「忌」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
忌でなければ貰ってくれと申しますと  忌な顔をしておりましたが  忌はしき疑を受けつ  忌に対して成人ほどに敏感でないと考えられて  忌ぶく  忌の候なる  忌はしく  忌だという  忌な噂を立てます  忌な陰気な商売はやめて  忌になったわ  忌になってしまった  忌な感じをあたえた  忌になる  忌な連想をいっさい振り落とした  忌な心持ちになって来た  忌な心持ちがしますよ  忌に落ち着いた  忌な感動に胸を躍らせた  忌というほどたたきつけられて  忌ってはいない  忌うてはいない  忌な感じを受けた  忌な物をすぐに取りのけようかと思ったが  忌な心持ちを起こさせない  忌にこもっていられる  忌にこもり出すと  忌も違えがてら  忌違えに皆が出かけると云う  忌な顔を見せない  忌になって来た  忌な思いをさせられた  忌な心持ちになった  忌とは言われなくなった  忌といっても  忌な顔を見せられる  忌でもあろうが我慢して行ってくれと重ねて言った  忌にてかてかと光らせて  忌満てば到底里方へ帰らねばならぬ  忌の満つる日となれば  忌はしき名を謠はれながら  忌はしき疫が全村に蔓延した  忌はしい  忌といえば  忌はしき魔鳥の翼に似て  忌嫌う政宗の意は非とすべきでは  忌嫌われた  忌嫌われ  忌な感じを惹き起される  忌がることとなる  忌ともいっていた  忌籠る例が幾らもある  忌の日・日忌み  忌を守らぬ  忌な笑いをみせました  忌な心持をさせられるので  忌はしい  忌な名の附いていた  忌な年だったと言い暮らしている  忌がらせたという  忌がられるかというと  忌な顔をせずにはいられなかった  忌だと言い切った  忌に笑った  忌の神に当るという  忌嫌っていたが  忌な名の付いていた  忌が応でも持参金の五百両を附けて戻さなければならなかった  忌な婿を取らなければならない  忌っている  忌を過ぎても  忌のお迎えと相成るので  忌しがった  忌な心持になった  忌なことでもあった  忌な心持にもなったけれど  忌らしさをさえ感じた  忌になりますね  忌だと言われると  忌な心持になる  忌だと云はれると  忌でも相当の寄附をしなければならない  忌にぎすついて来たが  忌な心持はありませんね  忌だから遣らない  忌しい嫌疑を受けて  忌に御丁寧な挨拶をして  忌になるわい  忌な気持になりました  忌がるにきまっている  忌な因縁になりました  忌には次編を出すといってある  忌がられ  忌われて二束三文だったそこの土地を材木屋の先代が買い取って  忌がるお道を無理にこの屋敷へ呼び戻して  忌でも応でも一度は二階へあがって  忌がるのも無理はないと思われた  忌がっている  忌な伝説が残っている  忌がっていたから  忌がって寄り付かねえ  忌でも泥仕合いをするより  忌な奴に逢ったとは思いながら  忌がる娘を無理に連れて帰ったが  忌な話ばかり聞かされる  忌な話を聞かされた  忌な噂がたびたび続く  忌な顔をして  忌な噂を知っているので  忌なことばかり続くので  忌だと云って  忌になりましたが  忌な刺青のある  忌も応も云わせねえ  忌がらせを云う  忌らしくみえて  忌に影のうすい婆が突っ立っている  忌な眼をして  忌な空合いになって来ましたね  忌がるので困ります  忌な心持でなりません  忌なこともしねえ  忌に蒸して  忌な心持がしましたよ  忌だと云う  忌だというので  忌だとも云え  忌な噂のある  忌な笑い顔をして  忌な匂いがしますね  忌なことがあった  忌になるぜ  忌でも応でもここを通らなければならない  忌な噂があるから  忌とは云われません  忌な顔をしないで  忌とも云われない  忌に服し  忌な噂がそれからそれへと続くので  忌にねちねちしていて  忌なことがある  忌でもそれを跨いで通らなければならない  忌でもこの幽霊を押し退けて行かなければならないので  忌だとお半が云う  忌がられたりする  忌も応も云われないので  忌な噂ばかり続くので  忌な心持になりました  忌がらせて  忌でも取り外さなければならない  忌なことを云われ  忌だと云えば  忌とも云え  忌とは云われない破  忌でも時々見る  忌にこぐらかっている  忌でも応でもその魚を納めなければならない  忌になって仕舞うな  忌はしき事を見  忌が応でも命を取らるる  忌はし  忌な夢をみたので  忌はしさうに  忌を怖れてすげなく断ったに反して  忌な顔に変ってゆく  忌な心持になっている  忌になります  忌がるものを無理に納得させた  忌なものであるかの如く考えました  忌嫌う我児を愛育した  忌しい  忌しい取沙汰なぞを信用出来ようか  忌がる賤職に従事していた  忌がる役儀を引き受けて  忌だと云ふ  忌にこもっていた  忌の青摺りを模様にした  忌はしき愛縛となりて  忌も過ごしてから  忌がもう済んだだろうね  忌籠りの念仏をさせる  忌の明ける  忌籠りをして  忌も済んだ  忌籠りする  忌が済んで  忌の日が残っている  忌の明けるまで籠っている  忌におこもりになっても  忌の残りが幾日もある  忌を済ませましてから  忌の残りの日も少なくなった  忌の来る  忌になった  忌だと言う  忌な眼を光らせて  忌でも応でも毎日配達されて  忌はしき一女子の色に迷うて  忌はしげに顏背けて  忌な事を致しますから  忌な奴らだとは思ったが  忌なこと続きだった  忌になったという  忌しい別荘にいる  忌はしげにみよ子の前に投げ出した  忌も明けない  忌嫌う間違ッた人も有うけれど  忌な夢をみたから  忌にも内報して  忌の邸内に飛び込んで  忌に七宝帯を賜わった  忌の枕もとに降り立った  忌な臭いがする  忌な臭いはひと月ほども消えなかった  忌が明けた  忌とわしい  忌なことを言っておどした  忌がある  忌ならば一緒に死んでくれという  忌を終り  忌はしき理想の奴隷となるなり  忌な夢を見て  忌な夢を見たというじゃあないか  忌がらせをいう  忌になつてしまふわ  忌な名を付けられた  忌もおこたりてはたらけど  忌になったので  

