「引込ん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 引込ん[動詞]
書斎へ引込ん  手が引込ん  奥へ引込ん  お待ちなさいと言って引込ん  頭を掻いて引込ん  内へ這入るかと思えば又出て来る、出たり引込んだり引込ん  アレ又引込ん  アラ又出た、引込んだり出たり出たり引込ん  閑地へ引込ん  方へ引込ん  そっちへ引込ん  土地へ引込ん  町に引込ん  女は驚いて引込ん  いっしょに引込ん  横丁に引込ん  それから此田舎へ引込ん  海岸からも引込ん  云わずに引込ん  三疊に引込ん  金をもって引込ん  男が引込ん  立廻りをして、引込ん  私をじろじろ見ているので、うるさいと怒鳴ってやったら引込ん  小説が出たり引込ん  杖の引込ん  自然に引込ん  会津兵が引込ん  岡本が引込ん  今しがた窓際から引込ん  部屋に引込ん  店を引込ん  中に再び引込ん  やうに引込ん  家に引込ん  中に引込ん  小家は引込ん  がらがらと引込ん  田舎に引込ん  とこへ引込ん  結合物は、出たり、引込ん  船室に引込ん  幼児を軽々と引っかかえて引込ん  足がすっと引込ん  足が引込ん  ように引込ん  国民などは引込ん  揮りはなして引込ん  小路へ引込ん  彼等二人をも引込ん  丈でも平常は引込ん  ところを見ていたが、引込ん  こともありますが、すぐに引込ん  蒲原夫人は引込ん  座敷へ引込ん  町から中へ引込ん  恋をし遂げないで、引込ん  ところに引込ん  言はれて引込ん  ツと引込ん  司令部が引込ん  挨拶もしないで、引込ん  積極時代に引込ん  勢で、引込ん  座敷に引込ん  輝きも見られないほど引込ん  始終家にばかり引込ん  田舎へ引込ん  むやみにおどかされて、それでおめおめ引込ん  方に引込ん  上へ引込ん  舞台から花道をずつと引込ん  辞儀をしただけで引込ん  所に引込ん  勝手へ引込ん  山家へ引込ん  から此方へ引込ん  越中高岡へ引込ん  麻布へ引込ん  国へ引込ん  ところを引込ん  旅人を引込ん  家にばかり、引込ん  楽屋に引込ん  可なり引込ん  爺は、周章てて、引込ん  僧が引込ん  顔は引込ん  格子戸、引込ん  汗が引込ん  半島の引込ん  中へ引込ん  衝立のかげに引込ん  者を引込ん  心が再び奥深く引込ん  向うへ引込ん  ちょっと顔を出してはまた引込ん  用もきかないで引込ん  奥に引込ん  妹は引込ん  下婢も黙って引込ん  処へ引込ん  山の上に引込ん  失礼だと思って、わざと引込ん  宅にばかり引込ん  夕涼みがそろそろ引込ん  風邪を引込ん  沼田から三里も引込ん  から馬小屋へ引込ん  事じゃねえ、引込ん  才槌野郎め、引込ん  ところに、引込ん  樹木の間に出たり引込ん  中にのみ引込ん  幔幕を上げてさっさと引込ん  不調法じゃの言いくるめて引込ん  次の間へ引込ん  往還よりは少し引込ん  ことだ、引込ん  音がすれば、もう引込ん  一礼して引込ん  眩暈がするとて引込ん  台所へ引込ん  隅っこに引込ん  立場へ引込ん  びっくりして、引込ん  身で、引込ん  浜松へ引込ん  汗はすうっと引込ん  中途で引込ん  黒ん坊が引込ん  皆々様にお断わりも申し上げず引込ん  画室を建てたが、引込ん  ことになるぜ、引込ん  馬鹿野郎、引込ん  ようにこう言って引込ん  足は引込ん  叔父さんは引込ん  ところが黙って引込ん  戸口へ引込ん  マレウスキー中尉は引込ん  乃公も引込ん  往来からは引込ん  力を落しても、そのまま引込ん  蔭に引込ん  小屋があるというので、引込ん  客も黙って引込ん  胸へ引込ん  離れ家に引込ん  化も引込ん  往来を少し引込ん  のだから、引込ん  お前は引込ん  流れがうねって引込ん  大将当分は引込ん  どこへ引込ん  ここへ引込ん  殊勝に引込ん  たわごとをいわずに引込ん  