「思は」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 思は[動詞]
精神を思は  救はれてゐると思は  業と思は  のに思は  不足してゐると思は  ものと思は  ことだと思は  吉は思は  愉快に思は  気がして、思は  久保は思は  つて手を拱いて、思は  足が立つと、思は  向き、思は  やうに思は  決定するとは思は  馬鹿面なので、又思は  眞面目ぢやないかと思は  罰が当るまいと思は  ことを思は  責任だとは思は  へんにありはしないかと思は  幾らもあると思は  手間はとるまいと思は  心から情しく嬉しく思は  私達は思は  私は思は  ことはないと思は  不思議にさへ思は  中に居たのに、と思は  さへ思は  こぼれはしないかと思は  改築してほしいと思は  から私は急いで通り過ぎようとして、思は  失礼に思は  殊に不手際と思は  ものはあるまいと思は  昨日を思は  ように暮して見たいと思い始めた、その思は  明日を思は  のは愚かしくも思は  様に思は  ものとも思は  幣束を思は  ものとは思は  さ相に思は  物ではないかと思は  穿鑿して行くと思は  事を思ふと思は  彼は思は  のには思は  存在とは思は  先生だと思は  指に握らせるには痛々しいと思は  疵とも思は  貰ひたいと思は  奧床しく思は  小池をえらく思は  淺ましく思は  恥とも思は  勿體なく思は  のかも知れぬとさへ、遂には思は  む者にはどうかと思は  來やうとは思は  つてゐるとは思は  俳句とはとうてい止められない、止めようとも思は  七月十九日曇、思は  気の毒と思は  アブナイと思は  私ではあるまいかとさへ思は  なで肩を思は  のを見つけて、思は  其聖十字架を思は  憂愁に思は  女なれど、思は  殺生とは思は  哄笑するかとぞ思は  聖十字架を思は  かしく悩ましく思は  物を思は  生命さへも惜しいとは思は  焼酎はうまいと思は  見合して、思は  寄とは思は  茶を沸かす、わびしいと思は  菓子とも思は  池とは思は  人でないとはどうしても思は  自分も思は  許りは思は  茲からと思は  自分は思は  人々なのだとも時々は思は  大器又あるべしとも思は  脂粉を思は  誰にでも、すぐ勧めようとは思は  隠れてゐたかと思は  珍らしく思は  最後を思は  七十四五としか思は  果だとしか思は  僕も思は  事実だと思は  成程と思は  娘としか思は  南方人を思は  それを否まうとは思は  ぴつたり合つたと思は  僕は思は  もので、飛ばうとは思は  声を発して、思は  こまつて、思は  てゐないと思は  公務に、いとまあるまじくも思は  氣づかず、思は  生活態度であつたと思は  ことは、どうかと思は  わたしは思は  ことで、恐ろしくも思は  牢屋を思は  気の毒だとは思は  結婚したいとは思は  伝蔵は、思は  沼とも思は  夜かと思は  独創的と思は  予想も出来ないだらうと思は  何よりも嬉しく思は  ことであらうと思は  場所が開いても、見に行かうとさへ思は  つたと思は  人と思は  ことだらうと思は  術ありと思は  やうとも思は  僕の思は  私も思は  言葉であるにも拘はらず、思は  業とも思は  自分とも思は  首をひねつたり、また、思は  なつてしまひ、思は  風に思は  私は、思は  ためには、思は  つてもよささうに思は  名宝があらうと思は  名前とは思は  時期も、あつたらしく思は  信仰もあつたと思は  たかと思は  距離を思は  世の中とも思は  不思議に思は  神経は思は  由つて、思は  肩に余るげに思は  さへ、あらうとは思は  意とも思は  言はないとは思は  正反対だと思は  僅少であつたらうと思は  景色の如く思は  浸潤したかと思は  偶時には然う思は  食虫花を思は  二人は思は  透き徹りを思は  微笑とも思は  部分明るく思は  源吉も思は  勝には思は  足音であるやうに思は  天氣と思は  何んにも思は  自分にかへると、思は  氣味に思は  皆は思は  源吉には思は  配達されて、思は  芳は思は  しまつて、思は  齒がゆく思は  ことを、思は  のだとも思は  岩かと思は  こともあつたらしく思は  私はさう思は  筈だ、と思は  水ばかりである、とさへ思は  聴者に思は  嘘吐きだと苦々しく思は  行止まりかと思は  から私は何とも思は  のかと思は  うにも思は  惡く思は  霜まじりかとも思は  やうにも思は  行つたらしく思は  しまひさうに思は  から、思は  此麼商賣をしようとは思は  女かと思は  却つて變に思は  事が出来ないとは、夢にも思は  のだとは思は  今思ひ出しても思は  かな眺めを持つかとも思は  餘らうかと思は  場所であらうと思は  所に思は  來て、思は  ころはどんなであらうと思は  うにと思は  ものでないかと思は  幽界を思は  原因とも思は  動作らしく思は  事と思は  方が正しいと思は  からうかと思は  ことも思は  俺自身をもほしいとは思は  氣候を思は  ことはなからうと思は  闘つたのが当然であると思は  君助は思は  今私が思は  幸福に思は  真実とは思は  所行が怨めしく、恐ろしく、思は  人とも思は  やう詞とも、思は  それをそうとも思は  為を思は  気苦労は思は  道理に背けりと、思は  単行本的でなければならぬと思は  異常と思は  ものであらうと思は  日頃忿懣を語りあつてゐるのであらうと思は  意味であらうと思は  負け目に思は  彼方のものにしか思は  やうだと思は  代物とは思は  真実だと思は  潛んでゐようとも思は  變人とも思は  不思議とは思は  変だと思は  見をさめではないかと思は  仕方がないものかと思は  南北朝頃と思は  関係してゐたと思は  為だと思は  名だと思は  ぱといふ事にならうかと思は  ものだと思は  ことがあると思は  のだと思は  解釈はつくと思は  固定したと思は  因果である如く思は  生活を思は  さを思は  道を尊く思は  これこそと思は  身と思は  なのは和泉式部一人のみでないと思は  不思議を思は  穴を穿けたいとは思は  向う側を見たいとは思は  男子を摸せしと思は  圓形なりしならんと思は  具にて塗りて作りしと思は  形と思は  孔を示したるかとも思は  物と思は  皮なりしならんと思は  んと思は  灌ぎ込みしものの如く思は  品と思は  跡と思は  事も有りしと思は  等に在りしと思は  實用に供するは惜ししと思は  製造用具と思は  傷くるに在りしと思は  用ゐしと思は  爲と思は  如くに思は  用ゐられしならんと思は  錘りと思は  網なりしならんと思は  口と思は  原料と思は  實らしく思は  作たと思は  自分は決してさうは思は  僕はさう思は  残つてゐたと思は  こと屁とも思は  ソンナことをしたいとは思は  なつたかと思は  光景に思は  知つてゐると思は  まり奧床しく思は  危險に思は  争ふなど思は  はさほど鬱陶しいとも思は  靈かと思は  惡いとも思は  通ふかと思は  病院だとも思は  怪我だらうとは思は  標本圖だらうと思は  別に何とも思は  のではないかと思は  ものにさへ思は  白眼視するだらうとは思は  影であらうと思は  別にウルサイとも思は  のは有難いと思は  歯が立たぬと思は  發しやしないかと思は  身が恥ぢられ、また悲しく思は  女だと思は  濶千萬だと思は  所だとも思は  土塊だとさへ思は  それは長く思は  仕方があるまいと思は  何時果つべしとも思は  分析しようとは思は  外にはないと思は  あさまし過ぎると思は  手段とさへ思は  フランス語講習会が思は  必要があるとは思は  世辞かとも思は  あいつの嚊になるとは思は  様子でもしやと思は  妹は思は  母は、思は  わたしが思は  音声に接すると、思は  突つかかつて来ると、思は  名前になると思は  登志子が思は  のかとばかり思は  つて見てゐるらしく思は  讃美に思は  裕佐は思は  相に思は  ちよつとも有り難いとは思は  男だとは思は  実があるなぞと思は  正直者に思は  如くうすれて行く如く思は  者に思は  者と思は  伯母は思は  俄かに思は  恥辱に思は  ものに思は  ハツとして、思は  女は思は  信者達からはさう思は  仲間らしく思は  巨獣の吼える如く思は  夢としか思は  其形に並べて鏤めたとしか思は  愕然として思は  キリとして思は  事に思は  ギヨツとして思は  話に思は  吉は、読み終ると同時に思は  彼は、思は  吉は、思は  妊娠でないかと思は  今の思は  晩床にはいると、思は  今日来ようとは思は  さを感じながら、しみじみかう思は  かたちとも思は  姿をみつけると、思は  これこそ殺気立つてゐると思は  跡などが見え、思は  似合ふだらうと思は  都市を思は  批判を含んでゐると思は  不審に思は  別に一問一答をしようとは思は  から教訓を引出さうとは思は  不満には思は  わけはなささうに思は  別に口を利かうとは思は  際強ひて見たいと思は  からぬことは当然と思は  こととは思は  人はどうかと思は  奴と思は  わけでもなければ、有難く思は  づれの小春日和を思は  まじめにしていつも腹立てて居るかと思は  皆うれはしく思は  想像して画きたりと思は  熱情を思は  意かと思は  草臥が直るであらうと思は  つて善きかと思は  私には思は  語しきりなるを思は  のではないかとも思は  最後とも思は  湯の思は  これだと思は  いふ雨が降つたと思は  壮観が思は  小社らしくも思は  箱根風で寒いとは思は  処と思は  鴛鴦鳥を思は  一人あらうとも思は  歌ふであらうとも思は  のだが、思は  自分の思は  十七世紀を思は  芽立を思は  類ひあるべうも思は  竜神おそれ思は  芽が出ようとも思は  効果があるであらうに、と思は  私に思は  真相に近いかと思は  みじめでならなくも思は  厭に思は  鏡子には思は  姿に思は  長女として思は  さが思は  晨を抱いて遣らねばならないと思は  のかも知れないと思は  鏡子には寂しく思は  心が思は  事は嬉しいとも思は  やつぱり寂しく思は  鏡子は思は  生命を思は  不思議と思は  酷なと思は  無用と思は  重要と思は  無理だと思は  熊川忠範は、思は  たかどうか、と、思は  同年輩と思は  底では思は  樣に思は  困難とも思は  実現すまいと思は  事を思は  事を少しも思は  頃では、思は  なつてゐるとは思は  イカモノに思は  我慢しきれず思は  不服に思は  間と思は  誤りがあらうと思は  眼で見られてゐたなんて夢にも思は  気に見へ、何時も思は  要もなからうと思は  カツと取りのぼせて思は  世界が思は  道助は思は  十五六かと思は  署長は思は  酒を呑まうと思は  上まで来ると思は  そこでやってゐるらしく思は  日本人には羨ましいと思は  ことと思は  國際情勢が思は  悲を思は  舟にて行くを思は  愛を思は  微笑を思は  かさを思は  先づ無かつたと思は  存して居たらうと思は  方は、あんなに逃げて置きながらと思は  容易であるまいと思は  タノモしく思は  生きものであつたと思は  秋を思は  搖ぎさうに思は  のをなんとかしてほしいと思は  僕には思は  少女とは思は  露顕したかと思は  自分は、思は  刹那俺は思は  出来とも思は  轉ばうと思は  救つてくれたとはどうも信じがたくも思は  世話にならうとは思は  造は、思は  吃驚りして、思は  残念に思は  満足してゐると思は  造は思は  膽とも思は  此体たらく殘念とも思は  逢はじ物も思は  きぬべう思は  大言壮語とは思は  しただらうと思は  からうと思は  何んとも思は  ジミーは思は  血煙も立つかと思は  うちに、思は  タフトは、思は  道をあけて、思は  彼までが思は  者も思は  腹立ちまぎれに、思は  罪とは思は  関はらず、思は  迷ふてゐたが、決して思は  夢に駆られて、思は  顔も美しいとは思は  陳腐で一向に美しいとも思は  一種であつたと思は  物らしく思は  風だと思は  変に思は  幼稚と思はれ、つまらないと思は  様子では、また出て来られるとは思は  頂上と思は  会はうとは思は  立派に思は  恩はありがたく思は  空が落ちて来るかと思は  山かと思は  中にはいると、さう思は  確かに思は  飢ゑや渇きを恐ろしく思は  思つても思は  のが見えるだらうと思は  ものだとは思は  据ゑつけたやうに思は  ことが思は  やうにすら思は  ぶつつかりはしないかと思は  必要があると思は  気分をゆるめたり、思は  嘘にもあつたとは思は  神だと思は  何年かまへに越したであらうと思は  女學校出とは思は  女学校出とは思は  所と思は  余は思は  家とは思は  黄葉もしなかつたらうと思は  のではあるまいかと思は  さよりももつと古いと思は  つたのではないかと思は  一階級かとも思は  系統と思は  節から出たと思は  ことではないかと思は  女ではないかと思は  意味ではないかと思は  適切ではないかとも思は  つたやうに思は  ところだとは思は  旅館ではないかと思は  真似をしたと思は  生活を続けてゆかうとは思は  繁昌とは思は  金に替へてゐるとは思は  やうとは思は  夜店も思は  獻げようとは思は  解職願ではあるまいかと思は  樣にでも思は  献げようとは思は  様にでも思は  道のりも遠しとは思は  後君たち文章を書かんと思は  詩人かとも思は  古を思は  夫は思は  のではあるが、思は  のに擽られて、思は  自分に思は  想像をして、思は  余計なお世話だなんて思は  手紙を読み終ると同時に、思は  病菌を見て、思は  清々と好いと思は  貴様は口惜しいとは思は  分明不快だとは思は  家柄を思は  統治し得るとは思は  子供ではない、そもじもさう思は  敵と思は  希ひも絶望にすら思は  為と思は  行つたものと思は  金花は思は  ひでもしたらしく思は  さうにも思は  顔へ、思は  彼女は思は  誰もが思は  一息、思は  のであらうと思は  