~ 忌[名詞]1
中に忌は  穢の忌に対して  一年の忌  七箇日の忌の  手前けふは忌に  眼もあらぬ忌は  のは忌  いろいろの忌  ことは忌  人たちは忌に  心に忌  のが忌に  他日これらの忌  のも忌  綱を忌っては  そちを忌  一種の忌  骸骨をみせて忌  静かに忌に  それに忌も  奥様を忌  たびごとに言うに言われない忌  わたしも忌とは  親類たちに忌  顔を忌に  世上に忌は  方が忌  昔話だから忌  ッて忌  半天を蔽うた忌は  殉死を忌  ように忌  見方によっては忌  のを忌  それを忌とも  たびに忌  不愉快な忌は  松などという忌  頭を去らない忌は  男を忌  傾城に忌が  亭主としては忌  喜介は忌に  鍛冶屋を忌  自分の忌は  宗蔵を忌  離婚するには忌が  父さんは忌  人身御供にあげられて忌  丞は忌でも  先刻から忌って  百日の忌を  三年の忌の  うして忌は  峰は忌  平生戦争を忌は  何か忌  生理的な忌  鰻を見ただけでも忌  ような忌  頃は忌に  彼様な忌  官員は忌  夫が忌  道庵は忌に  肉が浮び出すほど忌に  それは忌  翌年の忌には  やつが忌  身ぶるいして忌  蝶が忌  蝶坊が忌  あれほど忌  池という忌  ところで忌  杉さんの忌  母さんは忌  桂庵でも忌  姉さんが忌  のが忌  婆は忌  夕立は降るまえが忌に  大は忌  あいつに窘められるかと思うと忌に  家は忌  昔から忌  ほんとうに忌  内にも忌  ことを忌  いくら商売でも忌に  指図だから忌とは  それを忌とも  女たちは忌  観世物なぞは忌  小料理屋を忌  指図で忌とも  何が忌に  夫は忌は  一方は忌を  のも忌に  他人の忌は  人の忌  たぐいの忌  なかは忌に  ひょっとして忌  君に対する忌  事を忌  他人の忌  これを忌  ことが忌  忌なら忌で  賤しめられて忌  今日まで忌に  後には忌は  四十九日の忌も  御息所の忌が  僧たちを集めて忌  結局四十九日の忌の  人たちが忌  女王の忌の  自身が忌に  一年の忌の  急に忌に  妹は忌  帰省を忌  新聞は忌でも  予想するだに忌は  すも忌は  俄に忌は  鶏を飼うを忌  番頭さんが嫉んで忌  らぬだに忌は  ここには忌  生活が忌に  探偵を忌  城中いっぱいに忌  四十九日の忌が  特種の忌は  彼らの忌  らが忌  ホントに忌に  幽霊草とかいう忌  父母の忌も  おれは忌  それだから忌  

