手に  日本官憲の手に  ダイヤモンドが手に  ひとつ君の手で  山木の手には  松沢は手で  秀陳は手を  こっちの手が  岩井は手で  真名古に手を  亡者に手を  王様に呼び出されでもしたら手に  加十は手を  いかんとも手の  岩井通保と手に  王様の手を  踏絵は手を  やつも手も  不審に思いながら手に  皇帝の手を  マアマアと手で  襟首に掛けた手を  事情が手に  ように手の  金剛石を手に  総監は手に  襟首に手を  報酬を手に  素人の手で  反日スパイ団の手にでも  真名古の手から  真名古の手の  毛束を手に  腕も手も  ハッチソンの手を  ものなら手を  やくざの手を  わたくしの手にかけて  身内の手に  それを手も  お前の手で  亀の手の  一つずつ手に  鮎が手に  以外に手は  小谷さんの手を  空に手を  鰭で手に  酢味噌で食う手も  わなが手に  充分には手に  蜜柑を手に  それを始めて手に  俺のあやつり手の  ギヨツとして伸ばしかけた手を  ヒョロヒョロな手が  自分ひとりの手で  何物にも手が  咄し手を  旗の手の  此迄武士の手を  付け人足の手に  町人の手に  看護婦だけでは手が  ひとが手を  叔母さんの手を  彼等の手に  鎌をふりかざして手  善光は手を  農夫は爪立ちをしながら手を  善光の手に  仙人は手に  邪魔ものを手で  車海老を手  枝に手を  外の手が  私達の手は  老中は手に  箱に手を  家康の手から  家康の手より  金子を手に  八冊を手に  なほも手を  戦傷兵士足は手は  背中をたたく手が  遍路死ねない手が  再会握りしめる手に  子どもの手を  ほうの手を  めは手を  人々が手を  辞に手  之に手  身辺と手の  歌ひ手も  レンズに映り出て手に  作者自身の手によって  上にやった手を  毛むくじゃらの手で  張の手に  游伶人の手を  学曹の手に  出身者の手を  有識者の手で  子供なぞに手も  行つた私の手を  何か手の  玉砕せずに手を  大臣の手に  装釘に手を  男の手の  づして恋人の手を  隙間に手を  女兒の手を  惡くて手が  乗車券を手に  中なる剃手と  花郷は手に  丁寧に手で  繁の手を  食物を手に  メツテルニヒが手にのみ  巨な手の  やうな手を  僕が手に  頭に手が  シヤムを手に  三人も手も  想像して手に  ぼんやりとして手を  角八州に手が  士どもを手  有力者の手を  政宗の手から  政宗の手は  主人が手を  異な手を  方で手を  臣下などに手を  些智慧が足らないで手ばかり  一揆の手に  者の手へ  政宗も手を  此人の手を  太閤に頂かせるだけの手を  医師が手に  抱合わせている手が  洋燈を手に  斜に手を  綴糸を手で  後へ手を  蓑を脱いで手に  背中を擦ろうとした手が  胸に縋った手が  胸を抱いた手が  小松原の手を  僕等の手から  僕等は手を  絹は手  ひろとも手が  絹がかけ手の  オニーシモヴナの手に  ブリキ缶を手に  農奴たちの手に  受け皿を手に  床屋どもは手に  坊さんの手に  男衆で手の  水筒を手に  これに手を  平六が手にとって  五郎の手の  オレの手に  振り廻して手を  女にも手を  一行は手を  車でも手に  木乃伊の手の  螺旋階段に手を  そいつが手を  ソーリンの手を  身体をよせかけ手を  針を手に  赤ん坊が手か  胸から手を  鈎の手の  喫驚して手を  順造が手を  竜子の手を  君さんの手に  肩掛へ手を  山々が手に  運動場で手を  ウィリアムの手から  ウィリアムは手に  跪ずき手を  紅して手に  四日目に移るは俯せたる手を  シーワルドは手を  剛き手を  ウィリアムに向けて手を  ガリマアル君の手に  はるかに手よりの  自由自在に手に  煙管を持った手を  家内中の手で  十に手が  お姫さまに手を  雷電河原のしも手へ  豆小僧の手から  トニーは手を  トニーが手を  われわれの手に  アメリカ人たちの手から  四人に手を  箪笥へ手を  爺さんの手は  皸のある手を  米へ手を  ところで手だけ  箸をもっている手で  姉の手が  コンクリート塀に手を  白骨の手が  頬や手に  父親の痩せた手に  養父の手の  島の手に  養母の手から  母さんの手に  下駄に手を  物に手も  洗いものに手を  方へ手に  海辺へやったりして手を  髪へも手を  鶴さんが手を  島の手は  張物が手に  隠居の手から  芸者に手を  島は手を  伯母に手を  売買などに手を  仲間の手に  がりをやっている手の  皆が疲れた手を  時小野田の手に  あいだに働いて手に  店員の手を  職人たちの手が  差当り小野田の手を  時分から手  大工の手を  漬物桶へ手を  商人の手を  権右衛門の手に  按摩の手では  手巾で手を  車掌は手に  知人の手で  成は喜んで手を  無数の手が  やつと手が  肥満漢は手を  払下手続をとって手に  海軍さんも手の  手前をつくろう手も  万歳をとなえて手を  ロロー氏に手  虎船長の手を  あごへ手を  