「恵み」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 恵み[動詞]
費用を多少なりともお恵み  力を御恵み  ものの恵み  逢瀬を恵み  植物に恵み  杉原先生を恵み  愛とを御恵み  歓喜を恵み  耳語を恵み  試練、み恵み  お前にお恵み  米でも恵み  旅費まで恵み  私はそれほど、恵み  彼等に恵み  者をお恵み  人を恵み  神様の恵み  時にお恵み  永久に恵み  白山様がお恵み  みんな親分の恵み  景品を恵み  我らに恵み  わたしたちをお恵み  天の恵み  一椀を恵み  我々にもお恵み  我々を恵み  馬鹿に恵み  食物を恵み  世に恵み  人類を恵み  女王を恵み  外物に恵み  

名詞

恵み[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
恵みが願いたい  恵みを願いたい  恵みをする  恵みを乞うた  恵みの光り  恵みに違いありません  恵みの関係する  恵みを下して  恵みをいただく  恵みの下に眠るが  恵みをほめました  恵みのごとく悦んで読みます  恵みと感謝いたしました  恵みの教えを受くる  恵みと選み  恵みを感謝をもって受け取ります  恵みと感じた  恵みと同胞の愛とに依  恵みのゆたかにあなたを包む  恵みと思っています  恵みに向かって高められつつ  恵みに向かって高められて来つつあるからです  恵みを受けて  恵みを礼讃し  恵みを垂れ  恵みとしてそれを空しくしてはならない  恵みに叛いて  恵みを与え給え  恵みを御用立てる  恵み深い神さまが私の心の力を囘復して下された  恵みに浴する  恵みが減じる  恵みの音ずれあり  恵みなすって下さい  恵みを頂き  恵みが乏しい代わりに自然の暴威のゆるやかな国では自然を制御しようとする  恵みを大切に感じて  恵みに対する深い感謝が籠められてゐる  恵みに感じつ  恵みにあるから  恵みと幸せとを与えたまえ  恵みを強請った  恵みだと思ひます  恵みを引寄せようとすれば  恵みを垂れたまう  恵み深い日の目にあっても開き  恵みと美との自然の大慈悲心に融合するに至り  恵みがありあまる  恵みに与りたい  恵みの暴雨が降り始めて  恵みをもとめた  恵みの緑葉を霜に誇るに比べては  恵みを願っている  恵みの下で伸び伸びと暮いておりまする  恵み多い光りの  恵みの温気によみがえった  恵みを受けている  恵みを祝福している  恵みに生きながら  恵みを垂れるという  恵みか奇蹟というものであろうと思う  恵みにたよるという  恵みにあづかる  恵みというものは忘れる  恵みの雨が降り出して  恵みに浴して来る  恵みを以て報いないという  恵みにあずかろうとして  恵みに逢うて  恵みの庭に成長し  恵みに浴するとはいえ  恵みに浴し  恵みを垂れずとも  恵みをお垂れ下さいまし  恵みを垂れたまうや  恵みをもたらす  恵みを乞う  恵みを受けると受けないとによって  恵みを本当に身に受けた  恵みを受けた  恵み深く響き始める  恵みに与る  恵みのもとに芽を吹き出す  恵みにすがらなければいけない  恵みなしには何事もできはしない  恵みを望まなければいけない  恵みを一人で享けとっているかの  恵み深い生き  恵みを与えていた  恵みにあずかって居ると思った  恵みを垂れて居た  恵みに心動かされる  恵みがふたたび来る  恵みが願いたいんでげして  恵み薄い金持ちの身分で芸術家になるには  恵みになります  恵みに浴しようとする  恵みを受くべき  恵みを感謝した  恵みにさえ与れない  恵みに感謝せねばならぬ  恵みを分かつ  恵みに富んだ  恵みの光に浴する  恵み深い光で照らしてくださいまし  恵みを落す  恵みということを考えて  恵みを感謝し  恵みあふるる湯のけ  恵みを受け  恵みが作らせる  恵みがその際に一番温く現れるからである  恵みに浴して  恵みを享けて年一年とわずかずつにせよ  恵みをよろこぶ  恵みを感謝すると共に  恵みによりて  恵みを充分に享楽せしめよ  恵みは確かに二倍するだろう  恵みを得るとは  恵みを受ける  恵みをお与え下さる  恵みの分け前にあやかる  恵みをわかつべきでない  恵みを疎にして  恵みをうけて  恵みに力えて  恵みをお願い申す  恵みしものある  恵みでもあった  恵みをたれて  恵みがお前の上にある  恵みに他なりませんて  恵みがありまする  恵みを記録している  恵みは失われておりません  恵みは多く降り注がれている  恵みがこめられていて  恵みの雨水というものもある  恵みに他ならぬ  恵みを享けてゐない  恵みを当てにして暮す  恵みを犠牲とし  恵み深い光と熱とを注いでいた  恵みに救われる  恵みを得ていないから  恵みと喜んでいるし  恵みをいただいた  恵みにあって  恵みを悦ぶ  恵みにあずかりたいと  恵みをも受ける  