~ 忌[名詞]2
まんざら忌  決して忌  なんだか忌  そんなに忌  もう忌  まったく忌  どうも忌  最も忌  ますます忌  なんとなく忌  こんなに忌  この忌  こうした忌  いよいよ忌  その忌  遂に忌  あの忌  まことに忌  もっと忌  ふと忌  何だか忌  ひどく忌  なぜ忌  重ねがさね忌  こんな忌  どうしても忌  先ず忌  にやりと忌  ちっとも忌  すこし忌  飽くまでも忌  なにしろ忌  そんな忌  又もや忌  そのまま忌  けだし忌  とりわけ忌  まだ忌  いつも忌  ない忌  

複合名詞
達麿忌  忌花  祖母忌  亡母四十七年忌  忌寸奧麻呂  忌違  親鸞忌  一週忌  忌味  蕪村忌  蕪村忌写真中余  忌ぢ  何もかも忌  來厭忌  可忌  忌そう  忌年  高祖忌執行  十七年忌  三十七年忌  忌日々  忌ム者  道念ニヨリテ行ハレザルナラバ忌ムベキ婦人勞働トナリ婦人參政權運動トナルベシ  忌ア  いや忌  小忌  忌むとしてござります  正忌  たび先代一週忌  十三年忌  斎忌  梅若忌  国幣中社大物忌神社  苗忌竹  斎忌制  商売忌敵  なぜだか忌  忌森  五十日忌  忌神  暮鳥忌磯濱  一週忌  諱忌  忌斎  月舟忌  忌ごろ  忌言葉  忌会  忌名  子規忌  らん五百年忌供養  忌宮  忌嫌  忌ニ七月七日  乃木大将忌  百カ日忌  忌気  忌縁  そりゃあ忌  忌応  三十年忌  忌忌  回忌  昨今忌  一千一百年忌  七七忌  蕪村忌小会  忌むところとなつて崋山  河童忌  忌人  二忌  忌しき  独り忌  開山忌  忌垣  落し忌  忌嫌い候様子  忌衣竹  忌月  忌衣  ソレカラ忌命ガ明イタカラ  如く排忌  忌明  日忌  フィリップ尊者忌  糸瓜忌  解忌  浮世絵師鈴木春信百五十年忌  鈴木春信百五十年忌法会執行  忌むにいたれり  紀記己忌帰幾機基奇綺騎寄  一千三百年忌  代り三年忌  日蓮忌  忌あけ  憚り忌むところあらむや  五七日忌前  慶忌  人麿忌  三十五日忌  三百年忌  松花堂忌  忌隈  忌部氏  五十年忌歌念仏  いつか忌  命忌人忌瓮忌矢石寸  ヘーゲル百年忌  帰己紀記忌幾機基奇綺騎寄気既  其時小忌  忌柱  日本斎忌考  親鸞七百年忌  七百年忌  弥太郎忌  



前後の言葉をピックアップ
意味あい  いみ  忌み  いみ  伊美  イミ  意味合い  いみき  忌み嫌い  忌み嫌う


動詞をランダムでピックアップ
みのがせそやそ歩み寄るでんぐり返っ折れ合っ落着き払っ越そ押し寄せ取り外せ脱がせる背負え見え透きかき寄せよ出回っ囁やか勿体ぶれ真面目くさっいっしょ爪立とつれこも
形容詞をランダムでピックアップ
花々しうたがいぶかい得難きかゆかっ聞きにくいてっとりばやいならびない弱けれ拙い空恐ろしゅういまわしきぽかっ仲良汚らしい分別らしき堅し願わしき凄まじく泥臭い