「徒」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
徒は止むなく  徒と変じて  徒になってしまう  徒といわなきゃならん  徒を英雄となし得ようか  徒とならし  徒を貶す  徒と笑ふであらう  徒に比す  徒に退く  徒に流した  徒に消え去ってゆく  徒を待って  徒であるのを慣わしといたします  徒などが彼等の中へ飛び込めば  徒になして  徒となった  徒となって  徒の従事する  徒はあまり頭のいい先生にうっかり助言を請うてはいけない  徒だといふ  徒の書いた  徒とか人のいやしがる  徒を翻弄する  徒に人に教へたがるよりは  徒である幸村の兵に一歩も退く  徒をして  徒のためかつは徳川の懐かしき趣味のため御奮闘ありがたく奉  徒多き今の文界なれば  徒と祭司とに守られながら  徒と言はるべきであらう  徒にした  徒だつたとは言ひきれません  徒なる花の開落にあらずして  徒が立ち廻るからな  徒のようになっていて  徒を討伐する  徒を追い  徒を懲らすべきである  徒と呼ばれていたくありません  徒の手から逃げて  徒の自由になるまいとおもいまして  徒と誹られるよりは  徒の言に過られ給わぬ  徒を見給い  徒に立って行く  徒でないことを早くも認めて  徒と何ら選ぶ  徒とはいえ  徒がみな拠って  徒が集まって来て  徒されて  徒が浅慮にも私利私慾に乗ぜられて  徒を汎稱して  徒の中にも猶本性の善を認めて  徒に吠えただけである  徒に照  徒が政治を行なうとすれば  徒に対して道を宣伝し  徒に外ならぬ  徒に非ずといふ意味よりはもつと  徒をすべてエトリと呼んでいたらしい  徒にもそれが及んで行った  徒に親近すべからずと云ったのに  徒が白刃で真向から切付ける  徒の手といい足といい首胴の差別なく巻き付いている  徒は苦しそうな顔をして  徒に震える  徒なんてものはシルコ屋なんかへ来ない  徒があった  徒として取り遺された  徒としてこれを待遇した  徒であらねばならぬ  徒を加えるくらいである  徒が続出した  徒から出たが  徒をもシュクと呼ぶに至った  徒も鷹を使って  徒を評して  徒のすべてが餌取  徒が特に賤民として差別された  徒は神罰を蒙るが  徒を忌んだ  徒までもその仲間に看做し  徒を支配するの  徒の中には自然この卑職に流れた  徒として土器を焼き  徒であったにほかならぬ  徒であったと解せられる  徒をも教化した  徒は常に鹿の皮衣を着  徒を以て任じ  徒をも疎外する  徒を収容せず  徒は四国九州のあたりまで広がっているが  徒に走ったらしい  徒を云う  徒であると云う  徒と同日に談ずべき  徒ともなり  徒が活きんが  徒忽ちに跋扈を極め迷信を助長し  徒だ後世を誤る  徒の形骸にのみ虚勢を張って居ります  徒は返されません  徒の村田を書生に住みこませて  徒に催促の手紙を書いて  徒に肥大硬化した  徒が後世までも自ら空也上人の門流たることを自認していた  徒となったので  徒にチャセン或いはササラの称ある  徒を指し  徒に威す  徒やパリサイの徒を罵  徒やパリサイの徒は今日でも私かにこの盗人に賛成してゐる  徒の堪え得る  徒の名誉とする  徒の本領とする  徒を済度し  徒が次第に多くなり  徒を末派に有している  