「愛す」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 愛す[動詞]
塘を愛す  塵を愛す  木蔭、愛す  鬼としては愛す  妹の愛す  母、愛す  文学を愛す  自分を愛す  微妙な愛す  古来、愛す  玩具を愛す  私は愛す  一つの愛す  もののみが愛す  らこれを愛す  今よりも愛す  神を愛す  己の如く愛す  山岳を愛す  者を愛す  私の愛す  女性を愛す  両親を愛す  私は実に愛す  それはずいぶん愛す  私はこの愛す  これがまた愛す  ところいかにも愛す  風情を愛す  たくさんの愛す  生きることが愛す  ように、愛す  国を愛す  ものには実に面白く愛す  平和を愛す  後者の猶愛す  真実を愛す  童心に満ち、愛す  われは愛す  何とは無しに愛す  萬物を愛す  男女を愛す  時と少しも違わない、愛す  非常に愛す  コスモは愛す  ときはまだ幾分愛す  大義名分を愛す  悪人であるが、真に愛す  之を愛す  大に愛す  恋の愛す  のではなくて、愛すから愛す  童児これを愛す  渡航せんとするこの愛す  最初に答えたこの愛す  人生を愛す  子供を愛す  さ、愛す  女を愛す  子を愛す  とき、愛す  多分デニー博士の愛す  日本の愛す  爾を愛す  隣を愛す  人々の愛す  彼が愛す  彼をより深く愛す  ことを愛す  妻を愛す  胸に来る愛す  一、愛す  平静だが、愛す  さを愛す  お人好しの愛す  君を愛す  味を愛す  思つたが、愛す  梅花を唯愛す  隣人を愛す  若者らしく愛す  記代子を愛す  花を愛す  彼女を愛す  不幸を愛す  洵に愛す  自分はこの間にあって愛す  僕は愛す  水を愛す  酒も能う飲まず、愛す  女子を愛す  狂態にも愛す  平穏を愛す  武臣銭を愛す  心が愛す  菜を愛す  質朴な、愛す  者にも愛す  心は愛す  情を愛す  山中ほど愛す  そこには愛す  容貌によって愛す  ものをこの上なく愛す  与次郎は愛す  向後もこの愛す  赤色を愛す  從來美しく、愛す  俺は愛す  手品を愛す  人物は実に愛す  彼らを愛す  これは愛す  正義を愛す  あたり閑靜頗る愛す  女房を愛す  何かを愛す  詩人を愛す  兵隊として愛す  ために愛す  宮様の愛す  良識は、実にいじらしく愛す  ところを愛す  のを、その最も愛す  こともあったが、その愛す  一人の愛す  一途に、愛す  私にとっても愛す  案内たちは、誠に愛す  君の愛す  愛人を想う、愛す  形式で生き、愛す  彼女こそは愛す  一は愛す  男子が、愛す  富貴なるを愛す  彼の愛す  稚気を愛す  清楚甚だ愛す  学問を愛す  我をば愛す  言はば、愛す  のか、愛す  やり方が、ただ愛す  やり方は全く愛す  子供っぽい愛す  集成体が、果してやはり愛す  人間の愛す  謙遜に愛す  誓で、愛す愛す  気持を、愛す  多くのとうとぶべく、敬すべく、愛す  物、愛す  うからこそ愛す  私はいつも愛されるより愛す  晩、この愛す  声、愛す  如く美にして愛す  遅速を愛す  それを創り愛す  詩を愛す  多くの尊むべく敬すべく愛す  只一人の愛す  郷愁的色調を愛す  我儕は愛す  意味の、愛す  矢張りお前を愛す  笑ふ、愛す  藤木さんなどは愛す  父を愛す  自分ばかり愛す  の子を愛す  者は、なおかつ愛す  わが愛す  彼には愛す  骨董を愛す  玉の如く、愛す  ことを学び、愛す  十二倍もする愛す  島が生んだ愛す  我汝を愛す  まことに愛す  文章をそっくり真似て借りているなどという愛す  美男子を愛す  てゐないんで、愛す  汝を愛す  キでもなく、最も愛す  外に愛す  彼を愛す  倶に愛す  意欲は愛す  吾等の愛す  存在が愛す  一人は、愛す  種族が、愛す  嗚呼、愛す  世間には往々、この愛す  のは、この愛す  街道から、この愛す  努力全体を愛す  ものが、愛す  神様を愛す  宝石を愛す  久米の愛す  ある人生の愛す  婦人達は愛す  クリストフはもう愛す  隣の部屋から洩れてくる愛す  更らに愛す  のは、実にこの愛す  びっくりするほど愛す  だんだん子供を愛す  彼は愛す  もの、愛す  滑稽なまた愛す  会話の愛す  集つて来る愛す  俗気のない愛す  歓びで愛す  妻は愛す  中には愛す  うちに、その愛す  すべてそれらの愛す  フランス民衆を愛す  南画を愛す  