てゐたと思は  ところに達したと思は  幸福と思は  森林があつたらうと思は  先入主人ではないかと思は  飾りから移つたものらしく思は  てゐたらしく思は  依代であつたと思は  駅路で思は  まり風が吹き荒むので、思は  青春を思は  偶然であつたとだけには思は  ふしぎに思は  一月間呼び得たであらうと思は  証拠とさへ思は  ダイアモンドを盗んだと思は  ぢめに思は  しまつたやうに思は  しまつたのかとさへ思は  奇跡的にも思は  抱きしめるやうに思は  男は思は  つて居つたらうと思は  我身の上とぞ思は  言葉で話しかけようとしてゐられるかの如く思は  運命を思は  人の思は  作が思は  云つて寄したけれど、それほどとは思は  無駄に思は  堀口も、思は  滝本は、思は  滝本は思は  百合子がいとほしく思は  堀口さんと思は  滝本も思は  森は思は  玄関番は、思は  思つて、思は  カツとして思は  のが思は  堀口等は思は  舌を巻いて思は  滝本は、立ちどまつて思は  凡そ二十分近くも待たされたかと思は  姿勢を思は  説明しようとは思は  廓を思は  おれは思は  腋臭を思は  肉づきを思は  霊域をかぎつたと思は  適はしくはないかと思は  再来かとも思は  中にあらうとは思は  影響を受けたと思は  つて今月こそどうしようと思は  夫にも思は  續きらしくも思は  退屈するだらうと思は  のも物すごく思は  海が待つとでも思は  ゆつくり歩いて見たらばと思は  ふさはしく思は  ちよつと思は  時は思は  のみは思は  港もかなり遠く思は  機會があらうとは猶々思は  さかりを思は  幕ぢやない、と思は  なつたらしく思は  身の上が思は  姿が思は  殘つたのだらうと思は  のが、目くるめくばかりに思は  人とは思は  棧橋かと思は  一直線に飛下りた如く思は  迷ふらんと思は  竜にやならんと思は  不器用とも思は  平次は思は  平次も、思は  のだがそんなに脆く行き詰るとは夢にも思は  蒲原氏は思は  顔をひきつらせて思は  婦人と思は  羚羊を思は  ちよつと見えたと思は  ぐあひから、どうやら女らしいと思は  女のゐたと思は  胸に充ち溢れて思は  人體とは思は  先づ絶望と思は  嘘があらうとは思は  これほど苦しくは思は  泣きかと思は  國は思は  これも思は  事を仕出かさうとは思は  者があらうとも思は  筋などがあらうとも思は  ハタと打つて、思は  亘つてゐると思は  しまつたと思は  事が思は  娘あがりとは思は  我身が思は  行水つかふとは夢にも思は  常は何とも思は  何となく尋常ならず思は  事とも思は  心元なく思は  其れをば思は  何とも思は  男と思は  若い衆は思は  一つもあるとは思は  爲に、思は  鶴は思は  奇怪に思は  曲筆と思は  松崎は思は  五萬兩はあるだらうと思は  とあるだらうと思は  嘘があらうとも思は  取柄があらうとも思は  天気は見られまいと思は  都会では醜く思は  却てわざとらしく思は  人に思は  芸術価値が高まらうとは思は  満足であらせられたとは思は  百歳にもなるかと思は  てゐたかと思は  六十をすぎたと思は  人間だと思は  原話などは、さう思は  せきも思は  先は思は  時など、思は  父は思は  惡いと思は  隨分殺生だと思は  のを引入れてるとは思は  言はれようとは、夢にも思は  人殺しがあつたとも思は  彼はさう思は  ゾツとして思は  周子は、思は  気がして思は  苦心をする如く思は  人ごとながら思は  拵へて、思は  静けさを思は  なつて思は  僕を何とも思は  恥がましく思は  しかあるまいと思は  半身を思は  何を考えて云おうとしても思は  機会で思は  ものであると思は  厭にふうわりと思は  てつきり素人下宿と思は  手紙と思は  御意に触れたかと思は  四十五六と思は  身震ひをして思は  わけ知らずであつたと思は  飛びかゝつたが、思は  軍兵を思は  名所とならむかと思は  のやら、ふと、思は  豊かさはなかつたのであらうと思は  物語を読んでちつとも面白く思は  所はあるまいなどと思は  ように思は  現在死火山と思は  火と思は  火山毛であつたらしく思は  お父さんは思は  くらゐにしか思は  負惜しみだと思は  一部かと思は  永遠を思は  何時來るとも思は  ものではないだらうかと思は  ものではないかと思は  関係からさう思は  不思議だと思は  春日神社からはかなり遠いと思は  本心であるとは思は  理由によるせゐだと思は  宿命が仕組まれてゐたとしか思は  矢田津世子に思は  事を思ひ、思は  ことに思は  阪西達だと分ると思は  云へずに、思は  意識的に過ぎるとさへ思は  つて、思は  力を入れて、思は  身體に響いて、思は  光つた如くに思は  口から聞かうとは思は  変事でも起らうかと思は  一人住んで居つたというて、何で怪しう思は  変にも思は  変化ぢやと思は  桂木は思は  術中に陥らうとは、いつとはなしに思ひ思は  お前様も二度と来ようとは思は  胸がせまつて、思は  例はけだし少からうと思は  影響を受けたかと思は  敏感でないと思は  筆者はさうは思は  藤原氏罪有りと思は  問はれなければならぬと思は  足利尊氏以上でないかと思は  自殺と思は  乃木将軍を思は  武蔵も、思は  世とは思は  微罪になると思は  至難と思は  多幸を思は  作品だとは思は  賞に値するであらうと思は  いふ現象を呈しておりはしないかと思は  結果とは思は  大事だと思は  方では思は  様子が思は  連絡のきれたと思は  言つたらうと思は  錯誤かとも思は  荷前より或は古いかとも思は  変形かと思は  関係は思は  逆語序と思は  辰子は、思は  辰子は思は  前漢頃からでもあらうかと思は  後漢頃からではあるまいかと思は  緞子とは異なるらしく思は  びつくりして、思は  学問だとは思は  色情狂を思は  これほどしつこくはあるまいと思は  保吉は思は  賜だと思は  いふ事をお書きなさらうとは夢にも思は  慈愛をありがたく思は  野村には好もしく思は  のではないか、と思は  性根を憎むせゐだらうとしか思は  無愛想とも思は  それによる思は  強がりに過ぎぬと思は  なほ恐れと思は  海も死んでゐるかと思は  水を啜つてゐるかと思は  しまつたかと思は  濡手拭を、ひとりでに、思は  外あるまいと思は  本当らしく思は  使命と思は  変質者としか思は  エライものだ、さう思は  それを咎めたいとは思は  女人であると思は  手許から離したく思は  作と思は  穿鑿と思は  象形文字と思は  數字と思は  ユであらうと思は  方が善からうと思は  灯りを欲しいとは思は  度に思は  散歩してゐると思は  良人は思は  仕事に思は  見物人は思は  特に鯛ちやんばかりを誘ふと思は  無意味にしか思は  それも、ただ、さう思は  ラクになるだろうと思は  世界にもあるまいかと思は  一夜を思は  一人拂ひ、思は  処が出来るのであらうかと思は  自分などは必ずしもさうとばかりは思は  泥流を被らなかつたと思は  殺風景に思は  甲斐があると思は  新造したばかりであらうかと思は  兄弟相談して画いたかとも思は  尤もと思は  もさまで悲しとは思は  ほども思は  あらば思は  面倒に思は  人柄としか思は  行先を突きとめたとしか思は  ことに進んでゐると思は  君だとは思は  筈だと思は  伊東伴作は思は  やうなひどく思は  作用いてゐたと思は  やつて来さうに思は  不愉快に思は  術を心得てゐるらしく思は  無事だらうと思は  ことでも呟いでゐたかも知れないとさへ思は  風にあふられて、思は  ハニカミ心が湧いて来て、思は  あなたに手紙を書かうとは思は  はさほど苦しいとも思は  音声が思は  私も時には思は  わが輩はさうは思は  自分はさう思は  独善とかとは思は  ひとはさうは思は  のが惜しく思は  徳と思は  道たるを思は  中とは思は  趣売女とは思は  彼は、また思は  ことを呟いで、思は  今朝は思は  我れ思は  手紙を思は  ものだ、思は  同類と思は  時彼女は、思は  気はひを感じたので、思は  種々骨折つて呉れたが、思は  満足を感じてゐたと思は  死にたいと思は  ものとしか思は  さまではとどくまいと思は  出口まで出掛けてみたが、吹き倒されるかと思は  私としても好ましいとは思は  宣伝せられたと思は  ことがあつたとは思は  なつたとも思は  年長だつたらうと思は  劇的動作を思は  ものではないと思は  ものかとも思は  態を残してゐるだらうと思は  室町文献と思は  ものらしく思は  影響が見られ、又最蒙り易からうと思は  輸入らしかつたことを思は  自分は好ましく思は  エルアフイ夫人は思は  辺と思は  本宅かと思は  愚痴でもあらうと思は  会ひに行かうと思は  仕事をしていいとは思は  浅間しくも思は  これでもともとだと思は  天国などに行かうと思は  さを感じ、思は  匂を感じながら、しみじみかう思は  まま、しみじみかう思は  胸がつまり、泣き迸しらうとして思は  男に愛されたいとも思は  ために愛されたいと思は  恋人にでも送つたらうと思は  我我は面白いと思は  尤も集めたと思は  芸術的衝動はどうもあり得るとは思は  僕は寂しいとも思は  当り前だとしか思は  心あたりもなかつたので、思は  森野は思は  森野は、思は  詰つて、思は  徳ちやんは、思は  祖先を思は  伝染が激しいかを思は  現象であると思は  シャリイ・テムプルを思は  殆ど体質的と思は  風景とは思は  もの土壌を思は  風に暗く思は  樹林であつたらうと思は  人たのもしく思は  ものとがあると思は  教育全般について述べようとは思は  てゐたらうと思は  日本人ならではと思は  のが実に惜しく思は  残念にも思は  史料であると思は  來たかと思は  理由を語らねばならないと思は  理由として挙げねばなるまいと思は  末年からであると思は  至つたものと思は  命けたものと思は  一番適当らしく思は  誤りらしく思は  何にも思は  詩集にむかはうとは思は  其処が、思は  これでは困る、と思は  のだな、と思は  眼をふさいではならぬと思は  傷けずにはすむまいと思は  畸形的と思は  自尊心にほかならぬと思は  象徴的とも思は  絶望的とさへ思は  誇示するかに思は  原因がひそんでゐるからだと思は  献身的と思は  不満に思は  興味をもつてゐると思は  別に差支へないと思は  変だとは思は  なにものが叫んだかと思は  常態であると思は  絶対的とも思は  不思議には思は  づまづ伝統墨守と思は  間違ひだとは思は  無力だとは思は  行動過少といふべきや甚だもつて疑はしいと思は  強味になりはしないかと思は  適当だと思は  洋服なりしを思は  余も思は  軒に至るかと思は  床も落つると思は  山燃るかと思は  んだと思は  必要はないと思は  提唱しようとは思は  がちつと強すぎて、どうせさう思は  ざるかと思は  ものならんと思は  觀察を誤れるにあらざるやを思は  からえらいとも思は  貴方らしくなくも思は  時間が早いと思は  恥と思は  処があつたらしく思は  ものではなかつたと思は  さを示さうとしたに過ぎなく思は  祝詞式はあつたと思は  適切らしく思は  しまつたものと思は  詞章でなかつたかと思は  種類のものであつたらしく思は  中に納めたとばかりは、思は  ことを以ても、思は  基因を思は  伝へと思は  なつたと思は  存在を思は  事すら、あつたと思は  らうと思は  事は思は  為終せさせたと思は  行つたと思は  霊と思は  残つたものと思は  区別があつたとも思は  為事をした、と思は  纂記から出来てゐると思は  散文に近いと思は  中頃からであらうと思は  のでないかと思は  運動があると思は  流儀からみて低いと思は  西洋人らしいと思は  利用せざるを得まいと思は  現れではないかと思は  結果であらうと思は  ところがあるからだと思は  配慮とも思は  ことを案外なんとも思は  重要なと思は  二タ抱へもあらうかと思は  殆ど素焼ではないかと思は  不可能であらうと思は  方も多いであらうと思は  事だと思は  つたであらうと思は  人間だとは思は  作物ばかり作つたらうと思は  方だと思は  なつたらうと思は  拘泥を思は  発生を思は  位と思は  公任作かどうかと思は  ことは否み得ないと思は  子供が欲しいと思は  谷村には思は  曲折を出すだらうと思は  ことだ、と、思は  のを、思は  金持にならうとはもうとう思は  啣へたらうと思は  會式を思は  為であつたと思は  つのつてゐるとは思は  危殆を思は  如水は思は  報告をきいたが、思は  氏政は思は  見当がつかぬ、思は  一決の如く思は  秀吉もとより夢にも思は  彼等をだしぬいたとしか思は  軍議一決の如く思は  如くにしか思は  時には、さう思は  草稿と思は  てゐて書いたのであらうと思は  事を考へて思は  涙に思は  面白いとは思は  心を惹かれてゐるらしく思は  たか、と思は  邸あとと思は  爛漫として咲くだらうと思は  いるかと思は  ものから生れ出てゐると思は  んもあるだらうと思は  ことをしたいとは思は  のではないかとさへ思は  事を悪いと思は  声であらうと思は  点で、幾分恵まれてゐるとさへ思は  企てと思は  あたしは、思は  あたしは思は  別があるだらうと思は  樣にも思は  ものかと思は  菊と思は  色よりも親しく思は  中の思は  頬ツぺたをつねりあげられたので、思は  研究しようなんて少しも思は  眼を、思は  矛盾してゐるとは思は  びつくりし、思は  返事をするよりも思は  意味だと思は  意味かと思は  しかし、さう思は  力でないと思は  珍況に思は  合巻を思は  聯想が深まつて来た、と思は  様に、思は  考へが、導かれて来たと思は  其家の富みが思は  歴史が思は  民謡らしく思は  殊にさう思は  神のにらみたまふかと思は  のを何とも思は  妙を思は  態度において動かし難く思は  意味をもつてゐると思は  要求されてゐると思は  お父さんに思は  