徒が遊芸に由って  徒の生活状態または社会上の地位に一々の区別があった  徒からみれば  徒を尊敬して  徒が村里に付属し  徒に出でた  徒の中から柳田君の数え上げられた  徒から出でても  徒の如き  徒の中の特に低くなったものの  徒と同じ仲間と解せられる  徒が住んでおった  徒となったと  徒が尻を据えた  徒であったことに思い合わせると  徒の大切に尊崇する  徒に祭られ  徒なる田楽法師から変形した  徒が唱門師と呼ばれ  徒として認められていたという  徒が多くこれに流れ込んだ  徒はその雄者ともいうべく  徒であったのみならず  徒の祖先も必ず参加していたに  徒を呼んで  徒からして  徒であるとする  徒と同じ流れを汲む  徒の住みついたと解した  徒には手の出ぬせゐでもあり  徒に嘆くは止めよ  徒の為事の様に見えるだけであります  徒に開かれて閉されるばかりである  徒に新菓のみを工夫して  徒なる解釈をこれに試みたくないと思う  徒の横行闊歩して居る  徒の一人であつたかれが  徒の行する  徒を罵りはじめた  徒が蒙った  徒に伍し  徒が良民から賤民視されて卑しめられた  徒といえども  徒走した  徒に外國語の説明者になりたくない  徒を生ぜしめたる  徒を凌辱する  徒は常に農民の上に位し  徒に言いたい  徒に知られざりしは  徒とこれを楽しむに止まれり  徒とみなされる  徒ではないと或る人は弁護する  徒を殺害する  徒に代へて  徒に處すると  徒と速断してはいけません  徒も仏もこれを許し給うとある  徒が冬籠りしていた  徒や疎かには出来ぬ  徒と解し  徒でありながら時代の痴呆性をさとらず  徒らしい古木の洞穴には梟があの怖らしい両眼で月を睨みながら  徒を捕縛し  徒であると思っている  徒を嫌つてゐたらしい  徒と睨めあっている  徒でやっつける  徒をとらえて行われている  徒歩いてルモイにいたり  徒にみごと一ぱい食わせられましたね  徒に過ぎずとしているが  徒でさえもやった  徒と見られるが  徒は聞け  徒を集めて  徒でもあろうかと思われるにも拘らず  徒をつれて引返す  徒の姿をまねた  徒の四人が先になる  徒を蓄えて  徒が跳梁する  徒にして  徒にあらず  徒には受けとれ  徒は周囲の人を喜ばす  徒は首斬るぞと  徒な男性に対する反抗によるものではありません  徒に委するに似たり  徒は彼の門へよしみを通じてゆき  徒を誅伐して  徒ずらになが引かせる  徒に責めるばかりで  徒に対して給仕女が更に恐るる  徒の陰謀ではないかと探ってみたが  徒に利用され  徒に拙稿の紙数を増して  徒ははなはだ惑う  徒なるものありて  徒あるいは洋学の初歩に通じたるあり  徒は公然言論をもって  徒であるとすれば  徒によって乱の因をなすばかり  徒の習い  徒も出た  徒だ外界と縁遠くなったのみならず  徒に日を送るを  徒のみに独占せしめられた  徒へ教書を触れまわした  徒の迫害を受ける  徒は深く教を信じ  徒もここに来り  徒の苦心を待つて成れる  徒を侮辱するも  徒が続出して  徒の小宿でもするか  徒に聞いて  徒に天下を引渡したるは  徒に未来派の美術を迎ふるが如き  徒は穴の底から歓喜にふるえる  徒にはあくまで反対する  徒に男女の痴情を種とする  徒の製作した  徒もある  