無邪気で愛す  真面目なるを愛す  生命をかけた愛す  生活を愛す  穏やかに愛す  空想を追っかけてる、愛す  他に愛す  気分も愛す  光を愛す  ところの愛す  怪物が、愛す  孤独を愛す  ものや愛す  夫を愛す  我文学を愛す  気色をみせているが、しょせんは愛す  一個の愛す  スリルを愛す  彼らの愛す  思想を求め、愛す  ような愛す  人は愛す  人を愛す  信ちやんを愛す  これらの愛す  特殊な愛す  道徳は全く愛す  勇兄さんから、何と愛す  我に愛す  ものなどは実に愛す  文学とを愛す  青年を愛す  慶次を愛す  文学の、若く、愛す  魚を愛す  豕を愛す  楽しいものを愛す  愛読者の愛す  意気もはなはだ愛す  夜に愛す  従順な愛す  時雄はこの愛す  吾を愛す  両方を愛す  殆ど世間知らずに近い愛す  お前の愛す  少将を愛す  ラヴィニアまで愛す  正道を愛す  落日を愛す  真実を愛し、愛す  ものを愛す  人性を愛す  自主的精神を愛す  ゆえ、愛す  俺を愛す  秘密を愛す  悪徳を愛す  魅力を愛す  毒蛾を愛す  芸術を愛す  人は悲しくまた愉しく、そして愛す  寺院建築を愛す  村を愛す  約束を愛す  其を深く深く愛せば愛す  若さを愛す  ほんとうに、愛す  さこそ、愚かしい、しかし愛す  一休は愛す  ように乗り切って来る愛す  から、この愛す  訓えも、愛す  美徳や愛す  生の愛す  この世において最も愛す  犬を飼って愛す  典雅なようすをした、愛す  風景を愛す  瞬間を愛す  一種の愛す  さうな、愛す  母の愛す  汝等を愛す  生命を愛す  裡には愛す  何を愛す  私はおまへを愛す  宗助は愛す  簡単を愛す  乙女の愛す  匂はしく愛す  だしも愛す  人々は愛す  意識に立って、愛す  基督教徒や愛す  我性尤も侠骨を愛す  自由とを愛す  楽しいことを愛す  人間を愛す  私を愛す  徹頭徹尾、愛す  為だけにでも愛す  どこか、愛す  位、愛す  結局他人を愛す  自らを愛す  外貌を愛す  句を愛す  性質は愛す  対象を愛す  人間とは、何と愛す  後進を愛す  洒々落々として愛す  所は無い、寧ろ憐れむ可く愛す  ような、愛す  生命の愛す  當に愛す  生を愛す  親類の愛す  美、愛す  あなたを愛す  真個に愛す  挙措、愛す  胸に活きて、親しむべく愛す  此の方を愛す  そこには、愛す  尊厳を敬い愛す  想像ですよ。本当にこうだとは申しませんが、こうならなんとなく愛す  人と変わった愛す  人間にある愛す  目を細めながら、この愛す  のは愛す  敵をも愛す  声で呼びかけたので、愛す  意氣は愛す  動植器物の愛す  男女が本当に愛す  木材を愛す  從ひて愛す  眞に愛す  風光を愛す  秘密な愛す  物よりも愛す  犬という愛す  はるかに愛す  下に愛す  浮世絵を愛す  色彩、愛す  御身には愛す  一賤民の愛す  観察して、愛す  作品を愛す  女の悲しく愛す  彼らもこの愛す  近くに愛す  ツレブラを愛す  真先に進みたいという愛す  それが愛す  私には最も愛す  窓近くこの愛す  人々にとって、愛す  目黒のさんまという愛す  姿はなかなか愛す  それを愛す  調和を愛す  敵を愛す  まじさを愛す  私のこのなかなかに愛す  杉は愛す  素朴な、愛す  わたしたちの愛す  支那文学中最も愛す  ユーモアを愛す  女は愛す  氏には愛す  これは誠に愛す  名は愛す  親友を愛す  脂粉も愛す  定員五十人などと愛す  己の愛す  私はどんなに愛す  やうな愛す  私が愛す  視角から必ず愛す  其生がたとひ愛す  吹流しの、愛す  一群を眺め、愛す  露西亜人を愛す  トラック運転手と、愛す  酒を愛す  棋を愛す  寂巖を愛す  所信を愛す  マルクスの最も愛す  僕を愛す  なかには、愛す  



前後の言葉をピックアップ
愛情  愛嬢  合印  愛人  アイス  アイスウォータ  アイスキャンデイ  アイスキャンデー  アイスキュロス  アイスクリイム


動詞をランダムでピックアップ
育くむ落魄れすりまぜ請する気に入りあえるありがたがしわらはなじろん盛り上がら強いつっこめふちど動きだししりぞけいいたてる分りゃ立ちあがろ咲き匂うさげよ
形容詞をランダムでピックアップ
こいしい貴いくやしもろき悪しかれ面映ゆい青かっちょろう勇ましいずるく著い黒くっ薄う緩く畏れ多かろ空しゅう際ど怨めしかっつれなかっ正しから