「引か」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 引か[動詞]
心を引か  上に引か  手を引か  たもとに引か  其に引か  糸量で引か  容易でないが、引か  やうにして誑し、一気に引か  何だか後髪を引か  情に引か  風でも引か  父は引か  声に引か  油の少なく引か  馬に引か  手綱が引か  袖を引か  ドランなどに強く引か  子の可愛きに引か  風を引か  あみを引か  海上を引か  車を引か  ガラガラと引か  手に引か  糸に引か  びっこを引か  壁に沿って引か  保安裁判所に引か  ところ無造作に引か  ところで引か  皆さんは一向引か  方へのみ引か  それに引か  のに引か  ほつれ絲などの引か  藁しべに引か  平子君の引か  一直線に引か  かぜを引か  一歩も引か  しろへ引か  所へ引か  道を引か  西へ引か  唖然として、引か  山水を引か  何時も引か  籠を引か  襟を引か  後に引か  注意が引か  気持ちを引か  それを引か  綱に引か  猿に引か  静かに引か  目を引か  婆さんは引か  枝に引か  ものに引か  字引で引か  叫びに引か  幕が引か  手はいきなり引か  其処らに引か  牢に引か  抱鶴が引か  向うへ引か  上へ引か  浜辺を引か  浪に引か  眼を引か  すゝめて、すぐ引か  少女の引か  雨戸が引か  義理に引か  世に引か  後を引か  気を引か  後髪を取って引か  糸誰かに引か  嘘をついているなと思って、引か  電気に引か  それに近づいて、引か  流動で引か  例に引か  犬に引か  手元へ引か  おでんやなどに引か  綱を引か  剣に引か  声を出して引か  膳が引か  縁に引か  片足も引か  殊に気を引か  体温に引か  漁船に引か  間には画然と引か  法師に引か  捕縄に引か  日本堤署へ引か  何物にか引か  筋が引か  水勢に引か  女は引か  あとへ引か  籤を引か  流れに引か  四五日前まで、久しく引か  手に、縋れよ、引か  子も引か  貴女は引か  下男に引か  縦横に引か  其きり涕汁も引か  頭まで引か  そっちへ引か  後方に引か  襖を引か  力で引か  とうしろへ引か  裕衣に引か  相違ない、引か  膳を引か  八五郎に引か  つた紐が強く引か  一寸も引か  錢形平次は、引くに引か  何物かに引か  兄君に引か  横へ引か  獄府へ引か  重役に引か  屠所に引か  因縁に引かれ引か  一杯の引か  取調べに引か  枕に引か  後ろ髪を引か  急に引か  刑場へ引か  興味は引か  かなしみに堪へないで黙って引か  三重にも引か  あとへは引か  材木車を引か  口を引か  本陣へ引か  行きに引か  背中へ引か  白紙へ引か  庭へ引か  水を引か  そんなら引か  腹部を引か  のを引か  うっかりすると引か  好奇心を引か  満が引か  カーテンも引か  田舎道を、引か  方にと引か  方に引か  幕営に引か  二人に引か  風邪を引か  ぼんにおしつこを引か  通人といはるるに引か  修身点を引か  口唇を引か  手顔を引か  女に引か  浴衣を引か  うちに、ついつい引か  線が引か  縁の糸に引か  アラジンが引か  言出したら引か  ぐうんとうしろへ、引か  荷物を引か  無理かもしれないが、まあ引けるか、引か  荷を引か  何ものかに引か  しろ髪を引か  みな後陣へ引か  興味を引か  画報と引か  心は引か  彼女から手を引か  惰力に引か  前に引か  魅惑にも引か  大金を出して引か  車に引か  同人の引か  雨戸を引か  本歌に引か  後へ引か  ように引か  独楽は引か  面前に引か  中軍へ引か  半ばカーテンを引か  気が引か  磁石にでも引か  蠱惑に、ぐいぐいと引か  庄吉が引か  帯を取って引か  縄に掛って引か  言葉に引か  情けに引か  男に引か  対角線を引か  僧衣を引か  門に引か  境界が引か  電気を引か  ふらんねるを引か  苫が少し引か  境界線が引か  何となく後髪を引か  後には引か  一馬車を引か  駒銀が、進むに進めず、引くに引か  弓を引か  幕を引か  