非常に近いと思は  意であつたらうと思は  意であつたと思は  茫増も思は  後家さんでもあらうと思は  さよりも、尚堪へ難く思は  占ひが思は  了はうとはかれは夢にも思は  口からは思は  染着をわるいと思は  状態を見ては、思は  こともわるいと思は  ことがあらうとは思は  家庭にあるなどとも思は  消滅するかと思は  彼女はどうしようとも思は  心地動いたとも思は  未練なく離れしめ得るであらうと思は  家を壊したら、少しは慰むだらうと思は  家から、思は  想像にもさうは思は  お前は、さう思は  機会を作らうとも思は  処とは思は  今頃来ようとは思は  不思議にも羨ましくも思は  爺らしく思は  理窟はわかつてゐるものの、思は  こともなかつたし、思は  機嫌を思は  太腹に化し過ぎ、思は  燃えあがらうとは思は  會ひたいとは思は  途方もない思は  朝が思は  細君は、思は  滑稽に思は  事だとは少しも思は  時に感ずるだらうと思は  温かなる思は  内海達郎は、思は  場合、それほどとは思は  北方系と思は  性格的とも思は  虜になるだらうと思は  そばにゐてくれたらと思は  時間はごく少いと思は  分ち合ふだけでも、と、思は  反語とも失言とも思は  理由だと思は  真実に近づけたと思は  文学だと思は  當然と思は  於いて闇黒だとは思は  長者ならば何とも思は  恥かしいとは思は  力を持つてゐると思は  經驗しようとは夢にも思は  限り何人もさうは思は  箱らしく思は  二百年位には溯り得ると思は  手がかりとなると思は  毒蛇コブラを思は  處であらうと思は  文明黨だつたらうとも思は  私は、さうは思は  村落かとばかり思は  時には、思は  三木は思は  くりとして思は  全速力かと思は  皆なで思は  雪さんだとは思は  無理もないと思は  雪子とは思は  みんなによく思は  新吉は思は  立上らうとすると、思は  なかで囁くと、思は  日だと思は  破滅を招くかとも思は  なつたので、思は  殆ど病的と思は  化身かと思は  みんなは思は  のを思は  疑問に思は  ようなんぞとは思は  嘘だとは思は  事とは思は  要求とを持つてゐると思は  悲觀しようとは思は  云はうとは思は  貰ひたいとは思は  滿足してゐようとは思は  謙遜しようとは思は  子でもないと思は  運命を悲しんでばかりゐようとは思は  人がこんなに云ってくれるとは思は  うつとりとしてゐると、思は  煙草の煙にむせながら、思は  容子だぞと、かう思ふか思は  肝をつぶしたと見えて、思は  脊中を打ちつけて、思は  やうに、思は  鼓動で思は  転倒して考へて見ると、思は  執拗に思は  眞實であらうと思は  前で思は  義かと思は  からこんなにはっきり見えるとは思は  了はうと、さう思は  行つたのではないかと思は  無理にもさう思は  あさましくも馬鹿らしくも思は  平野があるとは思は  得意にも思は  目をとめて、思は  祠と思は  ここにあらうと思は  絶対的に誤つてゐるとは思は  人帰らず、思は  事でないと思は  真似をしようなんぞとは思は  不思議にも思は  金になると思は  左程にも思は  嗜みもあつたとは思は  不便によると思は  のかも知れぬと思は  爲めであらうと思は  東國的宗旨であるから一層然るのであらうとも思は  からであらうと思は  玄関口と思は  内玄関と思は  奥様にかうと思は  頃ではなかつたらうかと思は  皆退屈に思は  永遠に生きられようとは思は  冷笑してゐるだらうと思は  狂人だとは思は  やうには思は  佗しく思は  前に死んでゐようとは思は  意味があつたと思は  をかし味があつたからだと思は  時代の風潮がさう思は  さへあるとは思は  物は思は  毒気かと思は  最後であつたらうと思は  使はれたかとも思は  別物の如く思は  夢にも思は  態度を取つたと思は  南部の人であらうと思は  斷じて無いと思は  暇がなかつたではないかと思は  のではなかつたらうかと思は  頃からと思は  試るであらうと思は  足にまかせて逃げゆきしが、思は  難かしからうとも思は  生活したいとは思は  成分ではなかつたであらうと思は  歓楽はあり得まいと思は  町を行かうとは思は  時が来るとは思は  裾を曳いたであらうと思は  生徒は思は  その他色々な思は  覺えようと思は  違ひないと思は  対って思は  曲などを見ても、さう思は  永続きをするとは思は  者は思は  俺は何とも思は  遠回しに思は  云つたつて嘘とも思は  迷つたのであるが、どうしても落つけず、思は  者は、思は  われながら醜く思は  彼は続けて思は  彼は、好もしく思は  可憐に思は  云つた時彼は、思は  安易に思は  シノニムに思は  心樂しく思は  家は思は  至情であつたらうと思は  大師自身が、劣ると思は  予は思は  天地のなしと思は  物をも思は  時と思は  身の、思は  談話に思は  つけようのなかつたと思は  主だと信ぜられて居つたと思は  何も思は  言葉であらうと思は  五節の舞姫といふのであつたらうと思は  同一だ、とは思は  成程さうも思は  差誤あるべしとは思は  無理でないと思は  冷酷とも思は  十分でないと思は  外国にはある、かう思は  煙草さへ甘いとも思は  何となく不十分に思は  南歐を思は  一箇中隊もあらうかと思は  ブールヴァル・デ・キャピュシーヌあたりかと思は  知らないのではないだらうかとさへ思は  パリの在りかは知れるだらうと思は  のだらうと思は  のかとも思は  勝ちに思は  顔だとは思は  話だと思は  事を悪く思は  云つたら好からうと思は  齲齒笑は思は  いつはりと思は  てつきり頭がどうかしてゐると思は  つたとは思は  附益せられたと思は  頃のものかと思は  必しも誤ではないと思は  一私には重苦しく思は  頼りなく思は  まりありがたしとも思は  立派であつたらうと思は  私にも思は  ほとけもさぞ喜ぶだらうと思は  時は、聞え出したと思は  儘、思は  正視したかとも思は  これおいしいとも何とも思は  娘の思は  一尺もあらうかと思は  しまはうとは思は  これほどだとは思は  人にもさう思は  彼女に最も醜く見苦しく思は  口振りをきくと、若しや、と思へば思は  夫が怨めしく思は  悲しみが思は  私が思は  夢をもたうとは思は  時死んでゐたらうと思は  気弱さからだと思は  かつたと思は  少年は思は  少年には思は  一ばん大切な人に思は  理由があつたとは思は  人々は思は  感動し易いと思は  真実であつたらうと思は  こともあつたらうと思は  つた好奇心を思は  好奇心を思は  澄江もさうだらうと思は  ものであつたと思は  深刻に思は  古狸などと思は  やうもなかつたらうと思は  結果を見ようとも思は  傳されてゐると思は  此邊迄も降つたとは思は  番頭と思は  必要であらうと思は  状況であらうと思は  演藝場と思は  のは思は  秋はさぞかしと思は  絵姿を思は  無理ならず思は  主客平等と思は  作者のねらひと思は  成熟を思は  遇つて、思は  力を込めて思は  時彼女が、思は  笑ひを浮べ、思は  藤村が羨ましいとも思は  方なぞ減らさうとは思は  ことほんたうだらうかとしか思は  形だとしか思は  遊びに行きたいと思は  もっと退いたらまだまだ沢山出るだらうと思は  艶めかしいと思は  女とはどうしても思は  遇つて見たいと思は  身体はまた凍り付くかと思は  牢獄を思は  別に腹立たしいとは思は  腹とも思は  龍子は思は  皆も思は  胸は思は  人に告げたいとは思は  瘤かと思は  和尚も苔むしたかと思は  自分も打忘れて、思は  位にしか思は  弟子は思は  逐ひ、思は  月明りかと思は  一目見るが早いか、思は  失つて、思は  人間とは思は  唯事とは思は  人間に思は  方へ思は  さへ、思は  勇氣は、到底あらうとも思は  別人かと思は  つたのが、思は  二度食べずとも、ひだるく思は  噎ツたいと思は  反響とも思は  勇気は、到底あらうとも思は  彼が怒つてゐるとは思は  一大事と思は  外はないとまで思は  言ふことの思は  つて來て、思は  制裁すればいいと思は  さうだと思は  不可思議に思は  二十歳を越えたばかりと思は  整つてゐると思は  校友會雜誌らしく思は  不自然に思は  大酋長とは一寸思は  自ら腹立たしく思は  なつたばかりかと思は  稽古をすると思は  狸が泳ぐと思は  遙かに心細く思は  味を出して居ると思は  早晩出来さうに思は  人格にして見せたらこんなだらうと思は  それを惜しいとも思は  たかの如く思は  支配してゐるらしく思は  別に不思議だとは思は  己にさう思は  気の毒だなんぞとは思は  有く思はせようなどと思は  位人の思は  上演されてゐても、そんなに見に行きたいとも思は  たしかさを思は  千恵は思は  から気がついて、思は  横ぎる時など、思は  優にあらうかと思は  四人は思は  三人は思は  さんは思は  とき、思は  横にかしいで、思は  注意は思は  語で表したと思は  此から出たと思は  我等をして思は  君ならではと思は  不足だと思は  僕は何とも思は  保証しようとも思は  事務家を思は  中で思は  ざつと千坪はあらうと思は  恰好を思は  続きがふと現はれて、思は  頃の思は  十二三軒もあらうかと思は  人から見れば、さぞ片腹痛く思は  具備してゐるとは思は  通りに働くだらうと思は  愛兄弟と思は  和楽化しようとは思は  私は有難いとは思は  あるかの如く思は  變に思は  惡者とは思は  一日もの言はずとも、寂しいとも思は  自身も思は  其お方とは思は  宮びとも忙しいとは思は  女、と思は  中日にも劣るまいと思は  顏つきになるだらう、と思は  氣持ちと、よくないと思は  風俗を喜んで、何とも思は  /″\が、聞かうとも思は  言ふと、さかしがりよと思は  何も知らず思は  答へはない、と思は  関係があるとは思は  のではあるまいかとも思は  いくつか出ると思は  特徴があると思は  顔が思は  人間と思は  心理とは思は  苦悶のあまりに思は  怪奇不可思議に思は  怪奇に思は  思つて見れば、さう思は  宮びとも、忙しいとは思は  顔つきになるだらう、と思は  気持ちと、よくないと思は  今から回顧して見ても思は  女と思は  其にも劣るまいと思は  夜声とは思は  顔つきになるだらうと思は  気持ちと、いけないと思は  風俗を喜んで何とも思は  答へはないと思は  律師には思は  續いてゐるとも思は  山のせゐで、飛びぬけて美しく思は  格別不思議に思は  詩人だらうかと思は  贅澤と思は  原因であらうと思は  不当とは思は  一場面を思は  接合点や、思は  傾向にありと思は  芳も少からず心細く思は  自分にできようとも思は  これに類した思は  樣を、しばらくやすんで見ればなつかしいとも思は  ものが思は  仕事だとは思は  計画されてあると思は  齷齪したらうとも思は  必要ではないかと思は  かつたらうかと思は  書など見ようとも思は  のではないかしらと思は  成績があまり思は  差支ないと思は  彼に後れてゐようとは思は  深入りしようとは思は  續いたと思は  創造されようとは思は  限りなく頼もしく思は  犯人探査法と思は  ものとしてもとめてゐたとは思は  何うも思は  ことがあらうとは夢にも思は  光景があるかと思は  まにまに描いたと思は  岸田が集まらうとも思は  冗漫で、思は  やうにたのもしく思は  熱情家らしく思は  禁慾主義的とさへ思は  厄には陥らねど、思は  容貌にも殊更に思は  はかなきを思は  ものして、思は  俺、さうは思は  盲だとは思は  釣りに負けまじと思は  ぎたるさまいとをかしかりければ、思は  手柄に思は  ことはさほど愉しいとも思は  食料と思は  しかし思は  足跡を踏みたるに過ぎざるを思は  おのれくせもの、思は  數とも思は  衝と遮つたので、思は  作爲らしいと思は  世間話などしながら思は  解釈らしく思は  伍して、思は  近代を思は  迸り出たかと思は  嘘だと思は  別に面白くも思は  はつと思ふか、思は  誤りにて、思は  んだと、思は  ものと、思は  これでとやかく思は  ものを思は  注かれふとは、思は  やうであつたらうと思は  紫玉は思は  旅を思は  群集の思は  耳にしても思は  訳分らずに受けてゐるかと思は  みとぞ思は  私には怪しく思は  大分変だし又怪しいと思は  事をすら思は  一人として案外に思は  生命力を思は  眼蓋をあげて思は  名前を思は  理由にもならぬとも思は  氏だつたので思は  つたのであらう、と思は  震へて、思は  酔つて来さうだと思は  僕は一向まはらうとも思は  頼りに思は  さとで、思は  淵かと思は  顯したであらう、と思は  一生懸命働いてゐるだらうかと、時にふれ思は  七十を越したかと思は  宿命なのだと思は  むし返へしだと思は  なつたつて思は  事をしたとも思は  声がきびしかつたので、思は  人を威すが如く思は  声を掛けようとして、思は  沢は思は  奇異とも思は  状態にあるか、ないかを思は  口を思は  手がないと思は  気構へが要すると思は  ことが有らうと迄は思は  榮もないと思は  經世大典によつたらしく思は  毒に思は  有二孔明一と思は  類多くなからうと思は  關係ありと思は  ところから、思は  殆ど神經過敏と思は  將來であるまいと思は  様にも思は  嘲笑を思は  若い弁護人は思は  つて明にしようと思は  人々の思は  ことであるとしか思は  のではあるまいかとさへ思は  大儀にも思は  のであるとも思は  物語を聞いてるとは思は  掲ぐるに及ばぬかとさへ思は  加へるに及ばぬかと思は  殘念であるとは思は  季節のせゐだと思は  書割を思は  義理に背くと思は  言葉であつたと思は  國策ができたと思は  體裁から云つたのであらうと思は  傅會と思は  傾きがあると思は  優つてゐると思は  目録學でないと思は  官吏とも相當なつきあひをして居るであらうと思は  便利なと思は  日本人以上であるとさへ思は  ことは無いと思は  