名も聞かずに引込ん  俺様が黙って引込ん  彼は引込ん  方でも黙って引込ん  船底へ引込ん  伯爵家の奥深く引込ん  首は、すでに引込ん  手出しができなければ、引込ん  ずんずん舞台を引込ん  行手を遮ると、いったん引込ん  ところへ引込ん  小広く引込ん  供たちは黙って引込ん  まま黙って引込ん  取次は引込ん  お婆さんは引込ん  際には、引込ん  お松は引込ん  今日まで引込ん  鳥になるとその尖りが段々引込ん  お化けはもう引込ん  味方に引込ん  ベタベタと這いながら引込ん  ために、そう引込ん  本宅へ引込ん  山ん中に引込ん  皆奥へ引込ん  幕ぢやあねえ、引込ん  そこへ引込ん  い塩梅よ、引込ん  家へ引込ん  木の下へ引込ん  二階へ引込ん  境界から六尺ほど引込ん  何か云って引込ん  上手へ引込ん  やつぱり上手へ引込ん  空車を引込ん  喰付けたり、奥深く引込ん  わきに引込ん  片隅に引込ん  隅に引込ん  何処までも引込ん  女の子は引込ん  クラネクは引込ん  捨臺詞で引込ん  鱗が縮んでぬるぬると引込ん  何も引込ん  山城田辺に引込ん  化け物は引込ん  そのまま奥へ引込ん  植民地に引込ん  度肝を抜かれて引込ん  空地へ引込ん  谷へ引込ん  行動へじりじり引込ん  中だけに引込ん  ここまで引込ん  のは、暫く引込ん  裏門を閉めて引込ん  高山に引込ん  仲間に引込ん  反感から隅に引込ん  内地にばかり引込ん  啣えて引込ん  アトリエへ引込ん  漁村に引込ん  詞を聞きながして引込ん  くせに、引込ん  天辺まで引込ん  自分で引込ん  目にあって、黙って引込ん  道路からひどく引込ん  今まで何故引込ん  世界に引込ん  電気を引込ん  往来から少し引込ん  足を出したりして引込ん  ベチャクチャ喋ってゐるので、引込ん  権ちゃんの引込ん  親もとへ引込ん  縦に長い引込ん  館内へ引込ん  一部が引込ん  上が深く引込ん  木戸が引込ん  軒下に引込ん  一人紅梅屋敷へ引込ん  侍女達は引込ん  門から敷石を細長く引込ん  土塀際の引込ん  読者をぐいぐい引込ん  私もおとなしく引込ん  鎌倉に引込ん  細君がそのまま黙って引込ん  顔も出たり引込ん  表から引込ん  部屋へ引込ん  館にばかり引込ん  かくは出たり引込ん  向うに引込ん  田舎者らしい引込ん  下に引込ん  手はひょいと引込ん  部屋にじつと引込ん  間へ引込ん  村に引込ん  顔で引込ん  んですが、すぐに引込ん  まま指をくわえて引込ん  内へ引込ん  保平が安房へ引込ん  みなかまに引込ん  切戸から引込ん  眼が引込ん  頭を引込ん  玄関へ引込ん  おやまがもう引込ん  腹は引込ん  故郷に引込ん  宅に引込ん  ッと引込ん  労働者達は、黙ってそうですかと引込ん  縁に引込ん  ハワイをやられて、引込ん  空家に引込ん  山の手に引込ん  足が、いそいで引込ん  楽屋へ引込ん  町からずっと引込ん  ように、チョロチョロ出たり引込ん  鍬は忽ち引込ん  頭を出したので取ろうとすると、又ひょいと引込ん  首をだして引込ん  彼に気づかれずに再び引込ん  氣づかれずに再び引込ん  私は一度引込ん  皿が引込ん  昔から当事者以外は引込ん  景気じゃあ、とても引込ん  わきへ引込ん  ツルリと引込ん  スルリと引込ん  鵠沼に引込ん  



前後の言葉をピックアップ
ひきころさ  轢き殺さ  轢き殺し  轢き殺そ  ひきこん  引き込ん  引き去  引裂い  引きさい  ひきさい


動詞をランダムでピックアップ
産み手渡しはばかっ飲込みつけ足すおしながそ計らっ抑え込むつぶれるしいようちみれ冴え渡りつくれよ畏れ入っ誑かしひっさげる挙げ申し入れる可愛がる逃れる
形容詞をランダムでピックアップ
余儀なくつまし嬉しくっ乏しけれ慌しき軽くうれしくっ手ひどく辛かろえがらっぽいくすぐったく丸しほろにが憎くやさしゅう疎ましく奥床しきはずかしい