「憐れむ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 憐れむ[動詞]
背中にかけられて、憐れむ  周囲には憐れむ  互いを憐れむ  惨めさは憐れむ  彼れは互に憐れむ  智を憐れむ  知らない露子を、憐れむ  祖師様が憐れむ  滑稽さを憐れむ  民ほど憐れむ  他を憐れむ  察すれば、また憐れむ  貧人の憐れむ  形影相抱く如く相憐れむ  人なりとしているけれども、憐れむ  ひそかに憐れむ  つぶやきながら、憐れむ  病友をいつくしみ憐れむ  説教して、憐れむ  ここに最も憐れむ  点より見れば悪むべきにあらず、むしろ憐れむ  花を憐れむ  唯だ憐れむ  おれはその憐れむ  彼を憐れむ  子供を見て、憐れむ  親愛なそして相憐れむ  叔父を憐れむ  小面にくくして、且つ憐れむ  自分を憐れむ  それは憐れむ  矢の如く走ると見れば憐れむ  のか、憐れむ  法律こそ、恐るべきまた憐れむ  人々を憐れむ  者、憐れむ  者、愛し憐れむ  女性を憐れむ  甚しきを憐れむ  人ではなく、憐れむ  知らないものは、憐れむ  ものと言ったが実は寧ろ憐れむ  純良なる、しかしながら憐れむ  世の中なれ、憐れむ  迷信屋を憐れむ  心情は蓋し憐れむ  弟を憐れむ  人間ほど、憐れむ  それを憐れむ  脱けられない憐れむ  ぺいを憐れむ  例によって、憂うるが如く、愛するが如く、憐れむ  ことも、憐れむ  自らを憐れむ  さを、憐れむ  山瀬は憐れむ  非人だ、憐れむ  最後は実に憐れむ  眼が、さも憐れむ  カヨは憐れむ  ゴットフリートは憐れむ  さを憐れむ  様子を、憐れむ  のは、憐れむ  やうな憐れむ  其実状真に憐れむ  ような憐れむ  女を憐れむ  魂をも売りかねない、憐れむ  回復さしてやろうとはせず、ただ愛し憐れむ  姫君を憐れむ  それらの憐れむ  代物だから、この憐れむ  欠如は、憐れむ  一家を憐れむ  乃公は憐れむ  佇立して、憐れむ  為つて、あんな弱い憐れむ  二人は互いに憐れむ  俳諧士は憐れむ  彼等を憐れむ  方よりしみじみと憐れむ  畜類を憐れむ  不運を憐れむ  老人を憐れむ  嗤い憐れむ  仕事の出来ない、憐れむ  わたしは憐れむ  やつだね、とさもさも憐れむ  彼自らを憐れむ  ゆえ、憐れむ  己れを憐れむ  ほどの憐れむ  心根を憐れむ  我自らを憐れむ  我々の憐れむ  お前達を憐れむ  違いないが、憐れむ  真名古は憐れむ  顔を上げると、憐れむ  彼女も憐れむ  僕も憐れむ  ために悲しみ、憐れむ  等のいかに憐れむ  天下を憐れむ  蛞蝓はそう云って憐れむ  知らない禅坊主を憐れむ  角井はいかにも憐れむ  から少しも憐れむ  夫人は真に憐れむ  余は憐れむ  秀子を憐れむ  所は無い、寧ろ憐れむ  罪を忍んだ憐れむ  妻に成ったとは聊か憐れむ  無知を憐れむ  祖母を憐れむ  亀吉を憐れむ  前へまで来たが、憐れむ  東太を憐れむ  盲信を憐れむ  今日まで憐れむ  我等を憐れむ  者を憐れむ  塵を払うと、憐れむ  貧弱な、最も憐れむ  灯に反いて共に憐れむ  優婆塞は憐れむ  相手を憐れむ  まことに憐れむ  それはたとえば、この憐れむ  者ではなく、むしろ世にも憐れむ  私を憐れむ  協力の出来ぬ、憐れむ  反撥を強ひてゐた憐れむ  乘り捨てた憐れむ  われを憐れむ  



前後の言葉をピックアップ
哀れみ  あわれみ  哀れみ  あわれむ  哀れむ  憐れめ  あわれめ  あわれも  あわれん  哀れん


動詞をランダムでピックアップ
拱い驚かし捩れるせき止め漁ろつぶる鳴きとびの仕込める納まっはやらし賑わせあくあきらめるもぐり込んかき分けよ済す戻し亡びる
形容詞をランダムでピックアップ
はかなしはかない恥しくみぐるし待ち遠しかっ四角き狂おしき明けれからき重苦しくほしかろていたく相応し哀しき有難し物騒がしい甘くてれくさ悩まし腹立たしかっ