気持でなされると思は  原因をなしてゐると思は  さで、思は  のだが、どうも思は  不安に思は  さが頼もしく思は  輝子は思は  たびに思は  助けありとも思は  目を醒ますが早いか、思は  空を見て、思は  業とは思は  一因となりたるにあらずやと思は  以つて作り成したかと思は  淺薄に思は  人ではないかと思は  私は、さう思は  ものは有るまいと思は  譽であると思は  師もうれしく思は  つた因果と思は  嘘ではないかと思は  私はどうも思は  本物と思は  大酋長は、思は  道に思は  顏は思は  誰しも思は  私は別段にえらいとも思は  原画とまで思は  さうには思は  写しとも思は  子どもは何とも思は  つた事と思は  神かと思は  極端ではなかつたらうと思は  しめと思は  もの、と思は  精霊らしく思は  考へはあつたらうと思は  寺奴であらうと思は  一作と思は  前で、思は  九十九まではさうかと思は  者はあるまいと思は  先生とも思は  それではなかつたかと思は  日本的と思は  いふ役者が出て来たかと思は  空を思は  渦が巻いてゐるらしく思は  毎に思は  近頃は格別あせつて書かうとも思は  話相手だと思は  出はしまいかと思は  占領しようとは思は  凧をあげてゐないかと思は  朝は少しも寒いとは思は  合つてこぼれる、思は  のか、思は  詩を書いて見ようと思は  惡くはなからうと思は  姿を見て思は  何分一かと思は  ために出来たかと思は  後歩を思は  うに時代錯誤的だと思は  つた、飲みたいとも思は  昔を思は  日支通商を思は  太閤秀吉を思は  平和を思は  物以上に有難いとは思は  散歩者ではあるけれど、さみしいとは思は  つた訳である、惜しいとは思は  拾ひたいとも思は  栗そのものは食べたいとも思は  不審にも思は  ことをも思は  徒爾ならざるを思は  惡戲とは思は  それが何より頼もしく思は  人だとは思は  勘定のはうが心許なく思は  加減だと思は  筋がひどく痛くなつて来て、思は  其御恩を何とも思は  氣がしたので、思は  ところだらうと思は  方四五丁先と思は  人ごととも思は  痛や、勿体なや、思は  さを貪らうとは思は  一間と思は  思想であるやうに思は  市中とは思は  君は思は  方が望ましいと思は  ものだとも思は  先づ安心だと思は  生気づくだらうと思は  太教徒かと思は  偶然集まつたと思は  占つたものと思は  なつてゐたと思は  策謀と思は  爾か思は  母樣憎しとは思は  下にゐてもあついとは思は  つて見たいと思は  間違つてゐたとは思は  時雨を思は  入知恵で思は  ぢやないかと思は  物ぢやないと思は  つたやうにも思は  宮とも思は  何となく天使の羽ばたきを思は  ジジは思は  來まいと思は  ことも出来まじいと思は  軍を出いたれば、われと思は  足をふみすべらいて、思は  ずると思は  翁は、思は  血を吐きはしまいかと思は  谷底へ流れ注ぐかと思は  渦紋を卷くかと思は  唸り聲を立てるかと思は  不思議さを思は  來たと思は  つて君をまで傷つけようとは思は  他人の思は  續いて、思は  惱みを深く知りながらも、思は  女とは思は  一撃に思は  吐息づきながら思は  私も驚いて、思は  ハツとして思は  ジヨバンニは思は  ジヨバンニはまた思は  氣がして、思は  間にならび、思は  ときなどは思は  帰つて隠居をして死んだとも思は  行つたのだとも思は  一族であらうと思は  ものもあると思は  當に思は  ダラクと思は  ことだったと思は  辺かくもあつたらうかと思は  仕事をしなかつたせゐだらうと思は  胡坐をして、思は  てつきり私が、思は  魔力の潜みと思は  さに巻き込まれて、思は  嗚呼、またしても思は  のかしらと思は  難事ではないかと思は  七瀬に似て居るので思は  空気などを思は  それかと思は  續いて思は  ものだなどとは、夢にも思は  河になるかと思は  間自分には思は  自分には思は  面影が思は  事も思は  それは見ようと思は  のではあるまいか、とも思は  たてかと思は  老人とは思は  いふものかしらと思は  美人と思は  ものにしか思は  私は夢にも思は  百度以上と思は  如く何時かは死する如く思は  方を思は  人間を人間らしく思は  若者は思は  つたにしても、どうか悪く思は  若者は、思は  通りに思は  髪とも思は  不自由とも思は  気にするとは思は  窮屈に思は  しか、思は  踏襲したと思は  なほ続いてゐると思は  応はしく思は  結果ではあるまいかと思は  人間業とも思は  孔明氏は思は  声で、はりさけるかと思は  上へへたばりつくかと思は  相違ないと思は  お次がゾッと凍りついて思は  歓を思は  真心が閃いて居ると思は  心もち紅をさしたかと思は  侮辱と思は  のであるが、思は  程にも思は  感激が思は  道はぞつとして思は  武家奉公の女らしく思は  其為だと思は  物まねであつたと思は  行ひ信じたと思は  影響が這入つて居るとも思は  てゐようとは思は  迷惑も思は  昔は思は  つてゐるらしく思は  間柄にこんな切ない思は  筆かとも思は  一人かとも思は  等には思は  そこにあらうとは思は  鍵があると思は  小石を思は  非常に快く思は  ムードンあたりと思は  気持から思は  老後になって思は  吉田迄来ると思は  影とも思は  皆無だと思は  魅まれたと思は  斯うもあらうかと思は  胸の思は  餘らうと思は  氣違としか思は  氣質が直らうとは思は  藝術などをしようとは思は  面白いとは少しも思は  云つて何とも思は  ものは思は  上げなされてはと、思は  迷ひとのみ思は  声は漏れて、思は  浮薄漢とは思は  人としも思は  望みとのみ思は  一見令嬢としか思は  不可能だと思は  しろ女性的と思は  病者とは思は  老人を思は  真実さう思は  これだ、と思は  十四五歳かと思は  それを見て思は  女を愛したいと思は  やうと思は  吃驚して思は  キクッタは思は  直立三四百尺もあらうかと思は  押下つた當時の凄じさが思は  名も似つかはしく思は  牧場かと思は  それを思は  そ此處からでも引返さうか、などとまで思は  聲に思は  悲慘である、などと思は  過程は思は  気を正しいとは思は  順當だと思は  君はさう思は  絶対につかないと思は  心には思は  ばいなや思は  巧い、と思は  舌が無いかと思は  痛快に思は  他人事とは思は  それを知りたいとは思は  人々には思は  ほやかになやましの思は  うまいなと思は  氣取つた、いかにも思は  畫題は多いらしく思は  最中に、それ程とも思は  つて居るかと思は  何となく小石川らしくも思は  言葉を調べ上げたらよささうに思は  づしに付いて居るかと思は  方がよささうに思は  前だと思は  人達らしく思は  人間だらうと思は  事をして居ると思は  問題であると思は  惡くはなささうに思は  学僧だとは思は  事が出来るかと思は  光を透すかと思は  思切らうなどとは夢にも思は  無意味に思は  此方へ近づくかと思は  足跡かと思は  つてしまつたやうに思は  わしは思は  明りの如く思は  掛衣を織りでもしたかの如く思は  始つたやうに思は  時に思は  自分とは思は  満足するらしく思は  殆ど彼女を怖しく思は  連鎖と思は  へん残念に思は  面をそむけてゐるらしく思は  二人は、思は  非を思は  窓と思は  蝙蝠かと思は  面があるらしく思は  詩人の思は  中はまださほど深いとも思は  壬生念仏を思は  前に現はれたので、思は  あなたにちよつと悪いかとさへ思は  気の毒に思は  方を一寸見ましたがとてももう戻ろうとは思は  さうになって思は  宝石細工としか思は  粘液自体であるやうに思は  だらしなく思は  饒舌に思は  おかしいと思は  役であると思は  隣室に湧き起つたので思は  爺さんは思は  のが聊かもどかしく思は  シンとしてゐたので、ハッとして思は  つたのではあるまいかとも思は  鋏をいれたかとも思は  手段にさへ過ぎないと思は  略解決がつくと思は  そうにも思は  泣き乍ら寐入つたのではあるまいかとも思は  貰はうとは思は  成長を遂げてゐると思は  ものがあらうとは思は  ものを書きたいとは思は  音としか思は  知つてゐてもかくべつ有難いとも思は  なつたせゐかと思は  覺悟はもつてゐると思は  たかに思は  部分であらうと思は  ことまでは思ひ及んでゐないと思は  三百頁足らずと思は  嘘だなぞとは思は  成長したと思は  ところがあつたと思は  の子二代仁太夫と思は  教授と思は  蘭語だけではなかつたと思は  ものがあつたと思は  たかを思は  程度であつたと思は  若干穩和と思は  なだらかに流れてゐたと思は  つただらうと思は  劣つてゐたとも思は  行つたやうにも思は  士分であつたらうと思は  芸術以上ではないかと思は  役者が出て来たかと思は  頭から否定したいとは思は  言葉と思は  これよりもおもひかれよりも思は  門戸開放に過ぎると思は  ものであらうかと思は  声に打たれて、思は  意味はあつたらしく思は  つたものと思は  一つ物と思は  間柄を思は  畫もかくやと思は  牲料と思は  感じでは思は  本道らしくも思は  方法を思は  俤を見せてゐる、と思は  意義を生じたと思は  殊に久活形容詞専門と思は  従同胞共を愛してゐたとは思は  十銭銀貨を渡しに寄らうと思は  相手を認め、思は  父も思は  二十八九にもなるかと思は  要諦ではあるまいかと思は  人にも面白く思は  事を得んと思は  上演不可能と思は  安定を思は  作家はどうしても思は  三が思は  女靴下専門店に、思は  ものは少なからうし、また、観てもそんなに面白いとは思は  さもありなんと思は  影の薄いと思は  性分に通じなさうに思は  何等口を挟まうとは思は  發展して行くだらうとは、とても思は  いふ僕を可笑しいと思は  存在してゐるとは思は  不向きかとも思は  かなたと思は  反対に思は  馬琴は思は  まさかそれ程とは思は  断じて許さうとは思は  熱心なので、思は  私にはさうも思は  顔にならうとは、どうしても思は  辺にもこんなに沢山棲んでゐようとは思は  口答は出来なかつたけれど、ちつともなるほどと思は  私さうは思は  獣とは思は  矢張さうばかりは思は  其兄さんだのであつたらうと思は  時もう思は  害もないと思は  厭味と思は  七郎は駆りながら思は  お話も出来さうに思は  七郎は思は  住は思は  訴へたいとも亦思は  滿にも思は  んだとは思は  意にやとも思は  大同小異位に思は  国歌を知らずと思は  手段をのみ取らんとは思は  さまに誹りたりと思は  倣はんと思は  ざるべからずとは思は  そを善しとは思は  同人かと思は  まり悲しいとも思は  それを悲しいとは思は  花を見ても、少しも羨しいとは思は  みさかゆるのであらうかと思は  づついたものゝ終りを思は  形代ではなかつたであらうと思は  没交渉のものと思は  ぢめさが切なく思は  敗北だと思は  劣つてゐるとは思は  相談をしてゐるらしく思は  彼女は、思は  乗つてゐるとは思は  嵐が来るかと思は  ひととも思は  あたしは、さうは思は  あたしには、さう思は  さちよも思は  恩も思は  不足が有るとは思は  一見空車かと思は  ぢや無いかと思は  ジツと見やりて思は  梅子も思は  ことを聴いてお呉れでなきや、悪るく取つておいでとしか思は  ハヽヽと思は  梅子は思は  疲労を感ずると思は  順を逐うて、並べてあると思は  反省をしてもよいと思は  程と思は  同義があるからとも思は  派出したと思は  形はうたてしを思は  さまざまな思は  血筋をひいたと思は  問題にすると思は  人に嫁がうとは思は  無理だとは思は  人を思は  與へようと思は  加はらうとは思は  寫本と思は  いかが思は  身をば思は  ごとにて思は  味ひ得ぬであらう、と思は  和尚さんは思は  船人も思は  君し思は  迷惑とも思は  皆が思は  浅間しく思は  のが恥しく思は  淺間しく思は  狂人と思は  己には面白く思は  声とは思は  フランス人なりきと思は  動機があらうなんぞと思は  一人の力とは思は  僕にだつてきつとさうだとは思は  がらがらしてゐるにちがひないと思は  何か月に話し掛けてゐるかとも思は  かくも思は  爲めにさう思は  一時に倒れたかと思は  嘲弄してゐるらしくも思は  酩酊してゐると見えて、思は  効力あるべしと思は  我を利したりと思は  これを叱り諭さざるは思は  悪事とも思は  意なるべしと思は  作とは思は  これを聞きて思は  処かと思は  つまつたのかとも思は  大体は似て居るかと思は  用ゐはせぬかと思は  一切しようと思は  却つて奥床しく思は  標題であつたらうと思は  文学青年を思は  殆ど病人とは思は  之等ではないだらうと思は  亡き人も思は  煙に立ちまじり思は  へんとは思は  八重は思は  歸りたいとも思は  此處に居ようとも思はねば、居まいとも思は  身が思は  物の思は  別に郷里に帰りたいとも思は  此処に居ようとも思はねば、居まいとも思は  ところでと、思は  迷惑にも思は  電燈屋を憎いとは思は  世と思は  次男かとも思は  老爺だつたらうと思は  たかとも思は  愛慕されただらうと思は  眼をさましつつあると思は  実情でできるだらうかと思は  一変するとは思は  必要と思は  影響をうけたらうと思は  文献にありますし、さうだと思は  つたとも思は  ものを学べるとは思は  中から類型的とも思は  やつたとは思は  役者はそんなにうまいとは思は  為とは思は  晩きも、強ち怪しむに足らじと思は  道をしるべにて思は  林を見て思は  人住めるとも思は  流石に驚き、思は  つた事に思は  事にもなるとは思は  つて立ち昇るかと思は  制肘するが故にと思は  しかし、すぐに思は  腕を扼し、思は  意を得ずとも思は  一郎を、善しと思は  妾と思は  出訴により、思は  母と思は  唖かと思は  私はさうは思は  おかみさんが、又、少し足りないかと思は  母親で、思は  