風邪も引か  後髪を引か  いま立ちしなの身じろぎに、少し引か  刑場に引か  火星に引か  針金が、引か  一線を引か  身を引か  どこにどんな引か  呼吸を引か  手も引か  看守に引か  赤線が引か  ものに強く引か  棒が引か  文字を引か  俸給を引か  城に引か  水に引か  注意も引か  背後へ引か  刈株にういて引か  紐が引か  どっちも引くに引か  ところを引か  客に引か  興を引か  無理に引か  あっちこっち、ぎらぎら引か  船に引か  心が引か  文を引か  アリストテレエスを引か  とき/″\、グイと引か  ヤーフに引か  ヤーフどもに引か  物を引か  ヤーフたちに引か  方へ引か  境内に引か  浜まで引か  から手を引か  音色に引か  悪縁に引か  手巾で引か  山犬がつなで引か  悠揚と引か  何かに引か  足を引か  枯蘆に引か  音に引か  注意は引か  駅次馬に引か  砲車を引か  晴代も引か  わたしが引か  我慢にも、引か  有程引か  類例を引か  項にだけ引か  風邪でも引か  ムクに引か  警視庁へ引か  殺人容疑者として引か  警察へ引か  兄、引か  人に引か  大事だから引か  ように長く引か  因縁に引か  鉄砲を引か  食気更に振わざりしに引か  法廷に引か  神戸へ引か  左右にすつかり引か  邊に引か  字で引か  銀様に引か  カーテンが引か  血筋に引か  角に引か  センチュリーを引か  車体に引か  場をさがって、おのおの引か  手首をぐっと引か  心に引か  夜被引か  何人も引か  苟且ながら引か  源平盛衰記を引か  事件から手を引か  別室に引か  ウムと堪えて引か  風来坊から一躍して、引くに引か  気儘に引か  右左より引張るに、引か  図面を引か  ずんずんと一方へ引か  慶北丸に引か  政治運動からは引か  欲求だけをもっていて、それと引か  注意を引か  隆造は引か  一太刀に引か  馬鹿を尽した引か  私を引か  三百円だけ引か  さに引か  紀からよく引か  家に引か  愛には引か  時のいきはりで、つい引くに引か  手を引かれ引か  疑いで引か  ただ糸を引か  血縁を引か  奴もあるし、引か  唯々として引か  山家妻に引か  勢いに引か  緒の引か  足どりでよろよろと引か  坑夫達に引か  中途で引か  線を引か  鼠に引か  ままに引か  お客さんに引か  病気でもうとうに引か  旦那にでも引か  けさに引か  さにふと引か  米友に引か  後ろ髪を引かれ引か  力に引か  二部将に引か  導線を引か  半分ほど引か  五分も引か  橇を引か  警察署へ引か  左右に引か  小児を托して引か  いやならば、おとなしく、引か  香に引か  楽しみに引か  魂に引か  満を引か  国道へ引か  不知哉丸に引か  みな敝舎へ引か  未練に引か  窓掛が引か  彼はまだ懸引か  番頭に引か  白骨へと引か  書生風に引か  品を引か  番屋へ引か  介は、疑いながらも、その怪しみに引か  引金を引か  後へは引か  おさんに引か  旦那に引か  月に引か  海上へ引か  大事、たれに引か  びっこも引か  誰に引か  俊を引か  伊勢屋に引か  牛に引か  胡麻油を引か  比喩に引か  かぜでも引か  地位に引か  磁力に引か  道庵をして引くに引か  蘭は何とも言えず、寄るともなく、引か  杯を引か  むやみに引か  後えに引か  女はもう引か  男は引か  青年に引か  之に引か  広島へ引か  左枝はただ引か  お茶を引か  身に引か  何度も引か  自分を引か  草鞋が引か  後髪も引か  琴を引か  浮腫はなかなか引か  事実を引か  中に引か  自分に引か  二は引か  白糠へ引か  月明りへ引か  途中から引き返そうと致しましたが、よもやに引か  興味に引か  美に引か  ことに引か  私は例えば引か  一線が引か  美佐は、知らず知らず、引か  傾斜に引か  半纏を引か  身を任せて引か  福引を引か  軍配も引か  軍扇を引か  軍扇か引か  磁石に引か  上衣だけを引か  爪を引か  雪を引か  したらばと、よもやに引か  足に引か  上弓を引か  文句が引か  格別人目を引か  