ナイフを手  のを手で  殊勝らしく手を  一同は手を  あとで手を  肩も手も  ざまに手を  月を手に  音が手に  人が見てゐても手を  仮面などを手に  ゴツゴツ節くれた手  鍛冶職の手  親の手を  マリアの手から  社会的自由を手に  時計を手に  手つきをして手に  方法で手を  四十万人の手で  婦人の手が  声までを手に  ひとりで手を  三郎に手を  油絵を手に  ペンを手に  ボタンに手を  胡弓を手に  手付をして手に  マリちゃんの手を  マツチを手に  石膏の手や  新聞が手に  本格小説に手を  オルガンの手  ゴイゴロフに手を  カラスキーは手を  こちらの手を  功利主義的思想に対して手  国の手を  つて舳へ手を  普通の手では  鎖を持つてゐる手が  何ぜ手で  判事はかうも手  野郎の手が  雷獣様を手  雷獣を手  おれの手にかけて  上手の手からも  小鬢へ手を  騾馬を手に  撮みに手を  通信社かの手で  階段を手を  飼い主の手に  火鉢に向いあって手を  そっちの手を  プロビデンスの手に  庖丁が手から  自分の手と  見積り書きを手に  人々の手へ  国の手で  ところへ手が  遠慮して手を  盆を手に  柱に手を  上に投げかけている手を  附添婦は手に  危き死の手を  これを手  余の手で  柳原極堂君の手によって  妹君が手を  脚に手を  うちに手が  余の手が  そこ迄手を  竹箒を手に  王女の手に  花などを手に  弓などを手に  親達の手  中の手の  なに円かに手に  ゾーツとして手を  盃に手が  舅の手でも  儘の手の  片方の手が  性急に手を  会社の手で  お父さんの手で  彼女の手のずつと  灰色の手の  そいつは手に  水滴のおちる手を  奥さんの手が  ガルソンの手に  一つを手に  みんな夫婦で手を  ん後は手を  ジッド夫人の手に  お母さんが手を  輪に手を  ランプさえ手に  お母さんの手から  れいの手を  金貨を手に  一二冊を手に  三十本もの手を  盃に手を  無器用な手を  二疋はしつかり手を  船長の手を  眼と手と  ボーイの手に  ボーイの手で  それがたのみ手の  四十人だけ手の  不器用な手で  敬二も手を  風に手を  土塊を手に  ドン助の手に  カメラを手に  器械しか手に  擒りの手が  セメント柱に手を  皆さんこっちへ来て手を  雀を手に  年増女の手の  子供の手をば  盲目少女の手を  報道を手に  者も手の  自分の死ぬまで手を  暴動者の手に  艦長の手には  十人の手は  ボオトを手に  土人の手から  一艘でも手に  上着を手で  警察医の手に  サミイの手を  麺麭切りナイフに手を  左の手へ  鞄に手を  女看守に手を  侍女へ向って手を  流石に手に  解脱が手の  不良少年も手が  徒には手の  商標を手に  原稿料も手には  怪談に似た手の  両の手は  巧みに手を  附添夫だけでは手が  ペンを執る手も  なんの手の  風景とを手に  火星人の手の  棒を棄て手を  おっかさんの手は  老れば手は  村役場の手で  茶を手に  口髭に手を  看護婦が手を  二人の取り合った手が  中西の手を  兄さんとで手を  看護婦の手に  秋子の手を  肘に手を  小言ききながら手  ちのところへ手を  一緒の手に  手袋をはめた手を  広治に手を  ポンプを押す手を  一軒残らず手を  対手にし手が  喞筒の手に  無法ものの手  框から手を  歌を教えて手を  夏の手  私なんかを手に  敷島を手から  拳銃を手に  飜訳のやりかけにも手を  一ぺん東京まで手を  母親の手へ  次の間に手を  侍女は手を  玄竹の手で  弟の手を  船員は手を  ページを繰る手の  余は手に  海が手に  ようだと手を  悲報を手に  山路に手を  むやみには手を  肩と手を  人たちの手によ  私には手が  努力で手を  憶良の手で  隠者階級の手に  様に手に  家持の手で  他人の手  大伴集の手に  家持の手を  われわれの手も  正確に手を  今井に手を  セセラ笑っている手は  外に向って手を  司会者も手で  警察でも手を  二三人の手が  スソから手を  有り金を手の  博物館でも引きとり手が  農民の手で  婆さんの手に  自分と手に  火鉢へ手を  幾枚ぐらい手に  名人の手から  朱盆を手に  盆が手から  色の手  弓矢を手に  六人を手で  私どもの手の  皇帝が手に  踏台は手に  写しを手に  あなたの手や  陛下の手に  ボートが手に  皇帝の手に  息子の手を  これには手も  私を取り出して手の  箱から出して手の  一本の手では  記念品をくれと手を  びっこの乞食の手を  私の手や  蹄に挟まれて手が  彼女から手を  二人から手を  自分の手によって  ほうは手を  鉄の手が  彼らの手は  昔は手を  不自由だとか手が  綱は手で  ばを手に  典獄の手に  まっかになった手に  ように喜んで手を  十五フランは手には  絹にでも手を  分を手に  二巻を手に  ペンが手から  歯が手に  者らは手を  不正直に手を  