発見しはしないかと思は  五郎が倒れさうなので、思は  人々も、思は  この世には、とても有り得まいと思は  ことが実際有り得ようとは夢にも思は  三十二三と思は  われながらあさましく思は  杞憂と思は  誰も思は  時代よりも勝れてゐるとは思は  傍らに、思は  僕は、思は  父と思は  身につけてゐると思は  工合ひらしく思は  聳動して見ようなんぞとは思は  僕に堪へがたく思は  僕になつかしく思は  謂つた内容を含んでゐたらしく思は  相違を思は  気分的に思は  用語例らしく思は  バルタザルはさうは思は  続きだと思は  信者だらうと思は  救つて遣りたいと思は  仇敵として指さしてゐるかと思は  判断すると、さう思は  難点と思は  是には過ぎじとぞ思は  人、訝しく思は  樣に引き比べて、思は  事のあるべきとも思は  面目なしとは思は  世とも思は  上氣とも思は  積るをも思は  盛りとこそ思は  今日あるを思は  道なればにや、思は  聲するに心付き、思は  言葉のはしたなしと思は  足も思は  公達と思は  落涙し、思は  キエは、思は  見物したいとも思は  理科書とは思は  石を見出して、思は  苦心さこそと思は  友達と思は  さも失せて、思は  ″\迷惑に思は  立出るやと思は  さのみに思は  未練くさい、思は  此處にあるをも思は  我れとも思は  凡九十里とも思は  誰もなんとも思は  習慣也と思は  ば余り莫迦げた長閑さすぎると思は  キナ臭く思は  与里も思は  駄夫は思は  夕方まで帰るまいと思は  影法師かと思は  果かと思は  厭らしく思は  二十二三と思は  身体があるとも思は  顔をして思は  生存をいささか悲しく思は  蒼空を思は  みんなで、思は  臍とも思は  疊一枚もあらうかと思は  九谷とも思は  何うしても思は  身の丈よりも長いと思は  初期を思は  涙かとも思は  結果であると、思は  空言に思は  変へようと思は  ものが有ると思は  普通ではないと思は  意味にとりたいと思は  てゐなかつた、それであつたと思は  時を隔て聞いても当然と思は  却つてよかつたとも思は  方向を正しくしたと思は  小説を書かうと思は  可きではないと思は  なつてゐるらしく思は  からざるものの如く思は  余り重要には思は  いふにすぎないと思は  泡沫にすぎないと思は  年寄りとも思は  顔までが映るかと思は  なつて映るかと思は  船歌とも思は  しき人に思は  生れを思は  他の思は  すゝめられて思は  反面が思は  肉体を思は  肉体は思は  自然だとは思は  谷村は思は  容態が思は  途端、思は  のはやめたらうと思は  そうに思は  彼に釣り込まれて思は  一時に発して、思は  てゐて呉れるとは思は  二分の弟子入はそれ程好いとは思は  適任と思は  周一は、思は  新旧があらうとは思は  影響下にありと思は  要求を満たしてゐると思は  やうに売りだしたなどと思は  判断がつかうとは思は  製作順かと思は  自由暢達を思は  言つたのだとは思は  万葉を思は  ものでないかとも思は  ほかになからうと思は  此以上の句が出来ようとは思は  出所を、思は  へたと思は  時が降り過ぎるかとも思は  類型を思は  師であらうと思は  即興のものが多いと思は  上もなく喜ばしく思は  さに思は  出來ごころとは思は  ひであつたとは思は  惡者の如く思は  手紙は思は  圭一郎は思は  千登世とは思は  好きだつたらうと思は  理と思は  何十年有らうとも思は  人を尽したかと思は  交つて居はせぬかとも思は  二十貫目以上もあらうかと思は  零落士族から買つたと思は  音が為るであらうと思は  危くはありはせぬかと思は  人間業とは思は  事が出来まいと思は  殆ど消ゆるかと思は  了つたやうに思は  結集を思は  基礎を持つてゐると思は  私どもは思は  真理を呑みこませようとも思は  彼等は思は  一処に、思は  音が聞えて来るとはどうも思は  違ひではないかと思は  餓鬼を叱るもかくやらんとばかりに思は  騎兵を憎しとは思は  連中なりとぞ思は  苦とも思は  五畳敷位と思は  急に増さうとは思は  一匹一貫目以上もあらうと思は  豪華さを思は  事実らしく思は  まり、珍しいので、思は  牛商人は、思は  僕とも思は  時には思は  言葉を思は  たしかに驚いて思は  給はば思は  場所だとは思は  ころ三十と思は  育ちを思は  威力は物凄く思は  殆ど側背と思は  挙動とも思は  兵隊なら、思は  ために、思は  高僧と思は  公式的とは思は  ためと思は  八十いくつとは思は  喉と思は  限度を持ち出さうとは思は  芭蕉にならうとも思は  伊豆らしいと思は  反対だと思は  心遣ひが思は  此人に思は  利益が思は  謙兄さんが考へてゐるなんて思は  處とは思は  ア、あんなだとは思は  奴とは思は  平中は思は  位平中に思は  莫迦げたものに思は  一昨年と思は  ことを告げると、思は  炎に煽られて思は  何だか姉が恨めしく思は  みつ子は思は  想像して、思は  いましめを思は  七日ばかりは思は  失つたものが多からうと思は  幸福だとは思は  偽りがあるとは思は  人からさう思は  嘘と思は  なつてゐると思は  きものであらうと思は  るい起こりでなささうに思は  來るだらうのにと思は  美食を思は  動搖とを思は  室を薄暗く思は  つたではないかと思は  ことを寂しく思は  ことがしみじみと思は  ものを著たいと思は  興味があらうとは思は  所以だと思は  筈はないと思は  詩人であるとは思は  怪とも思は  心も思は  樣に、思は  西洋でもどうかと思は  驚異にまで導いたであらうと思は  姿が近しく思は  自己嫌悪に陥らずには居られまいと思は  単調と思は  ことかと思は  治癒が思は  光を思は  女同士ならではと思は  あとらしくも思は  彼女には思は  女である自分に、よく思は  女に思は  あたりと思は  豫てより思は  可しと思は  戲とも思は  職となさむと思は  歴史背景を思は  自叙伝と思は  把持力を思は  本領と思は  主人公は勿論、もでるを思は  行はれたらうと思は  発達とばかりは思は  予期してもよからうと思は  行つたものであらうか、といふ悶えを、常に抱いて居たらしく思は  正式であつたらうと思は  終止形から始つたとは思は  變だなと思は  幸ひを思は  つて帰つて行つたと思は  のが恐しく思は  可能と思は  危険に思は  遺憾に思は  フロラも思は  道とも思は  空想に思は  景色とは思は  つた私は、思は  叫び声をきいて、思は  マゾー伯爵ではなかつたが、思は  解決がつくまいと思は  一覧したれど思は  興を思は  結城お召かと思は  生徒が怠けるとは思は  それは思は  喜悦を思は  豫示だと思は  破裂するかと思は  自分に優りはしまいと思は  語尾は思は  倚りながら、思は  其中に織り込まれてゐるとも思は  初めだとは思は  虚構が織りこまれなければいけないと思は  殺戮を何とも思は  理不尽だと思は  假面を取りて打ちながめ、思は  しまふかと思は  劉は思は  文ちやんと思は  急に変らうとは思は  空気とは思は  意外だとは思は  小説家とならんとも思は  てゐてはならぬと思は  ほしいものに思は  年をしてと思は  もんだとは思は  個人を責めようとは思は  それがどうもわざとらしく思は  役に立てようと思は  つてしまつた彼女は、少し多すぎると思は  さうに受けながら、思は  態度ではなく、そんなにまでと思は  役者だと聞けば、なるほどとも思は  同視されて、思は  意味がないとさへ思は  小母さんだと思は  ひと際と思は  別に惨めには思は  四十に近いかと思は  それには思は  問題とは思は  否な思は  婬売に思は  ほかには見出されまいと思は  均斉を思は  ぐにやりと潰れやしまいかとさへ思は  ものでないと思は  七間程もあらうかと思は  危険であると思は  さもしいと思は  歌つてくれたと思は  一つ二つ買つて来て並べたいとは思は  厄介と思は  あはれにも思は  のだらう、とわれながら恨めしく思は  處だと思は  於て思は  所を見て思は  安定があらうとさへ思は  ものである樣に思は  姿がよく、思は  一疋と思は  斯うまであらうとは思は  岸であるとは思は  それを聞きながら思は  樣とは思は  山の上とは思は  傾向は深くなるかに思は  事ではなかろうかと思は  意にもならうかと思は  懲役八年は意外とは思は  最後かと思は  政府高官を悩ましたらしく思は  希望するであらうと思は  不道徳であるとは思は  何等不都合はないと思は  ことがあるまいと思は  病的とも思は  彼独特とも思は  本物だと思は  音に思は  つて來ると、思は  程それ程美しく思は  発作ではあるまいかと思は  それらしいと思は  滝は、思は  息を引きとるかと思は  国に営まうとは夢にも思は  稽古振りを眺めて思は  時間であるらしく思は  生徒があるらしく思は  退屈ではないかと思は  早やたそがるるかと思は  それが怪しく思は  仕儀に立至つてゐるらしく思は  顔を示したり、思は  耳にすると同時に、思は  時は、そんなに寒いとも思は  子供は生きてはゐないだらうと思は  云はないかも知れないとは思は  心を傷つけるかとも思は  厭はしく思は  空は、暮れるかと思は  ものであつたらうと思は  四聲指歸から全部拔書きをされたと思は  誤字と思は  涌には思は  ここに消えたかと思ふと、思は  位に思は  困難ではないかと思は  ものではなかつたかと思は  自虐に等しいと思は  みどりを思は  二寸はあらうと思は  何千坪とあらうかと思は  どこに潜んでゐたかと思は  しかかつたと思は  夫人は思は  所詮長くは持つまいと思は  つて達成されなければならぬと思は  ほんとうだとは思は  故郷に思は  さに勝たれて思は  呻吟するにまさると思は  色も思は  蹈みしだき躍り越え思は  処ではあるまいと思は  差違が生じはしないかと思は  革命を起すだらうと思は  いふ學んで思は  人を人臭いとも思は  遊戯とは思は  黄金造であるかと思は  蛭はあらうとは思は  用意はして居ると思は  危いとも思は  魔かと思は  人事ながら嬉しくて、思は  獣と思は  別様に、泣くか、怨むかとも思は  何じやと思は  悲嘆に暮れて泣き、思は  年増は思は  難解と思は  屋根に響いたので思は  犬とも思は  黄金丸肩をかすらして、思は  朱目ぬしに引止められて、思は  わが身も快くは思は  二匹は思は  躯はよし見ずとも、心強く思は  ことは出来まいと思は  ためだらうと思は  夢ではないかと悦んで思は  ゲヂゲヂを思は  不気味に思は  我にかへると、思は  俺は思は  瞞されてゐるとよりは思は  俺は、思は  迎合したと思は  ことはしなかつたらうと思は  さがつくづく思は  東京へかへりたく思は  ところがあらうとなどと思は  これにも増して羨ましく思は  苦勞であらうと思は  時代とは思は  言葉だとは思は  奴だとか、小憎らしいと思は  事を、思は  のがあつたらしく思は  平安朝に出来たと思は  中で、最も古いと思は  流俗の思は  愛子とは思は  何所迄も悪いとは思は  附属物としか思は  在所を止めて行けば思は  隱岐は、思は  若い後家さん綺麗だと思は  安らかにしたと思は  卓一は思は  日なら、別れられると思は  卓一は屡々思は  目覚めに思は  由子は思は  奴だと思は  野々宮は思は  めるよりも、思は  興を覚えてゐるとも思は  病的にすら思は  それがなつかしく思は  野々宮はさう思は  左門は思は  話を必ずしも信じたいとは思は  片足が思は  へやうとは思は  感動を覚えながら、思は  人も撮してをきたいと思は  文子がゐるとは思は  日はなくもがなと思は  不愍に思は  なほつてしまふかも知れないと思は  娘は思は  山脈を思は  女であつたとも思は  お歴々から編輯記者宛に思は  それも思は  沙汰とは思は  稀薄に思は  そこまで思は  挿絵を見終ると、思は  さ、と思は  やうにまで思は  木村重吉は、思は  何物も、今更あらうとは思は  心に覚えたとも思は  あまり、思は  苦痛にも思は  豊かになるばかりに思は  澄江はたまりかねて、思は  卓一はさうは思は  常識的だと思は  情炎を思は  温床を思は  仕方がないのだと思は  疾走しさうに思は  地上にただひとり取り残されたと思は  ジョーヌは思は  ひとつの新鮮を思は  ことが怖しいとは思は  不安であつたが怖ろしいとも思は  落付くだらうと思は  力はとてもないと思は  泉を思は  つてしまつたらうと思は  そ料理屋へでも呼びだしてと思は  ひとつの心を持つてゐるとは思は  私はさうとしか思は  静寂を思は  左門は一方思は  ものもないと思は  不足に思は  家へも帰れないと思は  ひたいと思は  失つたと思は  文子は思は  私共も思は  卓一だとは思は  やうに冷めたくなり、思は  身勝手に思は  可能だと思は  頼りであらうと思は  果つべきものとは思は  がちだと思は  事情は分からなかつたし、分かりたいとも思は  いふ風に思は  儚いものに思は  反駁に、思は  計算をはみだして思は  由子をみると思は  うるささから思は  満足して、思は  木村重吉は思は  混乱を時々思は  迷ひこんだとも思は  所詮解決は見当るまいと思は  不幸であるかも知れないと思は  奇蹟に思は  孤独さを思は  てゐたことも思は  今、思は  病ひとさへ思は  愚痴をいふいとまもなく、思は  のだとは決して思は  ものあるを思は  小説かかんと思は  いふ點から説明できやしないかと思は  一節が特に面白く思は  から間もないと思は  ものが大きく思は  心が又となく嬉しく思は  ヘレンは思は  兄さんはさう思は  何でもなささうに思は  ものはこんなであつたらうかと思は  其音を聞いたとは思は  暗示を受けたと思は  屁とも思は  六十に近いと思は  かくまでは行届くまいと思は  徴候的著述であると思は  ことであると思は  ことを書いて思は  関係を思は  真理であると思は  つて可哀相や思は  