世などに引か  方へと引か  のだ、じたばたしないでおとなしく引か  名に引か  粟に引か  沖に引か  周囲に引か  これに引か  半日分引か  あとに引か  ように、心ならずも引か  馬へ乗らせてくれと、引か  斜めに引か  膳の引か  ように輝き、直ぐに引か  斜に引か  ようにスーッと引か  誘惑それを見ると、引か  心をお引か  人目を引か  夕顔に引か  興味も引か  フト注意を引か  なぜだか心が引か  交番へ引か  交番に引か  晉書を引か  宮へも引か  大海へ引か  しろに引か  手綱を引か  不運に引か  から人目を引か  からそれに引か  今でもむろん引か  院へ引か  まつに引か  糸を引か  村へ引か  こっちへ引か  注目を引か  私に引か  皆女三の宮へ引か  よはひに引か  官人らによって次々に引か  仲間に引か  絲か何ぞで引か  こちらに引か  勢力に引か  絆に引か  誘惑に引か  心の引か  例を引か  机へ引か  心が多く引か  自分は引か  心が多くお引か  著聞集に引か  馬で引か  四五十人して守って引か  車をまた引か  ほうへ引か  峯に引か  途中で引か  思つても引か  文法的論理に引か  魅力に引か  横笛は、引か  橇が引か  方へは引か  船までが引か  ズイと引か  かい魚を引か  劃然と引か  湯君によし撫でて見よとて引か  勉から十銭玉いくつか貰って引か  女に少しでも引か  腕を持たれて引か  かなり心を引か  求心力に引か  影響を引か  後髮を引か  中腹に引か  長野へ引か  文献に引か  むるやうな心に引か  本質に引か  興味をも引か  氣が引か  鳥に引か  脚をも引か  巻四十にも引か  右手蛇を引か  喩えに引か  十に引か  物より引か  白馬を引か  話に必ず引か  驢馬に引か  支那から手を引か  同情を引か  声バンタムに似たれど長く引か  テンカンを引か  妓は、あるいは引か  棒を引か  高は、引か  二階に引か  君を引か  影を引か  風邪が引か  聲に引か  此處に引か  丈の及ぶほどは、引か  芸者を引か  お前を引か  愛情に引か  書にも引か  まま、引か  風も引か  手水を引か  文鏡祕府論に引か  一まとめに引か  無限に引か  息も引か  草履を引か  衣服を引か  土へ引か  棒杭に引か  一方へ引か  肩に引か  銀貨と引か  ラクダ毛布を引か  つて荷車を引か  葉が引か  屠場へ引か  下部に引か  楼上に引か  こころを引か  あやしくもこころを引か  インチキ結婚に引か  獄に引か  三味線を引くと引か  つて何枚か引か  ところに引か  春良人にたすけ引か  自ら身を引か  東京に引か  どこにか引か  引金は引か  病父に引か  くじを引か  朱線を引か  皆で引か  注意をも引か  迷惑とは思ったが、引くに引か  灌漑用に引か  潮が引か  側へ引か  火を引か  国男がいそいで引か  汽車に引か  霞にのみやたな引か  痴話文鼠に引か  繁昌に引か  両手を引か  籤なんぞ引か  底まで引か  うつかりして引か  地へ引か  庭下駄を引か  それから上衣を引か  銀を打ちました、進むに進めず、引くに引か  山清水が引か  胞衣に引か  大学生に引か  鼻風邪を引か  電燈から眼を引か  さつきから気を引か  獄舎へ迄も引か  二人で引か  背に引か  宝物を引か  馬車に引か  傘脊筋さがりに引か  夜具を引か  それから京都へ引か  夜から風邪を引か  ために引か  その他種々のものに引か  白馬に引か  言ひ出したら引か  一遍後髪を引か  岡っ引か  縦にずんと引か  さつと引か  白布が引か  売上げがだいぶ引か  引込線が引か  興味をあまり引か  鼻づらを引か  たまから羽織を引か  それから鹿島屋清兵衛さんに引か  裾を掴んで、ぐいと引か  樹木にただ引か  数句が引か  陸上へ引か  そつちへと引か  彼に引か  物に引か  手もとへ引かれ、引か  地面へ引か  地上に引か  一筋塀裾へ引か  方まで引か  白粉が引か  ぐつと絲が引か  全文を引か  窓に引か  髭がながながと引か  紐に引か  から風邪を引か  マントを引か  女房たちは慌しく引か  