~ 恵み[名詞]1
天降つて来るかの恵みに  神に恵みを  神の恵みが  神の恵みの  最深の恵み  神の恵みを  神様の恵みと  愛と恵みの  天来の恵みと  あなたの恵みを  神様の恵み  光をも恵みと  神の恵みと  神様の恵みの  それを恵みと  心がある恵みに  奇蹟的の恵み  づと神の恵みを  時代の恵みとして  自然の恵み  余にかかる恵みの  自然の恵みが  水の恵みを  用意して置かれる恵みの  もろもろの恵みに対する  調子で恵みを  水の恵みは  静かな恵み  伊勢八幡の恵み  一飯の恵みに  二人に恵みを  前にうずくまって恵みを  時代の恵みに  時代の恵みを  さの恵み  心根の恵みという  春の恵みを  何よりもの恵み  山の恵みに  天の恵みか  投薬の恵みに  今夜にでも恵みの  親の恵みを以て  春の恵みに  直接日光の恵みに  天の恵み  内外交通開発の恵みを  一銭の恵みを  下僕に恵みを  キリストまで引張り出して恵みを  他人の恵みに  何かの恵みを  太陽の恵みの  神の恵み  自然の恵みを  恣な恵み  美が恵みが  人に恵みを  神の恵みに  運命の恵み  自分のみが味わう恵み  文化の恵みに  自由を許さるるの恵みを  天然から受ける恵みにさえ  平和の恵みを  文明の恵みの  ものに対して恵み  自然の恵みは  山川の恵みを  ぶんの恵み  神火の恵み  春嶽公の恵みを  天与の恵み  天然の恵みが  統制経済の恵みに  天から恵みを  天の恵みを  天地の恵みを  愛の恵みは  二倍の恵みを  穏やかで恵み  ような恵み  終には恵みを  受くべきでない恵み  私は恵みの  始め神の恵みを  身にはあらねども恵みを  君が恵みに  天の恵みでも  吾われ人間に恵みを  神の恵みは  天国の恵みが  国にも恵みは  方に恵みは  一つの恵み  特別な恵みが  天の恵みの  幻色の恵みに  慈雨の恵みを  自然の恵みの  自由の恵みを  さき神の恵みに  時間太陽の恵みを  天の恵みと  法の恵みに  月光の恵みを  何人の恵みをも  

~ 恵み[名詞]2
いつも恵み  その恵み  深き恵み  再び恵み  深い恵み  ない恵み  大きな恵み  ある恵み  

複合名詞
恵み下し  恵み金  恵み讃  



前後の言葉をピックアップ
めぐまれる  恵まれる  めぐまれれ  めぐみ      恵み  芽ぐみ  芽ぐむ  


動詞をランダムでピックアップ
はにかむ敲い通り掛ら香り直りたどりつけかきとめ相まつひきのばしみえる買い切っ出そろう寝過したけり言付かっはずれついばん擦り込むもりあげる因ろ
形容詞をランダムでピックアップ
少けれ気むずかしかっのろわしい精しすごいやむを得なかっおもう尊かっあぶなけれ面白くっ疎ましく気むずかしく清々しくおもたい長かろ奥深恥しくっ疎ましき心苦しゅう