比もあるまいと思は  信さん贔負に思は  打算からとも思は  ものを感じながら、思は  迫つて、思は  胸中それかと思は  相違あるまいと思は  其近所と思は  石川五右衛門などを見て、思は  つて君は、さうは思は  程興味深く思は  嘘とは思は  彼は出来るとは思は  方に思は  金切声を挙げて叫ぶと、思は  叔父とも思は  嘘つき者の如く参らせられて、思は  肥つてゐるとさへ思は  後と思は  ものだ、と思は  意義が思は  神遊以外に更にあつたと思は  神楽だと思は  事も、思は  発達したと思は  加へたと思は  伝承と思は  記録であらうと思は  ほんたうだらうと思は  智慧ではないと思は  みんな嘘だと思は  巡査とは思は  誠意が有難く思は  嘘ではあるまいと思は  弟だと思は  隱しやしないかと、思は  かなふらしく思は  一寸は高からうと思は  経過が思は  だんだん前に増して美しく思は  宿命のごとく思は  手渡ししようとしてゐるかのごとく思は  目を止め、思は  妙に思は  一日曜としては思は  たっぷり食ったが、美味いとは思は  のじゃないかしらと思は  何うかと思は  蓮見も思は  場合屹度連れて出たであらうと思は  てゐないかと思は  大地から湧いて躍り出たとしか思は  路を淋しいとも思は  埃つぽいと思は  ところに落ちつくと思は  落附があると思は  音響であらうと思は  笞かと思は  母親はあるまいと思は  暑いだらうと思は  前にゐるかと思は  今年も思は  中へ飛び込んで見たいと思は  中が余りに心細く思は  のが心細く思は  戒めかとも思は  悧巧さだと思は  怜悧とに光り輝いてゐるだらうと思は  何うか悪く思は  飛びあがつてつかまへようとすると、思は  てゐたとは思は  忠実でなかつたとも思は  上演出来ないと思は  自然らしく思は  差異があらうとは思は  表現で、有難く思は  極端と思は  勝ちで、思は  上つてしまつて、思は  概があつたと思は  六ヶしいと思は  如何はしいと思は  黙り勝ちで、思は  はじめて時間割を見て、思は  言葉であらうとは思は  變更と思は  邸宅とは思は  開花を思は  盛つた大衆時代劇は演じ得まいと思は  戸惑ひしながら、然し、思は  私はかう思は  文学があらうとは思は  侮蔑を思は  適当でないと思は  人々からも認め難く思は  関係はなささうに思は  高級と思は  賞賛が嬉しかつたと見え、思は  ことか分るまいと思は  河田とは思は  外にゐると思は  特にかう思は  傷けると思は  変つたと思は  その時までは何とも思は  銀色はいかにもさうとより思は  さをいよいよ深く思は  大切に思は  もみじであるやうに思は  不可能に思は  寒いことなどは思は  歿されたとは思は  意味では恐らく無いであらうと思は  座つた姿が思は  数かくよりもはかなきは思は  歌かと思は  表現し足りないとは思は  何となく稀有の思は  手にするより早く、思は  女の美しく思は  唐突と思は  見入つてゐるごとく思は  一番大きいと思は  男だと思は  留守だと思は  ものであるとも思へば思は  しまつたのだと思は  私は決してさうとは思は  無理とは決して思は  うちに思は  間違つてはゐないと思は  種々な面倒くさいと思は  形似を思は  つて居たと思は  間違つてゐると思は  膝頭は思は  眼とを見ると、思は  証拠が出て来ないとも限らないと思は  代りに薄気味悪く思は  蓮も思は  婀娜も思は  これには思は  棧敷であるが如く思は  岬に曳くが如く思は  四五十疊と思は  つてゐた、と思は  国家意識を深く持たなかつたと思は  擬作と思は  歌と思は  重り加つたものと思は  伝つたものと思は  脱落を思は  間違ひとは思は  所を思は  止むにやまれずあげた叫びと思は  才能が思は  年長と思は  づ拓いたと思は  才人であつたと思は  作者とは思は  憐れと思は  聴手は思は  音田は思は  残つてゐるとも思は  限りなくなつかしく思は  さとともに思は  蝶は思は  方だとも思は  顧慮しなくてもと思は  どこにあらうかと思は  敗因になるだらうとは、夢にも思は  知つては居なかつたらうと思は  他界観念も出て来なかつたらうと思は  適しないと思は  習慣的にさう思は  貰つてると思は  一農夫であつたと思は  勝負らしく思は  軽挙を為すべしと思は  意識してゐたと思は  人々から悪く思は  程それがいかにも図々しく思は  ことが出来なからうと思は  怒りとも思は  男を死なさずに済んだであらうとは思は  反感であつたとは、どうしても思は  身綺麗であると思は  他人からは思は  所で達しがたいと思は  彼に好もしく思は  房一は思は  自分に着くと思は  家はないと思は  表情であると思は  ことだとしか思は  住民ではなかつたとさへ思は  土饅頭を思は  溝をとび越さうとして思は  のを見て思は  のだらう、と思は  んだらう、と思は  掛軸を思は  鼠を思は  子供を思は  これで落ちつくかと思は  ぶり返しを思は  一度もなかつたと思は  女主人公を思は  樽野は思は  無理もなく思は  樽野は、思は  亡父などは、思は  調子で、思は  変とも思は  酒乱を起す、そして思は  握手する、思は  幾度も思は  やつてると思は  ひつてゐないかと思は  買つて貰へないせゐだと思は  脱出したいと思は  二つ三つ年上かと思は  夢想に近いと思は  それを見て、思は  人の子を守るとも思は  一種と思は  神が度々に来たとも思は  のに有難いとも思は  ぢらしいとは思は  ことがめづらしく思は  男とも思は  羞しいと思は  瞰して思は  人間を思は  型ではないかと思は  面白からずと思は  日があるかと思は  寄つてゐるかと思は  優越してゐるとも思は  劣つてゐるなどとは思は  子供とは思は  この世にめづらしく思は  ことであらうとも思は  私にはめづらしく思は  影をさしてゐるとは、どうも思は  李杜王三家に及んでゐたとは、どうも思は  ものであらうとも思は  つた人とも思は  言ふほどにして、思は  言へば、さうばかりとは思は  これまた、さうばかりとは思は  末を案じたらしく思は  人であつたらうと思は  氣に思は  笑顏を見たいと思は  ためばかりとも思は  いふに、さうばかりとも思は  類の少なからうと思は  一驚するであらうと思は  ざらにあらうとも思は  てゐたらうかと思は  ところが多かつたのであらうと思は  天稟と思は  難解に思は  ことがしきりに思は  ものは、おそらく、なからうと思は  旅路の口ずさみとは思は  精神にも近いかと思は  こととも思は  自分としては、どうも、さうばかりとは思は  頃かと思は  使つたと思は  始つた様に思は  時代と思は  神遊びと思は  編纂かとも思は  碁檀越と思は  学者であつたらしく思は  人らしく思は  近代的なと思は  歌つたのだらうと思は  二人ねて居て淋しくは思は  ことばが、次第に出来たと思は  大成したと思は  作つたものと思は  頃と思は  大歌と同じいと思は  不明と思は  謡つたと思は  てゐたら、ともかく、と思は  字に執著してゐると思は  新撰万葉集が元、あつたとも思は  作つた歌曲が既にあつたらうと思は  保存せられて居たと思は  飛鳥時代以後には、もう見え出したと思は  上申したと思は  製作と思は  端を遺したらう、と思は  精神であつたと思は  悪政と思は  つて籠つてゐるからだ、と思は  すべて自ら無自覚ではないかと思は  長すぎはせぬかと思は  信用もさほどつくまいと思は  通りだと思は  斎木素子は、思は  ことは、どうか悪く思は  合ふとは思は  東京へ出たいとは思は  少女は、思は  たしかに有望ではないかと思は  たしかにさうだと思は  不可能と思は  素子はそこで、思は  天地根元造りを思は  如何やと思は  地上に描き出したと思は  不思議とも思は  標本であらうと思は  不自然と思は  ことを少しも思は  可哀想に思は  塲所も思は  さそうに思は  無謀だとしきや思は  明らかに思は  みのるは思は  結果だとしきや思は  石窟かと思は  のだとしか思は  警戒警報よそにして思は  ときうれしきは思は  腹が立ち思は  さかなも思は  作者に最も近いと思は  逢はふとは思は  癒らないとは思は  迫つた來ようとは思は  肩でする思は  すぎであるとは思は  特有と思は  杉村は思は  着眼でもないと思は  危いことだとは思は  てゐはしないかとさへ思は  薬だとも思は  余り山登りなどはしなかつただらうと思は  本で、思は  今度はそれ程恐しいとも思は  塚越さんに思は  発揮するだらうと思は  類であらうと思は  これなどは、実際さう思は  おかげぢやと思は  裏路が、すがすがしく思は  弟と似つかはしく思は  席巻されようとは思は  弘前市に負はせようとは思は  無理がないと思は  気持で思は  使つてみせなくてもよささうに思は  読者には思は  まさか私を殴りやしないだらうと思は  事ではあるまいかと思は  桜かも知れないと思は  言つたのではあるまいかと思は  反省ならば、しないはうがよいと思は  気品に打たれて、思は  上品だとは思は  訛りであらうと思は  山車と思は  祝辞で、思は  事とぞ思は  まり具体的に書かぬはうがよいと思は  一興と思は  西郷隆盛もかくやと思は  歌を聞かうとは思は  無理はないと思は  奈良よりも、佳くはないか、と思は  跡もかくやと思は  里以上もあるかと思は  事件に就いてまだ許されてゐるとは思は  はじめて見て、思は  なほさら遠く思は  まさか、来てくれるとは思は  大過ないかと思は  流布されてゐると思は  吐気を催して思は  性格に思は  女性であるやうに思は  的とも思は  養成が出来たらうと思は  たしかに誤訳だと思は  文士は思は  美人に思は  耕やさうとは思は  ぢらしく思は  ざるべしと思は  粗末にしてゐるとも思は  ことは口惜しいとは思は  別に淋しいとは思は  事実くらゐにしか思は  幸は思は  自身で思は  勿体ないやうに思は  心もちがして、思は  ためだとも思へば思は  妹であつたとは思は  舞台も広く思は  それを快く思は  伝説であつたと思は  しまつて気の毒に思は  狐は思は  銀之助は思は  他から思は  仕方がないと思は  生活を楽しく思は  免倒に思は  此人達に思は  何事かを思は  母に思は  時節柄平三にはむさくるしく思は  平三は思は  昨日今日東京から帰つたばかりとは思は  のが見えると思は  全部腐敗して出て来るかと思は  桐が何とも思は  桐が居るとも思は  急にとは思は  可変いとも思は  片鱗でも望みたいと思は  ことを聞くと思は  緊りすぎたとも思は  面白いにちがひないと思は  五郎には思は  圧へられないで思は  檻を思は  説もあつたかも知れぬと思は  関係が思は  布と思は  名前らしく思は  何事をも思は  遺憾とは思は  惡戯とも思は  瞼を射られて、思は  屬すると思は  無理ならずと思は  日を経て失くなると、何とも思は  寄つたなぞと思は  風流に思は  塵芥かと思は  つて感興を発したらしく思は  如くに醜くいとは思は  留りに思は  家があるとも思は  満悦に乗じて思は  賤しき勤めとも思は  云はず後を思は  春ぞなつかしき思は  喧嘩かとも思は  家までも聞え渡らうかと思は  した声が出るかと思は  つけと思は  人によく思は  愛してるとまでは思は  から愛されてゐるとも思は  古色を思は  はさほどにも思は  楽天的とも思は  斯うした思は  酷からうたあ思は  しるしたと思は  まじめに思は  冷やかに思は  誰にものぞかせなかつたらうと思は  懐疑的であつたと思は  露西亞らしく思は  こともあるが、とんと思は  女房、思は  時自分ながら思は  なに激しいとは思は  美智子は思は  日本人には思は  穴釣りはどうかと思は  喧嘩は当然と思は  終日釣りけるが、思は  漁史を慰むるやに思は  不調和にも思は  異様とも思は  智を知れりと思は  空を見あげて、思は  のと思は  ようなどとは思は  反射で一段と明るく思は  ことは悪く思は  おらもさう思は  一同も思は  高まつてゆくかと思は  世辞をきいて、思は  オクサーナは、思は  つて羨ましく思は  つては、好く思は  身が浸されてゐるとばかり思は  なに賤しう暮しても、少しも苦しいとは思は  當とは思は  行つたであらうと思は  のだから、さう思は  ことなど何とも思は  お前、もうそんなにハラハラ思は  身も亡びるかと思は  いくら深く思は  御門にさへ思は  來はしないかと思は  風もありはしないと思は  窕子も思は  道があらうとは思は  あなたはさうは思は  風にすら思は  登子も驚いてゐるであらうと思は  こともつらいとは思は  何う思は  窕子は思は  ことなどは少しも思は  呉葉、さうは思は  つて、さうは思は  別に怖いとも思は  さを嘆き、思は  別に怖うも思は  言つて何とも思は  心に思は  何うなるであらうと思は  彼女も思は  ならはしですから、どうか悪く思は  ろしいとは思は  不憫には思は  まま残留したかとも思は  最期を遂げようとは夢にも思は  邪念からさう思は  弦がひとりでに鳴るかとも思は  わたくしは、思は  要求したかとも思は  つどひかとも思は  汁よりも苦く思は  若旦那は思は  それで美しいではないかとも思は  娘が思は  耳傾けるかと思は  てゐようなんて、夢にも思は  なりはすまいかと思は  軒輊しようとは思は  女であらうとは思は  声をかけたらしくも思は  筈が無いと思は  充分であると思は  旅館ならと思は  楓とは思は  寒々として、濡れてもゐるかと思は  廣からうと思は  我等は思は  誰そや思は  渓を彩るであらうと思は  旅なればこそと思は  ものなればさして悲しとも思は  庭なつかしく思は  珍らしくは思は  正吉は思は  穩かではないかと思は  やうになろうとは、夢にも思は  其処を訪れたと思は  拍子に思は  母達には思は  人間がゐるとは思は  嘘つき者だと思は  他によく思は  湖を思は  ミツキイは、思は  窓が鳴つたりすると、思は  安息したいとは思は  