「怪」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 怪[形容詞]
醜怪  よわよわしい怪  皆怪  こと怪  さして怪  から怪  ッ怪  別に怪  唯怪  古怪  太く怪  後に怪  幽怪  冷たき怪  且つ怪  頗る怪  ぴとにも怪  変怪  霊怪  醜女怪  半ば怪  等しい怪  すこぶる怪  必ずしも怪  多少怪  なんら怪  玄怪  暗怪  憎らしい怪  

~ 怪[形容詞]
敢て怪  白気の怪  何人も怪  人にも怪  賤を怪  ことを怪  品行を怪  大に怪  灰色の怪  神官は怪  のを怪  物ノ怪  私が怪  老婢が怪  人に怪  はじめは怪  衆が怪  巡査が怪  女を怪  猟師之を怪  捷径を怪  ピラートが怪  自分は怪  身みずからを怪  驚きも怪  誰も怪  筆つきを怪  一の怪  何も怪  却って其様子を怪  声を怪  我ながら怪  

[形容詞]
怪さ  怪気  怪み  怪な触手  怪電波  怪み衆  怪な地獄  怪ん  怪みて人  怪な楽  怪なもの  怪な素振り  怪中国  怪自動車  怪ぶま  怪の  怪以外  怪みながら自分  怪シムベキハ  怪みて臼井  怪んで老人  怪な寒山拾得  怪無残  怪みたい  怪な賤民  怪みつぶやき  怪事  怪記号  怪俄  怪な傳  怪な伝説  怪な屋敷  怪みたっぷり  怪な蜘蛛  怪な光景  怪んで窃  怪んで目  怪み問  怪な動物  怪至極  怪なから  怪ステ  怪方  怪運動  怪な自分  怪博士  怪そう  怪放送  怪な魔女  怪みて身辺  怪みて打  怪神秘  怪極悪  怪な存在  怪な青年  怪な言葉  怪なひとつ  怪なフランケンシュタイン  怪けもの  怪老人  怪な意匠  怪な音響  怪みて凝視  怪凄絶  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
怪を好む  怪を極めたり  怪なる寒山拾得は薄暮の山巒をさまよつてゐる  怪を加えて  怪な触手のようなものが幾本となく坊主あたまをさすっている  怪を知らずして  怪な形をしていて  怪となし  怪しからず嫌味で下品なことになってしまう  怪むべきには  怪な感じのする  怪に嗄れた呟きが  怪み訝る  怪な円屋根形の頭をもった  怪な響きがあった  怪なものだといふ  怪を聞かうともせず  怪ものめいた  怪を感じながら  怪まれる  怪なる肖像を巻頭に掲げるは  怪をなす  怪を口走る  怪なことが始まりましてね  怪な魚の形を想像するにたえなかった  怪な相が現れていた  怪を想像させた  怪の樣に意識の中に戲れて  怪むべきの  怪むことだろう  怪訝しいと思って  怪に気付くほど  怪だと医者は舌打したので  怪んで今も真前に目を着けたが  怪んでそれとはなく尋ねた  怪な容貌だとは思われたくない  怪と見  怪まずにいる  怪の歯が引啣えていたと言おう  怪を調べる  怪しからぬ関係になったという  怪むべきのみ  怪を語った  怪なものがじかに肌に触れた  怪けものが出た  怪まなくなった  怪み惑うた  怪な顔つきをしてゐた  怪な人相をしてゐた  怪しからず霧が掛つて方角が分らねえ  怪と争った  怪な事をいうと思いながら  