爺さんの手の  合図に手を  青年の手によって  一本づゝ傘を手に  みのるの手から  肩を突き合せながら手を  云つて義男の手に  良人の手で  師匠の手を  誰の手によ  一生を手を  興行師の手で  張り行田の手で  俳優たちの手で  運命の手が  みのるの手に  幸運の手に  ドウーニヤが手に  ボーリヤは手を  少年は手も  さっきから手を  涙を流しながら手を  右衛門の手は  雲助の手の  振動が手の  千手観音の手の  容易には手に  多くは手が  近年神職たちの手で  修験者などの手で  子供たちの手に  都の手  蝋燭が手に  包丁を手に  王妃の手に  児は手を  九百九十九疋までは手に  所を手を  繩を手で  箒とを手に  法師の手に  買ひ手が  人物の手によ  腐れ縁に手を  炭に手を  わしひとりの手に  株へ廻す手も  わたしたちの手では  処へ手の  鉄扇を手に  坊主の手で  再現して手に  妖魔の手でも  左右の手にも  竜次郎の手を  黒主の手を  大人が手を  両方の手が  自分には手が  体を曲げ手を  オンコッコは手で  紋太夫の手の  刀を手から  一所へ手を  巫女の手から  闇であったが手に  継母の手で  書物をさえ手に  ホーキン氏は手に  土人が手に  行動は手に  子供達は手を  気が付いて行く手の  ジョン少年は手を  わきに並んで手を  自然があばれだすと手が  軽井沢で手に  さうに私の手を  楫棒に手を  扁平な開いた手を  ガルスワーシーの手を  普通の手を  五郎八茶碗を手に  雇人の手が  鏨の手の  鏨の手にまで  自分に慰め手が  横文字を書いてゐた手を  合ひで主婦の手が  彼の手にも  照子はつひぞ手を  鐶から手を  鐶に手を  児玉は手を  個人の手で  コメカミに手を  塀に手を  二人は手に  ミチ子の手を  果は手を  大寺の手から  予審判事の手を  記録を手に  清三を手に  手記を手に  門前清の手と  それまで手が  時俺の手は  東を手に  清三は手が  清三の手に  清三の手には  我儘で手が  三人も手を  今度は手とも  手あぶりに手を  指環を手にとって  誰も叱り手が  一度も手が  笑い方をして手を  御前の手に  時には手に  不精に手を  骨だらけの手を  銃を持って居る手が  穴倉に手を  母の手だの  女中は手が  指のある手で  これもと手を  彼等の手によ  丈艸の手へ  海岸で用いた手も  俺の手が  枝折戸に手を  音次郎君の手から  草を手で  中につっこんだ手の  ぶんの手は  葉子の手を  男を手も  さし出す手を  細目にあけて手を  童貞を破る手を  葉子の手には  葉子を手に  葉子の手はも  葉子を抱く手は  船員の手から  名刺を手に  人たちは手を  中にある手の  しなやかな手を  しなやかな手から  岡の手を  事は手も  箱を手を  倉地の手が  水夫の手に  形を取って手に  葉子の手の  倉地の手を  事務長は手も  葉子から手を  木村の手を  まっ白な手を  木村と握り合わせた手に  木村は引っ込められた手に  悪辣な手で  そこからのがれようとしたが手も  謡い手と囃し手の  誰の手によって  鼓の手の  一と手を  舞の手の  舞の手が  その他囃子の手の  矢部の手を  宮川の手を  宮川につかまれた手を  美枝子の手を  ポケットから手を  刑事の手で  何にも手が  席から手を  警部が手を  帆村の手が  長谷戸検事の手に  主人を手に  警官の手から  窓枠にかけていた手を  小林の手へ  大寺警部の手によって  缶詰を手に  缶を手に  帆村が手を  帆村の手に  麻薬を手に  共謀者の手を通じて  兄の手に  二個の手に  青鬼は手に  周囲に手を  仏壇に手を  森源自身が手を  あれを手  貨幣を手に  殆ど一しよに手を  云つて娘の手を  外套に手を  つて火鉢に手を  お客さんを送りつけて手が  家来達までが手に  刀掛に手を  女親の手で  人たちの手を  泥だらけの手を  主人の手から  それなりに手を  医者のくるまで打っちゃって置いては手  阿部さんの手から  貝を持つ手が  ふたりまでも手に  草双紙などを手に  縁側に手を  投槍に手  者も手を  奥で手  わたくしは手を  お金の手を  内松と手を  ウルスキーの手から  ウルランド氏捜索の手が  汝の手に  印度人の手によ  弟子は手を  具を溶く手を  良秀に手を  音のせぬ手を  品物を手にでも  探偵家の手に  羊鍋を手に  悪漢を手に  以外には手が  後方へ手を  百万円には手を  さきに手に  ノーコメントの手を  ちょッとした手  國に手を  絵の具を溶く手を  長火鉢にも手を  普通な手  一つ茶碗を手から  鮨を手に  手蔓を手  粒を手に  精力的に手の  釣竿を手に  娘は手に  編笠を被らずに手に  民子の手を  有意味に手などを  あなたの手から  ヒューヒュー吹いて手でも  ミコちゃんの手から  教師は手に  塗みれた手を  人間の手も  水は手に  手にとれば手を  予の手の  冷笑しながら手を  