気もちがほぐれ、思は  言葉に操られて思は  山崎は、思は  速断とも思は  オランダを思は  姿をさながら持ち伝へてゐると思は  似合ひだと思は  此経から来てゐると思は  つたのだらうと思は  物ばかりと思は  心を思は  稍後出を思は  つた日輪の思は  日想観を思は  外に持つて居ると思は  傳へてゐると思は  此經から來てゐると思は  日想觀を思は  言つた後で、思は  二十間もあらうと思は  光を見ると、思は  長生きをしようとは思は  五尺七八寸もあらうかと思は  一目で思は  気持よく思は  教室もつぶれるかと思は  時、思は  のか、さっぱり思は  ひょっと下へさがるので思は  眼も思は  十一時すぎまで思は  早熟とも思は  作つた樣に思は  讀さして思は  ハツと気づいて、思は  四郎は思は  來たので、思は  見当がつかないと思は  物音がするので、思は  宇都宮辺と思は  英詩を思は  違つて居たらうと思は  もの、としか思は  からではないかと思は  てゐたのであらうと思は  鵜呑みにしようとは思は  ことが有り得ようとは思は  識企て及ぶべしとも思は  知らないやうにも思は  むる事は露思は  山一めんに聞えたらうと思は  松吉は思は  仕草にも思は  死にはしまいかと思は  てゐやしないかと思は  つたと、思は  愚劣さが思は  夫人と思は  事としも思は  病気とは思は  逢ひたいとも思は  時があつたとは思は  無感覚であるらしく思は  づ、さう思は  今まで思は  冬とは思は  まつたとは思は  参考にならうかと思は  学生が思は  了ひたいと思は  飯豊山を思は  奥を思は  ふかと思は  うねりを思は  母親かと思は  芝居を書かうとは思は  舞臺面を持つてゐるらしく思は  物しけるに、思は  処を尋ねけるが思は  事なるべしと思は  彼に先だち行きて待つに、思は  水夫は思は  弁舌を聞きながら思は  時に、思は  哲學をばわかり易いと思は  哲學がむつかしいと思は  哲學的と思は  哲學をむつかしく思は  物をば思は  覽じ、思は  のかなとも思は  ざまだと思は  挑戦に思は  人が棲んでゐたとしか思は  迸りでるかと思は  手腕を思は  到達すると思は  彼でも思は  実戦の役に立つとは思は  白鞘に思は  時彼は、思は  もう少しで、思は  珍らしいとも思は  純潔を思は  何事も思は  ことが知りたいと思は  声に驚かされて、思は  火がつきやしないかと思は  ルターは思は  勇士とは思は  もんかと思は  效くものと思は  禍根を残しはすまいかと思は  誰がこの思は  有がたく思は  ことをうれしいとも思は  自己滿足なのであらうと思は  一臺きり通れまいと思は  地位を占めるであらうと思は  私が、思は  たゆたうてゐると思は  はつきりと聞えてゐましたが、そんなに遠いとは思は  在校中はさほどにも思は  きみは思は  聲が出るかと思は  つて來るとは夢にも思は  のを口惜しいとも思は  大阪屋は、思は  姿を眺めては思は  困難があると思は  本人の思は  つて発現したとは決して思は  捉へてくれると思は  價値如何は思は  頃を思は  上品で、思は  竹丸には思は  言ひよらんけど、さうらしいと思は  寢息が聞かれるかと思は  豐漁を思は  合理的であるとは思は  連關して居ると思は  了解されるであらうと思は  句を生み出し得ないであらうと思は  意味がありはしないかと思は  困難であらうと思は  柳かとも思は  罪であるとしか思は  仏罰を思は  自分を思は  現象と思は  二尺五六寸有らんかと思は  沙魚一疋程にも思は  地と思は  納涼を思は  時にも思は  金ヶ谷で、思は  世態を思は  大阪資本を思は  荘厳さを思は  理想的だと思は  身につまされ、思は  をかしく思は  なつてゐたかと思は  胆をつぶして、思は  のだらうとも、思は  會ひ、思は  写真屋さんがあるとは思は  星わたしや思は  グラついて思は  立ちかへるだらうと思は  安永は思は  其笑顏を思ひ、思は  男とは思は  ことは思は  謹愼とも思は  うちには、思は  今日は思は  頃にはさうも思は  人が住むでゐるとは思は  了ふかと思は  隔ツてゐるかと思は  癈頽して、今にも倒れるかと思は  通ぢやて、思は  燃え出すかと思は  十丁程と思は  キツスでもしてゐるかと思は  ことがあるとは思は  人かと思は  家を思は  前に坐りたいと思は  洗ひ落したいとまで思は  ことなぞも思は  騷ぎをしてゐた室とも思は  提起したるが如く思は  期間が、重く思は  一例として苦々しく思は  わたしに負けるとは思は  ものはなからうと思は  本当とは思は  一例だと思は  沙汰ではないかと思は  言葉だと思は  一かと思は  腕に合せて思は  四百円前後といふ思は  力と共に思は  自分までが危なく思は  方を崩してしまひはすまいかと思は  尤もらしく思は  尤らしく思は  事があらうなんぞとは、夢にも思は  わたくしには思は  張つてあるかとも思は  発見であらうと思は  盛はさぞと思は  私柄と、いやまて思は  身の丈一丈もあらうかと思は  嫁だと思は  難儀が思は  社会を思は  身分を思は  径路を思は  事かと思は  日かと思は  づ無用だと思は  恐れなんど、あるべくも思は  民子は思は  神佛とも思は  伯母を思は  名残と思は  色にも見せて、我と思は  話し声、思は  年月気にかからぬでもなかつたが、さて思は  お方と思は  事の多かるを、少しく訝しと思は  誠とは思は  歌姫越えをして、思は  どれほど心づよく思は  一抱へもあらうかと思は  実とは思は  寝室が近づいて来る、と思は  余外に大きく思は  八戒達は思は  何も、思は  島もなささうに思は  ことができ、思は  推理だけで解けるとは思は  懷しくいとしく思は  有様を見出して、思は  瞞されたとは思は  あれで、思は  話題から、思は  夢を描いて思は  出来事とは思は  天気が思は  不幸と思は  欺すなんて思は  独断だとは思は  事を苦しいとは思は  縁とも思は  存在しないかと思は  盛りをすぎたと思は  あなたを思は  旅であつたと思は  家かに住んでゐるかと思は  気持も起つて思は  つた事とも思は  臆してや見ゆらんと思は  感に堪へずや思は  国にあらはれるかどうかと思は  相州さまも思は  峻厳と申してもよろしいかと思は  苛酷と思は  まさかさうとも思は  私たちには思は  お方だつたらしく思は  つて居られたかと思は  私共にさへ、なんだかむごく、憎らしく思は  一瞬うたがはれましたほど、あやしく美しく、思は  お気が立つて居られたせゐかと思は  私たちにも思は  人から聞いて、たぶんかうでもあつたらうかと思は  私などには思は  沙汰と思は  商策としか思は  お気もなさるまいと思は  古典的でなければならぬとは思は  説明しようとすると、思は  調子を脱して、思は  場合に思は  声が出て、思は  村人達は思は  虚妄に思は  心は思は  人があるとも思は  これなりと思は  バワリアなりと思は  惚があるとは思は  能力が出来たと思は  左まで劣るべしとは思は  其他区々あるべしと思は  實感であつたらうと思は  吉ちやんは思は  淑女をこそ思は  歌とは思は  麓にて思は  沢山有之と思は  字の如く思は  美感を現すに適せりと思は  澤山有之と思は  方其美感を現すに適せりと思は  彼もあんまり馬鹿らしく、思は  貢獻したと思は  類とは思は  目的としてる如く思は  ほんたうとは思は  こと新らしく思は  そう可愛らしく思は  方だとは思は  役人衆に思は  われは、思は  頃五十には過ぎしと思は  虎狼よりも恐ろしく思は  何条主人と思は  心に任せて思は  窓を押し開き見るに、思は  卓拔を思は  つて克服されるが如く思は  それ丈けとも思は  憐れに思は  者があらうとは思は  間隙を感ずると、思は  やうな思は  少年らしく思は  文学すべきではないと思は  殆ど消滅したるかと思は  好きとは思は  浪費するよりも惜しく思は  演説になるであらうと思は  意思を忘れて居るとは思は  左樣に思は  未だと思は  永持はあるまいと思は  甚しからうと思は  計つのつて宜く有るまいと思は  ツマラヌものに思は  行はれてゐると思は  身を切られるよりもつらく思は  上まで来て思は  夏だと思は  手が延びてゐるとは思は  三昧境で、思は  んだ、安いと思は  坊主は思は  死にたいとは思は  出来事をきいて、思は  一つ不思議に思は  複雑であどけなく思は  浄雪師匠に済まぬとは思は  持具とは思は  虎杖を思は  貰つてみたく思は  別にいぶかしくも、また物足りなくも思は  ものを一層有難く思は  くちなし色を思は  ことも少なかるまいと思は  口にくり返されて居たと思は  南方支那と思は  此史実と思は  藤原京頃からと思は  意と思は  歴史と思は  一夜泊つたものと思は  やあらむ、いと思は  だにもかたみと思は  眼を伏せて、思は  杜子春は思は  杜子春は、思は  同胞と思は  資金を投じたと思は  特性であるとは思は  別に極り悪くは思は  前に置いて、やはり思は  真先に思は  てゐたであらうと思は  適当と思は  弁へもなく思は  真実ではないかと思は  身体が寒いばかりだとは思は  てゐないぞ、と思は  顔をするだらう、とまで思は  者を滅ぼすにいたらんとはわが思は  毛なきを思は  我に思は  證をほしと思は  いふ事を聞かんと思は  わが身にあるをも思は  つてあしきを思は  危險なるべきを思は  表情乃ち是詫なるを思は  私はまた思は  無事に育てばよいがと思は  民子に思は  知つた時には思は  のかなと思は  方があると思は  何から何まで見透してゐると思は  迷惑に思は  若者達だと思は  兵衞も思は  誇張だとは思は  物も思は  虚構に思は  使つてくたびれてしまふだらうと思は  道はそれほど遠いとも思は  交渉があるらしく思は  海にはいらうと思は  つても悪く思は  幸だと思は  為に枯れ果てるであろうと思は  淺薄らしく思は  化物などとは思は  もので、最も古いと思は  のが、何より嬉しく思は  當りさうにも思は  方がよからうと思は  なつたのであらうと思は  有く思は  人はそれほどに思は  屑屋は、思は  言つたと思は  刺つたものと思は  適当なるを思は  欲したりとも思は  事を説き明かし得べくも思は  髪の毛を思は  位にしか精げられないだらうと思は  誰にもよく思は  はりにでも忍び寄つて居ると思は  眼で睨まれやしないかと思は  可怪しく思は  とき、怨めしいとも思は  消息をきかうとも思は  んだとも思は  空に達するかと思は  声が高かつたので、思は  我は思は  われも思は  解決があらうとは思は  外ならぬと思は  宿命的とも思は  頃は見んとも思は  適當なるを思は  野心ありなど思は  発見なりと思は  詬評と思は  可からざる事実なるべしと思は  夢にだも思は  運命を有せりと思は  吾人の思は  乍らも、思は  輕蔑したと思は  から惡く思は  歸つたと思は  吉野は思は  靜子に思は  善を思は  汝等の動くにつれて動くを思は  中にては見分け難しと思は  らがへるを思は  影なきを思は  罰せらると思は  大なるをのみ思は  木と思は  磯之丞とは思は  胸悪くも思は  軽蔑したと思は  から悪く思は  アノ、悪く思は  帰つたと思は  静子に思は  下位にありと思は  独得とも思は  素人とは思は  反動と思は  とも余にさう思は  貰へるだらうと思は  理由もなしに只さう思は  時私に思は  つてな、悪く思は  隣の部屋から壁を射透して来るかと思は  浪費を思は  年老に思は  のが聞えるかとさへ思は  私は少しも淋しいとも心細いとも思は  人々に思は  念とに、思は  つた様に思は  不幸に思は  十四位に思は  丁稚とは思は  やうに、態とらしく思は  雪伯母は思は  奉公人やと思は  つてもう決せられて居るものの如く思は  胸を衝かれ、思は  猥セツだとは思は  不思議は無い、と思は  状を見て、思は  ことが無いには限らぬと思は  ものを無くしたいと思は  ことで有らうと思は  歳月を要すると思は  事、いで思は  拔擢しなかつたらうと思は  こと、思は  らに睡を思は  言つてあるかと思は  游離を思は  存在をも思は  転化し来れりと思は  発見すると、思は  親とも思は  彼に思は  ことともなるのであらうと思は  火事かと思は  瞬間、思は  三谷が、思は  崇高さを思は  休息を楽しんでゐるとさへ思は  土地へ行かうとも思は  飛衞も思は  いふごとく信ずと思は  汝はさとりがたしと思は  遲しと思は  群集これを思は  應はしくいはんと思は  ことも異しと思は  密ありと思は  ろくごとく思は  運行にさへまさると思は  明らかに見るはなしと思は  來ばえ思は  文字通りなりと思は  汝完からんと思は  過ぎはしないかと思は  逆上して、思は  弁護すると思は  妾は何とも思は  ことなどは忘れて、思は  企てを知り抜いてゐると思は  十分と思は  扱ひを受けてゐるとは思は  応へがあると思は  是非なくてはならぬと思は  使命であらうと思は  どこか思は  実を結ぶであらうと思は  罪悪と思は  これならと思は  批判をなし得た如く思は  先駆的運動について論じようとは思は  芽生えは、思は  困難だと思は  混濁に思は  人々にもよく知られてゐるとは思は  ミシン仕事も思は  地位を失ふまいと思は  想像能力をも超えてゐるかに思は  叫びに思は  わけではないだらうと思は  欠点と思は  例をすぐにそのまま当てはめようとは思は  延長して居ると思は  先生なればこそと思は  確かと思は  皮肉つてゐるらしく思は  まりないと見えて、思は  七里ヶ浜を思は  僕が思は  ことであらうかと思は  吾きてみれば、思は  ほさかり居て思は  日と思は  君が思は  久江が思は  幸福だと思は  骸骨は思は  筈はない、と思は  質問を放つて、思は  傍に立ちて見るに、思は  一つもうれし思は  夜風をどうして凌ぐかと思は  見込みはあるまいと思は  雄大だらうと思は  窄らしくは思は  