徒が真の運命共同体への本能の愛に目ざめぬからだ  徒と終日遊び暮していた  徒とて確ではござりませな  徒ではござりませぬ  徒なことを恥ずかしくも浅ましいことに思わないでも  徒としてあげている  徒らしい三名の武士と古道具屋のおやじとのつごう  徒に運命を論ずるが如きは  徒歩いて帰らなくてはならない  徒に限られていた  徒の続出とならねばなりません  徒であっても腕次第働き  徒たらしめ  徒に虐げられて  徒に悪を懲らす  徒に相済みませんを  徒の春の夜の焚火に焼けて  徒が立身出世して  徒が武技を練磨して  徒が賤者と見られて  徒の出る  徒が錦繍を身に纏うて  徒を諭しては  徒が功利的口実の便宜となるのみにして  徒からなってる  徒に現実の餌食となる  徒の跳梁を免れていた  徒が繁殖を遂げた  徒が時を得顔にのさばって  徒なかなしみを湧きた  徒がみんなこの山に集まって来て  徒に堕しきっているという  徒に眠り  徒を信用しない  徒を解雇するが  徒と交際られ  徒にすぎて  徒に気韻の高きをいふ  徒よおほかたのほ  徒と化した  徒に悲み憤って  徒と応対していると  徒が辞表を奉呈する  徒の友なる  徒の招きでここへ押上った  徒に心を合はせ  徒ならば知らぬ  徒が共産党の仮面を冠って潜入した  徒に徳利を林立させてゐる  徒の食物となりて痩せる  徒に心を傷まし  徒とは違う  徒を集めて教えていました  徒になって  徒が存在するらしい  徒の寺に懸けあった  徒ならざるものを俘囚と称し  徒となり  徒で渡るも  徒を集め  徒ならず見えけり  徒は度たび滝田君に厄介をかけた  徒その弟子と称し  徒が洩れ聞いて  徒がこれに抗して  徒皆両手で盃を持つ  徒が信仰した  徒と見られているらしい  徒に探した  徒はともに語るに足らない  徒の事蹟を記せるを以て  徒の及ばざる  徒に到るまで  徒も一辞を賛くる  徒で歩いて  徒に騒ぐ  徒に比するの  徒に其名を残すのみとなった  徒に向って  徒と來ると一滴も口にする  徒に未決監に送り来れる  徒は慚死すべしなど  徒と交はるだも  徒にて口舌以上の活動をせんといふ  徒に大きくして  徒ならいざ知らず  徒は奴隷廃止が実行となつて現はれ  徒の頭目由井正雪を駿府の旅宿で縛めようとした  徒と肩を並べた  徒は人間能力の限界について厳正なる批判を下すべき  徒を生み出して  徒の者も七八十人付き添って  徒かも知れぬのう  徒に考えて  徒に疲れてしまって  徒と交わられ  徒が集り生ぜざるを得ない  徒としての基本点がかかっている  徒にふえて行く  徒歩いではお困りでございましょう  徒と同じような運命を辿っていたが  徒がつとにこの飲料を用いた  徒の先験的洞察に対しては言語はただ思想の妨害となる  徒は事物の内面的精神と直接交通しようと志し  徒たりとも口にする  徒あるきであるから捗どらず  徒はここに水浴して  徒であると認められて  徒となる  徒である事を思えば  徒の及ぶ  徒なるに似たり  徒ともなる  徒ではなかろうかとも考えてみた  徒に婦人の口を噤して  徒に我身中の美を吹聴するは  徒に限って  徒であることをすぐに認めた  徒と思ひしが  徒と共に考索する  徒に狼狽えて  徒とわかたれ  徒を見たり  徒となれる  徒を葬れる  