「弁え」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 弁え[動詞]
何も弁え  事は弁え  前後の弁え  分際も弁え  東西も弁え  故実を弁え  感興を弁え  時のいかばかりを過ぎたかを弁え  場所とを弁え  理をも弁え  趣意を弁え  理は弁え  仁義を弁え  意味を深く弁え  夜も弁え  ほどさえ弁え  経験でこつは弁え  身の程を弁え  大義名分を弁え  岡見ながらも弁え  性質さえよく弁え  恩義を弁え  慈悲も弁え  余は何と答えていいかを弁え  ぬことは弁え  ことを弁え  交通道徳をよく弁え  何事も弁え  ことにも、もう弁え  事理を弁え  道を弁え  礼儀を弁え  好きならばとってよいと、弁え  そこは、弁え  何物たるかをさえ弁え  御仁体をも弁え  身分も弁え  進退を弁え  不幸にも弁え  境を弁え  道理を弁え  質を弁え  画境をはっきり弁え  所も弁え  前後も弁え  少年とも弁え  幾千仭とも弁え  理義を弁え  不可を弁え  偽善者だ、何もかもよく弁え  ことは一向弁え  理非を弁え  何のお弁え  茶を弁え  道自然と弁え  物の弁え  作法を弁え  足を弁え  朝夕を弁え  明に弁え  通りは弁え  理非曲直も弁え  体験的に弁え  何ものたるを弁え  辺をよく弁え  辺の弁え  事情を一向弁え  義理人情を弁え  事ぐらいは、よう弁え  分別をさえ弁え  途も弁え  分際を弁え  分別を弁え  区別さえも弁え  区別を弁え  能く弁え  深慮とも弁え  名としか弁え  足があるやら弁え  ところをキチンと弁え  理を弁え  われには弁え  ことを、弁え  梅軒は弁え  十分に、弁え  初めから物を弁え  身投とも弁え  夢現とも弁え  大小をも弁え  わけが弁え  倫を弁え  自らは弁え  から何から何まで弁え  理も弁え  技術を弁え  人事を弁え  軽重を弁え  意味を弁え  装飾を弁え  外を弁え  場所がらを弁え  のを弁え  とき平仄もよく弁え  事実も弁え  事をも弁え  可きを弁え  



前後の言葉をピックアップ
わきばさみ  わきばさむ  脇挟ん  脇腹  わきまえ  わきまえよ  わきまえる  わきまえろ  弁えろ  わきまえん


動詞をランダムでピックアップ
ほうら仄めかそうかびあがっ飛び込ま掴みあいおそい罵ら散らかそ耽けろ了せ立込みふるいたちあざなわかかえ切結び責めつける逞しゅうししたい怒らす騒ぎだす
形容詞をランダムでピックアップ
程遠くえらかっくさう難し容易くまるきまっくろいけむ湿っぽくみすぼらしき汚らわしくおっかないすすどい敏かっしがなかっ心細き温かかっつたなくそこはかとなし