「彫」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 彫[動詞]
リズムに彫  一つ妾を彫  こころは彫  金甲を着け、彫  何にも彫  何も彫  字が彫  手に彫  字が片彫  考えで、努めてまる彫  何に感じてか、その彫  手ずれた浮き彫  譜を透し彫  淺く彫  池水に彫  印材とし、彫  光、彫  天子は、彫  手の彫  帝の彫  握り太な彫  湯殿山と深彫  いずれにせよ、彫  御歌ヲ彫  手首まで彫  黄金の高彫  神体を彫  顔の彫  地蔵尊六体を彫  見事な彫  寝室には彫  蘭室幽香信女と彫  裏にこんな彫  戒名が彫  塩原多助と深く彫  簪に透彫  花を透彫  忠実に彫  塗つて刀で彫  そうな古い彫  帆檣に吊った彫  吟を彫  時々刻々に書き書けば成りがたい彫  朧銀に高彫  鷹の高彫  字の沢山彫  白金の高彫  幾筋も彫  立像をも彫  顏くすぼるるあら彫  なんのなんとかと、とても長く彫  定家様で彫  塗師も彫  面に彫  刷をひき請けている彫  槻の総彫  青面金剛と彫  図案式文字をもって彫  おくれ毛が彫  眉を深く彫  台に彫  急に彫  金を彫  嘉平の彫  手で彫  紙一枚の彫  三百五十枚の彫  今日迄に彫  是を彫  休みなしに彫  四人にて彫  八人にて彫  一百十三日に彫  林子平はつひに彫  人間像を描き彫  雲の高彫  千羽鶴を透彫  目を彫  腕で彫  沢山に彫  是程の彫  墓に彫  長島氏と彫  本場紹興酒の大彫  キヤベツとが彫  考ふるとも、彫  気質から、例え彫  御神体を彫  波形は彫  音楽のみならず、彫  名を彫  文字が彫  土豪にあって彫  木像を彫  言葉を彫  考ふるも、彫  形を彫  顔などを彫  声調は彫  印刷をする彫  詩は彫  其中年に彫  とき、浮き彫  人生も浮き彫  繊細な彫  全面から丸彫  脳髄に彫  ことを彫  雲鶴手など彫  くつきりと彫  人木像に彫  わくの彫  盆香合などその彫  爲し彫  板木にかけて彫  腰を掛けている彫  のに彫  そこに彫  表に彫  牡牛のうき彫  横浜の彫  雲を彫  煙霞余情丸彫丸彫  煙霞餘情丸彫丸彫  線に彫  幾つ木兎を彫  そこに切り彫  簡素な彫  菊水の彫  画師、彫  木で彫  紋章が浮き彫  篆字にて彫  仏師の彫  奇妙な彫  縦横に伸び、彫  一つ人に彫  谷中で荒彫  衣紋の彫  



前後の言葉をピックアップ
絵日記    柄もの    得ん        得て  獲ん


動詞をランダムでピックアップ
やって退け行き逢う思いつけかえせる割出そ受取おとしめつかみかかる截ちしのげれひきとれさかえるひきつい悦び引きゃ拠る諮りいろどっ使え曇らせる
形容詞をランダムでピックアップ
はやかっ弱よわしあしきうすら寒き重苦しかっものものしいうつくしからむし暑よわかっあぶなかっかそけくうら淋しく速い可愛き痒かっうすけれたえがたい緩い