洋画に引か  沢庵に引か  のは引くに引か  竹を高く引か  岩に引か  未知のものに引か  気持に引か  視線から煽られて、引くに引か  警察に引か  終点の引か  目的と駈引か  屠殺場へ引か  道しるべを見失ひつ、遂に引か  鈍銀の引か  唯手を引か  田に引か  閂を引か  何とかへ引か  線も引か  何か引か  唄で引か  麻糸が引か  チョイチョイと埋めてさえありゃ引か  諺に引か  地引網を引か  鼠縮緬の引か  浅黄絖の引か  鼡縮緬の引か  駄馬に引か  暴風雨に引か  網を引か  汐に引か  親切に引か  気勢に引か  技に引か  繩につながれて引か  諸縁これより引か  給ふところに、引か  大将に引か  母に引か  少女に引か  話に引か  あんたが引か  息を引か  接近して引か  ハンドルは引か  羽織を被たが、引か  方向へ引か  外へ引か  鉱山などに引か  風呂桶へ引か  却て相引か  物にでも引か  なだらかに引か  刀が引か  顎でぐいぐい引か  外套が、ぐいと引か  最初はよもやに引か  手綱にぐっと引か  かわり、そう早くは引か  イデオロギー論として引か  縄に引か  がらがらッと引か  戸が引か  網でも引か  鼠にでも引か  海松をだに引か  湯の川に帰り、引か  時世になお引か  フォーチンに引か  からだに風でも引か  ビッコを引か  もので引か  果たして風を引か  知遇を思えば、引くに引か  横に引か  ねずみにでも引か  紐で引か  穴へ引か  魔力に引か  鮮かに引か  纏頭と引か  なまくら刀を引か  目も引か  三味線を引か  眼尻に引か  手車に引か  ローマに引か  耳目を引か  信仰を引か  者たちに引か  客を引か  くちばしを引か  菊が引か  町へ引か  ここへ引か  終りまで引か  願ひに引か  これに促され引か  火に入れて引か  神に引か  セラフィーニに引か  私共を見ると、直ぐ引か  胸中はっきり引か  死刑場へ引か  羽織を引か  肉むらの引か  悉に引か  御名を引か  日は引か  一文字に引か  それが素早く引か  それが引か  刃が引か  湖心まで引か  徒ずらになが引か  舟というか、よもや引か  無帽で引か  私もよもやに引か  之を引か  草履下駄足に引か  始め芸者を引か  問題が引か  空の引か  ビンと引か  のと引か  連続映画に引か  愛に引か  皆割りで引か  泡鳴に引か  そちらへ引か  一生片足を引か  大分早く引か  二人ずつで引か  昨日に引か  愛を引か  関心を引か  糸さへ引か  パタ誰も引か  子に引か  もみに引か  人々に引か  カーテンは引か  船尾から一筋水脈が引か  延び延びと引か  重きに引か  処女の如く引き、引か  日本内地にも引か  ごとごとと引か  本尊に引か  文学運動についてもしばしば引か  所轄警察へでも引か  から次のごとく引か  心靈研究會から手を引か  直かに引か  うな牛を見計らつて引か  乳牛に引か  うな牛を見計らって引か  私が引か  はりに引か  毫末も引か  妖気に引か  そこに引か  一筆一筆慎重に引か  バスに引か  唐繻子の引か  中形浴衣を引か  金屬をごしごし引か  カーテンの引か  姿に向って引か  もの雑沓に引か  幕がすっかり引か  三味線が聞え引か  字に引か  柳田君の引か  お客を引か  贔屓になって、とうとう引か  カチリと引か  腕に引か  側へかけて、引か  アンダア・ラインを引か  婆さんに引か  後にばかり引か  標題に引か  物は引か  世人皆風邪を引か  者もあり、引か  字典を引か  未来派に引か  



前後の言葉をピックアップ
比価  挽か  轢か  牽か  弾か  控え  控えよ  控えれ  ひかえ  


動詞をランダムでピックアップ
おいしげるゆがめよ掘下げ練り合わさ乗り切りしたまわん作りあげよむけなおし取りしまる揚んなきさけん乗入れよたえる問い合わせる書き記し戻ん切り倒す引きずろ消そはにかむ
形容詞をランダムでピックアップ
おもきほのぐらきむずがゆく近かっこころやすくうすぐらいなきゃ遅しあつうやり切れなく詳しかっ悪かれ美味しかっ望ましからうとくねぐるしいおぼしきどす黒いおとなしい細き