過激派軍の手で  ままワナワナとふるえる手で  泥だらけの手で  肩や手に  野菜が出ると手を  山男は手を  漢学者に手を  先生方の手に  ヤッと手を  汗を拭く手に  物にも手を  般若心経を手に  隅まで手の  箸を手に  そつと手で  武田の手が  草履取りまで手と  めを食い手も  分光器が手に  唇と手と  口もとに手を  コップを持っていた手を  男の子は手が  白石の手で  何年も手を  源右衛門の手から  幾の手を  別々に手を  家僕の手で  村井は手を  即座に手を  金には手を  妻婢の手にも  児の手は  中なるは手  シャンと手を  高祖頭巾を手に  手すりから手を  時そつとうしろから手を  千恵の手に  何かの手に  傘はささずに手に  女と手を  秋は進まぬながら手を  静の手を  雪駄直しの手に  静を手  母に手を  一番下にある手を  春枝の手に  次兄の手を  たつの手を  腋の下に手を  たつの手から  背後の手を  先生の手が  玲子の手を  とく子の手を  巻尺を持った手を  総て自分の手で  笛を手に  針箱に手を  童子の手に  滑らかな手  何を手  童子の手を  ところを手  先と手を  眼付きになって手を  我れの手  大根を手に  昔から手の  人の手でも  食事に手を  人々の手で  商売人の手に  霜焼けの手の  霜焼けの手が  霜焼けの手を  他人の手は  肚ン中じゃ手を  百は手を  稲の手を  誰の手から  延作に手を  妓の手に  百の手に  しげの両の手を  燭台を手に  時から手に  酒は呑むし手  彼女に手を  座席から手を  霜燒けの手の  一齊に手を  霜燒けの手を  青年達の手の  急に手や  無茶な手でも  水で手を  きゃしゃな手よりも  あたしが手に  おまえさんの手を  エリーザの手を  王さまの手に  大僧正みずからの手で  化粧の手を  袖子の手に  格子に掛けた手を  何にも手を  お玉を手に  さんの手で  末造の手に  女が手に  お家流の手を  袖に入れていた手で  女の手では  岡田は手を  搦んでいた手を  岡田の手に  岡田が手を  小僧は手を  お玉は手を  篆刻なんぞには手を  梅の手が  なんでも手を  水から手を  シャボンで手を  五分間も手を  君達は手を  心臓から手を  平岡の手を  此奴は手の  養生に手を  奇麗な手を  下にした手にも  上にした手にも  頭から手を  帽子に手も  何処から手を  助は手を  頭より手の  繊い手とを  申訳に手を  三千代は手を  梅子は手を  細工な手を  三千代は手に  洋盃を手に  助は手  まま右の手を  方は手の  丹念に引き伸ばしつつあった手を  三千代は濡れた手を  団扇は手に  賽を手に  巻烟草を持った手が  一人の手が  平岡の手に  何をしても手に  誰だと聞き返しもせずに手で  四十に手の  甚吾の手が  箸の手を  圧えた手を  密と手を  婦人の手に  治兵衛の手の  台所まで手を  槍持の手の  妻君の手からは  キッコの手は  キッコは手が  慶助の手を  キッコの手に  キッコが手も  杖を手に  郎女の手に  忍び夫の手に  姫の手に  キーボードに手を  娘を手で  母親は執られた手が  娘の手の  貝殻を手に  肩にかけた手に  父の手によって  人びとの手を  鈎の手に  中本の手に  中本の手で  貸本屋の手から  それと手を  便利に手に  蚊取り線香を手に  これは手を  どこでも手を  杜の手の  例の手を  上を手を  杜が手を  そこで手を  杜は手を  幾度も手に  それが手  有坂の手によって  杜に手を  縁起文を手  左の手こそは  警部が来ると手を  屹度左の手は  内懐まで手を  一同は手に  方へと手を  眼や手やを  真弓が手を  真弓は手を  震災の手に  残酷な手によ  自然の手は  無限大に手を  冷い手で  手ひらかれ手は  婦人の手を  鶴雄の手の  寄附するという手も  背中を抱いた手を  いつか千枝子の手は  円を手に  弓子の手を  宮子の手を  鶴雄の手を  われを忘れて手を  弓子は手を  柔道の手を  幹男の手に  君勇の手を  背中から手を  小郷の手を  君勇の手が  鶴雄の手に  彼の手よりも  何者かの手で  イワシを手に  野口の手を  様子は手に  別荘を手に  三千円で手を  誰が手を  氏達の手を  ねんねこに手を  男達の手に  一寸でも手を  脇腹に手を  流血革命だなどといって手を  人びとは手に  毛の生えた手を  先ほどの手を  狸が手に  臣神主の手に  神女として手  書肆の手に  藩主改良派の手で  仏幕秘密条約が手に  藩士尊攘派の手に  銚子を手に  ミシンの手を  雇ひ手が  輩の手に  いつまでも手に  人を手  女学生と手を  ヘルメットを手に  椰子水を出して手の  洋傘を手に  鎌を手に  顏にも手にも  状の手に  餘り慣れない手が  梭の手と  法華経うつす手を  朝かぜ手と手  歌の手に  むつちりした手  随つて顔や手に  矢沢さんと手を  ものを手を  演出にも手を  