コレリヂが勝ると思は  何を思は  危機だと思は  顔がこわれてしまひはしないかと思は  時期は来さうにもないと思は  手に取つて見ると、破くにも当らない、と思は  事を書かうとなどした、と思は  歩を止むべしとは思は  ものは、思は  ものとさへ思は  人だと思は  孤獨をいささか堪へがたく思は  満足であつたと思は  度いとは思は  ことは何とも思は  誰かが思は  虫同前に思は  東海道の思は  さが当然だと思は  剣先で書いたかと思は  何となく晩秋暮鐘の寂しきを思は  歌麿を思は  如何を思は  出板なるべしと思は  行つて住まうとは思は  風で、思は  適はしく思は  時は斯くやと思は  蔵したかと思は  塊を感じて、思は  自分のものと思は  氣味惡く思は  事が出来さうに思は  経験と思は  厳存を思は  技術であると思は  女人とは思は  面貌のたぐひなく、惜しくりりしく思は  否定せう、とは思は  連体法のらしく、思は  やつてきたとしか思は  花を摘まんと思は  却つて物足りなく思は  考はなからうと思は  結晶かと思は  公達を思は  妥当性を思は  清さんがこんなに成らうとは思は  お前はさうは思は  花とも思は  賑かに思は  姿をあまり美しいとは思は  素的だと思は  将た思は  誰か思は  將た思は  図私には面白く思は  類似してゐると思は  時私は、思は  変つてしまつたやうに思は  ぢ曲りで、そんな思は  怕れて、思は  道程を急ぐばかりであるのに、思は  岡は、思は  酒商は、思は  圧へながら、思は  圧倒されて、思は  私は息苦しくなり、思は  人二人在りとし思は  主人とは思は  爲やうとも思は  當とも思は  から面白いとも思は  左程に思は  生ではあるまいかと思は  苦痛とは思は  種族だとも思は  復りは短く思は  昔に比べて寂しく又早く思は  跡に附いて行かうとは思は  つて張りが強く、思は  張りが強く、思は  跡かと思は  つたのだとは思は  君を憎まうとは思は  気にニヤニヤと思は  狂態から醒めてゐられるだらう、と思は  つて挑発されて思は  なに清々するか解らないと思は  自分が気味悪く思は  つた時に、思は  面白い言葉だとは思は  ものをそんなに恐しく思は  自然的と思は  非情に思は  結局娯樂であると思は  かくも甘く考へられるのであらうか、などと時には思は  ひとの思は  氣短く思は  何一つ成功してゐるとは思は  電灯が消えたので思は  しまひなのではなからうと思は  問題にしようとは思は  完成から非常に遠いと思は  遊戲と思は  文章だ、と思は  みことを伝へたであらうと思は  観音信仰から出てゐるのであらうと思は  千年以上続いてゐたと思は  誤りだつたらうと思は  私から見て、思は  のを見ると、思は  朝とも思は  小菊とも思は  ヘンに思は  存在とも思は  てゐはしないかと思は  清潔に思は  誰一人災難が起つて来ようとは思は  気が利いてゐると思は  薬を飲まうとは思は  あたりにありしと思は  北半に亙りたりと思は  九州に渡りしとは思は  事實と思は  根本思想たりしを思は  田圃道を歩いてゐると思は  さも思は  つたまま葬り去られるかと思は  手紙には書いたと思は  詩を思は  さほどにも思は  何うかしようとは思は  有つてゐたとも思は  彼あまでとは思は  別に苦しく思は  活動寫眞を見るたあ思は  行つたつて先刻から笑ふが、そんなに可笑しく思は  不快に思は  都会なぞには行きたいとも思は  例外であると思は  方が無いと思は  濫觴と思は  伝統主義に附くとも思は  優劣があるとは思は  ようとは思は  ものが多からうと思は  悪と思は  体操にしても極めて面白く思は  素戔嗚が投げたにしても、届くまいと思は  無駄とも思は  名誉なりと思はば思は  名誉なりとも思はば思は  穢ないとも思は  遊びに耽れば是非思は  言つたのではないと思は  女将かと思は  師匠さんとは思は  大海人は思は  珍らしく、また世にもめでたく思は  眼には、思は  的中ぶりに呆れて、思は  不名誉には思は  描寫法と思は  多くはかうして授けられたらうと思は  つて行つたものと思は  物故と思は  行つた風俗と思は  脈絡を思は  關係を思は  言ふと思は  祭りとは思は  原形だと思は  のが多かつたと思は  沃肥を思は  姿を思は  祝詞にも色々あつたらしく思は  した事も思は  意義があると思は  文句を持つて居たらうと思は  つた事を思は  時を同じくして居るか、少し古いかと思は  姿と思は  名前と思は  一つものと思は  道教出と思は  意匠でないと思は  形代であつたらうと思は  のではないと思は  つて深く思は  作つて行つたものと思は  習慣を思は  如くにさへ思は  姿でないかと思は  物語つた様子が思は  芸術意識も出て来て居たらしく思は  演芸種目らしく思は  後身を思は  皆ある人生を思は  のは、もつと早かつたらうと思は  伝道して歩いたらしく思は  偉観を拝する思ひがいたしまして、思は  いくつか越したと思は  度に腹立たしくも思は  山と思は  棲息してゐると思は  化身ではあるまいかと思は  労をとらうとは思は  芸術を解してゐると思は  買ふもんかと思は  繁華を見下しはしないかと思は  原始的住家と思は  物だと思は  辛棒がならで戻つたと思は  方安全らしく思は  あながちさうとのみは思は  其時私は、思は  高原であるかが思は  とし子は思は  厭やだとは思は  懸隔を思は  さであつたと思は  瓜が怪しく思は  英雄であつたと思は  違つてゐると思は  大通細木香以を思は  ためだと思は  例外に属すると思は  此世とのみは思は  宣伝も思は  涙も既に乾きし如く思は  雅号であらうと思は  今でもあると思は  妾は思は  風に空とぼけられると思は  位ひに思は  風韻がかほつて、思は  気附いて、思は  極みに思は  方がよいかと思は  呪師猿楽とも並称したらしく思は  形式が思は  様に、大抵思は  外にありとも思は  ひさと言はれたと思は  山人を思は  関係がないとは思は  気の知れぬと思は  當だと思は  都邑を思は  なす事實であると思は  歯を思は  歌を嬉しく思は  後悔しないだらうと思は  乘れたと思は  小杉さんもかう思は  わけ合ひとは思は  歴史を読んで、思は  身びいきも、結句、あり難く思は  兄が、かうなると思は  弁証にしか過ぎなく思は  殊に親近なるを思は  ものも多いと思は  つて、出さなかつたらよかつた、と思は  裳と思は  人もあるが、さうは思は  世がよくない、とは思は  アと、思は  氣強く思は  苦痛とも思は  ことであつたと思は  むだとも思は  移動して来たと思は  村人であつたと思は  了うた事と思は  成語と思は  口にくり返されたと思は  船路を思は  二つとも思は  余は、思は  祝詞だとは思は  非常に多いと思は  流行したとも思は  歴史は、短くはないと思は  はる群衆をみて、思は  日本人とは思は  糸子は思は  時は然うは思は  つてゐると思は  時を思は  境涯が思は  信仰生活が思は  為ではないかと思は  あたりにあると思は  方へ帰らうとも思は  仁王像であると思は  眼を覚すと思は  沢山だらうと思は  茂作は思は  騎士には思は  爺さん牛が、思は  まり憎らしかつたので思は  そこへ這入つたのであらうと思は  彼を思は  それからそれを聞いてゐると思は  聲とは思は  人々が思は  硝子かと思は  理解は浅いと思は  月が、思は  それに思は  選であつたと思は  形容だけで足りると思は  土牛評をしたので、思は  相当筆が速いと思は  動物的だと思は  アイマイだと思は  冷酷だと思は  ことになると思は  顕はしてゆくだらうと思は  ころであらうと思は  横線と思は  中でも、ときどき思は  ぎであらうか、さうは思は  分解飛散してしまふであらうと思は  まことにこなれて取り入れられてゐると思は  不足だからだと思は  ことは面白く思は  構図主義だと思は  矢張り一見硬いと思は  自分で抱いてゐると思は  珍らしいと思は  ただ者ではないと思は  開拓を思は  彷徨してゐるとは思は  脱出すると思は  から勉強次第だと思は  惜く思は  純粋さを思は  出来だとは思は  絵を描かねばならないかと思は  中だと思は  ゴモク飯を思は  何処を見てゐるとも思は  出来が良いとも思は  女を思は  ものだと、思は  身につけてゐるかと、思は  言葉とは思は  関係があらうとは、夢にも思は  んですかさうは思は  異例と思は  罪業を思は  撞着するかに思は  つて口に入れて見ると、唯酸いばかりでたいしてうまいとも思は  優秀と思は  別と思は  万葉には無きかと思は  性格なぞはてんで書きたいと思は  山をゆき思は  來るだらうと思は  今見ても好からうと思は  をかしくも不自然だとも思は  人物は少しも出てくると思は  徑もなくなるであらうと思は  昔から美しいと思は  年期事務としてあるに過ぎないと、思は  音はたてまいと思は  なつたらしくも思は  白鳥橋だと思は  彼は、そんなに呟いて思は  彼は、さうは思は  位にさへ、思は  なほいつそうおそろしく思は  雫も滴るかと思は  ぼんとも思は  見せ場だと思は  独りでさう思は  明治三十四年より後であつたとは思は  談話筆記であらうと思は  引移つて、思は  奇異に思は  時は、思は  この世と思は  仕事と思は  人は思は  声を聞くと、思は  のよりも余程おそく思は  鶴吉は思は  末を生かしたいと思は  なつてゐるとも思は  様子を見ると、思は  自然に思は  サロンを思は  氣に入らなく思は  部屋にはひるなり、思は  蝶は、さう思は  美津子は、思は  異変も、しばしばあると思は  大騒ぎにはなるまいだらうと思は  浦島には思は  気品を有してゐるものの如く、奥ゆかしく思は  先と思は  年をかくしてゐるとは思は  兎は思は  のではあるまいか、と思は  年上ではないかと思は  變も、しばしばあると思は  奧ゆかしく思は  末に出来たと思は  勧進比丘尼だらうと思は  小僧にたのみいる、ところがあつたと覚えてゐるが、あの思は  読者は、思は  御馳走もちつとも美味しいとは思は  遊びにとりまぎれて、さほど淋しいとも思は  一寸も思は  富は思は  斷言してもよからうと思は  姿で思は  脚音を聞いて、思は  焔が吐き出たと思は  怪魚がはねたかと思は  不自然気に見える落つきが涌いて来て、思は  自分の子ながら、あんまり美しいので、思は  色だと思は  黒さんは思は  愉快ですに思は  お世話してるとでも思は  うつちやられたとは思は  可哀想だと思は  ものは書きたいとは思は  一つ以上あるとはどうしても思は  云へさうに思は  騒ぎに、思は  火勢に思は  心持が堪らなく悲しく思は  思つたり思は  腹立しく思は  受難者になりたく思は  歸らうとも思は  巣立ちを思は  からだつきをさへ思は  人々からさう思は  同業者にまで思は  内助はかくされて居たらうと思は  指を思は  益するかを、思は  うぶ、と力強く思は  社會的にも、常に若く思は  心にならうとは思は  中に住んでゐるとは思は  氣でゐたらうと思は  氣がしたであらうと思は  なほ光明を思は  ここに示されてゐないかに思は  特に派手派手しく書かれたり思は  一人かと思は  構へを思は  なつてゐたらうと思は  ことでなく思は  程度成功するだらうと思は  眞を掴みにくいと思は  ものだつたらうと思は  不潔を感じるだらうと思は  勵ますかと思は  おふくろに思は  酸味を思は  避姙法を誤まつたり、思は  風刺畫みたいに思は  影響してゐると思は  立派だと思は  ものは斯くばかり美しいかと思は  尤もだらうと思は  とつて、そして、思は  大人に思は  生存權生存權と、啼いてゐるとは思は  救はれるであらうと、思は  女性から無情に思は  迷ひを深くしてゐるだらうと思は  ぼくらには思は  ムリだと思は  商売をしようとも思は  其立て場のあつた、と思は  殆ど信じがたく思は  マオは思は  中に再び入らうとは思は  愉快だとも、乃至、面白く無いとも思は  つて、何とも思は  云つたからつて意志が無いと思は  俺には面白う思は  から私も行きたいとも思は  中頃かと思は  嫌疑が晴れまいと思は  んだらうと思は  食卓らしく思は  しまつたらうと思は  予想だらうと思は  悲鳴が思は  無限を思は  ジイドだけであつたと思は  ものに打たれて思は  村瀬は思は  ことばかりが思は  村瀬は、思は  村瀬も思は  かしが思は  違ひはないと思は  方だが、それでも、なるほどと思は  自分を情けなく思は  狂ひを思は  所以を思は  派手過ぎると思は  甚しきを思は  云つてゐると思は  眞實らしく思は  面目躍如たりだらうと思は  痛切に思は  きものとは思は  奴が一層だと思は  做してゐるらしく思は  癪に障ると思は  者とは思は  くも懷しくも思は  服裝を忌々しく思は  男女とは思は  ましに思は  殘り惜しく思は  ざる程に思は  厭はしくばかり思は  殆ど不可能に思は  對してはちつとも高いとも思は  程うまいと思は  陰氣に思は  作者だと思は  學者だと思は  慾求があらうとは如何しても思は  つて居ると思は  代表して居ると思は  男だとも思は  裕かだと思は  所にぽつさりと居ようとは思は  記憶をも去らないであらうと思は  氣がついて思は  買食ひとは思は  別に聞いて見やうとも思は  うつちやツて、や、聞かうとも思は  言を飾るとは思は  叫声に驚きて、思は  背負へると思は  ことが一歩々々恐しく思は  



前後の言葉をピックアップ
おもねり  阿る  おもねる  おもねろ  雄物川  オモハズ  面はゆ  面映ゆ  おもはゆ  面はゆい


動詞をランダムでピックアップ
述べよ受持と翔け駆け込みすたら解き明かせ揚げる追え焼きつけとっつかまおもんみれ制さ佇た食らいつい繰りかえす走り込む踊っ弁ぜいばれ付ける
形容詞をランダムでピックアップ
近くっさもしき得難いあさ忘れっぽいはかなくいじらし悲しき呪わしかっおもう可笑しゅうぶ厚い妖しくひどくめばや面倒臭やむなく白くっ潔き鈍くっ