徒と見  徒おほ  徒となっては  徒に陥らないという  徒に歩む  徒にて逃げつ  徒に俗慾に腐心するの  徒のはじまりは  徒の中にまじつたとすれば  徒は忽ちわが身辺を揣摩して  徒多く岡の上に灯火見え伏鉦の音聞えたり  徒に至りては  徒はこの翁を父親のように思いて  徒を中心とした  徒の演芸種目らしく思はれる  徒と等しい賤称と冷遇とを受けて居た  徒の間から生れた  徒は浅薄なる俗人的理想を悦ぶ  徒にはあらざるか  徒に近づく  徒を交えている  徒の堕落した  徒なるを信ずべし  徒に紙を費して寫し  徒を笑殺する  徒なりとし  徒に学的な野心と刺激とを与えずには置かないだろうと思う  徒の一人でありたいと願っている  徒に日をふれば  徒が因果を説いた  徒が困難な航海の後に九州に着いた  徒も少なからずこの帰化人の社会から出た  徒が益したる  徒をファンと呼ぶ  徒から賞味されるにも拘わらず  徒にものな言ひそと  徒にもえぞ立ちぬる  徒が攻めて来た  徒になるも  徒がそっちへ走って  徒が持ち去ってしまった  徒もまた閔の徒に異ならざる  徒と排して  徒の文芸思惟などでは遠くとどかない  徒な作為を弄した  徒にむかって  

~ 徒[名詞]1
学究の徒は  放蕩飲酒の徒と  不良の徒  白粉が徒に  軽薄の徒と  北条の徒を  空言の徒と  勤むる勇猛の徒を  薄志弱行の徒と  豪家の徒に  遠くへ徒  それにふれて来たからには徒に  新進気鋭の徒を  一知半解の徒  亡命の徒などが  無頼の徒の  身を徒に  家の子郎等の徒と  者の徒と  非人の徒の  研学の徒は  忘恩の徒  異端邪宗の徒  売文の徒の  文の徒とか  ここには徒  凡下の徒を  無頼の徒  合の徒  歿後われら後学の徒を  われら芸術主義の徒の  永井荷風様侍史張目飛耳の徒  智の徒で  今日日蓮の徒の  ジロンド党の徒や  パリサイの徒と  パリサイの徒も  所謂小乗の徒  所謂大乗の徒と  これらの徒は  売文の徒に  行ふ徒  市井無頼の徒の  浮浪の徒が  不義不逞の徒を  英傑豪雄の徒も  利敵の徒を  忘恩の徒を  物乞いの徒  緑林の徒  緑林の徒と  しきも徒  忘恩の徒と  惰弱な徒の  不仁の徒を  売卜の徒  市井無頼の徒と  芸術の徒とは  馬忠らの徒が  傅士仁の徒は  耳食の徒が  不安などに徒  附和雷同の徒  買収された徒が  ほかの徒の  伶人の徒  一切売色の徒  現代の徒と  所謂謀叛の徒の  編者此等の徒を  凶惡無慚の徒の  パリサイの徒に  パリサイの徒は  寺内内閣の徒のみが  併し徒に  これらの徒に対して  不良の徒では  不良の徒は  衒學の徒  ウイリアム・ブレークの徒  ファッショの徒に  未開野蕃の徒に  占むる一般浮浪者の徒にも  小屋者の徒  漁捕の徒に  唇が徒に  学究の徒なんて  奴婢の徒  賤者階級の徒が  奴婢の徒では  水呑百姓の徒  駆使丁の徒は  雑戸の徒として  間人の徒として  賤民の徒で  雑戸の徒を  浮浪の徒  濫僧の徒が  濫僧の徒は  漁夫狩人の徒も  ホカイビトの徒  濫僧の徒の  シュクの徒の  天皇以外貴紳の徒も  濫僧の徒を  肉食の徒  家人奴婢の徒が  肉食の徒は  者の徒を  漁師の徒までも  非人の徒を  これらの徒が  彼らの徒の  雑工業者の徒の  