ものが手で  姫は立つて手  文とりついだ手を  自身の手の  皿を手に  女たちの手に  女中を呼ぶ手の  私の手をと  毛に手を  あなたがたの手を  あなたの手を  船に向って手を  顔にも手にも  女の手だけを  ブラシユで手を  醫者の手にかけて  芳の手に  つた頭に手に  芳の手を  そつと手を  宗三郎は手  綿入れに手を  静かに近づいて手と  まっ黒によごれた手を  力では手に  お引き受けした手  お話には手を  泥になった手を  つやの手によって  夫田川の手を  葉子は手  僕に手を  倉地氏の手から  縁に置かれた手の  茶わんを手の  古藤を手  がさつな手で  こかへ手を  葉子の手は  岡の手は  葉子は手に  倉地の手で  倉地はかまれていた手を  くせ葉子の手は  倉地の手の  倉地に手を  葉子に手を  木部の手が  急に行く手が  倉地を手  カラーボタンを手に  倉地の手は  葉子があわてて手を  シャツを手に  医師は手も  お前とは手を  上に置いて手を  没義道に手を  木村を手の  金が手を  倉地が手も  油でよごれた手を  看護の手を  貞世の手を  葉子のすがり付いた手は  鏡を手から  愛子は手も  目をつぶりながら手を  葉子は震える手で  現在が手に  あなたの手は  人の手という  力をこめた手で  つやの手の  具合に手を  熱情に燃えた手を  岡の手から  額にも手にも  作に手を  師直の手から  追撃の手を  初めそれを手に  寺男の手を  エナアゼチックな手を  教員の手が  教員の手も  学士は手に  コップを取ろうとする手は  奥さんの手に  げんの手は  げんが手を  げんは手が  老い痩せた手で  げんの手が  これは聴き手  侍の手が  お前から手を  斗籌を手に  砂金に手を  金を手ば  警察の手を通じて  これまで手を  此方面にも手が  章魚の手  ものには手の  乳母の手によって  勘作の手を  僕の手の  薬品を手に  遺産に手  水を手に  いくらかずつでも手に  右手を挙げたと思うと手の  双の手に  同族に向って手を  オカミサンの手が  奥様一人では手が  肝臓に手を  両足折れなば手にて  秀吉の手に  雑兵の手に  岩崎を手に  兄信長の手に  無事秀吉の手に  刑事が手を  警視庁の手に  国家の手に  詩を手に  さよ子の手を  出来事と手を  中が手の  机に手を  文章に手を  こっちの手でや  ツと手を  疎通せざる手  つて達公の手を  達吉の手に  自身の手は  林内閣の手によって  子供さえ手にかけて  ところから手が  足や手や  姉さんの手に  野師の手によって  勝利者の手に  剣戟を手に  村民が手に  垢づける手を  姿に手を  時私は手から  善作さんの手から  普通に手に  頑丈な手を  静かに手に  燭台や手  みのは手  色々に手を  文字清の手を  亀吉は手  七の手を  のだから手の  二人も持て余して手を  間跪いて手を  寂然として手を  鉄鉢を手に  言つて女は手を  金挺の手を  経を聞いて手を  泥の手で  先生が手を  編集局長の手を通して  今でも手が  一号を手に  国家として手を  篤志家の手による  自分だけの手を  同門中に有って手に  国にも手の  米国の手で  パイプを手の  中折帽を手に  如露の手を  方ずつ手を  骨ばかりになった手を  柔らかな手で  夫人の手から  お布施を手に  夢中になって手を  学生の手を  さいボーナスに手を  ぢる手を  医者の手から  蓮の手を  田宮は手を  蓮の手や  ことまでは手が  何人かの手によって  傍聴券を手に  先生は手に  四人だけ手を  わたし達は手を  何でも手に  細君の手から  健三は手を  寐ながら手を  自己の手に  人に手を  得意に手を  健三の手に  島田の手で  端書を手に  こっちも手が  三味線の手を  縫物の手を  問答が手に  書ものを手に  万年筆の手を  細君は手に  書付を手に  書付に手を  糸に手も  双方とも手を  入口に手を  彼には手に  彼は黙って手に  中から手に  上へ投げ出して手を  二つ折を手に  相場に手を  片々の手に  片々の手で  二枚健三の手に  健三の手を  代り私の手で  二人は出した手を  鉱山事業に手を  委託金に手を  健三の手を  眼前に手で  動揺は手の  健三の手で  健三には手の  位地が手に  男に手なんか  上に差し延べた手を  細君は黙って手を  匠人の手に  ものにも手を  彼は手も  己の手にも  時計には手も  真黒けな手や  手紙を握った手を  ことがある手  千代の手に  人形だけは手  良人の手を  私も手に  静に手を  引手へ手を  自分などの手に  判事は手を  探偵の差し出した手を  肩を押えた手が  判事の手を  ボートルレの手から  少女の手を  爺さんの手が  慄える手で  大尉の手によって  少年の手から  帽子を手にとって  好い加減に手を  宝石に手を  相手から手を  ことを疑うて手を以て  つて金津さんの手を  戯曲に手を  無邪気に手を  