怪んで居ると  怪訝しがった  怪ったいな臭がしとる  怪な瘢痕を残す  怪な容貌となってしまった  怪を語れば  怪を繰返して  怪なる夜陰の汽笛が耳をゑぐつて間ぢかに聞えた  怪を思ひ出させる  怪の感じが出ている  怪訝らせる  怪の踊りと見えた  怪を説いた  怪な悪相をしていたからと云って  怪しからずものものしげに見えたれば  怪なる多数党派の毒泉に涜がされて  怪なる人物をして  怪な賤民たちにすぎなかった  怪のように更に遠く辿って行くだろう  怪なる多數黨派の毒泉に涜がされて  怪にして  怪と名づく  怪は世間の人の妖怪とせざる  怪と真怪とは真実の妖怪とする  怪と名づくる  怪の原因と見て  怪に至りては  怪と判然分かつ  怪の一種に加うる  怪と申す  怪のたくさん加わりおるに  怪のほかに誤  怪につきては  怪の一例に箱根の天狗談を述べたいと思う  怪が多いように思う  怪あれば必ず己に命じて  怪というべき  怪の話があるも  怪であると心得て  怪の一端を述べて  怪と称して  怪とする  怪の存するは疑う  怪なることが分かる  怪の有無を問わるるに対し  怪なりといいて答えておる  怪に比すれば  怪というならば  怪のごとくに信ずるは  怪なる事無類なり  怪しからぬ気分になる  怪の顔つきを見定めてやらうと  怪と苦痛とを描いているだろう  怪しからず恐悦している  怪な伝説をたくさんに知っていた  怪なことを云い触らす  怪んで文三が尋ぬれば  怪な顔をした  怪しからず身に染みる  怪に依りて  怪な屋敷の名が女どもの魂をおびえさせて  怪飛んで遁げて来る  怪まずとは行くまい  怪を聴く  怪な蜘蛛類にかこまれながら  怪に似て  怪しからぬ事を仰有る  怪の男は早くも自分の座って居た  怪な姿を曝し  怪飛んでその夜は帰った  怪な姑娘の物語が今もやはり繰返されている  怪を信じている  怪しかりけん  怪がある  怪をきはめた  怪んで附近の状況を調べてみると  怪にも悪魔にも見える  怪まない訣には行かなかった  怪の吹出物に見舞われたら  怪だと叫び出すかもしれない  怪むべきでないかも知れぬ  怪とするにも  怪なる蝦蟇法師と正反対して  怪むことを須ゐない  怪しからず麗しき幻の花輪の中に愛矯を湛えたる  怪の話をする  怪が必ず潜んでいる  怪に属する  怪まずんばあらず  怪やしい  怪な心地でその辺の様子を眺めてゐると  怪な自分の顔を触らずに済んだ  怪しからぬ庇い立てを召さる  怪全く絶えたという  怪を呼んだ  怪をなすという  怪をえん  怪を為す  怪しかる飲んだくれで  怪を見て  怪を感じた  怪を考へた  怪と信じる  怪はますます怪となりて  怪とも思はなかつた  怪にぶつ  怪な伝説を包んでいる  怪まざるを得ず  怪につままれている  怪な形をした  怪な姿を見せていた  怪なる顔の男に呼びかけた  怪訝しいと言うので  怪しかるとは自分でも思っていなかったが  怪な姿のものかもしれない  怪におどろき  怪しかる名前の上の三千円を払いしなりき  怪な魔女ということにして置いた  怪を行う  怪の感を与えるのみだ  怪み玉はむ  怪なフランケンシュタインがおり  怪な図に過ぎなかった  怪の妖鬼たちに接して  怪まずにはいられない  