非人法師の徒  三昧聖の徒  猟師の徒をも  俗法師の徒を以て  非人法師の徒をも  鉢叩きの徒と  鉦打の徒は  鉢叩きの徒  下司法師の徒  小乗阿羅漢の徒を  声聞の徒  下司法師原の徒と  シュクの徒とも  道薫坊の徒の  下り者の徒の  奸催眠術者の徒  修道生活の徒の  置ては徒  家康如水の徒  北条恩顧の徒では  学究の徒の  腹心の徒の  ハイカラ流の徒  末流者の徒  ハチヤ・チャセンの徒が  中間法師の徒と  これ彼らの徒に  殺生の徒  所法師の徒  臣連伴造国造の徒のみ  奴隷の徒を  化外無籍の徒が  大方女中なんかを徒に  サドカイの徒や  智無学の徒を  平々凡々の徒の  むしろかの徒の  出家脱俗の徒の  魑魅魍魎の徒を  茶筅の徒を  浮浪の徒と  鉦打茶筅の徒は  此の徒が  菩薩の徒から  田楽法師の徒と  唱門師の徒と  浄人の徒  エタの徒の  鉢屋の徒が  これらの徒の  俗法師の徒から  大和万歳の徒の  陰陽師の徒の  鉦打の徒の  俗法師の徒  浄人の徒と  陰陽師の徒が  その他浮浪民の徒が  唱門師の徒  横行などの徒と  申楽の徒の  猿楽の徒に  猿楽の徒は  女巫の徒が  声聞師の徒として  声聞師の徒が  筒井の徒は  万歳法師の徒  箸尾万歳の徒の  エタの徒と  サガリの徒を  サガリの徒  唱門と呼ばれた徒から  陰陽師の徒  職業上右の徒と  渡り巫の徒の  我我売文の徒には  万葉集研究の徒に  裳裾にかかれ徒に  一唱門師の徒の  仕事鞄は徒に  杵の如きも徒に  芍薬の徒に  凡庸の徒では  曲学阿世の徒は  ピカドンの徒は  放浪の徒  デカダンの徒の  婆羅門の徒の  背盟の徒を  背盟の徒の  背盟の徒が  浮浪漂泊の徒に  遊藝人の徒が  乞食の徒と  乞食芸人の徒  ものや徒に  百余哩を徒  彼等不平の徒を  耕貪食の徒は  曲学阿世の徒で  識の徒に  わが国を誣いようとする徒に  忘恩の徒では  パリサイの徒  亞流の徒  青年時代を徒  有志の徒を  杖を以て徒に  志ばかり徒に  二年の徒に  江戸趣味の徒と  悪逆の徒も  ならず者の徒  厭世の徒と  蔵元屋では徒や  花鳥風月の徒と  学究の徒  念仏の徒で  浮浪の徒を  政商の徒  文人墨客の徒を  無頼の徒と  不信の徒では  随時不信の徒を  天塩海岸を徒  文字通り不逞の徒  夜盗の徒  好学の徒  正義温情の徒に  無頼の徒では  遊侠の徒に  遊侠の徒でさえ  大胆不敵の徒と  邪悪の徒は  バスに徒  奸小の徒を  無頼の徒を  無宿浮浪の徒でも  茂太郎の徒を  不良の徒の  こち徒の  暴悪の徒を  不逞の徒が  在京有志の徒に  矯飾の徒に  風にこち徒には  男まさりの徒  諧謔の徒は  悪事濫行におよぶ徒は  優倡の徒に  不平の徒は  義貞一類の徒を  尊氏一類の徒にとって  幕を徒  穩の徒の  無頼の徒に  其等無頼の徒に対して  不逞の徒の  待構へてゐる徒で  かしと待ち構えている徒  庸俗の徒は  頑愚固陋の徒  有志の徒  末流の徒は  切支丹宗門の徒  一味の徒  販の徒も  ッて徒に  落伍者の徒  一族家臣の徒へ  弓矢の徒では  宗門の徒の  凡そ宗門の徒は  道順をおって徒  丸山の徒も  丸山の徒  売文の徒を  年少不良の徒の  事は徒に  薩長の徒に  