笑劇に手を  一巻を手に  女中を手  医者の手を  返事を書く手は  みんなの手が  警察の手へ  折革包を手に  露子さんの手を  様な手で  膝を攫んだ手の  六十人位の遣ひ手が  樣な手で  靜かに筆を手に  香奩を手  手と手とが  歌を手に  そこでは手を  呉葉の手から  窕子の手から  此方の手には  言つて呉葉の手から  登子の手を  抱て手を  四本も手に  尼の手から  念珠を手  顏をして手を  御手洗で手を  伊藤と手を  伊藤八兵衛と手を  破壊の手は  木陰を手に  集金まで手を  穴も手も  掃除屋の手には  人夫が手を  後ろへ手が  #左の手には  渠の手  蟇口に手を  太夫の手にも  扇を手に  語を手もて  欣弥は手  甲者は聞くより手を  方をぬいで手に  腰かけから手を  表情を具えている手を  兄妹三人は手も  藤吉を手  祖父が手を  誰も手の  平野の手を  エレヴェータア・ボオイに手を  伸子の手を  佃の手に  そうになる手を  心をこめて手を  佃が手や  住居を手に  書生の手に  それらに手を  良心に手を  女達は並んで手を  豊かな手に  佃の執っている手を  側の手に  聖書をもっている手の  佃も手を  節を鳴らす手の  反射させながら手に  糊刷毛を手に  変な手の  科学者の手に  自由主義的心情に手  モダーニズムにぶつかると手も  今それが手が  横光の手に  初歩の手  マルクス等との手を  部分に手を  一番先に手を  口から手の  さまが手に  一茎を切って手に  寿子の手を  腕や手や  諜報者の手から  木村氏が手に  栗山刑事へ手を  陶器を手に  岩絵具に手を  明墨を手に  探偵の手に  探偵は手を  念入りな手から  暗号文を手に  一冊ずつ手に  しずかに手を  われわれに手を  碇の手の  空気銃を手に  英夫君の手で  実力が手に  互ひの手を  荷物から手を  ゑて思はずつないだ手に  金にも手が  晴代は手も  のりの手に  組み合はしてゐる手の  抵抗して暴れながら振りあげる手の  女たちの手の  客人の手を  色眼鏡を手で  秘密工場の手で  金博士の手を  女房が手を  飛脚の手を  人買の手から  鬼が手を  窓を透して手の  労働者自身の手で  人々の手によって  通信が手に  子宮壁には手を  美喜と手を  朝井刑事が手を以て  猛烈に手を  宝物に手を  煙草へ手を  自分でも手を  銀杏がえしへ手を  一同の挙げた手を  職業でさえ手に  武雄さんは手を  姉さんは手に  みんな仕事に手を  わたしには手が  素人の手に  うちに行わなければ手  ボスの手を  救ひ手でも  娘以上に手を  敷居に手を  凡夫の手の  常習の手  一段ごとに手も  指と手の  四人の手が  各人の手が  ツジツマを合せるだけで手の  ヤクザ的ボスの手が  ボスの手が  社長から手を  ボタンをはめるのに手の  言ひながら手を  火鉢を擁して手  神棚に供えて手を  足をあげて手を  船で手を  気を養うに手も  どろんとした手  妖賊の手に  魔神の手が  玉を手に  あたりに手を  内兜に手を  謙作の手に  発明者個人の手に  対象に手を  手を出さなければ手の  一文という手は  オッパイをだして手を  教祖の手  カンタンな手は  丹念に手の  なにも手に  南さんが手を  ところから手を  給料三十両を与えて手を  どこかで手に  彼等労働政治家の手に  腕を捉えてる手は  妖怪化して手に  二枚目に手を  バクチに手を  一人ぢや手が  騒ぎから手を  私一人ぢや手が  君が手を  本部に手が  姉さんの手は  ナイフを手に  氣味惡く手に  木の根へ手を  千分の一に手が  物は手に  ものぐらい手に  高柳君は手の  攪き廻した手を  金は手に  誰も行き手が  慰み半分に手を  無残の手を  事に手が  世話をしてくれ手が  梧桐から手を  雑巾を刺す手を  ひやひやと手を  河童連の手で  専門家の手に  ようにわななく手を  岩形氏が手を  洗面器で手を  結論に手が  岩形氏の手から  実物を手に  毒物を手に  ピストルながら手  函館へ手を  毒薬を手に  一枚ボーイの手に  躊躇して手を  中から現われた手では  資本家の手で  狭山様の手に  貴女の手から  ユートピアで手に  熱海氏の手を  熱海検事の手を  後に手に  コンドルも手を  妻を手に  如何に手も  男爵の手に  藤波弁護士の手に  小生の手に  誰かの手に  ゴンクールの手に  それを取る手  八方に手を  巡査が手を  ハドルスキーの手にかけて  志免課長の手に  着附屋の手に  框に手を  如何に手に  白眼まれたら手も  叔父の手に  警視庁の手が  警視庁の手で  貴方の手から  嬢次様の手に  魂を捉えている手は  上に手と  ノッブに手を  生命を手を  僕等の手で  カルロ・ナイン殿下の手を  国際問題に手を  法体芸人の手に  土人は手に  二三子の手に  筆跡を手に  道具の手の  年が寄って養い手が  卵が手に  歡喜の手を  つて自分自身の手で  住吉屋七兵衛の手に  