怪みたるよりも猶お切に彼の死骸を思う  怪とも思わず唯だ余が大に怪しと思いたるは  怪と思わねば  怪むべき  怪な姿をしている  怪と云い  怪におびやかされた  怪であるかは誰にも判らなかった  怪まなければならない  怪まざりし家の者共なれば  怪な憎しみに対して私へ寄せるいたわりの  怪に笑って  怪と呼ぶ  怪のものが突拍子もないひと躍り  怪な意匠に横行されては  怪のなす  怪み誰何せば  怪んで訊ねると  怪み訝るを要せぬ  怪なものであることを始めて知った  怪を実務的に説明する  

~ 怪[名詞]1
アトランティス生物の怪を  神代杉となって怪  敢て怪  それを怪  これは怪  祖母さまの怪も  跳るかと怪  謹直者を怪  われに怪を  梨の木の怪を  ことが出来るだろうと怪  星雲の怪を  海の怪の  顔をしているかと怪  山中の怪は  河川の怪は  時から怪んで  いかんを怪んで  右足湖畔の怪を  青年と怪  むるを怪  いふを怪  内へ怪け  のを怪  擧家これを怪  天文暦日の怪と  それが怪  上に落ちかかろうとする怪  八の怪  何だらうと怪んで  遁世を怪  佐渡は怪  此は怪  灰色の怪の  怪を語れば怪  提灯の怪を  部屋で怪しか  人外の怪  鰻の怪を  まひが怪  何かの怪の  これを誤怪の  ほかに誤怪の  話は誤怪と  狐狸の誤怪に  家に怪  一例のごときは誤怪と  釜鳴りの怪の  その他は誤怪に  マヽヨと怪  ッているを怪んで  覘う曲者かと怪  寛なるを怪  事情を怪  鷺の怪の  鷺の怪に  中まで茂り込んでいるかと怪  これを怪  名づくる怪  人馴れて怪  鬼魅の怪を  貯へて置くかと怪  怪に似て怪では  一の怪  是も怪  如何だろう怪の  のかと怪  雪女の怪を  ざるを怪  人目には怪  赤シャグマ等の怪が  それがなくなったなどと怪  ところが怪  種々の怪を  神経を怪  夕べは怪  妖でもなければ怪でも  狐の怪  蛇の怪が  ことは怪  何等かの怪が  音の怪に  者を怪  人をして怪  読経して怪  隅に置くと怪を  鶏と怪を  怪を見て怪と  考定して怪  之を怪  大に怪  狸の怪に  鸚鵡石の怪に  やうな怪の  素いて怪を  頭を怪  目科を怪  之を怪と  のは怪  客室の怪を  何の怪  自分を怪  胞衣かと怪  狐千年を経れば怪を  それは怪  どちらが怪  何の怪の  何者ぞと怪  それを怪んで  人も怪  吹雪に怪  一人の怪  鐘声の怪を  

~ 怪[名詞]2
醜怪  其の怪  幽怪  ちょっと怪  ちっとも怪  その怪  少々怪  実に怪  頗る怪  ますます怪  ついに怪  別に怪  暗怪  この怪  こんな怪  別段怪  

複合名詞
恋魔怪曲  怪譚  怪譚小説  怪むだ  休怪荒村  怪む  怪蛇  怪む可  怪気  遺跡荒涼何足怪  ところ奇石怪巌  怪像  怪鳥  怪青年  怪恩  行長等怪  怪潜水艦  怪物見ゆ  怪行動  怪敵  怪生物  怪潜水艇  怪艇  怪潜水艇鉄水母  ぎいぎいと怪音  怪艇鉄水母  怪星  怪生物族  怪音  怪得殘雲挾二  怪塔王  怪事件  怪塔  昨日怪塔王  一歩一歩怪塔  人間ぎらいの怪塔王  怪事  ぱんぱんと怪塔王  怪塔ロケット  