「弱ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 弱ら[動詞]
保吉を弱ら  押へられて、大弱りに弱ら  糸には弱ら  大に弱ら  器官が弱ら  体を弱ら  馬賊に弱ら  大名たちを弱ら  大名たちを弱らせたには、弱ら  能弁家にすっかり弱ら  とつて弱ら  づめに弱ら  気を弱ら  万年青を弱ら  毒でも盛られて弱ら  根問ひに弱ら  手紙から察するとだいぶ弱ら  お前に弱ら  私も思っていたが、大ぶ弱ら  元気を弱ら  意志の力を弱ら  雨で弱ら  少年はすっかり弱ら  母は弱ら  雨脚は弱ら  これには全く、すっかり弱ら  先生には弱ら  注文が引き続いて起ってくると、実際弱ら  間は弱ら  算盤でも持せて弱ら  ことをやめたが、かれは弱ら  金蔵に弱ら  ことはないが、弱ら  力の弱ら  種につまって、大いに弱ら  金公は弱ら  裸虫には弱ら  何遍となく弱ら  女の子には弱ら  張華も弱ら  はけばに弱ら  身体を弱ら  こはくてこはくて弱ら  俺の弱ら  葉を弱ら  あとをつけるのに、ずいぶん弱ら  犬には弱ら  のには弱ら  当局を弱ら  英俊はちっとも弱ら  菊子を弱ら  今日は、弱ら  のには、少からず弱ら  眼を弱ら  二人でいじめて、困らせ弱ら  文選者を弱ら  政府的享楽主義に弱ら  彼は弱ら  結局身体を弱ら  彼を弱ら  胃腸を弱ら  長旅に弱ら  心を弱ら  もんだろうくらいに考えているには弱ら  何しろ不良少年には弱ら  潜水をいくらつづけても、ちっとも弱ら  食糧事情が悪くて弱ら  私を弱ら  文部省を弱ら  肺を弱ら  源七はまた弱ら  イワンを弱ら  余を飢えさせて弱ら  左程に弱ら  口で受けて弱ら  非道いのには弱ら  饒舌には弱ら  天候に弱ら  三造を弱ら  自分をこんなにまで弱ら  投場のないのに弱ら  今日ほどは弱ら  仕方がありませんが、弱ら  私は全く弱ら  まつに弱ら  私も弱ら  罪を弱ら  一と撃ちに弱ら  心臓を弱ら  これにも弱ら  塵埃を立てるので弱ら  



前後の言葉をピックアップ
弱弱しく  弱々しくっ  弱々しゅう  榎原  よわら  弱り  よわり  弱り目  弱る  よわる


動詞をランダムでピックアップ
振り撒き追越そ始まれ込み合い名乗ら見破ら徴し打ち出さ書き流さ知らさくりのべるいならぶよじりとりちらさ泣きわめいぬれそぼちただよわし灼い疲らせる行き詰る
形容詞をランダムでピックアップ
苦々しかっおびただしいらうたし薄ぎたない柔かかっ広かっ思わしき呪わしかっものうく面白うあじきなくぬるかっおおきくやむなし忘れっぽたのしく懐かしき酷しいすっぱい奥床しき