煙管を手に  火吹竹で吹き起して手  雪子が手を  三木の手を  われらの手に  タヌの手に  みな名残惜しげに手を  虫に手を  ハリスの手で  発動機械には手の  七八人の手で  二人が手を  大将にかかっては手も  ギャングを手  貝の口へ手の  上でなければ手が  ものすらも手にとって  牛肉が手に  草刈る手を  四方に手を  誰れやらの手で  探偵の打った手は  苅谷氏の手に  烏啼は手を  ピストルを持った手を  志万の手を  そいつを手の  霊感には手を  ろしい手に  鉈に手を  ようになって手に  労働者は手に  着物を手にとって  時は手  脇腹を手で  土民づれの手に  両氏の手に  柩に向って手を  これも手を  コルシカ人を手に  自分等が手に  人は手にも  乘り出して手を  ものも手から  針を持つ手も  針を持つ手の  ちかの手を  だまつて仕事の手を  なかから手に  笑つて仕事の手を  牛といえども手も  タヌの手やら  君でも手に  闘牛帽を手に  鼓のしらべが手に  番頭新造の手にも  桐の手  武家で手に  吹き流しにかぶって手に  外記は手を  十吉も手が  渋団扇を手に  菱屋でも手を  五郎三郎の手が  時の手を  おれを手  外へ手を  外記の手を  外記の手は  あなたの手でも  眼をつぶり手を  鱗のいろも手に  女の子なぞには手も  八人の手に  のが手  茶屋に住みついている唄い手  仕掛の手が  肉が手に  クサクて手に  お歴々の手に  のは手に  外よりは手も  剣を撫し手に  源三位頼政の手によ  宮との手によ  猟夫の手に  鹿誰が手に  先平軍の手に  さいしよに手を  そばにいつて手を  自転車から手を  方からは手を  石村が手を  故意と手から  いらいらしながら手を  あひるさんの手を  オノコらは手に  武力以外に手が  大事にと言いながら手を  祖父母の手に  見物するより手が  朝食に手を  児の手が  ほこりの手を  スイッチを手で  外が手に  たまを手で  航空士の手から  無電員の手の  そいつを手に  五万分の一が手に  当時は手に  血だらけの手を  引手に手を  竹杖を拾って手に  通行人の手から  女が手と  次へと手も  報恩の手を  盃を手  男子の手に  父兄の手に  父兄の手によって  わしが手を  法信は手を  夜叉の手に  頭があれば手の  おじいさんの手を  おばあさんの手を  ソロソロと手を  逮捕の手を  彼女と手に  やうだいの手に  方角へ手を  マリイの手を  ステパンの手を  #パンの手の  福音書を手に  靴足袋を手に  運動を以て手を  セルギウスは手  左の手から  院主が手を  云つてセルギウスの手を  セルギウスの手を  パシエンカの差し伸べた手には  持主の手に  パイプは手に  年寄に手を  演り手が  安に手を  清五郎に手を  弓を手に  天秤棒を手に  母親に手を  四ツの手で  四本の手で  途中血だらけの手を  ところへ飛んできたから手にとって  顔と手は  拙者の手には  ユリ子の手を  毛皮で手も  五六人みな銃を手に  ように手も  隊員が手を  大佐の手が  日本人の手によって  飛行隊へ手  首や手の  権兵衛さんの手から  下駄をぬいで手に  東寺真言の手が  滝の手が  老婆は驚いてやろうとした手を  声を聞きながら手に  旅人の手から  平首を手で  人間に手  呆然として手の  総監の手を  ブレーキに手を  マンマと手に  ムチまで手に  男は手も  ポッケットを捜したが手に  ケンカの手を  ノドから手が  左官が手を  散歩させる手が  愛犬家の手に  犬に手を  己れは手  ぱり旦那と手を  箱取出して手に  園の手を  尋常に手を  白刃持つ手に  刀が手には  熱湯に手を  犯人なら手が  犯人でなければ手が  装飾の手が  原稿本を手に  #右の手は  左の手のみにて  何かの手  主任の手へ  生徒に手を  反対側にねじって手だけを  彼女の手と  最期的に手から  舌を出して手を  案内者に手を  グロテスクな手  教会堂で手を  三組も手を  按摩の手に  警官たちの手で  木村さんの手に  舞台監督ジョルジュ・ピトエフの手に  武蔵の手を  勝軍の手を  籠へ手を  急に手の  甲へ手を  乾児たちをかえりみて手を  朱実は手を  針の手も  杉は手を  畑打ちも手に  彼女の手へ  通の手を  陣刀へ手を  沢庵に引かれた手に  沢庵の手へ  笛には手を  笛の手を  箸を持っている手が  通の手へ  閉口しきった手を  方どもの手で  通は手を  皮より手の  下枝に手が  峠から手を  竹柄杓へ手を  金には手が  らつてから手を  文案が手から  タイピストの手を  中の住み手の  本を手にと  西川の手を  十吉などには手を  石炭液化なんかよりずつと手  デスク越しに手を  十吉の手を  ブラウエンベルグ老人と手を  母親の手から  彼女の手で  今しも手  翻訳には手を  原田の手を  最後まで手を  反射的に手を  あなたは手に  ヨシオの手を  小指をつないだ手を  川島と手を  