一たい怪塔王  怪ロケット機  怪塔王征伐  怪電波  のち怪塔  一体怪塔王  怪塔王一人  とき怪塔  怪塔征伐  インチキ怪塔王め  いま怪塔  怪マスク  とき怪塔王  主人怪塔王  いま怪塔王  怪塔追跡  かぎり怪塔ロケット  こっち怪塔ロケット  いま怪塔ロケット  怪塔占領  おのれ怪塔王  八つざきにしてもあきたりないあの怪塔王  怪塔中  怪塔王一味  怪塔ロケット基地  怪塔ロケット一台  おい怪塔王  怪塔王たち  時怪塔王  怪塔ロケット内  怪塔内  怪飛行隊  怪塔王軍  怪塔ロケット隊  怪塔王秘蔵  怪塔王どの  怪塔王あて  さっき怪塔王  怪博士  怪塔王みたい  とき怪塔ロケット  一時怪塔ロケット  怪説絹布団  怪むに足らず  事情ヨリ推察スルニ怪施設ハ  怪速力  怪むべ  怪庵加藤氏  霊怪  怪速度  怪獸  志怪  怪気焔  水怪  怪屍体  怪峰二  怪物見ゆ眼  怪美童  怪体  天怪  怪手腕  奇岩怪石  怪げんそう  怪む雲  奇巌怪石  怪狼  怪悲劇市内大森区山王  怪絶  怪魚  怪信号  怪兵団  怪電気  怪艦  奇絶怪絶  怪雄  怪舌  怪むもの  此度麦倉屋敷ニ怪事有  怪剣  怪武器  奇巌怪石岸ニ聳チ  怪船  怪賊  怪まれ  没怪  変怪  怪士  怪神  奇ッ怪千万  怪貌  怪ロケット  怪時計  怪動物  奇巌怪壁  怪巌  奇ッ怪  怪事件発生  怪人怪語  怪夢  怪げん  一怪雄  怪兵二十八人  怪むが  怪まれそう  怪影  怪魚たち  怪山  怪む気勢  怪む氣勢  怪一  怪語  怪老人  一怪  怪風  楚忽之儀人怪  怪焔  怪紳士  このごろこれら魔性怪性  迫つた奇岩怪石  怪料理  怪禽  怪工  隠居奇ッ怪千万  怪煙  怪賊烏  怪賊烏啼  怪賊烏啼天  怪魅  怪失踪事件  奇石怪岩  怪弁  怪理論  奇説怪説  怪生  紳士怪げん  怪めど  怪め  怪外人  怪貨物船  いま怪船  とき怪船  怪球  怪むのみと  女房怪  怪む者  怪青年矢部  怪女  怪博士楊羽  怪形  怪ぶま  邪怪  怪事事務長  怪婦人  怪男子  怪青年記者  怪中学生医学博士  怪少年  怪侠盗  怪僧  奇ッ怪フシギ  怪現象  怪美人  怪自動車  怪少年呉井嬢次  怪味  怪賊烏啼天狗  怪話  女怪  平生鬼怪  怪ホーキ星  千怪万状  狐狸怪  驚き怪む  恬不レ知レ怪  怪映画  怪殺人事件  怪魔  怪魔蠅男  怪巨人  怪しな事  怪竜  怪筆  怪むものがない  怪飛行機  怪飛行機追跡中  怪爆発事件  怪者  泣音怪む  半人半怪  怪足  怪賊痣蟹  不可視怪戦車  怪犯人  れい星怪雲殿  奇ッ怪事  怪巨船  怪船探検  怪探偵  怪態  怪庵  怪庵口  奇岩怪石型  并び立て怪む  怪ましめたる  怪むなかれ是  怪む所  怪雲  此醜怪事  珍怪事  此珍怪事  虚怪  怪石  みな怪  怪霧  怪像スフィンクス  奇岩怪礁  波怪來岸上人聲寂  怪軍  リテ怪シマズ  怪猫  怪性  怪美  怪武士  怪事件突発  怪中国人  怪記号  怪ジャンク  怪東洋人  怪軍艦  怪フイリッピン人カラモ  怪フイリッピン人  怪無電  怪活躍ぶり  怪線  怪長広舌  怪術無双  