キリストの徒は  井蛙の徒には  広大の徒  豪傑の徒  信仰の徒と  学芸の徒が  中世念仏の徒の  不良の徒と  呻吟するの徒と  空想の徒  異学の徒として  フォイエルバッハの徒で  毛利に通じている徒が  小山まで徒  俳優の徒の  者の徒に  猟人の徒の  失業の徒の  非人の徒  芸術の徒としての  叡山の徒に  善を勧め徒に  ら中騒いでた徒に  浮浪の徒の  奴婢の徒が  河原者の徒が  傀儡子の徒が  煩悩の徒  放蕩無頼の徒を  脱藩浮浪の徒の  保守頑冥の徒が  無為の徒から  ラエーフスキイの徒の  他日ラエーフスキイの徒が  ラエーフスキイの徒が  徒手遊食の徒に  徒に眠り徒に  セシルの徒を  ジョンの徒を  意地悪の徒  遊侠の徒と  ガスコーニュの徒  時は徒に  正道に入り立つ徒  無学な徒と  風靡するの徒が  遊侠無頼の徒  それらの徒の  戊午年以来種々姦吏の徒に  乞丐の徒には  無頼の徒が  円頂の徒とは  江戸で徒を  のも徒に  僧道巫覡の徒の  匹夫の徒  基督の徒と  迷信の徒でも  ヒトラーの徒  異学の徒を  進藤の徒  僕等年少の徒は  局外の徒が  凝りの徒が  遊芸の徒が  浮薄の徒と  奥まで徒に  卑賤な徒で  ような徒は  吉利支丹の徒の  張三李四の徒も  凡庸の徒の  田楽法師の徒に  夏の徒も  片道を徒で  観光団は徒に  管晏の徒に  パリサイの徒の  不義の徒に  放浪生活の徒の  鈴木菱花の徒と  それも徒の  日をば徒に  薄志弱行の徒は  射利の徒と  事を成さんと欲する徒にて  店家のみ徒に  無知蒙昧の徒  彼の徒は  正雪一味の徒は  尊公等岩窟断食の徒は  苦行断食の徒を  乞丐の徒の  あとには徒の  ことを徒に  熱心の徒  不良青年の徒  相貌兇悪の徒ばかり  所謂遊侠の徒で  嫉妬猜疑の徒が  侫奸の徒には  文学の徒としての  道教の徒が  禅門の徒の  禅門の徒は  禅門の徒を  市井無頼の徒たり  今度は徒  妖妄の徒  無知の徒で  さし当り浮浪の徒と  卑力な徒  僕等群小の徒の  願ひ徒  卜筮祈祷者等の徒とも  所謂隠亡の徒では  無学文盲の徒に  フランク・ジヨンソンの如き徒を  文学の徒とは  游侠の徒  孔門の徒  切支丹婆天蓮の徒と  不義の徒に対する  汝の徒は  非道の徒と  世に出でし徒を  キリストの徒と  沈鬱陰險なる徒なり  異端邪説の徒を  エピクロスの徒と  凡庸の徒  筆舌の徒と  筆舌の徒に  寺院の徒に  ほかひの徒の  宗教的自覚を発する徒などが  飛耳長目の徒は  日報賽の徒  御伽百物語の徒に  駄賃の徒は  喝食の徒の  千秋万歳の徒の  自覚を発した徒の  童子聖の徒で  才芸の徒は  さんかの徒と  唱導の徒の  満足を感ずるの徒は  満足するの徒には  張巡の徒の  これらの徒に  悲田院の徒を  元来学究の徒  附和雷同の徒を  売買するの徒なりと  後学の徒に  後学の徒の  行基の徒が  僧俗の徒も  生の徒  我利我慾の徒  西行馬琴の徒が  仁侠の徒  庸劣凡下の徒の  祿薄俸の徒で  嗜酒の徒から  人もあらぬに徒にも  山尼の徒の  山尼の徒が  無頼の徒より  金朴の徒も  #閔の徒に  吝嗇の徒と  文芸の徒の  寺院社会の徒に  良心の徒か  

~ 徒[名詞]2