スイッチに手を  川島の手を  父親から手に  絵葉書が手に  ヨシオの手によって  易々とは手  同志の手に  みな私自身の手では  軍服の手  いっしょについてかけながら手を  煙草にも手を  何うやら手が  抽出に手を  良人にも手を  眼をひらき手を  多く私達に生きた手を  使ひ手との  葉にも手が  笠を脱いで手に  歌ひ手に  さんは手  みんなの手を  骨を折って手に  うえに手を  朱実の手の  藤次の手に  脚や手を  骨董屋の手に  槍の手を  胸や手には  口元に手を  宝蔵院衆が手を  武蔵の手に  父の手で  奉行も手を  宝蔵院の手で  木剣を抜いて手に  鳳雛の手を  胴に手を  のを忘れて手に  何が手に  茶碗に手を  イモをさらい込む手は  袖を手に  柴田が手に  此処に手で  チーズを手に  上手扉から手に  あんたの手で  辺に手を  男に対して出しかけた手を  双葉の手から  三平の手から  左腕を掴んでいた手が  労働者農民の手で  追求の手は  責任を問うだけであったら手  これまでに受けた手  柴田の手に  拾ふ手にと  釵捜す手にも  不恰好な手  律義そうな手を  神経質らしい手を  土塗れの手を  若旦那の手へ  若旦那に手を  稲垣は手を  貿易事業に手を  茶盆を取出して置いて手を  土の着いた手で  世帯慣れない手で  御新造さんも手が  曾根が手の  三吉の手に  張物する手を  欄から手の  曾根の手を  直樹が手に  雪の手から  子供を控え手も  書籍を手に  浅間土産を手に  雪の手に  皸の切れた手を  繩を手に  房は手を  夫の手が  隠居の手を  嫁を手  数は増さんけりゃ手が  夏帽子を手に  酸漿提燈を手に  私も手の  ふうにして手を  歩が進まずに手  皺までが手に  他に手に  ガレノス等の手によって  矛盾律のみに手  剃刀の手を  袋を持った手が  千さんの手に  銚子の手を  家主の手から  息せいて手を  いま胸に手を  手袋を取っていた手を  ベルを鳴したり手を  時左の手で  辞典でも手に  子供には手が  印半纏を着て手には  わたしの手には  弟子たちの手に  新聞雑誌社へ手を  ほかには手が  興奮が手に  何者の手に  さよ手に  古語を手に従って  心持で手に  興味も手  パイプを手に  順々に手に  林八を担がせる手に  新劇に手を  眼蓋をあげて思はず手を  度毎に担ぎ手の  おばあさんの手で  煙草を持った手を  馬鹿で手が  咽から手の  白崎の手は  ミネ子の手を  白崎の手を  賛成で手を  七を手に  曹操の手に  孔明一人の手に  目的を手に  演劇学者らの手から  研究にも手を  頭目の手に  調査に手を  掉って手を  揃つて手に手に  總代の手より  標札を書いてゐた手を  レコードが手には  大勢の聴き手を  大勢の聴き手の  めには手を  緑營に手を  迂闊に手を  内儀さんの手を  奉行所でも手を  これは遣り手  韃靼軍の手に  英人の手によ  痙攣を感じ出したらしい手  誰一人慰めて呉れ手の  人数ばかりでは手が  羽衣の手に  沢の手は  女の子の手の  女は抜かせまいとして手を  帆村の手で  天井へ手を  壜を手にとって  蓋に手を  そうに手に  蠅を手にとって  ところから手に  猟銃を借りにゆく手は  母親から手を  八百円を手に  頭が手を  裏へ行って手を  空気は手の  そちらまで手が  長謙さんが手を  製本芸術の手を  白手袋の手を  ひとの手の  愛人の手を  飛行長の手を  シゴイさんの手が  あたしに手を  比較学まで手に  秘密は手に  綱をといて手に  六右衛門さんの手の  三千子の手に  ボーイに手を  死人の手の  水牛仏が手に  青竜刀を手に  博士は手に  椅子に手を  論が手に  景淨の手を  どちらも手に  子供は手から  何と云う手に  衣裳に手を  町役人の手に  会侯の手に  捕方の手に  官軍の手に  二階に手が  建物を手  爺さんの手から  イキナリ清子の手から  馬蠅を手で  具足の手を  肩越しに出て来た手の  双方の手に  武者修行の手が  加藤清正公が手  仕切り越しに手を  小脇差のつかに手を  母子の手と  又八の手が  町人の手へ  太刀のつかへ手を  びへ手を  美少年の手に  炬燵に手を  #彼女の手  手拭で巻いた手を  婆は手を  仏にも手を  研師の手に  陸から眺めていても手に  七名の手から  植田良平は手に  砧の手を  武蔵は手を  武蔵の手から  城太郎は手を  雑掌の手へ  夜陰捕吏の手に  二三人が手に  方の手も  儘の手  剛子の手の  イヴォンヌさんの手を  イヴォンヌさんは手を  非凡な手  稀な手  あたしの手に  キャラコさんが手に  ひとりひとりの手に  キャラコさんの手を  ことがあっても手を  静かに手で  娘からだまって手を  チャーミングさんに手を  腕へ手を  写真さえ手に  新聞記者たちも手も  一生私の手を  廊下などで手を  佐伯氏の手の  兄から手を  茜さんに手を  壇に手を  房の手を  あらわな手を  直樹