怪傷害事件  怪金属事件  怪金属  怪魔金属  怪魔の  怪候  怪翼  怪鬼ミミ族  怪魔ミミ族  怪鬼  上田氏怪気焔  怪放送者  神怪  雷峰怪蹟  怪ソ連人  怪振動  怪殿  ぱしるだから怪体  大我怪  怪挙動  怪むまい  怪むや  夜道怪  三十六怪選  怪業  怪行者  怪むべくも  怪路  すべてこれ奇巖怪石  奇巖怪石  怪汽船  怪電  かに怪性  怪技  只管怪美人  アノ怪美人  一度怪美人  余自ら怪美人  怪美人秀子  怪美人松谷秀子  怪美人め  怪痴  怪げ  益怪げ  荒怪  怪むやら  怪霊  怪魚伝説  怪詭  怪足力  怪みつ  怪おやじ  奇ッ怪超自然  怪賊五寸釘寅吉  一怪事  怪術  怪屈原文  怪紳士ひとり  怪誕妄説  怪賊団  怪球ども  怪牛  奇樹怪石後園  怪小児群  怪害  馬怪ネック  馬怪ルー・ドラペー  怪ッ態  怪社長  女怪メズサ  女怪ども  二女怪  醜女怪  醜女怪説  三怪  客怪  怪鐘  奇岩怪石筆状  むる怪風習  住民怪  怪鼠  奇険怪  怪鼠病  怪むものも  怪む風情  険怪  一大怪事現出  なんぴとにてもこの怪声  怪声  怪事これ  なんぴとにてもその怪声  一大怪事  怪事研究  怪事なかりき  怪月  怪馬尾藻  怪事続出  怪窟  怪幻  怪俄人  怪虫  怪生活  怪事件解決  怪園  怪邸宅  怪ニュース  怪実験  怪博士辻川聖弦  怪博士邸内  怪かし  怪博士邸  怪ドクトル  怪洋杖  怪邸  国際的怪事件  怪汽船ゼムリヤ号  怪船ゼムリヤ号  ぎいっと怪音  怪放送  怪思想  怪むよう  怪船黒竜丸  怪車輌  怪象  怪禽昼  巨岩怪岩  怪トラック  怪電話  怪機  奇岩怪峰  怪しなこと  怪む判事警察官  怪む如く  怪むに  怪馬  玄怪  志怪気分  兎怪  怪比丘尼  魚怪  山妖水怪  怪むの  怪少女  怪機械人間  怪教馬霊教  怪シカラン  怪盜  怪不可思議  寄怪  怪剣士  怪山伏  怪山伏泰雲  怪剣士小机源八郎  怪巷賊五郎助七三郎  怪旋風  女怪退治  怪星怪光  怪星ガン  怪艇長  みんな怪星ガン  とおり怪星ガン  怪星ガン人  怪花  怪寄  此奴怪  怪しな話  すべて怪体  多岐怪曲  怪無電以外  怪煙万丈  怪魔焔  怪婦人ザチ  怪僧天知君  つた怪猫  怪犬  三女怪  怪屋敷  怪囚人  老女怪  怪むものもあり  怪賊烏啼め  怪少年出没  怪少年少女  けしからん怪少年  怪少年め  怪外人ジョン  怪詭稀有  怪むところも  怪霊雑記  怪科学者  怪科学者速水輪太郎  怪児絹坊  怪児  怪賊アルセーヌ・ルパン  怪兇  怪画  怪行為  



前後の言葉をピックアップ
甲斐甲斐し  回忌  甲斐  買い  甲斐守    甲斐性  買いかぶり  書い  下位


動詞をランダムでピックアップ
調子づい引き去る売り出そ憩っちまうまるめ込んはんずれ話し掛けよ伏し沈む推し進めよおっしゃるすいこん飛びつく参じるたおせる振りかぶふりはらっかんがえこみみすごしおこたり
形容詞をランダムでピックアップ
さく労しくちおしいすぅ厚き深かっさむい羨ましから気疎く良くっかんばしきまぢかしきよいこしひろい捗々しいちかしくとてつもないぬるけれ