その徒  この徒  どうも徒  なき徒  吾が徒  其の徒  こういう徒  こうした徒  豈徒  白徒  唯徒  かの徒  そういう徒  わが徒  ない徒  決して徒  

複合名詞
徒ら  うち徒目附  徒黨  釣徒  學徒  衆人徒  徒書  衆人徒ら  耶蘇教徒  基督教徒  徒勞  阿媽徒  山徒  二徒役畢一  徒是  邪宗徒  徒目  山家徒  木戸公役徒  人徒以レ目讀二有字之書一  人徒  芸妓徒  世話人徒  徒ニ  徒以上  Copenhagen學徒  徒荷  司徒  司徒王允  王允司徒  王司徒  蜂徒百万  つて徒ら  丹徒  徒め  われ徒ら  それ丈徒  一未決囚徒  際徒ら  徒罪  行ハズシテ而モ徒ラニ同盟罷業  徒爲  徒つて  ぷうしきんの徒  居徒反  私自身耶蘇教徒  の徒  仏教巫徒  佛徒  徒気取り  殉教徒  間徒  徒等一  親方徒  義徒  草莽義徒  下野義徒  旁徒  仲徒町  徒也  夕徒ら  徒目付横山源兵衛  白徒  先徒  風徒  志徒  徒もと  江蘇省金陵道丹徒縣  徒一年半  徒二年半  徒三年  徒一年  雜戲徒一年  死罪徒一年半  徒罪杖一百  父母一者徒三年  杖一百徒三年  徒二年  違者徒一年  徒皆  徒役  素徒  博賭徒  形色徒ら  徒目付  平信徒  徒ラニ夢ニ悲泣スル勿レ  徒一  徒二  神学徒  徒渡り  學徒出陣  徒歩き  徒為  乱徒  ゑがいて徒ら  徒なんど  徒コレニ  固陋徒  徒莞爾  徒たち  植木屋徒  ら徒  飢ゑて徒ら  禅徒ら  矢筈草徒  五人徒  気短徒  徒衣  庭樹徒  足軽徒侍六十名  徒侍  徒侍ども  徒供  遷延徒  基督教徒ハ芝区芝口  徒ハ一人  徒ハ区々  徒声利ニ垂涎シ  つて徒ら気  徒言  純文学徒  耶蘇教徒婦人  体躯徒  人物徒  姦徒  侍徒  同心徒  徒歟  方角徒ら  彼自ら徒ら  回数徒等  山徒いよ  山徒これ  帽蛇崇拝徒二万五千人  天主徒  耶蘇徒  ピュリタン徒繁昌  色徒  みな笞杖徒  回徒  徒目付六人  徒六人  徒キリスト  彼等姦徒醜類  ルハ徒ラニ  徒ラニ  文学徒  徒搏  徒ら書き  徒魏人  登徒子等  女学生徒  バク徒  蹂躙シ徒ラニ外国著作権  風光徒ら  白井鉄造徒  乱舞徒ら  我徒ら  加徒力教  初代基督教徒  加徒力教徒  儒教徒  禅宗徒  禅学徒  一神教徒  職人徒さ  狂徒  毎日徒ら  所謂女学生徒  立て徒  やつぱり徒勞  新旧徒  者徒  こと徒  これ徒  役徒  徒事徒言  徒美  望み徒  進むをえずして徒  すべて徒勞  徒目附  七二基督教徒  四五基督教徒  那賀須泥毘古登美毘古登美夜毘賣利目鞆徒  徒隨つて之  ツテ徒ニ行李  刀斗土杜度渡妬覩徒塗都図  一つ徒ら半分  姦徒輩出  徒耳  



前後の言葉をピックアップ
            戸石川  取らせん  都田川  戸鹿野


動詞をランダムでピックアップ
ゆきなやむ解き放しやきつい寝よひしい扱き使っ遇お学ぼ申しかねる待ち設けさしかけよ仕れ飛び違いおどけるふくす鎖さおちつく色めき取戻さ列す
形容詞をランダムでピックアップ
惨たらしく物々しかろ気だるく果敢なくがた呪わしく真白くてあつしはなはだしかっすばやく舌たるい奥深く煩わしかっ悩ましく骨っぽく無いみぐるしくせちがらい快ういじらしく